公演案内ページ | 演劇交差点トップページへ

2018年9月18日

劇団青年座第234回公演『残り火』

作=瀬戸山美咲 演出=黒岩亮
【キャスト】山野史人、平尾仁、山本龍二、逢笠恵祐、須田祐介、麻生侑里、松熊つる松、安藤瞳、市橋恵
【スタッフ】美術=柴田秀子、照明=中川隆一、音響=城戸智行、衣裳=竹原典子、舞台監督=尾花真、製作=森正敏、川上英四郎

【公演日程】
11月22日(木)19:00
11月23日(金)14:00
11月24日(土)14:00
11月25日(日)14:00
11月26日(月)19:00
11月27日(火)19:00
11月28日(水)19:00
11月29日(木)19:00
11月30日(金)13:00
12月1日(土)14:00
12月2日(日)14:00
【会場】ザ・スズナリ(下北沢)
【料金】一般=4500円 初日割引=3000円 U25(25歳以下)=3000円※ ※青年座のみ取扱い


 東京の劇団青年座が、第234回公演『残り火』を上演いたします。
 「急成長中の居酒屋チェーンを経営する藤田健太郎は今から12年前、高速道路で煽り運転の末に交通事故を起こし、当時8歳だった少女沢渡美希を死なせてしまった。その後、健太郎が服役中の7年間は、古くからの友人である滝本学の援助により、家族はなんとか生きてきた。出所した健太郎は居酒屋をオープンさせ、妻、弁護士の長男、ハワイ留学を計画中の長女と豊かな生活を送るようになった。しかし、ある男が健太郎の目の前に現われたことにより状況は一変する。『交通事故』の加害者と被害者。戻らない命と生きていく人々。ふたつの家族を通して、罪と罰、そして生きることの本質を描き出す。
 演劇界注目の劇作家 ミナモザの瀬戸山美咲が青年座に初登場。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団青年座ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年9月17日

明治学院大学演劇研究部 2018年度秋季定例公演『鏡の星』

脚本:鹿目由紀 演出:武田佳澄
<出演>
シングルキャスト 大屋沙季 佐藤健一朗 青木琉河 岩村真璃絵 武田佳澄 伊藤禎都
ダブルキャスト
-チームM- 半田成美 久保朗子 平安咲貴 佐野公子 飯田世衣良 山本岳 秋元拓海※ 平山雄大 関口智也 三木淳平 三浦瞬
-チームW- 深江彩里 上沼瑞奈 二宮櫻 小池真帆 土田詩織 成田理央 鈴木俊輔※ 吉田拳太 工藤匠磨 岡﨑祐哉 田川佳恋
※:土曜日昼と日曜日昼のステージのみ役者が交代となります。


<公演日程>
10月18日(木)M19:00
19日(金)W19:00
20日(土)W14:00/M19:00
21日(日)M12:00/W16:30
・上演時間は約100分を予定しております。
・開場は開演の30分前となります。
<場所> Theater新宿スターフィールド 東京都新宿区新宿 2-13-6 光亜ビル B1
<料金> 無料
幼児、未就学児のご来場は、誠に申し訳ございませんが、お断りさせていただきます。
予約サイト

 東京にて、明治学院大学演劇研究部 2018年度秋季定例公演『鏡の星』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


特設サイト(近日公開)
明治学院大学演劇研究部公式サイト
公式Twitter


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年9月16日

劇団TremendousCircusヴィジュアル系演劇『La Barbe Bleue-青髭-』

Pourquoi j'aime la mort ?(なぜ、私は死を愛するのか。)

原作/シャルル・ペロー『青ひげ』
演出・脚本/田中円
†Cast アカバネ/蟻巣純/en/瀬田白幸/知乃 ダブルキャスト:横山桜花/ぴろり ほか
音楽/Dee Lee

公演日時/ 2018年10月31日(水)~11月4日(日)
劇場/シアターシャイン@杉並区阿佐ヶ谷
詳細は公式HPをご参照ください
†公演日程 開演時間
10月31日(水)14:00~/19:00~
11月1日(木)14:00~/19:00~
11月2日(金)19:00~(18時よりミニショー)
11月3日(土)14:00~/19:00~
11月4日(日)12:00~/16:00~
※開場・受付開始は開演の30分前となります。
※Wキャストの出演情報は、公式HPよりご確認ください。
†料金 全席自由・日時指定制。割引は当日券を除き、前売り・予約限定。
○一般(前売り)3,200円 (当日)3,300円
○平日昼割引 3,000円 10月31日(水)14:00~、11月4日(木)14:00~の回が対象。
○グループ割引 2,900円(3名様以上で1枚につき)
○ユース割引 2,900円(24歳以下)
○小中高校生割引 2,000円
○スペシャルチケット 4,600円 好きな役者を応援していただける、サイン入りブロマイド3枚、オリジナルサウンドトラック、メッセージ入りのチケットです。
○オリジナルサウンドトラック付前売り券 3,700円 Dee Lee氏によります、青髭オリジナルサウンドトラック付前売り券となります。
○ハロウィーン限定・華装特典 ノベルティプレゼント
当日ゴスロリの格好で来られた方、またハロウィンの仮装をして来られた方に、ノベルティをプレゼントさせて頂きます。
†チケット予約 前売り予約受付は観劇予定日の0時までです。お支払いは当日精算となります。
CoRich舞台芸術!
†劇場 シアターシャイン 〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-15-15 交通:東京メトロ丸の内線『南阿佐ヶ谷』駅から徒歩2分。 JR中央線『阿佐ヶ谷』駅から徒歩7分。

 東京にて、劇団TremendousCircusヴィジュアル系演劇『La Barbe Bleue-青髭-』が上演されます。
 「男はその風貌から『青髭』と呼ばれていた。彼はこれまで幾度も結婚しながら、その妻たちは皆行方不明となっていた。紆余曲折の末そこに嫁ぐことになった娘は、彼が不在の間、城の数多ある部屋の鍵束を託される。そうして彼はいなくなった。『どこに入ってもかまわぬ。だが城の一番奥にある"小さな鍵の小部屋"だけは開けてくれるな』そう言い残して__。
 私達劇団トレメンドスサーカスは、ゴスロリ衣装を着て、暗黒童話・怪奇幻想などを題材に、耽美派で頽廃的・中性的な、人の心の痛みを叫ぶ熱い演劇を創る、東京の劇団です。10月末に次回公演『La Barbe Bleue-青髭-』を予定しております。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団TremendousCircusホームページ
Twitter Facebook ブログ


(赤羽さん、お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2018年9月15日

Sense「僕のカタチと、僕のアイダ」

作・演出:加藤真紀子
キャスト:桝井 賢斗 上田 悠介 松田 将希 城戸 崇宏 服部 美香 工藤 美輝 吉岡 圭介 吉田 里奈 小澤 暢子 梅崎信一 綿貫 志信 上岡 福音 大和田 晴菜 トミナガ ココロ 満塩 美亜希


日時:2018年10月17日(水)-21日(日) 10月17日(水) 19:00 10月18日(木) 14:00/19:00 10月19日(金) 14:00/19:00 10月20日(土) 13:00/18:00 10月21日(日) 12:00/16:00
場所:ポケットスクエア 中野MOMO(東京都中野区中野3-22-8)
★チケット
・先行予約 \4.500- *整理番号/非売品ソロブロマイド(キャストメッセージ付) 申し込みの際、備考欄に希望キャストを記載下さい。
*先行予約は、学生割引は対象になりません。ご了承くださいませ。
*整理番号は、入金を確認出来た方より整理番号の発行となります。(整理番号は入金確認メールと合わせて通知いたします。)
【先行予約 受付期間】9月15日(土)10:00~9月19日(水)23:59迄
先行予約チケット申し込み
●一般発売 9月22日(土)10:00?開始
★チケット ・一般前売り \4.500- ・一般学生割 \3.500- ・当日券 \5.000-
【一般販売 予約開始】9月22日(土)10:00~
一般前売り予約チケット申し込み
・お申し込み頂きましたチケットは、当日受付にてお渡しいたします。入金した確認が終了した方から整理番号をメールにてお伝えしてまいります。(予め、sense01tokyo@gmail.com のアドレスを受信可能設定にお願いいたします。)
※公演初日の5日前より当日精算のみでのご案内となります。こちらは整理番号は付きませんのでご注意下さい。


 東京にて、Sense「僕のカタチと、僕のアイダ」が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

●Sense公式Twitter@sensetokyo_info
●Sense公式Instagram@SENSE

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年9月13日

城山羊の会「埋める女」

作・演出:山内ケンジ
キャスト:奥田洋平/坂倉奈津子/福井 夏/伊島 空/岡部たかし/岩谷健司/金谷真由美


日時:2018年 12月6日(木)~12月16日(日)
場所:ザ・スズナリ
■チケット発売日:10/27(土)10時~
■チケット料金(全席指定席): 前売 3,800円 当日 4,200円
☆早期観劇割引 前売 3,500円
★城山羊の会15周年特別プレゼント企画
2018年4月の『自己紹介読本』のご観劇チケットの半券を今回の公演にてご提示いただくと、東京公演のチケットは500円、大阪公演のチケットは800円のキャッシュバック!
◎お一人につき1枚有効。
◎半券紛失の場合は、対応致しかねます。
◎サンキューチケット、カンフェティ特別チケット、招待券は対象外となります。

 東京にて、城山羊の会「埋める女」が上演されます。
 「第59回岸田國士戯曲賞を受賞した山内ケンジの新作。(青年団の山内健司さんとは別人の)
 山内の最近の作品、『自己紹介読本』『相談者たち』とも、ただその場で面白くしているだけで結局あとには何も残らない、というものであった。今回もそのラインらしいが、今回はその場で面白いわけでもなく、しかも何も残らない、つまり面白くないモノになるということなので、さっそく本人に確かめに行ってみた。私:『埋める女』というのは何を埋めるのですか?』 山:『それは、女が地面を掘っていて、掘った土を見て、それからまたそれを戻すんですね』 やはりものすごくいい加減な返事をしてきたので、手っ取り早く、核心の質問をした。私:『でも、なんだかんだおっしゃってるけど、面白くなるんですよね?』山:『いや、ならないです』きっついなー。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、E-Pin企画 03-3467-9422 (平日11:00~18:00)、またはこちらのメールまで。


城山羊の会ホームページ

(しろやぎさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

演劇集団アクト青山 企画公演『楽屋-流れ去るものはやがてなつかしき-』

作:清水邦夫、監修:小西優司


【楽屋A】
出演:山辺恵、廣田明代、岩崎友香、葵ミサ
演出:岩崎友香
音響・照明操作/竹田真季
上演日程:
10/3(水)14:00/19:30
10/6(土)14:00/18:30
【楽屋B】
出演:渋谷結香、やまなか浩子、出田君江、額田礼子
演出:竹中春菜
音響・照明操作/佐古達哉
上演日程:
10/4(木)14:00/19:30
10/7(日)14:00/18:30
【楽屋C】
出演:高村賢、佐古達哉、小西優司、相楽信頼(賢プロダクション)
演出:小西優司
音響・照明操作/桃木正尚
上演日程:
10/5(金)14:00/19:30
10/8(月・祝)14:00/18:30

◎チケット料金◎
前売/当日 ¥2000
*日時指定・全席自由
*【割引】開演10分前までの受付で『早着割¥-300』致します。(回数券は対象外)
*開場は開演の30分前となります。
*開演後のご入場はご遠慮頂いています。
*開演5分前を過ぎますとお席の確保ができない場合がございます。お時間には余裕を持ってお越しください。
◎会場◎ アクト青山 千歳烏山アトリエ (世田谷区北烏山7-5-9)
アクセス:京王線千歳烏山駅より徒歩約20分。千歳烏山駅前より小田急バス『吉祥寺行き』にて『ときわ橋』下車1分。吉祥寺駅より小田急バス『千歳烏山行き』にて『ときわ橋』下車1分。
◎ご予約◎
https://www.quartet-online.net/ticket/kg4bjnr

演劇集団アクト青山 企画公演『楽屋 ー流れ去るものはやがてなつかしきー』
 「清水邦夫の代表作を、三人の演出家でお送りいたします。主宰とは違った視点で俳優と向き合い、俳優それぞれの課題を打破させ、新たな一歩を踏み出させる力のある岩崎友香率いるAチーム。新人2人と劇団員2人が出演します。昨年、演出家デビューを果たし、その独特な世界観で戯曲の新たな表現を見い出し好評を博した竹中春菜率いるBチーム。結婚・出産...人生の酢いも甘いも経験した、アクト青山のアダルト女優陣が出演します。アクト青山主宰。自身の俳優としての魅力はもちろん、後進の育成にも定評のある小西優司率いるCチーム。男性4人が出演します。男性バージョンの楽屋ではなく、男性が、女性の役を演じます。三作品、清水邦夫とアクト青山の魅力を別視点でお楽しみいただけるかと思います。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、または090-6002-2905(代表携帯) まで。

公演Twitter
演劇集団アクト青山公式ホームページ


(児玉さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年9月12日

GooDFellowS 虎の会「バースデイ♪」

作・演出:高橋耕次郎
キャスト:杉原幸子、菅野智文、城市遼、笠嶋久美子、高橋耕次郎

日時:10月3日(水)~8日(祝・月)
場所:ジョイジョイステーション 西武池袋線桜台駅下車徒歩5分
料金:3,800円均一(日時予約制、全席自由)


 東京にて、GooDFellowS 虎の会「バースデイ♪」が上演されます。
 「原爆が投下される前日の広島から物語は始まります。ヒロインの幸子(さちこ)は、広島の土建屋の娘です。幸子の一家は、戦争反対を言い続けたため村八分状態ですが、彼女は、家族や志を同じにする仲間達と共に健気に生きています。一方、フィリピンのルソン島では、幸子の父が、『誰も殺さず』という非常に難しい信念を抱きながら出兵していました。そして、原爆が投下された8月6日、その日は、幸子の14歳の誕生日でした。公演日時など詳細は、フェイスブックにアップしてますチラシをご覧ください。
 5人の役者が全員二役を演じます。それぞれの二役には共通する想いがあります。また、舞台を中央に配置し、客席は、その周りを取り囲みます。特に舞台装置もなく、衣装も黒のシンプルなもの。シリアスな内容ですが、重たくはありません。間近で芝居を観る醍醐味を味わっていただけます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 ご予約・お問い合わせは、こちらのメールまで。フェイスブックからも送信できます。


(増田さん、お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2018年9月11日

劇団ステージウイング第2回公演 ミュージカル『THE OLD CLOCK』

【公演日時】2018年9月
22日(土)17:00開演
23日(日)12:00開演
23日(日)16:00開演
【劇場】亀戸文化センター・カメリアホール(東京都江東区) ※JR総武線亀戸駅北口より徒歩2分 ※東武亀戸線亀戸駅北口より徒歩2分
【チケット料金】前売 2,500円/当日 2,800円 日時指定・自由席
【予約フォーム】

【劇団ステージウイングとは】私たちは、社会人劇団です。平日は仕事をしながら、週末に集まって作品を創るアマチュア団体です。ミュージカル好きな仲間とともに、脚本、演出をはじめ、作曲、振付も全て完全オリジナルの作品創りをしています。

 東京の劇団ステージウイングが、第2回公演 ミュージカル『THE OLD CLOCK』を上演いたします。
 「その昔、お屋敷のお嬢様と執事が悲恋の末に命を絶ったと噂の観光スポット『旧勅使河原邸』。閑散としたその場所は、幼い頃の卓巳と櫻にとって絶好の遊び場だった。時は2018年。お屋敷が取り壊されると聞き、久しぶりに訪れた2人は、お屋敷の古時計の仕業により100年前にタイムスリップさせられてしまう。―お前たち二人にやってもらいたいことがある― 突然目の前に現れた個性豊かな勅使河原家の人々...いったいなぜ2人は過去に連れていかれたのか? 時空を超えたドタバタコメディミュージカルをオリジナル脚本の生演奏でお届けします!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


【公演HP】
【劇団ブログ】毎週ブログで稽古場の様子を紹介してますので是非是非覗いてみてください!

(尾崎さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年9月 8日

ヅカ★ガール 異端公演『セイレムの焔』

作・演出:飯塚未生
【暁・宵 共通キャスト】青海アキ(レティクル東京座) 片山歩美 来栖梨紗 三森あかね かまくらあや(三文姉妹) 結崎あゆ花(ヤザ・パパ)  鈴木千畝(ステージ・ボンド) 高木碧 真辺彩加 タモリノゾミ(劇団物語研究所) 田渕瀬那 池田三紗
【暁のみ出演】谷尻まりあ(オブジェクト) 岡村梨加(ヨハクノート) 小川碧水 横山未希 森宮ゆず(戯曲本舗) 青木理歩
【宵のみ出演】 佐藤誠純(大和プロ) 金子朋未(三木プロダクション) 鹿島田織恵(ピヨピヨ×××/御手洗倶楽部) 小林桜子(劇団なんかやるよ) 二宮由衣 伊東明音 田口真美(サンミュージック)
《スタッフ》
【脚本・演出】飯塚未生
【舞台美術】奈良花美(劇団夢幻)
【照明】アカモトリュータ
【音響】Takashi Watanabe(World of Mouth)
【振付・稽古場助手】片山歩美
【振付補佐・稽古場助手】鈴木千畝(ステージ・ボンド)
【衣装製作】穂坂友美
【美術補佐】ことうじゅん(ヅカ★ガール)/甘日千歳(ヅカ★ガール)
【稽古場助手】片山歩美/鈴木千畝
【スチール撮影】 大野秀浩
【宣伝美術】Erina
【広報】森山茉莉
【制作】板垣友結紀
【制作協力】吉乃ルナ
【企画・製作】ヅカ★ガール

《劇場》『サンモールスタジオ』 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-19-10 サンモール第3M(劇場は地下1階)
最寄り駅:東京メトロ丸の内線『新宿御苑前駅』大木戸門出口
《公演日程》2018/10/24(水)~11/4(日)
(【暁】と【宵】で一部キャストが異なります)
10/24(水)20時【暁】〈初〉
25(木)20時【宵】〈初〉
26(金)19時【暁】
27(土)12時【宵】/18時【暁】
28(日)12時【宵】/18時【暁】
29(月)19時【宵】
30(火)13時【暁】〈マ〉/19時【宵】
31(水)休演日
11/1(木)19時【暁】
2(金)14時【宵】〈マ〉
3(土)12時【暁】/18時【宵】
4(日)11時【暁】/15時【宵】
〈初〉=初日割/〈マ〉=平日マチネ割
★受付開始・チェキ券販売開始は開演の30分前
★上演時間は100分を予定
★チェキ券以外のグッズ販売は終演後のみ
◆◆予約開始:9月8日(土)0時~◆◆
【劇団扱い一般前売り】
【劇団扱い貴族席】(応援したいキャストがいる場合は備考欄にご記名下さい)


 東京にて、ヅカ★ガール 異端公演『セイレムの焔』が上演されます。
 「16XX年 ひとりの少女が、100 人以上の魔女を告発し処刑し、ある日忽然と姿を消した。19XX年 ひとりの少女が、とある手記を発見する。 三世紀程前に書かれた"魔女狩り′′の記録である 月明かり 濃霧 暗夜 水底 深い深い緑の淵 梟の呼び声
 19XX年晩秋、ひとりの作家が療養の為彼の地へ降り立つ。鬱蒼と茂る黒い森の奥、洋燈を掲げた妖婦に導かれ。村の象徴たる白亜の聖堂は嘗て"魔女′′として葬られた人々への鎮魂と贖罪の為に建てられたものであった。聖堂の膝元に在る女子寄宿学校には、例年、様々な事情を抱えた少女たちが入学する。一途に神を見つめるもの。親に見離されたもの。"魔女′′の伝承に魅入られたもの。時の流れが止まったような村のそこかしこでまことしやかに囁き交わされる、不可思議な噂話。ーー100 年に一度、"常夜の魔女′′が現れ、村は復讐の焔に包まれる......『魔女になった理由は何か』『悪魔にどんなことを誓約したか』『魔女集会には、どんな悪魔と人間が出席したか』『集会では何を食べたか』『お前の共犯者は誰か』『己の罪を見つめよ』少女の手記を巡り、作家が筆をとる時。二つの時代の流れは混濁し、"常夜の魔女′′が降臨する。
 少女よ、踊れ、業火に抱かれ。今秋、ヅカ★ガールが挑む魔女と少女と異端の惨劇!!ヅカ★ガール、記念すべき初の二週間ロングラン公演!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール(ヅカ★ガール制作部) 予約関係:080-1219-6701(板垣) 090-4176-0168(飯塚) まで。


Twitter→@ZukaGirl(ヅカ★ガール公式)
『セイレムの焔』詳細ページ
ヅカ★ガール公式サイト

(森山さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年9月 7日

こども劇場 人形劇『うみぼうやとうみぼうず』『まねまねパピプ♪』

作・演出:『うみぼうやとうみぼうず』・・・原作:山下 明生(のら書店 刊) 演出:清水 正年
キャスト:人形劇団京芸


日時:平成30年10月21日(日)14:00~15:00(開場13:30)※途中休憩なし
場所:アクセス: JR環状線・阪神なんば線『西九条』駅より徒歩約5分
料金:こども(3歳~中学生)500円 おとな1000円 ※申込後お送りする受付完了通知を持参のうえ、当日、会場にてお支払ください。
※当公演は事前申込制です。
※ご来場は事前に申し込みが必要です。詳細はセンターホームページをご覧ください。
※入場料は、申込後お送りする受付完了通知を持参のうえ、当日会場にてお支払ください。
※対象は3歳以上どなたでも。3歳未満はお申込頂けません。


 大阪にて、こども劇場 人形劇『うみぼうやとうみぼうず』『まねまねパピプ♪』が上演されます。
 「『うみぼうやとうみぼうず』(約45分) 海の魔物『うみぼうず』の子、元気いっぱい『うみぼうや』。いつもイルカやタコ、海の生き物たちと大海原で遊んでいます。ある日、大きな入道雲の上にのぼったら、降りられなくなっちゃった!うみぼうやを助けるために、うみぼうず父さんや海の仲間たちが入道雲を切り倒そうと大奮闘!ノコギリザメが雲を切る!クジラが潮を吹く!イワシの大群が雲を削る!うみぼうやは無事にみんなの元に帰ることができるのでしょうか!?
 『まねまねパピプ♪』(約15分) たまごのような三兄弟、パッパとピッピとプップ。ピッピはパッパのまねをして、プップもピッピのまねっこまねっこ♪兄弟はなんでもマネっこ。いつもなかよし!
 毎月ファミリー対象のイベントを実施している大阪市立こども文化センターでは、10/21に人形劇の公演を開催します。雲の上に登って降りられなくなった息子・うみぼうやを助けるため、父さんのうみぼうずと海の仲間たちが大奮闘する冒険と共生の物語『うみぼうやとうみぼうず』と、マネっこが楽しい仲良し兄弟のお話『まねまねパピプ♪』、2本立てでお送りします。ぜひファミリーでお楽しみください!(要事前申込)」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [近畿]

2018年9月 5日

オイスターズ第21回公演『調子に乗れ!』

作・演出/平塚直隆
【出演】中尾達也 平塚直隆 ♭吉田愛 ♭横山更紗 川上珠来 芝原啓成 ♯川本麻里那(劇団あおきりみかん) ♯藤島えり子(room16) 徐梨恵(フリー)
♭と♯はWキャストです。
【スタッフ】
舞台監督:柴田頼克(かすがい創造庫・電光石火一発座)
照明:今津知也(オレンヂスタ)
音響:馬場祥
小道具:アトリエTOUCH
チラシ原画:仁多見悦子
宣伝美術:大久保勝信
演出助手:寺島久美子 佐木崎末穂
制作:空沢しんか(劇団ジャブジャブサーキット)オイスターズ
主催・企画:オイスターズ


【公演日・開演時間】2018年11月
15日(木)19:30♯
16日(金)19:30♭
17日(土)15:00♯ / 19:00♭☆
18日(日)11:00♯ / 15:00♭
19日(月)19:30♯★
※受付開始は45分前、開場は30分前です。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
☆アフターイベント ☆17日(土)19:00の公演終了後 ゲストに佐久間喜子さん(サクマ企画)をお迎えして、トークイベントを開催します。
★アフターイベント ★19日(月)19:30の公演終了後 作・演出の平塚直隆自らが今回の作品について解説します。(聞き手:中尾達也)
【チケット料金】 一般 前売2,800円・当日3,300円 U22 前売2,000円・当日2,300円 高校生以下 前売・当日とも1,500円
※『U22』『高校生以下』のお客様は、当日受付にて学生証または身分証明書をご提示ください。
【会場】七ツ寺共同スタジオ 〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須2丁目27-20 地下鉄鶴舞線『大須観音駅』2番出口より徒歩約5分 地下鉄名城線『上前津駅』8番出口より徒歩約6分 ※駐車場はございません。公共交通機関か、お近くの有料駐車場をご利用ください。
【チケット取扱い】 日時指定・全自由席
オイスターズHPのチケットフォーム
芸文プレイガイド


 名古屋にて、オイスターズ第21回公演『調子に乗れ!』が上演されます。
 「男が一人海を見ている。彼はまだ何者か分からない。海を見ている以外何もしていないからだ。何もしていない人というのは他人を不安にさせる。これは心理学的にも定説だという話は聞いた事はないが、とにかく何もしていない人というのはこれから何をするか分からない人だと言っていい。ここで重要なのが男の風貌だ。爽やかな若者であるか草臥れたおっさんであるかで後の行動の予測が大きく分かれる。しかし昨今はその予測も通用しなくなってきている事は皆さん御承知の通り。何もしていないというのは一番困る。何者であるか判るように何かしらをしていて欲しい。何もする事がないならせめて調子にくらい乗ってくれればいいものを。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、オイスターズ:こちらのメール、またはTEL:090-1860-2149まで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東海]

2018年9月 3日

晩餐ヒロックス 7th Stage『ダイコウシン』

第30回池袋演劇祭 参加作品
2018年9月20日(木)〜24日(月・祝)全8ステージ シアターグリーン BOXinBOX THEATER

◎キャスト 小田龍哉(晩餐ヒロックス) 天野眞隆(オムニア) 田北香世子(AKB48 チームB) 希穂(ラッキーカムカム) 松﨑義邦(東京デスロック) 藤尾厚弥(ECHOES) 長畑勝己(TP-SATELLITE) 朝日美陽(PuR) 東祐(ジールアビリティ) 梶谷唯(オムニア) 小林桜子(劇団なんかやるよ) 増田萌乃 小林風花 大平智之 大木佑斗 奥萌 田畑賢人 二宮由衣 上野咲希 飛田紗和
◎スタッフ
作・演出 渡部寛隆
舞台監督 田邉祥子(LDA)
照明 松田桂一
音響 野崎爽
美術 伊藤鈴蘭
演出助手 鎌田直子
振付 AiRi
映像 浅賀敏樹(NEUTRA)
衣裳 甲斐咲帆(晩餐ヒロックス)
佐々木鮎子(晩餐ヒロックス)
音楽 神達拳仁(晩餐ヒロックス)
記録 酒井寛哉
フライヤー表 藤尾厚弥
フライヤー裏 谷陽歩
ロゴデザイン 久野祐希奈
制作 横見咲季 藤澤昌実(空白バカボン) 金綱千草
協力:(株)AKS、ECHOES、LDA、鬼木美佳、オムニア、空白バカボン、劇団なんかやるよ、Co-nect、ジールアビリティ、シアターグリーン、TP-SATELLITE、東京デスロック、NEUTRA、PuR、ラッキーカムカム

◎公演日程 2018年9月20日(木)〜24日(月・祝) 全8ステージ
20日(木)18:30
21日(金)13:00☆ 18:30
22日(土)13:00 17:00☆
23日(日)13:00 17:00☆
24日(月)13:00
☆・・・アフタートーク開催!
◎チケットについて
最前列自由席(パイプ椅子):4500円 一般自由席:4000円 U-25自由席:3000円(当日受付にて要証明) 学生自由席:2500円(当日受付にて要証明) 
*木曜、金曜日の平日公演は各種200円引き! *当日券は各種+500円
[プレイガイド]
こりっち 当日精算
カンフェティ クレジット決済可能
◎劇場案内 池袋シアターグリーン BOXinBOX THEATER 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-20-4 1F 『池袋駅』東口より徒歩6分 『東池袋駅』より徒歩5分
※シアターグリーンには劇場が3つあります。BOXinBOXは一番左側の劇場です。エレベーターで5階までお越しください。

 東京にて、晩餐ヒロックス 7th Stage『ダイコウシン』が上演されます。
 「平成が終わる直前。人類は訳あって地球を離れることになった。辿り着いた惑星で宇宙人との共存。言葉は通じないが、思ったより快適な生活。しかし、宇宙人は人間の言葉を完全に理解していた。喧嘩もするし恋もする宇宙人たち。それでも人間とコミュニケーションを取らない理由とは・・・言葉なんていらない?容姿なんて関係ない? 人種を越えた、宇宙を超えた愛の物語。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団晩餐ヒロックス公式ホームページ
劇団公式Twitter:@BanHirox


(横見さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

演劇集団ワンダーランド第45回公演「漫画の祖、ふたりー楽天と一平―」

芸術文化振興基金助成活動

作・演出/竹内一郎
・キャスト 藤井びん(ワンダー・プロダクション) 山口礼子(スターダス21) 前田 剛 (BQMAP)
松村 穣 松岡由眞
嚴樫佑介 茨木学 伊藤舞 北村りさ 鈴丘めみ はる菜 小川友暉
小春 三丈ゆき 神谷奈津子 宇野仁美 柿沼恵梨子 當瀨このみ 遠田恵理香 江藤美南海 松原雄生 田尻祥子 竹良光 小林菜奈 小澤千冬
・スタッフ
脚本協力=中島直俊
美術=松野潤
照明=今西理恵(LEPUS)
作曲=坂口野花
音響=山﨑純一(TEO)
衣裳=佐々波雅子
振付=福島桂子
映像技術=高山理沙
舞台監督=小沢真史
舞台監督助手=佐藤謙一
宣伝美術=松吉太郎
協力スタッフ=岡崎真弓
制作=J-Stage Navi 浜田和美 中島直俊

・2018年9月21日(金)~24日(月・祝)
公開ゲネ21日14:00/平日19:00/土日祝14:00
・紀伊國屋ホール(新宿東口)
※9月23日(日)は、竹内一郎と、『漫画誕生』という北沢楽天を題材にした映画の監
督・大木萠監督によるアフタートークあり。
・チケットご予約は
http://j-stage-i.jp/
入場料金[全席指定・税込] 前売:4000円/当日:4300円 ☆学割:2500円/☆公開ゲネ:2800円 ☆チケットはローソンチケット以外でお取扱い
※開場は開演の30分前、受付は開演の1時間前です
※開演時間を過ぎますと、ご指定の席にはお座りいただけない場合がございます。予
めご了承ください。
※未就学児は来場不可です。


 東京にて、演劇集団ワンダーランド第45回公演「漫画の祖、ふたりー楽天と一平―」が上演されます。
 「―才能があるのは俺のほうだー 日本漫画文化の草創期、北沢楽天と岡本一平という2人の天才が現れる 天才同士の葛藤と苦悩を描き漫画文化のルーツにせまる」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 主催・お問い合わせ先=一般社団法人演劇集団ワンダーランド:電話 03(3368)2481、またはこちらのメールまで。

演劇集団ワンダーランドホームページ


(浜田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年9月 2日

劇団冷たいかぼちゃスープ#10『いる』

作/演出 ぼんぐり
梅木祥平(劇団あばば)、江藤雲々、くまがいじゃる(劇団ボンボヤージュ!)、栗林まんぞう(劇団どろんこプロレス)、佐伯雄司(劇団レトルト内閣)、諏訪康之(ナマニエノハルサメ)、ツチヤナナミ(丸福ボンバーズ)、羽鳥紀子、森川達也、やんやん、るーしぃ
(以下つめかぼ)西山沙織、則元秀之、ひのゆきこ、ぼんぐり

@APOCシアター (小田急線 千歳船橋駅より徒歩3分)
9/15(土) 16:00 19:30
9/16(日) 12:00 16:00 19:30
9/17(月) 12:00 16:00 (30分前開場)
料金 前売 2500円/当日 2700円
ご予約はこちらから

 東京にて、劇団冷たいかぼちゃスープ#10『いる』が上演されます。
 「自分ってなんだ? 生きるってなんだ? これが俺なのか? とか、じっくり考えられたら幸せだ! これはやりたくても、やりたくなくても、色んな形で、仕事しながら生きている悩める大人の忙殺お仕事エンターテイメント!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団冷たいかぼちゃスープホームページ


(ひのさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年9月 1日

劇団時間制作第十七回公演「白紙の目次」

■キャスト■
森田このみ(ハーモニック) 江藤彩也香(株式会社エースクルー・エンタテインメント)
岩義人(合同会社office3rock) 沢井彩華 鎹さやか 井上麗夢 ((株)フリーハンド) 桑原苑美(アミュレート) 久野みずき 長廣佳奈 大村浩司(劇団スタジオライフ)
佐々木道成(劇団時間制作/株式会社ドルチェスター) 平岡謙一(劇団時間制作)
山本綾((株)スターダストプロモーション) 山内芹那(株式会社アヴィラ)
野村龍一(天才劇団バカバッカ/朝劇) はらみか(劇団NEXTDOOR) 土屋シオン(株式会社ワタナベエンターテインメント) 堀内華央理(バクステ外神田一丁目) 田中柚香 平山さら 前原未晴 金田侑生(HYP39Div.) 秋山ひらめ
田名瀬偉年(劇団時間制作)
■スタッフ■
舞台監督:金安凌平、浅見拓(劇団てんしん)
美術:向井登子
照明:野口りさ(Lighting Office アルティプラノ)
音響:小町香織
制作協力:野田麻衣
当日運営:ミモザ

■劇場■ テアトルBONBON(中野) 〒164-0001 東京都中野区中野3-22-8 劇場ロビー:03-3383-3057(公演期間中のみ) 劇場事務所:03-3381-8422(チケットのお取扱はしておりません。)
JR中央・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口より徒歩7分。 ※駐車場はございません。車、バイクでのご来場はご遠慮下さい。
■日程■2018年
9月5日(水) 19:00~(A) 割引日
9月6日(木) 19:00~(B) 割引日
9月7日(金) 19:00~(A) U25割
9月8日(土) 14:00~(B) ★19:00~(A)
9月9日(日) 14:00~(A) 19:00~(B) 割引日
9月10日(月) 19:00~(A)
9月11日(火) 14:00~(A) ☆ 19:00~(B) U25割
9月12日(水) 19:00~(B)
9月13日(木) 14:00~(A) 割引日 19:00~(B)
9月14日(金) 14:00~(B) ☆ 19:00~(A)
9月15日(土) 14:00~(B) 19:00~(A)
9月16日(日) 14:00~(B) (全18公演)
ダブルキャストでAチームBチームの二チームございます。(一部シングルキャスト)
☆がついている公演は一部のキャストによるチームアフタートーク、
★がついている公演の後には劇団員のみでのアフタートークとなっております。
尚、アフタートークにつきましては約3分間の休憩を挟み15分間のアフタートークを予定しております。
※受付開始は開演の45分前、開場は30分前となります。
■チケット情報■ ○前売、当日\3900 ○割引日\3500(前売のみ) ○リピーター割\3000(反対側のチームを見る場合も可、要半券提示) ○U25割 25歳以下のお客様は\3000(前売のみ) ※当日はご年齢の確認できる証明書類をお持ち下さい。 ※無断キャンセルの場合、お代金をご請求する場合がございます。
予約フォーム


■劇団時間制作とは■
谷碧仁が2013年に旗揚げした、主に人と生きた時間を描くことを重視した作品を制作する団体。すべての作品において谷が脚本・演出を手掛けている。
作品をフィクションながらも、どこかで必ず起こっているであろうリアルな現状を描き、登場人物は、その中で生きる一人の人間として存在することを探求し続ける。どこまでもリアルを求め続ける現代会話劇は、感動必至作として観る客を魅了し、数多くの関係者からも絶賛され、今や小劇場界いちとも言われる。

 東京にて、劇団時間制作第十七回公演「白紙の目次」が上演されます。
 「『私はハッピーエンドが好きかな』舞台は千葉県の旅館。雄太郎は旅館の娘と結婚をしていた。しかし、二人の仲は上手くいかないまま続いていた。その間にいたのは、雄太郎の妹である知的障害者の由紀だった。雄太郎はどこか由紀の事を受け入れられず、家庭を顧みる事なく飲み歩いていた。そんなある日の夜中に目を覚ますと、雄太郎の目の前で妻の舞子は首を吊って死んでいた。旅館の常連である有名な女性作家が自殺をした理由を探し、一人ずつから話を聞いていく。一人が語り、また一人が語り、一つずつ事実がわかっていく。女性作家の行為を拒み続けていた雄太郎は次第になぜ妻が自殺を図ったのか知りたくなるようになる。そして、見えて来た事実は意外なものだった。少しの歯車さえ壊れなければ、きっと目の前に幸せはあったはずなのに。テーマは「依存」。目の前の人ではなく、自分の理想を追い求めてしまった人たちの末路とは。
 圧倒的な現代劇が"圧倒的な感動作"として帰ってくる!社会的問題を丁寧に描くことで評されている劇団時間制作。初演に書き直しを加えた今作は、よりその世界観に観客を引き込ませ、衝撃を与える作品となることは必至である。『依存』『自殺』をテーマとする劇団時間制作代表作『白紙の目次』がいま、感情の動きがよりリアルに"圧倒的感動作"として帰ってくる。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


『劇団時間制作公式ホームページ』
『劇団時間制作公式Twitter』
『劇団時間制作公式YouTubeチャンネル』


(反町さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

GORE GORE GIRLS vol.13『ステイ・ヤングとか言われても』

作・演出 西山雅之
【出演】宇佐見未奈(立体再生ロロネッツ) 岡山昌義(NEXT GATE) 木立雄大 久保雄司(K-FARCE) 柴田順平 ニシハラフミコ(いちごドロップ) 山岡よしき(O'RAMA Rock'n'Roll Band)
【スタッフ】
舞台監督:浅見雄介(ゆにっと)
照明:小坂章人
音響:篠原葵
宣伝美術:佐藤政住
制作:可徳梨沙

2018年9月11日(火)~17日(月・祝)
【タイムテーブル】
9月11日(火)19:30
9月12日(水)19:30
9月13日(木)19:30
9月14日(金)14:30/19:30
9月15日(土)14:30/19:00
9月16日(日)14:30/19:00
9月17日(月・祝)12:00/16:00
【料金】前売り \3300 当日 \3500
【ご予約】
【GORE GORE GIRLS公式HP】

 東京にて、GORE GORE GIRLS vol.13『ステイ・ヤングとか言われても』が上演されます。
 「『あの頃』の気持ちなんてもう覚えてないい、夢(っぽい)ことを語るその口に、歯はない。ラジオから流れるのは『ステイ・ヤング』。いやいやいや。言われても。これはおじさんが文房具屋でノートを買おうとしたけどなかなか買えないというお話。いわゆるおじさんがノート買えない系の物語です。そしてそこからがGORE GORE GIRLSのコメディ。 舞台は東京の片隅にある平和荘。そこで腕を磨きあう人間たち。一人の男がノートが買えなかったことから始まるコメディです。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


GORE GORE GIRLSホームページ

(西山さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年8月30日

劇団milquetoast+vol.6『故郷、○庭にて』

作・演出:長野恵美(劇団milquetoast+)
キャスト:相良康代 長野恵美 (以上、劇団milquetoast+) 内田啓太(チームエヌズ) 大久保寛則(演劇ユニット+'S) 小川秀正 かくたなみ 高尾静(空空-karakara-) 瀧澤由舞 谷川ゆうき(劇団minimumanti) 濱 直幸 松澤つかさ(空色マーブル) 山本啓介 若林奈那
スタッフ:舞台監督:外波山流太 舞台美術:舞台美術研究会 照明:矢野一輝(RYUCONNECTION) 音響:忍守シン(劇団ハッピータイム) web・宣伝美術:高尾静(空空-karakara-) 当日運営:しむじゃっく 製作:劇団milquetoast+
【協力】チームエヌズ、演劇ユニット+'S、空空-karakara-、劇団minimumanti、空色マーブル、舞台美術研究会、RYUCONNECTION、劇団ハッピータイム

【公演日時】2018年9月7日(金)~9日(日)全6ステージ
【会場】APOCシアター(小田急線・千歳船橋駅から徒歩3分) 《住所》東京都世田谷区桜丘5-47-4
【タイムテーブル】
9月7日(金)20:00 ※キャンセル待ち
9月8日(土)12:00/16:00/20:00
9月9日(日)13:00/17:00
※上記は開演時間です。開場・受付開始は開演の30分前です。
※上演時間は約115分前後を目標としております。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。何卒ご容赦くださいませ。
【チケット予約】
カルテット予約フォーム 予約フォームより、必要事項をご入力ください。
◎メールから予約
件名:『チケット予約』 本文:お名前(フリガナ)、ご予約日時、予約枚数、ご連絡先メールアドレスを明記し、こちらのメールまでメールをお送りください。
※メール送信後、48時間以内に確認メールが届かない場合は、御手数をお掛け致しますが090-2390-6248 (劇団電話番号)までお問い合わせください。 ※上記予約方法は『劇団予約扱い』での予約方法です。役者扱いのチケット予約に関しましては、各役者まで直接お問い合わせください。
【料金】前売:2800円 当日:3000円

 東京にて、劇団milquetoast+ vol.6『故郷、○庭にて』が上演されます。
 「近くて遠い、平行線 遠くて近い、水平線 全ての線はいつか繋がる どうせ全ては○になる
 『どういう訳か、全部、○なんだよね』とある田舎の無人駅・○庭駅にて、何かを待つ男が一人。彼はずっと待っていた。全ての線が繋がること。○になること。彼女はきっと待っていた。全てを○にすること。○になること。あったはずの未来も、あって欲しかったはずの過去も、どうせいつかは○になる。どうせ全ては○になる。これは、ファンタジーではありません。現実を、○にする物語です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、090-2390-6248 (~9月6日まで)、050-7122-4785 (公演期間中のみ) まで。

【特設サイト】
【CoRich紹介ページ】
【劇団ホームページ】
【劇団ブログ】
【劇団Twitter】 @milquetoastinfo

(相良さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

シアターパントマイム企画maimuima 特別凱旋イベント『つめあわせ』


◆日時:2018年9月16日(日)14:00/18:00
※受付開始・開場:30分前
※上演時間は約70分を予定
◆会場:東中野バニラスタジオ (JR中央総武線/都営大江戸線『東中野駅』徒歩5分)
チケット販売 ※本イベントのチケットはクラウドファウンディングのみでの販売となります(前売りのみ) ※マカオ遠征のご支援への特典としてイベントチケットをご提供します。その他様々な特典もご用意!

【シアターパントマイム企画maimuimaとは?】-空間、関係性、影響、とマイム。で集団。集団によるパントマイムの作品づくりを行う団体。2010年結成。劇場を中心に、イベント・TV・PV等、幅広く活動している。

 東京にて、シアターパントマイム企画maimuima 特別凱旋イベント『つめあわせ』が上演されます。
 「笑いあり、涙あり、何でもアリなパントマイム集団 初の海外遠征からの、日本凱旋! マカオ国際マイムフェス上演作品&新作短編&映像作品 上演!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

シアターパントマイム企画maimuimaホームページ
Twitter @maimuima Facebook

(月出さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

猿芝居 第11回公演『僕が嫌いな音』

[出 演]
〈ゲスト〉高橋ひろし 三崎由記子 若林哲行 眞知 早戸裕 花井祥平 甲斐優風汰 鵜濱咲紀 丸山えりな 山内茉莉花
〈猿芝居〉天晴一之丞 磯村アコ スダエマ スヅキハヤツ てっしー手島 猫田にき 星出紗希奈

[公演期間] 2018年10月3日(水)~10月7日(日)
[開演時間]
3(水) 19:00
4(木) 19:00
5(金) 14:00/19:00
6(土) 14:00/19:00
7(日) 14:00
全7回公演
・開場は開演の30分前、受付は開演の45分前開始となっております。(ご予約の場合、開演の10分前までにご来場がない場合は、予約がキャンセルされる場合がございますのでご了承ください。)
[会 場]萬劇場 住所:〒170-0004 豊島区北大塚2-32-22 ◇JR山手線大塚駅北口下車・徒歩7分 ◇都電荒川線巣鴨新田駅下車・徒歩3分
[チケット] 前売\3,800/当日\4,000 スペ猿チケット\25,000(※1要予約) (日時指定・全席自由)
※1 スペ猿チケット 25,000円(スペ猿特典付き) 先着10名 公演期間中全7公演をご観劇頂けるチケットとなっております。申込締切:9月20日(木)
チケットのお申し込みは、こちらのサイト猿芝居HP

 東京の劇団猿芝居が、第11回公演『僕が嫌いな音』を上演いたします。
 「3世代が一緒に住む大工一家の人情コメディー 祖母がいて、父母がいて、息子ら夫婦がいる。そこに親戚、住み込み大工たちが加わり、賑やかな日常があった。だが、長男は頑固者の父親に認めてもらえない歯がゆさを抱えていた。ぶつかってばかりいる父子を優しく見守る周囲。そんなある日、長男は『そんなに俺のことが嫌いか!?』と問う。そこには無言の父がいた・・・」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、猿芝居ホームページまで。


(松田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年8月29日

P・T企画プロデュース 観客参加型ミステリー◆安楽椅子版 ミステリー名作選Vol.37 at 浄土宗應典院 本堂 火村英生シリーズVol.8『白い兎が逃げる』

作・演出:原作 有栖川有栖 脚本・演出 和泉めぐみ
キャスト:オオサワシンヤ 田中悟 ことぶきつかさ 竹田朋子(演劇集団よろずや) 原敏一(劇団赤鬼) 平本真弓(劇団Gock-Luck)若月咲弥(少年ピカレスクロマン)
スタッフ:舞台監督 堀田誠(CQ)/照明 南勇樹/音響 浅葉 修/制作 丹原祐子(Office P・T企画)


日時:公演日時 2018年9月28日(金)~30日(日) 9/28(金)19:00  29(土)11:00/15:00/19:00  30(日)11:00/15:00  合計6ステージ  上演時間は約1時間30分を予定。 受付開始は開演の45分前。 開場は開演の30分前。
場所:【会場】浄土宗應典院 本堂 〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27 アクセス 大阪メトロ堺筋線『日本橋駅』/近鉄線『日本橋駅』8号出口より東へ徒歩7分。 大阪メトロ谷町線『谷町九丁目駅』3号出口より西へ徒歩8分。
料金:【チケット料金】前売3500円(日時指定・完全予約制) 当日4000円(当日券は残席があった時のみ発券) 全席自由 【チケット取り扱い】 e+(イープラス)(PC&携帯) ファミリーマート店内Famiポートでも直接購入できます。

【観客参加型ミステリーとは?】
P・T企画が贈る『観客参加型ミステリー』は、観るだけに留まらない、お客様自身が登場人物と共に事件の謎を推理して楽 しめるゲーム形式のミステリー演劇イベントです。『安楽椅子版』では目の前で語られる事件の概要や関係者の言動を基に推理を進めて頂きます。ぜひ貴方も名探偵気分で推理して下さい。物語はヒントがちりばめられている『問題編』。貴方自身が推理をする『推理時間』。そして全ての謎が解き明かされる『解答編』で構成されています。さあ、貴方は見事、正解を導くことができるのでしょうか? 今回は大阪在住の推理作家・有栖川有栖氏の原作を舞台化。小説をトリックと共に体感できる作品になっています。

 大阪にて、P・T企画プロデュース 観客参加型ミステリー◆安楽椅子版 ミステリー名作選Vol.37 at 浄土宗應典院 本堂 火村英生シリーズVol.8『白い兎が逃げる』が上演されます。
 「無垢な白い兎達のそばで、男は遺体となって発見された。被害者の部屋には数多くの盗撮写真。どうやらとある劇団女優のストーカーをしていたらしい。火村とアリスは船曳警部に伴われ、劇場でリハーサル中の劇団を訪れた。その舞台の真ん中に立つ女優を見て、アリスは思う。『まるで白い兎みたいやな』。船曳警部の深い声が響く。『ストーカーの事は劇団員の皆さん承知しており、むしろ積極的に対策を練っていたとか。その『対策』について、改めてお聞かせ願えますか?』彼らが一様に迷惑そうな顔をしたのは、リハーサルを邪魔されたからか、それとも......。関西の鉄道を舞台にした完全犯罪。英都大学学生の貴方は、火村准教授と共に、この難事件に挑む事になった。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


Office P・T企画ホームページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [近畿]

秋田雨雀・土方与志記念青年劇場第120回公演『キネマの神様』

原田マハ=原作『キネマの神様』(文春文庫) 高橋正圀=脚本 藤井ごう=演出

2018年9月14日~23日
紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA
9月25日
府中の森芸術劇場ふるさとホール
【日程】
14(金)19:00
15(土)14:00
16(日)14:00
17(月祝)14:00
18(火)休演日
19(水)14:00
20(木)14:00/19:00
21(金)19:00
22(土)14:00/18:30
23(日)14:00
24(月)休演日
25(火)18:30(府中)
【チケット】前売 一般5150円(5名以上で団体割引4650円) U30(30才以下)3100円 中高生シート 1000円(各ステージ10席限定)
【お申込み】 TEL03-3352-7200 メールはこちら

 東京にて、秋田雨雀・土方与志記念青年劇場 第120回公演『キネマの神様』が上演されます。
 「この度青年劇場は、幅広い世代に人気を博す原田マハ氏の原作『キネマの神様』を、山田洋次監督の弟子であり、映画『釣りバカ日誌』の脚本家としても知られる高橋正圀氏の脚本、ダイナミックかつ繊細な演出力に定評ある藤井ごう氏の演出で舞台化します。舞台は老舗の名画座『テアトル銀幕』。ギャンブル狂で無類の映画好きの父とその娘を中心に、映画を愛する個性豊かな面々が織りなす悲喜こもごも。はたして父娘の再生は果たせるのか...? 人々が集い、語らい、その思いを言葉にすることで海を越えたうねりとなって奇跡を起こしていきます。劇場で、私たちが手離そうとしている"たからもの"に出会ってみませんか?ぜひお誘いあわせてご観劇ください。お申込み心よりお待ちしています。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


秋田雨雀・土方与志記念青年劇場ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

座・大阪神戸市民劇場公演『また逢う日まで』

作・演出:仲風見
キャスト:一般公募で集まった5歳~60歳までのメンバー


日時:2018年10月6日(土)15時開演 7日(日)13時開演 16時開演(全3回公演)
場所:神戸ポートオアシス(最寄駅:三ノ宮)
料金:前売り:2000円 当日:2500円
ただ今チケットご予約受付中 お気軽にお問い合わせ下さい。次回公演に向けて新メンバーも募集中です

 神戸にて、座・大阪神戸市民劇場公演『また逢う日まで』が上演されます。
 「ここは天国の待合室。今、鐘が鳴って、生まれて行く者、そして、死んだ者たちが過去を振り返るところ。生きていた時は、モグラだった、ミミズだった、と話している。.........それとは別に、医者と患者・赤ちゃんたちが自分の人生を話す。だが、天国の鐘は鳴って、また生まれていくもの、死んできた者達が交差する......。生きていく事の尊さ、強さを市民メンバーが舞台で
 座・大阪神戸市民劇場『また逢う日まで』が10月6日と7日に兵庫・神戸ポートオアシスにて上演 座・大阪神戸市民劇場とは、一般公募によって集められた幅広い年齢層のメンバーが結成する、期間限定市民参加型劇団。同劇団は、半年から8カ月にわたり稽古を行い、公演終了後に解散となる。今回は7歳の男の子から60代の女性迄が参加、天国の待合室を舞台にした深山うぐいすのオリジナル作品を、仲風見の演出で上演する。
 期間限定で集まった市民メンバーの集大成の舞台 10月6日は大阪チーム、7日は神戸チームが同じ演目の作品をキャストを変えて上演。個性を重視した演出方法で同じ演目でも出演者が変わるだけで、別の作品を見ているように感じます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


座・大阪神戸市民劇場ホームページ


(河田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2018年8月28日

Stargazy「CURTAIN UP!」

作・演出:【原作】ピーター・キルター 【翻訳・演出】枡井 智英
キャスト:中橋涼子・松岡未紗・森下めぐみ・太田沙緒理・西野裕子
スタッフ:【照明】追上真弓 【音響】照島佳宏・元岡健 【舞台監督】松本知裕 【協力】WYNシスターズ・KORO


日時:2018年9月14日(金)19:00 15日(土)13:00/18:00 16日(日)13:00/18:00 17日(月)14:00
場所:小劇場てあとるらぽう(西武池袋線 東長崎駅北口 徒歩1分)
料金:前売り:3000円 当日:3500円

 東京にて、Stargazy「CURTAIN UP!」が上演されます。
 「荒廃した劇場を均等に相続した5人の女性たちが、劇場の復活と再興を目指して奮闘する物語。資金調達に知恵を絞り、そして思いついたのが地域のマジシャンやバレエスクールの発表会も含め、出演料なしでオファーを受けてくれた超有名スターをメインイベントに据えた一大ショー・イベント!!しかし、物事はそう簡単に進むわけもなく・・・。
 10数年にわたりイギリスで愛され100以上の劇団が上演した、笑いあり、涙ありのハートフル・コメディ。『ボーイバンド』や『グローリアス!』の上演で日本でも注目を集める、ピーター・キルターの傑作喜劇の日本初演!拠点は関西、なのに東京で旗揚げ公演です!第30回池袋演劇祭参加作品。乞うご期待!!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


Stargazyホームページ

(森下さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年8月27日

イチニノ Mission-19 in Omitama『ランダバウト』

茨城発・全国行き!イチニノ、2018年9月単独自主公演に挑みます!

●作・演出 前島宏一郎
●CAST(五十音順) DSK haryu 浅野優也(演劇の会MOO) 市川紗久也(演劇集団『風ノ街』) 梅木彩羽(イチニノ) 田口絢理(イチニノ) 武井泉(劇団クリエ) 武井良太 田邊敬太 富樫あずさ(演劇集団『風ノ街』) 山本一恵
●STAFF
照明 赤城治利
音響 戸室健太郎
宣伝美術 田村さえ(灯台とスプーン)
舞台美術 山口奉宏
制作 Project ICHININO

公益財団法人いばらき文化振興財団助成事業
主催:イチニノ 協賛:いちの湯 後援:小美玉市


●STAGE INFO
9月15日(土)18:00~★
9月16日(日)13:00~ / 17:00~
受付は開演の 40 分前、開場は開演の 20 分前からです
★の回は終演後ポストパフォーマンストーク開催
未就学児の入場はご遠慮いただいております
上演時間は約1時間30分(休憩なし)を予定
●PLACE 茨城県小美玉市・四季文化館(みの~れ)風のホール (〒319-0132 茨城県小美玉市部室 1069 番地)
●TICKET 全席自由 一般 前売 2,000 円 / 当日 2,500円 学生 前売 1,000 円 / 当日 1,200円
≪遠方特典あります≫ 茨城県外からお越しの方には『謎の茨城名産品』をプレゼントします!何が入っているかは当日のお楽しみ!(当日は住所のわかるものをご持参ください)
≪送迎サービスあります≫ JR常磐線羽鳥駅⇔みの~れ間の無料送迎サービスを実施します。(予約制) 詳しくはイチニノHPをご覧ください。
≪託児サービスあります≫ お子様連れのお客様のために託児サービスを行います。(予約制) 詳しくはイチニノHPをご覧ください。
●チケットのご予約はこちらから↓
イチニノ公式予約フォーム ※取り置き予約(当日受付にてお支払い)のみの取扱となります。
Confetti(カンフェティ) ※セブンイレブン店頭でチケットをお引き取りできます。

 茨城にて、イチニノ Mission-19 in Omitama『ランダバウト』が上演されます。
 「ランダバウト=環状交差点。信号もなく、一時停止もない。そして、それでもぶつからない。まるで、わたしの家族のようだ。決してぶつかることなく回り続ける わたしの住む世界。家族それぞれが、それぞれの交差点を 誰ともぶつからないように回っている。もちろん、わたしも。誰ともぶつからない。きっと、死ぬまで。ぶつからない人々が 回り続ける世界に渦巻く ぶつかる可能性。素敵な円を描くように、陽気で、ポップで、お祭り気分で。
 イチニノは、主宰・前島宏一郎を中心に2015年に結成された、茨城の演劇チームです。濃密な舞台空間を武器に、教文演劇フェスティバル・短編演劇祭、早川倉庫杯くまもと演劇バトル、劇王など、3年間でのべ16地域の演劇フェスなどに参加し、地域演劇のあり方を考えながら腕を磨いてきました。この3年間の活動を経て、その成果を地元にフィードバックすべく、満を持して地元・茨城での初の単独自主公演に挑みます。演劇がもつ『生の魅力』を追求した、完全円形舞台で、茨城は勿論、全国の皆さまをお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

イチニノホームページ

(ni-koさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

時々自動『リハリハ6』~2019年2月末に上演予定の『コンサート・リハーサル』に接近してゆくステップ公演その6~

【構成・演出・音楽】朝比奈尚行
【音楽】今井次郎 鈴木光介 
【出演】朝比奈尚行 宇佐美とよみ 岡本唯(g) 岸山絵美(sax) 鈴木光介(tp) 砂川佳代子(cl) 高橋牧(acc) 日高和子(sax) / 伊地知一子(vo) 板垣あすか 柴田暦(vo) 高野真由美 高橋千尋(rec) 三井耶乃(b)  和久井幸一(acc) / BUN Imai (drs&perc)【主催】(有)ティコ・ディコ


2018年10月26日(金)
STAR PINE'S CAFE JR中央線/井の頭線『吉祥寺』駅北口徒歩3分 武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1 0422-23-2251
open18:30 / start19:30 
adv.\2900+1drink / door.\3200+1drink 
【チケット取扱い】
予約フォーム
◯Eメール:こちらのメール *お名前、フリガナ、枚数、連絡先をお知らせください。確認後、予約完了メールを返信いたします。
◯STAR PINE'S CAFE(店頭販売のみ)
【チケット発売日】9月1日(土)

 東京にて、時々自動『リハリハ6』~2019年2月末に上演予定の『コンサート・リハーサル』に接近してゆくステップ公演その6~ が上演されます。
 「さあ、リハリハ6の向こうに透けて見えるコンサート・リハーサルのイメージを確かめに行こう!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、時々自動:こちらのメール 03-6657-7309 まで。


時々自動ホームページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2018年8月26日

劇団はみだしぼっち「異世界演劇」

作・演出:渡部佑美
キャスト:道久詩子・白石友里恵・千葉ほのか・渡部佑美・江澤蛍
スタッフ:音響 西田アサリ 照明 暮重さとみ 美術 モリグチルカ 振付 遠藤佐助 制作 大脇朱理・清水建志


日時:2018/9/22 14:00/19:00 2018/9/23 14:00
場所:阿佐ヶ谷 シアターシャイン (JR中央線『阿佐ヶ谷』駅から徒歩7分。東京メトロ丸の内線『南阿佐ヶ谷』駅から徒歩2分。
料金:前売り:2800円 当日:3000円 30歳以下(前売りのみ)2500円

 東京にて、劇団はみだしぼっち「異世界演劇」が上演されます。
 「女子高生すずきうたこは、ある日突然雷に打たれて死んでしまう。そして気が付けば目の前には神を自称する人物。聞けば、うたこが死んだのは神様の手違いのせいらしい。お詫びにと剣と魔法の異世界に転生させられたうたこ。そこで出会った、同じく転生してきたらしい学ラン姿の人物と、冒険を繰り広げることに。転生先は、大きな宗教が支配する世界。そこに住む人たちは、18歳になると洗礼を受け"ルーナ派"になるか"ソーレ派"になるかを選ばなければならない。それぞれの宗派には、それぞれの宗派"らしさ"がある。一度選んだら、それからはその宗派"らしく"生きていかなければならない。誕生日を目前に控えたうたこと学ランくんは、さっそく選択を迫られるのだが......。らしさって何だろう。剣と魔法とジェンダーの物語。
 はじめまして。大阪からやってきた劇団はみだしぼっちです。2012年に大阪芸術大学の学生を中心として旗揚げした劇団です。今回初めて東京で公演を行うにあたって、どんな舞台にしようかと考えて......考えて考えて、出た結論が異世界転生モノです。あれです、ここ数年小説家に〇ろうとかで流行っている例のアレです。普段演劇を観ない人にでも親しんでもらえるようにと考えた結果がこれです。自分でもちょっとどうかしてると思います。でもきっと楽しんでもらえるはず。たこ焼きを食べるような、フランス料理じゃなくてたこ焼きを食べるような気持ちで観に来てください。あ、ちなみに今回メンバーの9割が大阪から出てきた人間です。つまりこっちに友達がいません。チケットが売れません。どうかどうか、助けると思って、観に来てください。よろしくお願いします。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団はみだしぼっちホームページ


(渡部さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

「昭和芸能舎版フラガール」秋田公演

10月7・8日『昭和芸能舎版フラガール』秋田公演決定!前売券発売は8月27日より
あきた芸術村・小劇場で『フラガール』公演が決定しました!

■第六回こまち演劇祭
■主催:わらび劇場

■日時:2018年10月7日(日)10:30/14:30
8日(月祝)10:30/14:30 全4回公演
■場所:あきた芸術村・小劇場(仙北市)
■チケット料金
前売 3,000円(税込) / 当日 3,500円(税込)
※わらび座ファンクラブは5名様まで10%オフ。劇場申込対応のみ。
※未就学児のご入場はご遠慮頂いております。
8月27日(月)8時30分より前売券の販売を開始いたします
■チケット取り扱い あきた芸術村予約センター 0187-44-3939(月~土 8:30~17:30) E-mail:こちらのメール
わらび座オンラインチケット
詳しくは上記URLからご覧ください。

 秋田にて、『昭和芸能舎版フラガール』が上演されます。
 「■舞台『フラガール』(昭和芸能舎版)とは 日本アカデミー賞作品賞など数多くの賞を受賞した映画『フラガール』を手掛けた羽原大介の脚本・演出により舞台化。炭鉱の町がハワイアンセンターの誕生によって生まれ変わる物語を、映画版よりさらに深く掘り下げて描き出した舞台作品。2018年6月から7月にかけ東京・赤坂RED/THEATERで上演された全公演が満席、大好評のうち終了。そして今回東北ではじめて公演が決定しました。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(高橋さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東北]

2018年8月24日

Lingua Franca『DIARIES』

■出演■ 柏原直人 堤和悠樹 片山遊 牧山陵 大石満帆 神村卓耶 関野渉 奥原佑吏

■劇場■ APOCシアター (小田急線千歳船橋駅より徒歩1分)
■公演日程 ■
2018年
10/5(金) 20:00
10/6(土) 14:00 / 19:30
10/7(日) 19:30
10/8(月・祝) 14:00
以上、すべて開演時間。開場は30分前。受付は1時間前です。
■料金■ 前売・当日券 \3,500 全公演通し \5,000 前売+ワークショップ \5,500 全公演通し+ワークショップ \6,500 ワークショップ参加のみ \2,500

★10/7(日) 13:30 劇場ワークショップ
毎回、大好評の企画。公演と同じステージで、照明・音響も活用して行うため本番さながらの臨場感・緊張感・興奮を味わえるワークショップです。斬新な世界を体験することができる絶好のチャンス。ぜひ、この機会にステージに立ってみましょう!!
日程:2018.10.7(日) 13:30~
場所:APOCシアター
講師:柏原直人・LinguaFrancaメンバー
募集人数:15名程度
料金: \2,500 (ワークショップのみの参加の場合)

■チケット予約方法■ *9/1 発売開始
カルテットオンライン E-mail:こちらのメール


 東京にて、Lingua Franca『DIARIES』が上演されます。
 「彼女が姿を消した時、男は暴走し、女は賭けに出る。すべてがひとつ時、過去が全員に牙をむく。観客からの言葉をもとに繰り広げる即興演劇。物語の追及、確立されたスタイル、研ぎ澄まされた演技。これが LinguaFranca の進化形。
 俳優・演出家 柏原直人率いる劇団/コンセプトチーム LinguaFranca(リンガフランカ)「プリンシプル」「システム」を用いて、即興を基本にした演劇を展開中。斬新な世界観 / 激しいダンスムーヴメント / 明確な方法・ドラマが特長。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


LinguaFranca公式サイト
Twitter: @LinguaFrancaLab Facebook

(奥原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年8月20日

演劇ユニット「東京ナイフ」『奴隷商人と私』

作・演出:内田 誠
キャスト:河上 綾伽 (劇団『Rlung風』) 松本 力 野口 清和 渡部 美和 (劇団 銀河ラボ) 歌野 美奈子 山田 稔 (東京ソルナシエンテ) あまのもの (劇団『Rlung風』) 竹下 龍二郎 (劇団『Rlung風』) 福田 祥子 (劇団『Rlung風』) 内田 誠


日時:8/24(金)15:00、19:30 8/25(土)14:00、19:00 8/26(日)14:00
場所:たましんRISURUホール(立川市民会館)小ホール
料金:前売り:2500円 当日:2500円


 東京にて、演劇ユニット「東京ナイフ」『奴隷商人と私』が上演されます。
 「『日本女性がヨ一ロッパ各地で50万という。肌白くみめよき日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、奴隷らの国にまで転売されていくのを正視できない。』1540年代から日本の女性は奴隷として世界中に散らばったと書かれており。アメリカGHQに消されたと言われている事実を元に書かきました。長崎の街に平和に暮らす家族が騙され、借金のかたに娘(アケミ)を女中奉公に出す事になった。しかし、奉公先で大村藩と商人の罠にはまり、奴隷としてポルトガル商人に売られてしまう。天正遣欧使節の船に奴隷として乗るアケミはポルトガル商人に屈辱を受けるが、修道女と天正遣欧使節の一員に救われる。そして奴隷のアケミの運命は、、、。教科書に載らない裏の事実を是非知って頂きたくこの作品を書きました。日本は負けていません。イントレ2台、プロジェクションマッピング等々使用の総合芸術舞台。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(内田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年8月18日

G-フォレスタpresents 洋館ミステリ劇場 2018年秋『令嬢消失』 

G-フォレスタpresents 洋館ミステリ劇場
2018年秋 2都市4週間公演!
江戸川乱歩 『令嬢消失』 


構成・演出 丸尾 拓


◆神戸公演 @旧ムーア邸 (神戸市中央区北野町2)
明治31年(1898年)に建築された、北野異人館街にある非公開洋館。
9月
23日(日)14時半 / 18時
24日(月祝)11時 / 14時半 / 18時
29日(土)14時半 / 18時
30日(日)11時 / 14時半

◆大阪公演 @青山ビル(大阪市中央区伏見町2-2-6)
大正10年に個人邸宅として建築された『国登録有形文化財』のレトロビル。
10月
13日(土)18時半
14日(日)11時/14時半/18時
20日(土)14時半/18時
21日(日)11時/14時半
◆チケット料金:3500円(日時指定・全席自由)・要予約
◆チケット発売日 8月19日(日)AM10時~
◆メール予約 こちらのメール
お名前・ご住所・ご希望日時・枚数・電話番号をご連絡ください。お申込みは1ステージ、1通でお願いします。
【ご注意】万一、お申込後一両日中に『予約完了メール』が届かない場合は、メール未着の可能性もありますので、お手数ですが、ご一報お願いいたします。
※『洋館ミステリ劇場』とは...築100年以上前の本物の洋館を使い、昭和初期の探偵小説を再現。シーン毎に部屋を移動し、犯人を当てるミステリーツアー型の演劇で、チケットが手に入らないほどの人気を呼んでいる。

 神戸・大阪にて、G-フォレスタpresents 洋館ミステリ劇場 江戸川乱歩『令嬢消失』が上演されます。 
 「畸形魔が徘徊し、某富豪の令嬢が殺害される?!『何も悔悟しているものに罪をきせることはないわ、死ぬ者貧乏よ。』
 洋館ミステリ劇場の最新作は、江戸川乱歩の作品をお届けします。今回は、9月に神戸の洋館、10月に大阪のレトロビルの二都市公演!!趣の異なる二つの建物では、それぞれに違った空間を味わっていただけることでしょう。是非、江戸川乱歩の魅力の詰まったこの世界観をご堪能ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

G-フォレスタホームページ

(中田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

東京アンテナコンテナ第16回本公演『サスライ7 パート4 -結 ツイオク- 』

原案・脚本・演出/下平ヒロシ  
監修/三枝孝臣
■お知らせとお詫び 出演を予定しておりました角田慎弥は、事情により出演できなくなりました。楽しみにして頂きましたお客様には大変申し訳ありませんが、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。また、代わりまして新たに楠田敏之さんに出演して頂くことが決定いたしました。皆様には変わらずご声援を頂けますと幸いです。
【キャスト】イジリー岡田・下平ヒロシ・剣持直明・石田安奈 星ようこ・髙木順巨・楠田敏之・深見恭子・田中崇士 タカノハシアキラ・ あらかわわこ・年修和 おかざきかがやき(B)・ましもまゆ(A) 大西沙紀・次も大塚・笠原冬衣(B) 藏本昇吾(A)・福井将真・滝口みも
【ダンサー】夢・emi・大岡未來・RAGI
ご注意)本公演は一部ダブルキャストとなりますのでチケットをお求めの際はお間違いなくお申し込みください。また、出演者は急遽変更になる場合がございますので予めご了承ください。
【スタッフ】
原案・脚本・演出/下平ヒロシ 
監修 /三枝孝臣 
舞台監督/須田斉政 
美術/小島とら 
大道具/小島企画 
照明/白土真平(タケスタジオ) 
照明OP/上川真由美 
音響/富田聡
演出助手/鷹豚
振付/RAGI 
映像/ 角田慎弥・あおい12さい
劇中曲作曲/あおい12さい・@nija
衣裳/孝実
アクション指導/鷹豚
フライヤーデザイン/鷹豚・角田慎弥 
制作/林下勝彦・羽鳥零 
協力/(株)ホリプロ (株)スタッフ・アップ (株)オフィスAMI (有)ケッケコーポレーション Alledge DAS(だるまAlledgeスタジオ) ジュネス (順不同)
制作協力/劇団だるま座 
企画・製作/東京アンテナコンテナ・(株)10years


公演日程/2018年10月
17日(水)A19:00
18日(木)B19:00
19日(金)A19:00
20日(土)A14:00/B19:00
21日(日)B14:00
※受付は1時間前・開場は30分前となります。
会場/中野ザ・ポケット 〒164-0001東京都中野区中野3-22-8 TEL 03(3381)8422 E-Mail : こちらのメール
【アクセス】 JR中央・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口より徒歩5分。※駐車設備はありません。車、バイクでのご来場はご遠慮下さい。
チケット料金/ 全席指定
平日 前売り\4,000-/当日\4,500- 土・日 前売り\4,500-/当日\5,000- (5歳未満のお客様は入場をお断りしています)
チケット発売/9月16日(日)13時より右記の予約フォームにて PC 携帯
※電話でのチケット予約は承っておりませんので予めご了承ください。

 東京にて、東京アンテナコンテナ第16回本公演『サスライ7 パート4 -結 ツイオク- 』が上演されます。
 「自由奔放なおっさん達と、それに振り回される若者達。彼らは全国を飛び回るヒーローショーのスーツアクターでありながら本当の姿は闇の犯罪を葬る真のヒーロー(自称)であった。かつて犯罪ブローカーとして、闇社会を動かしていたミスターKが、なんと20年の沈黙を破りまた密かに動き出し、サスライ7のメンバーも復活したのだが、メンバーはすっかりおっさんに・・・!そんなおっさん達、相変わらずミスターKを捕える事ができないまま、あっ、と言う間に再結成から1年の歳月が過ぎてしまっていた。そんな中、今回の潜入先はなんと、21年前の最後の事件と同じ場所、同じシチュエーション、そして暴かれる21年前の罪・・・!さて今回の事件とは・・・?ミスターKの正体とは!?サスライ7シリーズもいよいよパート4!果たしてこの物語の真実は暴かれるのか?この物語はシリーズ作品ですが、初めての方も楽しんで頂ける内容になっておりますので、ぜひ劇場にてアンコンワールドを体感してください。」
 お問い合わせは、劇団事務局:080-6673-4871、またはこちらのメールまで。

劇団東京アンテナコンテナホームページ


(羽鳥さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年8月17日

劇団SHOW&GO FESTIVAL 23th公演「タチイチ ~in my case」

■脚本・演出 祝しょーご
■キャスト
Aキャスト 酒井唯貴 樫村美穂 みやたに 佐秋稜 中野ようすけ 片岡キャリー たえ 市川大希
Bキャスト 三田村竜平 谷口大吉 SHION 濵中智 TKG 常住 響子 石橋由梨
■スタッフ
脚本・演出:祝しょーご
照明:龍野禎和・山家利紗
音響:尾林真理
音楽:小林実央
舞台監督:早坂富雄
デザイン:尾崎久美子
WEB管理:吉﨑智正
CM編集:内山雅博
制作:小春奈央 岡本レイナ 仲野明音 リリィ
企画・製作:劇団SHOW&GO FESTIVAL
■協力 株式会社キャストパワー 株式会社ガジェットリンク 株式会社Still Wood Garden A.T.L株式会社 特定非営利活動法人 日本気 日本コメディ協会 総合学園ヒューマンアカデミー

■チケット 日時指定 全席自由 前売3,500円 当日3,800円 平日昼割3,000円 学割2,800円※受付で学生証提示
団体夜割 3人→9,600円、4人→12,400円、5人→15,000円 ※各日19:30の回に3名以上でのご予約かつ同時受付で入場のみ適用
チケット発売開始:8/4(土) 8/31(金)までにチケット予約すると当日受付にてオリジナルグッズをプレゼント!
開場時間:開演の30分前 当日券は開演の1時間前に受付開始(整理券を発行)
■チケットの購入・お問い合わせ
カルテットオンライン E-mail ticket@showgo-festival.com TEL/FAX  050-5833-6619
お客様のお名前、ご連絡先、ご希望の日時と枚数を確認し、折り返しご連絡いたします。折り返しのご連絡をもって受付完了といたします。
■タイムテーブル
9/11(火曜) 19:30~A
9/12(水曜) 14:30~A 19:30~B
9/13(木曜) 14:30~B 19:30~A
9/14(金曜) 14:30~A 19:30~B
9/15(土曜) 14:30~B 19:30~A
9/16(日曜) 14:30~B
■アクセス 下北沢『劇』小劇場 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-6-6



 東京の劇団SHOW&GO FESTIVALが、23th公演「タチイチ ~in my case」を上演いたします。
 「攻める者・攻められる者、奪う者・奪われる者、疑う者・疑われる者、惚れる者・惚れられる者―――。相反する状況に置かれた者たちの正義と冒涜を描いた短編コメディ集!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団SHOW&GO FESTIVALホームページ
LINE@ LINEID:@mrp0378o


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

「ちゃんぷるーシアターvol.18 inてんぶす」

脚本・構成・演出:太宰久夫
出演:ちゃんぷるーシアターカンパニー

□公演会場:那覇市ぶんかテンブス館『テンブスホール』
□公演日程: 2018年9月8日(土) 開演 14:00
9月9日(日) 開演 11:30/16:00
※受付時間は開演の1時間前、開場は30分前とさせていただきます。
□チケット料金:
<前売り> 大人 800円、こども(小学生以下) 500円 親子チケット 1000円(大人1枚 こども1枚)
<当日> 大人 1000円、こども(小学生以下) 500円 ※未就学のお子様が座席をご利用になる際、こども料金(500円)が発生いたします。
□チケット予約・お問い合わせ:
【電話予約】090-7012-7659 平日15:00~20:00 土日祝 12:00~18:00
【メール予約】champloo@tamagawa.ac.jp ※全席自由となります。※ご予約の際、電話またはメールにて以下の項目をお伝えください。
[1]お名前(フリガナ) [2]電話番号 [3]観劇希望日時 [4]ご希望チケット枚数・種類(例:大人2枚、こども1枚)


 沖縄にて、「ちゃんぷるーシアターvol.18 inてんぶす」が上演されます。
 「ちゃんぷるーシアターvol.18 ホットでほっこり ときにはホロリ。絵本や童話を演劇に、愛に溢れる作品いっぱい!家族みんなで一緒になって楽しめる、ファミリーステージ『ちゃんぷるーシアター』が今年もやってきます! 今年は、毎年ご好評いただいております"木村裕一作"おおかみなんてだーいすき』、映画化もされた大人気恐竜シリーズ"宮西達也作"『おまえ、うまそうだな』のほか日本民話やイソップ寓話など、全18作品をお届けいたします。どのお話を上演するかは当日のお楽しみ!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、【TEL/FAX】042-739-8092 玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科(演劇研究室)まで。


公式Facebook @champloo2012
公式Twitter @champlootheatre
ちゃんぷるーシアターvol.18特設サイト

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [九州・沖縄]

2018年8月16日

劇団5454(ランドリー)第13回公演『ト音』

作・演出:春陽漁介
キャスト:板橋廉平、小黒雄太、村尾俊明、高野アツシオ、関幸治、榊木並、石田雅利絵(以上、劇団5454)/ 松永渚、及川詩乃、真辺幸星
スタッフ:音楽:Brightwin, 舞台監督:佐藤豪、舞台美術:照井旅詩、照明:安永瞬、音響:游也(strays sound)、宣伝美術・PR:(株)L.LovesR. 、スチール撮影:滝沢たきお、制作:萬田拓未、企画:劇団5454


日時:2018年9月5日(水)~9日(日)
場所:大阪 HEP HALL
料金:前売り:4,000円 当日:4,500円 、グループ:3,500円(3名以上のご予約、U-22:3,000円(22歳以下)、高校生以下:2,000円

 大阪にて、劇団5454(ランドリー)第13回公演『ト音』が上演されます。
 「都内の高校に通う、新聞部の藤と秋生。教師たちしか読まない校内新聞に嘆いている二人は、生徒たちの足を止めるべく、教師たちの『嘘』を記事にし始める。一方、保健室通いの秀才、長谷川は音への興味から固有振動数の共鳴で物体の破壊を試みていた。ある日、秋生は嘘がまとわりつく教師、坂内から先制攻撃を食らってしまう。それをキッカケに意気投合する三人は『嘘の破壊』に乗り出すが、その先に待っているのは、嘘と願うような真実だった。嘘の周波数と笑いが奏でる、ちょっと不思議な協和音。上演時間120分。
 劇団5454(ゴシゴシと書いてランドリーと読む)は、春陽漁介が主宰・脚本・演出を手がける劇団。2012年4月旗揚げ。作風は人間の心理的な部分から作られるサイコロジカルフィクション。今回上演される『ト音』は、2013年に初演。同年の第19回劇作家協会・新人戯曲賞の最終候補となった。また、2015年の『ト音・再演』は、観劇三昧主催『カンフェス2017』で全国81作品中、芸術部門で第1位を獲得。大学、他団体でも『ト音』の外部公演が行われている。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団5454ホームページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [近畿]

劇団キンダースペース ひとり芝居『父亡き後、母に守られて』

〈原作〉夏目幾世(労苦体験手記集『平和の礎』より)
〈出演〉小林もと果(劇団キンダースペース)

●8月25日(土) 14:00~ (約40分)
〈会場〉平和祈念展示資料館(新宿住友ビル33階)
• 都営大江戸線『都庁前』駅より徒歩 約3分 
• 東京メトロ丸ノ内線『西新宿』駅より徒歩 約7分 
• JR線、小田急線、京王線『新宿』駅西口より徒歩 約10分

 東京にて、劇団キンダースペース ひとり芝居『父亡き後、母に守られて』が上演されます。
 「敗戦後、現地住民の襲撃で父親を亡くし、母親に守られて帰国した子どもたちがいました。引揚げまでと帰国してからの辛い日々を、少女の目線から伝えます。
 こんにちは。劇団キンダースペースです。2013年より新宿住友ビル平和祈念展示資料館にて続けて参りましたひとり芝居。平和の礎に所収された手記をひとり芝居の形にし、劇団キンダースペース 瀬田ひろ美、森下高志が『引揚げ』『抑留』をテーマに上演、沢山の方たちから応援のお言葉をいただいて参りました。この度、満を持して、小林もと果 が平和記念展示資料館デビューを致します。入場は無料です。今回は客席の作りもいつも少し変えてお送りします。お早めにいらしてお席をキープしていただき、開演までゆっくり資料館を観ていただくことをお薦め致します。心よりお待ち申しあげております。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

M.M.S.T SUMMER PROGRAM 2018 ショーイング公演『瘋癲老人日記』

原作:谷崎潤一郎
構成・演出:鈴木アツト(劇団印象)
出演:新井秀幸、石川杏樹、石川久美子、落合咲野香、久米陽子、杉林志保、藤口圭佑、森菜摘(五十音順)


日時:2018年8月21日(火) 19:30開演 *開場は開演20分前
会場:in→dependent theatre 1st (〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋5丁目12-4) 大阪市営地下鉄・堺筋線 恵美須町駅 1B西出口 左手(南)1分
チケット料金:2,000円
チケット取り扱い
M.M.S.Tオンラインチケット MMSTORE 特設サイト

大阪にて、M.S.P18 ショーイング公演『瘋癲老人日記』が上演されます。
 「谷崎潤一郎の晩年の長編小説の一つ、『瘋癲老人日記』。77歳の資産家隠居老人が、息子の美しい嫁に惹かれ、その魅力的な脚に魅せられ、執着していく様が日記形式で綴られる。
 M.S.P(M.M.S.T Summer Program)は、第一線で勢力的に活躍されている様々な作り手をアトリエに招聘し、実際に作品を創作して頂きながら、施設の魅力とその可能性を発見をしていく、創作ワークショッププログラムです。奈良県天川村にある築150年の古民家を改装したアトリエM.A.Lに滞在し、一つの作品を創作します。最終日には観客を招いての上演実習も実施します。参加者は戯曲解釈、シーン作りは勿論、舞台照明やスタッフワーク、本番に向けてのコンディション調整等、舞台創作に関するあらゆる問題に総括的に取り組んでいきます。今年のM.S.Pの題材は、谷崎潤一郎の晩年の長編小説の一つ、『瘋癲老人日記』。77歳の資産家隠居老人が、息子の美しい嫁に惹かれ、その魅力的な脚に魅せられ、執着していく様が日記形式で綴られる名作です。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、M.M.S.T(担当:古賀、上野):こちらのメールまで。

(鷲野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2018年8月15日

劇団犯罪友の会 なごり夏公演『私はレフト』

●役者衆 中田彩葉・中西謙吾・和久本あさみ・小室恵・秋月雁・風太郎

●日にち
9月14日(金) 19時開演
15日(土) 14時開演 19時開演
16日(日) 14時開演 (開場はすべて開演30分前となっております)
●チケット 前売り:2,500円 学生 :2,000円 当日 :2,800円
●チケット予約 TEL: 090-9057-1938 MAIL: こちらのメール
お電話やメールにてご予約の際は上記お問い合わせ先にご希望の公演日時・ご予約枚数・お名前・ご連絡先(電話番号)等をお知らせください。
●会場『ウイングフィールド』 TEL:06-6211-8427 大阪市中央区東心斎橋2-1-27 周防町ウイングス6階 
・地下鉄御堂筋線『長堀橋』駅[7]出口南へ3分 ・地下鉄御堂筋線『心斎橋』駅[6]出口東南へ10分

 大阪にて、劇団犯罪友の会 なごり夏公演『私はレフト』が上演されます。
 「米朝がシンガポールで会談して、戦争の危機は当面の間は避けられたようですが、祖父と父が自国民300万人を餓死させてまで作り上げた『核』とミサイルを破棄するわけがない。俺の机の上には、『核』のボタンが置かれていると脅しをかけると俺の机の上の『核』のボタンはもっと大きいぞ!と言い返した。まるで、チンピラの口ケンカです。こんな程度の人達に、『核』のボタンを持たせていいのだろうか? さて、この作品は70年代から80年代にかけての、関西で時代に翻弄され、人生を粉々にされた若者たちの物語です。個人ではどうすることもできない境遇の中でも束の間の恋の花が咲くこともある。あの時に出会わなければ、ごく普通の人生を過ごせただろうに。冒険心は若者達の特権ですが、それを巧妙に利用する人達が居るのも世の中です。しかし、ハメた奴等を絶対に許してはならない。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、TEL: 090-9057-1938 MAIL: こちらのメールまで。

劇団犯罪友の会公式ホームページ
・ツイッター @Yagaigeki ・インスタグラム hanzaitomonokai ・アメーバブログ 劇団犯罪友の会


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

ジャグリングストーリープロジェクト(JSP)第4回公演『天使・ペテン師・泣き虫』

作・演出:作・堀口 楠日 演・冨迫 晴紀
キャスト:一物 芽具身、佐々木 仁美(紫音)、笹生 明日香(ノエル)、篠宮 瑞生(まいやー)、清水 公太、田中 謙伍(いっせい)、田中 健翔、田中 佑樹、冨迫 晴紀、服部 駿佑、横山 佑介(よこやん)


日時:2018年9月15日(土) [1]12:30 開場13:00 開演[2]17:30 開場18:00 開演
場所:京都府立文化芸術会館 (京都市上京区寺町通広小路下ル東桜町1番地) (HP:http://www.bungei.jp/index.shtml) ・京阪神宮丸太町駅、出町柳駅から徒歩12分 ・「府立医大病院前」下車スグ前
料金:高校生以下 前売:1,000円 当日:1,000円/大学生 前売:1,800円 当日:2,000円/大人 前売:2,200円 当日:2,500円
 【JSPについて】日本ではまだあまり知られていないジャグリングですが、その魅力をより多くの方に知ってもらうことを目標に様々な活動を行っています。
【ご予約】予約フォームにてお申し込みください。


 京都にて、ジャグリングストーリープロジェクト(JSP)第4回公演『天使・ペテン師・泣き虫』が上演されます。
 「人間でも天使でもない不思議な存在である主人公たち。彼らは人と関わることで、自分たちの生きた証を残そうとする。人間は善なるものだと信じて疑わない主人公たちは、とある勘違いから大問題を引き起こしてしまう!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


ジャグリングストーリープロジェクト(JSP)ホームページ

(トンカチさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2018年8月14日

劇団メグロコミュニティシアター10周年記念公演『から騒ぎ』

(作)W・シェイクスピア作 
(訳)小田島雄志(白水社刊)
(構成演出)牛尾穂積
キャスト:中村吉彦、野中くに子、山本順子、高野圭一郎、加藤雅代、久保真理子、中丸朋美、菅原倫子、岸本聖美、高橋沙織、青山郁子、櫻井正子、北條大成、福與宣治、増田絢香、舩木優、山岸美江子、関澤麻里

日時:2018年9月15日(土)14時/18時、16日(日)14時/18時、17日(月祝)14時
場所:ウィディシアター中目黒(中目黒駅徒歩8分)
料金:全席自由席 2500円、学生・目黒区民2000円
(開演)2018年
9月15日(土)14時/18時 の2回 
9月16日(日)14時/18時 の2回
9月17日(月祝)14時 の1回 開場は各30分前
(会場)ウッディシアター中目黒 (東横線・日比谷線/中目黒駅徒歩8分)
(席・料金)全席自由席 2,500円 学生・目黒区民 2,000円
(予約受付)ホームページ内予約システム『カルテット』、又はメール、FAX、往復はがきにて


 東京にて、劇団メグロコミュニティシアター10周年記念公演『から騒ぎ』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団メグロコミュニティシアターホームページ


(高野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

櫻井郁也ダンスソロ『白鳥』 SAKURAI IKUYA DANCE SOLO " SWAN"

【スタッフ】ダンス・光・音:櫻井郁也、美術・衣裳:櫻井恵美子、企画制作=十字舎房、共催=plan-B


【日時】2018年 9月29日(土)20:00開演、 9月30日(日)19:00 開演 *ロビー開場=各回開演20分前。
【会場】 plan-B (プランビー) 〒164-0013 東京都中野区弥生町4-26-20-B1 TEL 03-3384-2051 
【アクセス】
□東京メトロ丸の内線『中野富士見町』駅下車徒歩7分・中野通り沿い 
□JR中野駅南口より京王バス1番 渋谷行/新宿駅西口行約10分『富士高校前』下車すぐ
【料金】 
・予約 2,800円(当日払い/各回とも前日まで受付)
・当日 3,000円(開場時発売/残席分のみ先着順)
・前売券 2,500円(事前振込/申込〆切=9月20日)
・学割予約1,500円(予約のみ/中高大専、要学生証)
※各回50席まで。なるべくご予約または前売をご利用ください。
【チケット申込・予約】公式webサイト


【プロフィール】《櫻井郁也 Sakurai Ikuya》舞踊家。笠井叡に師事ののち、1997年より美術の櫻井恵美子と『十字舎房(cross-section)』を設立し、共同で創作活動を展開、60以上のダンス公演を行う。2001年より継続するplan-Bソロシリーズを軸に、2006年ポルトガル招聘公演、2012年ルクセンブルク招聘公演などの海外公演、ダンス白州への連続参加(2001~09)、NHK番組振付(2002~07放送)、越後妻有アートトリエンナーレ(2012)、いちはらアートミックス(2014)、長崎原爆70年忌公演(2015)など。1964年、奈良生。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒。同・芸術研究所修了。オイリュトミーシューレ天使館・第一期修了。


 東京にて、櫻井郁也ダンスソロ『白鳥』 SAKURAI IKUYA DANCE SOLO " SWAN"が上演されます。
 「ソロダンスの先鋭・櫻井郁也の最新作。破壊と再生をテーマに、生と死の葛藤をめぐる苛烈なダンスが展開する。櫻井は笠井叡に師事したダンサーで、ポルトガルやルクセンブルクなどの海外招聘や長崎原爆70年忌公演をはじめ、様々な踊りの場を各地で展開しながら、本作をふくむ東京plan-Bでのソロシリーズを17年におよび継続中。観客とダンサーが接近する空間での高密度のダンスパフォーマンスは、個人が個人を見つめるリアルな現場として毎回高い評価を得ている。今回の最新作『白鳥』は、現代の無数の破壊に対する痛みから紡ぎ出された作品であり、ダンスを通じて生命の根本を見つめ直そうとする渾身の一作。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

【公演webサイト】

(櫻井さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年8月13日

れんアカデミー ミュージカル『マージョエル』

作・演出:比佐 廉
キャスト:菊地明美 石川裕梨 東ヶ崎恵美 森本悠加 カルロスニシオセルバンデス 日高淑徳 佐藤康道 ひげ太夫 れんアカキッズ
〇生バンド演奏 田中俊光 ほか


日時:■8月22日水 19:00開演 ■8月23日木 13:00開演※障がい児福祉『アーチ公演』(※未就学児・障がい児とその保護者・65才以上 無料招待) ■8月23日木 18:00開演
場所:座・高円寺(JR高円寺駅 北口徒歩5分)
料金:大人3,600円 子供1,800円 (★アーチ公演は一般2,000円・親子チケット3,600円※未就学児のお席もご用意します)
8月23日木 13:00は、障がい児福祉『アーチ公演』
※未就学児・障がい児とその保護者・65才以上 無料招待
※一般2,000円(通常より騒がしくなります)
※親子チケット3,600円(未就学児2名までお席ご用意します)

 東京にて、れんアカデミー ミュージカル『マージョエル』が上演されます。
 「『魔女が出る』『戻ってこられない』という噂の森にこっそりでかけた好奇心旺盛な小学生の四人組。ヘンテコなマージョたちに次々色々教えられるけど、願いを叶えてくれる『エル様』には本当に会えるの? みんなの担任の春子先生が作った歌をなぜか知ってる森の住民たちはみんな秘密を抱えてる?! 町と森をつなぐ『ふくろ穴』を通ったうわさが渦巻いて、年に一度の嵐に巻き込まれていく! 入れ違ってしまった妹たちを見つけることはできるのか? 妖精や森の動物と、町のこどもたちが出会ったしまったことで巻き起こる、不思議で楽しいファンタジー!
 れんアカデミー 初年度に大好評だった作品の再演です。最後までドキドキするファンタジーで、大人も子どもも楽しめます。迫力のダンスシーンや、ひげ太夫による組体操、そしてバンドによる生演奏も見どころです。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


れんアカデミーホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年8月11日

Unitや・ゆ・よ、演劇寄合「演劇MIX!Season.1 や・ゆ・よりあい」

作・演出:坂根陽介、坂上歩
キャスト:景山さと子、原由香、山崎晋志、新山功三郎、荒川明範、川角貴恵、高橋果歩、瀧尻遥香、藤澤里奈
スタッフ:大野育子、高橋七子

日時:9月1日(土) 19:00、9月2日(日) 14:00、9月8日(土)14:00/19:00
場所:1日・2日雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール/8日ビッグハート出雲
料金:一般1,000円/高校生以下500円

第1幕 Unitや・ゆ・よ、演劇寄合による2本の15分オムニバス公演
◆公演1『Departure』 作・演出:坂根陽介
とあるホテルのバーにCAの教育係の女性がやってくる。指導したCAの相談にのるためだ。仕事を辞めるという相談にのっているうちに彼女に臨時指導をすることになり・・・

◆公演2『Trick&Logic~小鳥遊三姉妹の事件簿~』 作・演出:坂上歩
夏の終わり、遅い夏休みを楽しむ小鳥遊三姉妹の元に突然、いとこの美里が殺人未遂で捕まったと知らせが入る。無実を信じる三人は推理に推理を重ね、一つの結論にたどり着く。その想定外の真実とは─。

第2幕 みんなで即興!インプロゲーム!!
役者もスタッフも観客も、出来れば皆で大騒ぎ!両ユニットのメンバーにお題を出し、その場で物語を作るムチャ振り即興劇。お題を考えるのは、来てくれたアナタかも!?

 島根にて、「演劇MIX!Season.1 や・ゆ・よりあい」が上演されます。
 「島根で活躍する2つの演劇ユニット、『Unitや・ゆ・よ』と『演劇寄合』のコラボ公演!演劇寄合がモットーとする『演劇をもっと気軽に、もっと気楽に』を合言葉に、今回も肩ひじ張らずのんびり気楽に楽しめる公演として作っております。公演時間は1時間、3つの演目で皆さんを楽しませたり驚かしたりしますので、ぜひお気軽にお越しください!」2劇団のコラボレーションでいつもと違った楽しみ方ができそうですね。どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

<情報はこちらから!>
演劇寄合公式ブログ
演劇寄合Twitter:@engekiyoriai


(坂上さん、お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [中国]

2018年8月10日

劇団青年座第233回公演『ぼたん雪が舞うとき』

【スタッフ】作=高木達 演出=黒岩亮(C組)、伊藤大(B組)、齊藤理恵子(A組) 美術=長田佳代子、照明=宮野和夫、音響=長野朋美(A、B組)、城戸智行(C組) 衣裳=高木渚、舞台監督=尾花真、製作=森正敏、紫雲幸一 【キャスト】 A組 夫=横堀悦夫 妻=津田真澄 B組 夫=山野史人 妻=岩倉高子 C組 夫=平尾仁 妻=井上夏葉

【料金】一般 4,500円 U25(25歳以下) 3,000円 リピート割引(別組にも適用) 4,000円 3組セット割引 12,000円 *U25は当日受付精算のみ。
【劇場】小劇場B1(下北沢)
【スケジュール】
8月22日(水) 19:00A
8月23日(木) 14:00A
8月24日(金) 19:00B
8月25日(土) 14:00B
8月26日(日) 14:00B
8月27日(月) 19:00C
8月28日(火) 14:00C / 19:00A
8月29日(水) 14:00B★
8月30日(木) 14:00C
8月31日(金) 14:00B / 19:00C
9月1日(土) 14:00A / 19:00A
9月2日(日) 14:00C
受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。
★8月29日(水)、昼公演終演後にアフタートーク開催予定


 東京の劇団青年座が、第233回公演『ぼたん雪が舞うとき』を上演いたします。
 「チェルノブイリ原発事故が起こった1986年、青年座は、当時の米ソ対立による核戦争を仮想した寓話劇『風が吹くとき』を上演した。これを踏まえ、今回は、2011年の東日本大震災による原発事故をモチーフにした新たな創作劇『ぼたん雪が舞うとき』を上演する。全国各地に多数の原子力発電所を有する日本。原発がある街、どこでも、いつでも、だれにでも起こりうる出来事を青年座の3人の演出家、3組のキャストによって競演する。
 ある日、未曾有の大地震が起こった。津波によって原子力発電所が損壊。すぐさま半径20km~30km圏内の住民に屋内退避指示が出された。夫婦は、政府の指示を忠実に守り、電話も電気も水道も止まった家の中で、二人だけの避難生活を始めることになった。これは、立入禁止区域に取り残された夫婦の一週間を描いた物語である。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

劇団シアター・ウィークエンド 2018年9月スタジオ公演(名古屋)『ミラクルノート』

作・演出/後藤明日香 監修/松本喜臣
【キャスト】
川瀬大介: 松岡和貴
岡田史子: 中村真弓
橋本達也: 豊島輝真
七瀬ユミ: 中野由佳子(A)、小林志帆(B)
鈴木のりお: 渡邉嘉雄
社長: 岩田浩明
轟マリ子: 三輪和泉
中西陽子: 川辺早紀子
田中まどか: 都築亮
桜井誠: 山岸憲

【公演日時・会場】
9月7日(金) 19:00(A)
9月8日(土) 15:00(B)/19:00(A)
9月9日(日) 13:00(A)/17:00(B)
スタジオ・座・ウィークエンド 愛知県名古屋市千種区春岡1-3-5 大崎ビル2階 (地下鉄東山線『池下』駅下車[1]番出口より広小路通りを西へ徒歩3分)
開場は開演の30分前です
【チケット料金】(全自由席)
一般前売 2000円 (当日 2500円)
学生前売 1500円 (当日 2000円)
ご予約のないお客様は当日会場が満席(定員60名)の場合、ご入場頂けない場合がございます。事前に日時指定でご予約頂くことで、優先してご入場頂けますので是非ご予約下さい。

 名古屋の劇団シアター・ウィークエンドが、2018年9月スタジオ公演『ミラクルノート』を上演いたします。
 「学歴無し、コネ無し、営業経験無し・・・・・・・無い無いづくしの男、川瀬大介。ここで一発人生変えようと一念奮起して自動販売機の営業の世界へ足を踏み入れた。さぁ、どうなることか・・・・・・?全ての働く人々に送る、ちょっと切ないハートフルコメディ!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 チケットのご予約・その他お問い合わせは、TEL (052)762-3160、FAX (050)7770-3626、またはこちらのメールまで。


劇団シアター・ウィークエンドホームページ

(富田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東海]

LttS -Listen to the Stories- 朗読劇 vol.5 『RE:START』

出演:佐々木聡、芝叶芽、髙石あさ美、野勢拓也、浜本あやか、原田達也、平畑栄樹、平山さやか、福田智一(追加、変更の場合有り)


日程:2018年9月8日(土)
1部...開演16時 / 開場15時半
2部...開演19時 / 開場18時半
会場:cafe&bar 木星劇場(池袋駅西口 C3から徒歩約10秒)
料金:各部共に前売り2000円 / 当日2500円(1ドリンク付)

 東京にて、LttS -Listen to the Stories- 朗読劇 vol.5 『RE:START』が上演されます。
 「LttSは2017年11月の第1回公演以降、2018年3月まで4度の公演を重ね、休止期間を経て、来る2018年9月に第5回目の公演を行う事になりました。台本はプロまたはシナリオコンクール受賞歴のあるシナリオライターによるオリジナル作品です。ぜひ、ご期待ください。
 出演者コメント:初めまして、ロックンバナナ所属声優の浜本あやかと申します。この度、中身をなにも知らずに、台本の提供元(映像制作団体スタジオランチボックス)に惹かれただけで朗読劇に出ようと応募し、そのままの流れでステージに立たせて頂く事になりました。声で素敵な世界をいくつもご用意して、お待ちしております。ぜひ、足を運んで頂けると嬉しいです!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

Twitter:@Act_and_Talk


(浜本さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年8月 7日

オペラシアターこんにゃく座 オペラ『イヌの仇討あるいは吉良の決断』

作・演出:原作:井上ひさし 台本・作曲:林光 演出:上村聡史
キャスト:オペラシアターこんにゃく座


日時:2018年9/14(金)~23(日)
場所:吉祥寺シアター(東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目33番22号)
料金:一般6,000円 一般ペア11,000円 バルコニー席5,000円 U25・3,500円 学生2,000円


 東京にて、オペラシアターこんにゃく座 オペラ『イヌの仇討あるいは吉良の決断』が上演されます。
 「元禄15年12月 討ち入り当日 吉良上野介らが過ごした 密室での長い長い一日
 大石内蔵助ら赤穂浪士による、吉良邸討ち入り! あの『忠臣蔵』を、吉良側の物語として描いた井上ひさしの戯曲『イヌの仇討』。林光作曲による唯一の井上ひさしオペラ。15年ぶりに新演出で上演!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


オペラシアターこんにゃく座ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団ジャンク派「支那人の外郎売りチェン」

芝居で山口を盛り上げよう! 懐かしい楽曲に彩られた夢のステージ 歌とダンスがいっぱいの心踊るショー レトロで妖しい舞台をお楽しみ下さい


劇団ジャンク派「支那人の外郎売りチェン」
/2部 モダーンショー

作演出 チェン・スウリー
出演 チェン・スウリー
真島 光輝 原田 寛司 多田 広海
時乘 陽南 伊達 舞美 千葉 明里
上田 剛志(ゲスト・ アコーディオン )
宣傳美術 二階堂 ちはる
舞臺監督 押川 晃寛
振付協力 田中 沙耶香
寫眞 松原 千尋
音響 松田 大輔
照明 中野 志保
後援 中原中也記念館

2018.9月
22(土)防府 カフェ&ダイニング ウイラニ
23(日)徳山 シネマ・ヌーベル
29(土)下関 亀山八幡宮 儀式殿
30(日)山口 県政資料館 旧議事堂
昼公演 13:30 プロローグ(前芝居)スタート 夜公演 17:30 プロローグ(前芝居)スタート※ プロローグ開始の1時間前より入場整理券の配布
※ 全席自由席。整理券の番号順に入場となります。
※ 防府会場は、夜公演のみ。昼にはオープニングイベントを実施。
詳しくは、劇団公式twitterで! → @junk_ha
TICKET 一般 前売券/2,000円 メール予約・取り置き/2,300円 当日券/2,500円
学割(小・中・高・大) 前売券/1,000円 メール予約・取り置き/1,300円 当日券/1,500円
★いっぱい観たい方にお得なチケット! トリプルチケット/4,500円 *期間中の3公演をご覧になれます。*前売券のみ。郵便振込によるご購入のみ。
全公演フリーパス/7,800円 *4公演以下の料金で山口横断ツアーの全7公演すべてをご覧になれる、たいへんお得なオールパスチケットです。 *前売券のみ。郵便振込によるご購入のみ。
【チケットのご購入方法】郵便振込または前売券販売所にてご購入いただけます。
◎郵便振込/観劇日・昼or夜、開催地(例 下関など)、お名前、郵便番号、ご住所、電話番号、チケットの種類、枚数を通信欄に明記のうえ下記の口座まで。入金を確認次第、チケットをお送りします。ゆうちょ銀行 [口座番号]01330−1−107224 [名義人]劇団ジャンク派 9/14 入金締切。
◎前売券販売所/[防府エリア]カフェ ダイニング ウイラニ、アスピラート、幸せますアンテナショップ ゆめざ/[徳山・下松エリア]スターピア下松、周南市文化会館、マツノ書店、演奏堂、まちのポート/[下関エリア]シーモール ラン、ドリームシップ(下関生涯学習プラザ)、下関市民会館、十字堂楽器店、KARASTA./[山口エリア]山口情報芸術センター(YCAM)、山口市民会館、文榮堂 本店、文榮堂 山口大学前店、三好屋楽器店、山口県庁 厚生棟売店
◎チケットの取り置きをご希望の方は、お名前・観劇日(昼or夜)・開催地・チケットの種類・枚数を明記のうえメールにてご予約ください


 山口にて、劇団ジャンク派「支那人の外郎売りチェン」が上演されます。
 「1937年(昭和12年)7月の盧溝橋事件に端を発する世に言う支那事変は、次第に中国大陸全体へと飛散し、日本と中華民国の戦争の様相を呈していった。そんな折、女優として歌手として日中両国の間で大スターだった李香蘭(山口淑子)は、自身が出演した映画が日本軍の国策映画として、この戦争に加担していたことに苦しむ。李香蘭は、流行歌作家で『蘇州夜曲』の作曲者でもある服部良一や、文芸評論家の小林秀雄、幼馴染でユダヤ系ロシア人のリューバら自由を愛す芸術家仲間と共に、カルチェラタンと彼らが呼ぶアパートに暮らしていた。ところが、支那人の妖術使いチェンが、妖しげな薬を用いてこのアパートの住人を次々に拐って行ってしまう。チェンは、女スパイ 川島芳子と結託して壮大なる野心を描いていた。憲兵たちは、妖術使いチェンを捕らえることに執念を燃やす。拐われた李香蘭や服部良一の運命は如何に? 女スパイ川島の企みは一体? そして、チェンの正体は...?
 宮沢賢治の童話『山男の四月』から着想を得た座長が大胆にイメージを膨らませ実在する人物に当てはめて書き下ろした歴史娯楽作品。人情歌謡活劇。劇中に使用される懐かしい楽曲の数々。2部に展開される歌とダンスのショータイムにも注目。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(スウリーさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [中国]

演劇企画「ある」『山椒魚戦争』

原作 カレル・チャペック
台本・演出 堀益和枝
出演者 石出勇騎 金羅美 柴田愛奈(劇団銅鑼) 清水美帆子(新宿梁山泊) 中路美也子 平石愛(team.ごせんぷ) 堀内克哉 本田めぐみ 松本綱
音響・照明・当日制作 シーボーズ
主宰 堀益和枝

公演日時
8月22日 水 19時30分から
8月23日 木 19時30分から
8月24日 金 14時から、 19時30分から
8月25日 土 14時から 19時から
8月26日 日 14時から
チケット料金 前売3600円 当日3800円
学生 2500円(要予約、当日学生証提示)
公演場所 本所松坂亭(墨田区両国2−9−5ーTKF第2会館)
チケット申し込み先 出演者にお知り合いがいらっしゃる場合はその旨も明記してくだされば、出演者の励みになるのでありがたいです。
[一般予約フォーム]
演劇企画『ある』メールアドレス 電話 070-6427-8787(制作)

 東京にて、演劇企画「ある」『山椒魚戦争』が上演されます。
 「『山椒魚戦争』の内容は人類の未来を描いた作品です。第1次世界大戦後、スマトラ島付近のある島で、海に住む『サンショウウオ』が発見されます。このサンショウウオは人の言葉を理解し話せ、しかも労働ができます。労働家畜として人間は山椒魚を利用し、繁栄していくのですが、やがて山椒魚との戦争になっていく。山椒魚の描き方も見事で、現代人はだんだん山椒魚になっているのではないかとさえ思うこともあります。また、この作品に出てくる人間像も面白く、現在の国際状況を予言したような作品です。原作は、1935年から1936年に新聞に連載されたのですが、そんな昔の作品が、現代を見事に当てているのです。恐ろしいくらいに。この、人類への警告書とでもいうべき作品を、ドラマ、パフォーマンス、語り、歌の混ざった、演劇的要素モリモリの風刺喜劇として上演します。
 舞台としての『山椒魚戦争』は通常ありません。インターネットで検索しても、記録としては日本ではありません(R.U.R.は戯曲なのでよく上演されます)。是非、演劇企画『ある』の『山椒魚戦争』を見に来て下さい。今回は、チェコ大使館の後援もいただき、さらにパワーアップした舞台をお見せします。
カレル・チャペックはチェコスロバキア時代の作家です。奇しくも今年はチェコスロバキア建国100周年、そしてカレル・チャペック没後80年の年です。そんな年に、日本初であろう山椒魚戦争の舞台、是非どうぞ。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


演劇企画『ある』ホームページ

(堀益さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年8月 6日

ゲッコーパレード本拠地公演 戯曲の棲む家vol.8『マクベス』

作 W.シェイクスピア
訳 松岡和子
参加アーティスト Aokid カゲヤマ気象台 ikuko shirakuma 渡辺瑞帆(青年団)
演出 黒田瑞仁
出演 河原舞 崎田ゆかり 山本瑛子 上池健太
衣装 YUMIKA MORI
照明協力 鈴木麻友
主催・企画・制作=ゲッコーパレード

【日時】
2018年8月17日(金)20:00
18日(土)13:00 / 17:00 / 20:00
19日(日)13:00 / 17:00
20日(月)13:00 / 17:00
22日(水)13:00
23日(木)20:00
24日(金)20:00
25日(土)13:00 / 17:00 / 20:00
26日(日)13:00 / 17:00
※14日(火)18:00~、公開通し稽古を行います。観劇無料・要予約。来ていただいた方は観劇料から500円割引いたします。
【会場】旧加藤家住宅(〒335-0003 埼玉県蕨市南町2-8-2)
《ご注意》当日は開演時間にJR京浜東北線『蕨駅』西口に集合ののち、旧加藤家住宅に移動します。
【チケット】一般=2,500円 プチ・パトロンチケット=3,500円 (特典はありません。このチケットのご購入が団体の継続的な活動につながります。ぜひもう一押し、応援ください。) 高校生以下=500円(学生証をご提示ください) 蕨市民の方は、1,000円でご覧いただけます。(身分証をご提示ください) ※一軒屋での上演で席数が限られています。お早目のご予約をおすすめいたします。
【ご予約】専用フォームよりお申し込みください。

 埼玉にて、ゲッコーパレード本拠地公演 戯曲の棲む家vol.8『マクベス』が上演されます。
 「シェイクスピアの四大悲劇の一つ『マクベス』。今回は物語の中で語られる『戦争・殺人・死』という今を生きる私たちには実感が伴わない出来事を、4人のアーティストが用意したシーンを観客ひとりひとり自らが巡り、目撃し、体験することで、想像でしか語れないなにかわからないものを考えるきっかけとなる作品を目指しています。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、電話 090-2826-9131(制作)、またはこちらのメールまで。


ゲッコーパレードホームページ
Twitter @geckoparade


(河原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年8月 4日

劇団りゃんめんにゅーろん プロデュース公演Vol.32『未明かばんをとじた』c/w『優しい顔ぶれ』

脚本演出 南出謙吾
■キャスト
『優しい顔ぶれ』 とだ直史(劇団Bee-ple) 水木たね 山本稚奈
『未明かばんをとじた』 山本祐也 一瀬尚代(baghdad cafe') 中原央人(劇団五期会) 濱ノ上元子 新井聖美(テアトルアカデミー)
■スタッフ
照明/中村藍子
音響/柏倉和浩
楽曲提供/Yousei Suzuki
舞台美術/みらい工房
宣伝美術/山本祐也
制作/高口祐子・奈良実穂


■公演日時
8月24日(金)~8月26日(日)
24日(金)19:30水
25日(土)11:30山/15:30水/19:30山
26日(日)11:30水/15:30山
水 水木メイン
山 山本メイン
開場は開演の30分前
■会場 劇団未来ワークスタジオ(京阪野江徒歩3分) 大阪府大阪市城東区成育1丁目4-25
■料金 2,500円
※ご予約優先
※連絡なく開演5分前までにお越しいただけない場合はご予約が解除となる場合があります。
チケットご予約
WEB


 大阪にて、劇団りゃんめんにゅーろん プロデュース公演Vol.32『未明かばんをとじた』c/w『優しい顔ぶれ』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]