« 海市工房 俳優のための1日集中ワークショップ | 演劇交差点トップページへ | 雑文12/3 »

2019年12月 2日

日本劇作家協会「リーディングフェスタ2019 戯曲に乾杯!」

スタッフ:進行:山田裕幸・吉田康一・大西弘記・ハセガワアユム・丸尾 聡/進行補佐:サカイリユリカ・藤崎麻里 美崎理恵 舞台監督:小野ハ着(jet stream)/照明:吉嗣敬介(ch.4429)/音響:鈴木三枝子(lvy Cricket)/映像記録:西坂來人(青春事情)/フライヤーデザイン:[リーディングフェスタ]奥秋 圭・[公開審査会] 伊藤まこと(technicute)/出演協力:BLUE LABEL、(株)アニモプロデュース、(株)イトーカンパニー、(株)オフィスPSC、(有)レトル、(株)ワーサル、(株)écru、劇作家女子会。、劇団劇作家、(株)ECHOES、演劇ネットワーク@丸尾/制作:松本 悠(青春事情)・国松里香(劇作家協会事務局)


日時:12月14日(土) 【1】15:30- 『棘』を持った短編戯曲 【2】18:40- この戯曲の◯◯がすごい! 12月16日(日) 【3】16:30- 最終候補作プレビューリーディング 【4】18:30- 第25回劇作家協会新人戯曲賞公開審査会
場所:座・高円寺2(JR中央線『高円寺駅』北口 徒歩5分)
料金:各プログラム券:1,000円 (プレビューリーディングのみ500円) /14日(土)1日券:2,000円 /15日(日)1日券:1,500円 *杉並区民・劇作家協会会員割引あり

◎ 14日(土)
▼ 15:30ー 【1】『棘』を持った短編戯曲
楽しく学べる短編連続リーディング。『棘』という同じ題材を扱っていても、6本の戯曲はテイストも内容も様々。バラエティに富んだ作品のリーディングをお楽しみください。戯曲のブラッシュアップを目的としたトークセッションも開催します。
1)公募短編ドラマリーディング
[選出作]太田 陽 『キスの花』 山村菜月 『保健室で抜く男子高校生の話』 ニシキアヤコ『ハンバーガーショップにて』 平井 敦 『バースデープレゼント』 三木江美紀 『TESUJOUMOU』 イグチミツホ『トゲる』
[ファシリテイター]山田裕幸
[戯曲選考]劇作家協会リーディング部
[出演]小野寺ずる 鍛治本大樹 (演劇集団キャラメルボックス) 重田千穂子 (劇団テアトル・エコー) 橘 花梨 (カリンカ) 目崎 剛 (たすいち) 山内健司 (青年団)
2)戯曲ブラッシュアップ・セッション
[登壇] 瀬戸山美咲 前川知大 選出作の作者6名
[司会] 山田裕幸
▼ 18:40ー 【2】この戯曲の◯◯がすごい!
この戯曲の◯◯がすごい!と評判の作品をピックアップ。今回の○○は、『シチュエーション』と『キャラ』の二部門。企画担当3名がピックアップしたものと、SNSで投稿していただいたものから、一部門につき2作品をリーディング+トークで紹介します。
【この戯曲のシチュエーションがすごい!】土田英生『Re:』フジタタイセイ『草苅事件』
【この戯曲のキャラがすごい!】佃 典彦『(仮)の事情』松澤くれは『りさ子のガチ恋♡俳優沼』
[登壇/企画担当] ハセガワアユム 大西弘記 吉田康一
[出演] 潮 みか (悪い芝居) 卯ノ原圭吾 高木 健 (エンニュイ) 高木珠里 (劇団宝船) 谷沢龍馬

◎ 15日(日)
▼16:30ー  【3】新人戯曲賞最終候補作プレビュー・リーディング
最終候補作6作品すべての冒頭を、15分間ずつドラマリーディングでご紹介。テイストや文体がつかめます。聞いておけば、審査会をいっそう深く楽しめること間違いなし!
[第25回劇作家協会新人戯曲賞 最終候補作品]
大西弘記 『宮城1973 -のぞまれずさずかれずあるもの』 在原彩生 『月漸く昇る』 奥村千里 『Gloria』 方丈 栖 『郊外組曲』 三吉ほたて『泳げない海』 藤井颯太郎『盲年 (もうねん)』(応募戯曲到着順)
[コーディネイター] 丸尾 聡
[ファシリテイター] 山田百次
[出演] 川崎勇人(劇団東京乾電池) 川添美和 (Voyantroupe)
木村美月 (阿佐ヶ谷スパイダース) 小山貴司 坂本 鈴 (劇団だるめしあん)
杉木隆幸 中山朋文 (theater 045 syndicate) 西山水木
橋本昭博 (演劇プロデュースユニットMoratorium Pants) 福永マリカ
藤尾勘太郎 丸尾 聡 美崎理恵 (水中散歩/創作てんからっと)
山田百次 (劇団野の上/ホエイ)
▼18:30ー 【4】第25回劇作家協会新人戯曲賞 公開審査会
新しい才能を、今日、世界へ。応募総数261本から、第一次・第二次の選考を経て絞られた6本。作風の異なる7人の審査員が、新人たちの6作品と対峙して、それぞれの作品が持つ魅力を語り、あるいは魅力を活かしきれない理由を探ります。事前の談義は一切なし。この場で語られることだけで受賞作が決定する公開討議は、極めて厳正な審査であるとともに、本気の応酬が笑いをも生む知的エンターテイメント。
[審査員] 坂手洋二 篠原久美子 瀬戸山美咲 佃 典彦 土田英生 マキノノゾミ 渡辺えり
[司会] 横山拓也
劇作家協会の冬の風物詩『リーディングフェスタ 戯曲に乾杯!』。戯曲と出会い、戯曲について大いに語り合う2日間です。15日(日)には、今年の新人戯曲賞が皆さんの目の前で決定します。ぜひ、1度足をお運びくださいませ。

14日(土)・15日(日)の1日券を、各5組最大10名様に抽選にてプレゼントいたします。
ご希望の方は、お名前、希望日時、希望枚数、メールアドレス、電話番号を明記のうえ、下記のメールアドレスまでお送りください。
【宛先】こちらのメール (**件名を『演劇交差点チケットプレゼント』としてください)
【応募締め切り】12月10日(火)23:59
当選発表は12月12日(木)中に当選者にのみメールにてご連絡いたします。

同イベントの情報ページ

(松本さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [演劇イベント情報] [関東]