« 雑文6/6 | 演劇交差点トップページへ | 雑文6/8 »

2020年6月 6日

海市工房 俳優のためのワークショップ『役や戯曲と心で繋がる演技』

海市工房 俳優のためのワークショップ

『あの演技はどうして生まれたんだろう? 感動させる演技は一体どうすれば出来るのか?』そんな悩みを抱えている 俳優のために

日程:6月13日(土)、20日(土)午後3時~7時 
全2回 ※場所は新宿から20分ほどのスタジオです。
受講料:5.000円(書類選考あり) ※1回だけの参加をご希望の方はその旨、備考欄にお書き添えください。

海市(Kaishi)-工房では戯曲や役と心で繋がる表現を探求しています。WSでは戯曲のリーディング、欧米のメソードをもとにしたエクササイズやシーン創りの中から、"自分らしさの発見"と"想像力の開発"をめざします。講師を務める小松幸作は劇団結成以来全ての作品を演出、また、しゅう史奈はTV、映画等のシナリオライターとしても活躍中です。

<海市(Kaishi)-工房主な活動実績>
・1997年、小松幸作が演出し、しゅう史奈作品を上演する集団として結成。以後、下北沢を拠点に毎年オリジナル作品を上演する。
・『あめ時計』第1回AAF戯曲賞佳作受賞(しゅう史奈)
・『めらんこりあ~憂鬱な華~』第12回テアトロ新人戯曲賞、かながわ戯曲賞ノミネート
・『夜のキリン』第13回テアトロ新人戯曲賞佳作受賞 第12回下北沢演劇祭参加、
・『天使の梯子』若手演出家コンクール優秀賞受賞(小松幸作)

応募方法 プロフィール(※参照)に顔写真を添付してメールにてお申し込み下さい。確認後、詳細をご連絡します。
※プロフィール記載事項 [1]氏名(ふりがな)、[2]生年月日(年齢)、[3]住所、[4]電話、[5]携帯番号、[6]メールアドレス、[7]学歴と芸歴、[8]身長と体重、[9]応募動機
【宛先】海市(Kaishi)-工房 こちらのメール (0からが数字です)
上記のアドレスに直接か、HPの応募専用フォームからお申し込み下さい。2日以上たっても返信がない場合は送信トラブルの可能性があります。お手数ですが、メールにて再度お問い合わせください。

ホームページ(海市工房で検索)

※新型コロナ感染の状況によっては、延期となる可能性があります。ご了承ください。尚、当日は感染対策として手指消毒や体調チェックの上で行います。マスク着用など、できる限り感染回避できる状況での実施となります。


(井上さん、お知らせありがとうございます。)


| Category: [募集情報] [関東]