演劇イベント情報ページ | 演劇交差点トップページへ

2017年4月11日

「オルギア視聴覚室vol.2」

《主催・企画》hocoten
《出演団体》
ツムラ組/東京にこにこちゃん/日本のラジオ/コンプソンズ/レティクル座/ゴキブリコンビナート/KOTEN/nata de coco/右マパターン/劇団YAX直線/肉汁サイドストーリー&テアトル無宿/劇団『地蔵中毒』/中野坂上デーモンズの憂鬱
(出演順、全13団体)
《MC》としくに(渋家)
《スタッフ》舞台監督・企画補佐:黒澤多生/制作進行:横井佑輔/広報:早川さとし/音響:久郷清/照明:紺野浩史(Lighting staff Ten-Holes)/宣伝美術:MIC/当日制作:萩原深雪/制作補佐:杏奈/Webプロデューサー:浦島デジ太郎

《公演日程》2017年4月22日(土) 14:00 open/14:30 start/19:30 close
※受付開始は13:45からです。
※再入場自由。途中休憩あり。
《会場》上野恩賜公園野外ステージ(水上音楽堂) 〒110-0007 東京都台東区上野公園2-1
《交通アクセス》JR上野駅不忍口より徒歩5分、東京メトロ銀座線上野駅7番出口より徒歩5分、日比谷線上野駅5b出口より徒歩6分、京成本線京成上野駅より徒歩5分、都営大江戸線上野御徒町駅より徒歩5分
《チケット》予約 2300円 当日 2600円
・チラシ割...300円キャッシュバック(本公演のチラシに付属された割引券を当日受付にてご提示された方対象)
※割引は予約も当日も利用可能です。
※全席自由席
《予約フォーム》

 東京にて、『オルギア視聴覚室vol.2』が開催されます。
 「企画者が最高だと思った劇団、各方面の紹介で知った劇団、自ら名乗りを上げた劇団......幾多数多の魑魅魍魎が集まって化学反応を起こし合う\\ 闇鍋演劇祭//」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [演劇イベント情報] [関東]

2017年3月21日

文学座 新潮講座『山本周五郎と『青べか物語』の世界』

文学座創立80周年、また山本周五郎没後50年という記念の年、山本周五郎の名作『青べか物語』が、新進気鋭の作家、また演劇人でもある戌井昭人さんの脚色で5月12日(金)~26日(金)まで、文学座アトリエにて上演されます。
公演を前に、戌井昭人さんに、今回の芝居の見どころ、『青べか物語』への想い、山本周五郎の魅力まで、じっくりお話を伺います。

5月6日(土)14:00~15:30
新潮・文学座提携講座『山本周五郎と『青べか物語』の世界』
新潮講座・神楽坂教室
講座のみ 3,240円(税込)
講座+観劇 7、240円(税込)

お申込 新潮講座ホームページ

戌井昭人(いぬいあきと) 1971年 東京生まれ 劇作家、小説家。祖父は文学座初代劇団代表を務めた演出家・戌井市郎。文学座附属演劇研究所出身。表現活動集団《鉄割アルバトロスケット》を旗揚げし活動を続けながら、流山児事務所に『だいこん・珍奇なゴドー』の脚本を提供するなど活躍中。2008年に『鮒のためいき』で小説家デビュー。翌年発表した『まずいスープ』で芥川賞の候補になるなど、期待の作家として注目を集めている。2014年『すっぽん心中』で第40回川端康成文学賞、映画化された『俳優・亀岡拓次』の続編『のろい男 俳優・亀岡拓次』で第38回野間文芸新人賞を受賞。


(最首さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [演劇イベント情報] [関東]

2017年2月16日

第27回下北沢演劇祭 クロージングイベント 第1回『下北沢 本多劇場祭り』

【日時・場所】2017年2月28日(火) 
下北沢 本多劇場 (世田谷区北沢2-10-15) 小田急線・京王井の頭線 下北沢駅南口改札より徒歩約5分
楽屋・舞台袖・調光室・屋上など劇場内各所!!

【内容】
第1部【楽しい!こどもと大人の部】15:00~17:00 定員120名
子ども向けの回。もちろん大人も、親子での参加も大歓迎。
ベビーカーOK!授乳室あり!綿あめと温かいお茶の無料配布あり!
入場料:前売・当日 500円 / 高校生以下無料

第2部【ディープな!大人の部】19:00~21:00 定員180名
コアな演劇ファンは勿論、演劇一見さんも大歓迎!の回。18禁演目あり?
入場料:前売1,500円 / 当日2,000円  / 高校生以下無料

※未就学児の入場可、飲食、販売物は別料金、入退場自由

〈特別プログラム〉
第1回 下北沢 本多劇場祭り 開催記念 スイッチ総研『大公開研究会 in 本多劇場』
21:15開始 ※約2時間を予定 (20:45受付開始 20:55開場) 定員:100名
『祝!!第1回本多劇場祭り開催!を記念し "公開" と銘打たれながらも一般非公開が貫かれてきた、スイッチ総研所外秘中の所外秘『公開研究会』の全貌を初公開いたします!!通常4時間の研究会を2時間に凝縮して敢行。素敵なゲストフェローズと共に、劇場各所で実地研究、その場で新作スイッチを試作試演!超豪華客員陣参戦予定!乞、ご期待!!』
料金:2,000円 ※未就学児入場不可 

【全プログラム共通 チケット取り扱い】
☆本多劇場(11:00~19:00) 電話予約→03-3468-0030/劇場窓口販売
カルテットオンライン
当日ふらっと遊びに来るのもOK!
詳細は、特設WEBサイトをご覧ください。

 東京にて、第27回下北沢演劇祭 クロージングイベント 第1回『下北沢 本多劇場祭り』が上演されます。
 「素敵な演劇人の皆さまと共に新しいかたちの『お祭り』 を開催します!!本多劇場のほぼ全域を開放し、通常関係者以外立入禁止の場内各所にて愉快な小作品を多数上演!短編演劇、朗読、コント、トークショー、かくし芸...etc。地元下北沢の人気飲食店による出店もあります。演劇界を中心に多彩な顔ぶれが集結します!関係者も無関係者も大歓迎!町のお祭り感覚で気軽にお越しください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同イベントの情報ページ


(篠|さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [演劇イベント情報] [関東]

2017年1月17日

「南大塚演劇市2017~世代を越えた演劇の風"おおつか"から~」

日時:2017年2月4日(土)、2月5日(日)
場所:南大塚ホール(豊島区南大塚2-36-1 JR山手線『大塚駅』南口下車 徒歩5分) 
料金:無料

●2月4日(土) 
13時00分~ 演劇体験ワークショップ『演劇挑戦!ミニ』 *詳細下記のとおり
14時40分~ 開会式 
15時00分~ 劇団東俳 『ルームシェア』
16時20分~ 演劇サークル『サンカーント』 『'マーキット・ベイジングの謎'の謎』

●2月5日(日) 
時間 団体名 作品名
13時30分~ 開場 
14時00分~ TIC 『インプロ(即興劇)』
15時10分~ sailboat企画 『それは、さいはての駅から~『チナの物語』序章~』
16時30分~ としまオペラ 『フィガロの手紙』 

※進行状況により開演時間は前後する場合がございます。 

【演劇市開演直前イベント 演劇体験ワークショップ『演劇挑戦!ミニ』】
演劇体験講座『演劇挑戦!』シリーズを90分の特別バーションで開催します。ジェスチャーやシアターゲーム(演劇ゲーム)を楽しみながら、ホールの舞台で短い場面を作ります。知らなかった自分を発見するかも...?
講師:田中圭介氏(演出家、ワークショップファシリテーター)
対象:小学校4年生以上
定員:30名
参加費:無料
申込方法:南大塚地域文化創造館窓口または電話、メールで申込。メールの場合は、件名を『演劇挑戦!ミニ』とし、参加者全員分の氏名、年齢、性別と代表者の電話番号を明記し、下記申込先へ送付。事務局からの返信をもって申込完了。
申 込 先:南大塚地域文化創造館  電話:03-3946-4301 E-mail:こちらのメール


 東京にて、「南大塚演劇市2017~世代を越えた演劇の風"おおつか"から~」が開催されます。
 「まるで市場のようにさまざまなジャンルの演劇作品を一度に楽しめ、演劇の祭典。豊島区内で活動する、劇団、演劇サークルが、1公演60分以内の作品を上演します。さらに、第5回となる今回は演劇体験ワークショップ(要事前予約)も開催!入場無料! 見て、体験して、2日間の演劇の祭典をどうぞ、お楽しみください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


南大塚演劇市2017


(お知らせありがとうございます。)


Category: [演劇イベント情報] [関東]

2016年10月 5日

2016年 戯曲本舗プロデュース企画『戯曲見本市 ~HONPO COLLECTION~』

<出演> *敬称略、五十音順
井草佑一(COMBO×COMBO) 市橋朝子(タテヨコ企画) 大竹このみ(贅沢貧乏) 尾崎彰雄 おなか☆すいたろう 川島啓嗣 佐治静(劇団森キリン) 鈴木翔太 星秀美(レティクル東京座) 松高義幸(FIFTH Units) 水田菜津美(ごっとさん。) 村田茜(MOKK) 山口智恵(大判社)
■戯曲本舗の劇作家達『キャッチコピーとともに』
ひきだ愛音『エンタメ上等!感じる哲学!いのち輝く言葉のパレード!※たまに魑魅魍魎あり 』
サカイリユリカ『紡がれる身体、揺さぶられる五感--。世界の混沌と対峙する実験的劇作者』
松森圭『平成生まれのこじらせ系作家 』
森宮ゆず『私は叫ぶよ。あなたが叫べるようになるまで。 』
柳まっ茶『いつもどこかに、心が高鳴る瞬間を。』
アドバイザー:清水幹王『本舗メンバーから神と呼ばれる謎のアドバイザー』


◆会期:10月14日(金)~16日(日)
開場時間:13:00~21:00(最終日は19:00まで)
入場料:500円(フリードリンク込み・戯曲閲覧自由)
予約不要。入退場自由。長居歓迎!
◆会場:nakano f 2階フロア(JR中野駅北口より徒歩5分) 東京都中野区中野5‐46‐10 Jsコート 1F&2F
10月15日(土)14:00/19:00
料金:各回1000円(入場料・フリードリンク込み)
※席に限りがありますので、ご予約の方を優先とさせていただきます。
※受付は展示開始の13時~順次行いますので、通常展示もご覧いただけます。
ご予約は、こちらからどうぞ 戯曲見本市特設サイト

【祭り】を共通テーマに、各劇作家達が書き下ろした新作短編をドラマリーディングで発表致します!
●ひきだ愛音 作『まわる、めぐる、ひかりのわ』
●サカイリユリカ 作『ひと火と』
●松森圭 作『無名(74)』
●森宮柚 作『花火が落ちたら』

■戯曲本舗とは■ 
桜美林大学演劇専修卒のひきだ愛音とサカイリユリカが共同主宰する、劇作家のみの団体。
『作品の質向上』を目指し、各々執筆した戯曲を持ち寄っては意見交換を定期的に行っている。時にはブラッシュアップのためのリーディングも実施。昨年には団体成立5周年を記念し、演出家招聘公演を開催した。プロアマ問わず、会員募集中!

 東京にて、2016年 戯曲本舗プロデュース企画『戯曲見本市 ~HONPO COLLECTION~』が上演されます。
 「劇作家のみの団体・戯曲本舗主宰のサカイリと申します。私が主宰する戯曲本舗は、10月に所属劇作家の『戯曲』作品を展示する企画を行います!私たち戯曲本舗の『戯曲』作品を本の形でお披露目し、上演する作品を探している方や、演出家、役者の方にとって、新しい作品との出会いの機会となればと思っております。会期中には中日にドラマリーディングも行いますので、ぜひとも私共の作品を観に来ていただければ幸いです。お忙しいとは思いますが、ご検討どうぞよろしくお願い致します。
 今秋、劇作家のみの団体『戯曲本舗』が世にも珍しい(!?)戯曲の展示会、やります!団体創立から約6年。戯曲本舗に所属する劇作家達の『戯曲』を一挙公開!『戯曲そのもの』を様々な角度から楽しめる空間をプロデュース致します!各作家ごとの世界観を表したブース展示と、作家自身による手作り製本戯曲。当日はえ、こんなところに!?と思わず驚いてしまう、いたるところに戯曲が!?明るい話からずっしり重い話、ほろ苦かったり、切なかったり、心があったかくなったり。様々なジャンルの作品計45作品勢揃い!!飲み物を飲みながらブックカフェ感覚で、気軽に戯曲を手に取って読んでいただけたらといます!お忙しい時期かとは思いますが、会期中各作家も会場におりますので、ぜひふらっと遊びに来てくださいませ。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、TEL:080-1147-3810 (制作:坂入)、またはこちらのメールまで。

戯曲本舗ホームページ


(サカイリさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [演劇イベント情報] [関東]

2016年9月23日

カメリア区民演劇祭

出演団体:こどもミュージカルゆうとぴあ、朗読劇グループ『パロール』『芝居仲間いづみ』MACイレブン

上演日 :2016年9月25日(土)
開演時間:13:00~
場所:江東区亀戸カメリアホール (亀戸文化センター) TEL03-5626-2121
入場料:大人\1000 小人\500(小学生以下)

 東京にて、カメリア区民演劇祭が開催されます。
 「こどもミュージカルゆうとぴあ主宰、のなかゆみ と申します。『第11回カメリア区民演劇祭』のお知らせです。この演劇祭は江東区を中心に、近隣で活動する演劇団体が、40~60分の作品を持ち寄り、一挙に上演する合同演劇祭です。今年度は、4団体が参加。子どもからシニアまで幅広い年齢層が、ミュージカル、朗読劇、時代劇等バラエティーに富んだ作品をお楽しみ頂ける1日となっております。
 チケットは、江東区内の各文化センター、ティアラこう等でもお取り扱いしております。当日券もございます。4団体の公演を一挙にご観劇いただける楽しい1日です。是非足をお運びください。」とのこと。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。


(お知らせありがとうございます。)


Category: [演劇イベント情報] [関東]

2016年6月15日

「プレイバックシアター日本大会・2016東京~想いをつなぐ~」


日時:7月16日~7月18日
場所:ホテルKSP・ JR南武線武蔵溝ノ口駅(北口)、東急田園都市線溝の口駅(東口)前ロータリー9番乗場よりKSPまで直通シャトルバスが運行。所要時間約5分。
料金:三日間一般23,000円/一日参加10,000円/公開パフォーマンス観覧4,000円/ミニパフォーマンス観覧2,000円

[プレイバックシアター日本大会・2016東京~想いをつなぐ]
2016年7月16日~18日の三日間に、『プレイバックシアターが好き!』を合言葉に、全国各地からプレイバックシアターを実践するグループ、個人、そしてプレイバックシアターに関心を持っている方々が結集します。実践発表や情報の共有・発信、多彩なワークショップやパフォーマンスなど、『交流』と『学び合う』ための大会を開催します。

◆見どころ
★分科会:バラエティに富んだ22枠!
全国各地で活躍するプレイバックシアターのリーダーたちが 個性豊かなワークショップを開催します!スキルアップに役立つものから、旬のテーマに着目したプログラムまで目からウロコの内容となっています。プレイバックシアターを最近始めたばかりという方には、『初心者のためのプレイバックシアター』コースも用意しています。

★実践レポート:今後の活動へ向けたアイデア・知恵を橋渡し!
多様な分野でのプレイバックシアターの導入事例と効果測定などを実践者自らが生の声をリポートします!実践内容の発表後は、参加者全員による『意見交換会』でさらに内容を深めます。

★公開パフォーマンス:全国各地のグループ公演がココに来れば、見られます!
全国各地から集結した、多彩なパフォーマーたちの公演がさまざまなテーマで繰り広げられます。どんな『ストーリー』が紡がれるか乞うご期待!『百聞は一見にしかず』、このチャンスをお見逃しなく!

★IPTNルーム:世界中のプレイバックシアターがココに!
プレイバックシアターは世界50数か国で実践されています。その歴史と現状を余すところなく、展示とビデオ放映でお伝えするブースです。17日・18日終日オープンしていますので、お好きな時間にお気軽にお立ち寄りください。全国各地のグループ情報も発信します!

★オープニングイベント:大会参加者全員が一同に会する交流イベント!
1985年に日本にプレイバックシアターが紹介されて以来、愛好者の増加とともに、その胸の中にはさまざまな想いが...。みなさんの歩んできた『道のり』に想いを馳せ、その軌跡を『ストーリー』で分かち合います。参加者全員による巨大マッピングにも挑戦します。

【お申込み/お問い合わせ】
プレイバックシアター日本大会・2016東京
公式HP E-mailアドレス  こちらのメール


2006年以来2回目の即興劇の全国大会として、全国各地からプレイバックシアターを実践するグループ、個人、そしてプレイバックシアターに関心を持っている方々が集います。教育・福祉・対人援助、組織開発、震災、憲法、インプロアクティングスキルなど、さまざま即興劇や表現方法を通じて、実践発表や情報の共有・発信、多彩なワークショップやパフォーマンスなど、『交流』と『学び合う』ための大会です。三日間通しもよし、一日参加でも、『まずは観るだけ』という方には『パフォーマンス観覧』のみでも、もちろんOK。お近くの方も、遠方の方もこの貴重なチャンスをお見逃しなく!


(お知らせありがとうございます。)

Category: [演劇イベント情報] [関東]

2016年6月 9日

第三回小さいSF演劇祭in阿佐ヶ谷アルシェ

■出演
A:劇団初夜の会、B:モーレツカンパニー、C:ニュートンズ、D:いぶくろ、E:ヒューマナムー、F:ハイバネカナタ、G:劇団回転磁石、H:うめめ、I:たすいち

■期間 2016/07/13(水) ~ 2016/07/17(日)
■タイムテーブル
7月13日(水)18:00/20:00
7月14日(木)18:00/20:00
7月15日(金)16:00/18:00/20:00
7月16日(土)14:00/16:00/18:00/20:00
7月17日(日)14:00/16:00/18:00
■会場 阿佐ヶ谷アルシェ
■料金 2,500円 ~ 3,500円
○1ステ3演目券 前売:2500円 / 当日:2800円 - 1ステージ分、3団体の作品を観劇可能なチケットです。
※別ステージの作品観劇不可 ※1ステ3演目券の半券をお持ちいただくと、1800円にて別の3演目券が購入できます
○フリーパス 前売のみ:3500円
- 全ステージ出入り自由、全演目を何度でも観劇可能なチケットです。(日時予約必須)
- フリーパスを使って全団体を見ると、観客賞への投票ができます。(1人2票)
※入場時に観劇予定の団体の枠にスタンプを押し、全団体のスタンプが揃った方に投票用紙をお渡しします。
※フリーパスは1人1枚までとなります。複数枚予約される際は次ページで同伴の方全員名前の記入をお願いいたします。


 東京にて、第三回小さいSF演劇祭in阿佐ヶ谷アルシェが開催されます。
 「来る2016年7月、小さなSF演劇祭を阿佐ヶ谷の商店街の途中にある小劇場・阿佐ヶ谷アルシェにて開催いたします。15分程度20分以内の短編SF芝居9作品。
・"観客賞"には賞状と副賞10万円。 ・"大賞"には賞状と副賞1万円。 ・"星屑賞"には賞状が贈られます。
<本演劇祭におけるSFの定義は次の3つです>
1、サイエンス・フィクション-=空想科学小説、もしくはその近傍のジャンル。
2、スペキュレイティブ・フィクション=『科学』に限定されないSFの再定義。
3、『すこし・ふしぎ=Sukoshi-Fushigi』= 藤子・F・不二雄の造語。
小劇場の舞台は真っ黒、照明が消えると闇、そこから非日常が現出します。『何も無い所に何かが現出する』観客は想像力を、演者は創造力を持ってこの劇空間に集結していただきたいのです。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [演劇イベント情報] [関東]

2016年5月31日

リード エグジビション ジャパン(株) 第3回ライブ・イベント産業展

~ あなたの劇団をさらに盛り上げるために!最新の舞台装置、演出などを見にきませんか? ~
日本最大の演劇・舞台演出、ライブ、イベント開催のための展示会
■第3回 ライブ・イベント産業展■ に特別招待します!(無料)
この展示会に来れば・・・
★最新テクノロジーを駆使した舞台演出が体験できます
★舞台・公演を創るすべての要素が出展します
(集客・チケット販売、グッズ企画、撮影、動画配信など)
あなたの劇団を盛り上げる何かが見つかります!

<第3回 ライブ・イベント産業展>
◆日程 :2016年7月6日(水)~8日(金)
◆場所 :幕張メッセ
◆主催 :リード エグジビション ジャパン(株)
◆参加費:無料

今後の舞台づくりの参考にぜひご来場ください!
無料招待券をご希望の方はこちら 
無料セミナーの詳細・参加申込みはこちら
是非、同じ劇団員の方々にもご紹介ください。

ライブ&イベント産業展 事務局
リード エグジビション ジャパン(株) 担当:胡、市村
TEL: 03-3349-8507 こちらのメール

(お知らせありがとうございます。)

Category: [演劇イベント情報] [関東]

2016年5月11日

NPO法人ペタアートネットジャパン(PAN-J) アート研究講座(2016年度)総題『表現者の宇宙』〜アーティストの背後から見えるもの〜

人間社会の表現は多種多様である。口頭表現、身体表現のみならず文章や絵画など自己の創作品での表現もある。アーティストはどのように表現し、表現術を磨き、他者に伝達しようとしているのだろうか。この講座『表現者の宇宙』では、様々なジャンルのアーティストを講師にお招きし講演していただいて、表現の諸問題を実作の面から考察し、表現の根源を探求したいと思う。特に今
年度は日常生活における表現の問題を扱いたいと考えている。

4月は立花流の宗家、立花寶山先生にお出でいただき、身体表現の問題を取り上げる。5月には俳優養成に力を注ぐ演出家、守輪咲良先生にアメリカ仕込みの身体表現について、さらに6月には大判写真家、房園浩一先生と、水彩画とカリグラフィーを融合させる表現を追求し続けている松田圭子先生にその苦心談を話していただく。

PAN-Jホームページ

第3回、第4回 『演劇と身体、空間』
講 師: 守輪咲良(もりわ さくら、演出家、俳優、演技指導)
日 時: 第3回目 5月13日(金)14時~16時
第4回目 5月27日(金)14時~16時
場 所: 武蔵野美術大学 新宿サテライト教室(新宿センタービル9階)
聴講料: 不要、どなたでも来聴歓迎(予約申込み不要、当日来聴受付)

<内容> 『教会(NYアクターズ・スタジオ)という空間』
『俳優の身体------『楽器』としてのとらえ方』
『公開された孤独------『舞台上の空間』と『俳優の存在』』
『自立したクリエイターとしての俳優』
『マリヴォーという古典喜劇作家との出会い』など

守輪咲良先生はニューヨーク滞在10年、アクターズ・スタジオのリー・ストラスバーグより『メソード演技』の指導を受けている。
舞台上に『立つ』ということ、そこに求められる身体性と内面表現などを背景に、帰国後、若い人たちと劇団を立ち上げて18世紀フランスの劇作家マリヴォーの連続上演を重ねてきた。昨年秋にもその重要作『偽りの打ち明け話』を演出した。若手俳優養成の経験も豊かであり、これまでの体験を基に身体表現について語る。

守輪咲良主催 咲良舎/櫻塾 公式サイト

(新岳さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [演劇イベント情報] [関東]

2016年4月23日

チェーホフ×ロシア料理『かもめ』企画 キックオフミーティング

7月公演の新作『かもめ』に先駆け、参加メンバーによるオープニング・イベントをおこないます。チェーホフに関連するロシア料理を食べながら、当企画のコンセプトについての説明、出演者たちによるプレゼンやディスカッションなどを予定。またイベント参加者には、稽古場の見学パスをお渡しします。会場はロシア料理の名店CAFE RUSSIA、味覚から演劇体験をスタートしてみてはいかがでしょうか?


日時:2016年5月15日 14:00~17:00(開場14:00/イベント&料理スタート14:15~ *16:00以降はフリータイム)
会場:CAFE RUSSIA (吉祥寺駅より徒歩3分 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-10 ナインビルB1F)
料金:3000円(食事とワンドリンク代を含む *料理はコースです。ドリンクの追加は別途料金がかかります)
定員:20名
予約:劇団WEBサイトに予約フォームをご用意しております。また、お電話・メールでも承ります。
*食材の仕入れの都合上、予約受付は5月12日までとなります。また遅延・キャンセルの際は必ずご連絡ください。

このイベントは、下記の公演のキックオフ・イベントです。こちらもどうぞお見逃しなく!

***

チェーホフ×重力/Note7月公演『かもめ』

原作:アントン・チェーホフ『かもめ』 、他
翻訳:神西 清
構成・演出:鹿島 将介
出演 稲垣 干城 上埜 すみれ 瀧腰 教寛 豊田 勇輝 平井 光子 邸木 夕佳 山3 敬史
音響 林 あきの
照明 南 香織
舞台美術 青木 拓也
衣裳 富永 美夏
演出助手 飛田 ニケ
宣伝美術 青木 祐輔
制作 重力/Note制作部
後援 ロシア連邦大使館 ロシア連邦交流庁
主催 重力/Note

日時:2016年7月
14日(木)19:00
15日(金)19:00
16日(土)14:00★/19:00
17日(日)14:00★/19:00
18日(月・祝)15:00★
※ ★の回は、ポストトークを予定しております。
※ 受付開始=開演30分前 開場=開演15分前

会場:
テルプシコール
〒164-0001 東京都中野区中野3-49-15-1F (JR中野駅南口下車 徒歩7 分)
※ 会場には駐車場・駐輪場がございません。お越しの際には公共交通機関をご利用ください。
チケット: チケット発売日:5月15日
一般前売 3,000円/当日 3,300円/学生割引(予約のみ・要身分証明書)2,500円/ペアチケット 5,000円 ※ 日時指定・全席自由席
【チケット取り扱い】
重力/Note 劇団ウェブサイトのWEB予約フォーム、もしくはお電話にて承ります。
Tel. 080-3750-1069(劇団直通・受付時間10時~20時)

【お問い合わせ】重力/Note 〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-17-2 鹿島ビル1F
E-mail こちらのメール
Tel 080-3750-1069(受付時間10時~20時)
Web twitter  @Note1069 facebook 公演最新情報公開中!

(平井さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [演劇イベント情報] [関東]

2016年3月17日

【賞金10万円】「第三回小さいSF演劇祭in阿佐ヶ谷アルシェ」出演団体募集!

2016年7月も『小さいSF演劇祭』を阿佐ヶ谷アルシェにて開催できることになりました。
*・"観客賞"には賞状と副賞10万円。*
*・"大賞"には賞状と副賞1万円。*
*・"星屑賞"には賞状が贈られます。*
*【主旨】*
来る2016年7月、小さなSF演劇祭を阿佐ヶ谷の商店街の途中にある小劇場・阿佐ヶ谷アルシェにて開催いたします。参加団体には『SF要素の入った、公演時間が15分以上20分以内の演劇作品』を上演していただきます。未発表、再演問いません。

<本演劇祭におけるSFの定義は次の3つです>
1、サイエンス・フィクション-=空想科学小説、もしくはその近傍のジャンル。
2、スペキュレイティブ・フィクション=『科学』に限定されないSFの再定義。
3、『すこし・ふしぎ=Sukoshi-Fushigi』= 藤子・F・不二雄の造語。
小劇場の舞台は真っ黒、照明が消えると闇、そこから非日常が現出します。『何も無い所に何かが現出する』観客は想像力を、演者は創造力を持ってこの劇空間に集結していただきたいのです。
小さいSF演劇祭・実行委員長 すがの公(札幌ハムプロジェクト)

*【募集要項】*
■演劇祭開催時期:2016年7月11日(月)~17(日)
※仕込み・ゲネ・バラシなどの準備期間を含む
■演劇祭参加条件
・SF要素の入った作品であること
・実行委員会に一名が所属できること(月に一度程度、実行委員会が開かれます)
■申込方法 必要なものは、(1)申込用紙 と (2)過去演出作品 のDVDです。
(1)申込用紙をダウンロードし、以下の事項を記載してください。
『メール』にて下記のアドレスまで添付してお送り下さい。その際、タイトル(件名)に『第三回小さいSF演劇祭参加申込』との記載をお願いいたします。
・団体名 ・作品名(仮でも構いません) ・出演者数 ・参加に至る動機 ・担当者様の氏名、電話番号、メールアドレス ・団体プロフィール
申込用紙ダウンロード
(2)過去演出作品のDVDを下記の住所に『郵送』にて別途お送りください。
・過去演出作品のDVD:一枚
※(1)の用紙をプリントアウトして同封していただいても構いません。
送付先アドレス:こちらのメール
郵送先:〒182-0007 東京都調布市菊野台3丁目19-12-101 札幌ハムプロジェクト★東京支部
■締切
第一次募集締切:3月31日(木)
第二次募集締切:4月10日(日)
参加団体決定日:4月25日(月)

選考の結果、予定数に満たない場合、再度募集をかける場合があります。
詳しくはこのホームページにてお知らせいたします。
■選考 応募団体が多く選考となる場合は、参加可否をメールにてご連絡いたします。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [演劇イベント情報] [関東]

2015年7月 9日

福岡学生演劇祭2015

[参加団体]
【Aブロック】
ogt企画{九州大学芸術工学部・大橋キャンパス演劇部}
コックピット(福岡教育大学)
熊本学生演劇連盟
みかんプロジェクト(九州大学芸術工学部)
【Bブロック】
アートユニット豆小僧◎(福岡大学)
Yb(イッテルビウム)(福岡大学・福岡大学演劇部)
パッチワーク(修猷館高校OB・OG)
久留米大学附設高校演劇部
[特別審査員]
和田喜夫(日本演出者協会理事長)
泊篤志(飛ぶ劇場)
田坂哲郎(非・売れ線系ビーナス)

[主催]福岡学生演劇祭実行委員会・福岡県立ももち文化センター(指定管理者 JTB九州・ファビルス共同事業体)
[協力]アートマネージメントセンター福岡 [AMCF]
[後援]福岡市・(公財)福岡市文化芸術振興財団

[日時]
2015年8月26日(水)
14:00 [Aブロック]
18:00 [Bブロック]
2015年8月27日(木)
11:00 [Bブロック]
15:00 [Aブロック]
※30分前より受付開始・場内にてお待ちいただけます。
※開演5分前までに受付・ご連絡のない方はご予約取り消しとなる場合がございます。待ち時間にイベントの開催も予定しているので、どうぞお早めにお越し下さい。
[会場]ももちパレス大ホール舞台上舞台 (福岡県福岡市 早良区百道2−3−15)
[チケット料金(全席自由)] 一般 1,800円(当日2,300) 学生 1,000円(当日1,500)
[通しチケット(枚数限定)] 一般 2,800円 学生 1,500円
※イベントの性質上、未就学児の入場はご遠慮いただいております。
[ご予約]
TEL:092-851-4511(福岡県立ももち文化センター)(9:00~18:00)
予約フォーム:福岡学生演劇祭2015ホームページ
※ももち文化センターでは8月21日まで受付しております。
ホームページ内予約フォームでは21日以降もご予約可能です。

 福岡にて、福岡学生演劇祭2015が開催されます。
 「福岡学生演劇祭2015開催決定!! 2016年に予定されている第一回全国学生演劇祭に向けて 8月下旬に九州予選となる福岡学生演劇祭を開催! 各団体30分以内の持ち時間で連続上演を行い、九州一面白い学生演劇団体を観客投票で決定します!」とのこと。どんな演劇祭になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

福岡学生演劇祭2015

(谷口さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [演劇イベント情報] [九州・沖縄]

2015年2月13日

『農村舞台アートプロジェクト フォーラム』開催のご案内

平成26年度文化庁 地域発・文化芸術創造発信イニシアチブ
豊田市の文化を全国へ発信するため、豊田に生きる"農村舞台とアートの可能性"をテーマに[1]シンポジウム[2]ライブ[3]アートを3つの柱とした農村舞台アートプロジェクトフォーラムを開催します

[1]シンポジウム
パネラー
北川フラム氏(越後妻有トリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭 総合ディレクター)
相馬千秋氏(初代フェスティバルトーキョー プログラム・ディレクター)
奈良部和美氏(ジャーナリスト、全国芝居小屋会議、芝居小屋大向こうの会)
かとうさとる氏(本プロジェクトプロデューサー、現代いけばな)

モデレーター
大澤寅雄氏(ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室准主任研究員)

[2]ライブ(実演や映像)
・羊屋白玉( 06 年ニューズウイク日本誌『世界が認めた日本人女性100人』劇作家、演出家、俳優)
・坂本公成(ダンスカパニーMonochrom Circus 主宰、コンテポラリーダンサー)
・今貂子(舞踏カンパニー倚羅座主催、舞踏家)
・阿波農村舞台の会(徳島 人形浄瑠璃)
・タートルアイランド( 橋の下世界音楽祭主催、 地元出身、ロック)
・Star ☆T(豊田ご当地アイドル)
・木蓮堂(豊田市民音楽祭から男女のアコースティックユニット)
・豊田市棒の手保存会(県指定無形民族文化財)

[3]アート
・イラスト画で見る豊田市の農村舞台群展
・目で見る農村舞台ガイド展
・プロジェクターで見る農村舞台アートプロジェクトシアター
・写真で見る農村舞台アートプロジェクト展
・小田木人形座準備会プレゼンテーションコーナー

【ライブ・シンポジウム】平成27年3月15日(日) 開演13時
【アート】平成27年3月13日(金)~15日(日)10時~18時
【会場】豊田市民文化会館 ライブ・シンポジウム:大ホール アート:展示室A 豊田市小坂町12-100 
【入場】1,000円(高校生以下無料) 豊田市文化振興財団文化事業課(豊田市民文化会館1階)にて発売
【主催】(公財)豊田市文化振興財団・豊田市・豊田市教育委員会
【主管】農村舞台アートプロジェクト実行委員会

■問合せ・申込み■
豊田市 文化振興財団 文化事業課 TEL: 0565-31-8804 
農村舞台アートプロジェクトHP Facebook

皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております

(お知らせありがとうございます。)

Category: [演劇イベント情報] [東海]

2015年1月28日

TPAM 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 TPAM2015 ダンス公演 エコ・スプリヤント『Cry Jailolo』学生ご招待のご案内

TPAM2015 ダンス公演
エコ・スプリヤント『Cry Jailolo』学生ご招待のご案内
― インドネシアの若者たちによるダンス ―

『Cry Jailolo』はインドネシアのジャイロロで暮らす少年たちのために振り付けられた、ダンス作品です。インドネシア東部の北マルク州西ハルマヘナ島のジャイロロに伝わる舞踊を現代的に解釈。テルク・ジャイロロ海の珊瑚礁の破壊が止まって魚が再び珊瑚礁へと返り、海の静けさと水の魂を取り戻すことへの希望を表現しています。環境問題、宗教対立などを抱えながらも夢を持ち努力する同年代の若者たちが創り上げる世界観は、異文化理解という枠を越え、あらゆる世代のお客様、特に将来の日本を担う若者たちの心に色濃く刻まれるのではないでしょうか。 インドネシアの伝統舞踊とコンテンポラリーダンスのコラボレーションを御覧いただける希少な機会にぜひご立会頂きたく、学生の皆様は無料でご観劇頂けます。
公演詳細

公演日:2015年2月15日(日) 15:15客席開場 15:30開演(16:30頃終演予定)
会場 :KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
料金 :一般2,500円/学生 無料

【学生招待の対象】
学生割引が有効となる学生証をお持ちの方、および未就学児。
・国内外の初等~高等教育の学校に通う学生
・専門学校生
・予備校生
・放送大学の学生
など
* 学生招待対象者が5名以上の場合、ご引率の大人の方2名までご招待いたします。

【学生招待予約受付方法】(個人・団体共通)
以下のPeatixかメール、いずれかの方法にて、お申し込みください。
* 未就学児童の方の観劇の場合も予約をお願いしております。

■Peatix よりお申し込み
こちらのウェブサイトよりお申し込みください。ご予約後Peatixから届く、申込受付完了メールをご確認ください。
お申し込み締切:2015年2月14日(土)
* お申し込みには、Peatixのアカウントが必要となります(Facebookアカウント、Twitterアカウント、Google+アカウントでもログインできます)。

■ メールでのお申し込み
メール本文に以下の項目をご入力いただき、こちらのメール宛にお送りください。
件名:エコ・スプリヤント学生招待申込
[1]名前 [2]ふりがな [3]電話番号 [4]人数 [5]学校名 [6]観劇される方全員のお名前(引率の方がいる場合、引率者の名前のところに○をつけてください)
お申し込み締切:2015年2月14日(土)

* ご予約を承れない場合は事務局よりご連絡差し上げます。
* 件名が指定の件名と異なる場合、予約を受付けられない場合がございます。ご注意ください。

【チケットのお引取について】
お引取日時:公演当日の開演の30分前~(2015年2月15日 15:00~)
お引取場所:KAAT神奈川芸術劇場5Fホール前

* 会場受付にて、お名前をお伝えください。
* 複数名でお申込の場合は、ご一緒にご来場ください。
* 要学生証呈示(全員分の学生証をご呈示ください)。学生証がない場合は、年齢のわかるものをご呈示ください。
* 開演の10分前(15:20)までにチケットをお引き取りください。

【お問い合わせ先】
国際舞台芸術ミーティング in 横浜 事務局
Tel: 03-5724-4660 Fax: 03-5724-4661 Email: こちらのメール

(お知らせありがとうございます。)

Category: [演劇イベント情報] [関東]