« 雑文7/20 | 演劇交差点トップページへ | 兵庫県立尼崎青少年創造劇場〈ピッコロシアター〉【8/11(土祝)午後3時30分開演】ピッコロシアター開館40周年/兵庫県政150周年 記念シンポジウム『地域と劇場の新たな関係を探る』 »

2018年7月20日

一心寺シアター倶楽×おうさか学生演劇祭×劇団壱劇屋 協同プロデュース公演『さよなら竜馬』

作・演出:脚本:マキノノゾミ 脚色・演出:大熊隆太郎(劇団壱劇屋)
キャスト:田中穂先(柿喰う客) 福冨宝(劇想からまわりえっちゃん) 小林嵩平 岡村圭輔 井立天 柏木明日香 湯浅春枝 高安智美(以上 劇団壱劇屋) おがわひろと 梶原汰一 川崎千潤 国本クイナ こやまももか 斉藤ひかり 酒井未波 シーサー裕富 丈野瑞歩 神道拓也 中川誠志郎 永尾圭司 松尾諒 松田翔 涼月優香
スタッフ:舞台監督:hige(BS-II) 音響:椎名晃嗣(劇団飛び道具) 照明:岩元さやか(campana) 殺陣:劇団壱劇屋 殺陣指導協力:小坂和雄(たてびと) 衣装協力:真紅組・本若 方言指導:キャンディー( 華舞衆 彩り華) 撮影:飯阪宗麻(NOLCA SOLCA Film) スチール撮影:河西沙織(劇団壱劇屋) イラスト提供:石渡治 宣伝美術:立花裕介 制作:渡辺大(Limited_Spice)森山博仁


日時:2018年9月27日(木)~2018年9月30日(日)6ステ 9月27日(木)19:00 9月28日(金)14:00/19:00 9月29日(土)14:00/19:00 9月30日(日)14:00
場所:【会場】一心寺シアター倶楽 〒543-0062 大阪市天王寺区逢阪2-6-13 B1F
料金:一般前売3,000円・一般当日3,500円 学生前売2,000円 学生当日2,500円(全席自由 日時指定券)


 大阪にて、一心寺シアター倶楽×おうさか学生演劇祭×劇団壱劇屋 協同プロデュース公演『さよなら竜馬』が上演されます。
 「寛永六年(1853年)黒船が来航。それまで鎖国していた江戸幕府は、外国の力に恐れをなしてあっさり開国。そんな及び腰の幕府に危機感を持った各地の武士たちが京都に集結。天皇に直談判するためです。この対幕府運動が尊皇攘夷(そんのうじょうい)。今回登場する西郷隆盛、大久保一蔵、桂小五郎などはその人たち。この攘夷派を取り締まるのが、田舎侍の集まりの新撰組。副長鬼の土方歳三、1番隊隊長沖田総司など。さらに取り締まりを強化するべく、集められたのが幕府直轄エリート集団の見廻組。組頭は佐々木唯三郎。そんな国内外が慌ただしい幕末に、攘夷派を束ねて新しい時代を作ろうと奔走していたのが坂本竜馬。同郷の中岡慎太郎は単細胞で喧嘩っ早い。桂は愚痴ばかりの引っ込み思案。そして西郷はボケてしまった⁉さあ、幕末最強の仲間たちと、激動の時代を突き進む愛と友情の娯楽時代劇が始まる。そして1867年(慶応三年)十一月十五日。坂本竜馬、暗殺の日が刻々と迫る。
 『HAPPYMAN3 さよなら竜馬』。1990年初演。会場は大阪梅田阪急ファイブ・オレンジルーム。この28年前の作品を『おうさか学生演劇祭』初プロデュース公演として上演。オープニングからラストまで全編見せ場!竜馬を中心とする幕末激動の時代を生きた熱き男たちと、それを優しく見守る女たちの台詞一つ一つが心に刺さる、涙と笑いと感動の物語。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(森山さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [近畿]