« 舞台『なつのロケット〜2025年、宇宙に行きたくてロケットを手作りしたボクらの手記〜』 | 演劇交差点トップページへ | Shakespeare Play House第5回公演「古楽朗読芝居 テンペスト」 »

2017年7月 7日

小池博史ブリッジプロジェクト汎アジア計画『戦いは終わったーマハーバーラタより』

演出・脚本・振付・構成 小池博史


日時:2017年
8月12日(土)19:00~ ☆公演終了後アフタートークあり
8月13日(日)14:00~
(開場は開演の30分前)
場所:パルテノン多摩 小ホール
(京王相模原線・小田急多摩線・多摩モノレール『多摩センター駅』徒歩5分)
料金:一般 3500 円 高校生以下 2000 円


 東京にて、小池博史ブリッジプロジェクト汎アジア計画『戦いは終わったーマハーバーラタより』が上演されます。
 「『マハーバーラタ』は、世界三大叙事詩の一つ。神々の子孫である一族がインドの地で興り、内部紛争を経て、最終的にはその勝者までもが滅亡の道を辿り、完全に一族が滅亡するまでを描いた物語。今年度描くのはこのうち、一族が滅亡を迎えるクルクシェートラの戦いから物語の結末まである。クルクシュートラにて勃発する戦いにおいて、それぞれの登場人物たちは悩み、苦しみ、止められぬサガを歩むが、その姿を通して戦いと平和の意味、そしていま私たちの直面する社会の行く末を問う。
 演出のコメント:私たちは私たちの時代と未来への責任を担わなければならない。西洋 型思考、指向性が破綻しつつある現在、アジアの連携はこれからの世界にとって非常に重要な鍵となってくるだろう。そこで『汎アジア』を想 定した動きを創るために本プロジェクトを企画した。」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、株式会社 サイ:TEL:03-3385-2066 Email:こちらのメールまで。

『戦いは終わったーマハーバーラタより』公式ホームページ

(粟津さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]