« Anicy ワークショップ | 演劇交差点トップページへ | ミュージカル座公演『何処へ行く』キャスト募集オーディション »

2018年11月 6日

KUROGOKU【伊達謙一(劇団SHOW特急)演出】『鈍色のヘルメット』出演者募集!! 出演料あり、ノルマなし

【伊達謙一(劇団SHOW特急)演出】『鈍色のヘルメット』出演者募集!! 出演料あり、ノルマなし!!
2019年2月20日(水)~24日(日)上演予定の、KUROGOKUプロデュース×伊達謙一(劇団SHOW特急)演出による舞台『鈍色(にびいろ)のヘルメット』の出演者を募集しています。

【公演概要】KUROGOKUでは、昨年より『俳優名鑑』という"俳優の育成・鍛錬"を目的とした企画を立ち上げ、これまで主に2人芝居、3人芝居といった少人数による舞台を企画・制作してきました。この度、約1年振りとなる次回公演は、昨年11月に上演し好評を博した、『俳優名鑑vol.3 第一部:鈍色のヘルメット / 第二部:国敗れて』の2本の短篇を、1本の長篇作品として再構築して上演する予定です。最新作『旋風峠の仇討ち』で、本年度の池袋演劇祭【大賞(最優秀賞)】を受賞した『劇団SHOW特急』の伊達謙一による受賞後初演出作品となります。
【あらすじ】今から約半世紀前、1968年~1969年の日本。日大闘争から始まり、瞬く間に全国に拡大していった、いわゆる『全共闘運動』は、東大生たちによる東大安田講堂籠城事件でその頂点を迎える。1969年1月19日、安田講堂陥落の前夜を舞台に、当時を生きた若者たちの生き様を描いた群像劇。

【演出】伊達謙一(劇団SHOW特急)
【プロデューサー】黒柳安弘(KUROGOKU)
【公演日程】2019年2月20日(水)~2月24日(日)までの5日間全7~8ステージを予定
【劇場】中板橋 新生館スタジオ
【稽古日程】12月に顔合わせ及び脚本作成に向けてのプレ稽古、1月上旬より本格的に稽古開始(全15~18回程度を予定)。基本週2~3回(昼夜)、公演の前週は週5回程度を予定。稽古は基本的に板橋区内、または豊島区内の公共施設にて行います。
※稽古の進捗状況により追加・変更の場合あり
12月7日(金) 13:00~17:00 顔合わせ、プレ稽古
12月13日(木) 18:30~21:30 プレ稽古
12月20(木) 18:30~21:30 プレ稽古

【募集要項】
18~35歳くらいまでの男女。10~12名予定(経験不問)
※ 出演料支給、チケットバックあり
※ 養成所・プロダクション等に所属されている方は事前に許可を得て下さい。
◎出演料:\5,000
◎チケットバック 1~10枚 1枚につき\200バック 11~20枚 1枚につき\300バック 21枚~30枚 1枚につき\500バック 31枚~ 1枚につき\1,000バック ※チケット料金は\2,800(前売)を予定
【面接日時】
11月25日(日)、26(月)、27日(火)の下記時間帯のうちいづれか(30分程度)
16:00~ 17:00~ 19:00~ 20:00~ 21:00~ 
※ 上記の時間・日程で都合がつかない場合、可能であれば調整いたします。
※ 前回公演の台本を使用した読み合わせなどもさせて頂く予定です。
【面接会場】新生館アトリエ 〒173-0016 板橋区中板橋25-14

【応募方法】[1] 名前(所属団体などあれば) [2] 年齢、性別 [3] プロフィール(芸歴などあれば) [4] プロフィール写真(全身、バストアップ) [5] 連絡先(電話番号、メールアドレス) [6] 参加可能な面接日時(※出来れば複数)
上記の内容をご記入の上、件名を『出演者募集の件』とし、こちらのメールまでメールにてお送りください。
【応募締切】11月24日(土)まで

《演出紹介》
・伊達謙一 劇団SHOW特急 主宰/演出家・脚本家・俳優 2012年に『劇団SHOW特急』を旗揚げし、以降全作品の脚本・演出を手掛ける。2015年に上演した、第七回公演『真田十勇伝 2015』で、第27回池袋演劇祭【としまテレビ賞】【CM大会最優秀賞】を受賞。また、今年9月に上演した、第11回公演『旋風峠の仇討ち』で、第30回池袋演劇祭【大賞(最優秀賞)】を受賞する。そのほか他団体への脚本提供、演出なども行なっている。パワフルな舞台演出で、メッセージ性溢れるエンターテインメント作品を作り続けている。
【企画・制作】KUROGOKU E-mail:こちらのメール Twitter CoRichページ
劇団SHOW特急 Twitter CoRichページ

たくさんのご応募お待ちしております!!

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]