« 雑文9/1 | 演劇交差点トップページへ | 劇団スリークウォーター 【社会人劇団・土曜日のみワークショップ】9/15から開催!1回から参加可能。来年3月には参加者による公演も!【経験不問】 »

2018年9月 1日

劇団東京イボンヌ、第13回本公演『モルディブの星』出演者募集

劇団東京イボンヌは第13回本公演、『モルディブの星』の上演に際し、出演俳優を募集します。

~劇団東京イボンヌとは~
クラシックと演劇の融合をコンセプトに、切なさや儚さの美学を演劇で表現する集団です。2007年に旗揚げし、12回の本公演と3回の企画公演を行ってきました。2年間活動を休んできましたが、残りの人生を再び演劇とともに生きようと決めて、この度、再始動します。そこで、ワークショップオーディションを開催いたします。はじめましての方々、まだ見ぬ沢山の方々にお会いできることを楽しみにしております。経験は問いません。インスピレーションでピンと来たらご応募ください。

【公演概要】劇団東京イボンヌ第13回公演 『モルディブの星』 作・演出/福島真也
公演日時:2019年1月28日~2019年2日3日 ステージ数:10ステージ前後
会場:木星劇場

今作『モルディブの星』は第二回公演『ブレス』をリメイクした作品になります。初演は、2008年に新宿村LIVEで上演しました。※今回は木星劇場という空間を生かしながら、人間の欲と業に焦点を当て、強くしたたかで醜く美しい『人間模様』を描きたいと思っています。劇団東京イボンヌは常々クラシックと演劇を標榜していますが、この作品には作曲家は出てこず、現代の日本、モルディブの日常で起こる男女の愛憎劇、人間劇になります。劇中の音楽はクラシック音楽になりますが、生演奏にするかは検討中の段階です。
【募集する役】
計7名の男女。
田中布美 ヒロイン
吉行泰彦 東京から転勤で来たサラリーマン
神野亜紀 布美の妹
田中裕也 布美の夫
深川ひろみ 宇都宮の餃子屋
明知真之助 モルディブのスキューバのインストラクター
堀良一 BARのマスター
【稽古期間】12月中旬からスタート。週3日(土日含む)。本番1週間前から集中稽古。計20日程度。
【応募条件】・22歳以上の男女。(自称) ・演技経験不問。
【ギャランティ】ギャラあり、若干のチケット販売ノルマあり、チケットバックあり。(応相談)

【ワークショップオーディション】
場所:都心公共施設
参加費:1500円 
受付期間:定員に達し次第締め切ります。
日時:下記からお選びください。(第3希望までお願いいたします)
A 9月22日 (土) 18:30 ~ 22:00
B 9月29日 (土) 13:30 ~ 17:00、
C 9月29日(土)18:30 ~ 22:00
D 10月7日 (日) 13:30 ~ 17:00 
E 10月7日(日)18:30 ~ 22:00
F 10月17日 (水) 13:30 ~ 17:00
G 10月24日 (水) 13:30 ~ 17:00
【応募方法】下記1~10をご記入の上こちらのメールまでメールをお願いいたします。件名を『モルディブの星、募集の件』と表記してください。
1、名前 (芸名) 2、写真 3、生年月日、年齢、身長、体重 4、所属(あればで結構です。ご所属先の了解を得てからのご応募をお願いいたします) 5、連絡先携帯番号とメールアドレス (オーディション用の台本をお送りしますので、データが見られるものでお願いいたします) 6、経歴 7、特技/趣味 8、希望オーディション日時 (第3希望まで) 9、応募の動機 10、最後に一言
【選考方法】メールにて書類選考を行い、通過した方には詳細をご連絡いたします。

【あらすじ】(初演時の劇評からの転載です。世界観の参考までに)
突然女の前に颯爽と現れたクールな転勤者。やがて二人はお互いに惹き合い、ただならぬ仲となる。自分には優しいけど何となく頼りない夫と、欲しくてたまらなかった自分自身の子供。ぬくもりのある家庭は居心地いいけど、どことなく物足らない・・。やがて禁じられた愛とわかっていながら、家庭を捨てて男との逃避に気持ちは傾く・・。一方で女は、南海の楽園モルディブに一人でしばしば訪れる。抜けるような青空、エメラルド色に輝く海。そこには国内の愛憎もしがらみもなく、開放感溢れる空間が広がっている。窒息しそうな自身をブレスして蘇生させてくれる異国の地。人間とは何とも欲張りで勝手な生き物だ。目の前に現れた異性とのめくるめく情熱的な恋も、居心地良い家庭も捨てたくない。決して両立できないことは理性ではわかっていても、二兎を追いかけたい。そして、何もかも忘れ癒される楽園でのひと時・・。一方主役の二人だけでなく、様々な愛憎に生きる身近なカップルも断片的に描かれる。モルディブというのが自由と開放感を象徴しているようで何とも印象的。人間に生じるあらゆる煩悩とそこからの解脱。全編を紡ぐ音楽が素晴らしい・・。普段顧みない様々なことに、自分自身の思いを巡らされるような、そんな風にも思った。

劇団東京イボンヌの過去の活動内容などは下記をご参考ください。
過去公演動画:YouTube
劇団東京イボンヌホームページ 劇団facebookページ
【直近の5公演】
・第12回公演『酔いどれシューベルト』2016年11月15日-18日@ムーブ町屋 脚本:福島真也 演出:ブラジリィー・アン・山田 主演:いしだ壱成
・第11回公演『ドヴォルザークの新世界』2016年6月7日-10日@荏原ひらつかホール 脚本:佐々木圭嗣 演出:為国孝和 主演:なだぎ武 山田菜々
・第3回企画公演『コンサートと無伴奏』2015年3月28日-23日@北とぴあ 脚本、演出:福島真也 
・第10回公演『モーツァルトとマリー・アントワネット』2015年12月8日-10日@荏原ひらつかホール 脚本、演出:福島真也 主演:宮地真緒、石井康太
・第9回公演『俺の兄貴はブラームス』2015年6月3日-5日@荏原ひらつかホール 脚本、演出:福島真也 主演:いしだ壱成
【劇団東京イボンヌお問合せ】こちらのメール


(お知らせありがとうございます。)


| Category: [募集情報] [関東]