公演案内ページ | 演劇交差点トップページへ

2017年2月26日

ささくれ(劇) 第二回本公演 『光、または、のようなもの』

作・演出:瀧川陸
キャスト:尉林暉 太田雄介 白澤麻里菜 原田美緒
スタッフ:舞台: 浅利雄介 大橋敢 照明: 飯塚理子 栄田陸人 藤本有希 音響: 松浦祐矢 趙慶祐 八嶋晋吾 衣装: 片瀬宇海 横山由佳 宣伝美術: 瀧川陸 宇治田万菜 朴晟遠 芦沢洋香 制作: 大平七瀬 児玉梨沙 web: 飯塚理子 原田美緒 広報の偉い人: 野村隆文 部屋取り: 松岡亮伍 協力: 林由梨佳


日時:3月11日(土)~3月14日(火) 全日18時30分開演 ※開場・受付は開演の20分前より開始
場所:東京大学駒場キャンパス学生会館211・213にて同時上演 (お客様にはお好きな会場をお選びいただきます。) ※京王井の頭線駒場東大前駅東口より徒歩7分
料金:無料カンパ制(予約不要)

◇ささくれ(劇)とは
東京大学の演劇サークル劇団高校四年生OB瀧川陸がジエン社の演出助手を経験して、もうちょっと演劇してみたくなって立ち上げた劇団。
オリジナルでも既成でもなんでもやっちゃう節操のない集団。
2016年10~12月に三か月連続旗揚げ公演vol.1~3を上演。ちょっと疲れたまま第二回本公演に突入。

 東京にて、ささくれ(劇) 第二回本公演 『光、または、のようなもの』が上演されます。
 「東京に住んではや三年が経ちました。いまだに東京にはなれません。この間都庁の展望台に三年目にして初めて行きました。夜景が白すぎて驚きました。神戸育ちの僕には白すぎた。まあ感動して泣いちゃったんですけど。
 初めて脚本を書いたときに、同時に書いていたのが『光』でした。その2つはほとんど内容は一緒だったんですけど。そのまま僕のPCに眠ってて。で、今回、『光、または、のようなもの』。その時の『光』は全部消して、だからまったく違うものになりそうで、厳密にはタイトルが違う気もしてます。けど、どっかでつながっているような気もしたり。 結局二つの部屋の話を書きます。東京のどこかの。旅行に行って東京に帰ってくると、陳腐な表現ですが、夜の明るさに驚きます。けど、そんな東京でもオリオン座くらいは見えるわけで。そういうことっすわ。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール: give.me.sasa◇gmail.com(◇→@) まで。


ささくれ(劇)ホームページ
Twitter Corich


(大平さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内]

2017年2月21日

鳥の劇場「老貴婦人の訪問」

作・演出:原作:Fデュレンマット 構成・演出:中島諒人


日時:2017年3月10日(金)・11日(土)・12日(日)
場所:鳥の劇場(鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1812-1)
料金:大人:2000円/高校生:500円/中学生以下無料
<アクセス>最寄り駅:JR浜村駅
※公演日は浜村駅と劇場の間を、車で送迎いたします。(無料、要予約)

 鳥取にて、鳥の劇場「老貴婦人の訪問」が上演されます。
 「スイスあたりの田舎。『こえだめ』ともよばれるさびれた市。ゲーテが逗留した、ブラームスの弦楽四重奏が初演されたなど、かつては栄えた都市だった。が、現在は疲弊著しい。世界一の金持ちである老貴婦人クレーレが、そこを訪問する。彼女はこの市出身。市の人々は彼女から寄付を得ようと、彼女のかつての恋人イルを立てて彼女を迎える。巨額の寄付を彼女は市長と市民に約束するが、引き換えに市民に求めたのは、イルのことを誰かが殺すことだった。イルは50年前、クレーレを裏切って、別の女性と結婚し、それがきっかけで彼女は市を出て行かざるをえなくなった。市長も市民も、当初、クレーレの提案をはねつける。が、貧困にあえぐ人々の心は、少しずつ揺れ始め、狂った熱が彼らを駆り立て始める。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、電話/0857-84-3268 またはこちらのメールまで。


鳥の劇場ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [中国]

2017年2月20日

劇団クロックガールズ 第14回本公演『悪女たちのララバイ』

劇団クロックガールズ 次回公演決定!!
第14回本公演『悪女たちのララバイ]
2017年3月2日(木)~3月6日(月)
劇場:新宿シアターモリエール

●脚本/江頭美智留
●演出/渕下バナナ
●客演 中村 中 蝶羽 金本英信 Kいち 山下菜央 新井優 木根尚登 (TM NETWORK)
●クロックガールズ出演者 柿弘美 阿部みさと 坂本七秋 葛西祥太 高橋乱 岡本ぽあ 笠松七海 裕太

● 2017 年 3 月 2 日(木)~ 3 月 6 日(月)全8公演
●タイムスケジュール
3/2(木) 19:00
3/3(金) 19:00
3/4(土) 13:00 18:00
3/5(日) 13:00 18:00
3/6(月) 12:00 16:00
※ロビー開場は開演の 45 分前。客席開場は開演の 30 分前※
●劇場 新宿シアターモリエール 東京都新宿区新宿3 - 33 - 10 新宿モリエールビル2F 新宿三丁目駅 A1出口より 徒歩2分
●チケット(自由席 / 一部指定席)
前売券:一般 4500 円 学割 3500 円
当日券:一般 5000 円 学割 4000 円
※ 6 日 ( 月 )12 時の回は、いずれも 500 円引きです。
※学割の方は、当日受付で学生証をご提示いただきます。
※クロックガールズサポーターズクラブのお客様には、指定席をご用意いたします。
●ご予約 カルテットオンラインにて販売中
劇団クロックガールズ公式 HP
劇団クロックガールズ公式ブログ
公演に関するお問い合わせ先 こちらのメール


 東京の劇団クロックガールズ 第14回本公演『悪女たちのララバイ』を上演いたします。
 「脚本家・江頭美智留が主宰・脚本を務める劇団クロックガールズが、第14回本公演『悪女たちのララバイ』を上演する運びとなりました。今回は、昨年、デビュー10周年を迎えた、シンガーソングライターとしても女優として幅広く活躍する中村中さん、そして、前回、劇団クロックガールズ第13回公演『コメディカルナイト』に引き続いての木根尚登(TM NETWORK)さんら豪華二大アーテイストを迎えて贈る、眠れない子守唄の物語。
弱きもの、汝の名は女なり。......なーんて、とんでもない!女はいつだって、したたかで強くてたくましい生き物。ワンマン社長の危篤の知らせに駆けつけてくる五人の女たち。女はいつだって、したたかで強くてたくましい生き物。ワンマン社長の危篤の知らせに駆けつけてくる五人の女たち。会社の後継者と財産をめぐる女たちの熱い戦いのゴングが鳴り響く。タイムリミットは夜明けまでの数時間。騙し騙され、追いつ追われつ。一人の男を取り巻く五人の女たちの一夜を描くブラックでちょっと切ないコメディ。ワンマン社長の危篤の知らせに駆けつけてくる五人の女たち。会社の後継者と財産をめぐる女たちの熱い戦いのゴングが鳴り響く。騙し騙され、追いつ追われつ。この物語は、一人の男を取り巻く五人の女たちの一夜を描くブラックでちょっと切ないコメディです。『ねぇ、どうしてバラには棘があるか知ってる?』その答えをぜひ劇場で確かめて下さい。」
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


★劇団クロックガールズofficial website★
★劇団クロックガールズサポーターズクラブメンバー募集中!!★
★劇団クロックガールズ公式ブログ★


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年2月19日

The Four of Mats Vol.4『LALL HOSTEL』

《キャスト》
大部恭平(The Four of Mats) 浅山恵(演劇のろま集団) 小林夏実 小林美歌(アトム座) 坂元秀平(東京ムムムカンパニー) 汐垣飛鳥
下出宗次郎 白井美帆 冨田浩児 山脇辰哉 (50音順)
《スタッフ》
作・演出:大部恭平
舞台監督・美術:入倉津
音響:成田章太郎
照明:森泉真喜
宣伝美術:小西菜美子
撮影:佐藤敬亮(!ll nut up fam)
制作:高梨さおり(The Four of Mats)
当日制作:谷菜摘 永井まなか(The Four of Mats)
《協力》
アトム座 !ll nut up fam 演劇のろま集団 東京ムムムカンパニー (50音順)
企画・製作:The Four of Mats


《日程》
2017年3月8日(水)~12日(日)
5日間全8回公演
8(水)19:00
9(木)19:00
10(金)14:00/19:00
11(土)13:00/17:00
12(日)13:00/17:00
※開場は開演の30分前
※当日券は開演の45分前より劇場受付にて販売致します。
《会場》千本桜ホール(〒152-0004 東京都目黒区鷹番3-8-11 第3エスペランス 3F)
東急東横線 学芸大学駅西口より徒歩3分。※駐車設備はありません。車、バイクでのご来場はご遠慮下さい。
《チケット》前売り3500円 当日4000円 (日時指定・全席自由席)
[チケット予約フォーム]


 東京の劇団The Four of Matsが、公演Vol.4『LALL HOSTEL』を上演いたします。
 「ゲストハウス『LALL HOSTEL』。バックパッカーや地元民など、様々な人の交流の場として賑わう。そこへ、プロポーズを決意した男・綿貫勇人が数年ぶりに宿を訪れる。だがオーナーが話を聞くと、男は既に恋人と別れていた。それでも『力を貸して欲しい』という男のため、オーナーは同泊していた"とある職業"に就く宿泊客の力を借り、男の計画に加担していく。The Four of Matsがお送りするリトルジャーニーコメディ。人は人?自分は自分?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。

The Four of Matsホームページ
Twitter→@TheFour_ofMats Facebook


(永井さん、お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

劇団EnTRoPy「底なし穴」

作・演出:脚本 村上航 / 演出 山本希
キャスト:尾林太郎/木村美帆/斎藤悠人/境大軌/芝三奈/隅本裕貴
スタッフ:演出助手 / 田村重人・斎藤悠人・隅本裕貴 // 舞台監督 / 瀧岡美咲 // 舞台美術 / 加藤真央・尾林太郎・木村美帆 // 音響 / 齋藤大樹・境大軌 // 照明 / 岡田彬彦・村上航 // 小道具 / 芝三奈・斎藤悠人 // 宣伝美術 / 頃末龍・隅本裕貴 // 衣装メイク / 岩城智子・山本静香 // 制作 / 大川愛梨沙


日時:3月10日(金)18:00~ * 3月11日(土)13:00~ / 18:00~ * 3月12日(日)14:00~
タイムテーブル
3月10日(金)18:00~
3月11日(土)13:00~ / 18:00~
3月12日(日)14:00~
*開場は開演の30分前を予定しております。
*上演時間は約90分を予定しております。
会場 しもきた空間リバティ 東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビル3F
アクセス 小田急線・井の頭線 下北沢駅南口より徒歩1分
料金 学生(前売)1200円 (当日)1400円 一般(前売)1400円 (当日)1600円
*【早割企画】2月中に予約してくださった方は、前売り価格よりもさらに100円お安くなります!
*【EM割引実施!】同時期に上演予定のEMステージ『飾るな、磨け』をご覧になり、チケットを持参いただいたお客様にはさらに当日100円割り引かせていただきます!
予約URL

 東京の劇団EnTRoPyが、2016年度 春公演『底なし穴』を上演いたします。
 「世界の果てには男が一人、一人で穴を掘っている。流れてきたのは一人の男、二人は話を紡ぎ始める。これからするのは昔の話。この世界が終わる前の話。そして、この世界が、始まる前の話。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団EnTRoPyホームページ
Twitter:@Gekidan_EnTRoPy Facebookページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年2月17日

イプセンを上演する会 公演「管理人」

新潮社版 ハロルド・ピンター全集Iより

作:ハロルド・ピンター
訳:喜志 哲雄
【出演】
ミック 出和 正勝
アストン 寒川 瑞貴
デイヴィス 山3 永之
演出:花島 宣人
制作:西田 正 福岡克彦


【日程】2017年
02月24日(金) 14:00~ 19:00~
02月25日(土) 14:00~
02月26日(日) 14:00~
※開演の 30分前より開場いたします。
【料金】 当日\3000 前売(予約)\2500 学割\2000
※席に限りがありますので、ご予約ください。


 東京にて、イプセンを上演する会 公演「管理人」が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 ご予約・お問合せは、新宿新生館:Tel 03-3579-3368、Fax 03-5943-9559、またはこちらのメールまで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

時々自動『リハリハ3』~2018年秋に上演予定の『コンサート・リハーサル』に接近してゆくステップ公演その3~

(今回から『リハーサル・リハーサル』を『リハリハ』と改名しました。よろしくです!)

【構成・演出・音楽】朝比奈尚行
【音楽】今井次郎 鈴木光介 田村龍成
【出演】朝比奈尚行(sax) 岡本唯(g) 岸山絵美(sax) 鈴木光介(tp) 砂川佳代子(cl) 高橋牧(acc) 田村龍成(vn) 日高和子(sax) 渡辺直美(tp) 
/ 伊地知一子(vo) 遠藤豆千代(vo) 三井耶乃(key) 和久井幸一(acc) / 柴田暦(vo) 寺田"Kisa"昌洋(KisamaAlternative)(dr) 中尾果(b)

2017年4月14日(金) @STAR PINE'S CAFE
JR中央線/井の頭線『吉祥寺』駅北口徒歩3分
open18:30 / start19:30
adv.\2900+1drink / door.\3200+1drink
【チケット取扱い 】
○時々自動 こちらのメール
*お名前、フリガナ、枚数、連絡先をお知らせください。
○ STAR PINE'S CAFE(店頭販売のみ)0422-23-2251
【チケット発売中】


 東京の劇団時々自動が、公演『リハリハ3』~2018年秋に上演予定の『コンサート・リハーサル』に接近してゆくステップ公演その3~ を上演いたします。
 「『リハリハ3』は時々自動内3バンドが競演する劇的コンサートです!新曲満載の新耳体験保証!さらに名古屋の伝説バンド"豆異℃"のリードボーカル遠藤豆千代氏も参入!豆千代氏、実は去年の6月から時々自動のメンバーでもあるんです!時々自動おそるべし!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、時々自動:こちらのメールまで。


(渡辺さん、お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2017年2月16日

創像工房 in front of. 3月東京公演『ナンチャッテおちゃめ宇宙』

作・演出:中村馨
キャスト:浅井啓介、金佳奈実、黒川寛、小林史明、武田紗保、田坂茉優、鴇田哲実、中山一聖、福田晋、横山亮、他
スタッフ:【舞台監督】champ 【舞台監督補佐】新井慧 有隅蕉 今西祥太郎 北岡秀一 後藤理彩子 齋藤渓 土井滉介 長澤祥 藤森公介 水野里砂 渡村奈々 【舞台美術】楠利具 扇健太 及部力 金佳奈実 近藤滉介 竹永莞奈 田中倫 土井滉介 冨永愛香 永岩郁人 治山大悟 本間志野 三田晃生 【音響】菱沼裕大 江藤菜美子 片瀬隼 水野里砂 【照明】小林菜穂子 大澤遥 白石浩喜 鈴木田祥吾 坪井美里 永岩郁人 堀野友花 宮原裕貴 山中遥華 【映像】松本大志 小沼喜紀 永岩郁人 原田文月 松村和 横山亮 【衣装】中田華奈 白石浩喜 福井茉力 本間志野 向井真理 安原健 【制作】東由華 今西祥太郎 内田乃梨子 岡田竹史 楠利具 後藤大海 篠原良太 橋本実咲 堀野友花 宮原裕貴 【宣伝美術】大根田裕真 荒木理花 江藤菜美子 武井寛樹 田中倫 坪井美里 冨永愛香 仲田英生 野渡駿 堀野友花 本間志野 山中遥華 湯川卓海 【演出助手】河原佐和子 瀧本宰都 中山一聖 【製作】 創像工房 in front of.


日時:2017年3月 9日(木) 14:00~/19:30~  3月10日(金) 14:00~/19:30~  3月11日(土) 12:30~/17:00~
場所:下北沢 東演パラータ
料金:【前売り予約】 学生 1,500円 一般 2,000円 高校生以下 500円 【当日券】 学生 1,700円 一般 2,200円 高校生以下 700円
・割引情報
☆平日マチネ割引☆  平日のマチネ回をご予約のお客様は、お一人様につき200円割引!
☆親子割引☆  親子でご来場いただいたお客様はお一人様につき200円割引!
・チケットプレゼント実施中! こちらより応募いただけます。


 東京の劇団創像工房 in front of.が、3月東京公演『ナンチャッテおちゃめ宇宙』を上演いたします。
 「まいどはや~!うち、名前は『とかげ』いいます。生まれも育ちも富山一筋のうちは、生まれたときから、あんよが病気でして。まあまあ、それはええとして、富山に天皇陛下がおいでになられたりとか、原発さんが集まってくることも、そんな宇宙みたいな話はうちの物語には一切関係ないことでして。うちはただ、お母さんに言われた『優しさ』ってもんだけを、大切に、大切にしていきたくて。だからお母さんのために、お父さんを探しに行くんです。
 東京学生演劇祭2015優勝団体の創像工房in front of.が、下北沢で公演を打ちます!4年生にとっては卒業前最後の公演でもあるため、出演者・スタッフ一丸となって公演作りに励んでおります。弊団体が東京で公演を行うことは少ないので、この機会にぜひご覧くださいませ。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年2月15日

立教大学演劇研究会 2017年3月公演 『輝ける未来へ』

脚本・演出:梅田ゆりか
【キャスト】横山 媛香 宇佐美 勝也 石川 絵理 中山 琢望 齋藤 みのり 佐藤 桃子


【日程】
3/1(水)18:00
3/2(木)18:00
3/3(金)18:00
3/4(土)13:00/18:00
※ 開場は開演の 30 分前です
【チケット】無料カンパ制(全席自由席)
【場所】立教大学池袋キャンパスウィリアムズホール 4F スタジオ(池袋駅C3出口より徒歩8分) ※駐車設備はありませんのでご注意ください
【ご予約】こちらのメール


 東京にて、立教大学演劇研究会 2017年3月公演 『輝ける未来へ』が上演されます。
 "幸せになりたくて、幸せを見つけて、幸せを手に入れた。で、その先は?"どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、電話 090-8724-5107 (制作:会田)、またはこちらのメールまで。

Twitter @rikkyo_gekiken
立教大学演劇研究会ホームページ


(永井さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年2月14日

雲南市演劇によるまちづくりプロジェクト実行委員会「異伝ヤマタノオロチ」

作・演出:亀尾佳宏
キャスト:西藤将人、堀江優純菜、あきふみ、近藤由美子、河本小町 他


日時:平成29年3月18日(土)19:00~/3月19日(日)14:00~
場所:雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール
料金:一般1,500円(当日2,000円)/4歳~高校生 500円(当日1,000円)

 島根にて、雲南市演劇によるまちづくりプロジェクト実行委員会「異伝ヤマタノオロチ」が上演されます。
 「古代出雲にあった架空の国、『スサ』を舞台にした王位継承をめぐる物語。それはまだ人が紙を作らず神様を創っていたころのお話。スサの国の王キナサイは占い師ツグヨミの進言をもとに『この国を豊かにしたものを王女キミコの夫とする』という新たなお触れを出す。『タキガミの民』がスサの富を要求してくると占いに出ており、このままでは国が亡ぶのだという。そんなある日、スサの国に言葉を使うことのできない男があらわれた。男の正体はスサの地を脅かすタキガミか、はたまたスサの地を救う神なのか―。自然の音を聴き分けるオト。嘘つきで嫌われ者のヤマタ。オトのことを想うキミコ。幼なじみである三人の歯車が、新たなお触れとタキガミの噂、そしてオトのことを兄と慕う『オロ』によって少しずつ軋みはじめていく。
 笑って泣いて劇場にいる2時間を楽しんでもらえる物語にしたい。また、出雲神話と古代出雲の歴史をベースにした娯楽ファンタジーを市民劇として雲南地方で制作、上演することで演劇・地域・歴史への関心を呼び起こしたい。同時に、言葉の重さと軽さ、扇動される群衆の愚かさと恐ろしさ、豊かさとは、人と技術のあり方などを問い直す物語となれば、と考えています。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ

(坂上さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [中国]

2017年2月13日

ピヨピヨレボリューション12ヶ月連続公演第4弾×激嬢ユニットバス第5回公演『土砂降りぶりっこ』

<脚本・作曲> 右手愛美
<演出> 匿名○希望
<振付> maco
<キャスト>右手愛美、東理紗、maco、あずさ(以上、ピヨピヨレボリューション)
有栖川ソワレ、今井和美、今村美乃、うえのやまさおり(Wキャスト)、関根麻帆、傳田圭菜、日和佐美香(Wキャスト)、南かおり(以上、激嬢ユニットバス)
六川裕史、永田紗茅、土屋彩夏、早瀬さくら、鹿島田織恵、石川琴絵、やないさき、陽田奈緒、岸田エリ子、おかざきめぐみ 
<スタッフ>
脚本・作曲 右手愛美
演出 匿名○希望
振付 maco
舞台監督・舞台美術 佐藤秀憲(ステージメイツ)
照明 富山貴之
音響 高橋秀雄
編曲 kentaro
歌唱指導・コーラスアレンジ おかざきめぐみ
チラシデザイン・撮影 古田亘(goggle)
撮影衣装 アリス
撮影ヘアメイク 関大輔(株)WiZ 大谷舞
制作 激嬢ユニットバス・ピヨピヨレボリューション
<協力>浅井企画、株式会社ニューウォーカーズ、株式会社オフィスパレット、avenir、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、株式会社CES、株式会社JFCT、M・M・P、東京ヴォードヴィルショー、白米少女、演劇ユニット ルソルナ、gull2

<日程>2017年4月18日(火)~23日(日)
<タイムテーブル>
18日(火) 19:00
19日(水) 14:00/19:00
20日(木) 19:00
21日(金) 19:00(SP)
22日(土) 14:00/19:00
23日(日) 11:00/16:00
※プレミア席は4/20(木)19:00残1枚以外、先行予約にて完売致しました。
SP...役シャッフル公演 ※SP公演には東理紗は出演致しません。
※Wキャストの出演日程は後程公開!
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前。
<会場>劇場MOMO 東京都中野区中野3-22-8 03-3381-8422
<チケット>※前売チケットの支払い方法は振込のみとなります。
前売券3,800円(自由席) プレミア券5,000円(最前列確保・おみやげ付) ※4/20(木)19:00残1枚以外完売。
学割2,500円 当日券4,300円 タンブラー付きチケットは各チケット+1,500円
<予約申込>
〈ご入場順について〉本公演はご購入の窓口によりご入場順が異なります。必ずお読みください。
~ご入場順~
[1] ピヨピヨレボリューションファンクラブ,激嬢ユニットバスDM会員の方
※ピヨピヨレボリューションファンクラブ会員様は缶バッチ、激嬢ユニットバスDM会員様はチケット同封の会員証をご提示ください。
[2]カルテットオンライン申込み前売チケットをお持ちの方
[3]ゲッティ、イープラス申込みチケットをお持ちの方
[4]関係者扱い当日清算の方


 東京にて、ピヨピヨレボリューション12ヶ月連続公演第4弾×激嬢ユニットバス第5回公演『土砂降りぶりっこ』が上演されます。
 「突如現れた巨大な≪砂山≫によって、村に伝染病が流行っている。こどもから大人になったばかりのピルクはクルトの病を治すため、魔女になりたいと決意するが、村の嫌われ者である魔女を探すのは一苦労。この村の長である美女三姉妹は災いの元、砂山を削り取るよう村の大人たちに働きかけるが、伝染病は一向に良くならない。美女三姉妹の思惑は...?果たしてピルクは魔女になれるのか...?魔女vs美女、子供vs大人、自然vs化学...様々な世界で戦いが起きている今、このファンタジーの中にひとつの答えがあるかもしれない。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ

(有川さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年2月 9日

劇団青年座第225回公演『見よ、飛行機の高くとべるを』

作=永井愛/演出=黒岩亮
【キャスト】藤夏子、片岡富枝、遠藤好、黒崎照、小暮智美、尾身美詞、安藤瞳、橘あんり、勝島乙江、田上唯、坂寄奈津伎、平尾仁、井上智之、石母田史朗、山崎秀樹、平尾仁、片岡富枝、久留飛雄己
【スタッフ】
美術=柴田秀子、照明=中川隆一、音響=城戸智行、衣裳=三大寺志保美、製作=小笠原杏緒、長尾敦


【日時】
2月28日(火)18:30
3月1日(水)13:30
【会場】練馬文化センター・小ホール
【料金】一般=4000円、U25(25歳以下)=2000円 U25チケットは青年座のみ取扱い。当日受付清算のみ。

 東京の劇団青年座が、第225回公演『見よ、飛行機の高くとべるを』を上演いたします。
 「明治44年。平塚らいてうが『青鞜』を創刊し、女性の生き方に新しい選択肢が生まれ始めていた時代。岡崎にある女子師範学校には各地から教師を目指す少女たちが集まっていた。教師たちから『国宝』とまで称される光島延ぶは『新しい時代の女性』に憧れる杉坂初江と出会う。二人の間に結ばれた固い友情はやがて仲間たちをも巻き込んだ壮大な計画をスタートさせる。順風に見えた少女たちの青春。しかしある事件をきっかけに厳しい現実が彼女たちの前に立ち塞がる...。本作は初演以来、多くの人々に愛され続け、何度も再演を繰り返してきた作品です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年2月 8日

現代サムシング研究所 第零ノ実験『帰還 ~超一流の幸福術~』

脚本・演出 小野翼
出演 永井理子、和泉ひより、近藤茶、田中穂先、島崎晋之介、乙幡進悟

日時
2月24日(金) 15時~、19時~
2月25日(土) 11時~、15時~、19時~
2月26日(日) 11時~、14時30分~、18時~
(開場は開演の30分前です。)
場所 荻窪小劇場
料金 学生:3,500円 一般:4,000円 当日:4,500円
その他注意事項
・本公演は全席自由席制となっております。
・開演の5分前になりますとご予約を解除させて頂く場合がございます。お時間に余裕を持ってお越し下さいませ。

 東京の劇団現代サムシング研究所が、第零ノ実験『帰還 ~超一流の幸福術~』を上演いたします。
 「『西野レイ、発見!』三週間消息不明となっていたアイドルの帰還。世間はお祭り騒ぎで連日連夜の大報道!マスコミ、警察、メンバーの対応に静かに微笑む謎の男。これは事件か失踪か、はたまたレイの気まぐれか?騒動の中、警察は一人、彼女の手に落ちて、そして、彼女は神となる。 ――アタシ、皆のコト、好きよ。狂って狂って狂いまくりの人生は、純度の高い、美しい人生。おれたち全員ピュアだから。だから笑って許してね。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、TEL:090-8029-5418(制作・梶田)、またはこちらのメールまで。


現代サムシング研究所ホームページ
Twitter:@some_labo

(梶田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年2月 7日

九十九ジャンクション「赤い金魚と鈴木さん~そして、飯島くんはいなくなった~」

作・演出:作:土屋理敬 演出:後藤彩乃(演劇集団円)
キャスト:大竹周作 原田大輔 (以上、九十九ジャンクション) 世古陽丸(演劇集団円) 中條サエ子(演劇集団円) 名倉周(メグルキカク/@emotion) 星出紗希奈 馬渡亜樹(演劇集団円)
スタッフ:美術:吉野章弘 照明:木下尚己(株式会社ファクター) 音響:穴沢淳 舞台監督:浜辺心大朗 宣伝・Web:大田真希男 制作:九十九ジャンクション


日時:3月1日(水)19:30~ 2日(木)19:30~ 3日(金)14:00~/19:30~ 4日(土)14:00~/18:30~ 5日(日)14:00~
場所:花まる学習会王子小劇場
料金:前売り:3,800円 当日:3,800円 U-22:2,800円 ※高卒以上の学生・専門学生もしくは22歳以下対象。 高校生以下:1,000円 鈴木さん割:1,000※お名前が『鈴木さん』の方が対象。 北区の鈴木さん割 :0円 ※北区にお住いの『鈴木さん』は無料。


 東京の劇団九十九ジャンクションが、公演「赤い金魚と鈴木さん~そして、飯島くんはいなくなった~」を上演いたします。
 「世界には沢山の人生がある。世界には沢山の家がある。世界には沢山の家族がある人の体は沢山の血が流れている。人の体は沢山の血で繋がっている。人の心も沢山の血で繋がっている。人間には沢山の出逢いが訪れる。人間には沢山の運命が訪れる。人間には沢山の希望と絶望が訪れる。この世には 唯一の平等がある。人は『始まり』を選べない。しかし、人は『その先』を選ぶことができる。何処にでもあるハウスクリーニング店、何処にでもある分譲マンション。二つの場所で流れ行く時間と運命。『始まり』を選べない人間たち。彼等は、どんな『その先』を選ぶのか...この春、衝撃の問題作が生まれる。
 今回は九十九ジャンクションでもお馴染みの、土屋理敬さんの書下ろし作品。第2回公演で上演した『そして、飯島くんしかいなくなった』の続編です。前作を観ていない人も観た人も、『あっ!』となる作品になっております。劇場でお待ちしております!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


九十九ジャンクションホームページ

(原田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団銅鑼創立45周年記念公演第1弾-No.49『彼の町(かのまち)-チェーホフ短編集より』

作/青木豪 演出/大谷賢治郎 出演/鈴木瑞穂(オフィス・ODA)、館野元彦、三田直門、佐藤響子、竹内奈緒子、井上太、向暁子、真原孝幸、川邊史也、齋藤千裕

日程・開演時間/2017年3月15日(水)~20日(月・祝)
15(水)19:00
16(木)19:00♪
17(金)14:00
18(土)15:00
19(日)14:00
20(月・祝)14:00

会場/六本木・俳優座劇場 http://www.haiyuzagekijou.co.jp/map/
料金(全席指定席・消費税込)
一般/5,000円 25歳以下/3,000円
障がい者手帳をお持ちの方 ご本人/4,500円 25歳以下/2,700円 付添人(お一人のみ)1,000円

♪アフタートーク 16(木)終演後 青木豪(作家)×大谷賢治郎(演出家) 進行役 徳永京子(演劇ジャーナリスト)
●視覚障がい者のための音声ガイドサービスあり 17(金)18(土)19(日)20(月・祝)【要予約】
●視覚障がい者向け舞台説明会あり 18(土)14:00~【要予約】
●聴覚障がい者の方には事前に台本の貸出をします。また、当日簡単な台本(お助け本)を希望者にお渡しします。チケット予約の際、お申込下さい。

〈チケット取扱い〉
劇団銅鑼/TEL:03-3937-1101(平日10時~18時) e-mail:こちらのメール
こりっち/(PC)
チケットぴあ/0570-02-9999(Pコード445-003) 
e+(イープラス)/(パソコン・携帯)

 東京の劇団銅鑼が、創立45周年記念公演第1弾-No.49『彼の町(かのまち)-チェーホフ短編集より』を上演いたします。
 「あなたの知らないチェーホフ!青木豪が描く、知られざるチェーホフの素顔とは?
劇団銅鑼『彼の町』が3月15日~20日まで六本木・俳優座劇場で上演される。今作はチェーホフが20代の時に描いた短編をもとに、チェーホフが生きた時代、短編で描かれる世界、そして現代の3つの世界を軸にした物語。チェーホフと交流のあったチャイコフスキーの楽曲をピアノの生演奏に乗せてストーリーが展開する。青木豪が作を手がけ、大谷賢治郎が演出し鈴木瑞穂も出演。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団銅鑼/TEL:03-3937-1101(平日10時~18時) e-mail:こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(平野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

(公財)仙台市市民文化事業団 AZ9ジュニア・アクターズ仙台招聘公演『村田スカイマメーズ~奥州蛇藤伝説2017~』

▼出演者 AZ9ジュニア・アクターズ22期生、23期生、24期生
▼スタッフ
作 クマガイコウキ
構成・演出 渡部ギュウ
演出助手 佐々木久美子
振付 渡辺リカ
照明 松崎太郎
音響 板橋隆之
衣装 及川恵
メイク 米田裕子
大道具 佐藤公
舞台監督 高橋裕介
情宣デザイン 渡辺陽(14期生)
アドバイザー 高橋清博
主催:仙台市青年文化センター(日立システムズホール仙台)/仙台市
協力:仙南地域広域行政事務組合教育委員会/えずこホール(仙南芸術文化センター)/AZ9ジュニア・アクターズを育てる会
平成28年度文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業


【日時】2017/2/26(日) 14:00開演(13:30開場)
【会場】日立システムズホール仙台 シアターホール
【料金】1,200円[全席指定・指定]
※4歳以上無料。3歳以下は入場不可。
※託児サービスあり(2/12まで要予約)
▼プレイガイド
藤崎
仙台三越
日立システムズホール仙台(平日9:30~19:30、休館日除く)
イズミティ21(平日9:30~19:30、休館日除く)
せんだい演劇工房10-BOX(平日9:00~21:00、窓口販売のみ)
チケットぴあ[Pコード:455-859]
ローソンチケット[Lコード:21517]
《チケットのお申込み》仙台市市民文化事業団 総務課 TEL022-727-1875(平日9:30~17:00)

~劇団紹介~
AZ9ジュニア・アクターズは、仙南地域の小学校4年生から6年生で構成された児童集団です。平成5年に結成され、総合芸術である演劇への参加を通して、みやぎの文化活動、豊かなコミュニティづくりを担う人材育成がこの事業の目的です。このユニークな取り組みが評価され、平成12年度には『自治大臣表彰』を受けました。
1~15期生は大学生・社会人となり各方面で活躍をしています。プロの俳優、歌手になった先輩もいます。卒業生有志が劇団AZoo(アズ―)を結成し公演も行っています。
この舞台創作と交流の絆は、仙南地域に新しい文化の息吹となって広がっています。

 仙台にて、(公財)仙台市市民文化事業団 AZ9ジュニア・アクターズ仙台招聘公演『村田スカイマメーズ~奥州蛇藤伝説2017~』が上演されます。
 「子どもたちの自由で伸びやかな演技とエネルギッシュなダンスがステージいっぱいに溢れ出す。脈々と受け継がれてきた感動のステージ。地域性溢れるオリジナル×手作りの舞台作品にご期待ください!
 ~あらすじ~ 村田町名産のソラマメ。その中でも、おいしい上に歌って踊れる『スカイマメーズ』は町の人気者です。ところがある日、スカイマメーズのちょっとした不注意が原因で、京都の鬼たちが引っ越してくることに! 調べてみれば、鬼たちは人間の命を食べるというからさぁ大変!責任を感じたスカイマメーズは、むかし大蛇に変身したことがある白鳥神社の『蛇藤(じゃふじ)さま』に、助けを求めることにしました。でも、蛇藤さまに直接願いを届ける方法がわかりません!スカイマメーズは、友達の水や土、太陽や風に助けを求めます。果たして思いは届くのでしょうか!蛇藤さまは、千年ぶりに変身してくれるのでしょうか!?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、仙台市市民文化事業団 事業課 TEL022-301-7405(平日9:30~17:00)まで。

AZ9ジュニア・アクターズHP
仙台市市民文化事業団HP


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東北]

2017年2月 4日

「ストアハウスコレクションNo.9 アジア週間 -『私』なるものをめぐって-」

作・演出:Nikorn Sae Tang/鈴木アツト、王 嘉明、木村慎吾
キャスト:ContemporaryAsianMasksProject、莎士比亜的妹妹們的劇団、ストアハウスカンパニー
≪出演≫Contemporary Asian Masks Project【タイ・インドネシア・日本共同プロジェクト】
莎士比亜的妹妹們的劇団 (Shakespeare's Wild Sisters Group)【台湾】
ストアハウスカンパニー【日本】


日時:2017/02/24 (金) ~ 2017/03/05 (日)
場所:上野ストアハウス(JR上野駅 入谷口より徒歩5分)
料金:前売り:円 当日:円

STORE HOUSE Collection No.9 ―『私』なるものをめぐって―
〔Aプログラム〕2017.2.24~2.26
〔Bプログラム〕2017.3.2~3.5

〔Aプログラム〕
2月24日(金) 14:00(ス)/19:30(M)
2月25日(土) 12:00(M)/16:00(M)/20:00(ス)
2月26日(日) 13:00(ス)/18:00(M)/19:00 ポストパフォーマンストーク
*ポストパフォーマンストーク:高橋宏幸 Nikorn Sae Tang 鈴木アツト 木村慎吾

〔Bプログラム〕
3月2日(木) 14:00(莎)/19:00(ス)
3月3日(金) 14:00(ス)/19:00(莎)
3月4日(土) 13:00(莎)/18:00(ス)/19:30 ポストパフォーマンストーク
3月5日(日) 13:00(ス)/17:00(莎)
*ポストパフォーマンストーク:高橋宏幸 ワン・ジャミン 木村慎吾
(ス)...ストアハウスカンパニー
(M)...MASK PROJECT
(莎)...莎士比亜的妹妹們的劇団
≪チケット≫
前売・予約 当日
1本券 \3500 \4000
2本券 \5000 \5500
3本券 \7000 \7500
*ポストパフォーマンストークは無料。ただし公演をご覧いただいた方に限ります。
会場:上野ストアハウス

ボランティアスタッフ募集のお知らせ
ストアハウスコレクションでは期間中、通訳のお手伝いをしていただける方《通訳スタッフ》、会場整理などをしていただける方《会場スタッフ》を募集しております。通訳スタッフは、本格的な通訳ができなくても構いません。日常会話程度ができる方なら大歓迎です。会場スタッフは経験者が好ましいですが、お芝居に興味のある方でしたら歓迎いたします。詳細は、こちらまでご連絡ください。
tel:03-5830-3944 mail:こちらのメール

 東京にて、「ストアハウスコレクションNo.9 アジア週間 -『私』なるものをめぐって-」が上演されます。
 「今回で9回目となるストアハウスコレクションには、【タイ・インドネシア・日本共同プロジェクト】【台湾】【日本】の3チームが集結。2週に渡って、国境を越えて繋がるアジアのパフォーマンスをお届けします。どうぞご期待ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年2月 3日

studio META PRODUCE vol.8 2017『破片 1.5』(FRAGMENT 『F.+2』より)

作/ 長谷川孝治 演出・構成・潤色/北見敏之
【出演】新井和之 三木秀甫
安達俊信 (A)町成トク (A)山本せいみ (B)加藤弘晃 (B)久遠莉子 
【スタッフ】
演出助手 櫻井正一 三宅美奈子
舞台監督 青木秀夫
照 明 釣沢一衣
音 響 乃久地知己
選 曲 三瀬俊吾
舞台美術 安達俊信
小道具 藤浪小道具株式会社
スチール 大島央照
宣伝美術 大賀匠津
ボクシング指導 篠原さとし
スタイリスト 森美幸
【協力】野村哲朗 / 浅海敬 / 久保弘明 / エージェントオフィスタクト / 現代制作舎 / ふぉーすてーじ / エイジアプロモーション / 海森 / 殿山 / (有)ユニオンステージカンパニー / 山本泰彦 / DJ永井隼紀
【Special thanks】唐組 / Meta Maniera


【料金】前売 3800円 / 当日 4000円
【チケット予約方法】1)名前 2)公演日 3)枚数 4)連絡先 をこちらのメールまで送信して下さい。
※ご予約は公演前日24時まで。※確認後、予約完了メールが届きます。 2017年1月10日10時販売開始
【場所】ウエストエンドスタジオ 〒165-0026 東京都中野区新井5-1-1 スタジオライフ1F
1)西武新宿線 新井薬師前駅から徒歩10分 2)JR中央線 中野駅から徒歩15分
【日時】2017年3月
15(水)19:30(A)
16(木)19:30(B)
17(金)19:30(A)
18(土)15:00(B)
19(日)15:00(A)
20(月・祝)15:00(B)
※受付開始は開演1時間前、開場は開演の30分前


 東京にて、studio META PRODUCE vol.8 2017『破片 1.5 (FRAGMENT 『F.+2』より)』が上演されます。
 「197X年の夏はモーレツ暑かった。バイト先の作業場は、北の海岸線に沿って走る国道の脇に在って、狭い石段を降りるとそこは路地裏のどんつきだった。一切の熱の流れがそこに集中して滞った。僕たちは確かな行き場を失っていた。何にしても金は必要だと、焦げて蒸発しそうなカラダを持ち堪え、すでに動かなくなったバイクの解体、洗浄、仕分けを繰り返した.暇だった。世の中は、何事もなかったかのようにいづれ迎えるバブルの波に向かってなし崩しに走り出して行く。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

studio METAホームページ


(安達さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

第19回 座・大阪市民劇場公演『また逢う日まで』

作・演出:作:深山うぐいす 演出:仲風見
キャスト:第19回 座・大阪市民劇場メンバー
スタッフ:劇団StageSSZakkadan
後援:吹田市 吹田市教育委員会

日時:3月25日(土)26日(日)
場所:えさか芸術文化館ピエロハーバー
料金:前売り:2000円 当日:2300円
ご予約はこちらから

現在、夏公演に向けて新メンバー募集中 演劇初めての方も大歓迎!お気軽にお問い合わせ下さい

 大阪にて、第19回 座・大阪市民劇場公演『また逢う日まで』が上演されます。
 「天国の待合室。今、鐘が鳴って、生まれて行く者、そして、死んだ者達が過去を振り返る処 生まれてきた時はモグラだった。ミミズだったと話している・・・。それらとは別に、医者と患者と赤ちゃん達がそれぞれの人生を話す。だが、天国の鐘は鳴って、また、生まれて行く者、死んで来た者達が交差する・・・。
 ●座・大阪市民劇場とは 一般公募で集まった(5歳~80歳迄)のメンバーで結成し、週1回稽古を行い、公演上演後、解散する市民参加型劇団です。今回、出演するメンバーは年代も様々。 親子参加(子供さん5歳、母 40代)や休学中に自分を見つめたいと京都(宮津)から通う今年成人(20歳)の女の子、若い子と一緒だと台詞が覚えられないとぼやきながらも楽しそうな50代男性、中学生、高校生、大学生、もう一度舞台に立ちたい!社会人。何かをはじめたい主婦のなど。みんなそれぞれ、色んな想いを込めて稽古に励んでいます。決して、プロ顔負けとは言えませんが、それぞれの個性が光り、感動を与える。そんな舞台をメンバー全員で作り上げて行きますので、お時間合う方は是非ご来場下さいませ☆☆皆様のご来場心よりお待ちしております♪」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、座・大阪市民劇場実行委員会:tel/06-7897-8563 またはこちらのメールまで。

(河田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2017年1月29日

劇団キンダースペース 本公演『河童 ~鼻の先の夕暮れ~』

原作/芥川龍之介
構成・脚本・演出/原田一樹
出演/瀬田ひろ美・平野雄一郎・古木杏子・深町麻子・森下高志・榊原奈緒子・高中愛美・鏡淵だい・淡路絵美・林修司〈以上 劇団キンダースペース〉
阿部百合子〈劇団俳優座〉・牧口元美〈LOTSTAFFS〉・紺野相龍〈ざぶとん役者の会〉・白州本樹〈フリー〉・荒牧大道〈フリー〉

日時:2/8(水)~12日(日)
〈8・9日/19:00 10・11日/14:00・19:00 12日/14:00〉
劇場:東京・両国シアターカイ 両国駅徒歩3分 Tel03-5624-1181
チケット:前売り4,000円 ペア7,500円 大学・専門学校生:3,000円 高校生以下2,000円ご予約 こちらのメールにて承ります。
1 お名前 2 お電話番号 3 枚数 4 御希望日時 5 チケットの種類 をお願い致します。チケットは当日受付に、お名前にて承ります。
※公演詳細は劇団キンダースペースサイトをご覧ください。

 東京の劇団キンダースペースが、本公演『河童 ~鼻の先の夕暮れ~』を上演いたします。
 「『河童』の作品の中で、狂人【二十三号】の語る世界は、芥川自身が執筆してきた小説世界です。この中で河童界の葛藤として挙げられる雇用、殺戮、共食い、求愛などは、そのまま、格差、テロ、民族紛争、恋愛という現代の表象につながります。それらを深刻で救いのないものとするのではなく、喜劇性と諧謔(かいぎゃく)の中に描きます。是非お時間を空けてご来場ください。必ず喜んでいただける作品になっていると思います。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(瀬田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年1月27日

劇団アニマル王子 第20回公演『憂世彼方 -霧の花街宵乃籠釣瓶-』(うきよかなた -きりのはなまちよいのかごつるべ-)

脚本・演出|松野正史


【日程】2017年3月15日(水)~19日(日)
15(水) 19:00
16(木) 14:00☆/19:00
17(金) 14:00☆/19:00
18(土) 14:00/19:00
19(日) 13:00/17:00★
☆終演後アフタートークイベント
★千秋楽特別カーテンコール
【チケット】前売:3500円 当日:3800円 学割:2500円(要学生証提示) 一部を除き全席自由 ※過去イベント特典による一部指定席あり
【場所】築地本願寺ブディストホール 東京都中央区築地3-15-1 築地本願寺内第一伝道会館2F(築地本願寺を正面に右側 『レストラン紫水』と同入口)
メトロ日比谷線 築地駅 徒歩1分 メトロ有楽町線 新富町駅 徒歩5分 都営浅草線 東銀座駅 徒歩5分 都営大江戸線 築地市場駅 徒歩5分
チケットのご予約はこちら


 東京の劇団アニマル王子が、第20回公演『憂世彼方 -霧の花街宵乃籠釣瓶-』(うきよかなた -きりのはなまちよいのかごつるべ-)を上演いたします。
 「劇団アニマル王子の20回目の本公演は、吉原を舞台に歌舞伎"籠釣瓶 花街酔醒"と実際に起きた連続殺人事件"ジャック ザ リッパー"の要素を取り込んだ作品となっております 皆様のご来場をお待ちしております
 時は享保、徳川吉宗の時代。下野国で絹問屋を営む佐野次郎左衛門は、生まれつきその顔に醜い痣がある。母の言いつけを守りまっすぐに生きているものの、その醜さゆえに人から疎まれることも多かった。ある日、次郎左衛門が商いで江戸・吉原に出向いた先で、橘屋お職・八橋花魁と出会い二人は一目で惹かれ合う。一方、江戸の町は続く女郎斬りの噂で持ちきり。陸奥国の降霊術師一族の血を引く女・竹原七美は、同心・羽林喜三郎にその力を見込まれ、女郎斬りの下手人を捕らえるために協力することになってしまう。女郎斬りを調べている最中、七美は町で不思議な男を見つける。その者の名は『籠釣瓶(カゴツルべ)』それは次郎左衛門の中に潜む、もうひとつの霊魂であった。止まぬ女郎斬り 次郎左衛門と八橋の仲を良く思わぬ八橋の間夫・栄之丞の企み、次郎左衛門と籠釣瓶の悲しい過去...。女たちの情念渦巻く吉原で、様々な人間達の想念が昏く深い霧のように次郎左衛門に忍び寄る。その霧晴れたその時に お天道様が照らすのは 市中騒がす女郎斬りか 人を愛する化け物か」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団アニマル王子ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年1月25日

劇団櫂人(げきだんかいと)「ブルーストッキングの女たち」

作・演出:作・宮本 研 演出・美術:篠本賢一
キャスト:青木恵・東條将孝・向後正枝・鈴木里花・田中淳子・小池恵子・宮下文子・服部次郎・水野真由美・佐藤陽子・黒井暁子・金井賢一・山口しのぶ・柘植英樹・大南宏・草野峻平・滝沢直純
スタッフ:照明:朝日一真/音響:山田健之/舞台監督:森山香緒梨/着付け協力:寿美とも子/宣伝美術:前嶋のの/チラシイラスト:村上洋子/舞台写真:宮内勝/舞台映像:大塚登(東京舞台映像)/制作:高橋俊也(THEATRE-THEATER)/協力:テアトルアカデミー・遊戯空間・(有)創新企画・アトリエそら・オフィスJOY


日時:5月24日(水)18:00/25日(木)13:00/26日(金)13:00・18:00/27日(土)13:00/28日(日)13:00
場所:上野ストアハウス(JR上野駅入谷口より徒歩8分)
料金:一般:3500円 小中高生:2000円 *未就学児のご入場はお断りしています。
劇団公式HPからチケット予約ができます。

 東京の劇団櫂人(げきだんかいと)が、公演「ブルーストッキングの女たち」を上演いたします。
 「大正元年(1912)、『元始女性は太陽だった』と宣言し日本初の女性による女性のための月刊誌となった『青鞜』に刺激を受け、伊藤野枝(17才)が、平塚らいてう(26才)に会うため、九州から上京してくる。青鞜社には、新しい女たちと呼ばれる、神近市子(24才)、尾竹紅吉(19才)らがいた。野枝も加わり力強く歩み始めた『青鞜』。やがて、らいてうから編集を引き継いだ野枝は、辻潤との結婚生活に疲れ、無政府主義者大杉栄に惹かれるようになる。フリー・ラブを主張していた大杉は、妻の保子、神近市子、伊藤野枝との四角関係になってしまう。そして、そんな関係に亀裂が生じる事件が起こる。女優松井須磨子は、島村抱月と芸術座を旗揚げし、劇中歌のヒットにより一世風靡していたが、突然二人を引き裂く出来事が持ち受けていた。大正12年(1923)、関東大震災で社会が混乱している最中、甘粕憲兵大尉に連行される大杉と野枝......。
 富国強兵、殖産興業の明治時代は、日清日露の戦争に勝利し、わずか半世紀の間に飛躍的に国力を高めていきました。明治の末になると、民衆も力を増し、華族らの主導する政府に対して疑問を呈するようになりましたが、12名の社会主義者が、『大逆事件』(1910)で国家権力に命を絶たれてしまいます。演劇に目を向けると、海外の戯曲を積極的に上演しようとする小山内薫の自由劇場、坪内逍遥の文芸協会などが、劇場に新しい風を吹かせていました。イプセン作『人形の家』が、松井須磨子の主演で大衆の支持を得ていたことと、女性による女性のための月刊誌『青鞜』の発刊で、『女性』というものが意識的に語られるようになったこととは偶然ではありません。15年間続く大正時代は、人々が理想的な人生を模索した、いわば青春時代のような輝きに満ちた時代でもありましたが、大正12年の関東大震災の後、『治安維持法』は社会を大きく戦争の時代へと舵取りをしていきます。大正時代、社会の因習と格闘し新しい生き方を模索した女性たちの生きざまを舞台に蘇らせてみたいと思います。(演出:篠本賢一)」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団櫂人ホームページ

(服部さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

ヅカ★ガール秘言公演『卍珠沙華』

原作:谷崎潤一郎『卍』
脚本・演出:飯塚未生
出演:石黒徳子、片山歩美(シックスペース)、かまくらあや、結崎あゆ花(ヤザ・パパ)


2017年2月12日(日)-15日(水)
於 江古田・兎亭
★開場時間が変則的です。12、14日は開演30分前開場。13、15日は18:30開場となっております。お気をつけ下さい。
◇チケット 一般:2500 学生:2200 ★1名様1ドリンク必須(300円~)
《ご予約の方限定で、ヅカ★ガール次回公演以降使える300円引き券を差し上げます!》
ご予約 (劇団扱い)
◇web HP》 Twitter》@ZukaGirl Facebook》 CoRich!舞台芸術》

 東京の劇団ヅカ★ガールが、秘言公演『卍珠沙華』を上演いたします。
 「時は昭和初期。大衆文化花開く日本。夢二の美人画が流行し、断髪の少女たちは映画館に通い、街角にはシャンソンが流れる。平凡な夫婦生活に飽いた有閑婦人、園子。彼女の前に現れた奔放で蠱惑的な少女、光子。女二人の愛憎劇に知らず知らず絡めとられていく夫孝太郎。そして彼らを見つめる"先生"のまなざし 煌びやかな文体で同性愛・妄執・洗脳とセンセーショナルな事柄を書き立てた為、異形の性愛奇譚として語られがちな名作『卍』美しい悲恋劇という点を徹頭徹尾掘り下げて、ヅカ★ガール流に堂々舞台化!
 儚く、妖しく、麗しく。約90年の時を経て、禁忌の愛憎劇が密やかに肉体を得る。大谷崎『卍』vsヅカ★ガール!劇団初の原作もの。最先端の伝統美。谷崎的女性美とヅカ★ガール的女性美の化学反応をお楽しみ戴きたい。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、09041760168(飯塚)まで。


(飯塚さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団ぴゅあ #29回公演『追憶ホテルの女』

2017年2月4日(土)5日(日)
於:彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール
⇒JR埼京線 与野本町駅西口より徒歩約7分
※入場無料/全席自由/チケットなし
☆タイムテーブル☆
4日 18:00-
5日 11:00- 15:00-
※開場は開演の30分前となります


 埼玉の劇団ぴゅあが、#29回公演『追憶ホテルの女』を上演いたします。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年1月23日

9PROJECT『出発』

【作】 つかこうへい
【演出】渡辺和徳
【出演】小川智之・渡辺昇・高野愛・木村佐都美・浦島三太朗・農坂夢香
STAFF
舞台監督/藤本典江
照明/清家玲子
音響/葵能人
宣伝写真/堀内亮太
協力/(株)つかこうへい事務所・池林房・太田篤哉

演出/渡辺和徳
脚本家、演出家、俳優。1999年、★☆北区つかこうへい劇団に7期生として入団。つかこうへい作品に多数出演する傍ら、つかこうへい氏より『おまえは脚本を書け』との言葉をもらい、氏のもとで作・演出を学ぶ。近年は俳優、声優としての活動の他、劇団公演の作・演出、外部では商業演劇の脚本等や各種ワークショップの講師をするなど、活躍の場を広げている。『少年隊PLAYZONE』『SAMURAI7』『女信長』『大江戸緋鳥808』『神州天馬侠』『巴御前』など

【日程】2017年2月7日(火)~12日(日)
火・金/19:00 水・木/14:00 & 19:00 土/14:00 & 18:00 日/14:00
【会場】SPACE 梟門
【席種】全席自由席のみ
【料金】一般 3,500円(前売・当日とも)・学生 2,500円(要 学生証)
【TICKET】
9PROJECT
Confetti 0120-240-540(平日 10:00~18:00)
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:455-113)
チケットぴあ/サークルK・サンクス/セブン-イレブンなど

 東京の劇団9PROJECTが、公演『出発』を上演いたします。
 「『うちの親父は筋金入りの蒸発だぜ。並のトンズラじゃないんだぜ!』岡山家の当主、岡山八太郎が蒸発した。その噂は、すぐにご近所に知れ渡っていた。ある者は昨夜電信柱の陰で見たといい、ある者は失踪の理由をアレヤコレヤと言い立てる。しかし、当の岡山家の食卓は、厳粛なる空気に包まれていた。呪われた家系を持つ岡山家の当主が蒸発したのである。ただフラリといなくなったわけではない。そこらのホステスと逃げ出したわけでもない。高尚かつ哲学的な意味を持って蒸発したのに違いないのである。そしてこの寒空の下、残してきた家族を思い、それでも帰るわけには行かないその身の不幸を嘆きながら、涙を流しているのに違いないのである。であるならば、その父の帰りを待つ家族も、それ相応の覚悟を持って日々の暮らしを営まなくてはならない。今、岡山家は"正しい家族の在り方"を目指し、意地と覚悟をぶつけ合う...。果たして、父親は帰ってくるのだろうか。果たして、岡山家の体面は保たれるのだろうか。不条理なストーリーの中に笑いが溢れ、真に正しい家族の在り方が描き出されていく。つか版、ホームドラマの傑作です!
 1974年につかこうへいが『熱海殺人事件』で岸田國士戯曲賞を当時最年少で受賞した後、その受賞後第一作目として文学座に書き下ろしたのが、この『出発』です。その後、つか自身の演出によって改訂を重ねながら、幾度となく再演され、また近年では錦織一清演出、戸塚祥太主演によって大きく改訂を施されて上演されましたが、この初演バージョンが上演されるのは実に42年振りです。
 舞台は、ある日突然父親が蒸発してしまった一家。一人一人が健気に父の帰りを待つ家族に徹するうち、次第にテンションが上がり、銘々勝手に"正しい家族の在り方"を主張しあうようになる。そしてまた父親も"苦悩の末、妻と子を捨てざるをえなかった悲劇の男"としてしか、家庭に戻ることを許されなくなっていく...。初期の作品特有の不条理なストーリー展開ながら全編には笑いが溢れ、その大仰なる日常の中、真に正しい家族の在り方が描き出されていきます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


9PROJECT公式サイト

(渡辺さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年1月21日

劇団ぴゅあ#29『追憶ホテルの女』

作・演出:萩原 康節


日時:2017年2月4日(土)18:00 2月5日(日)11:00/15:00
場所:彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール
料金:入場無料


 埼玉にて、劇団ぴゅあ#29『追憶ホテルの女』が上演されます。
 「架空の犯罪都市MASAIT。ここでは誰も信じられず誰を頼ることも出来ない。孤児院で育った幸と美鈴は姉妹のように育ち、10年の苦労の末、幸運にも『S&M HOTEL』というホテルを経営するようになった。そのホテルを狙ってやってくるギャング、迫り来る殺し屋達、暗躍する謎の助け屋。その混乱の中で幸は生き別れた夫・総爾と再会する。幸は取り戻せるのか。ホテルの運命は?2017年、劇団ぴゅあが贈る西部劇調近未来活劇!ここに開幕、乞うご期待!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団ぴゅあホームページ


(岩永さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団とっても便利 4月公演出演者募集

ミュージカル出演者募集のお知らせ
劇団とっても便利は、2017年4月20日~23日に京都で上演予定のミュージカル出演者を募集します。今回は、2007年に大阪HEPHALLで上演し、好評を得た『オトギバナシ』を再演致します。国内外で14の賞を受賞し高い評価を受けた映画『太秦ライムライト』(2014年公開)の脚本・プロデュースを手がけた大野裕之の作曲・脚本・演出によるオリジナルミュージカルです。意欲と才能に満ち溢れた出演者を募集いたします。

☆オーディション日程
2月9日(木) 18:00~20:00 [1]
2月18日(土) 10:30~12:30 [2]
2月19日(日) 15:00~17:00 予備日
場所:京都市内
※[1][2]いずれかの日程でご応募下さい
※上記日程がご都合のつかない場合は予備日を利用頂くか、当劇団までご相談ください。※内容は、歌・ダンス・演技の実技です
※応募人数により日程調整のお願いをする場合がございます

☆参加条件
※プロ・アマ・年齢・性別不問
※3月からの公演練習(週3~4回/平日は夕方から、土日は終日)、4/20~23の公演期間に参加できる方(いずれも場所は京都市内)
※チケットノルマなし
☆締切: 2/8(水) 正午
☆連絡先:こちらのメール
下記内容をメール本文に記載の上、顔のわかる写真(バストアップ)と、全身のわかる写真を添付してご連絡下さい。
1.名前 2.年齢 3.オーディション希望日程 [1]or[2] 4.芸歴・レッスン歴 5.志望動機 6.好きなミュージカル 7.2017/3/1~4/23のスケジュール 8.連絡先(電話番号・メールアドレス) 9.お住まいの地域
※お送り頂いた情報は本オーディションの目的以外には使用いたしません。
※申込から3日以内に、当劇団担当者よりオーディション詳細についてご連絡致します。連絡がない場合はお手数ですが再度お問い合わせ下さい。

公演予定は下記のとおりです。
劇団とっても便利オリジナルミュージカル『オトギバナシ』
作曲・脚本・演出:大野裕之
公演日程:2017年4月20~23日 6ステージ
場所:スタジオヴァリエ(京都市左京区)

(中島さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年1月20日

空想工藝舎 artwork#01「トランス」

作・演出:中村歩道
キャスト:中村歩道 松岡伸哉 足立万実(劇団ZIG.ZAG.BITE)
スタッフ:舞台監督 君島史哉(演劇ユニット そめごころ) 音響 吉田理子 照明 古野裕基(演劇ユニット そめごころ) 衣装 中村歩道 制作 吉田理子


日時:4/8 19:00~・ 4/9 14:00~
場所:ぽんプラザホール
料金:前売 2,000円/当日 2,500円 ペア券 3,600円(要予約)
4/9 14:00~の回のみアフターイベントを予定しております。

 福岡にて、空想工藝舎 artwork#01「トランス」が上演されます。
 「『私は他人である』もう一人の自分が書き記したメモ。一つの妄想をキッカケに再会する3人。愛を超え、行き着く果ての妄想は救いを求める日本の若者にどんな景色を見せるのか―。愛と苦悩のファンダメンタリズム作品!
 演劇と他の芸術を掛け合わせての活動を主体とする空想工藝舎の記念すべき最初の公演は主軸となる『演劇』を追求します。出演には劇団ZIG.ZAG.BITEやその他にも多岐に渡る活動を行っている足立万実さん、役者のみならず演出家としても活躍中の松岡伸哉さんを迎え、当団体のアートディレクターである中村歩道も出演。鴻上尚史が描くトランスの世界を空想工藝舎が新たな解釈で上演いたします。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


空想工藝舎ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [九州・沖縄]

第4回静岡県民ミュージカル『オズの魔法使い』

作・演出:脚本・演出:立花里美


日時:2017年2月11日(土) 、12日(日)
場所:静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ 中ホール・大地
料金:S席(指定席) 2,500円/A席(自由席) 2,000円


 静岡にて、第4回静岡県民ミュージカル『オズの魔法使い』が上演されます。
 「童話オズの魔法使いを原作に、立花里美が脚色。ドロシーは『オズの国』へと飛ばされてしまう。途中で脳の無いカカシ・心の無いブリキの木こり・臆病なライオン等と出会い願いを叶えてもらう為大魔法使いの『オズ』に会いに行く...。県民版オズの魔法使いを創ります。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ


(石山さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東海]

2017年1月18日

★劇団東演第149回公演『僕の東京日記』★

【作】永井愛
【演出】黒岩亮(青年座)
【キャスト】腰越夏水、岸並万里子、古田美奈子、東さわ子、かせ野二紗子、大川綾香、中花子、三森伸子、能登剛、奥山浩、星野真広、原野寛之、清川翔三、木野雄大、小泉隆弘、三枝玲奈(青年座)、世奈(青年座)


【劇場】下北沢・本多劇場
【チケット料金・全席指定】
◎一般5000円
◎シニア4500(65才以上)
◎学生3000円
◎+1チケット15000円
(3名様のグループで+1名様ご招待)
【タイムテーブル】
3月6日(月)18:30★
3月7日(火)13:30
3月8日(水)18:30
3月9日(木)13:30●
3月10日(金)18:30
3月11日(土)13:30
3月12日(日)13:30
★初日特典 4000円(学生2500円)!!
●終演後バックステージツアー有り♪

 東京にて、劇団東演第149回公演『僕の東京日記』が上演されます。
 「1971年秋、70年安保や大阪万博の熱もおさまりかかってきたなか、大学生の原田満男は古びた2階建ての賄い付きアパート『春風荘』に越してきた。自立を固く誓い、都内の実家から独立しての引越しだった。このアパートの住人たちは風変わりな連中ばかり...屋台でおでん屋をしている反戦活動家、売れない新劇女優、役所務めのヒッピーに女ヒッピーたち、公認会計士を目指す男、野良猫を愛するスーパーの店員、やくざかぶれのクリーニング屋定員にそんな彼らをお世話しているアパートの管理人さんなどなど彼らが巻き起こす様々な出来事に、満男は気がついたら巻き込まれてしまい右往左往。そこに満男の母親も心配して来てしまい...果たして自立した自分を見つけることはできるのだろうか...」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせ・お申し込みは、劇団東演:03-3419-2871、03-3414-4753、またはこちらのメールまで。

劇団東演ホームページ

(原野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

オペラシアターこんにゃく座公演 オペラ『想稿・銀河鉄道の夜』

《宮澤賢治生誕120周年記念第二弾》

原作  宮澤賢治
台本  北村想『想稿・銀河鉄道の夜』より
作曲  萩京子
演出  大石哲史

●出演者
ジョバンニ:島田大翼
カムパネルラ:北野雄一郎
大学士ほか:高野うるお
先生・尼僧:梅村博美
ザネリ・青年ほか:沢井栄次
鳥捕りほか:佐藤敏之
車掌ほか:富山直人
少女ほか:高岡由季
生徒ほか:熊谷みさと
生徒ほか:齊藤路都
生徒ほか:小林ゆず子
生徒ほか:冬木理紗

クラリネット:橋爪恵一
チェロ:津留崎直紀
ピアノ:服部真理子

●日時 2017年2月3日(金)~5(日)
2/3(金) 19:00 
2/4(土) 13:00、18:00
2/5(日) 11:00、15:30
*開場は開演の30分前
●会場 世田谷パブリックシアター(三軒茶屋)
●チケット料金
*全席指定 *当日は一人500円増し。
【A席】(1階と2階中央1列目) おとな6,000円 おとなペア11,000円 こども・学生4,000円 U25(25歳以下)4,500円
【B席】(2階) おとな5,000円 おとなペア9,000円 こども・学生3,000円 U25(25歳以下)3,500円
【C席】(3階) おとな3,500円 こども・学生2,000円
※U25は、当日要身分証明書。学生は当日要学生証。
●チケット取扱
・オペラシアターこんにゃく座 TEL.044-930-1720(平日10時~18時)
・世田谷パブリックシアターチケットセンター TEL.03-5432-1515(10時~19時)
PC 携帯
・チケットぴあ(Pコード454-971)
イープラス
ローソンチケット TEL.0570-084-003(Lコード34242)
カンフェティ TEL.0120-240-540
※託児サービス、車いすスペースあり。詳細はこんにゃく座ホームページをご参照ください。
●主催・制作 オペラシアターこんにゃく座 
神奈川県川崎市多摩区宿河原7-14-1 TEL.044-930-1720 


 神奈川にて、オペラシアターこんにゃく座公演 オペラ『想稿・銀河鉄道の夜』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

オペラシアターこんにゃく座ホームページ

(湯本さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年1月17日

戯れの会「HUIS CLOS ユイ=クロ ー出口なしー」

作・演出:作/ジャン=ポール・サルトル 演出/多和田真太良
キャスト:窪田壮史 吉田直子 平澤萌花 木場光勇
スタッフ:翻訳・ドラマトゥルク/西樹里 美術/吉田健嗣 制作/関根麻里恵 岡村正太郎


日時:2017年2月22日(水)~26日(日)
場所:目白:学習院大学南1号館特設劇場
料金:予約優先制 無料


 東京の劇団戯れの会が、公演「HUIS CLOS ユイ=クロ ー出口なしー」を上演いたします。
 「とあるホテルの一室、ギャルソンに案内されてやって来たのは、一人の男と二人の女。出口のない部屋で、三つ巴の会話劇がはじまるー。2014年より始まった作品分析の研究会とリンクした上演企画『不条理な演劇祭』(2015)、ジョルジュ・フェドー『旦那さまはハンター!』(2016)は、2年間で約800人の観客を動員し好評を博した。本年度は、サルトルの異色の戯曲を取り上げる。人間の普遍的なテーマを新訳を用いてより鮮明に炙り出す。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


戯れの会ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年1月16日

虚飾集団 廻天百眼「悦楽乱歩遊戯」

キャスト:紅日毬子、桜井咲黒、十三月紅夜、早坂カラス、他
原 作 江戸川乱歩 脚本/演出 石井飛鳥
音 楽 西邑卓哲(FOXPILL CULT)
舞台監督 川俣勝人
音 響 飯塚ひとみ
発 明 奥山友太
衣 裳 笠原彩香 イチゴ ジョジョーフ さが
美 粧 ウヅメ 十郎
舞台美術 桜井咲黒
美術助手 瀧口爽
小道具/特効/操演 紅日毬子
広告美術 ワタナベユウキ
制 作 ワタナベユウキ 十三月紅夜


日時:2017年2月26日~3月5日
場所:ザムザ阿佐谷 東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21

● 舞台『悦楽乱歩遊戯』一般 4200円 R23  2800円 R15  45円!(必ず5円玉9枚でお支払いください。要予約制)
● 詩劇『記述へのパラフィリア』 一般 3000円 R23  2000円 パラフィリアR15 45円!(必ず5円玉9枚でお支払いください。要予約制)
※各券ポスター付 +500円
● 『悦楽乱歩遊戯』『記述へのパラフィリア』共通、特典付き全ステージフリーパス 一般 42000円 R23  28000円
★フリーパス特典
★明智小五郎ネクタイ 黒蜥蜴も絶賛!明智先生のネクタイ!
★ポスター 『悦楽乱歩遊戯』A2ポスター
★友人招待券1枚付き
※当日券は各+500円
※全席自由席
※R23 2017年2月1日時点で23歳以下の方。生年月日の分かる身分証をご持参ください。
※R15 2017年2月1日時点で15歳以下の方。生年月日の分かる身分証をご持参ください。


 東京の劇団虚飾集団廻天百眼が、公演「悦楽乱歩遊戯」を上演いたします。
 「帝都を惑わす黒蜥蜴の魔手がついに小山田静子の元へと伸びる。駆けつけた明智小五郎の心身を襲うはパノラマ島の如き絢爛な情景。夜と夜とを重ねるごとに、輪郭を強める生者の吐息に語りかけるあの世の者の影。見よ、人間はこんなに奔放だ! 虚飾集団廻天百眼×江戸川乱歩 究極の猟奇がいま、幕を開ける! 死の遊戯というものがあるならば、まさしくそれでありましょう。丸尾末広の少女椿、寺山修司の奴婢訓を、独自の解釈で舞台化してきた虚飾集団廻天百眼が、ついに江戸川乱歩を上演!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのウェブサイトまで。


虚飾集団廻天百眼ホームページ

(水銀寺さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

le 9 juin『あなたが出会わなかったひと - Someone you may never meet』

作・演出 藤井治香
出演 藤井治香 / しおしお
スタッフ  制作:穐山茉由 / 照明:鈴木拓実
企画制作 le 9 juin(ルナフジュアン)


2017年2月4日(土)・2月5日(日)
場所:DESIGN FESTA GALLERY EAST301
2/4(土):14:30 / 18:00
2/5(日):13:00 / 16:00 
一般2000円 / ~大学生1500円
予約フォーム
※ 受付・開場は開演30分前 ※ 日時指定・全席自由
※ 大学生までの方は学生証のご提示をお願い致します。
※ 未就学児童はご入場頂けません。

 東京の劇団le 9 juinが、公演『あなたが出会わなかったひと - Someone you may never meet』を上演いたします。
 「想像することは難しい、けれど絶対に存在する無数の出会うことのないひと、その存在を考えると、出会わなくて良かったひとだって、もしかしたら、やっぱり、出会ってよかったと思えるかもしれない」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


le 9 juinホームページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年1月15日

革命アイドル暴走ちゃん「イカれた女子が世界を救う」

作・演出:二階堂瞳子


日時:2017年2月16日、2月19日
場所:横浜人形の家 あかいくつ劇場
料金:前売り・当日3000円


 横浜にて、革命アイドル暴走ちゃん「イカれた女子が世界を救う」が上演されます。
 「圧倒的な熱量と聴衆を飽きさせまいとする過剰なショー、日本のサブカルチャーやアニメソング、アイドルソングが轟音で鳴り響く中...散布する紙吹雪!想像を絶する物量の小道具!そしてサイリウムが輝く小宇宙へ!圧倒的な運動量を通じてそれでも立ち上がってくるセーラー服(からのスクール水着)姿のパフォーマー達の全力限界突破越えの驚くべき肉体を刮目せよ。今回は初となる女性キャストのみによる女子力爆発パフォーマンス!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年1月14日

P・T企画プロデュース P・T・Mystery_File.7@SPACE9 ロールプレイング・ミステリー「桃野探偵事務所の事件簿~天空ビルに、紅いサクラサク~」

【出演】オオサワシンヤ 坂本さやか 笠井隆介(PEOPLE PURPLE) 竹田朋子(演劇集団よろずや) 辻田鯉絵(演劇カンパニー未来計画TOP)山本直匡((株)舞夢プロ)中村太亮((株)舞夢プロ)

【日程】2017年3月16日(木)~20日(月祝)
16(木)19:00
17(金)19:00
18(土)11:00/15:00/19:00
19(日)11:00/15:00
20(月・祝) 11:00/15:00
※上演時間は約2時間。推理時間75分を含む。
※受付開始・開場は開演の30分前。
※1ステージ60名様
【チケット発売開始は1/21(土)から!】
【会場】SPACE9(スペースナイン) 〒545-8545 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店ウイング館9階
TEL:06-6622-8802 (代表:近鉄アート館 ※月曜日を除く11:00~18:00)
アクセス 近鉄大阪阿部野橋駅、JR・地下鉄天王寺駅下車すぐ
【チケット料金】前売3500円(日時指定・完全予約制) 当日4000円(当日券は残席があった時のみ発券)


 大阪にて、P・T企画プロデュース P・T・Mystery_File.7@SPACE9 ロールプレイング・ミステリー 「桃野探偵事務所の事件簿~天空ビルに、紅いサクラサク~」が上演されます。
 「桃野探偵事務所の探偵、桃野 花・実の姉弟。彼女達が訪れたのは、大阪にある『あべのハルカス』。日本一の高さを誇るこのビルには近鉄百貨店を始めとして、あべのハルカス美術館、大阪マリオット都ホテル、ハルカス300展望台など多彩な施設が共存する超高層ビルだ。その9階にあるSPACE9にて、知り合いの舞台を観劇する為だった。予定より少し遅れて幕が開いた芝居。鳴り響く音楽。色とりどりの照明。しかし......すぐに舞台は中止になってしまった。
 あべのハルカスで起こった殺人事件。舞台の暗転中に、何が起こったのか?死亡推定時刻の、容疑者達のアリバイは?【『ロールプレイング・ミステリー』とは?】
P・T企画がお送りする観客参加型『ロールプレイング・ミステリー』とは参加者自身が登場人物の1人として事件現場?である会場を巡り、ヒントを手に入れ、関係者にインタヴューして推理する『ロールプレイング・ゲーム』感覚のミステリーゲームです。
さあ、今回の捜査現場は『あべのハルカス』。制限時間内に関係者から証言を聞き出し、日本一高いあのビルの中を巡り、手がかりを探し出し推理してください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お申込み・お問い合わせは、Office P・T企画:E-mail こちらのメール、FAX 06-6651-3044、Tel 090-8121-8585 まで。

P・T企画ホームページ
Facebook 公式ブログ げきぴーの日常 Twitter @pt_kikaku

(丹原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2017年1月13日

劇団自由人会『ラインの監視』

作・演出:原作/リリアン・ヘルマン、訳/村山知義、演出/ふるかわ照
キャスト:森もりこ、大橋正幸、真野さよ、土山壮也など
スタッフ:【舞台監督】藤木剛 【音楽】木村知之 【音響】Magical-Sound 【照明】堀野賢一、井上慎弥、堀越美草 【解説作成】児玉世喜 【宣伝美術】西山まき


日時:2017年2月28日(火)18:30開演
場所:神戸市東灘区民センターうはらホール
料金:前売り・当日:3000円/高校生以下:2500円
前売りチケットご購入の方には特典あり!


 神戸にて、劇団自由人会『ラインの監視』が上演されます。
 「第1回ゴールデングローブ賞、第16回アカデミー賞受賞 映画『ラインの監視』舞台化! 1940年早春のアメリカ。ワシントンの郊外にある旧家、ファレリー家では18年振りに欧州から帰国する娘のサラのための出迎えの準備に忙殺されていた。サラはドイツ人の夫クルトと3人の子どもを伴って帰ってきたが、実はクルトは半生を反ナチ運動に捧げた闘志であり、南米の同志から運動資金を集めるついでに、永い闘争で傷ついた体をしばらく休めようとサラの実家を訪れていたのだ。しかし、そこにはルーマニアのブランコヴィス伯爵もファレリー家に先客として滞在していた。伯爵はクルトが反ナチの指導者であることをかぎつけると彼の所在をドイツ大使館へ売りつけようとして...。愛に誠実に生きた人々の物語が今始まる。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団自由人会ホームページ


(水畑さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

別世界カンパニー 舞台『幕末純情伝』

作 つかこうへい
演出 伊木 輔
出演 堀川りょう (ドラゴンボールのべジータ役や名探偵コナンの服部平次役等をされてる人気声優です)

劇場 明石スタジオ
住所 東京都杉並区高円寺南4-10-6
アクセス 高円寺駅南口を出て、正面の三井住友銀行とケーキ屋の間の道を直進、二つ目の十字路を左に曲がり、約100メートル直進、右側の黄色いビルが明石スタジオです
公演日時
2月1日 18時~
2月3日 13時~、18時~
2月4日 18時~
料金 4500円 (公演パンフレット付き) 全席自由です
チケットのご予約はこちらから


 東京にて、別世界カンパニー 舞台『幕末純情伝』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのウェブサイトまで。


(甲田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年1月 8日

キリンバズウカ コルドファンvol.2『都道府県パズル2017』

上演台本:登米裕一(キリンバズウカ)
原案:大塩哲史
演出:日栄洋祐(キリンバズウカ)
【CAST】Wキャストになります。
Aチーム 安川純平、小林義典(クロムモリブデン)、小田島亜庭、辻響平(かわいいコンビニ店員飯田さん)、辻夏樹
富田庸平(キリンバズウカ)、佑木つぐみ(火遊び)
新澤典将、袖山駿
Bチーム 碕理人、卯ノ原圭吾(キリンバズウカ)
渡邊安理(演劇集団キャラメルボックス)、高山龍(劇団平成商品)
小林まり枝、富田庸平(キリンバズウカ)
德岡淳司、大崎優花、磯野幸一

【会場】新宿シアターミラクル 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4F
最寄り 西武新宿線西武新宿駅より徒歩約1分 JR線・丸ノ内線・都営新宿線・小田急線・京王線新宿駅東口より徒歩5分
【公演スケジュール】 受付開始、開場はともに開演の30分前
2017年1月 18日(水)20:00 Aチーム 
19日(木)13:00 Bチーム ☆ 16:30 Bチーム ☆ 20:00 Aチーム
20日(金)13:00 Aチーム ☆ 16:30 Aチーム ☆ 20:00 Bチーム
21日(土)13:00 Aチーム 16:30 Bチーム ☆ 20:00 Bチーム
22日(日)13:00 Bチーム 16:30 Aチーム ☆
23日(月)13:00 Aチーム 16:30 Bチーム
☆ :アフタートーク実施回(詳細はキリンバズウカサイトで近日発表します。)
【チケット:(全席自由席、精算順入場)】 前売:3,500円 当日:3,700円
【チケットお取り扱い】
キリンバズウカWEB予約
Confetti(カンフェティ) ▼ご予約後、予約有効期間内にセブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受け取りください。
WEB予約 電話予約 カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)
詳しいチケット予約に関してはこちらをご覧ください

 東京にて、キリンバズウカ コルドファンvol.2『都道府県パズル2017』が上演されます。
 「『あなたの故郷は、素晴らしい町ですか?』日本を『道』と『州』に分ける『道州制基本法』推進派と反対派に割れるほんのちょっと先の日本。推進派は『道州フェス』を企画し、各地から実行委員を選抜する。しかし会議室に集められた実行委員の中の1人が『道州制』に反対した事から会議は迷走し......。2012年に好評を博した作品を5年ぶりにリメイク。75分一本勝負の郷土愛会議劇。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、キリンバズウカ コルドファン:こちらのメールまで。


キリンバズウカ コルドファンホームページ
Follow us on Twitter @kirinba


(高橋さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年1月 7日

はっぴぃはっぴぃどりーみんぐ×4121『TOU 』-JYUKAI-DEN-□

はっぴぃはっぴぃどりーみんぐvol.12×4121『TOU 』-JYUKAI-DEN-□
全ての始まりは完全を求めた歴史だった...彼らはそこに、塔(キボウ)を造った

脚本/演出 鈴木茉美
音楽:オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)
【キャスト】早乙女友貴
伊崎龍次郎 柏木佑介 校條拳太朗 伊勢大貴 本田昂也 久保田創(北区AKT STAGE) 鍛治本大樹(演劇集団キャラメルボックス) 鈴木翔音(StudioLife) 來河侑希(Allen suwaru) 栗原功平(スーパーエキセントリックシアター) 田中精(30-DELUX) 栗田学武(Allen suwaru) 佐川祐平 普光院貴之(Allen suwaru)
塚本幸男 有馬自由(扉座) 有川マコト
大石継太
春海四方
-action- 安田桃太郎(劇団BRATS) 伊藤教人(劇団BRATS) 下尾浩章(劇団BRATS) 丸山貢治 福島悠介 工藤翔馬
舞台照明:齋藤茂男
舞台美術:小池れい
映像:浦島啓
舞台衣裳:八重樫伸登
制作 (株)4121
制作協力 (株)Allen
主催 はっぴぃはっぴぃどりーみんぐ/(株)4121

《東京公演》全労済ホール/スペース・ゼロ提携公演
【会場】全労済ホール/スペース・ゼロ
【住所】〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-12-10 全労済会館 
【日程】1月29日(日)~2月7日(火)14st
【タイムスケジュール】
1/29(日)19時
1/30(月)19時
1/31(火)14時/19時
2/1 (水)14時/19時
2/2 (木)休演日
2/3 (金)19時
2/4 (土)14時/19時
2/5 (日)13時/18時
2/6 (月)14時/19時
2/7 (火)15時
※全公演、開場時間は開演の30分前となります。物販販売、ロビー開場は1時間前となります。

《大阪公演》
【会場】近鉄アート館
【住所】〒545-8545 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階
【日程】2月18日(土)、2月19日(日)本番 全3ST
【タイムスケジュール】
2/18日(土)14時/19時
2/19日(日)14時
※全公演、開場時間は開演の30分前となります。物販販売、ロビー開場は1時間前となります。


【チケットURL】
《カンフェティ》 電話予約 0120-240-540(平日10:00~18:00)
《チケットぴあ》(PC・MB共通) Pコード:454-955
【チケット種別】(全席指定)
◯A席一般:7500円
◯プレミアムシート:9800円 ※限定グッズ(限定2Lブロマイドセット【非売品】)
【公演チケット発売日程】一般発売中!大阪公演完売間近
チケットについてのお問い合わせ


 東京・大阪にて、はっぴぃはっぴぃどりーみんぐvol.12×4121『TOU -JYUKAI-DEN-□』が上演されます。
 「満潮になると行き来できない塔がある。海の真ん中にそびえているそれは、"希望の塔"と呼ばれていた。塔には『選ばれた賢者の末裔』と『選ばれた人間』が住んでいて、そこには希望があると信じられていた。多くの者がその塔に住む事を望んでいる。誰もがそこに、行きたがっていた。塔の外側には、まだ選ばれていない賢者の末裔と、鬼たちが住んでいて、未だ争いの世界が広がっている。樹海と村、大きな貿易国、スラム、荒れ果てた世界、鬼の文化、賢者の文化、人の文化、独特の歴史、差別の歴史。混沌とした世界がそこにはあった。外の世界に住んでいる【紅緋(べにひ)】と【碧(へき)】は親友だった。ある日、塔から使者が来て、碧だけが選ばれた。紅緋を残して、碧は去って行った。二度と帰ってくることはないと言われている、"希望の塔"へ。-選ばれなかった者と選ばれた者 それでも僕らは"希望"を探している-
 《JYUKAI-DEN とは》かつて人は、治る事の無い、身体障害、精神的障害を治癒出来る万能薬『秘薬』を作る為、人体実験を繰り返した。その人体実験の中で2つの事例が起こる。実験に成功し、特殊な力を持つ代償として呪いをかけられた賢者と、実験の失敗で凶暴な力と醜い模様が刻まれた鬼。JYUKAI-DEN は、その人々が作った秘薬の代償として、生まれながらにそれぞれ異なる呪いをかけられた賢者の末裔達が、その『呪』を解く為に、共に助け合いながら旅をし、その旅路の中で起こる、秘薬の実験に失敗して出来た鬼達との争い、人々との交流、つながりを描いたアクションエンターテイメントシリーズである。JYUKAI-DEN の世界では、『呪』は誰しもが持つ弱点、トラウマ、疾患、はたまた癖であり、『鬼』とは特異な存在、生まれ、境遇を持った人種の事である。賢者の末裔は旅の中で何に出会い、受入れ、争い、気付いて行くのか?これは旅路の途中の物語である。
 実力派俳優と豪華スタッフ陣の揃った、超意欲作となっております!JYUKAI-DENは世界観が同じ作品がシリーズとしてあり、今作が最終作なのですが、話は完全な続きものではなく出演俳優もほぼ違うため、今作のみのご観劇でも全く問題ございません。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


〇公式HP:http://hapidori.com/TOU/
全労済ホール/スペース・ゼロ
近鉄アート館

(吉村さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東] [近畿]

2017年1月 6日

三俣婦人会「生きものの塊-喜劇 3匹のこぶた-」

作・演出:ゴン駄々吉
キャスト:武田操美(劇団鉛乃文檎)、野村有志(オパンポン創造社)、岩切千穂(仏団観音びらき)、奥田さぶりな美樹てぃー(IsLand☆12)、ピンク地底人5号(ピンク地底人)、徳永健治、西原希蓉美(満月動物園)、清田亜澄(劇団ほどよし)、〈声の出演〉池下敦子、 ゴン駄々吉 
スタッフ:演出助手・振付 姜愛淑、舞台監督 岡田望(劇団 劇光族)、舞台監督佐 吉村篤生(劇の虫)、照明 根来直義(Top.gear)、音響 BGY、宣伝美術 朝田大輝(TheStoneAge)、制作、閑社明子(TheStoneAge)、 企画製作 三俣婦人会


日時:2017年1月27日(金)19:00、28日(土)15:00/19:00、29日(日)13:00/17:00
場所:大阪 千日前TORII HALL 大阪市中央区千日前1-7-11上方ビル4階 06-6211-2506
料金:前売り:2500円 当日:3000円


 大阪にて、三俣婦人会「生きものの塊-喜劇 3匹のこぶた-」が上演されます。
 「母豚の真意を知りたいと思いました。なぜ子供らに家を出るよう言ったのか。その彼らが狼に襲われたことを知ったときなにを思ったのか。全ては母豚の『女性』性が引き金ではないかと仮説を立てました。女は幾つになっても女性であり、男は幾つになっても少年だなぁ、と、今のところ思っています。三俣婦人会の旗揚げ公演です!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

三俣婦人会ホームページ

(閑社さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

くにたち市民芸術小ホール 朗読×ピアノ×ダンス『マイライフ・マイステージ』

出演:能祖將夫(朗読) 竹村浄子(ピアノ) 井上大輔、藤井友美(振付・ダンス) 
『大人の演劇ワークショップ』参加者

2月19日(日)14:00(開場:13:30)
チケット料金:500円
チケット・お問合せ:くにたち市民芸術小ホール 042-574-1515
アクセス
◆JR中央線国立駅南口バス乗場:4番 立川バス 矢川駅、国立操車場、国立泉団地行き『市民芸術小ホール・総合体育館前』下車徒歩1分
◆JR南武線矢川駅から川崎方向へ徒歩10分
◆JR南武線谷保駅から立川方向へ徒歩10分
◆専用駐車場はありません。公共の交通機関でお越しください。


 東京にて、くにたち市民芸術小ホール 朗読×ピアノ×ダンス『マイライフ・マイステージ』が上演されます。
 「一般公募で選ばれた出演者たちが語る、自分の中に眠っていたささやかなエピソード。プロアーティストによるピアノとダンスが織り合わさり、かけがえのない人生ドラマとなって舞台に現れます。観る人にそっと寄り添ってくるような物語の数々にどうぞ会いに来てください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


くにたち市民芸術小ホールホームページ

(斉藤さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年1月 5日

シアターレトロマーケット あさみなみ芸術支援事業(演劇)「MOTHER 君わらひたまふことなかれ」

脚本 マキノノゾミ
演出 井上倫宏
出演 谷田俊治(Reading Notte)、井上倫宏(演劇集団円)、原かおり(劇団Tempa)、古原史麗(シアターレトロマーケット)、田中暁弘(劇団小豆組)、綱本弘樹、木村聡(劇団Tempa)、森藤綾(劇団アヲジカ)、マサコ(アトリエ/カンパーニュ)、久保幸路(劇団Tempa)、田河内伸平、森岡梨乃(広島大学演劇団)、佐々木愛、池田早織
スタッフ 【音楽】和田啓、【照明】木谷幸江、【音響】中村研次郎、【舞台美術・大道具】徳田智幸、【美術デザイン】坂本よし子、【衣裳・メイク】山下洋子、【演出助手】古原史麗、【演出部】田所敏弘、井上多美子、小島舞子、圓光寺香、【舞台監督】丸橋一平、【舞台監督助手】松井大樹、【宣伝美術】浮田茉侑、【制作】井手宏高、新井靖子

2017年
1月20日(金)19:00開演
1月21日(土)14:00開演 ☆アフタートーク
1月22日(日)14:00開演 ☆バックステージツアー
劇場 安佐南区民文化センター ホール
料金(1枚あたり) 【発売日】2016/11/05
[一般] 前売 2500円、当日 2800円
[高校生以下]  前売 1800円、当日 2000円
その他注意事項
・当日は混雑が予想されるため、公共交通機関等をご利用ください
・未就学児入場不可
・アフタートークあり(21日終演後)
・バックステージツアーあり(22日終演後)


 広島にて、シアターレトロマーケット あさみなみ芸術支援事業(演劇)「MOTHER 君わらひたまふことなかれ」が上演されます。
 「明治から大正初期。女性が恋愛を口にすることさえ憚られていた時代に、高らかに情熱的な恋の歌を歌い、時代の寵児となった与謝野晶子。恋を貫き、歌人として、妻として、母として、懸命に激動の時代を生き抜いた。そんな彼女と夫・鉄幹を慕い、北原白秋、石川啄木、佐藤春夫、平野萬里、大杉栄、管野須賀子、平塚明子(雷鳥)らが集い、文学に、社会革命に、その若い命を燃やした...。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(アキノさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [四国]

2017年1月 4日

reset-N ver.29 "Beauty"

2016年7月、第四回劇作家協会新人戯曲賞受賞作品"knob"で再起動を果たしたreset-N。
2017年2月、夏井孝裕、待望の新作"Beauty"で第27回下北沢演劇祭参加決定!


■作・演出 夏井孝裕
■出演 佐藤拓之 吉田智則 高木珠里(劇団宝船) 一言麻衣子 今井由希 上田佑太朗
■スタッフ
グランドデザイン massigla.inc
舞台監督 小野八着(Jet Stream)
照明操作 川村孝志((有)ライティングユニオン)
音響協力 島貫聡
宣伝美術 遠田智子(Rash)
記録撮影 くろまく株式会社
制作 塩田友克 mtakeda

■日程 2017年2月1日(水)~6日(月)
■会場 下北沢 ザ・スズナリ
■タイムテーブル
2月1日(水) 19:30
2月2日(木) 14:00/19:30
2月3日(金) 19:30
2月4日(土) 14:00/19:00
2月5日(日) 14:00
2月6日(月) 14:00/19:00
■上演時間 約90分予定
■チケット料金 前売券指定席 3500円 ベンチシート自由席 3000円 ※当日券指定・自由ともに 4000円


 東京の劇団reset-Nが、公演ver.29 "Beauty"を上演いたします。
 「待っている女がいる だめになってしまった僕と 始まらなかった革命を 待っている女がいる 正しく輝く街を背にして 何の約束だったかも忘れて 僕はそこへ歩いていく 約束を僕は覚えているから だめになる前の僕を覚えていて 何もかもをなくした女がそこにいるから reset-N、また、歩き始めました。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、070-6948-9724、またはこちらのメールまで。

reset-N ホームページ


(えむたけさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年1月 2日

激情コミュニティ×maimuima「つまみ食いvol.1」

【キャスト】激情コミュニティ:佐賀モトキ、HIJILI、塚越光
maimuima:ヤマスケ、垣本朋絵、月出裕司、高寺なつ乃、黒河内旭、宮城絵美、中澤梨佳子

【日時】2017年1月29日(日)15:00/18:30
【会場】Craft KOWA (飯田橋駅から徒歩15分)
【チケット代】500円
【ご予約】カルテットオンライン
【詳細・問い合わせ】
・Web geki-comi.com maimuima.com
・Mail こちらのメール
・Twitter @geki_comi @maimuima

-激情コミュニティ-
maimuimaに所属する垣本朋絵が主宰する演劇ユニット。全作品垣本が演出を務める。マイムの技術をつかったイメージシーンと会話激を組み合わせた演出が特徴。
-maimuima(マイムイマ)-
集団によるパントマイム作品づくりを行う団体。メンバーやパフォーマンス場所を固定せず、一期一会で作品をつくる。エンタメ、シリアス、ジャンルを問わず作品を制作中。


 東京にて、激情コミュニティ×maimuima「つまみ食いvol.1」が上演されます。
 「演劇ユニット激情コミュニティとシアターパントマイム企画maimuimaによる小公演。激コミ新作、maimuima過去作品のリメイクを上演します。ワンコインにおやつ付き、お気軽にご来場ください!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(月出さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2016年12月31日

オフィスコットーネプロデュース『The Dark』

作・演出:Charlotte Jones(シャーロット・ジョーンズ) 
キャスト:中山祐一朗・小林タカ鹿・松本紀保・碓井将大・ハマカワフミエ・福士惠二・山本道子(文学座)
スタッフ:翻訳:小田島恒志・小田島則子/演出:高橋正徳(文学座)/プロデューサー:綿貫 凜


日時:2017年3月3日(金)~12日(日) 
場所:吉祥寺シアター
料金:前売り:4,800円 当日:5,300円 シード:3,500円(25歳以下・前売・当日共/平日夜公演のみ適応/枚数限定有り/オフィスコットーネのみ取扱・受付にて年齢確認有り)

◆タイムテーブル◆
<公演日・開演時間>
03月03日(金) 19:30◎
03月04日(土) 14:00★
03月05日(日) 14:00●
03月06日(月) 19:30★
03月07日(火) 19:30★
03月08日(水) 14:00●
03月09日(木) 19:30
03月10日(金) 19:30★
03月11日(土) 14:00 / 19:00
03月12日(日) 14:00
◎:お得チケットデー(前当共に4,000円)
★:終演後、アフタートークあり
4日 高橋正徳さん+ゲスト(未定)
 6日 高橋正徳さん+出演者
 7日 高橋正徳さん+出演者
10日 高橋正徳さん+ゲスト瀬戸山美咲さん(ミナモザ)
●:終演後、バックステージツアーあり(無料)
※オフィスコットーネで1月15日から予約受付・定員に達し次第締め切り ※開場は開演の30分前より  ※未就学児童のご入場はご遠慮ください。


 東京にて、オフィスコットーネプロデュース『The Dark』が上演されます。
 「舞台はイギリスの典型的なテラスハウス。同じ間取りの三軒の家に、三つの家族が生活している。それぞれの家族には秘密があり、ある日突然訪れた『闇』を境に、それは徐々に明るみに出る。家族だからこそ、近しい相手だからこそ、正直に話せなかった想い。『The DARK(闇)』の中で少しずつ自分をさらけ出していく家族の、崩壊と再生の物語。
 オフィス コットーネプロデュース 日本初演『The Dark』 公演決定!!2004年にロンドンで上演され、ウエストエンドの話題をさらった注目作を日本初演。ご期待ください。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、(有)オフィス コットーネ 070-6663-1030 まで。
※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。


(津吹さん、お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2016年12月27日

UB.shouting,VOL.12 『びすかうと物語』

作・演出:作 小松重男 企画・演出 龍謳演
キャスト:内海誠、大城希美、山口健司、平野康弘、結、藍アキラ、西山英里奈
スタッフ:照明 相ヶ瀬龍史 音響 蝦夷田松彦 制作・美術 地場衛


日時:1/28(土) 15時と19時 1/29(日) 14時
場所:阿佐ヶ谷シアターシャイン
料金:前売り:2,500円 当日:2,500円


 東京の劇団UB.shouting,が、VOL.12 『びすかうと物語』を上演いたします。
 「1582年(天正十年)五月中頃・・・『本能寺の変』の半月前。天下統一を目前にした織田信長は、覇城・安土城六階の座敷にて、南蛮菓子『びすかうと』を食べ、天下を睨んでいた・・・。南蛮文化、『本能寺の変』の前兆のエピソードを描く戦国ドラマ。
 1995年旗揚げ以来、娯楽性と感動のある芝居作りで活動している 演劇集団M企画より立ち上がったプロジェクト『UB.shouting,』のVol.12公演。当プロジェクト公演初の長編企画公演。織田信長を中心に異国文化と本能寺の変直前のエピソードを描いた作品です。ぜひ、ご来場ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「各回2組計6組 12名 ご招待 1/20(金)までに[1]希望日時[2]人数[3]代表者名[4]連絡先を明記の上、下記までメールで。演劇集団M企画 こちらのメール 抽選にて当選者のみ劇団よりメールにて連絡致します。」

UB.shouting,ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2016年12月26日

ミクニヤナイハラプロジェクト/ニブロール『曖昧な犬』

作・演出:矢内原美邦
出演者:白木原一仁/立花裕介

公演日時:2017年3月17日(金)19:30、18日(土)14:00/18:00、19日(日)14:00/18:00
(受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前)
場所:クリエイティブセンター大阪 ブラックチェンバー
大阪市住之江区北加賀屋4-1-55名村造船跡地
アクセス:大阪市営地下鉄四つ橋線北加賀屋駅4番出口より徒歩10分
入場料:前売 2,500円 学生 2,000円(学生証提示)
ご予約: PC用 携帯用


 大阪にて、ミクニヤナイハラプロジェクト/ニブロール『曖昧な犬』が上演されます。
 「地震によって老人ホームの地下室に閉じ込められたふたり。光のない小さな地下室からは何も見えず、世界が続いているのかさえわからない。そんな不安と絶望の中で、未来に希望を見出せない人たちの物語。なにもない閉ざされた世界にあっても、それでも『最期まで生きる!』ことの意味を問う矢内原美邦最新作!
 演出のコメント:大阪にある近畿大学で向きもしない教員をやることになって早くも4年が経ってしまいましたが、その間、忙しさにかこつけて大阪での公演活動をしてきませんでした。大阪は大きな都市ですが、劇団が活動するのには少し難しい町かもしれないと思っています。それでも、たくさんの魅力あるこの町でどうにか作品を作り、公演し、活動の輪を広げていきたい。そんな思いから、その第一弾として、大阪で頑張っている役者たちと、まずは二人芝居からやってみることにいたしました。さて、どうなるか?はじまりの小さな物語をはじめます。矢内原美邦」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、090-8379-4072、またはこちらのメールまで。


ニブロールホームページ

(秋津さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

Koto Films「ベンチ」

作・演出:作: ソンブレロ / 演出: 浅野光太郎
キャスト:田村祐貴 / 金子真子


日時:17年1月7日(土)、1月14日(土)19:15開場、19:30開演
場所:宮益坂十間スタジオ 住所: 東京都渋谷区渋谷1-10-2 志水ビル 5F ・渋谷駅 (11番出口)より徒歩3分 ・表参道(B2出口)より徒歩9分
料金:当日のみ お1人様→1千円、お2人様以上→500円/1人あたり


 東京の劇団Koto Filmsが、公演「ベンチ」を上演いたします。
 「大都会N.Y。とあるベンチで『夢に裏切られた男』と『失恋の傷癒えぬ女』が出会う。2人が出会った真の理由とは。2人が出会って見つけた答えとは。
 2016年のThe Seventh Manに続き、Kotofilmsのお芝居公演第2弾です。セットもスタジオにイスが二脚だけのささやかな2人芝居ですが、皆様にいいお時間を過ごして頂けますよう頑張ります!ご期待ください!」とのこと。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(ダンさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2016年12月25日

演劇『金閣寺』

● 主宰 高橋拓也
● 出演 河野麗生 金澤卓哉 高橋拓也 瀬下明紗子 後藤寛貴 柴崎輝 早川雅仁 山崎達也 千頭郁葉 金子晴菜 佐々木勇輝 
● スタッフ
演出 早川雅仁
舞台監督 新居真夏 高橋拓也
舞台監督補佐 土田悠輝
舞台美術 加藤瑶子 石川詩穂 北川理奈 木村美帆
照明 福沢理紗 佐野瑛美香
音響 山崎達也 常田佳穂
振付 丸山千尋 佐々木勇輝
衣装メイク 渡邊大生 田中実佳 本宮圭
小道具 三品万麻紗
劇中映像・楽曲制作 田巻正典
制作 伊賀あゆみ
制作補佐 山本希 金子晴菜 千頭郁葉 村上航
宣伝美術 脇田はるか
写真撮影 猪尾風花
題字 三品万麻紗
映像広報 森本万葉 松島千晃
Web制作 土田悠輝
技術指導 喜久田吉蔵
原作 三島由紀夫
原作翻案 セルジュ・ラモット
脚本 伊藤ちひろ 宮本亜門
協力 株式会社パルコ 株式会社WM 有限会社セカンドサイト 株式会社酒井著作権事務所

● 公演日時
1月9日(月・祝) 12:30/19:00
1月10日(火) 11:00/15:30
公演時間約2時間半/途中休憩有
開場は開演の30分前とさせていただきます。
● 会場 THE CAVE 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1丁目3-1イセビル地下1階
-JR根岸線関内駅北口徒歩3分
-横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅6番出口 徒歩2分
● 駅から劇場までのアクセス
[JR根岸線 関内駅からお越しの方]JR根岸線 関内駅北口より、地下マリナードに入り、エクセルシオールの横の階段を上った目の前に劇場があります。
[横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅からお越しの方]横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅6番出口より、地下マリナードに入り、エクセルシオールの横の階段を上った目の前に劇場があります。
● 料金 学生 前売り1000円/当日1300円
大人 前売り1500円/当日1800円 
高校生 前売り/当日 一律 500円
全席自由席/当日精算のみ
● チケット予約


 横浜にて、演劇『金閣寺』が上演されます。
 「『僕の内界と外界との間の扉に鍵があり、うまく開いたためしがない。それどころか、その鍵は、錆びついてしまっているのだ』貧しい寺の子として生まれた主人公・溝口。彼は生来の吃りのために人とうまく接することができず、その苦しみは母さえも理解してくれない。孤独にもがく彼に病弱な父は、『金閣がお前を導いてくださる』と、その美しさを聞かせる。父の死後、遺言によって彼は金閣寺の徒弟となった―
 演劇『金閣寺』について 金閣寺は、1950年7月2日に寺の青年僧に放火され、消失した。― 今の僕と同じ年齢であり、また僕と同じハンディキャップを背負っていた彼は、なぜ金閣寺に火をつけなければならなかったのか。時代の過渡期を生きる今の僕らにとって、彼が出そうとしていた答えは力強く、そしてどこまでも愛おしいものでした。その瞬間まで、一緒に彼を見守っていただければと思います。主宰 高橋拓也」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ
● SNS [Twitter] [Facebook] [Instagram]


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]