演劇交差点 投稿用BBS なぐり
この掲示板は、演劇交差点のコンテンツです。みなさんのお手軽リッチな情報交換の場になってほしいものです。
情報の投稿はこちらでも大歓迎で受け付けております。メールでの場合と同様、投稿情報として取り扱います。
  • スパム対策がうまく働かず、書き込みに失敗することがあります。その際は直接メールにて情報をお寄せください。お手数をおかけします。
  • はじめての方はぜひ一度、なぐりガイドをごらんください。投稿見本やこのページについての説明が書いてあります。
  • 情報投稿および幅広い方々への情報共有がこの掲示板の目的です。内容が同様の記事を、1ヶ月以上時間をおかずに書き込むことはご遠慮ください
  • 演劇交差点への転載は管理人が判断します。掲載中の記事を変更したい場合は場合はメール等をご利用ください。
  • 同種の記事を追加する時には新規トピックではなく、以前の記事にレスをつける形での投稿をお願いします。他のトピックが下がっていきますので…。
  • その他当BBSのルールや方針にそぐわない投稿は予告なく編集・削除、および書き込みを制限することがあります。ご了承ください。
  • もし書き込みができない場合はメール等をご利用ください。
  新規情報投稿
  お名前
  タイトル
  コメント
  URL
  E-Mail
  削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
  文字色
 
  検索
 
  AND OR
 
5831 ⇒RES
2019/04/17 15:54
小池博史ブリッジプロジェクト Mail Website

舞台「新・三人姉妹」小池博史ブリッジプロジェクト公演
「これがチェーホフ?これが三人姉妹!?」
パパ・タラフマラの人気作「三人姉妹」を小池博史が新演出!解散前、国内外で200回以上もの公演を繰り返した「三人姉妹」をキャスト・演出を新たにし、「新・三人姉妹」として皆様へお届けします。
夢と希望と現実の狭間で、もがきながらたくましく生きようとする三人の女たちの悲喜劇。チェーホフの古典戯曲が現代のエンターテイメント作品へと生まれ変わります。

三人姉妹はこの現代で何を目指すのか?  タフでバカバカしくていとおしい、三人姉妹の激しい生き様はまばたきしていると見逃してしまう。次から次へと肉体から繰り出されるパフォーマンスはまさに刺激的。ナマで見ずにはいられない、これが小池博史によるスーパーシアター! 迫力のパフォーマンスをお見逃しなく。


日時:2019年5月16日(木)
    20:00開演
   5月17日(金)
    @14:00開演
    A19:30開演
※開場は各回30分前より

場所:三鷹市芸術文化センター 星のホール
(東京都三鷹市上連雀6-12-14)

チケット:
前売 一般4000円/学生以下3300円
当日 一般4500円/学生以下3800円
未就学児ひざ上鑑賞無料、3歳以上入場可

演出・脚本・振付・構成:小池博史

出演:手代木花野・福島梓・甲斐美奈寿

音楽:松本淳一
小道具:森聖一郎
衣装:田村香織
照明:上川真由美
音響:深澤秀一
舞台監督:中原和樹
演出助手:荒木亜矢子
主催/企画制作:株式会社サイ


チケットのご予約・お問い合わせはこちら!
●カルテットオンライン
  → https://www.quartet-online.net/ticket/nts201905?m=0dhbbgc
●小池博史ブリッジプロジェクト公式ショップ
  → https://hkbpshop.thebase.in/
●お電話:03-3385-2066(株式会社 サイ)


小池博史 プロフィール
演出家・作家・振付家、「舞台芸術の学校」代表
茨城県日立市生まれ。一橋大学卒業。1982年パフォーミングアーツグループ『パパ・タラフマラ』設立。以降、全55作品の作・演出・振付を手掛ける。2012年5月解散。その後すぐに『小池博史ブリッジプロジェクト』を立ち上げ、創造性を核に教育・発信・創作を三本柱とした連携プロジェクトを展開中。アジア各地で13作品を創作。演劇・舞踊・美術・音楽等のジャンルを超えた作品群を40ヶ国で上演。97?04年つくば舞台芸術監督、アジア舞台芸術家フォーラム委員長、国際交流基金特定寄附金審議委員(05年〜11年)等さまざまな審議員、審査員等を歴任。
著書として「ロンググッドバイ〜パパ・タラフマラとその時代」(2011年、青幻舎刊)、「からだのこえをきく」(2013年、新潮社刊)、「新・舞台芸術論?21世紀風姿花伝」(2017年、水声社刊)、「夜と言葉と世界の果てへの旅―小池博史作品集」(2018年、水声社刊)。毎月1回、メールマガジンを発行中。


小池博史ブリッジプロジェクト
公式HP:http://kikh.com/
Facebook:https://www.facebook.com/kikhproject/
Twitter:@kikhproject
Instagram:@kikhbridgeproject



主催/問合せ:小池博史ブリッジプロジェクト/株式会社サイ
〒165-0026 東京都中野区新井1-1-5 1F
Tel.03-3385-2066/Fax.03-3319-3178



 
5830 ⇒RES
2019/04/12 23:42
Rising Tiptoe Mail Website

★★★7月、座・高円寺1 Rising Tiptoe『皿の裏』キャスト募集!★★★
Rising Tiptoe(宇野重吉演劇賞優秀賞、「SEVEN HEARTS演劇大賞2017」4部門入選、第15回杉並演劇祭優秀賞受賞・・etc)は現在、2019年7月3日〜7月7日に座・高円寺1にて上演する『皿の裏』のキャストを若干名募集しています。
募集するのは20代前半〜40代の芝居経験者(女優3名・男優2名)です。
座・高円寺1の舞台に一緒に立ってみませんか?
以下、公演の詳細です。
定員になり次第締め切りますので、お早目にご応募ください。よろしくお願い致します!

・・・・・・・・・

【公演詳細】
@ 演名:座・高円寺1 日本劇作家協会プログラム Rising Tiptoe#26『皿の裏』
A 作・演出・デザイン 宇吹萌
B 日程:2019年7月3日ー7月7日(1・2日=仕込み・ゲネプロなど、3日ー7日=本番6ステージ、一部ダブルキャスト(ダブルキャストの場合3ステージ)
*7月1日・2日は仕込み・ゲネプロなどで終日参加となります。
C会場:座・高円寺1
Dチケットノルマあり、バックあり。
*チケットノルマは25枚から応相談、面接オーディション時にご希望を伺います。(チケット料金:前売・当日共に4300円)

この公演をきっかけに有望なかたにはどんどんお声がけし、今後に繋げたいと思っております。今後、ザ・スズナリ、吉祥寺シアター、東京芸術劇場などの劇場での公演も予定しています。

F稽古:6月頭より開始、 稽古は週2・3回で、本番前は通し稽古で連日になります。前半は緩やかで、通し直前に集中稽古
G稽古期間中、他の公演の掛け持ちは不可。
Hジャンル:ダークコメディー
Iテーマ:砂糖の中毒性・害をモチーフに、近未来の架空の国における支配関係・人間の欲についてコミカルに描きます。
J簡単なあらすじ: 近未来、架空の国。
貧しい「こちら側」の住人は海を隔てた「あちら側」での生活に憧れている。
あちら側には魅力的な法律がたくさんある。質の悪い砂糖しか作れない干ばつ地域のこちら側とは違って、あちら側では上質な砂糖も作られている。
砂糖はあちら側での恵まれた生活の象徴になっている。
あちら側に移住するには高額な移住権を買わなければならず、こちら側の人々は命がけだ。
そんなある日、あちら側から戻ってきたこちら側の人間が、「甘い生活」の実態を語り始めるのだが・・・。

*初演(2015年7月 ザ・スズナリ)の劇評もお読み頂けます。宇吹萌公式サイト内の「reviews」ページにある「皿の裏」をご参照ください。

・・・・・・・・・・

【応募方法】
@お名前
A性別
B年齢
C簡単な経歴
DRising Tiptoe作品を観たことがあるかたは作品名
E応募動機
Fお電話番号
G顔写真・全身写真

以上を添付した上、メールにてご応募下さい。
宛先:rising_tiptoeアットマークyahoo.co.jp
〆切:4月30日(火)を〆切にしていますが、定員になり次第締め切りますので、是非お早目にご応募ください。

*注*
@劇団・事務所などに所属されている方は必ず許可をとってからご応募下さい。
A上記劇団メールアドレスからのお返事になります。携帯からご応募される際には、上記アドレスが受信できる設定にして下さい。



★Rising Tiptoe(ライジング・ティップトー)★

文化庁新進芸術家在外派遣制度にてNYで戯作修行した劇作家、宇吹萌(うすい・めい)が帰国後に立ち上げた演劇企画。

公演毎に役者を募るプロデュース形式で、年2回のペースで都内で活動。

ファンタジックなストーリーテリングにブラックユーモアを効かせた独特な世界観で人間の本質や社会の闇を鋭く描く。

#11『THE BITCH』(2012年 於:ザ・スズナリ)にて第3回宇野重吉演劇賞優秀賞受賞。
#23『RACE』(SEVEN HEARTS演劇大賞2017 にて脚本部門入選、小劇場女優部門入選・次点、小劇場男優部門入選の4部門入選)
#24『おしゃべり』にて第15回杉並演劇祭優秀賞受賞。SEVEN HERATS演劇大賞2018、リバイバル作品部門優秀賞、脚本部門優秀賞、演出部門優秀賞、主演女優賞入選など4部門にて受賞。
#25『チョコチップクッキー』SEVEN HEARTS演劇大賞2018 小劇場部門脚本賞入選。


★宇吹萌(うすい・めい)★

劇作家・演出家・Rising Tiptoe主宰
新宿生まれ。
慶應義塾大学法学部卒業、慶応義塾大学大学院文学研究科国文学専攻修了。(唐十郎研究)
2002年、文化庁新進芸術家在外派遣制度演劇分野2年派遣員に内定。
派遣先のニューヨークにてオントロジカル・ヒステリック・シアター芸術監督リチャード・フォアマン監修のもと、自作を翻訳・上演しデビュー。
帰国後、Rising Tiptoeを立ち上げ、以後全作品の作・演出・デザイン(舞台美術・宣伝美術・音響プラン)を手掛ける。

2002年・2005年、慶応義塾大学N氏賞佳作受賞(いずれの年も該当作なし)
2013年、Rising Tiptoe#11 THE BITCHにて第3回宇野重吉演劇賞優秀賞を受賞。
2017年 SEVEN HEARTS演劇大賞 脚本部門入選Rising Tiptoe#23『RACE』
(同作品にて脚本部門の他に小劇場女優賞入選・次点、小劇場男優賞入選をあわせた4部門にて入選)
2018年3月 Rising Tiptoe#24『おしゃべり』にて第15回杉並演劇祭優秀賞受賞、SEVEN HERATS演劇大賞2018、リバイバル作品部門優秀賞、脚本部門優秀賞、演出部門優秀賞、主演女優賞入選など4部門にて受賞。

その他、現代詩において伊東静雄賞、コスモス文学新人賞、中野重治文学奨励賞ノミネート、ユリイカ入選、婦人公論入選など受賞多数。

日本劇作家協会会員、ニューヨークThe Actors Studio(芸術監督アル・パチーノ)公認プロフェッショナル・オブザーバー。

代表作:「THE BITCH」(2012年ザ・スズナリ、第3回宇野重吉演劇賞優秀賞受賞)、「名もない祝福として」(2014年、日本劇作家協会プログラム 座・高円寺1)、「皿の裏」(2015年ザ・スズナリ)、「模範都市」(2016年2月東京芸術劇場シアターイースト)・・etc

公式サイト:http://www.meiusui.info
ブログ:http://ameblo.jp/meiusui
フェイスブック:http://www.facebook.com/mei.usui.9





 
5829 ⇒RES
2019/04/09 00:29
グーフィー&メリーゴーランド Mail Website

『JUDY 〜The Great Unknown Squadron〜 令和元年キャスト募集!』
私どもグーフィー&メリーゴーランドでは、記念すべき、令和元年7月本公演に参加していただける役者を若干名募集いたします。
つきましては、オーディションにて出演者を決定いたします。
興味を持たれた方は、以下の内容をご確認の上、奮ってご応募ください。

===【公演概要】=====
《上演作品》
 「JUDY〜The Great Unknown Squadron〜」(オリジナル作品)
 太平洋戦争末期、特攻攻撃が主流であった最中、断固、正攻法である夜間襲  
 撃に徹し、ほとんど戦没者を出すことなく、特攻をはるかに凌ぐ戦果を残し
 た部隊があった。

 伝説の帝国海軍航空部隊、美濃部正少佐率いる『芙蓉部隊』の活躍を描いた
 真実に基づく作品。

 毎夏、上演し続けて、今年で14回目の公演となる。

《公演期間》
 令和元年7月18日(木)〜21日(日)

《会場》
 シアターグリーン Box in Box Theater

《稽古期間》
5月13日より稽古開始
5月中は、月、水、金の夜(19:00〜22:00)のみ
6月は、平日の夜のみ毎日(19:00〜22:00)
7月は、平日の夜(19:00〜22:00)、土日祝(14:00〜22:00)
※本番一週間前は昼夜稽古になります

===【募集要項】=====
《募集キャスト》
 メインキャスト 芙蓉部隊隊員 3名
         動員学徒(女優)3名 

《応募資格》
 ・プロ、又は、プロの表現者を目指す、心身共に健康な18歳以上から50歳位
  までの男女、年齢・経験は不問
 ・但し、真剣に取り組んでいただける方に限らせていただきます
 ・養成所・プロダクション・劇団に所属、在籍している方でも可
 ・隊員役の男子は、坊主とまでいかなくても短髪にできる方
 ・動員学徒は、黒髪にできる方
 ・作品を理解し、多くの方に伝えたいと努められる方

《開催日時》
 令和元年5月4日(土)、5月5日(日)
 オーディション時間は、14:00〜21:30の間で。ひとり凡そ30分枠

《会場》
 世田谷区
 参加が決まった方にのみお知らせします

《オーディション料》
 無料

《特典》
 ・合格者は、当方規定のギャランティー支給にて、出演をお願いいたします
 ・本番にて、評価に値する結果を残された方は俳優事務所が控えております

===【応募方法】=====
 メール、Web問い合わせフォームより、希望日時を第三希望まで伝達
              ↓
 受領確認メールに必要情報の指示を送るので、劇団事務所に返送
              ↓
 受領確認後、オーディション日時確定の旨と会場をお伝えします

《締め切り》
 令和元年5月3日(金)24:00


【問い合わせ】
グーフィー&メリーゴーランド
〒154―0001 東京都世田谷区池尻2-31-20-5F
Phone 03-5721-0588
Mail  inquiry@theatre-gooffy.com
URL  http://theatre-gooffy.com/



 
5828 ⇒RES
2019/03/20 12:39
OTTI Mail Website

声優養成所 藍丸 養成所生募集中!
声優養成所 藍丸  紹介

声優養成所概要

受講資格

2019年3月で中学校を卒業されている方以上(概ね15歳以上、演技の経験は問いません。)
なお、未成年の方は保護者の承諾書が必要になります。
※承諾書を書いて、下記住所(スタジオ藍丸)に郵送してください。

詳しくは:https://otti-ws.amebaownd.com/posts/5905381

申込方法
メールにて書類を請求して、記入後、下記住所(スタジオ藍丸)に郵送してください。
選考の上、折り返しご連絡いたします。

申込締切:毎月末

授業料

入所金 ¥54,000(教材費・消費税込)

ただし、OTTI(オッティ)推薦生は免除、誰でもなれます。
詳しくは:https://otti-ws.amebaownd.com/posts/5905381


授業料 ¥324,000(1年間・消費税込)

養成期間:1年間(最長3年間)

週1回、1回3時間程度(18時から)

講義内容

講義1

オリジナルシナリオ等を使用した、簡易アフレコ体制での実習。
マイク前実習を絡めた演技指導を行います。

講義2

映像を使用したアフレコ実習。マイク・録音機器をを使用した実践的体制での実習。
※両講義とも、オーディション対策、仕事の取り方、売り込み方法、自分が声優として成功するには、
どのポジションを目指すべきかなどを、現場で現在活躍している講師が実践的に行います。


募集人数:20名

授業場所:有限会社銀プロダクション練習スタジオ
東京都世世田谷区代田5-11-11シティ代田4F
                                   
所在地:〒177-0045
東京都練馬区石神井台3-23-10メゾンワン2B
有限会社スタジオ藍丸
     

会社概要

養成所提携企業

有限会社銀プロダクション
株式会社ファイブデザインワークス
株式会社オフィス66エンターテインメント
株式会社ムーグー
サンケイスポーツ「ヲタカル」

会社名

有限会社スタジオ藍丸
所在地:〒177-0045
東京都練馬区石神井台3-23-10メゾンワン2B
代表者:本田雅
設立:平成15年6月18日
資本金:300万円

事業内容

1.映画、映像ソフト、音声ソフト、コンピューターゲームソフト及びこれらの出版物の企画、開発、制作、販売
2.漫画の企画、制作、出版、販売
3.グラフィックデザイン、コンピューターゲームソフトの企画、制作
4.前各号に関連する著作権、商標権、意匠権の管理業務
5.音楽に関する著作権等の財産権の所得、譲渡、貸与及び管理業務
6.ディブイディー、コンパクトディスク、ビデオ等の製造、販売
7.声優、歌手、俳優、タレントの管理及びマネージメント業務
8.キャラクター商品(個性的な名称や特徴を有している人物、動物等の画像を付けた物)の企画及び著作権、商標権、意匠権の管理業務
9.前各号に付帯する一切の業務

Copyright  2019 STUDIO RUN-MAL All right reserved



 
5827 ⇒RES
2019/03/18 16:12
鈴木製作所 Mail Website

「俳優の仕事」とはどういうものか-演出家 鈴木裕美による俳優のためのワークショップ5月に開催
★鈴木裕美より皆さまへ

 このご案内文を書いている現在、新国立劇場で、全てのキャストがオーディションによって決定した「かもめ」の稽古中です。
鈴木個人としても、フルキャストオーディションでの芝居作りは、以前から やりたいと思っていたことでした。
今後、個人の企画でもオーディションによる芝居作りをやっていきたいと思っています。
その準備の意味もあり、多くの魅力的な 俳優さんたちと出会いたいので、またまた、俳優のためのワークショップをやります。
私の考える「俳優の仕事」とはどういうものかお伝えし、ご賛同頂き手を取り合える方たちと緩やかなネットワークを築いていけたらと思っています。

ご応募お待ちしています。

鈴木裕美                

━━━━━━━━━━━
 ワークショップ概要
━━━━━━━━━━━

https://www.bug-corp.com/suzukiworks

〇日程 

2019年5月15日(水)〜18日(土)4日間
昼の部12:00〜16:00/夜の部17:00〜21:00

〇会場

芸能花伝舎 東京都新宿区西新宿6-12-30

〇ワークショップ内容

ワークショップの内容としては、シアターゲームを少々やりますが、シーンスタディが中心になります。
今回は4日間(1日4時間×4日)です。テキストは、集まっていただいた俳優さんの顔ぶれで決定したいと思いますが、
以前はウィリアム・サローヤン『おーい、救けてくれ!』飯島早苗『絢爛とか爛漫とか』山田太一『ふぞろいの林檎たち』などをやりました。

また、実際に演じて頂く俳優の方以外に、見学のみの方も参加可能です。見学の方にも質問や意見を発言していただけます。

〇応募資格

A 実際演じる方

@自分をプロの俳優だと思う方
A全日程、同時間帯で参加可能な方
参加者同士で組んで演じて頂くので、お休みされると相手の方が演じられなくなるため

B 見学
16歳以上どなたでも

〇募集人数

A-俳優:各部14名/B-見学:若干名
※応募者多数の場合には、書類選考をさせていただきます。
その際、なるべく多くの方と出会いたいとの思いから、初めて参加される方を優先する可能性があります。

〇参加費

28,000円(消費税込み)A・B共通

〇締切

2019年4月15日(月)
<選考の結果、参加決定のご案内>4月25日(木)までに全員にご連絡します。

〇応募方法
4月15日(月)までに、以下の必要事項を郵送またはe-mail(形式:PDF、jpeg等)でお送りください。

1. 写真(バストアップ・全身)、プロフィール
  (B)見学でご応募の方は顔写真付きプロフィールを添えてください。
2. ご希望区分 (A)実際演じる方(B)見学
3. 参加希望時間帯 昼の部、夜の部、どちらでも調整可
4. コメント「このワークショップに求めるもの」140文字以内
5. 連絡先メールアドレス

★本ワークショップに演出助手として参加してくださる方も募集しています。1〜5の必要事項を添えてご連絡ください。

資料送付先/お問合せ先
バグ・ミュージック株式会社
〒150-0011 渋谷区東3-16-1 BELL THE EBISU6F
TEL:03-3797-0513
s-info@bug-corp.com  



 
5826 ⇒RES
2019/03/16 21:53
アプライドシアター研究所 Mail Website

<第1期>ドラマエデュケーター実践認定(ゴールデンウィーク6日間集中)コース
◎早割3/21まで実施中◎
<第1期>ドラマエデュケーター実践認定(ゴールデンウィーク6日間集中)コース

 日程:4/28、29、5/3、4、5、6
 講師:ナオミ・グリーン、川島裕子、西海真理、佐々木英子(授業日程順;敬称略)
 会場:三越前徒歩1分(参加者に詳細をお知らせします)

※実践家・研究者からドラマ教育の実践を体験を通して多角的に楽しく学べる集中講座!
※ドラマ教育の実践プラクティショナーの認定書を取得できる!
※実習/授業デザイニングのグループワークの日を通して実際的な課題に気づくことができる!
※スキルだけではなく自己解放と発見、つながりも育める場。事前・中間カウンセリングも!
※最終日に交流会実施(軽食&ドリンク付)!

エデュケーターとは、ここでは、情報を伝えるティーチャーであるのみならず、全ての可能性を引き出そうとする教育者を意味しています。このコースは、教育現場をインクルーシブにドラマをつかってファシリテートできるドラマ教育家を育んでいく基礎コースにつづく実践コースの第1期です。ドラマ教育の先進国である英国やカナダで学び、研究した専門家や研究者が、日本人の身体や文化、教育に合わせ実践してきたそれぞれの手法、考え方を、日本語で直接体験を通して学ぶことができます。基礎コースでは基礎知識を中心に多角的に学びましたが、実践コースでは身体を動かし他者と体験を共有することによる気づきを中心に学びます。

【ドラマエデュケーションの第一人者、ジョナサン・ニーランズ教授より、英国からいただいた本講座への推薦のお言葉】
「日本における教育としてのドラマが発展するこの重要な機会へようこそ!ドラマは、子どもや若者が自分自身、他者との人間関係、また、自分が生きている世界の複雑さを発見する、素晴らしいプロセスを提供してくれます。ドラマを通じて、カリキュラムが現実にもたらされ、クラスで教わったことと実際の生活でのつながりを発見できるようになるのです。不確かさと紛争の絶えないこの時代に、ドラマは私たちの、自分とは異なる他者への共感を強化してくれます。ドラマを通じて、想像力を発展させ、自信やチームスキルを学び、そして共に創造することを学ぶのです。―――これらは未来のために不可欠なスキルです。」ーーージョナサン・ニーランズ(ウォーリック大学教授)

【コース詳細】
日程:4/28、29、5/3、4、5、6
時間:10時〜16時 
会場:日本橋三越前徒歩1分(詳細は参加者にお知らせ)
定員:20名  
最少催行人数:4名 
料金:コース メンバー 69,800円/一般 79,800円 
    ※早割(〜3/21)は、上記の金額から各3000円割引  
   1日参加 メンバー17,000円/一般 15,000円 
    ※早割(〜3/21)は、上記の金額から各2000円割引

※クレジットカード、コンビニATM決済有。振込、分割ご希望の方は、メールにて、 appliedtheatre17@gmail.com までお問合せください。
※メンバーで年会費をお支払い未だの方は、同時で結構ですので年会費をお支払いの上メンバー価格にてお支払いください。
※費用には、講習代のほかに、テキスト代、認定書代、お茶お菓子代、個別カウンセリング30分2回分、最終日交流会飲食代などすべてのサービスが含まれます。
※一日のみ参加ご希望の方は、一日チケットを購入後、ご希望の日程を別途メールにてお知らせください。⇒ appliedtheatre17@gmail.com


【Q&A】
Q1:「基礎コース」を修了した人しか受講できないのでしょうか?
A1:こちらのコースは、基礎編を修了している方、ファシリテーター、教師、俳優、演劇科を卒業した方など、なにかしらの実践経験があり、プロを目指している方を対象としております。が、1日コースで「身体を動かして、とにかく学びたい!」「この講師の先生に会って学びたい!」という方にも、人数枠を設けておりますので、もちろんご参加いただけます。ただし、あくまでも全日程参加される認定コースに申し込まれている方を対象としたコースのため、基礎知識や経験があるという前提で進めることもあるかもしれません。はじめての方、不安がある方などの場合は、申込時に備考欄に一言いただければ、事前、中間のカウンセリングにてフォローすることも可能ですので、あらかじめお声かけください。

Q2:全日程参加できない場合、認定書はもらえないのでしょうか?
A2:料金をお支払いいただいている場合、また、事前にご相談があった場合、全日程参加できなくても、次回のコースの日程などに振り替えて認定書を取得することが可能です。

【授業内容】
4/28  オリエンテーション&ウォームアップ(佐々木)
4/29  実践:プレテキスト(物語)をつかった授業づくり(グリーン)
5/3  実習/授業プランニング(佐々木)
5/4  実践:コミュニケーション教育における演劇的手法(川島)
5/5  実践:英国発、ドラマインエデュケーション(DIE)ワーク(西海)
5/6  確認テスト&認定(佐々木) 

※ランチ休憩は40分です 
※最終日には終了後に会場にて交流会(軽食&ドリンク付)を行う予定です

【各日程の講座詳細】

●4/29 「実践:プレテキスト(物語)をつかった授業づくり」
講師:ナオミ・グリーン

ここイギリスで生活をしていると、 ”ドラマ” が必要不可欠であることを感じます。イギリスの多くの子供達は生まれながらにして、イマジネーションフレンドを持ち、自分の物語の中で生きていきます。自分で作り上げた世界と、現実社会を行き来しながら、時には混同して大人たちを困らせることも多々ありますが。そして、アプライドドラマを当たり前のように、幼稚園や学校、企業(研修)、公共施設、コミュニテー、メンタルサポートや、家庭内の道徳教育に至るまで幅広く活用しています。  

そんな「ドラマ教育」がどのように行われているのかを、今回このコースでは、実践を交えて日本の皆さんにご紹介したいと思っています。  又、ドラマプラクティショナーとして、物語ベースのアプライドドラマを25年間、 チェスター大学のアレン・オーエンズ教授と共同研究・実践をしてきたテーマの1つに、 「日本の国語教育にアプライドドラマを活用する。」ことがあります。マンチェスター校で長年にわたり、実際に私が行ってきた、このイギリス式のドラマ教育をみなさんと共有できればと思っております。現在実際に使われている中学国語教科書の単元を応用し考察します。一緒に物語を体験していただきながら行っていきたいと思っております。

●5/4 「実践:コミュニケーション教育における演劇的手法」
講師:川島裕子

学校教育をはじめとするさまざまな場所でコミュニケーション教育が行われる中で、コミュニケーション教育への演劇的手法の活用が注目されています。では、コミュニケーション教育を上手な情報伝達を行うためだけの教育として捉えるのではなく、豊かな関係性を育むための教育とするとき、どのような教育活動が考えられるでしょうか。また、演劇的手法を用いると、これまでのコミュニケーション教育とは何がどのように違うのでしょうか。  

ブラジルのアウグスト・ボアールは、演劇は、日常を映し出す鏡であると同時に、それらを批判的に捉え変革するための道具だとしています。このような考えを足がかりに、北海道教育大学で行ってきたいくつかのアクティビティーを体験していただきます。それらを通し、日頃は無意識的な日々の何気ないやりとりや感情に目を向け、それらを省察的に考えながら、参加者のエンパワメントを目的としたコミュニケーション教育のあり方について一緒に考えていくことができればと思います。

●5/5 「実践:英国発、ドラマインエデュケーション(DIE)ワーク」
講師:西海真理

基本的な生きる力を育んでいく、演劇的手法をツールとして使うワークショップのファシリテーターはどんなことを大切にし、どんなことに留意すべきでしょうか?演劇的手法にはどんなものがあるのでしょうか?参加者は様々なアクティビティーの体験を通して「生きる基本的な力」に通ずる具体的な、何を獲得していけるのでしょうか? またファシリテーターは参加者をどう捉え、人数、年齢、そしてニーズにあったプログラムをどのようにデザインしていくのでしょうか?

イギリスで行われてきたDIE(Drama in Education)を体験的に紹介しながら、ファシリテーターのスタンス、プログラムの進め方を探ると同時に、参加者で協力し、想像力と創造力を刺激し合いシーンを作成することも試みます。

【講師プロフィール】(授業日程順、敬称略)

●ナオミ・グリーン ドラマ・プラクティショナー (英国/日本)

日本伝統芸能や物語を英国の教育に取り入れたワークショップや授業を行い、専門は、学校、刑務所・特別学級でのドラマ教育、プレ・テキスト(ドラマ教材)の開発と執筆、ドラマ講師の養成。1998年よりチェスター大学を拠点にアプライドドラマをコミュニケーションに活かす研究を現在も続けている。英国マンチェスター日本人補習校中学部講師も兼任。国語に演劇を応用し、ドラマ教育を推進、講師評議委員も務める。日本とアメリカ(ニューヨーク)でアクター・トレーニングを受け,英国移住する1991年以前は,日本で俳優。各種舞台やTVで活躍。リバプール大学にてESOLを修得。著書に『蜂はチクリと刺すことを知ってますか?』(カモミール社,2003)『やってみよう!アプライドドラマ・』(図書文化2010)をアレン・オーエンズ教授と共同著出版。教育用プレテキスト多数。

●川島裕子  大阪成蹊大学教育学部講師

トロント大学オンタリオ教育研究所博士課程修了(Ph.D.)。 北海道教育大学にて、文部科学省経費による「教師に対する演劇的手法によるコミュニケーション教育」プロジェクトに従事。著書に『〈教師〉になる劇場−演劇的手法による学びとコミュニケーションのデザイン』(編著、フィルムアート社、2017年)、『街に出る劇場−社会的包摂活動としての演劇と教育』(共著、新曜社、2018年)。 論文に「Ethnicity as Rigid Boundaries and Muted Differences: Japanese Youth Experiences at School」(Educational Studies in Japan: International Yearbook, No.13, 2019. 掲載予定)など。演劇というパフォーマンスアートに着目し、身体的ミクロレベルの相互作用をパフォーマンスというレンズを通して批判的に捉えながら、より公平で解放的な教育実践のあり方を探究している。

●西海真理 劇団朋友所属 俳優/演出/DIEファシリテーター

劇団朋友所属。俳優としてだけでなく、作品企画・演出も手掛ける。2000年よりアマチュア劇団の指導。2004年より定期的に朗読WSを開始。2005年度文化庁在外研修員として渡英。ケネス・テイラー氏にドラマ教育を学ぶ。帰国後、演劇活動とともに広くWSを展開している。ファシリテーターの養成にも積極的にかかわっている。WSD25期修了。現在、劇団朋友取締役。俳優・演出の仕事を軸に声優専門学校や、アマチュア劇団、朗読ユニットなどで指導に当たりながら、小学生から高齢者、特別支援学校でのWSや朗読WSを行っている。

●佐々木英子 アプライドシアター研究所 主宰

青山学院大学非常勤講師。自らが教室長を務める個別指導塾での演劇遊び教室開催、全国芸術鑑賞会巡回公演などを経て、2000年、「参加型演劇」(演劇のプロセスを一般の人、社会に生かす場)の勉強会を開始し、「ドラマエデュケーション」「演劇の力」「劇場をあそび場に」などのオリジナルコピーで提案活動を行う。2007年、文化庁在外研修員として英国ミドルセックス大学のドラマ教師養成コースに参加。2011年、ロンドン大学ロイヤルセントラル校応用演劇学修士。訳書に『ドラマ教育ガイドブック:アクティブな学びのためのアイデアと手法』(単訳、新曜社、2017)『インプロをすべての教室に:学びを革新する即興ゲーム・ガイド』(共訳、新曜社、2016)、論文に「アプライドシアター/ドラマ(Applied Theatre/ Drama)とは何か?:変容する用語と場のパラダイム」(演劇教育研究 (6) 、2015)。

【コースお申込み方法】
以下のサイト@からチケットをご購入の上、サイトAより情報をお送りください。追って、詳細のご連絡をいたします。

@ https://peatix.com/sales/event/609098/tickets
A https://appliedtheatre.wixsite.com/labo/blank-1

※キャンセルポリシー:お申込み後、コース初日3週間前までにキャンセルをお申し出の場合、手数料3000円にてキャンセルを承ります。それ以降は、2週間前まで30%、1週間前まで40%、3日前まで50%を引いて返金を受け付けます。それ以降はご返金できませんので、ご注意ください。

【お問合せ】 
appliedtheatre17@gmail.com
(件名に「実践認定コース問合せ」と入れてください)



 
5825 ⇒RES
2019/03/11 18:42
玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科 Mail

アメリカ桜祭り『TAIKO&DANCE 2019』凱旋公演
 2003年に始まって以来、毎年恒例となりました男子の和太鼓と女子の創作民俗舞踊によるアメリカ桜祭り公演は今年で16年目を迎えます。
 本年度は約2週間に渡ってワシントンD.C.桜祭りやフィラデルフィア桜祭りを中心に、ボストンを含む4都市11公演を行います。そして、これらを締めくくるべく玉川大学University Concert Hall 2016 Marbleにて凱旋公演を行います。
 新しく創作された民俗舞踊や和太鼓をはじめ、過去に披露したことのある演目の再演を、16年目の公演に相応しいものとなるよう、プロダクション一丸となって精進して参りました。総勢46人でお届けするダイナミックなパフォーマンスをどうぞお楽しみください。
 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

■公演タイトル:玉川大学芸術学部アメリカ桜祭り『TAIKO&DANCE 2019』
        凱旋公演
■振付・監修:花柳伊三郎
       花柳典幸
■太鼓指導:露木一博(玉川大学芸術学部非常勤講師)
■公演会場:玉川大学University Concert Hall 2016 Marble
      小田急線「玉川学園前」下車 北口から徒歩15分
■公演日時:〈全3回公演〉
      2019年4月 26日(金)19:00
            27日(土)19:00
            28日(日)14:00
      ※上演時間は約75分を予定しております。
      ※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前となります。
■入場料:無料・全席自由(要予約)
■チケット取り扱い:3月18日(月)16:00より予約受付開始
 電話予約/042-739-8492〈制作部〉
 ネット予約/http://ticket.corich.jp/apply/98447
 ※電話予約の際は以下の項目をお伝え下さい。
 【1.公演タイトル 2.ご希望日時 3.ご希望枚数 4.お名前 5.ご連絡先】
 受付時間:電話予約/平日16:00〜20:00
      ネット予約/全日24時間
 ※お預かりした個人情報は公演の運営以外には使用せず適切に管理致します。
■特設サイト:https://pa-americasakuramatsuri.jimdo.com
■Facebook:goo.gl/eDd9pK
■Instagram:@tamagawataikodance
■Twitter:@tamagawa_PA
■お問い合わせ:玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科(演劇研究室)
        〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
        TEL/FAX:042-739-8092



 
5824 ⇒RES
2019/03/09 09:14
上田勝彦 Mail Website

6月公演出演者大募集!「決められない人々〜憲法バトルロワイヤル〜」
この度、6月に上演する新作『決められない人たち』のキャストオーディションを実施しています。

空間製作社は2005年に結成した音楽座やスイセイミュージカル出身のメンバーが中心に集まった劇団で、主にミュージカルを上演しています。

他にもストレートプレイやライブ活動、映像等、幅広く活動をしています。

また、メンバーが映像監督や振付、外部演出、ダンス、役者など各々でも活躍しています。

今回はストレートプレイのセリフ劇を上演することになりました。

『決められない人たち』は、戦後の日本でもう二度と戦争したくないと願う

人たちの、新しい憲法が成立するまでの8日間の熱いドラマの物語です。

狭い会議室で繰り広げられる、連合国側と日本の攻防戦、憲法バトルロワイヤルを描いています。

『12人の怒れる男たち』のような法廷劇をイメージしていただければと思います。

【日程】
オーディション随時募集
連絡いただいて、可能な日に事務所で簡単なセリフを読んでいただきます。

【持参するもの】
動きやすい服装
オーディション参加費なし
無料(会場までの交通費は自己負担)

【会場】
空間製作社事務所
東京都世田谷区代田4‐7‐19朝山ビル1F
小田急線世田谷代田駅徒歩3分
井の頭線新代田駅徒歩3分

【公演日・会場】
2019年6月3日(月)仕込み
6月4日(火)〜9(日)公演
東松原・ブローダーハウス

【稽古期間】
4月上旬〜6月2日(日)
週3〜4日程度・夜
五月からはシーンによって土日あり
本番1週間前から昼夜稽古
稽古場所は事務所稽古場及び都内施設

チケットノルマ
22〜25枚前後・配役により前後
ノルマ以上はバックがあります。

応募資格
不問ですが、演技経験があると尚可

応募方法
・Eメール:kuukanseisaku@jcom.home.ne.jp
・プロフィール(氏名、年齢、性別、連絡先)とバストアップの写真を添えてお送りください
・演技経験(あれば舞台や映像出演作品)

3月20日(水)まで

お問い合わせ
kuukanseisaku@jcom.home.ne.jp

HP
http://kuukanseisakusya.web.fc2.com/

「空間製作社 動画」で検索すると
一部過去作品が観られます
たくさん募集お待ちしてます!



 
5822 ⇒RES
2019/03/03 14:06
Rising Tiptoe Mail Website

座・高円寺1 7月、キャスト募集!
Rising Tiptoe(宇野重吉演劇賞優秀賞、「SEVEN HEARTS演劇大賞2017」4部門入選、第15回杉並演劇祭優秀賞受賞・・etc)は現在、2019年7月3日〜7月7日に座・高円寺1にて上演する『皿の裏』のキャストを募集しています。
募集するのは20代前半〜40代の芝居経験者です。
座・高円寺1の舞台に一緒に立ってみませんか?
以下、公演の詳細です。
定員になり次第締め切りますので、お早目にご応募ください。よろしくお願い致します!

・・・・・・・・・

【公演詳細】
@ 演名:座・高円寺1 日本劇作家協会プログラム Rising Tiptoe#26『皿の裏』
A 作・演出・デザイン 宇吹萌
B 日程:2019年7月3日ー7月7日(1・2日=仕込み・ゲネプロなど、3日ー7日=本番6ステージ、一部ダブルキャスト(ダブルキャストの場合3ステージ)
*7月1日・2日は仕込み・ゲネプロなどで終日参加となります。
C会場:座・高円寺1
Dチケットノルマあり、バックあり。
*チケットノルマは25枚から応相談、面接オーディション時にご希望を伺います。(チケット料金:前売・当日共に4300円)

この公演をきっかけに有望なかたにはどんどんお声がけし、今後に繋げたいと思っております。今後、ザ・スズナリ、吉祥寺シアター、東京芸術劇場などの劇場での公演も予定しています。

F稽古:6月頭より開始、 稽古は週2・3回で、本番前は通し稽古で連日になります。前半は緩やかで、通し直前に集中稽古
G稽古期間中、他の公演の掛け持ちは不可。
Hジャンル:ダークコメディー
Iテーマ:砂糖の中毒性・害をモチーフに、近未来の架空の国における支配関係・人間の欲についてコミカルに描きます。
J簡単なあらすじ: 近未来、架空の国。
貧しい「こちら側」の住人は海を隔てた「あちら側」での生活に憧れている。
あちら側には魅力的な法律がたくさんある。質の悪い砂糖しか作れない干ばつ地域のこちら側とは違って、あちら側では上質な砂糖も作られている。
砂糖はあちら側での恵まれた生活の象徴になっている。
あちら側に移住するには高額な移住権を買わなければならず、こちら側の人々は命がけだ。
そんなある日、あちら側から戻ってきたこちら側の人間が、「甘い生活」の実態を語り始めるのだが・・・。

*初演(2015年7月 ザ・スズナリ)の劇評もお読み頂けます。宇吹萌公式サイト内の「reviews」ページにある「皿の裏」をご参照ください。

・・・・・・・・・・

【応募方法】
@お名前
A性別
B年齢
C簡単な経歴
DRising Tiptoe作品を観たことがあるかたは作品名
E応募動機
Fお電話番号
G顔写真・全身写真

以上を添付した上、メールにてご応募下さい。
宛先:rising_tiptoeアットマークyahoo.co.jp
〆切:3月中旬を目処にしていますが、定員になり次第締め切りますので、是非お早目にご応募ください。

*注*
@劇団・事務所などに所属されている方は必ず許可をとってからご応募下さい。
A上記劇団メールアドレスからのお返事になります。携帯からご応募される際には、上記アドレスが受信できる設定にして下さい。



★Rising Tiptoe(ライジング・ティップトー)★

文化庁新進芸術家在外派遣制度にてNYで戯作修行した劇作家、宇吹萌(うすい・めい)が帰国後に立ち上げた演劇企画。

公演毎に役者を募るプロデュース形式で、年2回のペースで都内で活動。

ファンタジックなストーリーテリングにブラックユーモアを効かせた独特な世界観で人間の本質や社会の闇を鋭く描く。

#11『THE BITCH』(2012年 於:ザ・スズナリ)にて第3回宇野重吉演劇賞優秀賞受賞。
#23『RACE』(SEVEN HEARTS演劇大賞2017 にて脚本部門入選、小劇場女優部門入選・次点、小劇場男優部門入選の4部門入選)
#24『おしゃべり』にて第15回杉並演劇祭優秀賞受賞。SEVEN HERATS演劇大賞2018、リバイバル作品部門優秀賞、脚本部門優秀賞、演出部門優秀賞、主演女優賞入選など4部門にて受賞。
#25『チョコチップクッキー』SEVEN HEARTS演劇大賞2018 小劇場部門脚本賞入選。


★宇吹萌(うすい・めい)★

劇作家・演出家・Rising Tiptoe主宰
新宿生まれ。
慶應義塾大学法学部卒業、慶応義塾大学大学院文学研究科国文学専攻修了。(唐十郎研究)
2002年、文化庁新進芸術家在外派遣制度演劇分野2年派遣員に内定。
派遣先のニューヨークにてオントロジカル・ヒステリック・シアター芸術監督リチャード・フォアマン監修のもと、自作を翻訳・上演しデビュー。
帰国後、Rising Tiptoeを立ち上げ、以後全作品の作・演出・デザイン(舞台美術・宣伝美術・音響プラン)を手掛ける。

2002年・2005年、慶応義塾大学N氏賞佳作受賞(いずれの年も該当作なし)
2013年、Rising Tiptoe#11 THE BITCHにて第3回宇野重吉演劇賞優秀賞を受賞。
2017年 SEVEN HEARTS演劇大賞 脚本部門入選Rising Tiptoe#23『RACE』
(同作品にて脚本部門の他に小劇場女優賞入選・次点、小劇場男優賞入選をあわせた4部門にて入選)
2018年3月 Rising Tiptoe#24『おしゃべり』にて第15回杉並演劇祭優秀賞受賞、SEVEN HERATS演劇大賞2018、リバイバル作品部門優秀賞、脚本部門優秀賞、演出部門優秀賞、主演女優賞入選など4部門にて受賞。

その他、現代詩において伊東静雄賞、コスモス文学新人賞、中野重治文学奨励賞ノミネート、ユリイカ入選、婦人公論入選など受賞多数。

日本劇作家協会会員、ニューヨークThe Actors Studio(芸術監督アル・パチーノ)公認プロフェッショナル・オブザーバー。

代表作:「THE BITCH」(2012年ザ・スズナリ、第3回宇野重吉演劇賞優秀賞受賞)、「名もない祝福として」(2014年、日本劇作家協会プログラム 座・高円寺1)、「皿の裏」(2015年ザ・スズナリ)、「模範都市」(2016年2月東京芸術劇場シアターイースト)・・etc

公式サイト:http://www.meiusui.info
ブログ:http://ameblo.jp/meiusui
フェイスブック:http://www.facebook.com/mei.usui.9



 
5821 ⇒RES
2019/02/27 17:09
殺陣ワークショップ Mail Website

【女優・真瀬樹里 殺陣ワークショップ第二弾】応募受付中!
【女優・真瀬樹里 殺陣ワークショップ第二弾】開催決定!

<講義詳細>
「ハリウッドも認めた、日本屈指の殺陣スペシャリスト・真瀬樹里のWSが再び!」
好評につき、女優・真瀬樹里による本格的殺陣ワークショップ第二弾の開催が決定しました!昨年末に真瀬が開催した初の殺陣WSでは、初心者には殺陣の基礎から、経験者には深い知識や細かい技術まで、丁寧に、時には厳しく教え込み、最後には生徒全員で立ち廻りを披露するレベルまでに持っていきました。
役者を続けるということは、様々な役に真摯に向き合っていくことです。役者はあらゆる体験、あるゆる知識を得なければなりません。このWSで殺陣を通じて、所作や意識の向き合い方も学んでいただけると確信しています。

<稽古スケジュール>
2019年3月3日(日) 17:00〜21:00
       7日(木) 17:00〜21:00
       10日(日)17:00〜21:00
       14日(木)17:00〜21:00

<稽古内容>
前半2日は主に基本稽古、後半2日は立ち廻りをメインに行います。
基本稽古は所作、型、立ち廻りの基本、絡みの基本、斬り手の基本など。
立ち廻りはグループに分かれて、それぞれ一本ずつ殺陣を作る予定です。

<講師プロフィール>

真瀬樹里(まなせじゅり)

日本大学芸術学部に在学中、殺陣同志会に4年間在籍し、殺陣を学ぶ。
千葉真一を父に、野際陽子を母に持つ真瀬樹里は、
1994年に映画デビューし、数々のテレビドラマ、映画、舞台などで活躍。
2004年には、クエンティン・タランティーノ監督の映画『キル・ビルVOL.1』に出演し、殺陣指導も行うなど映画のアクションシーンに貢献。
2007年の大河ドラマ『風林火山』では、真田家の忍びを好演し、数多いる日本の女優とは一線を画す殺陣の技術を絶賛される。
2017年10月にスタートした、テレビ朝日帯ドラマ劇場『トットちゃん!』では、母である野際陽子さん役として出演したことが話題に。
2018年5月21日には、初の著書「母、野際陽子 81年のシナリオ」を発売。

<講師コメント>

殺陣とは、命のやり取りを表現する究極の芝居である。
私はそう思っています。
一手一手はセリフであり、手と手の間は行間であり、その全てに芯と絡み、絡み同士の心のキャッチボールがある。
その全てにドラマがある。
それを表現できないと、ただ振り付けを覚えて、動き、合わせるだけの踊りになってしまう。
それではつまらない。
そしてそれを思う通りに表現できるようになる為には、相当な肉体と技術の訓練が必要なのです。

殺陣はスポーツではありません。
殺陣はお芝居です。
それを“やりたい“と思える方のご参加をお待ちしております。

前回、初のワークショップでは私自身にも沢山の学びがあり、今回は前回の経験も活かし、より実りのある稽古を出来ればと思っております。
初心者がたった4日間で立ち廻りを作るのはかなり大変な事ですが、皆さんが充実感を持って終われるよう、私も努めたいと思います。
経験者には、経験者のみのクラスも用意し、よりクオリティーの高い立ち廻りを作ってみたいと考えています。

皆さんと密度の濃い時間を過ごせる事を楽しみにしております。

<稽古回数>
全4回 ※全日程ご参加いただける方のみご応募を受け付けます

<場所>
【テンカトル】
住所:東京都練馬区西大泉1−27−39
電話:03−5935−9844

<参加費>
全4回 30,000円(税込み)
※袴、木刀、帯レンタルされる方はクリーニング代1,000円頂きます。

<定員>
最大12名

【応募条件】
16歳以上のプロ、アマを問わず、俳優。または俳優以外も大歓迎です。
※全4日間ご参加いただける方のみ受け付けております

<申し込み方法>
下記の申し込みフォームに必要事項をご記入いただいた後、
ご記載のメールアドレスに返信させていただきます。

https://goo.gl/forms/IZMG9DFcun9ZEfQp2

※定数に達した場合は書類選考の上、合否及び入金のご案内をお知らせ致します

入金後、WSに関する詳細のご連絡を差し上げます。



 
5819 ⇒RES
2019/02/12 16:03
株式会社ウォーターオリオン Mail Website

【期間限定】ボイスサンプル収録+オーディション開催告知!《3月末まで》
【ボイスサンプル収録+オーディション 開催のお知らせ!】

プロのナレーター・声優
又は、これからプロを目指す皆様へ
オススメのキャンペーンとなります!

◆開催期間
 2月12日(火)〜3月31日(日)
 *1日3人までのご予約となります。

◆費用
 2時間コース:29,800(税別)
 ⇒使用例:収録/1時間 + 編集/1時間
 *エンジニアの手配は費用に含まれます。

◆開催場所
 収録スタジオ「竜の洞窟」
 ⇒〒168-0082 東京都杉並区久我山3-22-1 ベルメゾンマツオカ B1-A
  (HP http://www.waterorion.com/studio_ryunodokutsu/
 
◆オプション
 収録させていただいボイスサンプルを、
 弊社新案件にてクライアントに提出させていただく場合がございます。
 お仕事が決定した際、出演料や条件について
 ご相談させていただければと思います。
 ※ご了承頂けたかたのみ対象とさせていただ来ます。

◆応募先
 ★電 話:03-5346-2069
  ⇒お問い合わせの際、“ボイスサンプル収録希望”とお伝えください。

 ★メール:workshop@waterorion.com
  ⇒件名:ボイスサンプル収録希望
   内容:・お名前(ふりがな)
      ・ご連絡先(TEL・メール)
      ・ご希望日時
      ・収録内容(何種類収録したいかなどを明記ください)
       【例】1分のナレーション 3行のセリフ など
      ・オーディションに参加希望か否か

※返信はPCメールよりお送り致しますので携帯からご連絡の方は
 “workshop@waterorion.com”を受信できるようメールアドレスの
 ご登録をお願い致します。



以上になります!

詳細はホームページのチェックをお願い致します♪

その他にも貸しスタジオや、収録スタジオの運営などもしております!
ボイスサンプル収録の細かいスケジュールなども掲載しております。
よろしくお願い致します。

《ウォーターオリオンHP》 http://www.waterorion.com/


皆様のご応募お待ちしております!

株式会社ウォーターオリオン スタッフ



 
5818 ⇒RES
2019/02/05 23:05
さくらさくらカンパニー Mail Website

「Déjà Vu〜碧血の夢〜」
さくらさくらカンパニー
「Deja Vu 〜碧血の夢〜」
  脚本・演出  中野 圭子

***** ものがたり *******************************

北の地で土方が見た白日の夢とは何だったのか…

幕末の京都にかつてその名を轟かせた新選組。
しかし幕府の衰退とともに、彼らは追い立てられるように都を後にする。
逆賊として処刑された局長・近藤勇、
病に倒れた一番隊隊長・沖田総司の果たせなかった思いを胸に
副長・土方歳三は、榎本武揚を中心とした旧幕府軍と共に
最果ての蝦夷地で最後の戦いに挑む。


***** 神戸公演 ********************************

2019年4月6日(土)  12:00 / 15:30


【チケット料金】 前売:2300円 当日:2500円
【場所】神戸アートヴィレッジ(B1F)KAVCシアター
    〒652-0811 神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号
    TEL:078-512-5500


***** 東京公演 ********************************

2019年5月11日(土) 14:30 / 19:00

■昼の部
  13:00〜 新撰組余話 月の舟(L.PRODUCTS)
★ 14:30〜 Deja Vu 〜碧血の夢〜 (さくらさくらカンパニー)

■夜の部
  17:30〜 新撰組余話 月の舟(L.PRODUCTS)
★ 19:00〜 Deja Vu 〜碧血の夢〜 (さくらさくらカンパニー)

【チケット料金】  2,000円(2作品共通観劇券)
【場所】 ひの煉瓦ホール(小ホール)
     〒東京都日野市神明1-12-1
     TEL:042-585-2011

---------------------------------------------------
 ひの新選組まつりとタイアップした
 さくらさくらカンパニーとL.PRODUCTSによる友情公演

 枠にとらわれないパフォーマンスユニットさくらさくらカンパニーと
 時代劇中心の芝居を上演するプロデュース劇団L.PRODUCTS
 関東・関西の2つの団体がこの日のために特別に用意した
 2作品を一度に見れるのはここだけ!
---------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■
☆ 詳細、チケット購入はコチラへ
   e+ イープラス http://eplus.jp

  チケット発売中!
■■■■■■■■■■■■■■■



 
5817 ⇒RES
2019/02/04 21:24
株式会社サイ Mail Website

3月「からだワークショップ」開催!
毎日自分が動かしている身体にも、まだまだ知らないことがある。自分の"からだ"の可能性に気づくワークショップを行います。
ダンスや演劇、身体表現をされている方にとって、新たな表現方法に出会うきっかけとなるワークショップです。
ダンスなんてやったことない!という方でも大歓迎です!
スポーツが苦手、リズム感がなくて踊れない、事務仕事続きで最近運動不足だと思う…でも体を思いっきり動かしたい!という方、ぜひこのワークショップに参加してみませんか?いろいろな方法で体を動かしてみましょう!
舞台芸術の様々なジャンルで活躍している講師が、あなたの「気づき」をサポートします。

【日程】
3/16(土)
 @14:00-15:50 徳久ウィリアム/ヴォイス
 A16:00-17:50 白井さち子/身体表現動きの基礎

3/23(土)
 14:00-18:00 松島誠/FUNKTION(表現機能の探求)

3/30(土)
 14:00-18:00 小池博史/総合表現

※当日はジャージ、レッスン着など、動きやすい格好でお越しください。
スタジオに更衣室がございますので、会場でのお着替えも可能です。

【場所】
スタジオサイ
(東京都中野区新井1-1-5 1F)
JR中野駅より徒歩10分

【参加費】
1日のみ 5,500円
3回通し 15,000円

【授業内容】
3月16日
徳久ウィリアム<ヴォイス>
ジャンルを問わない発声の基礎を教えます。喉を枯らさず、壊さずに色々な声を出すための身体の使い方を学び、「声」を出すことの再発見をしてみましょう。「声」のワークを通して、本番に強くなる方法も伝授します。

白井さち子<身体表現動きの基礎>
クラシックバレエのテクニックを元にして、基本的な身体の使い方を学びます。自分の体はどこがどのように動いているのか、どんな風に見えているのか?きっとあなたの身体表現が深まります。あまり難しいことは行いません。自分の身体のこと、もっと知ってみよう!

3月23日
松島誠<FUNKTION(表現機能の探求)>
FUNKTIONとは、普段無意識に使っているファンクション(表現機能)を分解して学び理解すること。体を使い、右脳と左脳を行き来しながら、どのように表現に結びつけていくのかを探るフィジカルワークです。
ダンスにしろ演劇にしろ、テクニックを教えてくれるクラスは多くありますが、どうやって考えるかを教えてくれるクラスは少ない。新しい可能性を見つけたい、表現を深めたいと考えているダンサー、俳優、パフォーマー、音楽家、演出家などあらゆるタイプの表現者に向けたワークを行います。

3月30日
小池博史<総合表現>
「スロームーブメント」というあらゆる動きを日常のスピードの1/100 以下で行い、ゆっくりした動きの中で、自身の“からだ”への気づきを深くするメソッドを中心に、これまで気づかなかったあなたの身体の可能性を引き出します。身体を動かすこと、声を出すこと、奏でること、あらゆる表現方法を用いて新しい自分を発見するワークを行います。

【お申込み方法】
下記のURLからお申込みフォームにアクセスいただき、必要事項の記入をお願いいたします。
https://ws.formzu.net/dist/S61100683/

または直接お電話でお申込みください。
潟Tイ 03-3385-2066



 
5816 ⇒RES
2019/01/30 16:15
イチニノ Mail Website

【茨城開催】西村洋一WSで本格的なトレーニングを!
【西村洋一ワークショップ、開催します!】

本格的に演劇について学ぶ機会が得にくい茨城で、
本格的なトレーニングができる
ワークショップを開催します!
スタニスラフスキー・システムの先駆者である
西村洋一氏を講師にお招きし、
経験者・指導者から初心者まで、
継続的に参加できるワークショップです。
ぜひ多くの方の参加をお待ちしています!



★開講コース★

◎基礎トレ・コース(1.5h)
ワークショップに興味があるけれど未体験で不安…という方のための、
短時間の基礎コース。
スタニスラフスキー・システムに基づいた、「声と言葉のトレーニング」(レーチ)と身体トレーニングを行ないます。「舞台の上で生きる」演技をするための基礎となります。短時間で体験できるコースです。

◎標準トレ・コース(4h)
ロシアの演劇大学における、スタニスラフスキー・システムによる演技の訓練内容に基づきます。
チェーホフ「ワーニャ伯父さん」を題材に、演技の基礎から作品ができるまでの過程を学びます。
この事業は劇団活動ではありませんので、演劇経験の有無を問わず、誰でも参加していただけます。
※標準トレ・コースには、基礎トレ・コースの内容も含まれています。

【日時】
2月2日(土)・3日(日)
3月3日(日)・10日(日)
 以降、月2日のペースで開催します。

基礎トレ・コース:13:00〜14:30
標準トレ・コース:13:00〜17:00  
※標準トレ・コースには、基礎トレ・コースの内容も含まれています。
(参加者の状況等によって変更する場合があります)

【会場】茨城県内 
※確定次第希望者にお知らせします。
石岡市を中心に、希望者の状況等によって調整します。

【準備するもの】
動きやすい格好

【参加費】(1回あたり)
基礎トレ・コース 一般:1,000円
         学生: 500円
標準トレ・コース 一般:2,000円
         学生:1,000円


お申込み、お問い合わせはこちらのページのフォームから!
http://ichinino.jimdo.com/special/


お問い合わせ
西村洋一WS事務局  ichinino.office@gmail.com(イチニノ)


#西村洋一
#スタニスラフスキー
#茨城
#演劇
#ワークショップ
#トレーニング
#舞台
#WS
#募集
#イチニノ



 
5815 ⇒RES
2019/01/30 14:23
演劇企画カタアシイッポ Mail Website

演劇企画カタアシイッポ 番外公演 vol.1 公演のお知らせ

演劇企画カタアシイッポ 番外公演 vol.1
マルチメディアに挑戦するぞ公演(仮)

『ホコリを被った魚』
脚本・演出:槻市灯代

◇公演日時
2019年3月9日(土)〜10日(日)
3月9日(土) 19:00
3月10日(日) 13:00/17:00

◇パフォーマンスステージ
3/9 19:00 寄波さーや&河岸あひる(箏奏者、ハンドパン奏者)
3/10 13:00 Tomaz(マジシャン)
3/10 17:00 平林タケル(ピアニスト・作曲家)

※全席自由席
※受付開始、開場は開演の30分前
※上演時間は本編、パフォーマンスステージ含め、60分強を予定しております。

◇場所
イカロスの森
(〒657-0832 神戸市灘区岸地通1-8-10)
http://www.ikarosu.com/index.html

◇ご予約
Corichにて受付中!
https://stage.corich.jp/stage/97536/ticket_apply

◇料金
当日 1800円
予約 1500円
リピーター 500円

☆SNS割 200円引き
Twitter又はFaceboookにて、ハッシュタグ #オサカナイッポ を付けて投稿、又はカタアシイッポ公式アカウントの『ホコリを被った魚』の公演情報をRT/シェアして頂いた方対象!
スマートフォンなどの画面を当日受付にてご提示頂きましたら、当日、前売り料金から200円オフとなります!

※リピーターの方は受付にて半券のご提示をお願い致します。
※リピーターとSNS割は併用不可となります。

◇STORY
誰も使わなくなった小さな小屋に潜り込み、
他愛もない話をする2人の高校生。
変わらない関係と、変わっていく環境。
止まらない時の中でも、
2人の聖地はいつまでもそこにあると
そう……願っていた。

新劇団員を迎えたカタアシイッポの次なる挑戦は、
1つのストーリーを〖演劇、ドラマCD、ラジオドラマ〗の3つのメディアに合わせて改変し、
様々な形で皆様にお届けします。

変化の季節にお送りする、
夢のある女と夢のない男の
他愛もないすれ違いの話。


CAST,STAFF

◆演劇パート◆

◇CAST
きむらさとふみ(演劇企画カタアシイッポ)
三村るな(コトリ会議/小骨座)

◇STAFF
脚本・演出:槻市灯代
照明:みやわきかな子
音響:槻市灯代
制作:蒼井藍子・茶々
舞台美術:きむらさとふみ
宣伝美術:ななしのけーた
衣装・小道具:カタアシイッポ


◆ドラマCDパート◆
◇CAST
A:
イトヲ
電電虫子(劇団冷凍うさぎ)

B:
とんび(劇団ナツコタツ/劇団黙猿)
玉井優樹

AB共通:
ナレーション:ななしのけーた

◇STAFF
脚本改変:きむらさとふみ
楽曲提供:平林タケル

※ドラマCDパートはCDでの販売となります。
※演劇パート上演会場でお買い求めいただけます。


◆ラジオドラマパート◆

『ホコリを被った魚』(ラジオドラマ版)
◇企画:よしきまみ

fmGIG神戸ステーションより毎週日曜日10:00〜10:30に放送中の
『ゆめらじ』にて、3月放送予定!

📻fmGIG URL
http://www.kobeshk.com/

◇演劇企画カタアシイッポとは?
2016年秋に関西学院大学出身の槻市灯代とキシ・デン助が立ち上げた団体。「明日を生きるための芝居を作る」をモットーに、阪神間を中心に活動している。小気味よい会話により紡がれる世界は、 人の持つ不安とその奥に落ちている希望を浮かび上がらせる。

HP https://www.kataashiippo.com/
Twitter @kataashiippo
Facebookpage「kataashiippo」
Mail:kataashiippo@gmail.com



 
5814 ⇒RES
2019/01/22 17:21
ゆー Mail

素敵なドレスを着て歌とダンス!ステージ出演者募集です。
素敵なドレスを着て、歌と踊りのステージに出演できる方を募集します!
四季の妖精(春夏秋冬)などに扮して、季節の歌や、童謡などを歌います。
公共施設や公園などでのステージイベント、ボランティアイベントなどに出演してみませんか?
新規のメンバー募集です。


【募集要項】
・20歳以上の元気な女性
・大学生・音大生・音大卒の方
(高校生、未成年者は要相談)
・社会人(仕事と両立できます)
・20代 30代の女性
・また、楽器演奏できる方も募集します!
(ピアノ・フルートやバイオリンなど)
お子さま向けのイベントが多いため、
子供が好きな人!大歓迎です。


稽古日 平日の夜(週1日)
入会費 1万円
会 費 1万円(レッスン代、稽古場代、雑費含む)
衣装等の費用はかかりません。


【応募要項】

@名前(カナ)
A住所・最寄り駅
B年齢・身長
C最終学歴
D活動経験(バレエ○年・ピアノ○年など)
E応募動機
F顔写真

以上を明記の上、メールにてご応募ください。


興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。



 
5812 ⇒RES
2019/01/18 00:11
劇的ダンス Gekidan Mail Website

<大阪>演劇×ダンス作品『この時代を生きろ』3/1(金)〜3/3(日)全4公演
「この時代を生きろ」
應典院芸術祭 いのちに気づくプロジェクト

--------------------

演劇×ダンス作品
心体から湧き出る生命力

--------------------

手塚治虫作"火の鳥"よりヒントを得て、いのちに気づく演劇的ダンス作品を創作。
役者とダンサーが混ざりあい、より身体表現(ダンス表現)の可能性を追求しながらこの作品に奮闘します。

かけがえのない地球に同乗する仲間である我々。
常に時代を生きる"人間"は、めぐるいのちをどう生きるのか。

この時代を生きる身体がここに
"言葉を無くして心を知れ"

言葉に出来ないエネルギー飛び交う、
もっとも熱いダンス作品があなたの心を刺激する!


【出演者】
川上 真(劇的ダンス Gekidan)※B公演のみ出演
こほり まなえ(劇的ダンス Gekidan)※A公演のみ出演
森本 圭治(劇的ダンス Gekidan)
児玉 泰地(役者でない)
平 直樹
高畠 伶奈(Youth Theatre Japan)
中西 あかね
ハルヒ(手話エンターテイメント発信団oioi)

【演出・振付】
庄 波希

【公演概要】
■日程
3/1(金)19:00〜 A公演
3/2(土)14:00〜 B公演
3/2(土)19:00〜 A公演
3/3(日)17:00〜 B公演

■チケット
一般 2,500円
※寺町倶楽部会員割 2,000円(当日清算)

※1/23(水)開催「みんなでダンス」ご参加で2,200円!
▼詳しくはこちら
https://gekitekidance.com/kono_jidaiwo_ikiro/blog/minna-de-dance/

▼チケットWEB予約(当日清算)
https://gekitekidance.com/kono_jidaiwo_ikiro/reservation/

▼ライブポケットで購入
https://t.livepocket.jp/event/search?word=%E3%81%93%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8D

【会場】
浄土宗應典院 本堂
〒543-0076
大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27

【特設サイト】
https://gekitekidance.com/kono_jidaiwo_ikiro/

【お問い合わせ】
劇的ダンス Gekidan
gekidan.info@gmail.com



 
5811 ⇒RES
2019/01/16 22:36
ミュージカル座 Mail Website

ミュージカル座公演「ハートスートラ」キャストオーディション[1/30(水)締切]
「般若心経」をミュージカル化した独創的なアジアのミュージカル「ハートスートラ」のキャスト・オーディションを開催いたします。

◆劇場:六行会ホール

◆上演日程:2019年5月22日(水)〜26日(日)全8回公演

◆資格:
中学生以上の健康的な男女。
下記の「稽古日程期間及び劇場入り期間」に参加できる方。
(学生の方は、稽古及び実寸稽古、本番を優先出来る方。)

◆応募方法:下記URLより「応募用紙」をダウンロードして、写真(上半身・全身)を貼って郵送・またはデータ送付して下さい。

《ダウンロードURL》 
https://yahoo.jp/box/vrSGI3

※連絡は全てメールで行う為、PC・携帯メールアドレスは《必ず》ご記入下さい。
※「-(ハイフン)・_(アンダーバー)」「r・v」「l(エル)・1(数字の1)など、わかりやすく明記して下さい。
※応募用紙は、指定用紙以外でも受け付けますが、『A4サイズ2枚分(A3サイズ1枚分)』の大きさに収まるようにして下さい。
※ダウンロードページには、実技審査用の各資料(譜面・オケ)も入っております。書類審査結果が出る前よりご参考にしていただいて結構です。
※『アンケート』は、実技審査当日の受付時にご提出いただきます。
※オーデイション各資料は、「ハートスートラ」オーディション以外の用途での使用を禁止します。

◆応募書類締切日:2019年1月30日(水)【必着】

◆選考:

【書類審査結果】
書類審査結果につきましては、応募者全員に「メールにて」ご連絡いたします。
※プロダクション、劇団などからのご応募についてのご連絡は、各事務所ご担当者様にご連絡いたします。
※書類審査結果の連絡メールは、実技審査日の直前でのご連絡になる場合もございますので、出来る限り下記日程で融通のきくようスケジュール調整をお願い致します。

【実技審査】
※書類審査後、2月8日(金)か2月9日(土)のいずれかの1日・約2時間半程度で実技オーディションを行います。

【審査内容】
ダンス審査(当日振付)、歌唱(課題曲)、簡単な質疑応答とアンケート

【受付・審査会場】
ミュージカル座スタジオ(北浦和)

【稽古場】
ミュージカル座スタジオ(北浦和)

【稽古スケジュール】
●3月中旬より稽古開始予定。(稽古時間:12時半〜16時半予定。週5回/月曜日と金曜日は稽古休み(全曜日ではございません)/本番2週間前頃より稽古時間が21時まで延長される予定です。

◆その他
チケットノルマはありませんが、チケット販売にはご協力下さい。
チケットバックまたは出演料あり。
基本ダブルキャストを予定(シングルキャストになる場合もあります)。
オーディションは無料です。
稽古や公演に要する交通費は、各自の負担となります。
合否のお問い合わせには対応しておりません。

◆宛先

【郵送の場合】
〒330-0061埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15松本ビル2F
有限会社ミュージカル座「ハートスートラ」出演者応募係宛

【データ送付の場合】
担当:小宮山雅美宛 heartsutra19@gmail.com
※件名に必ず「ハートスートラ、お名前」をご明記ください。

【お問合せ】メールのみの対応となります。
メールアドレス:オーディション担当小宮山雅美宛(heartsutra19@gmail.com) 
heartsutra19@gmail.comからのメールを受信できるように設定して下さい。
※ご返信までには、数日かかる場合もございます。予めご了承下さい。




 
5810 ⇒RES
2019/01/10 15:12
デッドストックユニオン Mail Website

「民宿チャーチの熱い夜17」出演者募集
こんにちは。
デッドストックユニオンです!
今回、2019年7月に上演する『民宿チャーチの熱い夜17』の出演者を募集する事となりました!

沖縄の民宿を舞台にした大人気シリーズ第17弾!
個性豊かな客演陣、バラエティーに富んだ役者達での作品創り。
デッドストックユニオンの、笑って泣けるエンターテインメントに出演したい!という方の応募をお待ちしています。

【デッドストックユニオンとは?】
笑って泣けるポップな人情喜劇を年に3本上演しています。
拠点は東京。作品はすべて新作書き下ろしです。
また、制作した映画「ただいま!」が第10回沖縄国際映画祭で上映されるなど、舞台だけでなく映像制作にも力を入れています。
この映画には過去の公演出演者も多数出演しています。
次回公演の出演者にも映画出演のチャンスが!
さらには、メンバーになると事務所所属のチャンスも!

ただいま、個性的でパワフルな出演者を募集中。 熱意ある、新しい才能との出会いを期待します!


【募集内容】個性とエネルギーのある役者、男女若干名

▼公演日程:2019年7月9日〜7月14日
@ウッディシアター中目黒

▼稽古日程:2019年6月初旬から(予定)。スケジュール調整は可能です 。

▼応募資格:18歳〜40歳の男女。経験不問。プロダクション、劇団に所属している方でも可。

▼応募方法:
【郵送の場合】       
1、履歴書(必要事項、身長、体重、3サイズ、芸歴を明記)
2、写真2枚(全身、顔正面アップ)
3、住所氏名を明記した返信用封筒
4、82円切手3枚
以上4点を同封し、下記住所へ郵送して下さい。

〒143−0016 東京都大田区大森北3−27−1♯202
デッドストックユニオン「7月公演出演者募集」M係 


【メールの場合】
1、氏名、住所、年齢、性別、生年月日、身長、体重、3サイズ
2、経歴、志望動機を明記
3、写真2枚(全身、顔正面アップ)を添付。プリクラは不可。
4、電話番号、メールアドレスを明記
以上4点を明記の上、件名を「7月公演キャストオーディション」として、dsu@wave.plala.or.jp までご応募下さい。

※携帯から応募の場合は上記メールアドレスからメールを受け取れるように設定をお願い致します。


▼締め切り:1月末日消印有効


▼選考方法:面接、実技選考。応募書類到着後、オーディション日時をお知らせ致します。(オーディションは随時行います)

▼備考:審査料なし。ギャラ支給(出演条件は、キャストの経験、実力に応じて決定させて頂きます)。ノルマ、チケットバックあり。応募書類の返却不可。


ご参考までに、団体公式ホームページ(http://dsu.lovepop.jp/)にて過去の公演風景を掲載しています。
団体概要や次回公演の詳細もありますので、ご興味ある方はぜひご覧ください。

団体Facebookでは、活動状況を細かくアップしておりますので、是非参考にして下さい。
https://www.facebook.com/f.deadstockunion/

たくさんのご応募お待ちしております!



 
5809 ⇒RES
2018/12/18 18:05
鈴木製作所 Mail Website

演出家 鈴木裕美による2つのワークショップ参加者募集!(1/17〆切)
小劇場から大劇場、ストレートプレイ、ミュージカルと多種多様なジャンルで精力的に活動する演出家 鈴木裕美が、<俳優のためのワークショップ><鈴木の考える戯曲の読み方ワークショップ>を2月7日(木)〜10日(日)の4日間、都内で開催します。

◎鈴木裕美 コメント

来年新国立劇場で、全てのキャストがオーディションによって決定した「かもめ」を演出します。フルキャストオーディションでの芝居作りは、以前からやりたいと思っていたことでした。今後、個人の企画でもオーディションによる芝居作りをやっていきたいと思っています。私としてはその準備の意味もあり、多くの魅力的な俳優さんたちと出会いたいと思っています。俳優のためのワークショップでは、私の考える「俳優の仕事」とはどういうものか、お伝えしたいと思います。

もう一つは、「本の読み方を教えて欲しい」と言われることが多く、戯曲の読み方のワークショップをやってみることにしました。が、“教える”のはおこがましいですし、基本的にはどう読んでも自由だと思うので、あくまで、”私の考える戯曲の読み方”をテキストを用いて具体的にお話ししたいと思います。

【募集概要】

☆日程
2019年2月7日(木)〜10日(日)4日間

☆時間
俳優のためのワークショップ 16:00〜21:00 
鈴木の考える戯曲の読み方ワークショップ 12:00〜15:00

☆会場
都内会場

●俳優のためのワークショップ
応募資格
A、実際演じる方
@自分をプロの俳優だと思う方
A全日程参加可能な方。(参加者同士で組んで演じて頂くので、お休みされると相手の方が演じられなくなるため)
B、見学
16歳以上どなたでも

募集人数
俳優(A)16名程度 / 見学(B)若干名

参加費
35,000円(消費税込み)

締切
2019年1月17日(木) ※1月26日(土)までに全員にご連絡します。

●鈴木の考える戯曲の読み方ワークショップ
応募資格
鈴木裕美と一緒に戯曲を読みたい方 16歳以上どなたでも

定員
40名程度 ★先着順

参加費
21,000円(消費税込み)

締切
2019年1月17日(木)

【お申込み方法】
募集概要URL: http://bug-corp.com/yumisuzuki.pdf
詳細をご確認の上、必要書類を添えて下記までお送りください。

<応募資料送付先/お問合わせ先>
バグ・ミュージック株式会社 
〒150-0011 東京都渋谷区東3-16-1 BELL THE EBISU 6F
TEL:03-3797-0513 FAX:03-3406-8533
E-MAIL:s-info@bug-corp.com





NEXT→
- 以下のフォームから自分の投稿記事を削除することができます -
記事No パスワード
- CLEVER BBS -
- ADMIN Login -