« 雑文6/5 | 演劇交差点トップページへ | 演劇ユニット愚者愚者第2回公演ワークショップオーディションのお知らせ »

2019年6月 5日

三栄町LIVE×キタムラトシヒロプロデュース『GAME』公演オーディションのお知らせ

三栄町LIVE×キタムラトシヒロプロデュース『GAME』公演オーディションのお知らせ

三栄町LIVEでは2019年8月末に行われるキタムラトシヒロプロデュース公演の出演者オーディションを行います。本公演の脚色・監修にキタムラトシヒロ氏、脚本・演出家には斎藤なぎ氏をお招きしての公演となります。沢山のご応募御待ちしております。

【企画意図】黒薔薇少女地獄や黒田勇樹プロデュース、秋田書店ヤンチャン学園企画など、様々な団体や媒体等との共同企画を行う三栄町LIVEと、『遙かなる時空の中で』@サンシャイン劇場や『薄桜鬼~新選組炎舞録』@天王洲銀河劇場などで脚色・演出などの有名商業演劇を手掛けたキタムラトシヒロ氏との実験的なコラボ企画
【ストーリー】『GAME』――それは、生きる為の戦い。ある無人島『シャングリラ』に集められた失敗作たち。彼らは生きるために戦っていた。勝ち残った一人には褒美が与えられる。その褒美の為に。30歳。それが彼らに与えられたリミット。そのリミットが過ぎると、タイムオーバーとなり、首に付けられた首輪からの毒で死亡する。人々はいつしか群れとなり、いつかここから出られる夢を見て、チームを作る。『神風』と『ハヤテ』。この2つは特に大きなチームとして勢力を持つ。物語はこの2チームに属する人間を中心に進んでいく。※無人島『シャングリラ』に送られる人間は、プロジェクトリーダーからの指示で研究所に送られ、最強の人間となるべく、身体や精神をいじられ、結果失敗作として島に送られている。※プロジェクト...最強の人間を作るために、極秘裏に研究されている人間たちを取りまとめる機関。
【募集キャスト】メインキャスト含め男女。 ※数名を除いて基本ダブルキャスト

【公演日】2019年8月27日(火)~9月4日(水)全14ステージ
【公演会場】三栄町LIVE STAGE(四谷三丁目
【稽古】2019年8月上旬(数日稽古)、8月12日~25日昼夜、 顔合わせは7月上旬予定
【参加資格】年齢 20~30歳に見える健全な男性・女性。
稽古期間、公演日に参加できる方。(稽古NGは要相談、事務所に所属の方は許可があれば可)。皆で1つの作品を創る意識のある方(ダブルキャスト時はスタッフ作業もしていだく可能性がございます)
【条件】チケットノルマなし、1枚目からチケットバック制(物販バックも有)。
【オーディション場所】東京都内にて行います
【オーディション日】6月24日(月)・25日(火)

【応募方法】三栄町LIVEメールにて受付 件名『キタムラP公演オーディション』
[1]プロフィール(過去の経歴など) [2]宣材写真(上半身)1点 [3]オーディション希望可能日時 以上を明記の上 三栄町LIVEまでメールにてお送りくださいますよう宜しくお願い致します。こちらから詳細等折り返しご返信致します

三栄町LIVEホームページ

【三栄町LIVEコンセプト】三栄町LIVEとは東京・四谷三栄町(三栄町LIVESTAGE)を拠点に、『次につながる現場』+『三栄町から発信するコンテンツの創造』をコンセプトに365日・年間20公演以上行う企画団体です。お客様や制作スタッフ・演出家、さらに業界関係者等の出会いなどコンタクトの場を大切にし、この現場を通じエンターテイメント業界で活動するための考え方や必要な経験をしてもらい、次の仕事を勝ちとる役者を輩出すること+商業演劇等の普段大規模な興行に携わっている演出家・団体などに、小規模だからこそできる演目・企画などを自由に表現してもらう機会や、金銭的・人的リスクを負えない若手の劇作家・演出家・などをバックアップしチャレンジしてもらうことを目的としています。役者に対しては従来の小劇場の主流となっているチケットノルマを完全廃止して、活躍した人間には映像作品や関連団体のキャスティング・優先的なオーディション参加権など、積極的にバックアップして『出演者を次の現場へ』とつないでいきます。

■脚本・演出:佐藤信也 疾駆猿主宰、演出家、脚本家、役者
会話劇からエンターテインメント作品まで演出し、役者の活動を活かしたキャラクターの心情表現を重視し、物語を構成の段階から深く読み解き、細やかな演出を得意とする。演出助手や外部団体の公演の撮影・編集なども経験している。2000 年、國學院大學文学部入学とともに上京。演劇の世界に触れ、役者の活動を開始。2005 年、大学を卒業。疾駆猿(シックザール)を結成。自主映画の脚本・監督を務める。2008 年からは演出助手として小劇場、商業演劇、大劇場で活動。大きな舞台では青山劇場『カゴツルベ』、『銀河英雄伝説 撃墜王』『BASARA』など。2009 年より本格的に演出家として活動。演出助手・役者の活動を含め年間 10~12 本の公演を精力的に行っている。2011 年には TUFF STUFF produce 公演に数多く携わる。2012 年より、2 月に Tristone Acting Lab の公演、3 月に名古屋おもてなし武将隊の公演の演出を手掛け、2013 年 2014 年にも上記の二公演の演出を継続。(武将隊に関してはその後も継続し、本年は脚本も担当)2013 年 8 月には紀伊國屋ホールで『火男の火』の演出を行い、好評を得た。現在、疾駆猿の全公演の脚本・演出を担当。またユニットとして『ソラリネのユメ』にも参加。こちらも、全公演の脚本・演出を担当している。数多くの外部公演も手掛け、小劇場から中劇場、さらにはバーやギャラリー、ライブ会場まで幅広い範囲で公演に携わっている。
■プロデュース:若宮亮 劇団エムキチビート所属。看板役者。殺陣・纏振り・柔道 ( 初段 ) などの経験がある。演出家である元吉庸奏と共に劇団エムキチビートを旗揚げし劇団として活動。2015年紀伊国屋サザンシアターへ進出、満員御礼となる。後に元吉と共に舞台プロデュース会社E-Stage Topiaを設立。近年は役者としての活動のほかにキャスティング、舞台プロデュースと多岐に渡って活動。新宿村LIVE、中野ザ・ポケット、渋谷伝承ホール、スペース・ゼロなどでプロデュースを行う
エムキチビート とは

■プロデューサー:清弘樹 番組制作・大手雑誌媒体のミスコン事務局・アイドルフェスなどを運営する会社で役員を務める傍ら、舞台・映画プロデューサーとして活動する。
株式会社IPA代表取締役 ipa-agency.com/ 株式会社ドリームキャスト執行役員 dc-e.net/・舞台 劇団チキンハート  www.g-chikenheart.net/ ベースボールファイターズ 2017年7月 @新宿村LIVE http://dc-e.net/bbf/index.html 大山劇団主宰 http://ooyama-gekidan.com/ ・映画 『真夜中の昼下がり』大山晃一郎監督 『宝物の抱き方』 榎本桜監督 第32回高崎映画祭『監督たちの現在-進取果敢な人々-』特別上映 『いつくしみふかき』 大山晃一郎監督 主演 渡辺いっけい 2019年夏公開予定 ★ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019ゆうばりファンタランド大賞(観客賞グランプリ)受賞
※2019年新作映画製作予定 ・TV ミュージックエクスプレス(東京MXTV) 出演:シュネル(SOLIDEMO) トレンドリサーチャーR(スカパー!Ch.639 ミュージックジャパンTV) 出演:田中れいな ゆってぃ


(お知らせありがとうございます。)


| Category: [募集情報] [関東]