公演案内ページ | 演劇交差点トップページへ

2022年8月17日

W/ union(ウィズユニオン) 『ミライテキック アナローギュギュ』

2022年9月2日〜4日 @ザムザ阿佐谷

振付・出演・美術 栗田紗采
出演 KIBE kokona 中谷友紀
〈スタッフ〉
舞台監督:河内崇
照明:正傳静
音響:池田野歩
イラスト・フライヤー:栗田紗采 a.k.a. Saaya Pajamandam
企画制作:W/ union
制作協力:シーユーインヘル
主催:W/ union
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京[スタートアップ助成]


□会場 ザムザ阿佐谷
□日時 2022年9月2日(Fri)〜4日(Sun)
2日(金) 19:30
3日(土) 15:00/19:30
4日(日) 16:00
※受付開始・開場は開演時間の30分前
□チケット 前売一般:3,000円 前売U24:2,500円 当日:3,500円
チケット予約フォーム


 東京にて、W/ union(ウィズユニオン) 『ミライテキック アナローギュギュ』が上演されます。
 「好きなはずなのに、夢中になっているはずなのに、楽しかった記憶が苦しい時。やめてもいいとそれは波のように胸にある わだかまりとこの不安定な希望をもって 踊るという選択であなたの背中を押したい。おまけに私たちの背中も押したい。映画化できる程の人生ではないけど これから作ってしまうかもしれないという噂を泣く泣く楽しもう。だって今日は我慢しても、日付が変わる頃にはもう 昨日の私たちじゃないのだから。
 W/ unionは、2020年に栗田紗采を中心に立ち上がる。アグレッシブかつ青春的叙情性をもった世界観を表現しつつ、ストリートとコンテンポラリーの壁を脇からするっと抜けるダンスグループ。今回はW/ union初の単独公演になります。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


公演特設ページ
Instagramアカウント

(中谷さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

演劇ユニット 脱兎,X・Y・Zoo 心理音楽劇『I,Rayna~1LDKP』

出演:榎本玲奈
作・演出:前田りょう


2022年10月10日(月・祝)
名曲喫茶カデンツァ 開場13:00 開演13:30
本番1回のみの観客有り&配信公演です!
2022 年 9 月 9 日(金) 午前 10 時発売
ZAIKO チケット販売ページ
スポンサーチケット(プレミアム):\8,000
特典:1.購入者様は会場で観劇していただけます(全席自由)
2.公演後、スポンサーとしてお名前(仮名も可)を クレジットしたお礼動画をお送りします。
3.公演後、無料の配信チケット(公演30日後までアーカイブを視聴可能)の取得URLを
お送りします。
スポンサーチケット(スペシャル):\5,000
特典:1.購入者様はライブ配信をご視聴いただけます。
(アーカイブは3日間は無料、14日間、30日間は別途料金がかかります)
2. 公演後、スポンサーとしてお名前(仮名も可)をクレジットしたお礼動画をお送りします。
スポンサーチケット(スタンダード):\3,000
特典:1. 購入者様はライブ配信をご視聴いただけます。
(アーカイブは3日間は無料、14日間、30日間は別途料金がかかります)
2.スポンサーになっていただいたお礼のメールをお送りします。
*スポンサーチケットとは? (チケット購入者様をただの観客ではなく公演のスポンサーとして 位置づけ、半ば制作サイドに引き込むこと で、より作品に対する 興味を喚起してもらおうという試みです)
*上演時間は約90分です。
名曲喫茶カデンツァ 〒113-0033 東京都文京区本郷 7 丁目 2-2 都営地下鉄大江戸線 本郷三丁目駅 4 出口から徒歩約 2 分 東京メトロ丸の内線 本郷三丁目駅 2 出口から徒歩約 4 分


 東京にて、演劇ユニット 脱兎,X・Y・Zoo第3回公演『I,Rayna~1LDKP』が上演されます。
 「不遇のピアニスト、桐矢杏(きりや・あん)は、初めてのYouTubeライブ配信でも不遇だった。配信開始と同時に、コメント欄が偉大なクラシック作曲家たちの亡霊に乗っ取られてしまったのだ。彼らの自分本位なリクエストの連続に次第にいら立ちを募らせる杏。そして、ついに配信を放棄しようとしたとき、杏の身に異変が・・・ルーマニア国際音楽コンクールグランプリ等受賞歴多数のピアニスト、榎本玲奈の独演による虚構と現実、モダンとクラシックがせめぎ合う心理音楽劇。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


公式ツイッター


(前田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年8月15日

劇団スタジオQ公演『The Family battle』

作・演出:脚本・演出 大塚彩王
キャスト:悠木風子、真鍋智佳子、福森久子、西川久仁子、田中摩耶、河田香、高宮規久子、木山和明、鶴真一、西中ちづる、長野るみ子、平田涼、金崎康晴、香苗美希
スタッフ:脚本・演出 大塚彩王、美術監修 竹内志朗


日時:2022年9月17日(土)午後2時半、午後6時半(開場は開演の30分前)
場所:吹田市文化会館メイシアター小ホール
料金:前売り:2800円 当日:3000円

 大阪にて、劇団スタジオQ公演『The Family battle』が上演されます。
 「吹田市を拠点に活動して参りました、劇団スタジオQと申します。
 200年後の未来。世界的に優秀な科学者2名の共同開発により、自身のファミリーヒストリーを具現化する装置が完成。親はもちろん、自分のルーツと遭遇できるように...最終仕上げの段階で、科学者2人が自分のルーツ、どちらの先祖が優秀だったかバトルを始めてしまう。様々な時代の先祖を呼び出して繰り広げるバトル。どちらが勝者となるのか!?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団スタジオQホームページ

Category: [公演案内] [近畿]

2022年8月12日

Space_(すぺーすあんだーばー)「湖水」

作・演出:橋谷 一滴
キャスト:藤巻汐梨、鈴木信太朗、臼杵純大、太田美妃
スタッフ:【舞台美術】飯盛翔太、【制作】小島亜佑子


■公演名:湖水
■日時:2022.9.3 Sat [1]13:00- / [2]18:30-
2022.9.4 Sun [3]13:00- / [4]18:30-
■チケット:2,000円
申込み

※新型コロナ感染症対策のため、お名前とご住所をお伺いしています。
お手数ですが、お申し込みフォームよりお一人1件づつのお申し込みをお願い致します。
※本公演の感染症対策については、ホームページ(https://kosui.amebaownd.com/)より『新型コロナウィルス感染症対策について』をご一読ください。

 東京にて、Space_(すぺーすあんだーばー)「湖水」が上演されます。
 「"もはや ここも既に かつて 誰がここにいて、誰がここにいないんでしょうか"
 2018年に福岡で発足したアートユニットSpace_(スペースアンダーバー)。第4回公演『湖水』を東京三鷹・SCOOLを会場として上演します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ
Space_について Twitter Instagram

(橋谷さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東] [九州・沖縄]

2022年8月11日

劇団ゼロ「星に願いを」

作・演出:さいふうめい/作、daco/演出
キャスト:森裕紀、大間萌夏、他


日時:2022年9月10日(土)18:30~、11日(日)13:30~
場所:久留米シティプラザ Cボックス
料金:前売り:1800円 当日:2000円


 福岡にて、劇団ゼロ「星に願いを」が上演されます。
 「バブル景気真っ只中の東京都江東区某所 大きく積まれスクラップの山 今日もまた一つ、そこから生まれた個性あふれるアイディア商品 そうここは、廃材をもう一度使えるようにするためのリサイクル工場 もうダメだと一度は手放したものが、新たな視点や考え方で生まれ変わる場所 でもここで生まれ変わったのは、廃材だけじゃなかったみたい 一度諦めた夢や愛は、もう元には戻せない? それはただの思い込みかも... そうこれは なんとも温かい 人々の再生の物語
 劇団として2年ぶりの公演は、デジタル社会にちょっと疲れている現代人におくるヒューマンドラマです。今回は若手の団員が中心となってエネルギッシュに取り組んでいます。是非、この機会に劇団ゼロのRe★START公演『星に願いを』をご覧いただき、少し懐かしいあの頃を思い出して頂ければ幸いです。どうぞ、よろしくお願いいたします!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(上野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [九州・沖縄]

2022年8月 6日

Project Nyx 第24回公演『青ひげ公の城』

作:寺山修司 宣伝画:四谷シモン 構成:水嶋カンナ 演出:金守珍
■出演 水嶋カンナ、のぐち和美(青蛾館)、日下由美、矢野陽子、今川宇宙(大人の麦茶)、小谷佳加(劇団文化座)、禿恵、浜田えり子、若林美保、(演奏・出演)黒色すみれ、染谷知里、諸治蘭、河西茉祐、山田のぞみ、三輪桂古、南蔵院瑠璃、東城由依、芳田遥、手塚日菜子、月岡ゆめ
■スタッフ
照明: 泉次雄、ライズ / 装置: 大塚聡 / 振付: 大川妙子 / 音響: 大貫誉 / 衣装制作: 笹木明日香 / ヘアメイク:
大久保美幸 / 宣伝美術: 福田真一 / 票券: style office / プロデューサー: 水嶋カンナ / 制作: Project
Nyx / 協力: テラヤマワールド、森崎偏陸、ポスターハリス・カンパニー


■場所 下北沢 ザ・スズナリ
2022年9月8日(木)~19日(月・祝)
8日(木)19:00
9日(金)19:00
10日(土)14:00
11日(日)14:00
12日(月)19:00
13日(火)14:00
14日(水)19:00
15日(木)14:00/19:00
16日(金)14:00
17日(土)14:00
18日(日)14:00
19日(月・祝)14:00
※受付開始45分前、開場30分前
■チケット 一般 前売:4,800円 当日:5,300円 U25 前売当日共:3,000円 (全席指定・税込)
詳細・チケット予約は公式HPより

 東京にて、Project Nyx 第24回公演『青ひげ公の城』が上演されます。
 「【どれが本当でどれが芝居か。私はいったい誰でしょう?寺山修司の傑作戯曲が、ProjectNyxの妖しく華麗なエンターテインメント美女劇として甦る!!】
 寺山修司の代表作の一つ『青ひげ公の城』は、1979年、演劇実験室◎天井桟敷が西武劇場で初演した作品です。バルトークのオペラにもなり、中世フランスに伝わる、妻をめとっては次々に殺したという青ひげ伝説をモチーフにした戯曲です。しかし、寺山作品では、青ひげは登場せず、<中心(主人)の不在>のなか物語が進行します。『青ひげ公の城』という虚構と、その芝居の青ひげの第七の妻になろうとする少女(虚構の中に入ろうとするが入りきれない現実風の女の子)と、観客(現実)との三角関係に力点が置かれ描かれています。数々の美女劇を手掛けてきたProject Nyxでの上演が最も望まれていた、まさにProject Nyxの集大成となる作品です。今回も、宇野亞喜良による妖しく華麗な美術、装置、衣裳、美粧と、アンダーグラウンド演劇を引率する金守珍の演出で、演劇、映像、音楽、舞踊を融合させ、女優、女性アーティストだけによるエンターテインメント美女劇として現代の『青ひげ公の城』を創造いたします。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、Project Nyxウェブサイトまで。


(染谷さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年8月 3日

劇団つばめ組 第20回公演『シャイヨの狂女』

原作 ジャン・ジロドゥ
翻訳 鈴木力衛 岩瀬孝
潤色・演出 仲条裕
〈キャスト〉 高橋花子/戸塚有紀/丸山小百合/岩村水咲/堀越健次/三瓶裕史/川崎拓己/石倉研史郎/戎谷優海/井上貴宏/荒川ヒロ子/千葉加奈子/小椋かえ/なつ乃/仲条裕
〈スタッフ〉
美術 石倉研史郎(TEN WORKS)
舞台監督 藤村嘉忠(TEN WORKS)
音響 高橋信康
照明 安達直美
宣伝美術 ロングランプランニング株式会社
製作 劇団つばめ組
協力 (株)みんなのS / viewエンターテイメント / SkyTheaterPROJECT / アウ゛ィクション / オフィス蜂八 / いしくらけんしろうとかっぱ3兄弟 / (株)シンクバンク / (株)ハルク・エンタテイメント(順不同)

池袋シアターグリーン BASE THEATER
日程 2022年10月6日(木)~9日(日)
〈スケジュール〉
2022年10月6日(木)19:00
7日(金)14:00 19:00
8日(土)13:00 18:00
9日(日)13:00
※開場は開演の40分前です。
〈チケット〉 前売4,000円 当日4,500円(全席指定席)
〈インフォメーション&チケット問い合わせ〉
劇団つばめ組 090-9320-1214 こちらのメール
〈アクセス〉池袋シアターグリーン BASE THEATER 〒171-0022 豊島区南池袋2-20-4 Tel 03-3983-0644 JR・東京メトロ・西武池袋・東武東上各線『池袋駅』東口から徒歩約6分

*コロナウィルス感染症対策に伴うお願い*
◇マスクの着用と入場時の検温、手指と靴裏の消毒にご協力お願いいたします。
◇37.5度以上の発熱がある方、体調のすぐれない方にはご入場いただけません。
◇公演前後のキャストとの面会はできません。
◇チケットご購入の際、ご連絡先をお伺いします。コロナウィルス感染症感染拡大を防止するため、必要に応じて公共団体・保健所等に提供する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 東京にて、劇団つばめ組 第20回公演『シャイヨの狂女』が上演されます。
 「二十世紀、パリのカフェ『フランシス』で男たちが悪だくみ。『パリの地下には油田がある』『この町を壊して石油を掘って金儲けをしよう』・・・。それを聞いたシャイヨの狂女は町を守ろうと仲間たちと立ち上がる・・・。第二次世界大戦時、ドイツ軍に占領されたパリで書かれたジャン・ジロドゥ最後の伝説の作品が混沌の二十一世紀に復活。夢見る力は未来を変える。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団つばめ組 090-9320-1214 こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年8月 2日

捨組公演#11「女の内臓に安めのマドレーヌ」

【出演】鳥居裕美 佐藤隆太(シア・トリエ) 奈良夏妃(劇団120○EN)
【脚本・演出】紺野ステカセ
【照明】麿 由佳里(シア・トリエ)
【舞台美術】大信ペリカン(シア・トリエ)
【音響・映像・宣伝美術】紺野ステカセ
【広報】V型ジャージ(劇団BeWhite)
【協力】シア・トリエ 球 劇団120○EN
【主催】ATELIERブリコラージュ

2022.9.17(SAT)・18(SUN)・19(MON)
会場/ATELIERブリコラージュ
〒960-8034福島県福島市置賜町8-30カスタムビル2F
[開演時間]
9.17(SAT) 15:00/19:00
9.18(SUN) 15:00/19:00
9.19(MON) 11:00/15:00
※全日開場は開演の30分前
[入場料金] 一般前売 2,000円 一般当日 2,500円 学 生 1,000円(前売・当日共/要学生証)
[チケット]チケットのご予約はチケット予約フォームにて受付いたします。
※各種料金は当日での精算となります。以下の項目をご記入ください。[1]お名前[2]日時[3]種類・枚数[4]ご連絡先


 福島にて、捨組公演#11「女の内臓に安めのマドレーヌ」が上演されます。
 「ATELIERブリコラージュこけら落とし公演 とべ、幸福の青い鳥。公共の電波にのって。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、080-6004-6641(鳥居)まで。


捨組ホームページ

(鳥居さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東北]

2022年8月 1日

夢団株式会社 夢団夏休み公演2022スペースファンタジーミュージカル『PLANET DREAM』

作・演出:秋葉大介
キャスト:綾木夏美、鈴木奈津子、西尾七海、桑原芽衣、杉本周子
スタッフ:鈴木雄太、林正景、平井裕之、田中真也


日時:★2022年8月17日(水),8月18日(木),8月19日(金)公演 (全4回公演) ・8月17日(水)☽17時30分開演 ・8月18日(木)☽13時開演 / ☆17時30分開演 ・8月19日(金)☆13時30分開演 (開場は開演の30分前です。) ※ ☽☆一部Wキャストになります。
場所:川崎市 幸市民館 (南武線矢向駅徒歩15分)
料金:一般3800円 中学生以下2800円


 東京にて、夢団株式会社 夢団夏休み公演2022スペースファンタジーミュージカル『PLANET DREAM』が上演されます。
 「~近未来~地球は環境汚染による自然の消滅、資源争いによる戦争で人類滅亡の危機に立たされていた。人類存続のため、残された道は 第二の地球となる惑星を見つけ、移住すること。惑星探査隊が最新科学技術によるロボット(スーパーヒューマノイド)と共に宇宙に出発。○○年後、ついに人類の住める惑星が見つかり、宇宙船が着陸する。そこは自然豊かな水と緑の惑星・エデン・・・ 。自然を育み、大地と寄り添い、星と共存して生きる、この惑星の民をプラントという。プラントたちは自然を繁栄させ、守り続けることで自然体としての進化を遂げていた。(自然と科学)真逆の進化を遂げた二つの星の運命が交差する時―総勢60名を超えるキャストによる壮大な世界観とSDGsを含むテーマ性にコメディ要素を取り入れた、子供から大人まで楽しめる感動の大作ミュージカル!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


夢団ホームページ

(林さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年7月31日

劇団演奏舞台 公演79/劇団創立50周年記念公演I『太鼓』

作・演出:木谷茂生
キャスト:森田隆義・鈴木浩二・角昌子・浅井星太郎
スタッフ:演出・音楽・美術/浅井星太郎


日時:9月23日(金)17:00、24日(土)13:00/17:00、25日(日)15:00
場所:演奏舞台アトリエ/九段下GEKIBA
料金:前売:3,000円 当日:3,500円 学生:2,000円 中学生以下無料


 東京にて、劇団演奏舞台 公演79/劇団創立50周年記念公演I『太鼓』が上演されます。
 「戦争とは何か...平和とは何か...『さあ太鼓を鳴らせ!』
 50周年記念公演第一弾! 演奏舞台を育ててくれた大切な作品...『太鼓』約10年ぶりの再演!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ

(鈴木さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団はみだしぼっち「地獄の★キョンシー大博覧会」

作・演出:渡部佑美
キャスト:もりしまりお、千葉ほのか、寺田明子、シーサー裕富、藤中なつみ
スタッフ:【音響】西田アサリ 【衣裳・宣伝美術】モリグチロカ 【振付】遠藤佐助 【照明】柚希


日時:2022年8月19日~21日
場所:阿佐ヶ谷シアターシャイン
料金:【前売り】3500円 【当日】4000円 【学生】(前売りのみ)2000円  【U30】(前売りのみ)3000円  【配信】3000円

 東京にて、劇団はみだしぼっち「地獄の★キョンシー大博覧会」が上演されます。
 「時は20XX年。ある日突然人間がキョンシーとなる、人体キョンシー化現象が全世界を脅かしていた。中でも日本は発症率世界一。過度なストレスが発症のきっかけとなるらしく、国内では所謂社会不適合者達が続々とキョンシーと化していた。このままではまずいと国は『キョンシー強制収容所』を設立。お札の力でキョンシー達の社会復帰を試みるが......。
 2年ぶりの本公演。今回もバチバチに思想強めの作品となっております。是非劇場で!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(渡部さん、お知らせありがとうございます。)

l

Category: [公演案内] [関東]

2022年7月23日

劇団青年座 第249回公演『燐光のイルカたち』

作・演出:作=ピンク地底人3号、演出=宮田慶子
【スタッフ】
美術=阿部一郎
照明=中川隆一
音響=長野朋美
衣裳=西原梨恵
舞台監督=西村珠生
製作=川上英四郎
宣伝美術=早川さよ子(栗八商店)
【キャスト】
桐野真守=松田周
桐野一恵=三枝玲奈
及川凛=古谷陸
高橋ふみ=森内美凪
桐野ひかる=君澤透
桐野京子=野々村のん
桐野健人=松川真也
工藤丈二=横堀悦夫
北軍兵士=須賀田敬右
北軍兵士=賀久泰嗣
北軍兵士=澁谷凜音


2022年9月23日(金)~10月2日(日)
9月23日(金)14:00
9月24日(土)14:00
9月25日(日)14:00
9月26日(月)14:00
9月27日(火)19:00
9月28日(水)19:00
9月29日(木)14:00/19:00
9月30日(金)19:00
10月1日(土)14:00
10月2日(日)14:00
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。
※9月26日(月)終了後、アフタートーク開催。
【会場】ザ・ポケット/JR中央・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩7分
【料金】一般前売:4,800円(当日:5,000円) 夜公演割引(27・28・29・30):4,300円(当日:4,500円) U30(30歳以下):3,000円 U18(18歳以下):1,800円 グループ割引(同一日4枚):16,000円
【発売日】2022年8月9日(火)


 東京にて、劇団青年座 第249回公演『燐光のイルカたち』が上演されます。
 「その都市には南北を分断する壁が建っている。壁の南側に位置するコーナーショップのオーナー桐野真守は、北側が年々進める入植計画により、立ち退きを迫られていた。激しい雨が降り注ぐ夏の終わり。北から壁を超えてやってきた及川凛は、夕立から逃れる為、偶然、真守の店に入ってくる。真守は凛を一目見て、今はもういない弟ひかるを重ね合わせる。―真守はなぜ、ひかるを失ったのか? だって壁を作ったのは、そもそもそっちからでしょ? 現在と過去が交差し蘇る記憶、そして真守は思いも寄らない現実に直面する。過酷な現実を懸命に生きる、愛すべき兄弟の、喪失と再生の物語。
 京都を拠点に活動するピンク地底人3号 今秋ついに東京の地上に姿を現す」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年7月21日

メグロコミュニティシアター『夏の夜の夢』

作・演出:W・シェイクスピア
キャスト:野中くに子、山本順子、高野圭一郎、久保真理子、中丸朋美、菅原倫子、岸本聖美、北條大成、福與宣治、舩木優、黒田貴子、竹谷和也、秋田倫子、飯塚奈美子、名和真紀子


日時:2022年9月17日(土) 14時/18時。18日(日) 13時/17時
場所:中目黒キンケロ・シアター(東急東横線/日比谷線 中目黒駅 徒歩8分)
料金:(昼) 2,000円 (夜) 1,500円 小学生以下無料
チケット予約 予約受付は、2022年7月15日(金)から
WEB申込

 東京にて、メグロコミュニティシアター『夏の夜の夢』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(高野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年7月19日

座・市民劇場 9月卒業公演『また逢う日まで』

9/10(土)神戸ポートオアシス上演

作・演出:作:深山うぐいす 演出:望月カンナ 監修:仲風見
キャスト:一般公募で集まった(5歳~80歳迄)メンバーが出演! 期間限定で稽古を行ってきた集大成の舞台。参加者の7割が演劇未経験のスタート。みんなが主役の世代間交流ステージ!
スタッフ:劇団StageSSZakkadan

<日時> 2022年9月10日(土)15:00開演(上演時間:約60分)
<会場> 神戸ポートオアシス
<チケット料金> (前売券)2000円 (ライブ配信チケット)2000円 (当日券)2500円 (※小学生半額・未就学児無料)

◆座・市民劇場とは
一般公募によって集められた幅広い年齢層のメンバーが結成する、期間限定市民参加型劇団。同劇団は、8か月から10カ月にわたり稽古を行い、公演終了後に解散となる。天国の待合室を舞台にした深山うぐいすのオリジナル作品を、仲風見の監修の元、上演する。
現在、座・市民劇場では一緒に舞台を作る新メンバーを募集中♪演劇初めての方もお気軽にお問い合わせ下さい。


 神戸にて、座・市民劇場 大阪43期 神戸19期合同卒業公演『また逢う日まで』が上演されます。
 「ここは天国の待合室。今、鐘が鳴って、生まれて行く者、そして、死んだ者たちが過去を振り返るところ。生きていた時は、モグラだった、ミミズだった、と話している。.........それとは別に、医者と患者・赤ちゃんたちが自分の人生を話す。だが、天国の鐘は鳴って、また生まれていくもの、死んできた者達が交差する......。生きていく事の尊さ、強さを市民メンバーが舞台で表現
 一般公募で集まった市民のメンバーが期間限定で稽古を行ってきた集大成の舞台。参加者の7割が演劇未経験のスタート。みんなが主役の世代間交流ステージ♪お時間合う方は是非ご来場下さいませ。また、本番当日は生配信を行います!オンラインでご視聴可能です♪(※9/17(土))までアーカイブ視聴可能)」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 チケットご予約&問い合わせ先は、座・市民劇場実行委員会:神戸市中央区新港町5-2神戸ポートオアシス内 TEL:078-391-5543、またはこちらのメールまで。


座・市民劇場ホームページ

(河田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2022年7月18日

ノトゲキ成果発表上演作品『蛍』

作・演出:岸さくら
キャスト:田島光 原田杏 金井朱里 加藤里菜
スタッフ:照明 小平愛子 制作 ノトゲキ製作部


日時:2022年8月12日(金)18:30~20:00
場所:能登演劇堂 石川県七尾市中島町中島上部9番地
料金:入場無料

<ノトゲキとは>2019年に日本大学芸術学部演劇学科の学生有志が集まり発足したプロジェクトです。初年度は学生17名が1ヶ月間石川県七尾市の民家に滞在して地元の祭りや住民との交流で得た経験をもとに作品を創作し、能登演劇堂にて上演を行いました。翌年以降はコロナ禍のためオンラインでの実施となりましたが、現地に行けない中でも能登と繋がる方法、演劇の可能性を探り、プロジェクトを現在まで繋げていきました。

 石川にて、ノトゲキ成果発表上演作品『蛍』が上演されます。
 「<あらすじ>今まで幸せに生きてきた三姉妹。いつもと変わらない平凡な毎日。そんなある日、宇宙人がやってきた。宇宙人は三姉妹とは別の星に住んでいて三姉妹を驚かせる。三姉妹はその別の星に行くことになるのだが・・・?
 <作・演出担当コメント>能登に訪れた際、自然あふれる日常と時の流れの緩やかさに驚いた。それはまるで違う星に来ているようだった。しかし、私たちの住むトウキョウも能登の方々から見たら違う星だ。花嫁暖簾と言う文化に魅了され、女性の生き方の違いにも着目したい。
 2019年から始まった日本大学芸術学部演劇学科の学生による地域演劇プロジェクト『ノトゲキ』が今年も開催されます。今年は初年度から3年ぶりに能登現地での開催となります。能登の方々との交流、過ごした体験を元に作品創作をし、能登演劇堂にて成果発表を行います。今年のテーマは『能登と出会う、能登で出会う』です。コロナ禍でなかなか人と出会うということが難しくなってしまった今、実際に人と出会い、同じ空間でコミュニケーションを取ること、演劇を通して地域にできることについて考えていきます。能登演劇堂でしかご覧になれない、能登ならではの作品となっておりますので、是非劇場へお越しくださると幸いです。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [北陸]

2022年7月13日

燐光群『ブレスレス ゴミ袋を呼吸する夜の物語』

7月15日(金)~31日(日) 下北沢ザ・スズナリ

作・演出 坂手洋二
<出演者> 鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和 大西孝洋 森尾舞 南谷朝子 鬼頭典子 山本由奈 滝佑里 三浦知之 武山尚史 小松広季 溝畑藍 西村順子 坂下可甫子 三好樹里香 遠藤いち花

<会 場> 下北沢ザ・スズナリ 世田谷区北沢1-45-15 『下北沢駅』東口(小田急線)、京王中央口(井の頭線)より徒歩4ー5分
<日 程>7 月
15日 19時 プレビュー
16(土) 15時☆
17(日) 14時☆
18(祝) 14時☆
19(火) 19時
20(水) 14時/19時
21(木) 19時
22(金)  19時
23(土) 14時
24(日)  14時☆
25(月)  19時
26(火)  19時
27(水)  14時☆
28(木)  14時/19時
29(金)  19時
30(土)14時/19時
31日(日)14時
<受付開始>開演の40分前 <開場>開演の30分前
☆の回は次の登壇者と坂手洋二によるアフタートークを予定しています。
16(土) 瀬々敬久(映画監督)
17(日)  松岡和子(翻訳家・演劇評論家)
18(祝) 庭山由佳(舞台制作・ドラマトゥルク)
24(日) 竹下景子(俳優)
27(水) 市田真理(第五福竜丸展示館学芸員)
<ご予約>
予約フォーム【24時間受付 自動返信】
つながりにくい時は間をあけるか、電話でお申込みください。(自動返信メールが届かない場合はお知らせください)
・電話予約  03-3426-6294 *チケットは受付でご用意しておりますので、当日精算にてお受け取り下さい。
*混雑回には日時の調整をお願いすることがございます。
*ご同伴の方につきましても上記受付サイトでお申し込みいただけます。
代金は当日受付にてご精算下さい。
【全席指定】一般前売 3,900円 ペア前売 7,000円 当日 4,300円 U-25/学生 2,000円 高校生以下 1,000円
※U-25以下は特別価格。前売・当日共通料金。当日受付にて要証明書提示。
※未就学児のご入場はご遠慮下さい。
<新型コロナウイルス等感染症対策に関するご案内>
会場内では、観劇中を含め不織布マスクをご着用ください。手指消毒、入口での検温、咳エチケット等、劇場での感染症対策にご協力をお願い致します。体調に不安を感じる方、2週間以内に感染者との濃厚接触が確認される方は、ご観劇をお控えください。舞台上の話者と客席との間を約2mあけます。客席配置・座席数は状況に応じて適切に対応致します。公演の予定は変更の可能性がございます。ご来場の際には燐光群のウェブサイト等で、最新情報をご確認ください。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 東京にて、燐光群『ブレスレス ゴミ袋を呼吸する夜の物語』が上演されます。
 「まもなく創設四十周年を迎える燐光群は、主宰の坂手洋二が第35回岸田國士戯曲賞を受賞した初期代表作『ブレスレス ゴミ袋を呼吸する夜の物語』を、7月15日より上演します。1990年の初演後、再演、再々演を重ね、国内・ヨーロッパツアーを敢行した2001年バージョン以来、じつに21年ぶりの劇団上演となります。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 ご予約・お問い合わせは、燐光群/有限会社グッドフェローズ:03-3426-6294 〒154-0042 世田谷区梅丘1-24-14 フリート梅丘202、またはこちらのメールまで。


燐光群ホームページ

(Masaさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年7月10日

劇団ダダン 中短編オムニバス公演『ここだけの話』

【劇団ダダン2022年度夏公演のお知らせ】
中短編オムニバス公演『ここだけの話』
総合演出:齋藤諒平


◯上演作品
『にいかのお話』 脚本:SUNAGIMO 演出:山田拓生 演出助手:佐藤結香
出演:吉田樹里弥/佐々木かなえ/細貝夢南/倉沢麻里江/篠原黄梨
『ケバブとチーズとラジオの相関関係についての一考察』
作:SUNAGIMO 演出:津隈もるく 演出助手:あずさ/中本響
出演:佐々木かなえ/篠原黄梨
『河童荘』
作・演出:齋藤諒平
キャスト:齋藤諒平/星野明里/ゆう/荻原愛美/吉成悠希/川島裕貴/藤井孝成
◯スタッフ 沼澤萌由佳/松村あやめ/本多瑛麻/落合恵奈/清水理彩/堀越万桜/ローザ/高岡祐奈

◯日時
8/5(金) 19:00開演
8/6(土) 14:00開演 18:00開演
8/7(日) 14:00開演 17:00開演
30分前開場
◯場所 阿佐ヶ谷アルシェ 東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-36-15レオビルB1(JR中央線・総武線阿佐ヶ谷駅より徒歩5分 東京メトロ丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅より徒歩10分)
◯チケット 一般1200円 学生1000円(学生証をご提示ください)
こちらのページより事前予約必須


 東京にて、劇団ダダン 中短編オムニバス公演『ここだけの話』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団ダダンホームページ
Twitter @gekidandadan Instagram gekidandadan_official

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年7月 7日

演劇ユニット・言葉の動物「三伽噺」

作・演出:西口千草
キャスト:西口卓男・芳尾孝子・高野あっこ・天野まり・由良瓏砂
スタッフ:佐々木舞


日時:2022年8月2日(火)~7日(日)
場所:アルネ543(西武池袋線 富士見台駅南口徒歩2分)
料金:前売り:3500円 当日:4000円

 東京にて、演劇ユニット・言葉の動物「三伽噺」が上演されます。
 「『Donor』 連続殺人犯、磯貝多恵が死刑執行直前、何者かにさらわれてしまう。数日後、小さなアパートに不自然な様子の親子が入居したと、その物件の大家が近所に吹聴する。行方を追う戸浦刑事はそのアパートを訪問する...
 『かよちゃんの子守唄』痴呆症を患った"かよ"は幼児退行し、戦時中の国民学校に通う"かよちゃん"になってしまった。息子の孝則はそれを受け入れることが出来ない。それが元で妻、悦子との仲も険悪になってしまう。しかしある出来事で母と再び心が通じ合う変化が起こる...
 『エターナルライフ』近未来。余命宣告を受けた楠伊織はアンドロイドレンタルサービスのエデン社に自らの複製アンドロイドの制作を依頼し、死後妻と暮らしてほしいと願っている。しかし自身のAIデータを複製するのは正常な脳波のうちで、余命と引き換えになってしまうという条件があり、妻は反対する。最後の1秒まで本物の夫と時間を共有したいと願うのだった。(3話オムニバスです)
 今回は3話オムニバス公演です。三つのお話それぞれに色んな結末を迎えます。ストレートなハッピーエンド、主人公の心の変化を見せる結末、物語の結末をお客様に問いかけるお話、三者三様です。ぜひそんな不思議体験を劇場で。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


演劇ユニット・言葉の動物ホームページ

(西口さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年7月 6日

関西芸術座「晴れたらいいね」

作・演出:原作:藤岡陽子(光文社) 脚色:宮地仙 演出:門田裕 AFF2補助事業
キャスト:菊地彩香 谷川小夏 村尾保乃花 森本竜一 藤田千代美 他
スタッフ:美術:加藤登美子 音楽:ノノヤママナコ 照明:福井邦夫 音響:廣瀬義昭 映像:市村知崇 舞台監督:辻村孝厚 宣伝美術:恒川愛子/市村知崇 製作:鴻池央子/前田英利/ふちがみまゆ/柳川千恵子


日時:2022年9月 9日(金)19時 10日(土)13時/17時 11日(日)11時/15時
場所:ABCホール 大阪市福島区福島1丁目1番30号 各線『新福島駅』より徒歩5分 『福島駅』より徒歩7分 『中之島駅』より徒歩7分
料金:一般4000円/シニア(70歳以上)3500円/障がい者・U-25 3000円
チケット取り扱い
・関西芸術座 (TEL)06-6539-1055 (FAX)06-6539-1056 (メール)こちらのメール
〒550-0012 大阪市西区立売堀3-8-4 営業時間 平日10時~18時
こりっちチケット
ローチケ

 大阪にて、関西芸術座「晴れたらいいね」が上演されます。
 「夜勤中に老女の看護にあたっていた看護師の沙穂は急に地震に襲われ意識を失う。気が付けばそこは1944年のフィリピンのマニラで、病室にいた老女の若き日の姿になっていた!そして困惑を抱えたまま、戦争に巻き込まれていく。負傷した兵士たちの介護をし、過酷な日々を駆け抜けていく沙穂。そこには戦争の理不尽さと、懸命に生きていく従軍看護婦たちの青春があった。『私たちの未来は 晴れたらいいね』
 過酷な条件の中で、懸命に人の命を助けるという行為は、コロナ感染拡大の折、懸命になって命を救おうとした医療従事者たちの姿と重なるような思いがします。主人公、沙穂の目を通し、反戦の思いと懸命に生きた従軍看護婦たちの青春を描きます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


関西芸術座ホームページ

(ふちがみさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2022年7月 4日

カジキタドリーム「ミュージカル☆月下の三銃士」

作・演出:舵一晴・北山里奈 他
キャスト:舵一晴、北山里奈、大洋あゆ夢、他

日時:8月6日(土)7日(日)13時/16時半 開演
場所:立川たましんRISURU小ホール
料金:前売り:A3800円・B3300円 当日:円


 東京にて、カジキタドリーム「ミュージカル☆月下の三銃士」が上演されます。
 「一部は☆ミュージカル『月下の三銃士』、二部はレビューショー。今回は夏のイメージにぴったりの『海』と三銃士が活躍した国『フランス』をテーマに歌とダンスで華やかに展開します☆☆」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


カジキタドリームホームページ

(Meikoさん、お知らせありがとうございました。

Category: [公演案内] [関東]

2022年6月29日

劇団俳優座No.350 シアターΧカイ提携公演『待ちぼうけの町』

作・演出:作:堀江安夫、演出:川口啓史
キャスト:岩崎加根子、加藤佳男、平田朝音、河野正明、矢野和朗、島英臣、川井康弘、安藤みどり、田中孝宗、藤田一真、馬場太史、山田定世、釜木美緒
スタッフ:美術:伊藤保恵、照明:石島奈津子、音響:木内拓、音楽:加藤史崇、衣裳:イカラシヒロコ、特殊メイク:高村マドカ、振付:藤間章吾、舞台監督:石井道隆、宣伝美術:山本美里、イラスト:伊藤彩香、制作:劇団俳優座演劇制作部


日時:9月2日(金)19:00 9月3日(土)14:00 9月4日(日)14:00(アフタートーク)  9月5日(月)14:00(アフタートーク) 9月6日(火)19:00  9月7日(水)14:00(バックステージイベント)  9月8日(木)14:00(アフタートーク) 9月9日(金)19:00 9月10日(土)13:00(プレトーク) 9月11日(日) 13:00
劇場;東京・両国シアターΧカイ 〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア1階 JR総武線両国駅西口下車、左へ徒歩約3分 都営地下鉄大江戸線両国駅A4・A5出口徒歩約8分 TEL;03-5624-1181 http://www.theaterx.jp/
料金:(全席指定・税込・前売り当日共に同額) 一般 5500円/学生 3850円(当日学生証をお持ちください)/シニア(65歳以上) 5000円/ハンディキャップ 3300円(数に限りがございます)
前売り販売日 2022年7月11日
Confetti(カンフェティ) 0120-240-540 カンフェティでの購入の方には託児所サービスあり(火~土12:00~17:30)
CoRich

 東京にて、劇団俳優座No.350 シアターΧカイ提携公演『待ちぼうけの町』が上演されます。
 「宮城県三陸の港町。地元の漁師、復興事業の作業員や町役場の職員などが集う、小さな店『苫屋』を切り盛りするのは藤代多緒。夫は東日本大震災で行方不明のまま。臨時作業員の中には記憶喪失の男がいて―――。3.11から七年後、穏やかな海に龍虎舞の笛、鉦が響きわたる。
 東日本大震災から11年。3.11は日本人にとって『忘れてはいけない記憶』だと私たちは考えます。本作の作者は、東北出身で自らもご自宅が被災された堀江安夫氏。劇団俳優座公演『樫の木坂四姉妹』や『北へんろ』にも表されたように、災害などで傷を背負った人々が、様々な問題を抱えつつも前向きに力強く生きる姿を温かく描きます。演出は『火の殉難』、『血のように真っ赤な夕陽』などを手掛けた川口啓史。コロナ禍において、人と人との関係性が希薄になっている今。復興は完了したと考える社会において、孤独な思いを胸に未だ一歩を踏み出せずに生活している人達の現実を描き、一人でも多くの方が次の一歩を踏み出すきっかけを作ること。それがこの作品のテーマです。ご期待ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、03-3405-4743/03-3470-2888(10:30~17:00土日祝日を除く)まで。


同公演の情報ページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年6月28日

日中国交正常化50周年記念 新潮劇院京劇公演 三国志『空城計』

作・演出:張春祥
キャスト:張春祥、魯大鳴、侯偉、王偉、程孫耘、石山雄太 他多数


日時:2022年8月6日(土)18:30~20:00(18:00 受付開始)
場所:成城ホール(小田急線 成城学園前下車 徒歩5分)
料金:一般:6,000円/学生:2,000円/オンライン視聴 3,500円/京劇ファンのための特別限定チケット 8,000円 (良席確保・バックステージツアー・パンフレット・出演者と記念撮影)
●京劇ファンのための特別限定チケット絶賛発売中!
●来場者全員にオリジナルステッカーの特典付!
※オンライン配信情報の詳細については今しばらくお待ちください。

 東京にて、日中国交正常化50周年記念 新潮劇院京劇公演 三国志『空城計』が上演されます。
 「《中国伝統芸能が描く『三国志』の世界 鬼才と秀才が知略を尽くす!》
 2022年の新潮劇院京劇公演は、日本でも有名な『三国志』の中から蜀の軍師・諸葛亮(しょかつりょう)と魏の軍師・司馬懿(しばい)とが知略を競う名演目を上演いたします。中国人俳優と日本人俳優が共に活躍する新潮劇院が日中国交正常化50周年を記念としてお届けいたします。上演前には京劇研究の第一人者である明治大学教授・加藤徹による京劇レクチャーがあり、来場者全員にオリジナルステッカー特典付き。現在BS日テレでも放映中の『三国志~司馬懿 軍師連盟~』をご覧の方も多いと思いますが、中国ドラマがお好きな方から、更にコアな京劇ファン・新潮劇院ファンのために『バックステージツアー(パンフレット・共演者との記念撮影)がセットとなったスペシャルチケット』を販売いたします!『都心まで観劇に行くのはちょっと・・・』という全国の京劇ファンの皆様に対応できるよう、リアルタイムオンライン配信も予定しております。皆で参加して盛り上がりましょう!
 【演目内容】今回の上演は『失・空・斬』(失街亭・空城計・斬馬謖)と呼ばれる連続した3演目となります。
 1.失街亭(しつがいてい:街亭を失う)蜀の軍師・諸葛亮の活躍に危機感を覚えた魏は軍師・司馬懿を将軍として遠征に向かい、両軍は街亭の地で対峙することとなる。諸葛亮は愛弟子の馬謖(ばしょく)を先鋒として派遣するが、馬謖は諸葛亮の指示を守らず山上に布陣し、魏の張郃(ちょうこう)に大敗。重要拠点である街亭を失ってしまう。
 2.空城計(くうじょうけい) 馬謖の大敗により、殆ど兵力がないまま魏の大軍と向き合うことになった諸葛亮は、城内を掃き清め、城門を開け放つよう命じる。司馬懿が軍勢を率いて城前に到着すると、諸葛亮は一人で楼台に上がり、優雅に琴を奏で始める

 3.斬馬謖(ざんばしょく:泣いて馬謖を斬る) 奇計により、魏の大軍を退却させることはできたものの、規律違反を見逃しては軍規に乱れが生じるため、諸葛亮は愛弟子の馬謖に責任を取らせることを決意。厳しく斬首の沙汰を下すが、その目からは涙が零れ落ちるのであった。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年6月26日

TRASHMASTERS vol.36『出鱈目』

作・演出 中津留章仁
[出演] カゴシマジロー ひわだこういち 星野卓誠 倉貫匡弘 長谷川景 藤堂海 [以上 TRASHMASTERS]
石井麗子 [文学座] 太平 [劇団 稲吉] 安藤瞳 [青年座]
[スタッフ]
音楽/高畠洋
舞台美術/原田愛
照明/宮野和夫、田中里歩[ARTCORE]
音響/佐藤こうじ[Sugar Sound]
衣裳/石川俊一
舞台監督/白石定[STAGE WORKS]
制作/久保田遥南
制作助手/沼尾麻水
宣伝美術/中塚健仁
イラスト/BRAKICHI
写真撮影/ノザワトシアキ
映像記録/鈴木一成
[協力] トム・プロジェクト ラッキーリバー PuR 舞夢プロ 文学座 ストローハウス 青年座 カルテットオンライン
[企画・製作] 一般社団法人TRASHMASTERS


2022年7月14日[木]―7月24日[日]
@下北沢駅前劇場 [全14回公演]
[上演スケジュール]
7/14(木) 18:30★
7/15(金) 18:30★
7/16(土) 13:00
7/17(日) 13:00/18:30★
7/18(月・祝)14:00★
7/19(火) 19:00
7/20(水) 19:00
7/21(木) 14:00/19:00
7/22(金) 14:00
7/23(土) 14:00/19:00
7/24(日) 14:00
★の記載がある回は、終演後にアフタートークを予定しております。未就学児童のご入場はお断り申し上げます。受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。開演後のご入場はご指定のお席にご案内できない場合がございますので、開演5分前までにはお越しください。
[感染症対策について]
※ 必ず不織布か抗菌性のあるマスクを着用してご来場ください。(無い方には配布いたします。)
※ 検温を実施いたします。37.5℃以上の方は、申し訳ありませんが返金の上、入場をお断りさせていただきます。
※ 入り口にて手指の消毒をさせていただきます。
[劇場]下北沢駅前劇場 東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F 小田急線『下北沢駅』東口改札より徒歩3分 /京王井の頭線『下北沢駅』中央口改札より徒歩3分
[チケット]発売日:2022年5月21日(土)10:00より [劇場・配信共に]
劇場チケット [全席指定・税込]:
前売 4,800円/当日 5,000円/U25[25歳以下の方] 2,500円/団体割[3名以上、1名につき] 4,300円/リピーター割[2回目以降] 3,800円
※U25券は劇団前売取り扱いのみ。受付にて生年月日の表記がある身分証をご提示いただきます。
※団体割、リピーター割は劇団取り扱いのみ、当日でも受付ます。
※リピーター割をご利用の方は、前回 vol.36『出鱈目』を観劇された際のチケットをご提示下さい。
劇団予約フォーム
配信チケット [税込]:3,000円
配信期間:2022年8月15日(月)22:00より
チケット取扱:ツイキャスプレミア Confetti Streaming Theater
※ツイキャスプレミアでは本配信後、2週間視聴可能な見逃し配信がございます。
※Confetti Streaming Theaterでは開始時間より2週間視聴可能な配信がございます。


 東京にて、TRASHMASTERS vol.36『出鱈目』が上演されます。
 「芸術祭で町興しを目論む町長と、芸術作品を通して意見が対立する市民たち。その対立から見えてきたものは、正義の抱える矛盾と、自由と規制の暴力、そして、民意という名の空虚だった......。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、制作部/久保田 080-9380-4025 (10:00-18:00)、またはこちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(久保田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年6月22日

Prayers Studio あなたの『いいね』で優勝が決まります!! 作家×俳優がタッグを組んでガチバトル中!是非ご参加下さい!

作家さんの公募作品を俳優が演じてYoutube上で公開 一番面白い作品を視聴者投票で決める演劇ガチバトル『ショートシーンアクティングフェス』!!第二回目の開催、上演スタートしています!あなたの『いいね』で優勝が決まります。是非、ご視聴&『いいね』よろしくお願いいたします!
昨年末開催の第一回は、公開期間約10日という短期間にも関わらず各作品800回を超える再生を記録し、大好評で幕を閉じました。
第二回の今回もたくさんのご応募をいただき全部で4つの作品を上演する運びとなりました。既に1作目は公開中!他の作品も順次公開して参ります。今回の公開期間は約3週間。結果発表は8月19日(金)です。是非、皆さまからの一票で盛り上げてください!!
詳細はこちら!

★ご視聴方法★ 主宰団体Prayers StudioのYoutubeにて ※チャンネル登録で公開の際通知が届きます
★配信予定期間★
『肋骨が折れました』 作:齋藤 功 2022年 6月18日〜7月11日
『ぼくらのなつ』作:景山 圭祐 6月25日〜7月18日
『贖罪』作:桐乃さち 7月9日〜8月1日
『破れた小説』作:重本アキラ 7月16日〜8月8日

このコロナ禍において、演劇界は制限を余儀なくされ、俳優も、そして劇作家も、発表の機会が少なくなったことは明白です。少しずつ制限も緩和されてきましたが、まだまだ演劇界が元通りの活気を取り戻すには時間がかかりそうです。お客様の元に届いてこそのエンターテイメント、そしてお客様の前に立つことこそが俳優にとって最高に成長できる場と考える私達は、この機会に同じ志を持った作家さんとの出会いと繋がりを広げ、共に切磋琢磨しあえる場を作りたいと、今回の企画を立ち上げました。作家から俳優へとつないだバトン。最終走者は、視聴者のあなた!是非このイベントを一緒に盛り上げてください!!

主宰:Prayers Studio
品川区・中延を拠点に活動する演劇集団。オフィスビルを改装したアーティストのシェアアトリエ『インストールの途中だビル』の一室に劇場を構える。俳優の訓練の場として高い水準で研究・指導を行い、演技の質にこだわって作品創りを続けると共に、演劇が人々にとってより身近なものとなったら良いと考え、様々なコンテンツを発信してきた。今回のショートシーンアクティングフェスもその企画の一つ。海外キャストと共に俳優がそれぞれの母国語で台詞を話し多言語で一つの作品を創る日韓合同企画『アンドラ』や初の緊急事態宣言時、オンライン演劇の先駆けとして大反響を呼んだ『十二人の優しい日本人を読む会』にも俳優出演、劇団としては観るだけで終わらない観客参加型公演『ドラマトライアル』を主催、"趣味で演劇ができる"『演劇教室』や、心理学の先生とのコラボ・トークショーを開催するなど、分野を超えて幅広く活動している。

まもなく新メンバー募集オーディションを開催予定。
実技審査の合格者には1年間のトレーニング期間を設け、現役のメンバー自ら、これまでPrayers Studioが培ってきたメソッドを余すことなく伝える。
1年間の結果で正規メンバーが決定する。応募〆切は9月4日(日)、詳細は7月以降、ホームページにて随時発表いたします

【お問い合わせ】Prayers Studio こちらのメール 080-7004-8293


(渡辺さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年6月19日

プロジェクト・舞台『ロスト・シング』

ぼくが見つけたのは へんちくりんな迷子 そいつの居場所を探す ふしぎな旅が始まった(原作絵本の帯より)

▼作 ショーン・タン 
▼翻訳 岸本佐知子
▼演出 秋江智文
▼出演者 小川友子/野井一十/三石美咲(THEATRE MOMENTS)/堀元宗一朗/小林加奈/秋江智文
▼チラシデザイン 永松大剛
▼協力 みにさん・田中優子事務所


【公演情報】
▼公演日時
7月22日(金)13時半/18時半
7月23日(土) 11時半/15時/18時半
7月24日(日)11時半/15時
※全公演30分前開場
※公演は1時間を予定しております。公演後に楽しめるワークショップを予定しています。
※終演後にショーンタン関連グッズ・絵本販売あり
▼チケット 大人 : 3000円 小人(18歳以下):1500円
チケット予約はコチラから
▼公演会場 遊空間 がざびぃ 〒167-0042 東京都杉並区西荻北5-9-12 そらの上 JR中央線・総武線西荻窪駅 北口より北銀座通りを徒歩8分

 東京にて、プロジェクト・舞台『ロスト・シング』が上演されます。
 「To 手に取ってくれたかた この夏、『アライバル』『エリック』などの絵本を書いたオーストラリアの作家ショーン・タンさんの作品『ロスト・シング』(リンドグレーン記念文学賞、第83回アカデミー賞短編アニメーション部門受賞原作)を日本で初上演することとなりました。今回は体感型の舞台です。少しふしぎな迷子とちょっぴりふしぎなぼうけんのお話をいっしょにのぞいたり、遊んで体験したりしてみませんか。大人もこどもも楽しめる、フィジカルな舞台です。楽しいワークショップもついてます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、電話: 09076386453、またはこちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(小川さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年6月 6日

櫻井郁也ダンスソロ『やがて、、、(タトエバ切ラレタ髪ノ時間ト)』


SAKURAI IKUYA DANCE SOLO "WITH TIME"


【出演、スタッフ】
ダンス・光・音:櫻井郁也
美術・衣裳:櫻井恵美子
企画制作:十字舎房
協力:ストライプハウスギャラリー


【日時】 2022年 7月30日 (土) 19:00開演 、7月31日(日)15:00開演  
Saturday,30th July. 19:00 / Sunday, 31th July. 15:00
*開場は各20分前。上演時間は70分前後の予定。
【会場】 ストライプハウスギャラリー 地下 〒106-0032東京都港区六本木5-10-33-3F Tel:03-3405-8108
【チケット情報】
■料金 
・予約(Rsv) ¥ 3,000(当日払い) 
・当日(Door) ¥ 3,500(残席分のみ先着順) 
・学割(Student)¥ 2,000(要予約・学生証提示/大・中高・専)
※コロナ対策のため各回20席まで。なるべく『予約』をご利用ください。
※ご来場6日前以後はキャンセル料が発生します。
※キャンセル料は6~5日前50%、4~2日前70%、前日~当日100%となります。
【チケット申込・くわしいご案内】
櫻井郁也/十字舎房・公式ウェブサイト ※検索ワード= sakurai ikuya web  

【出演者プロフィール】
《櫻井郁也》舞踊家。1964年、奈良生。笠井叡に師事。1997年より美術の櫻井恵美子と『十字舎房』を設立し共同で創作活動を展開。2001年より開始した『ダンスソロ』シリーズを軸に、ポルトガル招聘公演(2006)、ルクセンブルク招聘公演(2012)、ダンス白州(2001~09)、NHK振付(2002~07放送)、越後妻有トリエンナーレ(2012)、いちはらアートミックス(2014)、長崎原爆70年忌公演(2015)などで、60以上のダンス作品を発表。日本大学芸術学部卒。オイリュトミーシューレ天使館・第一期修了。

 東京にて、櫻井郁也ダンスソロ『やがて、、、(タトエバ切ラレタ髪ノ時間ト)』が上演されます。
 「ダンサー・櫻井郁也の最新ソロを上演。世界の変化のなかで翻弄される一つの生命をめぐって展開される先鋭的ダンス空間。『疫病の渦中、血はやがて光になる、と愚想した。それが本作の起点だった。 体内の血の絶え間ない宇宙運動に、炸裂と発光の力を連想したのだ。(中略) ある日ふと思った。いつしか歴史なるものが身近に感じられてしまう時代になっている、と。 戦争が始まったのだ。捕虜となり断髪された女性兵士のことを読んだそのとき、心奥でナニカが動いた。 そして、もうひとつの『切られた髪』を思い出した。ホロコーストの犠牲になった少女の長い三つ編みの髪を。 それは、編まれたまま切り落とされ、切り落とされたままの姿で収容所跡に残されていた。(中略) 歴史なるものとともに、時代なるものとともに、そして、時なるものと、 ともに、イる、あるいは、イキる、という感覚が、すこし、すこしだがソコハカトナク生々しく、目覚め始めている。(櫻井郁也・振付メモ)』」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、・TEL=080-3507-3860(当日はストライプハウス= 03-3405-8108のみ) まで。

(櫻井さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年6月 3日

劇団俳優座特別公演Vol.28 朗読『戦争とは...2022』

作・演出:構成・演出;菅田華絵
キャスト:岩崎 加根子 ・阿部 百合子・遠藤 剛・檜 よしえ・青山 眉子・片山 万由美・松本 潤子・天野 眞由美・平田朝音・平田 朝音・山崎 夏江・安藤みどり・安藤 みどり・椎名慧都・椎名 慧都・高宮千尋・高宮 千尋・丸本琢朗・丸本 琢朗
スタッフ:舞台監督;川口浩三


日時:2022/7/16(土)13:00~/17:00~  2022/7/17(日)13:00~  2022/7/18(月祝)13:00~
場所:俳優座スタジオ(旧・俳優座5階稽古場)
料金:(全席自由) 一般2500円/後援会2000円/学生1000円/小学生以下500円


 東京にて、劇団俳優座特別公演Vol.28 朗読『戦争とは...2022』が上演されます。
 「この度、7月16日(土)~18日(月・祝)の期間、劇団俳優座特別公演vol.28『朗読 戦争とは...2022』を上演致します。『戦争とは...』は1994年から続けている公演で、『戦争とは...2021』では地方公演も行いました。この作品は俳優座としてもとても大切な演目です。今回はブレヒトの『子供の十字軍』、『コイナさんの話』(長谷川四郎 訳/高頭祥八 絵)と、長谷川四郎の詩である『ロバの歌』『花火の歌』『子供たち』他を上演致します。世界が平和を訴える今も争いはなくなるどころかロシアによるウクライナへの侵攻は世界秩序に大きな打撃を与えています。こんな時世だからこそ改めて平和とは何かを考え向き合います。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団俳優座ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年5月29日

劇団日穏(びおん)-bion-第15回公演『月虹(げっこう)の宿』

【企画・脚本】岩瀬顕子 【演出】たんじだいご
【出演】柴田理恵、内浦純一、岩瀬顕子、剣持直明(劇団だるま座)、伊原農(劇団ハイリンド)、中島愛子(劇団張ち切れパンダ)、清水ひとみ(ワハハ本舗)、小林大輔、種村愛、たんじだいご

◇日程・場所
東京: 2022年8月5日(金)~14日(日) シアターアルファ東京(恵比寿)
宇都宮:2022年8月19日(金)~20日(土)栃木県総合文化センターサブホール
富山: 2022年8月26日(金)~28日(日)富山県民小劇場ORBIS

◇劇団『日穏-bion-(びおん)』
2008年旗揚げ、今年で14年目を迎える日穏-bion-(びおん)は、岩瀬顕子が企画・脚本・出演、たんじだいごが演出を担当するプロデュース劇団です。
戦争や差別、介護問題など社会問題を背景に、笑えて泣けて心が温まる作品を上演しています。

 東京・宇都宮・富山にて、劇団日穏(びおん)-bion-第15回公演『月虹(げっこう)の宿』が上演されます。
 「◇ストーリー 舞台は古びた温泉街に立つ老舗旅館。苦しい経営状況が続いており、亡き両親から跡を継いだ長男の亮太と、長女で助産師の加代子は頭を抱える日々。ある日、長年海外で生活していた次女の真希が娘を連れてやって来る。久しぶりに兄弟が顔を合わせ楽しい団らんのはずが、真希の帰国理由を聞いて愕然とする加代子と亮太。果たして真希が帰ってきた理由とは...。
 "自分の最期を自分で決めちゃいけないの?"柴田理恵さんをゲストに迎えてお届けする最新作は、古びた温泉街の老舗旅館を舞台に繰り広げられる『命』をテーマにした人情ドラマ。昨年コロナ禍で中止になった舞台のリベンジ上演!
 ◇テーマは『命』、笑いあり涙ありの物語 2020年7月、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した女性から依頼され薬物を投与して殺害したとして、嘱託殺人容疑で医師二人が逮捕されました。日穏-bion-主宰の岩瀬は、この事件について周りの人と議論を重ね、改めて『死』に対する考え方は千差万別である事に気づかされました。特に日本では死について語る事はタブー視される傾向にあるため、死に向き合うことなく、安楽死を安易に否定する人が少なくありません。その一方で、ある難病患者は死と向き合い、『死を意識する事が生きる糧になり希望になる』と語ります。人は必ず死を迎えます。『いかに生きるか』と同じくらい『いかに死ぬか』にも向き合いたいという岩瀬の想いがこの作品作りのきっかけでした。『月虹の宿』は『命』をテーマに、バラエティ番組やドラマでもおなじみの柴田理恵さんをはじめ、魅力的な役者陣が、難病患者とその家族の物語を描きます。岩瀬は『日本国内の自殺者数は年間2万人を超えており、そのうちの7人に1人は病気が原因で自らの命を絶っていると言われています。自殺と安楽死の違いは何なのか?尊厳死とは?残される家族の思いは?このような疑問を投げかける事で、この作品を観終わった後、『死』について家族や友人と語り合い、『生きる』事の意義を再確認するきっかけになれば嬉しい』と語ります。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団日穏(びおん)-bion-ホームページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東] [北陸]

2022年5月25日

AyK『メフィストの瞳』

作・演出:企画・演出:AyK/脚本:飯塚未生(ヅカ★ガール)
【Cast】
◆◇両チーム共通キャスト 妃咲歩美/来栖梨紗
◆水晶キャスト 山下りぉう(W.kojoh)/ハラグチリサ/かまくらあや(三文姉妹)
◇真珠キャスト 森宮ゆず(戯曲本舗)/小口美雪/青海アキ
当公演はダブルキャスト制です。水晶の回と真珠の回で一部出演者が異なります。
【Staff】
脚本・演出補佐 飯塚未生(ヅカ★ガール)
舞台監督・演出 AyK
照明 栗原雅美(アストアクション)
音響 ワタナベユウタ(株式会社K-works)
音楽 剤電
振付 妃咲歩美
舞台美術 魔都
宣伝美術 羊石
撮影 菅沼剛弘
企画・制作 AyK

【Theater】遊空間がざびぃ(最寄り:西荻窪駅)
【Schedule】2022.
06.10(金)16:00水晶/19:00真珠
06.11(土)13:00真珠/15:00水晶/18:00水晶《撮影公演回》
06.12(日)13:00水晶/15:00真珠/18:00真珠《撮影公演回》
(上演時間約50分程度を予定)
撮影公演回について 作品全編を通して客席からの写真撮影が可能な公演です。お手持ちのカメラやスマートフォンでご撮影頂けます。(※動画は撮影不可)
【Ticket】
・一般前売/当日券......3500円
・応援観劇チケット......5000円
応援キャストのチェキ(ランダム10種・サイン入り)付きチケット。応援キャストへ《応援》が入ります。
・撮影公演チケット......6000円
劇場観劇ご予約フォーム
《チケット予約開始は5/14(土)22:00~》
出演者それぞれの予約フォームはこちら
【Online stage Ticket】
・配信観劇チケット......2800円
配信観劇詳細はこちらから 《予約開始・詳細解禁は5/25(金)21:00~》

 東京にて、AyK『メフィストの瞳』が上演されます。
 「人類が滅亡し、荒廃しきった地球の片隅にて。ショウジョたちは幸福だった。"センセイ"と呼ばれる人間離れした容貌の女性にただ愛され、知識を授けられ、起きて食べて眠る日々。卵の殻のようなシェルターに包まれた都市で、永遠に17歳の日々を生きる。『ご覧、ほら。目を醒ますよ。』或る穏やかな初夏の日。人工子宮が蠢き、"イリス"と名付けられた第三のショウジョが誕生する。ーーわたしは此処を知っている。憶えている。何故......センセイ、あなたは何者なの。夢見るように思い出される、惑星環境研究所での"過去"の日々。滅びゆく星の上で、研究者たちが追い求めていたものは何だったのか。センセイとショウジョたち、そして狭間に潜む妖しいカゲ。彼らの夢の果ては、何処にあるのか......
 AyKは、妃咲歩美と来栖梨紗の2人が主宰を務める女優ユニット。お客様が作品世界に"没入"し、物語を"体験する"ことにこだわり抜き、様々なアートイベントを企画する。2年ぶりの本公演となる今作は、旗揚げ公演にて上演した同タイトルの作品を加筆修正し、再演出を加えたリメイク版。脚本は飯塚未生(ヅカ★ガール)が手掛ける。フライヤー・キャラクタービジュアルは、カメラマンの菅沼剛弘による撮影。AyK主催公演の最大の特色は、上演中全編が自由に撮影可能な『撮影公演回』があること。約50分間の上演時間中、全てのシーン・全ての瞬間をカメラやスマートフォン等に残すことが出来る。撮影した写真をSNS等にアップすることも可能。(今回は6/11(土)18:00《水晶》、6/12(日)18:00《真珠》が『撮影公演回』)俳優のみならずモデルとしても活動する主宰二人の、『どの瞬間を切り取っても美しい演劇作品を作りたい』というユニット結成のテーマを堪能出来る試みとなっている。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、AyK制作部:こちらのメールまで。

公式Twitter 公式Instagram 公式HP
公演特設HP


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年5月13日

劇団キンダースペース レパートリーシアターVol.50『夜明けに消えた』

作:矢代静一 演出:原田一樹
◆キャスト
岡田千咲、中根瑠理、西本亜美、丹羽彩夏、原田祈吹、山崎稚葉、森下高志、関戸滉生、杉山賢、林修司、小林もと果、深町麻子、谷口就平(スターダス・21Neu)
◆スタッフ
音楽/和田啓
照明/伊藤翔大(創光房)
照明操作/中村智也
音響/三枝竜
音響操作/坂本奈都実
チラシデザイン/山崎稚葉
映像制作/シャイズ企画
協力/矢代静一事務所 (有)スターダス・21Neu
劇団キンダースペース後援会 ワークユニット2022
制作/劇団キンダースペース

◆日程:(一部ABダブルキャスト)
6月11日(土)15:00 A
6月12日(日)15:00 B
6月13日(月)19:00 B
6月14日(火)15:00 A
6月15日(水)14:00 B・19:00 A
6月16日(木)15:00 B
6月17日(金)14:00 A・19:00 B
6月18日(土)14:00 B・19:00 A
6月19日(日)15:00 A

◆チケット
活動支援チケット 4,500円 (新型コロナ対策費用を援助していただくチケットです)
前売券 3,000円(当日券 3,300円)
市民割引券 2,500円
養成所割引券 2,500円
学生割引券 1,500円
(※未就学児童入場不可)

★予約・問い合わせ★ 一般社団法人 劇団キンダースペース 
TEL 048-252-0551 FAX 048-255-4342 MAIL こちらのメール

◆劇場 劇団キンダースペースアトリエ TEL:048-255-4342 京浜東北線西川口駅西口徒歩2分

★二年ぶりにイベントを開催します★
・『戯曲を読む会』 5月 28日(土) 17:00~
上演作品の一部を参加者と劇団員とで読みます。原作戯曲に触れ、声を出して読むことで、観劇する面白さをより味わっていただこうとする試みです。
・『もうすぐ初日!ビフォアトーク』』 5月 28日(土) 18:30~
上演に先駆け、作品の背景、演出意図、演劇全般について、演出家・原田一樹が多角的にお話します。
会場/劇団キンダースペースアトリエ 参加費/無料 ※要予約
★終演後アフタートークを開催します★
[1] 6/14(火)...矢代朝子氏(俳優・矢代静一事務所)・原田一樹
[2] 6/16(木)...和田啓氏(作曲家)・原田一樹

 東京にて、劇団キンダースペース レパートリーシアターVol.50『夜明けに消えた』が上演されます。
 「『夜明けに消えた』は、四十才になった作者がそれまでの作風を変え、真正面 から『神』や『信仰』に取り組んだ作品である。それ故この作品は、一つの宗教の枠を超え『人はなんのために生きるのか』を私たちに深く問いかけてくる。(演出:原田一樹)
 キンダースペースでは、実に22年振りの再演です。今回は若手俳優を中心に、古代エルサレムを舞台にしたこの大作を、おそらく『夜明けに消えた』上演史上一番小さな空間であろうキンダースペースアトリエにて展開します。主人公ノッポは何故この『戯曲』を残したのか? 私たちと共に探ってください。(制作:瀬田ひろ美)」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

『夜明けに消えた』サイト


(瀬田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年5月 8日

シアターキューブリック 結成20周年記念公演第二弾『葡萄酒いろのミストラル』

作・演出:緑川憲仁
キャスト:高橋茉琴 片山耀将 奥山静香 千田剛士 榎本悟 七味まゆ味[柿喰う客] 鈴木研[第27班] 野原のぼ 星宏美 品川ともみ 冨田恭子 太田朱香 / 井俣太良[少年社中]
スタッフ:演出:緑川憲仁 映像演出:松宏彰 振付:森川次朗 舞台美術:八木橋貴之 照明:森規幸(balance,inc.DESIGN) 音響:田上篤志(atSound) 音響操作:井上直裕(atSound) ヘアメイク:Limo 衣裳:パンダ舎 舞台監督:矢島健 イラスト:なかむらしんいちろう 宣伝美術:廣神法子 宣伝写真:渡辺慎一 WEBデザイン:岡下明宏 記録ビデオ:粕谷晃司(かすや舞台記録) 舞台写真:宮内敏行 制作:栗原千温(nuclearness合同会社) 製作:一般社団法人シアターキューブリック 劇団員 伊藤十楽成 市場法子 敷名めぐみ 河野結 後援 花巻市 協力 少年社中 柿喰う客 第27班 team Genius bibi ViStar PRODUCE 七味の一味 (株)コットンフィールズ 株式会社 三桂 ACE AGENT SMASH ENTERTAINMENT スタークラスターエンターテインメント ECHOES 美i-style ちょんまげ屋 アートエンターテインメント 公益財団法人岩手観光協会


日時:2022年5月27日(金)~6月1日(水)
場所:恵比寿・エコー劇場 東京都渋谷区東3-18-3 エコービル2F TEL.03-5466-1575(ロビー直通・公演期間中のみ)
料金:全指定席 一般前売:5,000円 U25割:3,000円(※25歳以下の方限定の割引チケット) ★めでたい初日割:4,500円 <当日券・当日精算は+300円> ※未就学児のご観劇はご遠慮ください。 ※U25割は当日証明できるものをお持ちください。
ギフトチケット:5,000円 贈ったあとから日時を指定できるギフト用チケットをご用意しています。※シアターキューブリック『葡萄酒いろのミストラル』のチケットをお友達やご家族にプレゼントしませんか?ギフトチケットは購入された方が友人や家族にチケットをプレゼント、贈られた方は後から日時指定をできるチケットです。
ムービーステージ:4,000円 『お家でゆっくり観たいなぁ』『東京は遠くて行けないよう』という方は、ムービーステージはいかが? 複数のカメラによる撮影と演出で、劇場の臨場感に映像ならではの醍醐味をプラスしてお届けします。チケットの販売は、4月23日(土)から6月30日(木)まで。6月9日(木)から視聴できます。


 東京にて、シアターキューブリック 結成20周年記念公演第二弾『葡萄酒いろのミストラル』が上演されます。
 「昭和23年春。戦後復興で活気づく東京の片隅に、家の外へ一歩も出られない引っ込み思案の雌犬『かりん』がいた。飼い主の少年『ユウキ』は、情けなく思いながらも、自分のそばを離れられないかりんを可愛く思っていた。ある日、空から舞い降りてきたたんぽぽの綿毛『しずく』が、かりんをからかう。しずくに誘われ、おそるおそる野良犬の溜まり場へと足を踏み入れるかりん。かりんは、怖さの先にある未知の世界の楽しさを知り、出会った犬たちとの交わりを通じて、まだ見ぬ自分がいることに気づいてゆく。そして、見上げた雄大な夜空に、眠っていた記憶が星のように光を放ち始める──。
 2度の延期を経て、ついに上演されるシアターキューブリック結成20周年記念公演第二弾『葡萄酒いろのミストラル』。2002年の初演から4回目の再演となる本演目は、まさにシアターキューブリックの名刺代わりとなるような代表作です。高橋茉琴、柿食う客から七味まゆ味、少年社中から井俣太良、第27班から鈴木研など、豪華なゲストメンバーが出演。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


シアターキューブリックホームページ

(榎本さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年5月 7日

座・高円寺 夏の劇場09 日本劇作家協会プログラム ミュージカル『香港スケッチ Hong Kong Sketches the Musical』

今、香港で生きるわたしたちの物語
香港×日本×新作ミュージカル 座・高円寺1 いよいよ2022年7月開幕!

出演:岑君宜(ファニーサム) / 釈人 / 藤森裕美(イッツフォーリーズ) / 明羽美姫(イッツフォーリーズ) / 仁木祥太郎(テアトル・エコー放送映画部) / 三枝宏次 / 梅沢鮎美 / 半澤昇(イッツフォーリーズ) / 近藤萌音(イッツフォーリーズ) / 渡邉春菜 / 柳内佑介 / あかまつひでのぶ / 岡山玲奈(劇団スーパー・エキセントリック・シアター) / 羅文賢
スタッフ:作・音楽・プロデューサー: 緒方桃子 / 演出: 坂口阿紀

【公演期間】 2022年7月6日 (水) ~2022年7月10日 (日)
【会場】 座・高円寺1
【チケット料金】
一般(前売/予約/当日共):5,000円
U35:3,500円 (当日要年齢確認)
(全席指定・税込)
【公演日・開演時間】
07月06日(水) 19:00
07月07日(木) 19:00
07月08日(金) 14:00★○ / 19:00
07月09日(土) 14:00★○ / 19:00
07月10日(日) 14:00
★の回はアフタートークあり。○託児あり。
※受付・開場ともに開演の30分前。
※上演時間:約90分を予定
【チケット取り扱い】
[1]カンフェティ チケット購入はこちらから ※一般券・U35券ともに販売。 ※『キャスト扱い』がご利用いただけます。
[2]座・高円寺チケットボックス(月曜定休) TEL 03-3223-7300 10:00-18:00 窓口 10:00-19:00
【座・高円寺WEB】でのチケット購入はこちらから (無休 24H受付)
※一般券の販売 ※U35席券の販売はございません。 ※『なみちけ』もご利用いただけます。詳細はチラシをご参照、もしくはチケットボックスにお問合せください。

 東京にて、座・高円寺 夏の劇場09 日本劇作家協会プログラム ミュージカル『香港スケッチ Hong Kong Sketches the Musical』が上演されます。
 「This is a story about three young people born and raised in Hong Kong. あなたのまちの夕焼けは何色ですか
 香港で生まれ育った三人の若者。毎日をひたすら生きる『貧しい若者』叉焼仔(チャーシューザイ)、父親の事業を継承するためにイギリスに渡った『金持ちの息子』オーウェン。ある日オーウェンが香港に戻って来ます。その理由は―――。三人は目を背けてきた心の中の欲望や、将来への不安に突然直面することになります。自分たちの力でどうしてもコントロールできない状況において、親から受け継いできた文化、これまでの価値観が通用しない中で、自分たちが何者なのかを問い、『今』を、なぜ、生きるのか、どう、生きるのか。一体どのような選択をするのでしょうか?手を伸ばしもがきつづける。あの日の夕焼けを探して......ミュージカル『香港スケッチ』は演劇作品です。世界的に自分たちの力でどうしてもコントロールできない状況に置かれ、これまでの価値観が通用しない今、自分は『なぜ』生きるのか、『どう』生きるのか、という岐路に立つ人々の姿を、香港に住む人々の姿を通じて描く完全オリジナル作品です。香港と日本在住の舞台人たちが、コロナの影響で活動に制限がある中、リモートでコラボレーション。今しか観られない『香港スケッチ』を、どうぞ、お見逃しなく。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。


(竹内さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年5月 2日

激団リジョロ「SLEAP」

作・演出:金光仁三
キャスト:斉藤未来 星野桃子 是近敦之 斎藤このむ 松本まどか 勝又諒平 大村健太 林凜太郎 金光仁三 こんどうひろこ
スタッフ:脚本・演出:金光仁三 舞台監督・美術:金光仁三 舞台助手:斎藤このむ・門真友妻 照明:建部雅代(Light Vision) 音響 :村上隆次 デザイン:moimoi 衣装・小道具:激団リジョロ WEB:貴屋大正 営業・宣伝:komomo スチール:折井康弘 映像:布川隼汰・Lina 制作:激団リジョロ


日時:2022年6月30日(木)~7月4日(月) 全8st  6月30日(木)19:00~ 7月1日(金) 14:00~/19:00~ 2日(土) 13:00~/18:00~ 3日(日) 13:00~/18:00~ 4日(月) 14:00~
場所:阿佐ヶ谷シアターシャイン 〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-15-15 TEL:03-5378-9125 
東京メトロ丸の内線『南阿佐ヶ谷』駅から徒歩2分。 JR中央線『阿佐ヶ谷』駅南口から徒歩7分。 ※新宿より快速で9分 土日祝日は各駅停車をご利用ください。 
料金:前売り:4,200円 当日:4,500円 学割:2,500円 (高校生以下は無料・要学生証) リピート割:2,500円 (※半券持参必須となります) 
チケット販売;カルテットオンライン


 東京にて、激団リジョロ「SLEAP」が上演されます。
 「絵の上手な妹とそれを見守る姉がいた。両親を亡くし、寄り添い生きてきたがやがて離れ離れになった。二人は別れるまでに絵本を描いた。二人が幸せになる物語を。それから時が経ち、姉は自立し女優の卵になり、妹を引き取り慎ましくも二人は再び一緒に暮らせることになった。しかし妹は心を閉ざし、口を開かなくなっていた。それでも姉は気丈に振る舞い、あの頃を取り戻そうとする。妹の心は絵本にあった。自分達の生きる世界はここではなく、『眠りの国』にあると信じていた。そこにある本当の自分を見つけるべく、妹は冒険に踏み出すのだった・・・
 ハードコア演劇集団、激団リジョロです!圧倒的闇芝居の第34回公演『Re:organ』から、約1年10ヵ月ぶりの団長・金光仁三執筆の完全新作。時間を超え2人の姉妹が寄り添うハードコア・ファンタジーを、阿佐谷シアターシャインにて開催します!!小劇場演劇の真髄を、ご一緒に楽しみましょう。皆さまのご来場、心よりお待ちしております!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


激団リジョロホームページ

(松本さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年4月30日

ワハハ本舗 我善導をおもしろがる会 vol.3『?人のおもしろがれない大人たち』

(作・演出)山崎洋平(江古田のガールズ)
(出演者) 我善導
【男性バージョン】モロ師岡、西條義将(モダンスイマーズ)、竹石悟朗、塩崎こうせい、大西一希(PAPALUWA)、稲葉俊一、加藤パーチク、米本来輝、徳永伸光、市川大希、國崎史人、石原正康(幻冬舎)
【女性バージョン】増田有華、あだちあさみ、福田ユミ(東京マハロ)、丹下真寿美(T-works)、高瀬あい(江古田のガールズ)、神谷敷樹麗、比嘉奈菜子、広田あきほ、南出めぐみ、荻野紗那、石原奈津美
[協力] オフィスPSC、オフィスマハロ、オレガ、キャストパワー、幻冬舎、サンミュージックプロダクション、スタジオオーデュボン、ヒラタオフィス、フレイヴエンターテインメント、ベンヌ、モダンスイマーズ、Axion entertainment、bamboo、Cheeky、CROWNS、TEAM HANDY、T-works
[スタッフ]
プロデューサー:喰始
舞台監督:西廣奏
照明:大塚之英
音響:小町香織
演出助手:石井博貴
フライヤーデザイン:Mike Smith(Lovesmith) 
写真:小木曽威夫

(会場)新宿シアタートップス 東京都新宿区新宿3-20-8 WaMall TOPS HOUSEビル 4階 TEL: 03-6457-4083(公演期間中のみ)
(公演日時) 2022年5月17日(火)~22日(日) ※開場は開演の30分前
5/17(火)19:00~(女)
5/18(水)19:00~(男)
5/19(木)14:00~(女) / 19:00~(男)
5/20(金)14:00~(男)
5/21(土)13:00~(女) / 18:00~(女)
5/22(日)13:00~(男)
(料金) 全席指定席・税込 前売\4,800 / 当日\5,500
※自治体や劇場などで作成されている新型コロナウイルス感染症対策のガイドラインに沿った収容人数でのご案内となります。あらかじめご了承ください。
※未就学児童のご入場はお断りいたします
(申込方法)
2022年4月2日(土)10:00~ 一般発売開始
・チケットぴあ(Pコード:511-050) チケットぴあ店頭/セブンイレブン店頭
ローソンチケット(Lコード:32907) /ローソン店頭/ミニストップ店頭(店内Loppi)
e+(イープラス) ファミリーマート店内(Famiポート)
カンフェティ
[ご案内]
※ご来場、観劇の際はマスクの着用をお願い致します。
※アルコール消毒、検温など新型コロナウイルス感染症対策にご協力ください。
※事前にワハハ本舗HP上で観劇にあたってのご案内を掲載いたしますので、あらかじめご覧になった上、ご来場をお願い致します。

 東京にて、ワハハ本舗 我善導をおもしろがる会 vol.3『?人のおもしろがれない大人たち』が上演されます。
 「『我善導をおもしろがる会』とは、コミカルな体つきと演技、様々な名曲をラップで軽々と披露するリズム感、そして『意外と』高い運動能力で数々の舞台を経験している役者・我善導が『自分がメインになる芝居をやりたい!』という思いから自身で立ち上げた企画。
 今回の作品は一つの脚本に対し、『男バージョン』『女バージョン』で別々に開催。我善導は両バージョンともに出演し、『女バージョン』では女性として舞台に立つ。共演者として『男バージョン』では様々な舞台、テレビ、映画などで活躍中のモロ師岡、竹石悟朗などが出演。中でも幻冬舎の著名な編集者として知られる石原正康が初めて舞台に立つことも興味深い。『女バージョン』ではAKB48を卒業し数々のミュージカルや舞台でその実力を発揮している増田有華、コメディからストレイトプレイまで幅広い活躍を魅せる、あだちあさみや福田ユミなどが出演する。
 脚本と演出は『vol.1』に続き、劇団『江古田のガールズ』の全作品の脚本と演出を担当し、hulu『今夜、バベルの地下1階で。』などの脚本も手掛ける、江古田のガールズ主宰『山崎洋平』。プロデューサーは『ワハハ本舗』全公演の構成演出を手掛け、日本テレビ『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』の構成に番組立ち上げから関わる、ワハハ本舗主宰『喰始(たべ はじめ)』。
 復活した新宿・シアタートップスで繰り広げられる実力派揃いのノンストップの悲劇。名演技・迷演技の数々にご期待ください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ワハハ本舗:TEL:03-3406-4472(平日11:00~18:00)、またはこちらのメールまで。


ワハハ本舗ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年4月26日

劇団俳協「誰かが誰かを愛してる」

作・演出:作:堤 泰之 演出:市川 勉
キャスト:野村 憲仁 石川 美樹 野村 能由 大出 あゆみ 渡辺 裕史 板垣 果那 鈴木 浩之 小田 浩幹 石原 綾乃 吉盛 俊平 こづか みと 丸山 拓真 武政 直也 三角 えり奈 木内 亜希子
スタッフ:装置:田代利之(T☆すたいる) 照明:布谷千代子(フリーダム) 音響:前田マサヒロ 舞台監督:伍堂哲也 制作:稲毛田望未 山口みなみ 企画・製作:劇団俳協


日時:2022年5月18日(水)~22日(日) 18日(水) 19:00 19日(木) 19:00 20日(金) 19:00 21日(土) 14:00/18:00 22日(日) 14:00
場所:TACCS1179
料金:前売り:3800円 当日:3800円


 東京にて、劇団俳協「誰かが誰かを愛してる」が上演されます。
 「高速道路の事故の影響によりサービスエリアで足止めを食らってしまった若松卓 と妻の良恵。そこで卓は女性を助けるも小さな誤解がどんどん大きくなり、同じくサービスエリアにとどまざるを得なくなった人々やサービスエリアスタッフをも巻き込む大騒動に・・・!?
 私ども劇団俳協では本公演『誰かが誰かを愛してる』上演の運びとなりました。- 人との距離が離れてしまったこの時代に ホッ と心の距離を縮めたい -劇団俳協がお送りするハートフルコメディをぜひご覧ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(稲毛田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年4月21日

キノG-7 公演No.4『モナ美』

【作・演出】竹内銃一郎
【出演】武田操美、平山ゆず子、藤原大介、平井佐智子、本多晴奈、佐藤海斗、大野稚奈

【公演日時】2022年5月17日(火)~22日(日) 
5月17日(火)18:00 ※ゲネプロ公開 入場料無料
5月18日(水)19:00
5月19日(木)19:00
5月20日(金)14:00★/19:00
5月21日(土)14:00★/19:00
5月22日(日)14:00
※受付は開演の40分前、開場は30分前からです。
※17(火)18:00 ゲネプロを無料公開いたします。
※★終演後 アフタートークあり
【アフタートークゲスト】20日14時  広岡由里子さん 21日14時  佃典彦さん
【会場】THEATRE E9 KYOTO https://askyoto.or.jp/e9 京都市南区東九条南河原町9-1 tel 075-661-2515(10:00~18:00)  
【チケット】前売 3,000円 一般 3,500円 25歳未満及び60歳以上 2,500円(前売りのみ・受付にて身分証明書をご提示下さい)
17日ゲネプロ公開 無料(要予約) *前売は、ご覧になりたい日の前日・18時までにご予約下さい。
【ご予約】ネット予約(キノG-7) (劇場)
TEL予約 075-555-7562 ( キノG-7 )

 東京にて、キノG-7 公演No.4『モナ美』が上演されます。
 「モナ美=mon amie(フランス語)=わが愛する人。わたしの恋人。わたしの友だち。
 『モナ美』創作ノートより 本作品は、モナ美とトモ世の約50年にわたる、おかしく切ない友情物語だが、ふたりをとり巻く16人の登場人物たちを、5人の俳優で演じるところも、この作品の見どころ。彼らのいずれもが、10代から約60代以上までの同一人物ではない、複数の役を演じるのだ。このめくるめく(?)移り変わりも本作品の大いなる見どころであり...」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、075-661-2515(THEATRE E9 KYOTO)、またはこちらのメール(キノG-7)まで。


キノG-7ホームページ

(閑社さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団StageSSZakkadan「ディス・イズ・ショウタイム 『新釈 竹取物語 其の一 竹ヤブの物語編』」

作・演出:作:深山うぐいす 演出:仲風見
キャスト:劇団StageSSZakkadan


日時:2022年5月28日(土)15:00~
場所:神戸ポートオアシス2階多目的ホール ■JR・阪急・阪神『三ノ宮』駅より徒歩約15分 ■ポートライナー『貿易センター前駅』または『ポートターミナル駅』より徒歩約10分 ■神戸市営バス29系統左回り、または90系統『税関前』より徒歩約1分 ■神姫バス(三宮~ポートアイランド)『神戸ポートオアシス前』より徒歩約1分 ■Port Loop(ポートループ)『神戸ポートオアシス前』約1分
料金:■前売:大人2,500円、子供1,250円 ■当日:大人3,000円、子供1,500円 ■ライブ配信:2,500円

 神戸にて、劇団StageSSZakkadan「ディス・イズ・ショウタイム 『新釈 竹取物語 其の一 竹ヤブの物語編』」が上演されます。
 「ガサツで奔放なかぐや姫と、おじいさん、おばあさん、タヌキたちが繰り広げるハチャメチャ騒動! 歌あり、ダンスあり、演奏あり、タヌキあり! はたして竹ヤブのみんなの運命は?! 1991年から繰り返し上演してきた人気作品をお届けします!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(日方さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2022年4月20日

劇団俳優座「ムッシュ・シュミットって誰だ?」

作・演出:作:セバスティアン・ティエリ/演出:小笠原響/翻訳:中村まり子
キャスト:田中茂弘、斉藤深雪、関口晴雄、脇田康弘、丸本琢郎、関山杏里


日時:2022年6月10日(金)~2022年6月19日(日)
場所:俳優座スタジオ(旧・俳優座5階稽古場)
料金:一般:4500円/シニア(65歳以上):4000円/学生(当日学生証必須):3500円/ハンディキャップ:3300円(劇団のみ取り扱い。数に限りがございます。)
6月11日(土)アフタートーク 小笠原響、中村まり子 他
6月12日(日)アフタートーク 望月衣塑子(東京新聞社会部)/聞き手=未定
6月15日(水)アフタートーク※追加開催 前川喜平(現代教育行政研究会代表)/聞き手=未定
6月16日(木)バックステージイベント 出演者6名
6月17日(金)プレトーク 小笠原響
6月18日(土)アフタートーク『俳優座のこれから~創立80周年に向けて』 岩崎加根子(9月公演出演)、有馬理恵(劇団俳優座取締役)、森一(23年2月公演演出)、眞鍋卓嗣(11月公演演出)/聞き手=脇田康弘

 東京にて、劇団俳優座「ムッシュ・シュミットって誰だ?」が上演されます。
 「ある夜、一本の電話が。何故?うちに電話が無い筈。ムッシュ・シュミット?誰?私はジャン・クロード・ベリエ。眼科医だ。妻はニコル。...の筈。次々起こる不可解な出来事。一体どうなってる?私が狂ったのか、世界が狂ったのか?まるで突然急流に呑み込まれたかのように一変する日常。―あなたならどうする?
 モリエール賞ノミネート作家によるブラックコメディ、本邦初演。作者は日本初登場となるセバスティアン・ティエリ氏。本国フランスでモリエール賞に数回ノミネートされる劇作家。俳優座Laboが総力を結集して贈る渾身の一作。どうぞご期待ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年4月10日

新宿梁山泊 第72回公演『下谷万年町物語』

作:唐十郎 演出:金守珍
【出演】金守珍 六平直政 大鶴義丹 広島光 松田洋治 佐藤正行 宮原奨伍 藤田佳昭 キンタカオ 蜂谷眞未 清水美帆子 紅日毬子 二條正士 宮澤寿 中嶋海央 柴野航輝 田中周平 松嶋健太 本間美彩 河西茉祐 星野李奈 長山知史 北野秀気 佐々木穂高 田中廉 熊木理太【スタッフ・協力】
照明:ライズ 舞台美術:大塚聡+百八竜 振付:大川妙子 殺陣:佐藤正行 劇中歌作曲:大貫誉 音響:島本和人 衣装:Project Nyx
宣伝写真:西村多美子 宣伝デザイン:福田真一 票券:style office 制作:水嶋カンナ 製作・主催:一般社団法人新宿梁山泊
協力:唐十郎 / 四谷シモン/ ライズ / 大塚聡アトリエ / JSK / ケイダッシュ / ケイパーク /ホリプロ・ブッキング・エージェンシー / アクトレインクラブ / オフィスまとば / 武人会 / 大人の麦茶 / 柿喰う客 /アニモプロデュース / 虚飾集団廻天百眼 / SHIN ENTERTAINMENT /メイクアップディメンションズ /創造Street / 矢内有紗

【会場】 新宿・花園神社境内 特設紫テント
【日時】2022年6月12日(日)~25日(土) 16日(木)休演 毎夜19時開演
※受付開始は開演の1時間前 ※開場は、開演の30分前
【料金】一般 前売:5,000円 当日:5,500円 桟敷自由席 前売:3,500円 当日:4,000円 U25(桟敷自由限定席) 前売・当日:2,500円 高校生以下 前売・当日:2,000円
※U25、高校生以下のお客様は当日、身分証をご提示下さい。
※未就学児童のお客様はご入場をお断りしております。
チケット発売開始:2022年4月27日(木)12:00
新宿梁山泊公式、各プレイガイドより 詳細はこちらをご覧ください

 東京にて、新宿梁山泊 第72回公演『下谷万年町物語』が上演されます。
 「本作は、1981年に、作・唐十郎、演出・蜷川幸雄、主演・李麗仙、渡辺謙で西武劇場(現PARCO劇場)で初演された作品です。ひょうたん池と八軒長屋をセットに上演されたこの大作に金守珍 率いる新宿梁山泊が挑みます!! さらに、本作品に新宿梁山泊の旗揚げメンバーで怪優の六平直政が30年ぶりにテントに戻って参ります。また唐十郎を父に李麗仙を母に持つ大鶴義丹も3年ぶりにテントに返ってきます。多様なジャンルから集結した世代を越えた魑魅魍魎ともいえるキャスト陣と、近年シアターコクーンや韓国新作ミュージカルの演出で猛進する金守珍が、新たなテント公演の醍醐味をお届けいたします。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、チケットに関するお問合わせ:こちらのメール、公演に関するお問合せ:こちらのメールまで。


新宿梁山泊ホームページ

(染谷さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団麦の会『うらぼんえ』

神奈川県文化プログラム マグカルシアター参加
脚本・演出 江島裕一郎


【日時】令和4年(2022年)
5月21日(土)14時開演(開場13:30)
5月21日(土)18時開演(開場17:30)
5月22日(日)14時開演(開場13:30)
【料金】 一般 2,500円  65歳以上 2,000円 大学生 1,000円 高校生以下、無料!
【会場】スタジオHIKARI(神奈川県立青少年センター2F) (JR桜木町駅から、紅葉坂を登って徒歩10分)
※ 今回、高校生以下は無料です!(無料ですが、お席に限りがございますので、ご予約をお願いします)
※ 各回、定員を超えますとご入場できません。お早目のご予約をおすすめします。(定員は、通常より少ない人数を設定しております)
※ 全3回公演。各回、開場は開演の30分前です。お早めにお越しください。
※ マスク着用でご観劇くださるよう、お願い申し上げます。
※ 発熱等の体調不良をお感じになりましたら、ご来場をお控えください。(メール又は電話でご連絡をお願いいたします。キャンセル料等は発生しません)
インターネット ご予約入力フォーム
※インターネット予約が完了するとシステムより確認メールが届きます。
▼メールでご予約 劇団麦の会制作宛
※ご来場日時(ご観劇回)、お名前、人数、お電話番号をお知らせください。制作より確認の返信をお出しします。3日以上たっても返信がない場合はメールアドレスの間違いが考えられますので、お手数ですが再度のご予約をお願いいたします。

 横浜にて、劇団麦の会『うらぼんえ』が上演されます。
 「おじいちゃんの初盆で実家に帰省した娘達。実家で娘たちを待っていたのは父と母と死んだはずのおじいちゃん!え?どゆこと!?おじいちゃんの初盆で起きた小さな奇跡!謎が謎を呼ぶ本格ホラーサスペンスコメディ劇場が幕を開ける。
 まだまだ収束を見せないコロナ禍の中ですが 毎年2回の公演を実施することが出来ております。これも皆様の支えがあってできたことだと、劇団員一同心より感謝しております。さて、今年は劇団麦の会創立75周年!ということで、初夏の公演は次の世代を担う若手を中心に作り上げた劇団麦の会、オリジナル作品 皆様に安心してご観劇いただけるよう感染対策を万全に行ってまいります。劇団員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団麦の会ホームページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年4月 3日

シヅマ 第一回公演『最後の炎』

【出演】宮山知衣 鶴牧万里 (シヅマ) 倉品淳子 (劇団 山の手事情社) 佐藤晃子 (演劇ユニット G. com) 百花亜希 友野翔太 山川恭平 (Peachboys) 佐藤拓之 (シヅマ)
【スタッフ】
作:デーア・ローアー
翻訳:新野守広 (論創社刊 『無実/最後の炎』より)
演出:辻井彰太(シヅマ)
舞台監督:杣谷昌洋
照明:南香織 (LICHT-ER)
音響:宮崎淳子
舞台美術:杣谷まゆこ
衣装:YUMIKA MORI
演出助手:高田隼也
小道具:油絵博士
写真:いしはらだいすけ
宣伝美術 : quiet design productions
当日運営:石原優子
広報:短いシカ
制作:河原舞
製作:シヅマ制作部
協力:トム・プロジェクト/プリッシマ/テアトル・エコー放送映画部/On7/劇団 山の手事情社/演劇ユニット G. com/Peachboys/フォーチュンシアター/株式会社ルーシー/有限会社ウレタンを工夫工房/株式会社酒井著作権事務所/Corich舞台芸術!/論創社/増田義基


【公演日程】2022年5月27日(金)~29日(日)
5月27日(金)18:00
5月28日(土)13:00/18:00
5月29日(日)12:00 /17:00
※3日間/全5ステージ予定
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前
【公演会場】space EDGE・渋谷 東京都渋谷区渋谷3-26-17 野村ビル1F TEL:03-3409-8723
【チケット料金】前売 4,500円 当日 4,800円 U-25 3,000円(前売・当日共に) 応援チケット3,000円(特典URL付き)
※応援チケットについて...昨今の状況から劇場には行けないがシヅマの活動を応援したい、 そう思って下さるお客様を対象とした [観劇チケットとは別に発行するもの ] です。 特典として『シヅマメンバーによる朗読作品(URL)』をプレゼントさせて頂きます。 ※応援チケットで観劇は出来ません。
【チケット予約開始】2022年4月3日(日)
【チケット予約】
Corich 舞台芸術!チケット予約フォーム
シヅマ公式サイト
・シヅマ制作部 E-mail : こちらのメール TEL:050-3693-2929
※メール、お電話でご予約の際はご希望日時・枚数・お名前・ご連絡先を忘れずにお願いいたします。 折り返しシヅマ制作部よりご連絡を差し上げます。

【シヅマとは】演劇の健全化、文化的側面の促進を目的に佐藤拓之、辻井彰太、鶴牧万里の三人で創立した演劇チーム。古今東西の戯曲をベースにしつつも、役者の『状態』に力点を置いた作品創作を展開。 2019 年 11 月から活動を開始する。シヅマの由来となった 2 つの言葉『静寂 =Shijima』と『稲妻 =Inazuma』が表すとおり、静寂の持つ重いエネルギーと稲妻のような爆発的な感情を巧みにコントロールすることこそが、役者の持つダイナミズムであり、戯曲に書かれた台詞、そして言語を超えるのはその『状態』 に他ならない。舞台での上演を始め、各国の演劇の歴史を紐解く座学を開講、360 度集音マイクを使い音の VR作品を創作するなど、形式にとらわれず、演劇の可能性を拡充する活動は多岐にわたる。シヅマは2019年11月に佐藤拓之、辻井彰太、鶴牧万里の三人で創立した演劇チームです。これまでに試演会、演劇の歴史を紐解く座学の開講、音の VR作品を創作するなど、形式にとらわれず、演劇の可能性を模索する活動を行ってきました。今回、満を持して、spaceEDGEにてドイツの劇作家デーア・ローアー作『最後の炎』を上演いたします。ぜひ、ご覧ください。


 東京にて、シヅマ 第一回公演『最後の炎』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、TEL:050-3693-2929まで。


シヅマホームページ
twitter:@shizuma_tokyo


(河原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年4月 1日

時々自動新作公演『時々展覧会』

【構成・演出】朝比奈尚行
【音楽】朝比奈尚行 鈴木光介
【美術助手】宇佐美とよみ
【チラシイラスト】ヨシカワミノリ
【出演】朝比奈尚行 宇佐美とよみ 岡本唯 柴田暦 鈴木光介 高橋牧 チカナガチサト 日高和子 三井耶乃
【企画・制作・主催】(有)ティコ・ディコ
*本公演は新型コロナウイルス感染予防対策を講じ実施いたします。

4月28日~5月1日@元映画館
特設サイト→時々自動 | 時々展覧会

◆期日
4/28(木) 15時~/19時~
4/29(金) 14時~/18時~
4/30(土) 14時~/18時~
5/1(日) 14時~/18時~
*開場は開演の30分前 *各回定員40名
◆会場 元映画館 東京都荒川区東日暮里3-31-18-2F 『日暮里』駅徒歩15分/『三河島』駅徒歩5分
◆チケット料金(税込) 予約:2,700円 当日:2,900円 *日時指定・全席自由
◆チケット取扱 時々展覧会 予約フォーム (quartet-online.net)


 東京にて、時々自動新作公演『時々展覧会』が上演されます。
 「『時々展覧会』は演劇公演ではなく"TokiDoki-Exhibition"、文字通りの作品展示会です。会場にはさまざまなものが展示されています。時々自動のメンバーが製作したオリジナルの絵画、写真、動画、オブジェなど。また時々自動とは全く関係のないレディメイドの物たちも展示物として置かれています。衣装を着てお化粧をした人物たちも展示(人)物です。どうぞ話しかけてみてください。会場はかなり雑然とした印象になると思います。でも時間が経つともっとごちゃごちゃになってくるでしょう。そのかわりひょっとしたら頭の中は少しずつスッキリしてくるかもしれません。そうなって欲しいと願っています。そのためにいまわたしたちはあれやこれやいろんなことを試しています。ぜひいらして下さい。時々自動一同」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、特設サイトまで。


(日高さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年3月23日

児童劇団FLAP TRIP(フラップトリップ)オリジナルミュージカル『輪廻~rinne~』

作・演出:伽羅
キャスト:児童劇団FLAP TRIP


日時:2022年3月27日(日)13:30開演13:00開場
場所:イコーラムホール 近鉄 若江岩田駅前
チケット料金:無料(可能な限り事前申し込みをお願いします)
観覧申込

 大阪にて、児童劇団FLAP TRIP(フラップトリップ)オリジナルミュージカル『輪廻~rinne~』が上演されます。
 めぐりあいは時を越えて 縛られた魂に救済はあるのか 自由であることは幸せだろうか 運命の糸車は廻り続ける
 作・演出:伽羅氏からのコメント:児童劇団フラップトリップ、2年ぶりのミュージカル公演です。世界的なパンデミックにより人々の生活が大きく様変わりし、その変化を受け入れざるをえなかった現状に、アナログでしかも他者との濃密な関わりの中でしか創れない舞台作品はその意義を問い直すこととなりました。今回も、子供たちにプロット作りをしてもらい、メロディーを重ねてもらうところからのスタート。音楽監督の歌島氏に誘われて、子供たちの内なる音楽が溢れ出す様子は、やはり圧巻でした。子供たちが選んだプロットはなんと心中転生モノ!?大人たちは他のプロットにして欲しいと思いましたが、子供たちの選ぶのはいつも、大人がやめて欲しいと思うようなモノになるのです。江戸時代に心中をしたお美代と佐吉は、現代に転生しその身の業といったものに振り回されていく。そこに運命を司る三女神と死を意味するモルトと呼ばれる御使いが救いをもたらそうと介入するといったファンタジー色の強い作品となりました。世界には貧困、格差、病気、差別、虚偽に暴力と、見たく無いものに溢れていて、目をつぶり無いものとしてしまいたい気持ちにもなるでしょう。しかし演劇という芸術ジャンルが、他者に寄り添い、他者の価値観を受容し、他者との相互理解を促進するものである以上、世界の有り様を歪めて、多くを無かったモノには出来ません。子供たちの思いが詰まった作品です。じっくりと味わって御覧下さいませ。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

児童劇団FLAP TRIP(フラップ トリップ)Facebook

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2022年3月18日

ミュージカルAngel Landmark『ものがたりの始まり ~出逢いの森~ 』

2022年3月27日(日)再演いたします!


公演日:2022年3月27日(日)
生配信17:00スタート ※公演時間約90分
配信チケット2500円
2022年3月12日(土)10:00から一般配信チケット販売スタート
公演専用ページにて発売

【お知らせ】
この度は、コロナ感染の拡大により感染対策として、客席数の制限をいたしますので、劇場チケットは関係者席のみの販売とさせていただきます。楽しみにしていただいております皆様には大変申し訳ございません。17:00より生配信をいたしますので、是非、生配信でミュージカル『ものがたりの始まり』をお楽しみいただければ幸いです。尚、生配信チケットは3月12日より販売をいたします。


 オンラインにて、ミュージカルAngel Landmark『ものがたりの始まり ~出逢いの森~ 』が上演されます。
 「この物語は、正義感が強く、勝気だが臆病な少女、ジェリーがある日、古い本を拾った事から始まる。人々は世界中のどこかで起こる戦争や災害、いろいろな悲しみや苦しみに耐えながら、心の安らぎと平和を求めAngel Landを創造した。そして、ジェリーは救世主としてAngel Landを守るために悪魔に立ち向かうファンタジーアドベンチャーです。
 本のタイトルはAngel Landmark~ものがたりの始まり~ 本を開いたジェリーは本の中のものがたりの森で天使ルークと出会う。二人はAngel Landを救うためにAngel Landmarkを探しながら、森で出会った妖精達といろいろな困難を乗り越えてAngel Landにたどり着く。そこで、ルーク、女王ラベンダーと共に、魔女フィアルと戦いAngel Landを守ったが、魔女からジェリーをかばったルークを失ってしまう。悲しみの中でジェリーは、ルークにまたいつか会えるというラベンダーのことばを信じ眠りながら現実の世界に戻ったが、記憶は全て消えていた。そして人間として再生したルークと再会するが、もちろんルークにも記憶は無い。しかし、この再会には魔女フィアルが仕掛けたある計画が隠されていた。
 今回は、新たなメンバーに加え新キャラも登場!楽曲も増えました!コロナ禍で感染対策をしながらの稽古ですが、全力で頑張っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年3月15日

令和座 第2.5回公演『UNDER GROUND PARTY』東京公演

東京公演チケット発売開始!!


3.26(土) 13:00~ / 18:00~
3.27(日) 13:00~ / 18:00~
池袋 スタジオ空洞 東京都豊島区池袋3-60-5 B1F チケット 前売・当日共 3500円
(全席自由・日時指定) 上演時間 約90分
※開場は開演時間の30分前です。 ※未就学児の入場はご遠慮下さい。
購入方法
(1)令和座 e-mail こちらのメール
※件名に『U G Pチケット予約』と記入して、『日時』『枚数』『お名前』『連絡先』をお知らせ下さい。
(2)チケットぴあ(発行手数料がかかります)
東京公演 Pコード:510931 興行コード:2203541 販売用URL
(3)予約フォームよりお申し込み (1回で1枚のみご予約可能)
(4)劇場にて当日券の発行 ○神奈川公演は3月28日に発売開始 令和座公式HP


 東京にて、令和座 第2.5回公演『UNDER GROUND PARTY』東京公演が上演されます。興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


令和座公式ホームページ


(じぶんっぽいのさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年3月 7日

戯曲本舗プロデュース 短編集 スリーストーリーズ『夜ふかしする人々』


◆日程 2022年4月15日(金)-18日(月) 全9ステージ
4月 15日(金)15:00 19:00
16日(土)12:00 15:30 19:00★
17日(日)14:00 18:00★
18日(月)14:00★ 18:00

※受付開始・開場は開演時間の30分前になります。
※★の回は終演後にアフタートークを予定しています。

アフタートーク出演者
4/16 19:00 ゲスト 楢原拓 氏 + 作・演出3名(サカイリユリカ・美崎理恵・四方田直樹)
4/17 18:00 作・演出3名(サカイリユリカ・美崎理恵・四方田直樹)
4/18 14:00 ゲスト 丸尾聡 氏 + 作・演出3名(サカイリユリカ・美崎理恵・四方田直樹)

◆会場 メルシアーク神楽坂 〒162-0805 東京都新宿区矢来町 112番地 第二松下ビルB1F ※東京メトロ東西線"神楽坂駅"「神楽坂方面改札(1a出口)』より、徒歩1分
◆料金 前売・当日 3,800円(1ドリンク代300円を含む ) 台本付きチケット 4,800円(1ドリンク代300円を含む )
※1ドリンクは蓋つきのペットボトルにてソフトドリンクのみ提供します。
※受付の際に、1Drink引き換えチケットをお渡しいたします。
※台本付きチケットの台本は当日受付にてお渡しいたします。
◆ご予約 カンフェティ
カルテットオンライン

◆映像配信 ※4月15日に公演本番を収録、編集した映像を4月19日19:00より配信(5/3までアーカイブ視聴可能です) ツイキャス

◆新型コロナウイルス対策について
チケットご購入の際は、感染症予防対策のため以下のことをご確認の上、ご購入ください。
●ご来場時には必ずマスク着用でお願いいたします。※お持ちでないお客様には受付にてお配りいたします。
●最前列のお客様にはフェイスシールド着用をお願いしております。
●劇場入口にて体温測定を行わせていただきます。37.5度以上の場合はご入場をお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
●咳エチケット、手洗い、ご入場時、退館時の手指・足裏消毒のご協力をお願いいたします。※薬品による肌荒れ、アレルギーをお持ちの方は、スタッフまでお声がけください。
●受付の列に並ばれる際は、適切な間隔を保つようご協力をお願いいたします。また、密を避けるため時間に余裕を持ったご来場をお願いいたします。
●場内での会話、接触は極力お控えください。
●一度お座りになったお席の変更はお控え下さい。
●場内での飲酒、飲食はご遠慮ください(蓋つきペットボトル飲料のみ可)
●終演後の面会、出待ちは行えません。贈り物は受付スタッフへお預け下さい。
●当日、会場に足を運ばれる前にご自身で体調に異変を感じられた方は無理をせずキャンセルのご連絡をお願いいたします。また、過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診した方、咳、呼吸困難、全身倦怠感、下痢、嘔吐等による体調不良の方、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方につきましても、ご来場をお控えいただけますよう、お願いいたします。


 東京にて、戯曲本舗プロデュース 短編集 スリーストーリーズ『夜ふかしする人々』が上演されます。
劇作家の団体・戯曲本舗が中心となり、劇団水中散歩と劇団二畳、3つのカンパニーによる短編演劇オムニバス公演。『夜ふかしする人々』を共通モチーフに3者3様の視点で新作を書き下ろしました!劇場になかなか足を運べない方のために、公演を収録した映像を見やすく編集してアーカイブを配信も行います。多くの方のご鑑賞をお待ちしております。 【各作品概要】
 戯曲本舗作品『アンフォルム』 作・演出 サカイリユリカ(戯曲本舗) 出演:森宮ゆず(戯曲本舗/レイ・グローエンタテインメント)髙橋真理 水田菜津美
「何もない、吹きっさらしの荒野に、夜の帳が落ちていく。そんな中、何かを待ち続ける3人の人々がいた。ただどうも様子がおかしい。彼らの真ん中にはまるで死体が入っているかのような寝袋が1つ、転がっていて――・・。
 水中散歩作品『浮遊している、俺ら』 作・演出 美崎理恵(水中散歩) 出演:小泉匠久(水中散歩)神門駿兵 尾山道郎
 「夜の公園で団地を見つめる3人の男。探偵。団地の管理人。旅に出る男。彼らの視線は3階のある部屋に注がれている。『あの部屋の住人はね......』思い描いた人生はどこへやら。それでも楽しけりゃいいじゃないか---- 中途半端な人生を送る3人はいったい何を見て、何を思い、どんな明日を迎えるのか。
 劇団二畳作品『機種変更』プロデュース 信昌男(劇団二畳) 作・演出 四方田直樹(Sky Theater PROJECT) 出演:たきざわちえ象(Sky Theater PROJECT) 丸山小百合(Sky Theater PROJECT) 大田康太郎(B.LET'S)
 「葬儀場。通夜が終わり通夜ぶるまいの喧騒も全て片付き、親族のみが残る深夜。いわゆる寝ずの晩の夜。祭壇、遺影、棺。それらを見るともなく見ている故人の娘。いまだ喪服姿。過去のいざこざが元で距離をおいて生きてきた親子が関係を見直そうとする夜の、会話劇。『こんな夜だからかなぁそんな気になったのは』『違うよ。ただの機種変更だよ』」
 「劇作家の団体・戯曲本舗が中心となり、劇団水中散歩と劇団二畳、3つのカンパニーによる短編演劇オムニバス公演。「夜ふかしする人々」を共通モチーフに3者3様の視点で新作を書き下ろしました!劇場になかなか足を運べない方のために、公演を収録した映像を見やすく編集してアーカイブを配信も行います。多くの方のご鑑賞をお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

★公演詳細は公式HPよりご確認ください★


(岩崎さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年2月28日

劇団うりんこ付属演劇研究所 第42期生卒業公演『パンドラの鐘』

出演 井上由貴 加辻葵 金原由季 長﨑晴歩 本多未来 南村浩志 三輪風吹 岡崎愛里(劇団うりんこ) 髙島絵里(劇団うりんこ)
スタッフ
作:野田秀樹
演出:新美英生
演出助手:本多未来・三輪風吹
舞台監督:井上由貴
照明:鷲見裕美
音響:宮田彩
美術:佐々木政司
小道具:金原由季・南村浩志
衣裳:さくま晶子・長﨑晴歩・加辻葵
制作:山内周祐・長谷川南・井上由貴・加辻葵
チラシデザイン:南村浩志・髙島絵里

主催:劇団うりんこ
後援:名古屋市教育委員会


 


日時
3月12日(土) 14:00 / 19:00
3月13日(日) 11:00 / 15:00 開場は30分前
料金 前売 1800円 当日 2000円 小学生以上有料、未就学児入場不可
会場 うりんこ劇場 052-772-1882
お問い合わせ 劇団うりんこ 052-772-1882
お申し込み サポーターズ会員の方
●TEL・FAX・メールでお申し込み
●TEL 052-772-1882 ●FAX 052-771-7868 ●Mail こちらのメール
一般の方 ●ローソン店頭・ミニストップ店頭Loppiでの直接購入
ローソンチケットweb予約 [Lコード:41783] ※定員になり次第受付終了します。


※観劇人数には定員があります。定員になり次第、締め切らせていただきます。
※今後状況によっては延期・中止する可能性がございます。予めご了承くださいませ。
 


 名古屋にて、劇団うりんこ付属演劇研究所 第42期生卒業公演『パンドラの鐘』が上演されます。
 「物語の舞台は、太平洋戦争開戦前夜の長﨑。歴史の謎に惹かれ、考古学者たちが掘り出したのは、土深く埋もれた巨大な古代の鐘。その鐘の姿から、歴史から遠く忘れ去られた古代王国と、鐘と一緒に葬られた古代の秘密が泛び上がる。決して覗いてはならなかった「パンドラの鐘」に記された王国滅亡の謎とは?そして、古代の光の中に浮かび上がった〈未来〉の行方とは...?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、 劇団うりんこ 052-772-1882 まで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東海]

2022年2月25日

劇団はみだしぼっち 二人芝居『ながそで。』

作・演出:渡部佑美
キャスト:もりしまりお 千葉ほのか
スタッフ:【宣伝美術】モリグチロカ  【照明プラン】暮重さとみ 【振付】遠藤佐助 【制作】(芸)個人焦点


日時:2022年3月25日~27日
場所: 高円寺K'sスタジオ【本館】
料金:前売り・当日:3000円 学生:1500円 映像配信:2500円


 東京にて、劇団はみだしぼっち 二人芝居『ながそで。』が上演されます。
 「JK1の森嶋は、冬場に長袖の体操服を無くしてしまう。『このままでは何故かクラスに一人はいる冬でも半袖の奴になってしまう!』と焦る森嶋。そこに現れた謎の少女。果たして森嶋は更衣室から脱出できるのか!?
 2021年7月に、コロナのため上演延期となってしまった作品のリベンジ公演です。前回は一人芝居でしたが、今回は二人芝居。ダンスシーンも加わりパワーアップした『ながそで。』を是非みにきてください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団はみだしぼっちホームページ

(渡部さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年2月21日

劇団青年座 第247回公演『横濱短篇ホテル』

作=マキノノゾミ 演出=宮田慶子
美術=土岐研一
照明=中川隆一
音響=高橋巖
衣裳=半田悦子
ヘアメイク=鎌田直樹
舞台監督=西村珠生
製作=森正敏
キャスト 加門良、横堀悦夫、津田真澄、野々村のん、石母田史朗、小豆畑雅一、三枝玲奈、前田聖太、松川真也、中野亮輔、伊東潤、田邉稚菜、角田萌果、愛川眞生

《日程》紀伊國屋ホール 2022年3月9日(水)~13日(日)
9日(水) 18:30
10日(木) 14:00
11日(金) 18:30
12日(土) 14:00/18:30
13日(日) 14:00
*受付開始は開演45分前、開場は開演30分前。 *3/9=初日割引
《料金》一般前売=5,000円 一般当日=5,500円 初日割引(9日)=4,300円 初日割引(9日)当日=4,500円 U25(25歳以下)=3,500円 青年座のみ取扱 U18(18歳以下)=2,000円 青年座のみ取扱 グループ割引(同一日4枚)=17,000円 青年座のみ取扱 名刺交換割引=4,500円 青年座のみ取扱
*U25とU18は当日受付精算のみ。年令確認の為、受付にて身分証をご提示下さい。
※名刺交換割引について 劇場の専用受付にて劇団員と名刺交換をしていただくと、一般前売5,000円が4,500円になります。さらに今後、青年座公演のご案内をさせていただきます。
《青年座窓口》※事前に会員登録が必要となります。
TEL:0120-291-481 (11~18時 土日祝日除く)


 東京にて、劇団青年座 第247回公演『横濱短篇ホテル』が上演されます。
 「舞台は横浜の老舗ホテル 奥山ハルコと柳井フミヨ、二人は同じ高校の演劇部員 憧れの映画監督に会いたいという思いから二人の物語は始まる 偶然の出会いと避けられない別れ 二人の道は時に離れ、時に近づき、交差しながら人生の時を刻んでいく 1970年から5年ごとに時代を切り取った7つの短篇が ネックレスのようにつながって物語を紡ぐ」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団青年座ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2022年2月14日

舞台『ヲタクに恋は難しい』

『ヲタ恋』ついに舞台化!
主演 土井一海 堀内まり菜
舞台『ヲタクに恋は難しい』
5月11日~15日 新宿・シアターサンモール

原作:ヲタクに恋は難しい (ふじた著・一迅社刊)
演出:佐野瑞樹 脚本:畑雅文
制作:コントラ、Alice
キャスト
二藤宏嵩:土井一海
桃瀬成海:堀内まり菜
樺倉太郎:小笠原健
小柳花子:椿梨央
二藤尚哉:優樹
桜城光 :小田川颯依


公演期間:2022年5月11日(水)~5月15日(日)
会場:シアターサンモール 東京都新宿区新宿1-19-10


 東京にて、舞台『ヲタクに恋は難しい』が上演されます。
 「大人気漫画『ヲタクに恋は難しい』が、土井一海と堀内まり菜を主演に舞台化。2022年5月11日~15日に新宿・シアターサンモールにて公演。隠れ腐女子のOL 成美と、重度のゲームヲタク 宏嵩のピュアなヲタク男女のラブコメディが読者の心を鷲掴みし、〈ブックマーク歴代1位〉 、 〈次にくるマンガ大賞『本にして欲しいWebマンガ』部門/ Webマンガ部門1位〉 、〈このマンガがすごい! オンナ編第1位〉などを獲得。`18年春にはTVアニメ化、 `20年に実写劇映画化も大ヒット!原作コミックが`21年秋に11巻で完結し、累計発行部数1,200万部(`21年10月時点)を突破している。個性的なキャラクターを演じるのは、重度のゲームヲタクの二藤宏嵩役に土井一海、隠れ腐女子のOLの桃瀬成海を堀内まり菜、ふたりの上司 樺倉太郎役に小笠原健が、同僚OL小柳花子に椿梨央、宏嵩の弟の尚哉役で優樹、尚哉の学友 桜城光役を小田川颯依という顔ぶれ。上記のキャストにオーディションによる出演者の発表やチケット、タイムスケジュールなど詳細は後日順次発表。舞台『ヲタクに恋は難しい』にご期待ください!」

公式WEB: wotakoistage.com
公式Twitter: @wotakoistage
ハッシュタグ:#舞台ヲタ恋


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]