公演案内ページ | 演劇交差点トップページへ

2017年5月25日

ZERO BEAT. 第1回旗揚げ公演『Fehdeー針の尖ー』

作・演出:町田誠也(R:MIX)
キャスト:斎藤貴裕/山下慎悟/西村侑樹/中條孝紀(座長) 以上 ZERO BEAT. 上地慶/香取佑奈/竹内幸輔/鍋嶋圭一/maica/町田誠也(R:MIX)/松山コウ/水月舞 and more...


日時:2017/06/21 (水) ~ 2017/06/25 (日)
場所:Geki地下Liberty・〒155-0031東京都世田谷区北沢2-11-3・
料金:前売り:5000円 当日:5500円

 東京の劇団ZERO BEAT.が、第1回旗揚げ公演『Fehdeー針の尖ー』を上演いたします。
 「-西暦2000年。年末に起きた凄惨な一家殺人事件。全てはそこから始まった- 時効撤廃によって継続する事件だが、その後も捜査は何ら進展を見なかった・・・裏社会に身を置く存在しない事にされた男。そして事件の実行犯である存在を失った男。謎に包まれた暗殺者。そして暗躍する組織。『大体僕は死刑反対だ・・・』17年を経て解る陰謀と殺意が過去を暴き、不幸の連鎖が人を復讐の深淵へと巻き込んでいく。『悪の報いは針の尖』『針の上で天使は何人踊れるか?』全てを知った時、物語は宿命と言う名のドラマが幕を開けそして報いと言う名の結末を迎える...」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


ZERO BEAT.ホームページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年5月24日

『ラフカット2017』

上演作品・出演者
第1話 『ひのくすり』[脚本]堤 泰之
第2話 『コインランドリーマンズ』[脚本]桑原裕子
第3話 『詰まる所』[脚本]松本哲也
第4話 『おとな保育園』[脚本]TARAKO
演出:堤泰之(全作)
企画 ラフカット
主催 全労済ホール/スペース・ゼロ
製作 プラチナ・ペーパーズ

2.会場 全労済ホール/スペース・ゼロ(新宿駅南口徒歩5分)
3.公演スケジュール 2017年6月7日(水)~11日(日) 全6ステージ
7日(水) 19:00
8日(木) 19:00
9日(金) 19:00
10日(土) 14:00/19:00
11日(日) 14:00
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前
チケット料金 3,800円(全席指定・前売当日共・消費税込)
チケット取り扱い
スペース・ゼロチケットデスク ※インターネットのみの取り扱い
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード459-176]
ローソンチケット 0570-000-407、0570-084-003[Lコード33112]
CoRichチケット! ※インターネットのみの取り扱い


◎オムニバス公演
『ラフカット』のプロデュース公演は、4話オムニバス(30分の短編を4本)というスタイルをとっています。これはできるだけ多くの役者に、いい役を与えたいからです。通常、二時間の芝居で出演者が三十人いたとすると、二十人くらいはその他大勢的な扱いになってしまいます。しかしそれぞれ完結した4話に割り振れば、ほぼ全員が印象に残る役につくことができるのです。

作・演出家 ◎脚本家・演出家
役者達の力を引き出すには、いい脚本・演出が必要です。そして作品のテイストが偏らないように、毎年違う作家・演出家に参加して頂いています。これまでご参加頂いた主な脚本家・演出家は以下の通りです。松尾スズキ(1997)、宮藤官九郎(1999)、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(1996、2000)、鴻上尚史(2009)、鈴木裕美(1997)、中島かずき(1995、1998)、G2(1999、2003、2009)、内田春菊(2001)、橋口亮輔(1997)、矢口史靖(2000)、羽原大介(2008)、谷山浩子(2009、2015)、石田明(2011)、佐藤二朗(2007、2012)(敬称略)

◎2017年度 脚本 堤泰之(つつみやすゆき)
代表作に『煙が目にしみる』『見果てぬ夢』(共に論創社刊)などがある。最近の主な作品はロックミュージカル『BLEACH』、加藤健一事務所『誰も喋ってはならぬ』など。
桑原裕子(くわばらゆうこ) KAKUTA主宰。2009年『甘い丘』で第64回文化庁芸術祭芸術祭新人賞を受賞。2015年『痕跡』で第59回岸田國士戯曲賞候補、第18回鶴屋南北戯曲賞受賞。
松本哲也(まつもとてつや) 2010年に劇団を旗揚げ。2013年、劇団名を小松台東に変更。普通の日常、人間の機微を丁寧に、ユーモアたっぷりに描く。近年はテレビドラマ等の脚本を手掛ける。
TARAKO(たらこ) 『ちびまる子ちゃん』等の声優として活躍する傍ら、WAKUプロデュース、NAO―TA!等のユニットで脚本・演出を数多く手掛けている。

 東京にて、『ラフカット2017』が上演されます。
 「『ラフカット』は、エネルギーをもて余している役者に、力試しの場を提供していこうというプロジェクトです。荒削りであっても可能性を秘めた役者との出会いを求めて、プロデュース公演やワークショップなどを行っています。1995年以来毎年行われているプロデュース公演は、今年で23年目を迎えます。全てのキャストをオープンなオーディションで決定するというスタイルが支持を集め、演劇界の登竜門的な存在となっています。オーディション受験者は毎回400人ほど、中には一人で四話すべてを受ける人もいますので、延べにすると毎回1,000人ぐらいになります。オーディションは3月から4月にかけて行われました。受験者たちの顔ぶれも、現役の大学生からサラリーマンやOL、60歳を過ぎたシルバー世代まで、毎年実に様々です。この中から未来のスターが生まれるかも知れません。というのも、CMやテレビ、映画で欠かせない個性派俳優として大活躍している役者を何人も輩出しているからです。そんな将来楽しみな荒削りでも個性あふれる役者たちの奮闘振りを、この機会に是非全労済ホール/スペース・ゼロの舞台でお楽しみください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、オフィス・REN 03-6380-1362 (平日12時~18時) まで。

同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年5月23日

OLヴィーナスはちみつシアター LIVE VOL.7『死がらみドメスティック』

作・演出:巣鴨五反田
キャスト:田渕恭子 氏家康介 郡司みわ 秋元佐和紀 栗野未悠 前園幸子(以上はちみつシアター)のもとあき 若尾桂子 木村若菜 岡野里咲 (フラッシュアップ) 岩田詩帆 (株式会社ニューウォーカーズ) 未来みき (DEARSTAGE inc. )七海とろろ(バクステ外神田一丁目) 弘松菜摘(バクステ外神田一丁目) 藍菜(株式会社Power Land)  木村飛鳥 関谷真由(エイベックス・エンタテインメント株式会社)


日時:6月21日19:30開演 22日19:30開演、23日19:30開演
場所:スターパインズカフェ(吉祥寺) 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1  TEL:0422-23-2251 吉祥寺駅より徒歩3 分
料金:一般前売:3,500円+1ドリンク 当日:4,000円
※受付・開場は開演時間60分前 
※各ステージ開演30分前より ビフォートークイベント『はちみつ炎上』開催
ビフォートークイベント『はちみつ炎上』
開演30分前より開催!! 出演:はちみつシアターメンバー
21日『田渕マシーン30秒1本勝負 ザ・アカペラライブ』
22日『TK presents うじ様生誕祭』
23日『世界一の目撃者にあなたもなれるかも...なんと"はちみつシアターギネスをかませ!!" 』
ご予約

 東京の劇団OLヴィーナスはちみつシアターが、LIVE VOL.7『死がらみドメスティック』を上演いたします。
 「梅雨も、湿気も、 ぶっ飛ばすのが、はちみつシアター!! お待たせしました、LIVEVOL.7.7.7!! 満足だけを詰め込んで、メガ盛レベルでお届けしますっ! 変わりばえのない朝。 変わりばえのない昼。 変わりばえのない夜。 変わりばえのない毎日... だけど、変わってく環境。 友達だった人。友達だと思ってた人。 信頼してた人。そうじゃなかった人。 毎日毎日...生きづらすぎるっ!! がんじがらめの毎日を、それでも進む! それでも生きる! 忘れてた、特別な、日の、ために。 『で、次は何ですかっ!!』
 黄金のコメディフェスティバル2016にて優秀演出受賞した巣鴨五反田の最新作!!梅雨も、湿気も、ぶっ飛ばすのが、はちみつシアター!!お待たせしました、LIVEVOL.7.7.7!!満足だけを詰め込んで、メガ盛レベルでお届けしますっ!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


OLヴィーナスはちみつシアターホームページ

(83フスキーさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

9PROJECT vol.6『堕ちて今、君を想ふ。』

【原作】江戸川乱歩『芋虫』
【脚本・演出】渡辺和徳
【出演】高野愛・小川智之・相良長仁・人見早苗・仲道和樹・遠山結子・阿部雄大
STAFF
舞台監督/久保田智也
照明/齋藤拓人
音響/葵能人
宣伝写真/堀内亮太
協力/劇団BRATS 劇団PATHOS PACK

【日程】2017年9月14日(木)~18日(月祝)
木金/19:00 土日/13:00 & 17:00 月祝/13:00
【会場】シアターKASSAI
【席種】全席自由席のみ
【料金】一般 3,500円(前売・当日とも)・学生 2,500円(要 学生証)
【TICKET】
9PROJECT
Confetti 0120-240-540(平日 10:00~18:00)
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:459-186)
チケットぴあ/サークルK・サンクス/セブン-イレブンなど


脚本・演出/渡辺和徳
1978 年、東京都生まれ。北区つかこうへい劇団に入団後、つかこうへいに文才を認められ、氏のもとで作・演出を学ぶ。2003年、少年隊ミュージカル PLAYZONE『Vacation』で脚本業を開始。以降、演劇作品の脚本、演出を数多く手がける。
【主な脚本作品】
◇青山劇場『SAMURAI 7』『女信長』(原作/佐藤賢一)
◇明治座『神州天馬侠』(原作/吉川英治)『大江戸緋鳥808』(原作/石ノ森章太郎)
◇新国立劇場『AZUMI 幕末編』(原作/小山ゆう)
◇Zeppブルーシアター六本木『あずみ〜戦国編』(原作/小山ゆう)など。

 東京の劇団9PROJECTが、公演vol.6『堕ちて今、君を想ふ。』を上演いたします。
 「『ユルス...。その一言で、私は生きていける』戦争中の負傷で両手足を失い、耳も聞こえず、口もきけない...。まさに芋虫のような姿になった夫を献身的に介護する妻。しかし人目につかぬ家の中では、その"芋虫"に情欲の炎を燃やす女の姿があった...。何が人間を人間たらしめるのか...。運命に翻弄された一組の男女の、罪と赦しの物語。
 脚本家・渡辺和徳が江戸川乱歩の世界に挑む!乱歩史上最もおぞましいと言われた『芋虫』を、ひとつの愛の物語として"美しく"描き出す。日本文学界の巨匠 江戸川乱歩。死後50年を経てもなお、その作品の数々は老若男女を問わず人々を魅了し続けています。その乱歩作品の舞台化に挑むのは『あずみ』『神州天馬侠』『女信長』『大江戸緋鳥808』など、数々の舞台の脚本を執筆し、小説の舞台化の経験も豊富な渡辺和徳。少年時代から読み耽ってきた、憧れの乱歩作品に挑戦します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

9PROJECTホームページ

(渡辺さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年5月21日

喜劇団R・プロジェクト「傷だらけのアイドル」

作・演出:らん丸
キャスト:倉橋勝 富岡ゆき 愛実 村瀬知之 松本明大 三枝聖 鈴木響
スタッフ:【舞台監督】倉橋勝 【音響】内田梢 【照明】たきざわ勝彦 【宣伝美術】大谷明子 【制作】黒田能靖


日時:7月29日(土)14:00/19:00 7月30日(日)14:00/19:00 8月3日(木)19:00 8月4日(金)19:00 8月5日(土)14:00/19:00 8月6日(日)13:00/18:00
場所:遊空間がざびぃ
料金:前売り:3000円 当日:3000円 ウイニングチケット:2500円(2名様以上でご予約のお客様、お1人様2500円でご予約できます)


 東京の劇団喜劇団R・プロジェクトが、公演「傷だらけのアイドル」を上演いたします。
 「今や飛ぶ鳥を落とす勢いの超人気アイドルユニット バタフライキッス ミイコとケイコ!デビュー二年目で紅白出場を決め、順風満帆な芸能生活と思いきや・・・。
彼女たちに次々と降りそそぐ災難!事故!事件!トラブル!アクシデント!ハプニング!の、数々々・・・。これは身から出た錆なのか?傷だらけになりながらも、たくましく、つつましく、生き抜いていく二人のそれぞれの半生をどうぞ、笑ってやってください。
 今回のコメディは何でしょう・・・?シュールと不条理の融合とでもいいましょうか・・・。はい!なので!頭を空っぽにして、小難しいことは考えないで、お気楽に、90分笑っていただけたらなと思います。どうぞよろしくお願い致します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


喜劇団R・プロジェクトホームページ

(倉橋さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年5月20日

劇団東京トライアングル特別公演「死る、善しも、啼く」

△スタッフ:劇作・演出・音響 小林英樹
照明 櫻井晴美
▲出演(50音順):石井麻衣子 【B】
石井卓実(芝居企画TECALL)
宇津木響平(劇団東京トライアングル)
小野田銀四郎(劇団東京トライアングル)
岸野真一(フェドー劇場)
清水夏々
福地洋志
渡邉英恵(劇団東京トライアングル)
和田和美 【A】

△ 開催日時:2017年6月5日(月)14時【A】 / 19時【B】
 6月6日(火)14時【B】 / 19時【A】
▲会場:パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』
※有楽町線『江戸川橋』駅 徒歩2分/東西線『神楽坂』駅 徒歩9分
△チケット:2,500円(ワンドリンク付き)
予約フォーム


 東京の劇団東京トライアングルが、特別公演「死る、善しも、啼く」を上演いたします。
 「劇団東京トライアングル初のミニ公演を開催!4月からスタートしたワークショップ参加者とトライアングルのコラボレーション!本公演とはちょっと違う、新しい劇団東京トライアングルの世界をお楽しみください!
 真実=嘘や偽りでない、本当のこと、まこと。辞書にはそう書いてある。しかし、それはいったい誰にとっての『真実』なのだろうか。人の認識とは本来非常にあやふやなもの。視覚や聴覚による錯覚などは日常茶飯事、宗教観や文化の違いからくる思い込みや勘違い、その要因をあげればキリがない。物事の全ては、人が認識する事ではじめてそこに存在しはじめるとある哲学者は言う。ということは逆に、誰にも認識しえないものが仮にあるとするならば『それ』はそこに確かにあるにもかかわらず、人に認識されないがために存在しないということになる。では、もし『それ』がある一つの『真実』だったとしたらどうだろう。『真実』はたしかにそこにあるはずなのに、誰にも認識されないがために存在しえない。しかし、人がそれを認識しその存在が明らかとなったときからそれはあやふやなものへと変化し『真実』とはいえなくなる。それでは『真実』とはなにか...。皆さんにとっての真実とは...。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


△劇団東京トライアングルホームページ


(小野田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年5月19日

劇団☆流星群 ☆プラネタリウム&演劇公演のご案内☆『ホロ・スコープ』

作・演出・プラネタリウム操作・星空解説/岩倉直人
★CAST ★ 山田晃子  桧山歩弓  中石文音 プラネタリウム操作・解説・音響/岩倉直人
★STAFF★
照明/松井智恵美
衣装/山田晃子、桧山歩弓
宣伝美術/絵 松井智恵美
藤岡直人(アート工房まんまるず)
記録映像/楠瀬かおり
制作/小原知子


★日時★
2017年6月17日(土)15:00開演
18日(日)13:00開演 <開場は開演の30分前>
※開演5分前に星空クイズ大会があります。
★料金★前売 2,000円 中学生以下1,000円 当日 2,300円 中学生以下1,300円
★定員★各公演 130席
※当日は満席でご入場できない場合があります。できるだけご予約の上、ご来場ください。残席状況はホームページで随時更新します。
★場所★ ムーブ21 4階 プラネタリウムドーム 地下鉄谷町線『大日駅』[3]号出口を出てそのまま真っ直ぐ北へ約250m
★チケット取り扱い・お問い合わせ★
劇団☆流星群 TEL:06-6659-0066 E-mail:こちらのメール
チケット予約専用e-mail:こちらのメール
(タイトルに『チケット予約』、本文に[1]お名前、[2]日時、[3]枚数、[4]連絡先をご明記の上、送信して下さい。)24時間以内に折り返し、ご予約完了メールをお送りします。
◎ご予約完了後は、当日受付にてご精算・チケットを発券させていただきます。

◎プラネタリウム&演劇のみどころ◎
★役者たちは直径18mの傾斜型プラネタリウムドーム全体を走り回り演じます。マイクは一切使用しません。
★劇中は良い声で評判の星のお兄さんによる星空解説もあります。
★普段では見られない??星空が時々、高速回転したり?逆回転することも?
★プラネタリウムドームに設置された投影機『ヘリオス』からは約2万4千個の星空がより自然に近い形で投影されます。

劇団☆流星群とプラネタリウム演劇のPR動画を作りました。約5分、音量にご注意ください。
★★★新テスト企画『あなたの星空叶えます』を行います★★★
あなたが見てみたい、行ってみたいところの星空を投影します。年月日や緯度と経度も自由に設定することができます。誕生日や思い出の日、どこかの国の星空、歴史上の人物が見上げた星空、星空タイムスリップなどなど投影&解説します。
誕生日の星空のサプライズプレゼント、愛の告白、プロポーズなどにもご利用できます。
日時:6月17日(土)公演終了後 17:00〜18:00を予定しています。(星空が叶ったお客様から退出できます)
☆1組様の星空 約5〜10分(2つまで)(参加人数で多少前後します)
※公演をご覧頂いた方のみの特典です。
※日曜日にご予約されていらっしゃるお客様もご参加できます。
皆様のご来場、劇団員一同、心よりお待ちしています。

 大阪にて、劇団☆流星群 プラネタリウム&演劇公演『ホロ・スコープ』が上演されます。
 「関西を中心に活動している劇団☆流星群は11月に大阪府守口市にあるムーブ21のプラネタリウムにたくさんの照明や音響機材などを持ち込んで本格的な演劇公演を上演します。
 あなたは星座がいくつあるかご存知ですか?星座はいつ頃できたのだと思いますか?それは遥か遠い昔にシュメール人たちが作ったのかもしれないと言い伝えられています。海外を旅していたヨウコとミハルは、星座の起源にまつわる村の存在を知り、そこに向かった。到着した二人が見つけたのは、ひっそりと佇む天体観測所。そこには、星の運行を見守るタチバナがいた。彼が手にするのは、どんなに遠くの天体も見ることができる『スコープ』。ヨウコとミハルは、その『スコープ』を通して古代の息吹に触れようとしていた。あなたも約2万6千個の星や360度に投影された銀河の星空の中で、星座の起源や古代の人たちが抱いたかもしれない星への思いに触れてみませんか?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

★詳細は劇団☆流星群のホームページをご覧ください★
検索 劇団流星群


(岩倉さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2017年5月18日

アトリエばんが vol.11×バームラベツ『窓の手紙』&アトリエばんが vol.12『窓の日記』

アトリエばんが vol.11×バームラベツ『窓の手紙』@おんち(渋谷)

脚本・演出 こうたろう
★出演 ムラベツ 足立涼子 こうたろう 小池若菜←土曜日のみ 新谷隼平←日曜日のみ

★日程 6/24(土)13時、17時 25(日)13時、17時
※開場は開演の15分前です。
★チケット 前売当日共 2,000円 学生 1,500円(大学生・専門学生以下) こども 1,000円(小学生) 未就学児以下 500円 ※全て1ドリンク付き
★ご予約・お問い合わせはホームページより


 東京にて、アトリエばんが vol.11×バームラベツ『窓の手紙』が上演されます。
 「古民家等で活動してきた"アトリエばんが"が、久しぶりに公演を討ちます。6月は小さなバーで、7月の劇場公演のストーリーの前日談を。それぞれ観ても、両方観ても楽しめるつくりになってます。ぜひお越しください! 
 失踪した妻を捜して世界中を旅した男がいた。ゆかりのない異国の地で男は一通の手紙を受け取り帰国した。それは行方の知れない妻からの手紙だった。定員15名前後の小さなバーで展開する、シンガーソングライターの生演奏付ミニ公演。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


アトリエばんが vol.12『窓の日記』@SPACE梟門(新宿三丁目)

脚本・演出 こうたろう
★出演 ムラベツ 高橋紗綾 田中聡子 小池若菜 山本啓介 岡田奏(teamキーチェーン) 家守亜希子(劇団川崎演劇塾)←土日のみ 足立涼子←平日のみ 三好雅人
★スタッフ
舞台監督 よこさく
照明 早川 和行
企画・制作 アトリエばんが


★日程
7/26(水)19時半
27(木)19時半
28(金)19時半
29(土)19時
30(日)13時、17時
※開場は開演の30分前です。
★チケット
前 売 2,800円
学 生 2,500円(大学生・専門学生以下)
こども 1,500円(小学生)
未就学児以下無料
当日料金は全種200円増
vol.11『窓の手紙』通し料金
一 般 3,500円
学 生 3,000円
こども 2,000円
★ご予約・お問い合わせはホームページより

 東京にて、アトリエばんが vol.12『窓の日記』が上演されます。
 「キャンバスのように真っ白な部屋の小さな窓。その窓から空を眺め、海を見渡し、世界に憧れた妻が、ある日忽然と姿を消した。ただ一冊だけの日記を残して...。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

Street dance Act Mejin-微塵-初公演!《オズの魔法使い》


◇場所:大阪市立芸術創造館(京阪森小路駅、地下鉄谷町線千林大宮駅より徒歩10分)
◇日時:【全5公演】
6月3日(土) 15:30開演/18:30開演
6月4日(日) 12:30開演/15:30開演/18:00開演
※受付は開演45分前、開場は開演30分前
※全席自由
◇上演時間:60分(途中5分休憩有)
◇料金:前売り・当日共 1500円
◇チケット予約 CoRichサイトより受付中!

 大阪にて、Street dance Act Mejin-微塵-初公演!《オズの魔法使い》が上演されます。
 「ヒップホップからバレエまで、ダンスとDJ、太鼓で奏でるポップでアートなストリートダンス芝居!近鉄アート館、HEPホールなどでもアクティブに活動している現役芸大生役者や和太鼓メンズ、テーマパーククルー等、多彩なメンバーの若いパワーが大阪芸術創造館に炸裂!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2017年5月17日

グラス・マーケッツ朗読公演『小鳥家の最後』

作・演出:脚本=池田長十、演出=佐野真希子
キャスト:朗読=佐野真希子・河村聡子・伴野由季・田中直美
スタッフ:音楽=原澤孝之、フルート=牧優子、制作協力=モノクル 石田知子・兼田匠・takami・辻明子・洋恵
【主催】朗読ユニット グラス・マーケッツ


【開催日時】2017年7月1日(土)15:00、2日(日)11:30/14:00
(*計3ステージ いずれも開場は30分前。*上演時間 約70分)
【会場情報】≪会場名≫芝川ビル 4階 401号室モダンテラス(大阪・淀屋橋)
*芝川ビルは、1927年 (昭和2年)に竣工。アールデコ調の華麗な装飾が特徴的で、昭和初期の近代建築の姿をつたえるものとして歴史的価値を持つ。2006年に国の登録有形文化財に指定される。
≪所在地≫
・地下鉄御堂筋線『淀屋橋駅』13番出口より徒歩3分
・京阪本線『淀屋橋駅』より徒歩3分
(*11番出口は工事のため閉鎖中です。13番出口をお使いください)
【料金】一般:2,500円、学生:1,500円
【申し込み方法】こちらの専用フォームよりご予約をお願い致します。
【その他特記事項】定員:各ステージ 50名 上演時間:約70分

[池田長十] 結成当時よりすべての脚本を手掛けてきた池田長十は、小説『晩夏光』にて第五回角川春樹小説賞を受賞(池田久輝名義)。翌年には続編となる『枯野光』を発表(角川春樹事務所)。以降、『まるたけえびすに、武将が通る。』(幻冬舎)、アンソロジー『タッグ』を上梓。(日本推理作家協会会員)


 大阪にて、グラス・マーケッツ朗読公演『小鳥家の最後』が上演されます。
 「とある大都市に屋敷を構える小鳥 (ことり)家。その当主である『小鳥カオル』が突然姿を消した。しかし、主不在のまま開かれる謎の会合。集められた四人は何もない大広間に佇み、窓の外を眺め続ける。その先に見えるのは――。風に揺れるブランコだった。あの日、一人はそれに乗り、一人はそれを見守り、一人はそこから落ち、一人はその記憶を消した。あの日の風景が窓に浮かんでは消えていく。あれは幻だったのだろうか。すべて幻だったのだろうか。そして今日、小鳥の家は最期の日を迎える。
 舞台となるのは、ナオル、アタル、カオルと続く『小鳥家』。当主であるカオルが失踪する中、屋敷で開かれる謎の会合。それらが一本の線になった時、『小鳥家』が隠し続けてきた秘密が暴かれる。誰にも言えない罪を背負った男と屋敷。罪を隠し続けるのか、あるいは対峙するのか――『家』という過去そのものが本作品の大きなテーマとなっています。グラス・マーケッツ、渾身の朗読作品です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


朗読ユニット グラス・マーケッツホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団歴史新大陸 第10回本公演『古事記~日本の始まりの物語~』

【脚本】 天沢彰
【演出】 後藤勝徳
【出演】 後藤勝徳/鳳恵弥/佐々井隆文/二木智耶子/ひなたさよ/野口尋生/畠山智行/西脇ケンイチ/豊島宏史/真野翼/菅野智志/
本田愛/宮岡俊介/森山あゆみ/花柳天舞/石見神楽東京社中/亀井達也/大橋源紀/金子みなも/萱間珠海/川崎明梨/
斉藤京之介/野宮友萌香/みこえまゆ/安川舞幸/山口大志/中村瀧海/吾妻翔太/伊關眞紗惠/下玉利晃/中尾真理/他
【スタッフ】
所作・衣装指導 花柳玉舞
音響・音楽監督 宇野公章
照明 板倉葵
舞台監督 わたなべひでお
殺陣・小道具 西脇ケンイチ
メイクチーフ よみ
ヘアメイク 吉村幸
音楽 高木則幸、金銀姫
音響 高木則幸(Studio B.I)
音響助手 金銀姫
衣装 後藤佳奈、後藤恵子、大江弥生
舞台監督・制作助手 高柳みのり
映像制作 日野研一
制作 宮本美樹
制作協力 保坂美佳
写真撮影 井上淳一
プロデューサー ウエノマサキ/他

【日時】2017年5月
24日(水)19:30~
25日(木)14:00~/19:30~
26日(金)14:00~/19:30
27日(土)14:00~/18:30~
28日(日) 14:00~
※受付60分前/会場30分前
【場所】渋谷区文化総合センター6F伝承ホール(渋谷区桜丘町23-21渋谷駅から徒歩5分)
※駐車場はございません。近隣の駐車場か、公共交通機関をご利用下さい。
【チケット】大人前売4000円/当日4500円 親子割2500円(親子割チケット※親子で観劇の場合は中学生以下の子供は2500円と致します。)
※日時指定、全席自由席
【チケット窓口】劇団予約 公式HPまたはこちらのメール
コリッチチケット

 東京の劇団歴史新大陸が、第10回本公演『古事記~日本の始まりの物語~』を上演いたします。
 「日本列島がイザナギとイザナミによって生み出されたばかりの頃。この日本列島を治めるべく、三人の貴神が生まれた。天照皇大神(アマテラス)、月読尊(ツクヨミ)、そして荒ぶる嵐の神、建速須佐之男命(スサノオ)。父神イザナギによって海原を治めるように命ぜられたスサノオは、今はなき母神イザナミを想い泣いてばかりいた。ある時イザナギに役割を果たさないことを叱責されたスサノオは、神々の国高天原(タカマガハラ)で乱暴狼藉をはたらく。あまりの事に堪忍袋の切れた、高天原の最高神アマテラスと他の神々はスサノオから神の力を取り上げ、高天原追放を実行する。地上世界へと落とされたスサノオは、彷徨ううちに辿り着いた村で一人の美しい娘、櫛名田姫(クシナダヒメ)とその親が悲しんでいるのを見る。毎年山から降りてくる異形の大蛇、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を鎮めるため生け贄にされる運命にあったのだ。クシナダヒメを救うべく、単身でヤマタノオロチに挑むスサノオ。ここに、一大スペクタクル巨編が、神々の息吹が舞台上に出現する!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団歴史新大陸:こちらのメールまで。


劇団歴史新大陸ホームページ


(安川さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年5月16日

UB.shouting,VOL.13 短編3本立て公演『双生児』『モノクローム』『ウェンディ』

作・演出:企画・演出 龍謳演
キャスト:内海誠、木之本沙耶、畑さとみ、山口健司
スタッフ:照明・音響 野村尊司
短編3本立て公演 
『双生児』 原作・江戸川乱歩 
『モノクローム』 作・白石謙悟 
『ウェンディ』 作・スエモトヨウコ 

日時:6/24(土) 19時30分 6/25(日) 12時と16時
場所:アトリエ第七秘密基地(要町・池袋)
料金:前売り:2,000円 当日:2,000円


 東京にて、UB.shouting,VOL.13 短編3本立て公演『双生児』『モノクローム』『ウェンディ』が上演されます。
 「短編3本立て公演。今回のラインナップは、短編3本立て公演『双生児』 原作・江戸川乱歩 『モノクローム』 作・白石謙悟 『ウェンディ』 作・スエモトヨウコ [1]作家・江戸川乱歩原作の傑作短編小説『双生児』 [2]都会の喧騒で力強く生きる女性を描いた戯曲『モノクローム』 [3]頑張る大人に贈る大人のためのメルヘン戯曲『ウェンディ』 
 1995年旗揚げ以来、娯楽性と感動のある芝居作りで活動している 演劇集団M企画より立ち上がったプロジェクト『UB.shouting,』のVol.13、短編3本立て公演。3本とも大変魅力的な作品です。ぜひ、ご来場ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「各回 2組4名 計12名様 ご招待 劇団宛にメールにて [1]希望日時[2]代表者名[3]連絡先 を明記ください。抽選の上、当選者のみ劇団よりメール差し上げます。応募期限 6/15(木) 当選発表 6/18(日)」


UB.shouting,ホームページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2017年5月15日

サイン アート プロジェクト .アジアン「残夏ー1945ー」

作・演出:野崎美子
キャスト:五十嵐由美子、日野原希美、渡辺英雄、貴田みどり、砂田アトム、宮崎陽介、雫境、大橋ひろえ
スタッフ:舞台監督:清水義幸(カフンタ) 舞台美術:佐藤朋有子 照明:鈴木雅貴 音響:荒木まや 音楽:芳賀一之 衣装:川口知美(COSTUME80+) 映像:内藤秀雄 字幕:丸山垂穂 音声ガイド:壇鼓太郎 演出助手:Kinoko 広島手話指導:平井見奈 長崎手話指導:荒木宏彦 広島方言指導:信國輝彦(株式会社エコーズ) 長崎方言指導:日野原希美 手話指導:佐沢静枝  手話通訳指導:太田佳代子 手話通訳:SAP.AZN アクセスコーディネーター:SAP.AZN 制作:J-Stage Navi プロデューサー:大橋ひろえ


日時:2017年7月5日(水)~7月9日(日)
場所:座・高円寺
料金:前売り:円 当日:円前売・当日共 一般 4000円/シニア・学生 3500円


 東京にて、サイン アート プロジェクト .アジアン「残夏ー1945ー」が上演されます。
 「聞かせて下さい、あなたの手に残された夏を――〈手話×日本語〉〈聴覚障がい者×聴者〉で贈る母娘の物語
 作品解説・みどころ サイン アート プロジェクト.アジアンは〈手話×日本語〉と〈聴覚障がい者×聴者〉のコラボでプロフェッショナルの演劇を創って12年目です。今回の『残夏―1945―』は、昭和20年に広島と長崎で被爆した聴覚障がい者を中心に取り上げたお芝居です。これは聴覚障がい者俳優と聴者俳優との言葉を超えた演技力が圧倒され、そして、聞こえない役は聴覚障がい者の俳優が演じていたため、どれもリアリティでお客さんの心へダイレクトに伝わります。なかなかない演劇のスタイルなのでぜひ、劇場へお越し下さい!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(佐々木さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

BLACK JAM 2nd JAM「Regulation's High! 〜驚愕の体育祭〜」

脚本 朱木雀空、小山太郎
演出 小山太郎
出演 朱木雀空(!llnutupfam)、大部恭平(TheFourofMats)、藤代海(!llnutupfam)、熊野隆宏(チームまん○)、猿渡亮太(マグズサムズ)、冨田浩児、岡本歩(!llnutupfam)、今井裕也(ENTIME'S)、北原州真、佐々木柔、岡部直弥、萩原成哉(ToyLateLie)、浜野篤志(チームまん○)、中村充宏(立体再生ロロネッツ)、中村渉、千村佑陸、岩根大祐、吉田紳(風凛華斬)、今井大樹、石川廉、高見崇志
スタッフ
舞台監督:田中新一(東京メザマシ団)
照明:松田直樹
音響:TiM
プロデュース:朱木雀空
制作:大部恭平(The Four of Mats)・0
アシスタント:小林美歌
写 真:9(!ll nut up fam)
デザイン:8 (!ll nut up fam)

公演期間 2017/05/31 (水) ~ 2017/06/04 (日)
劇場 上野ストアハウス
チケット 前売り 3,500円/当日 4,000円
こちら(こりっち)よりご予約いただけます。
タイムテーブル
5/31(水)19:00 ※[1]
6/1(木)19:00※[1]
2(金)14:00※[2]/19:00
3(土)14:00※[2]/19:00
4(日)12:00/16:30
★特典公演
※[1]撮影OK→上演中の撮影が可能!
※[2]後説[トークショー]→演出家&キャストによる後説[トークショー]が見られる!
公式サイト ※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

 東京の劇団BLACK JAMが、2nd JAM「Regulation's High! 〜驚愕の体育祭〜」を上演いたします。
 「『ハッキリ白黒つけようぜ!』座黒高校は全国でも屈指のスポーツ特別強化校、みんな厳しい練習に耐え、オリンピック選手も輩出している。白闘学園は私立特有のガチガチのスポーツ特別強化校、科学的トレーニングを取り入れオリンピック選手も輩出している。座黒高校に白闘学園から挑戦状が叩きつけられた。本当にスポーツに強いのはどちらか白黒ハッキリつけようぜ!これはお互いの学校のプライドを賭けた究極の体育祭だ!あまり乗り気ではない座黒高校は、違反者や能力の低い者を収監している反省房の中から生徒を選出、しかし!、勝負に敗けたら部活動の夏の大会をすべての種目で辞退すると言う条件が加わったからさあ大変。どうなる座黒高校!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、BLACK JAM:こちらのメールまで。


BLACK JAMホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年5月12日

應典院舞台芸術大祭space×drama○参加作品 無名劇団第25回公演『無名稿 出家とその弟子』

作:中條岳青 演:島原夏海
原作 倉田百三 『出家とその弟子』

【劇場】シアトリカル應典院(大阪市天王寺区下寺町1-1-27)
【日時】
5月12日(金)19:30
5月13日(土)14:00/19:00
5月14日(日)11:00/15:00
開場は上記開演時間の30分前
*千秋楽14日15時~
リレーアフタートークあり
【料金】○一般前売 2800円 ○一般当日 3000円 ◎2カ月連続公演セット割(一般)5000円 ○大学生前売 1500円 ○大学生当日 1800円
◎2カ月連続公演セット割(大学生)2800円
○高校生無料ご招待キャンペーン
※各回定員があるので、必ずメールでご予約下さい(高校生無料ご招待に関しては、当日受付はありません)
※高校生以下無料
※学生は要学生証
ご予約はこちら
詳しくはHPをご覧ください


 大阪にて、應典院舞台芸術大祭space×drama○参加作品 無名劇団第25回公演『無名稿 出家とその弟子』が上演されます。
 「若い僧侶は遊女を愛した 。 男は親戚の妻を愛した。父は勘当した息子を愛していた。愛すれば愛するほどに、周囲の平和は乱れ、己の身は朽ちてゆく。『人は皆、固より修羅よ。生まれ落ちた時からー。』『信心』とは何か。『本心』とは何か。『愛』とは、何か。ああ、平和。もっとも遠い、最も内の、平和―。
 space×drama2015優秀劇団に選出された『無名稿 あまがさ』、翌年の『無名稿 機械』に続き 、3 年連続スペドラ出場。無名劇団が近代文学を解釈し再構築する作品群『無名稿』シリーズ第三弾は、文学×ロックな激情エンターテイメント。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。

(中條さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2017年5月11日

奈良岡朋子一人芝居『黒い雨』

...名女優による 一人語りの芝居...

原作=井伏鱒二(『黒い雨』新潮社刊より)
出演=奈良岡朋子
上演台本=笹部博司
演出=丹野郁弓
照明=古宮俊昭
効果=岩田直行
製作=劇団民藝
企画=りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
主催 (公財)仙台市市民文化事業団、仙台リビング新聞社


▼平成29年8月9日[水] 14:00 開演(13:30 開場)
【会場】仙台銀行ホールイズミティ21 小ホール
【料金】全席指定 3,500円
※当日500円増し ※未就学児入場不可
【プレイガイド】藤崎、仙台三越、仙台銀行ホールイズミティ21、日立システムズホール仙台、チケットぴあ(Pコード:458-838)、イープラス
◆一般発売日 5月12日[金]
チケットのお問合せ:仙台市市民文化事業団 総務課 022-727-1875(平日9:30~17:00)
公演内容のお問合せ:仙台市市民文化事業団 事業課 022-301-7405(平日9:30~17:00)

 仙台にて、奈良岡朋子一人芝居『黒い雨』が上演されます。
 「『黒い雨』はささやかな日常生活を送っている、閑間重松・シゲ子夫妻と姪・矢須子の家族の物語です。矢須子を何とか嫁がせようとする夫婦ですが、次第に悲しい事実が明らかになります。未曽有の惨事に巻き込まれながらも、平常心を失わずに暮らしを営む人びと。淡々と進む物語の背景には、市井の人びとをおそった原爆の悲劇が厳然とあります。戦後72年のいま。『黒い雨』をもたらした戦争とは何なのか―――奈良岡朋子が語る一人舞台を通して一緒に考える機会となれば幸いです。
 みなさまへ 四年前初めての挑戦となった一人舞台『黒い雨』。たくさんの反響をいただき、私の小さなライフワークとしてみたび皆様にお届けいたします。やさしさを与え、愛することをやめないで生きつづける。井伏鱒二さんが描く『黒い雨』の世界をお客様と私だけの劇空間で共有できるのを楽しみにしています。―――奈良岡朋子」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。


(公財)仙台市市民文化事業団ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年5月10日

玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科 2017年度春学期演劇公演『ムーランルージュ』

【作】斎藤憐
【演出】多和田真太良
【指導・監修】玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科教員
【出演・制作】玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科学生

公演概要
【公演日時】<全6公演>
2017年5月18日(木) 19:00ツキ
19日(金) 19:00ホシ
20日(土) 12:00ホシ/17:00ツキ
21日(日) 12:00ツキ/17:00ホシ
※本公演はダブルキャスト公演です。
※受付開始は開演の45分前、開場は30分前とさせて頂きます。
※上演時間は140分(休憩を含む)を予定しています。
※未就学のお子様の入場はご遠慮いただいております。
【公演会場】玉川大学 大学3号館 演劇スタジオ
小田急線 玉川学園前駅北口から徒歩15分
【入場料】無料・全席自由<要予約>
【チケット】4月24日(月)16:00より予約受付開始
〔電話予約〕090-7012-8544 平日16:00~20:00・土日祝13:00~17:00
〔メール予約〕こちらのメール
全日24時間*各公演前日22:00送信分まで受付
※ご好評につき、全公演予約席は満席となっております。なお、若干数ではありますが、当日券をご用意させていただく予定です。是非ご検討ください。
※当日券の受付開始は開演の45分前です。

 東京にて、玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科 2017年度春学期演劇公演『ムーランルージュ』が上演されます。
 「玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科2017年度春学期演劇公演は、庶民の生活を描き続けた劇作家、斎藤憐の『ムーランルージュ』に挑戦します。敗戦直後の物は足りなくとも、自由を謳歌できるようになった時代。そこに生きる人々を、若さ溢れるエネルギーで表現します。
 《あらすじ》空襲によって焼け野原となった新宿に、ポツンと立っている赤い風車が目印のレヴュー劇場『ムーランルージュ新宿座』。戦後の日本は生きることで必死だった。満足に食べるものも、着るものもない。そんな時代でも、舞台の上には、笑顔で明るい役者たちが立ち、客席には多くの人が集まってくる。『どんなに辛いことがあっても舞台に出ればニッコリ笑って歌うの。』戦争を生き延びた人々が劇場に集まる理由は...何のために舞台に立つのか...。小さな芝居小屋を取り巻く人々を描いた群像劇。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科:TEL/FAX:042-739-8092(演劇研究室)、またはこちらのメールまで。


玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科 2017年春学期公演特設サイト


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年5月 9日

2017年D.K HOLLYWOOD 5月公演『WHITE BLACK』

《日時》5月24日(水)~28日(日)
24日(水)19:00
25日(木)19:00
26日(金)14:00、19:00
27日(土)13:00、18:00
28日(日)13:00
《劇場》シアターサンモール(東京・新宿) 〒160-0022新宿区新宿1-19-10-B1F 03-3352-5577
《料金》前売4,500円(全席指定)
☆公演チケットお申し込み方法☆
1、インターネット予約
2、D.K HOLLYWOODダイレクト ☆【 03-5371-9005 】 (平日10:00~17:00受付)


 東京にて、2017年D.K HOLLYWOOD 5月公演『WHITE BLACK』が上演されます。
 「今回のタイトルは・・・まさに白か黒かの裏表!『男と女』『丁か半か』『与党野党』に『正義か悪か』どっちがよかった『ヒラリー、トランプ』・・・簡単に白黒がつく勝負の世界もあれば、白黒以外のグレーゾーン、なんてどこが終着地点かわからなくなる世界もある。何が本当で何が嘘かさえもわからないこのご時世に、毒にも薬にもならないコメディーで少しでも世の中明るくしちゃいましょう!とは言っても、最近は笑うことが万病の特効薬とも言われてますので、コメディーは万能薬かもしれませんね!コメディー一筋の軸だけはしっかりぶれずに、今回も大いに楽しめる作品を創り上げます!『白黒はっきりつけようじゃねーか!』」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、D.K HOLLYWOOD 03-5371-9005 まで。


(川田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年5月 8日

ZIPANGU Stage vol.43『から・さわぎ ~much ado about loving you』

CAST 滝沢久美 佐土原正紀 世古新 米田京平(以上ZIPANGU Stage)

宮坂公子(夢工房) 三上剛 コヤタカフミ(でこぼこギア) 清水ノブユキ 小野寺佳七子(ファルスシアター) 中村香月

長野耕士
STAFF
作・演出 今石千秋
照明 猿谷香織/(有)SPC
音響 田島誠治/SoundGimmick
舞台美術 鎌田朋子
舞台監督 稲毛健一郎
宣伝美術 久原大河/松下由紀
当日運営 三村里奈(MR.Co)
制作 ZIPANGU Stage 制作部


2017年5月24(水)~28日(日)
@大塚・萬劇場(提携公演)
24(水)19:30
25(木)19:30
26(金)14:00/19:30
27(土)14:00/19:00
28(日)14:00
(上演時間は1時間40分程度を予定)
TICKET(全席自由・日時指定券) 前売 3500円 学割 2500円(要予約・要当日学生証) 当日 4000円 ※小学生以下のご入場はご遠慮ください。

 東京の劇団ZIPANGU Stageが、公演vol.43『から・さわぎ ~much ado about loving you』を上演いたします。
 「ささいなことで女社長の逆鱗に触れ クビを宣告されてしまった主人公 なんとか撤回してもらおうと 忍び込んだ重役会議の会場には 魑魅魍魎のような役員たちが闊歩していた クビを撤回してもらうには 生涯を独身で通した女社長に 恋をさせるしかない!? ZIPANGU Stage版・恋のから騒ぎ サラリーマン奮闘コメディ 主人公の運命や、いかに
 今回のお話のタイトル、実はシェイクスピアによく似た(というか,ほぼ同名の)戯曲がありますが、例によって内容は全く関係なく、それを一部モチーフにしたZIPANGU Stage版『から騒ぎ』という企画となります。舞台となるのは、お菓子メーカー。社運を賭けた新しいチョコレートの発売のために、役員会議でのプレゼンに臨む商品企画室のメンバーたちが、なぜだか突拍子もない恋の空騒ぎを巻き起こすことになります。ワンマンで怖い女社長や、一癖も二癖もある重役たちを相手に、悪戦苦闘、七転八倒の社員たち。はかりごとに端を発した、恋騒動の行方や、いかに。
 原典の『から騒ぎ』もそうですが、そこにはジェンダー論や結婚論などなど当時の彼の国でも人々が興味津々だったことが、実は深いテーマとして喜劇に盛り込まれています。人生の甘いも辛いも知り尽くした中高年の『から騒ぎ』には、様々な人間模様が浮き彫りになるハズ。新しいチョコレートをつくるための、おそらくはただ甘いだけではない珍騒動に、どうぞご期待ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


『から・さわぎ』サイト
ZIPANGU Stageホームページ
制作部twitter:@zipangustages Facebookページ:ZIPANGU Stage


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年5月 7日

重力/Note 時代の集め方プロジェクト『へいせい%あじーる』

作・演出:プロジェクト・ディレクター:鹿島 将介
キャスト:リサーチ&パフォーマンス:稲垣干城 瀧腰教寛 平井光子
スタッフ:宣伝美術:青木祐輔


日時:5月18日(木) 19:30  19日(金) 19:30  20日(土) 18:00  21日(日) 14:00 25日(木) 19:30  26日(金) 19:30  27日(土) 18:00  28日(日) 14:00
場所:重力/Note 事務所 【住所:〒103-0004 東京都中央区東日本橋 2-17-2 鹿島ビル 1F】 アクセス:JR浅草橋駅より徒歩7分  都営新宿線 馬喰横山駅・浅草線 東日本橋駅より徒歩3分
料金:一般 2,000円 ペアチケット3,000円 リサーチ割 1,500円  ★★リサーチ割とは?:『私にとっての〈ヘイセイ〉』と思うものをお持ちいただくと500円引きになります。文章以外でも構いません。次回以降の発表になんらかの形で反映させていただきます。
【チケットについて】
【料金】一般 2,000円 ペアチケット3,000円 リサーチ割 1,500円
★★リサーチ割とは?:『私にとっての〈ヘイセイ〉』と思うものをお持ちいただくと500円引きになります。文章以外でも構いません。次回以降の発表になんらかの形で反映させていただきます。
*日時指定・全席自由席
*各回 定員10名
*受付開始・開場は、15分前を予定しております。
*小さなスペースでの上演のため、必ず事前にご予約をお願いいたします。
【チケット取り扱い】WEB予約フォーム、もしくはお電話にて承ります。
予約フォームはこちら Tel 080-3750-1069(受付時間10時~20時)


 東京の劇団重力/Noteが、時代の集め方プロジェクト『へいせい%あじーる』を上演いたします。
 「重力/Noteは初の試みとして〈時代の集め方プロジェクト『へいせい%あじーる』〉をスタートします!これは、劇場での作品上演を前提としない演劇の在り方を模索していくプロジェクトです。《小さな演劇性の発見》《新たな価値が生じているテクストの蒐集》《様々なレイヤーでの関わり方を許容する参加可能性の追求》といった作業課題をもとに、集まった演劇性・テクスト・人から導き出された表現のカタチを立ち上げていきます。今回はそのスタートとして、『私にとっての〈ヘイセイ〉』をテーマに、リサーチの報告とそれをもとにしたパフォーマンスをお届けします。フライヤーをデザインした青木祐輔さんは東京育ち、プロジェクト・ディレクターの鹿島は郊外育ち、リサーチ&パフォーマンスを担当するメンバーは皆地方出身者という今回の布陣。ここからどんな〈ヘイセイ〉が描きだされるのか?また観客の皆さんにもリサーチやテクストの蒐集にご協力いただきます。次回は今年の秋を予定。長く続いたこの時代の終わりに向かって、小さな記憶を拾い続けていきます。ぜひお立会いください。
【コンセプト・ノート】『ヘイセイさん、お疲れですね』トウキョウ郊外の美容室、鋏をシャキシャキ小刻みに、ふと呟かれたこの言葉。ゲンゴウとして、遠くでずっと続いていくと思っていたコトが、急にイキモノになりました。ニッポンで、最も細かく記録されテクスト化されてきたヒトが、どうやら疲れているそうな。死ぬまで降りられないヤクワリがこのクニにはあって、ヘイセイさん死ぬまえに降りられるか言ってみたら、クニのシュショウが苦い顔。タイミングワルイヨ、ソンタクシテヨ......公式の記録では、顔はカツアイ。鋏の音も、呟きも、本音もカツアイ。立派なテクスト、残りますね。ところで、ほんとうに終わるんでしょうか?2020?オリンピック?それとも地震?まさかーー私たちが生きた〈ヘイセイ〉の、残しておきたいものを集めたい。今回ひとまず集めたものを、俳優たちが彼らなりの手触りでお伝えします、ここがスタート。それが方舟になるのか、タイムカプセルになるのかは知らない。重力/Noteによる、時代の集め方プロジェクト『へいせい%あじーる』。あなたの〈ヘイセイ〉を、お待ちしております。 プロジェクト・ディレクター 鹿島 将介」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、重力/Note:〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-17-2 鹿島ビル1F Tel 080-3750-1069(受付時間10時~20時)、またはこちらのメールまで。


重力/Noteホームページ
twitter  @Note1069 facebook

(comituさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年5月 5日

ミュージカルカンパニーOZmate「新選組~HERO's~」

作・演出:辻井奈緒子
〔CAST〕近藤勇... 陽田山 ろこ 土方歳三... 松本 飛路 山南敬助... 樋口 葉子 
沖田総司... はるか / 葵 ひなた (Wキャスト) 藤堂平助... 歌帆 
原田左之助... 栄 ちひろ 永倉新八... 喜坂 舞衣 井上源三郎... 木内 叶恵 
八木為三郎... 彩夏 / 東昌 美秀 (Wキャスト) 河合耆三郎... 弥咲 / 高見 歩果 (Wキャスト)
アンサンブル... 鈴木 美深 保井 美南
〔STAFF〕」
作・演出:辻井 奈緒子 照明:竹内 哲郎(株式会社ハートス) 音響:長澤 康夫 
舞台美術:藤井 人史、藤井 由美子 舞台監督:中島 匡志 広報美術:木内 めぐみ


2017.7.22(sat) -23 (sun)
大阪梅田 HEP HALL
前売 3,200円 / 当日 3,500円(全席自由)
【U-22割】前売 2,000円 / 当日 2,300円(当日、学生証か身分証をお持ちください)
【BUY 3 GET 1 FREE !!】劇団公式サイトより4枚まとめてお申込み頂くと1枚無料に!(各回先着10組様限定)
《チケットお取り扱い》
■スタジオOZ 0797-85-1106 メールはこちら
ご希望の時間、人数、お名前、電話番号、メールアドレスをご用意の上、お電話かメールでご予約ください。(劇団公式サイトからもお申し込み頂けます)
■HEP HALL電話予約 06-6366-3636 (11:00~18:00)
◆ ミュージカルカンパニーOZmate(オズメイト)
1994年に母体スタジオOZの有志で結成した女性のみのミュージカル劇団。本場ブロードウェイの技術を追求し、日本を代表するミュージカル劇団になることを目標としている。2016年夏、800以上ある応募団体の中から審査を通過し、ニューヨーク国際演劇祭『The New York International Fringe Festival』に参加。オリジナルミュージカル『The Legend of ONI(大江山鬼伝説)』で初となる海外公演を興行。作品の持つ強いメッセージ性や演劇性、芸術表現が認められ、現地のシアターレビューメディア『DC Metro Theater arts』の2016年ベストミュージカルのひとつに選定される。道徳やヒューマニズム、幕末史から戦中戦後、日本人としての在り方など、作品の題材は多岐にわたるが、一貫しているのは〈表面的〉ではない、〈心〉で演じるミュージカルであるということ。より身近で、日常社会に寄り添う『日本版オフブロードウェイミュージカル』を、四半世紀にわたり発信し続けている。

 大阪にて、ミュージカルカンパニーOZmate「新選組~HERO's~」が上演されます。
 「Musical Company OZmate 『新選組HERO's』あの新選組が ――― ... 再び舞台に蘇る。『私はね、人との出会いを大切にしたいと思っているのだよ。生まれも育ちも違う我々がここで出逢った。みんなそれぞれにいいものを持っている。だから成し遂げることができると、そう思えるのだ。人は一人で成し遂げられないことも、力を合わせれば成し遂げることができる。そう思うのだ。』
 黒船来航。町が大騒ぎの中、近藤勇や土方歳三、沖田総司、井上源三郎らは、検問をかいくぐり海辺へ。そこで出会った原田左之助、永倉新八と共に、黒船から日本を守るため、同志としての契りを結ぶ。その後、近藤の道場〈試衛館〉に山南敬助や藤堂平助も加わり、のちの新選組のメンバーが顔を揃える。浪士組として京に上った試衛館メンバーは、池田屋での活躍を認められ『新選組』となるが、隊をぬければ切腹という厳しい局中法度を設けたことで、メンバーに少しずつ亀裂が入っていく...。〈結成から、近藤勇の投降まで〉新選組中心メンバーの絆と別れ...そして誠を貫こうとする熱い想いを描く、青春オリジナルミュージカル。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


《劇団公式サイト》『OZmate』で検索!

(村田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年5月 2日

穂の国とよはし芸術劇場PLATプロデュース『ナイン・テイルズ ~九尾狐(クミホ)の物語~』

作・演出:【原作】金 是佑 【音楽監督・作曲】宮川彬良 【演出・構成】田尾下 哲 【振付】平山素子
キャスト:昆夏美、小野田龍之介、J Kim ほか


日時:2018年1月20日(土)13:00/18:00、21日(日)13:00
場所:穂の国とよはし芸術劇場PLAT・主ホール
料金:全席指定・税込:S席7,000円/A席6,000円 ほか

 愛知にて、穂の国とよはし芸術劇場PLATプロデュース『ナイン・テイルズ ~九尾狐(クミホ)の物語~』が上演されます。
 「とある山中では、永遠のいのちと9つの尾を持つ千年狐たちが、旅人を襲うといううわさがあった。しかし、まだ8つの尾しか持っていない女狐の梅花[メイファ]は、千年生きることを神の呪いでしかないという思いを抱き、儚くも美しい愛を生きる人間に憧れていた。千年生きることこそ神の祝福であり、愛は人間を支配するため神が作った戯れとする姉の紅梅[ホンメ]は梅花をことあるごとに諫めていた。
 ある日、猟師との戦いでケガを負った梅花は木こりの河柳[ハユ]に助けられる。梅花は人間の姿に変身し、河柳の家を訪ねると二人はやがて恋に落ち、祝言をあげて松花[ソンファ]という一人娘も生まれ幸せに暮らしていた。ある満月の晩、河柳は、王の病気の治療のため不老長寿の特効薬となる千年狐の肝を探すという命を受けた武士たちの道案内を依頼される。そこで起きた武士と狐の争いに巻き込まれ、河柳は自分と紅梅を心配して山に様子を見にきた梅花に誤って矢を放ってしまう。梅花が真実を告げて息絶えると、怒りの紅梅は自らの体を引き裂き、肝を河柳に無理やり食べさせ死んでいく。一方の河柳は千年生きる呪いをかけられた狐にされ、妻を殺めた後悔を背負っていきていくことに。その千年後?今度は、人間に生まれ変わった紅梅、梅花と出会う。しかし再び起こった狐と人間との争いの中、梅花を守ろうとする狐の河柳だったが、その梅花に斬りつけられ致命傷を負ってしまう。死にゆく河柳は千年前の愛を告白して絶命する。前世で愛し合った記憶を思い出した梅花は永遠の愛を誓い泣きじゃくるのだった―。
 九尾狐[クミホ]とは、九つの尾を持った千年を生きる狐で、中国・朝鮮・日本で昔から伝えられている伝説です。本作は各国の伝説と民話をもとに新たに構成した新作ミュージカルです。脚本:金是佑[キム シーウ]、作曲:宮川彬良により、2001年に韓国にて上演されるはずでしたが、諸般の事情により上演されないまま眠りについていました。そしてこの度満を持して、<プラット開館5年記念事業>として、17年の時を経て初舞台化いたします。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ

(いまいさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団芝居屋第33回公演のお知らせ『ポルカ』

作・演出 増田再起
キャスト・・・永井利枝 増田恵美 足達祐紀 細川量代 田中宏明 わたなべゆみ 
増田再起 麻生潤也 一樹
スタッフ・・・作演出・増田再起 
舞台監督・シロサキユウジ 美術・八木橋貴之 照明・清水朋久 音楽音響・渡辺禎史

場所 中野 ポケットスクエア テアトルBONBON
(JR中央線・地下鉄東西線 中野駅南口下車徒歩5分)
〒164-0011 中野区中野3-22-8  ザ・ポケット劇場事務所 03-3381-8422
時 2017年5月24日(水)~5月28日(日)
開演時間 5月24日(水)19:00 5月25日(木)19:00 5月26日(金)14:00 19:00 5月27日(土)14:00 5月28日(日)14:00 
全6回公演(受付1時間前・開場30分前)
劇団芝居屋HP TEL・FAX 03-6417-1431 Mail こちらのメール
料金 前売 3800円 当日4000円 学割3000円


 東京の劇団芝居屋が、第33回公演『ポルカ』を上演いたします。
 「ここは東京近郊の住宅地。住宅街南町の一角にある『ポルカ』という二代に亘って愛されて来た老舗喫茶店である。『ポルカ』は現在の店主野間口雅弘がコーヒーをこよなく愛した亡父の敏夫から引き継いだ店ではあるが、相続税の関係から昼間だけの純喫茶では立ち行かなくなり、今はスナック喫茶として常連客を相手に昼夜営業で店を細々と切り盛りしていた。【劇場内の暗闇にあなたの心で穴を穿ち、この人生を覗いて下さい】 劇団芝居屋」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

「劇団芝居屋第33回公演『ポルカ』チケプレゼント 
この度中野 ポケットスクエア テアトルBONBON(JR中央線・地下鉄東西線 中野駅南口下車徒歩5分)〒164-0011 中野区中野3-22-8 で執り行う劇団芝居屋第33回公演『ポルか』のチケットプレゼントのお知らせです。チケットプレゼントは5月24日(水)~5月26日(金)までの4回の公演を対象とさせていたいます。5月24日(水)19:00 5月25日(木)19:00 5月26日(金)14:00 19:00 応募人数は一公演2名様、計8名様とさせていただきます。お申し込みは氏名・年齢・住所・電話番号・メールアドレス・希望日時を明記の上、件名を『演劇交差点チケットプレゼント』として劇団芝居屋HP芝居屋メールアドレスまで送信してください。応募〆切は5月14日(日)必着です。こちらで確認後、予約完了メールを返信させて頂きます。当日、劇場受付にてお客様の名前をお名乗り下さい。応募者多数の場合は抽選させていただきます。」

劇団芝居屋HP

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月29日

せんがわ劇場おすすめ!グランプリ受賞2作品同時上演 せんがわシアター・セレクト『踏みはずし(Retake)』『パニック』劇団820製作所・THEATRE MOMENTS


作・演出:『踏みはずし(Retake)』作・演出:波田野淳紘『パニック』構成・演出:佐川大輔 原作:安部公房
キャスト:『踏みはずし(Retake)』洞口加奈 亀尾建史 佐々木覚 真宮立佳(CASSETTE) 映像出演/荒井るり子『パニック』廣瀬正仁(トランジスタone) 松浪淳平 青木まさと 中原くれあ 豊田可奈子
スタッフ:『踏みはずし(Retake)』音響/齋藤瑠美子 照明/みなみあかり(ACoRD) 協力/加藤好昭、育伸向学舎『パニック』音響/越川徹郎 照明/宇野敦子 衣装/有島由生 舞台写真/prayer
◎共通スタッフ◎宣伝美術/下元貴心 舞台監督/三石美咲(THEATRE MOMENTS)制作:安延 洋美(せんがわ劇場)/印田彩希子(劇団820製作所)/矢ヶ部妙子(THEATRE MOMENTS)企画監修:徳永京子 制作統括:末永明彦
◎協力◎加藤好昭/育伸向学舎/J.CLIP/トランジスタone/せんがわ劇場市民サポーター/せんがわ劇場次世代芸術家


日時:6月25日16:00~(プレビュー公演) 6月29日19:30~(開演前WSあり。別途申し込みが必要) 6月30日19:30~(開演前WSあり。別途申し込みが必要) 7月1日15:00~ 19:30~ 7月2日15:00~
場所:調布市せんがわ劇場 〒182-0002 東京都調布市仙川町1-21-5 TEL:03-3300-0611 FAX:03-3300-0614 受付時間:午前9時~午後7時 休館日:毎月第3月曜日(祝日の場合はその直後の平日)
アクセス 京王線 仙川駅より徒歩4分 (京王線または京王新線新宿駅より区間急行、快速、各駅停車が停車) ■車でご来場...近隣の有料駐車場をご利用ください。障がい者用駐車場(1台分)はございます。 ■自転車・バイクでご来場...劇場裏側搬入口に専用駐輪スペースがございます。 ※車椅子等をご利用の方はスムーズなご案内のため、事前にご連絡ください。
料金:一般前売り3000円 一般当日3500円 色々割前売り2700円 色々割当日3200円 U23割1500円 U18割1000円 プレビュー割2500円 プレビューU23 ・18割500円 リピーター割1500円 リピーターU23・18割500円 
Yahooパスマーケット割前売2,700円 Yahooパスマーケット割当日3,200円 ※電子チケットのため、発券手数料はかかりません。

■劇団820製作所『踏みはずし(Retake)』
◎『教室にいて、彼方を思うこと。風と光、窓、そこに広がる森の、その奥に迷いこむこと。そうして、かならず帰ってくること。あるいは、森の奥でつづくたたかいについて。』
◎劇団紹介 820製作所(はにわせいさくしょ)は2004年に旗揚げをし、東京圏を活動の拠点として演劇の公演を重ねてきました。『本当はそこにあるおとぎ話』をキャッチフレーズとして、生活と人、人と世界のあいだに横たわる詩を、わたしたちの背後に広がるものがたりを、作品化することを試みています。2017年、FFAC企画『一つの戯曲からの創作をとおして語ろう vol.6』最優秀作品賞、観客賞受賞。

■THEATRE MOMENTS『パニック』
◎『『思い出すたびに悔やまれてならない。』あの日、失業中だった私は、謎の会社『パニックエコノミクス』の入社試験を受けることに。そこから私の人生は大きく変わってしまったのだ・・・。この話は、失業者諸君、並びに、現在に絶望している人々に送る忠告である。』
◎劇団紹介 THEATRE MOMENTS 佐川大輔、中原くれあを中心に1999年設立。『日本発のワールドスタンダード演劇を作る』事が目標。シェイクスピア、カフカなどの舞台化は、古典を現代に甦らせる演出として、高く評価されている。『想像から創造へ』を合言葉に集団創作を行い、俳優の身体性や、アンサンブル力、小道具の見立てを駆使し、劇空間を変幻させる世界観は、演劇ならではの独自性を持つ。近年は、マカオやオーストラリアに招聘されるなど、海外へも活動の幅を広げている。

 東京にて、劇団820製作所・THEATRE MOMENTS せんがわシアター・セレクト『踏みはずし(Retake)』『パニック』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団820製作所THEATRE MOMENTSホームページ

(三石さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

演劇企画くすのき 大多和勇ひとり語り『吾輩は猫である』全三部作連続上演

作・演出:原作:夏目漱石 構成・演出:大多和勇
キャスト:大多和勇
スタッフ:衣裳:阿部朱美 幕:竹澤輝美 宣伝美術:杜野木菟・POTI


日時:2017年5月6日(土)午後1時30分開演
場所:会場:くにたち市民芸術小ホール地下スタジオ JR中央線国立駅南口バス乗り場:4番より
料金:通し=前売り:3000円 当日:3500円 一部のみ=前売り:1500円 当日:1700円

 東京にて、演劇企画くすのき 大多和勇ひとり語り『吾輩は猫である』が上演されます。
 「【第一部】吾輩は猫である。名前はまだ無い。たぶんこれからも無いであろう。吾輩は乱暴者の黒と付合い、三毛に恋をし、餅に挑戦し、突然病を得て急死した三毛の首謀者の疑いまで掛けられる。【第二部】吾輩はもはや、猫でなく人間世界の一人(いちにん)では・・・。主人一家と太平の逸民共の滓(かす)にもならぬ清談に付き合わされ、さらに向う横丁の成金、金田鼻子まで登場し、人間世界のゴタゴタに巻き込まれていく。【第三部】泥棒陰士と遭遇、ネズミとの格闘劇。そして乾坤一擲(けんこんいってき)ビールを飲んでの吾輩の死。
 第一部=1時間20分(休憩20分)第二部=1時間10分(休憩20分)第三部=1時間25分。休憩を入れて4時間35分のひとり語り。夏目漱石の『猫』を充分に堪能していただけると思います。第二部は午後3時10分開演、第三部は午後4時40分開演予定です。お忙しい方は一部ごとの観劇も可能です。夏目漱石生誕150年のこの機会に是非!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


演劇企画くすのきホームページ

(高塩さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月27日

身体の景色 Vol.10『焼け跡のエレクトラ』

【出演】大久保美智子(山の手事情社) タカハシ佳 佐藤祐香 古木杏子(劇団キンダースペース) 牧野隆二(SPAC) 橋口久男 森下高志(劇団キンダースペース) オカノイタル
【演奏/唱】馬渕格 堀暁子 高橋明日香
【スタッフ】
作・演出:身体の景色 
ドラマターグ:田中圭介 
音楽:松田幹&MO 
照明:南香織(LICHT-ER)
演出補:堀暁子 
衣裳:杏子 
宣伝美術:暢月


【日程】2017.5.26~28
26(金)19:30
27(土)14:30 & 19:30
28(日)14:30
【会場】ザムザ阿佐谷 東京都杉並区阿佐谷北2-12-21 ラピュタビル B1F tel:03-5327-7640
【料金】予約 3,500円 当日 4,000円 賛助券 4,500円 ※賛助券を設けました。今後の活動に大切に使用させて頂きます。
【予約】メール予約:[1]お名前 [2]枚数 [3]日時をこちらのメールまで

 東京の劇団身体の景色が、公演Vol.10『焼け跡のエレクトラ』を上演いたします。
 「昭和二十七年 初秋。東京郊外で一軒の家屋が全焼した。焼け跡から、絞殺された母親の遺体と、その娘とみられる少女の遺体が発見された。母の虐待に耐えかねた娘が火を放ったこの事件の向こうにはもう一つ根深い歪みが横たわる。娘は、帰還した弟オレステスが母を殺害し自分を救ってくれると信じていた。居るはずのない弟の帰りを待ちわびながら、少女の幻は、やがて少女自身をも食い破り現実を越えてゆく。炎に包まれた四畳半で、焼け焦げた母の死体を静かに見詰める少女の魂。その記憶と妄想を紡ぐ。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


身体の景色ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月24日

立体映画館『殺人狂時代』

作・演出:池崎浩士
出演 山崎丸光/山田佳奈(立体映画館)/加順遥/荒西千穂/ひきのさつき/前園あかり/菊川朝子/泰然
音楽 松野寛広/ヨシモトヒトミ/竹川悟史


日時:5月23日と27日
場所:下北沢楽園
料金:前売り:2800円 当日:3300円
5/23 開演19時半
5/27 開演14時
前売り2800円/当日3300円
予約フォーム

 東京の劇団立体映画館が、公演『殺人狂時代』を上演いたします。
 「『1人殺せば犯罪で、百万人殺せば英雄になる』お金持ちの未亡人に近づき、殺害して遺産をビジネスとして手に入れる事を繰り返す男。実際にフランスで起こった事件をモチーフにチャップリンが1947年に発表した映画。生演奏と演劇を組み合わせてチャップリンの『殺人狂時代』を、立体的になんでもありのライブ上演いたします。ぜひに。ぜひに。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


立体映画館ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月22日

かーんず企画「Rは決して爪を噛まない」(かーんず企画第八回公演)

作・演出:金井寛
キャスト:飯塚弘貴 大野ひろみ 他


日時:5月3日~5月7日
5月3日 14時
5月4日 14時 18時30分
5月5日 14時 18時30分
5月6日 14時 18時30分
5月7日 14時
場所:千本桜ホール(東横線 学芸大学前駅 徒歩1分))
料金:前売り:3000円 当日:3000円

 東京の劇団かーんず企画が、第八回公演「Rは決して爪を噛まない」を上演いたします。
 「そう遠くない未来。発達した人工知能を搭載した人間型ロボット・通称Rは、人間に限りなく近づくことを懇願するようになっていた。人のように考え、人のように振る舞い、人のように空気を読める存在を目指し、専門の教育機関で日夜、努力を続けるRたち。やがてそこを卒業したRたちは、『人間のように振る舞う』『空気の読める』ロボットとして、社会に出てサラリーマンとして働いたり、配偶者ロボットとして独身者に引き取られたり、執事として家庭に買われていったりする。それは人間たちにとって、完全なる伴侶(パーフェクト・パートナー)となるはずだった。彼らのいる生活は、理想の生活を意味するはずだった。だが、そうはならなかった。Rが人間に限りなく近づくことによって、微妙に壊れ、変形していく世界。まるで人間と見分けがつかないRの存在に気づいたとき、人間はどうするのか......そして愛すべきRたちは、どこへ行こうとしているのか?
 かーんず企画の第八回公演は、来るべきロボット時代を描いた意欲作です。ロボットが人間にどこまでも近づいたとき、そこになにが起こるのか? というテーマを掘り下げてみたいと思っております。ぜひ、お越し下さい。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで!


☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「はじめてかーんず企画を見る方、限定で、チケットプレゼントをいたします。抽選により、各公演、若干名、出したいと思いますので、希望の日時をお書きの上、こちらのメールまでメールをください。」


同公演の情報ページ

(金井さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月20日

新劇交流プロジェクト(劇団東演)「その人を知らず」

作・演出:作・三好十郎 演出・鵜山仁
キャスト:大滝寛(文学座)、今村俊一(文学座)、若松泰弘(文学座)、伊藤安那(文学座)、春稀貴裕(文化座)、藤原章寛(文化座)、高橋美央(文化座)、藤巻るも(民藝)、森田咲子(民藝)、名取幸政(青年座)、山本龍二(青年座)、大家仁志(青年座)、前田聖太(青年座)、津田真澄(青年座)、豊泉由樹緒(東演)、能登剛(東演)、星野真広(東演)、原野寛之(東演)、清川翔三(東演)、木野雄大(東演)、腰越夏水(東演)、小池友理香(東演)、中花子(東演)
スタッフ:【美術】乗峯雅寛、【照明】古宮俊昭、【音響】秦大介、【衣裳】有島由生、【宣伝美術】コガワ・ミチヒロ、【舞台監督】相川聡


日時:2017年6月29日(木)~7月10日(月)
場所:東池袋あうるすぽっと
料金:一般 5,000円 U25(25歳以下) 3,000円

 東京にて、新劇交流プロジェクト(劇団東演)「その人を知らず」が上演されます。
 「『なんじ殺すなかれ、・・・おのれの如く隣人を愛せよ』純朴にイエスの教えを守り、召集を拒み続けた片倉友吉。彼は、名もない一介の計器工場で働く時計工である。しかし彼の思いは戦時下においては非国民となり。憲兵にとらえられ過酷な拷問と、同僚からの迫害に耐え続けなければならなかった。友吉の徴兵忌避は家族、周囲の人達をも窮地に追い込んでいく。それでも彼は『戦争はいけないことです』と子供のようにつぶやき続けるのだった。・・・そして敗戦・・・。世の中は大きく変わり、『戦争反対・平和と民主主義』の声は広がっていく。一方、徴兵拒否の英雄として祭り上げられる友吉には、その勇気を褒め称えられる言葉は虚しく聞こえるだけであった。『戦争というものは、正しくないだけでなく、損です。勝ち負けに関係なく、世界中の人間にとって損です・・・』と純真に、素朴にただただ語り続ける友吉・・・。
 戦争と愛と人間を描く、三好十郎の戯曲に5劇団の精鋭達が挑みます!現代を生きる私たちの心に鋭く問いかける戯曲、豪華なキャスト陣、最高のスタッフ、この初のプロジェクト、かつてない試み、見逃す手はありません!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団東演ホームページ

(古田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

さくらさくらカンパニー 東京・大阪2都市公演『新選紀IVA!』

― 時空を越えて" IVA発進!! 新選紀はじまる!

脚本・演出  中野 圭子


【東京公演】2017年5月13日(土) ひの煉瓦ホール(東京都日野市)
【大阪公演】2017年5月26日(金)~5月28日(日) TORII HALL(大阪市中央区)


東京公演 2017年5月13日(土) 14:30 / 19:00
■昼の部  13:00~ 会津藩余聞はなさかづき(L.PRODUCTS)
★ 14:30~ 新選紀IVA! (さくらさくらカンパニー)
■夜の部  17:30~ 会津藩余聞はなさかづき(L.PRODUCTS)
★ 19:00~ 新選紀IVA! (さくらさくらカンパニー)
【チケット料金】 2,000円(2作品共通観劇券)
【場所】 ひの煉瓦ホール(小ホール) 東京都日野市神明1-12-1 TEL:042-585-2011
Googleマップ Yahoo!マップ
ひの新選組まつりとタイアップした さくらさくらカンパニーとL.PRODUCTSによる友情公演 枠にとらわれないパフォーマンスユニットさくらさくらカンパニーと 時代劇中心の芝居を上演するプロデュース劇団L.PRODUCTS 関東・関西の2つの団体がこの日のために特別に用意した 2作品を一度に見れるのはここだけ!新選組ファンには必見です!

大阪公演 2017年5月26日(金) 19:30       5月27日(土) 14:00 / 18:00 5月28日(日) 14:00
【チケット料金】 前売:3000円 当日:3500円 リピーター割引:半券提示で 1500円! ひられん(枚方演劇連絡会)割引:2000円
【場所】TORII HALL 大阪市中央区千日前1-7-11上方ビル4F TEL:06-6211-2506
Googleマップ Yahoo!マップ
日野を見逃した方、関西方面の方にお送りする大阪公演は東京公演よりさらに進化した完全バージョンです。もちろん2都市制覇すれば興奮倍増間違いなし!


 東京・大阪にて、さくらさくらカンパニー 東京・大阪2都市公演『新選紀IVA!』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。詳細、チケット購入方法はさくらさくらカンパニー公式HPへ


(濱端さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月19日

土曜夜麻痺「枯らす」

[脚本・演出]古屋仁成
[キャスト]あぶ潤(ボーイズドレッシング) 遠藤麻由 菅野敦行 川村英次 嵯峨瞳(片目で立体視)
[スタッフ]
田口淳史(WRISTBAND.JAPAN)
佐藤浄(架空の劇団)
田村史法(現代時報)
齊藤亜紀(現代時報)
kenichi fukuhara(hachidori)
夏坂俊也(劇団しばいぬ)
田原かおり(劇団しばいぬ)
角舘信哉(劇団ちゃねる)
山口美玲

[日時] 2017年5月26日(金)19:00~ 27日(土)14:00~/19:00~
※開場は開演の30分前
[会場] せんだい演劇工房10-BOX box-1 宮城県仙台市若林区卸町2丁目12-9 地図
[アクセス] 地下鉄東西線→『卸町駅』北1出口より徒歩10分
バス→ 花京院・国立病院・卸町会館経由 小鶴新田駅行『卸町10-BOX前』より徒歩3分。卸町二丁目経由 志波町・霞の目営業所行『卸町二丁目』より徒歩7分。
車→ 国道4号線仙台バイパスから3分。泉インターから15分。仙台南インターから20分。
[料金] 前売2,000円/当日2,500円
※全席自由・日時指定
※今公演におきましては電話・メール等でのチケットのご予約は承っておりませんので、予めご了承ください。
[ご注意] ※観劇推奨年齢15歳以上 ※喫煙シーン有
[プレイガイド]
チケットぴあ (TEL.0570-02-9999 Pコード458791)
※せんだい演劇工房10-BOX (窓口にて販売 TEL.022-782-7510 9-21時)

[土曜夜麻痺]
2009年始動。独特のセンスで創り出される空間とアーティスティックな見せ方で、若者を中心に幅広い層の支持を得ている。2014年『夜』、2016年『君とダイナマイト』(ともに盛岡劇場メインホール)など。

 仙台にて、土曜夜麻痺が、公演「枯らす」を上演いたします。
 「三年前、振り込め詐欺グループの受け子をしていて捕まった吉田和男。出所後、彼は恋人の橘由香里の家に転がり込んだ。それから半年、彼は社会復帰することなく、ただただ自堕落な生活を送っていた。そんな彼の元にやって来たのは昔の詐欺グループの先輩、金海だった。金海は新たな仕事を吉田に持ちかけるが...。横浜を舞台にした、絶叫女シリーズ待望の続編。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、TEL.→090-1939-7013、またはこちらのメール

土曜夜麻痺ホームページ
Twitter→@do_you_yorumahi Facebook


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東北]

2017年4月18日

Model Production(東京学生英語劇連盟)「The Pride of Africa」

スタッフ
脚本・演出 :小口真澄
作詞・作曲 :Timothy Philip Wellard
舞台製作指導 :中原和樹
音響指導: :印南昭太郎
照明指導 :佐藤恵
衣装指導 :小泉美都
音楽指導 :久保奈津美
歌唱指導 :藤倉梓
振付 :大島由喜、松森謙治


日時: 5月6日(土)[1]14:00~/[2]18:00〜
5月7日(日)[3]12:30〜/[4]16:30〜
*受付開始:開演1時間前
*開場:開演30分前
*公演時間 約2時間5分(10分休憩含む)
会場: 世田谷区民会館
東急世田谷線 松陰神社前駅下車 徒歩7
料金: 一般¥999 小学生以下¥500(3歳以下 無料) (前売り・当日共 全席自由席)
ご予約


 東京にて、Model Production(東京学生英語劇連盟)【The Pride of Africa】が上演されます。
 「今年、51周年目の公演を迎えるModel Production。広大で美しい大地アフリカを舞台にしたこの公演では、アフリカの誇り、そして魂の響きを体感させてくれること間違いありません!半世紀も前から引き継がれてきた、私たちMPの鼓動を是非劇場で!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、MP広報:こちらのメールまで。

(島村さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月17日

はぶ談戯vol.19.5「あ・らかると」

作・演出 穂科 エミ 出演 長谷椿(はぶ談戯)、雅憐(はぶ談戯)、南貴子(はぶ談戯)、中村公平(劇団レトロノート)、増田赤カブト(ポップンマッシュルームチキン野郎)、宮川智司、川田早矢加、工藤理穂、加藤靖久(ANDENDLESS)、中川えりか(ANDENDLESS)、豊田豪(海賊のように飲む会)、塩口量平(プラチナムプロダクション)、丘咲アンナ、島田雅之(DART'S/かはづ書屋)、橋本恵一郎(欲棒仙人Ψ)、横尾下下(ポップンマッシュルームチキン野郎)、井上ほたてひも(ポップンマッシュルームチキン野郎)


〈劇場〉ホボホボ
〈公演日程〉
4月8日(土) 春のアラカルト(テーマカラー:桃色)
〈上演作品〉『夫婦台風』『すごろく列車』
5月13日(土) ゴールデンアラカルト(テーマカラー:黄色)
〈上演作品〉『ツナガルツタエル』『イイオトコとイイオンナ』
6月10日(土) 梅雨のアラカルト(テーマカラー:紫色)
〈上演作品〉『父と母と僕の間に』『殺し屋と葬儀屋と死神』
7月8日(土) 初夏のアラカルト(テーマカラー:緑色)
〈上演作品〉『かしましく』
8月19日(土) 真夏のアラカルト(テーマカラー:青色)
〈上演作品〉『明けない夜のヒメゴト』『友情の距離』
〈開演時間〉14:00〜、17:00〜、20:00〜
〈上演時間〉約1時間10~20分 (宴会トーク付)
〈備考〉予約・当日共に、3000円(ドリンク別) 自慢のおつまみ付き
*はぶ談戯ツイッターをリツイート(スクリーンショットをした画像を要提示)または、公演ごとの『テーマカラー』が入ったものを身につけた方は、200円引き。*

 東京にて、はぶ談戯vol.19.5「あ・らかると」が上演されます。
 「今年、20回公演を迎えるはぶ談戯。節目の年として、本公演の前に、4,5,6,7,8月に『テンゴ公演』を行うことにしました。『あ・らかると』 は、今まで劇団や外部で上演してきた短編の中から、選りすぐりの作品を集め、毎月2本ずつ上演していく企画です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月16日

学習院大学演劇部少年イサム堂 2017年度新歓公演『産声はラの音。』

脚本・演出 平野真澪
【キャスト】
風河...安孫子大輝● /小嶌涼輔○
エリカ...佐々絵理奈● /新谷真由子○
銀太...佐藤伽月●/森武優介○
アコ...鮎澤沙南
紅葉...加勢麻祐乃
千代...堺太智
堂本...鈴木涼太
銀太(幼少)...旭珠海
エリカ(幼少)...土井可南子


【公演日程】
4月19日(水) 19:00○
4月20日(木) 19:00●
4月21日(金) 19:00○
4月22日(土) 13:00●/19:00○
4月23日(日) 14:00●
※○、●はダブルキャスト
※開場は開演の30分前からです。
※開演前5分を過ぎますとキャンセル扱いとさせていただくことがございます。あらかじめご了承ください。
【料金】本公演は無料カンパ制となります
【会場】学習院大学構内 冨士見会館401演劇部アトリエ(JR山手線目白駅より徒歩5分)
【予約について】本公演は予約優先制となります。ご予約頂いた方より、優先してご案内いたします。当日、予約なしのお越しでもご観劇は可能ですが、混雑時はお席をご用意できない可能性がございますので、予めご了承ください。
チケット予約ページ


 東京の学習院大学演劇部少年イサム堂が、2017年度新歓公演『産声はラの音。』を上演いたします。
 「ある日世界から、『音楽』が消えた。音楽を探してさまよう主人公、風河は、謎の少年の助言に従って『音楽』を失った過程を思い出してゆく。一つ一つ、思い出してゆく、消えていった『音楽』たち。彼は『音楽』を取り戻せるのか、すべてを取り戻すのは幸せなことなのか。嘘か誠か、人の産まれて初めての声はみな『ラ』の音であるという。
 【演出コメント】どんなに探しても、見つからないものってありますよね。例にもれず、この物語の主人公風河も、そんな探し物の真っ最中です。見つけるために探し物をしている彼ですが、すべて見つかることって本当に幸せなことでしょうか。ふと、そんな思いに駆られて、脚本執筆中にラストを変更したりしなかったり。その気持ちを少しでも共有できたなら、このお芝居は成功と言っていいのではないでしょうか。初日を迎えるまで、一緒に頑張ってきてくれたキャスト・スタッフの皆さん、ご協力くださった皆さん、そして観に来てくださるお客様に愛をこめて!どうぞ最後まで、彼の長い探し物の行方を見守っていただければと思います。脚本・演出 3年 平野真澪」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせ・詳細は、こちらのメールまで。

ツイッター @dramaisamu ブログ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月14日

楽塾創立20周年記念公演『すももももももモモのうち』

【出演】いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
/ 流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希
【スタッフ】
脚本:佃典彦(劇団B級遊撃隊) 演出:流山児祥
音楽監督:関口有子 作曲:多良間通朗
振付:北村真実(mami dance space) 
美術・舞台監督:小林岳郎 衣裳:堀内真紀子
照明:野中千絵(RYU CONNECTION) 音響:島猛(ステージオフィス)
映像:浜嶋将裕 
演出助手:廣田裕美 振付助手:星美咲
舞台監督助手:柏倉太郎、山下直哉、森諒介、橋口佳奈
制作助手:竹本優希 美粧:佐原由美
協力:杉山智子、冨澤力 宣伝美術:山中桃子、江利山浩二(KINGS ROAD)
制作:楽塾、米山恭子

主催:一般社団法人流山児カンパニー

座・高円寺上演協力事業

【2017年5月3日(水・祝)~6日(土)  【劇場: 座・高円寺2 】
3日(水・祝) 18:00
4日(木・祝) 13:00 / 17:00★
5日(金・祝) 13:00 / 17:00★
6日(土) 13:00
※開場は開演の30分前、当日券の発売は開演の1時間前より。
★アフタートーク開催:4日17:00、5日17:00の終演後
【チケット(全席指定・税込) 前売券 3,500円 (当日券 3800円)
学生・U25割引(25歳以下) 3,000円 
高校生・日本語学校生割引1,500円 小中学生1,000円 
Ryu's会員割引2,800円


 東京の劇団楽塾が、創立20周年記念公演『すももももももモモのうち』を上演いたします。
 「時間ドロボー団に『時間』をぬすまれて、すさんでしまった町。そこに現れた一人の男。何故か『モモ』に復讐するためにこの町にきたというのだが『モモ』は行方不明...。そこに不思議なカメが現れて...明かされていく過去の時間。岸田戯曲賞他、数々の賞に輝く佃典彦が楽塾創立20周年のために書き下ろし、全国の老若男女に贈る珠玉のミュージカル! 『モモ』とは?『時間』とは?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 ご予約・お問い合わせは、流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ):162-0045 東京都新宿区馬場下町60-307、TEL:03-5272-1785(平日13:00~17:00)、またはこちらのメールまで。


(阪口さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月11日

劇団犯罪友の会『ラジオのように』(改訂版) 春のあじさい公演 室内劇

☆役者衆☆川本三吉,中田彩葉,上木椛,中西謙吾,和久本あさ美,下村銀拓


☆公演日☆2017年5月19日(金)夜 19時開演 20日(土)昼 14時開演 20日(土)夜 19時開演 21日(日)昼 14時開演 21日(日)夜 19時開演
開場は全て開演30分前
☆料金(チケットは全て当日受付支払いとなります。)☆ 〇前売 : 2,500円 〇当日 : 2,800円
★チケットご予約・キャンセル取扱い・お問い合せ★ 当日は予約した際のお名前を受付で言って頂くだけでOKです! TEL →090-9057-1938 メール→こちらのメール LINEメッセージ(犯友公式LINEアカウント ID『@sdi4180l』)
(ご予約・キャンセルの際は上記お問い合わせ先にご希望の公演日時、ご予約枚数、お名前、ご連絡先(電話番号)等をお知らせ下さい。)
☆会場☆『周防町ウイングフィールド』大阪市中央区東心斎橋2-1-27周防町ウイングス6階 ●地下鉄堺筋線 『長堀橋』駅 7番出口南へ3分●地下鉄御堂筋線『心斎橋』駅 6番出口東南へ10分

 大阪にて、劇団犯罪友の会『ラジオのように』が上演されます。
 「『ラジオのように』という題名はブリジット=フォンテーヌ という70年代のシャンソン歌手の歌の題名で、素敵な曲です。しかし、歌とこの芝居はあまり関係ありません。下町の70年代の物語です。5年前に初演した頃は、若手俳優とベテランチームとの公演でした。今回は再演というより、改訂版です。ベテランの川本三吉、中田彩葉に加え、今年3月に関西現代演劇俳優勝の奨励賞を受賞し、只今絶好調の上木椛が漫画家志望のかなりワルの下町娘を演じます。今年の犯友の役者は絶好調役者ばかりです!!乞うご期待を!!(合掌) 」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、090-9057-1938、またはこちらのメール

犯友公式LINEアカウントID『@sdi4180l』
FacebookTwitter公式ブログ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

鳥の劇場2017年度<創るプログラム>「イワンのばか」

原作:L.トルストイ
台本:永山智行 演出:中島諒人

2017年5月19日(金)~22日(月)・25日(木)~28日(日)
5月19日(金)・25日(木)19:30開演
20日(土)・21日(日)・22日(月)・26日(金)・27日(土)・28日(日)14:00開演
会場 鳥の劇場(鳥取県鳥取市鹿野町 電話0857-84-3268)
チケット 大人:2,000円/18歳以下:500円/中学生以下無料

 鳥取にて、鳥の劇場2017年度<創るプログラム>「イワンのばか」が上演されます。
 「頭のいいやつは何を使って働くか知ってるか? 馬鹿だからね、おれたちは。そんなことわかりゃしないよ。
 『イワンのばか』は、1885年にロシアの文豪トルストイによって書かれた素朴で漫画みたいな物語。働き者で無欲な農民イワンに悪魔が目をつけ、彼を破滅させようと考えるのですが...。『ばか』は私たちの日常の中では否定的な価値の言葉ですが、この物語の中では、ちょっと違った意味になっています。誰でも楽しめると同時に、現代を見つめるためにとても意味深い視点を提供してくれる作品です。
 2017年度の活動方針は『豊かさってのは金のことか?それだけじゃない?じゃあ、もう一度考えよう。豊かさってなんだ?』とします。ロシアで起きた革命から100年となる2017年。革命によって現実に生まれた社会体制は極めて問題の多いものでしたが、大衆化と産業化の進行、貧富の差の拡大、社会の非人間化という課題に対し、より多くの人の幸福と平等を求める偉大な実験という側面もありました。現在、格差が進行し、社会的な分断による問題が様々に噴出しています。前の世紀の巨大なうねりの一つを作ったあの時代を考え、戦争という悲劇を繰り返すことなく、どうやって支え合って生きる新しい社会を作っていけるか。そんなことを考える2017年の第一弾公演です。トルストイが、『イワンのばか』を書いたのは1885年。日本は明治18年、植民地主義がアジアに及び、日本は近代化を急ぎ、他のアジア諸国に影響力を行使しようとしていた時代。ちなみに鳥取が誇る俳人・尾崎放哉が生まれた年でもあります。ロシアでは、資本主義という経済システムが本格的に動き始め、手を使わないで頭を使って稼ぐことが、暴利とも言える富と不公平を生んでいました。現在の我々には当然に思えてしまう非人間性や狡猾さの圧倒的優勢。それへの新鮮な驚きと怒り、大衆の目覚めへの期待が、文豪にこの物語を、この平明な文体で書かせたのだと思います。台本は、宮崎を拠点に活躍する劇作家永山智行さんに依頼しました。原作の魅力を引き出しつつ、作家のテイストを加えたとても力のあるテクストが生まれました。誰でも楽しめるほがらかさの中に、現代の我々があきらめと共に受け入れてしまっている暴力や不条理を浮かび上がらせる上演にしたいと思います。鳥の劇場芸術監督 中島諒人」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


鳥の劇場ホームページ


Category: [公演案内] [中国]

「Hanauma~聖者達のミステリーツアー~」

作・演出:河田キイチ(BOOMER)
キャスト:タッキー飯尾・飛田遥海・三浦花奈子・岡村隆司・鈴木洋貴・森わかな・加藤里紅・平賀絢子・甲斐美咲・後藤未佑・大峰璃里樺
スタッフ:DIRT1600


日時:4月15日16日
場所:しもきたDAWN(しもきたドーン)
料金:前売り:3000円 当日:3500円


 東京にて、「Hanauma~聖者達のミステリーツアー~」が上演されます。
 「不思議なバスに乗り込んだ死者4人が目指すのは、死後の楽園と云われる"メモリアルアイランド".........さて、その結末とは・・・若い役者陣でお届けするハートフルコメディです。今回の公演は、下北沢に新しくできるしもきたドーンのこけら落とし公演で、人気の演目『Hanauma』~聖者達のミステリーツアー~を再演致します!キャストにはDIRT1600のタッキー飯尾&飛田遥海 出演、作・演出は、河田キイチです!若手役者中心でお送りするフレッシュな演技にもご注目ください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(岡村さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月 9日

劇団麦の会『毒舌と正義』

古城十忍 作

【第21回横濱演劇祭】
主催:横濱演劇の会YES実行委員会
共催:横浜市文化観光局
後援:神奈川県、(公財)神奈川芸術文化財団、(公財)横浜市芸術文化振興財団

【公演日時】
5月20日(土) 14:00開演
5月20日(土) 18:00開演
5月21日(日) 13:00開演
★日曜日は午後1時開演です★
※全3回公演
※全席自由席(開場は開演の30分前です)
【会場】のげシャーレ(横浜にぎわい座地下小ホール:JR桜木町駅徒歩3分)
【料金】一般\2,500 しるばー(65才以上)\1,500 やんぐ(中・高校生)\1,000 小学生以下無料
(障害者割引:障害者手帳をご提示の方は\1,000とさせていただきます)
【ご予約方法その1】▼予約フォームにて予約 ※料金は、当日受付にてご精算ください。
【ご予約方法その2】▼メールで予約 ※[1]観劇日時と、[2]人数、[3]お名前をお知らせください。 ※料金は、当日受付にてご精算ください。

 横浜の劇団麦の会が、公演『毒舌と正義』を上演いたします。
 「ある高校の修学旅行、3日目の夜の旅館の一室。老若男女、新人・ベテランすべての引率の教師たちが集められた。どうやらこの旅行中、生徒たちが看過できない問題行動を起こしたようだ。さて、学校としてはどういった対応を取るべきなのか。いつもとは勝手の違う場所で始まった緊急の職員会議は思わぬ事態へと転がっていく。振り上げた正義の拳、その瞳に真実は映っていますか。劇団員一同、心から皆様のお越しをお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団麦の会 制作:こちらのメール、電話(代表) 090-1806-2008 まで。


▼劇団麦の会公式ホームページ
▼劇団麦の会公式稽古場日記
▼劇団麦の会 Twitter @muginokai
▼劇団麦の会 facebookページ作りました。『劇団麦の会 facebook』で検索して下さい


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

かふぇ&ほーるwith遊 9周年記念企画【~松本ちえが語る 太宰治の世界~】

《傷つきやすく、傲慢。自意識の海に溺れた男の、いとおしい世界。》

作品: 『女生徒』『人間失格』
出演: 松本ちえ(語り)、田辺望(音楽)
協力:(社)すぎなみ文化協会


日時: 2017/5/7(日)、14:00~、18:00~(開場は開演の15分前)
場所: かふぇ&ほーるwith遊 杉並区荻窪3-46-13 (TEL.03-6661-2336) JR中央線/地下鉄丸ノ内線・荻窪駅から徒歩8分程度
代金: 前売り2000円、当日2500円

<松本ちえ〉ナレーター、声優。テレビ番組や企業VPでナレーション等を行う傍ら、朗読ユニット『ちえ、(ほぼ)ひとり。』主宰。年に数回の朗読イベントを開催。怪談や和風耽美な世界観が特に好評で、根強いファンを持つ。
〈田辺望〉東京都杉並区在住。大学にて作曲やピアノを中心に幅広く音楽を学び、卒業後、ライブハウスなどでの演奏や、作曲活動を展開中。これまでにテレビ番組『しまじろうのわお!』のうたコーナー『じかんのうた』『たねこのワルツ』の作曲・編曲、『故郷は荻窪』の作曲などを手がける。


 東京にて、かふぇ&ほーるwith遊 9周年記念企画【~松本ちえが語る 太宰治の世界~】が上演されます。「ナレーターの松本ちえです。来たる5/7(日)、荻窪にて、太宰治の『女生徒』『人間失格』の朗読をさせていただます。GWの〆に、感覚的な太宰文学を、耳で聴いてみるのはいかがでしょうか。お待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 ご予約・お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月 8日

Allen suwaru vol.1『空行』

藤田富主演 舞台『空行』チケット大好評発売中!

【出演】藤田富 高宗歩未 永井理子
近童弐吉
古屋隆太 來河侑希(Allen suwaru) 栗田学武(Allen suwaru)普光院貴之(Allen suwaru)
内田淳子/
中西良太
STAFF
演出/脚本:鈴木茉美
美術:杉山至(青年団、六尺堂)
照明:齋藤茂男(シアタークリエイション)
舞台監督:大刀佑介, 藤岡文吾
映像:浦島啓(colore)
音響:川西秀一
宣伝美術:Allen、小倉美緒
メインイメージ撮影:木村健太郎
協力:虚構の劇団、サードステージ
主催/制作 (株)Allen


【会場】吉祥寺シアター
【住所】〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目33番22号
【日程】5月18日(木)~5月29日(月)全18st
【タイムスケジュール】アフタートーク有り
5/18(木) 19時
5/19(金) 19時(アフタートーク有)
5/20(土) 14時(アフタートーク有)/19時
5/21(日) 13時(アフタートーク有)/18時
5/22(月) 14時(アフタートーク有)/19時
5/23(火) 休演日
5/24(水) 14時(中日全員挨拶)/19時
5/25(木) 14時(アフタートーク有)/19時
5/26(金) 14時(アフタートーク有)/19時
5/27(土) 14時(アフタートーク有)/19時
5/28(日) 19時
5/29(月) 15時
※全公演、開場時間は開演の30分前となります。物販販売、ロビー開場は1時間前となります。現在アフタートークの他に限定リピーター特典等も予定しています。
【最速先行チケット抽選申込フォーム】(カンフェティ)
電話予約 0120-240-540(平日10:00~18:00) 4月9日(日)10時から最速先行抽選開始!
【チケット種別】全席指定
◯一般指定席:5500円(税込)
◯吉祥寺シアターシート(B席):4500円(税込)
◯S席プレミアムシート:7000円(税込)
※豪華2大特典:非売品空行出演者写真集&空行限定ポストカード3枚セット付AセットorBセット付き
※特典は特典引換所にて当日お渡しいたします。
■チケット発売
【公演チケット発売日程】
◯最速先行:4月9日(日)10:00~4月16日(日)23:59分(抽選)※4月18日(火)当落発表
先行特典:応援する出演者ブロマイド当日会場一枚プレゼント!
◯一般発売 2017年4月23日(日)10:00~(先着)
《リピーター特典内容について》
3回観劇 お目当のキャストメッセージ入り色紙(サイン入り)※会場にてお目当の役者様をご指定頂けます。
6回観劇 舞台美術出演者集合ポートレート(2Lサイズ、フォトフレーム付) 
9回観劇 製本したサイン入り台本(全キャストのサイン)
※リピーター特典詳細はQ&Aをご確認下さいませ。
チケットについてのお問い合わせ


《Allen suwaruとは?》
劇団アレン座(Allen suwaru)は、時代の流れを下敷きに置き、その大きな流れを受動的に受けざる得ない人間。空間に産まれるその人と人のやりとりから、思想から、産まれる不飽和な物の正体を表現する事を目指す。私達は電力不足の炭素の集合体(不飽和化合物/allene)だからこそ、あらゆる人々と支え合い、結合を起こし、過敏な反応を起こす、スリリングで脆く、不確かな『人』を通して、輝く固い作品を送り出す事を目指す劇団。

 東京にて、Allen suwaru vol.1『空行』が上演されます。
 「その街は炭鉱であった。大きな何かは判らない荘厳な塔のような機械のような古びた建物。石灰の匂いと白い埃、希望を求めて人々はほこりを巻きちらし穴を掘り続けた。その営みの中、少女が産まれた。貧しい家族にとってそれは望まれていない生命であった。ある日、炭鉱と置屋のオーナーであるモトヤマが連れてきたのは、10歳のその少女だった。『イチカです。何も知りません。色々教えてください。』少女は教えられた通りに言葉を発した。炭鉱夫たちは金を払い少女で自身を慰める。少女はモトヤマの息子のヒロトと出会う。彼の読む物語を通して、イチカは世界を知って行く。彼女の持つ信念を通して、ヒロトは自分を知って行く。運命を受け入れる少女と、運命を壊したい少年の心は、どこに答えを見つけるのだろうか...『大人って寂しいのよ。だから近くの誰かを求めるの。でも子供はそんなこと必要ないの。だって一人じゃないってことを知っているから』」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


公式HP
吉祥寺シアター

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月 7日

劇団伽羅倶梨スタジオ公演Vol.34 明日カレンダー セカンドシーズン2017『明日☆りのべぇしょん』

明日こそ・・・!明日こそはと、メシ、喰らう!

作・演出 徳田ナオミ
[Cast] 岩本正治 徳田尚美 橋本千枝子 石田龍昇 赤田真季子 岡本牧子 町田千秋 辻 登志夫(tsujitsumaぷろでゅ~す) 牛丸裕司 (劇団五期会) 白樫由紀子(大阪放送劇団) 吉永真也(放映新社) 川畑七海(舞夢プロ)
[Staff]
照明:根来綾子 / ステージフライト
舞台美術:オイワノビッチ
音響:倉片 公
特殊効果:岡田正夫((株)ギミック)
舞台監督:西村文晴
舞台監督助手:岡 優作(舞夢プロ)
デザイナー:フライヤー[真マコト/ALPACA工房]パンフレット:[Smith]
宣材写真:小林誠一
制作協力:尾崎商店
制作:井本コー子・劇団伽羅倶梨制作部
[協力(五十音順)] (有)ウォーターマインド (株)バイタルアートボックス (株)ワビック 夢歩行虚構団 大阪放送劇団 劇団五期会 tsujitsumaぷろでゅ~す (有)ビックワンウエスト (株)放映新社 (株)舞夢プロ (有)ライターズカンパー KARAKURI応援隊!


2017年5月19日(金)~23日(火)
@KARAKURIスタジオ


[Timetable]
5月19日(金)19:00
5月20日(土) 13:00 /18:00☆
5月21日(日) 11:00 /15:00 / 19:00☆ 5月22日(月) 14:00 /19:00☆
5月23日(日) 14:00 /19:00☆
(受付開始・開場は開演の30分前)
[Ticket]日時指定/全席自由
◎大人\3000 ◎大学生・専門学生 \2500 ◎中高生\2000 ◎小学生\1500 ◎ペアチケット!!2名様1組で\5000(前売りのみ)
↑web予約する際、2名1組の場合は『枚数』を『2枚』で選択してください。
◎初日限定!全券種500円OFFDAY!
◎リピーター特典! \1000 ご観劇いただいたチケットの半券ご持参で\1000で観劇可能!(要予約制。1公演につき1回のみ適用)
※当日券は全券種\500増。
※予約状況はHP、Twitter、Facebookにて随時更新!
※座席に限りがございますので、完全予約制となっております。

【劇団伽羅倶梨! Go for 40th aniversaly dreams! チャレンジ企画!第2弾!】来るべき2020年劇団創立40周年に向けて劇団伽羅倶梨は様々なチャレンジをしていきます。その第2弾として、劇団ロゴを☆りのべぇしょん!!ご来場頂いたお客様全員に素敵なメッセージカードをプレゼント!!
【KARAKURIICOKAカード】スタンプを貯めるとお得満載!カードをお持ちの方は、是非是非ご持参くださいませ!
【ワンコイン&バックステージツアー】公演終了後、キャストやスタッフと一杯飲み
ながら交流できる、ワンコインパーティー&バックステージツアーがございます!参
加費100円!お時間ありましたら、御参加下さい!
☆ツイッター、FBも『劇団伽羅倶梨』で検索!
[Place] KARAKURIスタジオ 〒556-0027 大阪市浪速区木津川2-1-16 TEL 06(6568)2646
[チケット予約] WEB MAIL:こちらのメール
CoRich!舞台芸術
TEL:06(6568)2646 FAX:06(6568)2647

 大阪にて、劇団伽羅倶梨スタジオ公演Vol.34 明日カレンダー セカンドシーズン2017『明日☆りのべぇしょん』が上演されます。
 「2014年上演『明日カレンダー』の日之出旅館には、まだ誰も知らない物語がありました。人は、明日に希望をら重ね頑張っている。本当に今よりええ日になるんやろか?ーーーそんなあなたに、劇団伽羅倶梨が優しくエールを送る、ドラマティック★ハートフルコメディー。あなたの明日をリノベーション!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団伽羅倶梨:〒556-0027 大阪市浪速区木津川2-1-16、TEL 06(6568)2646、FAX 06(6568)2647、またはこちらのメールまで。

(橋本さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2017年4月 6日

Office FREE SIZE presents『shuffle! 4』

演出・脚本監修 いよく直人
脚本 いよく直人 中村利裕 龍太郎
出演 中村利裕 龍太郎 堤下裕也 副島しんご 村岡幸治 陽 長井愛彩 谷もも 周藤達也 (以上、劇団FREE SIZE)
ゲスト ネロ 松浦正太郎 千代田唯 秋田奈帆子 中島涼 福満さちこ 大島宏太 新庄綾


タイムスケジュール 5月
25日(木) 19:00
26日(金)14:00 19:00
27日(土)13:00 18:00
28日(日)13:00 18:00
チケット料金 前売り 3,500円 当日 3,800円 (日時指定・全席自由)
@日暮里dー倉庫(東京都荒川区東日暮里6-19-7)
※ご入金後のキャンセルはお受けしかねますので、ご注意ください。
※出演者は、やむを得ない事情により変更になる可能性がございます。予めご了承ください。


 東京にて、Office FREE SIZE presents『shuffle! 4』が上演されます。
 「さて、今年もshuffle!の季節がやってきました!早いもので、第4弾!!!もちろん今回も、熱いテーマも熱いメッセージも厚いマニュアルもありません!くれぐれもお気軽に、お気楽に!是非、ご来場ください!!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

Office FREE SIZEホームページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月 4日

ミュージカルグループMono-Musica特別公演 音楽劇『BLACK SHEEP』

脚本・演出 ヤマケイ
音楽 橋本かおる
【出演】男A...杏 男B...MIKU (バーテン...マナ)


2017年5月11日(木)-14日(日)
@新中野ワニズホール

【日時】2017年
5月11日(木) 13:00/19:30
5月12日(金) 13:00☆★/19:30★
5月13日(土) 13:00☆/18:30
5月14日(日) 13:00/18:30
*開場30分前
*上演時間 1幕50~60分予定(休憩なし)
★おめかしDAY(DVD撮影あり)
☆合言葉DAY(5/12みき・5/13ジュン)
【会場】ワニズホール<新中野駅 徒歩6分> 東京都中野区本町4-35-10 渡辺ビルB1 
http://www.wanizhall.net/x_map.html
【チケット】 全席自由 3,500円 *一般/学生共通 *当日券 +500円
BLACK SEAT 4,500円 *最前列を超えたプレミアムシート
*全席指定/抽選制 *申込期間 4/1(土)~4/7(金) *抽選結果発表 4/8(土)予定
【公演特設サイト】

公演ナンバー
*『BLACK SHEEP』メドレー
*MIKU 1st solo LIVE『十五夜草-追憶-』(2016年)より
Mono-Musicaとは...2004年結成。代表・脚本・演出 ヤマケイ。女性キャストだけのオリジナルミュージカルを上演する劇団。とりわけ日本語の持つ音や意味にこだわりながら、物語性とエンターテインメント性の両立を目指した舞台を作っている。

 東京の劇団ミュージカルグループMono-Musicaが、特別公演 音楽劇『BLACK SHEEP』を上演いたします。
 「さびれた店の片隅で 男たちが興じる二―ベルング・ゲーム...やがて享楽の片隅に 見えない悪意の花が咲く――2015年に各回限定14名で上演したカフェ音楽劇、再演!密室の男たち、その企みの行方とは...客席=舞台という近さでお届けする、オリジナル音楽劇です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

ミュージカルグループMono-Musicaホームページ


(ヤマケイさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月 3日

劇団つばめ組第14回公演「ワーニャおじさん」

作・演出:作 チェーホフ 訳 松下裕 演出 仲条裕
キャスト:堀越健次 石川久美子 金田卓也(ハルク・エンタテイメント) 福井夏紀(劇団銅鑼) 杉山正弘 荒川ヒロ子 イシハラタツノリ(劇団『』) 沓名環希(CYAN) 
スタッフ:舞台美術 石倉研史郎 照明 HirokaDenzy 音響 高橋信康 作曲 出町考平 宣伝美術 近藤康平 デザイン マデニヤル株式会社 衣裳 さりー 制作 高田さちこ 製作 劇団つばめ組 


日時:2017年4月20日(木)19時 21日(金)19時 22日(土)13時/19時 23日(日)13時
場所:参宮橋トランスミッション 東京都渋谷区代々木4ー50ー8 
料金:前売り:3,500円 当日:4,000円(1ドリンクつき)


 東京の劇団つばめ組が、第14回公演「ワーニャおじさん」を上演いたします。
 「ある日の昼下がり、ワーニャおじさんは義理の弟を撃ち殺す事にした・・・『かもめ』『三人姉妹』『桜の園』と並ぶチェーホフ4大ドラマの一つが21世紀の日本に甦る。絶望の過去、忍耐の現在、希望の未来を見つめる物語、開幕。日本でもチェーホフはよく上演され様々な演出スタイルがりますが、王道の逆襲をお見せします!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団つばめ組:080-6796-7621、またはこちらのメールまで。


☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「抽選で1ステージにつき2名様ずつチケットプレゼントいたします。ご希望の方は演劇交差点を見たと文面に添えてメールお願いします。応募締切は4月10日(日)です。締切後数日内に返信いたします。」


(ユタカさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年4月 2日

激情コミュニティ×maimuima「つまみ食いvol.2」

【キャスト】
激情コミュニティ:佐賀モトキ、村田広美 &maimuima
maimuima:ヤマスケ、垣本朋絵、月出裕司、高寺なつ乃、黒河内旭、宮城絵美

【日時】4月9日(日)15:00/18:30
【会場】Craft KOWA (飯田橋駅から徒歩15分)
【チケット代】500円
【ご予約】※小さな会場ですので、お早目のご予約をお勧めします


-激情コミュニティ-
maimuimaに所属する垣本朋絵が主宰する演劇ユニット。全作品垣本が演出を務める。マイムの技術をつかったイメージシーンと会話激を組み合わせた演出が特徴。
-maimuima(マイムイマ)-
集団によるパントマイム作品づくりを行う団体。メンバーやパフォーマンス場所を固定せず、一期一会で作品をつくる。エンタメ、シリアス、ジャンルを問わず作品を制作中。


 東京にて、激情コミュニティ×maimuima「つまみ食いvol.2」が上演されます。
 「演劇ユニット激情コミュニティとシアターパントマイム企画maimuimaによる小公演第二弾!激コミは新作短編芝居、maimuimaは新作コメディと、過去の人気コント作品のリメイクを上演!演劇あり、マイムあり、映像の上映に、おやつと飲み物もついてワンコイン!上演時間は全体で約60分!是非お気軽にご参加ください」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 詳細・お問い合わせは、こちらのメールまで。


激情コミュニティ×maimuima
・Twitter @geki_comi @maimuima


(月出さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年3月30日

P・T企画 大阪新阪急ホテル主催 探偵たちの夕べVol.9 観客参加型ミステリー 有栖川有栖原作『紅雨荘殺人事件』


【公演日時】2017年5/3(水祝)・5(金祝)
昼の部 12:00/夜の部 18:00
【会場】大阪新阪急ホテル2階 紫の間 〒530-8310 大阪府大阪市北区芝田1-1-35
アクセス◆阪急・地下鉄梅田駅すぐ/JR大阪駅前/阪神梅田駅から徒歩10分
【料金】一般 7,500円 FC・ホテル会員 7,000円 早割4/25(火)まで 6,500円
※全席指定 ※料理、ソフトドリンク(コーヒー・紅茶・コーラ・オレンジ・ウーロン茶)サービス料、消費税込
【チケットお申込み】
大阪新阪急ホテルホームページ 〔オンライン決済〕
ホテル 1階フロント
CNプレイガイド(チケット代以外の手数料が別途必要となります)
TEL.0570-08-9999 (10:00~18:00 オペレーター対応)
※電話予約後のチケットは、お近くのセブン・イレブン または ファミリーマートにてお引き取りいただけます。
※ファミリーマートの店頭端末『Famiポート』でも直接お買い求めいただけます。
* チケット取り扱いについての注意事項 *
※ ご入金後のキャンセルは固くお断りしております。
※ お席は全席指定(お申し込み順)です。ご指定は承っておりません。
※ お席は当日受付にてお知らせいたします。
※ お席などのご質問は『イベント係』までお問い合わせください。
【作品についてのお問い合わせ】 Office P・T企画 Mail こちらのメール Twitter @pt_kikaku

 大阪にて、P・T企画 大阪新阪急ホテル主催 探偵たちの夕べVol.9 観客参加型ミステリー 有栖川有栖原作 『紅雨荘殺人事件』が上演されます。
 「『恐れ入りますが、先生方。ちょっとお付き合い頂きたい所があるんです』警部からプライベートのお誘いを受けるとは、珍しい事もあるものだ。......と、思いつつ話を聞いていたが、やはりただのお誘いでは無いようだ。『先生方、覚えておられてますか?もう20年近く前に『紅雨荘』と呼ばれる屋敷が、世間を騒がせたのを...』警部の問いに、臨床犯罪学者が答える。『はい。殺人事件でしたね? 確か未解決のままだったと......』2人の会話を聞きながら、私の脳裏に浮かんだのは、むごたらしい殺人事件と、『紅雨荘』と呼ばれる美しい館。そしてある一本の映画だった。
 【観客参加型ミステリーとは?】P・T企画が贈る『観客参加型ミステリー』は観るだけに留まらない、参加者自身が登場人物と共に 事件の謎を推理して楽しめるゲーム形式のミステリー演劇イベントです。物語はヒントが散りばめられている『問題編』。その集めたヒントを元に貴方自身が推理をする『推理時間』。そして全ての謎が解き明かされる『解答編』で構成されています。お届けするのは有栖川有栖氏の新本格ミステリ。どうぞ、貴方も物語の中で『謎解き』を楽しんで下さい。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、大阪新阪急ホテル イベント係 TEL: 06-6372-5101  
月曜日~金曜日(祝日を除く)10:00~18:00 まで。


(丹原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

劇団癖者第四回本公演『女子校戦争』

<作、演出> 下城麻菜
<出演者>野下真歩、石山万葉、片又咲季、慶野文子、汐垣飛鳥、汐宮知遥、関山未来、角田佳代、中井あすみ、中村みさき、中村慧、松尾彩月、みさお、細田こはる、瀬戸口俊介、下城麻菜


<公演会場>シアターブラッツ
<公演日時>2017年5月18〜21日
<日程詳細>5月18日 19時30分~
19日14時30分~、19時30分~
20日14時30分~、19時30分~
21日13時~、17時~、
全7ステージ
<チケット料金>前売り、当日3500円

 東京の劇団癖者が、第四回本公演『女子校戦争』を上演いたします。
 「わたし、この子に嫌われたら人生終わる...うそつきな先生、おせっかいな親友。狭い世界で起こる、小さな小さな大戦争。これが、癖者なりのシンデレラストーリー!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(柴田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年3月26日

くにたち発地元企画「じょなじょな」

作・演出:作・演出:高塩景子
キャスト:高塩景子
スタッフ:衣裳:阿部朱美 幕:竹澤輝美 イラスト:はつめ チケット:中井久美子 制作:武田陽子


日時:2017年4月1日(土)11:00/15:00/18:00開演
場所:風スタジオ JR南武線矢川駅より徒歩15分
料金:大人1000円 子ども(小1~中学生)400円

 東京にて、くにたち発地元企画「じょなじょな」が上演されます。
 「『あんだと思う、ゆきじょろだあよ、な、ゆきじょろ。・・・ゆきじょろがな、じょな、じょな、じょな、じょなって、こっちぃ向いて、あるいてくる。・・・あたまから、足のさきまで、まっしろけな雪女郎が、こっちのほうへあるいてくるだ。・・・ふんと、おっかにゃあどう。』雪の降る北の国で、人が沢山増えて食べ物が足りなくなってきた。そこで偉い人達は会議を開き、人間を物に変えてしまおうと大きな工場を建てた。みんなには夢のテーマパークだと言いふらし、毎日沢山の人が入って行っては品物に替えられ排出された。そんな中に双子の女の子がいた・・・
 原田重久著『武蔵野の民話と伝説』より一部引用して『じょなじょな』という作品が出来上がりました。夢の中の怖いお話です。じょなじょながやってきて工場を踏みつぶします。そしてそのじょなじょなも倒れて大きなお山になります。そのお山に、あるものが生えてきました。そのあるものとは・・・」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(高塩さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年3月23日

オペラシアターこんにゃく座公演 オペラ『タング-まほうをかけられた舌-』+うたのステージ

■スタッフ
原作:安房直子(岩崎書店刊『まほうをかけられた舌』より)
台本:朝比奈尚行
作曲:萩京子
演出:大石哲史
美術・衣裳:乘峯雅寛
照明:佐藤敏之
舞台監督:久寿田義晴
音楽監督:萩京子
うたのステージ構成:萩京子・大石哲史
宣伝美術:網代幸介(画)・片山中藏(デザイン)
■出演・・・・A組・・・・・B組
少年・・・・泉篤史・・・・金村慎太郎
タング・・・武田茂・・・・沢井栄次
コロス1・・沖まどか・・・飯野薫
コロス2・・西田玲子・・・鈴木あかね
ピアノ・・・湯田亜希・・・井口真由子

■うたのステージ プログラム
こんなに たしかに[まど・みちお/詩 萩京子/曲]
飛行機よ[寺山修司/詩 萩京子/曲]
雨の音楽[ジョセフ・シーモン・コッターJr./詩
木島始/訳 林光/曲]
My Favorite Tom-Tom[萩京子/詩・曲]
ほか
*曲目は変更する場合があります
■主催 全労済
■企画・制作 オペラシアターこんにゃく座
神奈川県川崎市多摩区宿河原7-14-1 TEL.044-930-1720
■後援 渋谷区教育委員会


■日時 2017年4月12日(水)~16日(日)
12日(水)19:00A 
13日(木)19:00B
14日(金)15:00A 19:00B
15日(土)13:00B 17:00A
16日(日)11:00A 15:00B 
*ダブルキャスト(A組・B組) *開場は開演の30分前
■会場 全労済ホール/スペース・ゼロ
■チケット料金 *全席指定・当日は500円/席増
おとな 5,000円 おとなペア 9,000円 U25(25歳以下) 3,000円 学生・こども 2,000円 おとなこどもペア 6,500円 *こどもは小学6年生まで
■チケット取扱
オペラシアターこんにゃく座 TEL044-930-1720 
スペース・ゼロチケットデスク
チケットぴあ (Pコード456-096)
イープラス
ローソンチケット TEL.0570-084-003(Lコード33071)
カンフェティ TEL.0120-240-540
■託児サービス *有料・定員あり・要予約 4月16日(日)11:00の回
お申し込み・お問い合せ イベント託児・マザーズ TEL.0120-788-222

 東京の劇団オペラシアターこんにゃく座が、公演 オペラ『タング-まほうをかけられた舌-』+うたのステージを上演いたします。
 「新宿の全労済ホール/スペース・ゼロでは『全労済文化フェスティバル』が開催されます。子どもから大人までたくさんのお客さまが楽しめるプログラムが毎年4演目ラインナップされますが、今年、こんにゃく座がそのひとつに選ばれ、このフェスティバルに参加することになりました。
 公演はミニコンサートと新作オペラの二本立てで上演します。新しいオペラは『タング―まほうをかけられた舌―』。『タング』とはものがたりに登場する妖精の名前です。タングの得意技(?) は、舌(tongue)に魔法をかけること。この"味の妖精"がひとりの少年の前に現れるところから、ものがたりは始まります。児童文学作家・安房直子が1971年に書いた短編を、オペラ『ガリバー』の台本を手がけた朝比奈尚行が脚色し、作曲の萩京子、演出の大石哲史により、原作のどきどき感をいっそう楽しむことのできるオペラへと変える魔法をかけていきます。コンサートや『春のうた会』で披露している"ソング"を歌う『うたのステージ』とオペラとが一度に楽しめ、A組・B組ダブルキャストの二つの風合いを味わうこともできる、スペシャルなスパイスをたっぷりと加えた4月の公演に、どうぞご来場下さい。
 お腹をすかせた二人の客が街のレストランに入っていくと、『いらっしゃいませ・・』と浮かない顔の少年が店の奥から現れました。この少年、名コックだった父をひと月前に亡くし、評判のレストランを継がなくてはならなくなってしまった・・・。だけどその実、とんでもない味音痴! という男の子でした。注文された料理を作ってみたものの、客たちはひとさじ口をつけただけでお店を出て行ってしまいました。このレストランをもっともっと繁盛させていくとお父さんと約束したのに、自分にはおいしさが判らないことを悲しく思い、少年はひとり途方にくれてしまいました・・・。『泣くのはおやめ。わたしが力になってあげよう』ふと、その言葉に目を上げた少年の前に、いつのまにか誰やら見たことのない者が立っています。お父さんとは古い友人だったと名のる"味の妖精タング"が現れたのです。タングの得意技は、舌(tongue)に魔法をかけること。タングは、少年とある約束をする代わりに、口にしたものの成分が何から何まで判る舌へと変えてあげます。そして、にわかにはその魔法を信じられない少年を、父が秘密にしていたレストランの地下室へと連れて行くのでした・・・。とてもおいしい料理を出すと評判がひろまり、ふたたび繁盛していくレストランですが、はたして少年とタングが交わした約束とは・・・。そして、味の妖精タングの正体とは・・・。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


オペラシアターこんにゃく座ホームページ


(土居さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]