« 小池博史ブリッジプロジェクト汎アジア計画『戦いは終わったーマハーバーラタより』 | 演劇交差点トップページへ | 劇団冷たいかぼちゃスープ#9『変更と加減』 »

2017年7月 7日

Shakespeare Play House第5回公演「古楽朗読芝居 テンペスト」

作・演出:作:W.シェイクスピア 演出:ホースボーン由美
キャスト:朗読:東野遥 篁朋生 ダンス:岡田直樹 演奏:久保田潤子(バロックハープ) 金井孝之(バロックギター) 平松晶子(バロックヴァイオリン)
スタッフ:舞台監督 照明 音響:小柳津暁生 制作:渡辺優子


日時:7月21日(金)14:00 19:00 7月22日(土)13:30 18:00 7月23日(日)14:00
場所:『Shakespeare Tea House』小田急線『玉川学園前』下車北口徒歩7分
料金:前売り:アフタヌーンティー付き3500円(限定12席 マチネのみ) 観劇のみ2500円 当日:2500円


 東京にて、Shakespeare Play House第5回公演「古楽朗読芝居 テンペスト」が上演されます。
 「12年前、弟アントーニオの謀略によって大公の地位を奪われてミラノを追い出され、幼い娘のミランダと共に孤島に流れ着いたプロスペロー。彼はある日、復讐の為に身に付けた魔法を使って嵐をおこし、アントーニオとナポリ王アロンゾーら一行の乗った船を難破させて島に誘き寄せる。島の中では、ナポリ王の息子とミランダとの恋愛や王殺害の陰謀や、奴隷の反乱等様々な物語が繰り広げられるが、プロスペローはやがて復讐の空しさに気付き、かつての仇達を許す決意をする。
 Shakespeare Play House第5回公演は、"聴いて楽しんで頂くシェイクスピア"として『古楽朗読芝居テンペスト』を上演致します。シェイクスピア最後の作品と言われているファンタジックなロマンス劇を、シェイクスピア時代そのままの音楽の、古楽器による生演奏と、個性溢れる役者達の朗読芝居で存分にお楽しみ頂きたいと思います。皆様のお越しを心からお待ち致しております。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

日にちによって出演者が異なりますのでホームページをご覧になってご確認下さい。
Shakespeare Play Houseホームページ

(yumixさん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]