« 演劇ブックレビュー20200402: 湯山茂徳(編著)、苧阪直行・明和政子・佐藤由香里(共著)(2018)『エンタテインメントの科学』朝日出版社 | 演劇交差点トップページへ | 雑文4/3 »

2020年4月 2日

アイホール 伊丹市立演劇ホール 演劇ラボラトリー 上田一軒+村角太洋プロジェクト受講生募集!!&伊丹想流劇塾マスターコース第4期生募集!!&伊丹想流劇塾第4期生募集!!

アイホール 伊丹市立演劇ホール 演劇ラボラトリー 上田一軒+村角太洋プロジェクト 受講生募集!!

『演劇ラボラトリー』は主に初心者を対象にした演劇の実践講座です。経験はなくても大丈夫。一緒に面白い『エンゲキ』を調理=創作しましょう!みなさまのご参加、お待ちしております。

【概要】関西で活躍する演劇人のもと、演技を中心としたワークショップを行い、最終的には、ひとつの舞台作品をつくりあげます。講師・演出は、緻密でリアル、かつ笑いを兼ね備えた舞台づくりに定評のある上田一軒(スクエア)。そして劇作には、特殊な設定の中で繰り広げられる、ユーモアあふれる会話劇を得意とする村角太洋(THE ROB CARLTON)を迎えて、本格的な"コメディ"にチャレンジします。

■内容/演技を中心としたワークショップと演劇公演
※上演に際しては、舞台製作に関する作業も実習します。
■場所/アイホール(伊丹市立演劇ホール)カルチャールームほか
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号
■講座期間/2020 年6月17日(水)~2021年3月10日(水) 原則19時~22時 計40回 
詳細はこちら
※ただし、公演前は変動します。3月1日(月)/3月3日(水)~7日(日)は原則、終日参加が望ましい。
■応募条件/18歳以上(高校生不可)、講座および公演期間に原則すべて参加できること。
募集人数/15名程度
受講料/40,000円
公演/
【仕込・リハーサル】2021年3月1日(月)/3月3日(水)~5日(金)
【上演】2021年3月6日(土)・7日(日)

【応募方法】
以下の[1]~[4]を同封のうえ、アイホールへ郵送あるいは持参ください。
[1]応募申込書 ★申込書はこちらから
[2]写真(上半身・全身)
[3]作文400字程度【課題:最近、失敗したこと】
[4]84円切手を貼った返信用封筒
締切/5月20日(水)22:00必着
面接/5月31日(日)11:00より
開講/6月17日(水)19:00
宛先/〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号 アイホール『演劇ラボラトリー』係

◎募集に関しての、ご不明な点・ご質問などは、お気軽にご連絡ください!!
お問合わせ アイホール 伊丹市立演劇ホール
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号 
TEL:072-782-2000※9:00~22:00、火曜休館 メールはこちら




アイホール 伊丹市立演劇ホール 伊丹想流劇塾マスターコース第4期生募集!!

『伊丹想流劇塾マスターコース』は課題提出を繰り返しながら長編戯曲を執筆する、劇作家養成講座です。徹底した取材による端正な戯曲が高い評価を受けている高橋恵と、第64回岸田國士戯曲賞候補に選出された実力派ごまのはえ。経験豊富な現役劇作家の指導のもと、本格的な戯曲創作に取り組んでみませんか。

【概要】伊丹想流劇塾の上級クラスとして開講している、長編戯曲執筆を目的とする実践戯曲講座です。年間8回の講座を通して、シノプシス、プロットをつくり、戯曲を執筆、講師の講評を受けながら改稿を重ね作品を完成させていきます。また、年に一度、"名誉塾長"である北村想による『特別レクチャー』を短編戯曲創作講座である伊丹想流劇塾と合同で実施。日本の演劇界を牽引する劇作家の"哲学"に触れることで、受講生たちが劇作家としてどう思考するか主体的に考える機会となっています。

期間/2020 年6月24日(水)、7月22日(水)、8月19日(水)、9月16日(水)、10月12日(月)、11月11日(水)、12月23日(水)、令和3年1月27日(水)
各回19:00-21:30
対象/長編戯曲執筆を目指すもの。劇作を手掛けた経験があり、さらにスキルアップを目指すもの。高校生以下不可。
内容/前半の講座では基本的なレクチャーとプロット、シノプシスづくりを行い、後半より本格的な執筆、添削、改稿をへて長編戯曲を完成させる。
募集人数/8人程度
受講料/24,000円(初回納入)

【応募方法】所定の応募用紙に必要事項を記入し、『身辺雑記』(1200字程度/A4サイズで統一)と 84円切手を貼った返信用封筒を同封の上、アイホールまで郵送。
なお、伊丹想流私塾/劇塾及びマスターコース修了生以外の方は、今までに執筆した戯曲一篇をあわせてお送りください。(応募書類は返却しません)
応募用紙は、こちらよりダウンロード
募集締切/5月8日(金)22時必着
二次審査/2020年5月24日(日)午前
※講師陣が選考。一次審査は書類、二次審査は面接による。
宛先/〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号 アイホール『伊丹想流劇塾マスターコース』係

◎募集に関しての、ご不明な点・ご質問などは、お気軽にご連絡ください!!
お問合わせ アイホール 伊丹市立演劇ホール
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号 TEL:072-782-2000※9:00~22:00、火曜休館 こちらのメール


アイホール 伊丹市立演劇ホール 伊丹想流劇塾第4期生募集!!


戯曲をまだ書いたことのない、そんなあなたも伊丹想流劇塾で『あなただけの作品』を書きませんか。関西演劇界を牽引する岩崎正裕とサリngROCKのもと仲間と一緒に、唯一無二の作品を生み出そう!

【概要】伊丹想流劇塾は、毎月異なる課題と、レクチャー・執筆・講評・改稿の繰り返しによって、『書く力』を鍛え、戯曲や演劇についての見識を深めていく実践戯曲講座です。塾生は、塾頭から出された"お題"をもとに執筆した短編戯曲を毎回提出。月2回のうち1回は、塾頭と師範が提出戯曲の講評・添削を行い、受講生はそれをもとに2週間後の講義日までに改稿を行います。残り1回は、改訂稿の講評と、岩崎正裕塾頭によるレクチャーを行い、次の新たな課題が与えられます。また、年に一度、"名誉塾長"である北村想による『特別レクチャー』を長編戯曲創作講座であるマスターコースと合同で実施。日本の演劇界を牽引する劇作家の"哲学"に触れることで、受講生たちが劇作家としてどう思考するか主体的に考える機会となっています。さらに、2020年12月に集大成として、『卒塾』公演として、受講生が執筆した短編戯曲をアイホールで上演します。

期間/2020年5月~2020年12月
【講義】5月~12月 原則的に月2回、隔週月曜日19:00~21:30(計15回)
※開講日・・・2020年5月25日(月)
【公演】12月26日(土)・27日(日)
※2020年10月以降の公演準備期間(改訂・稽古立ち合いなど)にも参加のこと。また、公演期間2020年12月24日(木)~27日(日)は終日参加が望ましい。
応募条件/男女、年齢問わず。
募集人数/10名程度
受講料/56,000円

【特待生】
条件/2年以上の継続的な活動実績があり、かつ、伊丹想流劇塾で、より一層の研鑽に励みたいという有志に対し、塾頭並びに師範が特に認めた場合に限り『特待生』として入塾を認める。
募集人数/若干名
受講料/30,000円(初回納入)
【学生・ユース】
条件/学生及び25歳以下の者で塾頭並びに師範がとくに認めた者に限る。
募集人数/若干名
受講料/36,000円(2回分納)

【応募方法】所定の応募用紙に必要事項を記入し、『身辺雑記』(1,200字程度/A4サイズで統一)と84円切手を貼った返信用封筒を同封の上、アイホールまで郵送。
応募用紙は、こちらよりダウンロード
特待生・学生&ユースでの受講を希望する方は下記追加提出書類も合わせてお送りください。
【特待生】
[1]劇作の履歴がわかるプロフィール
[2]執筆作品が実際に上演されたことを証する公演チラシ(過去2年分)
[3]上演戯曲一篇(未上演作品は不可・清書済のもの)
[4][3]の公演企画書(キャスト・スタッフを明記したもの。)
【学生・ユース】学生証あるいは年齢を証明する書類のコピー
募集締切/4月24日(金)22時必着
二次審査/2020年5月10日(日)午前
※塾頭・師範が選考。一次審査は書類、二次審査は面接による。
宛先/〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号アイホール『伊丹想流劇塾』係

◎募集に関しての、ご不明な点・ご質問などは、お気軽にご連絡ください!!
お問合わせ アイホール 伊丹市立演劇ホール
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号 
TEL:072-782-2000※9:00~22:00、火曜休館 こちらのメール


(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [近畿]