« アトリエファンファーレ東池袋 2019年5月よりオープン! | 演劇交差点トップページへ | 雑文9/20 »

2019年9月19日

劇団キンダースペース レパートリーシアター Vol.45「Dipped in Love〜愛につつまれて〜」

作/マーサ・B・ジョンソン 翻訳/淡野桃子 演出/原田一樹

【日程】2019年9月24日(火)~29日(日)
開演時間(開場は開演の30分前)
24(火)19:30 ○
25(水)19:30 ◎
26(木)14:00 ◎
26(木)18:30【アフタートーク】△
27(金)14:00 ○
27(金)19:30 ◎
28(土)14:00 ×
29(日)14:00 ○
◎かなりお席あります・歓迎! ○まだお席あります △まもなく満席 ×満席 
【チケット】 日時指定・自由席・要予約
前売券 3,000円<当日券3,300円> ペア券 5,700円(お二人でご入場の方) 他割引あり
【劇場】劇団キンダースペースアトリエ 048-255-4342
ご予約はこちらのメール

 東京にて、劇団キンダースペース レパートリーシアター Vol.45「Dipped in Love〜愛につつまれて〜」が上演されます。
 「6月公演『ウーマン・イン・マインド』はご好評をいただき、無事に千秋楽を迎えました。ありがとうございました。9月のアトリエ公演も女性が中心の舞台です。"Dipped in love"は、昨年4月にリーディング上演いたしました。作者のマーサ・B・ジョンソン氏は、共にミネソタ州ミネアポリスを拠点に活動する作家・プロデューサーのリック・シオミ氏と来日中で、アフタートークもあり、キンダースペースとその後交流を深め、今回はお二人の協力も得て一般の舞台劇として上演いたします。アメリカ、インド、日本を母国に持つ女性たちがそれぞれの育った環境や文化、価値観の違いを越えて理解し合い、結婚、家庭、育児、仕事の現場で突き当たる困難に、共に立ち向かっていく中で、人生において真に必要なものを感じていくストーリーです。作品には、シングルマザーや女性の社会進出、差別など現代社会の抱える問題が多く含まれています、が、同時にまた頑張る女性たちへの『癒し』となりエールともなる舞台です。小林もと果・深町麻子・榊原奈緒子が、日本、インド、アメリカを母国に持つ女性たちを。若手俳優、林修司・関戸滉生・宮西徹昌が、彼女たちを取り巻く人物を演じ、9/26(木)18:30の回、作者・演出家・俳優を交えたアフタートークも行います(28日の回は満席になってしまいました)。是非、皆様のご来場お待ち申し上げております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(瀬田さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]