« ライブドッグ【6/4締切】作演出:久保田唱(ボクラ団義)、8月新宿村LIVE、GIRLS舞台『エデンの空に降りゆく星唄』 | 演劇交差点トップページへ | 雑文5/7 »

2018年5月 6日

シアターキューブリックローカル鉄道演劇ver.7 『銚電スリーナイン ~Return to the Roots~』

作・演出:緑川憲仁
キャスト:ほしあいめみ 高橋茉琴 片山耀将 谷口礼子  奥山静香 千田剛士 榎本悟 ささきくみこ
スタッフ:音楽 オオゼキタク 宣伝美術・ヘッドマークデザイン 廣神法子 宣伝写真・舞台写真 宮内敏行 WEBデザイン 岡下明宏 衣裳 パンダ舎 協力 向後功作(総務省地域力創造アドバイザー) 制作協力 神崎ゆい(ゆめいろちょうちょ)、岩上巧、シアターキューブリック制作サポートチーム 製作 一般社団法人シアターキューブリック
7月16日のみ歌・演奏の出演はオオゼキタクではありません。ご了承ください。


日時:7月14日(土) 1便 11:07~13:22/2便 15:00~17:27 7月15日(日) 1便 11:07~13:22/2便 15:00~17:27 7月16日(月・祝) 1便 11:07~13:22/2便 15:00~17:27 7月22日(日) 1便 11:07~13:22/2便 15:00~17:27 7月28日(土) 1便 11:07~13:22/2便 15:00~17:27 7月29日(日) 1便 11:07~13:22/2便 15:00~17:27
場所:銚子電鉄列車内&終点・外川(とかわ)のまち <千葉県銚子市> アクセス
料金:4,500円(運賃込み、特別硬券) 一般前売り券発売: 2018年5月19日(土) 10:00~ *当日券は前売りが完売していない場合のみ発売いたします。 シアターキューブリックHPにて告知いたします。 *上演中の車両に未就学児のご乗車はできません。

【チケット(乗車券)に関する注意事項】
■ご予約後のチケットのキャンセル・払い戻しはお受けできません。
■荒天、天災が生じ、運行ができなくなった場合は、オフィシャルホームページにてお伝えします。
公演中止となった便(ステージ)のチケットは払い戻しをいたします。
方法につきましては、公演月末日までにオフィシャルページにて公開いたします。
■チケット発送は6月上旬を予定しております。
■チケットの転売・営利を目的としたお申込みは固くお断りさせて頂きます。
■記載されている出演者情報は2018年5月現在の予定です。
やむを得ない事情により変更になる可能性がございます。ご了承ください。

【ご乗車に関する注意事項】
■座席は『整理番号付自由席』となっております。ご乗車の際は整理番号順にご乗車いただきます。
■上演中の車両に未就学児のご乗車はできません。ご了承ください。
■お酒を召されたことがわかる状態での観劇、列車内における飲食、喫煙はご遠慮ください。
■車内でのお帽子は他の方の視界を妨げますのでつばのないものか、お取りいただくようお願いいたします。
■上演車内での写真撮影、録画、録音などは一切禁止させていただきます。

 千葉にて、シアターキューブリックローカル鉄道演劇ver.7 『銚電スリーナイン ~Return to the Roots~』が上演されます。
 「昭和27年、銚子電鉄ラストランの夏、おそらくそれはフィクションであり、もしかするとフィクションではないかも知れないものがたり。
 『演劇のチカラで街を遊園地に!』。いま、劇団の柱となっているこのキーワード。おもえば、銚子電鉄での『走る劇場』の経験が誕生のきっかけだ。日本初、もしかすると世界初のローカル鉄道列車内での演劇。お客さんだけではなく、僕ら自身も人生初の体験だった。太平洋に向かって突き出た地形の銚子には、地球が丸く見える展望台がある。10年前、僕らはこの場所で、まさに地球の大きさ、世界の広さを学んだ。決まりごとのように、都会の劇場で役者を集め芝居を創るルーティン。その楽しさや大変さは、しばしば僕らを陶酔させる麻薬になるけれど、僕らはもう、広い世界へ向かって走る演劇をやってしまった。この場所は、僕らのルーツ。ここから再び、道なき未知への挑戦が始まろうとしている。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


シアターキューブリックホームページ


(奥山さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]