地域別: 北海道 | 東北 | 関東 | 東海 | 北陸 | 近畿 | 中国 | 四国 | 九州・沖縄 |
主なコンテンツ: 公演案内 | 募集情報 | 劇団リンク | お役立ち情報 | 演劇イベント情報 | ブックレビュー |
演劇交差点twitter:Follow us!

2020年4月 2日

 アイホール 伊丹市立演劇ホール 演劇ラボラトリー 上田一軒+村角太洋プロジェクト受講生募集!!&伊丹想流劇塾マスターコース第4期生募集!!&伊丹想流劇塾第4期生募集!!

アイホール 伊丹市立演劇ホール 演劇ラボラトリー 上田一軒+村角太洋プロジェクト 受講生募集!!

『演劇ラボラトリー』は主に初心者を対象にした演劇の実践講座です。経験はなくても大丈夫。一緒に面白い『エンゲキ』を調理=創作しましょう!みなさまのご参加、お待ちしております。

【概要】関西で活躍する演劇人のもと、演技を中心としたワークショップを行い、最終的には、ひとつの舞台作品をつくりあげます。講師・演出は、緻密でリアル、かつ笑いを兼ね備えた舞台づくりに定評のある上田一軒(スクエア)。そして劇作には、特殊な設定の中で繰り広げられる、ユーモアあふれる会話劇を得意とする村角太洋(THE ROB CARLTON)を迎えて、本格的な"コメディ"にチャレンジします。

■内容/演技を中心としたワークショップと演劇公演
※上演に際しては、舞台製作に関する作業も実習します。
■場所/アイホール(伊丹市立演劇ホール)カルチャールームほか
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号
■講座期間/2020 年6月17日(水)~2021年3月10日(水) 原則19時~22時 計40回 
詳細はこちら
※ただし、公演前は変動します。3月1日(月)/3月3日(水)~7日(日)は原則、終日参加が望ましい。
■応募条件/18歳以上(高校生不可)、講座および公演期間に原則すべて参加できること。
募集人数/15名程度
受講料/40,000円
公演/
【仕込・リハーサル】2021年3月1日(月)/3月3日(水)~5日(金)
【上演】2021年3月6日(土)・7日(日)

【応募方法】
以下の[1]~[4]を同封のうえ、アイホールへ郵送あるいは持参ください。
[1]応募申込書 ★申込書はこちらから
[2]写真(上半身・全身)
[3]作文400字程度【課題:最近、失敗したこと】
[4]84円切手を貼った返信用封筒
締切/5月20日(水)22:00必着
面接/5月31日(日)11:00より
開講/6月17日(水)19:00
宛先/〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号 アイホール『演劇ラボラトリー』係

◎募集に関しての、ご不明な点・ご質問などは、お気軽にご連絡ください!!
お問合わせ アイホール 伊丹市立演劇ホール
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号 
TEL:072-782-2000※9:00~22:00、火曜休館 メールはこちら


続きを読む

20:12 Category: [募集情報] [近畿]

 演劇ブックレビュー20200402: 湯山茂徳(編著)、苧阪直行・明和政子・佐藤由香里(共著)(2018)『エンタテインメントの科学』朝日出版社

演劇ブックレビュー20200402: 湯山茂徳(編著)、苧阪直行・明和政子・佐藤由香里(共著)(2018)『エンタテインメントの科学』朝日出版社

本書は演劇を含むエンタテインメントが、なぜ人を楽しませるのか、人の生活にどのように関わっているかを科学的に論じています。人がお芝居をみて楽しむということそのものを考察しています。演劇人にはもちろん、演劇で卒論を書こうとしている人にも役に立つと思います。

---

人はエンタテインメントをみてなぜ楽しいと思うのか。意外に難しい問題ですよね。そこまで考えなくてもいいのかもしれませんが、それを心理学中心に科学的に論じているのが本書です。

本書におけるエンタテインメントの定義は、「単なる娯楽以上のものとして、何らかの行事(イベント)を実施し、それに伴って行われる芸術的、芸能的、あるいはスポーツなどのパフォーマンスやプレゼンテーションにより、多くの人々の心に直接訴えかけて感動を与え、共感と同調を呼び起し、希望を与え、生きる喜び、そして未来への夢と、生きていくための力を与えること、すなわち人々に幸福をもたらすこと」(p.10)となっています。演劇もこのエンタテインメントの一部に含まれているので(pp.20-21)、この定義は自分たちの演劇活動を考える上で重要であると考えられるでしょう。

本書において演劇はそれほど特別に取り上げられているわけではありません。ちょっとふれてあるだけです。多種多様なエンタテインメント形態が取り上げられているので、結局エンタテインメントってなんなんというところはあるのですが、特別な形態を超えたエンタテインメント概念を追求していると考えていいでしょう。

続きを読む

20:02 Category: [ブックレビュー]

 雑文4/2

今日から新入生オリエンテーション。

すーんごい広い部屋で、すーんごい換気しながらやってました。あれならだいじょうぶでしょう。

「地球の歩き方」がKindle Unlimitedで読み放題に。早速KindleULはじめました。いいサービスですよね。家で世界旅行するぞ~!!

19:25 Category: [雑文]

2020年4月 1日

 演劇ブックレビュー20200401: 近藤耕人(2018)『演劇とはなにか』彩流社

近藤耕人(2018)『演劇とはなにか』彩流社

本書のテーマはずばりタイトル通り「演劇とはなにか」を考えるものです。この本を読んで演劇とは何かがわかるかといえば、正直微妙かもしれません。しかしそれを考える、あるいは考え直す機会になると思います。

本書は作家・評論家にして戯曲化でもある筆者が、「演劇について書く機会を与えられ、私の経験と記憶のなかから興味あるものを選び、演劇に関心のある方々に問題点をエッセイ風に書き記して、ともに楽しみながら芝居を考えてもら」ために書いたものです(p.8)。このように書いてあるので、この本を読めば芝居が打てるようになるとか、芝居がおもしろくなるとかの即効性・実践性はありませんし、内容も海外の古典演劇を中心にした筆者のエッセイです。ひょっとしたら読んでもわからんわと投げ出す人もいらっしゃるかもしれません。

しかしここで本書をご紹介する意味は、その目次に集約されているといえます。(引用:こちら、本文と少し表記が違います)

続きを読む

17:17 Category: [ブックレビュー]

 雑文4/1:演劇ブックレビューについて

唐突に新コーナーが始まっていますが、エイプリルフールではありません。

「演劇ブックレビュー」は、僕が演劇にかんする本を読んで、短いレビューでご紹介するという企画です。

実は新しく始まったわけではなく、以前からときどきやっていたのですが、最近はすっかりごぶさたしておりました。

また始めた理由、おわかりかと思いますがこのご時世ですよね。みなさんが演劇活動が思うようにできないのに、情報が集まってくるわけもないです。それなら演劇のニュースでも取り上げて、とも思いますが、それは他のサイトを見ていただければいいわけですからね。

このサイトしかできないこと、それでいて演劇人のみなさんに少しでも役立てること、と考えた結果生まれたコーナーです。

僕も正直お仕事で読まなければいけない本がいっぱいあるので、どれだけできるかわかりませんが、手当たり次第読んでみます。よろしくお願いいたします。修行や修行や!演劇本の千本ノックやー!(無駄な気合い)

---

新学期が始まりました。でもこんなに静かな新学期ははじめてです。つらい。

新しい大学院生とは少しあいました。がんばっていきたいです。

16:22 Category: [雑文]

2020年3月31日

 Double Spin 5月に朗読劇 犬の殺処分を題材

Double Spin では、5月に朗読劇をドックカフェで、犬の殺処分を題材にした作品をやります。出演者を募っています。
この作品は非合理で、パワフルで愛に溢れています。犬がもし言語を用いたのなら、どんな会話をしているんだろう。世界に対してどんな、あきらめや皮肉があるんだろう。どんな可能性や、希望があるんだろう。取り組めば取り組むほど、気づきや発見があります。犬、猫のためにやっている風だったが、そうではなく人類のため、人類が良くならないと、犬、猫の状況、環境も良くならない。作品を存在させる事により、寝ている人類を起こす。『そこに正しい悪いを加えず、ただ起こす。起こし続けるのだ』最近では、劇場で公演をやる事が正しいという傲慢さがあった事に気づきました。『劇場でやるから観に来て!』が自由さや、自己表現を奪っていました。そこに気づけて軽井沢の別荘やドックカフェで朗読劇が可能になりました。

●募集概要●
Double Spin プロデュース Vol.30 cafe Roomer 朗読劇 cry!cry!!cry!!!~犬達の遺言~
脚本/市村啓二 脚本監修/祖父江好美 演出/滝沢正光
郊外にある動物愛護センター。9匹がたどり着いた先はとてつもなく『暗い』場所。死にたい『くらい』絶望を抱く。彼らに残された時間は7日間。しかしそれでも生きたい。だから『叫ぶ』命の叫び‼cry!cry‼cry‼!・・・私たちの声が聞こえますか。

■上演日程■ 2020年 5月9日(土) 14時~ 18時~
※開場は開演の20分前になります。
■アクセス■ 〒157-0072 東京都世田谷区祖師谷1-34-5 TEL 03-3484-7254
小田急線 祖師谷大蔵駅より徒歩7分
■チケット■ 前売り/2800円 当日/3000円 中学生以下 500円 (ドリンクが一杯つきます)ドックカフェですので、ワンちゃんを連れてきても大丈夫です!

●稽古期間● 5月2日(土)~5月7日(木) 18時~22時 ※3日、6日は稽古休み
5月8日(金) 13時~22時
●衣装●自前となります。
・住所
・氏名
・年齢(18歳未満の方は親権者の同意必要)
・電話番号
・メールアドレス
・舞台経験の有無、特技など簡単なプロフィール
・写真(上半身、写メ程度でOK)

●問い合わせ●こちらのメール (滝沢)
●twitter● @crycryc89534196
cry!cry!!cry!!!~犬達の遺言~ 朝日新聞から取材を受けて記事になりました!


(お知らせありがとうございます。)


23:51 Category: [募集情報] [関東]

 雑文3/31

明日から新学期です。なかなか本格的には始まらないのですが。

明日からしばらく、2年間はなかなか自由がない感じになるのですが、こまぎれ時間をなんとかいかしてがんばりたいです。永遠のテーマ。

サカナクションのライブDVD、以前にWOWOWで放送されていました。そういうのよくあります。でもDVDの方が内容もいいし、買ってよかったやつです。

20:52 Category: [雑文]

2020年3月28日

 ピッコロ演劇学校・舞台技術学校 兵庫県・尼崎の劇場を教室に、演劇を学ぶ。4月入学、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校令和2年度生募集中!

ピッコロ演劇学校・舞台技術学校では、2020年4月入学の新入生を募集しています。

【ピッコロ演劇学校】1983年に全国の公立文化施設で初めて開設された演劇を学ぶ学校。演劇・舞踊・歌唱など第一線の講師陣が指導にあたり、演劇の理論、身体表現の基礎から実際の舞台上演までを、週2日夜間の授業で1年間かけて学習します。

【ピッコロ舞台技術学校】1992年、舞台を支える技術者を育成するために開設。実際の劇場を教室に、充実の設備を活かしてスタッフワークの基礎を1年間で習得。プロの技術者として活躍する卒業生も多く生み出す、充実のカリキュラムが好評。

◎授業料 授業料(3期分納) 演劇学校(本科):120,000円 舞台技術学校:100,000円
◎後期試験応募受付締切 2020年4月8日(水) ※郵送の場合は7日(火)必着
◎実技・面接 会場:ピッコロシアター
2020年4月11日(土)舞台技術学校(面接のみ)
2020年4月12日(日)演劇学校《本科》(動き・朗読・面接) 

◎申込方法 入学願書・調査票など提出書類と、受験料 3,000円を添えて [1]ピッコロシアター窓口へ持ち込み [2]郵送(現金書留) 以上の方法でお申し込みください。
入学願書・調査票は、ピッコロシアター公式サイトからダウンロードできます
[資料請求・お問い合わせ]
ピッコロ演劇学校・舞台技術学校
(演劇学校:尾西・山中、舞台技術学校:西岡・木屋村)
〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町3-17-8 ピッコロシアター Tel. 06-6426-1940


(お知らせありがとうございます。)


20:26 Category: [募集情報] [近畿]

 雑文3/28

今日はお仕事していました。おでかけしないなら研究室いたほうがいい。

全国的に雨なのはいいことです。出かけにくくなるし。

『医者が教えるサウナの教科書』読みました。サウナの効能を知るだけで楽しくなります。ととのいたい。

18:29 Category: [雑文]

2020年3月26日

 ミュージカル座7月公演『スワンダフル』キャストオーディション【3/30(月)締切】

ミュージカル『スワンダフル』は、ミュージカル座代表のハマナカトオルと、作曲家のtakコンビが『おでかけ姫』に続いて創作する新作ミュージカルです。たった一度の人生を、どの道に進むのか。悩める主人公の心を描く作品です。主人公の大学生みなみの日常と、彼女が毎晩部屋で見るミュージカル映画の登場人物たちが、彼女と会話し、共に歌い踊り、彼女の人生に影響を与えて行く、ファンタジックな演出が魅力のミュージカルです。歌と、お芝居と、ダンスが好きな方、是非、この新作ミュージカルを一緒に作りましょう。とくにタップダンスに挑戦してみたい方。初心者でも好きな方は、是非、ご参加ください。楽しいタップダンス・ミュージカルを作りましょう。

キャスト・オーディション要項
◆資格 18歳以上の健康な男女。下記の『稽古日程期間及び劇場入り期間』に参加できる方。(学生の方は、稽古及び実寸稽古、本番を優先出来る方。)

◆応募方法 こちらのURLよりの『応募用紙』をダウンロードして、郵送・またはデータ送付して下さい。
※ダウンロードページには、実技審査用の各資料(譜面・オケ)も入っております。書類審査結果が出る前よりご参考にしていただいて結構です。
※『アンケート』は、実技審査当日の受付時にご提出いただきます。
※連絡は全てメールで行う為、PC・携帯メールアドレスは《必ず》ご記入下さい。
※『-(ハイフン)・_(アンダーバー)』『r・v』『l(エル)・1(数字の1)など、わかりやすく明記して下さい。
※応募用紙は、指定用紙以外でも受け付けますが、『A4サイズ2枚分(A3サイズ1枚分)』の大きさに収まるようにして下さい。
※オーデイション各資料は、『スワンダフル』オーディション以外の用途での使用を禁止します。
◆応募書類締切日 2020年3月30日(月)【必着】

◆選考
【書類審査結果】書類審査結果につきましては、応募者全員に『メールにて』ご連絡いたします。※プロダクション、劇団などからのご応募についてのご連絡は、各事務所ご担当者様にご連絡いたします。※書類審査結果の連絡メールは、実技審査日の直前でのご連絡になる場合もございますので、出来る限り下記日程で融通のきくようスケジュール調整をお願い致します。
【実技審査】書類審査後、下記のいずれかの1日・約2時間半程度で実技オーディションを行います。
1)4/6(月) 12:30~21:00
2)4/12(日) 12:30~21:00
3)4/13(月) 11:00~13:30
【審査内容】ダンス審査(当日振付)、歌唱(課題曲)、台詞(課題)
【受付・審査会場】ミュージカル座スタジオ(北浦和)
◆稽古
【稽古場】ミュージカル座スタジオ(北浦和)
【スケジュール】
●2020年5月上旬から稽古開始『予定』。
●稽古時間帯
5月上旬~6月上旬 12:30~16:30
6月中旬~7月上旬 12:30~21:00(稽古時間が長くなります。)
7月6日(月)劇場入り~7月13日(月)千秋楽 9:00~22:00。
●OFF日 原則として(月)・(金)は稽古休み(全ての週ではありません。)
※6月中旬からの総合リハーサル期間及び、劇場入り(7月6日)から千秋楽(7月13日)までのNGは認められません。
◆その他 チケットノルマはありませんが、チケット販売にはご協力下さい。チケットバックまたは出演料あり。基本ダブルキャストを予定。オーディションは無料です。稽古や公演に要する交通費は、各自の負担となります。合否のお問い合わせには対応しておりません。

◆宛先
【郵送の場合】〒330-0061埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15松本ビル2F 有限会社ミュージカル座『スワンダフル』応募係宛
【データ送付の場合】担当:小宮山雅美 こちらのメール
※件名に必ず『スワンダフル』とご明記ください。

◆お問合せ メールのみの対応となります。こちらのメール
※必ず、お名前・ご連絡先(メールアドレスと電話番号どちらも)をご明記下さい。
※swonderful20mza@gmail.com からのメールを受信できるように設定して下さい。
※ご返信までには、数日かかる場合もございます。予めご了承下さい。

(お知らせありがとうございます。)

22:28 Category: [募集情報] [関東]