公演案内ページ | 演劇交差点トップページへ

2019年11月30日

「ENDSCAPES」

ホール施設全体を使った現代ダンスパフォーマンス ENDSCAPES


〈振付・演出〉東野祥子
〈出演〉東野祥子・ケンジルビエン・吉川千恵・矢島みなみ・加藤律・ミナミリョウヘイ・田路紅瑠美・尾身美苗・新井海緒・Collectiveメンバー(市民参加者) ほか
〈音楽・演出〉カジワラトシオ
〈空間演出・美術〉倉持裕二

主催:公益財団法人 くにたち文化・スポーツ振興財団
共催:一般財団法人地域創造


12月8日(日)15時開演
会場:くにたち市民芸術小ホール
《アクセス》JR中央線国立駅からバス10分/JR南武線谷保駅・矢川駅から徒歩10分
チケット:一般1,500円 学生500円
・車いすご利用の方、歩行が難しい方はチケットご購入時にお申し出ください。
・前半は歩行および立った状態での観覧となります。
・会場の一部が暗くなっております。ご注意ください。

東野祥子(ひがしのようこ)
ANTIBODIES Collective振付家・ダンサー。10歳からダンスを始める。国内外の劇場やフェスティバルにて舞台作品を数々発表。ミュージシャンと即興セッションを多方面で展開する、トヨタコレオグラフィーアワード、横浜ソロ×デュオ〈Competition〉+などで大賞を受賞。2015年、京都に活動拠点を移し、ANTIBODIES Collectiveを音楽家のカジワラトシオと結成。多ジャンルのアーティストとともに大掛かりな舞台作品制作やパフォーマンス、インスタレーションなどを全国ならびに海外にて多数実践している。


 東京にて、公演「ENDSCAPES」が上演されます。
 「境界を超える 時空を超えて違う世界を通して見えてくる 未だみたことのない風景・・・観客と舞台の境がなくなる『体験型パフォーマンス』。国内外の劇場やフェスティバルにて舞台作品を数々発表しているANTIBODIES Collective主宰で振付家・ダンサーの東野祥子によるくにたちオリジナル公演、Collectiveメンバー(市民参加者)も加わり観る人も踊る人も新しい何かに出会える空間を創ります。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、くにたち市民芸術小ホール 〒186-0003 国立市富士見台2-48-1 電話 042-574-1515 E-mail: こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年11月28日

劇団スタジオQ公演『道草エレベーター』

作・演出:脚本・演出 大塚彩王
キャスト:悠木風子、真鍋智佳子、福森久子、西川久仁子、田中摩耶、河田香、高宮規久子、木山和明、鶴真一
スタッフ:脚本・演出 大塚彩王、美術監修 竹内志朗


日時:2020年1月18日(土)午後6時半、19日(日)午後2時半(開場は開演の30分前)
場所:国立文楽劇場 小ホール 日本橋駅下車すぐ
料金:前売り:2800円 当日:3000円

 東京にて、劇団スタジオQ公演『道草エレベーター』が上演されます。
 「〈物語〉90歳を迎えた作家が、自身の最後の作品を執筆すると決めた。最後の仕事場は、とあるマンションの最上階。そこには、個性的な住人たちが...作家は作品を書き上げられるだろうか!?
 吹田市を拠点に活動して参りました、劇団スタジオQと申します。今回初めて国立文楽劇場小ホールでの公演を行います。『終末探偵』『ラストオーディション』に続く、終末シリーズ第3弾として描く本作品、より多くの方々に観ていただけたらと思っております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「抽選で5組10名様に18日(土)午後6時半からの公演チケットをプレゼント致します。メールにて、お名前、ご住所、演劇交差点を見たとお書き添えいただき、ご応募下さい。め切り 2019年12月31日」

劇団スタジオQホームページ

(西川さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団俳優座No.340『雉はじめて鳴く』

作/横山拓也(iaku) 演出/眞鍋卓嗣
◆キャスト◆ 天野眞由美 山下裕子 河内浩 塩山誠司 清水直子 若井なおみ 保亜美 宮川崇 深堀啓太朗 後藤佑里奈 八頭司悠友
◆スタッフ◆
作 :横山拓也(iaku)
演出:眞鍋卓嗣
美術:杉山至
照明:桜井真澄(株式会社 東京舞台照明)
効果:木内拓(株式会社 音映)
衣裳:樋口藍(アトリエ藍)
舞台監督:関裕麻
舞台写真:森田貢三
宣伝美術:西村教生
制作:劇団俳優座 制作部
主催:劇団俳優座
協力:iaku

◆スケジュール◆2020年1月10日 (金) ~1月19日 (日)
10(金)19:00
11(土)14:00
12(日)14:00
13(月)14:00
14(火)14:00
15(水)19:00☆
16(木)19:00☆
17(金)14:00
18(土)14:00
19(日)14:00
☆15日(水)、16日(木) アフタートーク
ゲスト 15日(水) 濱田元子 氏(毎日新聞記者) 16日(木) 横山拓也 氏(iaku代表。劇作家、演出家)
開場は開演の30分前。受付は開演1時間前から。★完売日に関しては、当日キャンセルが出た場合のみ当日券を販売いたします☆
◆会場◆ 俳優座劇場 (東京都港区六本木4-9-2)
◆料金◆ 一般/5,500円 学生/3,850円 シニア席(65歳以上)/4,800円 ハンディキャップ席/3,300円 全席指定、税込 チケット料金は、前売・当日ともに同額です。*シニア席、ハンディキャップ席には数に限りがあります。
◆チケット◆ 2019年11月8日 前売開始
●劇団俳優座 03-3405-4743/03-3470-2888(10:30~18:30 日・祝除く)
●Confetti(カンフェティ) 0120-240-540
※チケット予約・ご購入のためには、まず会員登録(無料)が必要です。

◆作者紹介◆
横山拓也:他人の口論をエンタテイメントに仕上げるセリフ劇や、ある社会問題を架空の土地の文化や因習に置き換えて人間ドラマとして立ち上げる作品を発表している。『消耗しにくい演劇作品』を標榜し、全国各地で再演ツアーを精力的に実施。近年の作品に『逢いにいくの、雨だけど』(第22階鶴屋南北戯曲賞ノミネート)、『あつい胸さわぎ』がある。また戯曲講座の講師としての実績も多数あり、関西ではもちろん、三重、金沢、福岡、札幌などでも戯曲講座を開催してきた。日本劇作家協会会員(関西支部長)
◆iaku◆
劇作家・演出家の横山拓也が2012年に立ち上げた大阪発のユニット。主に関西弁の口語を用いて、緻密な会話が螺旋階段を上がるようにじっくりと層を重ね、いつの間にか登場人物たちの葛藤に立ち会っているような。感覚に陥る対話中心の劇を発表している。間口の広いエンターテインメントを意識しながら大人の鑑賞に耐え得る作品づくり、繰り返しの上演が望まれる作品づくりを心掛け、全国で再演ツアーを精力的にに実施している。


 東京にて、劇団俳優座No.340『雉はじめて鳴く』が上演されます。
 「鋭い観察眼と綿密な取材を元に人間や題材を多面的にとらえる戯曲で、数々の賞に輝く横山拓也と、俳優座の新鋭・眞鍋卓嗣による化学反応。昨年、演劇界にしずかな衝撃を与えた『首のないカマキリ』の余韻覚めぬ中、早くも第二弾が決定!!
 『例えば彼女が教師じゃなかったら、あの恋愛はスタートしていたのだろうか』『もしも彼が大人だったら、あの恋は成就していたのだろうか』小さい囲いの中で形成される数百人のコミュニティ。彼らの眼に映る世界の先に、実社会はつながっているのだろうか...。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団俳優座 03-3405-4743/03-3470-2888(10:30~18:30 日・祝除く)まで。

(深堀さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年11月26日

niue&co「膿み出し」

作・演出:時松涵平
キャスト:朱音、山井克馬、冨ヶ原啓太郎、高橋幹太、能美有莉加、本多彗
スタッフ:演出 中野鉄雄 記録撮影 奥田しゅんじ 制作補助 曽田あかり 企画協力・ 牛嶋みさを 企画 niue & co


日時:2020年1月10日~14日
場所:新宿眼科画廊地下
公演日程:2020年1月10日~14日
料金:前売り:2500円 当日:3000円 チケット


 東京にて、niue&co「膿み出し」が上演されます。
 「『膿み出し』戯言(たわごと)と戯れ言(ざれごと)の二部構成短編作品数十編 時松涵平、中野鉄雄らからなるグループ 次回公演『膿み出し』1,戯言(たわごと)と2,戯れ言(ざれごと)の二部構成短編作品数十編」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


niue&co twitter

(中野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年11月25日

即興・インプロライブ FIVE CRANEGAME 11月公演

【出演者】一明一人(株式会社プランニングエッグ) 小野愛寿香(i_garden/ステージタイガー) かける 白石涼子(Sand Pit/クロウキャッチ) ピエール(ダメリーノ/クロウキャッチ/左京区) 秋桜天丸(うんなま/FIVECRANEGAME)

【日時】2019年11月30日(土) 1stステージ 14:00 2ndステージ 16:30
*受付開始・開場は開演の30分前を予定
*2ステージ目の開演時間が諸事情により変更になりました。ご迷惑をお掛けし大変申し訳ありません。ご来場、ご予約の際はお気をつけください。
※1ステージ目の開演時間に変更はございません。
【料金】前売り :1500円 当日 :2000円 ☆プラスワンドリンク制(1杯600円)
【予約】
【会場】Acqua (〒650-0004 神戸市中央区中山手通1-22-10 象ビルヂングB1)


 神戸にて、即興・インプロライブ FIVE CRANEGAME 11月公演が上演されます。
 「新感覚舞台!即興・インプロライブFIVECRANEGAME!! 毎回ゲストと共にその場、その瞬間に行われる準備、仕込みまったくなしの即興バラエティーショー!!旗揚げメンバーが再集結!新たな会場で暴れ回る!?全貌は劇場へ!!
 そもそもインプロって?? 台本も演出家もなにも決まっていないお芝居のことです。お互いのやり取りだけで、未知なる物語を創ります。海外では、インプロ出身のハリウッドスターも生まれ、多くの俳優がインプロを学んでいます。パフォーマンスとして評価されるだけでなく、欧米では、コミュニケーション教育や人材育成のために、学校や企業でインプロを用いた授業が行われています。日本でも20年ほど前から、海外から紹介され、現在、演劇だけにとどまらず、ワークショップという形で社員教育や学校教育の場で注目されています。※インプロは『インプロビゼーション(Improvisation=即興)』の略。即興・インプロライブ FIVECRANEGAME は奇数月の最終土曜に神戸にて定期公演開催中!! ハッシュタグ: #5CGAME 各種お問い合わせやご予約、公演の感想等お気軽にお問い合わせください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


FIVE CRANEGAMEホームページ
twitter : @FIVE_CRANEGAME facebookpage


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年11月24日

虚飾集団廻天百眼『不思議の国のアリス・オブザデッド』

◎脚本/演出 石井飛鳥
◎出演 紅日毬子、桜井咲黒、十三月紅夜、西邑卓哲(FOXPILLCULT)、左右田歌鈴、辻真梨乃、大島朋恵(りくろあれ)、こもだまり(昭和精吾事務所)、なにわえわみ(劇団フェリーちゃん)、柚木成美、湖原芽生、邑上笙太朗、本山由乃(劇団ロオル)、伊井ひとみ(株式会社クロコダイル)、白永歩美(月蝕歌劇団)、高田那由太(なゆたハムニダ)、木村飛香、ハラグチリサ、大橋桃佳

2020年 1月28日(火)~2月3日(月) 於・ザムザ阿佐ヶ谷
◎チケット 一般 4800円 白兎(11月23日~12月15日までの先行割引券)4200円 青虫(学生割引券)2000円 女王陛下の庭の薔薇(全日程フリーパス券)40000円
◎タイムテーブル
1月28日(火)19:00
1月29日(水)19:00
1月30日(木)19:00
1月31日(金)19:00
2月1日(土) 14:00/19:00
2月2日(日) 14:00/19:00
2月3日(月) 19:00


 東京にて、虚飾集団廻天百眼『不思議の国のアリス・オブザデッド』が上演されます。
 「アングラのその先、アッパーグラウンドへ!この世とあの世の境界劇を演じる虚飾集団廻天百眼の劇場最新作!少女は化け物に呑み込まれながら自分の名前がレイシーだったことを思いだす。呑まれた先は白うさぎ率いる狂人たちのパーティー会場。そして階下からはゾンビの大群が迫ってくるという。もう一人のあなた、アリスと名乗る少女に導かれゾンビから逃れるレイシー。血まみれの労働!セックスと喧騒!生まれ直しと悪い夢。15階超えたら仲間入り、誰も元には戻せない!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、公式サイトまで。


(桜井さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年11月23日

劇団『良くいえば素直』旗折り公演『ドラマチックってなんだよ』

脚本・演出 岸本絵里香
【出演】市川萌 坂上友寛 坂田真夕 中本星伍 初田和大 藤崎友理 安本健吾(劇団我が儘) 他
【スタッフ】
舞台監督:大林弘樹(劇団ちゃうかちゃわん)
舞台監督補佐:市川萌
舞台:倉本隆成
照明:檀上翼(四人に朽無し)
音響:田邉光洋
衣装:石野里奈
美粧:松田義顕(劇団公演中止)
小道具:松岡える
宣伝美術:山内。
撮影:山口紘司
制作:飯田結湖
制作補佐:久保伊織(劇団ちゃうかちゃわん)

【日時】11/29(金)18:00 11/30(土)10:30/13:30
【場所】大阪大学豊中キャンパス 学生会館2階 大集会室
【アクセス】阪急宝塚線『石橋阪大前』より徒歩約15分 大阪モノレール『柴原阪大前』より徒歩約20分
【料金】無料(カンパ制)
【ご予約】 *先着100名様に劇団『良くいえば素直』オリジナルの予約特典がございます!

 大阪にて、劇団『良くいえば素直』旗折り公演『ドラマチックってなんだよ』が上演されます。
 「騒音、面接、ゲロキャッチ......癖の強い繋がり方をした縁が複雑に絡み合うアパートの一室。若者たちは流行と刺激の自給自足を目指し壮絶なバトルを繰り広げる!彼らに待つのは生か死か、それとも愛と友情か? ☆劇団員一同、皆さまの御来場を心よりお待ちしております。☆」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、tel. 080-2482-7669(イイダ)、またはこちらのメール、Twitter. @yokuieba_sunao まで。


(久保さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年11月21日

俳優陣O2K「絢爛とか爛漫とか モダンボーイ版・モダンガール版」

作・演出:作:飯島早苗/演出:大塚達矢
キャスト:小原友太、後藤洋平、青木健人、林多久磨(CROSS CALL)、境美砂、古谷純花、松村瑠奈、並木優子
スタッフ:俳優陣O2K


日時:11/28~12/7
場所:俳優陣O2Kアトリエ(都営線船堀駅から徒歩12分)
料金:前売り・当日共に:2000円


 東京にて、俳優陣O2K「絢爛とか爛漫とか モダンボーイ版・モダンガール版」が上演されます。
 「時は昭和初期。デモクラシーからそう遠くない時代。若き4人の文士たちの、それぞれの四季の物語。
 まだ戦前の平和で豊かな日本で、自分が書きたい小説にもがき苦しむ若者の物語です。特に夢を持って日々悩んでる方にはガッツリ響く内容と思いますので、この晩秋に、モダンな観劇を是非!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(並木さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年11月17日

池の下「狂人教育」

作・演出:作:寺山修司/演出:長野和文
キャスト:深沢幸弘(鬼面組)、平澤瑤(ALBA)、SUMIO(トツゲキ倶楽部/Re:Play)、岩切チャボ、井口香、青木五百厘(劇団KIII)、桜亨士郎(劇団KIII)、直井よしたか(スピカエージェンシー)
スタッフ:照明:安達直美/音響:高沼薫/舞台監督:田中新一(東京メザマシ団)/制作協力:潮田 塁/宣伝美術・画:松本潮里/企画制作:池の下


日時:12月13日(金)19:30・12月14日(土)14:00/19:00・12月15日(日)14:00
場所:d-倉庫(日暮里駅JR南改札口より徒歩7分)
料金:前売り:3500円 当日:4000円

 東京にて、池の下「狂人教育」が上演されます。
 「舞台は、元貴族が住んでいたと思われる『人形館』。小児麻痺の女の子の蘭は、この屋敷で家族と住んでいる。やぶにらみで船の設計士の祖父と、猫きちがいの祖母、吃りでベルリオーズの熱狂的ファンの父、淫蕩な姉のマユ、虚無的な詩人の兄の鷹司。家族は専制的な祖父の下で暮らしていた。ある日、法医学者のドク氏がこの一家に宣言する。『この家にたった一人だけ気違いがいる』。祖父は一家の名誉を守るため、気違いを探し出し、密殺してダリア畑に埋めることを決定する。そのときから、家族のヒステリックな気違い探しが始まる───
 韓国の密陽演劇祭、中国の国際小劇場演劇祭で上演して好評だった『狂人教育』は、今年10月ポーランドのグダニスク・シェイクスピア劇場とグロトフスキ研究所より招聘を受けて上演され、テレビ取材や各種媒体で取り上げられるなど様々な反響を呼びました。今回はポーランドツアーの成果をふまえた凱旋公演になります。池の下がこれまで上演してきた寺山作品の中でもとくにフィジカルで視覚的魅力にあふれた作品です。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


池の下ホームページ


(山猫さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年11月15日

Toshizoプロデュース「ミックスモダン」

作・演出:藤原稔三
キャスト:重松愛子・花澤豊孝・與儀慎太郎・久保山智夏・藤原稔三
スタッフ:照明: 青木大輔  音響: 横山朋也  制作: 藤原真理子  舞台美術: 達芸社 宣伝美術: MAGO  Web: 小野寺あゆみ

日時:2019年12月18日(水)~22日(日)
場所:トシプロスタジオ(JR荻窪駅 徒歩8分)
料金:2500円(高校生以下は2000円)
[チケット]


 東京にて、Toshizoプロデュース「ミックスモダン」が上演されます。
 「大阪千日前のお好み焼き屋『木垂る(こだる)』で働く元受刑者たちの物語。Toshizoプロデュースの舞台作品では小道具や舞台セットなどの演劇装置がほとんどありません。何もない空間で俳優たちは身体と言葉を用い、日常的なやりとりで展開される物語は観る人の想像力を刺激します。俳優と観客の想像力によって築き上げられた空間は、一人一人と私的なつながりを持ち、その心をゆさぶります。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(USSOさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年11月14日

劇団Stage SS Zakkadan「ディス・イズ・ショウタイム 年忘れ~おやかまし公演~」

日時:2019年12月28日14時
場所:神戸ポートオアシス(三宮駅から徒歩約15分)
料金:前売り:3000円 当日:3500円

 神戸にて、劇団Stage SS Zakkadan「ディス・イズ・ショウタイム 年忘れ~おやかまし公演~」が上演されます。
 「大正時代から昭和にかけての古き良き時代をみなと神戸でお楽しみ! お芝居とはちょっと違う、1時間半ほどのショウタイム♪ 歌有り、ダンス有り、コントあり!バンド演奏もやっちゃいます! お届けする歌は、美しい日本語がちりばめられた名曲の数々。お子様からご年配まで、はたまた日本語を勉強中の留学生さんも、どなたでもお気軽にご来場ください♪ 今回は2019年を締めくくる『年忘れ~おやかまし公演』と題しまして、いろいろと趣向をこらした内容となる予定であります! ワンドリンク付いてます!公演後のお楽しみタイムも予定しております! ぜひぜひ♪皆様のご来場お待ちしております☆☆☆ 14時から15時半ごろまでの公演なので、忘年会や帰省の予定がある方でも足を運んでいただきやすいお時間となっております♪」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(ムラカミさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

裃-這々『満ちて溢る』

・脚本・演出 加糖熱量
・出演者
怪獣チーム アイマル・ハコ さいとう篤史(ジョナサンズ) 佐倉もち(ワレワレハ)
恐竜チーム 荒井ミサ(演劇企画エウレーカ) いとういちまつ(ヨカセイカツ) 武島龍児

・日時 11月23日(土)24日(日) 12月7日(土)8日(日)
・場所 11月 くすのき荘 12月 rusu
・チケット料金 一般予約 2500円 当日券 2800円 リピーター割 一回につき-500円 パトロンチケット(振込限定) 2500円~
★パトロンチケットとは?(振込限定)★
俳優さん、団体さんを応援したい気持ちを形にできるチケットです。2500円とお振り込みいただいた金額の差額分が、一定の割合で推しの俳優・ユニットに直接お金が入ります。
・チケット予約URL: 通常予約 パトロンチケット予約

 東京にて、裃-這々『満ちて溢る』が上演されます。
 「裃-這々では、11月23日(土)11月24日(日)と12月7日(土)12月8日に『キャスト』×『物語』×『場所』を[旅する上演]として、11月と12月で場所を移動して演劇公演を開催いたします。今回開催する『満ちて溢る』は一度公演を行い、その再演をダブルキャストにて行います。『私』、『私の後輩』、『私の恋人』の三人で物語は構成されており、それをくすのき荘、rusuといった古民家に近いギャラリーにて行います。人が変わり、場所の変わるなかで物語がどのように旅をするかをご覧いただけたらと考えます。我々、裃-這々は『誰かの中に、痒みを伴う小さな傷を、そこにある息遣いに乗せて』を標語にこれまで作品を作ってきました。また、特徴的な台詞回しで身近ではない言葉でどこにでもある普遍的な感情を描きます。今回はパトロンチケットという、観客が俳優に直接的な支援もできるチケット制度も設け、チャレンジングな公演となっております。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

裃-這々ホームページ
劇団Twitter


(岡村さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年11月13日

劇団ジャンク派未来篇『アンドロイド2100』

詩は、人間の鳴き声なのよ。
2019 やまぐち詩の祭典 同時開催 劇団ジャンク派未来篇『アンドロイド2100』


作演出 チェン・スウリー
【芝居】チェン・スウリー/寺崎詩音/いちか/天宮サクラ
【ダンス】安田有佐/中島和明/杣津妃南
【音楽監督、EL.】田村佳乃子
【ダンス指導】安田有佐(こいね会舞踊学院)
【宣伝美術】鈴木仁々
【舞台】清恋
【照明】仁那
【協力】時乘陽南/荒川京子/内山恵美/村上真理(劇団コックピット)
【ゲスト】神田京子(講談師)/桑原滝弥 (詩人)/大島健夫(詩人)
後援: 山口県/山口市/中原中也記念館/金子みすゞ記念館/山頭火ふるさと館


日時 2019年11月24日(日) 13:30開場/14:00開演
会場 山口県政資料館 旧議事堂(山口市滝町1-1 山口県庁敷地内)
●チケット 一般 2,000円/学割(大、専) 1,000円/学割(小、中、高) 500円 ※いずれも当日は500円増し。未就学児は無料。
●プレイガイド
山口市民会館/YCAM(山口情報芸術センター)/井筒屋/三好屋レコード/文榮堂 本店/アスピラート/幸せますアンテナショップ ゆめ座/マツノ書店
もしくはメールにて (振込先をご案内します)

●プレイベント ランタンポエトリーナイト
11/23(土) 17:00~ 蓬莱座 予定地(山口中心商店街 みずほ銀行向かい、旧 蓬莱閣)
◎詩のオープンマイク参加者募集! 詩の朗読、及び、詩的パフォーマンスをされる方なら、誰でも参加可能。制限時間一人(組)5分間。自作他作不問。ご持参の生楽器演奏、及び、スマホからの音源使用化。電気系統が必要な楽器、及び、音源再生機器は会場の都合により不可。当日開場時16:30~エントリー受付。 ※もちろん観覧のみのお客様も大歓迎です。※お車の方は米屋町天神駐車場が便利です。
本オープンマイク参加者のなかから、 主催者が特に素晴しいと感じた方2名様には、 "ジャンク派オープンマイク賞"として、 翌日11/24(日) 山口県政資料館 旧議事堂にて開催される 『やまぐち詩の祭典』にプロとしてご出演いただきます。
ご予約・エントリー こちらのメール


桑原滝弥
詩人。演劇・音楽・パフォーマンス活動を経て、1994年、詩作を開始。
詩人・谷川俊太郎との競演イベント『俊読』(全国開催)などの企画も多数手掛ける。妻は講談師・神田京子。著書に詩集『花火焼』(にこにこ出版)、写真詩集『メオトパンドラ』(写真家・キッチンミノル共著/FOIL)ほか。詩芸企画『詩人類』代表。
神田京子
女性講談師。落語芸術協会所属の真打。夫は詩人・パフォーマーの桑原滝弥。都内の寄席に出演の傍ら、独演会・地方公演・海外公演・他ジャンルとのコラボレーションなど、講談の可能性を広げる公演を積極的に続けている。2012年度文化庁芸術祭ラジオ部門大賞受賞、第39回放送文化基金賞本賞受賞など
大島健夫
詩人。ポエトリー・スラム・ジャパン2016全国大会優勝。フランスのパリで開催されたポエトリー・スラムW杯に日本代表として出場し準決勝進出。2009年12月より現在まで、山口勲と共同で、千葉で唯一の朗読オープンマイクイベント『千葉詩亭』を隔月で主催。

 山口にて、2019 やまぐち詩の祭典 同時開催 劇団ジャンク派未来篇『アンドロイド2100』が上演されます。
 「時は、まもなく22世紀を迎えようとしていた。科学技術、特にAIの進化は目覚ましく、孤高の科学者ドクトルジゴバは、『人間を超える生命』の創造主となることに心血を注ぐのだった......詩人で劇団ジャンク派座長のチェン・スウリーが『やまぐち詩の祭典』の開催にあたり書き下ろしたオリジナル脚本。全編生演奏の音楽と詩の朗読、歌やダンスを盛り込んだジャンク派ならではのエンターテイメント詩劇。金子みすゞ、中原中也、種田山頭火など山口県ゆかりの詩人の詩もふんだんに盛り込み構成する舞台。第1幕 スーパーヒューマノイド/第2幕 みすゞの詩/第3幕 ゴンドラの唄/第4幕 さみしいワルツ/第5幕 機械仕掛けの踊り子/第6幕 サーカス(フィナーレ) 東京から特別ゲストを招き、講談と詩の朗読、パフォーマンスも織り交ぜながら物語が展開されます。
 中原中也、金子みすゞ、種田山頭火、等など...多くの詩人を輩出した″詩のメッカ″山口の地で、朗読、芝居、講談、ダンス、歌などの異業種コラボで賑々しく詩の祭典を開催いたします!!今年3月に同会場で中原中也の舞台の山口公演を、9月末に東京公演を開催し成功を収めた劇団ジャンク派が企画・主催でお届けする詩を身近に楽しめるイベントです。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、劇団ジャンク派 Tel 080-5486-2312/Mail こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(チェン・スウリーさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [中国]

2019年11月11日

Offbeat Studio 第一回公演『カケチガイ』

【脚本】藤田委甫
【演出】前田倫良
【音楽】 加羽沢美濃
【美術】浅井裕子
【照明】南香織
【音響】長谷川ふな蔵
【舞台監督】倉本徹
【WEB制作】中野了
【宣伝デザイン】高尾元樹
【企画・製作】OffbeatStudio
【出演】前田倫良、汐美真帆、俵野枝、坂東七笑、緒方和也、羽鳥友子、奥田努、天久真介、時里ひかる


@中野WESTEND STUDIO
2019/12/04 (水) ~ 2019/12/08 (日)
12月4日(水) 19:00
12月5日(木) 14:00
12月6日(金) 19:00
12月7日(土) 14:00/18:00
12月8日(日) 11:00/15:00
※上演時間:約1時間40分(休憩なし)を予定
【発売日】2019/10/24 一般:前売り5000円/当日6000円 学生:前売り3000円/当日4000円 全席自由席
こりっち ホームページ
※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。


 東京にて、Offbeat Studio 第一回公演『カケチガイ』が上演されます。
 「脚本は、今年の『wowow新人シナリオ大賞』で優秀賞をを受賞した藤田委甫(ふじたいほ)さん。音楽を、『題名のない音楽会』『ららら♪クラシック』等の司会をはじめ、『ホテルビーナス』『四日間の奇跡』『出口のない海』『ツレがうつになりまして。』(映画)、『整形美人』(TV)等の劇版を担当された、作曲家の加羽沢美濃(かばさわみの)さんによる全編新作を書き下ろし。
 1人の男の名は光男という。そしてもう1人の男を和男という。仕事ばかりで家庭を顧みない社長の光男は、妻・佐知子とすれ違いの生活を送っていた。そんなところに、光男の愛人・ルリが突如現れ、夫婦は修羅場に...一方、万年平社員の冴えない男・和男は、妻・良美との関係は一見良好だが、子供の事で問題を抱え、夫婦仲がギクシャク...この身分も年齢も異なる2人の男が、ある⽇突然、中身が⼊れ替わるという飛んだハプニングが起こり、光男は和男夫婦の、和男は光男夫婦のトラブルに巻き込まれていく...誤魔化し乗り切ろうとする男達だったが、思わぬところで妻達の本音を耳にする事に...」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


Offbeat Studioホームページ

(前田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年11月10日

劇団麻生夢想「ナイトレンジャー」

・脚本・演出:麻生智義 ・キャスト:麻生智義、ささの翔太、北川結愛、中村にけ、内田滉介、須藤拓也、蛯原啓介


・公演日程:11月15日(金)~11月17日(日)
・会場:オメガ東京
■タイムスケジュール
11/15(金)19:00
11/16(土)14:00/19:00
11/17(日)13:00/17:00
■チケット料金※税込
一般(予約):3,000円
一般(当日):3,500円 
高校生以下(予約/当日共に):2,000円※全席自由
※チケットの種類に応じ身分証の提示をお願いします。
予約フォーム

 「胸熱な物語に、大迫力の戦隊ヒーローアクション!2010~2014年にかけて活動してきた劇団『麻生夢想』。子どもから大人まで、万人が楽しめるお芝居に、特撮ヒーローの要素を織り込んだ熱い作劇が特徴の演劇団体。2014年のFINAL『最終回』を以て、惜しまれつつもその活動を終了したが、2017年に再始動公演『第一話』を上演。そして『第一話』から2年の時を経て帰ってきた。タイトルは『ナイトレンジャー』。だがしかし、そのビジュアルには一言『--終わりにしよう。』かつて戦隊として世界を守ったレッドとブルー。現在はタレント活動で、人々から圧倒的な支持を集める。しかし、レッドにはある秘密があった。彼はレッドではない。ただの一般人が『なりすました』だけだったのだ。そんな生活が続くわけもない。彼の秘密は暴かれ、強大な敵が姿を現す。子どもたちの『がんばれ』を、嘘にしないために。どん底の彼は最後の舞台で、いま、名乗りを上げる!
 迫力のアクションは健在! さらに今回は主宰・麻生も出演!今回、主演と務めるのは麻生智義。これまでの公演は脚本・演出を担当していたが、本作にて初めて主演を担当。レッド役を熱演している。そしてブルー役には俳優:笹野高史の長男、ささの翔太が出演。麻生夢想の最大の見どころである、大迫力のヒーローアクションは、本作も健在である!更に今回の最大の見どころは『変身アイテム』。本作の為に作られた変身アイテム『ナイトチェンジャー』は電飾が仕込まれており、ある特別なタイミングでのみ発光する。ストーリーだけではなくディティールにもこだわった本舞台を、どうぞお楽しみください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、麻生夢想制作担当 小篠(おざさ)080-6438-6538、またはこちらのメールまで。


劇団麻生夢想公式ツイッター

(小篠さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

シアターX(カイ)提携公演 劇団アレン座第4回本公演『いい人間の教科書。』

作/演出:鈴木茉美
出演 栗田学武(Allen suwaru) 磯野大(Allen suwaru) 普光院貴之(Allen suwaru) 來河侑希(Allen suwaru)
Costume Design:Yoshimi Saito
Photo Artist:木村健太郎
STAFF
作・演出:鈴木茉美
舞台照明:大平智己(ASG)
映像:浦島啓(colore)
音響:川西秀一(Lucky Jr.sound)
舞台監督:澤麗奈(合同会社obbligato)
衣装デザイン:Yoshimi Saito×キタガワユウキ(Allen)
ヘアメイク:藤本麗
撮影:木村健太郎(Allen)
宣伝美術:Allen、小倉美緒
制作協力:島崎翼
主催・制作:株式会社Allen


【会場】シアターX(カイ) 【住所】〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14両国シティコア内
【日程】2019年11月13日(水)-11月17日(日)全6st
【タイムスケジュール】
11/13(水)19時
11/14(木)19時
11/15(金)19時
11/16(土)13時/18時
11/17(日)13時
■アフタートーク詳細
11/13(水)19時 初日全員挨拶
11/14(木)19時 劇団アレン座【磯野大、栗田学武、普光院貴之、來河侑希】
11/15(金)19時 劇団アレン座【磯野大、栗田学武、普光院貴之、來河侑希】
11/16(土)13時 劇団アレン座【磯野大、栗田学武、普光院貴之、來河侑希】
11/16(土)18時 劇団アレン座【磯野大、栗田学武、普光院貴之、來河侑希】
11/17(日)13時 千秋楽全員挨拶
【チケット申込フォーム】 電話予約0120-240-540(平日10:00~18:00)
【チケット種別】全席指定席
◯学割シート(高校生以下):2000円(税込)
◯一般指定席:4000円(税込)
◯プレミアム前方席シート:6000円(税込) プレミアム前方席特典:豪華集合ブロマイド3種セット付き ※特典は特典引換所にて当日お渡し致します。 ※未就学児のご入場はお断りしております。

 東京にて、劇団アレン座第4回本公演『いい人間の教科書。』が上演されます。
 「磯野大はショーの真っ最中だった。栗田学武は会社からの帰り道。來河侑希はいつものようにネカフェでSNSをしていた。そして普光院貴之は......。約7500000000通りある人生の、ほんの4通りの彼らの人生。なぜ彼らだったのか。誰が決めたのか。なんのためにやったのか。『只今をもって、あなた方四人を拘束します。』彼らの生活は、突如小さな空間に閉じ込められた。
 初のAllen suwaruメンバーだけでお送りする、挑戦の本公演。全編エチュードで作られた本作は、彼らの全てをさらけ出す。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

◯Allen suwaru公式Twitter: @Allen_suwaru
Allen suwaru公式ブログ
チケットについてのお問い合わせ
シアターX

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年11月 8日

劇団俳優座公演『インコグニート』

2019年11月12日 (火) ~11月24日 (日)
※上演時間は、約2時間を予定しております。途中休憩はございません。
★18日(月)、20日(水)、21日(木)
アフタートーク
11月18日(月) 眞鍋卓嗣さん(演出家) 11月20日(火) 茂木健一郎さん(脳科学者) 11月21日(水) みなもとごろうさん(演劇評論家)
開場は開演の30分前。受付は開演1時間前から。☆ 完売日に関しては、当日キャンセルが出た場合のみ当日券を販売いたします☆
※チケット残数について
11/14(木)14:00 ▲ 残り僅か
11/16(土)14:00 ✖ 完売(キャンセル待ち)
11/17(土)14:00 ✖ 完売(キャンセル待ち)
11/18(月)14:00 ✖ 完売(キャンセル待ち)
11/20(水)19:00 ✖ 完売(キャンセル待ち)
11/21(木)14:00 ▲ 残り僅か
11/23(土)14:00 ▲ 残り僅か
◆会場◆ 劇団俳優座5F稽古場 (東京都港区六本木4-9-2-5F)
料金◆ 一般/5,500円 学生/3,850円 シニア席(65歳以上)/4,800円 ハンディキャップ席/3,300円 全席指定、税込 チケット料金は、前売・当日ともに同額です。*シニア席、ハンディキャップ席には数に限りがあります。
■チケット■ 2019年9月12日 前売開始
●劇団俳優座 03-3405-4743/03-3470-2888(10:30~18:30 日・祝除く)
Confetti(カンフェティ) 0120-240-540

 東京にて、劇団俳優座公演『インコグニート』が上演されます。「実在の人物・事件をモチーフにそれぞれの世界で語られる脳と記憶の物語。21人の登場人物を4人の俳優が演じます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「劇団俳優座 チケットプレゼント 2019年11月12日(火)~24日(日) 11月12日(火)19:00 11月15日(金)20:00 各回1名様をご招待いたします。公演詳細は、こちらをご覧ください。チケットプレゼントは劇団までお問い合わせください。TEL03-3470-2888 ご応募お待ちしております。」


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年11月 2日

Tomaz MAGiCALivE「幻想狂詩曲 - イリュージョン・ラプソディー -」

作・演出:ミナトノヨーコ
キャスト:Tomaz、chisa、IZUMI(CODENAMEZERO)、有馬里佳、響、のりまきのりこ、はむにゃん、二ノ宮修生(声の出演)、繁林バグ(声の出演)、勝野勉、たけちょう、武井義人(変態帝国)、マスターTIDA(Yu Selection)、闇色鍵盤
スタッフ:音響:とんかつ 照明:仲村鷹規 舞台監督:shigelin'burg 舞監助手:松尾潤子 マジック装置:野間信二 舞台美術:いたづ小僧 (itadu Land) 衣装:こぺし(サンピリ)・渡辺真理子 制作:山崎紀子、夏女 協力:吉田奈津子・吉田業・木村佐和子・谷 伊織(CATHOUSE THEATER)・阪本浩介・小堀博史・茶々(演劇企画カタアシイッポ)・ショローズ・イカロスの森


日時:2019年11月24日(日)[1]14:00~ [2]17:30~
場所:神戸アートビレッジセンター(KAVCホール)
料金:一般前売り:3500円 一般当日:4000円 中学生以下前売り:1500円 中学生以下当日:2000円
*上演時間約90分予定
*受付開始は開演の1時間前、開場は30分前です。
*3歳以下のお子様はご遠慮願います
*前売券をご購入の方には、当日受付にて、はむにゃんグッズをプレゼント !(関係者から直接購入もしくはお振込にて承ります。)
予約サイトこりっち

 神戸にて、Tomaz MAGiCALivE「幻想狂詩曲 - イリュージョン・ラプソディー -」が上演されます。
 「"どこでもない土地 -ばしょ-で いつでもない時間 -とき- 。流れ者たちが集う小さなサーカス団。手品師・曲芸師・クラウン・楽士たち。身を寄せ合い、人々を楽しませ驚かせるその集団に、命を狙われた姫君が逃げ込んでくる。最愛の人を亡くした過去のある手品師は、彼女を救おうとするのだった。"
 神戸発!演劇と生演奏でお届けする、驚愕の新たなマジックイリュージョンショー!楽しくてちょっぴりおそろしいおとぎ話のはじまりはじまり。マジシャンTomazが初めて演劇とマジックを融合させ、生バンドの演奏に乗せてドラマティックなイリュージョンを繰り広げます。不思議な魔法使いの物語、驚きの舞台を友達と、恋人と、ファミリーとお楽しみください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


Tomaz MAGiCALivEホームページ

(はむにゃんさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2019年11月 1日

劇団コスモル★満19祭『よすが』

★作・演出 石橋 和加子 (若手演出家コンクール優秀賞受賞・日本演出者協会員)
★CAST 高橋直幸 手塚優希(劇団ゴールデンタイム!・獣の仕業) 森田明日香 小林彩乃 須澤真織 星野佳奈 石橋和加子(コスモル)
★STAFF
舞台監督 川瀬誠(P.P.P.)
照明 仲光和樹(E-FLAT)
音響 坂爪亮介・臼井倶里(UNITBecrown)
美術 佐藤あやの 
舞台写真 大澤邦彦(luzfoto)
映像撮影 田中カズヒロ
チラシ絵&宣伝美術 Anthony Bulnes
制作 江浦静樹・コスモル事務局


日程:2019年11月7日(木)~10日(日)
劇場:下北沢OFFOFFシアター 〔下北沢駅・小田急線『東口』、京王井の頭線『京王中央口』改札から徒歩約3分〕東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F TEL:03-3424-3755
★TIME TABLE 受付開始→開演45分前 開場→開演30分前
2019年11月(7ステージ)
7日(木) 19:30
8日(金) 14:00/19:00
9日(土) 14:00/19:00
10日(日)13:00/17:00
★TICKETS<全席自由> 前売 \3000 当日 \3500 学生 \2500(※学生証掲示)
★みみよりコスモル割★
♪お友DA-V割=5名様で\13500<1名\300引!> ♪ランドセ~ル割=小学生\1500 <ぴよこもOK!5歳以下無料> ※取扱いは劇団のみ要予約。受付にて身分証・証明書掲示。

 東京にて、劇団コスモル★満19祭『よすが』が上演されます。
 「嵐の夜 祖母から1通の手紙が届く。『私はあるところに、ココロをおき忘れてをります。どうか、それを探して下さいませんか。何卒よろしくお願い申し上げます。』わたしが誰かも、じぶんが誰かも、もうわからないおばあちゃんからの手紙 祖母はわたしの隣で小さく寝息をたてている。人生は時になんだか酷くって!時にどうにも素晴らしい? 世界中をめぐるドサ廻りの弱小サーカス団と、時空や意識を超える壮大なお祭り旅へと参りましょう♪♪♪旗揚げ満19歳の個性派演劇異端児、劇団コスモルがあなたに贈る~情熱のパワーオブラヴ♡~ ★ファンタじっく・エキセントりっく・サイケデりっく、なのに至極の人生讚歌劇場へようこそ★」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、コスモル事務局:こちらのメールまで。


劇団コスモル公式ホームページ


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月31日

日本大学芸術学部殺陣同志会 令和元年度殺陣同志会本公演「一刀繚乱」

脚本 演出 殺陣同志会


期間 2019/12/12 (木) ~ 2019/12/12 (木)
タイムテーブル 12月12日(木)18:20開場 19:00開演
劇場 光が丘IMAホール
出演 小西柾輝、山﨑美奈、河野祐輝、池上泉ほか
入場料無料(カンパ制)

 東京にて、日本大学芸術学部殺陣同志会 令和元年度殺陣同志会本公演「一刀繚乱」が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。


(牛島さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月28日

ヅカ★ガール『イヴ・プリマ・パンドラ-幻想都市の魔女-』

作・演出:飯塚未生
キャスト:【Lily/Rose 共通出演cast】 来栖梨紗 片山歩美(ヅカ★ガール) 結崎あゆ花 石黒乃莉子 かまくらあや(三文姉妹) 【Lily cast】 真辺彩加 太田ナツキ 青木理歩 浅葉爽香 小林桜子(劇団なんかやるよ) 田渕瀬那 harry 高木碧 金子朋未 【Rose cast】 池ヶ谷明杜 齋藤かずえ 田口真美(サンミュージックプロダクション) 森宮ゆず(戯曲本舗) 鈴乃月葉(少女人形舞台) 近藤大稀 岡田明奈 鈴木千畝(ステージ・ボンド) 二宮由衣 【Guest cast】 大石歩佳(アミュレート) 田崎葵 谷尻まりあ(オブジェクト) 兎宮あんな Mela
スタッフ:脚本・演出:飯塚未生 舞台監督:ワタナベユウタ 照明:赤本龍太 照明操作:二宮清隆(劇団天然ポリエステル) 音響:Takashi Watanabe(Word of Mouth) 音楽:剤電 美術監督:羊石 振付:片山歩美、Ayana 衣装製作:穂坂友美 宣伝美術:Erina スチール撮影:金井眞知子 当日運営:しむじゃっく 制作・企画・製作:ヅカ★ガール 協力:アミュレート、オブジェクト、戯曲本舗、劇団なんかやるよ、krei inc.、サンミュージックプロダクション、三文姉妹、少女人形舞台、ステージ・ボンド、Little THEATER Union、Word of Mouth


日時:11月14日(木) 20:00【Lily】 11月15日(金) 20:00【Rose】 11月16日(土) 12:00【Rose】/17:00【Lily】 11月17日(日) 12:00【Lily】/17:00【Rose】 11月18日(月) 14:00【Rose】★/19:30【Lily】 11月19日(火) 12:00【Lily】★/17:00【Rose】 ★平日マチネ割
場所:劇場 シアターグリーン BASE THEATER
料金:・前売り/当日券...3900 円(振込精算・当日精算・選択可能) 《各種割引》 平日マチネ割引...3700円(月曜・火曜の昼の回) U-25割引...3700円(25歳以下限定/要身分証) グループ割 3500/1名(3名以上でのご予約が対象) ※各種割引券は予約限定販売。 ★Lily&Rose通し券......両チーム観劇でヅカ★グッズ500円引の特典有り!


 東京にて、ヅカ★ガール『イヴ・プリマ・パンドラ-幻想都市の魔女-』が上演されます。
 「〈怪盗〉の美学 其の一、神の目をも欺く変装の名人であること 其の二、予告通りに華麗に犯行を行うこと 其の三、この世すべての美しきものを愛すること
 『僕は、この世の美しいものという美しいもの、すべてを手に入れてみたいだけさ。』出没自在、神変不可思議の魔性の怪賊が、獲物を狙って幻想都市を駆け巡る!それを追うのは大胆不敵、勇猛果敢な女探偵と少女たち。呪われし秘宝・美貌の皇女・隻眼の軍人・踊る人形・蠢く陰謀......夢と現、嘘と真が入り乱れるこの世界で、果たして我々は『悪』の正体を暴くことが出来るのか?令和元年、一発目のヅカ★ガールがお送りするのは、巨匠・江戸川乱歩の『黒蜥蜴』『怪人二十面相』等をリスペクトした新作長編。怪盗VS探偵の対決を描いたノスタルジック妖艶浪漫譚!劇団員・プライベート★ミューズの加入を経て、次なる時代の高みを目指す決意を込めた新星公演......!!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


ヅカ★ガールホームページ


(片山さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団コスモル★満19祭『よすが』

★作・演出 石橋 和加子(若手演出家コンクール優秀賞受賞・日本演出者協会員)
★CAST 高橋直幸 手塚優希(劇団ゴールデンタイム!・獣の仕業) 森田明日香 小林彩乃 須澤真織 星野佳奈 石橋和加子(コスモル)
★STAFF
舞台監督 川瀬誠(P.P.P.)
照明 仲光和樹(E-FLAT)
音響 坂爪亮介・臼井倶里(UNITBecrown)
美術 佐藤あやの
舞台写真 大澤邦彦(luzfoto)
映像撮影 田中カズヒロ
チラシ絵&宣伝美術 Anthony Bulnes
制作 江浦静樹・コスモル事務局

日程:2019年11月7日(木)〜10日(日)
劇場:下北沢OFFOFFシアター〔下北沢駅・小田急線『東口』、京王井の頭線『京王中央口』改札から徒歩約3分〕 東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F TEL:03-3424-3755
★TIME TABLE
受付開始→開演45分前 開場→開演30分前
2019年11月(7ステージ)
7日(木) 19:30
8日(金) 14:00 19:00
9日(土) 14:00 19:00
10日(日) 13:00 17:00
★TICKETS<全席自由> 前売 \3000 当日 \3500 学生 \2500(※学生証掲示)
★みみよりコスモル割★
♪お友DA-V割=5名様で\13500<1名\300引!>
♪ランドセ~ル割=小学生\1500 <ぴよこもOK!5歳以下無料>
※取扱いは劇団のみ要予約。受付にて身分証・証明書掲示。
劇団のカルテットオンライン


 東京にて、劇団コスモル★満19祭『よすが』が上演されます。
 「★POETRY★ こんな夜明けに 彼女は気付く 温かい笑い声と 失ってしまったもの 鳥の目覚める声に 彼女は気付く 大切にしすぎていた 愛する人達 白んでゆく空に 彼女は気付いた その時は もうすでに 誰もそこにはいなかった この夜明けに 別れを告げられたら そこから 立ち上がり 進んで 誰とも 違う道を『目覚めて』 彼女は うなだれる 『どうか 目覚めて』 あの夜明けは もう終わっているはず 彼女は気付いていた 『どうか 目覚めて』
 ★STORY★ 嵐の夜 祖母から1通の手紙が届く。 『私はあるところに、ココロをおき忘れてをります。どうか、それを探して下さいませんか。何卒よろしくお願い申し上げます。』 わたしが誰かも、じぶんが誰かも、もうわからないおばあちゃんからの手紙 祖母はわたしの隣で小さく寝息をたてている。 人生は時になんだか酷くって!時にどうにも素晴らしい? 世界中をめぐるドサ廻りの弱小サーカス団と、時空や意識を超える壮大なお祭り旅へと参りましょう♪♪♪ 旗揚げ満19歳の個性派演劇異端児、劇団コスモルがあなたに贈る〜情熱のパワーオブラヴ♡〜 ★ファンタじっく・エキセントりっく・サイケデりっく、なのに至極の人生讚歌劇場へようこそ★」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、劇団コスモル:こちらのメール、tel: 070-6977-5266 まで。

劇団コスモルホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月27日

DCいんぷろぶ 豊橋 mini mini theater『はじめのSOLO ~6つの短編作品~』

[出演者] 浅野里江 岡本ジュンイチ 小柳津恵子 甲斐美奈寿 根本和歌菜 簗瀬万里子

[日時] 2019年12月7日(土) [1]14:00 [2]18:00 (受付開始、開場は開演20分前)
[場所] しげしげキバコ (愛知県豊橋市広小路1丁目2-1 ときわアーケード 竹本ビル3F)
★行き方★ 豊橋駅から5分 ときわアーケードを入りセブンイレブンを通り過ぎて少しすると左側に、地下階段と、細い上り階段のあるビルがあります。2階はネイルサロンです。上まで階段を上がってください。
[入場料] 1,500円 予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/firstsolo
※1ステ25席 お席限られていますので、お早めにご予約よろしくお願いいたします!

 愛知にて、DCいんぷろぶ 豊橋 mini mini theater『はじめのSOLO ~6つの短編作品~』が上演されます。
 「2019年から愛知で活動を始めた『DCいんぷろぶ』です。この度、初めての公演企画を致しました。よろしくお願いいたします。
 6人によるソロ作品を上演します。作品を作ることは、自分と向き合うこと、世界と向き合うこと。『初めて舞台作品を作る』少し大変なことを、少し気軽に試す場となるようにしたいと思いました。今回の出演者は、初めて作品を作る人、すでに作品作りをしている人、どちらの方にも参加しており、さらに個性豊かな作品たちを見ていただける場となりました!ジャンルは朗読、ダンス、パントマイムなどそれぞれが一番表現したい形で作られています。自分演出、自分出演の短編作品をどうぞお楽しみください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、DCいんぷろぶ ナツメ:こちらのメールまで。


DCいんぷろぶホームページ

(ナツさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東海]

世田谷シルク「青い鳥」

作・演出:堀川炎
キャスト:佐藤優子 武井希未 堀川炎(以上、世田谷シルク) 藤川修二(青☆組) 伊藤南咲 岩田裕耳 絵理子(ホチキス)  大原富如(ユトサトリ。) 柿の葉なら 黒田麻理恵 元々 河野里咲子(ででっぽ) 椎名慧都(俳優座) 須崎天啓 鈴木麻央 高野将大 竹内真里 友松花穂 橋詰高志 浜野まどか(椿組) 林香奈 牧野栞奈  ミヤタユーヤ(Moratorium Pants) 宮崎優里 森慶子 山岡よしき(O'RAMA Rock'n'Roll Band) 湯浅くらら 吉田みずほ
スタッフ:舞台監督:土居歩 照明:阿部将之(LICHT-ER) 音響:佐久間修一 作曲:竹内一樹 舞台美術:杉山至(青年団) 衣装:綾 演出補:海野広雄(世田谷シルク/オフィス櫻華) 演出助手:高橋エリカ、紫藤祐弥、環 チラシデザイン:イシダトモヒロ、123 彫刻製作:美藤圭 写真:大倉英揮 映像:畑中涼真 製作協力:菅原佐知子(劇団チョコレートケーキ/ノアノオモチャバコ) 企画製作:一般社団法人tokyo sisters


日時:12月25日(水)19時30分 12月26日(木)14時/19時30分 12月27日(金)14時/19時30分 12月28日(土)14時
場所:シアタートラム
料金:一般前売り:4,200円 一般当日:4,500円 学生割引:3,500円(要証明書)

 東京にて、世田谷シルク「青い鳥」が上演されます。
 「ーわたしたちは、群衆をのぞく旅に出るー 記憶のない男女"チルチル"と"ミチル"は、ある夜こっそりと病室から抜け出し、青い鳥を探す冒険の旅に出ます。果たして二人はその鳥を見つけることができるでしょうか。世田谷シルク8年ぶりのシアタートラムは、メーテルリンクの『青い鳥』を現代版として上演する、観客参加型のパフォーマンス演劇です。ご期待ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


世田谷シルクホームページ

(さとうさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月23日

小心ズ Special edition 『The Gardener』

11月8日〜12月8日
13都道府県21ステージの全国ツアー


 13都道府県にて、小心ズ Special edition 『The Gardener』が上演されます。
 「シルク・ドゥ・ソレイユ正式登録アーティスト「ヤノミ」が中心となる、コメディパフォーマンスユニット「小心ズ(しょうしんず)」は、新たなユニットで新作「The Gardener」を発表いたします。11月8日(金)大分舞台芸術フェスティバル2019での公演を皮切りに、12月6日(金)〜8日(日)東京「阿佐ヶ谷アートスペースプロット」までの13都道府県21ステージの全国ツアーを開催します。公演場所・日時・入場料などの詳細はホームページにてご確認ください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(ヤノミさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東] [東海] [近畿] [中国] [四国] [九州・沖縄]

2019年10月21日

劇団麦の会 令和元年 秋の公演「瞼の母」

『上と下の瞼をぴったり合わせりゃ やさしいおっかさんの面影がうかんでくるんだ』

★日時★
11月 9日(土) 14:00開演/18:00開演
11月10日(日) 13:00開演
※日曜日の開演時間は13時です。ご注意ください。
※全3回公演。各回、開場は開演の30分前です。全席自由席です。お早目にお越しください。
※各回定員105名。定員を超えますとご入場できません。お早目のご予約をおすすめします。
※中学生以下は無料!(無料ですが、お席に限りがございますので、ご予約をお願いします)
★料金★ 一般 2,500円 シルバー(65歳以上) 2,000円 学生(高校生・大学生) 1000円 中学生以下無料! (障害者手帳を提示していただいた方は1500円で入場できます)
★会場★ 横浜にぎわい座、地下小ホール『のげシャーレ』 JR線・市営地下鉄線『桜木町』駅下車、徒歩3分、『野毛ちかみち』南1番口より80m
★★予約メール★★
上記宛てへご観劇日、時間、お名前、人数(一般、シルバー、学生、中学生以下、障がい者)をご記載ください。※ご料金は当日受付にてお支払いください。
★★インターネット予約フォーム★★
インターネット予約が完了すると市捨て宇より確認メールが届きます。ご料金は当日受付にてお支払いください。


 横浜にて、劇団麦の会 令和元年 秋の公演「瞼の母」が上演されます。
 「さて、公演を11月9.10日に控えております!次は皆様ご存知の方が多いと思いますが、時代劇です!いつもとは違う麦の会!?が見られるかもしれません!ちょっぴり、切ない時代劇!やっぱり、笑える麦の世界!絶対、がっかりさせません!ぜひ、お越しください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団キンダースペース 一人芝居「生き地獄から戻った私!」

原作:苗村富子(労苦体験手記集『平和の礎』より)
出演:瀬田ひろ美 (劇団キンダースペース)
協力:劇団キンダースペース


●10月27日(日)、14:00~ (約40分)
平和祈念展示資料館
無料公演 ご予約も要りません が、満席の可能性もありますので、早めにいらしてお席を確保し、館内をご覧になりながらお待ちいただければと思います。現在企画展として3年間のシベリア抑留を経験した四國五郎が生涯をかけて描き続けた平和へのメッセージ『四國五郎展』を開催しております。


 東京にて、劇団キンダースペース 一人芝居「生き地獄から戻った私!」が上演されます。
 「2013年から上演して参りました、一人芝居『生き地獄から戻った私!』今回で、9回目の上演となりました。平和祈念展示資料館に所蔵される『平和の礎』の『満州からの引き揚げ』の手記から選び、一人芝居にして平和祈念資料館で上演、さらに館から飛び出し、川口メディアセブン寄席『女たちが語る戦争!』、戦後70年3館合同企画で長野・和歌山の劇場で、昨年はこしがや平和フォーラム2018で、そして今年はオール埼玉で彩る文化プログラムの助成を得て念願のキンダースペースアトリエでの公演もさせていただきました。もう新しい発想は出ないんじゃないか?と思っていましたが、毎回毎回、苗村富子さんの『あの時』を生きる稽古をしていることで新たな気づきが生まれます。是非、住友ビル33階まで足をお運びいただければと思います。
 大陸の花嫁として満州へ渡ったが、ソ連軍の侵攻と敗戦による混乱の中、命がけの逃避行の果てに日本へ引き揚げてきた苗村富子さんの手記を、劇団キンダースペースの瀬田ひろ美が一人芝居で演じます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(瀬田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月19日

劇団東演『獅子の見た夢~戦禍に生きた演劇人たち』

劇団東演創立六十周年記念公演 NO157

原作/堀川恵子『戦禍に生きた演劇人たち』(講談社文庫より)
脚本/シライケイタ
演出/松本祐子
美術/石井強司  
照明/中島俊嗣  
音響/山北史郎  
衣裳/有島由生  
お神楽指導/おかめ会・社中  
宣伝美術/早川さよ子[栗八商店]  
舞台監督/相川 聡  
制作/横川 功  
【キャスト】  豊泉由樹緒  能登剛  南保大樹  奥山浩  星野真広 清川翔三 木野雄大 椎名啓介 藤牧健太郎 古田美奈子 大川綾香 中花子 三森伸子 瀬戸さおり(ワタナベエンターテインメント)

2019年11月16日(土)~28日(木)
東演パラータ(下北沢)
【公演スケジュール】11月
16日(土)19:00
17日(日)14:00
18日(月)19:00
19日(火)19:00
20日(水)14:00★
21日(木)19:00
22日(金)19:00
23日(土)15:00
24日(日)14:00★
25日(月)14:00
26日(火)14:00/19:00
27日(水)19:00
28日(木)14:00
★アフタートーク 開場は上記開演時間の30分前
【劇場】東演パラータ (下北沢駅下車徒歩15分) (途中送迎車あり) 東京都世田谷区代田1-30-13
【チケット】一般/4500円 シニア/4000円(65才以上の方) U25/2500円(25才以下/当日確認) プラスワンチケット/13500円(3名様のグループでプラス1名様ご招待) (全席自由)


 東京にて、劇団東演『獅子の見た夢~戦禍に生きた演劇人たち』が上演されます。
 「戦争一色のなか、自由を奪われ、検束の危険を冒しながら、それでも芝居をやり続けようとした新劇人たち。劇作家・三好十郎、俳優・丸山定夫、演出家・八田元夫らが炎のように向かった先は...。
 1945年(昭和20年)8月下旬、八田元夫は世田谷・赤堤の三好十郎宅に広島からやっとの思いでたどり着いた。大事に抱えてきた風呂敷包みの中には丸山定夫の骨壺があった。あの惨劇からまだ三週間もたっていない。挨拶もそこそこに骨壺を前に、二人は言葉少なに稀代の名優を偲び、まずい酒を酌み交わす。突如男の声が割って入ってくると、時は前年(昭和19年)の秋にさかのぼる。丸山定夫はしきりに八田元夫を『苦楽座』の演出家として、一緒に芝居をやろうと土下座までして説得をする。しかし数年前検挙投獄されて以来、演出家登録は取り消されていて、鑑札が無ければ演劇活動は出来ないのだ。それでも丸山定夫は諦めない...。一方、戦局がますます厳しくなるなか、苦楽座も大政翼賛会・日本移動演劇連盟に参加しない限り芝居を続けられない状況に追い込まれていた。せっかく創りあげてきた芝居もこのままでは上演できない...。『僕は芝居がしたい、したいんです』『それしかお芝居やれる手段がないんですよね?』やがて皆の心は一つとなって、広島へと向かうのだった...。
 劇団創立60周年記念公演のしめくくりは、『獅子の見た夢―戦禍に生きた演劇人たち』です。本作は、2017年7月に、ドキュメンタリー作家堀川惠子さんの手によって上梓された『戦禍に生きた演劇人たち』をもとに、演出家・劇作家・俳優として大活躍、温泉ドラゴンのシライケイタさんに書き下ろしていただいた戯曲です。演出は文学座の松本祐子さんを招き、東演の原点とも言える演劇人の心を、劇団として還暦を迎えた今に蘇らせようと取り組んでおります。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合せは... 劇団東演:TEL03-3419-2871  FAX03-3414-4753、またはこちらのメールまで。


劇団東演ホームページ

(大川さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

PRAY▶ 旗揚げ公演 グリークス第1部『戦争』

【編・英訳】 ジョン・バートン、ケネス・カヴァンダー 【翻訳・演出】桂佑輔 【出演】斉藤レイ、石毛翔弥、やまうちせりな、桐山浩一、葛城七穂、 泉関奈津子、菅野貴夫、野村龍一/ 長谷川稀世他


【会場】浅草九劇(東京都台東区浅草2-16-2)
【チケット料金】自由席:4,500円(税込)/正面確約プレミアムシート:5,000円(税込)
【日時】2019年11月6日(水)~11日(月)全11回 ※受付開始は開演40分前、開場は開演30分前。


 東京にて、PRAY▶ グリークス第1部『戦争』が上演されます。
 「『グリークス』の作者は、ギリシャ劇が大変面白い演劇であるにもかかわらず、現代という時代には合わなくなってしまい、身近に感じとりづらくなっていることを嘆いていました。その衝動と考察のもと、多数のギリシャ悲劇の中から9 本のエビソードを厳選し、今日の世界にフィットするひとつながりの大河ドラマに再構築しました。 今回は3部構成中の第1部『戦争』を、学生演劇、アングラ、新劇などでの活動を経て、現在は劇団新派所属でPRAY ▶︎を旗揚げした桂佑輔が翻訳演出に挑みます。 」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメール、08014365362 まで。

【PRAY ▶ 公式サイト】


(芝田さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月18日

青春事情 第19回公演『Dear Me !』

作・演出:大野ユウジ(青春事情)
キャスト:加賀美秀明(青春事情)、大野ユウジ(青春事情)/板本未緒(9-States)、高橋初香 渡邊晴樹 熊野利哉(江古田のガールズ)、伊海実紗(劇団夢幻)/鶴町 憲、 内海詩野(演劇集団 壺会)
スタッフ:製作総指揮:松本 悠(青春事情)/演出助手:小泉亜未(劇団夢幻)/舞台監督:渡邊 歩(株式会社RESON) /照明:富山貴之/音響:斎藤裕喜(Québec)/舞台美術:奈良花美(劇団夢幻)/音楽:森 優太/宣伝美術:伊藤まこと(technicute)/技術協力:西坂來人(青春事情)・きくたきちぞう/運営協力:寺牛 瞳(殿様ランチ)・百瀬みずき(企画団体シックスペース)/協力:江古田のガールズ、演劇集団 壺会、株式会社 グッドラックカンパニー、株式会社 RESON、企画団体シックスペース、劇団夢幻、Québec、technicute、殿様ランチ、9-States、有限会社 スターダス・21(50音順)/製作協力:K-5・NAKA-G/主催:青春事情

日時:2019年11月13日(水)~18日(日)
場所:下北沢OFF・OFFシアター/下北沢駅(小田急線『東口』、京王井の頭線『京王中央口』)改札から徒歩約3分
料金:<前売・当日共通/自由席>一般:3,500円 学生:2,500円 ハッピーサースデ―割:3,000円

 東京にて、青春事情 第19回公演『Dear Me !』が上演されます。
 「完璧な親なんていない。親だってバカなんだ。色々とやらかす事もある。子供に言えない事だってする。でもさ、ドヤ顔で親ぶればいいんだよ!! 新宿歌舞伎町にある保育園を舞台に繰り広げられる、親であることに四苦八苦する人々と、そんな親たちに振り回される保育士たちの、可笑しくてピュアな『親バカ』の物語。
 下北沢を中心に活動する青春事情と申します。今回は、メンバー誰1人、結婚も子育てもしたことのない青春事情が描く、子育ての話です。現在、子育て真っ最中の方はもちろん、今後子育てされる方や幅広い世代の方にご覧いただきたい作品です。子育ての悩みは何一つ解決できないと思いますが、きっと子育てに少し希望や夢が見えると思います。皆さまのご来場をお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「11月13日(水)19:30・11月14日(木)15:00/19:30の3公演を対象に、抽選にて5名様ご招待いたします。【応募締切】10月31日(木) 【応募方法】氏名・ふりがな・希望日時・電話番号・メールアドレスを明記のうえ、こちらのメールまで送信ください。(**お送りいただいた個人情報は厳重に管理し、今回の当選連絡にのみ使用いたします) 発表は、11月3日(日)までに当選者にのみ、メールにてご連絡いたします。」


青春事情ホームページ


(松本さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

空間製作社第21回公演 ミュージカル『GHETTO』(ゲットー)

《キャスト》本村友香 池田莉々依 青山悠世 畑中俊明 鈴木絢也 いつノまな 不破望 小美野恵 本多一生 岩下依未 椎名桜 kame 根岸唯 神田亜由子 かわぐちまこ 大西達之助 石川慧 中野拓夢 中村ことえ 山下夏 桜井勇輝 初原 高崎雅也 伊藤翔悟 山本光莉 中島幸乃 奥濱真夕菜 伊藤歌音 佐々木かなで 荒木陽香 姥山莉音 柳原夢子 今村純 今牧輝琉 ラヴィンニュ美雲 高橋悠杜 實方咲太
《スタッフ》
作 うえだかつひこ
演出 振付 加藤毅
作曲 まつもとみほ
作曲 編曲 石山理
舞台監督  今泉薫(PPP.)
音響  塚原康裕(LLC.アコルト) 神谷憲司
照明 葛生英之(kiesselbach)
美術 河井妙子
振付 菊池恵衣
歌唱指導 市川ゆり
歌唱指導補佐 岩下依未
衣装 中村ことえ
道具協力 本村友之
チラシデザイン 河原絢子
写真 永友ヒロミ
制作 MEI 椎名桜
企画 製作  空間製作社

2019年11月14日~11月17日 全6ステージ
@アルテリオ小劇場 (小田急線新百合ヶ丘駅)
《タイムテーブル》
11月14日(木) 18:30A
11月15日(金) 18:30B
11月16日(土) 13:00B、18:00A
11月17日(日) 12:30A、17:00B
※開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前
《チケット》前売り4,500円 当日4,800円 ※全席自由席


 東京にて、空間製作社第21回公演 ミュージカル『GHETTO』(ゲットー)が上演されます。
 「絶滅収容所か労働収容所かに分かれる中継点『GHETTO』。1941年。ナチスドイツ軍によって収容された人達がいた。西からは米英の連合軍、東からはソ連の前線が迫っている。ナチスは、国際赤十字の視察団を招きいれ、『我が軍はユダヤ人の理想の居住区建設の為に集めている』と嘘をつき、国際非難と攻撃を避けようとしていた。そこで芸術家たちを集め、音楽会や劇をやらせ、国策プロパガンダに利用することを思いついたのだった。抵抗しようにも武器を持たない芸術家達。そこで彼らがとった行動とは。。。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


空間製作社ホームページ


(椎名さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

くにたち市民芸術小ホール リーディング『夜ヒカル鶴の仮面』『オルフォイスあるいはイザナギ』

作・演出:多和田葉子


日時:11月16日(土)
場所:くにたち市民芸術小ホール JR中央線国立駅からバス10分/JR南武線谷保駅・矢川駅から徒歩10分
料金:1,000円 ※2公演セット券1,500円
15:00(開場14:30)『夜ヒカル鶴の仮面』 作:多和田葉子 演出:川口智子 出演:滝本直子 中西星羅 山田宗一郎  末松律人
19:00(開場18:30)『オルフォイスあるいはイザナギ』 作:多和田葉子 翻訳:小松原由理 演出:小山ゆうな(雷ストレンジャーズ)  出演:紫城るい、霜山多加志(雷ストレンジャーズ)、松村良太(雷ストレンジャーズ)、平山美穂(雷ストレンジャーズ) ピアノ:長谷川ミキ


 東京にて、くにたち市民芸術小ホール リーディング『夜ヒカル鶴の仮面』『オルフォイスあるいはイザナギ』が上演されます。
 「『舞台作品を創る』ことに焦点を当てるシリーズ・芸小ステージクリエ―ション。第一弾はリーディング(朗読劇)、国立市出身の作家・多和田葉子氏の戯曲2作品をふたりの演出家が1作品ずつ手掛けます。役者が発することば、そして存在感が観る人を別次元へと誘います。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


詳細はこちら


(斉藤さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月17日

劇団CANプロDIY公演Vol.3『リンゴトナイフ』

作:久米一晃 演出:佐藤雄一 
出演:男1 ・・・ 末冨広行
女1 ・・・ 堀田志穂
女2 ・・・ 国米貴代美
制作:劇団CANプロ
協力:スタジオCAN

2019年 11月
15日(金)   19:00
16日(土) 15:00 19:00
17日(日) 13:00 17:00
開場は開演の30分前です。※小学生未満のお子様はご入場をご遠慮頂いております。
誠に勝手ながら、前売のお客様で開演5分前までにご来場いただけなかった場合、お席を確保できない可能性がございますので予めご了承ください。時間が過ぎてからの入場は、大変難しくなっております。開演時間前までにお越し下さいませ。
場所:スタジオCAN 東京メトロ東西線 【早稲田】駅 2番出口・徒歩2分
前売り 3000円 当日 3300円
チケット・問合せは、CANプロ 03-5577-5200
Confetti 0120-240-540
またはホームページ内申し込み専用フォームからも予約できます。インターネットからご購入されますと2800円になります!

 東京にて、劇団CANプロDIY公演Vol.3『リンゴトナイフ』が上演されます。
 「これは、私のカゾクの物語 子供たちは学校へ。旦那様は会社へ。そして夜8時には食卓を囲んで楽しい食事。DIY公演でお贈りする、ちょっと不思議な家族の物語。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、CANプロ 03-5577-5200 まで。

(河野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月16日

はぶ談戯20周年記念公演『にじゅう~昭和歌謡短編集 其の三~』

作・演出:穂科エミ
キャスト:長谷椿 雅憐 南貴子 加藤靖久 橋本恵一郎 佐河ゆい 増田朋弥 井上ほたてひも 吉田彩花 他...


日時:2019年11月13日(水)~18日(月)
場所:中野・テアトルBONBON
料金:前売り:4200円 当日:4500円

 東京にて、はぶ談戯20周年記念公演『にじゅう~昭和歌謡短編集 其の三~』が上演されます。
 「くたびれた歓楽街。ぼやけたネオンが立ち並ぶ街。そこに、笑顔が印象的な『流し』の女がやってくる。「温度、感触、言葉が蘇る曲...あなたにもあるでしょう?」女は色々な街を流しながら見てきた、様々な『約束』の光景を、奏でてきた曲の記憶を辿りながら語り始める------
【〜昭和歌謡短編集とは?〜】 4 話構成の短編劇で、4 話目で、1 話、2 話、3 話の登場人物たちがすべて一つに繋がる手法が見物の企画公演。 各話に昭和歌謡チックなオリジナル曲をキャストが歌うのも楽しみのひとつ。 サスベンス、コメディ、ハートフルなど、3 話すべてをジャンルの違う話にしており、4 話目では衝撃を受けるラストになるように構成されている。 2011 年上演、『時泥棒』は、江戸しぐさ『時泥棒』をモチーフに、『時間を無駄』にされた人たちの話。 2015 年上演、『ヒミツボ』は、『秘密』をモチーフに、秘密を抱えた人たちの話。 そして今回の『にじゅう』は、『約束』をモチーフに、色々な約束の話を描き、 4 話目にその『真実』が 1 本の線になる_____
 1999年に旗揚げしたはぶ談戯が、2019年11月13日(水)~18日(月)、テアトルBONBONにて、20周年公演を上演する。演目は『にじゅう~昭和歌謡短編集 其の三~』。ジャンルの違う3話の短編集と共に、4話目に各話の登場人物たちの関係性が繋がっていく構成は毎回好評を博す。其の一『時泥棒』は『時を無駄にした人達の話』、其の二『ヒミツボ』は『秘密を抱えた人達の話』、そして今回『にじゅう』は『約束をした人達の話』を送る。キャストは劇団員、過去作品に多数出演している常連客演の橋本恵一郎、近年の劇団作品を支えている中村真知子、加藤靖久、佐河ゆいをはじめ、16人の個性溢れるメンバーでお送りする。アフタートークには、三上市朗、ニシオカ・ト・ニールを招き、また、開場中に開催される『はぶ的歌謡ショー』には、個性溢れる役者たちが『20周年を祝福しにきた歌手』という設定で、日替わりで過去のはぶ談戯の楽曲やオリジナル曲を披露する。節目の公演となる『にじゅう』。20年間貫いてきた『昭和の場末の雰囲気』を今回もふんだんに取り入れ、令和初めの年にノスタルジックな世界観で様々な『約束』を魅せる。必見だ。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、公演詳細まで。


はぶ談戯ホームページ
『にじゅう』プロモーションビデオ


(南さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月15日

劇団FREE SIZE 第12回本公演 『巌流島で待ってるね。 2019』

作・演出:いよく直人
キャスト:【劇団FREE SIZE メンバー】中村利裕 龍太郎 陽 周藤達也 谷もも 長井愛彩 亀岡美貴 いよく直人 【ゲスト】(50音順) 奥田咲 川邊慎一 桜浩之助 佐藤伸之 図子侑大 ネロ NoRA 平山恵 堀江恭介 村岡海 山田直樹 【ジュニアゲスト】 Aチーム (50音順) 石川未寿々 伊勢倫 南雲凜 牟田隼輔 渡邊樹  Bチーム (50音順) 中島花音 羽賀凪冴 舩越穂 宮野蘭花 森香奈衣


日時:11月28日(木)A 14時~  B 19時~  11月29日(金)B 14時~  A 19時~  11月30日(土)A 13時~  B 18時~  12月01日(日)B 13時~  A 18時~
場所:日暮里d-倉庫
料金:前売り:4,000円 当日:4,500円

 東京にて、劇団FREE SIZE 第12回本公演 『巌流島で待ってるね。 2019』が上演されます。
 「時は、1612年。宮本武蔵と佐々木小次郎では、一体どちらが強いのか? 巷は、その話題で持ちきりだった。そんな時、とある宿に宮本武蔵を名乗る男が滞在していた。しかし、この男の様子がどうもおかしい...『あなたはホントに武蔵なの?』」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団FREE SIZEホームページ


(Sawamuraさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団俳協「エレクトロニック シティ unsere Art zu leben」

作・演出:作:Falk Richter 演出:東 美華
キャスト:成田隆弘 村上龍太郎 西條久美子 大石洋子 渡辺裕史 鈴木健太郎 矢田海渡 小池敏之 石原綾乃 田澤さやか 板垣果那 平井友梨
スタッフ:装置:志田原貴子 照明:高良康成 音響:川口博(フリーランスオフィス) 映像:西山修平 ステージング:坂口江都子 舞台監督:青柿ひろし 票券管理:稲毛田望未 制作:山口みなみ 制作統括:ときとしおみ 企画・製作:劇団俳協


日時:2019年11月20日(水) 19:30、 21日(木) 14:00/19:30、 22日(金) 19:30 、23日(土) 14:00/18:00 、24日(日) 14:00
場所:TACCS1179(〒161-0034 東京都新宿区上落合1-17-9 西武新宿線下落合駅下車 徒歩2分)
料金:一般前売:3,900円 当日;4,200円 初日割引:3,500円 高校生以下割引:1,500円(数量限定) 25歳以下割引:3,500円 ペア割引7,400円 早期予約割引:3,500円(11/1(金)17:00まで申込可能) 演劇パス(クレジット決済):3,600円 ※高校生以下割引、25歳以下割引のチケットをお求めのお客様は、公演当日年齢の確認ができるものをご提示ください。


 東京にて、劇団俳協「エレクトロニック シティ unsere Art zu leben」が上演されます。
 「エレクトロニックシティ――どこにでもあって、ここではない。多くの人間が存在し、認識は出来るが、『個人』の認識は難しい。そこに歴史はない。出来事だけがある。世界中を駆け巡るビジネスマン、トム。世界中の空港にあるスーパーマーケットのチェーン店で働くジョイ。エレクトロニックシティに飲まれ、自身が何者なのかもわからなくなった男女がもがき求めるアイデンティティのその先は!?Falk Richterが描く新感覚サイバー空港ラブロマンス!!
 私ども劇団俳協では本公演『エレクトロニック シティ unsere Art zu leben』上演の運びとなりました。政治、メディアを内包したスピード感溢れるパラダイムドラマ、どうぞご期待ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団俳協ホームページ


(山口さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月14日

黒猫クレマ 奉納上演『Miss Poppins & a little boy』(ポピンズさんと、ちいさなおとこのこのおはなし)

⚫︎キャスト/中村真利亜(俳優)
⚫︎ストーリー/坂本見花(物語作家)
⚫︎パフォーマンスデザイン/古田敦子(コーポリアルマイムアクター)

⚫︎場所 日蓮宗霊場 能勢妙見山 信徒会館『星嶺(せいりょう)』
⚫︎日時 2019年11月10日(日)14:00
・予約制です。
・上演時間は30分です。
・開演の15分前より受付を始めます。
・小さなお子様から大人までどなたでもご観劇頂けます。
・終演後にカフェタイムを設けています。無料で観劇していただけますが、カフェの料金を頂戴致します。(お茶とお菓子で500円) 自家焙煎珈琲『天使のはしご』の美味しい珈琲やドリンクをご用意しています。


 大阪にて、黒猫クレマ 奉納上演『Miss Poppins & a little boy』(ポピンズさんと、ちいさなおとこのこのおはなし)が上演されます。
 「『ふたりで、どこまで、いきましょう?』人のお世話をするのが大好きな女性と、彼女の家に迷い込んだ小さな男の子の織りなす、どこか古風で優しいメルヘン。遊び心いっぱいにお届けします。
 ユニット黒猫クレマの奉納上演にご招待いたします。能勢妙見山にて開催されますイベント、『のせでんアートライン』にて公演させていただきます。演劇と終演後のカフェタイムの2本立て(カフェは有料)。雄大な自然に囲まれた、モダンな建物『星嶺(せいれい)』は思わず手を合わせたくなるような荘厳な佇まい。おいしい空気にコーヒーが引き立つような自然。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 ご予約・公演情報詳細は、黒猫クレマwebsiteまで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

ShakespearePlayHouse「リチャード3世~世界悪猫歩き いんぐらんど編~」

原作:ウイリアムシェイクスピア
翻訳:松岡和子
脚色 演出:ホースボーン由美
キャスト:クロスター・東 遥・菊地 春菊
スタッフ:五十部 裕明・照井 瑞帆


日時:2019年11月1日(金)14:00~/2日(土)13:00~/3日(日)13:00~&17:00~/4日(月)13:00~
場所:小田急線鶴川駅北口から徒歩3分
料金:前売り・当日券共に2000円(ワンドリンク付き)
ワンドリンク無料(アルコール含む)!軽食持ち込み可!

 東京にて、ShakespearePlayHouse「リチャード3世~世界悪猫歩き いんぐらんど編~」が上演されます。
 「動物写真家のイワーゴーさんは、いんぐらんど街で1匹の目付きの悪い黒猫に出合い、一目で気に入り、その生きざまを追うことにした。その黒猫グロスターはいんぐらんど街のボスの座を奪い取るため、敵対する一族は勿論、身内をも平気で殺してしまうようなとんでもない悪猫だった。悪行の末奪い取ったボスの座だったが猫の世界ではそう長続きするものではない。悪猫グロスターを倒すべく、敵対する一族に彼に恨みを持つ身内も加わり大勢の猫達がいんぐらんど街のぼずわーす通りに集結していた。
 世界1小さい『ShakespearePlayHouse』が更に極小化して『ポツンとひと部屋劇場』として約2年ぶりに復活!!令和元年11月の4日間、稀代の悪ネコに会えるのは世界でたった75人だけ。。。。。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2019年10月13日

劇団つばめ組 第17回公演『珈琲店』

作 ゴルドーニ
訳 平川祐弘
演出 仲条裕
[キャスト] 石川久美子 堀越健次 吉田直子 杉山正弘 加藤彩音 イシハラタツノリ 富山聡子 金川翔 千葉加奈子 荒川ヒロ子 仲条裕
[スタッフ]
美術  石倉研史郎 (a58b)
照明  合田有美
音響  井上匠(音響チー厶・Otochondria)
振付  石川久美子
宣伝美術  ロングランプランニング株式会社
製作  劇団つばめ組
[協力] (株)アールズモーションジャパン、(株)CLE0、原宿空想ライオン、劇団桃唄309、(株)STARTS、(株)ハルク・エンタテイメント、篠崎央彡(順不同)


[スケジュール] 2019年11月
7日(木)19:00
8日(金)14:00 19:00
9日(土)13:00 17:30
10日(日)13:00※開場は開演の30分前
[チケット代] 前売4,000円(1ドリンク代500円含む) 当日4,500円 全席自由席
[アクセス] 参宮橋トランスミッション 東京都渋谷区代々木4-50-8 参宮橋ゲストハウスB1 小田急線参宮橋駅徒歩2分

 東京にて、劇団つばめ組 第17回公演『珈琲店』が上演されます。
 「つばめ組は今東西の過去の名作戯曲を現代に伝え未来の指針を探求する劇団です。今回の第17回公演は、イタリアのゴルドーニの珈琲店です。ご来場お待ちしております。なお抽選で各ステージ二名様をご招待します。(チケットプレゼント申込期間は10月21日から27日) どうぞご期待ください。
 昔々あるところで、そこでは外国の飲み物珈琲が大流行。この日も珈琲店には賭博屋、偽貴族、遊び人、お喋り騎士、踊り子、放蕩者の夫を探す妻たちが集まっててんやわんや・・・近世イタリア喜劇の精華と21世紀の小劇場演劇の地平融合をお楽しみに!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 インフォメーション&チケットお問い合わせは、劇団つばめ組:090-9320-1214、またはこちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月10日

The Stone Ageヘンドリックス 第10回公演『あんたバカね、また会いましょう』

作・演出:朝田大輝
キャスト:坂本顕(TheStoneAge)、一明一人(株式会社プランニングエッグ)、酒井美樹(四畳半ヤング)、高木由起、武田操美(劇団鉛乃文檎)、徳永健治、ヤマサキエリカ、山本祐也(劇団りゃんめんにゅーろん)、アンノマエミノリ
スタッフ:【舞台美術】青野守浩 【音響】BGY 【照明】中西早織 【舞台進行】中島隆登 【宣伝美術】朝田大輝 【プロデューサー】閑社明子 【制作】谷口美和子、山口知子


日時:10月25日(金)19:30、 10月26日(土)11:00/15:00/19:00、 10月27日(日)12:00/16:00
場所:TORII HALL 大阪市中央区千日前1-7-11上方ビル4階
料金:前売:3000円、当日:3300円、学生:1000円(小学生~大学生、高校生以上は要学生証) 、リピーター:1000円(あんたバカね、また会いましょう2回目以降、要半券または予約)

 大阪にて、The Stone Ageヘンドリックス 第10回公演『あんたバカね、また会いましょう』が上演されます。
 「『たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません』(詩篇23篇より抜粋) 男は子供ができないことを理由に離婚した。夫婦どちらにも原因があるとわかり、妻は精子ドナーを利用した人工授精(AID)を夫に提案したが、男は首を縦に振らなかった。血の繋がりがない親子関係に希望を見出せなかったからだ。男は妻とぐちゃぐちゃに喧嘩した末に別れた。離婚後、男はバブル期に建てられた会社の福利厚生施設に左遷された。しかしそこで働く女性従業員と付き合うこととなり、新たな将来像を描くようになった。だがバツイチの彼女には子供がいた。その子の父親になれる気はしなかったが、関係は失いたくなかった。ある日、男を訪ねて若い女性がやって来る。『はじめまして、お兄さん』。異母妹だと言う。そんな中、二組の客が訪れる。一組は男の元同僚、もう一組は男の元上司だった。その元上司こそ男を左遷した張本人であった。そして何より男が震えたのは、元上司の妻が別れた元妻だったことだ。しかも妊娠しているように見える。虫唾が走った。互いの素性を隠して夜がふける。そして雨が、大雨が降ってきた――。
 The Stone Ageヘンドリックス第10回記念公演です。劇団員とお馴染みのゲスト陣に加え、魅力的なゲストをお迎えしての上演です。たくさんのご来場心よりお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


The Stone Ageヘンドリックスホームページ


(閑社さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

スラステslatstick『La Fierte'』(ラ・フィエルテ)

作・演出:村角太洋(THE ROB CARLTON)
キャスト:中村なる美、永津真奈(Aripe)、前田晃男(ボラ☆ボラ)、ボブ・マーサム(THE ROB CARLTON)
スタッフ:宣伝美術 東學(188) 、 宣伝撮影 山田徳春(500G.inc)/小形、宣伝撮影メイク 竹内李恵 、制作協力 吉田千尋(LUCKUP)/閑社明子(The Stone Age)、企画制作 slatstick


日時:10月24日(木)19:30、 10月25日(金)14:00/19:30、 10月26日(土)14:00/19:00、 10月27日(日)12:00
場所:ステージカフェ下北沢亭(東京都世田谷区代沢5-29-9 2F)
料金:前売り:3000円 当日:3300円
終演後にアフタートークあり。トークゲスト
10月24日19:30公演終了後 粟根まこと(劇団☆新感線)
10月25日19:30公演終了後 三上市朗 

 東京にて、スラステslatstick『La Fierte'』(ラ・フィエルテ)が上演されます。
 「ハイファッション誌『La Fierté』。遂にあの世界的ファッショニスタの独占インタビューが許される。摩天楼を見下ろす、最高級ホテルの最上階。最高のミネラルウォーターの準備も整っている。あとはこの椅子に、あのファッショニスタが座り語ってくれるのみ。彼女たちは待っている。あの世界的ファッショニスタを。
 長身の女優、元劇団☆新感線 中村なる美とAripe 永津真奈、二人の演劇団体。作・演出は、関西を中心に活躍する劇団THE ROB CARLTONの村角太洋を迎え、初の東京公演を開催する。2019年4月の大阪公演で好評を得た『La Fierte'』を上演。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


スラステslatstickホームページ


(閑社さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月 8日

RISU PRODUCE「ほしぞらのしたで」

作・演出:松本 匠
キャスト:正木 郁、吉田 芽吹、岩田 華怜、世良 佑樹、飯泉 博道、中尾 太一、重松 隆志、小栗銀太郎 、横関 健悟、朝枝 知紘、上村 依子
スタッフ:舞台監督:玉城 忠幸 舞台美術:加藤 ちか 音響:平田 忠範〔GENG27〕 照明:青木 大輔 宣伝美術:Brown:Design 収録/技術協力:HYU Kreate キャスティング協力:北田 希利子 制作協力:J‐Stage Navi 企画/製作 RISU PRODUCE


日時:2019年12月25日(水)~29日(日)
場所:東京芸術劇場 シアターウエスト
料金:全席指定席 5.500円(前売・当日共)

 東京にて、RISU PRODUCE「ほしぞらのしたで」が上演されます。
 「RISU PRODUCE 20周年記念公演第三弾は、一年半振りの新作公演。主演に正木郁を迎え、様々な理由で夜間中学に通う人達の人間模様に迫ります。
 20周年記念公演 第三弾は『夜間中学』を題材にした新作を上演。定時制高校に比べ、一般的にあまり知られていない夜間中学ですが、様々な理由で小・中学校に通えなかった人達の人間模様をドラマチックに描きます。一年半振りの新作公演となりますが、主演に正木郁を迎え、第31回東京国際映画祭のスプラッシュ部門で監督賞を受賞した映画『メランコリック』のヒロインを演じた吉田芽吹、またイキザマ3の主演を務めた岩田華怜、他、多彩なゲストを迎え入れ、リスプロテイストを思う存分、盛り込みながら、お客様の心に少しでも『何か』が届く作品創りを目指します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


RISU PRODUCEホームページ

(横関さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月 7日

演劇集団М企画『破界ーある俳優ー』『人でなしの恋』

作・演出:内海 誠
キャスト:内海誠、木之本沙耶、藤安多音、大城希美、末本擁子
スタッフ:照明・末本太丸、音響・池田季樹

日時:11/30(土) 19時30分 12/1(日) 12時と15時
場所:新宿ゴールデン街劇場(JR新宿駅東口徒歩6分)
料金:前売り:2,500円 当日:2,500円


 東京にて、演劇集団М企画『破界ーある俳優ー』『人でなしの恋』が上演されます。
 「『破界ーある俳優ー』観客のいない舞台。ある俳優。彼は今、心の病に苦しんでいた。・・・М企画が放つ渾身の衝撃作。
『人でなしの恋』大正15年。『変だな』と気がついたのは、御婚礼から丁度半年ほどたった時分でございました。・・・美しくも妖美な恋物語。
 1995年旗揚げ以来、娯楽性と感動のある芝居作りをモットーに活動している演劇集団M企画の17年振りの2本立て公演。М企画×江戸川乱歩!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


演劇集団М企画ホームページ


(内海さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

ゲッコーパレード出張公演 家を渉る劇 vol.4『リンドバークたちの飛行』

作=B.ブレヒト 訳=岩淵達治
演出=黒田瑞仁、柴田彩芳、本間志穂、渡辺瑞帆(青年団)、市松(砂と水玉)、古賀彰吾(劇団ドクトペッパズ)
出演=河原舞、崎田ゆかり、藪田真衣
衣装=YUMIKA MORI
照明=鈴木麻友
主催=ゲッコーパレード
共催=公益財団法人 仙台市市民文化事業団
協力=(有)宮城野納豆製造所、仙台市教育委員会、旧加藤家住宅
提携=仙台・劇のまちトライアルシアター
企画=本橋仁、渡辺瑞帆、黒田瑞仁
チラシデザイン=岸本昌也
建築写真=岩渕隆
過去公演写真=瀬尾憲司


会場=宮城野納豆製造所 〒983-0047 宮城県仙台市宮城野区銀杏町4-29 JR仙石線 陸前原ノ町駅より徒歩5分
会場の駐車スペースには限りがございます。満車の際はコインパーキングをご利用ください。
日程=2019年11月2日(土) 、3日(日)
11月2日(土) 16:00 19:00
11月3日(日) 12:00 15:00 17:30
各回限定20名。開場は開演の30分前。上演時間は60分を予定しております。上演中に段差の上り下りなど、室内の移動がございます。予めご了承ください。記録・広報等のため、イベントの写真撮影・録画・録音・オンライン配信等を行う場合があります。
チケット(前売り・当日共通) 一般=3,000円 U24=2,000円(24歳以下の方)
プチ・パトロンチケット=4,000円(特典はありません。このチケットのご購入が団体の継続的な活動につながります。ぜひもう一押し、応援ください)
高校生以下=500円(学生証をご提示ください)
専用フォームよりお申込みください。当日問合せ=080-5479-3581(制作)

 仙台にて、ゲッコーパレード出張公演 家を渉る劇 vol.4『リンドバークたちの飛行』が上演されます。
 「今回の公演は、全国各地の文化財を巡る企画の第四弾です。宮城県の仙台市にある納豆製造所にてリンドバークの大西洋横断飛行の冒険の物語を上演いたします。劇場でも家でもない、今までと一味違った作品をお楽しみいただきたいと思います。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、電話= 022-782-7510(せんだい演劇工房10-Box)まで。

ゲッコーパレードホームページ
Twitter= @geckoparade

(河原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東北]

昭和芸能舎「昭和芸能舎版フラガール2019」

脚本・演出 羽原大介
【出演】稲村梓 池内理紗 しるさ 塩塚和代(生方和代改め) 中川絵美 藤田美歌子 石井咲 仲本ユウ 山村紘未 原悠里奈 杉莉々子 鈴木万里絵 今井彩奈未 佐藤朱莉 中村友香 及川いぞう ゆかわたかし 浦島三太朗 アフロ後藤 池上リョヲマ 原沢侑高 田久保宗稔
【スタッフ】
舞台監督:逸見輝羊 今宮稜正((株)STAGE COMPANY)
照 明:太田安宣
音 響:中越謡香
音響協力:山本能久(SEシステム)
フラ・タヒチアンダンス指導・構成・振付:石井咲
宣伝美術:鈴木めぐむ
宣伝写真:牧野信吾
制 作:伊藤沙耶 内田有美 高橋稔(昭和芸能舎)
仙台公演制作:浦田麻弥
仙台公演主催:(株)Virgin Snow
企画製作:昭和芸能舎
【協力】(同不順) (株)ジェイ・シネカノン (株)ワタナベエンターテインメント 青年座映画放送 (株)ブルーミングエージェンシー 浅井企画 (株)サンミュージックブレーン (株)宝映テレビプロダクション (株)アニモプロデュース (株)VISTA model agency friday カオス・パフォーマーズオフィス ★☆北区AKT STAGE エアーズロック 田久保未央
【特別協賛】トーンモバイル株式会社 代表取締役社長 石田宏樹
【仙台公演協力】大魔王 本店・EDEN・GOLD・HOUSE・Jr. 不動産のさくらコーポレーション
【仙台公演後援】河北新報社 TBC東北放送 KHB東日本放送 (公財)仙台市市民文化事業団

✿東京公演:赤坂RED/THEATER
公演日程:2019年11月26日(火)~12月1日(日)
開演時間
11月26日(火) 19:00
11月27日(水) 19:00
11月28日(木) 15:00/19:00
11月29日(金) 15:00/19:00
11月30日(土) 11:30/15:00/18:30
12月1日(日) 11:30/15:00
チケット発売日:10/21(月)
日時・座席指定:前売3300円/当日3800円[税込]
ご予約・詳細

✿仙台公演:トークネットホール仙台(仙台市民会館)
公演日程:2019年12月19日(木) 開演時間:11:00/14:30
ご予約・詳細

 東京・仙台にて、『昭和芸能舎版フラガール2019』が上演されます。
 「昨年、東京(赤坂RED/THEATER)、秋田(わらび座小劇場)、福島(いわきアリオス中ホール)で好評を博した舞台が、新たなキャストを迎えて再燃します!石炭から石油へ。世界が望んだエネルギー革命の波の中で、仕事や家を失おうとしている炭鉱町の人々が希望を捨てずに生きる姿を、実話を元に描きます。映画フラガール脚本家・羽原大介による2018年の改訂版。今回もオーディションで選ばれたガールズ達は約4か月の猛稽古を行い、ラストは圧巻のフラ・ポリネシアンダンスショーを披露します 昭和40年。ヤマはひとつの、家族だった。何があっても諦めなかった女たちの 炭鉱史上最大の敗者復活戦 ご期待ください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


昭和芸能舎ホームページ

(高橋さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [東北] [関東]

2019年10月 5日

劇団青年座「東京ストーリー」


作・演出:作=松田正隆 演出=金澤菜乃英
キャスト:津田真澄、野々村のん、田上唯、世奈、角田萌果、山賀教弘、石母田史朗、前田聖太、松川真也


日時:2019年10月23日(水)~29日(火)
場所:駅前劇場
料金:一般:4500円 U25(25歳以下):3000円 U18(18歳以下)2000円
10月27日(日)14時公演の前売は完売しました。ご了承ください。

 東京にて、劇団青年座「東京ストーリー」が上演されます。
 「東京都内のとある私鉄沿線の同じマンションに住む三人の女性。大学で哲学を教える杉村佐知子。佐知子の姪で、コントグループを引っぱる杉村彩芽。単独ライブに向け、ネタ作りと稽古に追われる日々。不動産屋に勤め、空き家を案内する梅崎奈々。空き家を紹介した客の戸倉から突然告白され、誘われるまま朗読会に参加する。ある日、佐知子は奈々から紹介された空き家で、学生の薬師と二人きりで過ごすことになる。それぞれどこか不安定で満たされない日々。そんな3人の日常が『空き家』を通して、少しずつ変化していく。
 19年ぶりに松田正隆氏の新作『東京ストーリー』を上演いたします。今、東京で生活する人々の揺れ動く心模様が、松田氏の美しい台詞で描かれたリリカルな作品です。演出には、新進気鋭の金澤菜乃英があたります。
 作 松田正隆より 東京に移住して七年が経ちました。私の家からは練馬の風景が見えます。ここに住んでいる人たちとその周りの空間についての戯曲を書きたいと思いました。物語の『内容』というよりも、それを語る『場』のほうに興味があります。たくさん人々が集う東京という都市には、無数の『おはなし』も集積しています。日々、私たちの生活の中で生まれては消える『おしゃべり』やそれに伴なう『身ぶり』は、果てしのない出来事の構成要素です。それらは、始まりがあり終わりがあるような一つの物語として統合されるストーリーではないのです。上演空間に身をおくようにして感じとることのできる、いくつもの『はなしの場』の感触を経験すること。これからの演劇の可能性はそこ(出来事としての空間)にあると思っています。
 演出 金澤菜乃英より『わからないはおもしろい』わかるわかるの頷きより、わからなくて首を傾げたり目を背けようとしている人々が愛おしい。自分の引き出しにない、頭で理解できない、感覚が合わない『わからない』ことに直面する時、人はどんな行動と発言をするのでしょう。それを表現として魅せていくには...『その人がそこに存在する』ことを考える日々です。新しい挑戦に思える一方、芝居をすることの原点に帰る機会をいただけたと感じています。青年座で久々にお目見えする松田正隆氏の新作は、東京で生活する人々の縮図であり、家庭や職場で営まれる日常の連続です。『わからない』感覚を背負いながら生きる姿に、自身や身の回りの人と重なる瞬間を楽しんで頂きたいです。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

office R I .coプロデュース!!劇団 燈楼 旗揚げ公演!!【誰が為に鐘が鳴るなり法隆寺】

作:花山理子 演出:木内希
《CAST》白倉裕二 銀ゲンタ(さいたまネクスト・シアター/殺陣集団 雨燕) 小山蓮司(★☆北区AKT STAGE) 椿紅鼓 秋草瑠衣子(PANKBANK) 諸治蘭 惠拓也(画圖) 平柳楓馬(画圖) 手塚りょうこ[声の出演] のぐち和美(青蛾館)


《日程》11月20日(水)〜11月24日(日)
11/20(水) 19:00
/21(木) 14:00☆ 19:00☆
/22(金) 19:00
/23(土 祝) 14:00☆ 19:00☆
/24(日) 12:30 16:00
☆マークの日はアフタートーク有り〼
前売り 3800円 当日4000円 U22 3300円(要身分証) 全席自由 受付は開演の30分前開始予定
《予約フォーム》[カルテット予約フォーム] [コリッチ予約フォーム]
《会場》劇場HOPE 〒164-0001 東京都中野区中野3丁目22―8 JR中央・総武線/東京メトロ東西線 中野南口より徒歩5分。※駐車設備はありません。車、バイクでのご来場はご遠慮下さい。

 東京にて、office R I .coプロデュース!!劇団 燈楼 旗揚げ公演!!【誰が為に鐘が鳴るなり法隆寺】が上演されます。
 「ボクサー登坂直樹は、あることをきっかけに人生を見失い、大事な試合に負けるために挑もうと考えていた。同じ頃、新宿歌舞伎町ではヤクザの成門が小さないざこざから刺され、死に向かっている。そこへ偶然現れた日本神話の神様、天照大神と須佐之男命。二人は成門を助け、登坂の計画を狂わせる。神の好奇心によって変化する二人の運命はいかに。古事記の神々と、ニンゲンたちが織りなす物語。男たちが真に求めるものとは何か。本当の強さとは?愛とは?ジェットコースターのような急展開の物語。殺陣あり、踊りありのエンターテイメント活劇。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

★劇団燈楼 公式ツイッター★ @hanayamariko


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

喜劇団R・プロジェクト「13人の怒れるオカマ」

作・演出:らん丸
キャスト:幸良和樹、大長加奈、空木空、小野瑞季、晴れてるのに傘、音波真隣、蘭丸、横山カオル、勢司瑞季、河野拓馬、明野樹里、ひなた菱咲、倉橋勝
スタッフ:【照明]釣沢一衣 【宣伝美術】金子真姉 【制作】類家アキヒコ


日時:12月5日(木)19:00 12月6日(金)19:00 12月7日(土)14:00/19:00 12月8日(日)
場所:遊空間がざびぃ(西荻窪)東京都杉並区西荻北5-9-12そらの上 JR中央線・総武線西荻窪駅北口より北銀座通りを徒歩8分 
料金:シングルチケット 3000円 ウイニングチケット 2500円 (2名様以上でご予約のお客様、お1人様2500円でご予約できます)

 東京にて、喜劇団R・プロジェクト「13人の怒れるオカマ」が上演されます。
 「明るく振る舞っている私、大口開けてベラベラしゃべりまくってる私、手ぇ叩いてバカ笑いしてる私、そんな私・・・本当は・・・。暁のゴールデン街の路地裏に、オカマが一人・・・また一人・・・。今日私たち、全部吐き出します。
【こんなオカマちゃんたちがいます】マチコ・ロワイヤル【女装家・エッセイスト】ナッツ・スイーツパラダイス【女装家・パティシエ】MOKKO【美容家】蛍子ママ【二丁目オカマバー《蛍子の部屋》のママ】タケオ【二丁目オカマバー《ジョリー》の店子】アニー・ボンボン【歌手】安室竜二【喫茶店《さくらんぼ》のマスター】田中実【化粧品会社の営業係長】桜井恋音【大学生】りんりん【無職】かつみ【ユーチューバー】せいや【ユーチューバー】木下徹【?】
 オカマが13人集まると・・・ちらかります。ずっとちらかってます。ちらかりっぱなしの90分!こんな演劇観たことない!お楽しみにー。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


喜劇団R・プロジェクトホームページ


(倉橋さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2019年10月 3日

IQ5000 タイムトラベル ファンタジー時代×時代活劇『RUN◎』

作・演出:腹筋善之介
【出演】大友美香子 久保田寛子 鈴木ナオ ドン・タクヤ 巴里マリエ 藤原理恵子 渡部愛 エンジンコータロー キタタカシ どす恋あゆこ(劇団FUKKEN) 西島美都子 吉田憲章(SPINNIN RONIN) 腹筋善之介
【スタッフ】
舞台監督/土居歩 照明/島田康和(S.P.C) 音響/齋藤瑠美子
宣伝美術/佐藤ホームラン
制作/雑筋イノセント
協力/S.P.C SPINNIN RONIN 劇団FUKKEN
企画・製作/オフィスIQ5000

【日時】2019年10月
25(金)午後3:00/午後7:30
26(土)午後2:00/午後6:00
27(日)午後1:00/午後5:00
※受付開始・開場共、各開演時間の30分前
※開演時間の5分前を過ぎてからご来場の場合は座席変更の可能性があります
【会場】上野ストアハウス 上野駅『入谷口』より徒歩5分 東京都台東区北上野1-6-11 NORDビル B1
【チケット】(日時指定、全席指定席、税込)
一般:3,800円 当日:4,000円 学生:2,000円(前売・当日共)
※当日券は各開演時間の30分前より発売開始 ※学生の方は受付にて学生証のご提示をお願いいたします
<関東圏外割引> 関東圏外(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川以外)にお住まいのかた 特別前売料金2,000円 ※関東圏外割引は、10月7日(月)までに劇団へお申し込みください
【ご予約】★webから予約
※ドメイン指定等により自動返信のメールが届かない可能性があります。迷惑メール等の設定を確認してからご予約をお願いいたします。
※携帯電話からのアクセスで予約フォームが表示されない場合はオフィスIQ5000までお問い合わせください。
e+ 予約
※イープラスでは『一般』のみご予約いただけます。学生&圏外割はご予約できません。
★電話予約 (2019年8月20日(火)正午~) オフィスIQ5000 090-4223-8854 (平日12時~19時) ※メモのご用意をしておかけください。※留守電の場合はお名前とお電話番号を録音してください。折返しお電話いたします。


 東京にて、IQ5000 タイムトラベル ファンタジー時代×時代活劇『RUN◎』が上演されます。
 「小さな遊園地にひとり入り込む少女・蘭子。彼女は静岡県から引っ越してきた、おばあちゃん子。親の仕事で遠い町に引っ越してきた。おばあちゃんと一緒に住んだ富士山近くのあの町から。遊園地の観覧車に乗れば富士山が見える。おばあちゃんに近づけるような気がする。お小遣いがなくなって遊園地に行けなくなり、とうとう夜中に遊園地に入り込んでしまった。スイッチを入れると、動きだす観覧車。他の遊具たちが観覧車に話す。自分たちは子どもの成長を願う遊具だが、観覧車だけは、後ろを振りかえらせてしまった。これからこの女の子はどうなるのだろうか?と。ある夜、不具合で、てっぺんまで昇りつめた蘭子を乗せたまま観覧車が逆回転してしまう。大騒ぎの後、なんとか観覧車を降りて見たその風景は、いつもと変わっていた。空襲のため街は火の海となり、煌々と輝いているのだ。タイムスリップ。観覧車と一緒に、タイムスリップによっておばあちゃんに会おうとする蘭子。過去や未来に移動し、おばあちゃんや友だちに会おうとする蘭子。時空を移動するとともに、みんなから忘れられていくことに気がつく。最後に、蘭子がとった行動は。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

文学座「メモリアル」

作・演出:作:松原俊太郎 演出:今井朋彦
キャスト:太田志津香 / 上田桃子 / 前東美菜子 / 神野崇 / 山森大輔 / 萩原亮介
スタッフ:美術: 乘峯雅寛 / 照明: 阪口美和 / 音響: 藤田赤目 / 舞台監督: 岡野浩之 / 制作: 梶原優、田中雄一朗、佐藤竜太郎 / フライヤー: 矢萩多聞


日時:2019年12月3日~15日
場所:文学座アトリエ 東京メトロ丸ノ内線 『四谷三丁目』駅より徒歩9分 
料金:前売り:4600円 当日:4800円 ユースチケット(25歳以下):2700円

 東京にて、文学座「メモリアル」が上演されます。
 「登場人物は、花嫁、独身者、娘、入国者、取次者、相続人の6人と、ほかたくさん。それぞれの行く末を抱えた6人が交叉点のまん中で衝突(!)します。川のように流れていた時間が中断し、人びとの足は止まり、そもそもふおんだった空気はさらにふおんになり......みんなで、なんとか、出口を見つけられるでしょうか......
 当然ながら人物たちはこうしたあらすじからは脱出します。言葉というのは便利なもので、いま、とか、ここ、で起きていることを明確に差し出すことができません。そのせいもあってか、不足が、軋轢が、格差が、対立が生じ、みんなばらばら、罵声あるいは沈黙。というのが、人物たちが身をさらす、ふつーの背景です。ふつーの背景では、必ず、どこかに不足の動きが発生し、拡散します。いま、とか、ここ、に不在なのは人権ではありません、キボーの叙情事です。(松原俊太郎)
 文学座は今年で82年目を迎えた劇団です。現在も、江守徹、角野卓造、渡辺徹、今井朋彦らが舞台や映像で活躍しており、洋画、海外ドラマの吹き替えにも活躍の場が広げている劇団です。今回12月に文学座がお届けする作品は、岸田國士戯曲賞を受賞した松原俊太郎による最新作『メモリアル』。本作の作家である松原俊太郎氏は東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所による原発事故を背景にした『山山』という作品で、今年岸田國士戯曲賞を獲得し、演劇界の次代を担う作家として注目されています。演出を務める今井朋彦は、近年『真田丸』、『メゾン・ド・ポリス』等の連続ドラマに出演するほか、演劇・ミュージカルでも活躍しています。文学座を代表する俳優の一人です。今井が『忘れる日本人』(松原俊太郎作、地点、KAAT、2017年)を観て、『新たな価値観との出会い』を果たしたと感じ、松原氏にラブコールを送ったことでこの企画が実現しました。現代の日本では珍しい"劇作だけを行う劇作家"による"問題作"を初演出の今井がどう色付けていくのか。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、文学座03-3351-7265(10:00~18:00/日祝休)、またはこちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(梶原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]