公演案内ページ | 演劇交差点トップページへ

2017年9月23日

劇団麦の会『第9回☆麦畑☆秋の大収穫祭 ~ようこそ我が家へ~ Welcome to my Home』


【会場】横浜市泉区民文化センター☆テアトルフォンテ★リハーサル室
【公演日時】
11月4日(土)14:00開演
11月4日(土)18:00開演
11月5日(日)13:00開演
11月5日(日)16:00開演
★日曜日は午後1時と4時の開演です★
上演時間は1時間45分くらいです。
※全4回公演 ※全席自由席(開場は開演の30分前です)
★各回お席は50席。ご入場できない場合がございますのでご予約をお願い致します。
【料金】 一般\2,000 しるばー(65才以上)\1,500 やんぐ(中・高校生)\1,000 小学生以下無料
メールで予約 ※[1]観劇日時と、[2]人数、[3]お名前をお知らせください。 ※料金は、当日受付にてご精算ください。
インターネットご予約フォーム


 横浜の劇団麦の会が、公演『第9回☆麦畑☆秋の大収穫祭 ~ようこそ我が家へ~ Welcome to my Home』を上演いたします。
 「2年に1度のお楽しみ『秋の大収穫祭』は、全てが劇団員のオリジナルショートストーリー。そのひとつひとつを、只今、目いっぱいの愛情込めて育て上げている最中です。その収穫作品とは・・・(あいうえお順) アーバンフォレスト・ネオステージ (作:池浦典子) 最近の家電は取扱説明書を読まなくても大丈夫 (作:江島裕一郎) 桜の花の咲く頃に (作:古澤亮) システムってなんですか? (作:平崎真麻) 巣立ち (作:片倉舞子) 抜き打ち父さん&抜き打ち母さん (作:山口雄大) もったいないから(古典落語『死神』より) (作:小金井敏邦) わけあり物件 (作:片倉舞子) 世の中目まぐるしく、窓の外を見ると、いろいろな出来事が飛び交ってます。目が回りそうですが、どうかほんのひと時、我が家でおくつろぎくださいませ。暖かい笑いをご用意して、お待ちしております。。。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、■劇団麦の会 制作:こちらのメール、090-1806-2008まで。

劇団麦の会ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年9月22日

演劇ユニットZERO BEAT.「野良犬達のBALLAD」

作・演出:町田誠也(R:MIX)
キャスト:浅井星光(RHYTHM COLLECTION)/有栖川姫子/及川崇治(演劇集団ふれる~じゅ/音ノ屋)/金海用龍(八焔座)/河本龍馬(夢援隊Company・TEAM舞始動)/佐藤貴史/沢井美優/篠原立(J-beans)/高橋玲/竹内幸輔/永井正浩(倉田プロモーション)/鍋嶋圭一/奈良正明/深澤誠/藤田信宏(演激集団INDIGO PLANTS)/藤山克美/前田慎治(RHYTHM COLLECTION)/町田誠也(R:MIX)/三上俊/本倉さつき(劇団PIS★TOL)/若宮亮(エムキチビート) 他(50音順) 永田彬/中條孝紀(座長) 以上 ZERO BEAT.
スタッフ:作・演出:町田誠也 音楽:鍋嶋圭一 舞台監督:川崎耕平 音響:奥村典洋(ALLEX) 音効:宮本雅行 照明:鈴木悟(MOON LIGHT) 武器デザイン:矢花イサハル・ダイナマイト川越(MATE-REAL CRAFT) 制作:篠崎仁子/長谷川雅也(小劇場舞台制作団体BMG) 宣伝美術:篠崎仁子/斎藤貴裕 プロデューサー:中條孝紀 企画制作:ZERO BEAT.


日時:公演日:2017年10月12日(木)~15日(日)全7公演 10/12(木) 19:00 10/13(金) 14:00/19:00 10/14(土) 13:00/18:00 10/15(日) 12:00/16:00
場所:築地本願寺 ブディストホール 〒104-0045 東京都中央区築地3丁目15-1 第一伝道会館2F
料金:全席自由席 ・前売り:\4,500 ・当日:\5,000


 東京の演劇ユニットZERO BEAT.が、公演「野良犬達のBALLAD」を上演いたします。
 「金と権力に群がる毒虫達...それらを駆逐する、死肉に群がる怪鳥達...闇にうごめく力と力がぶつかり合う破局の歌(バラッド)
 都内某所に集められた12名の殺し屋達。その手には『松・梅・桜・藤・菖蒲・牡丹・萩・芒・菊・紅葉・柳・桐』12の月を描いた花札が符牒として、コードネームとして届けられていた。そして集めた依頼人『御剣定九朗』も又、伝説の殺し屋であった。与えられた桁違いの報酬と難易度の高いミッション。13人の殺し屋は腹を探り合い、互いを確認し合う。絡まる陰謀に、権力と名声を求める人々。名だたる殺し屋に、更にそれを上回る著名なターゲット。殺しの当日、晩餐に集まりし13人から漏れる言葉。『まるで最後の晩餐・・・この中にユダがいるのでは?』信じられる者は誰だ、裏切り者は誰だ。知恵と駆け引きと殺しの腕が交錯し、血で血を洗う殺戮の宴が幕を開ける。裏切りに次ぐ裏切り。悪は踊り、血飛沫が舞う。主役は誰で、誰が裏切り者なのか、知性と肉体がせめぎ合い躍動するZERO BEAT.第2回公演!『御剣さん、本当に今夜の作戦決行するんですか?』『敗色濃厚とみて鞍替えするは、我等の常...』『さぁねぇ。汚い爺にしか見えないけど...』殺し屋達の殺戮の宴、果たして生き残るのは誰だ!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

演劇ユニットZERO BEAT.ホームページ


(長谷川さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年9月21日

劇団 小雪(しょうせつ) 第二節気『巡り着く場所で』

作・演出:くらもち翔


【日時】2017年11月3~5日
3日 金曜(祝) 19時
4日 土曜日 14時、18時30分
5日 日曜日 12時、16時
※上記は開演時間になります、開場は開演の30分前になります。
【会場】上野ストアハウス
【料金】2900円(税込)
チケットのご予約はこちら


 東京の劇団小雪(しょうせつ)が、第二節気『巡り着く場所で』を上演いたします。
 「巡る、巡る、因果も縁も 巡る、巡る、桃太郎もかぐや姫も おじいさん、おばあさんの元で兄妹のように育った二人 楽しく穏やかに過ごす日々に突然の暗雲が 村々を襲う恐ろしい鬼達を退治するそれが桃太郎として生まれた者の定め 旅の道中、運命によって決められた仲間に出会う 運命に抗う犬 夢を追いかけるアイドルの猿 DJの雉 人々を救うため目指すは鬼の巣窟鬼が島 しかし、待ち受ける鬼の目的を知った時この物語は真の姿を現す 巡る桃太郎とはかぐや姫の持つ秘密とは 二人は逃れられぬ悲劇に巡り会う・・・一輪の希望を残して! 『巡り着く場所で必ず会おう!』
 笑いあり、涙あり、歌あり、ダンスあり、ラップあり、殺陣ありの時代劇がここに!劇団小雪がおくるエンタメ御伽絵巻第二弾!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団小雪ホームページ

(齊藤さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年9月20日

Room Kids新作公演 『Ripples out』

【クレジット】
出演 岡本晃樹
制作 山田タカマサ、松前健司、椿貴弘、中西一史、関矢昌宏
主催 Room Kids
後援 日本ジャグリング協会
本公演は京都国際芸術祭の公募作品です。

-日程 10月14日 (土) 17:00~
10月15日(日) 13:30~ 17:30~
開場は各回30分前からです。公演時間は各回60~70分を予定しております。
-チケット 前売 2,000円 当日 2,500円
ご予約はフォームからお願いします
-会場 京都 スタジオヴァリエ 京都市左京区吉田二本松町20-1

■Room Kids■
Room Kidsはジャグリングパフォーマー岡本晃樹とテクニカルオペレーター山田タカマサによるパフォーマンスユニット。東京を拠点にジャグリング国際大会ジュニア部門3位、アメリカ周遊公演Shoebox Tourゲスト出演など国内外で活動。モノと体の関わり方を探る『ジャグリング』を主な手段に、映像や照明、時には詩と組み合わせて作られる舞台空間は『何かを思い出すような風景』と評される。

 京都にて、Room Kids新作公演 『Ripples out』が上演されます。
 「Ripples OutはサーカスカンパニーRoom Kidsによる、ジャグリング公演です。大道芸でよく知られるジャグリングですが、突き詰めると非常に内省的な行為です。目の前にある『もの』に、どう新しい関わりを立ち上げることができるのかという視点で臨み、そこから自分とものの間に独自のルールを構築し、それが動きや技などの現象になります。自分の内側、もの、空間から何かを掘り出そうと目を凝らし、耳をすますのです。はたから見ると一見滑稽ですらあるその集中力は、深呼吸や瞑想にも近い側面があります。このジャグリングという技術を以って、今回パフォーマーの岡本は、ごく個人的な、でも誰もが出会う記憶へと潜ります。前年度上演された『LOSTSCAPE』からより一層深いエネルギーと、より大きい映像やセットにより立体的に立ち上がる空間の中で、『触ると少し痒いけれど大切な記憶』と折り合いをつけるための時間を皆様と一緒に共有できれば幸いです。
 僕は6月に生まれた。誕生日の記憶はいつも雨。雨の日は気分が塞ぐけど嫌いじゃない。たくさんの『持っていた』と出会えるから。家にいるのも嫌いじゃない。外に出たくなかったわけじゃなくて、自分の中の世界を想像する方が好きだったから。いつも外を見て、知っていたはずの場所のことを想像していた。むしろ誰よりも遠くに行っているつもりだったのだけど、あまりそれはよくは思われなかったみたいだ。知っていた。失えるということは持っていたということ。ただの悲しいことなんかじゃない。大事だった。雨の日は、そんな『持っていた僕』と出会える日だったから。次の晴れる日までの長い旅。
 『僕にとってなんでもないようなものが、誰かにとっては愛おしくて仕方のないものだということを、忘れていなければうまく生きていけない。』」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ
Twitter @roomkids


(松前さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2017年9月19日

晩餐ヒロックス 4th Stage『いとのまなざし』

作・演出:渡部寛隆 ◯CAST 前田敏光(晩餐ヒロックス) 小田龍哉(晩餐ヒロックス) 藤井草馬 五月女歩美 澤健太郎(VACAR ENTERTAINMENT) 須藤瑞己 山日涼夏 夏目楓子 岩崎雅高(天ノ川最前線) 増田萌乃 ◯STAFF 作・演出:渡部寛隆 演出助手:持田愛 舞台監督:尾尻征大 照明 :土戸真美 音響 :野崎爽 美術 :もりやまふみ 衣裳 :甲斐咲帆(晩餐ヒロックス) 佐々木鮎子(晩餐ヒロックス) 音楽 :神達拳仁(晩餐ヒロックス) 宣伝美術:FUJIWO デザイン:馬路わかな 制作 :横見咲季・藤澤昌実(空白バカボン)

◯SCHEDULE 2017年10月5日(木)~9日(月・祝) 全8ステージ
10月5日(木)19:30
6日(金)14:00/19:30
7日(土)14:00※/19:00
8日(日)13:00/18:00
9日(月・祝) 14:00
※託児サービスあり ※開場は開演の30分前
◯TICKET 一般 3000円 U-25 2500円 学生 2000円 高校生以下 1000円
ご予約はこちらから(晩餐ヒロックス団体用)
◯THEATRE 花まる学習会王子小劇場(〒114-0002 東京都北区王子1-14-4 地下1F)
京浜東北線『王子駅』北口より徒歩5分 東京メトロ南北線『王子駅』4番出口より徒歩3分 詳しいアクセスは劇場HPをご覧ください


 東京の劇団晩餐ヒロックスが、4th Stage『いとのまなざし』を上演いたします。
 「ー僕がみている糸は、君の過去かもしれないー 晩餐ヒロックスがおくる過去と未来を『紡ぐ』人生の物語。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


Twitter:@BanHirox
晩餐ヒロックス公式HP


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年9月15日

劇団東演 第151回公演『検察官』

作・演出:作:N・ゴーゴリ、演出:V・ベリャコーヴィッチ
キャスト:豊泉由樹緒、能登剛、南保大樹、腰越夏水、光藤妙子、岸並万里子 ほか  【客演】島英臣(俳優座)、蓮池龍三(バオバブ)、内田龍磨(Pカンパニー)、A・クプリャノフ(ユーゴザパト劇場)、I・スキツァン(ユーゴザパト劇場)、V・グリシェチキン(ユーゴザパト劇場)[Wキャスト]、G・イオバッゼ(ユーゴザパト劇場)[Wキャスト]
スタッフ:翻訳:佐藤史郎、制作:横川功


日時:2017年10月13日(金)~17日(火)
場所:紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA (新宿南口より徒歩8分)
料金:・一般:5000円 ・シニア(65歳以上):4500円(要年齢確認) ・U25(25歳以下):3000円 (要年齢確認) ・+1チケット:15000円 (劇団扱いのみ) ・初日特別料金:オール4000円 (U25は3000円)

 東京の劇団東演が、第151回公演『検察官』を上演いたします。
 「地方官庁の賄賂や不正を取り締まる検察官が、首都ペテルブルグよりお忍びで、しかも重大な密命を帯び各地を調べ廻っているとの情報が市長のもとに入った。行政を当たり前のように『私』している市長以下、教育委員長、判事、郵便局長、病院長、警察署長やお役人たちの面々にとってはまさに青天の霹靂、驚天動地の事態に『えらい事が起きてしまった!』と、てんやわんやの大騒ぎ。そこへ『街外れの安ホテルに、若いお役人がお供とともに宿泊している』とのご注進があった。さあ、早速懐柔するために雁首揃えて様子を見にあたふたと駆けつける。『間違いない!あの方は検察官だ!』あの手この手のアタックが始まった・・・。
 『どん底』『ハムレット』に続いてお届けする、ベリャコーヴィッチ演出の傑作喜劇!19世紀のお話が、なぜか21世紀の今の日本とダブって見えるのはどうしたことか・・・・。○○献金、△△助成金・・・・ゴーゴリ先生も考えもつかなかった見事な錬金術にあの市長たちは地団駄を踏んでいるに違いない。さあ、皆さんの豊かな感性の目でお確かめください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(横川さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年9月14日

Re:Duh!(リーダー)『クロス~橘耕斎ヘダ日記~』

Re:Duh!(リーダー)『クロス~橘耕斎ヘダ日記~』(第5回公演・第29回池袋演劇祭参加作品)


作・演出:大倉良介
○出演○ 大沢光秀、三上潤(外組)、久行しのぶ(タテヨコ企画)、鎌田秀勝、斎藤貴裕(ZERO BEAT.)、薗一輝、澤島祐介、宮本あや、滝口果歩、木村飛鳥、奥村亮介、大倉良介(Re:Duh!)
○スタッフ○
脚本・演出:大倉良介
舞台監督:小川陽子
舞台美術:仁平祐也
音響:ORANGE COYOTE
照明:阿久津未歩(LICHT-ER)
衣装:車杏里
音楽:大沼弘基
チラシデザイン:斎藤貴裕
制作:吉田千尋
沼津現地プロデューサー:世古真一
演出助手:奥村亮介
企画:Re:Duh!
○後援○沼津市、富士市、沼津市商工会、戸田日露交流協会
◯協力◯富士ゼロックス株式会社、株式会社浜友商事、沼津RAKUUN、沼津グランドホテル、外組、タテヨコ企画、株式会社ファミリーアーツ、株式会社アミティープロモーション、株式会社レイ・グローエンタテインメント、ZERO BEAT.、天才劇団バカバッカ、はちみつシアター、株式会社LacticWay、OfficeKOMACHI、TokoaCoffee


日時:東京:2017年9月21日(木)~25日(月)、静岡:2017年9月30日(土)~10月1日(日)
場所:東京:シアターKASSAI(池袋) *池袋駅東口より徒歩7分、静岡:沼津RAKUUN 3Fぬまづのたかラボ *JR沼津駅南口より徒歩1分
料金:東京:一般4,000円、学生3,500円、静岡:一般3,000円、学生2,500円

▼上演スケジュール
東京
9月21日(木) 19:00
9月22日(金) 19:00
9月23日(土) 13:00/18:00
9月24日(日) 13:00/18:00
9月25日(月) 13:30
静岡
9月30日(土) 13:00/18:00
10月1日(日) 14:00

 東京・静岡にて、Re:Duh!(リーダー)『クロス~橘耕斎ヘダ日記~』が上演されます。
 「時は幕末。条約締結のため来航していたロシア軍艦ディアナ号は、天変地異に巻き込まれ、駿河湾にて沈没してしまう。それに端を発し、西伊豆・戸田村で始まった日本とロシア共同作業による『ヘダ号』の造船。その歴史的事件の裏で、謎に包まれた一人の男がロシアへの密航を成功させていた。その男の名は『橘耕斎』。その時、戸田村では何が起こっていたのか。なぜ耕斎は海を渡ることになったのか。この作品はその背景を探る、幕末の史実を基にした歴史考察作品である。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


Re:Duh!(リーダー)ホームページ


(吉田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東] [東海]

2017年9月12日

劇団ベイビーベイビーベイベー『THE SPOOKY LAND』

作・演出 イイジマショウタ
【キャスト】TRICK&TREAT 飯島翔太 関メリッサ 長田陽 神山翔太郎 田村総(以上、劇団ベイビーベイビーベイベー)
福村眸 森崎真帆 三塚瞬 大城東徹 山本雅弥
TRICK ver. 藤本康平 大久保祝臣
TREAT ver. 東條瑛 高橋哲太
【スタッフ】
舞台監督,美術:齊藤樹一郎 
照明:橿原大和
音響:藤原圭佑 
制作:野田紅貴
制作・演出助手:相馬愛理
宣伝美術:岡優貴(Materialize)
宣伝撮影:照井賢久
公演撮影:長谷川雅也
衣装:関メリッサ
振付:大城東徹
小道具:長田陽、野田紅貴
協力:(株)アスタリスク、テアトルアカデミー、(株)Sheepvox、剣乱舞翔華団


2017年10月25日~29日 花まる学習会王子小劇場
【チケット】当日3800円 前売3500円 友割3000円(同一ステージ2人以上でご予約時、1人あたり) 2回券5000円(2つのステージを観劇いただけます) 高校生割1000円(各回5枚限定、要予約。学生証提示)
※仮装特典(劇団BBB Tシャツでも可):仮装してご来場いただいたお客様に、劇団オリジナルグッズをプレゼントいたします。 全席自由席
【タイムスケジュール】TRICK ver.とTREAT ver.の2パターンがあります。
10月
25日(水) 19:30TRICK
26日(木) 19:30TREAT
27日(金) 14:00TRICK/19:30TREAT
28日(土) 14:00TREAT/18:30TRICK
29日(日) 13:00TRICK/17:00TREAT
※TRICK ver.とTREAT ver.の2パターンがあります。
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前になります。
※28日14時の回のみ託児サービスがあります。イベント託児・マザーズ 0120-788-222 0才・1才2,000円 2才以上1,000円」
【チケット予約、問合せ】
CoRich Confetti
劇団BBB :メールはこちら
【劇場】花まる学習会王子小劇場 〒114-0002 東京都北区王子1-14-4 地下1F / TEL・FAX: 03-3911-8259 ロビー直通番号: 03-3911-8142(公演期間中のみ)
王子駅より徒歩5分。 JR京浜東北線は『北口』、東京メトロ南北線は『4番出口』から北本通りを直進。『鑑定倶楽部』の地下1階。

 東京にて、劇団ベイビーベイビーベイベー『THE SPOOKY LAND』が上演されます。
 「ー奴らにショーを魅せてやれー 人気遊園地フライデーパーク内に存在するホラーハウス"スプーキーランド"かつては客で賑わっていたアトラクションであったが近頃の客足は途絶えている状態であった。責任者であるレニーと従業員達は、一年で一番の客入り時であるハロウィンに向けて挽回をはかろうと準備をしていた。ところがハロウィン目前の10月28日、支配人であるフレディが業績不信を理由に営業停止すると言ってきた。いきなりのことに動揺する一同。そこに偶然帰郷してきていたレニーの弟であるサリーが訪れた。彼は数々のホラーハウスを手がけてきた有名プロデューサーである。サリーを見つけて思わず『私が助けてもらうために彼を呼んだ』と口にする。だったらとフレディが言う。『私をハロウィンで怖がらせて見ろ、もしできたらこの場所は潰さない』こうして無理矢理、スプーキーランドを救う事になったサリーだったが彼のわがまま、傲慢、自分中心といった性格から従業員と揉めてばかり。しかし、レニーの独り立ちを望む長男、いじめられっ子の次女達と過ごしていくたびに彼の心に少しずつ変化が訪れる。そして、サリーもまた秘密を抱えてこの場所に訪れていた。
 劇団ベイビーベイビーベイベー『THE SPOOKY LAND』が10月25日から29日に東京・花まる学習会王子小劇場にて上演される。ーハロウィンは奪わせないー 劇団BBBが送るシーズンシリーズ第一弾!愉快で少しも怖くないハロウィンがやってきた!劇団初のダブルキャスト!それぞれ異なるキャラクターそして、エンディング。選ぶのはあなた次第!さぁ、選べTRICK or TREAT
 ある1冊の絵本 [SPOOKY LAND] に描かれた、潰れかけのお化け屋敷に昔のような繁栄を取り戻すために奮闘するモンスター達の、もしかしたらあるかもしれないし、ないかもしれない、あったらあったでスプーキーなスプーキーランドのハロウィンまでのお話。TRICK ver.とTREAT ver.の2種類のエンディングが用意されており、一部Wキャストでの上演となる。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


THE SPOOKY LAND特設サイト


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年9月11日

演劇プロデュースユニットMoratorium Pants 第12回公演 演劇 × モラパン × 洋服 = 着れる演劇『君が決めてよ明日のことは』

作 永妻優一
構成・演出・振付 橋本昭博
〔主催:(公財)ひたちなか市生活・文化・スポーツ公社 / 共催:ひたちなか市〕
※舞台上特設客席
※開場は開演の30分前 上演時間は約75分を予定
※全席自由
◆キャスト
M / モラトリアムCAST 橋本昭博(mp) 篠原和美 加賀美秀明(青春事情) はましゃか(m-mp) 熊野善啓(チャリT企画) 廣木葵(スペースクラフト・エンタテインメント)
P / パンツCAST 三上陽永(ぽこぽこクラブ/虚構の劇団) 兵藤真世(mp) 星野哲也 菅野恵(m-mp) 高橋知也(mp) 鈴木えりか(m-mp)​
◆ 楽曲提供 THEラブ人間
◆ 衣装提供 ダブルチャカ


◆ 公演スケジュール
2017年10月11日(水)~11月8日(水)
ARTON 渋谷にある洋服屋 東京都渋谷区宇田川町17-1ブラザービル4階 (各線渋谷駅より徒歩5分。渋谷LOFT前 プロントのビル4階) 予約URL
2017年11月14日(火)~11月19日(日)
SHIBAURA HOUSE 芝浦にあるガラス張り空間 東京都港区芝浦3-15-4 (JR田町駅より徒歩6分) 予約URL
2017年11月23日(木)
ひたちなか市文化会館 大ホール 茨城にある大きな劇場の舞台上 茨城県ひたちなか市青葉町1-1 (JR常磐線 勝田駅 東口を出て徒歩15分) 予約URL
◆ チケット料金
ARTON 一般 2500円 U22 2000円 高校生 1000円 演劇初めて割(自己申告制) 2000円
SHIBAURA HOUSE 一般 3200円 U22 2500円 高校生 1000円 演劇初めて割(自己申告制) 2500円
ひたちなか市文化会館 <当日精算のみ> 一般 2000円  大学生 1000円 小学生~高校生 500円
☆振込予約特典あり! 各公演 2週間前までにご予約頂いたお客様に、モラパン特製ステッカーをプレゼント!! ※カルテットオンライン・劇団メールでのご予約のみ ※東京公演のみ対象

 「2017秋のモラパンは、だだだだーん!『着れる演劇』やります!渋谷の洋服屋ARTON、芝浦のガラス張りビル、茨城の大劇場の3カ所ツアー公演!だだだだーん!!洋服屋で2タイプCASTで公演ののち、リメイクした完全バージョンを劇場でお披露目。29歳と中学生のモラトリアムを行き来しつつ、お客様と一緒に演劇を着ながら、まだ見ぬ明日を模索する。僕らなりの明日を、渋谷に、東京に、茨城に、世界に。演劇を着よう。
 渋谷にある洋服屋で、1人の女性がとあるお話を始めます。15年ぶりに中学生の友達から電話がかかってくる、そんなお話。もう顔もおぼろげな友達から、『集まろう』なんて、そんなお話。最後に会ったのは、いつだっけ。そうだ、あの洋服屋に、みんなで忍び込んだとき。今はいない、あの友達がいたあの夜だ。あのころ、『明日』はどんな感じがしたんだっけ。今ある『明日』と、何が違うんだろ。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年9月10日

劇団ひまわり 新潟シェイクスピアカンパニー&シアター代官山プロデュース『十二夜』

作/ウィリアム・シェイクスピア
訳・スーパーバイザー/松岡和子
演出/栗田芳宏


●公演会場 シアター代官山 東京都渋谷区恵比寿西2-12-12劇団ひまわり内 03-3476-0189
●公演日程 2017年9月13日(水)~18日(月・祝) 完全Wキャスト
9/13(水)19時 星
9/14(木)19時 月 トークショー有 出演 松岡和子・シライケイタ/栗田芳宏
9/15(金)19時 星
9/16(土)13時 星 / 18時月
9/17(日)11時 月 / 16時 星
9/18(月・祝)13時 月
●チケット 金額 全席指定 前売・当日共 4,000円(税込) 両チームセット券7,000円(税込)
※3歳未満のお子様の入場はご遠慮ください 
※両チームセット券はCoRichチケット!のみのお取り扱いとなります
・お取扱い
カンフェティ 0120-240-540(※平日10:00~18:00)
CoRichチケット!

●新潟シェイクスピアカンパニー(NSC)とは 演出家・俳優 栗田芳宏
新潟シェイクスピアカンパニーは、新潟から新しいシェイクスピアを世界に発信する信念のもと、演出家・俳優の栗田芳宏が翻訳家の松岡和子氏をパートナーとして、シェイクスピア劇をあらゆる角度から徹底的に読み解き、研究を重ね、これまでりゅーとぴあ能楽堂シリーズをはじめ、古典様式とリアルプレーの融合から成るシェイクスピアを数々世に送り出して来ました。なかでも、『冬物語』、『禅ハムレット』はヨーロッパシェイクスピア史に多大な衝撃を与えました。そのカンパニーが劇団ひまわり新潟スタジオのユニットとして、松岡和子氏をスーパーバイザーに迎え再出発をします。今後は代官山プロデュース公演として、新潟、東京をはじめ日本のみならず世界に向けたシェイクスピア劇を目指します。


 東京にて、劇団ひまわり 新潟シェイクスピアカンパニー&シアター代官山プロデュース『十二夜』が上演されます。
 「◆イントロダクション シェイクスピアが書いた最後の喜劇といわれる『十二夜』。シェイクスピアの演出で海外にも認められている栗田芳宏(劇団ひまわり新潟スタジオ所長)が演出するこのプロダクションに、カンパニーに翻訳以外で関わることのあまりない松岡和子氏がスーパーバイザーとして名前を並べてくださることになりました。キリストが生まれたクリスマスから数えて12日目に行われる公現祭の夜は、召使いが主人のような服装をし、男女も衣服を取り替えてどんちゃん騒ぎで祝う日とされていました。このどんちゃん騒ぎの夜に初演されたという『十二夜』は、『男女の双子の入れ違いによる混乱』、『恋の三角関係』、『酔っぱらいの悪ふざけ』と、舞台の上も祝祭と同じようにバタバタとエピソードが重なって大騒ぎになりますが・・・。新潟シェイクスピアカンパニーのメンバーと、劇団ひまわりシアター代官山プロデュースのメンバーとが、シャッフルのWキャストで、お目にかけます。
 ●あらすじ イリリアの公爵オーシーノは、伯爵令嬢オリヴィアに思いを寄せている。しかし、兄を亡くした悲しみに暮れるオリヴィアはそんなオーシーノの求愛をひたすら拒み続けていた。そんなある日のこと、嵐の過ぎ去ったばかりのイリリアの海岸に、メッサリーンのセバスチャンの娘・ヴァイオラが打ち上げられる。乗っていた船が難破し、同じ船に乗っていた瓜二つの双子の兄・セバスチャンも行方知れずとなり途方に暮れるヴァイオラだが、船長のはからいで男装してシザーリオと名乗り、オーシーノ公爵の小姓として仕えることとなる。さて、オリヴィアの屋敷には、叔父のトービーと、オリヴィアの求婚者であるアンドルーが居候しており、道化フェステとともに毎日飲めや歌えの馬鹿騒ぎをしていた。そんな彼等を、生真面目な執事のマルヴォーリオは、目の敵にしている。ある夜、トービーたちが羽目をはずしていると、マルヴォーリオが現れ厳しく叱責される。腹の虫が治まらないトービー達はなんとか仕返しをしてやろうと、オリヴィアの侍女マライアが提案した悪ふざけをマルヴォーリオに仕掛けることに。そんな中、ヴァイオラと生き別れになったかと思われた兄のセバスチャンは、アントーニオに命を救われ、イリリアにやって来ていた。街を見物中、ひょんなきっかけでオリヴィアに出会ってしまい・・・。『恋の三角関係』、『酔っぱらいの悪ふざけ』、『男女の双子の入れ違い』と、舞台の上はバタバタとエピソードが重なって大騒ぎ。それぞれに交差するロマンス、決闘の行方は?そして、生き別れとなっていた兄妹の運命は...?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール


詳細は劇団ホームページをご参照くださいませ
同公演の情報ページ


(北原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年9月 9日

IQ5000「RUN AWAY OFF」

第11回有鄰館演劇祭 蔵芝居'17 参加 IQ5000『RUN AWAY OFF』


脚本・演出:腹筋善之介
出演:石谷力 大友美香子 久保田寛子 鈴木ナオ ドン・タクヤ 巴里マリエ 藤原理恵子 渡部愛
腹筋善之介
大西俊貴(IsLand☆12) 坂口壮登(腹研)
スタッフ:
脚本・演出:腹筋善之介
照明:島田康和(S.P.C)| 音響:齋藤瑠美子
制作:井上信
協力:株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー、IsLand☆12、腹研
主催/桐生市教育委員会・桐生市有鄰館運営委員会
主管/第11回有鄰館演劇祭実行委員会

日時:2017年9月24日(日)午後2時開演
会場:有鄰館 煉瓦蔵


 群馬にて、IQ5000「RUN AWAY OFF」が上演されます。
 「チャイミン国総人口11 億人のほとんどが知らない、一度入ったら二度と出ることはできない牢獄、チャイミン・ジェイル。ジパ国ワックスマガジン社の、歴史の真実を解明する雑誌『マンスリー・ミライ』の若手編集者、山川ソウタは事故に巻き込まれ、このチャイミン・ジェイルに入れられた。そこで、チャイミン国の少数民族シュンマ民族の生き残り、ハッカー、アクション、シジンと呼ばれる3 人と出会う。ソウタは、開いてしまった禁断の事実を胸に、ジパに残してきた大切な人のもとに帰るため、そしてハッカー、アクション、シジンを救うため、脱獄絶対不可能といわれたチャイミン・ジェイルを脱走しようと決意する!
 舞台装置を一切使わず肉体のみで表現し、観客のイマジネーションをかき立て、ハリウッド映画のような特撮シーンまでも舞台狭しと表現できるのが特徴。演劇を超える新たなジャンルとして『IQ5000の作品』を提示しつづけている。また今回の会場になる有鄰館は劇場ではありません。かつては酒や味噌・醤油などを造り保管するために使われていた『蔵』が会場となります。がらんとした蔵の内部に、人力で舞台や客席を造るための資材を運び込み、照明や音響機材を設置していきます。当時の景観を保ちながら、補修され、手間をかけて今に残されて来た蔵群。その圧倒的な存在感、香り、感触、温もりをぜひ芝居を観ながら体感して頂きたいです。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

IQ5000ホームページ


(藤原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年9月 8日

演劇ユニットP-5「R/C Selection」

作・演出:藤原本比呂
キャスト:渡辺常日頃(P-5) 後藤真 志村壮一郎(有限会社Marmoset) 西島英斗 山本誠二 田村康太郎(株式会社シーグリーン) ちまき(有限会社Marmoset) 久保田あやこ(Area31) 奥田咲(オールドクルー) 竹原朋映 有坂奈恵(ドラマティック・カンパニー) 藤原本比呂(P-5)
スタッフ:照明:今西理恵 音響:筧良太


日時:9月21日 (木) 19時R 9月22日 (金) 19時C 9月23日 (土) 11時R/15時C/19時R 9月24日 (日) 11時C/15時R/19時C ※R:Reason C:Chain
場所:中板橋新生館スタジオ(イプセンスタジオ)
料金:前売り:3500円 当日:3800円 RCチケット:6500円
劇場へご来場いただいた方限定の特典がございます。


 東京の演劇ユニットP-5が、公演「R/C Selection」を上演いたします。
 「ありそうでありえない 現実的非現実の・・・conte 【Reason】意味:理由・判断力・良識・思考力・分別・道理 これらの意味をイメージして作った全conte8作品 【Chain】意味:鎖・チェーン・連鎖・〈手足の〉かせ これらの意味と鎖をイメージして作った全conte7作品
 この度、演劇ユニットP-5はお客様に『過去に公演した作品も是非見てみたい!』という貴重なご意見を若干ではございますがいただき、【R/C selection 】と題しまして、過去に公演したP-5の番外公演《OUT STAGE》のショートオムニバスコメディー(conte)Reason(2011年公演)/Chain(2012年公演)の2作品を9月21日~24日@中板橋新生館スタジオ(イプセンスタジオ)にて同時上演する事しました。もしお時間ございましたら是非、P-5が創り出すありそうでありえない 現実的非現実の世界 へ足をお運びください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

演劇ユニットP-5ホームページ

(藤原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

フェスティバル/トーキョー17『実験と対話の劇場 -新しい人/出来事の演劇- 』

参加アーティスト:演劇計画・ふらっと、 / シラカン / 関田育子 / 玉城大祐 キュレーション:松田正隆


11月3日(金・祝)〜11月5日(日)
【会場】あうるすぽっと
【日程】A:シラカン / 関田育子 B:演劇計画・ふらっと、 / 玉城大祐
11/3(金・祝)14:00 A+ディスカッション ☆
11/4(土)12:00 B+ディスカッション ☆ 17:00 A+ディスカッション ★
11/5(日)14:00 B+ディスカッション ★
【ディスカッションゲスト】
☆=カンパニーメンバー×松田正隆×ゲスト
★=カンパニーメンバー×松田正隆×佐々木敦(批評家・HEADZ主宰)
※その回に上演を行ったカンパニーのメンバーが登壇します。
受付開始は開演の60分前、開場は30分前
【上演時間】135分(途中休憩15分あり)(予定) ディスカッション:60分(予定)
【チケット】自由席(整理番号つき) 一般前売2,500円/ 当日3,000 円、学生1,600円 ほかセット券あり(詳細はF/Tホームページ)

 東京にて、フェスティバル/トーキョー17『実験と対話の劇場 -新しい人/出来事の演劇- 』が開催されます。
 「いま、ここで、生まれ続ける『演劇』を捕まえる
 劇作・演出家で、立教大学でも教鞭をとる松田正隆が4組の若手アーティストに声をかけ、自身も強い関心を寄せる『出来事の演劇』をテーマにした実験と対話の場をひらく。参加するのはいずれも、劇や空間設計の文法そのものを自覚的に利用、解体、再構築する20代のつくり手。本企画では、それぞれが60分以内の作品を創作、2組ごとに発表し、ゲストを交えたディスカッションにものぞむ。目指すのは、単に戯曲の言葉を再現するのではない、その時その場で生まれる現象=『出来事』としての上演。それはまた、『戯曲を書き、上演する』という、ごく当たり前にも思える行為を解きほぐし、再検討することにもつながる。言葉、身体、空間、観客......演劇を構成するさまざまな要素、その間にある力学をいかに利用し、免れ、出来事を起こすか−−。つくり手と観客双方に新しい知覚、思考をもたらす探求と実践がここに始まる。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、フェスティバル/トーキョー17まで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年9月 7日

Theatre劇団子「ジェットコースターが終われば」

作・演出:石山英憲
キャスト:斉藤範子、大高雄一郎、竹中さやか、杏泉しのぶ、 大島翠、佐佐木萌英、 和田裕太、高島大幹、岩崎一洋、斧口智彦、三上彩音、結川祥子、小玉雄大 、 ヴァイオリン・斎藤千穂 、 ソプラノ&フルート・箕浦綾乃
スタッフ:映像:照山明 、音楽:中村康隆 (夜長オーケストラ) 振付:岸下香 、 舞台美術:照井旅詩 、 照明:龍野禎和 ((有)Lightshop Neo) 音響:高橋秀雄 、 衣裳:林佐登子、 舞台監督:川前英典 、 宣伝美術:尾崎文彦 (tongpoo) 制作:古谷真弓 、 演出助手:土方健太郎、 制作補:三國芙美子


日時:2017年11月1日(水)~5日(日)
場所:シアター風姿花伝
料金:前売3800円、当日4000円 ★初日割引、前売3500円、当日4000円 ★学生割引、前売3000円、当日3200円 (劇団扱いのみ、要学生証提示)

9月9日(土)23:30~25:00
『ジェットコースターが終われば』チケット発売記念ツイキャスを開催致します。
ツイキャスアカウント

 東京の劇団Theatre劇団子が、公演「ジェットコースターが終われば」を上演いたします。
 「若くして不慮の事故で死んでしまった男。それでも彼は彼なりに精一杯人生を謳歌し、天命を全うした。今思えば短いながらも波瀾万丈な人生。『ケーッケッケ!迎えに来たぜ!死神の中でもおいらはちょっぴり優しいから、もし心残りがあるならお前の人生を振り返る時間旅行に連れてってやるぜ?』事故現場で呆然と佇む彼の元に現れるベタな死神。あまりにも胡散臭くて本来なら絶対についていかないが、失うものが何もない彼は死神と共に自分の人生を振り返る旅に出た。自分が何を望まれこの世に生を受けたのか。ただそれだけが知りたくて...
 ~死神と行く時間旅行~ 来年で結成25周年を迎えるTheatre劇団子の新作は、死神と一緒の時間旅行。劇団の持ち味であるコメディータッチかつハートフルな作風に加え、今回の公演では歌や踊り、そして生演奏などその他様々な身体表現を織り交ぜながら、オムニバス形式で主人公の人生を振り返ります。毎回評判の舞台装置も今回は封印し、出演者と演出の表現力の限界に挑戦致します。昨年末に行ったオーディションにより、新たに5人のメンバーも加わった新生劇団子の最新作にどうぞご期待下さい。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


Theatre劇団子ホームページ

(斉藤さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

アトリエ・センターフォワード×GEKI-kisyuryuri ドン・キホーテ アトリエプロジェクト『二十日鼠と人間』

原作: スタインベック
脚色・演出: 矢内文章
出演: 矢内文章、藤井円、岡村尚隆、高瀬大貴、丹家ひろ、間宮あゆみ

《公演スケジュール》
・9/13(水)~9/17(日) 全5公演
・各日 19:00 開演
・会場 GEKI-kisyuryuri アトリエ JR常磐線・東京メトロ千代田線『綾瀬駅』東口より徒歩18分、バスで10分
※会場へのアクセスはウェブサイト内にある『ACCESS』をご参照ください。
《チケット販売》一般(前売・当日共) 2,500円
●オンライン予約 カルテットオンラインよりご予約ください。
●メールでの予約 こちらのメール宛に、必要事項を明記の上お申込みくださいませ。
・ご希望の日にち ・枚数 ・ご希望の支払手段(当日精算または銀行振込) ・お名前(漢字とフリガナ) ・電話番号
●電話での予約・お問い合わせ アトリエ・センターフォワード 制作部 080-6685-2908(平日・祝日 9時~18時)


 東京にて、アトリエ・センターフォワード×GEKI-kisyuryuri ドン・キホーテ アトリエプロジェクト『二十日鼠と人間』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(湯田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年9月 5日

J-JAM 企画「BrilliantCat"S"~怪盗Sの真実~」

【Cast】仲谷明香(W キャスト)/望月海羽(W キャスト) 畑中智行(キャラメルボックス)/マリアユリコ 加賀屋一肇/本間識章/藤浦功一/玉置千砂子 森雄基/高木裕和/芦原由幸/成田浬 寺崎杏珠/宮山心芭/石村ひなた
Staff
原作・脚本:ひろみち 演出:楢原じゅんや
音楽:柴田敏孝 / 真島聡史 美術:照井旅詩 照明:大内圭司
音響:プラン 塚原 康裕 / 操作 小森 美穂 衣装:横田裕二
舞台監督:山本真裕 演出助手:小野寺志織 宣伝美術・劇中映像:佐々木重直
Web サイト制作:AIDREAM 協力:TWICE VOICE / magnify 青山 毅
制作:兆プロモーション 企画・製作:J-JAM 企画
スーパーバイザー:上島雪夫


【公演日程】2017 年 10 月4 日(水) 〜 8 日(日)
【劇場】六行会ホール(キャパシティ248 席) 東京都品川区北2-32-3 TEL 03-3471-3200
最寄駅 京浜急行・新馬場駅より徒歩3 分
【チケット取扱い】カンフェティ予約 前売り 5,000 円(全席指定) 当日 6,000 円(全席指定)


【脚本】作家ひろみち
小説、戯曲や詩などを中心に活動している若手作家。代表作には小説『縦孔』、『シアワセの詩』、戯曲では『Sing Your Song』、『主~あるじ~』、今回の『Brilliant Cat "S"』〜怪盗"S"の真実〜などがある。その他、詩など多数。
【演出】楢原じゅんや 1979 年11 月29 日生まれ。群馬県出身。
高校時代に初舞台を踏む。卒業後、アメリカNY 州にて3 年間ダンスを学ぶ。Clark Academyof Performing Arts 主催のダンス公演などにも出演し活躍。日本での主な出演作品は『ファニーガール』、『ガブリエル・シャネル』、『嵐が丘』、『王様と私』、『南太平洋』、『ウエストサイドストーリー』、『スウィートチャリティー』など。その他、バックダンサー、MV、ドラマにも出演。ダンス講師や振付も行っている。各種イベントにて短編の演劇の演出なども精力的に行っている。

J-JAM 企画とは 演劇界に新たに参戦した、舞台を中心に企画・製作を行う団体です。新たな出会いを求め、演劇と真摯に向き合い、良い作品を作っていきたいと思っております。応援よろしくお願い致します。 代表 楢原じゅんや

 東京にて、J-JAM 企画「BrilliantCat"S"~怪盗Sの真実~」が上演されます。
 「父親の愛に包まれた、二人の女刑事、穴澤さくらと笹倉真紀の物語 穴澤さくらは幼少時に拘束心筋症という難病指定の心臓病を患っていた。刑事であった父の意志を継ぎ自身も刑事となり、数々の事件を解決してきたが、父親も追っていた鼠小僧のような怪盗"S"というなかなか捕らえることができない相手を前に意気消沈していた。そんな折、少女誘拐事件が起きる。怪盗事件のことは一時中断に追い込まれるが、誘拐事件を追えば追うほど怪盗"S"の存在がちらついてしまう。猟奇的犯行に見えない全貌。穴澤は挫折感に苛まれるが相棒の西川ひろとと共に捜査を続けていると誘拐された女の子、丸井雫が自分と同じ心臓病に侵されていることを知る。穴澤は丸井雫と自分の幼少期を重ね、同じ境遇の女の子を助ける事を誓うが、幼少時に決別したライバル刑事の笹倉真紀の存在がちらつき始め、邪魔をされる羽目に。そしてさらに追い打ちをかけるようにもう一人の怪盗"S"が出現してしまう。だが困惑する穴澤をわき目に、穴澤さくらと笹倉真紀の関係は近づいていく。果たして怪盗"S"とは一体誰なのか。今、真実が解き明かされる...」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、J-JAM 企画 『Brilliant Cat "S"』製作実行委員会事務局:〒111-0043 東京都台東区駒形2-4-7-304 TEL :09065504250(担当:川嶋) まで。


【BrilliantCat"S"公式サイト】

(川嶋さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年9月 4日

劇団青年座「真っ赤なUFO」

作・演出:作=太田善也 演出=黒岩亮
キャスト:平尾仁、山賀教弘、矢崎文也、山崎秀樹、高松潤、松田周、伊東潤、山本与志恵、小林さやか、井上夏葉、當銀祥恵


日時:2017年9月29日(金)~10月8日(日)
場所:青年座劇場 小田急線代々木八幡駅 南口より徒歩1分/北口より徒歩5分
料金:一般:4200円 U25(25歳以下):3000円 初日割:3000円


 東京の劇団青年座が、公演「真っ赤なUFO」を上演いたします。
 「1978年(昭和53年) ピンク・レディー『UFO』や映画『スター・ウォーズ』『未知との遭遇』が大ヒット 全国各地でUFOの目撃情報が相次いで報告され、空前のUFOブームが起きていた。東京の郊外にある一軒家。印刷業を営む斉藤清は、優しい妻、市役所に勤める娘、大学生の息子、そして年老いた母と、一家五人、慎ましく暮らしていた。ところが、清が45歳の誕生日を迎えたその夜、とんでもない事が起きる。それは、家族、娘の恋人、近所に住む親戚、さらには小説家や大学教授、そしてテレビ関係者をも巻き込み、大騒動となってゆく......
 普通の人たちが事件に巻き込まれ、日常生活が一変していく様が描かれる太田戯曲。登場人物一人一人の背景を丁寧に描き、一人として脇役がいないのも特徴の一つです。1978(昭53)年、ピンク・レディーの『UFO』や映画『未知との遭遇』、『スター・ウォーズ』の公開によって、宇宙の存在が身近になった時代。東京の郊外に住む斉藤一家と一家を取り巻く人々のお話です。個性豊かな11名の俳優陣が、一癖も二癖もある登場人物たちを演じ、人情味溢れるコメディをお届けします。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団青年座ホームページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2017年9月 3日

「STORE HOUSE Collection日韓演劇週間Vol.5」

出演劇団:劇団パスクン(韓国)、モンシアター(韓国)、ぽこぽこクラブ(日本)


日程:2017年10月4日(水)~8日(日)
会場:上野ストアハウス
詳細はホームページにて

 東京にて、「STORE HOUSE Collection日韓演劇週間Vol.5」が開催されます。
 「今年もストアハウスコレクションの季節がやってまいりました。STORE HOUSE Collection日韓演劇週間Vol.5を上野ストアハウスにおいて開催いたします。韓国より、2016年度の韓国演劇評論家協会が選ぶ『今年のベスト3』、東亜演劇賞等に選ばれた劇団パスクン、ソウルを拠点に多様なジャンルのアーティストとともに、現実と夢の境界を描くモンシアター(夢シアター)が、日本からは『常に自分たちがやりたいことをわがままに、自由にやる』ことをモットーに活動する気鋭の若手劇団ぽこぽこクラブの3劇団が上野ストアハウスに集結します。注目のラインナップになりました。ぜひお見逃しなく!また、通訳や会場整理をお手伝いいただくボランティアスタッフも大募集中です。みなさまのご参加をお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ストアハウス TEL 03-5830-3944、またはこちらのメールまで。

同公演の情報ページ

(小形さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年9月 1日

劇団スタジオライフ「はみだしっ子」

作・演出:作:三原順 脚本・演出:倉田淳 
キャスト:山本芳樹  曽世海司  岩3 大  船戸慎士  松本慎也  仲原裕之  緒方和也  宇佐見輝  澤井俊輝  若林健吾  久保優二  田中俊裕  千葉健玖  牛島祥太  吉成奨人  伊藤清之(Fresh)  鈴木宏明(Fresh)  前木健太郎(Fresh)  藤原啓児 ※トリプルキャスト公演になります。 ※Freshは劇団スタジオライフ研究生。 ※出演者は全公演に出演いたします。 ※出演者は都合により変更になる場合がございます。予めご了承ください。


日時:2017年10月20日(金)~11月5日(日)
場所:東京芸術劇場 シアターウエスト
料金:前売り:5,00円(一般) 当日:5,800円(一般)


 東京の劇団スタジオライフが、公演「はみだしっ子」を上演いたします。
 「いつの間にか寄り添い、旅をするようになった個性の全く違う4人の仲間、グレアム、アンジー、サーニン、マックス。親に見捨てられた子供達の早過ぎる孤独は、彼らをこの世のはみだしっ子にしていた。傷ついた過去を癒してくれる誰かがきっとどこかにいるはず!愛を探すそれぞれの心が今、血の絆を超え深く結ばれる......
 三原順作『はみだしっ子』は、1975年に少女漫画雑誌『花とゆめ』に連載され、熱狂的なブームを引き起こした。4人の少年たちの彷徨する心から発せられる言葉の数々は、鋭く深く人間の真実に迫ってくる。ある時は暖かく、ある時はしたたかに生きていく様を描いたこの作品は、他に類をみない空前絶後の漫画と言われている。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(miuraさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月31日

フェスティバル/トーキョー17『パレスチナ、イヤーゼロ』&アジアシリーズ vol.4 中国特集 チャイナ・ニューパワー ― 中国ミレニアル世代 ―『忉利天(とうりてん)』

フェスティバル/トーキョー17『パレスチナ、イヤーゼロ』


作・演出:イナト・ヴァイツマン
キャスト:ジョージ・イブラヒム、ガッサーン・アシュカル、アムジャド・バドル、ハウラ・イブラヒム


日時:10月27日(金)~10月29日(日)
場所:あうるすぽっと(東京メトロ有楽町線東池袋駅直結)
料金:一般前売(全席指定)4,000円/当日4,500円 学生2,600円ほかセット券あり チケット詳細
<タイムテーブル>
10/27 (金) 19:30☆
10/28 (土) 19:30☆
10/29 (日) 14:00☆
☆=プレ・パフォーマンストークあり(予定)
受付開始は開演の1時間前、開場は30分前
公演詳細
<上演時間> 60分
<上演言語> アラビア語(一部ヘブライ語)/日本語字幕

 東京にて、フェスティバル/トーキョー17『パレスチナ、イヤーゼロ』が上演されます。
 「不動産鑑定士が、破壊・損傷されたパレスチナ人住居の被害調査に乗り出す。エルサレムからジェニン、アラーキーブ、ガザの家々を訪れ、被害のありさまを報告書に纏め上げる。取り壊しの理由やその方法は場所によってそれぞれ異なる。下、上、横からと建物はあらゆる方向から壊わされていく。砕け落ち、封鎖され、爆撃の爪痕や亀裂が残る建物。被害調査報告を纏める過程で鑑定士はパレスチナの現実に遭遇する。彼は、被害状況を記録する中で現代の『考古学者』となり、パレスチナの歴史を書き綴る。
 破壊されているのは何か。一面の瓦礫が語りだす、パレスチナの現在地 イスラエルで活躍する女優で人権活動家でもあるイナト・ヴァイツマンの作・演出、『羅生門|藪の中』(F/T14)でも来日したパレスチナの劇団、アルカサバ・シアターの主宰ジョージ・イブラヒムの主演で、昨年初演された話題作が、早くも東京に上陸する。舞台は、イスラエル当局に破壊された家屋を調査するパレスチナ人鑑定士の事務所。事例ごとに並べられたファイルが、一つひとつ、ひっくり返されていく。被害時の状況や調査でのやりとり......俳優たちが入れ替わり立ち替わり、時にはユーモアさえ交えて再現するのは、どれも実際に起こった出来事だ。数々の破壊行為の惨状は、本国(アッコ演劇祭)での初演時にも大きな反響を巻き起こし、台本をめぐる文化省の事前検閲との攻防も話題を呼んだ。劇が進行するにつれ、舞台面に広がり、積み重なっていく資料=瓦礫の山。かつて考古学を志した鑑定士の目に映る荒廃に、私たちはどんな暮らしや文化の痕跡、歴史を見出すだろうか。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメール


フェスティバル/トーキョー17ホームページ



フェスティバル/トーキョー17アジアシリーズ vol.4 中国特集 チャイナ・ニューパワー ― 中国ミレニアル世代 ―『忉利天(とうりてん)』」


作・演出:構成・演出・美術:チェン・ティエンジュオ


日時:11/10 (金) 19:00★ 11/11 (土) 19:30 ★=終演後、ポストパフォーマンストークあり。 受付開始は開演1時間前、開場は30分前
場所:東池袋あうるすぽっと 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F,3F 東京メトロ有楽町線『東池袋駅』6、7番出口より直結 JR他『池袋駅』東口より徒歩10分。 都電荒川線『東池袋四丁目』徒歩2分
料金:チケット:自由席(整理番号つき)  一般前売3,500円 / 当日4,000 円 / 学生2,300円/ ほかセット券あり

 東京にて、フェスティバル/トーキョー17アジアシリーズ vol.4 中国特集 チャイナ・ニューパワー ― 中国ミレニアル世代 ―『忉利天(とうりてん)』が上演されます。
 「古代神×クラブミュージック。熱狂と混沌の中に立ち上がる『いま』 彫刻や絵画といったファインアートから、グラフィックやファッションのデザインまで、縦横無尽にジャンルを行き来し、東西の多様な文化をミックスアップ、サイケデリックかつポップな作品に昇華するチェン・ティエンジュオ。英国留学を経て、ヨーロッパのレイブ、クラブシーンにも精通する彼が、これまでに発表してきたライブ・パフォーマンスを、劇場作品としてリ・クリエーションする。神々が跋扈する古代の世界と現代のクラブ・カルチャーとが邂逅し、出現させるまたとない空間に身をまかせよ!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月29日

ことばと(KOTOBATO)第4回公演「続々々 ネコとアイ」

作 / 潤色構成 / 演出:西垣克啓 (goodpopjapan)
出演 : 石塚 麻路・海老沢 潮・隈元 ますみ・黒澤 咲絵(劇団オーサムショー)
企画 : フォーライフソングス/ goodpopjapan
協力:フォーライフミュージックエンタテイメント、原宿ペニーレイン、フクロウのろうどくかい、劇団オーサムショー、鎌倉日和堂
制作:KOTOBATO制作チーム

公演日:2017年09月23日(土)・24日(日) 
    12時 30分 開場 / 13時00分 開演
    ※公演終了後、アフタートークあり
会場:原宿ペニーレイン  (渋谷区神宮前6-2-7)    
チケット:2,000円(税込)全席自由席 ( 咲絵3rd Singleレコ発ワンマンライブ「いま、居間にいます。」のチケットもしくは、チケットの半券をお持ちの方は、入場時提示で、¥500- 割引 )
チケット予約:こちらのメール

<公演情報 -2>
咲絵3rd Singleレコ発ワンマンライブ「いま、居間にいます。」
公演日:2017年09月23日(土) 
    18時 00分 開場 / 18時30分 開演
会場:原宿ペニーレイン  (渋谷区神宮前6-2-7)    
チケット:2,000円(税込)全席自由席
チケット予約:こちらのメール


 東京の劇団ことばと(KOTOBATO)が、第4回公演「続々々 ネコとアイ」を上演いたします。
  「原宿のバー、ペニーレインで定期的に開催されている、異色な朗読劇KOTOBATOの第4回公演 開催 !原宿のバー、ペニーレインのステージを使い定期的に開催されている、異色な朗読劇ことばと(KOTOBATO)の第4回公演「続々々ネコとアイ」が、9月23日・24日に開催されます。出演者達がネコに扮して、人の言葉の真相に迫ろうと、人の残した書物を朗読し、人間のアイという言葉の意味を模索していくという体で進行していく、異色な朗読劇ことばと(KOTOBATO)。毎回、役者はもちろん、声優やミュージシャン等、ことばを使った多分野の人達が出演して話題になっています。「この地球で生き残る秘訣は、ヒトとうまく付き合うことだ」と、経験豊かなネコは言う。「ヒトとは関わらずに生きていきたい!」と、若いネコは主張する。学園に新たな火種?!猫又師範学校シリーズ第4弾 
 今回は、コメディー中心の舞台で最近話題の劇団オーサムショーでの活動や都内のライブハウスで精力的なライブ活動を行なっている、黒澤 咲絵(咲絵)を迎えての開催となります。そして、23日(土)の18:00からは、同じ会場で新がソングライター咲絵として3rd Single発売ワンマンライブを開催し、両方を見ると割引特典があり、音楽好きにも舞台好きにも嬉しい企画。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

< 公式サイト>  < FaceBook > < Twitter > 

(内田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

山本由也劇人形作品展&コラボライブ【セッション】


日時 2017年10月3日(火)~10月22日(日)
コラボライブ開演時間 開場18:30 開演19:00
多彩なアーティストのゲストを迎え、人形とのコラボレーションライブを行います!
<チケット料金> ライブチケット・・・3,000円 全ライブ フリーチケット・・・13,000円
<会場> スペース&カフェ ポレポレ坐《東京都中野区東中野4-4-1》
<アクセス> JR総武線&大江戸線『東中野駅』より徒歩1分
【予約/お問い合わせ 9月1日(金)開始】03-3227-1405(ポレポレタイムス社) メールはこちら

 東京にて、山本由也劇人形作品展&コラボライブ【セッション】が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、03-3227-1405(ポレポレタイムス社)、またはこちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(山本さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月28日

コスモル あら!秋分の日?2017コスモル本公演のNo.20★『ZigZag 〜人生怪盗ノ話〜』

★作・演出 石橋 和加子(若手演出家コンクール優秀賞受賞・日本演出者協会員)
★CAST 吉川加良子 岡崎良彦 小野寺那佳子 高橋直幸 稲村祐介 手塚優希 (劇団ゴールデンタイム!/獣の仕業) 板垣淳 芦屋成子 石橋和加子(コスモル)
★STAFF
舞台監督 今泉馨(P.P.P)松井桃子(P.P.P)
照明 仲光和樹(E-FLAT)
音響 坂爪亮介
美術 佐藤あやの
衣裳 近野純子
楽曲 Blitzkrieg 大輔(Blitzkrieg )
OPダンス振付 大政あすか
殺陣コンシェルジュ 石田武(劇団EASTONES)
舞台写真 金井恵蓮
映像撮影 田中カズヒロ
チラシ絵&宣伝美術 Anthony Bulnes
制作 江浦静樹・コスモル事務局


日程:2017年9月21日(木)〜25日(月)
劇場:下北沢OFFOFFシアター
<京王井の頭線・小田急線『下北沢駅』南口改札出てすぐ目の前の『TAROビル』3F
東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F TEL:03-3424-3755
★TIME TABLE
受付開始→開演45分前 開場→開演30分前
2017年9月
21日(木) 19:30
22日(金) 14:00 19:00
23日(土・秋分の日) 14:00 19:00
24日(日) 13:00 18:00
25日(月) 15:00
★TICKETS<全席自由> 前売 \3000 当日 \3500 学生 \2500(※学生証掲示)
★みみよりコスモル割★
♪お友DA-V割=5名様で\13500<1名\300引!>
♪ランドセ~ル割=小学生\1500 <ぴよこもOK!5歳以下無料>
♪怪盗割=(※自宅で怪盗をされたご経験のある方) =\500
※取扱いは劇団のみ要予約。受付にて身分証・証明書掲示。

 東京の劇団コスモルが、あら!秋分の日?2017コスモル本公演のNo.20★『ZigZag 〜人生怪盗ノ話〜』を上演いたします。
 「★POETRY ByeBye と大きく叫んで あたしは門出を終えた だいだい色の宝貝は あなたが 持っています もも色の宝貝は お守り なんどもKissをする 同じ海にいたの 同じ海に あなたは 喜んでくれますか? あなたに 一番喜んで欲しいよ
 「むかしむかしのこの国には、ヒトサマの人生を盗むという可笑しな大泥棒がいたそうな...?愛と生と死を謳い続ける、コスモルがあなたの心に火を灯す。熱量ありありなヒューマン個性派ドラマ⭐」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、コスモル事務局:こちらのメール、tel:070-6977-5266 まで。


コスモルホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月27日

劇団東京トライアングル第五回本公演『ハンムラビノザイカ』

▲スタッフ
劇作、演出:小林英樹(劇団東京トライアングル)
舞台監督:内河隆(株式会社アートシーン)
照明:本澤正史(株式会社フラットステージ)
音響:井出比呂之
美術:米野直樹
△出演(五十音順) 足立 りょう太(プロダクション・タンク、フェドー劇場) 宇津木 響平(劇団東京トライアングル) 小野田 銀四郎(劇団東京トライアングル) 蟹江 俊介(青二プロダクション) B 亀井 芳子(マウスプロモーション) 倉持 愛衣子 B 中嶋 百合子(D.K HOLLYWOOD) 中村 大樹(81プロデュース) 肥後 マコト(ケッケコーポレーション) 福地 洋志 ほんだ りんこ(劇団俳協) 森下 めぐみ(Honey Rush) A 吉野 星 A
渡邉英恵(劇団東京トライアングル、Ritrovo) 和田和美(劇団東京トライアングル)


△日程
2017年 10月5日(木)19時〈A〉
10月6日(金)14時〈B〉、19時〈A〉 
10月7日(土)14時〈A〉、19時〈B〉
10月8日(日)14時〈B〉、19時〈A〉
10月9日(月・祝)14時〈B〉
※本公演はA、Bキャストの二編成になります。
▲会場 萬劇場 豊島区北大塚2-32-22(JR大塚駅北口から徒歩四分)
△チケット 前売り、当日共/4000円 ※チケット予約フォーム


 東京の劇団劇団東京トライアングルが、第五回本公演『ハンムラビノザイカ』を上演いたします。
 「ある一人の生徒の自殺。それがすべての始まりだった。急遽開かれる緊急保護者会。そこに集まる13人の教師、保護者、そして...『なぜ、彼は自殺したのか?』次々と判明する新たな真実、嘘か真か虚実入り乱れる議論の果てに、彼らはようやく辿り着く...一つの真実に。『目には目を...歯には歯を...』劇団東京トライアングルがお送りする、初の社会派サスペンス!!『ハンムラビノザイカ』これは復讐なのか...それとも贖罪のためか...?」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(小野田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月26日

英語劇団AlphaBet City! 第8回公演『HAIR!』

◆公演日◆2017年9月23日(土)&24日(日)
[1]9月23日(土)18:30 開演(18:00開場)
[2]9月24日(日)13:30 開演(13:00開場)
◆上演時間◆ 第1幕約80分、第2幕約75分 (途中休憩15分)
◆会場◆ 大阪市立青少年センター(KOKOPLAZA) 各線『新大阪駅』徒歩約10分
◆全編英語ミュージカル◆
◆日本語字幕あり◆
◆全席自由席(要入場予約)◆
◆入場無料(カンパ制)◆
予約申し込み

 大阪にて、英語劇団AlphaBet City! 第8回公演『HAIR!』が上演されます。
 「1968年。舞台はベトナム戦争・公民権運動の渦中にあったアメリカ・NY。セックスとドラッグを肯定し、『愛と平和』を叫び続け、自由に生きるヒッピーたち。ある日彼らの元へ、ベトナム行きの徴兵令が届いた...。1967年の初演から半世紀たった今も、色褪せることない社会派ロックミュージカル!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


英語劇団AlphaBet City! ホームページ

(Salsaさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

「楠美津香 ひとりシェイクスピア」

9月13日(水)14日(木) タクト寄席 Vol.13&14
『楠美津香 ひとりシェイクスピア 連続上演』
13日 第一夜 『超訳 マクベス』
14日 第二夜 『超訳 ハムレット』

作・演出:好田タクト 楠美津香
キャスト:好田タクト 楠美津香
スタッフ:好田タクト 楠美津香


日時:9月13日、9月14日
場所:参宮橋トランスミッション
料金:前売・当日:2500円
場所:参宮橋トランスミッション (小田急各駅で参宮橋駅下車~改札でたら左に折れ徒歩2分)
開場:18:30 開演:19:00
予約・問合せ 03-6802-3745 または、office-rice@apost.plala.or.jp
ご予約の場合は、お名前、希望日、希望枚数、連絡先をお知らせください。当日精算いたしますが、チケット郵送の場合は住所も教えてくださいね。

楠美津香(くすのき みつか)
実験的ひとりコントを自作自演。日本で初めて"女性一人コント"を確立させる。特に2000年からはじめた一人シェイクスピア(LSD)は10年間で全37作を上演。世界で一番わかりやすい格闘技系シェイクスピアと呼ばれるパワーと狂気があふれる舞台は多くの観客の心をつかんで全国を巡演中。その中から選りすぐりの2作品、シェイクスピアの四大悲劇『マクベス』と最高傑作『ハムレット』を連続上演。
楠美津香 受賞歴
92年 国立演芸場 花形演芸会銀賞受賞
94年 国立演芸場 花形新人大賞特別賞受賞
楠美津香のホームページブログでは、この公演の告知をしてもらっています。

 東京にて、「楠美津香 ひとりシェイクスピア」が上演されます。
 「『どっちを行くべきか、続けて見るべきか、それが問題だ!』各公演は楠美津香さんが一人で2時間熱演されます。好田タクトは上演の冒頭と間に、指揮者形態模写をいたします。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同公演より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「各公演4名様をご招待します。問い合わせ先のメールアドレスにて受けつけます。9月10日までに『一人シェイクスピア 〇日 招待希望』とタイトルを書いて、お名前、希望日、連絡先をお知らせください。」

(好田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月24日

ラビット番長 無料公演『ギンノキヲク』&介護福祉フェス!

第28回池袋演劇祭【優秀賞】受賞記念
ラビット番長 無料公演『ギンノキヲク』&介護福祉フェス!

作・演出/ 井保三兎 (ラビット番長)
■■ 出演 ■■
【ラビット番長】井保三兎 西川智宏 大川内延公 野崎保 雪島さら紗 金田央 高橋杏奈 渡辺あつし(株式会社ALBA) 岡本美歌 吉田伊邪那
【客演】陽田奈緒 田原愛子 向野ひかる 中村充美 榊原崇晶 伊藤優佳 平塚あみ 石井智子 北澤友梨枝 宮崎優美 (演劇ユニット☆宇宙食堂) 出口亜梨沙 (エイベックス・マネジメント) 松沢英明 柴田時江 (オフィス山本)
【演劇制作体V-NET】 野田あゆみ 尾山ねこ 柾木元一郎 キンダイチ 右田k;V 鶴巻健太郎 岡誠一郎 鈴木康平 恒石春介 井手知美 大木愛 金城憲辰 南條文利 東野裕 関口愛美 永長孝盛 長澤水萌 飯島健 宇田川佳寿記 齋藤允史 長瀬玲捺 山口良輔
■■スタッフ■■
舞台監督:垰田悠
音響:志水れいこ
照明:野口りさ(Lighting Office altiplano)
イラスト:松本渚
プロデューサー:五十嵐玲奈(ラビット番長)
企画・製作:ラビット番長

■■劇場■■ 豊島区立舞台芸術交流センター【あうるすぽっと】
住所: 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2・3F 電話: 03-5391-0751
■■タイムテーブル■■
9月29日(金) 12:00開演
9月29日(金) 18:00開演
9月30日(土) 12:00開演
9月30日(土) 18:00開演
10月1日(日) 13:00開演
※受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。
※劇場ホワイエの『介護福祉フェス』は11:00~20:00まで(10/1は16:00まで)ご覧頂けます。
■■チケット■■【全席自由】
・入場無料!(要予約) ご予約はこちら

 東京の劇団ラビット番長が、無料公演『ギンノキヲク』&介護福祉フェス!を上演いたします。
 「舞台は特別養護老人ホーム『紀陽の里』。ラビット番長の人気作品、ヘルパー奮闘記『ギンノキヲク』がなんと無料でご覧いただけます!劇場ホワイエでは【介護福祉フェス】を同時開催!介護用コミュニケーション・ロボット『テレノイド』も登場します。是非どうぞお気軽にお立ち寄りください。さて今回のレクリエーションは・・・?!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ラビット番長:こちらのメールまで。


ラビット番長ホームページ
■twitter @RabbitBancho
特設サイト


(五十嵐さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月23日

劇団ひまわり「りそうのくに」

作・演出:原作:平井美里 脚本・演出:劇団ひまわり文芸演出部(斉藤萌)
キャスト:望月寛子 金井真澄 鈴木晃司 加治屋章介
スタッフ:振付:松田紀子 音楽:鬼ヶ原優


日時:2017年8月26日 14時・17時2回公演
場所:芸能花伝舎(西新宿)
料金:前売り:一般2,000円 3歳~小学生1,000円 親子割引(本当の親子でなくても可、一般1枚と小学生以下2枚組合せ)3,000円 当日:一般2,500円 3歳~小学生1,200円 親子割引は当日券なし

 東京にて、劇団ひまわり「りそうのくに」が上演されます。
 「古い伝統と人との繋がりを大切にするドコナンダ国に、便利で刺激的なアコカイナ国から新しい王様がやってきました。新国王は、時代遅れの古くさい国を、もっと立派で、国民が今より幸せに暮らせる自分の理想とする国に作り替えようと、人の気持ちを考えずに次から次へと命令を出していきます。命令をこなすのに必死な大臣たちは、てんてこまい!!更には国民までも振り回されて...さて、ドコナンダ国はどうなってしまうのでしょうか?!
 どんなコミュニティでもおこりうる、些細なボタンの掛け違えから、自分の立場や気持ちを守るために、人の気持ちを疑ったり、見て見ぬふりをしたりしてしまう人間模様と、それでも最後には他者を認め、許しあい協力しあうことの大切さを描きました。小学生の子どもたちに、友達とのコミュニケーションについて考えてもらえたら、と思って製作したのですが、王様と大臣や国民との関係が、今のシチズンシップの問題にかかわってきたり、大人でも、人と協働して物事を進めていくことのむずかしさを考えさせられたり・・・ぜひ、ご覧頂けたらと存じます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(北原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月22日

佐野企画「魂の朗読劇 vol.17 ~宮沢賢治の世界~」

作・演出:佐野真
キャスト:まんざらでもねぇりょうへい、椎名トモカズ、宮本あや、宮本彩綾、七海佑衣、黒咲ちよこ、佐野真
スタッフ:演出・ヴァイオリン演奏:佐野真 照明・舞台監督:忍守シン 音響・制作:黒咲ちよこ


日時:2017年8月26日(土)14:00/18:00 (開場は開演の30分前)
場所:アトリエファンファーレ高円寺(JR高円寺駅下車 徒歩3分)
料金:一般 2,500円 学生 1,000円
チケット予約

 東京にて、佐野企画「魂の朗読劇 vol.17 ~宮沢賢治の世界~」が上演されます。
 「宮沢賢治の名作『セロ弾きのゴーシュ』を音楽朗読劇でお届けいたします。ヴァイオリン生演奏と朗読とで織り成す世界を是非お楽しみください!同じく宮沢賢治の名作『よだかの星』を含め、全3作品を上演します。朗読や宮沢賢治にご興味ある方。音楽に興味のある方。夏の日に、生演奏付きの朗読劇はいかがでしょうか。17回目を数えます、佐野企画の音楽朗読劇です。よろしくお願いします。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2017年8月21日

RAINBOW-STUDIO シアター・カンパニー オペラ『魔笛』

作・演出:☆演出:佐羽英
キャスト:夜の女王:池谷京子 神官ザラストロ:長谷川大祐 夜の女王の娘パミーナ:大島洋 王子タミーノ:成田寛巳 老女/パパゲーナ:玉井雅世 鳥刺しパパゲーノ:古澤利人 弁者:石原慎一 モノスタトス:岡智 夜の女王の3人の侍女:金理愛・柳原ゆう・鈴木貴大 7人の童子:市瀬美和・関根佐和子・生川美沙・秦ありさ・古川あかり・ 増田樹乃・宮崎(旧字の崎)真衣子 僧侶:倉田秀人・小松森太郎・浅野夢彦 武士:松原悠馬・松村桜李 男性アンサンブル:石井理央・高瀬隼・根本 秀之・三神秀悟・ 大十繞真広 女性アンサンブル: 板倉愛実・井上ゆかり・大類果恋・小原千佳・川口海音・西岡磨央・ 野沢美喜・林もも・北條優佳・又吉宏美・宮ヶ原千絵・山本あや
スタッフ:舞台監督:西村耕之 振付・ステージング:登坂良樹 歌唱アドバイザー:古澤利人・長谷川大祐 エレクトーン:小倉里恵 稽古ピアノ:村田千晶・さくまゆき・松岡なぎさ・谷向早 音響:実吉サウンドデザイン 照明:小粥之央 衣装・イラスト:上野由美子 演出助手:横関友希 制作:小宮山雅美


日時:<公演日・開演時間> 09月30日(土)12:30/17:30 10月1日(日)12:30/17:30 10月2日(月)13:00☆ ☆...終演後トークショーあり ※上演時間 約3時間
場所:ムーブ町屋ムーブホール
料金:前売/当日:5000円(全席自由)


 東京の劇団RAINBOW-STUDIO シアター・カンパニーが、オペラ『魔笛』を上演いたします。
 「一人の若者が、巨大な蛇に襲われているシーンから物語は始まる。彼は『タミーノ王子』だと名乗るが、そんな彼の前に天空の星を従えた夜の女王が現れる。夜の女王は、娘のパミーナ姫が悪魔ザラストロに拐われたことを語り、彼女を救出するよう嘆願するのだった。こうしてタミーノは、たまたま居合わせた森の住人パパゲーノを引き連れて、悪魔ザラストロ王が棲む太陽の国へと旅立つのだが、夜の女王は彼ら二人に魔法の力を持つ2つの楽器を授ける。パパゲーノには『魔法の鈴』を、タミーノには『魔法の笛(魔笛)』。果たして彼らの運命は?夜の女王と太陽神ザラストロ王の対立は!?
 【エンタメ・オペラ】第3弾 『魔笛』(日本語詞) 2017年秋、公演決定!分かりやすく・聞き取りやすく・親しみやすくをモットーに活動しておりますR.S.T.C.、第3回公演はモーツァルト渾身のファンタジー『魔笛』を上演します!ミュージカルやクラシック、ポップスなど様々なジャンルのキャストで新しいオペラをお届けいたします。日本語の歌詞でお楽しみください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


RAINBOW-STUDIO シアター・カンパニーホームページ


(小宮山さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団でん組「結婚する女」

作・演出:富田求
キャスト:主演 藤田弓子


日時:8月31日(木)~9月3日(日)の期間中、下記6公演。
場所:吉祥寺シアター 吉祥寺駅北口より徒歩5分
料金:前売り:4000円 当日:4500円 学生割引2500円


 東京にて、劇団でん組『結婚する女』が上演されます。
 「2014年より東京、大阪で公演を続けてまいりました、劇団でん組の新作、『結婚する女』(主演 藤田弓子)公演のご案内です。結婚詐欺師の哀しき犯罪と、反戦を描く『笑って、泣いて、ゾッとする社会派人間喜劇』。哀しき女の犯罪と日本の歴史の闇が、衝撃の真実を明らかにしていく・・・哀しくも感動的なラストシーンは、皆様の心に残ると信じております!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団でん組ホームページ


(富田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

山田ジャパン『欲浅物語』

2017年10月27日(金)~11月5日(日)@CBGKシブゲキ!!

【作/演出】山田能龍
【CAST】<山田ジャパン> いとうあさこ ただのあさのぶ 羽鳥由記 横内亜弓 宮田幸輝 西岡大 浜名一聖
 トミタ栞 与座よしあき 森一弥 あやまん監督 木嶋のりこ 芋生悠 アベラヒデノブ AKANE 菊池豪 すがおゆうじ
【STAFF】
舞台監督:大友圭一郎
照明:鈴木"Jimmy"徹也(フリーウェイ)
音響:田上篤志(atSound)
美術:根来美咲
衣裳::小泉美都
制作:翠-sui-
アートディレクション&デザイン:新村洋平
ヘアメイク:小島真利子
カメラマン:青木勇太
【主催】山田ジャパン
【協力】株式会社マセキ芸能社 株式会社ファンファーレ 株式会社レジェンドステージ 株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ 株式会社浅井企画 あやまんJAPAN株式会社 株式会社ステッカー 株式会社GOLD STAR 株式会社チーズfilm ブルースカイウォーカーズ株式会社 株式会社ARCH 株式会社フリーウェイ atSound 劇団青年座 株式会社トトト 株式会社ホットスタッフ・プロモーション

【日程】
■10月27日(金) 19:30
■10月28日(土) 14:00 19:00
■10月29日(日) 14:00 19:00
■10月30日(月) 休演日
■10月31日(火) 19:30 ☆山田ジャパンファン感謝イベント
■11月01日(水) 19:30
■11月02日(木) 19:30
■11月03日(金) 14:00 19:00
■11月04日(土) 14:00 19:00
■11月05日(日) 15:00
※受付は開演の1時間前、開場は開演の30分前になります。
※開演直前は混雑が予想されますので、お早めにご来場ください。
※未就学児童の入場はご遠慮頂いております。
【チケット】 前売:4,500円 当日:5,000円 (全席指定)
☆10月31日(火)山田ジャパンファン感謝イベント 前売・当日:2,000円 (全席自由)
プレイガイド等チケット予約詳細についてはこちら
【劇場】CBGKシブゲキ!!
[所在地] 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-29-5 ザ・プライム 6F [TEL] 03-6415-3363
[アクセス] 東京メトロ半蔵門線/東急田園都市線『渋谷』駅 出口1 ザ・プライム口 直結 ※渋谷109に隣接する、1階がユニクロの建物の6階です。
【お問い合わせ】
◇『欲浅物語』本公演に関するお問い合わせ◇
ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999(平日12:00~18:00)
◇『山田ジャパンファン感謝イベント』に関するお問い合わせ◇ こちらのメール

 東京にて、山田ジャパン『欲浅物語』が上演されます。
 「2018年に旗揚げ10周年を迎える山田ジャパン!プレ10周年となる2017年秋は、豪華ゲストをお迎えして、約1年半ぶりにCBGKシブゲキ!!にて公演を行います!山田ジャパンワールド全開の書き下ろし最新作!是非お見逃しなく!10/31(火)は『山田ジャパンファン感謝イベント』開催!今まで山田ジャパンを支えてくださったファンの皆様へ感謝の気持ちを込めて、一日限りの『山田ジャパンファン感謝イベント』を開催致します!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999(平日12:00~18:00) まで。


山田ジャパンホームページ

(横内さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月19日

「ちゃんぷるーシアターvol.17 in てんぶす」

脚本・構成・演出:太宰久夫
出演:ちゃんぷるーシアターカンパニー

【公演会場】那覇市ぶんかテンブス館『テンブスホール』
【公演日程】9/21(木) 開演 18:30 9/22(金) 開演 13:30
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前とさせていただきます。
【チケット料金】<前売り> 大人 800円 こども(小学生以下) 500円 親子チケット 1000円(大人1枚こども1枚)
<当日> 大人 1000円 こども(小学生以下) 500円
※未就学のお子様が座席をご利用になる際、子供料金(500円)が発生いたします。
【チケット予約・お問い合わせ】 TEL:090-7012-9033(11時~18時) Mail:こちらのメール
※全席自由となります。
※ご予約の際、電話またはメールにて以下の項目をお伝えください。
[1]お名前(フリガナ) [2]電話番号 [4]観劇希望日時 [5]ご希望チケット枚数・種類(例:大人2枚、子供1枚)

 沖縄にて、『ちゃんぷるーシアターvol.17 inてんぶす』が上演されます。
 「ホットでほっこり ときにはホロリ。絵本や童話を演劇に、愛に溢れる作品いっぱい!家族みんなで一緒になって楽しめる、ファミリーステージ『ちゃんぷるーシアター』が今年もやってきます!今年は、大人気作品"木村裕一作"『おおかみなんてだーいすき』や グリム童話より『小人と靴屋』、沖縄民話より『名幸たんめーとキジムナー』そして、毎年恒例の観客参加型"いわむら かずお作"『エンとケラとプン』など笑顔はじけるキラキラした全17作品をお届けいたします!どのお話を上演するかは当日のお楽しみ!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、TEL:090-7012-9033(11時~18時) Mail:こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [九州・沖縄]

東京演劇大学連盟 演劇系大学共同制作vol.5『Theatresports』

■演出:絹川友梨 太宰久夫
■即興ミュージシャン:磯村由紀子 ほか
■出演・スタッフ:東京演劇大学連盟 加盟5大学選抜メンバー
【ジャッジ(審査員)出演者】
今井敦 鐘下辰男 四大海 鈴木聡(ラッパ屋) 園田英樹 中野成樹 奈良橋陽子 西岡德馬 西山水木 野上絹代 松浦佐知子 ペーター・ゲスナー (五十音順)
主催・制作:玉川大学
共催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
後援:東京演劇大学連盟


■公演日時〈全5回公演〉
2017年9月15日(金)19:00
16日(土)13:00/18:00
17日(日)13:00
18日(月・祝)13:00
※上演時間は休憩なしの120分を予定しております。
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前とさせていただきます。
■公演会場:東京芸術劇場シアターイースト
■チケット料金 一般:2000円 大学生:1500円 高校生以下:500円 2回セット券(前売・一般のみ):3500円
※前売・当日料金一律
※未就学児の入場はご遠慮いただきます。
■チケット取り扱い 前売り開始:2017年7月10日(土)10:00
〈電話予約〉090-7012-8544 受付時間 平日11:00~20:00
〈メール予約〉こちらのメール
[1] お名前 [2]ご希望日時 [3]券種・枚数 [4]ご連絡先電話番号 をお知らせください。返信メールをもって予約完了となります。
〈web予約〉
〈東京芸術劇場ボックスオフィス〉(PC)  (携帯)
TEL:0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

■シアタースポーツ™のルールでは、即興劇で優勝を競う各チームに『点数』をつけるジャッジ(審査員)が登場します。本公演ではジャッジを毎回3名ずつゲストとしてお招きします。演劇界の第一線で活躍する方々が、演劇系5大学の精鋭たちの前に立ちはだかり、運命を左右します!

 東京にて、演劇系大学共同制作vol.5『Theatresports™』(シアタースポーツ™)が上演されます。
 「考えろ、カラダ。感じろ、頭脳。演劇系大学共同制作5年目の今回はシアタースポーツ™を上演します!!シアタースポーツ™とは世界的な即興演劇の指導者、キース・ジョンストン氏によって確立されました。1977年の公式パフォーマンス後、世界的に有名なエンターテインメントの1ジャンルとなりました。チーム別の出演者が、演劇を創作して対戦します。最後までどういう展開になるのかわからない、スポーツのような興奮をお届けする新感覚のライブエンターテインメントです。即興劇ですから同じ内容、同じ公演は二度とありません。演劇実践系5大学混合の8チームが繰り広げる白熱の即興バトルにご期待ください!!皆様のご来場を心よりお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、『Theatresports™』制作部:TEL:042-739-8092、またはこちらのメールまで。

公式サイト ■Facebook ■Twitter

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月18日

ロイン機関「鳥の火」

作・演出:【脚本】朝田大輝 (The Stone Age) 、【演出】丑田拓麻
キャスト:武田操美 (劇団 鉛乃文檎)、川田陽子 、下村和寿 (劇団 赤鬼)、つげともこ(浪花グランドロマン)、泥谷将 (Micro To Macro・劇団 鉛乃文檎)、姜愛淑、村上森子 (舞夢プロ)、 東千紗都 (匿名劇壇)、 古川 ヒロシ(PUSH UP)
スタッフ:【演出助手】岩切千穂(仏団観音びらき) 【舞台監督】北村侑也(兵庫県立ピッコロ劇団) 【照明】山口星(NEXT・lighting) 【音響】笠木健司 【挿入曲】ウミネコ楽団 【舞台美術】今津麻奈 【宣伝美術】Shocking Pink 【写真撮影】中村直幹 【制作】閑社明子(The Stone Age) 【制作協力】まっぴー(劇団 May)、岩田泰子(劇団 鉛乃文檎)、河合由香里(劇団 大阪)、小石久美子(劇団 大阪)、岩田昭人


日時:9月8日(金)19:00 9月9日(土)15:00/19:00 9月10日(日) 13:00/17:00
場所:トリイホール 大阪市中央区千日前1-7-11上方ビル4階 (大阪市営地下鉄なんば、日本橋より徒歩7分)
料金:一般 前売 2500円 当日 2800円 学生 前売 1800円 当日 2000円(中学生以上 要学生証)
チケット 予約フォーム
メール予約 こちらのメール(日時、枚数、券種、お名前、電話番号をお知らせください)
チケットぴあ TEL 0570-02-9999 (Pコード:459448)

 大阪にて、ロイン機関「鳥の火」が上演されます。
 「1988年、ポポとノロの2人組アイドル『チロル』デビュー。1989年、『メガロポリス』がヒット、ゴールドレコード新人賞受賞。1992年、『チロル』解散。
 ポポこと素子は、解散と同時に結婚し芸能界を引退。家業のスーパー『トキワ』を夫と共に引き継いだ。ノロこと弘美は、女優に転身するも鳴かず飛ばず。長年の夢であったシャンソン歌手に再転身した。あれから25年。素子の前に、弘美が現れた。『素子、一緒にもう一回唄おう』ー探し物は何ですか? ー見つけにくいものですか? 弘美は色んなものを失くしていた。時間、場所、物、お金、約束、あなた、私。彼女の中に残っていたものは......。『自分が自分でなくなるなら、それはもう人間じゃないよ』 ーまだまだ探す気ですか? ーそれより僕と踊りませんか? ロイン機関『鳥の火』は、きっとあなたの傍にある、愛と笑いの明日の物語です。 ーうん、いいよ。
 ロイン機関は丑田拓麻が主宰・演出をする関西の一人演劇ユニットです。公演ごとに『素敵だ』『今一緒に演りたい』と思う、劇作家、俳優と共に、心躍る作品作りを目指します。旗揚げ公演は2017年9月大阪なんばTORII HALLにて『鳥の火』を上演します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

ロイン機関ホームページ

(閑社さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

J-JAM企画 舞台『Brilliant Cat"S"~怪盗Sの真実~』

10月4日(水) ~ 8日(日) @六行会ホール

脚本 ひろみち 演出 楢原じゅんや
主演:穴澤さくら役(ダブルキャスト) 仲谷明香 / 望月海羽
マリアユリコ 畑中智行(キャラメルボックス) 加賀谷一肇 本間識章 藤浦功一 玉置千砂子 森雄基 高木裕和 芦原由幸 成田浬
子役 寺崎杏珠 宮山心芭 石村ひなた


【日程】2017年10月
4日(水) 18:30
5日(木) 13:30/18:30
6日(金) 18:30
7日(土) 13:00/18:00
8日(日) 12:00/17:00
【会場】六行会ホール 東京都品川区北品川2-32-3 03-3471-3200
【料金】 前売5,500(税込)当日6,000(税込)
【ご予約】カンフェティ


 東京にて、J-JAM企画 舞台『Brilliant Cat"S"~怪盗Sの真実~』が上演されます。
 「作家ひろみちの処女作、舞台化決定! 今、新たなる伝説の女刑事が誕生する!
 父親の愛に包まれた、女刑事穴澤さくらの物語。幼少時に拘束心筋症という難病を患っていた穴澤さくらは刑事であった父の意志を継ぎ自身も刑事となり、数々の事件を解決すると同時に怪盗Sの事件を担当していた。そんな折に少女誘拐事件が起きる。少女は穴澤と同じ心臓病を患っていた。そして、事件を追うたびにちらつくライバル笹倉真紀の存在。穴澤は少女の救出を誓うが、そこへまたしても怪盗Sが現れ、事件は大きく動き出すのだった。怪盗"S"とは一体。今、真実が解き明かされる。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、『Brilliant Cat"S"』製作実行委員会:こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月17日

文学座創立80周年記念文学座公演『鼻』

( 作/別役 実 演出/鵜山 仁 )
【 出演 】江守徹、渡辺徹、得丸伸二、沢田冬樹、金沢映子、栗田桃子、千田美智子、増岡裕子、(声)杉村春子
【 スタッフ 】美術/乘峯雅寛  照明/賀澤礼子 音響効果/秦 大介 衣裳/原 まさみ 舞台監督/黒木 仁  制作/日下忠男、最首志麻子 宣伝美術/太田克己 宣伝写真/宮川舞子


【 東京公演 】 10月21日(土)~30日(月)
10月21日(土)19:00 ※
10月22日(日)14:00
10月23日(月)19:00 ※
10月24日(火)14:00 ★
10月25日(水)14:00
10月26日(木)14:00
10月27日(金)19:00
10月28日(土)14:00
10月29日(日)14:00 ★
10月30日(月)14:00
※印 夜割料金
★印 終演後アフタートーク 
24日 堀尾正明(フリーキャスター)+ 出演者 29日 鵜山仁(演出)+出演者 
【 会場 】 新宿南口 紀伊国屋サザンシアター TAKASHIMAYA
【 前売開始 】 9月19日(火)10:00~
【 入場料(全席指定・税込) 】一般 6,000円 夜割 4,000円( 10/21、23夜の部のみ ) 夫婦割(ペア) 10,000円※1
ユースチケット(25歳以下)3,800円※2 中・高校生 2,500円※3
※1・2・3のチケットは文学座のみのお取扱いとなります。
※2...25歳以下の方が対象となります。ご来場の際に年齢の証明できるものをご持参下さい。
※3...中・高校生の方は生徒証などをご持参下さい。
* 未就学児の入場はご遠慮下さい。
* 車イスでご来場のお客様は必ず観劇前日までに購入席番を文学座までお知らせ下さい。
【チケット取扱い】
文学座チケット専用 0120-481034(シバイヲミヨー)(10時~17時30分/日祝を除く)
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード 480-137)
e+(イープラス)(PC・携帯共通)
キノチケットカウンター 紀伊國屋書店新宿本店5F[店頭販売10:00~18:30]
キノチケオンライン
文学座HP(楽天チケットより)
【 問い合わせ 】文学座 〒160-0016 東京都新宿区信濃町10 TEL03-3351-7265 担当/日下忠男・最首志麻子

【 地方公演 】 11月5日(日)14:00開演
【 主催 】 (公財)八尾市文化振興事業団
【 会場 】 八尾プリズム小ホール(八尾市文化会館)
【 一般前売開始 】8月6日(日)10:00~
【 入場料(全席指定・税込) 】
一般 4,200円(当日300円増)フレッシュシート25(25歳以下)1,000円 
障がい者割引 3,600円 ※本人及び付添の方1名まで(当日300円増)
【チケットお求め・お問合せ】 
プリズムホール チケットカウンター 072-924-9999(月曜日休館 9:00〜19:00)
プリズムホール ウェブサイトチケット ※公演3日前まで

 東京・大阪にて、文学座創立80周年記念文学座公演『鼻』が上演されます。
 「別役実氏の文学座への書下ろしは27作品。その中には実際の事件をモチーフにした『数字で書かれた物語』や『あの子はだあれ、だれでしょね』、原作に想を得た『ジョバンニの父への旅ー『銀河鉄道の夜』よりー』『天才バカボンのパパなのだ』などがありますが、『鼻』は『シラノ・ド・ベルジュラック』にタイトロールを長年にわたって演じてきた三津田健(当時92歳)の為に書き下ろされた戯曲で、1994年、アトリエの会で上演され、好評を博しました。三津田健から江守徹へ――。今秋、あの『鼻』23年ぶりに蘇えります。江守は別役作品『初』出演。別役作品を観て文学座を志した渡辺徹も別役『初』挑戦。そして演出は長年別役作品を演出してきた藤原新平から鵜山仁へ――。鵜山は文学座では『初』めて別役戯曲を演出します。色んな初めて尽くし。皆様の想像を超える形での『鼻』の上演となりますが、『声』については、初演同様、杉村春子がつとめます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、文学座:TEL 03-3351-7265まで。


(最首さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇王XI ~アジア大会~ 関東ブロック代表決定戦『港ヨコハマ・ライジング!』

劇王とは 日本劇作家協会東海支部が愛知県長久手市文化の家の協力の下、2003年より10年にわたり育て上げた短編演劇コンテスト。観客と審査員の投票によってチャンピオン『劇王』を決定する。今回、優勝者は初代関東劇王として、9月15日~17日に長久手市文化の家にて開催される『劇王XI ~アジア大会~』に、関東代表として参加する。
AブロックとBブロックに分かれてます。

◎Aブロック
東京代表 たすいち『名前のない名前を呼ぶ冒険』
神奈川代表A チリアクターズ『しらずのうちに』
埼玉代表 劇団チームがらくた『新井さんのことが好きな海原さんはカープ女子と呼ばれるのが嫌い』
◎Bブロック
茨城代表 イチニノ『誤差』
千葉代表 おおまさり隊『卒業顔』
神奈川代表B theater 045 syndicate『サマータイム』(仮)

◎タイムテーブル
8/26(土) 14:00 Aブロック 19:00 Bブロック
8/27(日) 13:00 Bブロック 16:00 Aブロック
17:30 審査員による作品の講評、結果発表
※受付開始は各開演時間の45分前、開場は30分前です
※未就学児の入場はご遠慮願います。
※途中入場・途中退場された方は投票に参加いただけません。
◎チケット料金 前売・当日/全席自由
一般3000円 学生2000円 (大学生・専門学校生・高校生以下) A・Bブロックセット券 4500円
◎会場 山手ゲーテ座ホール みなとみらい線(東急東横線直通)『元町・中華街駅』(5番)元町口・改札口~(6番)アメリカ山公園口より徒歩3分

 横浜にて、劇王XI ~アジア大会~ 関東ブロック代表決定戦『港ヨコハマ・ライジング!』が開催されます。
 「どうも初めましてー!役者やってます、神近です。わたしは、Aブロックの埼玉代表 劇団チームがらくたの作品に出ます。『新井さんのことが好きな海原さんはカープ女子と呼ばれるのが嫌い』という作品を上演。この作品、女子高校生三人のお話です。青春の、子どもと大人のあいだの、あの時間のおはなし。ともだちって、なんだろなあって。この作品を観たあとに、誰か大切なお友達がぽっとみなさんの心に浮かんだらよいなあと思っております。ところでカープ女子なんてタイトルについてますけど、カープ女子でなくてもお楽しみいただけます!野球知らなくても、新井さん知らなくても、他球団のファンでも、もうどなたでも大歓迎です!もちろん演劇観るのが初めての方にも観ていただきたいです。一団体20分なので観やすくなっているので、おすすめです!そして一団体出演者は三人まで!横浜で美味しいもの食べて、観に来てください。他劇団のお話も一緒に楽しんでください。代表一団体を選ぶ演劇コンテストでもあるので、応援を、パワーをください!宜しくお願いします!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 ご予約やお問い合わせは、こちらのメール、または、Twitter(神近梨子で検索か、@kamilicで検索)等々で直接お願いします!

(神近さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月16日

G-フォレスタ洋館ミステリ劇場 海野十三『弾丸が綴る言葉』

(脚色・演出:丸尾 拓)


【会場】青山ビル(大阪市中央区伏見町2-2-6)(地下鉄堺筋線『北浜駅』より徒歩1分、御堂筋線『淀屋橋駅』より徒歩6分)
【日時】
9月30日(土) 14時半 / 18時
10月1日(日) 11時 / 14時半 / 18時
10月7日(土) 14時半 / 18時
10月8日(日) 11時 / 14時半 / 18時
10月9日(祝) 11時 / 14時半
【料金】3500円(日時指定・全席自由)要予約
【チケット発売】8月20日(日)AM10時~
【チケット申し込み専用アドレス】こちらのメール
お名前・ご住所・ご希望日時・枚数・電話番号をご連絡ください。
*お申し込みは、一公演一通でお願いいたします。
*ご予約順にお席を確保いたします。
*hotmail等のフリーメールは、メールが届かないトラブルがあります。ご注意ください。*迷惑メール対策をされている方は『@g-foresta.com』のメールが受信できるよう設定くださいますようお願いいたします。


 大阪にて、G-フォレスタ洋館ミステリ劇場 海野十三『弾丸が綴る言葉』が上演されます。
 「毎回チケットが即日完売してしまうという人気シリーズ、G-フォレスタがお届けする洋館ミステリ劇場の最新作!築100年の本物の洋館を使い、昭和初期の探偵小説を再現します。観客は、その洋館の中を移動しながら、事件を体験し、犯人を当てるというミステリーツアー型の演劇です。
 ◆あらすじ『どうも奇々怪々だね。たいへんなどんでんがえしじゃないか。』......『密室殺人事件』に挑む名探偵の推理とは?ある邸の主人が射殺され、早朝その邸を訪問した女性が殺人容疑者としてあげられた。現場を見た裁判医は『死因は目下不明』と告げる...。ですが、ご注意ください。昭和初期の探偵小説、少々『癖』が...。
 ◆会場は、大正10年に個人邸宅!として建築された『国登録有形文化財』のレトロビル。外壁を覆う蔦は、甲子園球場の蔦を株分けしてもらったというモダンな都市型住宅です。この付近は、大阪空襲の被害が少なかったことから、戦前からの建築物が数多く残っています。公演の前後には、近代建築散策なんていかがでしょう。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

G-フォレスタホームページ


(森さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

劇団夢神楽Stage17『カレイド・モノクローム~royalPurple&signalGreen~』

◆出演者
-GUEST- 絹川麗 水村拓未 藤田勇人 三井伸介 白井サトル 巽徳子 長谷川晃誉 二川剛久 相良光希 高山智未 藤原冴瑛子 横山愛実 加藤雄太 田中里実 早速義比呂 村上悠太 本田かりん 坂本茉莉 坂井無量 光峰ゆりえ 吉本裕太
-Yume-Kagura- 桐乃睦 井せきただし 武田明子 丸山明恵 加賀喜信 天野珠美 赤司将彦 佐藤博人 桐乃睦
◆スタッフ
構成・演出: 菅野俊一
脚本: 桐乃睦 菅野俊一
舞台監督: 川田康二
照明: 長沢宏朗
音響: 香田泉(零'Record)
美術: 仁平祐也
振付: 松尾耕(Dance Company MKMDC)
Action: アストアクション
楽曲提供: 茨木裕一
衣装: 夢神楽衣装部『娯福屋』
イラスト: MRtwin RiNA
サポート: 神長亜矢香、山本モリヒト、井上恵亮、水沢祐
制作: 潮田塁、夏井帆波
企画・製作: 夢神楽

◆劇場 中野 ザ・ポケット 〒164-0001 東京都中野区中野3-22-8
◆公演日時 2017年9月14日(木)~9月18日(月祝)全7ステージ
【P】royalPurple 【G】signalGreen
14日(木)・・・【P】18:00開演
15日(金)・・・【G】19:00開演
16日(土)・・・【G】13:00開演/【P】18:00開演
17日(日)・・・【P】13:00開演/【G】18:00開演
18日(月祝)・・【P】14:00開演
※ロビー開場は開演1時間前、客席開場は開演30分前です。
◆チケット 全席指定席でのお取り扱いになります。ご購入の際、座席をお選びください。
取り扱い: ※購入には無料登録が必要になります。
料金:4000円 ※当日券は4200円でのご用意となります。
夢神楽のLINEアカウントと友達になると、公演前に物販500円引きクーポンをプレゼント!

 東京の劇団夢神楽が、Stage17『カレイド・モノクローム』を上演いたします。
 「ぶつかり合う二つの勢力。渓谷の国コランダムを舞台に、人々はキセキを巡りそれぞれの戦いを始める。そう、これは戦いの物語だ。信じるものは奇跡か、大義か、自分自身か。巻き起こる戦乱の先に、人々が求める光とは...。
 ◆見どころ 一つの歴史を二つの角度から描く二本立て公演。メインストーリーとなる"royalPurple"、その背景に埋もれた物語を描く"signalGreen" 総勢30名のキャストで紡ぐ、キセキと心の物語です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団HPまで。

(神長さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団クロックガールズ第15回本公演【結婚の条件】

主演・鈴木砂羽
出演・阿部みさと・坂本七秋・葛西祥太・高橋乱・岡本亞弓・笠松七海・裕太(A)
鳳恵弥・牧野美千子・岡本一馬・渡辺健太・鶴田奈々・伊藤風喜(B)
※裕太と伊藤風喜は、ダブルキャストになります。他のキャストはシングル※
●脚本・江頭美智留
●演出・鈴木砂羽
●演出助手・松倉良子
●舞台監督・砂山イサヲ
●照明・池田圭子
●音響・河合宣彦
●美術・石倉研史郎
●振付・川副はるか
●当日制作・木川美由紀
●劇団制作・園部巴子


●新宿シアターモリエール 
●2017年9月13日(水)~9月18日(月)
●タイムスケジュール 全10公演
9月13日(水) 19:00A
9月14日(木) 19:00B
9月15日(金) 14:00B 19:00A
9月16日(土) 13:00A 18:00B
9月17日(日) 13:00B 18:00A
9月18日(月) 12:00A 16:00B
※受付開始は開演の45分前から。客席開場は開演の30分前から※
●自由席 ※劇団サポーターズメンバーのみ指定席※
●チケット 前売一般 5,500円 前売学生 4,500円 平日マチネ(15日の14時公演のみ) 5,000円 ※当日券は、それぞれ500円アップ※
チケットのご予約はこちらより


 東京の劇団クロックガールズが、第15回本公演【結婚の条件】を上演いたします。
 「脚本家、江頭美智留が主宰する劇団クロックガールズの第15回本公演を実力派女優、鈴木砂羽が初演出すると共に主演致します。結婚するには免許が必要!?近未来のニッポンを舞台に描く、社会派コメディ!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団クロックガールズホームページ


(江頭さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

【ディス・イズ・ショウタイム】

主催:神戸ポートオアシス ピエロハーバー


▼開催日程 9月3日(日) 15:00開演(14:00~受付)
▼場所 神戸ポートオアシス(400人キャパの劇場) 所在:神戸市中央区新港町5-2
アクセス:JR・阪急阪神・地下鉄『三宮』駅より徒歩15分
▼料金 前売2000円 当日2500円


 神戸にて、【ディス・イズ・ショウタイム】が上演されます。
 「~昭和二十年から三十年 日本人が一番優しかった時代~ 昭和の歌・ダンス・コントなど盛り沢山な80分。大阪で毎週開催されてきた人気のショーが、月1~2回、神戸で開催決定!友達、家族、お一人でもお気軽に。子どもから大人まで楽しめる内容。別世界でアットホームな空間をぜひ体感してください♪お見逃しなく!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、[ディス・イズ・ショウタイム実行委員会]:吹田市江坂町3-2-1 Tel:06-7897-8563、またはこちらのメールまで。


詳細はこちら

(曽我さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2017年8月15日

謎のキューピー第11回公演 『落語家の弟子、前座。女編。』

出演 幸田友見(演劇ユニット 金の蜥蜴)、伊東翼(天ぷら銀河)、長谷川奈緒美、田中絵梨、箱田博之、大瀬さゆり、立川うおるたー、立川らくまん、リュウ・シンヤ
作・演出 酒井莉加
共同脚本 立川志らく
舞台監督 上野G~
照明 由利優樹
音響 はしもとさほり


2017年 9月8日(金)~10日(日)
スタジオあくとれ
東京都中野区中野2-11-2 サン中野マンションB1
各線 中野駅南口より徒歩5分
開演 8日...19時 9日...13時・18時 10日...13時
※開場は開演時刻の30分前

2017年 9月22日(金)~24日(日)
アートスペースサンライズホール
(東京都豊島区南池袋4-19-6 日ノ出ビルB1)
東京メトロ有楽町線 東池袋駅 5番出口より徒歩1分
JR池袋駅 東口より徒歩13分
開演 22日...19時 23日...13時・18時 24日...13時
※開場は開演時刻の30分前

予約・前売り2800円、当日3000円
ご予約 こちらのメール (※お名前・日時・枚数をご記入下さい) または、出演者・スタッフまで

落語的演出とは...声の強弱や高低の使い分けを明確にして、音の響き・リズム感を重視。感情芝居は多用せず、要所にのみ入れていく。劇団『下町ダニーローズ』を主宰する落語家、立川志らくが掲げる、"落語家としての演出方法"です。

 東京の劇団謎のキューピーが、第11回公演『落語家の弟子、前座。女編。』を上演いたします。
 「革新的で現代を語る、人気落語家のもとへ弟子入りをした青年。同門の先輩は前座ばかり。大人数からか、各々の意識の問題からか、普段の修業生活はしくじり続きでてんやわんやの騒ぎ。そんな中、少し先に入門した年下の兄弟子と仲良くなり、ライバル関係と認め合い、切磋琢磨できる間柄となる。互いの女性関係の話までするようになっていった二人。ある偶然の出会いがあり、不意に漏れ出た女性の話、女性からの話。次第に二人の関係に変化が起こっていく...。
 前座が禁断とされている恋愛。"女性"をきっかけに話が急展開していく"女編"。昨年9月の特別公演の再演ではあるものの、セリフ・登場人物・設定にいたるまで、台本は大幅に変わっています。酒井の夫で、TBS『ひるおび』でもおなじみの立川志らくが共同脚本として入ったため、ギャグも盛りだくさん!フィクションとノンフィクションが入り交じる、落語家の家での前座修業の一面も垣間見られる?!作品。
 初演は立川志らくの弟子を中心に出演。今回は役者を中心としたメンバー構成。ワークショップオーディションからの出演者も3名加わりました。落語家の妻による作・演出で、落語家の卵も出演します。池袋公演では、第29回池袋演劇祭に参加します!リピーター様はもちろんのこと、今までご縁の無かったお客様も、ぜひ一度、落語的演出を体感しにお越しになってください!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、謎のキューピー 関連ツイートまとめへDM、またはこちらのメールまで。

劇団謎のキューピーホームページ
同Twitter

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月11日

桜美林大学パフォーミングアーツ・インスティテュート 市民参加企画 群読音楽劇『銀河鉄道の夜2017』

作・演出:原作 宮沢賢治 脚本・演出 能祖將夫 ピアノ 小早川朗子
キャスト:浅野郁哉 新井千遥 安藤あゆみ 今井由美子 大湯満世 片桐稀美 北竜太 金原爽佳 小林風花 小山優希奈 近藤海人 谷口順子 遠山ひかり 中尾晴江 永瀬巧真 中村稔 萩野谷雅樹 橋本達 八戸舞実 藤倉優歩 森奏恵 森満奈子 矢萩好
スタッフ:脚本・演出:能祖將夫 舞台美術:濱崎賢二 振付:井上大輔 歌唱指導:小林玲子 照明:露32E0l 照明アドバイザー:金英秀 音響:林あきの 衣裳:山川桃加* 衣裳アドバイザー:久保薗美鈴 演出助手:近藤春陽 舞台監督:福田航星 アートディレクション/デザイン:小林孟司、鈴木雄介 イラスト:海野仁央 デザイン監修:向坂文宏 制作:太田柚衣 東毬絵 山本凌 プロデューサー:能祖將夫
主催:桜美林大学
共催:公益財団法人相模原市民文化財団
企画・制作:桜美林大学パフォーミングアーツ・インスティテュート
後援:相模原市、町田市、相模原市教育委員会、にこにこ星ふちのべ協同組合、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、銀河連邦サガミハラ共和国、公益社団法人相模原・町田大学地域コンソーシアム


日時:2017年9月13日(水)→16日(土) 13日(水)19時 14日(木)19時★ 15日(金)14時/19時★ 16日(土)14時 ★・・・終演後にアフタートーク有
場所:桜美林大学プルヌスホール 〒252-0206 神奈川県相模原市中央区淵野辺4-16-1 桜美林大学PFC内1階 JR横浜線『淵野辺』駅北口より徒歩1分 ※当劇場には駐輪・駐車スペースがございません。自転車・自動車でお越しの際は、お近くの駐輪場、またはコインパーキングをご利用ください。
料金:前売り 一般1200円/学生1000円 当日 一般1500円/学生1300円


 神奈川にて、桜美林大学パフォーミングアーツ・インスティテュート 市民参加企画 群読音楽劇『銀河鉄道の夜2017』が上演されます。
 「どこまでもどこまでも 僕たち一緒に進んでいこう。『ほんとうのさいわい』を求めて、声と音の銀河が渦巻く。
 市民と学生とプロのアーティストで創る、ユニークなスタイルの群読音楽劇!2007年の初演から毎夏の恒例企画としてロングランを続けて10年、『群読音楽劇 銀河鉄道の夜』は市民と学生とプロのアーティストで創る、他に類を見ないスタイルのステージとして愛されてきました。オーディションで選ばれた様々な世代の方々の声、演技、歌、ダンス、そしてピアノの多彩な響きが宮沢賢治の祈りを"今"に浮かび上がらせます。この3月にはなんと台湾でも公演、熱い拍手をいただきました。その成果を経て、2年ぶりのプルヌスホール上演では音楽をすべてクラシック曲にリニューアル。『ほんとうのさいわいはなんだろう?』そう問いかけるジョバンニの声に、私たち一人一人の声を重ねて、群読音楽劇列車が出発!どうぞお乗り遅れのないように!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(山本さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

演劇集団アクト青山 テアスタ(秋)『僕の東京日記』

作・永井愛 演出・小西優司
◎出演◎ 佐古達哉 やまなか浩子 中西彩乃 高村賢 北原麻弥 菊地正仁 蔭山みこ 寺井美聡 華奈 井上俊行 廣田明代 倉島聡 山辺恵 小此木富美子 桃木正尚 伊藤潤 よしざわちか

◎会場◎ 演劇集団アクト青山アトリエ 世田谷区北烏山7-5-9 京王線『千歳烏山』駅から徒歩約15分 小田急バスときわ橋停留所下車1分
◎ご予約◎
◎日程◎
2017年9月20日(水)~24日(日)
20日(水)19:30
21日(木)14:00/19:30
22日(金)14:00/19:30
23日(土)14:00/19:30
24日(日)13:00/17:30
*全9ステージ(自由席) *受付開始、開場は開演の30分前
◎料金◎ 1500円

 東京の演劇集団アクト青山が、テアスタ(秋)『僕の東京日記』を上演いたします。
 「1971年、学生運動から離れた大学生の原田満男は親からの自立を決意して高円寺で下宿生活を始めるも、隣町・阿佐ヶ谷の実家から母親がついてきて独立もままならない。一方、下宿先『春風荘』の住人は、一風変わった顔触ればかり。公認会計士を目指す男、猫好きなスーパーの店員、売れない新劇女優、ヒッピー、反戦おでん屋のカップル、やくざのようなクリーニング屋、そんな個性的な面々が巻き起こす事件に満男は翻弄されていく...70年安保の挫折から個に分裂していく人々を描いた永井愛の名作。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、090-6002-2905(代表)まで。

◎Twitter◎
◎演劇集団アクト青山ホームページ◎

(児玉さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月10日

STARTED UNIVERSE「エビス・オブ・ザ・デッド」

作・演出:熊崎佑也(劇団禄盟漢)/星野良明(留級座)
キャスト:家永惠理(アニャハイム・エレクトロニクス) /鈴木大介 /西村功貴(劇団てんぷら) /原澤彩 /矢野修平(劇団くもりのちはれ) /渡邉はこ(劇団ムツキカっ!!) /吉田覚丸

日時:2017年9月 7日(木)20時 8日(金)20時 9日(土)13時/16時/19時 10日(日)13時/16時/19時 11日(月)20時 受付・開場は開演30分前。 全席自由。
場所:『エビスSTARバー』JR恵比寿駅西口より徒歩2分
料金:前売・当日:2300円(当日精算)+1ドリンク代(500円~)

【STARTED UNIVERSE とは】スターテッドユニバース。星野良明(留級座)と熊崎佑也(劇団禄盟漢)の企画ユニット。企画公演毎に、新たな世界(UNIVERSE)を二人で構築し(STARTED)、それぞれが物語を紡ぐ。星野(STAR)と熊崎(TED)で共有された世界観の元、それぞれ異なる物語を展開するオムニバス公演を行っている。
ご予約はこちら

 東京にて、STARTED UNIVERSE「エビス・オブ・ザ・デッド」が上演されます。
 「2017年、夏。始まりはウェブニュースに掲載された傷害事件――漁船の船長が乗組員に暴行した事件であった。そのニュースは政治スキャンダルや芸能人の離婚などの記事に埋まり、三日と持たず掲載欄から姿を消す。しかし若者を中心とした一部のネットユーザーが犯人の奇怪な行動に興味を示し、SNSなどでささやかに広がりを見せることになる。この『船長が乗組員に皮膚下3cmに及ぶ『噛み傷』を与えた』事件は、やがて未曾有の事件へと発展していく。一ヶ月後。世界各国でテロが勃発。一般市民と思われていた者が無差別に通行人を殺傷する事件が多発する。暴動は拡大を続け、警察・機動隊が鎮圧にあたるも失敗。アメリカ・EU諸国と中国・ロシアでは早くも戒厳令が発令、軍が動き出す事態となった。一方、自宅待機と警官隊による鎮圧で対応しようとした日本では急速な暴動の拡大を止めることができず、更なる犠牲者を増やす結果となった。遅れをとった日本政府がようやく『非常事態宣言』を発令する頃、ある噂がまことしやかに囁かれ始める。―死者が、動き出す― 上記の世界観の元、1ステージで2本の作品を同時上演!
 『Get a Life, or afterLife』脚本・演出:熊崎佑也(劇団禄盟漢)
 『PLATE HUNTER』脚本・演出:星野良明(留級座)」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(星野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月 9日

舞台『オーファンズ』

作  :ライル・ケスラー
翻訳  :小田島恒志
上演台本・演出 :マキノノゾミ
出演  :細貝圭 佐藤祐基 加藤虎ノ介

○兵庫公演
日時 :2017年10月14日(土)14:00★/15日(日)14:00
★14日14:00公演の終演後にアフタートーク(演出家・出演者3名)を予定しております。
会場 :兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
料金 :6,000円(全席指定・税込)
お問い合わせ:芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255(10:00~17:00月曜休)

○東京公演
日時 :2017年10月18日(水)18:30/19日(木) 14:00★/20日(金)18:30/21日(土) 13:00、17:30★/22日(日)14:00
★19日14:00公演、21日17:30公演の終演後にアフタートーク(演出家・出演者3名)を予定しております。
会場 :草月ホール
料金 :6,500円(全席指定・税込)
お問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00~18:00)


 兵庫・東京にて、舞台『オーファンズ』が上演されます。
 @「フィラデルフィアの廃屋で暮らすトリート(細貝圭)とフィリップ(佐藤祐基)の孤児兄弟は、凶暴な性格の兄トリートが臆病な弟フィリップを外の世界に出さず、トリートの稼ぎだけで生活をしていた。そこに、やくざ者のハロルド(加藤虎ノ介)が迷い込み、彼もまた孤児だったことから3 人に疑似家族のような日々が訪れる。ハロルドはかつて自分がされたことを返すかのように、若い二人にさまざま事を教えていく。フィリップの中でトリートの存在は少しずつ薄れていき、やがてトリートは孤独感にさいなまれてしまう。共生によって再生する孤児たち(オーファンズ)の物語の向かう先とは・・・。
 "蝕まれた心が愛によって癒されていく"というテーマで、孤児たちの共生と再生を描いた舞台『オーファンズ』。1983年以降、世界各国で上演、トニー賞にノミネートされるほど話題を呼んだ名作に、映画『新宿スワン』などの話題作で活躍する細貝圭、ドラマ『仮面ライダーカブト』等で人気を得た佐藤祐基、連続テレビ小説『ちりとてちん』でブレイクした加藤虎ノ介が挑戦。上演台本・演出をマキノノゾミが手掛ける。話題性と実力を兼ね備えた彼らが紡ぐ、繊細かつ濃密なドラマに乞うご期待。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。

同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東] [近畿]

GORE GORE GIRLS vol.12『どうせ茗荷谷で降りるくせに』

作・演出 西山雅之 【出演者】久保雄司(K-FARCE)・五十嵐絢美・宇佐見未奈(立体再生ロロネッツ)・槇原翼(劇団おおたけ産業)・日置達哉・山岡よしき(0'RAMA Rock'n' Roll Band)・辻本将平・榎本純・柴田順平 【スタッフ】舞台監督:浅見雄介(ゆにっと)・照明:小坂章人・音響:篠原葵・宣伝美術:佐藤政住・制作:可徳梨沙


2017年8月22日(火)~27日(日)
@下北沢シアター711
【タイムテーブル】
8月22日(火)19:30
8月23日(水)19:30
8月24日(木)19:30
8月25日(金)14:30/19:30
8月26日(土)14:30/19:00
8月27日(日)12:00/16:00
【チケット】前売り 3000円 当日 3300円 初日割り 2700\(22日(火)のみ) 学割 2500円(要学生証)
【ご予約】


 東京の劇団GORE GORE GIRLSが、公演vol.12『どうせ茗荷谷で降りるくせに』を上演いたします。
 「部下からの遅刻のメールがLINEで届く。『万華鏡が目からとれなっちゃったんで遅れます。』部下からの飲み会の断りがLINEで届く。『すいません、ちょっとジャム作りたいんで帰ります。』部下からの欠勤の連絡がLINEで届く。『ジャム失敗したんで、、、休ませてください。』気が付くと俺は小さい取り皿を2時間見つめていた。俺は勝ちたいのか、それとも負けたいのか。感情が小さい取り皿の上でせめぎあう。光のあたらない人間たちに強引に光をあてるGORE GORE GIRLSの青春群像茶番劇。これはあなたがきいたことのない『夢』と『希望』と『鼻フック』の物語。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


GORE GORE GIRLSホームページ

(西山さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

ワンダーランド第44回公演『デモクラティアの種―熊楠が孫文に伝えた世界―』&オフィスワンダーランドラボ公演 リーディング『なにもいらない~山頭と放哉~』

ワンダーランド第44回公演『デモクラティアの種―熊楠が孫文に伝えた世界―』

作・演出/竹内一郎
主催・お問合せ=一般社団法人演劇集団ワンダーランド
出演
岡本高英 本郷小次郎
川口啓史(俳優座) 
松岡由眞
嚴樫佑介 茨木学 小林望 松浦佳祐 昆健太 野木龍史
大内慶子 伊藤舞 木ノ下椿 石井仁美 鈴丘めみ 小田彩央怜 葉山奈穂子 下京慶子 つる八海希 牧村柊亜
スタッフ
脚本・演出 竹内一郎
脚本協力 中島直俊
舞台美術 松野潤
照明 今西理恵(LEPUS)
作曲 西村勝行
音響 青蔭(音スタ)
衣裳 佐々波雅子
舞台監督 小沢真史
舞台監督助手 佐藤謙一
イラストレーション 城芽ハヤト
協力スタッフ 田中新一・岡崎真弓
制作 浜田和美 J-Stage Navi
主催 一般社団法人演劇集団ワンダーランド
有限会社オフィスワンダーランド
協力
劇団俳優座 ヴォーカル(株) (有)オフィス・エイツー アイリンク 劇団楽座
クィーンズアベニュー 株式会社ハーデスエンタテインメント 劇団NEXT DOOR
オフィス斬 演劇声優塾


会場 紀伊國屋ホール(新宿東口)
会期 2017年11月2日~5日
タイムテーブル
11月2日(木) 14:00公開ゲネ/19:00~
11月3日(金) 19:00~
11月4日(土) 14:00~
11月5日(日) 14:00
チケット料 前売4000円・当日4300円・学生2500円・公開ゲネ2800円
チケット発売開始 2017年9月20日~
チケットのお取り扱い
J-Stage Navi 03-5912-0840(平日11:00~18:00)
キノチケットカウンター(店頭販売 10:00~18:30)(新宿駅東口・紀伊國屋書店新宿本店5F)
キノチケオンライン
(一社)演劇集団ワンダーランド 03-3368-2481 tel:03-3368-2481(平日9:30~17:30) こちらのメール


 東京にて、ワンダーランド第44回公演『デモクラティアの種―熊楠が孫文に伝えた世界―』が上演されます。
 「――1901年、和歌山県のとある山中。博物学者 南方熊楠と革命家 孫文。2人は英国留学中、深く親交を結んだ親友同士。久々の再開を果たす2人だがそこで不思議な精霊の国に迷い込む。精霊の国での奇妙な体験。そこで出会う様々な人々。後に博物学者として名をのこす熊楠と後に中華民国の国父となる孫文。精霊の国で、若き熊楠と孫文が手に入れたものとは?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。



オフィスワンダーランドラボ公演 リーディング『なにもいらない~山頭と放哉~』


作・演出 竹内一郎
◆一部 ハンドベル演奏
出演 ハンドベル奏者...松永り香
◆二部 リーディング公演 
出演
種田 山頭火 ...吉田潔
尾崎 放哉 ...嚴樫佑介
和泉 桂子 ...内田靖子
主催 有限会社オフィスワンダーランド
一般社団法人演劇集団ワンダーランド


日時 2017年8月30日(水) 18:40開場 19:00開演
会場 虹企画/ぐるうぷ・しゆら 住所 新宿区北新宿1-18-1川嶋ビル
前売 2200円 当日 2500円


 東京にて、オフィスワンダーランドラボ公演 リーディング『なにもいらない~山頭と放哉~』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年8月 8日

唐橋充×宮下貴浩『百年の虎独 2017』

【脚本】ミシエル・カーラー
【演出】ミシエル・カーラー×宮下貴浩
【虎×猫 Wキャスト】
【虎】紗綾 宮下貴浩 坊屋たいと イマニヤスヒサ 家守健斗 綱島恵里香 小玉百夏 たしろさやか
【猫】水原ゆき 宮下貴浩 中村隆太 伊藤真 鳥こぼし 江藤彩也香 楠世蓮 天野美咲
【協力】(株)エースクルー・エンタテインメント/オフイス・モレ/劇団居酒屋ベースボール
(株)ゴールドラッシュエンターテインメント/(株)ソニー・ミュージックアーティスツ/ベリーベリープロダクション/(株)ホリプロコム/
ワオ・エージェンシー/L&L Inc./ ※五十音順
【スタッフ】
照明=堀井香里 音響=丸山慶将(predawn) 美術=佐藤あやの スチール=沖田悟
宣伝美術=TOKYO-VILLAGE 演出助手=私オム 制作=武富斗夢、瀬戸梓友
企画・プロデューサー=宮下貴浩
制作 株式会社Legs&Loins

【公演期間】
2017 年9 月1 日(金)~ 9 月10 日(日)
【タイムテーブル】
9/1(金)19時【虎】
9/2(土)19時【猫】
9/3(日)14時【猫】 19時【虎】
9/4(月)19時【虎】
9/5(火)19時【猫】
9/6(水) 14時【虎】 19時【猫】
9/7(木) 14時【猫】 19時【虎】
9/8(金) 14時【虎】 19時【猫】
9/9(土) 14時【猫】 19時【虎】
9/10(日)12時【虎】 16時【猫】
※全席自由席・当日清算
※開場は開演時間の30分前
【公演場所】下北沢GEKI 地下リバティ 〒155-0031 東京都世田谷区北沢 2-11-3 イサミヤヒル B1F ※ 京王線/小田急線 下北沢駅 徒歩1 分
【チケット】2017年8月1日(火)19時予約開始
前売 4500円 当日 5000円
【予約】ウェブサイト
公演に関する情報は随時、団体公式ツイッターでも発表致します。
【ツイッター】L&L Inc./劇団居酒屋ベースボール
【公演HP】
[スタンド花や楽屋花について]
スタンド花や楽屋花をお送り頂ける場合は指定到着日時【2017年9月1日(金)の午前11時から16時まで】でお願い致します。時間指定以外のお届けの場合に、受取しかねる場合もございます。予めご了承下さい。
・手配いただきました花及び付属物等をご自身でお持ち帰りいただくこと、ならびに返却・場所の指定に関するご要望はお受け致しかねます。
スタンド花に関しては、注文時に9月10日(日)の公演終演後、スタンドのお引き取りをしていただくよう、花屋さんまたは宅配業者へご依頼いただきますようお願い致します。回収可能時間は、9月10日(日) 19:00~20:00頃とお伝えください。
※配達のトラブルなどで、開場時間に遅れる場合もございますので、そのような場合の責任は主催者側では負いかねます。予めご了承ください。
[スタンド花・楽屋花 送付先]お送り先 Geki地下リバティ
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-3イサミヤビルB1 着付 スタンド花or楽屋花 受付宛 インフォメーションダイヤルTEL:03-6869-4112
以上、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。


 東京にて、唐橋充×宮下貴浩『百年の虎独 2017』が上演されます。
 「ミシエル・カーラーの独創的な世界観である少女が落ちてしまった穴から這い上がる姿を描くファンタジー作品。孤独を知り、優しさにふれ、成長していく。
 深い穴に落ちた少女のもとに、孤独は突然やってきた。その思い出は素敵なものかい よければ聞かせてもらえるかい 僕のために聞かせてほしい 君のためとは云わないまでも 孤独たちが少女と紡ぐ、静かな夜明けの物語。
 2014年、2015年に上演され大好評を博した作品が【チーム虎】×【チーム猫】のダブルキャストで再演決定!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、03-6869-4112、またはこちらのメールまで。


(瀬戸さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]