« 雑文2/26 | 演劇交差点トップページへ | シアターキューブリック結成20周年記念公演第一弾『幸せな孤独な薔薇』 »

2020年2月26日

らまのだ『優しい顔ぶれ』

【脚本】南出謙吾 
【演出】森田あや
【出演】松本みゆき(マチルダアパルトマン)、塩原俊之、竹井亮介、宮原奨伍(大人の麦茶)、吐山ゆん、板倉哲(青年劇場)、井上幸太郎、田崎小春、緒方晋(The Stone Age)


【日時】3月6日(金) 19:30
3月7日(土) 14:00/18:00
3月8日(日) 11:00/15:00
3月9日(月) 19:30
3月10日(火) 15:00/19:30
3月11日(水) 14:00/18:00
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。
※未就学児はご入場いただけません。
※上演時間約120分
【会場】下北沢OFF・OFFシアター
【一般発売日】2020年1月18日(金)22:00
【チケット取扱い】
・劇団窓口 カルテットオンライン
【チケット料金】(全席自由/税込) 一般...3,600円 U25...2,600円(当日要身分証提示) ※当日券は各400円増し


 東京にて、らまのだ『優しい顔ぶれ』が上演されます。
 「今回は、改憲戯曲。といっても声高に変えろ変えるなではなく、らまのだらしく、人間の精一杯の生きざまを、哀しく滑稽に差し出すのみです。どうぞ、気楽に。気楽に楽しい橋を渡っていただきながら、どんな景色を見せられるかが、わたしたちの仕事です。
 『麻酔みたいな』漠然とした将来への不安を抱え、男はがむしゃらに自立し武装する。男は、痛みを知らないのか、ただゆっくりとされるがまま暮らしている。女も、ときどきは、そうありたいと思うのだ。出演:松本みゆき(マチルダアパルトマン)、塩原俊之
 『あたらしいニュース』九条改憲の国民投票が迫り、特需に沸くネットメディア制作会社。だが、納品した記事に自衛隊からクレームがついた。ねつ造の疑いがかけられたのだ。代理店も巻き込み彼らはもはや風前の灯だ。出演:竹井亮介、宮原奨伍(大人の麦茶)、吐山ゆん、板倉哲(青年劇場)、井上幸太郎
 『優しい顔ぶれ』重篤な妻を献身的に看病する夫。だがその夫の献身は、夫の不倫相手の女の、我慢と配慮によって支えられている。妻がかつて参加していたデモ行進のシュプレヒコールは、はるか遠くに響くだけ。出演:緒方晋(The Stone Age)、田崎小春」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページ

(南出さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]