« 雑文8/14 | 演劇交差点トップページへ | 雑文8/15 »

2019年8月14日

芸術文化振興基金助成事業 演劇集団ワンダーランド第47回公演『明星 与謝野鉄幹・晶子の道行き』

作・演出/竹内一郎
出演 小林達雄、森源次郎、倉多七与、山田健太、田中孝宗、江藤美南海、小川友暉、髙橋明日香、山田久海、半澤昇、田邊美貴、相川真穂、濱田晃成、千勢桐子、丹由美子
スタッフ
作曲 坂口 野花
舞台美術 多賀 慧
照明 今西 理恵(LEPUS)
衣装 佐々波 雅子
音響 小倉 益絋
舞台監督 小松明人(幻奏ボレロ)
イラストレーション 城芽ハヤト
協力 劇団俳優座 Pカンパニー オールスタッフ クィーンズアベニュー 
協力スタッフ 岡崎真弓
制作 浜田和美 中島直俊
主催 一般社団法人演劇集団ワンダーランド


会期 2019年10月17日 (木) ~ 20 (日)
会場 劇場MOMO
チケット料 日時指定・自由席 【発売日】2019/09/04
前売 3500円 当日 3800円 学生 2500円 公開ゲネ2800円(一律)
☆チケットお取り扱い 一般社団法人演劇集団ワンダーランド 電話03-3368-2481(FAX2487) メールはこちら
タイムテーブル
10月17日(木)14:00公開ゲネ/19:00
10月18日(金)14:00/19:00
10月19日(土)14:00/19:00
10月20日(日)14:00 
その他注意事項 受付開始は、開演の45分前。開場は開演の30分前。未就学児は入場不可。開演時間を過ぎますと入場をお待ちいただく場合がございます。開演5分前を過ぎますとキャンセル待ちのお客様を優先させていただく場合がございます。予めご了承ください。

 東京にて、芸術文化振興基金助成事業 演劇集団ワンダーランド第47回公演『明星 与謝野鉄幹・晶子の道行き』が上演されます。
 「お互いが太陽であり明星であった 晶子の歌は、社会主義者、反戦活動家、女性解放の闘士たち(平塚雷鳥など青鞜のグループ)は、もとより、すべての日本人に愛される。そして、現在でも長く愛唱されている。主義主張を超え、時代を超える日本歌壇の"明星"である。鉄幹は、ロマン派の理論は興したものの、まともな作品は残していない。妻・滝野の実家に金を借り、明星を出すと、新進の歌人、晶子、山川登美子と不倫。それ以後も女出入りは激しい。金にはだらしなく、会社の資金計画さえない。常にその場しのぎの借金頼みで、雑誌は廃刊続きである。見栄っ張りで、エキセントリック。苦境に立つと、資金もないのに衆院選に出て、一発逆転を狙ったりする(あえなく落選)。晶子の稼ぎに支えられた一生である。若い人には、不釣り合いに見える夫婦かもしれない。晶子は生涯に三度燃えるような恋をしている。三度とも相手は鉄幹である。晩年は二人仲良く、たびたび旅行をしている。この夫婦、不可解だろうか。一筋縄ではいかなかったが、同行二人。お互いがお互いの、明星であり太陽であった。これまで書かれた、二人の評伝からは大きな冒険をすることになるが、私は二人をとても素直で真っ直ぐな心根の持ち主として演出したいと考えている。(竹内一郎)」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 主催・お問い合わせは、一般社団法人演劇集団ワンダーランド:電話03-3368-2481(FAX2487)、またはこちらのメールまで。

演劇集団ワンダーランドホームページ


(浜田さん、お知らせありがとうございます。)


| Category: [公演案内] [関東]