« 公益財団法人としま未来文化財団 南大塚地域文化創造館 地域演劇交流イベント『#演劇的な一日in大塚2020』の参加団体募集 | 演劇交差点トップページへ | PLAYunitむめむめ『Court Goat(コートゴート)』Wキャスト公演 »

2019年9月16日

第十回 ウォーラス一座 記念公演『新宿銀次 -仇桜-』

作・演出:水野哲
キャスト:上村真路、遠藤和、川端槇ニ、水野哲、阪本竜太、松本淳/芝哲平/小池主真(トリプルキャスト)、平山瑠璃、吉田俊雄、和田ユウキ、白沢恵子、飛塚ちとせ、恭一、白沢弦雄、高橋仙恵、伊藤穂波、古川大介
スタッフ:脚本・演出:水野哲 プロデュース:白沢弦雄 原案/プロデュース:藤井成國、うえまつまなみ 制作協力:後藤由香里(TEAM#BISCO)、潘ケイブン 舞台監督:久保田智也、東野伸一 切絵:柳家松太郎 音響:西澤正明 美術:村上薫 照明:Nanjyo 協力:劇団NLT、つるちゃん劇場、オフィス人星亭、おっ、ぺれった、Premiumentertainment、The ElectRic Mushroomz、シーグリーン、主催:有限会社水野プロダクション


日時:2019年10月9日(水)~14日(月・祝)
場所:オメガ東京(JR・東京メトロ 荻窪駅より徒歩8分)
料金:前売:3,800円 当日:4,000円
■タイムテーブル
10月9日(水)19:30
10月10日(木)14:00/19:30
10月11日(金)19:00
10月12日(土)14:00/18:00
10月13日(日)14:00/18:00
10月14日(月・祝)12:00/16:00
※開場は開演30分前です
10月8日(火)19:00 公開ゲネプロ(料金:2,000円)
※全席指定です ※ご予約はこちらより


 東京にて、第十回 ウォーラス一座 記念公演『新宿銀次 -仇桜-』が上演されます。
 「風に散れ 雨に散れ 桜の花弁よ 浮世の夢は仇桜 この命 悔いは、なし
 昭和49年、任侠物語。歌舞伎町にその名を馳せたヤクザ、黒須銀次(新宿銀次)が10年の刑期を終え出所した。だが10年という歳月は否応なく新宿という街を変え、銀次を取り巻く人間たちも変わっていた。そんな中、銀次を待ち続ける一人の女。月子は銀次への変わらぬ想いを胸に秘め、銀次もまた月子への想いを表に出せぬまま抗争の渦へと身を投じる...。古いものと新しいもの、男と男の筋道。義理と人情。魂をかけた、戦いが始まる。
 俳優・ロック歌手の水野哲が主宰するウォーラス一座が満を持して贈る、十回目の記念公演『新宿銀次 -仇桜-』。銀次の、ストレートに愛する生き様を、渡世の義理人情を通しご覧下さい。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


ウォーラス一座ホームページ

(忍守さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]