公演案内ページ | 演劇交差点トップページへ

2019年4月23日

spaceu『ヤナギダアキラ最期の日』

作 畑澤聖悟
演出 大島宇三郎
出演 大島宇三郎 まどか 金田あつ実 渡辺真弓 百元夏繪 平山享
植松洋 宮川智之
山口嘉三

日時 2019年5月24日(金)~28日(火)
5/24(金) 19:00
5/25(土) 13:00 17:00
5/26(日) 13:00 17:00
5/27(月) 15:00 19:00
5/28(火) 14:00
チケット 前売 3500円 当日 3800円 小学生 1500円
※日時指定 全席自由席
※受付・開場は開演30分前から 門庭には45分前から入場可能です。
チケット申し込み
会場 古民家ギャラリー ゆうど 住所:〒161-0033 東京都新宿区下落合3-20-21
JR山手線目白駅下車(改札は1つ)。まず、改札を出てすぐ前の信号を渡り、目白通り沿いを左の方へ5分ほど歩きます。3つ目の下落合三丁目という信号の角を右へ曲がり、そのすぐ裏の細い路地を入り、右側3件目です。JR目白駅下車徒歩約5分です。
ゆうどには駐車場がございませんので、お車でのお越しはご遠慮ください。
靴を脱いでの入場となります。予めご了承下さい。
未就学児童のご入場はご遠慮いたします。
皆様のご来場心よりお待ちしております。

 東京にて、spaceu『ヤナギダアキラ最期の日』が上演されます。
 「死があるから人は生きていけるのか?! 永遠の命をもってしまった喜びと悲しみとは?! spaceuが放つ!畑澤ワールド第3弾!! 人情喜劇『ヤナギダアキラ最期の日』」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(渡辺さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

立体映画館『東京物語』

原作 小津安二郎『東京物語』
脚色・演出 池崎浩士(立体映画館)
出演 玉垣光彦(劇団東京ヴォードヴィルショー) 亜カリ友洋(コヒツジズ) 池崎浩士(立体映画館) 
音楽 池崎浩士(立体映画館)

下北沢『楽園』
・5月29日(水)19時30分開演
・6月1日(土)19時30分開演(全2回公演) 開場は30分前
料金2800円/当日3300円
予約はこちら


 東京にて、立体映画館『東京物語』が上演されます。
 「1953年、小津安二郎監督。家族をテーマにしたこの名作を、生演奏の音楽、プロジェクターを使った演劇と共に、立体的に上演いたします。
 立体映画館と申します。古き良き映画を題材に演劇や音楽、さまざまな手段でもって立体的に上演しております。ふだんは、ライブハウス、路上、学校の花壇など、様々な場所で上演しておりますが、今回は2年ぶりに劇場での公演をおこないます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


池崎浩士ツイッター @ikezakisan
立体映画館ツイッター @rittaieigakan
立体映画館LINE@


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年4月22日

劇団麦の会 令和元年 第1弾!公演「スマイル銀行桜木町支店 ~本日防犯訓練実施中~」

高橋いさを『バンク・バン・レッスン』より
脚色・演出 山口雄大

令和元年
6月1日(土)14時開演/18時開演
6月2日(日)13時開演
※ 日曜日の開演時間は13時です。ご注意ください。
※ 全3回公演。各回、開場は開演の30分前です。
※ 各回、定員105名。定員を超えますとご入場できません。お早目のご予約をおすすめします。
※ 中学生以下は無料です!(無料ですが、お席に限りがございますのでご予約をお願いします)
【料金】(前売・当日共同じ) 一般:\2,500- シルバー(65歳以上):\2,000- 学生(大学生・高校生):\1,000- 障がい者割引(手帳ご提示の方)\1,500- 中学生以下:無料!
【会場】横浜にぎわい座地下小ホール『のげシャーレ』
・JR根岸線・横浜市営地下鉄線『桜木町』駅下車、徒歩3分 ・京浜急行線『日ノ出町』駅下車徒歩7分 ・横浜市営バス『野毛大通り』下車すぐ目の前
■インターネット ご予約入力フォーム
メールでご予約  劇団麦の会制作宛
※ご来場日時、お名前、人数をお知らせください メールのご予約へは制作より確認の返信をお出しします。3日以上経っても返信が無い場合は、メールアドレスの間違いが考えられますので、お手数ですが再度のご予約をお願い致します。


 横浜にて、劇団麦の会 令和元年 第1弾!公演「スマイル銀行桜木町支店 ~本日防犯訓練実施中~」が上演されます。
 「皆様、いつもありがとうございます。1947年創立の劇団麦の会、おかげさまで、昭和から平成を乗り越え、令和の新時代に創立72年目を迎えることが出来ました。新しい時代の幕開け!これからも劇団麦の会、横浜を拠点に、アマチュア市民劇団として走り続けます!
 さて、今回は『みなと銀行紅葉坂支店~本日防犯訓練実施中~』からちょうど10年。『筋書きが無いんですよ!わたしたちが求めるドラマには!』さらなるパワーアップを加え、よりリアルに!よりドラマチックに!暴走する銀行員たちによって訓練と現実が交錯していく・・・とても楽しい舞台です。どうぞご期待ください。横浜にぎわい座、地下小ホール『のげシャーレ』にて、皆様のご来場を心よりお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団麦の会公式サイト

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

踊る演劇集団 ムツキカっ!!『中女 ~あたりめ~』

作・演出:守富龍人
キャスト:神 睦高、長田 大史(以上ムツキカ) 木下 雅之、広田 淳一(アマヤドリ)、砂押 正輝(ファミリーアーツ)、ハマツタカシ 升望 (プロ・フィット/お茶の間ゴブリン)、花瑛ちほ(プリッシマ)、下舘あい、亜蘭、ナナ ERIKO、松本麻実
スタッフ:舞踏演出・振付:神 睦高 照明:鈴木 健司(LUPO) 音響:飯塚 ひとみ 宣伝デザイン:JUN 宣伝イラスト:Ryosuke 制作:黒田貴子(ムツキカ) 舞台監督・美術:古屋 治男


日時:2019年5月29日~6月2日
場所:高田馬場ラビネスト 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3-27-4 第一キャラット河俣B1
料金:一般(前売):3,500円 U-24(前売):2,800円 当日:3,800円

 東京にて、踊る演劇集団 ムツキカっ!!「中女 ~あたりめ~」が上演されます。
 「『これ、神様にはナイショな?』ふと目が覚めると、私達の前には『天使』を名乗るオッサンがいた...。人生をやり直せるとしたら、いつ、どの瞬間を選びますか? 誰しも1つは持っているであろう、戻れるものなら戻りたい瞬間。では、そのタイミングが選べないとしたら? 理不尽なやり直しの果てにあるものは、自分の人生なのか...それとも? ムツキカっ!!がお届けする、ダークでキッチュな物語。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(黒田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年4月21日

:Aqua mode planning: AMP THE CLASSIC:004『豚』×『鷹』×『鼠』

(2019フェスタ543参加公演)

■脚本・演出■ 松本隆志(:Aqua mode planning:)
『豚にも程がある』(2014年01月初演) 藤本悠希(劇団肋骨蜜柑同好会) 川村知香子(:Aqua mode planning:) 中島鉄平(:Aqua mode planning:) 池田みのる
『夜鷹の目に映る』(2016年09月初演) 長友美聡(:Aqua mode planning:/DULL-COLORED POP) 舞園ミチル(:Aqua mode planning:) 高橋温
『鼠に媚びを売る』(2015年01月初演『伏し目で判を押す』改題) 西恭一(THE SOUL BEAT AVE./:Aqua mode planning:)  糸巻こまき(のたんぷ) 伊藤ゆかり(:Aqua mode planning:)  白野熊子 松本隆志(:Aqua mode planning:)


2019/05/15(水)19:45
2019/05/16(木)19:45
2019/05/17(金)19:45
2019/05/18(土)13:00
2019/05/18(土)18:00
2019/05/19(日)13:00
2019/05/19(日)18:00
(受付開始・開場は各回30分前から)
@エリア543(西武新宿線上井草駅徒歩1分)
前売・当日:2500円
<チケット予約(総合窓口)>
<公演詳細>


 東京にて、:Aqua mode planning: AMP THE CLASSIC:004『豚』×『鷹』×『鼠』が上演されます。
 「短編3作品の一挙上演!(1ステージで全部観られる!) 過去演目を観逃した方にも、新たな息吹を込めた再演作を観たい方にも!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


:Aqua mode planning:ホームページ

(田辺さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年4月20日

L.PRODUCTS 第19回公演『新撰組余話 月の舟』

作・演出:桑野和子
キャスト:時田実幸、福来せんり、篁遥、海野香流、UME、月野原りん、湖条圭子、蒼野薫、風火、さえぐさみえ、HAL、直-NAO-、中沢里恵、奥沢仙耶、高倉早矢
スタッフ:照明:田原聖子、菊地庸子 音響:飯田彰子


日時:5月11日(土)13:00/17:30
場所:ひの煉瓦小ホール(JR中央線日野駅、京王線高幡不動駅よりバス『日野市役所前』下車
料金:前売り:2,000円 当日:2,000円

 東京にて、L.PRODUCTS 第19回公演『新撰組余話 月の舟』が上演されます。
 「西本願寺に屯所を移してから、一番隊組頭 沖田総司の顔色が優れない事を気にかけていた監察方の山崎烝。新入隊士の柴 政次(しばまさつぐ)の勧めで近頃評判の町医者を沖田と共に訪ねる。水無月由良(みなづきゆら)と名乗ったその医者は、沖田と山崎が夢で見た人物だった。苦くない薬を出すその医者を沖田はすっかり気に入り通い始めた頃、屯所では厨に落ちていた恋文の話でもちきりとなる。心中をほのめかすようなその恋文は、誰が誰に書いたものか分からず隊士達の興味をそそるが山崎だけは心当たりがあった。愉快な仲間達の楽しい屯所生活かと思いきや、沖田の命を狙う悪意なき敵の登場、人斬り・沖田総司の心の闇にまで迫るジェットコースター時代劇。
 今年も日野市で行われる『ひの新選組まつり』に併せて公演を行う事となりました。恒例になりましたが、大坂の『さくらさくらカンパニー』様とのジョイント公演となります。1枚のチケットで2公演ご覧になれますので是非東西の新撰組の舞台をお楽しみ下さい。また、翌日の『ひの新撰組まつり』において殺陣パフォーマンスを披露致しますのでこちらも宜しくお願い致します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「本公演に2名様5組をご招待致します。メールにてご応募下さい(~4/28)当選された方にはメールにてご連絡致します。」


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年4月17日

小池博史ブリッジプロジェクト公演 舞台『新・三人姉妹』

演出・脚本・振付・構成:小池博史
出演:手代木花野・福島梓・甲斐美奈寿
音楽:松本淳一
小道具:森聖一郎
衣装:田村香織
照明:上川真由美
音響:深澤秀一
舞台監督:中原和樹
演出助手:荒木亜矢子
主催/企画制作:株式会社サイ


日時:2019年5月16日(木) 20:00開演
5月17日(金) [1]14:00開演 [2]19:30開演 ※開場は各回30分前より
場所:三鷹市芸術文化センター 星のホール(東京都三鷹市上連雀6-12-14)
チケット:
前売 一般4000円/学生以下3300円
当日 一般4500円/学生以下3800円
未就学児ひざ上鑑賞無料、3歳以上入場可
チケットのご予約・お問い合わせはこちら!
カルテットオンライン
小池博史ブリッジプロジェクト公式ショップ
●お電話:03-3385-2066(株式会社 サイ)

小池博史 プロフィール
演出家・作家・振付家、『舞台芸術の学校』代表 茨城県日立市生まれ。一橋大学卒業。1982年パフォーミングアーツグループ『パパ・タラフマラ』設立。以降、全55作品の作・演出・振付を手掛ける。2012年5月解散。その後すぐに『小池博史ブリッジプロジェクト』を立ち上げ、創造性を核に教育・発信・創作を三本柱とした連携プロジェクトを展開中。アジア各地で13作品を創作。演劇・舞踊・美術・音楽等のジャンルを超えた作品群を40ヶ国で上演。97?04年つくば舞台芸術監督、アジア舞台芸術家フォーラム委員長、国際交流基金特定寄附金審議委員(05年~11年)等さまざまな審議員、審査員等を歴任。著書として『ロンググッドバイ~パパ・タラフマラとその時代』(2011年、青幻舎刊)、『からだのこえをきく』(2013年、新潮社刊)、『新・舞台芸術論?21世紀風姿花伝』(2017年、水声社刊)、『夜と言葉と世界の果てへの旅―小池博史作品集』(2018年、水声社刊)。毎月1回、メールマガジンを発行中。

 東京にて、小池博史ブリッジプロジェクト公演 舞台『新・三人姉妹』が上演されます。
 「『これがチェーホフ?これが三人姉妹!?』パパ・タラフマラの人気作『三人姉妹』を小池博史が新演出!解散前、国内外で200回以上もの公演を繰り返した『三人姉妹』をキャスト・演出を新たにし、『新・三人姉妹』として皆様へお届けします。夢と希望と現実の狭間で、もがきながらたくましく生きようとする三人の女たちの悲喜劇。チェーホフの古典戯曲が現代のエンターテイメント作品へと生まれ変わります。三人姉妹はこの現代で何を目指すのか?  タフでバカバカしくていとおしい、三人姉妹の激しい生き様はまばたきしていると見逃してしまう。次から次へと肉体から繰り出されるパフォーマンスはまさに刺激的。ナマで見ずにはいられない、これが小池博史によるスーパーシアター! 迫力のパフォーマンスをお見逃しなく。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、小池博史ブリッジプロジェクト:Tel.03-3385-2066/Fax.03-3319-3178 まで。

小池博史ブリッジプロジェクト公式HP
Facebook Twitter:@kikhproject Instagram:@kikhbridgeproject


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年4月16日

まごころ18番勝負×dp96s「推理展示 -synonym-」


【会場】新宿眼科画廊 スペースO 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11 (JR新宿駅東口より徒歩12分、地下鉄東新宿駅より徒歩6分、地下鉄新宿三丁目駅より徒歩7分)

【開催期間】2019年4月19日(金)~24日(水) 11:00~最終入場19:30 ※24日(水)のみ、最終入場13:00
【料金】捜査資料:1,300円
※本イベントにはチケットはございません。初回受付時に会場で捜査資料をご購入いただきます。捜査資料をお持ちの状態であれば、解答を提出するまで、期間中、何度でも入退場いただけます。


 東京にて、まごころ18番勝負×dp96s「推理展示 -synonym-」が上演されます。
 「演劇の枠を超えてサプライズを提供し続ける『まごころ18番勝負』と、再現展示ミステリのパイオニア『dp96s』が手を組み、展示型のミステリイベントを開催します。事件現場は、ギャラリー。捜査資料を読み解き、何度でも現場に臨場して、 目の前の事件を解決に導く。この事件の"真相"に行き着くのは、あなたです。
 本展示は、5月に開催されるまごころ18番勝負 第21回公演『汝、公正たれ Let us see YOUR own justice.』へと続く内容になっておりますが、単体の物語として十分にお楽しみいただけます。もちろん、『汝、公正たれ Let us see YOUR own justice.』の方にもご参加いただくと、そちらでの面白さが増すことは間違いないでしょう。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで


(鈴木さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

The Stone Ageヘンドリックス『悪い手』

作・演出:朝田大輝
キャスト:武田操美(劇団鉛乃文檎) 、田中志保(May)、 ハシグチメグミ(パイのミ)、ヤマサキエリカ


日時:4月27日(土)19:00 、4月28日(日)12:00/15:00★/18:00
場所:TORII HALL 大阪市中央区千日前1-7-11上方ビル4階
料金:前売り:2000円 当日:2300円 学生:1000円(高校生以上は要学生証)

 東京にて、The Stone Ageヘンドリックス『悪い手』が上演されます。
 「『なんでこうなったんやろ』引越しを機に、地域のボランティア団体『銀の鶴』に入会した純子。『銀の鶴』は、アメリカで心臓移植手術を待つ少女に送る千羽鶴の追い込み作業中。『きょうのノルマは1000やから』会長の号令の下、真心そっちのけで鶴を折る幸子、佳苗、純子。たわいもない会話をしながらも、順調に作業は進む。『あったらでええねんけど、3000円貸してくれへん?』この言葉を聞くまでは......。The Stone Ageヘンドリックス四人芝居は、悪手と分かっていても打つことをやめず、もがき続ける女たちの物語です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

The Stone Ageヘンドリックスホームページ

(閑社さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

こども劇場『タング ―まほうをかけられた舌―』+うたのステージ

作・演出:原作:安房直子 台本:朝比奈尚行 作曲:萩京子 演出:大石哲史
キャスト:オペラシアターこんにゃく座
スタッフ:主催:大阪市立こども文化センター


日時: 2019年6月9日(日)14:00~15:30
場所:大阪市立こども文化センター(JR環状線・阪神なんば線『西九条』駅より徒歩約5分 )
料金: こども(4歳~中学生)500円 、おとな1000円 ※事前に申込のうえ、申込後に届く『受付完了通知』を持参のうえ、当日会場で支払。 ※4歳未満申込不可。

 大阪にて、こども劇場『タング ―まほうをかけられた舌―』+うたのステージが上演されます。
 「第1部 【うたのステージ】(約25分)"詩"を歌にしたソングコンサート。水や空気、おひさまなどのうたを、雰囲気のあるメロディに載せて届けます。はっきり聞き取りやすいことば、身近なものを扱った歌詞は、ことばを伝えることを大切に、からだ全体を使って表現するこんにゃく座ならではの魅力。いつの間にか、オペラの世界へ連れて行ってくれますよ♪(このあと休憩10分間あり)
 第2部【タング ―まほうをかけられた舌―】(約55分)"ものがたり"を歌にしたおはなし。<あらすじ>名コックだった父を亡くし、評判のレストランを継ぐことになった少年は、実はとんでもない味音痴でした。客たちは、出された料理をひと口食べただけで出て行ってしまいます。もっとレストランを繁盛させていくとお父さんと約束したのに、おいしさが判らないことを悲しく思い、少年は途方に暮れていました。『泣くのはおやめ。わたしが力になってあげよう。』目の前に現れたのは、お父さんと古い友人だったと名のる味の妖精、"タング"。得意技は『舌(タング)』に魔法をかけること。タングは少年とある約束をする代わりに、口にしたものの成分がすべて判る舌へと変えてあげます。そして、にわかにはその魔法を信じられない少年を、父が秘密にしていたレストランの地下室へと連れて行くのでした...。美味しい料理が評判になり、再び繁盛していくレストランですが、はたして少年とタングが交わした約束とは?そして、タングの正体とは...?
 当館は、親子対象の舞台鑑賞イベントを年に24回、ホール(378名)にて開催しています。今回は、『耳になじむ音楽と、はっきり聞き取れることば(日本語)』でお届けするオペラの世界を、たっぷりと楽しめる公演です。うたのコンサートと音楽のついたお芝居の二本立てという観やすい構成で、演劇やミュージカルなどの舞台好きにはもちろん、舞台鑑賞は初めての方にもオススメの内容です!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。


大阪市立こども文化センターホームページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [近畿]

2019年4月11日

文学座「ガラスの動物園」

作・演出:作・テネシー・ウィリアムズ 訳・小田島恒志 演出・高橋正徳
キャスト:塩田朋子 亀田佳明 永宝千晶 池田倫太朗
スタッフ:美術:乘峯雅寛 照明:阪口美和 音響:原島庄治 衣裳 宮本宣子 振付:神崎由布子 舞台監督:寺田修 演出補:小原まどか 制作:白田聡 最首志麻子


日時:6月28日(金)18:30[夜割]   29日(土)13:00/18:00[アフタートーク]  30日(日)13:30[アフタートーク] 7月1日(月)13:30/18:30[夜割]   2日(火)13:30[アフタートーク]  3日(水)13:30   4日(木)13:30  5日(金)18:30  6日(土)13:30  7日(日)13:30
場所:東京芸術劇場シアターウエスト
料金:一般6,000円 夜割4,000円(6/28・7/1) 夫婦割10,000円*  ユースチケット(25歳以下)3,800円* 中・高校生2,500円* (*=取扱いは文学座のみ)

アフタートーク
6月29日=高橋正徳(演出) × 小田島恒志(翻訳)× 丹野郁弓(劇団民藝演出家)
6月30日=信田さよ子(臨床心理士)×高野しのぶ(現代演劇ウォッチャー/しのぶの演劇レビュー主宰)
7月2日=出演者×高橋正徳(演出)×清水明彦(1990年版・ジム役)によるフリートーク

 東京にて、文学座「ガラスの動物園」が上演されます。
 「父親が家を出て以来、母子家庭として暮らしてきたウィングフィールド家の物語。かつては上流社会にいたという記憶から逃れられない母アマンダ。不自由な足を気にして現実から引きこもり、ガラス細工の動物たちにだけ心を許す姉ローラ。現実と乖離した母と姉を捨て去れず、一家を支えるためこの町で働くトム。そんな出口の見えない生活がジムという青年の来訪により変化していく。それはこの家族にとって希望の光に見えた。しかしガラス細工の動物たちが永遠の存在でないことを証明する光でもあった。トムが追憶の調べを奏でるとき、二度とは戻れない過去へと導いてゆく。
 アメリカ演劇を代表する劇作家テネシー・ウィリアムズの出世作であり、1945年のブロードウェイの大ヒット・ロングラン以来、世界中の観客から愛されてきた作品です。またピューリッツァー賞を2度受賞し、名誉を得ながら、孤独の翳から逃れることのできなかった作家の自伝的作品です。文学座では、1969年の長岡輝子演出による初演以来たびたび上演されてきました。この度、29年ぶりの上演となり、1990年にローラを演じた塩田朋子が、母アマンダを演じます。この戯曲に書かれているのは、父親の不在、過干渉の母親アマンダ、引きこもりのローラといった今でいうところの"機能不全"に陥っている一家。一筋縄ではいかない"家族"というものを鋭く描きながら、それぞれ血が通った、感情の通った、それ故に苦悩する人物として描いているからこそ、いつの時代にも人々を惹きつけてやまないのではないでしょう。今回、家族問題の専門家である臨床心理士・信田さよ子さんのアフタートークを行います。人々の心に寄り添う舞台になればと思っております。高橋正徳の演出、小田島恒志の新訳により、塩田朋子、亀田佳明、永宝千晶、池田倫太朗という実力派の4人が繰り広げるテネシー・ウィリアムズの世界にご期待下さい。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

文学座ホームページ

(前田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年4月10日

久保と人間『やまいだれにやまいだれ』

●作・演出 アオキヒデキ
●CAST 松本紀保 村上航(猫のホテル) 山崎彬(悪い芝居) 石澤美和 國吉咲貴(くによし組) 岡野優介(クロムモリブデン) 久保貫太郎(久保と人間)


●サンモールスタジオ
●2019年5月14日(火)~19日(日)
●公演スケジュール 2019年5月
14日(火) ☆19:30
15日(水) ☆19:30
16日(木) 14:00/19:30
17日(金) 20:00
18日(土) 14:00/18:00
19日(日) 12:30/★16:30
☆早期観劇割引・・・お得な金額でご観劇頂けます(2ステージのみ)
★久保と人間大入りプレゼント!
*開演の45分前より受付開始、30分前より開場します。受付は開演の5分前までにお済ませ下さい。
*全席指定ですが、開演5分前を過ぎてご到着の方は、ご予約の席とは別の席へ変更させて頂く場合がございます。どうぞお早目にご入場・受付をお済ませ下さい。
*未就学児はご入場頂けません。
●チケット発売日 一般発売日 2019年3月30日(日)10:00 
●チケット料金【全席指定】
一般前売 4,200円 当日券 4,400円
☆早期観劇割引 一般前売 3,800円 当日券 4,000円
●チケット取扱い 久保と人間サイト チケットぴあ

 東京にて、久保と人間『やまいだれにやまいだれ』が上演されます。
 「僕の病と君の病を交換しないかい?あの人はいつもそんな風に私を誘ってくる。私には病なんて無いのに。そうか病は気からって云うから気持ちの持ちようによっては可能なのかも知れない。あれ?こんな事を考えてる私はどこかオカシイのかしら!やっぱり交換してもらおうかしら!私の病だけ相手に押しつけることはできないかしら!こぶとりじいさんの様に!

 久保と人間は、劇団クロムモリブデンの劇団員として10年間活動してきた役者 久保貫太郎が、劇団の無期限活動休止を機に、久保及び人間について考えるため結成した演劇団体です。外部での活動中に劇団が活動休止となってしまった為、もう1度 クロムモリブデンのアオキヒデキの作品を世に復活させるべく、第一回公演の作演出に迎えました。ミュージカルでも 歌舞伎でも コントでも 静かな演劇でもない、我々だけの劇空間を、是非 劇場で見届けて頂けましたら幸いです。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

久保と人間ホームページ


(安井さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年4月 5日

劇団伽羅倶梨スタジオ公演Vol.38『希望の扉をノックしろ。』

作・演出 徳田ナオミ
[Staff]
照明 根来綾子 / ステージフライト
舞台美術 オイワノビッチ
音響 倉片 公
特殊効果 岡田正夫((株)ギミック)
作曲・アレンジ Chako
舞台監督 西村文晴
フライヤーデザイン 真 マコト(ALPACA工房)
パンフレットデザイン Smith
宣材写真 小林誠一
制作協力 (同)尾崎商店
制作 劇団伽羅倶梨 制作部
[Cast] 岩本正治 徳田尚美 橋本千枝子 石田龍昇 町田千秋 黒岩良寛 白樫由紀子 (大阪放送劇団) 吉永真也 ((株)放映新社) 南由希恵 (ステージタイガー) 鈴木美弥子 ((株)舞夢プロ) 髙城 剣 (SSA)
[協 力] (有)ウォーターマインド (株)ワビック 大阪放送劇団 ステージタイガー (株)放映新社 (株)舞夢プロ (有)ライターズカンパニー KARAKURI応援隊!


2019年5月16日(木)~20日(月)
@KARAKURIスタジオ
[Timetable]
2019年5月16日(木) 19:30 \
5月17日(金) 14:00 / 19:30 ☆
5月18日(土) 14:00 / 19:00 ☆
5月19日(日) 11:00 /16:00 ☆
5月20日(月) 14:00 / 19:00 (受付開始・開場は開演の30分前)
\→初日限定!全券種500円OFF日!
☆→公演終了後、キャストやスタッフと一杯飲みながら交流できる、ワンコインパーティー &バックステージツアー付!参加費(飲み物付き)100円!
[Ticket]日時指定・全席自由 (桟敷席も有り) 大人 ¥3.000 大学生・専門学生 ¥2.500 中高生 ¥2.000 小学生 ¥1.500 ペア(前売のみ) ¥5.000(2名様1組より適用)
↑web予約する際、2名1組の場合は「枚数」を「2枚」で選択してください。
リピーター特典 \1000
↑ご観劇いただいたチケットの半券ご持参で\1000で観劇可能!(要予約制。1公演につき1回のみ適用)
※当日券は全券種¥500増。
※予約状況はHP、Twitter、Facebookにて随時更新! 『劇団伽羅倶梨』で検索!
[Place] KARAKURIスタジオ 〒556-0027 大阪市浪速区木津川2‐1‐16 TEL 06(6568)2646
[チケット予約] WEB MAIL:こちらのメール
CoRich!舞台芸術 TEL:06(6568)2646 FAX:06(6568)2647
[お問い合わせ先] 劇団伽羅倶梨 〒556-0027 大阪市浪速区木津川2-1-16 TEL 06(6568)2646 FAX 06(6568)2647 MAIL こちらのメール
[Twitter・Facebook] 「劇団伽羅倶梨」で検索!


チャレンジ企画!第6弾! Go for 40th anniversary dreams!来るべき2020年劇団創立40周年に向けて劇団伽羅倶梨は様々なチャレンジをしていきます。その第6弾として、
[1]【伽羅倶梨総選挙】過去の作品の中でもう一度観たいお芝居を投票頂き、40thの春公演に上演!!
[2]【きっと守ってくれるはず!?伽羅倶梨特製千社札】ご観劇下さったお客様全員に、希望の扉への千社札プレゼント!!【KARAKURI ICOKAカード】をお持ちの方は、是非是非ご持参くださいませ♡

 大阪にて、劇団伽羅倶梨スタジオ公演Vol.38『希望の扉をノックしろ。』が上演されます。
 「――あなたにとって『ヒーロー』とは!? 涙が溢れてめげそうな夜...奴は必ず現れる。その名もオレンジャー! 昭和、平成と時代をまたぎ、私達のために闘い続けた彼は、今どこに。お客様の夢と笑顔に向けて、イベント会社『ワンダーランド』へ集結した勇者達の未来や如何に!? あなたの心を優しく包む、伽羅倶梨のヒーロー魂! 時代が移り変わろうと、変わらない人の想いを追いかける、伽羅倶梨の新作! お見逃しなく!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(橋本さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年4月 4日

WAHAHA本舗PRESENTS WAHAHA本舗2020年公演プレイベント「ベスト オブ 全体公演 ~ショー・マスト・ゴー・オン ~」

[構成・演出]喰 始
[出演]柴田理恵、久本雅美、佐藤正宏、梅垣義明、すずまさ、なんきん
大久保ノブオ、タマ伸也、トニー淳、正源敬三、我善導、清水ひとみ、兵頭有紀、大窪みこえ 星川桂、矢原加奈子、雨宮あさひ、犬吠埼にゃん、鈴木千琴、仲村唯可 コースケ☆原澄人、村本准也、噛家坊、哀原友則、吉川元祥、三宅潤
[スタッフ]
洋舞振付:菅原鷹志
日舞振付:橘左梗 
殺陣:岡田勝
舞台監督:比嘉正哉
照明:クレイフィールド 
照明アドバイザー:山際伝樹
音響:ハイウェイスター
衣裳:花田裕子 
チラシデザイン:MIKE SMITH[LOVE SMITH]
[企画・制作] WAHAHA本舗

[公演日時]
2019年6月11日(火)~16日(日) 8st ※開場は開演の30分前
<久本雅美が『観たい』『見せたい』演目たち>
6月11日(火) 18:30~
6月12日(水) 13:00~ / 18:30~
6月13日(木) 13:00~ 
<柴田理恵が『観たい』『見せたい』演目たち>
6月14日(金) 18:30~
6月15日(土) 13:00~ / 18:00~
6月16日(日) 13:00~
[会場]シアターサンモール 東京都新宿区新宿1-19-10サンモールクレストB1 TEL:03-3352-5577
[料金]全席指定席 前売7,500円(税込)/ 当日8,000円(税込) ※未就学児童のご入場はお断りいたします
[チケット]2019年3月23日(土)より一般発売開始
WAHAHA本舗:03-3406-4472(平日11:00~19:00)/ Mail:こちらのメール
ローソンチケット(PC/携帯):0570-084-003(Lコード:34685)/ 0570-000-407(オペレーター対応)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:493-222)


 東京にて、WAHAHA本舗PRESENTS WAHAHA本舗2020年公演プレイベント「ベスト オブ 全体公演 ~ショー・マスト・ゴー・オン ~」が上演されます。
 「全32回、長きに渡って開催したワハハ本舗劇団員が総出演する舞台『全体公演』の演目の中から選りすぐりの名作・迷作の演目を、前半(6/11~13)と後半(6/14~16)の2パターンに分けてたっぷりとお届けします! 今まで公演をご覧になったことがある方だけでなく、観たことがない方もこの公演を観ればワハハ本舗の神髄が分かる『これがワハハだ!』という内容となっております。近年は1000名規模のホールで開催していましたが、今回は間近で観られることもあり、まさに『プレミア』な公演となりますので、是非ご来場ください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、WAHAHA本舗:03-3406-4472(平日11:00~19:00)/ こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年4月 2日

劇団Stage SS Zakkadan GW公演『色はにおえど散りぬるをー惨ー』

作:深山うぐいす 演出:仲 風見


【日時】5月3日(金・祝)、4日(土・祝)、5日(日・祝) 各14時開演(開場は開演の30分前)
【場所】神戸ポートオアシス2階ホール(JR・阪急・阪神・地下鉄 三宮駅より徒歩約15分)【料金】前売2,500円、当日3,000円、3日通し券(前売のみ)5,000円

 神戸にて、劇団Stage SS Zakkadan GW公演『色はにおえど散りぬるをー惨ー』が上演されます。
 「マイホームの為、大切な家族の為、自分と云うものを殺し、世界一優しい父親を演じて来た新太郎。父親とは、母親とは、家庭とは...。会話をしているようで、会話が一方通行である事が多い今の世の中。みんな自分の意見ばかりで、人の意見を聞かない。そんな世の中の、家庭と云う小さな社会を舞台に繰り広げられる、ありそうで、なさそうで、ありそうな物語。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、078-391-5543(劇団Stage SS Zakkadan)、またはこちらのメールまで。


チケットのご予約、公演情報はこちらのホームページからどうぞ!


(村上さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年3月30日

ATT ROCKET LIVE『春に会いま笑~春にI must Show~』


☆2019年4月18日(木)~21日(日)
☆劇場 バルスタジオ [板橋区高島平8-15-10パレット高島平B2]
☆チケット 前売り・当日共に¥2000
公演情報サイト
チケット予約フォーム


 東京にて、ATT ROCKET LIVE『春に会いま笑~春にI must Show~』が上演されます。
 「衝撃!の笑劇!? 破格(2000円!)のアクション盛り沢山コントLIVE開催!!(8年ぶり!) 人気アプリゲームの舞台『FGO』『イケメン戦国』や、ドラマ『レンタル救世主』『トレースー科捜研の男ー』等のアクション監督を務めた根本太樹が率いる、アクションエンターテイメントチームATTがお送りする全力茶番劇! 戦ったり踊ったり歌ったり跳んだりぶっ飛んでったり?!?!! プロレス技も繰り出します!(※ルチャが十八番なアクションチームです!良かったらHPでムービー観てください くだらなさが沢山詰まったATTLIVEに、是非笑いに来て下さい! 宜しくお願いいたします!!!!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


▼過去LIVEダイジェストムービー


(イチコさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年3月27日

G-フォレスタ「洋館ミステリ劇場リーディングシアター2019」


【会場】和館S邸(神戸市中央区北野)
【日時】4月13日(土)11時 / 14時30分 / 18時
4月14日(日)11時 / 14時30分
【チケット代金】 \1800 (自由席・要予約)
【ご予約方法】申込先: ticket@g-foresta.com
お名前、ご連絡先、ご希望日時と枚数、ご住所をご連絡ください。


 神戸にて、G-フォレスタ「洋館ミステリ劇場リーディングシアター2019」が上演されます。
 「2019年4月朗読劇 洋館ミステリ劇場リーディングシアター2019  神戸・北野、観光地のど真ん中にひっそりと佇む古民家で、昭和初期に発表された味わい深い作品を、丸尾のナビゲートを交えながら、朗読でお届けします。作品は、江戸川乱歩『断崖』、夢野久作『瓶詰地獄』等非公開、今回限りの一般公開となる『和館S邸』、限られた席数の公演です。犯人当ての作品も。席数が少ないため、先着順となります。この貴重な機会をぜひご堪能ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

G-フォレスタホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

劇団キンダースペース ワークユニット2018修了公演「モノドラマ」


3/29(金)〜31(日)、西川口アトリエにて
日時
29日(金)14時 A
29日(金)19時 B
30日(土)14時 B
30日(土)19時 A
31日(日)13時 A
31日(日)17時半 B
会場 劇団キンダースペースアトリエ
料金 1,000円
日時指定・自由席・要予約 ※小さな劇場ですので早めにご予約ください。
【ワークユニット2019メンバー募集説明会】は、是非ご参加、またはご興味のある方にご案内いただけたら幸いです。
第一回 4月20日(土)11:00~ 第二回 5月4日(土)11:00~ ※どちらか一回ご参加ください。(日程が合わない場合は別に説明の時間を設けさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。)

詳しくは「劇団キンダースペース」サイトをご覧ください。修了公演については「トピックス」から「モノドラマ」をクリックしてください。募集案内も同じページにリンクしてあります。

 東京にて、劇団キンダースペース ワークユニット2018修了公演「モノドラマ」が上演されます。
 「日々の訓練や座内発表、中間公演「鈴の音」を経て、一年間活動して参りましたメンバーの集大成としての公演をお見せしたく、またこの機会に是非キンダースペースの「モノドラマ」も堪能していただきたく、ご案内申し上げます。修了公演はA・B二つのプログラムがございます。
 演目  ラフカディオ・ハーン作「雪女」  太宰治作「裸川」「貨幣」  谷崎潤一郎作「刺青」  芥川龍之介作「魔術」  志賀直哉作「正義派」「范の犯罪」 ※上演日程については、チラシ・サイトをご確認ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年3月24日

劇団ぼるぼっくす第8回公演『ざしきわらし?のいる部屋』

作・演出:上野小夜
キャスト:中村和美 飯野かな 後藤洋一郎 猫屋敷薫 光島悠平 金羽宏樹 ほか


日時:5月3日(金・祝)~5日(日・祝)
場所:新中野ワニズホール
料金:前売り:1500円 当日:1800円 学割:1000円(要予約・学生証提示)

 東京にて、劇団ぼるぼっくす第8回公演『ざしきわらし?のいる部屋』が上演されます。
 「この部屋にはざしきわらしが住んでいる、らしい。ざしきわらしは寂しい人にしか見えない、らしい。ざしきわらしはどうもいい奴、らしい。そんなざしきわらしと寂しい人たちの織りなすちょっぴり笑えてちょっぴり心温まるお話。2012年に上演した『ざしきわらしのいる部屋』と同じ世界観ですが、独立した新作ですので前作をご覧になってなくても問題なくお楽しみいただけます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団ぼるぼっくすホームページ

(上野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

STAGECOMPANY info THE MIX UP Vol.2『売春捜査官〜ギャランドゥ』

◎作 つかこうへい
◎演出 逸見輝羊
◎出演 木村伝兵衛部長刑事 / 桜田聖子
熊田留吉刑事 / 本田礼生
チャオ万平刑事 / 及川いぞう
容疑者大山金太郎 / 新原武
猿渡 / 今宮稜正
◎スタッフ
作 つかこうへい
演出 逸見輝羊
照明 萩原賢一郎(アルティプラノ)
音響 若松裕子
舞台監督 STAGE COMPANY STAFF SECTION
協力 つかこうへい事務所
企画制作 株式会社STAGE COMPANY

◎タイムテーブル/会場
2019年 10月19日(土)~ 27日(日) 会場:テアトルBONBON/中野ポケットスクエア
10月19日(土) 13:00開演 / 17:00開演
10月20日(日) 13:00開演 / 17:00開演
10月21日(月) 19:00開演 ☆アフタートーク
10月22日(火) 19:00開演
10月23日(水) 19:00開演 ☆アフタートーク
10月24日(木) 19:00開演
10月25日(金) 19:00開演 ☆アフタートーク
10月26日(土) 13:00開演 / 17:00開演
10月27日(日) 12:00開演 / 16:00開演
☆アフタートーク
21日(月)本田/桜田/逸見
23日(水) 本田/新原/及川
25日(金)全キャスト
◎チケット 前売 4,500円 当日4,800円
チケット一般販売:9月8日(日)
チケット取扱い:livepocket・ぴあ・ローソン・各種プレイガイド・STAGE COMPANY "TICKET
・live pocket(ライブポケット)
・電子チケットぴあ
・ローソンチケット
・イ-プラス
・Confett(i カンフェティ)
・STAGE COMPANY "TICKET"
【先行予約情報】
◎第一弾一般先行予約 3月22日(金)10時〜3月24日(日)24時まで live pocketのみの取扱い


 東京にて、STAGECOMPANY info THE MIX UP Vol.2『売春捜査官〜ギャランドゥ』が上演されます。
 「"THE MIX UP Vol.2" 逸見輝羊 ×つかこうへい × 本田礼生『売春捜査官〜ギャランドゥ』新たに本田礼生を迎え、STAGECOMPANY -THE MIX UP-として不朽の名作が今秋、東京中野にて再々演として蘇る!演出は、前回同様2002年よりつかこうへいに師事した逸見輝羊。共演者には、1990年代よりつかこうへい演出には欠かせない怪優、及川いぞう。そしてVol.1で共演し本作には3度目の出演・桜田聖子、同じく本作に3度目の出演である劇団扉座のホープ、新原武。つかこうへい作品が、逸見輝羊が、本田礼生にどのようなMIX UPを果たすのか!乞うご期待!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール


詳しくはこちらをチェック!!
公演情報 ・ライブポケット


(今宮さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年3月22日

劇団TremendousCircus『Cinderella-シンデレラ-』

世界初・日本発『ヴィジュアル系演劇』劇団TremendousCircus『Cinderella-シンデレラ-』
My dream is a princess. My magic is days of my youth.(夢、それはプリンセス。魔法、それは私の青春の日々。)

原作/グリム兄弟『シンデレラ』 演出・脚本/田中円 音楽/Marie
†キャスト 横山桜花/en/知乃/アカバネ/蟻巣純
ダブルキャスト:椿綺透子
GUEST:大内ふみや(合同会社ブックスロープ)/岡本夏(劇団しおむすび)/暦魅/原田星良/harry/横井芹野
ダブルキャスト:菊間悠里/小池ウラン( 劇団 (null))
特別出演:Dee Lee/鳥丸あやか
†スタッフ
脚本・演出/田中円
音楽/Marie

†会場 シアターシャイン 〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-15-15
†公演日程 開演時間 ※カッコ内はダブルキャストの出演者。
5/8(水)14:00~(Dee Lee、椿綺)、19:00~(Dee Lee、椿綺)
5/9(木)19:00~(菊間、小池)
5/10(金)14:00~(Dee Lee、小池)、19:00~(Dee Lee、小池)
5/11(土)14:00~(Dee Lee、椿綺)、19:00~(Dee Lee、小池)
5/12(日)14:00~(菊間、小池)、19:00~(菊間、椿綺)
5/13(月)19:00~(菊間、椿綺)
5/14(火)12:00~(菊間、椿綺)、16:00~(菊間、椿綺)
※開場・受付開始は開演の30分前です。
†料金 全席自由・日時指定制。割引は当日券を除き、前売り・予約限定。
○一般(前売り)3,200円 (当日)3,300円
○平日昼割引 3,000円
○グループ割引 2,900円(3名様以上で1枚につき)
○ユース割引 2,900円(24歳以下)
○小中高校生割引 2,000円
○パトロンチケット 8,000円
○オリジナルサウンドトラック付前売り券 4,000円 ほか
○華装特典 ノベルティプレゼント 当日ゴスロリの格好で来られた方、またハロウィンの仮装をして来られた方に、非売品ノベルティをプレゼントさせて頂きます。
†チケット扱い所 CoRich舞台芸術!
†製作協力 Dark-ism Industry

○劇団TremendousCircus プロフィール
2017年1月旗揚げ。東京を中心に活動。世界初・日本発の『ヴィジュアル系演劇』として、ゴスロリ衣装を着て、暗黒童話・怪奇幻想などを題材に、耽美派で頽廃的・中性的な、人の心の痛みを叫ぶ熱い演劇を創る。旗揚げ公演『雪白姫』(2017年1月阿佐ヶ谷・シアターシャイン)『女吸血鬼カーミラ』(2017年6月阿佐ヶ谷・シアターシャイン)『サロメ』(2018年2月阿佐ヶ谷・シアターシャイン)『Schneewittchen-雪白姫-』(2018年6月阿佐ヶ谷・シアターシャイン)『La Barbe Bleue-青髭-』(2018年11月阿佐ヶ谷・シアターシャイン)。

 東京にて、劇団TremendousCircus『Cinderella-シンデレラ-』が上演されます。
 「ゴスロリ衣装を身にまとい、爆音のダークミュージックと共に、暗黒童話を舞台化し続けてきた劇団が満を持して届ける、血塗れの『夢と魔法』の物語。
 暖を取るためにかまどで眠り、体を売って生きる『灰まみれの猫』=『シンデレラ』が、星空に夢見た、プリンセスになるまでの、熱く哀しく美しい魔法の日々。
 †作家・演出家 田中円(たなかえん) コメント 私達はこれまで闇を描いてきました。人の絶望の叫びを代弁することが出来たらと特に私は風俗嬢を取材対象としてきましたが、その中には、絶望の闇の中でも決して光を失わずに、必死でもがく美しい女性たちがいました。彼女たちの姿は、私に勇気をくれる、言わば『魔法』でした。シンデレラは多くの女性たちに夢を与え、語り継がれてきた物語。彼女たちの『夢」を叶えるような芝居を創りたいと思います。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール

劇団TremendousCircus公式ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

マウマオファミリア「P.A.Iフェスティバル第一回」

出演:石原夏実ソロ作品 出演:石原夏実・うえもとしほ
柳本小百合・演出出演 ナツメカオリ演出 出演:佐久間文恵・根本和歌菜・ナツメカオリ
齋藤麻生演出 出演:市松・横手ありさ・齋藤麻生


3月31日(日) 14:00~ 18:30~ 2回公演
全席自由席
開場:20分前
会場:スタジオサイ(中野駅より徒歩15分ほど)
チケット代:2500円 当日:2800円
ご予約はこちら


 東京にて、マウマオファミリア「P.A.Iフェスティバル第一回」が上演されます。
 「出演者 すこやかクラブ・うえもとしほ演出 2作品上演!はじめまして。元・パパタフマラ舞台芸術研究所、元舞台芸術の学校卒業生が出演するパフォーマンスイベントです。5作品の色のちがう作品があつまります。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(まおさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年3月20日

座・大阪神戸市民劇場「また逢う日まで」

作・演出:作:深山うぐいす 演出:仲風見
キャスト:一般公募でまった市民メンバー
スタッフ:座・市民劇場実行委員会


日時:2019年5月18日(土)15:00開演
場所:神戸ポートオアシス(最寄駅:三ノ宮)
料金:前売り:2000円 当日:2500円


◆座・大阪神戸市民劇場とは
一般公募によって集められた幅広い年齢層のメンバーが結成する、期間限定市民参加型劇団。同劇団は、半年から8カ月にわたり稽古を行い、公演終了後に解散となる。
今回は高校生から60代の男性迄が参加、天国の待合室を舞台にした深山うぐいすのオリジナル作品を、仲風見の演出で上演する。

 神戸にて、座・大阪神戸市民劇場「また逢う日まで」が上演されます。
 「市民が作る!一期一会の世代間交流ステージ 座・大阪神戸市民劇場『また逢う日まで』に兵庫・神戸ポートオアシスにて上演
 *あらすじ ここは天国の待合室。今、鐘が鳴って、生まれて行く者、そして、死んだ者たちが過去を振り返るところ。生きていた時は、モグラだった、ミミズだった、と話している。.........それとは別に、医者と患者・赤ちゃんたちが自分の人生を話す。だが、天国の鐘は鳴って、また生まれていくもの、死んできた者達が交差する......。生きていく事の尊さ、強さを市民メンバーが舞台で表現
 期間限定で集まった市民メンバーの集大成の舞台公演。参加者の9割が演劇未経験のスタート。プロの演出マジックで、演劇初めてでもそれぞれの個性が溢れだす。みんなが主役のステージです♪お時間合う方は是非ご来場下さいませ。また、次回公演に向けて新メンバーを募集中です♪お気軽にお問い合わせ下さい。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 チケットご予約&問い合わせ先は、座・市民劇場実行委員会 神戸市中央区新港町5-2神戸ポートオアシス内 TEL:06-7165-8443(大阪事務所) こちらのメールまで。

座・大阪神戸市民劇場ホームページ


(河田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年3月18日

TAIYO MAGIC FILM第13回公演『ぼくのタネ2019』

【演出・脚本】西条みつとし 【出演】神保悟志 杉江大志 寺坂尚呂己 岩田華怜 東松史子 小築舞衣 中村涼子 藤井仁人 佐保歩実※ 森林永理奈 蔭山ひろみ※ 西田薫子 畠山U輔※ 濱崎ヒロキ 多田昌史 仲原由里子※ 篠原あさみ 由地慶伍 鈴木まりや 町田慎吾(特別友情出演)※ 山下容莉枝 【ミュージシャン】ナカノアツシ MiKi 【バレエ】鈴木ちさ ※ 町田慎吾・佐保歩実・蔭山ひろみ・畠山U輔・仲原由里子は、Wキャストになります。出演日時はTAIYO MAGIC FILMホームページをご覧ください。

【スケジュール】2019年5月24日(金)~6月2日(日)
5月24日(金)  / 19:00~
25日(土)  13:00~ / 19:00~
26日(日)  休演日
27日(月)  14:30~ / 19:00~
28日(火)  14:30~ / 19:00~
29日(水)  14:30~ / 19:00~
30日(木)  14:30~ / 19:00~
31日(金)  14:30~ / 19:00~
6月1日(土) 13:00~ / 19:00~
6月2日(日) 12:30~ / 16:00~
※ 開場は、開演の30分前。ロビー開場は、開演の45分前。
【会場】赤坂RED/THEATER
【チケット】
・先行チケット販売中 ~3月26日(火)18:00まで
・一般チケット販売 4月3日(水)10:00~

 東京にて、TAIYO MAGIC FILM第13回公演『ぼくのタネ2019』が上演されます。
 「小さい頃、幸せのタネというものを見せてもらった事がある。最近よく考える。『何の為に、生まれてきたのだろう』最近よく思う。『人生、こんなはずじゃなかったのに』昔の自分が話しかけてくる。『ねぇ、今、ちゃんと幸せになれてる?』」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

TAIYO MAGIC FILMホームページ
同公演の情報ページ

(U輔さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年3月17日

神奈川県演劇連盟「TAK in KAAT『pinky』」

作・演出:波田野淳紘(劇団820製作所)、坪井俊樹(劇団スクランブル)、緑慎一郎(演劇プロデュース『螺旋階段』)
キャスト:朝廣亮二、大沢宗也(劇団KEYBOARD)、大島寛史(チリアクターズ/わるぢえ)、小笠原遊大、木村衣織(チリアクターズ)、竹内もみ(劇団スクランブル)、多田竜也(劇団スクランブル)、田中惇之、土屋 舞、冨樫 舞(演劇チーム 渋谷ハチ公前)、中西 浩、中根道治(劇団スクランブル)、ナカムラユーキ 平澤萌花(青山ねりもの協会)、光安紗影(劇団スクランブル)、村井彩子、元尾裕介(カムカムミニキーナ)、力武修一(リケチカ)
スタッフ:舞台監督:上田 知/照明:江見千尋/音響:斎藤裕喜(Québec)/ 舞台美術:奈良花美(劇団夢幻)/宣伝美術:伊藤 誠(technicute/青春事情)/ 制作:松本 悠(青春事情)・山下那津子


日時:2019年3月27日(水)~31日(日)
場所:KAAT 神奈川芸術劇場<大スタジオ> みなとみらい線『日本大通り駅』徒歩5分/みなとみらい線『元町・中華街駅』徒歩8分/横浜市営地下鉄ブルーライン・JR根岸線『関内駅』徒歩14分
料金:《前売・当日共通》一般:3,500円 /前半割(27・28日のみ):3,000円/U24(24歳以下):2,500円

 神奈川にて、神奈川県演劇連盟「TAK in KAAT『pinky』」が上演されます。
 「ラブホテルを舞台に、神奈川注目の3団体が贈る3つのストーリー。
 『森が燃える』(劇団820製作所)荒れ果てた部屋。男が三人。外は猛烈な雪。組織に属する二人の男が、益体もないことをしゃべっている。残る一人は簀巻きになり、無防備な状態で、ベッドに転がっている。ある精神的な拷問がこの場で繰り広げられているのだ。言葉による暴力の気配。冷気が部屋を支配し、男たちは凍えている。そこに『ママ』と呼ばれる若い女がやってくる。『ママ』は簀巻きの男に呼びかける。やがて夢と現実が交錯し―
 『Leave!』(劇団スクランブル)その家族にとって大事な事は子孫を残す事。それはとても美しく愛おしく、そして切なく初々しい行為。家族の事は、家族一丸となって!あ、多少、他人様のお力も少しだけお借りして...。『もうあなたしかいない』『別に僕じゃなくても...』
『静的コンプレックス』 (演劇プロデュース『螺旋階段』)うす暗い部屋。軋む音が静かに響く。男と女は交わっていた。ことが終わり身なりを整える二人。すると部屋に別の男が入ってくる。男は静かに呪詛をつぶやくともう一人の男を蹴り飛ばした。なぜか集められた六人の男女。それぞれの口からでる『ハセガワ』という名前。ホテルの一室で起こる衝動を抑えられない男と女が織りなす会話劇。『だから、そいつは誰なんだ?』
 神奈川の地で活動し続け50年。神奈川県演劇連盟が誰にも負けないもう一つの演劇の形を、皆様にお届けします。』をキャッチフレーズに、『KAAT神奈川芸術劇場OPENING LINEUP』の1つとして、2011年4月に始まった企画が、"TAK in KAAT (Theater Association of Kanagawa in KAnagawa Arts Theatre)"です。9年目を迎える今回の総合タイトルは『pinky』。舞台はホテル。その二つを足掛かりに演劇プロデュース『螺旋階段』、劇団820製作所、劇団スクランブルが同じ舞台装置で40分ほどの演劇を三本お届けします。特色の違う3団体の芝居をご期待ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「5組最大10名様をご招待!ご希望の方は、件名を『演劇交差点チケットプレゼント』とし、お名前・ふりがな・電話番号・観劇希望日時・枚数を明記のうえ、こちらのメール まで、メールにて送信ください。応募締め切り:3月23日(土)21;00 **当選発表は、3月26日(月)に当選者へのみ、メールにてご連絡いたします。」

同公演の情報ページ

(松本さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年3月16日

劇団一世一代時代組「Say-Bye BASURA-狂おしくも愛しき塵芥の夢に-」

作・演出:高橋善功
キャスト:松本悠資、中込恵介、丹羽洸大、甲斐ゆいか、朝比奈叶羽、柄沢次郎
スタッフ:演出・殺陣・振付:後藤 一機 照明:竹内 右史 音響:角丸 雄亮 舞台監督 松本憲治


日時:2019年4月18(木)~21日(日)6回公演
場所:新宿シアタープラッツ
料金:前売り:4500円 当日:5000円
<こんな方にお勧め>
・殺陣やアクションに興味がある方 →小さな劇場空間でも、汗、涙が飛び散る熱いチャンバラ(殺陣)を披露します。
・役者たちの熱量を感じたい方 →魂こめた熱いお芝居をお約束します。
・環境問題に興味がある →フィリピン『マニラ』と日本の幕末が『ゴミ拾い』で繋がります。日本の江戸時代までは循環型社会でした。演劇を通じてわかりやすく、且つ面白くお届けします。

本公演では、募金・支援物資の募集を実施します。募金・支援物資に関しては、小池樹里杏 主催『第2回フィリピンボランティア』(日程:2019年8月20日~8月24日)にて、マニラにあるRosario Ocampo Elementary Schoolへ直接寄贈に伺います。以下のような寄贈品のお持ち寄り、よろしくお願い致します。・バスケットボールなどのボール系・遊具・法被・浴衣 寄贈品をお持ち寄り下さる方には、チケット代金500円キャッシュバックを実施します。

 東京にて、劇団一世一代時代組「Say-Bye BASURA-狂おしくも愛しき塵芥の夢に-」が上演されます。
 「地図に名前の載らない町。"スモーキーマウンテン"塵(ゴミ)の中から廃品回収を行いながら日銭を稼ぐ スカベンジャーのリオ 行き場のない宿命の日々の中、ある日ゴミ山で不思議な箱を拾う その箱は、ある不思議な効力により、過去へとつながる狂おしくも愛しい口を開く 時代は幕末の京、百代の過客となったリオが見た過去と現在を結ぶ"循環"とは? 一世一代の勝負を挑む輩たちの活劇が、装いも新たに再演の幕を開ける! "Say-Bye BASURA" (婆沙羅よ、成敗在れ!)
 劇団一世一代時代組は日本一熱い表現者集団を目指し立ち上げました。時代組の演劇は、単なるお芝居でなく、歌あり、ダンスあり、お笑いあり、チャンバラありのエンターテインメントパフォーマンスショーとしてお届けします。特色は観覧者参加型の演出にあり、観覧者からの声援や掛け声、拍手や手拍子ありの劇場空間一体型の作品作りをしています。本作品は、時代組婆沙羅(ゴミ拾い侍)が日々活動しているゴミ拾いの本質を探る時代組婆沙羅旗揚げ公演『狂おしくも愛しき塵芥の夢に』(2016年9月公開)のリメイク作品です。また、フィリピン、マニラの地図に載らない地区『スモ―キーマウンテン』と幕末の日本を舞台に『自然共生』と『循環型社会』をテーマとしたストーリーであり、環境保全(循環型社会)のライフスタイルの提唱のみならず、日本とフィリピンにおける国際的な芸術交流振興を目的としています。後援には、環境省、駐日フィリピン共和国大使館、日本・フィリピン友好議員連盟もついて下さっております。共同プロデュースには、日本とフィリピンの友好の為に社会貢献事業を行っている小池樹里杏(ジェイジャーニー合同会社 代表取締役)が参画し、舞台期間中のチャリテイー募金およびマニラ(パヤスタ地区および施設)に向けた支援物資の募集を行います。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(高橋さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年3月15日

竹越勝彦独りユニット εb=1(イプシロンビーイコールイチ)『楼錠館の殺人事件〜解決編〜』


作・演出:竹越勝彦
【出演】
岩田徳承(演劇ユニット『空想科学』/劇団FUKKEN)
岡田理愛 桐島悠
熊田洋司(少年ピカレスクロマン/感動(gandong)Factory/アティチュード)
小林誠司(劇団まっコイ)吉田和樹



2019年4/11(木)・13(土)@KAMA PUB(カマパブ)

【公演日】4/11(木)・13(土)
11(木)19:30
13(土)13:00/16:00/19:00
※上演時間は約40分。
※受付開始・開場は開演の30分前。
【料金】前売・当日共に1500円(1ドリンク付き) 25名様限定・要予約

【会場】KAMA PUB(カマパブ)
大阪市西成区太子1-4-3 太子中央ビル1F
(JR新今宮駅の通天閣口(東改札口)、大阪メトロ『動物園前駅』[6]号出口を南に1分
南海電車『新今宮駅』を東へしばらく進み堺筋を南に1分)


 大阪にて、竹越勝彦独りユニット εb=1(イプシロンビーイコールイチ)『楼錠館の殺人事件〜解決編〜』
が上演されます。
 「この館は呪われている・・・。名探偵 久米丸詐織と音苔真太郎警部はとある事から、楼錠館(ろうじょうかん)を訪れた。土砂崩れで館に繋がる道が塞がれ、幽閉されたなか、1人また1人と殺人鬼の手により殺害されていく。館に古くから伝わる歌に見立てられて。待望の名探偵 久米丸詐織シリーズ第28作目。
 ミステリーでコメディでミステリー。『待望の名探偵 久米丸詐織シリーズ第28作目。』なんて書いてますけどこのユニットの旗揚げ公演です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール

【ユニットURL】
【チケット予約・カルテット・オンライン】


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年3月14日

slatstick『La Fierte' ラ・フィエルテ』

作・演出:村角太洋(THE ROB CARLTON)
キャスト:中村なる美、永津真奈(Aripe)、前田晃男(ボラ☆ボラ)
スタッフ:宣伝美術 東學(188) 、 宣伝撮影 山田徳春(500G.inc)/小形、宣伝撮影メイク 竹内李恵 、制作協力 閑社明子(The Stone Age)/島尾朋子、企画制作 slatstick


日時:2019年4月 5日(金)19:30/ 6日(土)15:00/19:00 /7日(日)11:00/15:00 /8日(月)19:30
場所:中崎町コモンカフェ 大阪市北区中崎西1-1-6吉村ビルB1F
料金:前売り:2800円 当日:3000円

 大阪にて、slatstick『La Fierte' ラ・フィエルテ』が上演されます。
 「ハイファッション誌『La Fierte'』。遂にあの世界的ファッショニスタの独占インタビューが許される。摩天楼を見下ろす、最高級ホテルの最上階。最高のミネラルウォーターの準備も整っている。あとはこの椅子に、あのファッショニスタが座り語ってくれるのみ。彼女たちは待っている。あの世界的ファッショニスタを。
 slatstiick(読み:スラットスティック)は、長身の女優、中村なる美と永津真奈、二人の演劇ユニットです。ユニット名は、スラップスティックとスラっと高い長身の二人の容姿をかけ合わせました。旗揚げ公演『La Fierté』(ラ・フィエルテ)は、作・演出に人気劇団のTHE ROB CARLTONキャプテンのボブ・マーサムこと村角太洋を迎え、ファッション業界を舞台に、女性を主人公に物語を書き下ろし、またゲストには前田晃男を迎えて開催いたします。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


slatstickホームページ

(閑社さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

文学座5月アトリエの会『いずれおとらぬトトントトン』

作・演出:作/戌井昭人 演出/所 奏
キャスト:石田圭祐、加納朋之、沢田冬樹、椎原克知、亀田佳明、萩原亮介、越塚 学、飯川瑠夏、前東美菜子
スタッフ:美術:石井強司 照明:阪口美和 音響:丸田裕也 衣裳:宮本宣子  舞台監督:寺田 修 制作:梶原 優、佐藤竜太郎、鈴木美幸  イラストとチラシデザイン:藤尾勘太郎


日時:2019年5月9日(木)→21日(火) 5/9(木)19:00 5/10(金)14:00 5/11(土)14:00/19:00★ 5/12(日)14:00 5/13(月)14:00★ 5/14(火)休演日 5/15(水)14:00/19:00★ 5/16(木)14:00 5/17(金)19:00 5/18(土)14:00 5/19(日)14:00 5/20(月)14:00/19:00 5/21(火)14:00 ★=アフタートーク開催日
場所:文学座アトリエ (JR中央・総武線各駅停車『信濃町駅』より徒歩5分/東京メトロ丸ノ内線『四谷三丁目』駅より徒歩9分)
料金:前売り:4300円 当日:4600円 ユースチケット(U25※文学座のみの取り扱い):2500円


 東京にて、文学座5月アトリエの会『いずれおとらぬトトントトン』が上演されます。
 「山奥にある病院。そこには、何かしらと交信している患者、音楽家デビューしたい患者、スリッパ剣法を操る患者、家に帰りたい患者、毛布にくるまる患者、道行きの患者などがいる。患者たちは、医者・看護師とのミーティング治療によって、主張することを管理、禁止されながら過ごしていた。そんな中、ある男が病院にやってくる。
 2019年5月アトリエの会では一昨年2017年のアトリエの会『青べか物語』の脚色を務めた戌井昭人の書き下ろし作品『いずれおとらぬトトントトン』を5月9日(木)~21日(火)まで信濃町・文学座アトリエにて上演致します。2019年のアトリエのテーマは『演劇立体化運動 ―これからの演劇と岸田國士―』。幕開けとなる本作は、アメリカンニューシネマの代表的作品『カッコーの巣の上で』を下敷きに、舞台を日本に置き換えたオリジナルストーリーです。戌井昭人はユーモア溢れる独特な世界の描写を特徴としており、『青べか物語』では演出の所 奏と共に、新たな山本周五郎の魅力を引き出し話題を呼びました。そんな多くの反響を呼んだ戌井×所のタッグが再び登場します!本作に登場するのは、病院内で婦長から必要以上に管理された患者たち。彼らは、主張・発言することを制限されながら生きる現代の私たちとリンクするのではないか...と問いかけながらも、肩の力を抜いてご覧頂ける作品でございます。新元号きってのアトリエの会にどうぞご期待ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、文学座 03-3351-7265 ( 10:00→18:00日祝除く )、またはこちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(前田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年3月13日

玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科 アメリカ桜祭り『TAIKO&DANCE 2019』凱旋公演

■振付・監修:花柳伊三郎 花柳典幸 ■太鼓指導:露木一博(玉川大学芸術学部非常勤講師)

■公演会場:玉川大学University Concert Hall 2016 Marble 小田急線『玉川学園前』下車 北口から徒歩15分
■公演日時:〈全3回公演〉
2019年4月 26日(金)19:00
27日(土)19:00
28日(日)14:00
※上演時間は約75分を予定しております。※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前となります。
■入場料:無料・全席自由(要予約)
■チケット取り扱い:3月18日(月)16:00より予約受付開始 電話予約/042-739-8492〈制作部〉ネット予約/http://ticket.corich.jp/apply/98447
※電話予約の際は以下の項目をお伝え下さい。【1.公演タイトル 2.ご希望日時 3.ご希望枚数 4.お名前 5.ご連絡先】受付時間:電話予約/平日16:00~20:00 ネット予約/全日24時間
※お預かりした個人情報は公演の運営以外には使用せず適切に管理致します。


 東京にて、玉川大学芸術学部アメリカ桜祭り『TAIKO&DANCE 2019』凱旋公演が上演されます。
 「2003年に始まって以来、毎年恒例となりました男子の和太鼓と女子の創作民俗舞踊によるアメリカ桜祭り公演は今年で16年目を迎えます。本年度は約2週間に渡ってワシントンD.C.桜祭りやフィラデルフィア桜祭りを中心に、ボストンを含む4都市11公演を行います。そして、これらを締めくくるべく玉川大学University Concert Hall 2016 Marbleにて凱旋公演を行います。新しく創作された民俗舞踊や和太鼓をはじめ、過去に披露したことのある演目の再演を、16年目の公演に相応しいものとなるよう、プロダクション一丸となって精進して参りました。総勢46人でお届けするダイナミックなパフォーマンスをどうぞお楽しみください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科(演劇研究室):〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1 TEL/FAX:042-739-8092 まで。

特設サイト
■Facebook:goo.gl/eDd9pK ■Instagram:@tamagawataikodance ■Twitter:@tamagawa_PA


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年3月11日

春公演 劇団ジャンク派幻燈ファンタジー『夜、うつくしい魂は涕いて』− 中原中也ラプソディ − /2部 ロマーンティック・ショー

やさしかった中也さん。ワタシは自分の人生を生きたわ。後悔はしてないの......

作 演出 チェン・スウリー
出演 チェン・スウリー × 時乘陽南
田村佳乃子(音楽監督 EL.)
田中希実(Vl.)
ダンス指導 安田ありさ(こいね会舞踊学院)
写真 松原千尋
宣伝美術 鈴木仁美
制作 雪野うさぎ
協賛 山口高校同窓有志(山口尚敬 岡藤直嗣 吉田純一)
特別協賛 湯田温泉旅館協同組合
後援 山口県 山口市 中原中也記念館 山頭火ふるさと館 金子みすゞ記念館 山口新聞 朝日新聞

とき:2019年3月30(土) 17:00〜
31(日)13:00〜/17:00〜
ところ:山口県政資料館 旧議事堂
※開場の前にプロローグ(前芝居)が定刻にスタートします。到着時間にお気をつけください。
※プロローグ開始時間30分前より入場整理券を配布します。整理券の番号順に入場となります。
※満員・立ち見になる場合もございます。良いお席の確保の為、余裕をもってお越しください。
チケット 学割500円/一般1,000円 ※ともに前売料金。当日は300円増
前売券販売所 YCAM/山口市民会館/アスピラート/文榮堂 本店/幸せますアンテナショップ ゆめざ/マツノ書店/
もしくはメールにて (振込先をご案内します)
詳しくは公式SNSでも配信中[ジャンク派]←検索


 山口にて、春公演 劇団ジャンク派幻燈ファンタジー『夜、うつくしい魂は涕いて』が上演されます。
 「ふるさとの詩人 中原中也の儚くも純真な一生を叙情味豊かに描く感動の舞台!全編生演奏による音楽で、2部には心踊る華やかな魅惑のショータイムを展開!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、080-5486-2312 まで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [中国]

劇団minimumanti(ミニママンチ)『何度でも死ぬ』

50を超える伏線が一つの真実を浮き彫りに

【公演日程】2019年3月21日(木) 〜24日(日)
21日(木)19:00
22日(金)19:30
23日(土)14:00/19:00
24日(日)13:00/17:00
【チケット】当日4,000円 前売り3,500円 通しチケット18,000円その他各種割引あり
予約フォーム
【場所】西日暮里 キーノート・シアター 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里1-1-1-B1F

 東京にて、劇団minimumanti 第9回公演『何度でも死ぬ。』が上演されます。
 「あなたの想い出消去します。想い出を消去するためにやってくる様々な訪問者。想い出を消すことは罪か救いか。交錯する想い。バラバラに見える様々な想いがやがて一つになる時、一つの真実が姿を現す。
 観劇することで一つの事象を検証するようなイメージ。どの伏線を拾って観劇するか、どの登場人物を主軸に物語を追うかによって、真実が全く違う色合いを見せてくる。掘り下げれば掘り下げるほど様々な側面が現れて何度も検証したくなる。毎回驚きのどんでん返しを設定しているminimumantiが、今回更に観客を能動的にさせるような要素を取り入れました。観客自らが謎を探求できる、インタラクティブ演劇。終演後の会場内には様々な手がかりが散らばっていて、各々独自の見解をもってミニゲームに挑戦することができます。見解によって異なる、更なる真実が紐解かれていきます。考察が深まれば深まるほど新たな謎が浮上し、何回観ても毎回違った色を発見する事になる。真実は一つ。解は無数。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団minimumanti(ミニママンチ) こちらのメールまで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年3月 8日

昭和芸能舎 第27回公演『踊るヤマンバ』

作・演出:羽原大介
【キャスト】稲村梓 池内理紗 しるさ 中川絵美 藤田美歌子 ちかみ麗 石井咲 山村紘未 仲本ユウ 大内唯 小野佑子 下田美緒 杉莉々子 加藤明花 及川いぞう ゆかわたかし 浦島三太朗 アフロ後藤 渡邊慶人 田久保宗稔
【スタッフ】
舞台監督:逸見輝羊/今宮稜正((株)STAGE COMPANY)
照 明:太田安宣
音 響:藤本純子
音響協力:山本能久(SEシステム)
ダンス振付:石井咲
宣伝美術:田久保宗稔
制 作:伊藤沙耶/内田有美
企画製作:昭和芸能舎
【協力】(株)アニモプロデュース (株)VISTA model agency friday (株)スタッフ・ワン (株)宝映テレビプロダクション テアトルエコー CoRich (順不同)
【特別協賛】トーンモバイル株式会社 代表取締役社長・石田宏樹


場所:赤坂RED/THEATER
日程:2019年4月16日(火)~4月21日(日)
16(火) 19:00
17(水) 19:00
18(木) 15:00/19:00
19(金) 19:00
20(土) 11:30/15:00/18:30
21(日) 11:30/15:00/18:30
※開場は開演の30分前、受付(当日券の販売)は開演の40分前。※未就学児のご入場はご遠慮頂いております。
【チケット料金】(日時・座席指定) 前売券 3300円[税込] (当日券3800円)
【チケット発売日】3月10日(日)0:00


 東京にて、昭和芸能舎 第27回公演『踊るヤマンバ』が上演されます。
 「2年半ぶりの新作は歌って踊って笑って泣いた、平成越えの応援歌!!1997年、バブル崩壊後の東京下町。時代に取り残されたガングロパラパラギャル達の青春群像劇」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団メール:こちらのメールまで。

昭和芸能舎ホームページ
昭和芸能舎tw ✿昭和芸能舎fb
昭和芸能舎-344681192218890


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年3月 7日

劇団キンダースペース トライアルシアターVol.4「平和の礎」より「生き地獄から戻った私!」「運命の奇跡」 -引揚げと抑留の物語-

■日時2019年
3月16日(土)14:00 / 18:00
3月17日(日)14:00
開演時間(開場は開演の30分前)
★17日(日)14時の回、託児システムを設けます【要予約】★
■【入場無料】皆様のあたたかいカンパが支えです。どうぞご協力をお願い致します。
■劇場/劇団キンダースペースアトリエ
京浜東北線「西川口」駅西口下車2分 駅を背にして直進、ひとつめの信号渡って左折、ローソン、インド料理屋(グレートカルカッタ)と同じマンション インド料理屋横通路入り、突き当たり
□託児システム利用も含めて詳しくは「劇団キンダースペース」サイトをご覧下さい。

 東京にて、劇団キンダースペース トライアルシアターVol.4「平和の礎」より「生き地獄から戻った私!」「運命の奇跡」 -引揚げと抑留の物語-が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年3月 5日

天才イカレポンチ「すごいことやります」

作・演出:丸尾テン
キャスト:オール他力本願 丸尾テン
スタッフ:オール他力本願


日時:2019年3月16日、17日
場所:三軒茶屋 喫茶セブン2階(世田谷区三軒茶屋1ー32ー13)
料金:2000円+飲食ワンオーダー制


 東京にて、天才イカレポンチ「すごいことやります」が上演されます。
 「『すごいことやります』このタイトルで、何かを感じてくれる波長の合う方を集めたいと思っています。面白そうと思った方は、その直感を信じてご予約ください。『また今度』はこの世に存在しません。あなたからのご予約メールが来ることを信じています。
 脱力系アングラ実験演劇ユニット『天才イカレポンチ』今回で第7回公演になります。『正当な演劇では物足りない!』『公演』という枠にはまらない『斬新』な演劇が観たい!』『なんなんだーこれはと思いたい!』天才イカレポンチの公演は 計算し尽くされたテキトーさと ゆるさと 誰もやらないことを 体験できます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


天才イカレポンチホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年3月 4日

冷たいももじるスープ&ぐつぐつ闇鍋スープ2本立て公演『飲み干せダブルスープセット』

(協力:劇団冷たいかぼちゃスープ)

☆冷たいももじるスープ『この子より優位に立ちたい』」
作・演出:羽鳥紀子
【出演者】羽鳥紀子 宮村(セツコの豪遊) ひのゆきこ(劇団冷たいかぼちゃスープ) 浅田鎮歩(劇団どろんこプロレス)
☆ぐつぐつ闇鍋スープ『バグシチュー』
作:パワーマン 演出:ぼんぐり
【出演者】岩崎友香(演劇集団アクト青山) 佐伯雄司(劇団レトルト内閣) 深道きてれつ 勃起﨑鋼太(劇団どろんこプロレス) 吉田早希 則元秀之(劇団冷たいかぼちゃスープ) ぼんぐり(劇団冷たいかぼちゃスープ)

@APOCシアター(小田急線 千歳船橋駅より徒歩3分)
3/23(土)       14:30 18:00
3/24(日)  11:30 14:30 18:00 
(20分前開場)
料金 前売 2500円/当日 2700円 ご予約はこりっちページより、ご予約いただけます。

 ☆冷たいももじるスープ『この子より優位に立ちたい』
 よくカフェでひとり、仕事をしていると隣のテーブルでの会話が聞こえてきます。いつだったかもそうでした。女性が数人、話すのは夫の愚痴や、仕事の愚痴。よーく耳をそば立てて聞いてると、愚痴を言っているようで自慢話にしか聞こえなかったりする。お互いに『すごいね~』って褒め合ってるけど、え、全然思ってないでしょ?って丸わかりだったりする。でも、当の本人たちはその事実に気が付いていないようだ。なんて異様な空間なのかしら・・・ただ、きっと自分もそうなんだ。自分もそうだからわかるんだ。でも他人には言わない。性格悪いのバレちゃうし。だから、お芝居にしてみました。思う存分盗み聞きしてください!
 ☆ぐつぐつ闇鍋スープ『バグシチュー』
 パワーマン君がインタビュー芝居を作るんだと騒いでおりました。インタビュー芝居ってなんだよ、と思って話を聞くと、ようは昔の友達(数年ぶりに会うさして仲良くもない人)にインタビューをして芝居にするらしいのです。パワーマン君は昔の友達(通称バグとシチューというあだ名の二人)にアポをとってウキウキしながら、インタビューに向かっていきました。なんだか、変なことをするなと思ったのですが、流れで演出をやることになりました。変なことになりました。それと、パワーマン君は酔っぱらって僕に演劇を語ってきます。ろれつが回ってないのでなんのこっちゃです。話が長いので嫌な気持ちになりました。頑張ってほしいですね。(ぼんぐり)」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団冷たいかぼちゃスープ劇団ホームページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

β歌劇団 旗揚げ公演 お下劣軽演劇『ボロボロードウェイ』

作・演出 β(WAHAHA本舗)
【出演】β(WAHAHA本舗) 川原真衣 heana 岩倉真彩(Theatre Ort/ヒラオカンパニー) 真坂雅(重惑[omowaku]) 生野和人(ハンザキ/アシカビ) 佐々木彩(碗プロダクション) 弦之介 小口美雪 吉澤真弓(劇団 夢幻) 楠口鉄太(株式会社ピーキューブガレージ)
【スタッフ】
作・演出・作詞・美術 β
作曲・演奏・宣伝美術 川原真衣
編曲プロデュース marico
振付 吉見麻美(THE吉見麻美公演)
舞台監督・舞台装置 佐藤秀憲(ステージメイツ)
照明 南香織(LICHT-ER)
音響 久郷清
幕製作 つちや紗更
制作 秦野秀平(劇団未成年)・貴子ひめ
【協力】アシカビ、重惑[omowaku]、Theatre Ort、ボイス&ボーカル教室Studio Piece、ステージメイツ、ハンザキ、ヒラオカンパニー、株式会社ピーキューブガレージ、劇団未成年、劇団夢幻、LICHT-ER、WAHAHA本舗、碗プロダクション
【劇場】シアター711 (小田急線・京王井の頭線下北沢駅) 東京都世田谷区北沢1-45-15 tel/03-3469-9711

2019年4月3日(水)~7 日(日) シアター711
【上演スケジュール】
4月3日(水)19時
4月4日(木)19時☆
4月5日(金)14時★/19時
4月6日(土)14時◎/19時
4月7日(日)14時
※上演時間約90分予定
※お飲み物販売あり!食べ物持ち込み自由!!
※下記マークのついている回は、本編終了後15分程度のアフターイベントがございます。☆オカマの日スペシャルイベント
★βの小部屋
◎βのヒットスタジオ
【チケット】 前売¥3500 当日¥4000 リピーター割引¥2500

 東京にて、β歌劇団 旗揚げ公演 お下劣軽演劇『ボロボロードウェイ』が上演されます。
 「地球のどこかにある舞台、ボロードウェイが舞台、散文座と駄文座という二つの劇団のお話。激動の時代に芝居と共に生きた人たちの、ちょっぴり切なくてちょっと泣けてどこか滑稽な人生賛歌。舞台があるから生きていける 舞台の上だと生きた心地がする 完璧がないからまた演れる 自然に自然に反射ができるやうに... 舞台に魅せられて」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


【企画・製作】β歌劇団


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年3月 1日

尾鳥ひあり「雨のパ! 踊る子猫と幽恋」

作・演出:作:尾鳥ひあり、演出:西岳(シラカン)
キャスト:平井寛人、村上はな(以上、尾鳥ひあり)、岩田里都、春木来智(以上、2名シラカン)他
スタッフ:舞台美術:安田咲子(尾鳥ひあり) 舞台監督:前田和香 衣装:山口眞子 音楽協力:丹野武蔵 照明オペレーション:三浦コウセイ 照明プラン:斎藤桜子 制作・プロデュース:尾鳥ひあり ディレクター:チカナガチサト(尾鳥ひあり)、木村友哉 音響:福田洸弥(Minds) 協力:シラカン 

日時:2019年4月20日(土) 13:00 18:00 4月21日(日) 13:00 18:00 4月22日(月) 13:00 
場所:北千住BUoY(北千住駅各線から徒歩15分ほど)
料金:一般:1000円、U-22:800円

 東京にて、尾鳥ひあり本公演『雨のパ!』が上演されます。
 「本作ではUKロックからの影響を受け、尾鳥の故郷の村をモチーフにそこに暮らす幽霊たちの生活に焦点を当てる巡礼の作品。初回の演出家として、佐藤佐吉賞優秀賞等の経歴を持つシラカンの西岳が迎え入れられる。ポエトリーラップを作中に挿入する作風のバーチャル演劇作家尾鳥ひありが、能の構造を流用した作品づくりをおこなう。音楽制作も尾鳥ひありによって執り行われる。なお、オープニングアクトとして開場前に公募制の自主映画上映会を予定している。司会は平井がおこなう。長い路上を進んで奥底にあった村へ家事手伝いとして派遣された女は、みすぼらしい身なりの人々と多く通り過ぎ、目的地である派遣先が豪邸であることに悦ぶ。優越感を抱く女であったが、雇い主の男を発見した時、男は寝転がり、背を少し浮かせて虫のように動いていると見えた。女は『幽霊』と思う。すると村が起き出して、様々な解釈での『幽霊』のような人々が行き交い始め、2人の仲は進展する。アダルトナルシスティックな人々による群像グラフィティ。成人漫画家クジラックス氏の『ろりともだち』を一部原作に、幽かな恋の道程を追う。人が死んでから49日間の成仏するまでの時間をピックアップし、村にはびこる幽霊たちの珍妙な会話に耳を澄ませる。深夜の廃病院で集団自殺をする者たちなどから、村の呼吸が浮かび上がってくる。『浮き男を目撃した女』を主軸に、それぞれの者たちがまた成仏に至るまでを追う、上演作品。
 こんにちは!普段は『iclone7』や『perception neuron』を用いた【V演劇】を作っている尾鳥ひありです。このたび行う外に出た公演では、モーションギャラリーにてクラウドファンディングをおこなっております!ただぶっちゃけ、これが成功していくのかは苦い、、思いはクラウドファンディング手続き手順のページに書いたので、そちらを御覧ください!!成人漫画家クジラックス氏の著書を一部原作に、佐藤佐吉演出賞2018を受賞する等の活躍をしている西岳(シラカン)が演出の舞台です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


尾鳥ひありホームページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年2月27日

雲南市演劇によるまちづくりプロジェクト実行委員会「KIRINJI 新説・山中鹿介」

作・演出:脚本・演出:亀尾佳宏
キャスト:堀江花、宍道希典、赤名萌 他
主催・お問い合わせ:雲南市演劇によるまちづくりプロジェクト実行委員会
事務局:チェリヴァホール内 Tel.0854-42-1155 Fax.0854-42-1251


日時:2019年3月23日、24日
場所:雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール JR木次駅から徒歩1分
料金:前売り:一般2,000円/大学・高校生1,000円/中学生~4歳500円 当日:一般2,500円/大学・高校生1,500円/中学生~4歳700円

 島根にて、雲南市演劇によるまちづくりプロジェクト実行委員会「KIRINJI 新説・山中鹿介」が上演されます。
 「敗者が生んだ歴史がある―
 時は戦国時代。かつて『十一州の太守』と呼ばれ、中国地方で一大勢力を誇った尼子氏であったが1566年、毛利氏に居城であった月山富田城を奪われてしまう。生き延びた山中鹿介と立原源太兵衛は尼子家復興と月山富田城奪還に執念を燃やし、長きにわたり強大な毛利に抵抗する。一方1582年、天下統一を目前にした織田信長は、最も信頼をおいていた家臣であった明智光秀の急襲を受け、京都本能寺で討たれる。『天下布武』の理想を果たすべく信長と共に歩んでいた光秀はなぜ、謀反を起こしたのか...敗れてもなお立ち上がり再び出雲へ帰還することを夢見た麒麟児・山中鹿介の不屈の半生と、この国を大きく動かした戦国時代のクライマックスとも呼べる事件がいま交差する!
 地元の英雄・山中鹿介の生涯を、山陰両県のメンバーで贈る。尼子再興の為に何度倒れても立ち上がる、その力強さを皆様にお届けしたいと思います!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(坂上さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [中国]

2019年2月25日

演劇集団アクト青山 テアスタ(春)『岸田國士短編選』

作:岸田國士

2019年3月20日(水)〜24日(日)
3月20日(水)『驟雨』 
演出:菊地正仁 出演:安斎真琴 菊地正仁 竹田真季 葵ミサ
16:00/19:00
3月21日(木・祝)『葉桜』
演出:渋谷結香 出演:犬井のぞみ やまなか浩子
13:00/16:00/19:00
3月22日(金)『恋愛恐怖病』
演出:中西彩乃 出演:山本愛花 伊藤潤 永野仁海
16:00/19:00
3月23日(土)『留守』
演出:桃木正尚 出演:芳谷碧 蔭山みこ 佐古達哉
16:00/19:00
3月24日(日)『紙風船』
演出:小西優司 出演:出田君江 高村賢 華奈
13:00/16:00/19:00
*開場は開演の30分前
*開演後のご入場はご遠慮頂いています
*開演は事情により5分程度遅れる場合があります
*『留守』は本編中、喫煙シーンを予定しています
*『紙風船』は客入れ時、森加奈恵によるライブを予定しています
〈場所〉演劇集団アクト青山アトリエ 世田谷区北烏山7-5-9
アクセス 京王線千歳烏山駅より徒歩20分 千歳烏山駅前より小田急バス『吉祥寺行き』にて『ときわ橋』下車1分。吉祥寺駅より小田急バス『千歳烏山行き』にて『ときわ橋』下車1分。
〈チケット料金〉¥2000(早着割¥300有り) ※『紙風船』のみ¥2500
〈ご予約 〉 *紙風船はこちらからご予約ください


 東京にて、演劇集団アクト青山 テアスタ(春)『岸田國士短編選』が上演されます。
 「近代古典に欠かせない作家・岸田國士の1幕ものを、日替わりで上演致します。岸田國士の戯曲で育ったアクト青山が春に送る5つの短編。短い中に秘められた岸田國士の魅力、是非アトリエで間近にお楽しみ下さい。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


〈公演Twitter〉
〈演劇集団アクト青山活動ブログ〉

(児玉さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年2月21日

劇団東演『マクベス』

作・演出:作/W.シェイクスピア、演出/V.ベリャコーヴィッチ
キャスト:豊泉由樹緒、能登剛、南保大樹、神野三鈴、他
スタッフ:翻訳/佐藤史郎、演出補/O.レウシン

日時:2019年3月24日~4月7日
場所:シアタートラム・三軒茶屋
料金:一般5500円、シニア/5000円(65歳以上) 、u25/3000円(25歳以下)、 プラスワンチケット/16500円(3名様のグループで+1名様ご招待)


 東京にて、劇団東演『マクベス』が上演されます。
 「反乱軍との戦いに勝利したマクベスは、ともに戦ったバンクォーと息高く国王・ダンカンのもとにはせ参じる途中、三人の魔女たちに出会う。魔女たちは、マクベスはコーダーの領主となり、やがて国王になる運命にあると予言する。そして『正義は悪、悪は正義!』と呪文を口にしながら消えていった。思いもしない不気味な予言に動揺しながらもあり得ないことと一笑に付し、国王・ダンカンへの戦勝報告のために急ぐのだった。しかし事態は魔女たちの予言通りに推移していく。戦いの功により国王はコーダーの領主にマクベスを任じたのだ。『魔女どもは真実を知っていたというのか!ということは・・・・』。驚くマクベスは夫人にことの成り行きを話す。『それは予言よ・・・・きっと運命がそう約束したの。だって運命は気まぐれにあなたの頭に王冠を載せたりしない筈。忘れないで、その王冠をご自分の頭に載せるのはあなた自身だってことを!』・・・・運命の扉は果たして・・・・。
 近年、『どん底』『ハムレット』『検察官』と劇団東演で精力的に演出してきたV・ベリャコーヴィッチ最後の演出作品。劇団創立60周年記念公演の第一弾としてモスクワ・ユーゴザパト劇場と提携し総力を挙げて上演します。現・芸術監督、O・レウシン氏が演出補として俳優、スタッフと来日、今までにも増して、スリリングな衝撃の舞台、光と闇の『マクベス』を、ベリャコーヴィッチ追悼の気持ちも込めて皆様にお届けします。この作品はベリャコーヴィッチが日本での上演を熱望し、果たせなかった因縁の舞台です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団東演ホームページ

(南保さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年2月19日

劇団おしゃれ大学「ハムレット」

脚本 W.シェイクスピア 訳 小田島雄志
演出 青柳瑞樹
CAST 青柳瑞樹 天真大貴 もりまりえ 坂井伸治 加田斎(日本大学芸術学部映画学科講師) とろかし 大村俊輔(劇薬混入団すくらっち) 姉川相(日本大学芸術学部映画学科演技コース) 田谷佳奈子 中田寿輝 平井泉 サムライ長次郎(劇団裏長屋マンションズ) 岡崎森馬 春乱 谷篤(日本大学芸術学部映画学科講師)
ゲスト 中島まさる(歌手) 佐々木亜希子(活動弁士)


料金 前売り3500円 当日券4000円
チケット予約
3月21日(木/祝)~3月24日(日)
21日18:00~ 
22日18:00~ 
23日14:00~ 18:00~ 
24日13:00~ 17:00~ 
開場は開演の30分前(上演時間は2時間を予定)
宣伝動画


 埼玉にて、劇団おしゃれ大学「ハムレット」が上演されます。
 「所沢を中心に活動中、結成15年の『劇団おしゃれ大学』がW.シェイクスピアの『ハムレット』を上演。演出・主演は、日本大学芸術学部映画学科講師で、ドラマ『とことこところざわ探偵社』などをプロデュースした青柳瑞樹。『エンターテインメント・教育・芸術』の観点から『地産地消型演劇』として、日本大学芸術学部の講師らと共に、新たな可能性を追求し行う。映像をはじめとした劇団独自の視覚的なアレンジを施し『エンターテインメント』『芸術』『教育』をテーマとした文化活動の新たなチャレンジをする。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団おしゃれ大学ホームページ

(青柳さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年2月14日

Manhattan96 ミュージカル『マリーと七色の部屋』

脚本:今井夢子(椿組/Manhattan96)
音楽:高崎真介
演出:大杉 良
指揮:福井雄一

<パレットチーム>大内慶子 (オフィス・エイツー) 大柿友哉 立枕夕佳 石井仁美 (明治座アートクリエイト) 川目晴香 久保早里奈 (AQUA Dream) 伊藤かの子 大上のの 村田沙織 (PAO) 津山 智 杉村理加 (テアトル・エコー)
<キャンバスチーム> 田邊来菜 中野亮輔 (青年座) 矢鳴優花 小原千佳 上森真琴 柳川知緩 加藤伊吹 長尾 愛 大迫七重 石福敏伸 岡田 静 (MASH)
<全ステージ出演ダンサー> 渡辺香織 西 綾夏 林菜々子 須田さくら (アヴィクション)
<全ステージ出演シンガー> 竹之内希美 佐藤千裕 (劇団ファイ・カンパニー) 井浦春薫

ヴァイオリン・コンサートマスター:長崎真音
チェロ:手塚春菜/石貝梨華
マルチリード:近藤 淳
ピアノ:伊藤祥子/三橋美笛
打楽器:大場章裕/上原なな江
ベース:鈴木 智

振付:伊藤南咲
美術:根来美咲(青年座)
照明:宮野和夫
音響:田島誠治(Sound Gimmick)
衣装:橋本龍二
ヘアメイク:我妻淳子
宣伝スチール・小道具協力:松本淳市
宣伝美術・当日運営:黒田哲平(Voyantroupe)
舞台監督:川崎耕平
制作:小宮凜子
稽古ピアノ:伊藤祥子・三橋美笛・山32F?%
主催 マリーと七色の部屋実行委員会
協力:プロメイク 舞台屋


2019年2月27日~3月3日 @新大久保 R'sアートコート

 東京にて、Manhattan96 ミュージカル『マリーと七色の部屋』が上演されます。
 「マリーは不器用な性格で、高校のクラスメイトとも馴染めず、ひとり大好きな絵を描いては、自分の世界に閉じこもってばかり。ある日、マリーの絵に突然落書きをしてきた、クラスメイトのダニエル。『目には見えないけれど、そこにあるかもしれない』と自分の想像した世界を描くダニエルに、はじめは戸惑うマリーだったが、絵を描くことで、徐々にふたりは心を通わせていく。しかし、初めて約束を交わした日、ふたりは大きな事故に遭ってしまう。目を覚ましたマリーが迷い込んだのは、『色のない世界』。困惑するマリーを助けに現れたのは、七色の絵の具たち!?個性豊かな絵の具たちに振り回されながら、マリーは色を取り戻すため、レッスンを始めることに・・・。『描きたい。描きたい!あなたとふたりで、絵を。これが、あたしの色!』
 『自分の色』が見つからない不器用な少女マリーの葛藤と成長を、圧倒的な色彩と、豪華な生演奏のオーケストラで描く、至極のオリジナルミュージカル!Manhattan96でレビューを作り続けている今井夢子の鮮烈な脚本、そして音楽で新しい舞台の美を追求する高崎真介が、言葉と音楽の関係を鋭く追求する演出家、指揮者とともに、みずみずしく壮大なミュージカルに仕上げました。―この世はなんて鮮やかで 色とりどり輝く わたしとあなたが混ざったら 何色より美しい―」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年2月13日

秋田雨雀・土方与志記念青年劇場 第121回公演『つながりのレシピ』

―『妻が遺した一枚のレシピ』山田和夫著(青志社刊)より―

作・演出:作=福山啓子、演出=関根信一


日時:2019年4月5日~14日
場所:紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA
【日程】
5(金)19:00
6(土)14:00
7(日)14:00
8(月)休演日
9(火)14:00/19:00
10(水)14:00
11(木)14:00/19:00
12(金)19:00
13(土)14:00
14(日)14:00
【チケット】前売 一般5150円(5名以上で団体割引4650円) U30(30才以下)3100円 中高生シート 1000円(各ステージ10席限定)
【お申込み】TEL03-3352-7200 こちらのメール


 東京にて、秋田雨雀・土方与志記念青年劇場第121回公演『つながりのレシピ』が上演されます。
 「この度青年劇場は、山田和夫氏著『妻が遺した一枚のレシピ』(青志社刊)を枠組みにした作品『つながりのレシピ』を上演いたします。人と人との交流をあたたかな視点で描く、座付作家・福山啓子の書き下ろし作を、LGBTの当事者であり劇団フライングステージ代表の関根信一氏の演出でお届けします。定年直後に妻を失い孤独に陥った男が、元ホームレスや精神障害を抱える人々と共に進める『順調に問題だらけ』のパン作りを通して、『人』とつながり直していく...断絶する社会から共生する社会へ。今はその転換期なのではないでしょうか。私たち青年劇場は、その転換期を乗り越える力とは何か、人が真に豊かに生きる未来とは、作品を通して皆様とご一緒に考えてまいりたいと思います。ぜひお誘いあわせてご観劇ください。お申込み心よりお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページへ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年2月12日

plan-B共催公演 櫻井郁也ダンスソロ『トラ・ラ・ラ』

SAKURAI IKUYA DANCE SOLO " TORA LA LA"


【スタッフ】
ダンス・光・音:櫻井郁也、美術・衣裳:櫻井恵美子
企画制作=十字舎房、共催=plan-B

【開催日時】2019年
4月6日(土)20:00開演
4月7日(日)19:00 開演
*ロビー開場=各回開演20分前。
【会場】 plan-B (プランビー) 〒164-0013 東京都中野区弥生町4-26-20-B1 TEL 03-3384-2051 
【アクセス】
□東京メトロ丸の内線『中野富士見町』駅下車徒歩7分・中野通り沿い 
□JR中野駅南口より京王バス1番 渋谷行/新宿駅西口行約10分『富士高校前』下車すぐ
【料金】 
・予約 2,800円(当日払い/各回とも前日まで受付)
・当日 3,000円(開場時発売/残席分のみ先着順)
・前売 2,500円(事前振込/申込〆切=3月末日)
・学割 1,500円(学生証提示/大・中高・専)
※各回50席まで。なるべくご予約または前売をご利用ください。
【チケット申込・予約】十字舎房チケット申込フォーム

 東京にて、plan-B共催公演 櫻井郁也ダンスソロ『トラ・ラ・ラ』が上演されます。
 「舞踊家の櫻井郁也が最新作を上演。現代に充満する不安や狂気からこみあげてくる衝動やイメージの断片が無秩序に溢れる黙示録的ダンス。ラディカルな世界観とともに展開される研ぎ澄まされた肉体表現が、刺激的なダンス空間を発生させる。櫻井は舞踏のパイオニアの一人である笠井叡に師事したダンサー・振付家で、ポルトガルやルクセンブルクなどの海外招聘や長崎原爆70年忌公演をはじめ、様々な踊りの場を各地で展開しながら、本作をふくむ東京plan-Bでのソロシリーズを18年におよび継続。観客とダンサーが接近する空間での高密度のダンスパフォーマンスは、個人が個人を見つめるリアルな現場として毎回高い評価を得ている。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、TEL=080-3507-3860(当日はplan-B= 03-3384-2051のみ) まで。

櫻井郁也/十字舎房オフィシャルHP


(櫻井さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年2月10日

若手演出家コンクール2018最終選考出展作品 すこやかクラブ『ささやきの海』

演出:うえもとしほ
舞台監督:小林弘直
音響:田中傑
照明:鶴田聡・小坪加奈
衣装:保高美千代
制作:笛木かなえ
音楽提供:スッパマイクロパンチョップ
出演:石原夏実(すこやかクラブ) 甲斐美奈寿 日下麻彩 佐久間文恵

日時:2019年2月26日(火)19:00
3月 2日(土)20:00
会場:下北沢『劇』小劇場
受付開始は開演の45分前より受付順に整理券配布
料金:前売 2000円 ※1枚のチケットで4団体観劇可能(要予約)
ご予約フォーム


すこやかクラブとは
すこやかクラブ うえもとしほ:作・演出・振付・主宰 演出家・振付家のうえもとしほが主宰を務める劇団。2011年に立ち上げ。日常に潜むときめきや不条理をあらゆる身体動作で表現。演劇、ダンス、歌、分け隔てなく取り入れて、総合格闘技格闘技さながらにボディーブローを効かせるのが持ち味。立川市にある旧校舎を活用した文化施設 "たちかわ創造舎" を製作拠点に活動。演出うえもとが第9回せんがわ劇場演劇コンクール演出家賞受賞

 東京にて、若手演出家コンクール2018最終選考出展作品 すこやかクラブ『ささやきの海』が上演されます。
 【絶え間なく波打つささやきは哀しい記憶を呼び覚ます。とりとめもなくさまよう私は、やがてどこへと行きつくのだろう。】どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

すこやかクラブホームページ

(うえもとさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団FREE SIZE 特別公演『shuffle! 6』

作・演出 いよく直人
出演 中村利裕 龍太郎 陽 周藤達也 長井愛彩 谷もも (以上、劇団FREE SIZE )
ゲスト(50音順) 青木素姫 奥田咲 黒澤佑來 小濱光洋 桜浩之助 清水万莉 平山恵 村岡海 森川凜子
ジュニアゲスト(Aチーム) 今牧輝琉 石川未寿々 鳥海萌々菜
ジュニアゲスト(Bチーム) 牟田隼輔 熊本梨乃 宮野蘭花

◎チケット 前売3,500円 当日3,800円(日時指定、全席自由)
◎会場 日暮里d-倉庫 (〒116-0014 東京都荒川区東日暮里6-19-7)
◎タイムスケジュール
3月28日(木) A19時~
3月29日(金) B19時~
3月30日(土)B13時~ A18時~
3月31日(日)A13時~ B18時~
・Aチーム・Bチームは、ダブルキャストとなります。
・受付は開演の1時間前、開場は30分前です。
・未就学児童の方の入場はお断りさせていただきます。
公式HPはこちらから!
チケットのご予約は、こちらから!

 東京にて、劇団FREE SIZE 特別公演『shuffle! 6』が上演されます。
 「新作ショートストーリー5本立て!古典落語から着想を得た作品から完全オリジナル作品まで!熱いテーマも熱いメッセージも厚いマニュアルもありません!初めての方でも、どうぞお気軽に!This is the FREE SIZE world!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年2月 6日

演劇やろう会第10期公演『練馬版・父帰る』

作・演出:演出/脚本  畑嶺明
キャスト:■赤組:水沢有美(歌手、女優、声優)、御宿このむ、田原みずほ、鴨志田ヤスヒロ、清水理紗子、古川祐樹、熊谷里美、星野瞬、佐藤コウジ、鈴木竜太、濱田美波、水野里美、廣川千紘、睦 ■白組:御宿このむ、田原みずほ、浅野嘉隆、林昇輝、美保、藤井みん、星野瞬、佐藤翼、小林大祐、高峰華、籾山沙央里、皆口湖雪、睦
スタッフ:舞台監督:富田一三


日時:公演日 2019年5月4日(土)~5月5日(日) 4日(土)赤組15:00開演 白組18:30開演 5日(日)白組13:00開演 赤組16:30開演
場所:野方区民ホール 〒165-0027 東京都中野区野方5-3-1 野方区民ホール 電話 03-3310-3861 FAX 03-3310-3860 開館時間 9:00~22:00
アクセス ◇座席表
料金:チケット:各回ともに全自由席2,000円(税込み) * 一日通し券は3,000円(税込み) *小学生低学年以下、入場不可

 東京にて、演劇やろう会第10期公演『練馬版・父帰る』が上演されます。
 「30年前突然家族を捨てて出て行った男。年老いて、ふいに家族の前に現れる。衝撃の娘・・・『あなたなんか死んだと思っていた!』 私の前に二度と現れないで!男は何をしに来たのか? 娘に何を言いたかったのか?そして・・・娘の父への本当の思いとは?
 作者の畑嶺明先生の実体験を織り交ぜたオリジナル書き下ろし作品です。感動必至の作品ですので是非皆さんお誘い合わせの上ご来場ください。多くの方に是非見てもらいたい作品となっています。白組出演者:浅野嘉隆より」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせ・ご予約は、こちらのメールまで。

演劇やろう会公式HP
facebook
twitter : @engekiyaroukai


(浅野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

謎のキューピー 第14回公演【ゾ・ゾ・ゾンビ】

●脚本● 立川志らく
●演出● 酒井莉加
●出演● コロンボデンゾー(謎のキューピー)、野崎詩乃、田中絵梨、浦田有、久保京子、篠崎徳光、箱田博之、ハマジュン、松原蓮之介、村田真一、立川
らくまん、タコ太郎(謎のキューピー)

2019年2月14日(木)~17日(日)
中野・スタジオあくとれ(東京都中野区中野2-11-2 サン中野マンションB1)
●タイムテーブル●
2月14日(木) 19:00
2月15日(金) 14:00/19:00
2月16日(土) 13:30/18:00
2月17日(日) 13:30
●料金● 予約3,000円 当日3,500円
【Uー15】前売り1500円、 当日2000円
【リピーター割】1500円 ...半券をご提示下さい
●ご予約● 予約フォーム(劇団扱い) ※出演者扱いのフォームもあります※


 東京にて、謎のキューピー 第14回公演「ゾ・ゾ・ゾンビ」が上演されます。
 「女優・演出家で、落語家・立川志らくの妻でもある酒井莉加が主宰。志らく主宰劇団、下町ダニーローズの親子劇団として年2回程度のペースで公演を重ね、本公演12回、特別公演1回、計13公演。珍しいゾンビものの演劇です!いかがでしょうか?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年2月 5日

劇団★kocho35周年記念公演『音楽劇 月曜日は○○の日』

脚本・演出/桜さがみ
CAST(kocho) まえだふう まえだみんと まえだもか しょーじ 宮叶子
ユキサユリ 牧田璃子  江崎実祐 村山弘基 岩﨑陸 為田ひより
GUEST 伊藤えん魔 早川丈二(MousePiece-ree) 井路端健一(演劇集団・ザ・ブロードキャストショウ) りん(松竹芸能) 松岡愛奈 佐々繁帆果(エイべックスマネジメント(株)) 塩竈葵 たーりー(劇団コミックパワーボックス) 南光愛美(劇団猫の森)   美津乃あわ

2019年3月30日(土) 15:00/19:00開演 
2019年3月31日(日) 12:00/16:00開演
HEP HALL 大阪市北区角田町5-15 (HEP FIVE 8F)
一般 前売3,000円 当日3,500円 22歳以下 前売2,000円 当日2500円(当日身分証提示)※未就学児童の入場はお断りしています。
日時指定/全席自由席  受付は各開演45分前 開場は開演30分前
●シバイエンジン予約 『月曜日は○○の日』
●ブログ予約 『kochoとゆかいな仲間たち』
劇団☆kochoメール予約
お名前・電話番号・ご希望日時・チケット枚数をお知らせください。返信をもって受付完了とさせて頂きます。
●HEP HALL 電話予約 06-6366-3636( 11:00~18:00 )


 大阪にて、劇団★kocho35周年記念公演『音楽劇 月曜日は○○の日』が上演されます。
 「うわべだけの賛辞、差し障りのない適当なお付き合い。それがご近所さんとうまく生き抜く方法。プライバシーという名の壁で守り、武装しながら生きる主婦たち。そんな強者の中に、突然放り込まれてしまったある女子高生。学業と主婦業、次々と巻き起こるハプニングの数々。女子高生 VS 主婦!反抗期世代と更年期世代のバトルヒューマンコメディ。果たして女子高生の未来は!?
 劇団創立35周年記念公演にふさわしく、劇団にゆかりのあるゲスト陣を招き、超日常エンタメ演劇の世界観を演出。ヒロインは現役JK。勢いのある若手のフレッシュな演技と華やかなダンス。kocho女優陣の優しい表現に実力派ゲストの光る演技。昭和の香りが漂う笑いを平成生まれの若手が担う平成最後の舞台。暑苦しくさわやかな感動に包まれる渾身の作品。お見逃しなく!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]