公演案内ページ | 演劇交差点トップページへ

2019年10月13日

劇団つばめ組 第17回公演『珈琲店』

作 ゴルドーニ
訳 平川祐弘
演出 仲条裕
[キャスト] 石川久美子 堀越健次 吉田直子 杉山正弘 加藤彩音 イシハラタツノリ 富山聡子 金川翔 千葉加奈子 荒川ヒロ子 仲条裕
[スタッフ]
美術  石倉研史郎 (a58b)
照明  合田有美
音響  井上匠(音響チー厶・Otochondria)
振付  石川久美子
宣伝美術  ロングランプランニング株式会社
製作  劇団つばめ組
[協力] (株)アールズモーションジャパン、(株)CLE0、原宿空想ライオン、劇団桃唄309、(株)STARTS、(株)ハルク・エンタテイメント、篠崎央彡(順不同)


[スケジュール] 2019年11月
7日(木)19:00
8日(金)14:00 19:00
9日(土)13:00 17:30
10日(日)13:00※開場は開演の30分前
[チケット代] 前売4,000円(1ドリンク代500円含む) 当日4,500円 全席自由席
[アクセス] 参宮橋トランスミッション 東京都渋谷区代々木4-50-8 参宮橋ゲストハウスB1 小田急線参宮橋駅徒歩2分

 東京にて、劇団つばめ組 第17回公演『珈琲店』が上演されます。
 「つばめ組は今東西の過去の名作戯曲を現代に伝え未来の指針を探求する劇団です。今回の第17回公演は、イタリアのゴルドーニの珈琲店です。ご来場お待ちしております。なお抽選で各ステージ二名様をご招待します。(チケットプレゼント申込期間は10月21日から27日) どうぞご期待ください。
 昔々あるところで、そこでは外国の飲み物珈琲が大流行。この日も珈琲店には賭博屋、偽貴族、遊び人、お喋り騎士、踊り子、放蕩者の夫を探す妻たちが集まっててんやわんや・・・近世イタリア喜劇の精華と21世紀の小劇場演劇の地平融合をお楽しみに!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 インフォメーション&チケットお問い合わせは、劇団つばめ組:090-9320-1214、またはこちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月10日

The Stone Ageヘンドリックス 第10回公演『あんたバカね、また会いましょう』

作・演出:朝田大輝
キャスト:坂本顕(TheStoneAge)、一明一人(株式会社プランニングエッグ)、酒井美樹(四畳半ヤング)、高木由起、武田操美(劇団鉛乃文檎)、徳永健治、ヤマサキエリカ、山本祐也(劇団りゃんめんにゅーろん)、アンノマエミノリ
スタッフ:【舞台美術】青野守浩 【音響】BGY 【照明】中西早織 【舞台進行】中島隆登 【宣伝美術】朝田大輝 【プロデューサー】閑社明子 【制作】谷口美和子、山口知子


日時:10月25日(金)19:30、 10月26日(土)11:00/15:00/19:00、 10月27日(日)12:00/16:00
場所:TORII HALL 大阪市中央区千日前1-7-11上方ビル4階
料金:前売:3000円、当日:3300円、学生:1000円(小学生~大学生、高校生以上は要学生証) 、リピーター:1000円(あんたバカね、また会いましょう2回目以降、要半券または予約)

 大阪にて、The Stone Ageヘンドリックス 第10回公演『あんたバカね、また会いましょう』が上演されます。
 「『たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません』(詩篇23篇より抜粋) 男は子供ができないことを理由に離婚した。夫婦どちらにも原因があるとわかり、妻は精子ドナーを利用した人工授精(AID)を夫に提案したが、男は首を縦に振らなかった。血の繋がりがない親子関係に希望を見出せなかったからだ。男は妻とぐちゃぐちゃに喧嘩した末に別れた。離婚後、男はバブル期に建てられた会社の福利厚生施設に左遷された。しかしそこで働く女性従業員と付き合うこととなり、新たな将来像を描くようになった。だがバツイチの彼女には子供がいた。その子の父親になれる気はしなかったが、関係は失いたくなかった。ある日、男を訪ねて若い女性がやって来る。『はじめまして、お兄さん』。異母妹だと言う。そんな中、二組の客が訪れる。一組は男の元同僚、もう一組は男の元上司だった。その元上司こそ男を左遷した張本人であった。そして何より男が震えたのは、元上司の妻が別れた元妻だったことだ。しかも妊娠しているように見える。虫唾が走った。互いの素性を隠して夜がふける。そして雨が、大雨が降ってきた――。
 The Stone Ageヘンドリックス第10回記念公演です。劇団員とお馴染みのゲスト陣に加え、魅力的なゲストをお迎えしての上演です。たくさんのご来場心よりお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


The Stone Ageヘンドリックスホームページ


(閑社さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

スラステslatstick『La Fierte'』(ラ・フィエルテ)

作・演出:村角太洋(THE ROB CARLTON)
キャスト:中村なる美、永津真奈(Aripe)、前田晃男(ボラ☆ボラ)、ボブ・マーサム(THE ROB CARLTON)
スタッフ:宣伝美術 東學(188) 、 宣伝撮影 山田徳春(500G.inc)/小形、宣伝撮影メイク 竹内李恵 、制作協力 吉田千尋(LUCKUP)/閑社明子(The Stone Age)、企画制作 slatstick


日時:10月24日(木)19:30、 10月25日(金)14:00/19:30、 10月26日(土)14:00/19:00、 10月27日(日)12:00
場所:ステージカフェ下北沢亭(東京都世田谷区代沢5-29-9 2F)
料金:前売り:3000円 当日:3300円
終演後にアフタートークあり。トークゲスト
10月24日19:30公演終了後 粟根まこと(劇団☆新感線)
10月25日19:30公演終了後 三上市朗 

 東京にて、スラステslatstick『La Fierte'』(ラ・フィエルテ)が上演されます。
 「ハイファッション誌『La Fierté』。遂にあの世界的ファッショニスタの独占インタビューが許される。摩天楼を見下ろす、最高級ホテルの最上階。最高のミネラルウォーターの準備も整っている。あとはこの椅子に、あのファッショニスタが座り語ってくれるのみ。彼女たちは待っている。あの世界的ファッショニスタを。
 長身の女優、元劇団☆新感線 中村なる美とAripe 永津真奈、二人の演劇団体。作・演出は、関西を中心に活躍する劇団THE ROB CARLTONの村角太洋を迎え、初の東京公演を開催する。2019年4月の大阪公演で好評を得た『La Fierte'』を上演。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


スラステslatstickホームページ


(閑社さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月 8日

RISU PRODUCE「ほしぞらのしたで」

作・演出:松本 匠
キャスト:正木 郁、吉田 芽吹、岩田 華怜、世良 佑樹、飯泉 博道、中尾 太一、重松 隆志、小栗銀太郎 、横関 健悟、朝枝 知紘、上村 依子
スタッフ:舞台監督:玉城 忠幸 舞台美術:加藤 ちか 音響:平田 忠範〔GENG27〕 照明:青木 大輔 宣伝美術:Brown:Design 収録/技術協力:HYU Kreate キャスティング協力:北田 希利子 制作協力:J‐Stage Navi 企画/製作 RISU PRODUCE


日時:2019年12月25日(水)~29日(日)
場所:東京芸術劇場 シアターウエスト
料金:全席指定席 5.500円(前売・当日共)

 東京にて、RISU PRODUCE「ほしぞらのしたで」が上演されます。
 「RISU PRODUCE 20周年記念公演第三弾は、一年半振りの新作公演。主演に正木郁を迎え、様々な理由で夜間中学に通う人達の人間模様に迫ります。
 20周年記念公演 第三弾は『夜間中学』を題材にした新作を上演。定時制高校に比べ、一般的にあまり知られていない夜間中学ですが、様々な理由で小・中学校に通えなかった人達の人間模様をドラマチックに描きます。一年半振りの新作公演となりますが、主演に正木郁を迎え、第31回東京国際映画祭のスプラッシュ部門で監督賞を受賞した映画『メランコリック』のヒロインを演じた吉田芽吹、またイキザマ3の主演を務めた岩田華怜、他、多彩なゲストを迎え入れ、リスプロテイストを思う存分、盛り込みながら、お客様の心に少しでも『何か』が届く作品創りを目指します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


RISU PRODUCEホームページ

(横関さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月 7日

演劇集団М企画『破界ーある俳優ー』『人でなしの恋』

作・演出:内海 誠
キャスト:内海誠、木之本沙耶、藤安多音、大城希美、末本擁子
スタッフ:照明・末本太丸、音響・池田季樹

日時:11/30(土) 19時30分 12/1(日) 12時と15時
場所:新宿ゴールデン街劇場(JR新宿駅東口徒歩6分)
料金:前売り:2,500円 当日:2,500円


 東京にて、演劇集団М企画『破界ーある俳優ー』『人でなしの恋』が上演されます。
 「『破界ーある俳優ー』観客のいない舞台。ある俳優。彼は今、心の病に苦しんでいた。・・・М企画が放つ渾身の衝撃作。
『人でなしの恋』大正15年。『変だな』と気がついたのは、御婚礼から丁度半年ほどたった時分でございました。・・・美しくも妖美な恋物語。
 1995年旗揚げ以来、娯楽性と感動のある芝居作りをモットーに活動している演劇集団M企画の17年振りの2本立て公演。М企画×江戸川乱歩!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


演劇集団М企画ホームページ


(内海さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

ゲッコーパレード出張公演 家を渉る劇 vol.4『リンドバークたちの飛行』

作=B.ブレヒト 訳=岩淵達治
演出=黒田瑞仁、柴田彩芳、本間志穂、渡辺瑞帆(青年団)、市松(砂と水玉)、古賀彰吾(劇団ドクトペッパズ)
出演=河原舞、崎田ゆかり、藪田真衣
衣装=YUMIKA MORI
照明=鈴木麻友
主催=ゲッコーパレード
共催=公益財団法人 仙台市市民文化事業団
協力=(有)宮城野納豆製造所、仙台市教育委員会、旧加藤家住宅
提携=仙台・劇のまちトライアルシアター
企画=本橋仁、渡辺瑞帆、黒田瑞仁
チラシデザイン=岸本昌也
建築写真=岩渕隆
過去公演写真=瀬尾憲司


会場=宮城野納豆製造所 〒983-0047 宮城県仙台市宮城野区銀杏町4-29 JR仙石線 陸前原ノ町駅より徒歩5分
会場の駐車スペースには限りがございます。満車の際はコインパーキングをご利用ください。
日程=2019年11月2日(土) 、3日(日)
11月2日(土) 16:00 19:00
11月3日(日) 12:00 15:00 17:30
各回限定20名。開場は開演の30分前。上演時間は60分を予定しております。上演中に段差の上り下りなど、室内の移動がございます。予めご了承ください。記録・広報等のため、イベントの写真撮影・録画・録音・オンライン配信等を行う場合があります。
チケット(前売り・当日共通) 一般=3,000円 U24=2,000円(24歳以下の方)
プチ・パトロンチケット=4,000円(特典はありません。このチケットのご購入が団体の継続的な活動につながります。ぜひもう一押し、応援ください)
高校生以下=500円(学生証をご提示ください)
専用フォームよりお申込みください。当日問合せ=080-5479-3581(制作)

 仙台にて、ゲッコーパレード出張公演 家を渉る劇 vol.4『リンドバークたちの飛行』が上演されます。
 「今回の公演は、全国各地の文化財を巡る企画の第四弾です。宮城県の仙台市にある納豆製造所にてリンドバークの大西洋横断飛行の冒険の物語を上演いたします。劇場でも家でもない、今までと一味違った作品をお楽しみいただきたいと思います。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、電話= 022-782-7510(せんだい演劇工房10-Box)まで。

ゲッコーパレードホームページ
Twitter= @geckoparade

(河原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東北]

昭和芸能舎「昭和芸能舎版フラガール2019」

脚本・演出 羽原大介
【出演】稲村梓 池内理紗 しるさ 塩塚和代(生方和代改め) 中川絵美 藤田美歌子 石井咲 仲本ユウ 山村紘未 原悠里奈 杉莉々子 鈴木万里絵 今井彩奈未 佐藤朱莉 中村友香 及川いぞう ゆかわたかし 浦島三太朗 アフロ後藤 池上リョヲマ 原沢侑高 田久保宗稔
【スタッフ】
舞台監督:逸見輝羊 今宮稜正((株)STAGE COMPANY)
照 明:太田安宣
音 響:中越謡香
音響協力:山本能久(SEシステム)
フラ・タヒチアンダンス指導・構成・振付:石井咲
宣伝美術:鈴木めぐむ
宣伝写真:牧野信吾
制 作:伊藤沙耶 内田有美 高橋稔(昭和芸能舎)
仙台公演制作:浦田麻弥
仙台公演主催:(株)Virgin Snow
企画製作:昭和芸能舎
【協力】(同不順) (株)ジェイ・シネカノン (株)ワタナベエンターテインメント 青年座映画放送 (株)ブルーミングエージェンシー 浅井企画 (株)サンミュージックブレーン (株)宝映テレビプロダクション (株)アニモプロデュース (株)VISTA model agency friday カオス・パフォーマーズオフィス ★☆北区AKT STAGE エアーズロック 田久保未央
【特別協賛】トーンモバイル株式会社 代表取締役社長 石田宏樹
【仙台公演協力】大魔王 本店・EDEN・GOLD・HOUSE・Jr. 不動産のさくらコーポレーション
【仙台公演後援】河北新報社 TBC東北放送 KHB東日本放送 (公財)仙台市市民文化事業団

✿東京公演:赤坂RED/THEATER
公演日程:2019年11月26日(火)~12月1日(日)
開演時間
11月26日(火) 19:00
11月27日(水) 19:00
11月28日(木) 15:00/19:00
11月29日(金) 15:00/19:00
11月30日(土) 11:30/15:00/18:30
12月1日(日) 11:30/15:00
チケット発売日:10/21(月)
日時・座席指定:前売3300円/当日3800円[税込]
ご予約・詳細

✿仙台公演:トークネットホール仙台(仙台市民会館)
公演日程:2019年12月19日(木) 開演時間:11:00/14:30
ご予約・詳細

 東京・仙台にて、『昭和芸能舎版フラガール2019』が上演されます。
 「昨年、東京(赤坂RED/THEATER)、秋田(わらび座小劇場)、福島(いわきアリオス中ホール)で好評を博した舞台が、新たなキャストを迎えて再燃します!石炭から石油へ。世界が望んだエネルギー革命の波の中で、仕事や家を失おうとしている炭鉱町の人々が希望を捨てずに生きる姿を、実話を元に描きます。映画フラガール脚本家・羽原大介による2018年の改訂版。今回もオーディションで選ばれたガールズ達は約4か月の猛稽古を行い、ラストは圧巻のフラ・ポリネシアンダンスショーを披露します 昭和40年。ヤマはひとつの、家族だった。何があっても諦めなかった女たちの 炭鉱史上最大の敗者復活戦 ご期待ください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


昭和芸能舎ホームページ

(高橋さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東北] [関東]

2019年10月 5日

劇団青年座「東京ストーリー」


作・演出:作=松田正隆 演出=金澤菜乃英
キャスト:津田真澄、野々村のん、田上唯、世奈、角田萌果、山賀教弘、石母田史朗、前田聖太、松川真也


日時:2019年10月23日(水)~29日(火)
場所:駅前劇場
料金:一般:4500円 U25(25歳以下):3000円 U18(18歳以下)2000円
10月27日(日)14時公演の前売は完売しました。ご了承ください。

 東京にて、劇団青年座「東京ストーリー」が上演されます。
 「東京都内のとある私鉄沿線の同じマンションに住む三人の女性。大学で哲学を教える杉村佐知子。佐知子の姪で、コントグループを引っぱる杉村彩芽。単独ライブに向け、ネタ作りと稽古に追われる日々。不動産屋に勤め、空き家を案内する梅崎奈々。空き家を紹介した客の戸倉から突然告白され、誘われるまま朗読会に参加する。ある日、佐知子は奈々から紹介された空き家で、学生の薬師と二人きりで過ごすことになる。それぞれどこか不安定で満たされない日々。そんな3人の日常が『空き家』を通して、少しずつ変化していく。
 19年ぶりに松田正隆氏の新作『東京ストーリー』を上演いたします。今、東京で生活する人々の揺れ動く心模様が、松田氏の美しい台詞で描かれたリリカルな作品です。演出には、新進気鋭の金澤菜乃英があたります。
 作 松田正隆より 東京に移住して七年が経ちました。私の家からは練馬の風景が見えます。ここに住んでいる人たちとその周りの空間についての戯曲を書きたいと思いました。物語の『内容』というよりも、それを語る『場』のほうに興味があります。たくさん人々が集う東京という都市には、無数の『おはなし』も集積しています。日々、私たちの生活の中で生まれては消える『おしゃべり』やそれに伴なう『身ぶり』は、果てしのない出来事の構成要素です。それらは、始まりがあり終わりがあるような一つの物語として統合されるストーリーではないのです。上演空間に身をおくようにして感じとることのできる、いくつもの『はなしの場』の感触を経験すること。これからの演劇の可能性はそこ(出来事としての空間)にあると思っています。
 演出 金澤菜乃英より『わからないはおもしろい』わかるわかるの頷きより、わからなくて首を傾げたり目を背けようとしている人々が愛おしい。自分の引き出しにない、頭で理解できない、感覚が合わない『わからない』ことに直面する時、人はどんな行動と発言をするのでしょう。それを表現として魅せていくには...『その人がそこに存在する』ことを考える日々です。新しい挑戦に思える一方、芝居をすることの原点に帰る機会をいただけたと感じています。青年座で久々にお目見えする松田正隆氏の新作は、東京で生活する人々の縮図であり、家庭や職場で営まれる日常の連続です。『わからない』感覚を背負いながら生きる姿に、自身や身の回りの人と重なる瞬間を楽しんで頂きたいです。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

office R I .coプロデュース!!劇団 燈楼 旗揚げ公演!!【誰が為に鐘が鳴るなり法隆寺】

作:花山理子 演出:木内希
《CAST》白倉裕二 銀ゲンタ(さいたまネクスト・シアター/殺陣集団 雨燕) 小山蓮司(★☆北区AKT STAGE) 椿紅鼓 秋草瑠衣子(PANKBANK) 諸治蘭 惠拓也(画圖) 平柳楓馬(画圖) 手塚りょうこ[声の出演] のぐち和美(青蛾館)


《日程》11月20日(水)〜11月24日(日)
11/20(水) 19:00
/21(木) 14:00☆ 19:00☆
/22(金) 19:00
/23(土 祝) 14:00☆ 19:00☆
/24(日) 12:30 16:00
☆マークの日はアフタートーク有り〼
前売り 3800円 当日4000円 U22 3300円(要身分証) 全席自由 受付は開演の30分前開始予定
《予約フォーム》[カルテット予約フォーム] [コリッチ予約フォーム]
《会場》劇場HOPE 〒164-0001 東京都中野区中野3丁目22―8 JR中央・総武線/東京メトロ東西線 中野南口より徒歩5分。※駐車設備はありません。車、バイクでのご来場はご遠慮下さい。

 東京にて、office R I .coプロデュース!!劇団 燈楼 旗揚げ公演!!【誰が為に鐘が鳴るなり法隆寺】が上演されます。
 「ボクサー登坂直樹は、あることをきっかけに人生を見失い、大事な試合に負けるために挑もうと考えていた。同じ頃、新宿歌舞伎町ではヤクザの成門が小さないざこざから刺され、死に向かっている。そこへ偶然現れた日本神話の神様、天照大神と須佐之男命。二人は成門を助け、登坂の計画を狂わせる。神の好奇心によって変化する二人の運命はいかに。古事記の神々と、ニンゲンたちが織りなす物語。男たちが真に求めるものとは何か。本当の強さとは?愛とは?ジェットコースターのような急展開の物語。殺陣あり、踊りありのエンターテイメント活劇。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

★劇団燈楼 公式ツイッター★ @hanayamariko


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

喜劇団R・プロジェクト「13人の怒れるオカマ」

作・演出:らん丸
キャスト:幸良和樹、大長加奈、空木空、小野瑞季、晴れてるのに傘、音波真隣、蘭丸、横山カオル、勢司瑞季、河野拓馬、明野樹里、ひなた菱咲、倉橋勝
スタッフ:【照明]釣沢一衣 【宣伝美術】金子真姉 【制作】類家アキヒコ


日時:12月5日(木)19:00 12月6日(金)19:00 12月7日(土)14:00/19:00 12月8日(日)
場所:遊空間がざびぃ(西荻窪)東京都杉並区西荻北5-9-12そらの上 JR中央線・総武線西荻窪駅北口より北銀座通りを徒歩8分 
料金:シングルチケット 3000円 ウイニングチケット 2500円 (2名様以上でご予約のお客様、お1人様2500円でご予約できます)

 東京にて、喜劇団R・プロジェクト「13人の怒れるオカマ」が上演されます。
 「明るく振る舞っている私、大口開けてベラベラしゃべりまくってる私、手ぇ叩いてバカ笑いしてる私、そんな私・・・本当は・・・。暁のゴールデン街の路地裏に、オカマが一人・・・また一人・・・。今日私たち、全部吐き出します。
【こんなオカマちゃんたちがいます】マチコ・ロワイヤル【女装家・エッセイスト】ナッツ・スイーツパラダイス【女装家・パティシエ】MOKKO【美容家】蛍子ママ【二丁目オカマバー《蛍子の部屋》のママ】タケオ【二丁目オカマバー《ジョリー》の店子】アニー・ボンボン【歌手】安室竜二【喫茶店《さくらんぼ》のマスター】田中実【化粧品会社の営業係長】桜井恋音【大学生】りんりん【無職】かつみ【ユーチューバー】せいや【ユーチューバー】木下徹【?】
 オカマが13人集まると・・・ちらかります。ずっとちらかってます。ちらかりっぱなしの90分!こんな演劇観たことない!お楽しみにー。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


喜劇団R・プロジェクトホームページ


(倉橋さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月 3日

IQ5000 タイムトラベル ファンタジー時代×時代活劇『RUN◎』

作・演出:腹筋善之介
【出演】大友美香子 久保田寛子 鈴木ナオ ドン・タクヤ 巴里マリエ 藤原理恵子 渡部愛 エンジンコータロー キタタカシ どす恋あゆこ(劇団FUKKEN) 西島美都子 吉田憲章(SPINNIN RONIN) 腹筋善之介
【スタッフ】
舞台監督/土居歩 照明/島田康和(S.P.C) 音響/齋藤瑠美子
宣伝美術/佐藤ホームラン
制作/雑筋イノセント
協力/S.P.C SPINNIN RONIN 劇団FUKKEN
企画・製作/オフィスIQ5000

【日時】2019年10月
25(金)午後3:00/午後7:30
26(土)午後2:00/午後6:00
27(日)午後1:00/午後5:00
※受付開始・開場共、各開演時間の30分前
※開演時間の5分前を過ぎてからご来場の場合は座席変更の可能性があります
【会場】上野ストアハウス 上野駅『入谷口』より徒歩5分 東京都台東区北上野1-6-11 NORDビル B1
【チケット】(日時指定、全席指定席、税込)
一般:3,800円 当日:4,000円 学生:2,000円(前売・当日共)
※当日券は各開演時間の30分前より発売開始 ※学生の方は受付にて学生証のご提示をお願いいたします
<関東圏外割引> 関東圏外(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川以外)にお住まいのかた 特別前売料金2,000円 ※関東圏外割引は、10月7日(月)までに劇団へお申し込みください
【ご予約】★webから予約
※ドメイン指定等により自動返信のメールが届かない可能性があります。迷惑メール等の設定を確認してからご予約をお願いいたします。
※携帯電話からのアクセスで予約フォームが表示されない場合はオフィスIQ5000までお問い合わせください。
e+ 予約
※イープラスでは『一般』のみご予約いただけます。学生&圏外割はご予約できません。
★電話予約 (2019年8月20日(火)正午~) オフィスIQ5000 090-4223-8854 (平日12時~19時) ※メモのご用意をしておかけください。※留守電の場合はお名前とお電話番号を録音してください。折返しお電話いたします。


 東京にて、IQ5000 タイムトラベル ファンタジー時代×時代活劇『RUN◎』が上演されます。
 「小さな遊園地にひとり入り込む少女・蘭子。彼女は静岡県から引っ越してきた、おばあちゃん子。親の仕事で遠い町に引っ越してきた。おばあちゃんと一緒に住んだ富士山近くのあの町から。遊園地の観覧車に乗れば富士山が見える。おばあちゃんに近づけるような気がする。お小遣いがなくなって遊園地に行けなくなり、とうとう夜中に遊園地に入り込んでしまった。スイッチを入れると、動きだす観覧車。他の遊具たちが観覧車に話す。自分たちは子どもの成長を願う遊具だが、観覧車だけは、後ろを振りかえらせてしまった。これからこの女の子はどうなるのだろうか?と。ある夜、不具合で、てっぺんまで昇りつめた蘭子を乗せたまま観覧車が逆回転してしまう。大騒ぎの後、なんとか観覧車を降りて見たその風景は、いつもと変わっていた。空襲のため街は火の海となり、煌々と輝いているのだ。タイムスリップ。観覧車と一緒に、タイムスリップによっておばあちゃんに会おうとする蘭子。過去や未来に移動し、おばあちゃんや友だちに会おうとする蘭子。時空を移動するとともに、みんなから忘れられていくことに気がつく。最後に、蘭子がとった行動は。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

文学座「メモリアル」

作・演出:作:松原俊太郎 演出:今井朋彦
キャスト:太田志津香 / 上田桃子 / 前東美菜子 / 神野崇 / 山森大輔 / 萩原亮介
スタッフ:美術: 乘峯雅寛 / 照明: 阪口美和 / 音響: 藤田赤目 / 舞台監督: 岡野浩之 / 制作: 梶原優、田中雄一朗、佐藤竜太郎 / フライヤー: 矢萩多聞


日時:2019年12月3日~15日
場所:文学座アトリエ 東京メトロ丸ノ内線 『四谷三丁目』駅より徒歩9分 
料金:前売り:4600円 当日:4800円 ユースチケット(25歳以下):2700円

 東京にて、文学座「メモリアル」が上演されます。
 「登場人物は、花嫁、独身者、娘、入国者、取次者、相続人の6人と、ほかたくさん。それぞれの行く末を抱えた6人が交叉点のまん中で衝突(!)します。川のように流れていた時間が中断し、人びとの足は止まり、そもそもふおんだった空気はさらにふおんになり......みんなで、なんとか、出口を見つけられるでしょうか......
 当然ながら人物たちはこうしたあらすじからは脱出します。言葉というのは便利なもので、いま、とか、ここ、で起きていることを明確に差し出すことができません。そのせいもあってか、不足が、軋轢が、格差が、対立が生じ、みんなばらばら、罵声あるいは沈黙。というのが、人物たちが身をさらす、ふつーの背景です。ふつーの背景では、必ず、どこかに不足の動きが発生し、拡散します。いま、とか、ここ、に不在なのは人権ではありません、キボーの叙情事です。(松原俊太郎)
 文学座は今年で82年目を迎えた劇団です。現在も、江守徹、角野卓造、渡辺徹、今井朋彦らが舞台や映像で活躍しており、洋画、海外ドラマの吹き替えにも活躍の場が広げている劇団です。今回12月に文学座がお届けする作品は、岸田國士戯曲賞を受賞した松原俊太郎による最新作『メモリアル』。本作の作家である松原俊太郎氏は東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所による原発事故を背景にした『山山』という作品で、今年岸田國士戯曲賞を獲得し、演劇界の次代を担う作家として注目されています。演出を務める今井朋彦は、近年『真田丸』、『メゾン・ド・ポリス』等の連続ドラマに出演するほか、演劇・ミュージカルでも活躍しています。文学座を代表する俳優の一人です。今井が『忘れる日本人』(松原俊太郎作、地点、KAAT、2017年)を観て、『新たな価値観との出会い』を果たしたと感じ、松原氏にラブコールを送ったことでこの企画が実現しました。現代の日本では珍しい"劇作だけを行う劇作家"による"問題作"を初演出の今井がどう色付けていくのか。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、文学座03-3351-7265(10:00~18:00/日祝休)、またはこちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(梶原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月 2日

演劇ユニット+'S第4回単独公演『循環~ひとつの島の物語~』

人は必ず繰り返す 良いことも、嫌なことも 気持ちも、すべて。

出演 +'S (大久保寛則) (住矢晃大)
脚本・演出 住矢晃大

日程
●東京公演 10/5(土) 15:00~ 19:00~ 開場は開演の30分前。60分程の公演となっております。
会場 東中野バニラスタジオ(JR総武線、東中野東口より徒歩10分)
料金 2000円
●奄美大島公演(故郷公演) 10/12(土) 19:30~ 開場は開演の30分前。
会場 ROADHOUSE ASIVI(〒894-0031 鹿児島県奄美市名瀬金久町4−3)
料金 1500円(1ドリンク別途オーダー)
チケットは予約フォームから取っていただくか、当日お越しいただいてもお入りいただけます。


 東京・奄美大島にて、演劇ユニット+'S第4回単独公演『循環~ひとつの島の物語~』が上演されます。
 「人は必ず繰り返す。16年前、高校生だった彼はこの島に新しく続くであろう伝統を生み出し、この島は発展した。彼はこの島のヒーローで、僕たちの憧れです。でもそんな彼は18歳の時、仕事をしに東京へと旅立ちました。それから14年、32歳になって彼がこの島に帰ってきました...なのに。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東] [九州・沖縄]

2019年10月 1日

劇団麦の会 令和元年 秋の公演「瞼の母」

『上と下の瞼をぴったり合わせりゃ やさしいおっかさんの面影がうかんでくるんだ』


★日時★
11月 9日(土) 14:00開演/18:00開演
11月10日(日) 13:00開演
※日曜日の開演時間は13時です。ご注意ください。
※全3回公演。各回、開場は開演の30分前です。全席自由席です。お早目にお越しください。
※各回定員105名。定員を超えますとご入場できません。お早目のご予約をおすすめします。
※中学生以下は無料!(無料ですが、お席に限りがございますので、ご予約をお願いします)
★料金★ 一般 2,500円 シルバー(65歳以上) 2,000円 学生(高校生・大学生) 1000円 中学生以下無料! (障害者手帳を提示していただいた方は1500円で入場できます)
★会場★ 横浜にぎわい座、地下小ホール『のげシャーレ』 JR線・市営地下鉄線『桜木町』駅下車、徒歩3分、『野毛ちかみち』南1番口より80m
★予約メール★こちらのメール ご観劇日、時間、お名前、人数(一般、シルバー、学生、中学生以下、障がい者)をご記載ください。※ご料金は当日受付にてお支払いください。
★インターネット予約フォーム★
インターネット予約が完了するとシステムより確認メールが届きます。ご料金は当日受付にてお支払いください。

 横浜にて、劇団麦の会 令和元年 秋の公演「瞼の母」が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団麦の会ホームページまで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

Angel Landmark 全2回ハロウィン公演『The woods knows』

【キャスト】
魔女: 北島小夏
シンデレラ: 鶴田爽
パン屋姉: 鈴木果南
パン屋妹: 斎藤結彩
ナレーター・謎の男: 渡邉優羽
赤ずきん: 上杉璃乃
ジャック: 森井結月
ジャック姉: 漆畑帆南
ラプンツェル: 池上琴
狼: 鈴木樹里恵
フロリンダ: 吉田芽生
ルシンダ: 白石明花
ミルキーホワイト: 山本絢心
執事: 大塚京佳、各務真衣
猫:菊地佐奈
小鳥: 半田奏音、森田芽生

10月27日(日) 会場:溝ノ口劇場
1st:開場13:30 開演13:45
2st:開場16:30 開演16:45
約90分 休憩はございません
【チケット】大人3500円 中学生以下3000円 ★1ドリンク付き 3歳以下のお子様で座席が不要の場合は無料(ドリンクは有料) ♪ファンクラブの方は300円引き
【チケット購入方法】ファンクラブの方はメールにてご連絡下さい 一般の方はAngel Landmarkのチケット販売フォームよりお申込み下さい
【面会】1stステージは面会10分、2ndステージはPartyの衣装替えの為、面会はございません
『Halloween performance & bingo game & party』
Angel Landmarkメンバーと楽しくParty 18:30〜19:45
【Partyチケット】大人1500円 中学生以下1000円 ※食べ物や飲み物のお持ち込みはご遠慮下さい ※ハロウィンパーティーのパフォーマンス中、撮影可能な時間がございます
【溝ノ口劇場】〒213-0011 神奈川県川崎市高津区久本3丁目1-5 ミュージション溝の口B1F JR南武線『武蔵溝ノ口駅』から徒歩3分&田園都市線&大井町線『溝の口駅』から徒歩4分


【 ミュージカル劇団Angel Landmark 】新進気鋭のジュニアミュージカル劇団。メンバーはバレエ・ミュージカル教室『Angel Familiar』内の生徒を中心に構成され、外部ミュージカルへの出演多数のメンバーが在籍している。『赤毛のアン』、『冒険者たち』、『アニー』他。第5回、座間全国ミュージカルコンクール第1位。座間文化芸術振興会賞受賞、他 YouTube『ANGEL CHANNEL』配信中
ただいま劇団員募集しております!

 東京にて、Angel Landmark 全2回ハロウィン公演『The woods knows』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。

Angel Landmark公式HPはこちら
(HP公演詳細)

(船田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

大川興業 暗闇演劇『ShowTheBLACK』

作・演出:大川豊
キャスト:大川豊、寺田体育の日、鉄板■魔太郎、Jonny、牛越秀人、秀真、仁井智也、ひまわり


日時:2019年10月3日(木)19:00、4日(金)19:00、5日(土)14:00・19:00、6日(日)14:00
場所:下北沢ザ・スズナリ
料金:前売り:4300円 当日:4500円

 東京にて、大川興業 暗闇演劇『ShowTheBLACK』が上演されます。
 「突然、暗闇に閉じ込められた7人の脱出劇です。2003年、暗闇演劇初演作品。時代は平成から令和へ、さらにパワーアップしてお送りします。
 新元号『令和』と記者会見場の現場で聞いた瞬間、『令』は鈴が浮かび、心の中で鈴が鳴りました。鈴は鐘と違って、中の玉に触ることができず、しかもどこにも繋がっていません。 神社でも鈴を鳴らすと、私達が音に超常を感じ、また自分で鳴らすことで神様とのつながりを感じます。まさに心の中で響き渡る音、声、リズム、音楽です。そして『和』は調和、ハーモニーです。つまり『令和』は、暗闇演劇初演の作品『Show The BLACK』そのものなのです。物語は暗闇に閉じ込められた人々の脱出劇です。心の鈴が激しく揺れ、誰かは音を鳴らし、誰かは静かに鈴が鳴らないようそっとしていたり、時には全員予想外に乱れて鳴り、時には全員でリズムを合わせ、リンクして和を保とうとしたりと、色々な心の音を奏でるヒューマンドラマです。 『暗闇だけど心に光が灯る』『芝居ではじめて体の内側に光を感じた』とお客様に言われ、今思うと、会場全体で心の鈴が清々しく響いていました。『Show The BLACK』令和バージョンを原点回帰、0和のゼロからのスタートで、スズナリ、まさに"鈴なり"で再演いたします。皆様のご来場を心からお待ちしています。作・演出 大川豊」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

大川興業ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団Re-membered『10月オムニバス公演』


東京練馬 JOY JOY SUTATIONにて
10月26日㈯18:30開場/19:00開演
10月27日㈰12:30 開場/13:00 開演
10月27日㈰17:30 開演/18:00 開演
劇団員も募集しておりますので、興味のある方はこの機会にぜひご観覧ください!みな様のお申し込みをお待ちしております。

 東京にて、劇団Re-membered『10月オムニバス公演』が上演されます。
 「タップダンスとPOPダンスによる、お洒落で不思議な身体表現...夢の世界や、SFテイストのマイム作品...笑える物語や、ちょっと良いお話しの、演劇の短編集...カッコ良くて、あたたかい...そんな短編オムニバスをお届けいたします!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「劇団Re-memberedでは、演劇&ダンス&マイム作品のオムニバス公演、チケットプレゼントを実施しております!観覧ご希望の方を、ペアチケット10組20名様でご招待いたします!ご希望の日時を、劇団ホームページのメールフォームにてお申し込み下さい。」


劇団Re-memberedホームページ


(大畠さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年9月29日

劇団うりんこ付属演劇研究所第40期生中間発表『わたしたちのプレイplay』

構成・演出 新美英生
◆出演 安藤ゆうゆ 兒玉悠真 近藤彩実 髙島絵里 水野舞 渡辺銘

◆公演日程 2019年10月12日(土)~13日(日)
8月12日(土)18:30
8月11日(日)11:00/15:00
◆料金 前売:1000円 当日:1300円
◆会場 うりんこ劇場

 名古屋にて、劇団うりんこ付属演劇研究所第40期生中間発表『わたしたちのプレイplay』が上演されます。
 「わたしたちはやって来て あそんで 去っていく 日がのぼって 海 砂場 ジャングルジム 遊園地 また海... 日がしずんで 春 夏 秋 冬 わたしは いつわたしになった? どれだけ遊んで わたしになって? これから なにして遊んでいこう... メリーゴーランドみたいにぐるぐるまわる ずっと遊びたい だんだん仲間が少なくなっていっても だんだん身体が動かなくなっていっても いつか わたしがいなくなる日まで ねぇ 今日はなにしてあそぶ?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団うりんこ 052-772-1882 まで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東海]

2019年9月24日

琉球芸能大使館 極上の琉球芸能×爆笑コメディー『五月九月(ぐんぐぁちくんぐぁち)』


★日時2019年10月16日(水)15時 / 19時
★会場:座・高円寺2
★チケット(全席指定) 一般 4,000円(当日4,500円) 学生 2,500円(当日3,000円) 
※学生チケットのお客様は、公演当日、学生証をご提示くださいますようお願い致します。
お問合せ・予約・購入
★電話:090-3074-8295(シアター・クリエイト 月~土11:00~19:00)
メール (琉球芸能大使館)
イープラス(WEB/Famiポート)
カンフェティ (WEB/セブン-イレブン) 0120-240-540(平日10:00~18:00)

 東京にて、琉球芸能大使館 極上の琉球芸能×爆笑コメディー『五月九月(ぐんぐぁちくんぐぁち)』が上演されます。
 「物語の舞台は、琉球王国時代の首里城。発音の似ている『五月(ぐんぐぁち)』と『九月(くんぐぁち)』を聞き間違えて宴をダブルブッキングしていることが発覚して大騒ぎ!歓待する相手は中国皇帝の使者である冊封使と薩摩役人。どちらも琉球にとって大事な客人なので、こっそり2つの舞台をこしらえて両方の舞台を同時進行することに。綱渡りの舞台の行方は...。古典舞踊、古典音楽、雑踊、民謡、そして組踊...多彩な琉球芸能の魅力を凝縮してコメディー仕立てでお届けします。プレトークには人間国宝(組踊立方)宮城能鳳氏が登場!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、電話:090-3074-8295(シアター・クリエイト 月~土11:00~19:00)、またはこちらのメール (琉球芸能大使館)まで。


FACEBOOK
予告動画


(富田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年9月23日

劇団脳細胞 第二回公演『この世界はあまりにも』

作・演出 いわたよしお
キャスト 天野和菓子 生島誠人 前橋孝平 山川竜也 弓谷仁志 渡辺大滋
我妻美緒 樫村ひろ子 熊手萌 夏野うみ 畑崎円

日時:11月20日(水)~24日(日)
場所:アトリエファンファーレ(高円寺)
前売・当日共 3500円 U-25 2500円
チケット予約フォーム

 東京にて、劇団脳細胞 第二回公演『この世界はあまりにも』が上演されます。
 「劇団脳細胞からの挨拶『わけのわからない舞台』にお金を払えるかと言えば払えないと答える。断固、答える。リスクが大き過ぎる。金と時間を無駄にする確率は9割を超えるからだ。だが『わけのわからない舞台』の中に面白いものがあるのも事実だ。もし、たまたまそんな舞台に出会ったとしたら、芝居好きにとってそれ以上の幸運はない。もう何が言いたいのかお分かりだろう。そんな百に一つの幸運に出会いたかったら、是非、この公演を観に来て欲しい。そんじょそこらの、おちゃらけただけの舞台ではない。見終わった後、心の深い部分に突き刺さる舞台になるはずだ。そしてこの舞台は意外と安い。3500円だ。25歳以下は2500円だ。5000円、6000円なんて舞台が多い昨今、お値打ち価格である。そして必ずお値段以上の体験になることを、ここに高らかにお約束する。当日、会場でお会いしよう。いわたよしお」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、090-8170-1667(担当カナイ)、またはこちらのメールまで。


(藤田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

シアターX(カイ)提携公演 劇団アレン座第4回本公演『いい人間の教科書。』

キャスト:栗田学武(Allen suwaru) 磯野大(Allen suwaru) 普光院貴之(Allen suwaru) 來河侑希(Allen suwaru)
スタッフ:作/演出:鈴木茉美 Costume Design:Yoshimi Saito Photo Artist:木村健太郎


日時:2019年11月13日(水)-11月17日(日)全6st予定
場所:【会場】 シアターX(カイ) 【住所】〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14両国シティコア内
料金:◯学割シート(高校生以下):2000円(税込) ◯一般指定席:4000円(税込) ◯プレミアム前方席シート:6000円(税込) プレミアム前方席特典:豪華集合ブロマイド3種セット付き ※特典は特典引換所にて当日お渡し致します。 ※未就学児のご入場はお断りしております。
【タイムスケジュール】
11/13(水)19時
11/14(木)19時
11/15(金)19時
11/16(土)13時/18時
11/17(日)13時
【チケット申込フォーム】 電話予約0120-240-540(平日10:00~18:00)
○最速先行発売(抽選) 2019年9月22日(日)朝10時00分~9月29日(日)23時59分
○二次先行発売(抽選)※予定 2019年10月5日(土)朝10時00分~10月13日(日)23時59分
○一般発売※予定 2019年10月19日(土)12:00~

□Allen suwaruとは? 劇団アレン座(Allen suwaru)
劇団アレン座(Allen suwaru)は、時代の流れを下敷きに置き、その大きな流れを受動的に受けざる得ない人間。空間、人と人のやりとり、思想から、産まれる不飽和な物の正体を表現する事を目指す。私達は電力不足の炭素の集合体(不飽和化合物/allene)だからこそ、あらゆる人々と支え合い、結合を起こし、過敏な反応を起こす、スリリングで脆く、不確かな『人』を通して、輝く固い作品を送り出す事を目指す劇団。
Allen suwaruでは、無料メルマガ会員様を募集しております!Allen suwaruや、Allen suwaru Labの最新情報をいち早くお届けいたします!(不定期配信)沢山のお申し込みお待ちしております!【申し込み方法】メールマガジン配信ご希望の方は、件名に『メルマガ希望』と記載の上、こちらのメールまでお申し込みください。
※gmail.comの受信設定を拒否されているお客様は受信許可をお願いします。※本文は空メールでかまいません。※メルマガが届かない場合は、改めて上記アドレスにお問い合わせください。※【退会方法】件名に『メルマガ退会希望』と記載の上、もう一度メールをお送りください。

 東京にて劇団アレン座「いい人間の教科書。」が上演されます。
 「人は生まれて、死に、また生まれます。その中で起きている、貧富の差、地球温暖化、森林伐採、砂漠化、病院の不足、貿易戦争、サイバーテロ...エトセトラ。その中で起きている、電子マネー化、インターネットの普及、商業の多様化、新しい都市づくり、病気のリスク低下、宇宙へ...エトセトラ。人は様々な環境の中で生きています。約75億人分の人生が、地球の中で起きています。それは小さいことなのか、大きいことなのか。取るに足らないことなのか、最重要事項なのか。さて、彼らはどんな人生を歩んでいるのでしょう。少し覗いてみたいと思います。日本に住んでいるそれぞれの人生のお話。彼らはいい人間なのでしょうか、それとも...。-約75億通りある人生の、ほんの数通りの彼らの生き方。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


◯Allen suwaru公式Twitter: @Allen_suwaru
Allen suwaru公式ブログ
チケットについてのお問い合わせ
シアターX


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年9月22日

ドナルカ・パッカーン 日本文学報告会による委嘱作品『女の一生』―戦時下の初校版完全上演―

作:森本薫 演出:川口典成
【出演】内田里美、丸尾聡、田辺誠二、鈴木ユースケ、岩崎聡子、川邊史也[劇団銅鑼]、平田朝音[劇団俳優座]、海老沢栄(人形遣い)、鎌内聡、篠崎旗江、辻村優子、宇治部莉菜、城田彩乃、大原富如[ユトサトリ。]
【スタッフ】美術:アセファル・アーキテクチャ、照明:榊美香(有限会社アイズ)、制作協力:日ヶ久保香、宣伝美術:片山中蔵、協力:劇団俳優座、劇団銅鑼、ダブルフォックス、ワンダー・プロ、演劇ネットワーク@丸尾、ゆーりんプロ、株式会社MC企画、ユトサトリ。主宰:ドナルカ・パッカーン

2019/11/6-10 @上野ストアハウス
【日時】
11月6日(水) 18:30
11月7日(木) 18:30
11月8日(金) 13:00/18:30
11月9日(土) 13:00
11月10日(日) 13:00
【チケット料金】全席自由 前売り:4,300円 事前予約/当日:4,800円
演劇パス(前売り[クレジット精算])
カルテット(前売り[銀行振込]/事前予約)
※前売り券の場合は、クレジット精算・銀行振込をお願いいたします。※カルテットのシステムで前売り券をご購入の場合、システム上、住所の入力が必要となっておりますが、紙チケットの郵送は御座いません。振り込みを確認後に、こちらからお送りするメールをもってチケットの代りとさせていただきます。ご了承下さい。

 東京にて、ドナルカ・パッカーン 日本文学報告会による委嘱作品『女の一生』が上演されます。
 「生まれてすぐに母を失い、戦争で父を亡くした一人の少女――布引けい。時代の波に乗って一時代を築く貿易商の一家へと流れ着いた彼女は、持ち前の明るさと好奇心の強さで、変わり行く時代のなかを育ち、みごとに生きて行く。『誰が選んでくれたのでもない、自分で選んで歩きだした道ですもの。間違いと知ったら自分で間違いでないようにしなくちゃ』この名ぜりふに込められたニッポンの精神は、いったい何を焚きつけ、そして何を忘却させてきたのだろうか。戦時下の国策プロパガンダ組織である日本文学報国会による委嘱作品――1945年4月に空襲のさなかに上演された――森本薫『女の一生』初稿版の上演を通して、現在のニッポンの姿をあぶり出す意欲作。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(日ヶ久保さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年9月21日

劇団TremendousCircus「フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス」

【原作】Mary Wollstonecraft Godwin Shelley
【作・演出】田中円  【音楽】Dee Lee  【振付】鳥丸あやか
【出演】en/大内ふみや/知乃/アカバネ/橋本明花/菊間悠里/鳥丸あやか 他


【公演日時】 2019年11月6日(水)~11月12日(火)
【劇場】シアターシャイン@杉並阿佐ヶ谷
公演スケジュール チケット発売日2019年9月15日(日) 0:00 am~ チケット料金一般 ¥3500(前売り・当日共通) 平日昼割引 ¥3200(6日(水)15:00~、12日(火)12:00~の回のみ適用) グループ割引 ¥3200(3名様以上で一枚につき) ユース割引 ¥3000(22歳以下、身分証提示で適用) 小中高生割引 ¥2000(学生証提示で適用)
プレイガイド CoRichチケット!(パソコン・携帯)

 東京にて、劇団TremendousCircus 「フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス」が上演されます。
 「私達は、劇団TremendousCircus(トレメンドスサーカス)です。2016年に結成され、田中円(たなかえん)の作・演出作品を上演しています。世界初・日本発「ゴスロリ演劇」と称し、耽美で豪華絢爛なGothic & Lolitaを正装とし、退廃的暗黒童話、怪奇幻想を、エロ・グロ・ユーモアを大切に上演しています。また女形、男装を演出に多用し、性別にこだわらない、ジェンダーフリーな社会の実現を目指しています。現代の社会問題にも着目し、人の心の痛みをエンターテイメントとして昇華することで、リストカットなど自傷行為のかわりになれる、演劇を創っています。今回のフランケンシュタインでは、世界で最も知られた名も無き怪物を、醜い外見をしていた、ただそれだけで、創造主の博士からも誰からも愛されなかった怪物の、ただひたすらに愛を求めるその姿を描くことで、生命の根源、命とは何かについて、考えたいと思います。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年9月19日

劇団キンダースペース レパートリーシアター Vol.45「Dipped in Love〜愛につつまれて〜」

作/マーサ・B・ジョンソン 翻訳/淡野桃子 演出/原田一樹

【日程】2019年9月24日(火)~29日(日)
開演時間(開場は開演の30分前)
24(火)19:30 ○
25(水)19:30 ◎
26(木)14:00 ◎
26(木)18:30【アフタートーク】△
27(金)14:00 ○
27(金)19:30 ◎
28(土)14:00 ×
29(日)14:00 ○
◎かなりお席あります・歓迎! ○まだお席あります △まもなく満席 ×満席 
【チケット】 日時指定・自由席・要予約
前売券 3,000円<当日券3,300円> ペア券 5,700円(お二人でご入場の方) 他割引あり
【劇場】劇団キンダースペースアトリエ 048-255-4342
ご予約はこちらのメール

 東京にて、劇団キンダースペース レパートリーシアター Vol.45「Dipped in Love〜愛につつまれて〜」が上演されます。
 「6月公演『ウーマン・イン・マインド』はご好評をいただき、無事に千秋楽を迎えました。ありがとうございました。9月のアトリエ公演も女性が中心の舞台です。"Dipped in love"は、昨年4月にリーディング上演いたしました。作者のマーサ・B・ジョンソン氏は、共にミネソタ州ミネアポリスを拠点に活動する作家・プロデューサーのリック・シオミ氏と来日中で、アフタートークもあり、キンダースペースとその後交流を深め、今回はお二人の協力も得て一般の舞台劇として上演いたします。アメリカ、インド、日本を母国に持つ女性たちがそれぞれの育った環境や文化、価値観の違いを越えて理解し合い、結婚、家庭、育児、仕事の現場で突き当たる困難に、共に立ち向かっていく中で、人生において真に必要なものを感じていくストーリーです。作品には、シングルマザーや女性の社会進出、差別など現代社会の抱える問題が多く含まれています、が、同時にまた頑張る女性たちへの『癒し』となりエールともなる舞台です。小林もと果・深町麻子・榊原奈緒子が、日本、インド、アメリカを母国に持つ女性たちを。若手俳優、林修司・関戸滉生・宮西徹昌が、彼女たちを取り巻く人物を演じ、9/26(木)18:30の回、作者・演出家・俳優を交えたアフタートークも行います(28日の回は満席になってしまいました)。是非、皆様のご来場お待ち申し上げております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(瀬田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年9月17日

座・市民劇場 秋の卒業公演『また逢う日まで』

作・演出:作:深山うぐいす 演出:仲風見
キャスト:大阪 第29期メンバー 神戸 第5期メンバー
スタッフ:座・市民劇場実行委員会


日時:2019年11月9(土)15:00開演
場所:神戸ポートオアシス(最寄駅:三ノ宮)
料金:前売り:2000円 当日:2500円
次回公演に向けて新メンバーを募集中です♪お気軽にお問い合わせ下さい


 神戸にて、座・市民劇場 秋の卒業公演『また逢う日まで』が上演されます。
 「ここは天国の待合室。今、鐘が鳴って、生まれて行く者、そして、死んだ者たちが過去を振り返るところ。生きていた時は、モグラだった、ミミズだった、と話している。
...それとは別に、医者と患者・赤ちゃんたちが自分の人生を話す。だが、天国の鐘は鳴って、また生まれていくもの、死んできた者達が交差する...。生きていく事の尊さ、強さを市民メンバーが舞台で表現
 みどころ 期間限定で集まった市民メンバーの集大成の舞台公演参加者の9割が演劇未経験のスタート。プロの演出マジックで、演劇初めてでもそれぞれの個性が溢れだす。みんなが主役のステージです お時間合う方は是非ご来場下さいませ。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


座・市民劇場ホームページ


(河田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年9月16日

PLAYunitむめむめ『Court Goat(コートゴート)』Wキャスト公演

作・演出:作:池西ばく 演出:安藤陽佳
白ヤギチーム 神野剛志/秋吉アスカ(パニック・シアター)/五十嵐絢美(フェルフェン)/いっしー/華奈/川原翔/立田聡実(劇団えのぐ)/中村つぐみ/堀江恭介/百々ともこ/柳澤成人/山本蓮/結川香/赤也平(PLAYunitむめむめ)
黒ヤギチーム 白幡大介(劇団文化座)/石永健揚(株式会社Office Artist Award)/大久保茂行/込山弘一/西藤東生/Sie(リジュエ)武川美聡/竹田真季/田中宏典/仲居凜/平井泰成(吉祥寺GORILLA)/望月光/渡辺晴香(テアトルアカデミー)/安藤陽佳(PLAYunitむめむめ)
スタッフ:音響:板谷雄月 照明:阿部麻純  舞台監督:倉光亮輔 舞台美術:星達也  制作・宣伝美術:谷口知子 制作協力:しむじゃっく 演出助手・監修:尾高彰一郎、川原翔 キャスティング協力:佐瀬恵子、大久保茂行、倉光亮 写真撮影:タウラユースケ  企画・製作 PLAYunitむめむめ


日時:2019/10/2(水)~14(月・祝)
場所:アトリエファンファーレ東池袋(〒171-0022 東京都豊島区南池袋4-19-6日ノ出ビルB1)
料金:前売り:3,500円/当日:3,800円/学生割 1,500 円/平日昼割 3,300円/ 両チー ムセット割 6,500円/リピーター割 3,000円/ 裁判関係者割 2,500円/PayPay専用おひねりチケット
チケットのご購入はこちら カルテット・オンライン(当日精算、現金・PayPayのみ)
カンフェティ( 事前精算、クレジット決済可)
【タイムテーブル】
10月2日(水)19:30白
10月3日(木)19:30黒
10月4日(金)14:30白/19:30白
10月5日(土)13:00黒/18:00黒
10月6日(日)13:00白/18:00黒
10月7日(月)19:30白
10月8日(火)14:30黒/19:30黒
10月9日(水)19:30黒
10月10日(木)14:30黒/19:30白
10月11日(金)14:30黒/19:30白
10月12日(土)13:00白/18:00白
10月13日(日)13:00黒/18:00白
10月14日(月)12:00白/16:00黒


 東京にて、PLAYunitむめむめ『Court Goat(コートゴート)』Wキャスト公演が上演されます。
 「ー他人の人生、弄んでみませんか?ー闇に浮かぶのは希望の火か、憎悪の炎か。今回の『模擬裁判ツアー』は傷害致死の罪で問われている加賀美智也を、2日間の評議において裁くプログラムである。評議は順調に進んでいると思われた...模擬裁判の目的とは?どこからが真実でどこまでが虚偽なのか。...これはある男の復讐の物語。
 10月2日(水)~14日(月・祝)まで、プチロングラン公演として上演します。模擬裁判を通した人間ドラマを描く舞台となっています。Wキャストでの公演。両チームとも同じ脚本ですが、俳優の力により作品の雰囲気や仕上がりがとても変わってきました。両チームともにご観劇いただけるとより楽しんでいただけると思います。ぜひご来場・ご観劇のご検討をお願いいたします。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、050-5372-1568、またはこちらのメールまで。

チケットの種類等、詳しい情報はこちら
PLAYunitむめむめホームページ

(安藤さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

第十回 ウォーラス一座 記念公演『新宿銀次 -仇桜-』

作・演出:水野哲
キャスト:上村真路、遠藤和、川端槇ニ、水野哲、阪本竜太、松本淳/芝哲平/小池主真(トリプルキャスト)、平山瑠璃、吉田俊雄、和田ユウキ、白沢恵子、飛塚ちとせ、恭一、白沢弦雄、高橋仙恵、伊藤穂波、古川大介
スタッフ:脚本・演出:水野哲 プロデュース:白沢弦雄 原案/プロデュース:藤井成國、うえまつまなみ 制作協力:後藤由香里(TEAM#BISCO)、潘ケイブン 舞台監督:久保田智也、東野伸一 切絵:柳家松太郎 音響:西澤正明 美術:村上薫 照明:Nanjyo 協力:劇団NLT、つるちゃん劇場、オフィス人星亭、おっ、ぺれった、Premiumentertainment、The ElectRic Mushroomz、シーグリーン、主催:有限会社水野プロダクション


日時:2019年10月9日(水)~14日(月・祝)
場所:オメガ東京(JR・東京メトロ 荻窪駅より徒歩8分)
料金:前売:3,800円 当日:4,000円
■タイムテーブル
10月9日(水)19:30
10月10日(木)14:00/19:30
10月11日(金)19:00
10月12日(土)14:00/18:00
10月13日(日)14:00/18:00
10月14日(月・祝)12:00/16:00
※開場は開演30分前です
10月8日(火)19:00 公開ゲネプロ(料金:2,000円)
※全席指定です ※ご予約はこちらより


 東京にて、第十回 ウォーラス一座 記念公演『新宿銀次 -仇桜-』が上演されます。
 「風に散れ 雨に散れ 桜の花弁よ 浮世の夢は仇桜 この命 悔いは、なし
 昭和49年、任侠物語。歌舞伎町にその名を馳せたヤクザ、黒須銀次(新宿銀次)が10年の刑期を終え出所した。だが10年という歳月は否応なく新宿という街を変え、銀次を取り巻く人間たちも変わっていた。そんな中、銀次を待ち続ける一人の女。月子は銀次への変わらぬ想いを胸に秘め、銀次もまた月子への想いを表に出せぬまま抗争の渦へと身を投じる...。古いものと新しいもの、男と男の筋道。義理と人情。魂をかけた、戦いが始まる。
 俳優・ロック歌手の水野哲が主宰するウォーラス一座が満を持して贈る、十回目の記念公演『新宿銀次 -仇桜-』。銀次の、ストレートに愛する生き様を、渡世の義理人情を通しご覧下さい。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


ウォーラス一座ホームページ

(忍守さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年9月14日

劇団伽羅倶梨スタジオ公演Vol.39 新『この話、したっけ?』

作・演出 徳田ナオミ
[Staff]
照明・ 根来綾子 / ステージフライト
舞台美術・ オイワノビッチ
音 響・ 倉片 公
特殊効果・ 岡田正夫((株)ギミック)
作曲、アレンジ・ Chako
舞台監督・ 西村文晴
フライヤーデザイン・ 真 マコト(ALPACA工房)
パンフレットデザイン・ Smith
宣材写真・ 岡部南美
制作協力・(同)尾崎商店
制作 ・ 劇団伽羅倶梨 制作部
[Cast] 岩本正治 徳田尚美 橋本千枝子 石田龍昇 町田千秋 黒岩良寛 盛光秀信(キャストプラン) 福島琴葉 ((株)放映新社)
[協 力]
(有)ウォーターマインド
(株)ワビック
キャストプラン
(株)放映新社
(有)ライターズカンパニー
KARAKURI応援隊!

[Timetable] 2019年
10月25日(金) 14:00\/ 19:30 ☆
10月26日(土) 14:00 / 19:00 ☆
10月27日(日) 11:00 /16:00 ☆
10月28日(月) 14:00 / 19:00
(受付開始・開場は開演の30分前)
\→初日限定!全券種500円OFF日!
☆→公演終了後、キャストやスタッフと一杯飲みながら交流できる、ワンコインパーティー &バックステージツアー付!参加費(飲み物付き)100円!
[Ticket] 日時指定・全席自由 (桟敷席も有り)
大人 \3.000 大学生・専門学生 \2.500 中高生 \2.000 小学生 \1.500 ペア(前売のみ) \5.000 (2名様1組より適用) web予約する際、2名1組の場合は「枚数」を「2枚」で選択してください。
リピーター特典 \1000 ご観劇いただいたチケットの半券ご持参で\1000で観劇可能!(要予約制。1公演につき1回のみ適用)
※当日券は全券種\500増。※予約状況はHP、Twitter、Facebookにて随時更新! 『劇団伽羅倶梨』で検索!
[Place] KARAKURIスタジオ 〒556-0027 大阪市浪速区木津川2‐1‐16 TEL 06(6568)2646
[チケット予約] WEB MAIL:こちらのメール TEL:06(6568)2646 FAX:06(6568)2647

チャレンジ企画!第6弾! Go for 40th anniversary dreams! 来るべき2020年劇団創立40周年に向けて劇団伽羅倶梨は様々なチャレン ジをしていきます。その第7弾として、
1 【伽羅倶梨総選挙】過去の作品の中でもう一度観たいお芝居を投票頂き、40thの春公演に上演!!
2 【このボール、ゲットしたっけ?】お楽しみ!数量限定!出演者のサインボールプレゼント!!

 大阪にて、劇団伽羅倶梨スタジオ公演Vol.39 新『この話、したっけ?』が上演されます。
 「伽羅倶梨ハートフルワールドの原点、徳田ナオミの処女作『この話、したっけ?』が、今秋パワーアップして甦る!熱狂的なタイガースファンであった河井家。しかし、孫達の成長とともにいつしか...。そんななか、『タイガースの優勝を見届けるまではわしゃ死なん!』と叫ぶ金造の目の前に現れたのは...?小さな町の小さな家族に巻き起こる、優しい奇跡の物語。伽羅倶梨十八番の笑いと涙と感動と!きっと期待を裏切りません。どうぞお越しください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団伽羅倶梨:〒556-0027 大阪市浪速区木津川2-1-16 TEL 06(6568)2646 FAX 06(6568)2647 こちらのメールまで。

[Twitter・Facebook]「劇団伽羅倶梨」で検索!

(橋本さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年9月13日

劇団ウィステリウム第3回公演『僕の明日と君との距離』

Twitterでのハッシュタグは「ぼくきみ」
・キャスト 入来悠大 越智玲 堅山美佑 工藤蔵誉 小泉憂斗 高橋瑠菜 土屋まなみ 那智 吉岡彰祥

・公演日 9月13日~15日 全5公演
・公演場所 池袋GEKIBA
・公演時間
13日(金)15時/19時
14日(土)14時/19時
15日(日)14時
開場は30分前
・チケット料金 前売り2000/当日2500
予約ページ 現在土曜公演の予約が表示されなくなっておりますが、依然予約は受け付けております。日曜公演予約で備考欄に土曜公演14:00~or19:00~と記載頂ければその通りで受け付け致します。お手数おかけしますがよろしくお願い致します。


 東京にて、劇団ウィステリウム第3回公演『僕の明日と君との距離』が上演されます。
 「ある物語を書き終えず死んだはずの中山悠希の前に現れたのは"天使"だった。元の世界に戻ってからもう一度死ぬという条件を飲むことで、天使によって30年後の未来へ飛ばされた悠希は、自分の作品を好きだという少年、福山瑞樹と出会い心を通わせていく。タイムリミットが迫る中、未来に向けて悠希が残したものとは―――。たった1ページ、それが私たちを会わせてくれた。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団ホームページ
公式ツイッター

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

Ammo vol.7『調和と服毒』

・脚本・演出 南慎介
・出演者 前園あかり 津田修平 井上実莉(以上、Ammo) 西川康太郎(ゲキバカ/おしゃれ紳士) 大原研二(DULL-COLORED POP) 日下部そう 港谷順(Ayuka project) 杉林健生(俳優座) 高木健(エンニュイ) 辻井彰太 中野智恵梨 森田匠(TRASHMASTERS) 吉村公佑(劇団B級遊撃隊) 今駒ちひろ

・場所 上野ストアハウス(東京都台東区北上野1-6-11 NORDビルB1)
・【公演日程】
2019年10月17日-10月22日
10/17(木) 19:30◎
10/18(金) 19:30★
10/19(土) 14:00/19:00
10/20(日) 14:00
10/21(月) 14:00/19:30
10/22(火) 19:00
※◎は初日割。
※★はアフタートークを予定。詳細はおって発表致します。
※受付開始は開演の45分前、開場は30分前です。
・チケット料金 前売(事前振込) 3500円 ざっくり指定席※各回30席限定 前売(当日精算) 3800円 自由席 当日 4300円 初日割 3500円 リピーター割 2500円 学生割引 高校生以下 1500円 大学生・専門学生 2500円
※各種割引は全て要予約。学生割引は学生証の提示をお願いいたします。
■ざっくり指定席とは?■
事前精算(お振込み制度)をご利用のお客様の中から各ステージ30席限定でお席を【ざっくり指定】できます!購入の際に『最前列希望』『通路側』『扉に近い席』などのご希望を備考欄にお書き下さい。可能な限りご要望にお応えします!(一部お受けできない場合もございます)ーー事前振込は10月7日までの受付となりますーー
チケット予約


 東京にて、Ammo vol.7『調和と服毒』が上演されます。
 「『いますぐ、あの絵を描くのをやめさせたらよろしい。あれは、悪魔のように美しい』ルネサンスを代表する巨匠、古典主義の最大の画家、新プラトン主義の美術界における最大の守護者、ラファエロ・サンティは教皇の居室を装飾するという名誉ある仕事を承った。しかしながら、広大な内装の全てをラファエロ一人で描くことは難しく、彼の弟子がその一部を請け負ってフレスコ画を描いていた。多くの名画が彼の忠実なる弟子によって描かれる中、3つ目の部屋、最も地味な場所に描かれた一人の弟子の作品が工房の中で大きな議論となっていた。『美しすぎる』後にラファエロの工房から独立する高名な弟子の一人が言った。『あれは美しい。しかし悪魔のように。この神聖なる場所にふさわしくない』しかし、ラファエロは考える。『もしこれが完成すれば、ダ・ヴィンチやミケランジェロを超えられるかもしれない』『美しい』という言葉が神に近いという言葉とイコールであった時代。神を超える作品を描こうとした一人の男装画家とルネサンスの最後の光について。
 この度、Ammoでは新作『調和と服毒』を10 月17日〜22 日に上演致します。今回主題となるラファエロは、ミケランジェロおよびレオナルド・ダヴィンチと並び称されるルネッサンスの三代巨匠です。しかし、「万能の学者」レオナルドや「孤高の天才」ミケランジェロと比べるとやや地味なラファエロ。本作のキャッチコピー 【いますぐあの絵を描くのをやめさせたらよろしい あれは悪魔のように美しい】の通り、「神に近い」ことが美とイコールであった時代、冒涜的で美しいものと葛藤する姿を通して、 新しいラファエロ像を描いていきます。 また、本作は Ammoの出世作である『光、さえも』に続く美術シリーズの一環でもあり ます。私たちが最も得意とするテーマをAmmo一同誠心誠意創作して参ります。芸術の秋、忙しいとは存じますが是非劇場に足をお運びいただきますようお願い申し上げます。南慎介」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール

Ammoホームページ
劇団Twitter

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年9月11日

劇団演奏舞台 公演78 改訂版『命の池 ―河童ノ居ルトコロ― 』

作/柳原和音
演出・音楽・美術/浅井星太郎
<出 演> 文月一花 鈴木浩二 角 昌子 にゃん原律多
<演 奏> 浅井星太郎
<スタッフ>
照明・音響/Starlight.sound
舞台監督/轟太郎
制作/劇団演奏舞台


日時/11月22日【金】 19:00
11月23日【土】 14:00 19:00
11月24日【日】 14:00
※開場は開演30分前
会場/九段下GEKIBA
料金/前売\3,000 当日\3,500 学生\2,000(要学生証)
チケット取扱/GEKIBAND SHOP ※お席には限りがございます。お早目のご予約をお願い致します。


 東京にて、劇団演奏舞台 公演78 改訂版『命の池 ―河童ノ居ルトコロ― 』が上演されます。
 「音にならない言葉が、池にいくつもの波紋を作っていた。ただ哀しみという甲羅を背負って、ぽたりぽたりと月夜の道を行く。河童と呼ばれる者たちは、きっとあなたのそばに― いや、むしろ、あなた自身かもしれない。2013年初演作品、完全リメイク版。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団演奏舞台ホームページ


(鈴木さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

果ての水辺 旗揚げ公演『青を飲む』

脚本・演出 曰芥海


*Schedule*
27日(金)14:00【Easter】/19:00【Cactus】
28日(土)14:00【Cactus】/19:00【Easter】
29日(日)13:00【Easter】/17:00【Cactus】
*Place* 上野ストアハウス(東京都台東区北上野1-6-11 NORDビルB1)
*Ticket* 一般前売 3,200円 良席指定特別前売 3,800円→『端の席がいいな...』『後方真ん中がいいな...』などお席のご希望を備考欄へご記入くださいませ。先着順にてご希望に沿ったお席をご予約いただけます!(無記入おまかせも可能です)さらに予約キャストのサイン付ブロマイド/オリジナル缶バッチ付き!
当日券 3,500円
チケットのご予約はこちらのフォームもしくはこちらのメールにて承ります。

 東京にて、果ての水辺 旗揚げ公演『青を飲む』が上演されます。
 「学生時代のいじめを乗り越え ダンサーとして活躍していた文坂ゆうは ある日届いた『同窓会の知らせ』をきっかけに 乗り越えたはずのトラウマに囚われ『人前に立つと音が聴こえなくなる』ようになってしまう。事情を知るダンスカンパニーの同期、自分を慕う後輩たち。そして、ちょっぴり変わったお客さんのやってくる行きつけのカフェ。たくさんの人と関わる中でトラウマと向き合いもう一度踊ることを決意するが、乗り越えられない過去に音は遠のくばかりで... -水に炎は勝てるだろうか? 消えない傷との戦い方を知り、青を飲め。
 『青を飲む』は学生時代にいじめを受け、見えない傷を抱えた主人公と、それを取り巻く人達の物語です。でも、暗いお話ではないです 面白い人たちが沢山出てきます 主人公がダンサーなのでダンスシーンもあります。かっこいいです。いじめとの向き合い方でも、いじめっ子への復讐劇でも、乗り越えた人の話でもなくて 『何気ないように』傷と共に生きてる人たちのおはなし。観劇後にすこしだけ心があたたかく感じるような、そんな作品を目指しています。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(曰芥さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

G-フォレスタpresents 洋館ミステリ劇場 坂口安吾『奇術師の眼力』

構成・演出 丸尾 拓
【キャスト】山崎修一、生田克正、もりかゆみ、森優子、中佐和葉、阿部達雄(イズム)、黒木保子、~ED7CJe
【スタッフ】
音響:石田泰司(シアワセナゲキダン)
衣装:山口明子
ヘア・メイク:iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRAtenn / 中村和似
受付:なつみあや、仲村 鷹規(N STAGE PRODUCE)、佐倉ハルキ(劇団桜月会/N STAGE PRODUCE)他
撮影:佐伯亜由美、joe
企画・製作:G-フォレスタ

【京都公演】栗原邸(旧鶴巻邸) (京都市営地下鉄東西線『御陵』駅より徒歩10分)
チケット代金:4500円(日時指定・全席自由)・要予約 ※うち1000円は、栗原邸の修復保存費用として使わせていただきます。
9月21日(土)    14時30分/18時
22日(日)  11時/14時30分/18時
23日(月祝) 11時/14時30分
【大阪公演】@青山ビル (OsakaMetoro堺筋線『北浜』駅より徒歩1分)
チケット代金:3500円(日時指定・全席自由)・要予約
10月13日(日)   14時30分/18時
14日(月祝) 11時/14時30分/18時
19日(土)    14時30分/18時
20日(日)  11時/14時30分/18時
21日(月) 休演
22日(火祝) 11時/14時30分
【チケット発売日】8月18日(日)AM10時~
【チケット予約】お申込み先:ticket@g-foresta.com
お名前・ご住所・ご希望日時・枚数・電話番号をご連絡ください。※お申込み後、ご予約完了メール等の返信が届かない場合は、メールの事故等が考えられますので、お手数ですが、お知らせくださいますようお願いいたします。

★洋館ミステリ劇場とは...
築100年以上前の本物の洋館を使い、昭和初期の探偵小説を再現。
シーン毎に部屋を移動し、犯人を当てるミステリーツアー型の演劇で、
チケットが手に入らないほどの人気を呼び続けている。

 京都・大阪にて、G-フォレスタpresents 洋館ミステリ劇場 坂口安吾『奇術師の眼力』が上演されます。
 「暗闇での実験の最中、殺人事件が起こる。その場に居合わせたのは息子、娘、娘婿...の親族ばかり。誰がどうやって殺したのか?『不連続殺人事件』で、第二回探偵作家クラブ賞を受賞した坂口安吾の推理小説です。
 今回は京都公演と大阪公演のニ都市公演です。まず、9/21土~23月祝の京都公演。琵琶湖疏水沿いに建つ、昭和4年竣工、本野精吾設計の国登録有形文化財の山科・栗原邸公演。大阪公演は、10/13日~22日火祝。蔦に覆われた近代建築。大正10年、個人住宅として建てられた、国登録有形文化財の北浜・青山ビル。今回の青山ビル公演も昨年同様、『生きた建築ミュージアムフェスティバル』連携公演としてガイドブック等でも紹介していただく予定です。チケットは京都公演、大阪公演ともに、8/18日午前10時からの発売予定です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「<<チケットプレゼント!9/16〆切>> G-フォレスタ presents 洋館ミステリ劇場 坂口安吾 『奇術師の眼力』京都公演の9月22日(日)11時開演、18時開演の回、9月23日(祝、月)11時開演の回にそれぞれ1組2名様をご招待いたします!ご希望の時間、お名前・お電話番号・メールアドレスを明記の上、チケットプレゼント申込専用アドレスまでご応募ください。その際に『演劇交差点を見ました』とお書き添えください。当選の方のみ、当選メールをお送りいたします。たくさんのご応募お待ちしております。」


G-フォレスタホームページ

(中田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年9月 8日

明治学院大学演劇研究部 2019年度秋季定例公演『the rat 13』

脚本:小栗剛(qui-co./キコ) 演出:小林梨花
<出演> シングルキャスト 青木琉河 鈴木俊輔 三浦瞬 佐野公子 工藤匠磨 湯田ヒカル 平山雄大 内海元伸 土田詩織
ダブルキャスト
-チームリーニエ- 半田成美 大屋沙季 小池真帆 田川佳恋 平安咲貴
-チームクライス- 飯田世衣良 深江彩里 深町あみ 久保朗子 入谷美帆


<公演日程>
10月10日(木) リーニエ18:30
11日(金) リーニエ13:00 / クライス18:30
12日(土) クライス13:00 / リーニエ18:30
13日(日) クライス13:00
・上演時間は約110分を予定しております。
・開場は開演の30分前となります。
<場所> シアター・バビロンの流れのほとりにて 〒114-0003 東京都北区豊島7-26-19
東京メトロ南北線「王子神谷駅」徒歩12分 ※駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。
<料金> 無料 予約サイト
※幼児、未就学児のご来場は、誠に申し訳ございませんが、お断りさせていただきます。


 東京にて、明治学院大学演劇研究部 2019年度秋季定例公演『the rat 13』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

特設サイト
明治学院大学演劇研究部公式サイト
公式Twitter

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年9月 5日

東京夜間飛行「Corsetコルセット」

作・演出:原 真善美(masami hara)
キャスト:真善美。、明美見枝子、阿久津かおり、夏八木映美子
スタッフ:舞台美術:奥村耕一&髪花 ヘアメイク:Ellie 宣伝美術:玉熊沙緒里


日時:2019年10月25日(金)19:30、26日(土)15:00/19:00、27日(日)13:00/17:00
場所:下北沢ハーフムーンホール
料金:前売り:3500円 当日:4000円ペアチケット前売のみ6000円
【チケットご購入方法】東京夜間飛行事務局とイープラスにて、9月7日よりチケット発売致します。ペアチケットは、東京夜間飛行 事務局のみ取り扱い。
・日時指定自由席です。・開場は、開演時間の30分前・未就学児入場不可

 東京にて、東京夜間飛行「Corsetコルセット」が上演されます。
[原 真善美(masami hara)の新作書下ろしとなる、『Colsetコルセット』は、『美しいシルエット』にこだわったコルセットファッションの時代に、生きるために考えた4人の女性の物語。彼女たちが考えたアイディアとは?また、女性たちを締め付けるイメージのコルセット。女性の社会進出を機に無くなっていったといわれているが・・・彼女たちは開放されるのか?そして4人の関係とは、一体?
 東京夜間飛行では、女優 真善美。masamiのひとり芝居を中心に舞台公演を行っておりますが、真善美。の女優以外のもうひとつの顔、作家、演出家の持ち味を生かして久しぶりに、ひとりではなく、女4人芝居の登場です。注目して頂きたいのが出演者、舞台美術とヘアメイク ●出演者は!真善美。プラス、ワークショップ参加者の中から選ばれた、個性あふれる女優3人。 ●ヘアメイクと舞台美術は!『髪花』さんとコラボして、新たな世界感を作り出します。髪花とは!ヘアメイクアーティストEllieエリさん フラワーアーティスト高橋弘実さん お二人の活動名。このお二人によるヘアアレンジオブジェと東京夜間飛行 舞台美術スタッフが作り出す赤と黒の世界。BGMや音響効果はすべて、岸田修治のピアノ生演奏です。感動のヒューマンコメディをおしゃれに素敵にお届けしたいと思っております。皆様是非ご来場くださいませ。舞台を観るのは初めて!そんな方でも是非お気軽にご来場いただき、目の前で役者の表情や熱気を感じるライブの楽しさを体験下さい。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


東京夜間飛行ホームページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年9月 4日

Project Nyx 第20回公演 熱海殺人事件『売春捜査官』

作:つかこうへい
構成:水嶋カンナ
演出:申大樹(新宿梁山泊)
監修:金守珍
【出演】傳田圭菜 [木村伝兵衛部長刑事] 
荻野貴継 [熊田留吉刑事]
成田浬 [都田禎幸刑事]
藤光浪 [容疑者 大山金太郎]
[アリランの女たち] 水嶋カンナ 綾野アリス 神谷沙奈美 本山由乃 寺田結美 松本麻実
舞台美術:申大樹/照明:宮崎絵美子/音響:小林由尚/衣装:JSK/振付:福澤侑/殺陣:新田健太/宣伝美術:里中満智子/宣伝デザイン:福田真一/票券:広島政子/プロデューサー:水嶋カンナ/制作:Project Nyx

協力:JSK/新宿梁山泊/(株)つかこうへい事務所/RISE/里中プロダクション/風間杜夫
(株)アクセント/(株)トレジャーハート/よしもとクリエイティブ・エージェンシー/劇団ロオル/MC企画/時津真人

2019年11月29日(金)~12月8日(日)
【会場】芝居砦 満天星 東京都中野区上高田4-19-6 ゴールデンマンションB2F 03‐3385‐7971
【アクセス】JR東中野駅西口より徒歩12分 大江戸線東中野駅A1出口より徒歩12分 東西線落合駅1番出口より徒歩9
【チケット】全席自由席整理番号付 一般発売開始 9月8日(日)11時~
一般前売り 4,000円 学生シート 3,500円 ※学生シートは前売当日共・限定席・当日要学生証 ※開場は開演の30分前。受付は開演の1時間前。
【タイムテーブル】11月
29日(金) 19:00 ★
30日(土) 14:00/19:00 ★
12月
1日(日) 14:00
2日(月) 19:00 ☆
3日(火) 19:00
4日(水) 14:00/19:00 ☆
5日(木) 19:00
6日(金) 19:00
7日(土) 14:00
8日(日) 14:00
★アフタートーク
11/29(金)19:00の回 終演後 風間杜夫×金守珍×申大樹
11/30(土)19:00の回 終演後 傳田圭菜×荻野貴継×成田浬×藤光浪×申大樹
☆アリランの女たちスペシャルイベント
12/2(月)19:00の回終演後
12/4(水)19:00の回終演後


 東京にて、Project Nyx 第20回公演 熱海殺人事件『売春捜査官』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

Project Nyxホームページ

(傳田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

東京アンテナコンテナ15周年記念公演『浅草 福の屋大衆劇場と奇妙な住人達1982 改訂版』

原案・脚本・演出/下平ヒロシ
監修/三枝孝臣
【キャスト】イジリー岡田 下平ヒロシ 深見恭子
久志本眞子 青山伊津美 北村健人 髙木順巨 田辺未佳 岡本唯
タカノハシアキラ あらかわわこ 年修和 おかざきかがやき ましもまゆ 滝口みも 
Wキャスト:A 田中崇士 うえむら菜摘 藏本昇吾 藤本悟
Wキャスト:B 角田慎弥 次も大塚 笠原冬衣 水落斉平
スペシャルゲスト 神谷明 (友情出演)
※ましもまゆ・滝口みもはA/B公演それぞれ別の役で出演いたします。
ご注意:本公演は一部ダブルキャストとなりますので、チケットをお求めの際はお間違いなくお申し込みください。また、出演者は急遽変更になる場合がございますので予めご了承ください。
【スタッフ】
原案・脚本・演出/下平ヒロシ 監修 /三枝孝臣 
舞台監督/須田斉政
美術/小島とら 
大道具/小島企画 
照明/白土真平(タケスタジオ) 
照明OP/中村浩実 
音響/富田聡
演出助手/鷹豚・角田慎弥
殺陣指導/下平ヒロシ・鷹豚 
劇中歌作詞・作曲/あおい12さい・@nija
衣裳/孝実
フライヤーデザイン/Abi・鷹豚 
制作/林下勝彦・羽鳥零 
協力/ (株)ホリプロ (株)ドリームパスポート (有)冴羽商事 演劇集団円 砂岡事務所 ジュネス Eja9  (順不同)
企画・製作/東京アンテナコンテナ・(株)10years 


【会場】六行会ホール アクセス:京急新馬場駅徒歩3分 〒140-0001 東京都品川区北品川2-32-3 TEL 03(3471)3200 
※駐車設備はありません。車、バイクでのご来場はご遠慮下さい
【公演日程】2019年10月
23日(水)A19:00
24日(木)B19:00
25日(金)14:00(貸切公演)/B19:00
26日(土)B14:00/A19:00
27日(日)A14:00
※受付開始は開演の1時間前・開場は30分前となります。
ご注意)
■25日(金)14:00の公演は貸切公演となりますので一般のお客様はご入場頂けません。
【チケット】平日 :前売り\4,500-/当日\5,000- 土・日:前売り\5,000-/当日\5,500-  全席指定 ※5歳未満のお客様は入場をお断りしています
チケット発売/9月22日(日)13時より右記アドレスにて発売開始 PC 携帯

 東京にて、東京アンテナコンテナ15周年記念公演『浅草 福の屋大衆劇場と奇妙な住人達1982 改訂版 』が上演されます。
 「時は1982年(昭和57年)頃の浅草にひっそりと立つ大衆劇場での物語。一人の老人(支配人)と義理の娘、さらにちょっと変わった住人達が経営するこの大衆劇場は、長年庶民の娯楽として賑わっていたが、近年では空前の漫才ブームのあおりを受け客足が途絶える一方であった。そんなある日、人気の劇団松沢一座がこの劇場を救うべくやってくる事に。『これで劇場はどうにかなる』と思っていた支配人と娘と住人達であったが、ある日よりによってこの一座の看板役者が『一座を辞める』と言いだしたからさぁー大変!!さて、この劇場と一座、そしてみんなの運命は一体...? 東京アンテナコンテナが贈る『昭和人情ホラーコメディ!!』乞うご期待。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(羽鳥さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

plan-B共催公演《櫻井郁也ダンスソロ『沈黙ヨリ轟ク』》SAKURAI IKUYA DANCE SOLO " DISTANT CRY"

【スタッフ】
ダンス・光・音:櫻井郁也、美術・衣裳:櫻井恵美子
企画制作=十字舎房、共催=plan-B

【開催日時】2019年
11月9日(土)20:00開演
11月10日(日)19:00 開演
*ロビー開場=各回開演20分前。
【会場】 plan-B (プランビー) 〒164-0013 東京都中野区弥生町4-26-20-B1 TEL 03-3384-2051 
【アクセス】□東京メトロ丸の内線『中野富士見町』駅下車徒歩7分・中野通り沿い 
□JR中野駅南口より京王バス1番 渋谷行/新宿駅西口行約10分『富士高校前』下車すぐ
【料金】 
・予約 2,800円(当日払い/各回とも前日まで受付)
・当日 3,000円(開場時発売/残席分のみ先着順)
・前売 2,500円(事前振込/申込〆切=10月末日)
・学割 1,500円(学生証提示/大・中高・専)
※各回50席まで。なるべくご予約または前売をご利用ください。
【チケット申込・予約】十字舎房チケット申込フォーム

 東京にて、plan-B共催公演《櫻井郁也ダンスソロ『沈黙ヨリ轟ク』》SAKURAI IKUYA DANCE SOLO " DISTANT CRY"が上演されます。
 「ソロダンスの追求者・櫻井郁也が、3.11直後の心象を踊った『方舟』(2012:ルクセンブルク)、原爆70年忌に捧げた『弔いの火』(2015:長崎)に続き、現代における生者と死者の関係をまさぐる新作を発表する。原点は日常にひそむ暴力と死への思索であり、たとえば、2001年の大阪池田小殺戮事件や2016年の相模原障害者施設殺傷事件をはじめ、近年の無差別殺戮をめぐる思索の累積は、本作に大きな影響を与えている。いかなる時代精神のなかで私たちは生きているのか。いかなる危機を私たちは個々の内部に孕んでいるのか。問いと思いが暴発し、答えのないままに肉体が動く。これは、現代の生命観を問うダンスを紡ぎ出す、個の挑戦の現場である。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、TEL=080-3507-3860(当日はplan-B= 03-3384-2051のみ)、またはこちらのメールまで。

櫻井郁也/十字舎房オフィシャルHP


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年9月 3日

ヒラオカンパニーオリジナルミュージカル 『Princess Princess! the MUSICAL』

作・演出:平岡円香
キャスト:★組 シンデレラ:erina 王子:都竹 悠河 魔法使い:前田 幸 継母:藤崎 美月 父:井口 大地 姉1:中村 ひより 姉2:平川 綾子 ♥組 シンデレラ:青木 友香 王子:稲川 友紀 魔法使い:石原 陽香瑠 継母:村山 胡桃 父:辻 雄飛 姉1:津田 彩菜 姉2:みかんつぶ
スタッフ:作曲・編曲:篠原 真 (洗足学園音楽大学ミュージカルコース統括教授) 作詞・脚本・演出:平岡 円香 音源制作:西 夏緒 舞台監督:杉山 小夜 照明:松本 永 (eimatsumoto Co.Ltd.) 音響:神林 大河 (Oasis Sound Design Inc) 、伊藤 彩 音効:川原 創太 企画・制作:ヒラオカンパニー


日時:10月3日(木)★組 19:00開演(18:30開場) 10月4日(金) ♥組 19:00開演(18:30開場) 10月5日(土) ★組 14:00開演(13:30開場)/19:00開演(18:30開場) 10月6日(日) ♥組 12:30開演(12:00開場)/16:30開演(16:00開場)
場所:シアターグリーン BOX in BOX THEATER [池袋駅]東口より徒歩約6分
料金:当日:4500円 前売り:4000円 こども(高校生以下):3500円
【諸注意】
上演時間:約90分 ※途中休憩はございません。 ※全席自由席です。 ※ご予約頂いた公演日の前日の12:00よりキャンセル料が100%発生致しますのでご了承下さい。(期日前のキャンセル・日時変更の場合はキャンセル料はかかりません。キャンセル・日時変更の場合はこちらのメールまでご連絡下さい。)


 東京にて、ヒラオカンパニーオリジナルミュージカル 『Princess Princess! the MUSICAL』が上演されます。
 「世界中の誰もが知る童話『シンデレラ』でも意地悪なお姉さんたちはどこ?ガラスの靴をくれる魔法使いは?えっ......、継母が...、優しい!?こんなシンデレラってあり!?ガラスの靴で掴んだ『本当の幸せ』とは?
 【モーツァルト/キラキラ星変奏曲】【ベートーヴェン/運命】【ショパン/英雄ポロネーズ】などなど...クラシックの名曲たちがミュージカルソングに!ヒラオカンパニーがお届けするもう一つのプリンセスストーリー!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年9月 2日

西地区ふるさとの歴史再発見事業 劇団120◯EN 第28回公演『殿がいない! -陸奥下村藩最後の一日-』

脚本・演出:清野和也

◎日程 11月4日(月・祝) [午前の部]10:30~ [午後の部]14:00~
◎会場 旧廣瀬座(福島市民家園内)
◎料金 500円(全席自由)

 福島にて、西地区ふるさとの歴史再発見事業 劇団120◯EN 第28回公演『殿がいない! -陸奥下村藩最後の一日-』が上演されます。
 「江戸時代、福島市佐倉下にあった陸奥下村(むつしもむら)藩。この藩を治めていた殿さまは、田沼意次の子孫たち。意次の失脚後、彼らは相良藩(静岡県)を取り上げられ、代わりに下村を与えられましたが、代々、江戸から出ることを禁じられていました。ですから、この村の人々は誰ひとりこの地を治める『田沼の殿さま』の姿を見たことがありませんでした。文政6年(1823年)のこと。突然、下村藩が無くなることになりました。田沼の殿さまが将軍・徳川家斉公に気に入られ、元々の領地、相良(静岡県)を治めることになったのです。『最後にひと目、下村を見てみたい』急に田沼の殿さまが言い立って、下村の人々は大慌て。失礼の無いように迎える準備を整えますが、ある噂が立ちます。『この下村で殿さまを暗殺しようとしている者がいるらしい!』殺されては大変と、藩の侍は『奥玉神社』に勝手に住み着いていた村一番の嫌われ者を殿さまの影武者へと仕立てあげるのですが...。120○EN、廣瀬座四作目は幻の下村藩を題材にした歴史喜劇!
 演出のコメント:『明治期の芝居小屋での上演です。福島市で、福島市の物語にこだわって上演し続けています。劇場を出たあとにも物語が続いている、この町で観る意味のある作品をお届けします。』」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、090-6423-9837、またはこちらのメールまで。


劇団120○ENホームページ

(清野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東北]

2019年8月31日

郡司行雄プロデュース公演Vol.137 ミュージカルファンタジー『真夏の夜の夢~LOVE』2019

原 作:ウィリアム・シェイクスピア
製作総指揮・脚本・演出・振付:郡司行雄
音 楽:玉麻尚一/片野真吾
作 詞:郡司行雄/青木ヨシエ 
制 作:大木香枝


日程:9月26日(木)~9月28日(土) 夢組&夏組
場所:ムーブ町屋
料金(全席指定) S席:5,000円 A席:4,500円
※開場は、開演の30分前
※2歳以下のお子様のご入場はご遠慮下さい。
9月26日(木)19:00 夏組 
27日(金)19:00 夢組 
28日(土)13:00 夏組 /17:00 夢組
チケットのご購入は
アプローズチケット(WEB予約) TEL03-6712-2373
★ゲッティ・オンラインセブンイレブンサービス QRコードを読み取り、要無料システム登録。予約後、すぐにチケットを受取り可能。


 東京にて、郡司行雄プロデュース公演Vol.137 ミュージカルファンタジー『真夏の夜の夢~LOVE』2019が上演されます。
 「物語は一組のカップルの結婚式から始まる・・・新婦はハーミア、新郎はディミトリアス、二人が永遠の愛を誓うその時、一人の若者が現れる。彼こそハーミアの恋人、 ライサンダーである。 そしてもう一人、この結婚に心を痛める乙女がいた。それはディミトリアスに思いを寄せるヘレナ。この二組のカップルと森の妖精が 繰り広げる恋騒動。妖精の王オーベロン役に郡司行雄。タイテーニア役には青木ヨシエと、シャンソン歌手のあみのダブルキャスト。クインズ役に川原洋一郎、ボトム役に膳亀利次郎が決定。恋人たちや妖精を始め、職人、ダンサー・シンガーが作品に彩りを添える。脚本・演出・振付 郡司行雄、音楽は美しいメロディーに定評のある玉麻尚一と片野真吾。郡司企画が自信をもってお送りするミュージカルファンタジー『LOVE』ご期待下さい!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、03-6712-2373(アプローズミュージカル:小池)、こちらのメールまで。

アプローズミュージカルホームページ

(小池さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年8月30日

劇団東演『紙屋悦子の青春』

作・演出:作/松田正隆 演出/河田園子
キャスト:能登剛、南保大樹、腰越夏水
スタッフ:美術/根来美咲 照明/石坂晶子 音響/藤平美保子 衣裳/有島由生


日時:2019年9月21日~29日
場所:下北沢・東演パラータ
料金:一般4000円、シニア/3700円(65歳以上) 、u25/2500円(25歳以下)、 プラスワンチケット/12000円(3名様のグループで+1名様ご招待)

 東京にて、劇団東演『紙屋悦子の青春』が上演されます。
 「悦子は九州地方の小さな街に兄夫婦の安忠とふさと暮らしている。 そこへ悦子に縁談の話が舞い込んでくる。 明石少尉の紹介で友人の永与少尉との。 悦子は密かに想い人がいるのだが...『そん人は...明石さんが紹介してきたとやろ...』『よかよ...明日、会うてみる。そん人に...』純朴な娘の儚い恋の行方...終戦間際の1945年春、桜咲く季節の出来ごと...
 松田正隆氏の名作に東演が挑みます。 過酷で切ない忍耐の青春と向き合い、現代を照射する。 今、この時代を私たちはどう生きているのか! 過去と現在をつなげ、そして未来へ...守らなければならないものがそこにある。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団東演ホームページ

(南保さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年8月28日

演劇企画 heart more need 『アンオーダブル』

作・演出:作:米内山陽子、演出:広瀬格 〔スタッフ〕美術=阿部一郎、照明=鷲崎淳一郎、音響=兼坂香弥、舞台監督=赤坂有紀子、演出助手=山下哲平、宣伝美術=藤尾勘太郎、制作=吉乃ルナ、企画=演劇企画 heart more need 〔キャスト〕南口奈々絵、百花亜希、吉水雪乃、音野暁、塩崎こうせい

〔会場〕劇場MOMO
〔料金〕≪全自由席/前売・当日共≫ 台本付きチケット:5,000円 一般:4,000円 U22(22歳以下):3,000円
〔公演日程〕
11月20日(水)19:00
11月21日(木)14:00/19:00
11月22日(金)19:00
11月23日(土)13:00/18:00
11月24日(日)12:00/16:00

 東京にて、演劇企画 heart more need「アンオーダブル」が上演されます。
 「作家が死んだ。作家には夫があり、子があった。作家には噂があった。作家には『男』がいる──。作家はその噂を知っていただろうか。作家にそれを尋ねることはできない。作家は死んだから。作家はわたしの母だ。作家はわたしの父の妻だ。わたしは『男』を尋ねる。わたしの知らない母と『男』を巡る小さな歴史の物語。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


演劇企画 heart more needホームページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年8月27日

キノG-7〔主宰 竹内銃一郎〕『今は昔、栄養映画館』『眠レ、巴里』

作・演出:竹内銃一郎
キャスト:松本修 竹内銃一郎 〔今は昔、栄養映画館〕 平山ゆず子 若尾保賛奈 吉川修平 〔眠レ、巴里〕
スタッフ:舞台美術:松下美波 照 明 :幸野英哲 音 響 :宮田充規  選 曲 :シダG 演出助手&音響操作:丑田宅麻 舞台監督:北村侑也 制 作 :那木萌美・垣脇純子 宣伝写真:石塚洋史 宣伝美術:武田操美


日時:2019/10/9(水)-14(月・祝) 8回公演
場所:ウイングフィールド (大阪メトロ堺筋線『長堀橋』徒歩3分)
料金:一般:前売2,700円 当日3,000円  25歳未満及び60歳以上:前売2,000円

竹内銃一郎(劇作家・演出家)は、1981年『あの大鴉、さえも』で岸田國士戯曲賞、98年『今宵かぎりは ...』『風立ちぬ』 で芸術選奨文部科学大臣賞、04年に紫綬褒章を受賞。14年に近畿大学文芸学部(舞台芸術専攻)教授退官。17年に『キノG-7』を起ち上げ、この年の10月から翌年の5月にかけて、『竹内銃一郎集成』と題して過去の自作を毎回4本づつ6回、計24本をリーディングにて連続上演。
上記の企画をイントロとして、更なる未知なる道に踏み入るべく、本年は、竹内とは30年来の友人で、これまで竹内作品の幾本かを演出し、幾本かに俳優として出演もしている松本修とともに、二人芝居『今は昔、栄養映画館』に出演。竹内が舞台に立つのはじつに29年ぶりで、自身の作・演出作品においては初めてです。俳優のほか、『最後に今までやっ たことのないことをやりたい』という思いから、新作や改訂版を含め3カ年の活動構想を立てています。

 ーあと3年、あと5本ー(竹内銃一郎 キノG-7主宰 ) 他の方々はいざ知らず、わたくしめはゴールが見えないと、重いお尻が上がらない御仁。というわけでとりあえず『あと3年あと5本』という区切りを決めて、演劇活動再開をここに宣言。以下は、今回の第一弾に続く、目下構想中の作品群。
 イ)『恋愛日記2』(初演1986年)'80-'90年代に学生劇団等で頻繁に上演されていた竹内最大の〈ヒット作〉。登場人物10人。新たな視点を注入し、『新作』として蘇らせる。
ロ)『みず色の空、そら色の水』(初演1993年)高校・演劇部の夏合宿のお話を、初演時より片隅にあった、平均年齢65歳での上演実現。
ハ)『エキス! 海の馬』(仮題)竹内がこれまでに書いた戯曲から20本ほどを選び、ギュッと絞って90分ほどの作品に。2017-2018年にかけて上演した『竹内銃一郎集成』の進化系立体版。
ニ)台頭を期待する若い劇作家の作品の演出。
ホ)『鳥の歌 ~家族のしらべ』10人の家族たちが互いの臓器を交換しあううち11人目の家族が誕生する。奇蹟の(眉唾物の?)世界を描く新作。


◯公開稽古
日程=9月11(水)『今は昔、栄養映画館』・12(木)『眠レ、巴里』18時半~21時
場所=都島区民センター・第3会議室(大阪市)


大阪にて、キノG-7〔主宰 竹内銃一郎〕『今は昔、栄養映画館』『眠レ、巴里』が上演されます。
 「『今は昔、栄養映画館』所狭しと椅子が並べられた部屋に、映画監督(自称)と助監督(自称)。ここは彼らが作った映画の完成記念レセプション会場。予定の時間まであと5分だというのに、来場者0。苛立ち焦るふたりに突如、列席を伝える電話が次々とかかってくる。予約席確保のために、ふたりは急いで次々と着ている服を脱ぎ始め ...E・イヨネスコの快作『椅子』を換骨奪胎して書かれた、衝撃の笑劇!初演1983年ののち、1998年木場勝己プロデュース公演(木場勝己、すまけい 美術:島次郎)、1994年(石橋蓮司 柄本明)など上演多数。
 『眠レ、巴里』ここは窓の向こうにエッフェル塔が見える巴里の三ツ星ホテルの一室。ささいなことをキッカケに背を向け合うふたり。姉のノゾミは、田舎の(亡くなった)母に電話をかける。と、聞こえるはずのない受話器の向こうから ...? 1985年、東京・足立区の都営住宅で起きた、『『サラ金』姉妹餓死事件』をヒントに書かれた、夢・現=生・死の間を行き交う、ふたりの姉妹の物語。直近では本年の5月など、東京乾電池(主宰 柄本明)でもたびたび上演される作品。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


キノG-7ホームページ
竹内銃一郎のブログ『キノG語録』(2010年~)本公演の稽古日誌も更新中!

(那木さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

TSUMUGI JAPAN 平和の約束『未来へつむぐ~今をありがとう』東京公演

【キャスト】芳本美代子、若林哲行、五宝孝一、野田晴美、梨木ナオミ、河野うさぎ、石尾吉達、坂之下洸祐、竹之内勇輝、水樹和也、福丸敦子、柚木彩見、田中健太郎、ひづきようこ、薗田佳煇、二宮笑優、和樹詩、道川内蒼、高谷恵倫、佐藤まりこ、河上名月、出水史月、鶴間民子、横山眞由美、川口まり子、未来へつむぐ東京公演エキストラの皆様
【挿入歌】『優情』『戦華』 作詞曲・歌:ひづきようこ サックス演奏:薗田佳煇
【スタッフ】
作・演出・総指揮:野田憲晴
撮影協力:宗教法人靖國神社
資料・撮影協力: 知覧特攻平和会館初代事務局長(館長職) 故 板津忠正氏長男 板津昌利
主催・企画製作:一般社団法人TSUMUGI JAPAN
プロデューサー:石神隆弘
演出協力:吉川邦夫
演出補・舞台監督:中島権人
舞台音楽:大森竜司
音響:有限会社ステージサウンドエフェクトデザイン
照明:山岡茉友子
軍事所作指導:越康広・長谷部浩幸
装置美術:株式会社ライフ総合舞台
映像撮影編集:有限会社埼玉映像企画
印刷物デザイン:オギヒロト
制作:株式会社FPアドバンス・野田晴美・梨木ナオミ・峯尾進
協力:一般財団法人レオ財団、つなぐ-en-システム株式会社、KOBEラピスホール、知覧観光大使 山近義幸、ザメディアジョン
、有限会社ハートオブイナータス、株式会社万葉しぎや、株式会社 BRISKcorporation、 有限会社インターフレンド、株式会社FPアドバンス、
株式会社カンダ kan promotion、株式会社Dual
Production、株式会社CESエンタテインメント、は~もに~らんど、株式会社ラジオ関西、 持道具
有限会社京阪商会、株式会社ビックファイタープロジェクト、株式会社BE GLAD PRODUCE、久野潤、安藤実沙、村上恭子、山本恭平、森山匡史、土屋洋樹


【タイムテーブル】
2019年11月2・3日(土・日)
2日(土)12:30開場 13:00開演
17:30開場 18:00開演
3日(日)12:30開場 13:00開演
※開演後に知覧観光大使山近義幸氏のご挨拶があります。
【場所】目黒区中小企業センターホール(目黒区目黒2-4-36)
【日時指定/全席自由/税込】
[1]プレミアムチケット:6,000円(前列特等席、サイン入りオフショットチェキ付)
[2]一般前売券(事前振込):5,000円
[3]一般前売券(当日精算):5,400円
[4]一般当日券:5,800円
[5]中高生:2,500円
[6]小学生:1,000円
[7]80歳以上:無料(事前申込 info@tsumugi-japan.org またはFAX03-5725-3173へご連絡下さい。)
【チケット予約】こちらのウェブサイト またはこちら

 東京にて、TSUMUGI JAPAN 平和の約束『未来へつむぐ~今をありがとう』東京公演が上演されます。
 「高校生の笹木美和はいじめと言う孤独の中、元特攻隊員の曽祖父笹木健一から靖國神社へ行く事を薦められた。美和は辛さを忘れる大事な何かを知りたい一心で向かうと、そこには特攻隊員達と若かりし頃の健一の姿があった。そして74年前の知覧特攻基地へ美和はタイムスリップしてしまう。なでしこ隊の一員として特攻隊員達と過ごす事となる。美和はそこで何を感じ、思い、考え、何を未来へ持ち帰るのか?健一は何を伝えたかったのか?今の日本・未来の日本へ何を伝えてくれるのであろうか。
 この作品は、74年前の大東亜戦争で元知覧特攻隊員であった板津忠正氏の生き様に感銘を受け、モデルとして創り上げたオリジナル作品です。『命の尊・生きる』をテーマに、特攻隊員となでしこ隊の若者達と家族の心情の葛藤を描いています。物語を通して、過去・現在・未来を見つめ、日本人が忘れかけてしまっている大切なことに気づくきっかけとなればと願いを込めています。人々の心の触れ合いや葛藤を丁寧に描いた本作は、世代を越えて大きな感動とともに、今も世界で起きている戦争へ意識を向けるきっかけとなり、ご家族やご友人と戦争と平和ついて語りあう機会を作り出しました。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、一般社団法人TSUMUGI JAPAN:こちらのメールまで。

TSUMUGI JAPAN ホームページ
TSUMUGI JAPAN Facebook @TsumugiJapan
◆ TSUMUGI JAPAN Twitter @YumeTsumugi
『未来へつむぐ~今をありがとう~』公式ブログ

(梨木さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年8月26日

美貴ヲの劇 第6作『わたしはザリガニになりたい ~静かな沼のほとりには、戦争もない、婚活もない、老後の心配をする必要もない~』

池袋 スタジオ空洞 2019年10月2日(水)~6日(日)
上演時間 約90分予定

作演出 美貴ヲ
キャスト 小川富行 金子優子(希望の星) 栗原雅美 サトモリサトル(ゆるふ酒)  瀬川圭介 長友美聡(:Aqua mode planning:/ DULL-COLORED POP) 長谷川栞 ハラグチリサ 真辺彩加 三森あかね(五十音順)

《日時》2019年10月2日(水)~6日(土)
・タイムテーブル 2019年
10月2日(水)19:30(初日乾杯)
10月3日(木)19:30
10月4日(金)14:00(金曜昼割)/19:30
10月5日(土)14:00/19:30
10月6日(日)13:00/17:00(千秋楽イベント)
初日乾杯=劇の番外編小作品を上演。劇中のとある場面の"存在しないシーン"に立ち会って、一緒に乾杯して下さい!
金曜昼割=10/4 14時回 先行予約2800円/前売予約3000円
千秋楽イベント=キャスト総出演の小作品を終演後に上演
※公演当日の受付開始・開場は開演の30分前、劇場前にお並びいただけるのは開演45分前です。
《ご予約フォーム》
先行予約フォーム(8/1~8/31) クレジットカード(手数料なし)/コンビニ払い 開場時は、先行予約の方から優先にご入場いただけます。応援したいキャストがいる方は、フォーム内で扱いのキャストをご指定ください。
前売予約フォーム(12/1~公演前日)
当日、劇場受付にてご精算 各キャストの応援ご予約フォームはキャストSNSでご確認ください。
《劇場》池袋 スタジオ空洞 JR池袋駅より徒歩10分

 東京にて、美貴ヲの劇 第6作『わたしはザリガニになりたい ~静かな沼のほとりには、戦争もない、婚活もない、老後の心配をする必要もない~』が上演されます。
 「ポップなドロドロがキャッチコピーの美貴ヲの劇がお送りする、愛憎エンターテイメント劇! ~20XX年、『政府は30歳以上で未婚の者は収容施設に入れ、50日でカップルになれなかったら動物にする』という法律を制定した~ 藤崎詩織30歳が、ザリガニになる運命を回避すべく、違法地下BLの集会に参加したり超独身主義レジデンスの仲間になったり、高尾山を駆け巡る!!
 イギリス映画『ロブスター』の政府施策『収容施設でカップルになれなかったら動物にされる』が現代日本で行われたら・・・という発想から生まれた作品昨年9月に短編として上演、とても好評だった作品を長編へ再構成しました。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。



WEBとTwitter
美貴ヲの劇公式HP 公演の最新情報とお申込フォームへのリンクが記事にまとまっています。
●美貴ヲの劇公式Twitter @mikiwo_geki 公演の最新情報、お稽古の様子や役者さんのお写真などを日々更新しています。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年8月25日

日本大学芸術学部演劇学科有志能登滞在制作『ノトゲキ』成果発表会 @能登演劇堂

作:『ノトゲキ』メンバー
演出:鈴木翔媛、土屋康平、三橋亮太、生艸東子、宇田奈々絵
出演:牛島青、小見朋生、小針翼、鈴木翔媛、土屋康平、細川昴太、三橋亮太、藤本直人、無着陽平、村上和弥、生艸東子、宇田奈々絵、高橋星音、鳥居咲夏、宮ヶ原萌、吉池愛、清水渓菜
運営:『ノトゲキ』実行委員会
協力:日本大学芸術学部、Nプランニング、石川県七尾市中島町釶打地区 他

日時: 2019年8月31日(土) 開場13:00 開演13:30
対象:小学生以上の方
場所:能登演劇堂(石川県七尾市中島町)
料金:無料
座席:全席自由、当日先着順 (*本公演には、チケット、席のご予約等は御座いません。)

 石川にて、日本大学芸術学部演劇学科有志能登滞在制作『ノトゲキ』成果発表会が開催されます。
 「はじめまして、『ノトゲキ』です。この夏、東京で演劇を学ぶ大学生が、約1ヶ月間、石川県七尾市中島町に滞在しています。祭り、職業体験、演劇ワークショップ、子供達への読み聞かせ、盆踊り会でのパフォーマンスなど、様々な形で演劇を通じた地域の方々との交流活動を行い、それらの体験をもとに演劇の作品創作を行ってきました。その成果発表として、中島町が誇る文化施設、能登演劇堂で演劇作品を上演します。私たちのひと夏の挑戦の成果を、是非観にいらしてください。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、(電話)080-3716-3524、またはこちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [北陸]

2019年8月24日

劇団新人類人猿 2019巡回公演『人や銀河や修羅や海胆は』

【出演者・スタッフ】
演出:若山知良
出演:茶谷幸也、今井淑恵、山下大輔、中川誠、木村日菜乃
照明:宮向隆
音響:中山聡子
舞台監督:ta96
衣装:所村佳子
舞台写真:野田啓
協力:[大阪公演]一般社団法人表現者工房、エイチエムピー・シアターカンパニー
[名古屋公演]劇団クセックACT、PAP・でらしね、寂光根隅的父、グループ シロ&クロ
芸術文化振興基金助成事業

【会場】
■金沢 2019年10月19日14:00& 19:00開演// 20日13:00開演
金沢市民芸術村PIT2ドラマ工房(金沢市)
■大阪 2019年11月16日19:00開演// 17日11:30開演
IK SALON表現者工房(大阪市生野区)
■愛知 2019年11月23日14:00& 19:00開演// 24日13:00開演
G/Pit(名古屋市中区)
【料金】
〈金沢公演〉一般前売2000円 // 当日2500円 U-25前売1000円 // 当日1500円
〈大阪・名古屋公演〉一般前売2500円 // 当日3000円 U-25前売1500円 // 当日2000円
※U-25チケットをお求めの方へ 当日、年齢(生年月日)の確認できるものをご持参くださいますようお願い致します。
チケットは劇団事務所(メール、電話)、カルテットオンラインなどで取扱。

 金沢・大阪・愛知にて、劇団新人類人猿 2019巡回公演『人や銀河や修羅や海胆は』が上演されます。
 「宮沢賢治『春と修羅』をモチーフに、2017年、金沢21世紀美術館。2018年、構成や演出を改め『人や銀河や修羅や海胆は』として宮城県仙台市で上演。そして、2019年、俳優たちの身体を通し舞台上に描き出す視覚的演劇詩は、構成を新たに再び金沢から大阪・名古屋へと!
 詩に描かれた世界観や生命観、その視点を通し、自然災害により失われた営み・命・景色への、鎮魂や癒し、生きるものへの賛美。再生への願い。そして、それらの記憶を風化させてはならないという思いから生まれた新人類人猿の作品群の一つ。
 自然と人が向き合わざるを得ない災害が相次ぐ昨今、被災され傷付いた多くの人々への心の安寧に対する『祈り』。ともに現在を生きるひとりひとりの命の営みに対し優しく背中を押すものにればと願っています。
 昨年は、被災地のひとつ宮城県仙台市で上演。その評価を経て、いま一度、あの日の記憶に触れ、被災した方々に思いを寄せるとともに、この先も起こりうる自然災害に私たち自身が立ち向かうための一助になればと思うのです。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、劇団新人類人猿:電話:080-6234-8204、またはこちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(若山さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東海] [北陸] [近畿]

2019年8月23日

Pityman「ばしょ」

作・演出:山下由
キャスト:浅井裕子 池内風(かわいいコンビニ店員飯田さん) 田久保柚香 田島実紘(劇団スポーツ) 東澤有香(キコ/qui-co.) 藤田りんご(Pityman)
スタッフ:照明 千田実(CHIDA OFFICE) 音響 ナガセナイフ 他


日時:2019年9月20日(金)~24日(火)
場所:新宿眼科画廊スペース地下 〒160-0022 東京都新宿区新宿 5-18-11
料金:前売り:3000円 当日:3200円
◇U-22 \1,500 (要予約・要証明・各回枚数限定) 
◇オーストラリア行ったことある人割 \2,800 (要予約・要写真証明・各回枚数限定)
チケット予約

 東京にて、Pityman「ばしょ」が上演されます。
 「オーストラリアの隅っこの街パース 。閉店後のジャパニーズレストランで日本に帰国する従業員のささやかなお別れ会が開かれる中、酔っ払ったりケンカしたりしながら失踪してしまった恋人のことを思い出す男のジャパニーズレストランとエアーズロックをめぐるお話し。
 過去に上演された自信作をリメイクする傑作選の第二弾。昨年上演された第一弾は好評を得て門真国際映画祭舞台部門では作品賞を受賞した。今作は作者山下が二十代の頃に滞在したオーストラリアを題材に、現地に暮らす日本人たちのさみしさを、濃密な空間で届ける意欲作だ。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


Pitymanホームページ


(長野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年8月22日

謎のキューピー 第15回公演【羊たちの午後】

●脚本● 立川志らく
●企画・演出● 酒井莉加
●舞台監督・舞台美術・制作● 上野G〜
●音響● ゴメス優
●照明● 由利優樹
●宣伝美術● 立川らくまん
●出演● 箱田博之、松原蓮之介、野崎詩乃浦田有田中絵梨コロンボデンゾー(謎のキューピー)、篠崎徳光タコ太郎(謎のキューピー)、立川らくまん

2019年9月7日(土)~11日(水)
下北沢・小劇場 楽園(東京都世田谷区北沢2-10-18-B1)
●タイムテーブル●
9月 7日(土) 13:00/18:00
9月 8日(日) 13:00/18:00
9月 9日(月) 14:00/19:00
9月10日(火) 14:00/19:00
9月11日(水) 14:00
●料金● 前売3300円、当日3500円 リピーター割1500円(半券持参)
●ご予約● こちらのメール 劇団扱いウェブサイト


 東京にて、謎のキューピー 第15回公演【羊たちの午後】が上演されます。
 「女優・演出家で、落語家・立川志らくの妻でもある酒井莉加が主宰。志らく主宰劇団、下町ダニーローズの親子劇団として年2回程度のペースで公演を重ね、本公演13回、特別公演1回、計14公演。とある銀行で起きたノンストップクライムサスペンス。落語家立川志らくによる最新・書き下ろし脚本」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

謎のキューピーホームページ

(志ら松さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]