« 雑文4/20 | 演劇交差点トップページへ | 雑文4/21 »

2020年4月20日

シネマプロデュース・オンライン映像俳優養成講座

シネマプロデュース・オンライン映像俳優養成講座

映像俳優養成講座をスタートさせます。
古今東西、俳優を目指す人の数はとても多くいます。どうしたら映画やテレビで俳優になれるかということをコンセプトにした講座です。講師は俳優で200作品以上出演した加藤純平が担当いたします。ウィキペディアをご覧ください。
この業界はプロダクションに所属したからテレビや映画にエキストラ以外で出演できるものではありません。また、ワークショップに参加=出演というものでもありません。訓練積んだ人がキャスティング権ある人にきちんとアピール出来て認められて初めてチャンスに恵まれます。そのために身につけなければいけないスキルの一部分を朗読などで補っていきながら業界の構図などもしっかりレクチャーしていきます。ズームによるマンツーマンの講座です。時間は1人30分(初回のみ40分)です。尚、今までシネマプロデュースのワークショップ受講されたことがある方は初回のみ無料といたします。新規の方に関しては1,2回同時申込みにて受付したら2回目を無料とします。

【テーマ】映像俳優目指す人に必要なスキルアップとどうしたらキャスティングされる俳優になれるかの講義
【申込み方法】シネマプロデュース03-5431-3715(平日9~18時)電話
[1]名前、年齢、性別、演技未経験者かどうかをその時、お知らせください。
[2]シネマプロデュースへメールをお願いします。Gメールかパソコンメールお願いします。
[3]1回目の受講日の時間を決めます。
振込確認後にテキスト送信しますので勉強しておいてください。受講料は1回3,500円です
振込先 三菱UFJ銀行、三軒茶屋支店、普通、0250140 名義 シネマプロデュース加藤
[4]事前にズームのアプリをダウンロードしてサインインしておいてください。
受講日当日その日の開始10分前よりズームスタンバイいたします。
[5]1回目の講義終了後、新規の方は2回目(無料)の日程と時間決めていただきます。受講2回目を受講されたくない方はそのまま終了させていただきます。
13時30分スタートを予定。

【講義内容】 朗読が中心に進めていきます。自己紹介のやり方、プロフィールの作り方、プロダクション選ぶ方法、日々の訓練方法、業界の仕組み、俳優の役目、映画やテレビの見方、ワークショップからキャスティングされるにはどうしたら良いかなど多岐に渡って行います ※演技未経験者でも大歓迎です

加藤純平略歴 松竹映画『土佐の一本釣り』で全国一般応募のオーディションで主演デビュー。その後、『はね駒』(NHK)、水戸黄門(TBS) 、『ラストチャンス』『信濃のコロンボ事件ファイル』(テレビ東京)シリーズほか、映画、テレビ、舞台に現代劇、時代劇問わず多数出演。いろんなプロダクションより演技レッスンの依頼を請け演技指導やりデビューさせた俳優、女優は、100人を超す。演技経験全くない新人を1ヶ月の特訓によりその映画作品のヒロインでしっかり演じさせるのに成功。

オーディションワークショップを企画運営して今まで松岡プロデューサーだけでも30人以上キャスティングされました。キャスティングされて現場へ呼ばれるようになるノウハウの講義をやりたいと思います。
問合せ シネマプロデュース03-5431-3715(平日9~18時) 
詳細又は携帯

(加藤さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]