公演案内ページ | 演劇交差点トップページへ

2018年1月21日

舞台『大正浪漫探偵譚-六つのマリア像-』

作・演出:鈴木茉美
キャスト:木津つばさ / 横田龍儀 / 佐藤友咲 / 竹中凌平 / 宮崎湧 / 夏目雄大 / 鐘ヶ江洸 / 栗田学武 / 村川翔一 / 正木航平 / 三谷怜央 / 末野卓磨 / 磯野大 / 天野眞隆 / 松本慎也(Studio Life) / 栗原功平(劇団スーパー・エキセントリック・シアター) / 舘形比呂一(THE CONVOY) / 他
STAFF
脚本・演出 鈴木茉美
舞台美術:杉山至(青年団・六尺堂)
照明:村山寛和(マーキュリー)
音響:川西秀一(Lucky Jr.sound)
映像:浦島啓(colore)
舞台監督:大刀佑介(虚構の劇団)
音楽:翡翠(月読レコード)
ヘアメイク:藤本麗
制作進行:ファーストピック(西初恵)
当日制作:島崎翼
プロデューサー:森本基(4121) 他
主催:大正浪漫探偵譚製作委員会


日時:2018年4月18日(水)~4月22日(日)
場所:シアター1010 【住所】〒120-0034 東京都足立区千住3-92千住ミルディスI番館 10F
料金:◯一般指定席:6500円(税込) ◯SS席プレミアムシート:8500円(税込)
【タイムスケジュール】
4/18(水) 19時
4/19(木) 19時
4/20(金) 14時/19時
4/21(土) 13時/18時
4/22(日) 12時/17時
【チケット申込フォーム】
(カンフェティ)
電話予約 0120-240-540(平日10:00~18:00) 2018年1月20日(土)朝10時00分~最速先行抽選開始!!
【チケット発売日程】
最速先行発売(抽選) 2018年1月20日(土)朝10時00分~1月28日(日)23時59分
最速先行特典:大正浪漫探偵譚 非売品ポストカード付き!(内容は後日発表)
二次先行発売(抽選) 2018年2月16日(金)朝10時00分~2月25日(日)23時59分
一般発売(先行) 2018年3月3日(土)朝11時00分~


大正浪漫探偵譚シリーズとは
2015年6月『大正浪漫探偵譚~東堂探偵事務所~』で公演。全公演満席で幕を閉じた。多くのお客様からシリーズ化を叫ばれ、満を持して東京芸術劇場にて上演した『大正浪漫探偵譚~君影草の設計書~』では人気若手俳優から各有名劇団の看板俳優といった豪華な顔ぶれが揃い、全公演満席の3000人を動員するほどの人気シリーズへと成長を遂げた。そして、2年の時を経て、再び大正のシャーロック・ホームズ東堂解が帰ってくる!優秀な助手、武闘の使い手北早翔太と、少し抜けているが一度見たものを記憶できるもう一人の助手南澤譲とともに、東堂は新たな事件に挑む!大正時代を生きた探偵シリーズの金字塔。密度の濃いスピード感あふれる推理舞台が、再び幕を開ける。
□これを見れば大正浪漫探偵譚がもっと楽しめる。
『大正浪漫探偵譚~君影草の設計書~』 2016年7月 東京芸術劇場シアターウエスト
公式HP DVD通信販売
『大正浪漫探偵譚~東堂探偵事務所~』 2015年6月 中野ザポケット
公式HP DVD通信販売

 東京にて、舞台『大正浪漫探偵譚-六つのマリア像-』が上演されます。
 「屋敷の家政婦が殺された。凶器は屋敷にあったマリア像の彫刻。一見ただの強盗殺人かに思われるその事件に疑いを持った佐々木刑事は、部下の伊藤刑事とともに東堂探偵事務所を訪れる。別の場所では政府関係者が自宅で殺される事件が起きた。凶器は不明だが自宅にあったマリア像の彫刻が盗まれていたという。政府機関の黒川と黄島は、その事件の真相を得るため東堂探偵事務所を訪れる。そして、次々と明かされる事件、それは六つのマリア像の存在によって繋がっていた。立ちふさがる新たな敵も出現する今作品、東堂は助手の北早・南澤とともに絡み合った事件の糸を解く! -捕まりませんよ東堂探偵、貴方にはがっかりだ。-」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


大正浪漫探偵譚公式HP
◯大正浪漫探偵譚公式Twitter: @romatan2018
大正浪漫探偵譚公式ブログ
◯公演についてのお問い合わせ:こちらのメール
チケットについてのお問い合わせ
シアター1010HP


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年1月20日

NPO法人メグロコミュニティシアター『オセロ―』朗読劇 W.シェイクスピア

作・演出:牛尾穂積出演予定者 :野中くに子、青山郁子、山本順子、加藤雅代、久保真理子、中丸朋美、菅原倫子、岸本聖美、増田絢香、舩木優、黒田貴子、山岸美江子、西岡麻美、中村良子

日時: 平成30年2月9日(金) 17時、10日(土) 13時・17時、11日(日) 13時 (全4回)
会場: 小山台会館 東急目黒線 武蔵小山駅西口より徒歩5分
入場料: 1,000円 全席自由席

 東京にて、NPO法人メグロコミュニティシアター『オセロ―』朗読劇が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


NPO法人メグロコミュニティシアターホームページ


(高野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年1月19日

都野舞踊学園 プロデュース公演『Brothers Scream』

第1部:都野舞踊学園 第65回 作品発表会 都野舞踊学園の生徒による、創作舞踊からヒップホップまでの小作品集
振付指導...近藤美子 近藤歩美
第2部:都野舞踊学園プロデュース 『Brothers Scream』
脚本・演出...正安寺悠造 (隕石少年トースター/DACTparty)
振付...capsule toy -遠山結子・yuto-
出演... 菊池祐太(ゲキバカ) 池田竜治 菊池千花 飯塚シオン 五十嵐美穂 池上明杜石橋実果 伊藤穂乃佳 (ARKSTAR) いろは 菊池恵衣 佐藤彌佑 里吉うたの (ARKSTAR) 須藤彩 高橋美佳 tuti (おなごん!) 道口実月 早瀬さくら 細田春夏 盛一季美香 安西千紗

【日時】2018年3月21日(水祝) 
13:30開場 14:00開演/
17:00開場 17:30開演
※上演時間は1時間50分を予定。途中休憩あり。
【会場】かめありリリオホール
【チケット】全席指定 大人 \3500 小学生以下 \1300
※お席が必要なお子様からチケットが必要です。
チケット発売日:2018年1月20日(土)10:00am
チケット窓口:チケットペイ

 東京にて、都野舞踊学園プロデュース公演『Brothers Scream』が上演されます。
 「僕は鍵っこ 一人っこ 歴史大好き 独りっこ そんな僕が生まれて初めて 兄に会うことになった 行き先は江戸時代末期 踊りをやめない案内人との 愉快で豪快な旅物語 冬の桜田門外 必ずアナタを助けだす!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール


同公演の情報ページ

(近藤さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年1月16日

謎のキューピー 第12回公演『歌舞伎町ゾンビ物語』

▽出演 コンタキンテ 田中絵梨 キタタカシ 箱田博之 大瀬さゆり 関原吏紗 コロンボデンゾー タコ太郎
▽スタッフ
【脚本】立川志らく
【演出】酒井莉加
【舞台監督】上野G~
【照明】由利優樹
【音響】橋本さほり
制作...立川らくまん、その他立川志らく門下前座


▽日にち 2018年 2月2日(金)~2月6日(火)
▽会場 中野・スタジオあくとれ(東京都中野区中野2-11-2 サン中野マンションB1)
JR中央線・総武線、東京メトロ東西線 中野駅徒歩4分
▽タイムテーブル
2月2日(金) 19時~
2月3日(土) 13時半~/18時~
2月4日(日) 13時半~/18時~
2月5日(月) 14時~/19時~
2月6日(火) 14時~
▽料金 予約・前売3000円、当日3500円
劇団ホームページ
▽ご予約・お問い合わせ こちらのメール 『お名前・日時・枚数』をご記入ください
※1日経ってもご返信の無い場合は※ お手数ですがこちらへDM・リプライ またはこちらのメールまでお知らせください。

 東京の劇団謎のキューピーが、第12回公演『歌舞伎町ゾンビ物語』を上演いたします。
 「ウォーキングデッド、ジョージ・A・ロメロ監督の作品は勿論、あらゆるゾンビ映画を観てきた志らくがついにオリジナルゾンビ物語を書き上げた。ゾンビ映画の面白さが凝縮された舞台になるはず。血は吹き出さなくとも、心臓が踊りを踊る舞台。ゾンビ好きの方 関係各位にご面識のある方 立川志らく、落語家のつくる演劇に関心をお持ちの方 などなど 皆様のご来場をお待ちしております!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団謎のキューピーホームページ

(志ら松さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

空想工藝舎 art work#XX Live sewing02 『But you are far behind the horizon』

作・演出:中村歩道
キャスト:高橋佳成 針生あかり(万能グローブ ガラパゴスダイナモス) 安部さきよ 武田遥(陰湿集団)あかたろ


日時:2018.5.18(fri) 18:30- 5.19(sat)14:00-
場所:リノベーションミュージアム冷泉荘
料金:前売り:2500円 当日:3000円 ペア券 4200円(要予約) cmチケット 4000円(先着5名・要予約) ※中村歩道オリジナルの帽子付き。ご予約時にご要望をお伺いして心を込めて作成致します。


 福岡にて、空想工藝舎 art work#XX Live sewing02 『But you are far behind the horizon』が上演されます。
 「前回たくさんの反響をいただき、今回も『Live sewing』をお届けします!もちろん内容もパワーアップしております。今回は 《演劇×衣装×音楽》 この3つの芸術が物語を彩ります。
 【What's Live sewing?】登場人物の衣装を上演中に作成・加工いたします。どのような衣装が出来上がっていくのかを物語の結末と共にお楽しみください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


空想工藝舎ホームページ


(吉富さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [九州・沖縄]

2018年1月13日

舞台芸術創造機関SAI 幻想音楽劇『贋作マッチ売りの少女-神奈川公演-』

作・演出:倉垣吉宏
キャスト:大島朋恵(りくろあれ)、常盤美妃(舞台芸術創造機関SAI)、麻宮チヒロ(舞台芸術創造機関SAI)、倉垣吉宏(舞台芸術創造機関SAI)、稲川実加、ぜん、三國谷花(PATCH-WORKS)、小林夢二(少年王者舘)、恩田純也、小堀佳恵、櫻田雪、田中将之、奈良貴大、野坂亜沙美、ハナ、町田彩香、Cacao(劇団ネクスト・ステージ)、山口恵理香(劇団ネクスト・ステージ)、橋本栖実(劇団It'ssecret!)、丸井裕也(劇団It'ssecret!)
スタッフ:●歌唱:大島朋恵 ●音楽:永井幽蘭 / Cuu- / Jessica ●音楽総括:りくろあれ ●音響:Jessica ●照明:RON(unique rabbits) ●制作:渋谷翼(舞台芸術創造機関SAI) ●特別協力:A STORY TOKYO/◉月光密造舎◉/劇団ネクスト・ステージ/兎亭


日時:2月3日(土)19:00  2月4日(日)13:00/17:00
場所:WAKABACHO WHARF 若葉町ウォーフ
料金:前売:2500円 予約:2800円 当日:2999円


 東京にて、舞台芸術創造機関SAI 幻想音楽劇『贋作マッチ売りの少女-神奈川公演-』が上演されます。
 「画家ヴァン・ゴッホは贋作稼業を生業としていた。ある日、オークション会場で美しい少女、アルルと出会う。彼女は"マッチ売りの少女"と呼ばれる娼婦であり、歌姫。ヴァンは、少女に絵のモデルを依頼するが金が無いことから断られてしまう。丁度その頃、腹違いの弟であるジオからルームシェアの提案を受ける。相手は画商であり画家であるポール・ゴーギャン。強烈な個性を持つ2人は、互いに惹かれあっていくが・・・この作品は、情熱の画家"ヴァン・ゴッホ"の短い生涯を描いた幻想音楽劇である―。
 ◆贋作マッチ売りの少女とは?◆2007年のこと。モルドヴァにあるイヨネスコ劇場の芸術監督、ぺトル・ヴトカレウが来日し、ワークショップと共に同劇場のレパートリーである『授業』を上演。暴力と狂気、不条理と支配を生々しくも滑稽に描写する、ワークショップで得た新鮮な感動とその鮮やかな演出に魅せられて書いたのが、『贋作マッチ売りの少女』。その頃のSAIは路上劇。街の中へ非現実を持ち込む事に没頭していた。歩道と空間を仕切る鎖のなかに、幻想都市ロンドンの火種を起こす。札束。大量のマッチ箱。玩具のピストル。吠え、跳躍する激情の俳優たち。幾度となく上演した路上版を経て、2012年に室内劇として再演。2013年にはトリプルキャストでのロングラン。再生のたびに、SAIに新たな刺激と世界を魅せてくれるこの演目が、4年ぶりにかえってくる。数年前、大島朋恵がこの作品を気に入り"いつか演ってみたい"と言ってくれたこと。かねてからの夢であった永井幽蘭氏の楽曲で音楽劇をつくること。その2つが重なり、栃木、東京、神奈川と3つの場所で新たな幻想都市ロンドンが浮上する。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ


(倉垣さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年1月12日

『TAIKO&DANCE 2017』

平成29年度 市民協働型事業『和太鼓×民俗舞踊×町田 玉川大学アメリカ桜祭り公演より』


■日時:2018年1月17日(水)19:00〜20:20
※受付開始は開演の1時間前、客席開場は45分前とさせて頂きます。
※ワークショップは21:00までを予定しております。
■公演会場:町田市森野2-2-36 町田市民ホール
■入場料:無料・全席自由(要予約)
■定員:600名(申し込み順)※ワークショップは20名まで
※ワークショップのみの参加はできません。参加者は公演終了後に会場にて募集いたします。
■チケット取扱い:
[町田市 イベントダイヤル] 042-724-5656(1月14日まで受付)
[メール予約] (1月16日23:59送信分まで受付)

■お問い合わせ:
・玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科(演劇研究室) 〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1 TEL/FAX:042-739-8092
・担当課:文化スポーツ振興部 文化振興課 電話:042-724-2184 FAX:050-3085-6554


 東京にて、平成29年度 市民協働型事業 和太鼓×民俗舞踊×町田 玉川大学アメリカ桜祭り公演より『TAIKO&DANCE 2017』が上演されます。
 「アメリカ桜祭り公演『TAIKO&DANCE 2017』最終公演のお知らせです。町田市と玉川大学が協働し、2020年東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げるための文化プログラムとして、アメリカ桜祭り公演を上演致します!※終演後、来場者20名を対象に、和太鼓のワークショップを開催。アメリカでの現地ツアーや4月の凱旋公演、11月の再演ではたくさんのお客様にご来場いただき、ありがとうございました。2017年度最後の公演、皆様のご来場をお待ちしております!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科(演劇研究室) TEL/FAX:042-739-8092 まで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年1月10日

玉川大学芸術学部「和太鼓・民族舞踊・町田」

作・演出:小山正
キャスト:玉川大学アメリカ桜祭りメンバー
スタッフ:同上


■公演平成29年度 市民協働型事業『和太鼓×民俗舞踊×町田 玉川大学アメリカ桜祭り公演より』
■日時:2018年1月17日(水)19:00~20:20
※受付開始は開演の1時間前、客席開場は45分前とさせて頂きます。
※ワークショップは21:00までを予定しております。
■公演会場:町田市森野2-2-36 町田市民ホール
■入場料:無料・全席自由(要予約)
■定員:600名(申し込み順)※ワークショップは20名まで
※ワークショップのみの参加はできません。参加者は公演終了後に会場にて募集いたします。
■チケット取扱い:
[町田市 イベントダイヤル] 042-724-5656(1月14日まで受付)
[メール予約]  (1月16日23:59送信分まで受付)
■お問い合わせ:
・玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科(演劇研究室) 〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1 TEL/FAX:042-739-8092
・担当課:文化スポーツ振興部 文化振興課 電話:042-724-2184 FAX:050-3085-6554

 東京にて、玉川大学芸術学部「和太鼓・民族舞踊・町田」が上演されます。
 「アメリカ桜祭り公演『TAIKO&DANCE 2017』最終公演のお知らせです。町田市と玉川大学が協働し、2020年東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げるための文化プログラムとして、アメリカ桜祭り公演を上演致します!※終演後、来場者20名を対象に、和太鼓のワークショップを開催。アメリカでの現地ツアーや4月の凱旋公演、11月の再演ではたくさんのお客様にご来場いただき、ありがとうございました。2017年度最後の公演、皆様のご来場をお待ちしております!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科(演劇研究室) 〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1 TEL/FAX:042-739-8092 まで。


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2018年1月 9日

G-フォレスタpresents 洋館ミステリ劇場「汚名をそそぐ」

構成・演出:丸尾 拓


『洋館ミステリ劇場』とは...築100年以上前の本物の洋館を使い、昭和初期の探偵小説を再現。シーン毎に部屋を移動し、犯人を当てるミステリーツアー型の演劇で、チケットが手に入らないほどの人気を呼んでいる。
公演日時
■3/10(土)14時半、18時公演
3/11(日)11時、14時半、18時公演
3/17(土)14時半、18時公演
3/18(日)11時、14時半、18時公演
■3500円(日時指定、全席自由)
チケット発売日:1月14日(日)午前10時~
お申し込みは、こちらのメール またはFAX 06-6422-3578
■喜多邸(京都市左京区北白川伊織町)
●叡山電鉄『茶山駅』徒歩8分 茶山駅から東方向へ、白川疏水沿いに南へ 駒井家住宅の南側


 京都にて、G-フォレスタpresents 洋館ミステリ劇場「汚名をそそぐ」が上演されます。
 「『その女こそが兄の敵ですわ』連続殺人に隠された哀しい真実...。女優殺害事件の有力容疑者として、獄中で死んだ兄の無実を信じる妹。ある時『事件の真相が知りたければ・・・』と書かれた手紙を受け取る。手紙の指示通り行動すると、女優が殺された場所での連続殺人事件に遭遇する。殺された女性は、死んだ女優の付き人。しかもその現場には、彼女の恋人がいた...。
 今回の会場は 1926年・大正15年の竣工の和館。この公演は数少ない貴重な一般公開となります。聴竹居で有名な藤井厚二が設計し、一部改造されてはいるものの保存状態は極めて良好で、藤井厚二が『日本の住宅』にこめた想いを現在に伝える貴重な歴史的・文化的資産。ヴォーリズ設計による洋風様式的な駒井邸、近代和風の喜多邸と、増田友也設計によるモダニズム住宅が並び建ち、日本における近代建築の縮図ともいえる貴重な景観です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

G-フォレスタホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2018年1月 8日

劇団つばめ組第15回公演「テンペスト」

原作 シェイクスピア 翻訳 小田島雄志 潤色・演出 仲条裕
Cast 堀越健次 石川久美子 手塚優 泉見優羽 高橋哲彦 後藤まゆ 杉山正広 戸塚有紀 ガンダーラ藤村 中井浩之 イシハラタツノリ MeK. TOKYO炙 GORILLA  荒川ヒロ子
Staff 舞台監督深見信生 音響高橋信康 照明安達直美 舞台美術石倉研史郎 作曲出町考平 宣伝美術近藤康平 デザインマデニヤル(株) 衣裳さりー 制作劇団つばめ組
協力 劇団光ヶ丘 劇団『』 かっぱ三兄弟 遊び場58ばん 段々オーケストラ 重野友美(順不同)


日時 2018年2月15日(木)19時 16日(金)19時17日(土)13時18時18日(日)13時
場所 シアター風姿花伝 東京都新宿区中落合2ー10
料金 前売3,500円 当日4,000円 

 東京の劇団つばめ組が、第15回公演「テンペスト」を上演いたします。
 「ナポリ王アロンゾーとミラノ大公アントニオーを乗せた船は嵐に遭い難破する。それは魔術師プロスペローがエアリエルを使い起こしたものだった。12年越しの復讐を目論むプロスペローだが・・・ 旗揚げ10周年を迎える劇団つばめ組が上演するのはシェイクスピア最後の戯曲テンペスト。絶海の孤島の人間と妖精のカーニヴァル!喜劇と悲劇の向こう側のロマンス劇!!恩讐の彼方に新世界はあるか?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは劇団つばめ組:TEL08067967621、またはtubamegumi @ezweb.ne.jp まで。

☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。
 「演劇交差点をご利用の方へ限定チケットプレゼント5組10名様実施します。ご希望の方は [1]お名前[2]ご住所[3]お電話番号 を記入の上サブジェクトに演劇交差点チケットプレゼントでメールアドレスtubamegumi @ezweb.ne.jp まで 尚、チケットプレゼント締め切りは2018年1月14日(日)で、その後返信いたします。」

(仲条さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年1月 6日

KOTOBATO 第6回公演『ネコとAI(アイ) 学園篇 ~銀河鉄道の夜 より~』

作 / 潤色構成 / 演出:西垣克啓 (goodpopjapan)
出演 : 櫻井園子、鈴木澄子、森きゅーり、モリユイ(fromしなまゆ)
企画 : フォーライフソングス/ goodpopjapan
協力:フォーライフミュージックエンタテイメント、原宿ペニーレイン、Us Creates
制作:KOTOBATO制作チーム

公演日:2018年1月27日(土)・28日(日) 
12時 30分 開場 / 13時00分 開演
※公演終了後、アフタートークあり
会場:原宿ペニーレイン  (渋谷区神宮前6-2-7) 
チケット予約


 東京にて、KOTOBATO 第6回公演『ネコとAI(アイ) 学園篇 ~銀河鉄道の夜 より~』が上演されます。
 「異色な朗読劇KOTOBATOの第6回公演 開催 !ついに、猫又師範学校シリーズの最終章
 『新感覚のリーディング・ライブ』と銘打って開催されている、異色な朗読劇KOTOBATOの第6回公演が、1月27日(土)・28日(日)の両日、原宿ペニーレインで開催されます。KOTOBATO 第1シーズン(猫又師範学校シリーズ)の"最終章"となる今回は、様々な解釈でとらえられている、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』を軸に展開される。前回の第5回公演でネコ型人工知能29号の不具合を治すために仮想空間『猫又師範学校』へとログインした人々。そこに待ち受けていたのは、言葉の弾丸だった。『愛』とは? 『ほんとうの幸い』とは? 前回から引き続き、POPバンド"しなまゆ"のボーカル、モリユイが出演。他の出演者は、櫻井園子、鈴木澄子、森きゅーり 作・潤色構成/演出は、goodpopjapanの西垣克啓」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、KOTOBATO公式サイトまで。


< FaceBook > < Twitter > 


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

DANCETERIA-ANNEX 音楽劇『憧憬・・Violette』

DANCETERIA-ANNEX 音楽劇『憧憬・・Violette』(第12回横浜山手芸術祭参加作品)


作・演出:澤村みゆき
キャスト:GOH IRIS WATANABE/山本雅也/石賀淳志/庄司哲也/佐々木隼/小野稜太/寺田ゆな/宇久麻奈美/安倍光/渡辺紫晶
スタッフ:音楽/GOH IRIS WATANABE/石川成章(key)/大久保真由(key)/川口渓(Violin)/


日時:2018年2/2、2/3
場所:横浜山手西洋館エリスマン邸
料金:3500円
上演スケジュール (開場はすべて30分前です)
2/1 公開リハーサル 17:30より(入退場自由) \1000
2/2 本公演 19:00より \3500
2/3 本公演 18:30より \3500
チケット・問い合わせ hug001@mac.com 090-3579-6801
歴史的建造物を使用しての公演となります。どうぞご留意ください。

 横浜にて、DANCETERIA-ANNEX 音楽劇『憧憬・・Violette』が上演されます。
 「1930年代・・・英国人と恋に落ち駆け落ちしてきた日本人未亡人が、忘れ形見の一人娘と次期当主となる若い義理の弟とを守り住む、ロンドン郊外の邸宅。縁切りしたはずの実家から20年ぶりに彼女を尋ねてくるという人物は、静かな暮らしになにをもたらすのか?寄宿するロシア人音楽家、義理の妹とその嫁ぎ先仏ワイナリーのオーナー、放蕩者を気取る従兄弟、やっかいな日本人ばあや。懐かしい楽曲に乗せて、色とりどりの人物たちが織りなす滑稽で優しい物語・・。
 毎回好評を戴いております横浜山手西洋館を舞台とした音楽劇、2018年はエリスマン邸にて上演いたします。横浜と銀座に初めてガス灯を灯した貿易商社シーベルヘグナー商会(現DKSH)の横浜支配人宅であったエリスマン邸。今回もまたそのかみに立ち返り、そこに暮らした人々の思いと憧れを、懐かしい歌の数々にのせておくります。早春の菫の花に寄せる優しい物語。趣深い古い洋館の中、登場人物となった気分でお楽しみください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(石坂さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2018年1月 5日

!ll nut up fam「np tempo(ナップテンポ)」

【出演】藤代海、山本健一、岡本歩、岩根大祐、竹野メフメット、冨田浩児、塩田花、朱木雀空 以上 !ll nut up fam
古賀薫((株)マック・ミック/劇団アナモタズ!)、白井美帆、松藤拓也(The Four of
Mats)、千村佑陸、川島唯(あくたぁらふてぇる)、渡邉大貴、福井将真、久留海まりん(ティーライオット)、萌夏
【スタッフ】
舞台監督:田中新一
照明:松田直樹
音響:TIM
デザイン:8
撮影:9
制作:0


【タイムテーブル】
1月26日(金)19:00
1月27日(土)14:00/19:00
1月28日(日)12:30/16:00
場所:萬劇場
【料金】前売り4000円 当日4500円 フリーパス全部見れます券 16000円
ご予約はこちらから

 東京にて、!ll nut up fam「np tempo(ナップテンポ)」が上演されます。
 「子供の頃の記憶...ってどこまで覚えてる?どんなささいなことも毎日が冒険だったよね。水たまりは海だったし、木の棒はもちろん剣!近所のおじさんはエイリアンにみえたしブランコで空を飛んだ。ワクワクしたことドキドキしたこと、一緒に毎日遊んだ友達。でもさ、その記憶ってどっからどこまでが現実?どっからどこまでが空想?ま、そんなことどうでもいっか!だって今はもう思いだせないんだもん。⚪か❌?△でいいじゃん!赤か白?ピンクでいいじゃん!2018年、イルナップがおくるぴんくなピンクなpinkな世界 ねえ、大人になっても僕のそばにいてくれる?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは こちらのメールまでお願い致します。


!ll nut up fam ホームページ


(青木さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年12月26日

「喜劇 有頂天一座」

作・演出:北條秀司 作『女剣劇朝霧一座』より 齋藤雅文 演出
キャスト:渡辺えり、キムラ緑子、林翔太(宇宙Six/ジャニーズJr.)、広岡由里子、村田雄浩、段田安則 ほか


日時:2018年2月1日~12日
場所:新橋演舞場
料金:一等席:12,000円、二等席:8,500円、三等A席:4,500円、三等B席:3,000円ほか

 東京にて、「喜劇 有頂天一座」が上演されます。
 「女剣劇一座で繰り広げられる、座長の座をめぐる壮絶な"女いくさ"!意地でも負けられない女の戦いが今、始まる!!
 昭和34年に『女剣劇朝霧一座』という題名で初演され、女剣劇の世界で巻き起こる座長の座を巡った壮絶な女いくさをコメディータッチで描いた名作。人間の業欲や愚かさを"人間らしさ"と許容する作者の愛情と温かい視点を感じることができる作品だ。今回は『喜劇 有頂天旅館』に続き、渡辺えり・キムラ緑子コンビが取り組む"有頂天シリーズ"第2弾として上演。そのほか、林翔太、広岡由里子、村田雄浩、段田安則が出演する。
 昭和30年代、上州の田舎町。女剣劇は浅草でストリップの人気に押され、座長の二代日朝霧恵美子(渡辺えり)率いる一座は旅回りの憂き目に合っていた。駅前の休憩所に到着し、上州座座主の河田(広岡由里子)と愚痴を交えた昔話をしているところヘ、仕事で訪れた映画スターの嵐玉之介(段田安則)が現れる。以前は恵美子と恋人同士の玉之介は、彼女を自分の宿に誘う。お供についた恵美子の弟子・小夜子(キムラ緑子)は野心家で、玉之介の弟子の康弘(林翔太)に映画進出を売り込むなど出世の機会を窺っていた。その日の夜、宿で休んでいた恵美子と玉之介は刑事に起こされる。逃亡犯の捜査だというが、人気稼業の二人が出れば大スキャンダル。玉之介が対応するが、刑事は女も出せと譲らない。押し問答のなか現れたのは、身替りとなった小夜子であった。おかげで恵美子は世間とパトロン興行師・浅倉(村田雄浩)の目は誤魔化すことができたが、このスキャンダルで小夜子が大変な人気者になってしまう。そして琵琶湖にほど近い三井寺で初代恵美子の法要を行う日、その人気を利用して女剣劇の再生を目論む浅倉と、有名になりたい小夜子の思惑が合致して、ある密談がまとまる―座長の座をめぐる壮絶な"女いくさ"の結末やいかに!?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、チケットホン松竹 0570-000-489 まで。


同公演の情報ページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年12月25日

★オペラシアターこんにゃく座2月公演 喜歌劇『天国と地獄』

2018年2/8(木)~18(日) 俳優座劇場

作曲:ジャック・オッフェンバック
台本:エクトル・クレミュー、ルドヴィック・アレヴィ
台詞・訳詩・演出:加藤直
音楽監督:萩京子

◆出演・楽士
※一部A組、B組のダブルキャストになります。
【A組】大石哲史・梅村博美・沢井栄次・高野うるお・豊島理恵・相原智枝・花島春枝・齋藤路都・岡原真弓・富山直人・島田大翼・佐藤敏之・武田茂・北野雄一郎・西田玲子・沖まどか・大久保藍乃・高岡由季
【B組】大石哲史・鈴木あかね・沢井栄次・高野うるお・青木美佐子・彦坂仁美・山本伸子・鈴木裕加・岡原真弓・富山直人・北野雄一郎・武田茂・佐藤敏之・島田大翼・西田玲子・沖まどか・大久保藍乃・高岡由季
ピアノ:寺嶋陸也、クラリネット:橋爪恵一、ファゴット:前田正志
ヴァイオリン:手島志保(2/9、11、12、16夜、17、18)/山田百子(2/8、10、13、14、15、16昼)

◆公演日時
2018年2/8(木)~18(日)
8  (木)19:00 A組
9  (金)19:00 B組
10 (土)14:00 A組
11 (日)14:00 B組
12(月休)14:00 A組
13 (火)19:00 B組
14 (水)14:00 A組
15 (木)14:00 B組
16 (金)14:00 B組/19:00 A組
17 (土)14:00 B組
18 (日)14:00 A組
*開場は30分前
◆会場 俳優座劇場 俳優座劇場TEL.03-3470-2880 都営地下鉄大江戸線六本木駅6番出口を出てすぐ 東京メトロ日比谷線六本木駅4a番出口より徒歩3分 
◆チケット料金 *全席指定/当日は1席500円増 一般 6,000円 一般ペア 11,000円 学生・こども 2,000円*当日要学生証。トクマルシート 4,000円*平日のみ。場所、枚数限定。こんにゃく座のみの取扱。 U25 3,500円*平日のみ。当日要身分証明書。
◆チケット取扱 オペラシアターこんにゃく座 TEL044-930-1720 
『こんにゃく座チケットサイト』24h申込OK!コンビニ、クレジット決済選べます!
他、チケットぴあ、イープラス、ローソンチケット、カンフェティ 
◆主催・制作 オペラシアターこんにゃく座 神奈川県川崎市多摩区宿河原7-14-1 TEL.044-930-1720 

 東京にて、オペラシアターこんにゃく座2月公演 喜歌劇『天国と地獄』が上演されます。
 「こんにゃく座次回本公演は、なんと!オッフェンバック作曲作品です!!1858年パリで初演された『天国と地獄』(原題『地獄のオルフェ』)は、ギリシャ神話を徹底的に笑いのめし、人々を楽しませ、時代への批判精神を盛りこんでいます。軽快な音楽と痛烈なユーモア!こんにゃく座パワー全開でお届けします!もちろん日本語で上演します!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


オペラシアターこんにゃく座ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年12月15日

犬と串「ピクチャー・オブ・レジスタンス」

作・演出:モラル
キャスト:藤尾勘太郎(犬と串)、山中健太、山中翔太、板倉武志(犬と串)、満間昂平(犬と串)、ホリユウキ(犬と串)、萩原達郎(犬と串)、奥田努(StudioLife)、綾乃彩、佐河ゆい、青木絵璃、佐藤有香、藤田晋之介、ブラダ、星元裕月

日時:2月21日(水) 19:00 2月22日(木) 19:00 2月23日(金) 14:00/19:00 2月24日(土) 13:00/18:00 2月25日(日) 14:00
場所:恵比寿・エコー劇場(恵比寿駅 徒歩5分)
料金:S席:6000円 A席:4500円

 東京の劇団犬と串が、公演「ピクチャー・オブ・レジスタンス」を上演いたします。
 「驚異的なスピードで、流行が移り変わる近未来...。軽薄過ぎる時代に立ち向かう、『絵画』に関わる人間たちがいた。近未来―そこは世界が長期の不景気を脱し、かつてない好景気に沸く時代だった。また、急速に発展した科学技術によって、超高性能のアンドロイドが一家に一台所有され、『道具』を超えた『友人』となっている時代でもあった。時間と資産を持て余した人類は、驚異的なスピードで移り変わる流行を、熱狂的に追うようになる。そんな中、他の芸術と同じく、『絵画』もまた、日々違うものが持て囃され、べらぼうな価格がつけられていくのであった。アンドロイドと共に歩むこの世界の在り方を、誰しも疑っていなかった。一枚の絵が、白日の下に晒されるまでは。画商、画家、科学者、アンドロイド...絵を巡る様々な意図が交錯し、やがて世界を変えるほどの、大きなうねりとなる。果たして人類は、自らの手に『流行』を取り戻せるのか?バブリーでサイバーな世界観で描かれる、情熱の物語をお見逃しなく!!犬と串結成10周年記念公演」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。 
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


犬と串ホームページ

(にしむらさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団ふぁんハウス 第33回公演『ふきのとう物語in 板橋』

作・演出 平野 恒雄
共催 公益財団法人板橋区文化・国際交流財団 / 後援 板橋区
出 演 平野 恒雄 鈴木 千秋 小山 恵子 佐藤 睦子 江浦 静樹 杉山 正弘 木造 美幸  山中 良子  みすき 康人 橘田 拓哉
演 奏  (ピアノ) Amatias 
舞台監督 高橋 哲彦
舞台美術 三井 優子
照 明 (株)六工房
音 響 野中 正行 (響き工芸)
音声ガイド  (ナレーション) ボイス・エマノン 
  ( ガ イ ド  台 本 ) 鈴木 千秋
イラスト K-OZAWA
協 力 手作り人形劇の会 ポンペリポッサ
制 作 劇団ふぁんハウス

★ 日 時 2018年1月20日(土) 15:00 開演 (受付開始は開演の1時間前です)(開場は開演の45分前です)
★ 場 所 板橋区立文化会館 小ホール ※駐車場はございません。東武東上線大山駅徒歩5分 都営三田線板橋区役所前駅徒歩10分
★ 料 金 ※前売・当日とも ●大 人 ... 3,000円  ●中学生以下 ... 2,000円
特別割引 ●障害者手帳等をお持ちのかた ... 2,500円 ※証明となるもの(障害者手帳等)をご持参ください。※チケットは全席自由席です。※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

バリアフリー観劇サポート
◆音声ガイド 視覚に障がいのあるかたへ音声ガイドを導入いたします。イヤフォン付きFMラジオをご持参のうえ、開演の15分前までにご来場ください。
◆ガイドヘルプ 大山駅改札から劇場までガイドヘルパーがご案内いたします。開演の30分前までに、東武東上線大山駅南口改札前にお集まりください。
◆台本レンタル 聴覚に障がいのあるかたへ台本をレンタルいたします。公演の1週間前までに劇団ふぁんハウス事務局へお申し込みください。
※点字パンフレットもご用意しております。 ご希望の方は、当日受付スタッフへお声掛けください。

 東京の劇団ふぁんハウスが、第33回公演『ふきのとう物語in 板橋』を上演いたします。
 「アマチュア人形劇団ふきのとうの主宰・真壁秋子。かつてはプロの老舗人形劇団を率いて、全国各地を飛び回っていた真壁だが、ある出来事を境に、娘・敦子との間に亀裂が生じ、プロの人形劇団を解散...。今では、わずか5人の個性豊かな≪おじちゃんおばちゃんメンバー≫、世話人の有栖川権助らと共に、約2か月後に迫る、地元の高齢者施設・敬老園での発表会に向けて、皆で仲良く楽しく練習に励んでいる。そんな折、スマートな初老の男性・田岡光次が人形劇団ふきのとうの稽古場にやって来た。温厚そうだけれど時に熱くなる田岡。『彼は一体、何者なのだろう?』発表会まで残された時間は僅か。しかしそんな時に限って、なぜか起きるトラブル!!!ささやかな暮らしの中にあるドラマチックな出来事を描いた、笑いあり涙ありの『ふきのとう物語』。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 チケットのお申し込み/お問い合わせは、劇団ふぁんハウス事務局:TEL: 03-3559-8663 E-mail: こちらのメール 劇団公式サイト(チケット申し込みフォームをご利用ください)、板橋区立文化会館チケット販売窓口 TEL: 03-3579-5666(9時~20時) まで。


(小山さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年12月13日

劇団Rabbit clowN 旗揚げ公演 ミュージカル風同人演劇『もうひとつのアリとキリギリス』

作・演出:小日向 風生
キャスト:ガロン/吟/小日向 風生/蒼宙 光/いづみ/こうき/桜庭 和花/蜻蛉/雨音 裕
※後日追加変更有
振付:小日向 風生
小道具:ガロン
小道具美術:たつ
音響プランニング:吟
照明:淺妻 将吾
音響:廣岡 美祐(劇団『劇団』(ゲキゲキ) )
舞台監督:橿原 大和(120)
衣装:Shian
制作:小日向 風生 ガロン こうき ハク
SPECIAL THANKS:AsM 劇団PLAYING
企画 劇団Rabbit clowN 公演特設HP

日時:2018年2月24,25日
場所:神戸アートビレッジセンター KAVCホール
料金:前売り:2,000円 当日:2,300円 4人割り:6,800円(お一人様1,700円)
■公演日時 2018年2月
24日(土) 受付16:00/開場16:30/開演17:00 18:30終演予定
25日(日) 受付12:00/開場12:30/開演13:00 14:30終演予定
上演は1時間半となっており、受付開始は公演開始時間の1時間前となっております。途中休憩はございません。近隣の方や、他施設利用者様のご迷惑になりますので、受付開始時刻より早すぎるご来場はご遠慮ください。
受付開始時刻から、我ら衣装班による出店ブースがございます!公演題材のモチーフグッズもあるそうなので、余裕を持った来場をオススメ致します!
■予約受付 特設HPメールフォーム e+ こりっち
当日は以下の点をご協力いただく事を前提に上演中にお好きに写真撮影をOKとしています!
・喋らない
・フラッシュをたかない
・席を立たない
他の観劇のお客様の事も考えた迷惑のかからない範囲でお楽しみください。又、フラッシュに関しましては、周りのお客様だけではなく、演者や照明などの支障にも繋がりますので、ご理解とご協力をお願いします。
そして、演者以外の撮影は無断でせず、お声掛け頂きます様宜しくお願い致します。会場の状況に応じてお応え出来かねる場合もございますので、予めご了承ください。
今回の舞台に関わる写真をTwitterに投稿する場合は是非『#RCアリギリス』とタグ付けして投稿して頂けたら、関係者一同大変嬉しいです!

 兵庫にて、劇団Rabbit clowN 旗揚げ公演 ミュージカル風同人演劇『もうひとつのアリとキリギリス』が上演されます。
 「『みなさん歌いませんか?僕はキリギリス』今日さえ愛することが出来きればもう大丈夫。ネット上と最近は地上波や町のちょっとしたところで見かけるようになったVOCALOID。そのVOCALOIDが歌っているオリジナルソングの2曲を1つのミュージカル風の同人演劇として仕上げてみました!アリとキリギリスという童話のパロディ調作品となっておりますので、ボーカロイドを知っていても知らなくても楽しめる作品です。是非お気軽に劇場へお越しくださいませ。
 我々、劇団Rabbit clowNは社会人同人演劇集団です。平日は仕事をし、土日で自分達の趣味や好きに本気で取り組んでいる人達の集まりです。義務教育の内で演劇などに触れる機会が少なくなっている中、親しみやすい題材を用いて少しでも『何か』のきっかけになって貰えたらと思い、あわよくば好きになってもらえたらと我々は活動を始めました。ですので、もし少しでも今回の舞台が好きそうな方が身近にいましたら『一緒に観劇行かない?』と誘ってもらえたら幸いです。又、今現在これを読んで行こうか迷われている方がもし居ましたら、平日とは違った気分転換のつもりで気軽にお越し頂けたら嬉しく思います。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団Rabbit clowNホームページ


(小日向さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

劇団スタジオライフ「DRACULA ~The Point of No Return~」

作・演出:ブラム・ストーカー著『DRACULA』 脚本・演出:倉田 淳
キャスト:曽世海司 船戸慎士 関戸博一 松本慎也 仲原裕之 宇佐見輝 鈴木翔音 若林健吾 千葉健玖 江口翔平 吉成奨人 伊藤清之(Fresh) 鈴木宏明(Fresh) 前木健太郎(Fresh) / 宮崎卓真(客演)

日時:2018年2/15(木)~3/4(日)
場所:中野 ウエストエンドスタジオ(中野区新井5-1-1)
料金:前売・当日共通:4,800円(一般) 


 東京にて、劇団スタジオライフ「DRACULA ~The Point of No Return~」が上演されます。
 「ジョナサンを想うあまり集中力を欠いていたのか気が急いたのか、有り得ないミスを犯したドラキュラ伯爵。棺に横たわっていた女性はルーシーという名の女性だった。本当はミナの喉元に噛り付くはずだったのに・・・・。永遠の命を授かってしまったドラキュラ伯爵の孤独は年々増してゆく。上弦の月を見上げ、深い吐息をつくドラキュラ伯爵 彼の心が癒される日はくるのだろうか・・・・」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団スタジオライフホームページ


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2017年12月12日

ミュージカルカンパニーOZmate 新選組ミュージカル『碧く散る』

◆CAST & STAFF
土方 歳三 ..... 松本 飛路
山内 安須 ..... 歌帆
近藤 勇 ..... YAN
山南 敬助 ..... 樋口 葉子
沖田 総司 ..... はるか / 葵 ひなた(Wキャスト)
井上 源三郎 ..... 木内 叶恵
市村 鉄之助 ..... 保井 美南
相馬 主計 ..... 弥咲
尾関 雅次郎 ..... mifuka
山野 梓 ..... 栄 ちひろ
川田 ひかる ..... 美秀

作・演出: 辻井 奈緒子
照明: 竹内 哲郎(株式会社ハートス)
音響: 長澤 康夫
舞台美術: 藤井 人史、藤井 由美子
舞台監督: 中島 匡志
広報美術: 木内 めぐみ 

公演日時 2018年
2月24日(土)19:00開演
2月25日(日)13:00開演/16:00開演
場所 大阪梅田 HEPPHALL
料金 一般前売 3200円 当日 3500円 学生(U-22割) 前売 2000円 当日 2500円
発売開始日 12月3日(日)
劇団HP、演劇パス、チケットぴあ(Pコード 482582) イープラス等各プレイガイド発売開始


 大阪にて、ミュージカルカンパニーOZmate 新選組ミュージカル『碧く散る』が上演されます。
 「ミュージカルカンパニーOZmateの作品で、新選組を題材にしたミュージカルは2作品あります。一つは、2017年8月に再演した『新選組 HERO's』そしてもう一つが、今回上演する『碧く散る』。同じ新選組を題材にしたミュージカルでも、色はまったく違います。『HERO's』 は、近藤のもとに集まった隊士らの絆と誠を描いた作品。一方『碧く散る』 は、現代に生きる作家が、新選組を題材にした本を執筆するうちに〈生きる上で大切なことが何か?〉を考えていくストーリーです。新選組隊士たちの生きざまを通し〈あなたの生きざまを問う〉もう一つの新選組ミュージカル。ご期待下さい!
 作家山野梓は、出版社から新選組を題材にした作品を依頼される。新選組を毛嫌いしていた梓だが、勝ち組になるためには柔軟に生きて行くことが必要だという持論のもと、渋々引き受ける。 出版社から送り込まれたアシスタントの川田ひかるの案を取り入れ、新選組の誠の精神に反発する架空の人物、山内安須を登場人物に加え、梓は書き始める。近藤・土方たちは浪士組に加わり京に行くことを決意。土方の家の使用人、安須も共に行くことになる。京に着いた近藤・土方たちは浪士組と袂を分かち、 水戸藩出身の芹沢鴨らと共に壬生浪士組を結成。 だが、芹沢の悪行は止まる所を知らず、近藤・土方たちは芹沢暗殺を計画する。一方安須は芹沢側のスパイとなり、 近藤たちの動向を探る...。新選組結成から土方最期の地である函館まで...。梓は隊士たちの真の姿を描き始める。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ

(はるかさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

to R mansion『The Wonderful Parade』

to R mansion(トゥーアールマンション)世田谷区芸術アワード〈飛翔〉芸術部門受賞作品『The Wonderful Parade』
2018年1月13日(土)~15日(月)@シアタートラム。


《出演》上ノ空はなび 野崎夏世 丸本祐二郎 Coppelia Circus Gilbert de moccos ヤノミ(小心ズ) モハメッド・アリ・ガトー 佐川健之輔 森下亮(クロムモリブデン)
《Staff》
演出 to R mansion
共同演出・照明 パスカル・ラージリ
舞台監督  川上大二郎
音響  佐藤こうじ(sugar sound)
照明  丸山武彦
衣装  西川千明
総合演出  小島フェニックス
当日運営 奥村優子(koen企画)

主催: 公益財団法人せたがや文化財団
企画制作: 世田谷パブリックシアター
後援: 世田谷区 アンスティチュ・フランセ
協賛:TOYOTA  東邦ホールディングス株式会社 ブルームバーグ

日程:2018年1月13(土)~15日(月) 
● タイムテーブル
13日(土)19:30◎
14日(日)11:30 / 15:30 / 19:30
15日(月)14:30◆
開場は開演の20分前 受付開始は開演の60分前
◎=プレビュー公演
◆=終演後にアフタートーク有
アフタートーク ゲスト:小春(チャラン・ポ・ランタン)
●会場:シアタートラム 〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1 Tel.03-5432-1526
三軒茶屋駅[東急田園都市線(渋谷より2駅・5分)・世田谷線]より直結
●チケット種類 大人一般 3,500円 プレビュー 3,000円 子ども(18歳未満) 1,000円 親子(2名) 4,000円
・当日券は各500円増し ・未就学児童お膝の上無料

 東京にて、to R mansion(トゥーアールマンション)世田谷区芸術アワード〈飛翔〉芸術部門受賞作品『The Wonderful Parade』が上演されます。
 「フィリップ・ジャンティカンパニーをはじめフランス演劇界を支える光と闇のトリック照明家パスカル・ラージリ氏(2016年モリエール賞受賞)との共同演出したステージアート。2016年東京初演、2017年神戸再演を経て、新たな出演者に森下亮(クロムモリブデン)を迎えて、再びスタッフと共にクリエーションを重ね、初演では描かれなかった物語やシーン、ビジュアルもバージョンアップして上演致します。13日(土)はお得なプレビュー公演。そして15日(月)はアフターイベント開催。ゲストはチャラン・ポ・ランタン小春をお迎えします。初めての方も、初演ご覧になった方も新たに生まれる光と闇の魔法で描かれる物語。是非是非劇場空間でお楽しみ下さいませ。日本でこの照明を創り出せるのはto R mansionだけです。是非一度不思議の世界でおこる物語を体感していただきたいです。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ
ダイジェスト映像


(お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2017年12月10日

スイッチ総研 ツアー型スイッチ『秘密の夜の学校見学会 あなたの知らないアンスティチュ・フランセ』

【作】スイッチ総研
【総合演出】光瀬指絵
【研究開発/出演】大石将弘 光瀬指絵 上田 遥(ハイバイ) 亀島一徳(ロロ) 洪 雄大(中野成樹+フランケンズ) 澤田慎司(FUKAIPRODUCE羽衣) 野上絹代(快快/三月企画) 平塚直隆(オイスターズ) 福井 夏(柿喰う客) 間野律子(東京デスロック) 森下 亮(クロムモリブデン) 森谷ふみ(ニッポンの河川) 山内健司(青年団) ...and many more ! !
【宣伝美術】天野史朗
【協力】アンスティチュ・フランセ東京
【企画・製作】スイッチ総研(光瀬指絵、大石将弘、山本雅幸、半澤裕彦)

【日程】2017年12月17日(日)~21日(木)
【出発時間】
17日(日)17:00~18:00
18日(月)19:00~20:30
19日(火)19:00~20:30
20日(水)19:00~20:30
21日(木)19:00~20:00
◆上記時間内、10分毎に出発時間選択可
◆所要時間約30分
◆4人1組・3分間隔で出発
◆5名以上でお申し込みの場合は出発回が異なります
【会場】アンスティチュ・フランセ東京 〒162-8415 東京都新宿区市谷船河原町15
・JR総武線 飯田橋駅 西口より徒歩7分 ・地下鉄 飯田橋駅 B3出口より徒歩7分
【集合場所】アンスティチュ・フランセ東京内 書店『欧明社』前
【チケット】前売一般 \3,500 当日一般 \3,800 U20(20歳以下) \2,000 小学生 \1,000
※U20、小学生チケットは前売りのみ/枚数限定 ※U20チケットをご購入の方は当日受付にて証明書をご提示ください ※小学生以上入場可、小学生は要保護者同伴
【発売日】2017年12月2日(土)10:00
【チケット取扱い】カンフェティ

◆ツアー型スイッチ『点在型スイッチ』とは異なりスタートとゴールが存在する。観客は、4~5人1組・3分間隔で出発。地図や道しるべを頼りに定められたルートを進む。ルート上に置かれた全てのスイッチは『ある世界感』に貫かれており、少人数で場の魅力と物語世界を堪能する事ができる。"きもだめし" のようなその参加形態から、ホラー風味を纏っている作風が多いが実際は失笑上等。真の恐怖は存在せず愉快な緊張感を楽しめる。はず。
アンスティチュ・フランセ東京
フランス政府公式の語学学校・文化センター。1952年に東京日仏学院として創立。ル・コルビュジエ門下の建築家、坂倉準三が校舎を設計。映画館や図書館を併設し文化芸術イベントを多数開催。スイッチ総研は今春の『哲学の夕べ』に招聘され作品を上演した。

 東京にて、スイッチ総研 ツアー型スイッチ『秘密の夜の学校見学会 あなたの知らないアンスティチュ・フランセ』が上演されます。
 「ようこそ夜のアンスティチュ・フランセへ。限られた一部の者のみが参加を許された、秘密の学校見学会。冬休み、人影まばらな夜の学舎で何かがおこる!?学業優秀なアンファンテリブル達が、闇にまぎれて貴方のご来校をお待ちしております。どうぞ足元と背後にお気をつけて、ごゆっくりご見学シルブプレ...!!スイッチ総研初のやや長期公演!!
 弊所創立以来、大人気の『ツアー型スイッチ』!!今回の舞台は、歴史と伝統ある瀟洒な語学学校...。教室、中庭、校長室...スイッチを押しながら夜の学校を巡る、約30分のツアー型作品!!豪華客員陣、多数参戦予定!詳細随時WEBにて発表!乞、ご期待!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、スイッチ総研:070-1537-5896、またはswitchsouken☆gmail.com(☆→@)まで。


スイッチ総研ホームページ


(小林さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

ヨハクノート春のロングランツアー「春、夜中の暗号」

作 宮園瑠衣子 演出 臼杵遥志
●キャスト 須藤新之介 堀紗織(無隣館) 臼杵遥志(以上全公演共通キャスト)他
●スタッフ
演出助手 岡村梨加
照明 緒方稔記
Web 緒方稔記
企画・製作 ヨハクノート
●協力 ねこのした/kazakami


■公演概要
●日時 12月23日(土)~2月4日(日)
《京都公演》2017年12月23日(土)~24日(日)
《福岡公演》2018年1月10日(水)~12日(金)
《東京公演》2018年1月31日(水)~2月4日(日)
●会場
《京都公演》喫茶フィガロ(京都市左京区田中)
《福岡公演》konya-gallery(福岡市中央区大名)
《東京公演》十色庵(北区赤羽)
●タイムテーブル
《京都公演》24日(土) 20:00 25日(日)20:00 
《福岡公演》9日(水)20:00 10日(木)14:00/20:00 11日(金)14:00/20:00
《東京公演》31日(水)20:00 1日(木)20:00 2日(金)14:00/20:00 3日(土)11:00/15:00/20:00 4日(日)11:00/15:00
●料金 一般前売 2500円 U-25前売 2000円 学生前売 1500円 高校生以下 無料 (※当日券は一律+500円)
●チケット販売方法 カルテットオンライン (各劇団扱い予約フォーム)
京都公演
福岡公演
東京公演


■ヨハクノートとは?
●どんな団体?「厳粛な遊び」がコンセプトの演劇プロジェクトです。身体と空間のコミュニケーションに重きを置いた「濃密な体験」としての演劇を展開しています。古典をスタイリッシュに再構成する演出力に定評があり、教育者としての顔を持つ代表・臼杵のワークショップは「楽しくて味わい深い」と好評です。
●どんな作風?古典作品のリメイクを得意とし、シェイクスピアから近松門左衛門まで洋の東西を問わず取り組んでいます。俳優の高い身体性と緻密な戯曲読解、シンプルながらも奥深い空間設計が持ち味です。今作では初めて同時代の劇作家による作品に取り組みます。
●活動経歴
2016年旗揚げ。同年、本公演5回を含む計7本の作品を発表、公演を実施。ツアー公演、一人芝居に野外劇、ナンセンスコメディからシリアスな悲劇、シェイクスピアから近松門左衛門まで、節操のないフットワークの軽さを活かして活動。2016年11月には早稲田大学主催シェイクスピア没後400年記念イベント『シェイクスピアフェスティバル』にて上演団体に選出(くらやみダンスとの合同公演)。2017年新たにメンバーが加入し、団体化。
●代表紹介 臼杵遥志(うすきようじ) 演出家/俳優/劇作家/ヨハクノート代表
1994年生まれ 福岡県出身 高校より演劇を始める。大学進学後は立教大学映像身体学科にて松田正隆氏に師事。同時に早稲田大学を中心に演劇活動を展開。コントからコンテンポラリーダンス、小劇場から国際演劇フェスティバルまで幅広く活動。2016年、ヨハクノートを旗揚げ。翌年、団体化。現代における古典作品の上演可能性を強く打ち出した演出を得意とする。また、教育者としての一面も持ち、子ども向けワークショップも行っている。
●最新情報は公式Twitter:@yohakunote 及び公式サイトにてチェック!

 京都・東京・福岡にて、ヨハクノート春のロングランツアー「春、夜中の暗号」が上演されます。
 「ヨハクノート初の現代戯曲への挑戦 旗揚げ以降、シェイクスピアや近松門左衛門、ワイルダーなど各国の古典戯曲に取り組んできたヨハクノート。当公演は002「パラノイアの犬」以来の現代劇。既成の作品としてはヨハクノート初の現代戯曲への挑戦である。「春、夜中の暗号」は福岡在住の劇作家・宮園瑠衣子氏によるもの。同作は第1回九州戯曲賞で最終候補に残り、マレビトの会・松田正隆氏曰く「そこに書かれていることよりも、書かれなかったことのほうに、豊穣な何かがあるような作品を生み出すというのは、難しいことなのだと思う。書かれてあることがおろそかになるといけないのだし、書き過ぎてもいけない。劇の描き出される核心へといたる道には、粘り強く迂回する方法がある。宮園さんの『春、夜中の暗号』はそのことをあらためてわたしたちに教えてくれた。」とのこと。「余白の探求」を標榜している当団体にとって、この上ない挑戦作といえるだろう。
 またツアーするの!? 前作「【HAMLET be】」で京都・福岡・東京と3都市を巡り、各地で「また来てくださいね」とお声を掛けていただいた。それを真に受け、前作から2か月も経たないうちに再びツアーを行うことを決意。当初、東京でのみ上演を予定していた公演がまさかの3都市ツアーへと姿を変えた。
 初のダブルキャスト公演 主演にはヨハクノート初出演の須藤新之介。そしてもはやヨハクノート常連の堀紗織(無隣館)。久方ぶりの出演となる臼杵遥志。この3名で京都&福岡を巡り、東京公演では新たにチームを編成する予定。団体初のダブルキャスト公演に挑む。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、またはTEL:050-5216-9451 まで。


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東] [近畿] [九州・沖縄]

2017年12月 9日

第2劇場2017新人お茶の間公演『BKTV』

脚本・演出=音間哲
【キャスト】千田拓実、大川諒平、長野あみ、稲田紘子、前里穂子
【スタッフ】
舞台監督=猪岡瑛斗
舞台美術=新居直人
照明=稲田紘子、宮前旅宇
音響=大川諒平、寺井晴香、吉村雄太
衣装=前里穂子
小道具=千田拓実
宣伝美術=前里穂子
制作=宮前旅宇、稲田紘子、伊藤晃

大阪大学豊中キャンパス 学生会館2階 大集会室
12月21日(木) 13:10/18:10 22日(金) 18:10
前売 500円/当日 700円
☆同時上演☆ミュージカル『Sleepy In The Morning』 各回『BKTV』開演の1時間前より同会場で上演
脚本・演出・音楽=稲田紘子 振付=千田拓実 衣装=前里穂子 小道具-=千田拓実
出演=千田拓実、前里穂子、稲田紘子
観劇料・無料 予約不要
【ご予約・お問い合わせ】メール:こちらのメール 電話:090-3429-3212
予約ページ


 大阪にて、第2劇場2017新人お茶の間公演『BKTV』が上演されます。
 「お化けって古い。テレビも古い。古いと古いを掛け合わせると新しい、なんてことはなくて、もっと古い。お化けと妖怪の番組は、新しさを目指しつつ、時代を精一杯逆走します。スマホでSNSしてるけど、なんか馴染んでない。そんなあなた、ぼくらのテレビを見に来てくれませんか?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール 電話:090-3429-3212 まで。


第2劇場ホームページ

(伊藤さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2017年12月 7日

柿喰う客『俺を縛れ!』

作・演出:中屋敷法仁
出演:永島敬三 牧田哲也 加藤ひろたか 田中穂先 宮田佳典 守谷勇人 とよだ恭兵 村松洸希 七味まゆ 味葉丸あすか 長尾友里花 浅場万矢 北村まりこ 永田紗茅 宮下雄也 平田裕一郎 神永圭佑 清水優


《公演日程》 2018年1月24日(水)〜2月4日(日)本多劇場
※ 未就学児童入場不可 初=初日スペシャルアフターイベント開催 !
※全回、公演終了後にアフタートーク開催。
※受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前。
《劇場》本多劇場 (〒155-0031東京都世田谷区北沢2-10-15)
《チケット料金》極楽:7,500円 【極楽特典】最前列保証、メンバー直筆ポストカード、缶バッチ、Tシャツ】一般:5000円 学生:2800円 高校生以下:1800円
学生・高校生以下......当日受付にて指定席チケット引き換え。
当日要確認証・枚数限定。チケットぴあのみの取り扱い。
《チケット発売日》12月17日(日10時〜
《チケット取り扱い》
チケットぴあ 0570-02-9999〈Pコード:482-945〉(PC・携帯)
イープラス (PC・携帯)
ローソン 0570-000-777 〈Lコード:31529〉0570-000-407 (オペレーター/10:00〜12:00) (PC・携帯)
カンフェティ 0120-240-540(オペレーター/平日 10:00~18:00)・本多劇場窓口 11:00~19:00電話予約不可


 東京の劇団柿喰う客が、公演『俺を縛れ!』を上演いたします。
 「幕府の大御所・徳川吉宗が大往生を遂げたことをきっかけに悪名高き将軍・徳川家重は奇妙な難題を諸大名に突きつける!横暴な幕府にも、心を削り身を削り一途な忠義を貫き通すのは『三度の飯より主君が命』 を信条とする弱小田舎大名・瀬戸際切羽詰丸!その過激な滅私奉公は、やがて天下を揺るがす大騒動に発展する!?
 劇団『柿喰う客』の問題作。10年ぶりの堂々再演です!物語の軸となるのは、三度の飯より忠義を誓う!将軍命の、とある地方の大名。演じるのは劇団でも中心メンバーとして活躍する永島敬三。そんな大名達や世界、 はたまた物語丸ごと振り回す ! ?影の主人公を演じるのは、2016 年に新メンバーとして加入をした牧田哲也。そこに宮下雄也、平田裕一郎、神永圭佑、清水優といった、実力も個性も伴った4名の客演を迎え2018年新春に『柿喰う客』が本多劇場で大暴れ!忍者、アイドル、花魁、剣豪、武器商人...!?個性豊かすぎる登場人物たちが繰り広げる、茶番チャンバラ劇 ! どうぞご注目くださいませ。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。


柿喰う客公式サイト
《公式Twiter》@kaki_kuu_kyaku

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

劇団TremendousCircus 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2018 TPAM フリンジ 参加作品『サロメ』

劇団TremendousCircusでは来年2月新作演劇公演を行います。皆さまのご来場を心よりお待ちしています。
国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2018 TPAM フリンジ 参加作品『サロメ』
__それは、神殺しの女の物語。

原作/オスカー・ワイルド『サロメ』
翻案・演出/田中円

公演日時/2018年2月10日(土)~12日(月・祝)
劇場/シアターシャイン@杉並区阿佐ヶ谷
《公演日時》
2月10日(土) 14:00/19:00
2月11日(日) 14:00/19:00
2月12日(月・祝) 13:00/17:00
《チケット料金》(全席自由・日時指定)
○一般(前売り)2,900円 (当日)3,000円
○グループ割引 2,600円(3名様以上で1枚につき)
○ユース割引 2,600円(24歳以下)
○小中高校生割引 2,000円
その他割引あり、チケットご予約はこちらから
詳細は劇団HPをご利用ください。


 東京にて、劇団TremendousCircus 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2018 TPAM フリンジ 参加作品『サロメ』が上演されます。
 「一目惚れ、片思い、同性愛、母性愛、障がい者の恋、近親相姦、神への愛、運命の恋。あらゆる愛の悲劇が幕を開ける!ゴスロリ衣装に身を包み、耽美と退廃の、狂気と激情の舞台を作り続けてきた劇団TremendousCircusが、満を持してお届けするゴシックの原点。
 《あらすじ》その少女は神を憎み、聖人ヨハネを愛した。近親相姦を求める父王ヘロデに、七つのヴェールを脱ぎ去り、処女を捧げるかわりに願ったもの。それは自分ではなく神を愛する、聖人ヨハネの首!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、Tel:090-4722-6538(田中)、またはこちらのメールまで。

劇団TremendousCircus公式HP
Twitter


(小島さん、お知らせありがとうございます。)


Category: [公演案内] [関東]

2017年12月 6日

シューレ大学なんあり企画『光のあざ』&劇団ふきだし『拝啓、表現者様』

シューレ大学演劇プロジェクト『なんあり企画』切実なことを表現する、二本立ての演劇公演!

主催:NPO法人東京シューレ シューレ大学 演劇プロジェクトなんあり企画

◆2107年12月23日(土) [1]14:00 [2]18:00
12月24日(日) [3]14:00
※開場時間:各回30分前です
24日14:00の回 終演後に、大久保 美智子さん(俳優・劇団山の手事情社)を迎えてのポストパフォーマンストークを行います。
◆予約\1,000 当日\1,200 (予約〆切12/22)
◇会場:シューレ大学特設シアター(東京都新宿区)
◇ポストパフォーマンストーク(24日のみ):大久保美智子(俳優・劇団山の手事情社)
◇24日(日)終演後、交流パーティーあります(別途参加費有り)。
◆〈予約・お問い合わせ〉シューレ大学 TEL:03-5155-9801 FAX:03-5155-9802 E-mail:こちらのメール
〈E-mail でのお申し込み方法〉 件名に『観劇申し込み』、本文に『お名前』『電話番号』『希望公演日時』『枚数』を、ご記入の上ご送信ください。
会場:シューレ大学特設シアター 〒162-0056 東京都新宿区若松町28-27 都営大江戸線『若松河田駅』 若松口より徒歩5分


◆シューレ大学 1999年にフリースクール東京シューレを母体に設立。知る・表現するということを自分のスタイルで進めることで、自分とは何者かを問い、自分の生き方を創り出すことを模索する場となっている。平田オリザ、最首悟、上野千鶴子ら様々な分野のアドバイザーがいる。
◆劇団ふきだし 2016年3月、シューレ大学OGの松川明日美の呼びかけで同大学OGの山本菜々子と結成。シューレ大学で学んだ共同制作のやり方を活かしながら、シンプルな舞台設定に、その中でも人間が活きる演劇を目指している。


 東京にて、シューレ大学なんあり企画『光のあざ』&劇団ふきだし『拝啓、表現者様』が上演されます。
 「~被害者意識の苦しさ~『光のあざ』 作:豊 雅俊 演出:平井 渚 朝倉 景樹 人と親しくなりたい。思い切り何かをやって、仲良くなりたい。でも、人の視線が気になる。嫌われたくない。自分を出すことは怖い。ボクはみんなの視線にこんなに合わせているのだから、きっと被害者のようなものだろう。だから少々のことは赦されてもいいのでは・・・。繋がりたくても、人が怖いと、孤独ゆえに、求めるがゆえに、被害者にもだからこそ加害者にもなれる。果たして、人は繋がりあうことができるのか?
 ~表現への葛藤~ 『拝啓、表現者様』 作・演出:松川 明日美 久しぶりに帰郷したアーティスト志望の姉。妹の部屋で交わされる弟の絵へのそれぞれの思い。庇いたい、憎たらしい、羨ましい。とある姉妹の一日。とある家族を取り囲む表現の檻。
 第9回になる演劇公演。今年は、私たちにとって『切実なこと』を、オリジナルの戯曲で公演します。昨年に引き続き、シューレ大学修了生が立ち上げた『劇団ふきだし』との二本立てです。師走の慌ただしい時期とは思いますが、息抜き代わりに来ていただければ幸いに思います。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。シューレ大学演劇プロジェクト なんあり企画一同」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


◆ホームページ・Facebook・Twitterで情報配信中! facebook
Twitter ⇒ @shureuniv HP

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年12月 5日

パフォーマンスユニットTWT 「ジャガーの眼」

作・演出:作:唐十郎 演出:四大海/木村孔三 
キャスト:四大海(劇団S.W.A.T !)・阿部遼哉(劇団スカブラボー)・福久彩香・安川里奈(劇団スーパー・エキセントリック・シアター)・六川裕史(ニューウォーカーズ)・弥山宗作(劇団K助)・野田孝之輔(舞台芸術集団 地下空港)・林 貴子(キャラメルボックス)・蒲田 哲(J.CLIP)長谷川夏海 /宇多健太 / 山田麻里(以上 劇団S.W.A.T!)・内藤慎人(劇団スカブラボー) ・内藤大・ 悦永舞・ 椎名健・河合祥子
スタッフ:舞台美術:方 勝、照明:石塚瑛美、音響:橘かおり、衣裳:ステージ・ママ、舞台監督:青木規雄、演出部:西岡若菜、大道具製作:イトウ舞台工房〇作曲:山下永眞、振付/ステージング:三森渚〇制作:TWToffice、制作アシスタント:稲富勇暉/宗田真依、宣伝デザイン:竹内聖、制作協力:スワット事務所○企画・プロデュース:木村孔三(パフォーマンスユニットTWT主宰)


日時:2018年1月10日~14日(9回公演) 1月10日(水)19:00~、1月11日(木)14:00~/19:00~、1月12日(金)14:00~/19:00~、1月13日(土)13:00~/18:00~、1月14日(日)12:00~/16:30~
場所:上野ストアハウス(JR上野駅入谷口から徒歩8分、日比谷線入谷駅から徒歩8分)
料金:前売り:4,200円 当日:4,500円


 東京にて、パフォーマンスユニットTWT 「ジャガーの眼」が上演されます。
 「『死ぬのは皆他人 生きるのも皆他人 愛するのも皆他人』とある路地にて形見のリンゴを探す探偵田口。その部下くるみは、愛した男の角膜<ジャガーの眼>を探していた。その二人に呼ばれるように、死んだ愛犬の心臓を自分のものにしようとする少年、そしてジャガーの眼を持つ男とその恋人が現れて...それぞれの想いは複雑に絡み合い、やがて一つの大きな渦となっていく。『それが、私たちの臓器交換序説さ!』
 1985年、盟友・寺山修司の命日に合わせて新宿は花園神社で初演された状況劇場の傑作を初演時の戯曲で上演!2018年、唐十郎縁の地に立つ上野ストアハウスで、あの熱狂が蘇る!!!
 この公演はTWTとしては5回目の演劇公演で、第8回台東区したまち演劇祭in台東に選ばれました。上野ストアハウスの斜向かいに台東区生まれの劇作家・唐十郎氏の生家があったそうで、この劇場で唐作品を上演することは、劇場にとっても念願のことだったそうです。今回は老舗劇団の劇団員や個性派俳優を集め、そのゆかりの地で、唐十郎が寺山修司に捧げた戯曲『ジャガーの眼』を上演いたします。唐と寺山、二人の大きな才能が交わったこの戯曲は、唐作品の中でも強く記憶に残る作品です。出演者には劇団S.W.A.T!の四大海をはじめ、キャラメルボックスの林貴子、劇団スーパー・エキセントリック・シアターの安川里奈と老舗劇団の実力派が揃う。他にもテレビや舞台で味のあるバイプレーヤーとして活躍中の蒲田哲、2017年黄金のコメディフェスティバル優秀俳優賞の六川裕史、劇団K助の弥山宗作に劇団スカブラボーの阿部遼哉、夢の国で活躍中の福久彩香など個性派が出演。この作品を初演時の戯曲を用い、『演劇が 原点が ここにある』と題し、初演を見た四大海と初演の年に生まれた木村孔三が演出いたします。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール

同公演の情報ページ


(木村さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

KJプランニングス「ザ・モニュメント 記念碑」

作・演出:作:コリーン・ワグナー 演出:川口典成
キャスト:西田夏奈子 神保良介

〈大阪公演〉2018年1月20日(土)~21日(日) アプラたかいし 小ホール
〈東京公演〉2018年1月25日(木)~28日(日) プロト・シアター
〈那覇公演〉2018年2月3日(土)~4日(日) ひめゆりピースホール
料金:前売り・当日:1000~3000円 


 大阪・東京・沖縄にて、KJプランニングス「ザ・モニュメント 記念碑」が上演されます。
 「紛争が終結したばかりの架空の国。兵士として従軍していた青年ステッコは、戦時中多くの兵士たちが犯した『罪』へのスケープゴートとして、死刑を宣告される。そこにひとりの女メイラが現れ、生涯自分に従うことを条件に、死刑から救い出してやると持ちかける。怪しみつつも条件を呑むステッコ。自分の支配下に置くことに成功したメイラは......
 コリーン・ワグナー作『ザ・モニュメント 記念碑』は、カナダで最も権威ある文学賞である総督文学賞を受賞、1995年の初演以来、カナダはもちろん、アメリカ、イギリスなど様々な国、地域で上演されている衝撃作です。2014年、演出家と俳優のみの、最小限の人員で挑んだ日本初上演は、シンプルな舞台上で俳優二人が作り出す緊張感のあるドラマが好評を呼びました。4年ぶりとなる再演では、東京に加え、大阪、沖縄を廻る国内3箇所ツアーを敢行します!小空間に火花散らす極限の演技バトルと、いまを生きる私達を取り巻く現実が緊迫し、発熱する。更なる進化を遂げた『ザ・モニュメント 記念碑』をお見逃しなく!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(神保さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東] [近畿] [九州・沖縄]

シェイクスピアプレイハウス「TwelfthにゃいとFeverー十二夜ー」

作・演出:作:W.シェイクスピア 演出:ホースボーン由美
キャスト:東野遥 遠藤孝 吉田智 菊地春菊 照井瑞帆 佐々木健 篁朋生
スタッフ:作曲 音響 照明 演奏:五十部裕明 舞台監督:石井美和 舞台美術:石井美和 小道具 衣装:ShakespearePlayHouse 振り付け:佐々木健 yumix


日時:12月7日(木)14:30  12月8日(金)14:30 19:00 12月9日(土)14:00 18:00 12月10日(日)14:00
場所:Shakespeare Tea House (小田急線『玉川学園前』北口下車徒歩6分)
料金:観劇チケット:¥2500 アフタヌーンティー付きチケット(マチネのみ要予約)¥3500

 東京にて、シェイクスピアプレイハウス「TwelfthにゃいとFeverー十二夜ー」が上演されます。
 「ShakespearePlayHouse2017年最後を飾るのはシェイクスピア喜劇の最高傑作『十二夜』です。この作品はシェイクスピア最後の喜劇と言われておりますが、ShakespearePlayHouse版は『TwelfthにゃいとFever』と題し、昨年上演の『A!MidsummerにゃいとDream』に次ぐ『にゃいとシリーズ』第2弾となります。7匹の野良猫達によるシェイクスピアのドタバタ喜劇を、生演奏によるDISCO MUSICとともにお楽しみ下さい!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


シェイクスピアプレイハウスホームページ


(竹川さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年12月 1日

明治学院大学演劇研究部 2017年12月公演『LogIC』

脚本・演出:平安咲貴
<出演> -ダブルキャスト-
・白組◯・ 髙橋庸一 佐野公子 深町あみ 成田理央 出相貴一郎 吉田拳太 小池真帆 武田佳澄 深江彩里
・黒組●・ 秋元拓海 小林梨花 土田詩織 鈴木俊輔 三浦瞬 岡﨑祐哉 坪井美玖 上沼瑞奈 久保朗子


<公演日程>
12月7日(木) 18:30◯
12月8日(金) 13:00◯/18:30●
12月9日(土) 13:00●/18:30◯
12月10日(日)12:00●
・上演時間は約60分を予定しております ・開場は開演の30分前となります
<場所> 明治学院大学 E館1階多目的ホール
<アクセス> 〒244-0816 神奈川県横浜市戸塚区上倉田町1518 JR線 戸塚駅 徒歩30分 江ノ電バス8番乗り場より 明治学院大学正門下車 徒歩5分
※特設サイトまたは、演劇研究部公式Twitterにてバス停から多目的ホールまでの詳しい地図を載せておりますのでご覧ください。
※駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。
<料金> 無料
幼児、未就学児のご来場は、誠に申し訳ございませんが、お断りさせていただきます。


 横浜にて、明治学院大学演劇研究部 2017年12月公演『LogIC』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


特設サイト 予約サイト
明治学院大学演劇研究部公式サイト
Twitter @meigakugekiken

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年11月28日

演劇集団アクト青山 テアスタ(冬) 近代能楽集『班女×熊野』

作 三島由紀夫 演出 小西優司
近代能楽集に在る『班女』と『熊野』を新演出にて上演。二つの戯曲を融合させながらも三島由紀夫ワールドを展開し、アトリエならではの距離感で圧倒的な世界を表現する。
〈出演〉華奈 額田礼子 廣田明代 小野晋太朗 高村賢 蔭山みこ 寺井美聡 出田君江

〈日時〉2017年12月13日(水)~17日(日)
13日(水)15:00/19:30
14日(木)15:00/19:30
15日(金)15:00
16日(土)14:00/18:00
17日(日)14:00/18:00
*開場は開演の30分前 *開演後のご入場はご遠慮頂いています *開演は事情により5分程度遅れる場合があります
〈料金 〉\1500(半券割有り〼)
〈ご予約〉
〈会場〉演劇集団アクト青山アトリエ
京王線千歳烏山駅より徒歩20分 千歳烏山駅前より小田急バス『吉祥寺行き』にて『ときわ橋』下車1分。吉祥寺駅より小田急バス『千歳烏山行き』にて『ときわ橋』下車1分。
〈アクト青山活動ブログ〉


 東京の劇団演劇集団アクト青山が、テアスタ(冬) 近代能楽集『班女×熊野』を上演いたします。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


演劇集団アクト青山ホームページ
〈ツイッター〉@act_aoyama


(児玉さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

SCOOL「高架線」

作・演出:原作:滝口悠生『高架線』(講談社) 脚本・演出:小田尚稔
キャスト:出演:伊藤拓、犬飼勝哉、郷田明希、助川紗和子、濱津隆之、濱野ゆき子、細井準
スタッフ:プロデュース:佐々木敦 音楽・音響:土屋光 美術・照明:小駒豪 映像撮影・編集:佐藤駿 宣伝美術:佐藤亜沙美 写真:山下悟史
協力 犬など、講談社、コンプソンズ、シバイエンジン、わっしょいハウス
主催:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)


会場 SCOOL 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-33-6 三京ユニオンビル5F 三鷹駅南口・中央通り直進3分、右手にある『おもちゃのふぢや』ビル5階
公演日時 2018年1月26日(金)~1月28日(日)
1/26(金)15:00/19:00★
1/27(土)15:00/19:00
1/28(日)15:00/19:00
※受付開始・開場は開演の30分前
★1/26(金)19:00の回は終演後に佐々木敦、滝口悠生氏を迎えてアフタートークを行います。
チケット料金 予約2800円 当日3300円 学生2300円
※全席自由席・日時指定 ※学生は受付にて学生証をご提示ください。 ※二回目以降のご観劇の方は一律2300円にてご入場頂けます。
チケット予約 12月5日(火)19:00より下記のページからチケット予約開始。
<高架線 チケット予約ページ>

 東京にて、SCOOL「高架線」が上演されます。
 「『高架線』演劇化計画 芥川賞作家、滝口悠生さんの初の長編小説『高架線』(講談社)を演劇化します。上演台本と演出を手がけるのは『悪魔のしるし』『わっしょいハウス』などに出演してきた俳優で、ここ数年は『小田尚稔の演劇』を主宰して自ら作演出の舞台を手がけ、めざましい活躍を見せている小田尚稔さん。家賃3万のボロアパート『かたばみ荘』をめぐる、16年に及ぶ物語。複数の人物たちの語りの連鎖で構成された原作は、それ自体、演劇的と言ってよいものです。読み終えてすぐ、これを小田尚稔さんに演劇にしてもらいたいと思い立ちました。小田さんの演劇は、登場人物が自分の境遇を誰かに向かって(『観客』に向かって?)物語る、ということを最大の特長としています。それは小説的とも呼べるかもしれません。演劇的な小説を、小説的な演劇にする、そこに起こるメタモルフォーゼを、ぜひ見届けてください。 佐々木敦」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、SCOOL:こちらのメールまで。

同公演の情報ページ

(土屋さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年11月27日

大駱駝艦 田村一行 舞踏公演『存在と時間』

振付・演出・美術:田村一行
出演(大駱駝艦):田村一行 鉾久奈緒美 藤本梓
テクニカルスタッフ(大駱駝艦):谷口舞
主催:公益財団法人くにたち文化・スポーツ振興財団 
共催:一般財団法人地域創造(平成29年度公共ホール現代ダンス活性化事業)

開催期日:12月24日(日)14:00(開場13:30) 
★上演時間約1時間。終演後、田村一行によるアフタートークがあります(20分程度)。
会場:くにたち市民芸術小ホール 国立市富士見台2-48-1 ☎ 042-574-1515
〈アクセス〉◆JR中央線国立駅南口バス乗場:4番 立川バス矢川駅、国立操車場または国立泉団地行き『市民芸術小ホール・総合体育館前』下車1分
◆JR南武線矢川駅・谷保駅から徒歩10分
チケット料金: 一般2,500円 学生1,000円 全席自由・270席 ※未就学児入場不可
チケット取扱:芸術小ホール042-574-1515 
〈国立市内委託店〉白十字国立南口店042-572-0416 (株)しまだ文具店 042-576-4445 カンフェティ0120-240-540


 東京にて、大駱駝艦 田村一行 舞踏公演『存在と時間』が上演されます。
 「舞踏カンパニー『大駱駝艦』の舞踏手 田村一行(いっこう)が、所縁の地・国立に登場。国立の様々な文化や風景から着想を得た新作公演です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、くにたち市民芸術小ホール:TEL 042-574-1515 まで。


(斉藤さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年11月26日

劇団創設25周年プレ企画 ZIPANGU Stage リーディングシアター「日の出荘のW杯2017 STOP BREAKING DOWN,OUR APARTMENT HOUSE.」

STAFF
作・演出 今石千秋
音響 池冨浩(でこぼこギア)
制作 ZIPANGU Stage制作部
CAST 滝沢久美、佐土原正紀、世古新(以上ZIPANGU Stage) キム木村(吹澤信子事務所)、荻原恭子(吹澤信子事務所) コヤタカフミ(でこぼこギア)、北川純子(でこぼこギア)・西垣俊作


2017/12/8(金) ~ 2017/12/10(日)
ステージカフェ下北沢亭 世田谷区代沢5-29-9-2F 小田急線・京王井の頭線『下北沢』駅南口より徒歩5分
タイムテーブル
12月 8日(金)19:30
12月 9日(土)14:00/19:00
12月10日(日)14:00/18:00
開場は開演の30分前です。
TICKET(全席自由・期間中有効券)
料金 2,000円 (前売当日とも)+1ドリンク500円 ※小学生以下のご入場はご遠慮ください。 ※ドリンクは上演の前後にご注文いただけます。お時間に余裕をもってお越しください。
ご予約

 東京にて、劇団創設25周年プレ企画 ZIPANGU Stage リーディングシアター「日の出荘のW杯2017 STOP BREAKING DOWN,OUR APARTMENT HOUSE.」が上演されます。
 「決戦の日、なのである 日本中がテレビに熱狂していたあの日 ワシらはワシらの住処を守るため、敢然と立ち上がったのだ 決戦の日、なのである サッカーどころじゃないのだ だけど歴史的快挙の目撃者となってしまった ワシら日の出荘の住人の、バカバカしくも熱き戦いの物語 なのである
 お蔭様にて来年は劇団創設25周年 長年のご愛顧に心から感謝いたします。25周年記念のプレ企画としまして、1998年に萬劇場(当時は萬スタジオ)のコンクールにてグランプリを受賞した同作品をリーディング用に大幅改稿してお届けいたします。日の出シリーズは昔も今もそうなのですが、サッカー選手や関係者は一切出てきません。出てくるのは、それをテレビで観ている、ごく普通の人たち。実はサッカーどころじゃない人々が、いつの間にやらテレビの向こうのボールの行方に一喜一憂し始める、そんな人間のおもしろさ、かわいさ、そして熱さを描く作品です。サッカー好きにはもちろんですが、サッカー全然知らないよって方にも十分楽しめる作品になると思います。ご来場を心からお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


ZIPANGU Stageホームページ

(滝沢さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

ju sei×七里圭『L'ÉCOLE DE NOËL』

作・演出:映像・演出:七里圭
キャスト:ju sei
スタッフ:企画・制作:土屋光 協力:高橋哲也、村上拓也、深田隆之、門谷風花、松岡ジョセフ 宣伝美術:小柳俊樹
主催:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)


日時:12/22(金)20:00 12/23(土)15:00 / 19:00 12/24(日)15:00
場所:SCOOL 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-33-6 三京ユニオンビル5F 三鷹駅南口・中央通り直進3分、右手にある『おもちゃのふぢや』ビル5階
料金:予約2300円 当日2800円(+1ドリンクオーダー)


<プロフィール>ju sei 田中淳一郎(のっぽのグーニー)とseiによる音楽ユニット。2011年、宇波拓のサウンドプロデュースによる1stアルバム『コーンソロ』(円盤)をリリース。2014年、ユタカワサキとの共演盤『ゆはゆたのゆ~U as in Utah~』(Ftarri / Meenna)をリリース。田中淳一郎は2016年、映画『VILLAGE ON THE VILLAGE』(黒川幸則監督)で初主演し音楽も担当した。seiは七里圭監督の『音から作る映画』シリーズに参加している。
七里圭 1967年生まれ。近年は、映画製作にライブ・パフォーマンスやワーク・イン・プログレスを積極的に導入する『音から作る映画』シリーズ(2014~)、建築家と共作した短編『DUBHOUSE』(2012)など、実験的な作品作りに取り組んでいる。代表作は、人の姿をほとんど写さず声と気配で物語をつづる『眠り姫』(2007-2016)。しかし、そもそもは商業映画の現場で約10年間助監督を務めたのちにデビューし、『のんきな姉さん』(2004)、『マリッジリング』(2007)などウェルメイドな劇映画を監督している。他監督へ提供した脚本作もある。PFF'85に大島渚の推薦で入賞した高校時代の8mm映画『時をかける症状』(1984)が最初の作品。

 東京にて、ju sei×七里圭『L'ÉCOLE DE NOËL』が上演されます。
 「ju seiのライブセットはシームレスにひとつの時間を紡ぎ出す。はたしてその時間は七里圭の眼にはどう映るのか。本公演では、彼らが持つ時間の方式・組織を邂逅させて、変奏します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(土屋さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

ヒノカサの虜『白檻に触れて、』

12/7(木)~10(日)
池袋スタジオ空洞にて

 東京にて、ヒノカサの虜『白檻に触れて、』が上演されます。
 「木村美月・田中穂先(柿喰う客)を主演にお迎えしての本公演!空洞のようなミニマムな空間ならではの、とある雪山と、死人の原風景から隆起する街"天国"を舞台にした少女たちの切ない群像劇。一般発売はまもなく売り止めの回も出てきそうです!ぜひぜひこの機会にご応募ください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、公演特設WEBまで。


☆チケットプレゼントのお知らせ☆
 同劇団より、チケットプレゼントのご協力をいただきました。ありがとうございます。「<チケットプレゼント詳細>[1]12月8日(金)14:00 [2]12月8日(金)19:00 ★各回1名様ずつを抽選にて無料ご招待します!★〆11月30日(木)まで〆 ・氏名(ふりがな) ・CoRichのニックネーム ・ご希望日時 ・メールアドレス ・電話番号 を明記の上下記アドレスにご応募ください。hinokasanotoriko★yahoo.co.jp ※迷惑メール防止の為『★を@に変えて』ご連絡ください。締切は11月30日(木)までとさせていただきます。いただいた個人情報はこの度のご連絡にのみ使用させていただきます。当選者にのみ締切日翌日に当選メールをお送りします。転売等の防止のため、当選者ご本人のみ入場可能です。」

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年11月25日

ゲッコーパレード本拠地公演 絵画上演no.1『とにかく絵の具を大量にかけるでしょう。そしたらあなたは目撃する。それが何であったかを。あなたと私が昔から、必ず線を引いてきたって事も。』

使用テキスト:岸田國士『チロルの秋』
構成・美術:柴田彩芳
演出:黒田瑞仁
出演:崎田ゆかり、上池健太、河原舞
衣装提供:YUMIKA MORI
照明協力:磯野いるか、鈴木麻友
記録映像:絵空衣音
チラシデザイン:岸本昌也
制作協力:飯塚なな子((劇)ヤリナゲ)
主催・企画・制作:ゲッコーパレード
後援:蕨市、蕨市教育委員会


【日時】2017年12月8日(金)~18日(月)
8日(金)20:00
9日 (土)13:00 / 17:00
10日(日)13:00 / 17:00
11日(月)13:00
15日(金)20:00
16日(土)13:00 / 17:00
17日(日)13:00 / 17:00
18日(月)13:00 / 19:00
受付・開場は開演の30分前。上演時間は60分程度を予定しております。12日(火)~14日(木)は休演日。
【会場】旧加藤家住宅(埼玉県蕨市南町2-8-2) JR京浜東北線『蕨駅』西口から徒歩12分
【料金】一般 2,500円 プチ・パトロンチケット 3,500円(特典はありません。このチケットのご購入が、団体の継続的な活動につながります。ぜひもう一押し、応援ください。) 高校生以下 500円、蕨市民 1,000円(身分証をご提示ください)
※席数が限られております。お早目のご予約をおすすめいたします。
【チケット予約】

 東京にて、ゲッコーパレード本拠地公演 絵画上演no.1『とにかく絵の具を大量にかけるでしょう。そしたらあなたは目撃する。それが何であったかを。あなたと私が昔から、必ず線を引いてきたって事も。』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、電話 080-5479-3581(代表)、またはこちらのメールまで。


ゲッコーパレード


(河原さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

Antikame? 公演『なんども手をふる』

【出演】杉原敏行 今井由希(柿喰う客) こいけ 俊 えり 大塚由祈子 新納だい(今井事務所) 檀上太郎(g-クラウド)
【スタッフ】
作・演出:吉田康一
作曲・サウンドデザイン・音響:山口 紘
照明デザイン:松本 永
照明オペ:吉田康一
舞台監督:丸尾 聡(世の中と演劇するオフィスプロジェクトM)
宣伝美術:吉田康一
宣伝文筆:真柄茂和(曲がり角ランデブー/劇団きのこ牛乳)
宣伝映像/ゲネ写真:米田浩章
記録映像:米田浩章 川本啓(秘密結社K)
HP:西 有志郎
当日運営:奥田英子(演劇ユニットG.com)
制作:小野明日香 小松明希子 藤﨑麻里 松本 悠(青春事情)
企画・製作:Antikame?
【協力】今井事務所 柿喰う客 株式会社Hop Step Jump グッドラックカンパニー 創造集団g-グラウド 演劇ユニットG.com speech 青春事情 曲がり角ランデブー 秘密結社K 世の中と演劇するオフィスプロジェクトM


【期間】2017年11月29日(水)~12月3日(日)
【日程】
11月29日(水) 14:00/19:00
11月30日(木) 14:00/19:00
12月 1日(金) 14:00/19:00(追加公演)
12月 2日(土) 14:00/19:00
12月 3日(日) 13:30
※受付開始、当日券販売、開場は、開演の30分前です
【チケット】チケット販売開始10月15日(日)~
前売り ¥3,300 当日 ¥3,500 初日割 ¥3,000(※29日14:00回、19:00回の前売りのみ適応)
【チケット窓口】Corich 予約
【会場】ギャラリー・ルデコ 5階 東京都渋谷区渋谷3−16−3 高桑ビル3-6階
【アクセス】JR渋谷駅 ・埼京線ホーム『新南口』改札を出て、徒歩1分 ・『東口』改札を出て、明治通りを恵比寿方面に徒歩5分 東横線・副都心線 渋谷駅 ・16b出口から直進で徒歩4分 [MAP]

 東京の劇団Antikame?が、公演『なんども手をふる』を上演いたします。
 「泣き笑いのような表情を向けて、いう。ごめんね。ありがとう。いまこのとき、ここに、すべてがあると信じきれるようになれるために、わずかでもまえに進展しようとする、微かな光を放つ、虚弱な大人の訣別の物語」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。

公演詳細
公式ブログ
公式ツイッター:@antikame

(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年11月22日

青年団リンク 世田谷シルク 日瑞共同制作『ふしぎな影』

作・演出:堀川炎、Nasrin Barati
キャスト:武井希未、堀川炎(以上、世田谷シルク)、 小寺悠介、中藤奨(以上、青年団)、 Alexander Hopman Lilja 、 Golnosh Hosseini 、 Gustav Borehed、 音楽家 やぶくみこ、Jesper Berger
スタッフ:舞台監督:土居歩、照明:阿部将之(LICHT-ER) 宣伝美術 本庄浩剛(デザイン)、白尾可奈子(イラストレーション) 制作:玉城大祐、太田久美子(以上、青年団) 協力:西川古柳座


日時:11月24日(金)19:30 11月25日(土)14:00/18:00 11月26日(日)14:00/18:00 11月27日(月)19:30 11月28日(火)19:30 11月29日(水)14:00
場所:こまばアゴラ劇場
料金:当精・当日 \3,000 / 高校生以下 \1,500

 東京にて、青年団リンク 世田谷シルク 日瑞共同制作『ふしぎな影』が上演されます。
 「スウェーデンの小さな劇場で終演後、スタッフさんに声をかけられました。そして面白い人だから会ってみてと、そこの演出家を紹介してくれました。その当時2015年、私はちょうどヨーロッパにいて、現地の人たちからシリア内戦とテロへの怒り、徒労感を聞いていました。ですから数日後にその演出家と会って、彼女が『愛』とそれを失くした『戦争』について児童作品を作りたいと言った時、私は迷いなく乗りました。それが、この作品のスタートです。パペットには西川古柳座さんに協力していただいた車人形を使い、両国の音楽家と共にサイレント演劇で上演します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


世田谷シルクホームページ

(玉城さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

玉川大学芸術学部 パフォーミング・アーツ学科 卒業プロジェクト 演劇公演『スタア』

□原作:筒井康隆
□演出:太宰久夫
□振付:神崎由布子
□出演・製作:玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科生


□公演日程〈全6回公演〉
2017年12月23日(土)18:00 海千
24日(日)12:00 山千/18:00 海千
25日(月)18:00 山千
26日(火)12:00 海千/18:00 山千
※上演時間は150分(休憩含む)を予定しています。
※受付時間は開演の45分前、開場は30分前とさせて頂きます。
※作品の内容を考慮し、中学生以上入場可能とさせていただいております。
□公演会場:玉川大学 大学3号館 演劇スタジオ
□チケット:無料・全席自由〈要予約〉
□チケット取り扱い:11月27日(金)16:00より予約開始
【電話予約】042-739-8492(PA制作室)平日16:00~20:00 土日祝 13:00~17:00
【メール予約】pa-info@art.tamagawa.ac.jp
全日24時間❇各公演前日22:00送信分まで受付
❇電話またはメールにて以下の項目をお伝えください。
[1]公演タイトル [2]ご希望公演日時 [3]希望枚数 [4]お名前(カタカナ) [5]お電話番号
※メールにてご予約いただいたお客様には2日以内にこちらからご予約確認のメールを返信させていただきます。


 東京にて、2017年度玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科 卒業プロジェクト演劇公演 『スタア』が上演されます。
 「スター同士の結婚&新居祝い。そこに駆けつけた二人にゆかり、いやっ因縁の人々。奇しくも同時に起こる大地震!芸能界の欲望渦巻く中で起こる怪奇現象の数々。はたして二人の大スターの行く末は?!筒井ワールド全開のSFブラック・コメディー!!『SFの御三家』と云われる筒井康隆の世界を、卒業公演でチャレンジします。どうぞ、ご期待ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、【TEL/FAX】042-739-8092(演劇研究室) まで。


玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科 卒業プロジェクト 演劇公演『スタア』特設サイト


(お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年11月19日

SCOT吉祥寺シアター公演2017 鈴木忠志の世界『北国の春』『サド侯爵夫人(第二幕)』

『北国の春』構成・演出:鈴木忠志 原作:鹿沢信夫
出演者......植田大介、塩原充知、内藤千恵子、加藤雅治、石川治雄、平垣温人、木山はるか
『サド侯爵夫人(第二幕)』演出:鈴木忠志 作:三島由紀夫
出演者......齊藤真紀、佐藤ジョンソンあき、内藤千恵子、鬼頭理沙、蔦森皓祐

12月15日(金)―24日(日)
15日(金) 17:00 開演 『北国の春』(90分休憩)
19:30 開演 『サド侯爵夫人(第二幕)』
16日(土) 17:00 開演 『北国の春』(90分休憩)
19:30 開演 『サド侯爵夫人(第二幕)』
17日(日) 15:00 開演 『北国の春』(90分休憩)
 17:30 開演 『サド侯爵夫人(第二幕)』
18日(月) 休演
19日(火) 19:00 開演 『北国の春』& 鈴木忠志トーク
20日(水) 19:00 開演 『サド侯爵夫人(第二幕)』& 鈴木忠志トーク
21日(木) 休演
22日(金) 17:00 開演 『北国の春』(90分休憩)
 19:30 開演 『サド侯爵夫人(第二幕)』
23日(土) 17:00 開演 『北国の春』(90分休憩)
 19:30 開演 『サド侯爵夫人(第二幕)』
24日(日) 15:00 開演 『北国の春』(90分休憩)
 17:30 開演 『サド侯爵夫人(第二幕)』
※金・土・日の公演は、2演目の通し券のみです。
チケット販売中
『北国の春』&『サド侯爵夫人(第二幕)』 6,000円
『北国の春』&トーク/『サド侯爵夫人(第二幕)』&トーク4,000円
SCOTチケット予約 Tel: 03-5449-7880 10:00‐18:00(平日)、10:00‐14:00(土・日・祝)
(お支払は銀行振り込み、または郵便振替のみとなります。振込先の口座については、こちらのウェブサイトをご覧いただくか、ご予約の際にお尋ねください。)
Web予約
武蔵野市民(在勤、在学含む)、武蔵野文化事業団アルテ友の会会員割引もあります。詳細はこちら (SCOT吉祥寺シアター公演特設サイト)
SCOT公式サイト


 東京にて、SCOT吉祥寺シアター公演2017 鈴木忠志の世界『北国の春』『サド侯爵夫人(第二幕)』が上演されます。
 「『北国の春』母親と昭和にヒットした流行歌『北国の春』の世界から自立できない男。その男の心に侵入する男女。インターネット時代を生きる男の脳内世界を描く新作。ご存知、鈴木忠志の『チンドン屋一家』の悲劇。
 『サド侯爵夫人(第二幕)』昭和を生きた傑出した日本人、三島由紀夫の言葉と美空ひばりの歌声が出会う舞台。三島由紀夫が侯爵夫人ルネに託した芸術家としての思いが、明晰な言葉として血肉化され、観客に迫る。新演出による上演。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


SCOT公式サイト


(進さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

音と光の劇団ねずこ旗揚げ公演『メリーデイドリーム』

出演:ねこ沢 くま乃 脚本・演出:くま乃 制作:音と光の劇団 ねずこ
チラシデザイン:ねこ沢 協力:おおかみ ぱんだ

◆日時
12/9(土)13:30/18:30
12/10(日)11:30/16:30
※公演時間:約2時間(休憩15分をはさみます)
◆場所 joy joy ステーション
西武池袋線桜台駅  徒歩3分 メトロ有楽町線新桜台駅 徒歩5分 都営大江戸線練馬駅 徒歩10分 ローソン100となり
◆チケット 劇団HPの本公演のページにお繋ぎのうえ、ページ内予約フォームまたは下記メールアドレスにてご予約ください。
Mail: こちらのメール (メールにて直接ご予約の方は本文に人数・日時を必ずご記載ください)
劇団HP
前売り1100円 当日1500円

 東京にて、音と光の劇団ねずこが、旗揚げ公演『メリーデイドリーム』が上演されます。
 「優香はずっと夢をみていた――彼女はある日同級生のせつに出会う。『この子に、しよう...きっとこの子だ "悪夢"を、変えられる』だがせつは...『せつは優しいね』『...愛することは、美しくあるべきだよ』悪夢は、どこなの?
 上手に現実を生きられない、上手に人を愛せない、上手に眠れない、なにも上手にできない人間が集まってできたのが『音と光の劇団ねずこ』です。そんな本劇団がすべての"上手にできない"人達に贈る、悪夢と現実の境を曖昧にする旗揚げ公演です。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、音と光の劇団 ねずこ:こちらのメールまで。


音と光の劇団ねずこホームページ

(くま乃さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年11月17日

DRUM TAO『2018新春 ドラムロック 疾風 総出演』

キャスト:DRUM TAO


【東京公演】
日程:2018年1月18日(木)~20日(土)
会場:Bunkamuraオーチャードホール
料金:S席8,500 円 A席6,000 円(全席指定・税込・6歳未満入場不可)
お問い合わせ:東京音協 03-5774-3030(平日11:00~17:00)


【ABOUT DRUM TAO】
1993年に結成し、大分県を拠点とするDRUM TAOは、世界に類のない圧倒的な音表現を持つ和太鼓で、世界に通用するエンターテイメントを作りあげてきた。国外では、2016年のオフ・ブロードウェイ公演の成功を受け、ブロードウェイにステージを常設する企画も始まる一方、国内では全国各地でツアーを敢行。歌舞伎やJ-POP、アイススケートなど様々なジャンルからの熱いオファーを受けてコラボレーションを実現。東京オリンピックが近づく今、ノンバーバル(言語を使わない)で和の心を響かせ、エンタメ界から熱い注目を集めている。


 東京にて、DRUM TAO『2018新春 ドラムロック 疾風 総出演』が上演されます。
 「世界24ヵ国で700万人を動員した和太鼓エンターテイメント集団 DRUM TAO。2017年はロックがテーマの新作で全国ツアー『ドラムロック 疾風』、海外公演を行い、いよいよアーティスト総出演で、国内最大規模のホールにて2018年新春公演を上演する。ロックのビートを、美しくも圧倒的な和太鼓パフォーマンスで表現し、映像クリエイティブ集団『ZERO-TEN』によるプロジェクションマッピング、コシノジュンコの衣装により、最先端のモードに彩られる本公演は、舞台を駆けぬける疾走感と総合芸術としての完成度の高さが見所だ。2004年に海外進出、2016年にはアメリカ・オフブロードウェイデビューを遂げ、NY・Newsweek日本版(2016)に『TAOは世界へ日本を売りこむ顔になる !』と言わしめたDRUM TAO。進化を遂げたTAOが最大規模でおくる本公演に、乞うご期待。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、東京音協 03-5774-3030(平日11:00~17:00)まで。


DRUM TAOホームページ

(三浦さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年11月13日

『僕とパンツとトンプソン』

作・演出:久世孝臣
キャスト:久世孝臣/森政博
スタッフ:音楽:竹本仁


日時:2017年11月19日(日)
場所:なんちゃってBar 庭(千葉市中央区栄町35-10)
料金:前売り:3000円 当日:3000円

 千葉にて、舞台『僕とパンツとトンプソン』が上演されます。
 「『ある日、少年は ダンサーを 拾った。公園の石を ひっくり返すとそこには 生まれたての ダンサーがいた。』詩人・久世孝臣とダンサー・森 政博による新感覚の二人芝居『僕とパンツとトンプソン』。2017年11月19日(日)に千葉の『なんちゃってBar 庭』にて行われます(2回公演)。 この芝居はシュールな設定の中で繰り広げられます。二人の軽妙かつ自然体の会話、詩人ならではの美しい言葉の積み重ね、ダンサーらしい身体表現などのエンタメ要素があちこちに散りばめられています。その中から滲み出てくるリアルな人間ドラマが心に響きます。詩人・久世孝臣とダンサー・森 政博による新感覚の二人芝居」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(わたなべさん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年11月11日

Lingua Franca「FALCO ROSSO」

作・演出:柏原直人
キャスト:柏原直人 堤和悠樹 片山遊 牧山陵 尾崎夏美 河野直樹 大石満帆
スタッフ:DIRECTION 柏原直人 SOUND PLAYER 古川直幸 LIGHTING 小住優利子 PHOTO-FLYER 仲西マティアス PRODUCTION 木母千尋


日時:2017年 12/07(木) 20:00 12/08(金) 19:30 12/09(土) 14:00/19:30 12/10(日) 18:30 ※開場は30分前。受付は1時間前です。 ★12/10(日) 13:30 劇場ワークショップ
場所:APOCシアター 東京都世田谷区桜丘5-47-4 (小田急線千歳船橋駅より徒歩1分)
料金:前売・当日 \3,500 全公演通し \5,000 前売+ワークショップ \5,500 全公演通し+ワークショップ \6,500 ワークショップ参加のみ \2,500
■チケット予約方法■ カルテットオンライン


★12/10(日) 13:30 劇場ワークショップ
毎回、大好評の企画。公演と同じステージで、照明・音響も活用して行うため本番さながらの臨場感・緊張感・興奮を味わえるワークショップです。斬新な世界を体験することができる絶好のチャンス。ぜひ、この機会にステージに立ってみましょう!!
日程:2017.12/10(日) 13:30~
場所:APOCシアター
講師:柏原直人・LinguaFrancaメンバー・出演者
募集人数:15名程度
料金:\2,500(ワークショップのみの参加の場合)


 東京にて、Lingua Franca「FALCO ROSSO」が上演されます。
 「LINGUAFRANCA(リンガフランカ)が生まれ変わる!!劇団/チームとなったリンガフランカ。言葉と身体を全開にした激しいインプロヴィゼーションの応酬、ダンスムーブパフォーマンス、照明も音響も即興、観客からの言葉を利用する即興劇。リンガフランカの今までの特徴はそのままに、さらに、テーマを明確に打ち出した作品を繰り広げる!!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


Lingua Francaホームページ


(堤和さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年11月10日

三俣婦人会 2回目の公演 『ゴン駄々吉 第一回生前葬』

作・演出:ゴン駄々吉
キャスト:大沢秋生(ニュートラル)、岡田望(劇団劇光族)、森嶌正紀(ティッシュの会)、ゴン駄々吉、回替わりゲスト、18日17:30森世まゆみ、18日20:00笑福亭由瓶、19日12:30石田1967(LINX'S)、19日15:30権田淳介、19日18:30野村有志(オパンポン創造社)


日時:11月18日(土)17:30/20:00  11月19日(日)12:30/15:30/18:30
場所:千日亭 大阪市中央区千日前1-7-11上方ビル3階 市営地下鉄なんば・日本橋駅より徒歩7分
料金:前売り:1800円 当日:2000円
『讃岐うどん殺人事件』と新作書下ろしの短編2作品の上演を予定しております。


 大阪にて、三俣婦人会 2回目の公演 『ゴン駄々吉 第一回生前葬』が上演されます。
 「三俣婦人会がおおくりいたします、第2回公演『ゴン駄々吉 第一回 生前葬』
ゴン駄々吉、生誕30周年メモリアルイヤーの演劇公演です。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


三俣婦人会ホームページ

(閑社さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [近畿]

2017年11月 8日

東京ジャンクZvol.7 ジェットコ歌舞伎『絶叫!高田馬場』

これはジェットコースターのような演劇ではない...ジェットコースターの演劇だ!!! 

脚本・演出:畑田哲大
【出演】鐵祐貴 薛朋花 柘植ノゾム 平山輝樹 染谷ノエル (以上、東京ジャンクZ)
青木沙織(新宿公社) 香川修平(遠吠え団) 中村遼(剣劇集団いろは) 星乃圭吾 堀紗織(無隣館) 丸山恭平(コントグループ/しおむすび) やないさき(白米少女) 山崎丸光
川島優人(Seiren Musical Project) 髙橋圭一朗 立石隼三(劇団くるめるシアター) 萩原涼太

2017年11月29日(水)〜12月3日(日)
会場:上野ストアハウス
ご予約はこちらから!
【タイムテーブル】2017年
11月29日(水)19:30★
11月30日(木)14:00★/19:30★
12月1日(金)14:00★/19:30
12月2日(土)14:00/19:30
12月3日(日)12:30/17:00
【チケット料金】《事前振込》一般:3,300円 U24:2,300円(要証明)
《当日精算》一般:3,900円 U24:2,900円(要証明)
《高校生以下》振込・当日精算:1,000円(要学生証)
《プレミアムパス》一般:5,000円 U24:4,000円(要証明)高校生以下:2,000円(要学生証)
★ジャンク・ファストパスステージ:全券種一律300円引き 12月1日14:00の回までの★前半ステージが対象
※プレミアムパスはお好きな席へのご案内、グッズパンフレット付きでございます。ただし事前振込のみでの販売です。
※事前振込、プレミアムパスの販売は【10月24日(火)〜11月12日(日)】まで、当日精算の販売は【11月1日(水)〜公演終了】まで行います。 


 東京の劇団東京ジャンクZが、公演vol.7 ジェットコ歌舞伎『絶叫!高田馬場』を上演いたします。
 「20XX年。外国人誘致計画の一環で、高田馬場に新国立ジェットコースターが建設される事が決まる。国から莫大な予算が投下される中、"新国立"の名に恥じない一機を設けるために、一人の男と日本の名機達が立ちあがる!が、国家の計略と国民の反響でジェットコースターは予想もしない展開に...」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、東京ジャンクZ 制作部 担当:テツユウキ、電話番号:080-9876-8532、またはこちらのメールまで。


東京ジャンクZホームページ


(木山さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

Anicy(アニシィ)『レンタルファミリー』

作:砂本 量  演出:迫田 元
【キャスト】
Aチーム 邦城龍明、秋津今日子、岩ゲント、臼田洋子、小川和宏、小野寺舞
Bチーム 大倉一仁、飯村幸子、坂本秀昭、白雪たえ、大地、asAhi


【公演日程】 
12/15(金)15:00(A) 19:30(B) 
12/16(土)16:00(B) 17:00(A) 
12/17(日)12:00(A) 16:00(B) 
(受付開始・開場は開演の30分前です。)
【劇 場】高田馬場ラビネスト (東京都新宿区西早稲田3-27-4 第一キャラット河俣B1) 
東京メトロ副都心線西早稲田駅から徒歩3分 JR高田馬場駅、東京メトロ東西線高田馬場駅から徒歩8分 馬場口交差点から早稲田方向に進み一本目の路地を左に入って直ぐの所です。
【チケット】 全席自由席 前売2,800円 当日3,000円 


 東京にて、Anicy(アニシィ)『レンタルファミリー』 が上演されます。
 「重明は日課に必要なあれがどうにも見つからない。サクは電話で冷えたビールとお酒や、上寿司を注文している。 やって来るのは三男伸之一家、を演じるレンタルファミリー。 突然のキャンセルで急遽来られる事になったと派遣会社から連絡があったのだ。 重明は心の準備が駄々をこね、サクに文句を言いながら、部屋中を探している。 サクはさらにカラオケセットを隣家から借りようと財布を渡して、出かけていった。 」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、山下ケイジ氏:090-4946-5854、またはこちらのメールまで。


(山下さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]

2017年11月 7日

WAHAHA本舗PRESENTS ポカスカジャン&大江戸ワハハ本舗・娯楽座合同公演 元禄歌謡赤穂義士伝『忠-SING-蔵』

[構成・演出]    喰 始
[脚本]山崎洋平(江古田のガールズ)
[出演] タマ伸也、大久保ノブオ、省吾
コースケ☆原澄人、星川桂、矢原加奈子、雨宮あさひ、犬吠埼にゃん、鈴木千琴、石原奈津美、仲村唯可、村本准也、噛家坊、哀原友則、アポロ
白川和子、観月ゆうじ、松元信太朗、旅流草一郎

[公演日時]
2017年11月29日(水)※前夜祭(大久保ノブオは出演いたしません)
11月30日(木)~12月3日(日)
11月29日(水)19:00〜(前夜祭)
11月30日(木)19:00〜
12月1日(金)19:00〜
12月2日(土)13:00〜/18:00〜
12月3日(日)14:30〜
※開場は開演の30分前
[会場] 中野劇場HOPE 東京都中野区中野3-22-8 劇場事務所TEL:03-3381-8422 劇場HOPEロビー直通TEL:03−3383-2590(公演期間中のみ)
http://www.pocketsquare.jp/hope/index.html
※JR中央・総武線/東京メトロ東西線 中野南口より徒歩5分。
※駐車設備はありません。車、バイクでのご来場はご遠慮下さい。
[料金] 自由席 前売3,800円(税込)/ 当日4,500円(税込) ※前夜祭は前売3,000円(税込)/ 当日4,000円(税込)
[チケット]
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:481-887)(PC・携帯)
ローソンチケット:0570-000-407(オペレーター電話番号) 0570-084-003(Lコード:33028) (PC・携帯)
イープラス(e+) (PC・携帯)
楽天チケット(PC・携帯)
WAHAHA本舗電話予約:03-3406-4472(平日11:00〜19:00) WAHAHA本舗MAIL予約:こちらのメール


 東京にて、WAHAHA本舗PRESENTS ポカスカジャン&大江戸ワハハ本舗・娯楽座合同公演 元禄歌謡赤穂義士伝『忠-SING-蔵』が上演いたします。
 「歌う『忠臣蔵』。すなわち『忠-SING-蔵』(ちゅうしんぐら)!あの『忠臣蔵』の登場人物の面々による、歌あり踊りありの討ち入りSHOW!『忠臣蔵』ファンはもちろんのこと、『忠臣蔵』を良く知らない人も楽しむことができるハートフルな作品。11月29日(水)は本編とは異なる『前夜祭』を開催。合わせて観ればもっと楽しい!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、WAHAHA本舗 >> TEL:03-3406-4472(平日11:00〜19:00)、またはこちらのメールまで。


WAHAHA本舗ホームページ

(岡野さん、お知らせありがとうございます。)

Category: [公演案内] [関東]