« 劇団ボンボヤージュ!【8/31・9/28・10/19・11/2開催】歌ネタで遊ぶワークショップ『ボヤージュオブミュージック!』参加者募集 | 演劇交差点トップページへ | 「わたしの星」 »

2019年8月 4日

劇団キンダースペース『死から見放された記録員 ガ島放浪戦記』『フィリピンから孤児となった初恵を連れて』


★今夏は『新作』を二本上演します。
◉8/11(日・祝)14:00〜(約40分)
『死から見放された記録員 ガ島放浪戦記』
激戦のガダルカナル島から奇跡的に生還した兵士の記録です。
●出演 森下高志(劇団キンダースペース)
○原作 柳川隆二(労苦体験手記集『平和の礎』より)
◉8/17(土)14:00〜(約40分)
『フィリピンから孤児となった初恵を連れて』
終戦間際に出会った少女と共に引き揚げる女性の姿を描きます。
●出演 小林もと果(劇団キンダースペース)
○原作 三橋真砂〈ローズ・キャサティ〉(労苦体験手記集『平和の礎』より)
場所:平和祈念展示資料館(総務省委託)
〈新宿住友ビル33F : 大江戸線『都庁前』3分・丸ノ内線『西新宿』7分・JR、小田急、京王『新宿』10分〉
入場:無料

 東京にて、劇団キンダースペース『死から見放された記録員 ガ島放浪戦記』『フィリピンから孤児となった初恵を連れて』が上演されます。
 「毎年上演させていただいている平和祈念展示資料館(住友ビル33F)でのひとり芝居のご案内をさせていただきます。2013年の瀬田のひとり芝居から始まり、お陰さまで毎年この平和祈念展示資料館のスペースで『平和の礎』の手記を基にしたひとり芝居を上演させていただいていること、私達なりの戦争への思いを『芝居』という形で表現させていただいていることに感謝致します。詳細は『平和祈念展示資料館』で検索をお願い致します。直前のご案内になり恐縮です。是非、ひとりでも多くの方にこの芝居をご覧いただき、実体験から綴られた『戦争』のありさまを感じていただけたら幸いです。心よりお待ち申し上げております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)


| Category: [公演案内] [関東]