« 雲南市演劇によるまちづくりプロジェクト実行委員会「KIRINJI 新説・山中鹿介」 | 演劇交差点トップページへ | 座・市民劇場 ★4月稽古スタートメンバー募集★ »

2019年2月28日

【女優・真瀬樹里 殺陣ワークショップ第二弾】応募受付中!

【女優・真瀬樹里 殺陣ワークショップ第二弾】開催決定!
<講義詳細>
『ハリウッドも認めた、日本屈指の殺陣スペシャリスト・真瀬樹里のWSが再び!』好評につき、女優・真瀬樹里による本格的殺陣ワークショップ第二弾の開催が決定しました!昨年末に真瀬が開催した初の殺陣WSでは、初心者には殺陣の基礎から、経験者には深い知識や細かい技術まで、丁寧に、時には厳しく教え込み、最後には生徒全員で立ち廻りを披露するレベルまでに持っていきました。役者を続けるということは、様々な役に真摯に向き合っていくことです。役者はあらゆる体験、あるゆる知識を得なければなりません。このWSで殺陣を通じて、所作や意識の向き合い方も学んでいただけると確信しています。

<稽古スケジュール>
2019年3月3日(日) 17:00~21:00
7日(木) 17:00~21:00
10日(日)17:00~21:00
14日(木)17:00~21:00
<稽古内容> 前半2日は主に基本稽古、後半2日は立ち廻りをメインに行います。基本稽古は所作、型、立ち廻りの基本、絡みの基本、斬り手の基本など。立ち廻りはグループに分かれて、それぞれ一本ずつ殺陣を作る予定です。

<講師プロフィール>真瀬樹里(まなせじゅり)
日本大学芸術学部に在学中、殺陣同志会に4年間在籍し、殺陣を学ぶ。千葉真一を父に、野際陽子を母に持つ真瀬樹里は、1994年に映画デビューし、数々のテレビドラマ、映画、舞台などで活躍。2004年には、クエンティン・タランティーノ監督の映画『キル・ビルVOL.1』に出演し、殺陣指導も行うなど映画のアクションシーンに貢献。2007年の大河ドラマ『風林火山』では、真田家の忍びを好演し、数多いる日本の女優とは一線を画す殺陣の技術を絶賛される。2017年10月にスタートした、テレビ朝日帯ドラマ劇場『トットちゃん!』では、母である野際陽子さん役として出演したことが話題に。2018年5月21日には、初の著書『母、野際陽子 81年のシナリオ』を発売。
<講師コメント>殺陣とは、命のやり取りを表現する究極の芝居である。私はそう思っています。一手一手はセリフであり、手と手の間は行間であり、その全てに芯と絡み、絡み同士の心のキャッチボールがある。その全てにドラマがある。それを表現できないと、ただ振り付けを覚えて、動き、合わせるだけの踊りになってしまう。それではつまらない。そしてそれを思う通りに表現できるようになる為には、相当な肉体と技術の訓練が必要なのです。殺陣はスポーツではありません。殺陣はお芝居です。それを"やりたい"と思える方のご参加をお待ちしております。前回、初のワークショップでは私自身にも沢山の学びがあり、今回は前回の経験も活かし、より実りのある稽古を出来ればと思っております。初心者がたった4日間で立ち廻りを作るのはかなり大変な事ですが、皆さんが充実感を持って終われるよう、私も努めたいと思います。経験者には、経験者のみのクラスも用意し、よりクオリティーの高い立ち廻りを作ってみたいと考えています。皆さんと密度の濃い時間を過ごせる事を楽しみにしております。

<稽古回数>全4回 ※全日程ご参加いただける方のみご応募を受け付けます
<場所>【テンカトル】 住所:東京都練馬区西大泉1-27-39 電話:03-5935-9844
<参加費> 全4回 30,000円(税込み) ※袴、木刀、帯レンタルされる方はクリーニング代1,000円頂きます。
<定員>最大12名
【応募条件】16歳以上のプロ、アマを問わず、俳優。または俳優以外も大歓迎です。※全4日間ご参加いただける方のみ受け付けております
<申し込み方法>申し込みフォームに必要事項をご記入いただいた後、ご記載のメールアドレスに返信させていただきます。※定数に達した場合は書類選考の上、合否及び入金のご案内をお知らせ致します 入金後、WSに関する詳細のご連絡を差し上げます。

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]