« 雑文11/12 | 演劇交差点トップページへ | 劇団暴創族2019年4月公演 出演者オーディション »

2018年11月12日

Art-Loving チェーホフ短編作品ワークショップ&オーディション『熊』『結婚申し込み』(2018年12月31日締め切り)

Art-Lovingは 『演劇をとおして生きる力~つくる・はぐくむ』カンパニーです。再始動第一弾として、チェーホフ短編作品ワークショップ&オーディション第一弾を2019年1月に都内にて開催します。
『熊』『結婚申し込み』二作品のワークショップを二週に分けて行います。戯曲解釈から即興実演までを行い、公演までたどり着ける俳優達と巡り合えた場合は、2019年12月都内劇場にて上演します。

2019年1月7日(月)~11日(金)全5日間『熊』
2019年1月21日(月)~25日(金)全5日間『結婚申し込み』
定員:10名(各作品とも)
場所:恵比寿スペース29(JR恵比寿駅下車徒歩7分)
早割料金:12,500円(税抜)11月30日(金)まで!
通常料金:15,000円(税抜)

お申込み締め切り:2019年12月31日(月)まで。定員に達した時点で締め切りとさせて頂きます。
*『熊』、『結婚申し込み』両作品に参加の場合は、倍の料金となります。
*5日間フルに参加出来なくてもご参加頂けます。またオーディションを希望せずワークショップだけの方も参加可能です。オーディションを希望の方は、全5日間ご参加下さい。尚、公演にたどり着ける俳優達と巡り合えた場合は、2019年12月上旬に公演を行います(出演ギャランティー有・上演には一定の条件あり)
*お申込みの際は、所属劇団・所属事務所に事前許可を取ってから参加頂きますよう、お願い致します。

【ワークショップ講師:まんぼ(Art-Loving代表】
1979年7月13日東京都生まれ(39歳)16歳の時に、世界的演出家ピーター・ブルック氏の共同研究者であるワダ・ユタカ氏(パリ国立高等演劇院教授)が開校した演劇学校に入学し、スタニスラフスキーシステムをベースとした即興劇による教授法を5年間体系的に学ぶ。その間、リュディガー・フォルクマー(ヨーロッパ演劇研究所)、エレーナ・ドルギナ(ロシア国立青少年劇場演出家)、ナターリャ・ペトローワ(ロシア国立シェープキン演劇大学教授)、アレクサンドル・ブルドンスキー(ロシア国立中央アカデミー劇場芸術監督)らに師事。5年間の教育期間中、2年間英国、イタリアにて演劇留学。卒業後は、劇団員となり公演活動を5年間行った。2007年より慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 高橋秀明特任教授と共に『即興劇でイノベーションを学ぶ』と題した講義、ワークショップを湘南藤沢及び三田キャンパス内で10年間開催した。一般社団法人『国際経営者協会』にて経営者を対象とした同様のワークショップを開催し、2012年ベストプログラム賞を受賞。この他にも演出、台本脚色、ワークショップ多数。また2008年~2015年までフランスワインのインポートビジネスも展開した。2019年1月より演劇をとおして生きる力~はぐくむ・つくるカンパニー、Art-Loving代表を務める。
【主な演出作品】
2008年 『ワーニャ伯父さん』ラゾーナ川崎プラザソル
2009年 『かもめ』ラゾーナ川崎プラザソル
2012年 『セイム・タイム・ネクストイヤー』APOCシアター
2012年 『桜の園』ラゾーナ川崎プラザソル
2015年 『煙が目にしみる』川崎H&Bシアター
2016年 『親の顔が見たい』川崎H&Bシアター
2016年 『Collected Stories~短編集~』ラゾーナ川崎プラザソル
2016年 『ブンナよ、木からおりてこい』多摩市民館ホール
2016年 『熊』恵比寿スペース29
2017年 『結婚申し込み』恵比寿スペース29

お問合せ・お申込み:こちらのメールまでご連絡下さい。お申込みいただいた方は、お手続きの流れをご説明させて頂きます。
Art-Loving~演劇をとおして生きる力をつくる・はぐくむ~ Facebook twitter


(お知らせありがとうございます。)


| Category: [募集情報] [関東]