お芝居は、好きですか。

地域別:  北海道 (13) |  東北 (20) |  関東 (3556) |  東海 (47) |  北陸 (12) |  近畿 (465) |  中国 (47) |  四国 (16) |  九州・沖縄 (57) | 

演劇交差点twitter : Follow us!

主なコンテンツ:  公演案内 (1665) |  募集情報 (2382) |  劇団リンク (4) |  お役立ち情報 (50) |  演劇イベント情報 (41) |  ブックレビュー (5) | 

スマートフォン用サイト →QR | URL送信 | RSSリンク

ようこそ

  • このページは、すべての演劇に携わる方のための総合演劇ニュースサイトです。お芝居を作る・観る方々には気軽に情報を発信・収集する場として、また現在あまりお芝居になじみのない方が、お芝居を観るきっかけにもなるようなページにしたいと思っています。
    当ページはみなさまの情報をもとに作り上げていくページ(=Share Site)です。こちらのフォームからどしどし情報をお寄せください。
  • <ご注意>
    ○掲載の可否は管理人が判断しますが、再掲には1ヶ月程度あいだをあけることにしています。ご了承ください。
    ○投稿の際はこちらの見本をご参考下さい。情報には必ず拠点としている地域名(東京、西宮市など)をお書き添え願いします。
    ○はじめての方は、こちらをごらんください。
    ○リンク・フリーです。リンク集の片隅にぜひ。

サイト内検索

最近のエントリー

もうすぐ公演

もうすぐ募集締め切り

2024年6月16日

 鶴屋の会・tid演劇教育研究ゼミ 朗読劇の発表に向け特訓中


小林志郎先生ご指導のもと、『金弊猿島郡(きんのざいさるしまだいり)』の勉強会を月2回開催。朗読劇発表に向けて取り組んでいます。
ゼミはまず台本に指定された下座音楽(黒御簾音楽)を聴くことからスタート。歌舞伎の最もquick and easyな理解は下座音楽に親しむことであるという小林の指導理念にそって、毎回数曲を鑑賞します。『着到砂切』、『砂切』、『禅の勤』、『琴歌』、『管弦』、『てんつつ』、『山颪』、『甲唄』など目まぐるしく遭遇する歌舞伎音楽の体系の巨大さに驚きながらも、鶴屋南北が台本の中で指定している『合方』への現代的アプローチを模索しています。
興味のある方は是非連絡ください。

6月開催日
・6月27日(第4木曜日) 18:45~21:45 
会場 戸塚地域センター 会議室3(JR線『高田馬場』駅徒歩3分)
会費 月額1,500円 ※初回の方は、テキスト代1,500円いただきます。
募集は7月までとし、8月以降は公演に向け練習する予定です。

■連絡先 鶴屋の会・tid演劇教育研究ゼミ 大野 こちらのメール


(お知らせありがとうございます。)

21:56 Category: [募集情報] [関東]

 雑文6/16

今日は畑にいって、サンチュを収穫してきました。よく育ってました。

ばんごはんはそれにプルコギっぽいものをのせてたべてみましたが、おいしかったです。野菜の季節だ。

19:59 Category: [雑文]

2024年6月15日

 2ndPit「その鉄塔に男たちはいるという」

作・演出:作/土田英生 演出/飯田浩志
キャスト:南保大樹、加藤拓二、甲津拓平、山形敏之、三浦拓真
スタッフ:音楽/印南俊太朗 照明/石島奈津子 音響/香田泉 宣伝美術/古木杏子 舞台監督/白幡大介 制作/長尾敦 製作/一般社団法人グランツ


日時:2024/06/21 (金) ~ 6/30 (日)
場所:下北沢 小劇場 楽園
料金:一般(当日共)4,000円 U-30(当日共)3,000円


 東京にて、2ndPit「その鉄塔に男たちはいるという」が上演されます。
 「戦意高揚のために送り込まれた慰問ショウをするコミックメンバー。その異様な場所から逃げた4人は深い森の中に立つ巨大な鉄塔に隠れているが・・・『殺伐としたところから遠い存在でいようよ』コメディアンである彼らはどう生きるのか・・・
 南保大樹(劇団東演)、白幡大介(文化座)、加藤拓二(テアトル・エコー)、飯田浩志(グランツ)が環境が異なる劇団の枠を超えてユニットを組んだ2nd Pit(セカンドピット)『それぞれの所属母体を尊重しつつ、出会いや創作する楽しみ、新たな刺激や研磨できるもう一つの場所』がコンセプト。その旗揚げ公演が6月21日(金)下北沢小劇場楽園にて開幕します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(南保さん、お知らせありがとうございます。)

21:55 Category: [公演案内] [関東]

 雑文6/15

今日は出張の日におやすみにするかわりの補講をしました。

土曜日にやるしかなかったのですが、やっぱり土曜日にやるのはかわいそうでした。

そのあとはいろいろ用事をしに歩きにいきましたが、とても暑かったです。

19:57 Category: [雑文]

2024年6月14日

 グリーンフェスタ2025 参加団体募集

シアターグリーンでは、小劇場界の活性化を目的として、シアターグリーンの全3劇場で同時に開催する演劇祭『グリーンフェスタ』を2008年から開催してきました。新型コロナの影響で開催中止となった時期がありましたが、2022年に開催を再開し、2025年も1月〜2月にかけて開催する予定で、現在参加団体を募集しています。
開催期間中は普段より割安で劇場を使用することができ、受賞作品には副賞もご用意しているので、とてもお得です。この時期に公演をお考えでしたら、ぜひご検討ください。
詳しくは、下記募集概要をご覧下さい。※参加状況により、会期が延長・短縮される場合があります。

募集概要
1. 開催期間:2025年1月6日(月)〜3月3日(月)(貸し出し期間) ※応募の状況により、会期が延長・短縮される場合もあります。
2. 対象劇場:シアターグリーン全3劇場
3. 参加費用
・BIG TREE THEATER ¥187,000円(税込)/1日(税別 ¥170,000円)
・BOX in BOX THEATER ¥136,500円(税込)/1日(税別 ¥125,000円)
・BASE THEATER ¥77,000円(税込)/1日(税別 ¥70,000円)
※平日楽日に関しては、残業代1時間分免除
4. 募集期間:各劇場共に、予定枠が埋まり次第、募集を終了させていただきます。

5. 参加団体の条件
○一般参加
・ 劇場の貸出し期間は、原則として7日間~となります。 (貸出し日程に関しては、申込団体の要望に近い日程を運営事務局側で指定します。)
※使用期間が6日以下の場合は、一度お話をお預かりして、スケジュールの状況により判断します。
※地方団体は5日間からの予約可。ただし、各劇場1団体までとします。
・ 劇場の使用規定を遵守し、運営事務局の指針に同意できる団体。
・ 演劇以外の演目の参加は可能ですが、審査の対象外となる事があります。(配信のみ公演、ダンス公演、コントライブ等)
※演劇以外の演目でのご参加は、特別参加をお勧めします。
・ 既成の本・新作・再演は問いませんが、過去にグリーンフェスタ及びシアターグリーン演劇祭で受賞した作品は審査の対象外とする。
・ 共通チラシ制作の為、公演情報を期限内提出できる団体。 (公演情報が共通チラシ制作に間に合わない場合は、フェスタ参加扱いにならず通常公演となり、劇場費も通常料金となります。)
※ 公演情報の締切りは2024年10月中旬を予定しています。(チラシの配布は12月上旬を予定)
・ 作品審査の為、審査員席を1作品につき9~15席(劇場関係者5~6名、一般審査員4~9名程度)の客席の提供。
※ 一般審査員の応募状況により、上記人数内で変動します。
・ 運営事務局が販売するツアーチケット客(30名)の受け入れ。
※ ツアーチケットは運営事務局が30枚限定で発売するチケットで、購入者はグリーンフェスタ2025の参加作品(配信のみの公演を除く)を各劇場1作品ずつ、合計3作品観劇できます。ツアーチケット購入者が観劇をした団体には、運営事務局から若干ですが還付金をお支払い致します。

6. お問合せ
シアターグリーン e-mail:こちらのメール

(松本さん、お知らせありがとうございます。)

21:52 Category: [募集情報] [関東]

 雑文6/14

名古屋たのしかったです。ライブもよかったし、おいしいものもたべました。

そしてそのままバイトにいってきました。エクストリーム感ありましたが、うまくできました。

19:57 Category: [雑文]

2024年6月12日

 アンティークス2024年12月公演出演者オーディション(メンバー同時募集)

アンティークスでは、2024年12月に上演する20周年公演(2作品)の出演者を募集するワークショップオーディションを開催します。今回の募集が最終公募となります。
会話劇が好きな方、繊細で濃密な物語が演じてみたい方、ドキドキするお話が好きな方向きの団体です。作品創りに協力的で、優しい方、お力をお借りできたら幸いです。2025年以降ご一緒できる方もお会いできたらと思いますので、出演興味枠で、ご応募いただけたら幸いです。またアンティークスは、劇団メンバーを募集しています。(現在、主宰岡崎貴宏) 経験者・未経験問わず、お芝居と本気で向き合える方と思いやりのある方を歓迎します。
レギュラー出演者として、もしくは演出部、制作部として、また劇団と共に成長していきたい方のご応募お待ちしてます!尚、お送りいただいた書類データによる選考あります。(応募者多数の場合、出演希望、劇団メンバー希望の方を優先させていただきます)
アンティークス主宰 岡崎貴宏

【公演概要】
#[1]対象公演アンティークス20周年公演(2作品・各4ステージ)
2024年12/4(水)~12/8(日) @下北沢『劇』小劇場 (12/2(月)劇場入り)
〇新作長編 脚本/演出 岡崎貴宏
(作品イメージ)ある事故によって、不老不死になってしまった人間の数奇な物語。(状況により、演目の変更の可能性がありますことをご了承ください)
〇再演プレミアム(過去作品の改訂版)脚本/演出 岡崎貴宏
(作品イメージ)過去作品の中からキャストに合う作品をセレクション。(状況により、新作1本8STの可能性がありますことをご了承ください)
※稽古開始は、2024年10月11日前後位から主に平日夜(18:00以降)(土日祝は昼夜の場合有)となります。(稽古場は世田谷区になります)
稽古期間のNG、遅刻、早退、途中合流などは、最終選考時にご相談ください。
11/20(水)or11/21(木)~12/1(日)集中稽古期間(昼夜稽古になります・横浜市のスタジオを予定)

【募集要項】(1次書類データ審査有)
1.2次実技選考(AかBどちらかを選択・両方チェックも可)
日時 :2024年
A 7月6日(土)13:30~16:30
B 7月13日(土)18:00~21:00
(※応募人数によってはどちらか1日のみになる可能性有。) 
最終審査候補日時(2次を通過された出演希望及びメンバー希望の方のみ) ※参加者の方にも、じっくと出演される現場を見極めていただくために設けております。
7月15日(月祝)13:00~14:30
7月15日(月祝)15:00~16:30
7月15日(月祝)17:30~19:00
7月15日(月祝)19:30~21:00
7月20日(土)13:00~14:30
7月20日(土)15:00~16:30
7月21日(日)13:00~14:30
7月21日(日)15:00~16:30
7月21日(日)17:30~19:00
7月21日(日)19:30~21:00
(予定が合わない方は、ご相談ください)
2.場所 : 東京都内施設(世田谷区内) ※参加者の方のみお知らせいたします。
3.応募資格 :作品創りと公演準備に協力的な方(劇団・事務所に所属されている方は参加の許可をいただいてください。出演が決まった場合、個人の意志で参加し、スケジュール調整出来る方。ご自身で事務所に稽古・出演の了承を取ってください)
18歳未満の方は保護者の方の許可をいただいてからご応募ください。
[1]12月出演者:芝居経験のある俳優の方。性別・年齢不問、最後まで責任を持って参加できる方。(途中合流相談可)積極的に宣伝にご協力いただける方。
【条件面】チケットノルマはございません。チケットを販売して頂いた場合、1枚目よりキャッシュ・バックがございます。 ※チケットバックを出演料とさせて頂きます(売上枚数に応じて、バック率変動)
[2] 劇団員:アンティークスの活動に全面的に参加できる方 (俳優部・演出部・制作部・webデザイナー・プロデューサー志望) (正業を持たれてる方もご応募いただけます。)
[3]出演に興味がある方(未知な所は不安なので様子を体感されたい方・2024年以降出演等、受講後変更可)
[4]ワークショップのみ参加(未経験者可・アンティークスに興味を持たれた方)
4.オーディション内容 : オリジナルテキスト及び過去上演台本による稽古形式、雑談、簡単な質疑応答、等。
5.参加費 :500円 ※当日ご持参ください。
6.応募締切 :
A(7/6OD)締切 2024年6月27日(木)23:59まで
B(7/13OD)締切  2024年7月4日(木)23:59まで
(定員になり次第締切る場合あります)
※過去にアンティークスのワークショップオーディションもしくは、公演に参加くださった方もご応募いただけます。
※参加日時のご希望に添えない場合があります。ご了承ください。

7.応募方法 :
(1)申し込みフォーム(推奨)
(2)Eメールでの申し込み harenohi☆antiques04.com 
(送信の際、☆を@に変えて送信ください) ※PCメールの受信拒否設定をされている方は、必ず上記アドレスが受信できるように設定の解除をお願い致します。
件名を『アンティークスオーディション』として、 下記の内容を明記して送信。
[1]お名前(ふりがな) [2]年齢 [3]性別 [4]御所属(あれば)
[5]電話番号・メールアドレス 
[6]12月出演者・出演興味・劇団員希望・WSのみなどのいずれかを明記。
[7]過去に見たアンティークス作品(あれば) [8]演劇活動略歴
[9]志望動機[10]二次実技選考希望日時(両方OKの場合は、両日とも可能と明記)
[11]写真添付(任意)[12]備考(特記事項など・なければ明記なしで大丈夫です)
※応募データより選考させていただきメールで通知致します。
各日程締め切り3日間以内に書類選考合否のご連絡をPCメールでご連絡致します。
連絡がない場合は通信トラブルが考えられますので、上記アドレスまでお問い合わせください。 

【アンティークスとは】主宰 岡崎貴宏
日常のその先にもしかしたらありそうな少し不思議な物語を上演する。近年は、日常を繊細に描いた人間ドラマと少し不思議なヒューマンファンタジーの2つの物語性の傾向がある。他者とはわかりあえない人間の本質的な部分を模索しつつも、『優しさ』と『理解』と『思いやり』を前提とした創作ベースの現場である。いずれにしても、しゃべり言葉の会話劇を丁寧に綴る。
#受賞歴 第12回杉並演劇祭、大賞受賞(2015) 第5回クオータースターコンテストノミネート(2016)
【アンティークス最近の公演】
2023/12『時をこえて』@下北沢シアター711
2023/5『愛と忘却と記憶』@下北沢OFF・OFFシアター
2022/12 『この世界がおわる前に。』@下北沢シアター711
2021/10 『未来からの手紙』@王子小劇場
2020/12『そらのいと』~ふたつの物語~@下北沢シアター711

【アンティークス主宰・岡崎貴宏
木野花ドラマスタジオ(4期)、東京乾電池研究生を経て、2004年アンティークスの旗揚げ公演から現在に至る。アンティークスにおいてほぼ全作品の脚本・演出。ごく稀に、役者としても活動。
*劇団の詳細はアンティークスHPをご覧ください。


(岡崎さん、お知らせありがとうございます。)

21:49 Category: [募集情報] [関東]

 雑文6/12

今日はぜみの日。なかなかうまくいきました。

そして今日は会議がすごく早く終わりました。気分よかったです。

明日は名古屋にライブみにいきます。たのしみ。

19:54 Category: [雑文]

2024年6月11日

 児童劇団『大きな夢』★英語でミュージカルワークショップ★~英語で歌って演じてみよう!~参加者募集!!

【児童劇団『大きな夢』×FOR ME NY JAPANコラボレーション企画 英語でミュージカルワークショップ~オリジナルミュージカル『不思議の国のアリス』を英語で歌って演じてみよう!~】

私たち児童劇団『大きな夢』は、全国26ヶ所、700名近い劇団員が所属し児童劇団としては日本最大級の規模を誇っております。
今回、東京都内で、Rene Pfister先生(リニー・フィスター)をお呼びし、児童劇団『大きな夢』とのコラボレーションワークショップを開催いたします!
最先端の表現芸術に触れる2日間のワークショップです。英語のミュージカルをやってみたい!留学に興味がある!エネルギー溢れる大きな表現力を身につけたい!そんな方におすすめのワークショップです。
ボストンに行かなくても、直接バークリー大学の先生からミュージカルのレッスンが受けられる貴重なワークショップ、英語で歌って演じてみたい方、ぜひご参加ください~♪♪♪
英語はできなくても大丈夫です!児童劇団『大きな夢』の子ども達も一緒に参加しますので、ミュージカルってこんな感じなんだ!という体験も一緒にできますよ!

【日程】 6月29日(土)14:30~20:30 /6月30日(日)13:30~16:30の2日間
*6/30(日)15時~16時頃、成果発表を行います。保護者の皆様の見学については稽古場の定員がありますので改めてご案内いたします。
*1日のみの参加も大丈夫です!
【場所】新宿近辺の稽古場(詳細は改めてご連絡いたします)
【対象年齢】小学1年生~大学生まで
【参加費】 一般の方:小学1年生~大学生まで 両日の参加:\28,600(税込)/1日のみの参加:\14,500(税込)
【持ち物】 紙、ペン、宿題、飲み物、衣装、動きやすい服装
【その他】
*お申込みいただいた方には、事前に詳細をご連絡いたしまします。
*事前準備として、Rene先生演出の不思議の国のアリスの過去上演映像・台本・楽譜をみて意味調べ・事前練習が必要となります。資料は6月9日頃~お申込みいただいた方にお送り予定です。
*また、本ワークショップの際、録音、撮影及び録画した内容が一般に公表されることがありますので、ご了承の上でお申込みください。万が一、承諾できない場合はお申込み時に劇団事務局までご連絡ください。

【お申込み方法】こちらのウェブサイト<一般専用予約フォーム>よりお申込みください。両日参加/29日のみ参加/30日のみ参加の中からお選びください。
◆お申込みの締切日:6月23日(日)
◆お申し込みいただいた方には、後日改めて詳細をご連絡いたします。

【講師の紹介】
Rene Pfister氏(リニー・フィスター) バークリー音楽大学 Voice department Associate professor、Artistic Director of the Berklee Theater Arts Collaborative(BTAC)、Make Your Life a Musical創設者。ミュージカル俳優、教育者、脚本家、作詞曲者、演出家として活躍。小学生から大学生まで幅広い年代に対してのミュージカル教育を専門的に行ってきた経験を持つ。その舞台は、ボストン・NYを中心に、アフリカ、アルゼンチン、中国など全世界に及ぶ。
*Rene Pfister氏のウェブサイト (ALICE IN WONDERLANDの視聴ができます)

それでは、皆様のご参加をお待ちしております!
児童劇団『大きな夢』HP

お問い合わせは下記までお願いいたします。
児童劇団『大きな夢』 MAIL:こちらのメール TEL:042-401-5345

(お知らせありがとうございます。)

22:52 Category: [募集情報] [関東]

 雑文6/11

今日は忙しい日でした。

あれこれやっている間に時間がなくて、1年生ゼミもぎりぎりでしたが、いいグループワークできました。よかった。

19:53 Category: [雑文]

2024年6月10日

 ROUDOKU.TALKER.JP 朗読タイムレスストーリーシリーズ[4] 中島敦『山月記』芥川龍之介『白』

作・演出:中島敦、芥川龍之介
キャスト:長尾奈奈
スタッフ:【主催】ROUDOKU.TALKER.JP【協力】株式会社 仕事


日時:【日程】2024年7月13日(土) 14時30分開演
場所:【会場】日本近代文学館【アクセス】153-0041 東京都目黒区駒場4-3-55(駒場公園内) ・京王井の頭線駒場東大前駅(西口)徒歩7分 ・小田急線東北沢駅徒歩10分 ・小田急線、東京メトロ代々木上原駅徒歩12分 ・渋65/渋55[京王バス]上原二丁目南 バス停より徒歩4分
料金:【料金】一般 2,000円 高校生以下 1,000円

◎朗読 長尾奈奈
仲代達矢主宰の『無名塾』に二十四期生として入塾。同年『セールスマンの死』で初舞台。以降、舞台、映画と活動の幅を広げている。主な出演作に、ヴァンニャ・ダルカンタラ監督によるベルギー・フランス・カナダ合作映画『KOKORO』、木村文洋監督による『息衝く』がある。また声の仕事には、佐藤大介監督『狭霧の國』があり、オーディオブック声の書店『日本近代文学名作選』のナレーションも務めている。


 東京にて、ROUDOKU.TALKER.JP 朗読タイムレスストーリーシリーズ[4] 中島敦『山月記』芥川龍之介『白』が上演されます。
 「◎中島敦『山月記』 若くして官吏となった李徴は、その身分に満足できず詩家を志すが、妻子を養えないほど貧窮し仕方なく地方官吏として復職する。かつての同輩を拝する屈辱に耐えられなくなった李徴は発狂し姿を消してしまう。その翌年、林を通った李徴の旧友、袁傪は一匹の人喰虎に遭遇するが......。
 ◎芥川龍之介『白』 ある日、犬の白が散歩をしていると、仲良しの黒が大殺しに狙われている場に出くわす。『黒君、あぶない!』と叫ぼうとしたが、大殺しに睨まれ、恐ろしくなって逃げ出してしまう。家に帰ってきた白は、飼主の会話から自分の体の毛がまっ黒になっていることに気がつく......。
 朗読タイムレスストーリーシリーズは、主に明治、大正、昭和時代の小説や随筆作品を、朗読を通して現在に描き出す朗読公演。2023年7月『山本周五郎『季節のない街』』から始まり、徳永直『こんにゃく売り』、岡本かの子『みちのく』、森鷗外『最後の一句』、宇野浩二『揺籃の唄の思ひ出』を日本近代文学館にて上演。本作はその第四弾。また、当日は日本近代文学館にて『教科書のなかの文学/教室のそとの文学II―中島敦『山月記』とその時代』の展覧会開催日(別途拝観料一般300円、中学生・高校生100円))。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


ROUDOKU.TALKER.JPホームページ

(お知らせありがとうございます。)

22:24 Category: [公演案内] [関東]

 雑文6/10

本の校正チェックで超忙しかったです...。

なんとか向こうに返しました。これで7月くらいに新しい本が出るかも。そうしたいです。

19:49 Category: [雑文]

2024年6月 9日

 シアターグリーン 若手劇団、支援します!

1968年に『池袋アートシアター』としてスタートし、1972年にシアターグリーンと改名した当劇場は、若手劇団の登竜門として多くの演劇人を輩出してきました。
2005年の劇場リニューアル以降も学生演劇祭を開催するなど、若手劇団が活躍できる場を積極的に提供してきました。
そして2025年に劇場リニューアル20周年を迎えるにあたり、昔のシアターグリーンの面影を残すBASE THEATERにて若手劇団支援企画Sprout Supportを再開する運びとなりました。
詳細は下記の募集概要をご覧ください。多くの劇団からのご応募をお待ちしています。

1. 支援対象:劇団創立5年未満、もしくは、公演回数5回以下の劇団
・対象劇場:BASE THEATER
・対象期間:2024年8月1日〜8月14日、10月15日〜12月29日、2025年3月17日〜30日
・募集枠:各月2団体までの適用
・支援内容:
a.5日間使用 劇場費15,000円/日割引 招待チケット5枚提供
(劇場費375,000円→300,000円)
b.7日間使用 劇場費20,000円/日割引 招待チケット5枚提供
(劇場費525,000円→385,000円)
※招待チケットは、シアターグリーン倶楽部の会員等を対象にプレゼントします。
※公演チラシやH Pなどの公演情報には『シアターグリーン_若手劇団支援企画 Sprout Support参加作品』と明記ください。
※直近のスケジュールに関しては、使用条件等ご相談ください。

2.応募方法
・参加申請はシアターグリーン宛にE-mailでご連絡いただき、折返し送信する申請書に必要事項を記入して提出してください。
・参加申請書はご提出いただいた後、Sprout Supportが適用できるかを判断し、1週間を目安に結果をご連絡致します。
・応募〆切は設けておりませんが、原則先着順のご案内となり、参加枠が埋まり次第、受付を終了致します。

3.お問合せ シアターグリーン e-mail:こちらのメール

(松本さん、お知らせありがとうございます。)

22:22 Category: [お役立ち情報] [関東]