« やまと芸術文化ホール『私たちのやまと物語』 出演オーディション参加者募集 | 演劇交差点トップページへ | 三ランポリン4アター旗揚げ公演『狂乱のSingたち』 »

2018年2月 1日

青年座「砂塵のニケ」

作・演出:作 長田育恵 演出 宮田慶子
キャスト:山野史人、横堀悦夫、綱島郷太郎、松川真也、久留飛雄己、増子倭文江、野々村のん、那須凜、清瀬ひかり


<公演日>2018年3月23日(金)~31日(土)
<開演時間>14時=24日、25日、26日、28日、29日、31日
19時=23日、27日、29日、30日
<チケット料金> 一般4500円/U25(25歳以下)3000円/初日割3000円(全席指定)
<会場>青年座劇場

 東京の劇団青年座が、公演「砂塵のニケ」を上演いたします。
 「ある日、美術修復家の緒川理沙は、ある絵画の修復を手掛けることになった。それはパリの風景を描いた一枚の絵。夭折した天才画家加賀谷直人が遺したものだ。修復とは、時代を遡って過去の痕跡をたどり、創作の原点を明らかにすること。理沙は、手掛かりとなるその景色を求めてパリへと飛び立ったのだった―。一枚の絵が『過去』と『現代』を結び、『親』と『子』をつなぐ。親が子に託すもの、親から子が受け継ぐもの、そして未来に渡すもの...。悠久の時の流れの中、二つの世代を旅しながら、現代に生きる一人の女性が自らの存在理由を探る。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、青年座 03-5478-8571 こちらのメールまで。


青年座ホームページ


(お知らせありがとうございます。)


| Category: [公演案内] [関東]