« 秋田雨雀・土方与志記念青年劇場 小劇場作品No.23『宣伝』 | 演劇交差点トップページへ | 雑文6/24 »

2018年6月23日

文学座「かのような私 ‐或いは斎藤平の一生-」

脚本/古川 健
演出/高橋正徳
美術/乘峯雅寛
照明/阪口美和
音響/原島正治
衣裳/宮本宣子
映像/松澤延拓
舞台監督/黒木 仁
制作/後藤久美子、梶原 優、佐藤竜太郎、鈴木美幸

出演/関輝雄 大滝寛 川辺邦弘 亀田佳明 萩原亮介 池田倫太朗 江頭一馬 河合耀祐 塩田朋子 梅村綾子 大野香織 田村真央


《入場料:全席指定(税込)》
【発売日】2018/08/07
一般前売:4,300円 一般当日:4,600円 ユースチケット(25歳以下対象):2,500円 要年齢証明 ※取扱いは文学座のみ 当日券は開演の3時間前より03-3353-3566 〈当日券申込専用ダイヤル〉で予約を承ります。
会場 信濃町 文学座アトリエ 東京都新宿区信濃町10 JR中央・総武線各駅停車『信濃町』駅より徒歩5分 東京メトロ丸ノ内線『四谷三丁目』駅より徒歩9分
タイムテーブル
9月7日(金)19:00
9月8日(土)14:00
9月9日(日)14:00
9月10日(月)19:00★
9月11日(火)14:00
9月12日(水)14:00
9月13日(木)休演日
9月14日(金)14:00/19:00
9月15日(土)14:00
9月16日(日)14:00★
9月17日(月)14:00
9月18日(火)19:00
9月19日(水)19:00
9月20日(木)14:00/19:00
9月21日(金)14:00
★=アフタートーク開催日

 東京の劇団文学座が、公演「かのような私 ‐或いは斎藤平の一生-」を上演いたします。
 「2018年9月文学座アトリエの会では『新しい台詞との出会い―戦後再考』をテーマに、近年演劇界で注目されている<劇団チョコレートケーキ>の古川健氏の新作を上演いたします。あさま山荘事件、大逆事件、ナチスなどシリアスな社会的な事象をモチーフとした人間ドラマを、鋭い目線で濃密に描く古川健氏の作品を、文学座の高橋正徳が演出。昨年11・12月に上演され、好評を博した水戸芸術館ACM劇場プロデュース『斜交~昭和40年のクロスロード』以来、古川氏と高橋の強力タッグが登場します!戦後73年目となる今年――。戦後に生まれ昭和、平成そして未来へと移りゆく時代を生きる、斎藤平(さいとうたいら)。一人の"男の一生"の物語を、まもなく創設70年を迎える文学座アトリエにてお届けします。
 <あらすじ>1948年(昭和23年)12月23日。皇太子(今上天皇)の誕生日であるこの日、東条英機をはじめとしたA級戦犯が処刑された同じ日に、東京の教育者一家・斎藤家に待望の第一子が誕生する。平和な時代に生きて欲しいという思いを込めて平(たいら)と名付けられた。高度経済成長、学生運動、バブル、不況、震災・・・昭和、平成、そして未来を懸命に生きた男の一代記。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 ご予約・お問い合わせは、文学座 03-3351-7265(10:00~18:00 日祝除く)、チケット専用フリーダイヤル 0120-481034(10:00~17:30 日祝除く)、またはこちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)


| Category: [公演案内] [関東]