公演案内ページ | 演劇交差点トップページへ

2024年2月27日

『N/KOSMOS-コスモス』

[Dance, Theater, Music] 3月21日(木)~24日(日)_東京芸術劇場_日本とポーランド、小池博史とグロトフスキ研究所との国際共同制作『NKOSMOS コスモス』

【出演者・スタッフ】
脚本・演出・構成・振付:小池博史
演奏・作曲:ヴァツワフ・ジンペル
美術:山上渡、小池博史
出演:松島誠、今井尋也、荒木亜矢子、中島多羅、野村陽介、
シルヴィア・H.レヴァンドスカ、マレク・グルジンスキ、カシュカ・ドゥデク、ダビット・バロヤン、アリチア・チルニヴィッチ
主催:株式会社サイ
共催:グロトフスキ研究所(ポーランド)
協賛:蓑田秀策、ポーランド広報文化センター、EU・ジャパンフェスト日本委員会
後援:外務省、豊島区
都民芸術フェスティバル主催:東京都/公益財団法人東京都歴史文化財団
Adam Mickiewicz Institute、Ministry of Culture and National Heritage Republic of Poland、Co-financed by the Minister of Culture and National Heritage of the Republic of Poland

【日時】2024年3月21日(木)~24日(日)
アフタートーク ★
3月21日(木)19:00開演
3月22日(金)19:00開演 ★ 小池博史(演出家)× 西成彦(比較文学者)
3月23日(土)13:30開演/18:30開演 ★ 小池博史(演出家)× 山城知佳子(映像作家、美術家)
3月24日(日)14:00開演 (開場は開演の30分前)
【入場料】前売券:一般 5,500円/U25 3,300円/高校生以下 2,800円
※全席自由 ※当日、年齢の確認できるものを提示していただく可能性があります。
【場所】東京芸術劇場シアターイースト
【 チケットのお申し込み】
※上記の予約方法が難しいようでしたら、こちらのメール、03-3385-2066までご連絡ください。

 東京にて、『N/KOSMOS-コスモス』が上演されます。
 「【日本とポーランド、演出家 小池博史とグロトフスキ研究所との国際共同制作舞台『N/KOSMOS-コスモス』のご案内】
 昨年2月、世界的に知られたポーランドのグロトフスキ研究所と幣プロジェクトの国際共同制作・公演をポーランドのヴロツワフにて行いました。それが装いも新たに、『N/KOSMOS-コスモス』として東京芸術劇場シアターイーストにて、3月21日(木)~ 24日(日)、上演いたします。Nは英語のNew、ポーランド語ではNowy のNに当たります。本作品はノーベル賞の候補にも上がったゴンブローヴィチの最後の小説であり、まさしく迷宮に入っていくかの如き混沌とした作品です。ポーランドからは5人の出演者と1人の音楽家が来日。音楽家は作曲家でもあるヴァツワフ・ジンペル。彼のアルトクラリネットのソロ、それはそれは素晴らしいもので、昨年の音楽制作時も、非常に楽しい会話から音が次々と生み出されていきました。さらに今回は現代美術家の山上渡が加わり、去年にはない驚くべき美術が展開されます。時間が経つに連れて徐々に沁みてくる作品となるでしょう。本作品は昨年2月にポーランドの文化都市ブロツワフで上演され、昨年1年間の演劇作品群のベストにも選ばれている作品です。また本公演は『2024 都民芸術フェスティバル』現代演劇部門の参加プログラムとして選出されています。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

【公演概要】
【都民芸術フェスティバルHP】
小池博史ブリッジプロジェクト‐ Odyssey/株式会社サイ 公式HP


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2024年2月26日

B.LET'S第21回公演『箱の中の4人』

作・演出 滝本祥生
■出演者(五十音順)
Aキャスト 石松千明 茶木乃々 野上絵理(演劇集団 円) 丸山小百合(SkyTheaterPROJECT)
Bキャスト 瓜田愛 穂高 松谷由香 吉田美緒(イッツフォーリーズ)
■スタッフ
脚本・演出 滝本祥生 照明 正傳静 音響 ○○○○ 舞台監督 高藤香織 
舞台美術協力 奥村泰彦 演出助手 大田康太郎 制作 江口愼一 宣伝美術 YUYA(Ateiie FOLK)
協力 演劇集団円・オールスタッフ・SkyTheaterPROJECT
■ 助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【東京ライブ・ステージ応援助成】


■日程 2024年4月17日(水)~21日(日) (全8回公演)
4月17日(水)19:00 A
4月18日(木)19:00 B
4月19日(金)14:00 B ・19:00 A
4月20日(土)14:00 B ・18:00 A
4月21日(日)13:00 A ・16:00 B
チケット(日時指定・自由席) 前売3500円 当日4000円 学生3000円(前売のみ) 
受付開始は開演の1時間前、開場は30分前です。未就学児童の入場はお断りしています。学生券は学生書提示をお願いします。
■チケット取扱
チケット予約 (当日清算) CoRich
チケット購入(一般のみ)
■ 前売開始 2024年3月2日(土)
■会場 小劇場 楽園 東京都世田谷区北沢2-10-18 藤和下北沢ハイタウンB棟BF1

 東京にて、B.LET'S第21回公演『箱の中の4人』が上演されます。
 「彼女らは自らの意思で 箱の中から 出ることはできるのか?
 田舎町のレストラン『アンビエンテ』の地下従業員休憩室に集められた4人の女たち。彼女たちは5年前までこのレストランで働いていた元同僚、決して仲が良かったわけじゃない女たちだったが、今日は特別な日だからと笑顔を取り繕う。5年前に詐欺容疑で逮捕されたこのレストランの元支配人が出所して来る、そのお祝いのパーティーが開かれようとしていたからだ。そんな時、一人の女が『この中に裏切り者がいる』と言い出し事態は一変、お互いに疑心暗鬼となった女たちは、やがて自分たちの本当の気持ちに向き合い始める。2015年に上演し好評を得た女たちのサスペンスコメディを、10年ぶりにダブルキャストで再演する。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


B.LET'Sホームページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

D計画 ACT&LIVE 新作一人芝居音楽劇『恋する看護師』

作 角 ひろみ
演出 岩崎正裕(劇団太陽族)
出演 木全晶子
音楽・ピアノ演奏 橋本剛


日時 2024年
3/30(土)15時・19時
3/31(日)13時・17時
4/1(月)15時・19時
(開場・受付開始は開演時間の30分前)
会場 WINNER 兵庫県伊丹市西台2丁目3-16 072-784-5932 阪急伊丹駅より徒歩4分
料金 前売3200円 当日3500円 (1ドリンク付き)
ご予約

▼D計画とは 木全晶子が兵庫県立ピッコロ劇団を退団後に始めたステージプロジェクト。2021年『OVER THE WALL -伝説の映画女優マレーネ・ディートリッヒ』、2022年『月と首長竜』を上演。


 兵庫県にて、D計画 ACT&LIVE 新作一人芝居音楽劇『恋する看護師』が上演されます。
 「看護師アキコの前に、ある日フユコという女が現れる。『私、あなたに恋をしたの』この二人を結ぶキシダという男は、先月不審な死を遂げている。この三人に一体何があったのか???フユコがアキコに近づいた動機は???
 ひとりで孤独、二人でいても孤独 どうしたらいいかわからない淋しさを抱えながら日々頑張っている、アナタと私にエールを送りたい......そんな作品です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


公演詳細
Twitter

(閑社さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2024年2月25日

劇団演奏舞台 公演82&特別公演『純白観想文』

作・演出:作/江深シヅカ 演出/池田純美
キャスト:鈴木浩二、森田隆義、岸聡子、典多磨、池田純美、浅井星太郎
スタッフ:演奏/THE★演奏部隊 音楽/浅井星太郎 衣裳/岸聡子 小道具/森田隆義 舞台監督/轟太郎 照明・音響/Starlight.sound 制作/劇団演奏舞台制作部


日時:≪本公演≫2024年3月16日(土)13:00/17:00 ≪特別公演≫2024年 3月20日(水祝)20:00、3月23日(土)17:30・
場所:演奏舞台アトリエ/九段下GEKIBA、中板橋新生館スタジオ
料金:2000円~3000円
【予告編映像】
日程ごとに会場・料金・予約サイトが異なります。詳細は公式HPにてご確認ください。

 東京にて、劇団演奏舞台 公演82&特別公演『純白観想文』が上演されます。
 「東京郊外。季節は春だというのに、孫の読書感想文を一生懸命手伝っている元高校教師・源三。彼を尋ねてきたのはかつての教え子だった、斉藤順二。大量の原稿用紙。『羅生門』。散乱する肌着。些細な会話から次第に紐解かれていく事実。どこにでもあるような、どこにもないような、小さく淡い、一個の家族の物語。
 演奏舞台51年目の挑戦!新作の上演が決定いたしました。本作は、約5年ぶりとなる劇団演奏舞台の新作オリジナルです。『家族』という小さなコミュニティの中で、わずかな綻びから生じてしまった悲劇を描いたヒューマンドラマ。前半のシュールで軽やかなコメディタッチとはうらはらに、突然ジェットコースターのように降りかかるシリアスな展開。小さな空間だからこそ実現する、観客の皆様と一緒に作り出す臨場感。ストレートな現代会話劇に、舞台だからこそ実現する演出を取り入れることで、あらゆる角度でお楽しみいただける作品になっています。これまで長きにわたり、演奏舞台の特色としてきたバンドによる生演奏と、俳優陣とのエキサイティングなアンサンブルを追求して参りました。それらが織りなす、"一期一会"の劇空間を是非劇場でお楽しみ下さい。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団演奏舞台ホームページ


(池田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2024年2月20日

劇団キンダースペース 第45回本公演【新・復活2024】

原作:レフ・トルストイ 翻訳・脚色:島村抱月 上演台本・演出:原田一樹
●キャスト
瀬田ひろ美・古木杏子・深町麻子・森下高志・榊原奈緒子・関戸滉生・坂本奈都実・岡田千咲・西本亜美・山崎稚葉・丹羽彩夏・松井結起子
伊藤勉(劇団文化座)・狩野謙(希楽星)・川野誠一(劇団大樹)・森島裕亮(スターダス・21Neu)・山本明寛(スターダス・21Neu)・洲本大輔(劇団昴)

●日時 2024年2月28日(水)~3月3日(日)
2月28日(水) 19:00
2月29日(木) 19:00
3月1日(金)  14:00※ 19:00
3月2日(土)  13:00※ 18:00
3月3日(日)  13:00
※上演後アフタートークあり
3月1日(金)14時......和田啓氏(作曲家)・原田一樹
3月2日(土)13時......内田健介氏(ロシア演劇研究)・原田一樹
●劇場/東京・両国シアターXカイ/TEL03-5624-1181
●料金/活動支援チケット 5,500円 前売券 4,500円 他に演劇養成所生割引・学生割引など有り
コリッチチケット予約フォーム

 東京にて、劇団キンダースペース 第45回本公演【新・復活2024】が上演されます。
 「『後悔は再生にたどり着けるか』初演から10年。あの感動を再び! トルストイ作『復活』は19世紀末帝政ロシアが舞台。ネフリュードフはある殺人事件の裁判に陪審員として出廷、目にした被告はかつての使用人カチューシャだった。十年前、カチューシャの知性と容姿に触れたネフリュードフは恋におち、強引に関係を持ち、金を渡し、去った。カチューシャは私生児を生み、困窮から娼婦に。酒に溺れ、仲間の陰謀で殺人の罪を着せられる。その法廷での再会であった。深く後悔するネフリュードフは追放されるカチューシャを追い、自らもシベリアへ。一方、大正三年、日本では島村抱月の翻案による『復活』が『日本初の歌う女優』と言われた松井須磨子によって演じられた。キンダースペースの『新・復活2024』は、俗説を覆す新事実が発掘され続ける抱月と須磨子の人物像も初演より更に掘り下げ、西洋化と近代化の区別のつかなかった時代に、新しい日本人が男女ともに上げた呻きと叫びを、より鮮明に描きます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、048-252-0551まで。

公演サイト

(瀬田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2024年2月17日

激団リジョロ創立25周年記念第37回公演『ライダー』

作・演出:金光仁三
キャスト:星野桃子、是近敦之、斎藤このむ、中鶴間大陽、久井正樹、月海舞由、勝又諒平、林凜太郎、こんどうひろこ、きの、金光仁三
スタッフ:脚本・演出:金光仁三 舞台監督:斎藤このむ 舞台助手:林凜太郎 舞台美術:金光仁三・moimoi 照明:建部雅代(LINK) 音響:村上隆次(LINK) デザイン:moimoi 衣装・小道具:星野桃子 WEB:貴屋大正 営業・宣伝:激団リジョロ スチール:折井康弘 映像:布川隼汰・Lina 制作:激団リジョロ


日時:4月 12日(金)14:00~/19:00~ 13日(土)13:00~/18:00~ 14日(日)13:00~/18:00~ 15日(月)19:00~ 16日(火)19:00~ 17日(水)19:00~ 18日(木)19:00~ 19日(金)14:00~/19:00~ 20日(土)13:00~/18:00~ 21日(日)13:00~
場所:阿佐ヶ谷シアターシャイン
料金:前売り:4000円 当日:4500円 学割:2500円(高校生以下無料、要学生証) リピート割:2500円(半券持参必須)

☆激団創立25周年記念!!娯楽なんでも応援!!チケット半券割引!!
演劇、映画、コンサート、イベントなど・・どの半券を持参しても受付にて500円割引!!激団リジョロの本公演の半券ならなんと【1,000円】割引します!!(※半券は確認後お返しします。おひとり様1枚のみのご使用に限ります。リピート割との併用は出来ませんのでご了承ください。)

 東京にて、激団リジョロ創立25周年記念第37回公演『ライダー』が上演されます。
 「2025年、少女ジーノは父と星を見るために山に来ていたが、そこで流れ星のように落ちた光に導かれ、"ツーリスト"ダルトンと出会う。彼は彼女の事を"スターゲイザー"だと告げ、宇宙の旅へと誘う。彼女は夢のような話だと喜んだが、父の呼ぶ声に我に返りいつかその時が来ればと約束をし、別れた。それから程なくして、地球はAIによるシンギュラリティの到達を突如として迎える事となる。科学者達は地球最高の頭脳を持つAI、サニーを産み出した。そして地球はサニーの力で世界統一を成し遂げ、更なる文明レベルの向上を求めていく。彼らはニューブリードと名乗り、トランスヒューマニズムを推し進め、機械と人間を融合させた強力な軍事力を産み出し、人類を掌握。感情を奪われた人間達はサニーの創造する世界へと向かっていくこととなる。しかし、その意志に反した人間達は抵抗を続けていた。ジーノの父もその一人だったが、やがて凶弾に倒れてしまう。AI社会の圧倒的な進化スピードになす術が無く、20年もの歳月が流れたが、反体制側に救世主が現れる。ジーノは成長し"死なない戦士"として父の意志を継ぎ、AIの戦力を前に神がかりな力で連戦連勝を続けていた。一気呵成にAIの破壊を試みた彼女だったが、そこには幼少の頃出会ったダルトンが囚われの身となっていた。目論見がばれ、窮地に陥る寸前でジーノとダルトンは宇宙へと脱出するのであった・・・
 関西演劇祭2022にて、MVO(最優秀作品賞)・脚本賞・演出賞を受賞。昨年創立25周年を迎え、記念公演と銘打ち、その第1弾として激団初の宇宙空間を舞台とした作品『ライダー』を上演する。激団ならではのアングラ&ハードコア演劇と、役者の身体を生かしたダイナミックなステージをお届けします。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


激団リジョロホームページ

(星野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2024年2月15日

美術作家と企て屋による二人芝居『夢かもしれない』

【出演】長沢郁美 むらやまちあき
【作・演出】長沢郁美 むらやまちあき
【楽曲提供】村山愛也佳
【音響・照明・協力】劇団ClownCrown


【日時】2024年3月23日(土)13:00開演/16:00開演
※開演20分前より開場 ※約60分の公演を予定しております。
【会場】i Rego Garage ※東京都杉並区荻窪5-29-3 初鹿野ビル2階
※JR総武・中央線/丸の内線 荻窪駅南口a,bから徒歩3分
【料金】1,500円 ※回指定・全席自由・消費税込み ※当日現金精算
【ご予約フォーム】
【注意事項】
・遅れてご来場された場合、入口付近にてお待ちいただくことがございます。
・当会場は土足禁止となっております。お履き物を脱いでご入場願います。
・駐車場、駐輪場はございませんので、公共交通機関をご利用願います。
・水分補給用のお飲み物は、上演中もお飲みいただいて構いません。

【プロフィール】
長沢郁美(出演・作・演出)
美術作家。2006年女子美術大学大学院修士課程洋画専攻修了後、国内外で個展やグループ展、アートフェアなどで作品を発表。 2012年から2年半、中国政府奨学生として上海に留学。主な展示に、個展 UY Art Gallery(台湾)、グループ展 THZ Gallery(台湾)、個展 office339(上海)など。小学生で児童劇団、中学は演劇部に所属し、役者になりたいと夢見るも、やっぱり美術の道に進む。2022年、急に演劇への想いを思い出して劇団ClownCrownに所属。Ito・M・studio演技研究クラス10期生。あれもこれもやりたいタイプ。2024年夏に京都、秋に東京で個展予定。
instagram:@ikuminagasawa

むらやまちあき(出演・作・演出)
企て屋。2019年 明治大学卒業後、大手総合電機メーカーの営業職に就くも二年で退職。その後様々な職を通して社会と自己への理解を深めながら、人間らしい生活を日々営んでいる。2021年 JADP認定上級心理カウンセラー資格所得。2022年 演劇に出会い、劇団ClownCrownに所属。即興演劇の楽しさに魅せられる。向かう先は日常のあちらこちらに『わくわく』を散りばめること。今一番ハマっているものは絵本。
SNS:https://lit.link/murayamachiaki

村山愛也佳(楽曲提供)
音楽家。幼少期を過ごしたアメリカにてピアノを始め、東京都立総合芸術高等学校・桐朋学園大学ピアノ科を卒業。在学中、学内選抜者によるコンサートへ出演、ソリストとしてオーケストラと共演、ドイツとフランスにて短期留学。 現在は村上音楽事務所にて婚礼ピアニスト・生演奏プランナー・後進のピアニスト指導を担当。 Junko Koshino Produce Morning Play 35人のピアニストとしてのライブ演奏などをはじめ、SNS発信、音楽制作を行っている。 "音楽を通して癒しをお届けしたい"という想いが根底に。
Instagram:@ayakas.music
YouTube:@ayakapianochannel

~開演前のプロローグ~
眠りにつく前、お母さんが枕元で話してくれた。
いつもは絵本を読むのに、その日はどうしてか適当に作りながら話し始めた。
なんだかヘンテコで、ワクワクして、ちょっぴり寂しくて、でもあったかい。
まだ聴いていたいけれど、今夜の夢も、きっと楽しくなりそうだ。


 東京にて、『夢かもしれない』~美術作家と企て屋による二人芝居~ が上演されます。
 「ある小さな部屋で出会った、いたずら好きな二人が綴る物語 『シュール』をたっぷり詰めこんだ、短編劇集『毎日、誰かに出会ったり、何かを思ったり、そうやって人間らしく、生きている。でも、ふとした時にこう思う。『人生はすべて、夢なのかもしれない』って。』
 ~ご挨拶~ 今回初めて、単独公演を開催する運びとなりました。演劇のようなコントのようなショートストーリーたちが、お菓子箱のように詰め込まれた内容となっております。堅苦しさはありませんので、ぜひお気軽にご覧ください。よだれが垂れていても、そのままで大丈夫。どうぞお好きなようにおくつろぎいただければと思います。本公演は、『夢かもしれない』という言葉から得るイメージだけを頼りに、二人で一から言葉を紡ぎ、舞台を作りました。私事ではございますが、演劇に出会って、人生を、そして日々を面白がり、愛おしく思えるようになりました。皆様の今日一日を、あなたのこれまでの人生を、そして明日を、ともに笑い、愛する気持ちを共有できましたら幸いです。皆様の世界がぐにゃりと揺れて、終わった後にはほくっと温かい気持ちになってほしいと、ただただそう思っております。皆様のご来場を、ぜひお待ちしております。(むらやま)」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール(むらやま)


同公演の情報ページ

(むらやまさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

存える美製作委員会「存える美」

作・演出:脚本:毛利春香 演出:堀内寛
キャスト:傍見秋(劇団木霊) ,横張美音,大野充樹,植野大樹,正岡橙地


日時:2024/2/24-2024/2/25
場所:吉祥寺櫂スタジオ ・JR中央線・京王井の頭線『吉祥寺』駅より徒歩12分
料金:U23チケット1500円 一般チケット2500円


 東京にて、存える美製作委員会「存える美」が上演されます。
 「日清戦争に勝利し、高揚感のまま軍国主義に傾きつつある帝国日本。人一倍正義感の強い少年・セイギは、町外れの洋館で甘い匂いに包まれた美少女千代子と出会う。初めて兵法以外のものに興味を惹かれたセイギは、友人・トモハルの応援のもと、千代子と親しくなるべく、理由をつけては彼女のもとへケーキを運ぶ。ある晩、千代子はセイギの手土産の一つ、花に興味を示した。セイギは千代子を喜ばせるため、彼女を外へ連れ出すが、薄明と共に千代子はもがき苦しみ始める。苦しむ彼女を救ったのは、軍事技術の最高権威・美波博士だった
 私たちには劇団としての名前もなければ、同じ大学,高校の集まりでもありません。それぞれ別の場所から、舞台への熱意を持って集まった学生16名が存える美製作委員会として、この度吉祥寺櫂スタジオにて『存える美』を上演いたします。主演 豊國正義役には創立70年を迎えた早稲田大学 劇団木霊より傍見秋さんを迎え、出演や脚本には劇団青春の庭のうさぎたちで活躍するメンバーが集まっています。また音響、楽曲提供には藝大音楽学部の方を迎え、それぞれの分野で培った経験を持ち寄った、学生演劇の新たな一歩となる公演です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(中林さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2024年2月13日

キノG-7 サヨナラ公演『ユートピアたより』

作・殿井歩 演出・竹内銃一郎
出演 平山ゆず子 藤田直美 井作仁香来 佐藤海斗 豊島祐貴


殿井歩の「ユートピアだより」を見る パンチの威力はモスキート級で、それこそ蚊に刺された程度のものだが、一発一発は的確にしかるべきところに当てられていて、劇の半ばを過ぎるくらいからじわじわと効いてくる。 (中略)殿井さんの芝居、「ユートピアだより」のこれが感想である。(中略)少なからずのショック! 十分に焼き上げられているとは思えないのに味わい深いパンを食べたような。 (中略)この徹底した慎ましさはなんだろう!?(後略)(竹内銃一郎 キノG語録 2015.12.26より)

日程 2024年2月16日(金)~18日(日)
2月15日(木) 18:00 ※ゲネプロ公開
2月16日(金) 14:00/19:00
2月17日(土) 14:00☆/19:00
2月18日(日) 14:00
・受付開始は開演の40分前、開場は30分前です。
☆アフタートーク 
2月16日(金)14:00の回終演後 ゲスト・殿井歩
2月17日(土)14:00の回終演後 ゲスト・武田操美さん
会場 THEATRE E9 KYOTO
住所:京都府京都市南区東九条南河原町9-1
電話:075-661-2515(10:00~18:00)
交通アクセス
JR 京都駅 八条口から徒歩約14分
東福寺駅から徒歩7分
京都市営地下鉄 九条駅から徒歩約11分
京都市バス16、84系統『河原町東寺道』より徒歩3分
京都市バス 16,202,207,208,84,88系統『九条河原町』より徒歩6分
料金 前売 3,500円 当日 3,800円 25歳未満&60歳以上の方 2,500円(前売りのみ。当日受付にて身分証明書をご提示下さい
ゲネプロ公開(2/15 18:00開演) 入場料1000円
チケット予約
▼キノG-7 予約フォーム (当日精算) TEL 075-555‐7562 (前売は、各公演前日の18時までにご予約下さい)
劇場予約(事前クレジットカード又は当日精算)
宣伝動画


 京都にて、キノG-7 サヨナラ公演『ユートピアたより』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

キノG-7ホームページ


(閑社さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2024年2月 4日

Office FREE SIZE presents vol.36 ジュニアミュージカル♪『ジェイル!2024』

作・演出・作詞 いよく直人
作曲 Chaco / JAN・KEN
編曲・演奏 Chaco
振付 ONOJI
出演
♯チーム 夕樹倫理 小谷野千尋 山崎絢乃 大 芳林憧 彩空 飯野心咲 松井かすみ 中川あずさ 幸村のぞみ 荻原柚穂 瑠莉愛 上田夢 クボダイゴ 横山みずほ 小山夢生 西戸桃那
♭チーム 河合優羽 あいね なつ 木村來愛 羽賀旭冴 凜乃音 長谷川空蘭 髙橋ほまり 楓空 奏帆 米田るあ 青木彩友 徳永湖音菜 龍太郎 木村莉緒 松井理咲 鳳明日香
Re:ON 陽 いしわたりようこ 周藤達也 ????


◎チケット 前売・当日5,000円 (全席自由)
◎会場 ラゾーナ川崎プラザソル (〒212-8576 神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ5F)
◎タイムスケジュール 2024年
3月27日(水) ♯19時~
3月28日(木) ♭19時~
3月29日(金) ♭14時~ ♯19時~
3月30日(土)♯13時~ ♭18時~
3月31日(日) ♭12時~ ♯17時~
・#チーム・♭チームは、ダブルキャストとなります。
・受付・開場は開演の30分前です。
チケットのご予約は、こちらから!

 川崎にて、Office FREE SIZE presents vol.36 ジュニアミュージカル♪『ジェイル!2024』が上演されます。
 「犯罪者の低年齢化が問題となっている、20XX年。ついに当局は成人の壁を取り払い、 年齢を問わず、 刑務所に収監する為の法律を施行した。中でも深刻な社会問題になっているのがIT犯罪。さらにその中でも、超高度なIT犯罪を犯した子どもたちが収監されている場所...『ジェイル』。そこで、子どもたちが目にしたものとは...?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

◎公演特設ページはこちらから!

(周藤さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2024年1月31日

2023年度 神奈川県演劇連盟合同公演『走れ!弥次喜多 ~かながわ・ぶらっどらいん~」

■作・演出
作:福本ぷう之介(プラスティックな月)
演出:中山朋文(theater 045 syndicate)
■出演(五十音順) 東享司 今井勝法(theater 045 syndicate) 宇佐美愛咲(プラスティックな月) 海老名信吾(フリー) 大西真愛(フリー) 影島沙絵(チリアクターズ) 片倉郁 川井眞理子(まりこ☆みゅーじあむ) 川西玉枝(フリー) Kicco(劇団横濱にゅうくりあ) くらっち(プラスティックな月/AMC) こんのかつゆき(劇団コピュラ) 坂下優一(劇団横濱にゅうくりあ) 佐藤晴伽(フリー) 市麻充子(横濱雑技団) ジョニー(劇団Q+社会人部) 禅野優美子(G/9-Project) 仲満響香(G/9-Project) 中山朋文(theater 045 syndicate) なっきー(劇団横濱にゅうくりあ) 野比孝彦 NON太(横濱雑技団) 福本ぷう之介(プラスティックな月) 守倉紡 湯原庸輔(フリー)
■スタッフ
照明:阿部康子
音響:斎藤裕喜(Québec)
舞台監督:緑慎一郎(演劇プロデュース螺旋階段)
木之枝棒太郎(Theater Company 夜明け)
演出助手:蓬莱蓬
井上英行
制作:山下那津子


■日程 ※全4ステージ
3/1(金) 19:00
3/2(土) 14:00/19:00
3/3(日) 14:00
※受付開始は開演45分前、開場は30分前
■チケット料金 一般3,500円 18歳以下1,500円(要証明証提示)
予約サイト こりっちの公演ページ
■会場 神奈川県立青少年センター 紅葉坂ホール <横浜市西区紅葉ヶ丘9-1 1F>
*桜木町駅から徒歩約8分 *日の出町駅から徒歩約13分


 神奈川にて、2023年度 神奈川県演劇連盟合同公演『走れ!弥次喜多 ~かながわ・ぶらっどらいん~」が上演されます。
「『なんだよコレ・・・まるで地獄じゃねえか!』気楽な旅をする弥次さんと喜多さんがふらりと寄った横浜の宿場町。そこは暴君が支配するトンデモナイ宿場だった。平賀源内が発明したアヤシイ機械「キコエテル」によって人々は心を惑わされ、垂れ流される悪意に絡み取られている。そんな中、暴君に捕らえられた友のため、どんな罪も消えて極楽浄土へ行くことができるという「お血脈」の印を取りに行く羽目になった弥次さんと喜多さん。猶予は三日!弥次喜多の前に立ちはだかるは、遊女・侠客・大泥棒。死神までもが現れた!走れ!弥次喜多!!宿場の未来はおめえらの脚にかかってる!!!神奈川県演劇連盟、年に一度のバカ騒ぎ、とっくりと見ておくんなせえ!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール (090-9854-6174)まで。


(いらいざさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2024年1月30日

製作委員会第14回公演『すべてイーロンのせい』

作・演出 小谷陽子(製作委員会)
出演 江戸小染、小野哲平、川渕嘉那、木村もえ(おしばいかむぱにゐ)、酒本大(お茶か炭酸水)、佐藤宏枝(P.M.9production)、柴田恵子、松崎眞二
スタッフ
舞台監督:川瀬誠
照明:ナグラドウチエ
音響:葵能人(ノアノオモチャバコ)
映像・配信:企画室創希
プロジェクター:小谷陽子(製作委員会)
宣伝美術:ABECO studio

2024/03/28 (木) ~ 2024/03/31 (日)
劇場
アトリエファンファーレ高円寺
3月28日(木)19:00
3月29日(金)19:00
3月30日(土)14:00 18:00
3月31日(日)13:00 17:00
【チケット発売日】2024/02/03
前売4500円 当日5000円(前売券の当日精算のお支払い方法は現金のみとなります)
前売券を事前振込、当日現金精算にてお求めのお客様はこちらからご購入できます
前売券をPayPay、クレジットカードでのご購入ご希望の方はこちらからご購入できます
配信 2500円 配信チケットはこちらから
その他注意事項 未就学児童の入場不可

 東京にて、製作委員会第14回公演『すべてイーロンのせい』が上演されます。
 「2022年10月27日、イーロン・マスクがツィッター社の買収を完了。これにより、ツィッターの『全アカウント認証化』が方針として打ち出される。イーロンが目指すのは『認証化による全てのスパムアカウントの撲滅』。これを聞いて都内のとある業者の事務所ではメルオペたちが悲鳴をあげる。『匿名性がなくなったら誰もツィッターなんか使わないよ!』というメルオペを含む全ての裏アカたちの怒号など関係なしに、イーロンは着々と全アカウント認証化の準備を進める構えを見せる。そんな中、今日もメールオペレーターの研修で妙齢の新人がやってくる。完全出来高制のメルオペバイト、事務所に住み込む打ち子たちの馴れ合いと孤独の物語。※この物語はフィクションです。登場する団体・人物・名称・制度は架空であり、実在のものとは関係ありません。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、公式/劇場サイトまで。※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2024年1月24日

蒼-sou- 公演『赤鬼』

作:野田秀樹 演出:秋元剛
◎出演 榊原毅 やなぎまい 杉山幸子 秋元剛
◎演奏 荒居陽


◎日時 2024年
2月3日(土)15時(★公開ゲネプロ)、19時
2月4日(日)14時、18時
◎会場 神楽坂セッションハウス (東京都新宿区矢来町158 ) 神楽坂駅から徒歩3分くらい
◎チケット(全席自由) 前売 4000円 当日 4500円 複数様割(予約時に2名以上でお申し込みの方)3500円 25歳以下 2000円
★公開ゲネプロ3000円
チケット申し込みURL (シバイエンジン)
https://shibai-engine.net/prism/pc/webform.php?o=vqh575gt

 東京にて、蒼-sou- 公演『赤鬼』が上演されます。
 「ある浜の集落に、『赤鬼』が出たとのうわさが広まる。人々に追い立てられた『赤鬼』は、名前も呼ばれることのない『あの女』に助けられる。知的な発育が遅れている兄とんび、嘘つきのミズカネも加わり、4人は航海に出る。なぜ人は差別するのか、なぜ分断は起こるのか。世界中で上演され続ける問題作。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ

(杉山さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

妻と秋刀魚「今宵、銀河の片隅で」

作・演出:岡村ひろみ
キャスト:斉藤百香(俳協)、藤堂時生、マキノケイ、マタハル(坊ちゃん嬢ちゃん)、もりぞう、流体力学


日時:2/17(土) 18:00★/20:30★ 2/18(日) 18:00/20:15 2/22(木) 19:30 2/23(金) 13:30/16:30/19:30
場所:TCC試写室(新橋駅徒歩3分)
料金:通常回 3000円 ★舞台挨拶つき特別回 4000円(当日現金精算)


 東京にて、妻と秋刀魚「今宵、銀河の片隅で」が上映されます。
 「宇宙の大人気ラジオ番組『今宵、銀河の片隅で』のパーソナリティのミューズは、スポンサーの圧力で、昔からのリスナーのハガキも読めない自分に悩んでいた。『君の悩みなんて、宇宙に比べればちっぽけさ』プロデューサーに、そんな言葉をかけられたミューズは、星空をみて思う。『宇宙の悩みってどんなだろう』と。疲れ切って、入ってしまった段ボールは、宇宙貨物船に運ばれていく。ラジオを楽しそうに聴く船員たちは、壮大なスケールで悩んでいた。なんとなく起こる惑星大戦争、誤送してしまった帝国兵器の設計図、暴れ回るふるさと納税のエイリアン。銀河の存亡を揺るがしたり、揺るがさなかったりする壮大な日々を送りながらミューズは思う。『宇宙の悩みってこんなだったんだ』 妻と秋刀魚が、全編、日本語同時吹き替えでお届けする、宇宙の運送業者とラジオをめぐるハートフルSFパニックコメディ!
 販売開始5分で完売したSFパニックコメディ『今宵、銀河の片隅で』が上映決定!妻と秋刀魚が2022年に上演した『今宵、銀河の片隅で』を銀座の映画館で上映します。出演者には、NACK5『キラスタ』パーソナリティの斉藤百香さんをお迎えしました。脚本・演出は、最近ではダンスボーカルユニット『ONE 'N ONLY』にラジオドラマを提供するなど、劇団外にも活躍の幅を広げる劇団主宰の岡村ひろみが務めました。当日は役者による舞台挨拶や劇場限定の物販なども行います。即完売した舞台のため、お早めのご予約をおすすめします。この機会に是非ご覧ください!ご来場を心よりお待ちしております!」
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2024年1月22日

演劇引力廣島 第20回プロデュース公演『跡先』

作・演出:福名理穂(ぱぷりか)
【出演】五十嵐彩菜(ミルズズ) 市原真優 上岡久美子 瀬来晴香 高山力造 田口朋子 松尾敢太郎(劇団あはひ) 安井静江(劇団テアトル広島) 岡本唯(ぱぷりか)


【日時】2024年
2月21日(水)19:00開演
2月22日(木)19:00開演
2月23日(金祝)14:00開演/19:00開演
2月24日(土)14:00開演/19:00開演★
2月25日(日)14:00開演
★終演後にアフタートークあり
※開場は開演の30分前
【会場】JMSアステールプラザ 多目的スタジオ
【料金】[前売]一般3,500円/学生・シニア(65歳以上)1,500円 [当日]一般4,000円/学生・シニア(65歳以上)2,000円
※日時指定・全席自由・消費税込み
※学生・シニアチケットをお求めの場合は入場時に学生証/身分証をご提示ください。
【ご予約】(料金は当日清算)カルテット・オンライン


 広島にて、演劇引力廣島 第20回プロデュース公演『跡先』が上演されます。
 「鮮やかに蘇って欲しい記憶も、帰りたいあの場所も、少しずつ無くなっていく。残された人や物の行末を見届ける広島の家族の物語。
 『第66回岸田國士戯曲賞』受賞作家、福名理穂氏(広島出身)の書き下ろし新作となっております!どうぞご期待ください!」
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [中国]

劇団はみだしぼっち「大人狩り」

作・演出:脚本 寺山修司 演出 渡部佑美
キャスト:千葉ほのか、寺田明子、藤中なつみ、もりしまりお、清水建志
スタッフ:【音響効果】西田アサリ 【宣伝美術】モリグチロカ 【小道具】遠藤佐助


日時:2024年2月27日
場所:南青山MANDALA
料金:前売り当日共通 3000円+1drink別

2024年2月19日(月)~20日(火)
寺山修司ラジオドラマ選集1『小さなオデッセウス』 劇舎カナリア
寺山修司没後40年認定記念事業


 東京にて、劇団はみだしぼっち「大人狩り」が上演されます。
 「『大人のズボンを引き下ろせ 大人の本はヤギにやれ 大人は皆縄に吊り 鳥の餌食にしてやれよ』高慢な大人達に子供達が反旗を翻す!寺山修司のラジオドラマ『大人狩り』を朗読劇として上演致します」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(渡部さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2024年1月17日

Project Nyx 第27回公演「女歌舞伎 小栗判官と照手姫 ~愛の奇蹟~」

作:白石征
構成:水嶋カンナ  演出:金守珍
■キャスト  
水嶋カンナ、寺田結美、森岡朋奈、のぐち和美、山﨑美貴、山上優、小谷佳加、禿恵、浜田えり子、染谷知里、本間美彩、河西茉祐、山田のぞみ、三輪桂古、南蔵院瑠璃、手塚日菜子、月岡ゆめ、
津軽三味線・歌:駒田早代  人形遣い:百鬼ゆめひな

小栗判官役 寺田結美
照手姫(小萩)役 森岡朋奈
丹後の局役 南蔵院瑠璃 
おかね役・遊行上人役 山﨑美貴 
餓鬼阿弥役 水嶋カンナ
長右衛門・池の庄司役  山上優
後藤左衛門・梶川役 小谷佳加 
鬼王役 本間美彩
鬼次役 山田のぞみ
横山大膳役  のぐち和美
横山家継役  三輪桂古  
横山三郎役  染谷知里
人買い仙次  禿恵 
斉藤役 山田のぞみ
梶川役 三輪桂古
楓役 浜田えみ子
撫子役 月岡ゆめ
桔梗役 手塚日菜子
説教節・子供役 河西茉祐
津軽三味線弾・歌 駒田早代  
人形遣い 百鬼ゆめひな 

■スタッフ   
照明 泉次雄+ライズ/舞台美術 大塚聡+百八竜 /舞台監督 竹原孝文/振付 大川妙子/殺陣 佐藤正行 / 作曲・音響 大貫誉 /衣装 笹木明日香 /ヘアメイク 川村和枝 / 宣伝画 南蔵院瑠璃 /宣伝デザイン 福田真一/票券 style officeプロデューサー 水嶋カンナ / 企画製作・主催 (株)Project Nyx 
協力 ライズ、エスイーシステム、武人会、P.bird、文化座、青蛾館、


東京公演 下北沢 ザ・スズナリ
2024年2月8日~14日 10回公演 
12月末から稽古開始予定
5日(月)仕込み
6日(火)仕込み
7日(水)場当たり・ゲネ   
8日(木)19:00
9日(金)14:00
10日(土)14:00/19:00
11日(日)14:00
12日(月)14:00/19:00
13日(火)14:00/19:00
14日(水)14:00
チケット料金(指定席)一般 5000円 当日5500円 U25 2500円

藤沢公演 遊行寺本堂 2024年2月17日~18日 3回公演 
16日(金)仕込み
17日(土)13:00/17:00
18日(日)14:00
チケット料金(自由席)一般 4500円 当日5000円 U25 2500円


Project Nyx(プロジェクト・ニクス) 新宿梁山泊の水嶋カンナが06年に立ち上げた、不朽の名作から知られざる傑作まで、忘却の彼方に漂うイメージに息を吹き込み、現代のパフォーマンスとして蘇らせる実験演劇ユニット。さまざまなジャンルのアーティストが出逢うことにより、演劇という枠を超え、音楽、舞踊、アートが融合した新たなエンターテインメントの創造を志す。第1回公演『かもめ或いは寺山修司の少女論』では、映画のはねた映画館で、映像、朗読、人形、演劇の融合を試み、いままでにない不思議な舞台空間を生み出した。第4回公演『星の王子さま』(ザムザ阿佐ヶ谷)では、女性劇として蘭妖子、渚ようこ、中山ラビなどを迎え動員を伸ばし、第6回公演『星の王子さま』(再演・吉祥寺シアター)ではカルメン・マキが出演、第7回公演『伯爵令嬢小鷹狩掬子 の七つの大罪』(ザ・スズナリ)では、寺島しのぶの主演で話題になり、観客動員を伸ばした。また、第8回公演『浅草版・くるみ割り人形』では、毬谷友子を主演に迎え、アンダーグラウンド版・宝塚として、女性だけによるスーパー・エンターテインメントを確立、第10回公演『上海異人娼館』では、吉田日出子が出演し、名曲『ウエルカム上海』を熱唱。第11回公演『宝島』(シアターウエスト)では、ピンク・レディーの未唯mieを迎え、第14回公演『新宿版千一夜物語』では、カリスマバンド・シャカラビッツを迎えロックアンダーグラウンドを展開。『時代はサーカスの象にのって』では、新宿FACEのプロレスリングを舞台に、ライブ感覚のミュージカルを創作し、寺山修司の金字塔『奴婢訓』を女性のみで公演するなど、アヴァンギャルドな展開を続けている。2020年に『新雪之丞変化』公演で女歌舞伎の新たなジャンルを生み出し好評を博した。

金 守珍 SUJIN KIM 蜷川スタジオを経て、唐十郎主宰『状況劇場』で役者として活躍。 蜷川と唐という『アングラ・小劇場』の代表とも言うべき演出家から直接に指導を受ける。その後、新宿梁山泊を創立。旗揚げより新宿梁山泊公演の演出を手掛ける。 テント空間、劇場空間を存分に使うダイナミックな演出力が認められている。89年『千年の孤独』で89テアトロ演劇賞受賞。93年『少女都市からの呼び声』で文化庁芸術祭賞受賞し、翌年94年に、フランスアビニョン演劇祭正式招待を受ける。97年にはオーストラリア国立演劇学校から『特別講師』として招かれ、世界に通用する演出家と評判を呼んだ。99年にはニューヨークで『少女都市からの呼び声』を公演。その後、コロンビア大学にて特別講師として、清水邦夫作『楽屋』を演出。98年『飛龍伝』で読売演劇大賞演出家賞受賞。また、演出以外にも、映画監督、外部公演への出演、NHKドラマ、CM出演等、幅広く活躍している。01年、映画『夜を賭けて』にて初監督。02年全国公開され、第57回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人監督賞/2002年度第43回日本映画監督協会新人賞を受賞。近年では、師匠と仰ぐ、蜷川幸雄の舞台『血は立ったまま眠っている』『下谷万年町物語』『盲導犬』に出演。2016年8月、蜷川幸雄追悼公演『ビニールの城』で演出を担い。2019年には、シアターコクーンオンレパートリー『唐版 風の又三郎』、2021年には『泥人魚』(宮沢りえ主演)、2023年には『少女都市からの呼び声』(安田章大主演)の演出で好評を博した。2023年『下谷万年町物語』『青ひげ公の城』の演出で第57回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞。

水嶋カンナ KANNA MIZUSHIMA 青年座研究所を卒業し、94年『青き美しきアジア』より新宿梁山泊に参加。唐十郎作品『ベンガルの虎』「ジャガーの眼」、『少女仮面』、『二都物語』で、主演をつとめる。また、映画『夜を賭けて』(金守珍監督)、ダンスコラボレーション舞台『上海異人娼館』、『美女と野獣』の制作を担った際に、宇野亜喜良氏と出会い、その世界観に魅せられ、06年に、Project Nyxを立ち上げ、代表、プロデューサーを務める。現在、ProjectNyx 主宰の他、新宿梁山泊にも参加し、テント女優としても活躍。

 東京・藤沢にて、Project Nyx 第27回公演「女歌舞伎 小栗判官と照手姫 ~愛の奇蹟~」が上演されます。
 「相愛の夫、小栗判官と死に別れた照手姫は遊女に身をおとし、沈倫の生活をおくっていた。 ある時、美濃の宿で出逢った土車にのせられた餓鬼阿弥(がきあみ)の姿に心惹かれ、それが地獄から帰還した夫、小栗判官とは知らず介抱することになる。そして記憶を失い、変り果てた餓鬼阿弥の回復を願って、自ら熊野路へと献身的に車を引いてゆく。回転する車輪につれて、小栗は、愉しかった二人の恋の出逢いを少しずつ思い出し、やがて熊野の奇蹟の湯によって快癒した小栗が、かつての記憶を取り戻したとき、過去の壮絶な神殺し〈小栗暗殺〉の真相が浮かび上がる。 そして、照手の出自である地方共同体の供犠の生贄となり果てた貴種小栗判官の、その 死の現場空間にまで辿りついき、照手の魂は、あらためて愛する夫を抱きしめる。 生も死もない浄土という人間の見果てぬ世界で、二人は永遠の微笑を交わしあう。
 ProjectNyxの女歌舞伎・第一弾「新雪之丞変化」、第二弾「さんせう太夫」に続く第三弾には、歌舞伎や浄瑠璃の演目としても広く知られている「小栗判官と照手姫」に挑戦いたします。白石征が、中世説経節を演劇的実践によって読み解き、数奇な運命に翻弄される、夫婦の涙の試練と、人間環境が作り出す心の狭間を描いた珠玉の作品です。女性だけによる女歌舞伎として仕立てる性の逆転発想に加え、和洋折衷のアヴァンギャルドなビジュアル、そして金守珍の疾走する華麗な演出で、Project Nyxのエンターテインメント女歌舞伎の集大成を創造します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、Project Nyx 03-5799-7404、またはこちらのメールまで。


Project Nyxホームページ


(いまいさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2024年1月 5日

鳥の劇場 三島由紀夫『近代能楽集』より『卒塔婆小町』『弱法師』

作・演出:中島諒人 演出
キャスト:阿部一徳 齊藤頼陽 小菅紘史 大田信之介 中川玲奈 後藤詩織 松下朋花 高橋等 安田茉耶


日時:2024年2月9日(金)~2月25日(日)
場所:議場劇場(鳥取市役所鹿野町総合支所3階)
料金:1演目につき、大人2000円・大学生1000円・18歳以下500円・小学生以下無料 ※演目ごとにチケットが必要です。リピート半券割引あり。詳細はWebサイトをご覧ください。
【ご予約・お問い合わせ】ご予約は、電話・ウェブ・電子メールでお受けします。料金はご来場時にお支払いください。※座席に限りがありますので、ご予約の際には、入場料が無料の方の人数もおしらせください。
チケット料金 (日時指定あり、すべて自由席)
二本立て公演ではありません。料金はそれぞれの演目で発生します。
大人:2,000円 / 大学生:1,000円 / 18歳以下:500円 / 小学生以下:無料
リピート半券割引 同じ演目でも可。チケットの半券をご提示ください。大人:1,500円 / 大学生:500円 / 18歳以下:無料 / 小学生以下:無料
予約受付窓口・お問い合わせ 電話/0857-84-3268 電子メール:こちらのメール ウェブ予約フォーム
予約受付は、2024年1月6日(土)10時より
【上演をもっと多くの方に楽しんでいただくために】
・リピート半券割引
・無料送迎バス運行(土日祝)
・字幕(日本語・英語)サービス
・バリアフリーを目指した取り組み
・無料託児サービス
を行います。詳細はWebサイトをご覧ください。

 鳥取にて、鳥の劇場 三島由紀夫『近代能楽集』より『卒塔婆小町』『弱法師』が上演されます。
 「『卒塔婆小町』詩人のロマンチックな空想と老婆の記憶がきらびやかな虚構を引き寄せる。大都市の夜の公園。浮浪者のような老婆と若い詩人が出会う。詩人は夜の公園に集まる若いカップルたちを題材にロマンチックな詩を書いている。詩人が老婆に興味を持つ。二人は愛や生と死についての問答をするが、そのうち老婆の導きで明治時代の鹿鳴館に遡り、美男・深草中将と美女・小町となる。
 『弱法師』空襲による猛火で視力を失った美青年が世界を覆う嘘に激しい怒りをぶつける。太平洋戦争の空襲による猛火のため盲目となり戦災孤児となった俊徳。戦後15年経ち、育ての父母と実の父母が親権を争い、裁判所で調停員桜間級子のもとに会している。両夫婦は俊徳に気に入られようと言葉を尽くすが、彼は冷ややかに親たちを振り回す。桜間と二人きりとなった俊徳は、空襲の地獄を語り始める。
 【耽美的で奇怪、でも清々しい三島由紀夫の世界】鳥の劇場では、三島由紀夫『近代能楽集』八作のうち、『班女』『熊野』『綾の鼓』『葵上』を上演してきました。凝縮された劇世界の中、怪物のような登場人物が、非倫理的だったり破壊的だったりする強烈な情念を、作家独特のきらきらの日本語で堂々と語ります。その言葉は異様ですが、よくよく聞くと人間の切実な欲望に支えられている。一言で言えば『愛されたい』。三島の言葉は耽美的で奇怪とも見えるのですが、実は正直で清々しいのです。わたしたちの抑圧した願いを反映しているからでしょう。『卒塔婆小町』は、近代化した東京と鹿鳴館時代を重ね、明治以来の日本人の西洋文化崇拝と日本人の精神のあり方を見つめます。『弱法師』は、盲目となった戦災孤児の姿に作家自身の戦後の心情を重ねた自伝的性格の強い作品です。亡くなって50年以上経った今も、日本人の心に引っかかり続ける作家三島由紀夫の世界をご堪能ください。演出家 中島諒人」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(由井さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [中国]

2024年1月 4日

マシュマロテント Vol.3『蛇含草ホテル』

作・演出 武田操美
出演 小石久美子、武田操美、上田ダイゴ(マーベリックコア/MoreGoofy's)、思い野未帆、桂米紫(米朝一門・仏団観音びらき)、北山聖佳、十三ロマン(十三クラブ)、空本奈々(万博設計)、つげともこ(浪花グランドロマン)


日時
2月1日(木)19:00
2月2日(金)19:00
2月3日(土)15:00/19:00
2月4日(日)13:00/17:00
会場 扇町ミュージアムキューブ・CUBE03 大阪府大阪市北区南扇町6-26
料金 前売2,800円・当日3,000円 学生前売 1,800円 当日 2,000円(中学生以上 要学生証) リピート割 1,000円
チケット予約


 大阪にて、マシュマロテント Vol.3『蛇含草ホテル』が上演されます。
 「今では珍しくない孤独死。ただそれがニュースで大きく取り上げられたのは、死んだ女性の発見があまりに遅過ぎ腐敗が進みほぼ溶けていた事と、孤独死をするには、52歳と若過ぎたせいだった。それでもそこまで特別なニュースではない。けれど三好長子は何故かそのニュースのことが頭から離れなかった。そんな時夫が言った『痛い、お腹が痛い。頼む、蛇含草を取って来てくれ。壺算山の頂上にだけ生える薬草で、普通の人は知らないけど、俺は落研だったから知ってるんだ。』なんのこっちゃ...。
 落語『蛇含草』を下敷きにした、第30回OMS戯曲賞の大賞を受賞した武田操美の新作!ぜひ劇場でご覧ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


マシュマロテントホームページ

(閑社さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2023年12月29日

スラステslatstick第5回公演『ストレンジャーズ イン ザ ナイト』

作・演出:入江雅人
キャスト:野口かおる 、竹井亮介 、高木稟 、保坂エマ 、中村なる美(slatstick)


日時:2024年1月 16日(火)19:00 、17日(水)14:00 / 19:00、18日(木)19:00 、19日(金)14:00 / 19:00 、20日(土)14:00 / 19:00 、21日(日)14:00
場所:下北沢・駅前劇場 アクセス 下北沢駅/京王井の頭線中央口改札より約3分、小田急線東口改札より約3分
料金:前売り:5,000円、当日:5,500円、U25[25歳以下の方] 3,000円 、 障がい者割 4,000円(付き添いの方は1名まで無料)

 東京にて、スラステslatstick第5回公演『ストレンジャーズ イン ザ ナイト』が上演されます。
 「かつて女子プロレス界で少しだけ名を轟かせたヒールユニット『ブラックホール・エンジェルズ』の3人に名も知らぬ地方の街からトークイベントのオファーが舞い込んだ! 家族旅行も兼ねて訪れた街は活気に溢れ『昭和』にタイムスリップしたようだった。トークイベントは大盛況!満天の星空の下で幸せを噛み締める3人。しかし、その夜から日常は静かに崩れ始める。一人また一人『何か』に変わっていく。人でない『何か』に、、。そして彼女たちに絶体絶命のピンチが訪れる!!『ゴングが鳴ったんだよ!やってやろうじゃないの!』地球の存亡をかけた戦いが始まった! GO!GO!ブラックホール・エンジェルズ!!
 スラステslatstick初の東京劇場公演、SFジャパニーズ ボディスナッチャー ストーリー『ストレンジャーズ イン ザ ナイト』は、B級SF映画好き、女子プロレス好きは必見の舞台です。劇場でお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年12月27日

新潮劇院 京劇公演 三国志『赤壁之戦(せきへきのたたかい)』

作・演出:張春祥
キャスト:張春祥、殷秋瑞、劉東風、魯大鳴、程孫耘、王偉、  劉佳、小林孝徳、貴船惠子、郭江、肥土大毅、 他
スタッフ:企画・制作:梅木俊治


日時:2024年3月23日(土)18:00~20:30(17:30 受付開始)
場所:北沢タウンホール(小田急線・京王井の頭線 下北沢駅下車 徒歩5分)
料金:一般:6,000円/学生:3,000円/京劇ファンのための特別限定チケット:8,000円 (良席確保・バックステージツアー・パンフレット・出演者と記念撮影)
《特典》『京劇ファンのための特別限定チケット8,000円』販売します。(良席確保、バックステージツアー、パンフレット、出演者と記念撮影付き)毎回公演前に売切れてしまう人気チケットです。お早めにお申込ください!

 東京にて、新潮劇院 京劇公演 三国志『赤壁之戦(せきへきのたたかい)』が上演されます。
 「《中国の伝統芸能が織りなす壮大な三国志ドラマ!映画『レッド・クリフ』でもおなじみ...》
 2024年『新潮劇院』が最初に贈る京劇公演は、三国志の中でも特に興奮を呼ぶ名場面『赤壁の戦い』。魏・呉・蜀の三国が激突し、曹操、諸葛亮、関羽などの歴史に名を刻む名将たちが続々登場...長大な物語の中から特に有名なシーンを厳選してお届けします!華麗な装束、力強い演技、そして壮大な物語展開をぜひお楽しみに!上演前には京劇レクチャーも実施予定。心躍る舞台と文化的な探求を同時に体験できる、特別チケットも発売いたします。この歴史的な一夜を、北沢タウンホールでぜひ体験してください。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お申し込み・お問い合わせは、ホームページ、またはお電話:080-4478-7009(担当:梅木)まで。

(張さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年11月25日

HomieProject『雨と猫といくつかの嘘』『うだつの上がる』


作・演出:作/吉田小夏 演出/川上凜花 作演出/佐藤由香
キャスト:『雨と猫といくつかの嘘』水野風太郎/後藤修慈 清美(風太郎の母)/絹笠有加 菜穂(風太郎の娘)・沢子/井坂妙 鉄平(風太郎の息子)・玉三郎(猫のタマ)/佐藤麗音 涼太(風太郎の父)・泉谷/井村友紀 鮎子(風太郎の妻)・遠藤/永吉理央『うだつの上がる』晴/廣田直己 理沙/藤永愛吏
スタッフ:舞台監督:小松豊和 照明:北上舞奈 音響:平田和人 制作:丹羽将太 中川晏奈 美術 : 大塚理絵 フライヤーデザイン:宋金香 PV撮影 編集:酒井睦


日時:2024年1月19日19:00- 20日13:00- 18:00-
場所: 西日暮里『キーノート・シアター』小劇場
料金:前売り:3000円 当日:3500円

今回クラウドファンディングを行っています!!
チケット予約もクラウドファンディングページより予約可能です。他にも役者とのツーショット撮影やスタッフとも意見交換ができる会、サイン付上演台本などのリターンをご用意しています。クラウドファンディングページを覗くだけでも構いませんので是非ご覧ください。

 東京にて、HomieProject『雨と猫といくつかの嘘』『うだつの上がる』が上演されます。
 『雨と猫といくつかの嘘』あらすじ 雨の中、ひとりきりで60歳の誕生日を過ごしていた水野風太郎。そこへやってくるとある訪問者と、、、風太郎をとりまくさまざまな想いを抱えた大人たちの人生と輪廻転生の物語。
 ショート作品『うだつの上がる』あらすじ ドラマティックなことも、ハプニングも、大恋愛も、何もない。昼時の静かな時間の流れる中、うだつの上がらない若者2人が話している。何でもありだけど、何でも良いわけじゃない、そんな日常。
 今回HomieProject旗揚げ公演となっております!劇場という空間が居心地の良い場所であると同時に演劇というエンターテイメントの面白さを知ってほしい!そしてHomieProjectを通して、気軽に劇場に足を運べるようになり、少しでも演劇に興味を持っていただけたら嬉しいです!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

HomieProjectホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年11月23日

劇団チャリT企画 #37 旗揚げ25周年記念公演第二弾『ネズミ狩り 2024』

作・演出:楢原 拓(chari-T)
キャスト:阿比留丈智、みずき、埴生雅人、市原一平、本宮真緒(以上、チャリT企画) 石田迪子、秦 健豪、中村真知子、内海詩野(演劇集団壺会) 永田紗茅(柿喰う客)、小林まり枝
スタッフ:舞台監督:西山みのり・土居 歩 照明:伊藤 孝(ART CORE) 音響:島貫 聡 舞台美術:稲田美智子 衣装:久保田早織 音楽:YODA Kenichi スチール:鈴木 淳 当日運営:横井佑輔(PlayPlan) 制作:チャリT企画 カンパニースタッフ:内山奈々、下中裕子、松本大卒


日時:期日:2024年1月6日(土)~8日(月・祝)▼スケジュール 1/6(土) 15:00/19:00 ★初日夜割 1/7(日) 14:00/18:00 1/8(月祝) 13:00/17:00 ※受付開始=開演の40分前、開場=開演30分前
場所:ザ・スズナリ 〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 TEL:03-3414-0019 下北沢駅徒歩5分(小田急線東口・京王井の頭線中央口)
料金:一般:前売4,000円/当日4,500円 (★初日夜割:前売・当日共に3,500円) U25(25歳以下):2,500円 高校生以下:1,000円 ※一般以外は劇団のみ取扱い(要身分証提示) ※未就学児入場不可 ※車椅子でご来場の方は事前に劇団までお知らせ下さい。


 東京にて、劇団チャリT企画 #37 旗揚げ25周年記念公演第二弾『ネズミ狩り 2024』が上演されます。
 「<この街に『あの少年』がいるらしい。>死刑か? 更生か? 実在の凶悪少年犯罪をモデルにしたブラック・コメディ SNS・スマホ時代 2024年版として13年ぶりのリニューアル再演! 舞台は老舗そば屋・南海亭。1年前に店主が少年犯罪に巻き込まれて殺害され、今は娘のナツキが店を切り盛りしている。店主を殺した少年の裁判が進んでいて、周囲は極刑を望んでいるが、ナツキはそれに反対していた。というのも、店主は生前、元犯罪少年の更生支援に取り組んでおり、ナツキはその父の意志を受け継ぎたいという思いがあったからだった。そんな折、かつて世間を震撼させた凶悪殺人事件の加害少年が南海亭の従業員として働いているという噂が流れはじめ、街中でその『犯人』捜しが始まる。
 この作品は、2008年に王子小劇場で初演し、その年度の佐藤佐吉賞(王子小劇場の年間上演作品の中から選出される賞)最優秀脚本賞などを受賞し好評を博した劇団代表作です。2011年3月のこまばアゴラ劇場での再演では演劇クチコミサイト『CoRich舞台芸術!』の『CoRich舞台芸術まつり! 2011春』の最終審査作品に選出されています。
世間を震撼させた凶悪事件の加害少年をモデルに、少年犯罪をめぐって揺れ動く市民社会を、ブラックユーモアを交えながら、ふざけた社会派ならではのシニカルな視点とスリリングな展開により描いていています。この劇団代表作を、このたび2011年の再演から約13年の時を経て、SNS・スマホ時代のリニューアル版『ネズミ狩り 2024』として下北沢ザ・スズナリにて再度上演いたします。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団チャリT企画ホームページ

(しもなかさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

小心ズ 新作『あみあみばあちゃん』

杉並区文化芸術活動助成事業
出演:ヤノミ(小心ズ)、浅野佳砂音(CAN青芸)
脚 本:井上志保  演 出:ヤノミ イラスト:天才ウラガン
宣伝美術:近藤賢司(lograph)  衣 装:中村亜希 編 み 物 :kedamaya
制 作:小心ズ  制作協力:関之山亜澄

<東京公演>
日 時:2023年12月8日(金) 15:00~/19:00~
12月9日(土) 11:00~/15:00~
12月10日(日)11:00~/15:00~(すべて開場は30分前)
会 場:高円寺ジュンジョー ( JR中央線 高円寺駅 徒歩3分 )
東京都杉並区高円寺北3丁目24-12 3階
チケット:予約取置:3,000円 当日:3,500円 中高生:1,000円 小学生以下:無料
杉並区民割:予約取置: 2,500円 当日:3,000円
チケット予約サイト

<大分公演>
日 時:2024年2月10日(土)15:00~/19:00~
2月11日(日)11:00~/15:00~
会 場:大分アトホール(JR大分駅 徒歩7分)
大分県大分市中央町2丁目6-4 エムライフシティビル3F
チケット:予約取置:3,000円 当日:3,500円 小心ズファン割引:2,500円
中高生:1,000円 小学生以下:無料
チケット予約サイト


■小心ズとは シアターカンパニー。2005年結成。全く新しいフィジカル・コメディの作・演出・プロデュースを手がける。現在までに7ヶ国 27 都市で公演を行い、受賞歴多数。演劇ジャンルや人種、年齢、さらにはハンディキャップの有無をも超えて、様々な観客に届く自由で豊かな作品を制作中。
2020年、2021年 NHK Eテレ『ムジカ・ピッコリーノ』出演。
2022年 NHK Eテレ『ビットワールド』内『100秒でわかる名作劇場』声の出演(お話おばさん)
2022年3月  第19回 杉並演劇祭大賞受賞『The Gardener』
2023年3月  第20回 杉並演劇祭優秀賞『ミスしゃっくりの幸せな一日』

■メンバー
<ヤノミ> 小心ズ主宰。大分県出身。無言劇をはじめ、フィジカルコメディ、人形劇、音楽劇、スタンダップコメディ、オブジェクトシアター等、幅広いスタイルで独自の作品の作・演出・プロデュースを行う。アジア・北米のシアターフェスティバルに数多く出演。代表作『ミスしゃっくりの幸せな一日』は、5ツ星と10のアワードを受賞した珠玉のソロ音楽コメディ。また本年は北米3都市の演劇祭で新作『Happy Go Lucky』を発表し、2つの賞を受賞。シルク・ドゥ・ソレイユ正式登録アーティスト。
〈海外での主な受賞歴〉
2012年 最優秀舞台芸術賞 モントリオール演劇祭
2013年 最優秀舞台作品賞 台北演劇祭
2015年 最優秀国際演劇賞 オーランド演劇祭
2015年 ベスト・アーティスト賞 シンシナティ演劇祭
2023年 ベテラン・プロデューサー賞 オーランド演劇祭
2023年 プロデューサー・アンコール賞 シンシナティ演劇祭
<浅野佳砂音(あさのかさね)> CAN青芸(きゃんせいげい)所属。役者。2004年、劇団青芸を経てCAN青芸創立。芸歴45年の活動において、公演数は3000回を超える。
『君がいるから』 2007年度 厚生労働省児童福祉文化賞特別推薦文化財
『ぐるぐる』 2014年度 厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財
2019年 第29回『O夫人児童青少年演劇賞』受賞『表現あそび』ワークショップ 講師 ベイビードラマ作品『ぐるぐる』、人形劇とのコラボ作品『あそびにきてね』等を制作、出演。その他、小劇場空間・対象年齢などにこだわった作品『君がいるから』『ニコリのたね』『ぼくのペットはグチャグチャペット』等で全国のおやこ劇場子ども劇場、小学校、幼稚園、児童館の公演に出演中。

 東京・大分にて、小心ズ 新作『あみあみばあちゃん』が上演されます。
 「認知症のおばあちゃんと、とある女の物語。大好きな編みものをするあみあみばあちゃんは、元気いっぱいだけれど時々おかしなことを言う。時々へんてこなことをする。あみあみ、ちぐはぐ、あみあみ、ありゃりゃ?編んだりほどいたり、もつれたり結んだり。コメディ女優ふたりがお届けする、日常の不条理と愛の喜劇。
 世界各国のフリンジで受賞経歴を持った、シルク・ドゥ・ソレイユ正式登録アーティスト『ヤノミ』がベテランの児童演劇俳優、浅野佳砂音(CAN青芸 所属)と新作コメディを上演! シルク・ドゥ・ソレイユ正式登録アーティスト『ヤノミ』が主宰する、シアターカンパニー『小心ズ (しょうしんず)』は、新たなゲストを迎え、新作『あみあみばあちゃん』を東京・大分にて上演。
 ベテランの児童演劇俳優とシルクドソレイユ正式登録アーティストによる新作二人芝居。認知症のおばあちゃんと、とある女の物語。コメディ女優が演じる日常の不条理と愛の喜劇。世の中の認知症問題を楽しく伝えつつ、身近に、そして理解を深める事のできる作品。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


小心ズホームページ

(ヤノミさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年11月17日

劇団身体ゲンゴロウ 第7回公演『最初の二十面相』

《キャスト》新治龍之介、清平和世志(ロマングラス)、リ勇雅、力徳旺、山﨑紗羅、小林かのん、小野寺成月
《スタッフ》
原案:江戸川乱歩
脚本・演出:菅井啓汰
舞台美術:武田朋也 照明:永井あかり 舞台監督:大河原敦 衣装:柳町明里 演出助手:菅原紗貴子
制作:山﨑紗羅、小林かのん 広報:柳町明里、小野寺成月 宣伝美術:井上由視、TOKABI
記録:TOKABI 主催:劇団 身体ゲンゴロウ 協力:ロマングラス

開催日時 : 全7公演 2023年12月21日(木)〜12月24日(日)
12月21日(木)19:00-※初日割対象 12月22日(金)14:00-/19:00-
12月23日(土)13:00-/18:00- 12月24日(日)11:30-/15:00-
会場 :北千住BUoY (〒120-0036 東京都足立区千住仲町49−11)
チケット情報 : 当日/前売 一般3,500円、U25 2,500円、初日割 3,000円
チケットURL :https://stage.corich.jp/stage/292443/ticket_apply  (CoRichチケット!)
主催: 劇団 身体ゲンゴロウ

■劇団 身体ゲンゴロウ とは
東京藝術大学で出会ったメンバーを中心として2019年に結成。過去の出来事や現在起きていることに対して真摯にリサーチを重ね、時代や場所を越えた普遍的な人の営みを浮かび上がらせる作劇が特徴。資料や文書の隙間にこぼれ落ちた、世に語られなかった声を届けている。力強く迫力ある舞台装置と身体表現、細部までこだわり抜いた舞台づくりに定評がある。

 東京にて、劇団身体ゲンゴロウ 第7回公演『最初の二十面相』が上演されます。
 「劇団 身体ゲンゴロウは、第7回公演『最初の二十面相』を2023年12月21日(木)〜12月24日(日)に、《北千住BUoY》(東京都足立区)にて上演いたします。江戸川乱歩の名作に新たな視点で挑む、劇団 身体ゲンゴロウ最新作。探偵でありながら大怪盗・二十面相の美学に惹かれていく主人公の姿を通し、人間にとっての『正義』の在り方に迫ります。 『金さえあればなんでもできた。』陸上選手の夢破れた青年は、目標なければ職もなく、けれど自分だけは成功すべきと信じ込み、今日も競馬場で夢の代走をさせている。青年の一攫千金の賭け馬さらう、巷賑わす二十面相の女。追いかけてくる彼の両手に、『金ならあるよ』と女は札束握らせる。大金の使い道も分からず途方に暮れるままに、青年は財布泥棒として逮捕されてしまう。無実の罪を晴らすべく女を追うごと、青年は彼女の手口と美学に惹かれゆく。捜査のためだと言い聞かせ二十面相に弟子入りし、泥棒と探偵の奇妙な師弟関係が始まった。やがて彼らは国中の資本を相手に、失敗の約束された革命へと向かっていくー
 江戸川乱歩作品の名キャラクター・怪人二十面相。いくつもの顔を持ち、金持ちの宝石を鮮やかに盗む大怪盗ですが、本作ではこの二十面相を、盗んだ金品を分け合って生活する共同体であるとしてとらえます。富める者から盗むことによって貧富の差をなくそうとする『二十面相』は、人々に義賊として持ち上げられるようになり、やがて革命へと向かっていきます。泥棒に化け、組織に潜入した主人公の探偵は、やがてその思想と美学に惹かれていくことに。大義のための犯罪は、正義なのか--。歴史の中で繰り返されてきた問いを顧みながら、新たな視点で乱歩の名作に挑む意欲作です。劇団 身体ゲンゴロウならではの肉体表現によって大怪盗の奇術の数々を鮮やかに繰り広げ、革命の時代をハイスピードで駆け抜けます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団 身体ゲンゴロウホームページ

(山崎さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年11月11日

野良芸劇「ガラスの動物園」

作・演出:原作:テネシーウィリアムズ 脚色・演出:大村正泰
キャスト:大村正泰、大地薫、中村蓮、水上多楽
スタッフ:野良芸劇


日時:2023.11/24(金)~11/28(火)
場所:西新井STUDIO
料金:3500円
◆各回限定15名
◇上演時間は100分以内

 東京にて、野良芸劇「ガラスの動物園」が上演されます。
 「不況時代のセント・ルイスの裏街を舞台に 生活に疲れ果てて、昔の夢を追い、はかない幸せを夢見る母親・アマンダ。脚が悪く、極度に内気な、婚期の遅れた姉・ローラ。青年らしい夢と惨めな現実に追われて家出する文学青年の弟・トムの三人が展開する抒情的な追憶の劇。
 『何もない空間に命の風景を創る』これが野良芸劇スタイル。舞台セットは最小限、演技芸術で魅せることを目標に舞台を創作しています。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

野良芸劇ホームページ


(大地さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年11月10日

演劇声優塾 演劇や声優の『上達方法』や『練習方法』を学びたい人

■演劇や声優の『上達方法』や『練習方法』を学びたい人■

あなたは演劇界声優界の氷山の一角になれますか!?高い月謝を払って進んだ専門学校も学校であって業界ではないんです!実は業界で求められるのは、基礎と実力だけ!本気の方、やる気のある方 くじけない方だけが渡ることのできる橋 はじめは誰もその橋を渡るのは怖いと思うはずです。でも!! その橋を渡った人だけ自分のやりたいものを手にすることが出来るんです!初めてとか、経験したことあるとか そんなことは関係ないんですよ!!『来る者は拒まず 去る者は追わず』ただ...その橋を渡れるかなんです。

<< 演劇声優塾とは >>
部活やサークル、小演劇では学べない『役者としての上達方法』『舞台の知識』『プロの裏方スタッフによる講習と実技』を教えています。<誰も教えてくれない>基礎とテクニックを学ぶ『塾』なんです

<< 稽古内容 >>
【 演劇基礎 】今までみなさんがされてきた基礎ではない、本当の基礎訓練 発声・発音・呼吸法・身体訓練・音感・身体感覚・ダンスを主におこないます。
【 演技基礎 】演技とは作るものではない、そう本当に思える真の演技訓練 エチュードの基礎やショートショートをおこないます。
【 演劇声優実技 】より実践的な実技訓練 基礎内容をさらに追求した実践的な稽古と、レコーディングを目的とした稽古をおこないます。
<< 応募要項 >>
○未経験でも本気で取り組める方
○西武池袋線大泉学園駅からの稽古場に参加できる方
○携帯やパソコン等メールでの連絡が取れる方
※応募要項が変更になる場合がありますので、詳細はホームページ上でご確認ください!

<< クラス詳細 >>
【基礎クラス】毎月第2日曜日の9時から17時まで ※他の週の日曜日になることもあります。 演劇基礎と演技基礎稽古をおこないます。
◆参加費◆ 中高生(18歳まで)は1回500円 その他は1回1000円
タイムテーブル例)
9:00~10:00 着替え、アップ
10:00~10:45 筋トレ、ランニング
10:45~11:30 呼吸法、発声法
12:30~13:00 アップ
13:00~15:00 朗読
15:00~16:30 即興・ショートショート
16:30~17:00 着替え、清掃、退館
【応用クラス】毎週水曜日夜18時半から21時半まで 基礎内容を更に追求した稽古をおこないます。※『基礎クラス』からの希望者のみになりますので、応用クラスのみの参加は受け付けておりません。
◆参加費◆ 中高生(18歳まで)は1回100円 その他は1回200円
タイムテーブル例)
18:30~19:00 着替え、柔軟
19:00~20:00 殺陣、ダンス
20:00~21:20 レコーディング
21:20~21:30 着替え、退館
【実践クラス】毎月第4日曜日の9時から17時まで ※他の週の日曜日になることもあります。実践演技を中心とした稽古をおこないます。
◆参加費◆中高生(18歳まで)は1回500円 その他は1回1000円
タイムテーブル例)
9:00~10:00 着替え、アップ
10:00~10:45 筋トレ、ランニング
10:45~11:30 作品打ち合わせ
12:30~13:00 読み合わせ
13:00~15:00 レコーディング
15:00~16:30 レコーディングチェック・ダメ出し
16:30~17:00 着替え、清掃、退館

演劇声優塾 ホームページ
稽古場ブログ
すぎさんの制作日記


(杉咲さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年11月 9日

劇団東演『酒場』

作・演出:原作/エミール・ゾラ(『居酒屋』より) 台本・演出/藤井ごう
キャスト:豊泉由樹緒 能登剛 南保大樹 原野,G7 須田真魚(トビラボ) 和泉れい子 光藤妙子 東さわ子 中花子 三森伸子 古山華誉 石村萌 齋藤理花 遠藤好(青年座)
スタッフ:美術/乗峯雅寛 照明/鷲崎淳一郎 音響/近藤達史 作詞/伊波雅子 アクション指導/渥美博 ステージング/清水美弥子 舞台監督/相川聡 制作/横川功


日時:2023年11月12日-23日
場所:東演パラータ
料金:一般/4500円 U25/2500円

 東京にて、劇団東演『酒場』が上演されます。
 「一九世紀中頃のフランスはパリ、夢を抱いて夫(実は正式ではない)のランチェ、そして子供とともに花の都に出てきたジェルヴェーズは実に働き者の洗濯女。一生懸命働いてやがて自分の店を構える夢に向かっていたのだが、ランチェは酒だ女だと放蕩の限りを尽くし、二人の手持ちの金を使い果たしたうえに、ついには出て行ってしまう。それでも彼女は子供のパンのために、前にもまして洗濯の仕事に精を出すのだった。そんな懸命な姿に魅せられた屋根職人のクーポーは『俺は酒もやらないし、もちろん殴ったりはしない!』と結婚を申し込む。『私よりもっと若くて綺麗な、コブつきでない人を探しなさい』と相手にしなかったのだが、彼の熱い思いの情に最後はうなずいて結婚。やっとジェルヴェーズは夫婦二人で『洗濯店を持つ夢』に向かって着実に歩み始め、少しずつ蓄えも確かなものになっていくのだった。そして数年後、具体的に恰好な店も見つかり、いよいよと言う時に、夫のクーポーの身に―。夢の洗濯店は果たして―。演出には初東演の藤井ごうさんをお迎えし、ゾラの名作を、パラータの空間を存分に使いパリの底辺に住む庶民を映し出します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団東演ホームページ

(南保さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年11月 1日

「太陽のあたる場所」

作・演出:作:堤泰之 演出:市川勉
キャスト:鈴木浩之・矢治美由紀・吉盛俊平・平井友梨・石井喜光・滝野洋平 木内亜希子・及川みなみ・武政直也・野村憲仁・松岡岳・市川勉・木村愛里
スタッフ:照明:鈴木麻友 音響:平田忠範(GENG-27) 舞台監督・美術:青柿ひろし 制作:稲毛田望未 山口みなみ 企画・製作:劇団俳協


日時:2023年11月15日(水)~19日(日) 15日(水) 19:00 16日(木) 19:00 17日(金) 19:00 18日(土) 13:00/17:00 19日(日) 13:00
場所:TACCS1179
料金:前売り:3800円


 東京にて、舞台「太陽のあたる場所」が上演されます。
 「突然亡くなった母・照子の葬式に集まる人々。今になって明かされる意外な事実、母の想い。太陽のあたる場所には、いつも母がいるようで。暖かく、やさしく、見守ってくれる、母の好きだったあのひまわりのように・・・・・・」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(稲毛田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年10月31日

「シムラ/サカウエ/サーヴィス」

■公演概要
日程:11/3(金).4(土)
時間:14時~/18時~
公演時間:本公演30分+座談会30分(任意参加)
入場料:無料
場所:西荻窪シネマ準備室 ※西荻窪駅 徒歩5分 カフェ2F


 東京にて、「シムラ/サカウエ/サーヴィス」が上演されます。
 「11月3-4日に西荻窪シネマ準備室にて、映像と演劇を組み合わせ新しい視覚体験ができる無料の公演です。 HMDなどの機材を使わずに生身でイマーシブな体験をぜひ!
 本公演は『プロジェクションマッピング』等の映像技術を演劇と組み合わせ新しい視覚体験の創造を狙ったものとなり、無料での公演となります。また、HMDなどの機材を使わずに生身でイマーシブな体験もいただけるような演劇になります。
 ※国際野外アート展『トロールの森』の関連公演となります
 普段、映像業界で活動している主催のもと、現代のテクノロジーとアートを交じえた『未来の演劇』を模索した作品となっておりまして、アートや演劇に関心が高い方々に広くお声掛け出来ればと考えております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール


同公演の情報ページ

(ma@coさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年10月30日

舞台『艦隊は動かず』

日本ベトナム外交関係樹立50周年事業認定作品。
日本ASEAN友好協力50周年事業認定作品。

【出演】
チャン 水草文香
ヒュー 江田剛
アラン 十代修介
グン 清水国明
タン 東孝之
カー 田中陽悦
ズン 大槻修治
カールマン 友岡靖雅
チャノフ 久保田芳之
マカロフ 山口祥平
ジャック 島田仁
ミン 山崎悠稀
ファット 木の下敬志
ダム フラワー・メグ
ミハエル 関淳平
プリボイ 三山寛宰
シン ~Ln??4o
タイ 田邊裕亮

ダンサー 伊東映里奈 服部友貴穗 牧田優希
アンサンブル 古川涼 鈴木おとめ 仲島瑠太 内藤将大 山本嵐太 君島太陽 光田陽希 山木壱耀 桑原敦
劇中ナレーション 加藤雅也
特別出演 児玉源太郎 毛利就慶 渋沢栄一 中川秀彦
【スタッフ】
構成・演出 高橋征男
演出協力 樋口泰子
音楽 印南俊太郎
装置 斎藤樹一郎
照明 光田卓郎
音響 堀江潤
衣装 市原昌顕
振り付け 中原百合香
補佐 矢嶋美紗穂
アクション監督 Judy
舞台監督 島洋三郎
写真撮影 Cosufi
写真メイク 白井雅美
渡邉優明乃
題字 今泉岐葉
デザイン Marina
製作総指揮 寿大 聡

企画・制作 LIB POSSE entertainment LLC
後援 ホーチミン日本商工会議所
協賛 山野美容専門学校


【場所】東京両国シアターX
【日時】2023年
11月29日18:30
11月30日14:00 18:30
12月1日 14:00 18:30
12月2日 14:00 18:30
12月3日 14:00
【チケット】全席指定 S席:7,500円 A席:6,500円
チケットぴあPコード 522394
最前列確定!クラウドファンディング
【作品情報】
舞台『艦隊は動かず』PV
原作 『艦隊は動かず』


 東京にて、舞台『艦隊は動かず』が上演されます。
 「1905年、日本帝国海軍連合艦隊は当時世界最強と言われたロシア帝国海軍バルチック艦隊と戦い奇跡的に勝利する。それは『世界史上初めて有色人種が白人種に勝利を収めた一戦』と言われ、アジア中が歓喜したまさに歴史的な大勝利であった。実はその勝利の裏側にはベトナムの民の知られざる助けがあった。鞭を打たれ虐げられながらも日本の為に身命を賭してロシア軍と対峙するベトナムの民衆。そんな時代の転換点、混沌としたベトナム・カムランに、自身の未来を見つめる2人の若者がいた。外の世界に魅せられた少女チャンと母国を愛し志を持つ少年ヒュー。価値観の違う2人は手を取り合って迫りくる時代の激浪を乗り越える事が出来るのか・・・?史実に基づく感動ストーリー
 この度 日越外交関係樹立50周年記念企画をさせていただくことになりました! 日本とベトナムの知られざる友好を描いた感動小説『艦隊は動かず』を、歌、ダンス、アクション、恋愛ストーリーをまじえダイナミックに皆様にお届けいたします! 是非劇場に遊びにいらして下さい!
 最後に 今舞台は日本ベトナム両国の親善の為に企画されました。今年は日越外交関係樹立50周年というまさに記念の年です。しかしながら実際は日本でもベトナムでもその事は広く認知されておりません。1905年、ベトナム・カムランの民は会った事も見た事ない日本人の為、アジア全土の為に命を投げ出して立ち上がりました。あの時、ベトナムの民の助けがなければ今の日本はロシア語を公用語としていたかもしれません。今プロジェクトを通じ、あの1905年の海を越えた両国の絆を、知られざる友好を、この50周年という記念すべき年に、老若男女、日本人にもベトナム人にも、更には世界中の皆様にもお届け出来たらと心から願っております。素晴らしい役者、スタッフが集結し全力で原作者中川秀彦氏の熱い真っ直ぐな想いを皆様の心にお伝えいたします。是非劇場でその生の熱を感じて頂きたく思います。出演者、スタッフ一同心よりお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年10月29日

演劇企画もじゃもじゃ第6回本公演『ある腐女子』

作・演出:中山美里
キャスト:石津雄司 いずみはる 小又旭 鳥飼健太郎
スタッフ:音響:北村萌 照明:露崎嘉一 美術:いとうすずらん 舞台監督:吉野葵 演出助手:池田夏七美 宣伝美術:いずみはる 制作:安藤歩 高槻一紗


日時:2023 年 11 月 22 日(水)~11 月 26 日(日)全 7 ステージ 22 日(水) 19:00 23 日(木) 14:00|19:00 24 日(金) 19:00 25 日(土) 14:00|19:00 26 日(日) 14:00 ※受付開始・開場は開演の 30 分前
場所:シアターシャイン 東京都杉並区阿佐谷南 1-15-15 東京メトロ丸の内線『南阿佐ヶ谷』駅から徒歩 2 分。 JR 中央線『阿佐ヶ谷』駅から徒歩 7 分。
料金:一般 3,000 円/学生 2,500 円(要学生証)/一般当日 3,500 円 ※日時指定・全席自由席

本公演期間中、23日の14時の回・19時の回にてゲストをお招きし、アフタートークを行います。
14時の回 劇団短距離男道ミサイルより小濱昭博さん
19時の回 範宙遊泳より山本卓卓さん
以上のお二人とともに、作・演出中山美里を交え30分ほどを予定しております。


 東京にて、演劇企画もじゃもじゃ第6回本公演『ある腐女子』が上演されます。
 「宮城のド田舎から上京してきた五味川拓也(21)はナンパ系 YouTuber に憧れ、都心から少し離れた駅でナンパ動画を撮影していた。元々引きこもりだったが故に抱いた憧れだが簡単にナンパを成功させるスキルもなく、撮れ高のために誰でもいいと声をかけた男、永山真澄(26)だけが立ち止まる。上京したての寂しさや真澄に対する興味で、家に遊びに行きたいと言う拓也をそのまま家にあげてくれて...? とある腐女子をサンプルに、コロナ禍に起きた一つの出会いの創造と崩壊を展開していく物語。孤独とナンパと芝居と恋愛。欲望の先に望む一粒の真実を今!眼前に...!!
 『ある腐女子』では、漫画という表現方法では味わえない『生々しい体験』を、演劇作品としてお届け。なぜ彼女たちはBLを追い求めるかという永遠の疑問を1人の腐女子をサンプルに描き出します。社会性と切っても切り離せない、『演劇』という表現手法を最大限に活かした前代未聞のBL演劇作品。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


演劇企画もじゃもじゃホームページ


(高槻さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年10月22日

万博設計13/14 10周年記念公演【再演×新作】『鮟鱇婦人』×『YO RU TO RO TO RO』

鮟鱇婦人 作・演出 橋本匡市 出演 中田彩葉
『YO RU TO RO TO RO』 作:サカイヒロト(WI'RE) 演出:橋本匡市
出演:千田訓子・空本奈々・槇なおこ・古後七海・加藤智之 (DanieLonely)
スタッフ
舞台美術:サカイヒロト(WI'RE) 照明:海老澤美幸(Licka) 音響:廣岡美祐 舞台監督:佐野泰広(CQ)演出助手:井上多真美 (にほひ) 衣装:イトウワカナ(intro)《YORUTOROTOROのみ》 制作協力:<大阪>若旦那家康(コトリ会議)<札幌>intro・三瓶竜大 (ポケット企画/劇団清水企画)宣伝美術・WEB製作:バンパクデザイン企画制作:今野恵子(万博設計)・松尾晃典(万博設計)協力:CQ intro Licka WI'RE 劇団清水企画 コトリ会議 にほひ ポケット企画 提携:(大阪)ウイングフィールト (札幌)シアターZOO助成:芸術文化振興基金 大阪市助成 主催:万博設計 《札幌》北海道演劇財団・NPO 法人札幌座くらぶ
芸術文化振興基金助成事業

【大阪公演】 
会場 ウイングフィールド 〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋2丁目1-27  TEL:06-6211-8427
日程 11/11(土) 鮟鱇 14:00 / YORU 19:00 11/12(日) YORU 13:00 / 鮟鱇 18:00 11/13(月) 鮟鱇 13:00 / YORU 18:00
受付開始は開演の40分前、開場は開演の30分前*未就学児の入場はご遠慮ください*入場は当日の受付順を予定しております。
チケット 10/12(木)チケット発売
・YORU一般 前売 3,500円 / 当日 4,000円・鮟鱇一般 前売 3,000円 / 当日3,500円・18歳以下(要証明書) 500円・2作品セット(予約のみ) 6,000円・初・万博観劇 2,800円 *初めて万博設計の公演を観劇する方限定のチケット。自己申告制*2作品を観劇する場合は5,600円
予約

【札幌公演】*YORUTOROTOROのみ上演
会場 扇谷記念スタジオ シアターZOO 〒064-0811 北海道札幌市中央区南11条西1丁目3-17ファミール中島公園B1F 電話: 011-551-0909
日程 12/8(金) 19:30 12/9(土) 14:00 / 18:00 12/10(日) 11:30 / 15:30
チケット 9/15(土)チケット発売
・一般前売 3,500円/当日4,000円 ・18歳以下(要証明書) 500円*大阪で上演した『鮟鱇婦人』の配信チケット付き
予約

【配信】仮想劇場ウイングフィールド 12月10日(日)~12月17日(日)
<配信チケット>10月23日(月)から発売予定・2,000円 大阪公演『YORUTOROTORO』『鮟鱇婦人』2作品観劇可
予約


 大阪・北海道にて、万博設計13/14 10周年記念公演【再演×新作】『鮟鱇婦人』×『YO RU TO RO TO RO』が上演されます。
 「鮟鱇婦人 2023年verあらすじ 病気がちで、笑う事が滅多に無い母を心配する幼い娘の由宇子。あの手この手で母を笑わせようとするが、全く笑わない。そんなある日、授業の一環で聴いた落語『死神』に衝撃を受け、弟子入りを志願する。笑いの力で母を勇気づける事を目標にしてきた由宇子であったが、母は話す事すらままならなくなってしまう。由宇子の目的も、身体も、そして時代も、ゆるやかに、でも確実に変わっていく。グリム童話『死神の名付け親』をベースに初代三遊亭圓生が作った落語『死神』を軸に、2013年に千田訓子一世一代一人芝居として上演した『鮟鱇婦人』が、中田彩葉の一人芝居として現代に蘇る。
 『YO RU TO RO TO RO』あらすじ 世界中いたるところに、突如『ドア』が出現した。ドアを開けた人々はどこかへ消え、決して戻ってはこない。そんなパニックの中、とある地方都市のとあるイベントの中止が決定した。製作途中の巨大モニュメントも取り壊されることとなり、シートをかけられたまま。解体作業の開始を明日に控えた深夜、モニュメントの設計者がふと思いたって現場を訪れると、そこにはすでに何人もの先客がいた。現場監督、イベント反対派、マスコットキャラクター、モニュメントの幽霊。地上70メートルの足場の上、行き場のない5人は来なかった未来に想いをめぐらす。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

万博設計ホームページ
X(twitter):@exposdesign

(松尾さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [北海道] [近畿]

シアワセナゲキダン 劇場公演 『グッド・バイ』


作・演出:脚本 ケラリーノ・サンドロヴィッチ 演出 丸尾拓(G-フォレスタ)
キャスト:伶原彩夏 小城幸久 麻生実里 陽山晴菜 朝水彩加 角南龍馬 高田恵輔 中佐和葉(G-フォレスタ) 中村渓士 平見智絵 細田恵利(ビックワンウエスト)
スタッフ:原作:太宰治『グッド・バイ』 舞台監督:永瀬由二(ISCplayer[s]) 音響:石田泰司 照明プラン:森田智子(Jelly Beans) 照明オペレーター:松永結依 衣装:山口明子 宣伝美術:制作事務所AiTENI 宣伝撮影:真柴さらだ 企画・制作:シアワセナゲキダン (伶原彩夏、小城幸久、高本結生、麻生実里、陽山晴菜、石田泰司、瀧井ラム善、プロデュース:丸尾拓(Gーフォレスタ))


日時:2023年12月 23日(土) 11時公演・16時公演 24日(日) 11時公演・16時公演
場所:神戸三宮シアター・エート
・JR『三ノ宮駅』東口改札から徒歩約3分 ・阪急・阪神『神戸三宮駅』から徒歩約5分
料金:前売り4200円
予約
※ご予約の受付は2023年10月22日 10時00分から開始いたします。

 神戸にて、シアワセナゲキダン 劇場公演 『グッド・バイ』が上演されます。
 「4人の愛人との関係...全部辞めるつもりでいるんです!! 太宰治の未完の絶筆『グッド・バイ』をケラリーノ・サンドロヴィッチ氏が戯曲化! 雑誌の編集長である『田島周二』には複数人の愛人がいるが、心境の変化により愛人達とは別れることに。上手く別れる作戦を考えているところに現れた『永井キヌ子』というカラス声の怪力女と、夫婦を演じることになり──!? シアワセナゲキダンがクリスマスに太宰治の未完のコメディで、笑いと愛をお届けします!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


シアワセナゲキダンホームページ

(幸豊さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2023年10月13日

演劇ユニット『あやとり』「あなたが産んで」

作・演出:森菜摘
キャスト:黒澤清子、青木祐也、佐藤拓之、三木万侑加、高木友葉、新井凜太、こころ(演劇ユニット『あやとり』)
スタッフ:【舞台監督】杉山小夜、【照明】鷲崎淳一郎、【音響】吉田拓哉、【映像】宇野雷蔵、【衣裳】河野晴歌、【演出助手】島田香澄、【配信映像】山下哲平、【宣伝写真】Takatoshi Miya、【宣伝美術】こころ、【舞台写真】櫻井れな、【制作】小高愛花


日時:2023年12月1日(金)~12月3日(日)
場所:荻窪小劇場
料金:〈前売り〉一般:3500円 学生:3300円 未来応援チケット:5000円 プレゼントチケット:7000円 〈当日〉一般 4000円 学生:3800円
未来応援チケット・・・
公演を応援したい、未来に期待したいと考えてくださる方はこちらのチケットをご購入いただけますと幸いです。支援していただいたお金は、『あなたが産んで』公演の活動資金とさせていただきます。
プレゼントチケット・・・
ご購入チケット(2枚組)のもう1枚を、金銭的に購入できない方々へプレゼントできる制度です。プレゼントするお相手はお選びいただけませんが、ご購入者様はプレゼントする誰かへメッセージカードを残すことができます。
クラウドファンディング実施期間:2023年10月上旬-11月30日 (詳しくは、Twitterにて随時情報を更新いたします。)

 東京にて、演劇ユニット『あやとり』「あなたが産んで」が上演されます。
 「和葉は子どもが欲しくない事を、夫の優に打ち明けられずにいた。子供が欲しい優は、積極的ではない和葉に不信感を抱きはじめていた。そんなある日、『日本初の男性妊娠』というニュースが流れる。混乱する世の中、深まる溝、次第に夫婦の関係は変わりはじめるー。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

演劇ユニット「あやとり」ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年10月 8日

池の下 第29回公演「白夜」

寺山修司全作品上演計画 第20弾
『かくれんぼ』は終わらない
『不在』はいつしか『存在』を凌駕する
寺山没後40年、新たに蘇る寺山ワールド
一瞬が昔のように過ぎる!


作:寺山修司
■スタッフ
演出・美術 長野 和文
照 明 安達 直美
音 響 高沼 薫
舞台監督 田中新一
制作協力 潮田 塁
企画製作 池の下
■キャスト SUMIO 岩切チャボ 井口香 青木五百厘


■公演日程 2023年12月15日(金)19:00開演
12月16日(土)14:00開演/19:00開演
12月17日(日)14:00開演
■劇 場 劇場MOMO (JR中央・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口より徒歩7分)
東京都中野区中野3丁目22−8
■チケット   前売 3,500円/当日 4,000円(全席自由)※10月1日発売開始
◎池の下公式ホームページ http://www.ikenoshita.com
◎カンフェティチケットセンター
◎イープラス

■池の下について
1996年1月 演出家 長野和文を中心に、演劇と舞踏の融合する新たな地平をめざし池の下は結成されました。96年8月から寺山修司初期作品連続公演をスタート。寺山の未知なる面に新たな光をあてる作業を行ってきました。2006年8月の利賀演出家コンクールでは、野外劇場で寺山修司の代表作『犬神』を上演して優秀演出家賞を受賞しました。さらに2007年夏に、寺山の人形劇台本『狂人教育』を俳優たちによる池の下独自の身体表現方法で創作して、3カ国6都市連続公演(韓国:密陽演劇祭/ソウル公演)(大阪公演)(名古屋公演)(東京公演)(上海:国際小劇場演劇祭)を敢行して好評を得ました。さらに『狂人教育』は2019年、ポーランドのグダニスク・シェイクスピア劇場とグロトフスキ研究所より招聘を受けて上演して、テレビ取材や各種媒体で取り上げられるなど様々な反響を呼びました。
今回は寺山修司全作品上演計画第20弾として『白夜』を上演いたします。


 東京にて、池の下 第29回公演「白夜」が上演されます。
 「舞台は釧路の北海岸の安ホテル。劇の主人公、猛夫はともに暮らしていた弓子を探してこの最果ての地にたどり着いた。はじめに姿を消したのは猛夫のほうだった。弓子と二人で幸せな日々をおくってきたが、ある日、ふと思い立って猛夫は家から姿を消した。安宿に泊まりながら、『幸せな家での自分』の不在を思って過ごし、ちょうど1ヶ月たったとき、彼は何事もなかったかのように家に戻った。だが、家には弓子の姿はなかった。それから1年間、猛夫は弓子を家で待ち続けたが、弓子はついに現れなかった。1年目に彼は全ての家財を売り払い、弓子を探す旅に出かける。5年間、日本中を探し続けた末に、弓子と泊まったことのある釧路の安ホテルに行きつく。ホテルの人びとに弓子のことを尋ねるがみな知らないという。しかし猛夫はホテルの部屋の片隅で弓子の所有物を見つけ、ホテルの主人を問いつめるが、主人は弓子を探し続けるのはもう諦めたほうがいいと諭す。猛夫は弓子が近くにいるかもしれないという喜びのなかで眠りに陥る。そしてホテルの人びとは1週間前にこの部屋で自殺した女の話をする。彼女の名は『久方弓子』だった。
 寺山修司全作品上演計画は、寺山修司の作品をすべて上演することを通じて、現代演劇の新たな可能性を探り、今を生きる人びとにむけて、これまでにない寺山ワールドを展開することをめざしています。池の下の寺山演劇は、寺山が書いた戯曲を、演劇を創作する上での一つのテキストととらえて、再現よりも再生を求めて上演するところに特徴があります。『白夜』は、寺山が60年前に文学座のアトリエ公演にむけて書いた作品です。それを今回の上演では、われわれにとって『不在とは何か』ということをテーマに新たに作品を立ち上げて行きます。コロナ禍をへて、われわれの存在は変化し、日常を取り戻したかに見える今も、不安と先行きの不透明さを抱えながら、現代人における『存在と無』の葛藤は続いています。いつ現れるともしれない存在を待ちつつ、不在に満たされた現代社会で、このテキストは深く私たちの心に問いかけるものがあるはずです。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、【TEL】090-9832-0481(10月1日より) まで。

池の下ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年10月 5日

劇団キンダースペース レパートリーシアター VOl.52 モノドラマ アンソロジー『もう一人の私』

構成・演出/原田一樹
キャスト
Aプログラム 
瀬田ひろ美『エドワード・バーナードの転落』作 : サマセット・モーム
関戸滉生『ある統合失調症患者の証言』脚本 : 原田一樹
丹羽彩夏『夏の葬列』作 : 山川方夫

Bプログラム
林修司『断崖の錯覚』作 : 太宰治
西本亜美『ブライトン街道にて』作 : リチャード・ミドルトン
中根瑠理『黄色い壁紙』作 : シャーロット・パーキンス・ギルマン

2023年10月10日(火)~10月15日(日)
開演時間(開場は開演の30分前)
10/10 火 19:00 A
10/11 水 19:00 B
10/12 木 ◉14:30 B( アフタートーク) 
10/12 木 19:00 A
10/13 金 14:30 A×満席 
10/13 金 19:00 B 
10/14 土 13:00 B×満席 
10/14 土 ◉17:00 A( アフタートーク)×満席
10/15 日 13:00 A×満席 
10/15 日 17:00 B
■チケット 日時指定・自由席・要予約
活動支援チケット 4,000円 前売券 3,000円 二回観劇割引券 5,700円 他、割引チケット多数あります


 東京にて、劇団キンダースペース レパートリーシアター VOl.52 モノドラマ アンソロジー『もう一人の私』が上演されます。
 「キンダースペースの『モノドラマ』。今回は、日本の近代文学にとどまらず海外作品、原田一樹のオリジナル作品も加え、私たち自身の内にある『病』と、個人の内面の不可知に迫る。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(瀬田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年10月 3日

演劇ユニット・言葉の動物 第22回公演 虫けらの埋葬~恨みで咲く花、赦しで育つ木~ 出演者オーディション開催

演劇ユニット・言葉の動物では第22回公演の参加者オーディションを開催します。
タイトル『虫けらの埋葬』~恨みで咲く花、赦しで育つ木~ (オリジナル作品・杉並演劇祭参加)

■公演日程:2024年3月30日(土)・31日(日)
全4回公演(上演:2時間20分予定、途中休憩入ります)
30日 AB班 12時・17時開演予定
31日 BA班 12時・17時開演予定
(29日劇場入り)
■会場:座・高円寺(高円寺駅徒歩5分)
■料金:前売り:4500円/当日:5000円

■ストーリー
舞台はJIPUNE(ジプネ)架空の日本。時は戦国、朝霧村という集落が大飢餓に見舞われ、村長は年寄りと7歳に満たぬ子供は長子を残し、山に捨てるようお触れを出す。口減らしのためだ。時は過ぎ、山で奇跡的に生き延びた主人公ロクサブロウをはじめとする者たちはやがて村を襲うようになる。特に物心つかぬ時に捨てられた者は善悪という概念が無く、虫を殺すように次々と人を殺めていく。その中の少年、アスナロが山の仲間アヤメへの土産にと村の娘お初を撲殺し、着物を剥ぎ取るところから物語は始まる。(舞台袖での芝居のため、脱衣の心配はありません) 村長の長男、誠太郎は落ち武者の景時たちに目をつけ仕事を依頼する...

【募集要項】
■応募資格
下記の募集する役のイメージに合い( )内の年齢に見える方。実年齢は関係ありません。
・プロ・アマ不問(事務所・所属団体がある方は事前に許可を得ること)
・未成年者は保護者同意が必要、中高生応募不可。
・稽古期間中、(11~12月トライアル期間は任意)責任を持ちできる限り参加でき、3月29~31日の仕込みと本番期間全日参加いただける方。
・一部自前で衣装をご用意いただく場合があり、ご了承いただける方。(2、3千円以内です)
■応募締切 2023年11月9日(木)
■選考方法 一次審査:書類選考(合否は必ずご連絡します。二次審査進む方には内容をメールにてご案内)
二次審査:面接・実技選考(無料)
■2次選考日:11/11日or14日どちらかをお選びください。19時開始予定(参加者数で多少前倒しあるかもです)
■会場:世田谷区内の区民施設。一次通過者に後日お知らせ。
■二次選考内容:まず台本をお読みいただき、軽くアドバイスさせていただきます。どのように取り入れて芝居が変わるかを選考します。 特技披露(ある方のみで大丈夫です。殺陣、ダンスなど)

★募集する役
●ロクサブロウ(30~40歳代)......山に捨てられた子供の生き残り、爺っちゃ亡き後大将に。村の者を誰よりも憎んでいる。仲間と暮らし村を襲う。
●爺っちゃ(60歳以上)......山に姥捨てにされた年寄り、剣術の心得があり、子供たちに指南する。本名は弥十郎。
●エゾマツ(10代後半・男女不問)......山に捨てられた子供の生き残り、母という存在に憧れを持っている。(設定は男子)
●アスナロ(10代後半・男女不問)......山に捨てられた子供の生き残り、アヤメに淡い恋心を持っている。(設定は男子)
●アヤメ(10代・子供っぽく見える女性)......山に捨てられた子供の生き残り、里の生活に憧れを抱いている。

●村長(60歳以上)......過去に起こった飢饉で村存続のため間引きと姥捨てを提案、村の者に模範を示す為、実子である次男ロクサブロウを泣く泣く山に捨てる。
●誠太郎(40歳代)......村長の長男、弟を疎んでいる。立派な村長になり、朝霧村を盛り立てていきたいと願っている。
●嘉平(40歳代)......村に住む地主。アスナロに娘を殺される。

●景時(40歳代)......村に逃げ延びてきた落人の大将。お蔦の家でロクサブロウと出会う。
●義忠(3~40歳代)...景時の家臣1
●重綱(2~30歳代)...景時の家臣2

●お初(10代)...地主嘉平、おせんの一人娘。アスナロに殺害される。
●源三(3~40代)...朝霧村に住むマタギ、夕霧山で命を落とす
●佐吉(3~40代)...朝霧村に住むマタギ、源三の仕事仲間
●ロクサブロウの幼少期(10代・男女不問)...ロクが10歳くらいの頃
●藤兵衛(60歳以上)...年配の農民、寄り合い参加者
●吉次郎(60歳以上)...年配の農民、寄り合い参加者
●源八(20歳代)...若い農民、お袖の亭主
●お袖(20歳代)...源八の女房。若い農民 

●語り部...この物語のストーリーテラー(女性・年齢不問)
●アンサンブルキャスト(ダンサー)...村人たち(男女・年齢不問)

*この物語は群像劇であり、主人公以外の役にもそれぞれ大事なシーン、見せ場があり、全員で物語を進めていく構成となっております。
*本格的な時代劇ではないので、カツラは使用しません。男性は長髪だとありがたいです。
*一部ダブルキャストとなります。
*アンサンブルのチームでダンス(振りつけ)を創作(2場面あります)いただきたいと考えています。

■稽古日:11月下旬か12月より二次審査合格の方でトライアル稽古を開始。(軽い読み合わせ、殺陣稽古、ダンス稽古を主に週1から2回程度) 1月上旬から正式稽古開始。1、2、3月は週3日。(曜日未定) (場面で区切って稽古していくので全日程参加でなくてもOK) 3月中旬からは週6日を予定。
★全稽古、開始時間は19時からのみで昼間は行いません。(直前稽古は18時開始があるかもです)
■稽古場所:世田谷区内の区民施設
■条件:ノルマなしですが販売のご協力をお願いします。
チケットバックは販売枚数に応じ相談の上、決定させていただきます。一部ダブルキャスト予定。基本公演期間NG日の無い方

■応募方法:参加希望者は
1:お名前(フリガナ)
2:年齢
3:ご連絡先(電話番号、メールアドレス)
4:所属
5:二次審査希望日
6:俳優としての経歴
7:志望動機、自己PR
8:今回の集客数(チケットバックを決める枚数なので実数でお願いします。
チケットバックの合意が取れたのち契約となります)
9:アンサンブル、ダンサーとしての参加希望の方はその旨記載ください。
配役希望の方はアンサンブルとしてのオファーとなった場合のOK、NGを。
10:バストアップ写真・全身写真(二次に進むと結局実際にお会いするので、できるだけギャップのないお写真を...)
以上を記載しこちらのメール までご連絡ください。(できましたら、PDF形式・ワード形式等でプロフィールを添付していただきますと助かります)

よろしくお願いいたします。
演劇ユニット・言葉の動物 西口千草


(西口さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年10月 2日

三俣婦人会 第四次総会『湾で泳ぐ犬』

脚本・演出 ゴン駄々吉
出演 岩切千穂(狂夏の市場) 後藤小寿枝(くじら企画) 佐藤俊作(MC企画) 関口義郎(松竹新喜劇) 中田彩葉 長橋秀仁 風太郎(兵庫県立ピッコロ劇団) 福田恵(劇団レトルト内閣) 吉村篤生(劇の虫) ゴン駄々吉

日時 2023年
11月3日(金)19:30
11月4日(土)15:00/19:00
11月5日(日)12:00/16:00
※受付は開演の45分前、開場は30分前より
※全席自由席です。
料金 前売予約 2500円/当日 3000円
会場 大阪市立芸術創造館 〒5350003 大阪市旭区中宮1-11-14 Tel 06-6955-1066
OsakaMetro谷町線『千林大宮』駅から徒歩10分 京阪本線 『森小路』駅から徒歩10分 JRおおさか東線『城北公園通』駅から徒歩15分 大阪駅前より大阪シティバス 83号系統『花博記念公園北口』行 または 78号系統『守口車庫前』行 約30分 『旭区役所』下車すぐ
予約フォーム

 大阪にて、三俣婦人会 第四次総会『湾で泳ぐ犬』が上演されます。
 「毎日の迫り来る『暇』とどう対峙するかのみにそのエネルギーのほぼ全てを費やし過ごした青春の日々。それは極めて純度の高い不毛であり かつ最大級に豊かな時間だった。今になって振り返ればの話。ここ最近はなんだかすぐにくたびれちゃう。大好きな悪口を云うエネルギーさえままならない。このままでは大変だ! そんなわけでもっかいあの頃の黄金の不毛を 取り戻そうというのがこの劇です。みんなして不毛の大草原を裸足で駆け回り脳みそ空っぽにしてアヘアヘ笑えたらいいなーと思う。したら明日ぐらいは楽しく生きられるかも知れない。灼熱の八月、午前0時 ぼくは一体の死体と出会った」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


三俣婦人会ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2023年9月23日

劇団麦の会 お馴染みの秋の大収穫祭『~マジカル☆びっくり☆どっきり☆ミステリー☆ツアー~』

▼日時 令和5年
11月11日(土)14時開演/18時開演
11月12日(日)14開演
◇全3回公演。各回、開場は開演の30分前です。お早めにお越しください。
◇上演時間は途中10分の休憩を入れて1時間50分ほどを予定しております。
▼料金 一般 2,500円 シルバー(65歳以上) 2,000円 学生(高校生・大学生) 1000円 中学生以下無料!
▼会場 横浜にぎわい座、地下小ホール『のげシャーレ』
・JR線・市営地下鉄線『桜木町』駅下車、徒歩7分、『野毛ちかみち』南1番口より80m
・横浜市営バス『野毛大通り』下車、目の前
◇各回、定員を超えますとご入場できません。お早目のご予約をおすすめします。(定員は、各回110名)
◇中学生以下は無料ですが、お席に限りがございますので、ご予約をお願いします。
★インターネット予約フォーム★
インターネット予約が完了するとシステムより確認メールが届きます。※ご料金は当日受付にてお支払いください。
★予約メール★ こちらのメール宛てへ ご観劇日、時間、お名前、人数(一般、シルバー、学生、中学生以下)をご記載ください。※ご料金は当日受付にてお支払いください。


 横浜にて、劇団麦の会 お馴染みの秋の大収穫祭『~マジカル☆びっくり☆どっきり☆ミステリー☆ツアー~』が上演されます。
 「秋の大収穫祭も、今回で12回目となります。劇団麦の会、渾身のオリジナルショートストーリー、怒涛の6作品 皆様を現在、過去、未来、陸、海、空、東西南北、春夏秋冬、摩訶不思議なミステリアスなツアーへご招待いたします。こうご期待! 劇団員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


★劇団麦の会ホームページ★
(劇団麦の会の公式HPのアドレスが変わりました)


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年9月21日

演劇ユニットziu 第3回公演『評決』

作:渡辺 和徳
キャスト:郡司 成望(演劇ユニットziu) 大背戸 陽介(イエローキャブ神戸) 柊木 樹(劇団なかゆび) 百合 林 千寿(演劇ユニットziu) 長野 慎平(演劇ユニットziu) 養殖 うなぎ 山本 ひなた(ムーヴリノイエ) 楓川 鉄人
演出:白矢 一 (演劇ユニットziu)
舞台監督:白矢 一
音響・照明:八上 和弘
制作:長野 慎平
広報:郡司 成望
宣伝美術:乃上 らんじ
主催:演劇ユニットziu

公演日:2023年10月7日・8日
場所:難波サザンシアター
公演スケジュール:
10月7日(土) A班15:00/B班19:00
10月8日(日) B班11:00/A班15:00
予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/uupqglp?m=0xgbaje

 大阪にて、演劇ユニットziu 第3回公演『評決』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


演劇ユニットziuホームページ


(長野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2023年9月15日

はぶ談戯vol.22『それはオススメしないけど』

作・演出 穂科エミ

【日程】10/5(木)~10/9(月祝)
5(木) 19:00
6(金) 19:00
7(土) 13:00 17:00
8(日) 13:00 17:00
9(月) 16:00
※受付は開演45分前/開場は開演30分前
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
※演出の都合上、開演時間を過ぎますとご入場いただけません。必ず開演前にお越し下さい。
【会場】サンモールスタジオ 新宿区新宿1-19-10 サンモール第3マンション-B1
最寄り:東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅
【チケット】全席自由 前売 4,800円 当日 5,000円 U25割(枚数限定・要証明書)4,000円
【チケット予約フォーム】


 東京にて、はぶ談戯vol.22『それはオススメしないけど』が上演されます。
 「しがない物書き女は、追い詰められるほど奇々怪々な夢を見る 「夢をそのまま書けたら傑作が生まれるのに」夢は女の人生と似ている 苦悩や絶望も、いつの間にか忘れてしまうから同じことを繰り返す 夢も現実も、奇々怪々の者たちによってだんだんと導き出されていく女の人生行路 書いて書いて書き殴って爪痕を遺し「人生の〆切」に向かっていく、サイケデリックでドリーミングな物語
 はぶ談戯、4年ぶりの本公演!テーマは『悪夢』 人生折り返しの女が見る夢は、目まぐるしく煌びやかに残酷に それでも懲りずに見続けて──そしてすべてを書き尽くす」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


はぶ談戯ホームページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年9月11日

P・T企画プロデュース P・T・Mystery_File.12@世界館 ロールプレイング・ミステリー『劇場裏の散歩者』 桃野探偵事務所の事件簿 case.2

【出演】 オオサワシンヤ 坂本さやか 
ことぶきつかさ 五馬さとし(劇団ひこひこ)
白木原一仁(プロデュースユニットななめ45°)村上森子(舞夢プロ)

◆公演スケジュール
2023年11/3(金祝)~5(日)
3(金祝) 11:00/16:00
4(土) 11:00/16:00
5(日) 11:00/16:00
受付開始・開場開演の30分前
上演時間:問題編30分、推理時間60分、解答編30分、合計約2時間。
◆料金 前売 4500円 当日 5000円
【チケット取り扱い】カンフェティ https://www.confetti-web.com/ptkikaku
◆会場 世界館 大阪市港区波除6-5-15 電話 06-6567-9824
アクセス JR大阪環状線弁天町駅北口改札より国道43号線沿い歩道を北へ徒歩約7分。大阪メトロ弁天町駅東改札口4号出口より国道43号線沿い歩道を北へ徒歩約8分。


 大阪にて、P・T企画プロデュース P・T・Mystery_File.12@世界館 ロールプレイング・ミステリー『劇場裏の散歩者』 桃野探偵事務所の事件簿 case.2 が上演されます。
 「【観客参加型ミステリー/ロールプレイング・ミステリーとは?】今作品で参加者は眼の前で繰り広げられる関係者の言動だけでなく、参加者自身が登場人物の1人として事件現場?である会場を巡り、ヒントを手に入れ、推理する『ロールプレイング・ゲーム』感覚のミステリー演劇です。観ているだけにとどまらない、リアルだからこそできる推理ゲームを体験してください。
 【あらすじ】貴方は、とある劇場で起こった殺人事件の生き残り。その貴方の元へ、一通の招待状が届く。=『あの日』を共有した貴方へ= この度、閉鎖されていた劇場を再開する事となりました。そこで再開記念パーティーへ貴方をご招待致します。アトラクションとして、あの日の演目を一部再演致します。最後まで上演され無かった演目を、今度こそお見届け下さい。 現実から隔離された劇場空間では、春に紅葉が色付き、秋に桜が咲く。そして名探偵が消え、遺体も散歩する。今、閉鎖されていた劇場が、忌まわしい記憶と共に再び動き出す。桃野探偵事務所の姉弟、桃野花・実と共に、貴方も事件解決に挑んで下さい。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、Office P・T企画こちらのメールまで。


(丹原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2023年8月30日

劇団スタジオQ公演『迷宮ウエディング』


日時 2023年10月14日(土)[1]午後2時30分開演[2]午後6時30分開演
開場は開演の30分前
場所 吹田市文化会館メイシアター 小ホール
前売 2800円 当日 3000円 ※チラシ(ウェブ上から印刷も可)ご持参の方前売扱い。


 大阪にて、劇団スタジオQ公演『迷宮ウエディング』が上演されます。
 「犬族と猫族が対立を繰り返し、人間は工場労働者というある星の世界。猫族のムギと犬族のリクが恋をした。しかしムギには婚約者が...りくの両親のルビー婚式も開催されるその日に、思いもよらぬちん入者が!!ふたりの恋の行く末は?そして、階級制度のあるこの国の未来は...ちょっとファンタジーな物語。お楽しみ下さい。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、06-6848-5213(西川) まで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

劇団あしからず。「演劇を考える」

作・演出:百武大輔 他


日時:2023年9月22日~9月24日
場所:阿佐ヶ谷アートスペースプロット
料金:障がい者割引:2,000円 一般:3,000円 ※前売り/当日一律


 東京にて、劇団あしからず。「演劇を考える」が上演されます。
 「事前にワークショップを行い、参加俳優と共に作品内容(台本)を作っていき、全員で作り上げたものを一つの作品とし公演を行います。
 事前に用意したものが一切ない地点から全てのセクション(各部署)が同時に創作をスタートし、ワークショップ、稽古期間でのクリエイションを通して演劇、そして人と人のコミュニケーションを再考する場とします。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団あしからず。ホームページ


(武田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年8月28日

新宿梁山泊 ザ・スズナリ2作品連続上演『失われた歴史を探して』『少女都市からの呼び声』

新宿梁山泊第75回公演『失われた歴史を探して』

作:金義卿 演出:金守珍
【出演】
金守珍、趙博、大久保鷹、水嶋カンナ、藤田佳昭、ムンス、ジャン裕一、二條正士、佐藤水香、青山郁彦、杉本茜、望月麻里
【スタッフ】 
照明: ライズ/舞台美術:大塚聡+百八竜/舞台監督:竹原孝文/音響:大貫誉/振付:大川妙子/殺陣:佐藤正行/衣装:ASUKA/宣伝画:南蔵院瑠璃/宣伝デザイン:福田真一/票券:styleoffice/製作・主催 一般社団法人新宿梁山泊 

2023年10月12日(木)~15日(日) 
12日(木)14:00/19:00
13日(金)14:00/19:00
14日(土)14:00/19:00
15日(日)14:00/


 ー関東大震災から百年 虐殺の歴史と記憶ー 金守珍 紀伊國屋演劇賞個人賞 × 金義卿 韓国演劇界の巨匠
 文化座公演『旅立つ家族』で全国を巡り絶賛された最強タッグ第二弾!!1986年、韓国にて第22回百想演劇賞を受賞した名作、初の日本公演に金守珍が挑む!!
 朝鮮出身の金東起は、東京・江東区の『大島工作所』で父・振道と姉・順起と共に暮らしている。工場長・田中は日露戦争と日韓併合で、軍人として大勢の人を殺した呵責の念から、低賃金で働く朝鮮人労働者たちの面倒を見ていた。一方、息子の俊行は1919年の『3•1朝鮮独立運動』で抵抗する朝鮮人を惨殺した自身の行為を恥じることなく、開き直りの姿勢を貫いていた。そんな俊行だが、順起に思いを寄せているらしく......二つの祖国を境に、両家の溝は惜しくも深まるばかりであった。そして1923年9月1日─── 『関東大震災』がすべての運命を変える。帝都東京は火の海と化し、たちまち『不逞鮮人と社会主義者が暴動を起こしている』『朝鮮人が井戸に毒を入れた』『放火・略奪・強盗を起こしている』などの流言飛語が飛び交った。警察署を中心とした自警団が各地に組織され、国を挙げた『朝鮮人狩り』が始まる。ついに『大島工作所』にも『朝鮮人狩り』の波が押し寄せるのだが......混乱と恐怖の中で、何が彼らを隔てるのか。関東大震災から百年、記憶と歴史を語り継ぐ、新宿梁山泊の新たなチャレンジ!!」

新宿梁山泊第76回公演 若衆公演『少女都市からの呼び声』

作:唐十郎 演出:金守珍
【出演】風間杜夫、金守珍、大久保鷹、藤田佳昭、ジャン裕一、宮澤寿、二條正士、柴野航輝、若林美保、赤日毬子、本間美彩、矢内有紗、河西茉祐、青山郁彦、杉本茜、望月麻里、松本カオル
【スタッフ】照明: ライズ/舞台美術:大塚聡+百八竜/舞台監督:竹原孝文/音響:大貫誉/振付:大川妙子/衣装:ASUKA/宣伝画:東逸子/宣伝デザイン:福田真一/票券:styleoffice/製作・主催 一般社団法人新宿梁山泊 

2023年10月17日(火)~19日(木) 
17日(火)19:00
18日(水)13:00/16:00/19:00
19日(木)13:00/16:00


 「『少女都市からの呼び声』は、1994年に文化庁芸術祭賞を受賞し、その後フランス・アビニョン演劇祭、韓国、カナダ、中国、台湾、アメリカで上演されました。夢とロマンあふれる唐十郎の大傑作であり、新宿梁山泊が長年上演してきた名作です。本作にこだわり続ける金守珍が今年3連続演出を手掛けました。第一弾6月花園神社紫テント上演、第2弾7月シアターコクーンプロダクション2023として新宿東急歌舞伎町タワー・ミラノ座でのオープニングシリーズ公演敢行、第3弾は、10月ザ・スズナリでの新宿梁山泊若衆公演で、風間杜夫、大久保鷹を迎え最終章に挑みます!!
 夢と恐怖 劇作 唐十郎 2010年ソウル公演パンフレットより 『氷いちご』にスプーンをさし入れる時の、サクリとした音まで聞こえる。そんな小さな気配を呼び寄せなければこわれてしまうもろい世界、かと思うと、吹雪き吹き荒れるう満州の荒野、物語を横切る老人乞食の群れ、そして哀しみの地平を埋めつくす雪子の涙のガラス玉、この作品は、存在するものと、しないもの、つまり現実と非現実の融合の物語です。男(田口)の内部には生まれなかった妹が住んでいます、男が夢見るときだけ起き上がるもろいガラスの少女、自分の変わりに生まれていたかもしれない少女、大胆でたくましい活力を放射する新宿梁山泊の舞台には、いつも、そんなはかなく美しい妹がひそんでいます。僕にとって劇場は面白く美しい場所であるとともに、現実逃避ができるところであり、そしてまたおぞましく恐ろしい場でもあります。私が皆さんと共有したいのは、私自身の夢と恐怖なのです。」


【2作品会場】下北沢 ザ・スズナリ
【チケット料金】 全席指定席 前売予約開始 9月1日[金] 11:00~
一般指定席 前売り 4,500円 当日5,000円
U25 2,500円 (限定席、前売り当日共)
※未就学児童様はご入場をご遠慮いただいております。
※受付は開演の45分前。開場は開演の30分前
チケット取り扱い
新宿梁山泊公式
チケットぴあ
カンフェティ Tel.0120-240-540
チケットに関するお問合せ:こちらのメール

 東京にて、新宿梁山泊 ザ・スズナリ2作品連続上演『失われた歴史を探して』『少女都市からの呼び声』が上演されます。
 「新宿梁山泊はこの秋 10月に、ザ・スズナリにて 2 作品連続上演に挑戦いたします。1作目は、韓国演劇界の巨匠・金義卿が第 22 回百想演劇賞を受賞した名作『失われた歴史を探して』。文化座公演『旅立つ家族』で全国を巡り、絶賛を受けた金義卿×金守珍・最強タッグの第二弾です!!本作は日本では今回が初上演!2023年9月1日は、関東大震災から百年となる節目の年、記憶と歴史の物語を通して慈しみに満ちたメッセージをお届けします。2作目は、『少女都市からの呼び声』。6月花園神社紫テント上演、7月シアターコクーンプロダクション 2023 ミラノ座公演を経て、3連続最終章となる若衆公演です。夢とロマンあふれる唐十郎の大傑作であり、新宿梁山泊が長年上演してきた名作を、本作にこだわり続ける金守珍が3連続演出&風間杜夫が3作連続出演!!さらに今回は、アングラの寵児・大久保鷹も参戦し、豪華なフィナーレを迎えます!!2作品、どうぞご期待下さい!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、新宿梁山泊事務所:TEL.03-3385-7971、こちらのメールまで。


公式Twitter
公式サイト


(水嶋さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団Stage SS Zakkadan 家庭の事情シリーズ『午前0時はドリームタイム』

作・演出:作:深山うぐいす 演出:秋朔海
キャスト:望月カンナ、望月アンナ、塚口あやこ


日時:2023年10月21日(土) 15:00開演
場所:神戸ポートオアシス 2階ホール 【アクセス】阪急・阪神『神戸三宮』、JR『三ノ宮』より徒歩15分
料金:前売り(ライブ配信):2,500円 当日:3,000円 ※小学生半額、未就学児無料

 神戸にて、劇団Stage SS Zakkadan 家庭の事情シリーズ『午前0時はドリームタイム』が上演されます。
 「とあるヤクザの家庭に巻き起こる、勘違い、勘違い、勘違い...。中国四千五十六年の占いによると、この過程を救う方法とは!!?? 踊りや歌も交えて考える、家庭の事情。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団Stage SS Zakkadanホームページ


(曽我さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2023年8月26日

絶景舞踏 奥村万琵舞踏公演 『デージー 太陽の目』

作・演出:奥村万琵
キャスト:奥村万琵


日時:2023年10月7日(土)19時・10月8日(日)18時
場所:中野テルプシコール JR中野駅から徒歩10分
料金:前売り:2500円 当日:3000円 学生:2000円
youtubeで私の舞踏作品をアップしています。是非見てみてください。よろしくお願いします。

 東京にて、絶景舞踏 奥村万琵舞踏公演『デージー 太陽の目』が上演されます。
 「舞踏家奥村万琵による舞踏公演。奥村万琵の身体から醸し出す微細な振動数が空間を彩り、見ているお客様と共に不思議な感覚に誘われることでしょう。舞踏や身体表現、新たな表現を模索している方、是非お立ち寄りください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 チケット予約・お問い合わせは、こちらのメールまで。


絶景舞踏ホームページ

(奥村さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年8月23日

劇団メグロコミュニティシアター 公演 W・シェイクスピア作『テンペスト』

作 W・シェイクスピア
訳 小田島雄志(白水社刊)
構成演出 牛尾穂積
出演予定者
野中くに子、山本順子、高野圭一郎、久保真理子、中丸朋美、岸本聖美、
舩木優、黒田貴子、竹谷和也、秋田倫子、吉村理恵


日時:2023年 9月16日(土) 14時、9月17日(日) 14時、 9月18日(月祝) 14時
場所:ウッディシアター中目黒(東京都)
料金:2,500円  学生・目黒区民 2,000円
開演日時 2023年
9月16日(土) 14時
9月17日(日) 14時
9月18日(月祝) 14時
チケット 2,500円 学生・目黒区民 2,000円 小学生以下無料 ※未就学児のご入場はご遠慮ください。
全席自由席
会場 ウッディシアター中目黒(東急東横線/日比谷線 中目黒駅 徒歩8分)
WEB申込


 東京にて、劇団メグロコミュニティシアター 公演 W・シェイクスピア作『テンペスト』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2023年8月18日

TRASHMASTERS vol.38『チョークで描く夢』

作・演出 中津留章仁
[出演] 川崎初夏/星野卓誠/天川義輝/小崎実希子[以上 TRASHMASTERS]
みやなおこ、千賀功嗣(劇団 俳優座)、石井麗子(文学座)、井上裕朗、荻野貴継(O企画)、岡野優介(クロムモリブデン)、小向なる
[スタッフ]
音楽/高畠洋
舞台美術/原田愛
照明/宮野和夫
音響/佐藤こうじ[Sugar Sound]
衣裳/宮岡増枝[青年劇場]
舞台監督/白石定[STAGEWORKS]
制作/久保田遥南
制作助手/沼尾麻水
宣伝美術/中塚健仁
イラスト/BRAKICHI
写真撮影/ノザワトシアキ
映像記録/鈴木一成[学芸映像株式会社]
[協力]ラッキーリバー JFCT サテライト東京 アイウィズプロモーション 劇団 俳優座 文学座 PLAY/GROUND Creation O企画 クロムモリブデン 太田プロダクション カルテットオンライン
[企画・製作]一般社団法人TRASHMASTERS


2023年9月7日[木]―18日[月・祝] @下北沢駅前劇場 [全15回公演]
[上演スケジュール]
9月7日[木] 19:00
9月8日[金] 19:00
9月9日[土] 14:00 AT
9月10日[日] 14:00 AT
9月11日[月] 14:00/19:00
9月12日[火] 14:00
9月13日[水] 14:00/19:00
9月14日[木] 14:00
9月15日[金] 19:00
9月16日[土] 14:00/19:00
9月17日[日] 14:00★
9月18日[月・祝] 14:00
ATの記載がある回は、終演後にアフタートークを予定しております。
★の回は『気軽にご観劇いただける回』です。年齢や障がい等様々な理由により座席で静かに観劇するのが難しい方も、気軽にご来場いただけます。座席をゆったり配置し、途中での出入りもしやすいようにいたします。この回に限り、未就学の方も無料でご観劇いただけます。
★の回を除き、未就学児童のご入場はお断り申し上げます。受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。開演後のご入場はご指定のお席にご案内できない場合がございますので、開演5分前までにはお越しください。
[感染症対策について]
※劇場内では常時換気を行っておりますが、上演中はドアを閉鎖するため、マスクのご着用を推奨いたします。
※マスク未着用のお客様もいらっしゃることをご了承ください。
[劇場] 下北沢駅前劇場 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F tel:03-3411-0019
京王井の頭線『下北沢駅』中央口改札より徒歩3分 小田急線『下北沢駅』東改札より徒歩3分
[劇場チケット] 全席指定・税込
前売 5,500円/当日 6,000円/U25[25歳以下の方] 2,500円/団体割[3名以上、1名あたり] 5,000円/リピーター割[2回目以降] 4,500円/障がい者割 4,500円[付き添いの方は1名まで無料]
※U25券は当日受付にて生年月日の表記がある身分証をご提示いただきます。
※リピーター割をご利用の方は、前回vol.38 『チョークで描く夢』を観劇された際のチケットをご提示いただきます。
※障がい者割をご利用の方は、当日受付にて障害者手帳をご提示いただきます。
車椅子でご来場の方は、事前にご連絡をお願いいたします。
※9月17日(日)14時の回のみ、未就学の方は無料でご入場いただけます。
劇団予約フォーム
[配信チケット]
発売期間:2023年7月14日(金)10:00―11月3日(金)21:00
配信期間:2023年10月13日(金)10:00―11月3日(金)23:59
価格:3,000円(税込)
取り扱い:Confetti Streaming Theater(カンフェティ) 


 東京にて、TRASHMASTERS vol.38『チョークで描く夢』が上演されます。
 「そこは、とある文房具を作っている企業。代表のもとに養護学校の先生が現れる。生徒を雇用してほしいと相談に来たのだ。彼の熱心な説得もあり、若い女性二人を二週間限定で働かせることにした......。これは障がい者を雇用する企業と人々の物語。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、トラッシュマスターズ:こちらのメール、制作部/久保田 080-9380-4025[10:00-18:00] まで。

TRASHMASTERS公式サイト

(久保田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]