公演案内ページ | 演劇交差点トップページへ

2019年8月18日

Asia meets Asia 2019 -アジア9都市共同創作公演『漂流者/ Drifters』

~漂流するアジア-増え続ける難民を覆い隠す"無関心の壁″を打ち砕け~

共同構成・出演
Archana Kumar Dancer / Bangalore, India
Nitant Nair Performer / Delhi, India
Bhuchung D Sonam Write / Tibetan Refugee *特別参加
庾凯 Yu Kai Actress, Performer / Shanghai, China
양송이 Songyi Singer, Performer / Busan, Korea
Dumay Solinggay Poet / Baguio, Philippines
李志文 Lee Chi Man Multi-Performer / Hong Kong, China
V Kanon Visual singer / Medan, Indonesia
原田拓巳 Dancer / Tokyo
板垣朝子 Dancer / Tokyo
花崎攝 Actress / Tokyo
中島彰宏 Performer / Tokyo

音楽演奏 竹田賢一 (電気大正琴)
共同構成・演出 大橋宏
舞台 吉川聡一 山崎久美子
照明 松竹理奈

特別協力 Zaw Min Htut 在日ビルマロヒギャン協会
特別感謝 認定NPO法人 難民支援協会
助成 芸術文化振興基金
企画・制作 特定非営利活動法人アジア・ミーツ・アジア
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-38-3 プロト・シアター内


会期 2019.9/12(木)-15(日)
会場 プロト・シアター 
■タイムテーブル
9月12日 (木)19:00
9月13日 (金)19:00
9月14日 (土)19:00
9月15日 (日)17:00
■チケット料 前売り 4000円 当日 3500円 学生・外国人 2000円
■予約・問合せ 電話&Fax 03-3386-8208 080-5196-1598 / 090-2408-6232
※チケットはこちらのメールにてご予約ください。お名前・ご希望日・枚数・連絡先をご記載下さい。当日劇場にてお支払い頂きます。

 東京にて、Asia meets Asia 2019 -アジア9都市共同創作公演『漂流者/ Drifters』が上演されます。
 「故郷を追われた六千五百万人の、聞こえない声がある、見えない姿がある、同じ数だけの恐怖と絶望がある。現在、世界で一番多くの難民を抱える"不可視のアジア"。今、そこで何が起きているのか? その視線の先に見えてくるものは、暴力、差別、国家権力、そして外部に無関心な『私』? あるいは、焦がれる故郷? 小さな希望?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(中島さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年8月16日

劇団20周年記念企画FINAL 劇団C4第26回公演「エスケープ」

作・演出:大福悟
キャスト:舛添麻衣、河口玲子、小林鮎実、佐藤友美、谷川哲朗、前元優子、河口紀代子、古賀順一、児島誠、干す茶(客演)


日時:2019/10/26 (土) 14:00~19:00~ 2019/10/27 (日)13:00~
場所:北九州芸術劇場 小劇場
料金:前売り一般:2500円 高校生以下1500円 当日:500円増し


 北九州にて、劇団20周年記念企画FINAL 劇団C4第26回公演「エスケープ」が上演されます。
 「凛子は北九州市に住むどこにでもいそうな平凡なOL。平凡な家族、平凡な生活、平凡な人生に物足りなさを感じながらも、こんなものかと日々を暮らす毎日だった。ところが、ある日何者かに襲われ、誘拐されてしまう。突然不条理な状況に陥り、平凡な人生が一転してしまう。何が何だか解らないまま閉じ込められた場所には、凛子以外にも数人の拉致された女達がいた。ここから、生きて帰る為の女達の脱出劇が始まる!
 ー20年目のC4は闘ってます!ー 今年1月の第25回公演『明日子の恋#1~恋はカウンターパンチ~』から始まった劇団20周年記念企画。 そのFINALを飾るのは、初の北九州芸術劇場小劇場での本公演『エスケープ』。 これまで、中劇場での企画公演や『劇トツ』参加での小劇場は経験のあるC4ですが、単独本公演での小劇場の舞台は初めて。 その小劇場に上げる作品『エスケープ』は、闘う女達の脱出劇。 振り返ればこれまでの作品で人気の『SWING夜露志苦!』や『三日月探偵社シリーズ』、新シリーズの『明日子の恋』と闘う女達を描いてきたC4。 今回はC4が誇る女優陣久々の総出演。 もちろん、個性派男優陣もしっかりと脇を固める。 20年目のC4、ここから始まるC4、ともに期待していただける作品を創り、芸術劇場の舞台で皆様のお越しを団員一同心よりお待ちしています。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団C4ホームページ


(☆鮎実☆さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [九州・沖縄]

GooDFellowS 虎の会「緑の国」

作・演出:高橋耕一郎
キャスト:杉原幸子・川谷弘子・管野智文・城市遼・高橋耕一郎
スタッフ:竹内範之


日時:9月17日(火)~22日(日)
場所:ジョイジョイステーション(練馬区 桜台駅下車南口徒歩5分)
料金:前売り:3,800円 当日:3,800円
■予約・お問い合わせ■ こちらのメール
※日時予約制のため、氏名、希望日時、枚数をご記入のうえ、上記アドレスにメールをご送信ください。虎の会制作より返信いたします。
フェイスブックからもメール送信できます。

 東京にて、GooDFellowS 虎の会「緑の国」が上演されます。
 「古代ブリタニア(現在のイギリス) ポロポーニャの森、新たな春を待つ嵐の夜。峠の山小屋に飛び込んできたのは、狼のガブと羊のメイ、そして、リア王だった・・・。
 『あらしのよるに』と『リア王』がコラボした、これまでにない物語!全ての生きとし生けるものたちに捧げる賛歌!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

詳細は、フェイスブックをご覧ください。『グッドフェローズ 虎の会』で検索できます。


 

(増田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

「大正浪漫探偵譚-万華鏡への招待状-」

作・演出:鈴木茉美
キャスト:山本芳樹(Studio Life) 永田聖一朗 鐘ヶ江洸 磯野大(劇団アレン座) 田中尚輝 田渕法明 武藤賢人 栗田学武(劇団アレン座) 渡邉嘉寿人(VOYZ BOY) 松原凛 レノ聡(天才劇団バカバッカ) 栗原功平(劇団スーパー・エキセントリック・シアター) 松本慎也(Studio Life)
スタッフ:脚本・演出 鈴木茉美 舞台美術:杉山至(六尺堂、青年団)、谷佳那香(六尺堂) 照明:マーキュリー 映像:浦島啓(colore) 音響:川西秀一(Lucky Jr.sound) 音楽:翡翠(月読レコード) ヘアメイク:藤本麗 アクション振付:横山一敏(ジャパンアクションエンタープライズ) 宣伝美術:Allen 制作協力:島崎翼


日時:2019年9月11日(水)~9月16日(月)
【タイムスケジュール】
9/11(水) 19時
9/12(木) 14時/19時
9/13(金) 14時/19時
9/14(土) 13時/18時
9/15(日) 13時/18時
9/16(月) 13時
場所:あうるすぽっと【豊島区立舞台芸術交流センター】 【住所】 〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
料金:◯一般指定席:6500円(税込) ◯プレミアム前方席シート:8500円(税込)
【チケット詳細】全席指定席
◯一般指定席:6500円(税込)
◯プレミアム前方席シート:8500円(税込)
☆プレミアムシート特典:お好きなキャストの2Lブロマイド(全12種を予定)
※特典は特典引換所にて当日お渡しいたします。
【チケット発売日程】
一般発売(先着形式) 2019年8月10日(土)12:00~
【チケット申し込みフォーム】
(カンフェティ) (アニメイト)
★アニメイト限定特典★
-WEB販売、店頭販売含めアニメイトでチケットをご購入頂いたお客様に非売品特典ブロマイドをプレゼント!-
《アニメイト限定》非売品特典ブロマイド(L版/全12種を予定) ※当日会場にございます特典引換所にて全キャストの中からお好みのキャスト様のブロマイドをお渡しさせて頂きます。※特典ブロマイドはチケット1枚につき、1枚の交換となりますので予めご了承ください。※特典のお引き換えはその回の公演チケットのみとなりますのでご了承ください。
□これを見れば大正浪漫探偵譚がもっと楽しめる。
『探偵東堂解の事件録-大正浪漫探偵譚-』2019年2月 千本桜ホール 公式HP DVD予約販売
『大正浪漫探偵譚-六つのマリア像』2018年4月 シアター1010 公式HP DVD通販販売
『大正浪漫探偵譚~君影草の設計書~』2016年7月 東京芸術劇場シアターウエスト 公式HP DVD通信販売
『大正浪漫探偵譚~東堂探偵事務所~』2015年6月 中野ザポケット 公式HP DVD通信販売


 東京にて、「大正浪漫探偵譚-万華鏡への招待状-」が上演されます。
 「時は大正時代。西洋文化と和の文化が混在し、目まぐるしく変化を遂げる世の中。そんな移りゆく時代の中に、東堂探偵事務所はあった。
 驚異の記憶力を持つ南澤譲、高い身体能力を持つ北早翔太、そしてその2人を助手に置き、観察力・推理力に長けた探偵東堂解。
 ある日、南澤が何者かに襲われた。犯人は東堂への脅迫とも取れる紙を落としていった。そんな中、事務所に一通の招待状が届いた。山奥の屋敷で行われるゲームに参加し、謎を解いてほしいという。興味を持った東堂は、南澤と北早、そして同じく招待を受けた刑事の佐々木たちと共に屋敷へ向かうことに。執事に案内され中に入ると、すでに他の参加者たちが謎を解くために動き出していた。あらゆる専門学を生業にしている参加者たちと少しずつ答えへと近づいていく東堂。しかしそこには、歴史に隠された大きな謎が眠っていた。大富豪は何のために東堂たちを集めたのか。隠された歴史の謎とは何か。仕掛けられた陰謀に、東堂たちが立ち向かう。ろまたん史上最も危険な事件が、今幕をあける。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


大正浪漫探偵譚公式HP
◯大正浪漫探偵譚公式Twitter: @romatan2018
大正浪漫探偵譚公式ブログ
あうるすぽっとHP


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年8月15日

G-フォレスタpresents 洋館ミステリ劇場 坂口安吾『奇術師の眼力』

構成・演出 丸尾 拓
【キャスト】山崎修一、生田克正、もりかゆみ、森優子、中佐和葉、阿部達雄(イズム)、黒木保子、~ED7CJe
【スタッフ】
音響:石田泰司(シアワセナゲキダン)
衣装:山口明子
ヘア・メイク:iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRAtenn / 中村和似
受付:なつみあや、仲村 鷹規(N STAGE PRODUCE)、佐倉ハルキ(劇団桜月会/N STAGE PRODUCE)他
撮影:佐伯亜由美、joe
企画・製作:G-フォレスタ

【京都公演】栗原邸(旧鶴巻邸) (京都市営地下鉄東西線『御陵』駅より徒歩10分)
チケット代金:4500円(日時指定・全席自由)・要予約 ※うち1000円は、栗原邸の修復保存費用として使わせていただきます。
9月21日(土)    14時30分/18時
22日(日)  11時/14時30分/18時
23日(月祝) 11時/14時30分
【大阪公演】@青山ビル (OsakaMetoro堺筋線『北浜』駅より徒歩1分)
チケット代金:3500円(日時指定・全席自由)・要予約
10月13日(日)   14時30分/18時
14日(月祝) 11時/14時30分/18時
19日(土)    14時30分/18時
20日(日)  11時/14時30分/18時
21日(月) 休演
22日(火祝) 11時/14時30分
【チケット発売日】8月18日(日)AM10時~
【チケット予約】お申込み先:ticket@g-foresta.com
お名前・ご住所・ご希望日時・枚数・電話番号をご連絡ください。※お申込み後、ご予約完了メール等の返信が届かない場合は、メールの事故等が考えられますので、お手数ですが、お知らせくださいますようお願いいたします。

★洋館ミステリ劇場とは...
築100年以上前の本物の洋館を使い、昭和初期の探偵小説を再現。
シーン毎に部屋を移動し、犯人を当てるミステリーツアー型の演劇で、
チケットが手に入らないほどの人気を呼び続けている。

 京都・大阪にて、G-フォレスタpresents 洋館ミステリ劇場 坂口安吾『奇術師の眼力』が上演されます。
 「暗闇での実験の最中、殺人事件が起こる。その場に居合わせたのは息子、娘、娘婿...の親族ばかり。誰がどうやって殺したのか?『不連続殺人事件』で、第二回探偵作家クラブ賞を受賞した坂口安吾の推理小説です。
 今回は京都公演と大阪公演のニ都市公演です。まず、9/21土~23月祝の京都公演。琵琶湖疏水沿いに建つ、昭和4年竣工、本野精吾設計の国登録有形文化財の山科・栗原邸公演。大阪公演は、10/13日~22日火祝。蔦に覆われた近代建築。大正10年、個人住宅として建てられた、国登録有形文化財の北浜・青山ビル。今回の青山ビル公演も昨年同様、『生きた建築ミュージアムフェスティバル』連携公演としてガイドブック等でも紹介していただく予定です。チケットは京都公演、大阪公演ともに、8/18日午前10時からの発売予定です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

G-フォレスタホームページ

(中田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年8月14日

芸術文化振興基金助成事業 演劇集団ワンダーランド第47回公演『明星 与謝野鉄幹・晶子の道行き』

作・演出/竹内一郎
出演 小林達雄、森源次郎、倉多七与、山田健太、田中孝宗、江藤美南海、小川友暉、髙橋明日香、山田久海、半澤昇、田邊美貴、相川真穂、濱田晃成、千勢桐子、丹由美子
スタッフ
作曲 坂口 野花
舞台美術 多賀 慧
照明 今西 理恵(LEPUS)
衣装 佐々波 雅子
音響 小倉 益絋
舞台監督 小松明人(幻奏ボレロ)
イラストレーション 城芽ハヤト
協力 劇団俳優座 Pカンパニー オールスタッフ クィーンズアベニュー 
協力スタッフ 岡崎真弓
制作 浜田和美 中島直俊
主催 一般社団法人演劇集団ワンダーランド


会期 2019年10月17日 (木) ~ 20 (日)
会場 劇場MOMO
チケット料 日時指定・自由席 【発売日】2019/09/04
前売 3500円 当日 3800円 学生 2500円 公開ゲネ2800円(一律)
☆チケットお取り扱い 一般社団法人演劇集団ワンダーランド 電話03-3368-2481(FAX2487) メールはこちら
タイムテーブル
10月17日(木)14:00公開ゲネ/19:00
10月18日(金)14:00/19:00
10月19日(土)14:00/19:00
10月20日(日)14:00 
その他注意事項 受付開始は、開演の45分前。開場は開演の30分前。未就学児は入場不可。開演時間を過ぎますと入場をお待ちいただく場合がございます。開演5分前を過ぎますとキャンセル待ちのお客様を優先させていただく場合がございます。予めご了承ください。

 東京にて、芸術文化振興基金助成事業 演劇集団ワンダーランド第47回公演『明星 与謝野鉄幹・晶子の道行き』が上演されます。
 「お互いが太陽であり明星であった 晶子の歌は、社会主義者、反戦活動家、女性解放の闘士たち(平塚雷鳥など青鞜のグループ)は、もとより、すべての日本人に愛される。そして、現在でも長く愛唱されている。主義主張を超え、時代を超える日本歌壇の"明星"である。鉄幹は、ロマン派の理論は興したものの、まともな作品は残していない。妻・滝野の実家に金を借り、明星を出すと、新進の歌人、晶子、山川登美子と不倫。それ以後も女出入りは激しい。金にはだらしなく、会社の資金計画さえない。常にその場しのぎの借金頼みで、雑誌は廃刊続きである。見栄っ張りで、エキセントリック。苦境に立つと、資金もないのに衆院選に出て、一発逆転を狙ったりする(あえなく落選)。晶子の稼ぎに支えられた一生である。若い人には、不釣り合いに見える夫婦かもしれない。晶子は生涯に三度燃えるような恋をしている。三度とも相手は鉄幹である。晩年は二人仲良く、たびたび旅行をしている。この夫婦、不可解だろうか。一筋縄ではいかなかったが、同行二人。お互いがお互いの、明星であり太陽であった。これまで書かれた、二人の評伝からは大きな冒険をすることになるが、私は二人をとても素直で真っ直ぐな心根の持ち主として演出したいと考えている。(竹内一郎)」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 主催・お問い合わせは、一般社団法人演劇集団ワンダーランド:電話03-3368-2481(FAX2487)、またはこちらのメールまで。

演劇集団ワンダーランドホームページ


(浜田さん、お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年8月10日

TIS/d&te since 2015 鶴屋の会「桜姫東文章」

作・演出:鶴屋南北作、小林志郎演出
キャスト:鶴屋の会
スタッフ:北寄3?s!"9b662E;T!"B<>e@2I'!"SoundTAKA


日時:2019年9月1日(日) 1回目14:00~ 2回目16:30~
場所:深川江戸資料館 レクホール
料金:1000:円

《鶴屋南北 作 リーダーズ・シアター『桜姫東文章』》
発端『江の島稚御ヶ淵の場』
序幕『新清水/桜谷草庵の場』
四幕目『三囲堤の場』
五幕目『岩淵庵室の場』
六幕目『山の宿町の場』まで(春陽堂『大南北全集 第8巻』1925)
チケットのお申し込みは メールで受け付けます。お名前、連絡先、1回目または2回目公演どちらかをご明記ください。当日券もあります。

 東京にて、TIS/d&te since 2015 鶴屋の会「桜姫東文章」が上演されます。
 「演出家からのメッセージ
- 感情の同化を抑制する。観客を巻き込まない。
- 視覚や聴覚を駆使した演出的手法によって、観客を舞台上の出来事に対して感情的に同化させない。事件に対し知的な理解を促す。
- 観客の判断力を残しておく。(そんなことが可能だろうか)
演劇は人々に社会に衝撃や混乱を与え、社会に対する考え方に揺さぶりを与える。ギリシャの人たちは人間の運命に潜む不合理性を突き止めたいと願った。人間は論理的に明しがたい存在であると直感的に知っていた。ギリシャ悲劇は人間が持つ不合理性を追求し、『理論で説明できないものは肉体で表現されるといい。つまり演劇として表現されるといい。』と彼らは考えた。
南北におけるト書きの朗読者をギリシャ悲劇のコロスに呼応させる。朗読者・コロスは舞台前面に半円形に位置し、朗読の主役となる。テスピアン(役を読む朗読者)は後方の一段高いプラットフォームに位置し、セリフを朗読する。登場しない時はコロスの一員となる。ト書きだけでなく、台詞の群読にも挑戦する。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。
 

(いちさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年8月 9日

劇団ひまわり シアターカンパニーSmash『世 界 ~父と私と父に似たもの~』

構成・演出:扇田拓也

●公演会場 シアター代官山 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-12-12 Tel: 03-3476-0189
●公演日程
9月21日(土) 18:00
9月22日(日) 13:00/17:00
9月23日(月・祝) 13:00
※開場は開演の30分前となります。
●チケット 前売り・当日券共通 3,000円 全席自由
チケットのお申し込みはこちら

Smashとは...作品、公演ごとにキャストをオーディションで選出し、半年以上の稽古を重ね作り上げる公演です。今回は扇田拓也さんを演出に迎え、『世 界』~父と私と父に似たもの~を、フィジカルシアターで上演いたします。
フィジカルシアターとは...身体の使い方に注目して、創造する演劇。一般的に、演劇には台本があって、登場人物には台詞が割り当てられますが、今回の『Smash』では、物語の筋や、人物の関係性のみを設定し、会話の多くはジブリッシュ(デタラメ言語)で話されます。また、最小限の道具しか使いませんし、キャストは人間以外の表現もします。『どんな物語なのか...』楽しく想像しながら、観ていただけましたら嬉しいです。

 東京にて、劇団ひまわり シアターカンパニーSmash『世 界 ~父と私と父に似たもの~』が上演されます。
 「私の村はとても小さい。それでも私は幸せだ。父は都会に出たきり帰ってこないけど、叔父さんがいるから何とかやれてて、家族もどうやら幸せだ。村の人は父のことを悪く言う。10年も家族を放ったらかしなら当然だけど、私の気持ちは少し悲しい。父との記憶は薄れていく。薄れていくのは父と交わした言葉なのか、それとも父に対する愛情なのか。牛はいつでものんびり歩く。私ものんびり考える。父と私と牛と季節が、いま混ざり合って溶けてゆく。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせはこちらのメールまで。

詳細は劇団ホームページをご参照くださいませ

同公演の情報ページ

(韓さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団カラーズ第26回公演【ハムレット】


2019.8.24(土)
昼の部14:00~ 夜の部18:30~ 昼夜2回公演で
チケット各1,000円です。
HPからのご予約 当日券でも購入可能です。
通し券制度を導入し、より沢山の方に見て頂こうと+500円で、昼夜両方の公演を観れます。
三重県津市で上演致します。津駅降りてすぐ横のアストホールです。詳しくはHPをご覧下さい!


 三重にて、劇団カラーズ第26回公演【ハムレット】が上演されます。
 「ハムレットを上演する劇団はなかなかないと思うので是非お越しください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東海]

2019年8月 8日

劇団ハッピータイム「さよならはめざめのあとに」

作・演出:忍守シン
キャスト:まついゆか、富岡恵美、宮本彩綾、瀧澤由舞、大久保寛則(演劇ユニット+'S)、早乙女ゆい(東京演劇女子)、向井沙織、明智麻里子(害獣芝居/演劇アミューズメント集団HOTPLAY)、中川あかり、内田啓太(チームエヌズ)、小堀乃マリー(劇団ボンボヤージュ!)、齊藤ちひろ、忍守シン、横濱りい子
スタッフ:照明:今中一成 音響:小林勇太(劇団ORIGINAL COLOR) 美術:渡邉舜史 衣装:照井瑞帆 殺陣指導:古田龍(ワイルドバンチ演劇団) 振付:宮本彩綾


日時:8月22日(木)19:30 8月23日(金)15:00/19:30 8月24日(土)14:00/18:30 8月25日(日)12:00/16:00
場所:北池袋 新生館シアター(東武東上線・北池袋駅より徒歩30秒)
料金:前売・当日精算:2,800円 当日:3,000円 18歳未満:1,500円
ご予約は、こちらのウェブサイトから(予約は後から変更可能です)
※開場は開演30分前です
※開演前から何かしらパフォーマンスやってます。是非お早目にご来場ください!
※上演時間:約1時間50分(予定)
※車椅子をご使用の場合はスタッフが誘導いたしますので、あらかじめメールでお知らせください。付添人の有無もお知らせいただければ幸いです
宛先:こちらのメール
※暑いですので、会場内ではペットボトル等フタのあるお飲物は飲んで頂けます
※冷房を効かせます為、お席によっては風が当たる場合がございます。羽織るものをご持参いただくことをお勧めします

 東京にて、劇団ハッピータイム「さよならはめざめのあとに」が上演されます。
 「『私は、あなたの、用心棒。あなたを守るのが私の仕事』 これは毎日が辛い思いをしているJKが、400年の時をかける物語-- 普通の女子高生・雅子は、悪夢に悩まされていた。約400年前の戦国時代、まるで映画『七人の侍』に出てきたような、貧しい農村で極悪非道な野伏どもに斬られそうになる恐ろしい夢。加えて実生活では学校でイジメに遭い、夢でも現実でも行き場の無い日々を過ごしている。そんな雅子の前に突如現れた謎の転入生・サツキは、ところ構わず刀を振り回す危険極まりない女子高生。だがその姿は、夢の中で雅子を救おうと現れた女剣士に酷似していた...これは夢なのか、現実なのか。彼女が生きる為に、最後に取った行動とは?
 この夏、またしても劇団ハッピータイムが贈る、予想の斜め上を行く新ジャンル、JK殺陣アクションSFファンタジー・コメディ!全てを知り得た後、人は目覚めの時を迎える。一味違った殺陣アクションに挑戦します!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団ハッピータイムホームページ

(忍守さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年8月 6日

文学座「一銭陶貨 ~七億分の一の奇跡~」

作・演出:作/佃 典彦 演出/松本祐子
キャスト:鵜澤秀行、中村彰男、高橋ひろし、亀田佳明、奥田一平、 奥山美代子、吉野実紗、平体まひろ
スタッフ:美術:杉山 至 照明:賀澤 礼子 音響:今西 工 衣裳:宮本 宣子  演出補:的早 孝起 舞台監督:岡野 浩之 制作:白田 聡、最首志麻子、友谷達之


日時:2019/10/18 (金) ~ 27 (日)
場所:紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
料金:一般6,200円 夜割(10/18・21)4,500円 夫婦割11,000円※ ユースチケット(25歳以下)3,800円 中・高校生2,500円※ ※文学座のみお取り扱い

 東京にて、文学座「一銭陶貨 ~七億分の一の奇跡~」が上演されます。
 「昭和19年、愛知県瀬戸。加藤家は代々、陶芸家の家系で瀬戸の町では一目置かれた存在である。加藤嘉男は一流陶芸家でかつては瀬戸の赤鬼と称される程の才能の持ち主だったが、今はただの、酒好きで妻のトヨには全く頭が上がらない。この家には二人の息子がいる。長男の和雄は陶芸の才能豊かで学校でも優等生、しかし今は戦地に赴いている。一方、次男の昭二は幼い時の事故がもとで足が不自由、陶芸の才能にも乏しく、徴兵不合格の身でお国のためにもならない役立たずである。そしてもう一人、三年前からここでお手伝いさんとして働いている秋代。賢くはないが、前向きなのが取り柄の娘である。戦況が厳しくなり、陶芸の窯の燃料の石炭にも不足し、瀬戸の職人の中には代用品として、陶製の手榴弾を作り始める者もあらわれる。トヨは大事な長男を奪い、瀬戸の職人の仕事も奪いつつある戦争のことを憎んでいる。そんな時、陶器会社の井上がある報せを持って来た。金属不足を補うために大蔵省は金属貨幣に替えて陶器貨幣を発行することを決定、有田、瀬戸が製造地として選定されたというのだ。話を持ってきた井上も、割れない陶器のお金を作ることの難しさは重々承知しているが、上の決定には逆らえないので、加藤家に話を通そうとしたのだ。しかし、トヨは『何がお国のためだ!』と猛反対。嘉男も、そもそも技術的に無理だと主張する。ところが、その話を聞いていた昭二は違った。『これを成功させたら兄貴を見返すことが出来る』昭二は今までの鬱積の全てを陶貨作りにぶつけようとするが...。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


文学座ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

故郷応援パフォーマンスユニット"WAMO(ワモ)"「WAMO群馬凱旋公演」

作・演出:ひかり、みき
キャスト:ひかり、みき


日時:2019年8月31日(土)
場所:群馬県桐生市 有鄰館
料金:前売り・当日:3500円
このアドレスに、名前、希望回、チケット枚数を明記の上、メールをしていただいて予約完了となります。ご案内を送らせていただきます。

 群馬にて、故郷応援パフォーマンスユニット"WAMO(ワモ)"「WAMO群馬凱旋公演」が上演されます。
 「一部はダンスと演劇の融合した無声パフォーマンス。二部は歌とトークを織り交ぜたショータイム。歌・ダンス・芝居を存分に散りばめた二部構成で、WAMOならではの、温かくもスタイリッシュなパフォーマンスをお届けします。4月に行われた熊本公演は、おかげさまで大盛況のうちに幕を閉じました。その土地でしかできないパフォーマンスをお届けします。群馬の地でパフォーマンスができること、私たちが一番心待ちにしております。ぜひ、足をお運びください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

twitter:@WAMO23930904


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

劇団ひまわり シアター代官山プロデュース ミュージカル『夏の夜の夢』


作/W. シェイクスピア
翻訳・スーパーバイザー/松岡和子
演出/栗田芳宏
出演/栗田芳宏、上野聖太 他

●公演会場 シアター代官山 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-12-12 Tel: 03-3476-0189
●公演日程
8月20日(火) 18:45
8月21日(水) 13:00/18:45
8月22日(木) 18:45 ※トークショー有 出演:松岡和子・栗田芳宏・ゲスト
8月23日(金) 13:00/18:45
8月24日(土) 13:00/17:00
8月25日(日) 13:00
※開場は開演の30分前となります。
●チケット 前売り・当日券共通 一般 4,000円 中学生以下 3,500円 
チケットのお申込みはこちら

 東京にて、劇団ひまわり シアター代官山プロデュース ミュージカル『夏の夜の夢』が上演されます。
 「松岡和子訳×栗田芳宏演出 シェイクスピアシリーズ第3弾 ミュージカル『夏の夜の夢』上演決定!
 シリーズ初となるミュージカル公演として上演いたします。いたずら好きの妖精が巻き起こす、魔法と笑いに満ちた恋愛喜劇をお楽しみください。シアター代官山プロデュース・シェイクスピアシリーズは、演出家・俳優の栗田芳宏が翻訳家の松岡和子氏をパートナーとして、シェイクスピア劇をあらゆる角度から徹底的に読み解き、研究を重ね、これまでりゅーとぴあ能楽堂シリーズをはじめ、古典様式とリアルプレーの融合から成るシェイクスピアを数々世に送り出して来ました。なかでも、『冬物語』、『禅ハムレット』はヨーロッパシェイクスピア史に多大な衝撃を与えました。代官山プロデュース公演では、松岡和子氏をスーパーバイザーに迎え、日本のみならず世界に向けたシェイクスピア劇を目指します。
 <あらすじ> アテネの貴族イジーアスは、娘ハーミアをディミートリアスと結婚させたがっている。ハーミアにはライサンダーという恋人がいるが、彼に思いを寄せるヘレナにとっては面白くない。親の反対を押し切って結婚するため、ハーミアとライサンダーは駆け落ちを決意して森へと向かうのだが...。妖精王オーベロンと女王ティターニアの喧嘩が周囲を巻き込み、一夜限りの珍騒動が巻き起こる。いたずら好きな妖精・パックの勘違いは四角関係をもつれさせ、街の職人たちも巻き込んで思いもよらない方向へ。人智を超えた力に翻弄される人間たちの、笑いと魔法に満ちた恋物語。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせはこちらのメールまで。

詳細は劇団ホームページをご参照くださいませ
同公演の情報ページ


(韓さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年8月 4日

劇団IQ5000 第12回有鄰館演劇祭 蔵芝居'19 参加作品 大自然パノラマ◎マタギ演劇『クマウチ』

【出演】大友美香子 久保田寛子 鈴木ナオ ドン・タクヤ 巴里マリエ 藤原理恵子 渡部愛 キタタカシ 吉田憲章(SPINNIN RONIN) 他
【スタッフ】
脚本・演出/腹筋善之介
照明/島田康和(S.P.C) 音響/齋藤瑠美子
宣伝美術/佐藤ホームラン
制作/雑筋イノセント
協力/S.P.C SPINNIN RONIN
企画・製作/オフィスIQ5000
主催/桐生市教育委員会・桐生市有鄰館運営委員会
主管/第12回有鄰館演劇祭実行委員会

【日時】2019年9月
15(日)午後4時
16(月・祝)午後1時
※受付開始・開場共、各開演時間の30分前
【会場】有鄰館 味噌・醤油蔵 群馬県桐生市本町2丁目6-32
【チケット】(日時指定、全席自由席、税込)
前売・当日 共通 一般 3,500円 学生 1,000円 ※5才以下無料
※当日券は各開演時間の30分前より発売開始
※学生の方は受付にて学生証のご提示をお願いいたします
<ペア割引> 2名でご予約・ご購入のかた 特別料金 4,000円
(一般+学生でも、一般2名様でもご利用いただけます。チケットは1枚になりますのでご注意ください。)
※各ステージ数量限定。ペア割のご予約はお早めに!!!

 東京にて、劇団IQ5000 第12回有鄰館演劇祭 蔵芝居'19 参加作品 大自然パノラマ◎マタギ演劇『クマウチ』が上演されます。
 「真夏の暑さから秋を通り越して、あっという間に冬を迎える、十月十日山脈。そして、長い長い冬が終わり、春の兆しが感じられるとき、マタギたちは体に力が湧き始める。十月十日山脈のテンスモ山の中腹で、迷子になってしまった『マンスリー・ミライ』の編集者 石英コウは山小屋にたどり着き、初めて会うおじいさんに話を聞いている。おじいさんの名前は、上田代忠義。山小屋の中で、火を囲んで座っている二人。忠義の口からゆっくりと、ハッキリと、若かりしころの巻狩りの話が始まる......クマを撃ちに行くのだ。上田代忠義は、若かりし日のことを今のことのように覚えている。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、office19☆iq5000.com(☆を@にして送信してください) まで。


IQ5000ホームページ


(藤原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

「わたしの星」

作・演出:柴幸男
キャスト:オーディションで選ばれた高校生


日時:2019年8月15日(木)~8月23日(金)
場所:読売テレビ 新社屋 10hall(元シアターBRAVA!)
料金:一般前売/当日:3,800円、高校生以下:1,800円

 大阪にて、「わたしの星」が上演されます。
 「夏、未来、宇宙。火星移住が進み、過疎化した地球。残された高校生たちは文化祭の準備に明け暮れていた。夏休み最終日、スピカは幼馴染の同級生に転向を告げ、姿を消す。突然の別れは、彼らの日常を、彼ら自身を変化させる。憧れ、成長、挫折、叶わぬ夢、もう帰れない場所。カセットテープに録音された思い出が宇宙の片隅で再生される。星に引力があるように人にもきっと引力がある。たとえどれだけ離れても、あなたはずっとわたしの星。
 この度、柴幸男の代表作『わが星』の世界観を引き継ぐ作品、『わたしの星』を関西の高校生達と共に創作し、大阪にて上演いたします。高校生達がこの夏休み、毎日一生懸命に稽古して作品を創作しております。ツイッターやインスタグラム、tumbler、youtubeで稽古の様子を高校生スタッフがアップしております。良かったら公式サイトのリンクよりご覧くださいませ。『わたしの星』は今回、関西初上演です。お時間よしければ、是非観劇にいらしてくださいませ!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(森本さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

劇団キンダースペース『死から見放された記録員 ガ島放浪戦記』『フィリピンから孤児となった初恵を連れて』


★今夏は『新作』を二本上演します。
◉8/11(日・祝)14:00〜(約40分)
『死から見放された記録員 ガ島放浪戦記』
激戦のガダルカナル島から奇跡的に生還した兵士の記録です。
●出演 森下高志(劇団キンダースペース)
○原作 柳川隆二(労苦体験手記集『平和の礎』より)
◉8/17(土)14:00〜(約40分)
『フィリピンから孤児となった初恵を連れて』
終戦間際に出会った少女と共に引き揚げる女性の姿を描きます。
●出演 小林もと果(劇団キンダースペース)
○原作 三橋真砂〈ローズ・キャサティ〉(労苦体験手記集『平和の礎』より)
場所:平和祈念展示資料館(総務省委託)
〈新宿住友ビル33F : 大江戸線『都庁前』3分・丸ノ内線『西新宿』7分・JR、小田急、京王『新宿』10分〉
入場:無料

 東京にて、劇団キンダースペース『死から見放された記録員 ガ島放浪戦記』『フィリピンから孤児となった初恵を連れて』が上演されます。
 「毎年上演させていただいている平和祈念展示資料館(住友ビル33F)でのひとり芝居のご案内をさせていただきます。2013年の瀬田のひとり芝居から始まり、お陰さまで毎年この平和祈念展示資料館のスペースで『平和の礎』の手記を基にしたひとり芝居を上演させていただいていること、私達なりの戦争への思いを『芝居』という形で表現させていただいていることに感謝致します。詳細は『平和祈念展示資料館』で検索をお願い致します。直前のご案内になり恐縮です。是非、ひとりでも多くの方にこの芝居をご覧いただき、実体験から綴られた『戦争』のありさまを感じていただけたら幸いです。心よりお待ち申し上げております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年8月 3日

ガソリン#8「夜よ、あけるな。」

作・演出:だるままどか
▼出演▼ きのしたよしえ -FREE- 一二三 礼(夢歩行虚構団) 森行省太(劇団~咲~) 愛心 -FREE- 飛鳥かおり(夢歩行虚構団) 岡田萌生(夢歩行虚構団) 佳菜(劇役ユニット:サンリズム) ハリー -FREE- ひとみ(劇団ミネット) 月野森蔵(夢歩行虚構団) タダ カズタカ -FREE-
◎音楽 『夜よ、明けるな』 演奏・歌唱:さとふぃす

日時:8月24日(土) 16:00開演/19:00開演 8月25日(日) 13:30開演/16:30開演
場所:スペース『ふうら』〒537-0001 大阪市東成区深江北3-4-11 ※地下鉄中央線『深江橋駅』4番出口より徒歩約5分
料金:予約:2800円 当日(残席あれば):3500円
※定員あり。予約推奨。未就学児童入場不可。
※当日券は、残席のある場合のみ【+700円】で発行します。

◎トレイラー


 大阪にて、ガソリン#8「夜よ、あけるな。」が上演されます。
 「バー・サーチライトは、とある岬の灯台の、エントランスホールの片隅にある。まるで"少年"のようなマダムと、まるで"子ども"みたいなチーフ、どこか"軸"のずれたアルバイトと、妙に"肝の据わった"オーナーがいる。夕刻定時に開店し、夜明けに閉店する。休店日は年に一度。この岬は自殺の名所であり"最後の聖地"だ。そしてこの夜が明けたら"恐怖の大王"が降る。
 2016年『鯨椅子project』の為に書き下ろされた本作。翌年には、『夢歩行虚構団』が上演。11名cast、1幕1場のリアルタイム群像劇です。"幻惑の夜"に、遭遇してください。『今』だからこそやっておきたい、『今』だからこそ刻み付けたい、そんな、作品です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(だるまさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

岡田萌生 独演『駈込み訴え』

脚本・演出:だるままどか
原作:太宰治『駈込み訴え』
出演:岡田萌生


2019年8月11日(日) at 東心斎橋【ら】

<日時>2019年8月11日(日) 18時開場
●上演1:19時開演 ●上演2:21時開演
※22時より打ち上げ(実費参加自由)
<料金> 1000円+要飲食代 ※可能ならば2オーダー以上をお願いしたいです。リーズナブルで美味なお料理と飲物がございます。
<会場> 音と料理の店『ら』 〒544-0083 大阪市東心斎橋2-3-13 スターライトビル4F
<その他> ※上演時間60分以内 ※観客入れ替え無し ※先着順に良席を選べます ※立見の可能性ございます


 大阪にて、岡田萌生 独演『駈込み訴え』が上演されます。
 「朗読でもなく、典型的な"一人芝居"でもない、一種独特の舞台表現"独演"をお届けします。俳優 岡田萌生の、肉体が軋み、膨張し、暴れます。凶暴で、獰猛。しかし確実な語り口で、混乱を、葛藤を、悶絶を、冷と熱を、漆黒の光を、―――お伝え致します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(だるまさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

ガガ『大西部激熱活劇 海を知らぬ少女の前にカウボーイハットのわれは』

出演 広井龍太郎(ハイブリットハイジ座) 秋谷悠太(動物電気) 神山慎太郎(くらやみダンス)
石井芹佳 井上貴彰 上野哲太郎 太田ナツキ 岡本セキユ 納葉 金子美咲(くらやみダンス) 北口美愛 澤田千尋 砂原一輝(劇団AUN) 武田紗保 はぎわら水雨子 見尾田歩 森岡未帆(なかないで、毒きのこちゃん) 山崎大夢
熊野善啓(チャリT企画)
スタッフ
舞台監督 中西亮介
照明 緒方稔記(ヨハクノート)
音響 田中佑実(Paddy Field)
美術 佐倉もち(劇団森)
制作 金子美咲(くらやみダンス)
運営 すずきみなと(ペペペの会)


2019年8月23日(金)~25日(日)
早稲田小劇場どらま館にて
前売券 3000円 U-25 2500円 高校生以下 1000 円 *金曜日14時の回 500円引き *2回目以降のご観劇 500円引き 当日券 各500円増
前売チケットはこちらから
公演日時
8月23日(金) 14:00/19:00
8月24日(土) 14:00/19:00
8月25日(日) 12:00/16:30
上演時間約130分(休憩15分)


 東京にて、ガガ『大西部激熱活劇 海を知らぬ少女の前にカウボーイハットのわれは』が上演されます。
 「早稲田演劇出身の俳優 神山慎太郎・広井龍太郎(ハイブリットハイジ座)・秋谷悠太(動物電気)の三人で結成された演劇ユニット『ガガ』の旗揚げ公演です。
 アメリカ中西部、かつてサウスイエローストーン平原を南北に流れていたマンノウォー川はその末期、二つの言語で同時に『涙の川』と呼ばれていた。この川を東に渡ったインディアン、西に渡った白人で、元の地に帰りついた者が一人もいなかった為である。不死身のガンマン鷹の目マックは夜毎この川で女と踊る夢を見た。愛しさと切なさが同時に渦巻く悪夢から目醒めるには、手を繋いでいる女の笑顔に銃口を向けねばならない...。ガンマン、インディアン、娼婦とそのヒモ、幾人もの明るさが織りなす世紀の一大西部活劇。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール


同公演の情報ページ

(神山さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

ちゃんぷるーシアターvol.19 inてんぶす

構成・演出:太宰久夫
出演:ちゃんぷるーシアターカンパニー

□公演会場:那覇市ぶんかテンブス館『テンブスホール』
□公演日程:
2019年9月14日(土) 開演 14:00
9月15日(日) 開演 11:30/16:00
※受付時間は開演の1時間前、開場は30分前とさせていただきます。
□チケット料金: <前売り>大人 800円、こども(小学生以下) 500円 親子チケット 1000円(大人1枚 こども1枚)
<当日> 大人 1000円、こども(小学生以下) 500円
※未就学のお子様が座席をご利用になる際、こども料金(500円)が発生いたします。
□チケット予約・お問い合わせ:【電話予約】090-7012-7659 平日15:00~20:00 土日祝 12:00~18:00
【メール予約】こちらのメール
※全席自由となります。 ※ご予約の際、電話またはメールにて以下の項目をお伝えください。 [1]お名前(フリガナ) [2]電話番号 [3]観劇希望日時 [4]ご希望チケット枚数・種類(例:大人2枚、こども1枚)


 沖縄にて、「ちゃんぷるーシアターvol.19 inてんぶす」が上演されます。
 「ちゃんぷるーシアター 20周年記念公演のご案内!笑顔あふれる宝箱 絵本の世界にめんそーれ♫ 絵本や童話を演劇に、愛に溢れる作品いっぱい! 家族みんなで一緒になって楽しめる、ファミリーステージ『ちゃんぷるーシアター』が今年もやってきました! 2000年から毎年開催している『ちゃんぷるーシアター』は、今年で20周年を迎えます! これまでに134カ所355公演 約9万2千名のお客様にご観劇いただきました! 今年は、毎年ご好評いただいております"木村裕一作"『おおかみなんてだーいすき』『あらしのよるに』や"イギリス民話より"『3びきのこぶた』など全18作品をお届けいたします。どのお話を上演するかは当日のお楽しみ! 那覇市ぶんかテンブス館のほか、沖縄県内各地で巡回公演を実施いたします! 詳細は、公式HPやFacebook、twitterをチェック! 皆様のご来場、こころよりお待ちしております!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


公式Facebook @champloo2012
公式Twitter @champlootheatre
ちゃんぷるーシアターvol.19 特設サイト

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [九州・沖縄]

同志社小劇場夏季プロデュース 劇団なべあらし『ごんべい』

脚本 柿ノ木タケヲ(ゲキバカ)
演出・脚色 森實春香
演出補佐 杉本和樹・岩越信之介
パフォーマンス指導 所美華
殺陣指導 ~LZ@i90
<出演者>イサナヤコウ 葵とまと 蓼杉将軍 ビビット泡踊り 梅田悠介 高山湊 山本深森 松崎貴子 原田真明 坂本美音 カジヤマカズマ 小清水瑛 中右千夏子 ケイナ・F 渡辺孝文 酢豚 南里佳


<日程> 8月30日(金)16時(開場は15:30)
<会場> 同志社大学寒梅館ハーディホール
<チケット料金> 無料カンパ制
<予約フォーム>

 京都にて、同志社小劇場夏季プロデュース 劇団なべあらし『ごんべい』が上演されます。
 「『夏には雪を降らせましょう。冬には桜を咲かせましょう。』江戸火消し『き組』の元に、ある日どこからともなく若者が現れる。名も出自も明かさない。ついたあだ名は、『名無しのごんべい』。このごんべい、実は狸族の王子。人に姿を変え、一族を皆殺しにした狐族への敵討ちを誓う。しかし、一向に足取りは掴めず、それどころか火消しの娘に禁断の恋をしてしまう怠惰な毎日。そのころ相次ぐ江戸の火事。なんとごんべいの憎き仇、九尾狐率いる狐族が江戸転覆を狙っていたのだ。果たして、ごんべいは『き組』の衆と共に九尾狐の野望を砕き、そして復讐を果たせるや、否や。人であって人でなし。今宵、江戸に奇跡の桜が舞う。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(松崎さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年8月 2日

空間再生事業劇団GIGA「夏の夢野久作劇場~地獄祭~」

上演作品)少女地獄 瓶詰地獄 少女地獄 なんでもない脚本)Granous B.K Ponser(モノクロラセン) 少女地獄 火星の女脚本)猛者真澄 演出)山田 恵理香 出演)五味 伸之 猛者 真澄 八尋 香菜 田島 宏人(演劇ユニットそめごころ) 音響)hotaka 照明)出田浩志(Stage Lighting大黒屋)


日時)8月31日(土) 14:00/17:00 OPEN13:30~/CLOSE20:00 ※出入り自由
会場)鳥飼倶楽部 〒810-0053 福岡県福岡市中央区鳥飼3-7-14 ※地下鉄「西新駅」徒歩10分 西鉄バス「鳥飼3丁目」徒歩3分 「今川橋」徒歩5分
料金)前売1500円/当日2000円 学生前売1000円/当日1500円
チケット取扱)https://forms.gle/c9zwCReVPTkFYjdp8


 福岡にて、空間再生事業劇団GIGA「夏の夢野久作劇場~地獄祭~」が上演されます。
 「『嘘をついたら地獄に落ちる...』夢野久作が捜索した小説から『地獄』のついた少女地獄と瓶詰地獄の 2 作品を上演します。福岡の作家、夢野久作の世界を、ぜひお楽しみくださいませ。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、電話:050-5319-9109、またはこちらのメールまで。

空間再生事業劇団GIGAホームページ


(猛者さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [九州・沖縄]

2019年8月 1日

「萬劇場 夏の短編集 vol.8」

出演団体
・お茶の間ゴブリン『人外探偵結社~本日開業の段~』
・ゲキジョウ!『こぼれたミルク』
・芝居企画TECALL『ニッポンのカミサマ』
・すがも児童合唱団と鈴木清信『すがも児童合唱団の歌で綴る懐かしい日本の原風景』
・チームまん○『効果音X』
・てあとるみのり『コイノオキテ』
・FIFTH Units『敵は、本能寺にあり』
・メリケンギョウル『白く、まじわる』
・ラビット番長『サント・イン・ワンダーランド』
・レティクル座『イノセンス・オブ・オトヒメ』


2019年8月8日(木)~11日(日)
萬劇場 〒170-0004 豊島区北大塚2-32-22 JR山手線 大塚駅北口より 徒歩約5分
チケット料金[日時指定・全席自由] 前売3,300円 当日3,800円 ※1ステージ、3団体による30分×3本立ての公演となります。

【1日目】8月8日(木)
16:00開演 1.チームまん〇 2.ラビット番長 3.鈴木清信
19:30開演 1.てあとるみのり 2.レティクル座 3.FIFTH Units
【2日目】8月9日(金)
12:30開演☆ 1.鈴木清信 2.メリケンギョウル 3.お茶の間ゴブリン
16:00開演 1.ゲキジョウ! 2.レティクル座 3.FIFTH Units
19:30開演 1.お茶の間ゴブリン 2.チームまん〇 3.芝居企画TECALL
【3日目】8月10日(土)
12:30開演 1.チームまん〇 2.てあとるみのり 3.ゲキジョウ!
16:00開演 1.ラビット番長 2.レティクル座 3.メリケンギョウル
19:30開演 1.芝居企画TECALL 2.お茶の間ゴブリン 3.FIFTH Units
【4日目】8月11日(日)
12:30開演 1.ゲキジョウ! 2.ラビット番長 2.お茶の間ゴブリン
16:00開演 1.鈴木清信 2.チームまん〇 3.レティクル座
※未就学児童のご入場はお断りしております。(『親子デー』の回を除く)
☆8月9日(金)12:30の回は『親子デー』3歳以上のお子さんのご入場が可能です。ただし、割引料金等はございませんのでご了承ください。
ご予約

同時開催! 折戸通りの小さな夏祭り
浴衣体験の他、茶道、よさこい、民謡、殺陣などの和文化体験イベントや、演劇・映画・音楽の鑑賞の他、夏祭りの出店などあります。


 東京にて、「萬劇場 夏の短編集 vol.8」が開催されます。
 「型式内容不問の萬の短編演劇祭! 1公演30分×3団体の対バン形式の企画も今年で8年目となりました。今回は『YOROZU JAPAN』がテーマ。"萬 = よろず = YOROZU"には『無限の可能性』という意味を込めました。『YOROZU JAPAN』から想起した様々な、ここでしか出会えないかもしれない作品たちに、ぜひ出会いに来てください。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


萬劇場ホームページ

(森山さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [演劇イベント情報]

ACT EDGEエンターテイメント株式会社「そうです私がやりました!?」

作・演出:佐藤晃一
キャスト:まつもとしんや、松岡花、玉置ヨシヒサ
スタッフ:田原建吾


日時:2019年8月18日(日)
場所:肉バルクラン 大阪府堺市中区深井清水町3769 嶋原ビル2F
料金:前売り:2500円 当日:2500円
食事、デザートを楽しみながら演劇をご覧いただける公演です!
15:00~1ドリンク・デザート付き
18:00~1ドリンク・食事付き

 大阪にて、ACT EDGEエンターテイメント株式会社「そうです私がやりました!?」が上演されます。
 「刑事と犯人、婦人警官による人間模様と、そこで発覚する衝撃の事実とは?」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(田原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年7月31日

立体映画館『えんげきのたいばん』

9/17~22@上井草エリア543


簡単な内容としましては、寄席のように毎日日替わりで『演劇』を気軽に観れぬものかと思い企画いたしました。落語だけの日もあったり、普通に司会進行をするのではなく、立体映画館の話が軸にありその劇中に登場していただいたり、お子様は無料で客席を平場にして、お子様デーなんかも日によって変えていきたいと思っております。出演者のみなさまは、だいたい15~25分の演目、作品を上演していただきます。
以下、出演者全員の名前です。

【9/17~22えんげきのたいばん出演者】
モロ師岡/グレート義太夫/表情豊/亜カリ友洋/玉垣光彦/猫多ぷらんつ/コヒツジズ(ひとり映像出演)/瀧川鯉昇/ボンボンブラザース/mizhen/劇団MAHOROBA+α/永村閏/須藤正三
『殺人狂時代』小林龍二【映像出演】伊織夏生/野崎涼子/松本真菜実/立夏/小林カナ/まついゆか
中村ゆうじ/ゆうぞう/山崎丸光/佐藤光/ウラダイコク/川久保晴/少年cycle/山本春王
9月17~22日
上井草エリア543 杉並区井草5-5-25 西ビルB1F
夜の回18時半開場・19時開演 昼の回(土日のみ)12時半開場・13時開演
料金2500円(ワンドリンクつき)


【えんげきのたいばんの17日(火)】この日は落語中心デー!弾き語りもありかも!
出演は、モロ師岡/グレート義太夫/表情豊/コヒツジズ/立体映画館 モロ師岡さんもグレート義太夫さんも落語もギターも弾けるので、セッションとかしたいものです。表情さんは落語を披露!
【えんげきのたいばんの18日(水)】この日はコヒツジズと立体映画館が合体!『ジャージーボーイズ』を上演!ただし一人だけ映像出演!出演は、コヒツジズ/ゆうぞう/ウラダイコク/川久保晴/立体映画館 ラジオで驚愕した、ゆうぞうさんが出演!歌うならギター弾かせて欲しい!
【えんげきのたいばんの19日(木)】この日は全員、男の一人芝居!狼たちが午後から吠える!立体映画館『狼たちの午後』を上演! 出演は、中村ゆうじ/山崎丸光/須藤正三/佐藤光/立体映画館 布団祭りを何度もみたあの頃の自分に教えてあげたい、まさかの中村ゆうじさんの出演。まさに狼。
【えんげきのたいばんの20日(金)】この日は休演日ですが...鐵 祐貴さんによる、『演劇の映像を作りたい・俳優の映像名刺を作りたい』企画!
【えんげきのたいばんの21日(土)の昼】この日は6月に、映像といっしょに演劇をした立体映画館『東京物語』の再演! 出演は、『東京物語』亜カリ友洋/玉垣光彦 mizhen/劇団MAHOROBA+α 東京物語に、2つの演劇作品が交わります!!
【えんげきのたいばんの21日(土)の夜】この日の夜も6月に、映像といっしょに演劇をした立体映画館『東京物語』の再演! 出演は、『東京物語』亜カリ友洋/玉垣光彦 瀧川鯉昇 落語家・瀧川鯉昇師匠がまさかの出演!!瀧川鯉昇師匠の舞台に、東京物語がゲストみたいな感覚でもいいですか?
【えんげきのたいばんの22日(日)の昼の回】この日のお昼のみ、小学生6年生までのお子さんは無料!お子さんにもいいパフォーマンスをみて育ってほしい! 出演は、ボンボンブラザース/永村潤/川久保晴/少年cycle/立体映画館 バラエティにとんだ回にボンボンさんのモダン曲芸!!
【えんげきのたいばんの22日(日)の夜の回】この日の夜は昼と一転、立体映画館『殺人狂時代』で締めくくり!出演は、立体映画館『殺人狂時代』小林龍二【映像出演】伊織夏生/野崎涼子/松本真菜実/立夏/小林カナ/まついゆか 猫多ぷらんつ/山本春王
以上、各日程の紹介でした!

【えんげきのたいばんのチケット発売】チケット発売は8月1日に開設スタートです。
各出演者にも予約フォームがございます。

立体映画館 池崎浩士 ツイッター@ikezakisan
えんげきのたいばんツイッター@engekinotaiban


(池崎さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年7月28日

鳥の劇場2019〈創るプログラム〉「剣を鍛える話」

原作/魯迅 翻訳/竹内好 構成・演出/中島諒人 
出演 齊藤頼陽 中川玲奈 赤羽三郎 高橋等 中垣直久 安田茉耶 後藤詩織 大川潤子 増谷京子 山本芳郎(劇団山の手事情社)


日時 8月23日(金)19:00開演 24日(土)~27日(火)14:00開演 アフタートークあり
会場 鳥の劇場(鳥取県鳥取市鹿野1812-1)
ご予約・お問い合わせ 大人:2,000円/18歳以下:500円/中学生以下無料
料金はご来場時にお支払いください。チケットのご予約は、電話、ウェブ、電子メールでお受けします。
TEL・FAX/0857-84-3268 電子メール/こちらのメール
*送迎します JR浜村駅、JR鳥取駅と鳥の劇場の間の送迎を行います。無料です。是非ご利用ください。※利用人数の把握の都合上、必ず事前のご予約をお願いします。
*託児します 小さいお子さまをお預かりします。 無料です。※手配の都合上、必ず3日前までにご予約をお願いいたします。
*鳥のカフェがあります 上演の前後にコーヒーや各種ソフトドリンクなどを販売いたします。
*バリアフリーをめざします 障がいのある方にもご覧いただけるよう、適宜対応しております。
*字幕あります セリフが聞こえづらい方のために、 手に持てる小さい"字幕"をご用意いたしております。
*English Subtitles available セリフの英語訳を自動的に表示するipodをご用意しています。


 鳥取にて、鳥の劇場2019〈創るプログラム〉「剣を鍛える話」が上演されます。
 「中国の文豪・魯迅による短編小説の舞台化です。煮えたつ大なべの中で生首が歌い踊り、対決する奇っ怪なお話です。力強くも繊細な語り、キレのある動き、生演奏の太鼓の響き。ライブパフォーマンスのダイナミックな魅力を感じさせ、観る側の想像力をかき立てる鳥の劇場の代表作です。今秋、富山県で開催される演劇のオリンピック『シアター・オリンピックス』にも招聘されています。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

鳥の劇場ホームページ

(後藤さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [中国]

2019年7月26日

夢団 ファンタジーミュージカル「Bugs Dream ~バグズドリーム~」

川崎市・幸市民館 (JR南武線・矢向駅 徒歩15分又はバス)
8月15日(木)12:00~、17:00~
8月16日(金)13:00~
(開場は開演の30分前です)
全席自由 2,800円(3歳以下無料)


 神奈川にて、夢団夏休み公演ファンタジーミュージカル『Bugs Dream ~バグズ・ドリーム~』が上演されます。
 「総勢60名のキャストによる大迫力のスーパー・ファンタジーミュージカル!!子供から大人まで楽しめる、迫力と感動のファンタジー!!昆虫の世界を舞台に、壮大なスケールの熱い物語をお届け致します!夏休みの思い出に是非...ご観劇下さい!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、夢団(株)(事務局担当)松浦・林:Tel 045-530-0016、またはこちらのメールまで。


夢団ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年7月24日

(劇)池田商会『コンセント/コンバージ』

【作・演出】瀧本 雄壱
【出演】瀧本雄壱 久保大輔 安倍祐馬 永井順也 矢野真由美 松本裕子 山中麻美 藤野大成 木原菜摘 工藤真由美 的場翔平 土佐のぶゆき 平林尚斗
【主催】一般社団法人劇団池田商会


【日時】2019年
9/7(土)14:00★/19:00
9/8(日)14:00
※開場は開演の30分前 
※★の回は終演後、舞台上での写真撮影会を行います!好きなキャラを撮って頂くのも◎、集合写真を一緒に撮るも◎!さらに!撮った写真をその場でハッシュタグをつけてSNSに投稿すると素敵な!?粗品をプレゼント!※★の回は役者によるロビーでのお見送りはありませんので予めご了承ください。
【会場】ぽんプラザホール 福岡県福岡市博多区祇園町8-3
【交通】JR『博多駅』博多口より徒歩12分 地下鉄『祇園駅』3番出口より徒歩6分 西鉄バス『キャナルシティ博多前』または『キャナルシティイーストビル前』よりすぐ
【料金】前売券 2,000円 当日券 2,500円 ※当日券の販売は開演の60分前より開始
各種割引(要予約) ペア割 3,600円(同日時2名観劇可) コンセント割 ご家庭にある延長コードを1本以上寄付してくれた方は100円割引!※ペア割との併用可。1本で100円割引、2本以上で200円割引。(今後のシリーズで舞台セットに使わせていただきます。)

 福岡にて、(劇)池田商会『コンセント/コンバージ』が上演されます。
 「その世界では"大停電の夜"と呼ばれる歴史的事件があった。それはすべてのインフラを破壊し、国や世界の形まで変えてしまった。人々はその日から電気を失った。それから六十年後。フォーリング探偵事務所に忍び寄る怪しい影があった。男たちは事務所の住人ともみ合いとなり、ことごとく撃退されてしまう。その凄腕の住人の名は【ハンノ】。彼の右肩にはコンセントがついていた・・・これは歪んだ世界の中で生きる、歪んだ人間たちのコンセントオペラである。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、(劇)池田商会 制作部:TEL 092-753-7844、またはこちらのメールまで。


(劇)池田商会ホームページ
Twitter @ikedasyokai

(久保さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [九州・沖縄]

劇団あおい夢 夏公演『燦々』

【脚本・演出】石井政輝
【出演】上野由香子、及川真優、押田綾乃、小野田彩子、小林地平、高野里央、冨田萌美、西智菜美、和田成広


【場所】荻窪小劇場 (JR 荻窪駅 ・ 東京メトロ丸の内線 南口出口より徒歩10分)
【日時】
牡丹 8月16日(金)17:30
松葉 8月17日(土)13:00
柳 8月17日(土)17:30
菊 8月18日(日)13:00
※会場は開演の30分前です。
【チケット情報(発売中)】1,250円 ~ 1,500円 前売・当日=1,500円 通し券=5,000円
※通し券について。チケットは公演ごとにデザインが異なり、4枚すべてを集めることで一つのメッセージとなります。また、各回公演内容も一部異なります。チケット含め、毎回異なる生の舞台をお楽しみいただけるようお得な通し券をご用意しました。
ご予約フォームはこちら

 東京にて、劇団あおい夢 夏公演『燦々』が上演されます。
 「また、夏がやってくる。あの祭りと一緒に。今年のテーマは『夢』『夢なんてバカバカしいよ、子供じゃないんだから。』彼女はこの夏、夢みるバカたちに出逢う。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(おあやさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

ゲッコーパレード本拠地公演 戯曲の棲む家vol.9 『ファウスト』

原作=J.W. ゲーテ 引用訳=森鴎外ほか
演出=黒田瑞仁
出演=河原舞、崎田ゆかり、永山香月、大間知賢哉
美術=柴田彩芳
衣装=YUMIKA MORI
記録写真・映像=瀬尾憲司
チラシデザイン=岸本昌也
制作協力=岡田萌
主催・企画・制作=ゲッコーパレード
後援=蕨市、蕨市教育委員会


【日時】2019年8月
16日(金)20:00
17日(土)18:00
18日(日)13:00 / 17:00◎
19日(月)14:00
23日(金)20:00
24日(土)14:00※ / 18:00※
25日(日)18:00
26日(月)14:00
◎18日(日)17:00の回終演後、出演者・スタッフ、そしてお客さんで食卓をかこむ『旧加藤家の食卓』を開催します。参加費500円。
※8月24日(土)昼夜公演共に、今後一般公開の可能性がある映像・写真撮影を行います。予めご了承ください。
【会場】旧加藤家住宅 JR京浜東北線『蕨駅』西口から徒歩12分 〒335-0003 埼玉県蕨市南町2丁目8番2号
【チケット】一般=2,500円 プチ・パトロンチケット=3,500円 (特典はありません。このチケットのご購入が団体の継続的な活動につながります。ぜひもう一押し、応援ください。) 高校生以下=500円(学生証をご提示ください) 蕨市民の方は、1,000円でご覧いただけます。(身分証をご提示ください)※一軒屋での上演で席数が限られています。お早目のご予約をおすすめいたします。
【ご予約】専用フォームよりお申し込みください。


 東京にて、ゲッコーパレード本拠地公演 戯曲の棲む家vol.9 『ファウスト』が上演されます。
 「ゲッコーパレードでは、2019年8月に一年振りの新作を本拠地である旧加藤家住宅にて、ドイツの文豪ゲーテが生涯をかけて書いた『ファウスト』を上演いたします。そして、この上演は、今後数カ年かけてあらゆる作り手に創作を促し、劇場や劇場以外の場所で発表する枠を超えた壮大なプロジェクト『ファウストプロジェクト』としても始動いたします。その第一弾としてゲッコーパレード版『ファウスト』をぜひご覧ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、電話:080-5479-3581(代表)、またはこちらのメールまで。

ゲッコーパレードホームページ
Twitter:@geckoparade

(河原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年7月22日

フェルフェン「ねずみの亡骸を抱いた猫」

作・演出:五十嵐絢美
【キャスト】
《シングルキャスト》山岡 よしき(O'RAMA Rock'n'Roll Band) 橋本 宙樹 五十嵐 絢美(フェルフェン)
《月チーム》ミヤタ ユーヤ(Moratorium Pants) 平石 愛(team.ごせんぷ) 相川 佑輝 蒲 省吾
《虹チーム》佐古 達哉 井口 紗也香(in.harmony) 石座 礼菜 加藤敦洋


日時:7/23~7/28
場所:阿佐ヶ谷 ひつじ座
料金:前売り:3300円 当日:3500円
【タイムテーブル】
7/23(火)19:00《月》
7/24(水)19:00《虹》
7/25(木)14:00《月》19:00《虹》
7/26(金)14:00《虹》19:00《月》
7/27(土)13:00《月》18:00《虹》
7/28(日)12:00《虹》15:30《月》
※開場は各開演の30分前を予定
※最前列一部を除き自由席
【チケット料金】前売\3300 当日\3500 平日昼割\3000(25日・26日14:00回適用) スペシャルチケット\5000(7/10までの事前振込制・最前列確約・特典付※)
※特典内容 サイン入り上演台本+サイン入り非売品写真3枚組(五十嵐ピンショット1枚+希望キャスト舞台写真2枚)
【チケット予約フォーム】
https://www.quartet-online.net/ticket/nezumineko
【アクセス】ひつじ座 〒166-0011 東京都杉並区梅里2-40-19 ワールドビルB1F 03-3313-6161(劇場ロビー直通) 東京メトロ丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅徒歩5分 JR阿佐ヶ谷駅南口徒歩12分


 東京にて、フェルフェン2nd performance『ねずみの亡骸を抱いた猫』が上演されます。
 「『誰にも言えない秘密を抱えて生きていく。僕は孤独だ。』"僕"は15才で母を殺した。その後、父は行方不明になった。施設を逃げ出し、詐欺師として独りで生活する"あい"は、ひょんなことから"僕"と一緒に父を探すことになる。二人は互いに誰にも言えない『秘密』を抱えているとも知らずに...。これは、それぞれ[家族]を知らない"僕"と"あい"の、生きた記録。ー賢い猫は仲間に入れない。なぜなら臆病なねずみが嘘を吐いたから。ー」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「7/23(火)、25(木)19時の回、抽選2名様迄ご招待 希望日時、氏名、メールアドレス、電話番号明記の上ご連絡ください。」


フェルフェンホームページ

(五十嵐さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年7月21日

劇的☆爽怪人間 8月公演『曇りのち光』

脚本:村木智徳 演出:湊游
◇CAST イルギ 植田 美優 宮地 昂志 さだかたあゆみ 以上 劇的☆爽怪人間
笹 ゆきみ 渡邊 亜由美 江口拓馬 上田 真人 間淵りく(はちの巣座/劇団音速蛹) 吉川 河童 松田 義顕(劇団公演中止) 芳野 桃花 須藤 敦史(劇団さあもん) ジョージ(万絵巻) 不二悠 西島 輝(劇団かんき船)


◇日時 8月17日(土)15:00~ 19:00~
8月18日(日)13:00~ 17:00~
※開演45分前より受付開始 30分前より開場
◇場所 大阪市立芸術創造館
予約フォーム
◇料金 一般当日 2200円 一般前売 2000円
◇割引 学生割 200円引き シニア割 200円引き ※学生は大学生以下全般も対象とします。 ※シニア割は60歳以上の方が対象となります。


 大阪にて、劇的☆爽怪人間 8月公演『曇りのち光』が上演されます。
 「心療内科『金山クリニック』に、一人の大学生が訪れた。彼女の名前は早川ひかり。原稿用紙数十枚にも及ぶ悩みを持ち込んだ彼女の目的は、なんと医者をからかう事だった。戸惑う新米医師の姿に、ひかりの企みは成就するかに思われたが、経験豊富な医師・金山にその悩みに含まれる"嘘"を見抜かれてしまう。なぜ彼女は嘘をつくのか、そして、彼女の"悩み"に隠された真実とは·····。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。

(渡邉さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年7月20日

戯曲本舗 第4回プロデュース公演『域地-ikichi-』

作 サカイリユリカ(戯曲本舗)
演出 河合達也(劇団山の手事情社)
◆出演 今井勝法(theater 045 syndicate) 片山歩美(ヅカ★ガール) 柴山美保 清水幹王(戯曲本舗) 高橋真理 村田茜

◆公演日程 2019年8月9日(金)~11日(日)
8月9日(金)13:00(公開ゲネプロ)/19:00★
8月10日(土)14:00/18:00★
8月11日(日)12:00/16:00
★=アフタートーク開催。
9日19:00の回/長谷基弘氏(劇団桃唄309主宰)
10日18:00の回/安田雅弘氏(劇団山の手事情社主宰)
◆料金 公開ゲネプロ:2000円 一般:3000円 U-25割引:2500円 ※公開ゲネプロ以外当日券は各種+300円
◆会場 シアター・バビロンの流れのほとりにて (地下鉄南北線王子神谷駅より徒歩12分)
ご予約

 東京にて、戯曲本舗 第4回プロデュース公演『域地-ikichi-』が上演されます。
 「劇作家だけの団体・戯曲本舗が今年8月に劇団山の手事情社・演出部の河合達也さんを演出家として招聘してサカイリユリカの新作戯曲を上演いたします。身体表現と言葉の拮抗する作品になりそうです。ぜひご観劇をご検討ください。
 自分の息がつかまらない 道の途絶えた原生林 私は静かに瞬いた 幽玄な森の中を彷徨い歩く人々は、いつしか巡り合って時を共有する。道なき道で己の孤独と向き合いながら、彼らはどこへ逝きどこへ生くのか・・」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ
Twitter:@GH_PRetc

(サカイリさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団 月とスカレッタ 試演会 シリーズ[1]『夏の朗読会/怖い話』

【脚本 ~ねほん~】『日本のこわい話 民話と伝説 呪いの巻物』(協力:偕成社、(編者))
【演出 ~えんしゅつ~】小西優司
【人 〜よみて〜】
2日(金) 17時00分~ 小西優司『子育てゆうれい』 相楽信頼『うらみの白骨』 牛抱せん夏『安達が原の鬼ばば』
3日(土) 14時00分~ 小西優司『子育てゆうれい』 岩崎友香『うばすて山の夜なき石』 三浦剛 『大入道と小僧』
3日(土) 17時00分~ 小西優司『子育てゆうれい』 高村賢『羅生門の鬼』 三浦剛 『大入道と小僧』
4日(日) 14時30分~ 小西優司『子育てゆうれい』 葵ミサ『墓をあばく老婆』 飯田南織『鬼につかれた妹』
4日(日) 16時30分~ 小西優司『子育てゆうれい』 額田礼子『金ほりおそとき』 飯田南織『鬼につかれた妹』

【時 〜とき〜】2019年8月2・3・4日(金・土・日)
【処 〜ところ〜】新御徒町 古民家しあん
【席 〜きどせん〜】全席自由¥3000(前売/当日/税込)
*上演時間80分予定。*開演10分前までにお越しのお客様は早着割(-\300)が適用されます。*役者との面会に関しましては、劇場内にてお願いします また、スタンドでのご贈花はご遠慮頂いております。
【ご予約 ~きっぷ~】

 東京にて、劇団月とスカレッタ 試演会シリーズ[1]『夏の朗読会/怖い話』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(竹田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年7月16日

新宿梁山泊第66回公演『楽屋 流れさるものは やがてなつかしき』第67回公演『烈々と燃え散りし あの花かんざしよ』

清水邦夫とシライケイタの女性像に金守珍が挑む!!ザ・スズナリ 連続2作品上演!!

新宿梁山泊第66回公演『楽屋 流れさるものは やがてなつかしき』 
作:清水邦夫 演出:金守珍 
日程 8月8日(木) 19:00
9日(金) 19:00
10日(土)14:00 19:00
11日(日) 14:00
出演 三浦伸子、渡会久美子、清水美帆子・日下由美  

新宿梁山泊第67回公演『烈々と燃え散りし あの花かんざしよ』
作:シライケイタ 演出:金守珍
日程
8月13日(火)19:00
14日(水)14:00 19:00
15日(木)19:00
16日(金)14:00 19:00
17日(土)14:00 19:00
18日(日)14:00
出演 水嶋カンナ、いわいのふ健、松田洋治、広島光、染野弘考、小林由尚、申大樹、佐藤梟、島本和人、加藤亮介、本山由乃、清水修平、伊東千陽路
場所 下北沢 ザ・スズナリ
料金 チケット発売開始 7月6日(土)
前売り・予約 指定席4,500円 ベンチシート4,000円 学生 3,000円 2作品指定席共通券 8,000円
ご予約・お問い合わせ 新宿梁山泊事務所
TEL: 03-3385-7971 FAX: 03-3385-7981
Email: こちらのメール
HP 予約フォーム有り
他、チケット取扱所
チケットぴあ 0570-02-9999
イープラス(pc/携帯)

 東京にて、新宿梁山泊第66回公演『楽屋 流れさるものは やがてなつかしき』第67回公演『烈々と燃え散りし あの花かんざしよ』が上演されます。
 「新宿梁山泊第66回公演『楽屋 流れさるものは やがてなつかしき』清水邦夫の名作であり、女優劇の金字塔『楽屋 流れさるものはやがてなつかしき』では、加藤健一事務所等で活躍する演技派女優の日下由美を主演に迎え、新宿梁山泊女優陣が、女優のしたたかさと可愛さ、そしてはかなさを、体を張ってお目に掛けます!!
 新宿梁山泊第67回公演『烈々と燃え散りし あの花かんざしよ』日韓演劇週間Vol.3として、2015年に劇団・温泉ドラゴンで上演された、シライケイタの力作『烈々と燃え散りし あの花かんざしよ』を新宿梁山泊版にて上演します!!関東大震災直後の朝鮮人虐殺の混乱の中、皇太子暗殺を企てたとして死刑判決を受けながら獄中結婚をした、朴烈と金子文子の物語であり、虐げられた朝鮮人と、虐げられた日本人が、人類平等を唱え、自らの死をもって日本の人々に伝えようとした、革命と悲愛の話であります。今回、優しく激しい活動家・朴烈に、温泉ドラゴン看板俳優の、いわいのふ健を迎え、爆弾のような女・金子文子を水嶋カンナが担います。そして、新宿梁山泊一同、清くアクのある個性で、革命青春群像劇をユーモア溢れるストレイトプレイとして描きます!!
 日本演劇界に数々の名作を生みだした、伝説の劇作家・清水邦夫!!読売演劇大賞、杉村春子賞を受賞し、飛ぶ鳥落とす勢いの劇作家新鋭・シライケイタ!!時代を超えた二人の劇作家による珠玉の作品に、アングラ演劇を引率する新宿梁山泊・金守珍が挑みます!!世の中の逆境と壁に向き合いながら、強く生き貫く人間たちの美しさとけなげさを、ロマンチックアンダーグラウンド&コメディエンターテインメントとしてお届けいたします!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 ご予約・お問い合わせは、新宿梁山泊事務所:TEL: 03-3385-7971 FAX: 03-3385-7981、またはこちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年7月15日

ショーGEKI20周年記念公演 下北ショーGEKI夏祭り公演2019 『漫画少女は眠らない / ダンパチ17 縁』

作・演出:羽広克成
キャスト:『漫画少女は眠らない』 吉川亜州香・廣田朱美・山本諭・和久井友哉・二ノ宮理沙・丹羽亜友美・岡本崇・伊藤由稀・ [A]茎津湖乃美・片山絵里 [B] 宇佐美真仁・安江湊 『ダンパチ17 縁』 鈴木徹・七枝実・佐藤修二・宮脇健 大窪みこえ(WAHAHA本舗)・ひらはらももゑ・名嶋あゆみ・あおい夏海・小松崎郁
スタッフ:音響:井川佳代 照明:宮崎由紀 舞台監督:大石郁実、大石梓 音楽:加賀其龍太 振付:菅原泉 宣伝写真・映像製作:高橋利行 宣伝美術:EASTAGE Web:ひらはらももゑ 制作:菅原泉、丹羽亜友美 企画製作:ショーGEKI

日時:2019.7.19(金)~28日(日)
場所:下北沢『劇』小劇場
料金:日時指定/全席自由 ◆一般 3,800円 ◆学割 1,000円 (高校生以下/当日要学生証)M→漫画少女は眠らない
ダ→ダンパチ17 縁
無料→ダンパチ無料ショートライブ
19(金) 19:00M[A] ♪
20(土) 17:00無料 /19:00ダ♪
21(日) 13:30ダ  /18:00M[B] ♪
22(月) 19:30M[B]
23(火) 13:30M[A ]/19:30 無料
24(水) 19:30M[A]
25(木) 19:00M[A] ☆
26(金) 19:30M[B]
27(土) 13:30ダ  /18:00M[B]
28(日) 13:30M[A] /18:00ダ
※受付・開場は開演の30分前。※♪及び☆はスペシャルイベントを開催。※ダンパチ無料ライブはご予約不要。
【イベント告知】スペシャルイベント開催!!
♪>>各公演初日終演後はショーGEKI名物!あの名シーンを再現!『スペシャルやらせ撮影会』!!本編終演後、今観たばかりのあのシーンをキャストが"静止して再現"する特別撮影会を開催。※当日はご自身のカメラをご用意下さい。※撮影は終演後イベントでのみ可能です。本編上演中はご遠慮下さい。
☆>>20周年特別イベント 初!主宰・羽広克成が20年の沈黙を破りついに舞台に上がる!
本編上演前に一体何を語るのか!?この日だけの特別企画!

 東京にて、ショーGEKI20周年記念公演 下北ショーGEKI夏祭り公演2019 『漫画少女は眠らない / ダンパチ17 縁』が上演されます。
 「『漫画少女は眠らない』昭和、平成、そして令和と私たちは『漫画脳』で繋がっている! 今回は漫画やアニメをテーマにした新作! 今までの夏公演の色である大人達が、そして女性達が熱くなれる作品の集大成です。
 『ダンパチ17・縁』今までは男達だけにこだわってきたダンパチが17回目にして初めて多彩な女性陣とがっつり組むお笑いライブを決行!! こちらも20周年ならではの公演になること間違いなしです。無料ショートライブも是非お越しください。何と言っても今年の夏はショーGEKI20周年!特別公演第1弾はお芝居とコントライブの二本立て!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「今年20周年を迎えるショーGEKIから皆様に感謝の気持ちを込めてのチケットプレゼント企画!是非この機会にショーGEKIをご体感して頂きたく、僅かでは御座いますがお席をご用意致します!
 ★プレゼント対象日時★ 7月19日(金)19時の回、21日(日)18時の回
 『チケプレ応募』を件名にご記載の上、【お名前】【ふりがな】【電話番号】【メールアドレス】【人数】【希望日】必要事項をご記入して、こちらのメールまでお送りください。※いただいた個人情報はこの度のご連絡にのみ使用させていただきます。※当選者にのみ当選メールをお送りします。※各回毎に抽選しますので、希望公演日前日12時〆切、18時当選発表と致します。抽選に漏れた方は再度ご応募いただけます。」

ショーGEKIホームページ

(岡本さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年7月11日

青年団リンク 世田谷シルク「工場」

作・演出:脚本・演出:堀川炎
キャスト:石川彰子、中藤奨(以上、青年団)、堀川炎(世田谷シルク) 大迫健司、荻野祐輔、代田正彦(★☆北区AKT STAGE)、中島有紀乃
スタッフ:・スタッフ 脚本・演出・チラシデザイン:堀川 炎(世田谷シルク/青年団)、演出補:早坂 彩(青年団)、 演出助手:福井 花(青年団)、海野広雄(世田谷シルク)、美術:鈴木健介(青年団)、 舞台監督:土居 歩、音響:佐久間修一、照明:阿部将之(LICHT-ER) 、 写真:三浦雨林(青年団)、映像:畑中涼真、制作:金城七々海、メンバー:佐藤優子、武井希未 協力:★☆北区AKT STAGE、LICHT-ER、レトル 助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会


日時:8月13日(火)19時30分 8月14日(水)19時30分 8月15日(木)14時/19時30分 8月16日(金)19時30分 8月17日(土)11時/18時 8月18日(日)14時
場所:・会場 こまばアゴラ劇場 〒153-0041 東京都目黒区駒場1-11?13 (京王井の頭線 駒場東大前駅から徒歩3分) *会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。 *劇場が建物の2階部分にあり、階段からのご入場となっております。  車椅子など、階段でのご入場が難しい方は劇団までご相談ください。 tel. 03-3467-2743
料金:一般(予約・当日)3,500円 U-25(予約・当日)2,500円
・チケット取り扱い 6月29日(土)より発売
tel. 03-3469-9107(12:00-20:00) web. www.seinendan.org (オンライン予約あり)


 東京にて、青年団リンク 世田谷シルク「工場」が上演されます。
 「『世界は"すこし変"で彩られている。』
 自分はこの国では外国人だ。この工場にやってきて、廃液処理の仕事にありついた。職場の人間はやさしい。だけど、規則が山のようにある。会社への到着は始業 30 分前、朝の 7 時 45 分からは全員でラジオ体操。朝礼、過去のトラブルを復唱、業務。廃液を適当に流したら、ブザーが鳴って重大責任。始末書を書かされた。お昼は 30 分間職場の電気がついて、残りの 30 分は節電消灯。昼礼、また体操、企業理念の唱和。指をすりむいてシップを貼ると、労災だとえらい騒ぎのように近寄ってくる。床のボルトにつまずけば、理由を労働環境から書き、最後にはその時の精神状態まで提出する。終わりのチャイムが鳴った。勢いよく席を立つと、空気を読めと注意された。周りはまだ、仕事をしている。調和、規則、団体行動。一日でいやになったが、出稼ぎにきているから辞められない。そしたら、ドモリの社員がチョコをくれた。彼はほとんど、話さない。話してドモルと、言いなおすまでに時間がかかる。すると待っている相手との間に、変な空気が流れる。だから話さない、のだと思う。屋上で廃棄ダクトの点検中、そんなことを考えていたらドモリの彼がやってきた。それで急にタバコを取り出してふかしはじめた。ここは禁煙だ。それなのに、『イイイイ、・・・イイッポン、ドドドドウ・・?』なんて勧めてくる。自分は煙草が吸えないと断った。しかしその煙草をふかしている後ろ姿をみながら、意外と度胸があるし、こいつもうまいことやっているなと感心した。それからして気がついたことがある。トイレには携帯を持って行く人がいる、ラジオ体操は、目をつぶったままの人がいる、仕事をしているようで、マウスをコロコロしているだけの人がいるということだった。規則の多いこの工場は、色々なものに縛られている。だけど、案外それを窮屈に感じていないのか、意外とみんな上手くやっているようだ。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、090-8025-5044(劇団)、またはこちらのメールまで。


詳細はこちら
稽古場ブログ
ツイッター→ @setagayasilk08

(さとうさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年7月 9日

演劇企画イロトリドリノハナ第2回公演『人生のおまけ~Collateral Beauty~』

第31回池袋演劇祭参加作品

☆出演  佐藤 昇・伊藤 さつき・神 由紀子(朱の会)・原 妃とみ(株式会社アイトゥーオフィス・スタジオHaNaBi)・神月 叶・甲斐 裕之・高橋 壮志・豊田 望・高橋 恵里(スタジオHaNaBi) ・村林 正敏・竹田 茂生・未道 ☆スタッフ 作・演出:森下知香(劇団光希) 舞台監督・舞台美術:入倉津 照明:榊原大輔  音楽:余田崇徳 ダンス振付:佐藤美奈子 フライヤー写真撮影 矢部朱希子 映像:平島保 企画制作:演劇企画イロトリドリノハナ ☆協力 朱の会・スタジオHaNaBi・株式会社アイトゥーオフィス・豪勢堂・シアターKASSAI・南三陸ミシン工房・有里企画 有里耕明・劇団光希


☆公演期間 2019年9月5日 (木) ~9日 (月)
☆公演日・開演時間
9月5日(木)19:00
9月6日(金)14:00 / 19:00
9月7日(土)14:00 / 19:00
9月8日(日)13:00 / 18:00
9月9日(月)14:00
※開場は開演の30分前(1時間前より整理券配布) ※上演時間 約1時間50分
☆劇場 シアターKASSAI 池袋駅徒歩8分 東京都豊島区東池袋1-45-2 03-5944-9227
http://kassaikikaku.co.jp/ACCESS.html
☆料金 全席自由・日時指定
前売一般 3,500円  中学生以下 2,000円(前当共) ペア券 6,500円 (前売のみ) 当日一般 3,800円 リピーター 1,000円(半券持参) オリジナルTシャツ付特別鑑賞券 4,500円(前売のみ) 
※車いす席あり 要予約(付添者無料) ※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※前売購入特典 前売チケット(代済)をご購入いただいた方は、
【特典1】ご来場時にオリジナル缶バッジをプレゼントいたします。
【特典2】当日、優先的にご入場いただくことができます。(ご購入順) 整理券を受け取るために並ばなくても、ご購入いただいた順に真っ先にご入場いただけます。便利な事前購入をご利用ください。(詳細はお問い合わせください)♪団体より直筆メッセージカードも添えさせていただきます♪
☆オリジナルTシャツ付特別鑑賞券について 4,500円で、缶バッチ+優先入場+メッセージカード+オリジナルTシャツがセットされたお得な特別鑑賞券です。必ず振込にてご購入下さい。色、サイズをご指定下さい。色(黒、紺、赤)  サイズ(S,M,L,XL,XXL)
☆チケット販売 チケット発売 7月1日(月)
団体メール 団体HP 
チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード495-882
コリッチチケット PC用 携帯用
カンフェティWEB予約 カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)
お得なカンフェティ席や無料託児サービスもございますので、どうぞご利用ください。

#イロトリドリノハナ とは? 劇団光希の森下知香が2018年旗揚げした団体。『一つの色にこだわらず、自由に多彩な花を咲かせる』がコンセプト。既成の枠に縛られず、多種多様な才能あふれる俳優たちと切磋琢磨しながら、生き生きとした作品を創っています。

 東京にて、演劇企画イロトリドリノハナ第2回公演『人生のおまけ~Collateral Beauty~』が上演されます。
 「校長としてのキャリアを終え定年を迎えた男、耕平は、ある日突然、ペルーに渡り、遺跡の発掘をやりたいと言い出す。家族の猛反対をよそに着々と準備を始めるが...。『失われた10年』どころか『30年』といわれた平成の世に生き、目立たず出しゃばらず、周りの空気を読んで、平穏無事に生きてきた、ごく普通の男の第二の人生探しの物語。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


演劇企画イロトリドリノハナホームページ


(森下さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団はみだしぼっち「あゆみ(弘前中央高校版)」

作・演出:作 柴幸男 潤色 畑澤聖悟 演出 渡部佑美
キャスト:白石友里恵 千葉ほのか 石田彩乃(演劇系集団ジューシーズ) 寺田明子 藤中夏実(4日、5日昼、6日夜、7日)   渡部佑美(3日、5日夜、6日昼)※渡部と藤中はダブルキャストです
スタッフ:美術 モリグチロカ 音響 西田アサリ 制作 大脇朱里 江澤蛍 谷本裕太郎(劇団『地蔵中毒』)


日時:2019年8月3日~7日(阿佐ヶ谷七夕まつりの期間です)  3日(土)14:00  4日(日)16:30  5日(月)13:00/19:00  6日(火)12:30/16:30  7日(水)13:30
場所:阿佐ヶ谷 シアターシャイン (JR中央線『阿佐ヶ谷』駅から徒歩7分。東京メトロ丸の内線『南阿佐ヶ谷』駅から徒歩2分。

 東京にて、劇団はみだしぼっち「あゆみ(弘前中央高校版)」が上演されます。
 「人の一生を60分で追いかけます 8月3日から7日にかけて開催される、阿佐ヶ谷七夕まつり。今年もシアターシャインで様々なイベントを行います。演劇、落語、合コンetc. 食べ物の販売もあります。(はみだしぼっちはたこ焼きを売ります!) トイレは無料開放。授乳室もあります。歩き疲れたら、パールセンターのはじっこ、シアターシャインに是非どうぞ。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団はみだしぼっちホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年7月 7日

【ストアハウスコレクション・日韓演劇週間Vol.7 - 今、狂うこと 狂わないこと みなさーん お元気ですか? -】

劇団新世界 【韓国】『狂人日記』 
原作 魯迅 脚色・演出 キム・スジョン 김수정 出演 カン・ジヨン강지연 クォン・ミナ권미나 他
Dangerous Box 【日本】 『今日人。明日狂。(きょうじん。あすくる。)』
原作 魯迅 脚色 木乃正 演出 大栗田正男 出演 篠原志奈 JEY  塩瀬篤也 他


日程:2019年7月11日(木)~15日(月・祝)
開演時間:平日19:00 土日祝14:00
料金:前売・予約\5,000 当日\5,500 学割\4,000


 東京にて、【ストアハウスコレクション・日韓演劇週間Vol.7 - 今、狂うこと 狂わないこと みなさーん お元気ですか? -】が上演されます。
 「今年もストアハウスコレクションを開催いたします。今回は、7月11日(木)~15日(月・祝)の日程で、上野ストアハウスにおいて上演いたします。劇団新世界(韓国)と、Dangerous Box(日本)が参加します。劇団新世界は、若手ながら韓国国内で受賞歴も多くある注目の劇団です。Dangerous Boxは、既存の演劇にとらわれない自由な発想で様々な角度から表現の新しさ・発見を追求する劇団です。今回は、魯迅の『狂人日記』を原テクストとした韓国・日本の2劇団による上演となります。同じ作品を、韓国と日本の劇団が競演する初めての試みです。両劇団の切り口・アプローチを見比べていただければと思います。韓日2本で1公演です。両劇団とも今後注目の、若手劇団です。ぜひお見逃しなく!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 ご予約・お問い合わせは、TEL03-5830-3944、またはこちらのメールまで。

同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

クリム=カルム『群盗=滅罪』


演出:sola
脚本:西荻小虎
原作 :フリードリヒ・シラー
出演:山田亮、小沼枝里子、華奈、工藤沙緒梨(カプセル兵団)、長田咲紀、野村梨々子(あひるなんちゃら)、いわみりかこ、石川琢康、柊みさ都、竹之内勇輝(BE
GLAD PRODUCE)、稲葉葉二

美術:Xiaolong LAB
照明:南条真沙代
音響:鷹取滉平
撮影:炬鉄刀
舞台監督:逸見輝羊/今宮稜正 (株)STAGE COMPANY
フライヤーデザイン:添野郁
制作:後藤由香理(TEAM#BISCO)
企画:犯穏罪団
製作総指揮:péché=mignon・delacroix
主催:クリム=カルム
協力:スカレッティーナ演劇研究所、GAIA art entertainment、めとめとひらく、社会福祉法人東京都社会福祉協議会

劇場:シアター711(東京都世田谷区北沢1-45-15)
スケジュール:2019年7月24日(水)~7月28日(日)
24(水) 19:00
25(木) 14:00/19:00
26(金) 14:00/19:00
27(土) 14:00(完売)/19:00
28(日) 12:00/17:00
チケット 前売\3.500/当日\4.000
予約フォーム[1] 予約フォーム[2]


 東京にて、クリム=カルム『群盗=滅罪』が上演されます。
 「クリム=カルム最新作はフリードリヒ・シラー原作『群盗』初演では熱狂した観客が失神するほど熱烈に支持されたというシュトゥルム・ウント・ドラング屈指の名作!激動の時代を生き抜いた戯曲が、スタイリッシュに生まれ変わる!
 あらすじ 18世紀末のドイツ----。領伯の座を狙うフランは、才気あふれる兄・カールを妬み一計を案じる。罠に嵌められ家を追い出されたカールは、街のはぐれ者たちと盗賊団を結成し自由を謳歌する。しかし群盗たちは次第に市民革命の渦に巻き込まれ政府軍と対立していくことに...。地位のため、名誉のため、自由のため、戦い続けた先に迫られる選択。生きて別れるか、愛のために死ぬか----。自由を追い求めた若者たちの激しく生々しい----美しき、魂。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


クリム=カルムホームページ
特設サイト 予告CM

(櫻井さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年7月 5日

Japan Entertainment TOKYO 国際アクションショー『凱旋!サムライド』

ニューヨークで話題沸騰のアクションショー!日本生まれ・アメリカ育ちの英雄『サムライド』が帰還!!日本文化の橋渡しとなったパフォーマンスが目の前に・・・


【キャスト・スタッフ情報】
キャスト Akihiro Haga (U.S.A) 池田愛 (U.S.A) Koji Nishiyama (U.S.A) 下川真矢 原隆太 佐藤丈 金山拓矢 村岡友憲 中川和貴
スタッフ
脚本・演出・舞台監督 Akihiro Haga (U.S.A)
音響 蒋斯汀(中国)
照明 株式会社クリエイティブ・アート・スィンク
演出動画制作 片岡智幸
衣装 B.O.S-Entertainment
フライヤーデザイン Minako Akutsu (U.S.A)
ウェブサイトデザイン 木村元郁
ウェブサイト翻訳 小材早百合
企画制作 Japan Entertainment TOKYO
主催:一般社団法人ジャパンエンターテイメント東京


【公演日時】
2019/9/13 (金) [1]16:00* [2]18:00★ [3]20:00★
2019/9/14 (土) [1]11:00* [2]13:00★ [3]15:00★
2019/9/15 (日) [1]11:00* [2]13:00* [3]15:00★
*・・・ショー+出演者によるトークセッション
★・・・ショー+世界レベルのアクションレッスン
【公演場所】シアター代官山 東急東横線『代官山駅』下車 徒歩4分 JR山手線/東京メトロ日比谷線『恵比寿駅』徒歩7分
【チケット価格】前売り \3,900 当日 \4,300 乳幼児・未就学児ひざ上鑑賞無料
【チケット情報】2019年7月13日(土) 午前12時~ 一般前売り開始!
チケット予約&問い合わせ先 Tel. 050-3188-0204 Mail. tktsjae@gmail.com
カルテットオンラインよりのお申し込みはこちら
→ https://www.quartet-online.net/ticket/hbs
*チケットの事前郵送をご希望の場合、郵送料として150円いただきます。ご了承ください。


 東京にて、Japan Entertainment TOKYO 国際アクションショー『凱旋!サムライド』
【サムライドとは】Samuraidoはニューヨークのイベント会場、大学で既に10回の公演を行っている日本生まれ・アメリカ育ちのサムライ・キャラクター。通算12年の歴史を持つ日本文化発信のイベントNew York Comi Conでの上演や、New York City University、Columbia University、Yale Universityなど名門大学での上演等、著名な舞台での活動を通して日本のポップカルチャーを伝える実績を持つ。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、Tel 050-3188-0204、またはこちらのメールまで。

ジャパンエンターテイメント東京ホームページ

(惡澤さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年7月 2日

Utervision Company Japan『Kandata ~犍陀多~』

後にはただ極楽の蜘蛛の糸が、きらきらと細く光りながら、月も星もない空の中途に、短く垂れているばかりでございます。

原作/芥川龍之介『蜘蛛の糸』・アイスキュロス『オレステイア』
共同台本/佐次えりな・笠松泰洋
演出・美術/佐次えりな
音楽/太田豊
キャスト 川渕 優子(shelf) 佐次 えりな(Utervision Company Japan) 三浦 宏予(音楽詩劇研究所)
慧(Utervision Company Japan) 児玉志帆(三木プロダクション) ともい江梨(Utervision Company Japan) 宮田 あや

2019年7月4日(木)~7日(日)
東京都北区文化芸術活動拠点ココキタ 2F スタジオ1
7月4日(木) 15:00 19:45
5日 (金)15:00 19:45
6日 (土)14:00 19:00
7日 (日)13:00
*上演に来られない方、創作途中の通し稽古、明後日の通し稽古とGPを有料で公開します。ただし、今のところ、ラストシーンを模索中。照明も音楽も調整中のため、途中で止まることもあります。Utervisionの本気の創作過程を垣間見れます!
完全予約制 7月2日 10時30分・18時45分 7月3日 15時・19時45分 料金は、3,000円です。本番の両方を観る方は、1,500円になります。本番の予約済みの方は、本番ご予約キャンセルから公開稽古への変更はご遠慮ください。お断りいたします。
チケット料金
●一般前売り 3,500円
●一般当日 4,000円
●子ども割引 1,500円
●学生割引 2,000円
●北区民割引(事前の購入のみ)
一般前売り 3,000円
会場 東京都北区文化芸術活動拠点ココキタ 2F スタジオ1 〒114-0003 東京都北区豊島5-3-13
JR 京浜東北線・南北線『王子駅』・都電『王子駅前』から、 都バス『豊島五丁目団地行』または『宮城循環』『西新井駅行』に乗り『豊島六丁目』で下車。バス停から徒歩3分。バス進行方向に歩き、突き当たりにある交番 側に横断歩道を渡り右に曲がります。交番を過ぎ、すぐ左にある小道を上がると学校の体育館(コミュニティアリーナ)が、右前に見えてきます。その先に、入口がございます。


 東京にて、Utervision Company Japan『Kandata ~犍陀多~』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 ご予約・お問い合わせは、080-6687-6742、またはこちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(ともいさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

演劇集団たかだshow劇場『夜が掴む』

7月13(土)14(日) 19時開演 20(土)21(日) 19時開演
MGP(新潟県上越市土橋2273松原製本所倉庫 JR高田駅よりタクシーで5分)
前売1000円 当日1200円
チケット予約 025-525-4544 オフィスshow劇場まで
14日の終演後、スペシャルアフタートークにくじら企画代表の後藤小寿枝さんが登壇されます。観覧無料です。ぜひお見逃しなく!

たかだshow劇場とは 『サザンオールスターズ作戦』と銘打ち多種多様な演劇を展開。常設劇場MGPを持ち、座長・マル丸山、を中心に勢力的に活動中!


 新潟にて、演劇集団たかだshow劇場 大竹野正典没後10年記念公演『夜が掴む』が上演されます。
 「関西圏のみならず、中央でも人気作品のくじら企画・『夜が掴む』が新潟県に初登場!!劇作家の大竹野正典の没後10年を記念し、全国的に公演が行われている #ぼつじゅう の企画に上越市の演劇集団たかだshow劇場が参加いたしました。滅多に観れない大竹野作品を上越最強の芝居小屋MGPのダイナミックな演劇空間でご堪能ください!
 あらすじ 団地のピアノの騒音に悩む男。そして、ピアノを習わせる家族の優越感。それが次第に妄想を生み、エスカレート。やがて殺意に変わっていく...1974年に実際に起きたピアノ騒音による母子殺人事件をモチーフに描かれた大竹野正典の初期の代表作。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。


twitter
facebook

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [北陸]

2019年7月 1日

文学座「スリーウインターズ」

作・演出:作:テーナ・シュティヴィチッチ 訳:常田景子 演出:松本祐子
キャスト:寺田路恵、倉野章子、南一恵、山本郁子、増岡裕子、前東美菜子、永宝千晶、石田圭祐、斎藤志郎、得丸伸二、神野崇、上川路啓志
スタッフ:美術: 石井強司 照明: 賀澤礼子 音響: 丸田裕也 衣裳: 山下和美 アクション指導: 渥美博 舞台監督: 加瀬幸恵 制作: 梶原優、佐藤竜太郎、鈴木美幸


日時:2019年9月3日(火)~9月15日(日)
場所:信濃町・文学座アトリエ
料金:前売り:4300円 当日:4600円 ユースチケット(25歳以下)2500円 ※ユースチケットは文学座のみ取扱い。ご観劇日当日生年月日の書かれた身分証明書をご提示いただきます。 ※当日券は開演の3時間前より、03-3353-3566 (文学座当日券申込専用) でご予約を承ります。

 東京にて、文学座「スリーウインターズ」が上演されます。
 「ザグレブに住むコス一家。1945年第二次世界大戦後、ローズはナチスの協力者だったブルジョワジーの家を手に入れる。実はこの家はかつてローズの母親がメイドとして働き、追い出された家でもあった...。1990年ユーゴスラビア分断が決定、2011年クロアチアEU加盟条約に調印。ローズそして彼女を取り巻く人々は、この3つの冬をそれぞれの時代でどう生きたのか...。移ろいゆくクロアチアの歴史が紡がれてゆく。
 ヨーロッパを中心に評価される劇作家テーナ・シュティヴィチッチが描く、ある家族の四世代に渡る女性の冬物語。第二次世界大戦終結、理想の国家の繁栄と崩壊、そしてグローバリズムとナショナリズムの嵐が吹き荒れる現代、女たちは如何に愛するものを守り、自分らしく生きていくのか。雪をも溶かすような熱い女性たちの想いが溢れ出す...。アトリエの会では9年ぶりの演出となる松本祐子が日本初演となる本作を彩ります。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(梶原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団ふぁんハウス 第36回公演『明日への旅路』

作・演出 平野 恒雄
特別共催:公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団(Kissポート財団)
後援:ASA板橋加賀十条

【 出演 】平野 恒雄 鈴木 千秋 小山 恵子 佐藤 睦子 橘田 拓哉 福岡 美佳 小森 昌子 松川 清 平野 美和 高沼 文子 ウォルフィー佐野 習志野 大吾
竹内 一善
【 演奏 】ピアノ:Amatias
【 STAFF 】
舞台監督:高橋 哲彦
舞台美術:三井 優子
照明:株式会社六工房
音響:野中 正行(響き工芸)
音声ガイドナレーション:ボイス・エマノン
音声ガイド台本:鈴木 千秋
イラスト:K-OZAWA
協力:フランス総合医療株式会社
制作:劇団ふぁんハウス

≪ 日時 ≫2019年7月27日(土)、28日(日)
《開演時間》
27日(土)15時開演
28日(日)11時開演
28日(日)15時開演(開場は開演の45分前です)
≪ 場所 ≫赤坂区民センター 区民ホール 東京都港区赤坂4-18-13  赤坂コミュニティーぷらざ内
東京メトロ 銀座線・丸の内線 赤坂見附駅 A出口 徒歩8分 東京メトロ 銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線 青山一丁目駅 4番出口 徒歩10分
≪ 料金 ≫ (前売・当日とも) 大人 ... 3,000円 中学生以下 ... 2,000円
【Kissポート価格】Kissポート価格・大人 ... 2,500円 Kissポート価格・中学生 ... 1,500円 Kissポート価格・小学生 ... 無料 (Kissポート価格=港区在勤・在学・在住のかた、または障害者手帳等をお持ちのかた) ※証明となるもの(免許証・保険証・社員証・障害者手帳等)をご持参ください。 ※チケットは日時指定、全席自由席です。 ※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
≪バリアフリー観劇サポート≫
劇団ふぁんハウスでは、障がいのあるお客様にも、よりお芝居をお楽しみいただけるよう、さまざまなサポートをおこなっています。
1.音声ガイド 視覚に障がいのあるかたへ。音声ガイドを導入いたします。ご利用のかたは、イヤフォン付きFMラジオをご持参のうえ、開演の15分前までにご来場ください。
2.ガイドヘルプ 赤坂見附駅から劇場まで、ガイドヘルパーがご案内いたします。ご希望のかたは開演40分前までに、東京メトロ赤坂見附駅改札前にお集まりください。
3.台本レンタル 聴覚に障がいのあるかたへ。台本をレンタルいたします。ご利用のかたは、公演の1週間前までに劇団ふぁんハウス事務局へお申し込みください。

 東京にて、劇団ふぁんハウス 第36回公演『明日への旅路』が上演されます。
 「温泉ホテル春琴閣。総客室数300を誇る地域最大級の巨大ホテルです。かつてこのホテル内にある立派なステージで、華々しい歌謡ショーが、連日連夜、繰り広げられておりました。このステージは、ホテル春琴閣の生みの親であり、日本を代表する食品メーカーの元会長・加瀬佳孝が人生でもっとも愛した演歌歌手・河内森和世を輝かせるために、築いたものだったのです。しかし、それも今は昔・・・数十年もの月日が流れ、二人の恋はとっくに終止符が打たれ、自分が作った会社も買収されてしまい、何の権力もなくなり、未婚のまま75歳になった加瀬は、今では一人寂しく隠居暮らし・・・60歳は過ぎたであろう『和世』はといえば、歌手も辞め、今やどこで何をしているのやら・・・。あれほど賑わっていたステージのある大広間も、バイキング形式の『食堂』となり、豪華絢爛なる緞帳幕も上がることはありません・・・。そんなある日、過去の遺物であるステージを取り壊し、フードコートにするという計画が持ちあがります。そこへ、和世の元マネージャーの村野博美が、今の仕事である健康器具販売の為に訪れた春琴閣のロビーで、加瀬佳孝と数十年ぶりの再会!驚きと懐かしさで、胸がいっぱいになる博美。そこで加瀬から聞いたのは、和世と加瀬の想い出の詰まったステージが無くなるということ。『あのステージが無くなる前に、最後にもう一度、和世の歌う姿を見ることが出来れば、思い残す事はない・・・』あれほど威厳のあった加瀬が、背中を丸め、寂しくつぶやく姿を見て、博美は決意するのです。『私!必ず和世さんを探して、もう一度!あのステージで輝いてもらいます!』巨大温泉ホテルを舞台に平野恒雄が描く、シニア世代の淡い恋の物語。果たして、どんなドラマが待ち受けているのでしょうか?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団ふぁんハウス事務局:こちらのメールまで。

劇団ふぁんハウスホームページ

(小山さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年6月30日

ソラニエ「乱反射パレード」

作・演出:ソラニエ
キャスト:アンディ本山 板倉萌 伊藤将吾 大木菜摘 加藤大輔 加藤美帆 キジマチカ(演劇ユニット『クロ・クロ』) 窪寺奈々瀬(AURYN) 小島望 サトモリサトル(ゆるふ酒) JUN(サテライト東京) 友利哲健(劇団豆狸) 二宮清隆(劇団天然ポリエステル)  長谷川栞


日時:2019年7月11日(木)~15日(月・祝)
場所:日暮里d-倉庫日暮里駅南口徒歩7分(JR山手線・京浜東北線・常磐線、私鉄京成線・日暮里-舎人ライナー)
料金:前売り・当日 3200円 早期予約割引 3000円(6月9日(日)までに要予約) 高校生以下 1000円(要学生証)
◯チケット取り扱い ご予約はこちら


 東京にて、ソラニエ「乱反射パレード」が上演されます。
 「目目目目目、目。目の数だけ世界はあるどこまでも存在する、無数の世界。ある日カメラマンの男は 目に違和感を覚えて眼科にかかるが、医者にゴーグルのような形の器具を渡され謎のパーティーに参加させられる。そこでは器具をつけた人間達が作り上げられた自分の世界に没頭していた...。そしてカメラマンの男はその集団が崇拝する 『教祖くん』 という人物を目撃する。一方。ある男は、食卓に乗っているものを見て唖然とする。ソテーになった黒い靴、国旗が沈んだスープ、野菜とスマホのマリネ。男が必死に考えを巡らせている横で女は笑って言った 『さ、食べよう。あったかいうちに』謎の器具は現実に浸食していき、それを追う事になった彼らも みるみるその渦に飲まれて行く。目の数だけ世界はある だから隣にいる貴方と私、世界が同じように見えてるとは限らない どこまで行っても分かり合えない、絶対に。でも。 忘れた頃にそれでも、と。光は無数の目を巡り、乱反射しながら旅をする。ある一瞬の希望だけを探して、何度でも、どこまでも。これはソラニエによるひとひらの、救いと祈りの話。
 ソラニエは7月に本公演を行います!怪しい人達がぞろぞろ出て来るお話をやります。どんどん話が展開していく 不条理エンタメです。分かり合えなくて、それでも分かろうとする人達の話です。ぜひお越し下さい!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(尾崎さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年6月27日

燐光群『熱海殺人事件』vs.『売春捜査官』

作◯つかこうへい 上演台本・演出○坂手洋二
7月26日(金)─ 8月6日(火) 下北沢ザ・スズナリ
猪熊恒和 大西孝洋 杉山英之 武山尚史 川中健次郎 樋尾麻衣子 ・ 円城寺あや ・ 木下智恵

<開演時間> 
14:00開演: 27(土)・28(日)・30(火)・1(木)・3(土)・4(日)・5(月)・6(火)
19:00開演: 26(金)・29(月)・30(火)・31(水)・1(木)・2(金)・3(土)・5(月)
7/26(金)はプレビュー、自由席・一律3000円(人数限定・撮影等あり)
次の日の夜の部は坂手洋二とゲストによるアフタートークあり
7/29(月)岡本麗(女優)
7/30(火)横内謙介(劇作家・演出家・扉座主宰)
7/31(水)加藤和夫(東映ビデオ常務取締役 エグゼクティブ・プロデューサー)
8/1(木)マキノノゾミ(脚本家・演出家・俳優)
8/2(金)松岡錠司(映画監督)
8/3(土)渡辺弘(彩の国さいたま芸術劇場 事業部長)
※本公演の前売券をお持ちの方、ご予約の方はご入場頂けます。
【全席指定】 一般前売 3,800円 ペア前売 7,000円 当日 4,200円 U-25/大学・専門学校生 2,500円 高校生以下 1,500円 ※U-25以下の割引は前売・当日共通料金。当日受付にて要証明書提示。
燐光群オンラインチケット
一般・ペア前売のみ扱い。WEB上でご予約頂き、セブンイレブンでチケットをお受け取
り頂けます。お支払いは現金(セブンイレブン)、またはクレジットカードとなります(手数料はお客様負担)。※会員登録(無料)が必要です。
■ご予約・お問合せ 燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294 当日精算予約フォーム


 東京にて、燐光群『熱海殺人事件』vs.『売春捜査官』が上演されます。
 「私ども燐光群は、7月26日(金)より 8月6日(火)まで下北沢ザ・スズナリにて、新作『熱海殺人事件』vs.『売春捜査官』を上演いたします。
 つかこうへい作、戦後演劇の金字塔、『熱海殺人事件』。その発展形、『売春捜査官』。二人の『くわえ煙草伝兵衛』が、いま、激突する。1978年に『熱海殺人事件』(岸田國士戯曲賞)を観たことは、坂手洋二が演劇の世界に関心を持つようになったきっかけの一つです。それから四十年を経て、同作と、その発展形の作品『売春捜査官』を出会わせます。ある意味通底していて、また真逆の構図をとっているとも言える二作品のエッセンスに着目、つか作品特有の露悪的な表現や逆説的な手法を用いつつ、『いま』を構造化しとらえ直します。1981年より小劇場の歴史を刻み続けるザ・スズナリという、演者と観客の一体感の強い場所だからこそ、過去に紡がれ磨かれた言語と現代の身体性とが、時を越え、ぶつかり合うことでしょう。現実と本質・本音に迫り、人間が持つ弱さや醜い部分から目を背けることなく、混沌と矛盾を抱えた人間の本質を明らかにする『つかワールド』が、現在に対峙する祝祭空間として生み出されます。どうぞご期待ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294まで。


燐光群ホームページ


(近藤さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年6月26日

Ortensia第5回公演『ジラソーレ』

作・演出/小西優司
【出演】飯田南織(ベニバラ兎団) 小西優司(劇団 月とスカレッタ)
【スタッフ】音楽/仲条幸一 音響照明オペ/桃木正尚(劇団 月とスカレッタ)

【日時】2019年7月4日(木)〜7日(日)
7月4日(木) 19:30
7月5日(金) 15:00/19:30
7月6日(土) 14:00/19:00
7月7日(日) 15:00
*開場は開演の30分前です *上演時間は約50分を予定しています
【料金】前売3000円/当日3300円(全席自由)
【会場】東中野 RAFT 〒164-0001 東京都中野区中野1丁目4−4
アクセス JR線・大江戸線『東中野駅』下車西口・徒歩13分 丸の内線・大江戸線『中野坂上駅』下車A2出口・徒歩10分
【チケット予約】

 東京にて、Ortensia第5回公演『ジラソーレ』が上演されます。
 「イタリアのトリエステ湾に面する小さな町。ある父と娘の物語。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、090-6002-2905、またはこちらのメールまで。


【公式Twitter】

(竹田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年6月21日

劇団銅鑼「ENDLESS-挑戦!」

作・演出:作/田口萌 演出/西川信廣
キャスト:佐藤文雄・長谷川由里・馬渕真希・植木圭・永井沙織・福井夏紀・池上礼朗・真原孝幸・大竹直哉
スタッフ:美術/小池れい 照明/賀澤礼子 音楽/上田亨 音響/中嶋直勝 衣裳/山田靖子 舞台監督/村松眞衣 演出助手/田口萌 舞台監督助手/説田太郎 演出助手班/福井夏紀・池上礼朗 音声ガイド/宮崎愛美 音声ガイド協力/齋藤千裕・佐藤響子 宣伝美術/早田二郎 制作/田辺素子 協力/石坂産業株式会社

<日時> ※開場は開演の30分前
三芳町文化会館 8月24日(土)15時
東京芸術劇場シアターウエスト
8月27日(火)19時
8月28日(水)19時
8月29日(木)14時&19時
8月30日(金)14時
8月31日(土)14時&19時
9月1日(日)14時
●8月28日アフタートークあり
●8月30日終演後バックステージツアーあり
料金:三芳町文化会館 一般3,500円 60歳以上3,000円 高校生以下1,500円 東京芸術劇場 一般5,000円 60歳以上4,500円 30歳以下3,500円 高校生以下1,500円
<バリアフリーサービス>視覚障害者のための『銅鑼俳優による音声ガイドサービス』
31日(土)/1日(日)14時の部【要予約】●両日ともに13時より舞台説明会あり
聴覚障害者のための『ポータブル字幕機提供サービス』31日(土)14時の部【要予約】
<台本貸出>聴覚障害者のための貸出となります。チケット申し込みの際、お申し付けください。
<車椅子>事前に劇団銅鑼までご予約・お問合せください。
<その他>
・開場は開演の30分前。
・未就学児のご入場はご遠慮ください。
・開演時間に遅れますと指定のお席にご案内できない場合がございます。予めご了承ください。
・当日のキャンセルはお受けできません。

 埼玉・東京にて、劇団銅鑼「ENDLESS-挑戦!」が上演されます。
 「主人公・奈倉葵は、地方都市の産廃業を引き継がなくてはならない事態に陥った。やる気のない社員と住民からの大バッシング。どうしたらいいかとその方法を探すうちに埼玉県にある産廃業者で、"企業の使命はより良い未来を創ること"と廃棄物を資源として捉えて100%のリサイクルを目指し、社員が誇りを持てるよう意識改革し、地元の農家と連携し、里山を復活させるという理想を実現させた会社の存在を知る。それを手本に自分の会社も大改革しようとする。が、ただの"真似"では、社員は猛反発するばかり。その会社の社長と実際に会ったことが転機となり、『絶対に諦めない精神』を心に刻み、転んでも転んでも起き上がる葵。やがて、その姿に従業員達も心動かされる出来事が重なっていき、少しずつ仕事に対する意識が変わり始める。そして地域と未来の子供達のために、大いなる偉業に立ち向かうことになる。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団銅鑼ホームページ


(齋藤さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]