« 劇団ふぁんハウス 第33回公演『ふきのとう物語in 板橋』 | 演劇交差点トップページへ | 雑文12/16 »

2017年12月15日

犬と串「ピクチャー・オブ・レジスタンス」

作・演出:モラル
キャスト:藤尾勘太郎(犬と串)、山中健太、山中翔太、板倉武志(犬と串)、満間昂平(犬と串)、ホリユウキ(犬と串)、萩原達郎(犬と串)、奥田努(StudioLife)、綾乃彩、佐河ゆい、青木絵璃、佐藤有香、藤田晋之介、ブラダ、星元裕月

日時:2月21日(水) 19:00 2月22日(木) 19:00 2月23日(金) 14:00/19:00 2月24日(土) 13:00/18:00 2月25日(日) 14:00
場所:恵比寿・エコー劇場(恵比寿駅 徒歩5分)
料金:S席:6000円 A席:4500円

 東京の劇団犬と串が、公演「ピクチャー・オブ・レジスタンス」を上演いたします。
 「驚異的なスピードで、流行が移り変わる近未来...。軽薄過ぎる時代に立ち向かう、『絵画』に関わる人間たちがいた。近未来―そこは世界が長期の不景気を脱し、かつてない好景気に沸く時代だった。また、急速に発展した科学技術によって、超高性能のアンドロイドが一家に一台所有され、『道具』を超えた『友人』となっている時代でもあった。時間と資産を持て余した人類は、驚異的なスピードで移り変わる流行を、熱狂的に追うようになる。そんな中、他の芸術と同じく、『絵画』もまた、日々違うものが持て囃され、べらぼうな価格がつけられていくのであった。アンドロイドと共に歩むこの世界の在り方を、誰しも疑っていなかった。一枚の絵が、白日の下に晒されるまでは。画商、画家、科学者、アンドロイド...絵を巡る様々な意図が交錯し、やがて世界を変えるほどの、大きなうねりとなる。果たして人類は、自らの手に『流行』を取り戻せるのか?バブリーでサイバーな世界観で描かれる、情熱の物語をお見逃しなく!!犬と串結成10周年記念公演」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。 
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


犬と串ホームページ

(にしむらさん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]