« 声とことばの磯貝メソッド 11/19 秋冬ワークショップ・コレクション No.2『雅をこなす・第二段』 | 演劇交差点トップページへ | SPIRAL MOON設立20周年記念公演 板橋ビューネ参加作品『みごとな女』 »

2017年10月19日

CEDAR Produce vol.2「胎内」

作・演出:作:三好十郎 演出:松森望宏
キャスト:北野雄大 円地晶子 桧山征翔(CEDAR) 室屋翔平 瀬戸さおり 尾尻征大(CEDAR)


日時:2017年12月20日(水)~25日(月)
場所:SPACE 梟門 最寄駅:新宿三丁目
料金:前売り:3.800円 当日:4.000円

 東京にて、CEDAR Produce vol.2「胎内」が上演されます。
 「生きること、愛することを圧倒的な筆致で描き続けた劇作家 三好十郎 防空壕跡のなかに閉じ込められた、金と欲にまみれた都会の男と女、そして不気味な元兵士の男の三人。脱出するわずかな望みも薄れてゆくなか、死を予感しながら極限状態に追い込まれる三人が、それぞれに語り出す物語は、そして彼らの結末は......。人間の本質と激しい葛藤を描く三好十郎円熟期の作品で、生と死の意味を問いかける凄まじいドラマをお送りします。
 本公演は2012年6月に英国シェフィールド国際演劇祭(International Student Drama Festival)において、最優秀演出家賞(松森望宏)・演技賞(北野雄大/円地晶子/今井聡)・音響賞(樋口亜弓)を獲得した作品のリニューアル上演です。フェスティバルでは、イギリス国内の10団体による公演および200以上のワークショップに加え、審査員による選考を経て世界中から選ばれた10団体が招聘され、特別公演を行いました。『胎内』はアジアからの唯一の招聘公演で、劇評では『この作品は第二次世界大戦から4年後に書かれたものだが、2011年日本を襲った大惨事も想起させる』、『この作品には、生き残ること、"人間"として存在することの学びがある』と評価されました。
 今回CEDARがお迎えしたのは2012年英国シェフィールド演劇祭で俳優賞を受賞された北野雄大(花岡役)、無名塾の女優で同じくシェフィールド演劇祭俳優賞受賞の円地晶子(村子役)、2016年紀里谷和明監督の『ハムレット』で主役ハムレットを演じ話題を呼んだ室屋翔平(花岡役)、そしてドラマに映画・舞台と近年活躍めざましい瀬戸さおり(村子役)。人間のあり方、その脆さを痛烈に暴き出し、観る者の心に直接響かせる舞台は必見。どうぞご期待ください。本公演はダブルキャストにてお送り致します。さらに、東京公演の前に盛岡での公演も予定しております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ

(松森さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]