« 2019年1月 | 演劇交差点トップページへ

2019年2月15日

レティクル座 出演者募集

初めまして、レティクル座主宰の阿部慎一郎と申します。この度レティクル座では2019年8月に萬劇場自主企画『夏の短編集 vol.8』で上演予定の新作短編に向けて出演者を幅広く募集することになりました。
今回は主催元の萬劇場さんのご厚意で上演場所での開催となります。公演に向けてより本格的なWSオーディションになるように現在企画を思案中です。
レティクル座では共に演劇に身を捧げるバカ野郎を求めております。もちろんWSのみの参加も大歓迎!熱いハートを持った出演者のご応募お待ちしております!

―8月新作短編詳細―
レティクル座『萬劇場自主企画『夏の短編集 vol.8』』参加作品
『タイトル未定(新作)』」
作・演出:阿部慎一郎
時期:2019年8月8日(木)~11日(日)
場所:萬劇場
・30分×3団体の対バン形式の上演企画になります。
・去年当団体も参加した『夏の短編集』の様子はコチラ

・稽古場:世田谷区周辺、
・稽古開始日:7月上旬より開始予定。
・チケットノルマはありません。
・販売枚数に応じたチケットバックあり。
―参加条件―
・性別・年齢・国籍・演技経験不問。
・公演稽古を優先できること。稽古NGは予めご相談させてください。

ーWSオーディション詳細ー
参加費:無料
日時:2018年3月25日(金)17:30~19:00 ※途中参加、早退は予め相談下さい。
場所:萬劇場 ⇒JR山手線大塚駅北口下車・徒歩4分 ⇒都電荒川線巣鴨新田駅下車・徒歩3分
締切:3月23日23時59分まで。
定員:15名(定員に達した時点で締切とさせていただきます。)

参加ご希望の方は、件名を(レティクル座WSオーディション希望)として以下内容を明記の上、こちらのメールまでご応募ください
・お名前(フリガナ) ・性別 ・年齢 ・電話番号 ・メールアドレス ・顔写真(バストアップ写真と全身写真) ・芸歴(主な出演作品) ・あれば、過去に観劇したことのあるレティクル座作品を教えてください。 ・オーディション希望かWSのみ希望か。 ・備考

レティクル座とは? 2011年設立。阿部慎一郎を中心とした演劇団体。弱い人間を圧倒的ユーモアで過激に描くことで、生きるのに不器用な人たちに送るバラードのような作品を目指している。ギャグマンガのようなインパクトのある脚本と縦横無尽にシーンが切り替わる疾走感のある演出は、観る者を圧倒的カオス空間へと放り込む。愉快と不愉快の間を潜り抜けるような強行的なその作風は『アンチ・エンタメ演劇』と呼ばれている。近年はニューカマーフェス、東京バビロン演劇祭、オルギア視聴覚室参加など意欲的に活動している。


(阿部さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

Utertvision Company Japan 新作~ Kandata ~(仮題)出演者募集!

2019年7月4日(木)~7日(日)本番
@東京都北区文化芸術活動拠点ココキタ スタジオ1
原作/芥川龍之介・ アイスキュロス
台本・演出・美術/佐次えりな
音楽・演奏/太田豊
振付/美木マサオ
衣裳/NeLL
舞台監修/笠松泰洋
制作/Utervision Japan(国内/ともい江梨・国外/庄子萌)
後援/(公財)北区文化振興財団・特定非営利活動法人種のアトリエ

メインキャスト
●男性2名(20~40歳前半)
●女性3名(18~40際前半)
●コロス(女性)3名(年齢不問)
●人形遣い(糸操りのできる方)
条件
●舞台経験のある俳優・ダンサー・人形遣い(メインキャスト)
●経験が浅くても、やる気のある人(コロス)
●台詞をきちんと話せる人
●心身ともに健康であること
●リハーサル、本番の全日程に参加できること(5月から創作開始・6月中旬から連日・月曜日はお休み)
●観客がいることで、シアターが成り立つということを理解する表現者(最低集客20名ほどはしていただきます。)
●海外公演にも参加できる方(メインキャスト)

●2日間のオーディションに参加できること(AかBをお選びください。)
2019年
A 3月22日(金)13時30分から15時30分(2H)
B 3月29日(金)19時から21時(2H)
AB合同 4月5日(金)18時30分から21時(2.5H)
場所:ココキタ(北区の施設)

応募方法 こちらのメール 本文に、(1)氏名 (2)性別 (3)年齢 (4)メインキャスト、または、コロスの希望 (5)オーディションの希望日時 を記載し、[1]プロフィール(500から600文字程度) [2]経歴 [3]プロフィール写真を添付して送信してください。
締め切り:2019年3月20日まで

4年ぶりに、オーディションワークショップを開催します。ワークショップのみを希望の方は、2日間3,000円でご参加いただけます。新作は、2年ぶりの上演。スタッフ一同、新たな挑戦にワクワクしております。ご応募お待ちしています!


Utervision Company Japan Facebook

(ともいさん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

2019年2月14日

Manhattan96 ミュージカル『マリーと七色の部屋』

脚本:今井夢子(椿組/Manhattan96)
音楽:高崎真介
演出:大杉 良
指揮:福井雄一

<パレットチーム>大内慶子 (オフィス・エイツー) 大柿友哉 立枕夕佳 石井仁美 (明治座アートクリエイト) 川目晴香 久保早里奈 (AQUA Dream) 伊藤かの子 大上のの 村田沙織 (PAO) 津山 智 杉村理加 (テアトル・エコー)
<キャンバスチーム> 田邊来菜 中野亮輔 (青年座) 矢鳴優花 小原千佳 上森真琴 柳川知緩 加藤伊吹 長尾 愛 大迫七重 石福敏伸 岡田 静 (MASH)
<全ステージ出演ダンサー> 渡辺香織 西 綾夏 林菜々子 須田さくら (アヴィクション)
<全ステージ出演シンガー> 竹之内希美 佐藤千裕 (劇団ファイ・カンパニー) 井浦春薫

ヴァイオリン・コンサートマスター:長崎真音
チェロ:手塚春菜/石貝梨華
マルチリード:近藤 淳
ピアノ:伊藤祥子/三橋美笛
打楽器:大場章裕/上原なな江
ベース:鈴木 智

振付:伊藤南咲
美術:根来美咲(青年座)
照明:宮野和夫
音響:田島誠治(Sound Gimmick)
衣装:橋本龍二
ヘアメイク:我妻淳子
宣伝スチール・小道具協力:松本淳市
宣伝美術・当日運営:黒田哲平(Voyantroupe)
舞台監督:川崎耕平
制作:小宮凜子
稽古ピアノ:伊藤祥子・三橋美笛・山32F?%
主催 マリーと七色の部屋実行委員会
協力:プロメイク 舞台屋


2019年2月27日~3月3日 @新大久保 R'sアートコート

 東京にて、Manhattan96 ミュージカル『マリーと七色の部屋』が上演されます。
 「マリーは不器用な性格で、高校のクラスメイトとも馴染めず、ひとり大好きな絵を描いては、自分の世界に閉じこもってばかり。ある日、マリーの絵に突然落書きをしてきた、クラスメイトのダニエル。『目には見えないけれど、そこにあるかもしれない』と自分の想像した世界を描くダニエルに、はじめは戸惑うマリーだったが、絵を描くことで、徐々にふたりは心を通わせていく。しかし、初めて約束を交わした日、ふたりは大きな事故に遭ってしまう。目を覚ましたマリーが迷い込んだのは、『色のない世界』。困惑するマリーを助けに現れたのは、七色の絵の具たち!?個性豊かな絵の具たちに振り回されながら、マリーは色を取り戻すため、レッスンを始めることに・・・。『描きたい。描きたい!あなたとふたりで、絵を。これが、あたしの色!』
 『自分の色』が見つからない不器用な少女マリーの葛藤と成長を、圧倒的な色彩と、豪華な生演奏のオーケストラで描く、至極のオリジナルミュージカル!Manhattan96でレビューを作り続けている今井夢子の鮮烈な脚本、そして音楽で新しい舞台の美を追求する高崎真介が、言葉と音楽の関係を鋭く追求する演出家、指揮者とともに、みずみずしく壮大なミュージカルに仕上げました。―この世はなんて鮮やかで 色とりどり輝く わたしとあなたが混ざったら 何色より美しい―」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページ


(お知らせありがとうございます。)


| Category: [公演案内] [関東]

Frontier label 東京都練馬区の演技ワークショップ募集4月~9月

●2019年FMWS募集要綱〈FUSSIみるワークショップ〉募集

『自然な演技とは、生活に根ざしウソがなく、五感で感じたままを表現する力』
2019年4月に始動~9月 @光ヶ丘(東京都練馬区) 定員10名まで
毎週火曜日(または木曜)の夜(約4時間)
料金\8,000/月(12月の舞台公演ノルマ代込)
主宰=ふし文人 企画=HiYou Film 後援=Frontier label
問い合わせ= こちらのメール
(内容はメンバーにより変わります)

【主宰・ふし文人プロフィール】留学中にニューヨーク大学で映画作りと出会う。 龍谷大学文学部英米文学科を卒業後、大阪の映画スクールに一年通い、井筒監督に師事する(同級生には吉田康弘監督など)。 いくつか自主映画を作った後、上京し井筒監督の現場『パッチギ!LOVE&PEACE』などに参加。また演技訓練も受けて、鴻上尚史やシェイクスピア、ニール・サイモンなどの戯曲、『十二人の怒れる男たち』の舞台にも出演。そして2011年の震災を機に、インディーズ映画を再開。2013年からの『東京サバ女』映画シリーズは、シネドライブ映画祭、福岡インディペンデント映画祭、新人監督映画祭、名古屋シネマテークなどにおいて上映。海外映画祭などに多数入選・上映。2017年から俳優ワークショップ開始、☆短編『あなたとしたい』(13分、2018年)が、ロンドンの短編映画祭Fabulosis Short Film Night入選。また、11t hO!!iDO短編映画祭・東京BestSelection入選

以下詳細
★プロフィールを提出 面談時間を要予約(先着順・面談合格者のみの少数精鋭制)。(まずはメールして下さい)
件名『演劇交差点・FMWS募集』
写真、氏名、最寄り駅、メールアドレス、生年月日、経歴(経験不問)を明記
★順次面談 (定員決まり次第〆切)
●2019年4月~9月、演技ワークショップ(週1回、基本的に火曜日の夜17:15~21:15、4/30と8/13は休み、全24回)
※予定は変更になる場合があります
3年目も形を変えて継続します。2年連続、ワークショップと実践(撮影)を平行してきましたが俳優の力をつける、という意味もこめて次年度はワークショップ後に、公演舞台をしたいと思っています(そして、それを後に映画化したいかなと) 舞台、芝居は本当の意味で俳優のトレーニングになるので
※※予定公演内容は『誰もキミたちは死ねはしない』(戯曲:ふし文人)『まずお話ししましょう』『映画を愛する監督』

(ふしさん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

ミオンミュージックスクール 歌のレッスン受け放題プラン

演劇経験者の方にも好評いただいております!『歌のレッスン受け放題プラン』についてのご案内です。
<こんなお悩みありませんか?>
・声が遠くに届かない
・滑舌を良くしたい
・正しい発声法を身につけたい
・声がかすれる
・高い声が出ない
ミオンならすべて解決!
・正しい姿勢
・腹式呼吸
・表情筋の使い方
・口の開き方
・体の脱力
<基礎をわかりやすくお伝えします!>
【しかも、歌のレッスンが受け放題だからたくさん歌える!】

<ミオンが選ばれる7つの理由>
理由[1] 歌は元気の源(心の開放、呼吸法、美容効果、脳トレ、言葉のチカラ)
理由[2] すきな音楽がすべて歌えるようになる
理由[3] 歌いたいときに歌える場所がある
理由[4] 新宿から5分でアクセス(東中野駅 徒歩2分)
理由[5] 仲間がいるからもっと楽しくなる
理由[6] 3ヶ月後の自分の声に驚き?!
理由[7] 開校19年の安心のサポート体制
<ミオンのレッスンはここが違う>
・1回完結型のレッスンで通いやすい!
・プロのレッスンが受け放題で7,980円(税抜)!
・誰でもすぐ楽しめるイベントを毎月開催!

詳しくはホームページをご覧ください。【ミオンミュージックスクール 歌のレッスン受け放題プラン】

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [お役立ち情報] [関東]

雑文2/14

ハッピーVデーです。

今日は朝に学校で用事をすませたあと、京都にいってきました。いって帰るだけ。

あまり詳しく用事をきいてなかったのですが、いきなり国際会議みたいなところに出されて大変でした。

寒かったしとっても疲れました。

| Category: [雑文]

2019年2月13日

秋田雨雀・土方与志記念青年劇場 第121回公演『つながりのレシピ』

―『妻が遺した一枚のレシピ』山田和夫著(青志社刊)より―

作・演出:作=福山啓子、演出=関根信一


日時:2019年4月5日~14日
場所:紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA
【日程】
5(金)19:00
6(土)14:00
7(日)14:00
8(月)休演日
9(火)14:00/19:00
10(水)14:00
11(木)14:00/19:00
12(金)19:00
13(土)14:00
14(日)14:00
【チケット】前売 一般5150円(5名以上で団体割引4650円) U30(30才以下)3100円 中高生シート 1000円(各ステージ10席限定)
【お申込み】TEL03-3352-7200 こちらのメール


 東京にて、秋田雨雀・土方与志記念青年劇場第121回公演『つながりのレシピ』が上演されます。
 「この度青年劇場は、山田和夫氏著『妻が遺した一枚のレシピ』(青志社刊)を枠組みにした作品『つながりのレシピ』を上演いたします。人と人との交流をあたたかな視点で描く、座付作家・福山啓子の書き下ろし作を、LGBTの当事者であり劇団フライングステージ代表の関根信一氏の演出でお届けします。定年直後に妻を失い孤独に陥った男が、元ホームレスや精神障害を抱える人々と共に進める『順調に問題だらけ』のパン作りを通して、『人』とつながり直していく...断絶する社会から共生する社会へ。今はその転換期なのではないでしょうか。私たち青年劇場は、その転換期を乗り越える力とは何か、人が真に豊かに生きる未来とは、作品を通して皆様とご一緒に考えてまいりたいと思います。ぜひお誘いあわせてご観劇ください。お申込み心よりお待ちしております。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


同公演の情報ページへ

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]

エフエム宝塚【2月22日(金)演劇ワークショップ 受講者募集】

エフエム宝塚(83.5MHz)のラジオドラマ番組『宝塚リバーサイドシアター』の、演劇ワークショップを開催いたします。
実際のラジオドラマのシナリオを使って、ドラマを動かしていくための演技を体験していただき、受講いただいた方の中から、現在放送中のラジオドラマ『ICHIZO~宝塚を創った男~』の出演者も募ります!
年齢・国籍・経験問わず。声優を目指している人、ラジオドラマに興味がある人、役者や、そうでない人も、どなたでも大歓迎です。

講師: 俳優・日下 諭
(文学座付属演劇研究所、新国立劇場演劇研修所を経て、 現在、演劇スタジオ『高円寺 K'sスタジオ』主宰。エフエム宝塚ラジオドラマの脚本・演出を手がけています)
開催日:2月22日・金曜日 18:30~21:30
会 場:エフエム宝塚近郊(ご参加の方におってご案内いたします)
参加費:資料代を含み、1,500円 見学のみの方、500円
定 員:15名程度で、先着順です。

応募方法:eメールで、ご応募ください。お名前とお電話番号をご記載のうえ、『2月22日ワークショップ係』と件名をつけ、エフエム宝塚:こちらのメール まで、お送りください。
詳しくは、エフエム宝塚 電話番号:0797-76-5432 『宝塚リバーサイドシアター ワークショップ係』まで。演劇経験の有無は問いません。みなさまのご参加をお待ちしております。

(久家さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [近畿]

青年劇場付属養成所第49期生募集中!(2019年4月開所)

演劇経験の有無は問いません。専門の演劇人を目指ざす健康で意欲のある方を募集します。少人数制で、丁寧な個別指導が特徴です。卒業後の選抜で青年劇場へ入団することができます。

■試験日:2月24日(日)・3月31日(日) 試験日に実技・筆記テストを行います
■受験手続:所定の願書(劇団ホームページよりダウンロード)に必要事項を記入、上半身の写真添付し82円切手を同封して郵送(希望する受験日の5日前までに必着)か持参のこと。書類審査の上、受験要項を返信します。
■受験料 10,000円(試験日当日までに納付)

■ 授業内容
夜間一年(18:30~21:30 始業前17:30集合)週4日制(月・水・金・土 夏季・冬季休暇あり)
1学期:基礎訓練(声楽・バレエ・発声・演技基礎など)
2学期:日本舞踊・中間発表
3学期:卒業公演
※発表・公演前は2週間前より連日稽古。
■ 授業料:年間324,000円(税込)分納可
※経験・推薦に応じて授業料優待制度有

青年劇場ホームページをご覧ください
ご質問・ご相談は電話でお問い合わせください。
問い合わせ先 TEL03(3352)7054 こちらのメール


(お知らせありがとうございます。)


| Category: [募集情報] [関東]

雑文2/13

今日は誰も来なくて、ゆっくりいろいろできました。

海外の学会からメールがきたのですが、うまくいったのかいってないのかわからない微妙な内容でした。続報を待ちたいです。

カーリングおもしろいです。

| Category: [雑文]

2019年2月12日

plan-B共催公演 櫻井郁也ダンスソロ『トラ・ラ・ラ』

SAKURAI IKUYA DANCE SOLO " TORA LA LA"


【スタッフ】
ダンス・光・音:櫻井郁也、美術・衣裳:櫻井恵美子
企画制作=十字舎房、共催=plan-B

【開催日時】2019年
4月6日(土)20:00開演
4月7日(日)19:00 開演
*ロビー開場=各回開演20分前。
【会場】 plan-B (プランビー) 〒164-0013 東京都中野区弥生町4-26-20-B1 TEL 03-3384-2051 
【アクセス】
□東京メトロ丸の内線『中野富士見町』駅下車徒歩7分・中野通り沿い 
□JR中野駅南口より京王バス1番 渋谷行/新宿駅西口行約10分『富士高校前』下車すぐ
【料金】 
・予約 2,800円(当日払い/各回とも前日まで受付)
・当日 3,000円(開場時発売/残席分のみ先着順)
・前売 2,500円(事前振込/申込〆切=3月末日)
・学割 1,500円(学生証提示/大・中高・専)
※各回50席まで。なるべくご予約または前売をご利用ください。
【チケット申込・予約】十字舎房チケット申込フォーム

 東京にて、plan-B共催公演 櫻井郁也ダンスソロ『トラ・ラ・ラ』が上演されます。
 「舞踊家の櫻井郁也が最新作を上演。現代に充満する不安や狂気からこみあげてくる衝動やイメージの断片が無秩序に溢れる黙示録的ダンス。ラディカルな世界観とともに展開される研ぎ澄まされた肉体表現が、刺激的なダンス空間を発生させる。櫻井は舞踏のパイオニアの一人である笠井叡に師事したダンサー・振付家で、ポルトガルやルクセンブルクなどの海外招聘や長崎原爆70年忌公演をはじめ、様々な踊りの場を各地で展開しながら、本作をふくむ東京plan-Bでのソロシリーズを18年におよび継続。観客とダンサーが接近する空間での高密度のダンスパフォーマンスは、個人が個人を見つめるリアルな現場として毎回高い評価を得ている。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメール、TEL=080-3507-3860(当日はplan-B= 03-3384-2051のみ) まで。

櫻井郁也/十字舎房オフィシャルHP


(櫻井さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]

てふてふ組 8月◆主役級の男女役者募集!4つのオムニバス『鬼頭骨董店』

★~出演者オーディション開催~★
8月公演『鬼頭骨董店~四季奇譚~』四季折々に紡がれる『幸せ』を問う4つの物語。

~公演概要~
■日程■ 2019年8月8日(木)~11日(日)
8日(木):仕込み ・場当たり
9日(金):ゲネリハ・ソワレ
10日(土):マチネ・ソワレ
11日(日):マチネ・ソワレ・バラシ
■会場■ 武蔵野芸能劇場(JR三鷹駅徒歩5分)

~あらすじ~
『妖しの世界へいらせられませ』いつしか街にはガス灯が燈り、夜から完全な闇が消えゆこうとしていた。時は明治、瓦解後の急速な西洋化の波にのまれ、人々は闇に潜むモノたちの存在を忘れ、古来よりあった信仰や不思議な存在たちを信じなくなっていた。そんな折、武蔵野台地に不思議な骨董店があるとの噂が、まことしやかにささやかれていた。『不思議』な現象を起こすため、売れなくて困った骨董品(フシギモノ)を扱う店で、そこの主がそのフシギモノたちの不可解な現象、『不思議』を解いてくれるというのだ。―――その店の名は『鬼頭骨董店』という。夏の『百合』、秋の『菊』、冬の『椿』、そして、春の『桜』をモチーフにしたフシギモノたちが繋ぐ四季奇譚をオムニバス形式にてお届けします。
【夏】百合の花が刺繍された、蚊帳の物語
【秋】菊模様の着物に縫われた、背守り犬の物語
【冬】椿の蒔絵が施された、懐剣の物語
【春】桜の模様が描かれた着物で仕立てた、屏風の物語

~募集要項~
■応募資格■ 15歳~60歳くらいまでの男女 ※未成年の方は親御様の承諾を必ず得て下さい
○ 仕込み日含む全日程に参加可能な方
○ 6月より開始するお稽古に全力で取り組める方
○ 経験は問いませんが、経験者は優遇
■募集人数■ 約20名(全員役付き)
■ノルマ■ 15枚~25枚(枚数は役に準じる) *1枚目よりチケットバック(500円)あり♪ *ノルマ枚数達成以降は1枚あたり1000円バック♪
■審査内容■ 演技・面接
<日程>※いずれかの希望日のみ ※締切各前日23時
1回目:4月13日(土)13:00〜17:00
2回目:4月27日(土)13:00~17:00
3回目:5月10日(金)18:00~21:30
4回目:5月11日(土)13:00~17:00
*どうしても都合がつかない場合は別の日程をご相談ください。
*この時間枠内で演技と面接を行います。
<場所> 新宿近辺のスタジオ
■お稽古■
【場所】新宿近郊
【日程】平日夜間・土日:週2日~4日(公演間

■お申し込み■メールフォーム
※必ずウェブサイトにて詳細のご確認をお願い致します。
~てふてふ組ホームページ~


(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

海市(Kaishi)-工房 俳優のためのワークショップ『役や戯曲と心で繋がる演技』

海市工房 俳優のためのワークショップ
数分でもいい 一瞬だっていい 『役を生きる』体験をしてみませんか?エクササイズやシーン創りによって"自分らしさの発見"と"想像力の開発"をめざします。

日程:2019年2月24日(日) PM3:00~7:00 
※終了時間は多少変動の可能性があります。
※場所は新宿から10分ほどのスタジオです。
受講料:3.000円 (書類選考あり)
※少人数制です。お早めにご応募ください。
※参加者は2019年7月のスタジオ公演、11月の新作公演に出演の可能性があります。

海市(Kaishi)-工房では戯曲や役と心で繋がる表現を探求しています。講師を務める小松幸作は劇団結成以来全ての作品を演出、また、しゅう史奈はTV、映画等のシナリオライターとしても活躍中です。
<海市(Kaishi)-工房主な活動実績>
・1997年、小松幸作が演出し、しゅう史奈作品を上演する集団として結成。以後、下北沢を拠点に毎年オリジナル作品を上演する。
・『あめ時計』第1回AAF戯曲賞佳作受賞(しゅう史奈)
・『夜のキリン』第13回テアトロ新人戯曲賞佳作受賞 第12回下北沢演劇祭参加、
・『天使の梯子』若手演出家コンクール優秀賞受賞(小松幸作)

応募方法 プロフィール(※参照)に顔写真を添付してメールにてお申し込み下さい。確認後、詳細をご連絡します。
※プロフィール記載事項 [1]氏名(ふりがな)、[2]生年月日(年齢)、[3]住所、[4]電話、[5]携帯番号、[6]メールアドレス、[7]学歴と芸歴、[8]身長と体重、[9]応募動機、[10]海市(Kaishi)-工房観劇の有無とその作品名(観劇されていない方でも受講は可能です)

【宛先】海市(Kaishi)-工房 こちらのメール (0からが数字です)
※このアドレスに直接か、下記HPの専用フォームのどちらかでお申し込みください。
海市工房ホームページ

(井上さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

株式会社ウォーターオリオン 【期間限定】ボイスサンプル収録+オーディション開催告知!《3月末まで》

【ボイスサンプル収録+オーディション 開催のお知らせ!】
プロのナレーター・声優 又は、これからプロを目指す皆様へ オススメのキャンペーンとなります!

◆開催期間 2月12日(火)~3月31日(日) *1日3人までのご予約となります。
◆費用2時間コース:29,800(税別) ⇒使用例:収録/1時間 + 編集/1時間 *エンジニアの手配は費用に含まれます。
◆開催場所 収録スタジオ『竜の洞窟』 ⇒〒168-0082 東京都杉並区久我山3-22-1 ベルメゾンマツオカ B1-A
◆オプション 収録させていただいボイスサンプルを、弊社新案件にてクライアントに提出させていただく場合がございます。お仕事が決定した際、出演料や条件についてご相談させていただければと思います。※ご了承頂けたかたのみ対象とさせていただ来ます。

◆応募先
★電 話:03-5346-2069 ⇒お問い合わせの際、"ボイスサンプル収録希望"とお伝えください。
★メール:こちらのメール
⇒件名:ボイスサンプル収録希望
内容:・お名前(ふりがな)
・ご連絡先(TEL・メール)
・ご希望日時
・収録内容(何種類収録したいかなどを明記ください)
【例】1分のナレーション 3行のセリフ など
・オーディションに参加希望か否か

※返信はPCメールよりお送り致しますので携帯からご連絡の方は"workshop@waterorion.com"を受信できるようメールアドレスのご登録をお願い致します。

以上になります! 詳細はホームページのチェックをお願い致します♪
その他にも貸しスタジオや、収録スタジオの運営などもしております!ボイスサンプル収録の細かいスケジュールなども掲載しております。よろしくお願い致します。
《ウォーターオリオンHP》
皆様のご応募お待ちしております! 株式会社ウォーターオリオン スタッフ

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

(一社)演劇集団ワンダーランド 2019年度6月『座・高円寺1』公演の出演者を募集

ベストセラー『人は見た目が9割』(新潮新書)の著者・竹内一郎が1991年に旗揚げした団体、2019年度6月『座・高円寺1』公演の出演者を募集。
2019年6月 『座・高円寺1』作・演出/竹内一郎 主催公演の出演者を募集いたします。俳優養成機関を経た方 または、演劇に情熱を持った意欲溢れる方 一緒により良い作品創りを目指していく新人・仲間を、募集いたします。ご応募心よりお待ちしております。(一社)演劇集団ワンダーランド(日本劇団協議会正会員団体)
※ストレートプレイだが、劇中に歌・踊り・殺陣が入ることもあり。

≪舞台詳細≫
会期 2019年6月5日(水)~9日(日)
会場 座・高円寺1
演劇集団ワンダーランド第46回公演『過激にして愛嬌あり 宮武外骨伝』
作・演出 竹内一郎
あらすじ 明治時代に反権力で有名なジャーナリスト・宮武外骨が、現代の雑誌編集部にタイムスリップしてきた。ジャーナリズムとは何か、反権力とは何か。現代社会に一石を投じる問題作――。
稽古スケジュール(予定)
●本番1か月半前頃より18:00~22:00 小屋入11日前より集中稽古 ※詳しくスケジュールをお知りになりたい方は、お問合せください、
出演者※出演料・稽古ギャラ 有/チケットバック26枚目よりあり
ノルマ有(役によって変動20~45枚) 合格者初出演時枚数
応募の資格 18歳(高校生不可)~35歳までの男女
応募の流れ 
◆1次審査 書類選考 演劇集団ワンダーランド宛てに書類送付※郵送のみ可です。(履歴書、芸歴、バストアップ写真、全身写真)
〒160-0023 新宿区西新宿7-18-13ハイム大成ビル203 演劇集団ワンダーランド 出演者募集係まで
●〆切 2019年2月18日(月) 必着
●合格者のみ2次試験 ※演劇集団ワンダーランドより合否を通知させていただきます。
◆2次試験 2019年2月23日(土) 14:00~18:00 参加費 1000円 場所:座・高円寺 稽古場1

■竹内一郎プロフィール 1956年福岡県生まれ。横浜国大卒。劇団早稲田小劇場、劇団転位・21の創立メンバーを経て、1991年オフィスワンダーランドを旗揚げ。以後50作品以上を作・演出。『星に願いを』で文化庁・舞台芸術創作奨励賞佳作。『哲也雀聖と呼ばれた男』(原案担当)で講談社漫画賞、『手塚治虫=ストーリー漫画の起源』(講談社・サントリー学芸賞)。戯曲代表作に『漫画の祖、ふたりー楽天と一平ー』『賭博師 梟』『日本アニメ、夜明け前』、劇団俳小『トキワ荘の夏』『なにもいらない 山頭火と放哉』、劇団俳優座『気骨の判決』(以上『テアトロ』掲載)。劇団燐光群の『虎の杖』など。2006年『人は見た目が9割』(新潮新書)がミリオンセラー。2015年7月に演劇部門の一部を、一般社団法人演劇集団ワンダーランドを新たに創立。主催公演をオフィスワンダーランドと共催で2017年5月末まで上演し、以降は演劇活動全般(一社)演劇集団ワンダーランド名で活動(主催公演は年2回、内1回は紀伊國屋ホール等)、他、平成29年度文化芸術による子供の育成事業『からくり儀右衛門』公演、19校の小中学校を巡演。平成31年度も同じ巡回公演を秋に予定しており、教育機関に賛同した地方公演活動を行っている。

(一社)演劇集団ワンダーランドホームページ

(浜田さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

Double Spin 犬の殺処分を題材にした朗読劇

出演者募る!!
作品の意図 この作品は非合理で、パワフルで愛に溢れています。犬がもし言語を用いたのなら、どんな会話をしているんだろう。世界に対してどんな、あきらめや皮肉があるんだろう。どんな可能性や、希望があるんだろう。2017年 3月に産声を上げた、この作品も、演劇、朗読劇を含めて9回目となります。取り組めば取り組むほど、気づきや発見があります。犬、猫のためにやっている風だったが、そうではなく人類のため、人類が良くならないと、犬、猫の状況、環境も良くならない。作品を存在させる事により、寝ている人類を起こす。『そこに正しい悪いを加えず、ただ起こす。起こし続けるのだ』最近では、劇場で公演をやる事が正しいという傲慢さがあった事に気づきました。『劇場でやるから観に来て!』が自由さや、自己表現を奪っていました。そこに気づけて軽井沢の別荘やドックカフェで朗読劇が可能になりました。過去積み上げてきた物を、今一度新たに100%創作します。ご応募お待ちしてます。

●募集概要●
Double Spin プロデュース Vol.21 cafe Roomer 朗読劇 cry!cry!!cry!!!~犬達の遺言~
脚本/市村啓二 脚本監修/祖父江好美 演出/滝沢正光

■あらすじ■
郊外にある動物愛護センター。9匹がたどり着いた先はとてつもなく暗い場所。死にたいくらい絶望を抱く。彼らに残された時間は7日間。しかしそれでも生きたい。だから叫ぶ、命の叫び‼cry!cry‼cry‼!『ぼくたちの声が聞こえますか?』
■上演日程■ 2019年 4月16日(火) 13時30分~ 16時30分~ 19時30分~
※開場は開演の30分前になります。
■アクセス■ 〒157-0072 東京都世田谷区祖師谷1-34-5 TEL 03-3484-7254
小田急線 祖師谷大蔵駅より徒歩7分
■稽古期間■ 4月11日~4月15日
11日~14日 18時~22時
15日 13時~22時
■稽古場■ 世田谷区の施設を利用
■衣装■ 自前になります。
■応募資格■ 心身ともに健康で、人に違いを作りたい方、人に影響を与えたい方。

■募集要項 ■
[1]名前(ふりかな) [2]性別 [3]生年月日 [4]年齢 [5]電話番号 [6]所属・事務所(あれば) [7]過去の出演作品 [8]写真(上半身のみ1枚) 
■公演履歴■
2017年●3月23日(木)~26日(日) at シアターシャイン(阿佐ヶ谷) 舞台版 7ステージ
●7月27日(木)~30日(日) at ブローダーハウス(東松原) 舞台版 8ステージ
●11月21日(火) at せんがわ劇場にて(仙川) 朗読劇 1ステージ
2018年
●4月12日(木)~15日(日) at 'シアターシャイン (阿佐ヶ谷) 舞台版 7ステージ
●8月23日(木)~26日(日) at シアターシャイン(阿佐ヶ谷) 朗読劇 7ステージ
●11月23日(金)~25日(日) at 軽井沢別荘 Floresta (追分) 朗読劇 3ステージ
●12月4日(火) at cafe Roomer(祖師谷大蔵) 朗読劇 3ステージ
2019年
●2月1日(金)~3日(日) at シアターシャイン(阿佐ヶ谷) 舞台版 5ステージ
◆Twitterアカウント @crycryc89534196
cry!cry!!cry!!!~犬達の遺言~ 朝日新聞から取材を受けて記事になりました!
◾募集に関する問い合わせ◾ こちらのメール (滝沢)


(滝沢さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

喜劇団R・プロジェクト ノルマ無し!シュールコメディ『AV現場の裏表』メインキャスト募集!

喜劇団R・プロジェクトでは、シュールコメディライブ『ショートコメディ3連発!!!』のメインキャストを募集致します。今回は、30分のショートコメディを3本やります!!!『やってみたい!』というそこのあなた!どうぞご応募ください。

先ずは、『ショートコメディ3連発!!!』作品紹介
一発目 AV現場の裏表
二発目 格闘家ハクション・クレイジーの記録 ~500戦無敗の男~
三発目 女子アナとマジックミラーとお天気お姉さんとビンタ
【こんな登場人物がいます】
(一発目 AV現場の裏表)
明日花キラリ 【AV女優】
稲見恭一 【AV男優】
亀田智治 【使えない助監督】
星野宏志 【この日1シーンだけ撮影にきた俳優】
杉浦勇紀 【この日1シーンだけ撮影にきた俳優】
(二発目 格闘家ハクション・クレイジーの記録 ~500戦無敗の男~)
ハクション・クレイジー 【格闘家】
ボイス・クレイジー 【クレイジー一族・格闘家】
マイク富永 【インタビュアー】
高田みつえ 【お手伝いさん】
倉本マナミ 【ハクションの愛人】
(三発目 女子アナとマジックミラーとお天気お姉さんとビンタ)
厳島彩 【女子アナ】
中井みなみ 【女子アナ】
松永千佳 【お天気お姉さん】
熊田俊介 【ディレクター】
亀田智治 【使えないアシスタントディレクター】
北村秀実 【スポンサー・北村製菓の社長】
上記の役をやっていただける俳優を募集します。

【以下 公演概要です】
喜劇団R・プロジェクトシュールコメディライブ
作品名 『ショートコメディ3連発!!!』
劇 場  遊空間がざびぃ(西荻窪)
日 程  6月6日(木)19:00
6月7日(金)19:00
6月8日(土)14:00/19:00
6月9日(日)14:00/18:00
(4日間6ステージ)
稽 古 3月下旬くらいから週1の稽古を5回。5月初旬くらいから週3回程度。本番1週間前から毎日。計25回。
稽古場 練馬区か武蔵野市のコミュニティセンター
チケットノルマ なし
報酬 あり チケットバック制ーチケット1枚目から1000円の報酬
【以上 公演概要でした】

【応募資格】18歳~39歳までの男性・女性
【応募方法】以下の情報をメールでお送りください。※件名を『メインキャストオーディション』でお願いします。
[1]お名前(フリガナ) [2]年齢 [3]性別 [4]連絡先 
【オーディション】ご応募いただいた後、ご連絡させていただきます。オーディションの日時に、オーディション会場にお越しください。
【オーディション日時】2月24日(日) 13時30分~16時の間(13時受付開始。13時30分までに受付をお済ませください) ※13時30分オーディション開始
【オーディション会場】吉祥寺西コミュニティセンター(大会議室) 武蔵野市吉祥寺本町3-20-17 最寄り駅 吉祥寺駅
【オーディション内容】演技と面接
【ご応募していただくメールの連絡先】こちらのメール 喜劇団R・プロジェクト 倉橋勝

あなたのご応募お待ちしております。


(倉橋さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

雑文2/12

今日はゼミ生と面談していました。たのしくもあります。

おひるごはんたべられなかったので、ばんごはんは超おいしかったです。

カーリング日本選手権みています。おもしろいけどトップチームじゃないとなかなかきっちりいかないですねー。

そういえば昨日「アクアマン」みてきたんでした。すかっとしました。難しいことは考えなくていい。そういう映画って最近いいんじゃないかって思います。

| Category: [雑文]

2019年2月11日

【ノルマなし】一人芝居『センコロ』出演者募集(3/3オーディション→5/11,12公演)

舞台『【大好き】センパイを双子コーデでコロしてみた!』
原作=西河理貴 / 演出・脚本=森山智仁
2019年5月11日(土)・12日(日)@cafe&bar 木星劇場
上演時間:30分強
募集対象:18歳~30歳、責任感のある女性の役者
チケットノルマなし,チケットバックあり
オーディション:3月3日(日)豊島区の稽古場にて
参加費:1000円

お申し込み:専用フォームからご応募ください。
〆切:2月28日(木)
※オーディション用の台本をお送りするのでぜひお早めにお申し込みください。

【作品紹介】人気動画配信者MAYU。一年ぶりに最後の動画が投稿されたという噂が流れる。いつものように現れたMAYUは、『ミツハラマリ』という人物について語りだす。高校の先輩。演劇部のステージ。スポットライトに輝くセンパイの姿に一目惚れした『MAYU』は、『先輩みたいになりたい!』と強く心に誓う。翌年、卒業記念の舞台で、マリと同じ演目、同じ配役を完璧に演じきったMAYUは、その後もセンパイの後を追って同じ大学に進学。ルームメイトとして暮らし始める。おそろいのアクセサリー。双子のコーデ。仲睦まじい先輩と後輩に何が起こったのか。MAYUの『最後の動画』とは。今、その真相が語られる。
詳細はこちら

(森山さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

PrayersStudio 俳優として成功する、最短コースって...!?

あなたは役者として、絶対に売れたい! と、思ってる。早く売れて映画やテレビで活躍して「いい加減にして実家に帰って来い」とうるさい親を黙らせたいし、可愛がってくれた爺ちゃんや婆ちゃんを喜ばせたいし、田舎の友達を驚かせてざまみろと思いたいし、異性に、モテたい!! と、思ってる。この望みは役者になりたい奴とか、役者なら誰でも持ってる健全な欲求に間違いないし、どんなすごい役者もその気持ちをバネにのし上がってきた。
じゃあ、その「成功」を掴む為に、現状から成功までの、あなたが歩む「道のり」そこ、どんなイメージ描いてる?

そのうち、誰かの目に止まる、 ↓仕事が入る、 ↓いい演技できて、 ↓またその上の誰かの目に止まって、いい役もらって、 ↓業界で噂の役者になって、 ↓スターになる!=まあ...こんなことは指くわえて待ってても「絶対に」 ない。し、月日は本当に早く過ぎていって、気がついたら10年過ぎてる。
もしもあなたが本気で成功したいなら、あなたが成功するその日までの「道のり」明日からの具体的な身の振り方をよく考える必要がある。俳優は世界でも困難と言われる特殊な仕事で、そのプロフェッショナルだから長年活躍し生き残っていくには、素人では絶対に無理だ。絶対的なスキルを身につけて、現場で使いこなしていけるようにならなきゃいけない。スキルの習得には、少なくとも、こういう道筋が絶対に必要だ。
演技の技術を正しく学ぶ(コーチから? 劇団の演出家から? 本で独学?)。 ↓学んだ技術を、ひたすら訓練繰り返して身につける。(そういう場、あなたに、ある?) ↓実践の現場に何度も立って、本番の緊張感に負けないようになる。(頻繁に現場に立ってる?) ↓いい演技が出来るようになったら、今度は人目にとまる場で演じて「見つけてもらう」(目に止まる場所に、あなた、いる?)世の中にごまんといる「俳優」や「俳優志望」に差をつけて、あなたは飛び抜けた存在になりたいのだから、学ぶべき演技術は「他の誰も真似できないような圧倒的な演技術」でなきゃいけないし、「身につくまで繰り返して訓練できる場」は、たまに参加するワークショップじゃ全然足りない。

場慣れするまで現場に立つってのは、年に一回や二回舞台の公演してるんじゃ話にならないし、事務所に来る小さな仕事を年に数回こなしてる位じゃいつまでたっても埒があかない。良い演技ができるようになってもその辺の小劇場で寄せ集めのプロデュース公演か何かに出てるんじゃ、あなたの噂は積み重なって行かないから、いつまでたっても誰にも見つけてもらえない。事務所に入って映像の仕事してても、名もないあなたに来る仕事はほんの小さな役だから、演技の力量を発揮することもできない。だからやっぱり誰にも見つけてもらえない。そう。だから、本気で上に行きたい役者は皆、この自分を徹底的に磨くことができる環境「訓練と本番をひたすらできる場」で、なおかつ「注目されて噂になってる目につく場」に自分のポジションを持ちたい、と、探してる。

さて、ここであなたに良い情報かもしれないのが一つ。Prayers Studioっていう演劇集団がある。それは、演劇の本場ロシアの功労芸術家の元で10年以上に渡ってスタニスラフスキー・システムを学び、数千回の稽古と400回以上の本番の舞台を経験し、日本の演技教師、演出家、俳優の、ほぼ誰も知らない「圧倒的な演技」の秘密をマスターして、ハリウッドの秘密兵器と言われる演技コーチからも絶賛された俳優が、最高の演技集団を作る!と言って(2008年)、演技トレーナーになって俳優を育て始め、演出家になって作品を作り、自分たちのアトリエを構えて(2012年)毎日毎日稽古をつけ、公演をしている。この集団は、本気で世界の頂点に立つつもりでいて、その過程の2019年から2020年の新作に参加して一緒に頂点へ全力疾走する「本気」の「新メンバー」を募集している。この集団の強みは観客を引き込む本物の「交流」がある演技のできる俳優を育て、その俳優同士で舞台を作ってること。芝居くさい芝居じゃなく、観客の心にダイレクトに働きかける演技の秘密は誰もが知りたいことだろうけれど、この集団はこの演技力が武器。今やPrayers Studioが開催する俳優向けワークショップは公の告知なしの、口コミだけで開催決定から3日で定員が埋まるのが現状。しかもただ芝居を見せるだけじゃなく、観客参加型の新しい演劇の鑑賞の仕掛け「ドラマトライアル」を作った事で、「演劇好き」とか「出演者の友達」に頼らなくてもお客さんが増えて、さらにリピートを繰り返すという仕掛けづくりにも成功している。つまりこの「場」に参加することができれば、スキルも、場数も、手に入る。役者はいつも監督とか演出家の目に止まって拾ってもらうこと考えてるけど、それは、「向こう」の選択だから、「自分の力」でどうにか出来るものじゃない。「運」にたよって、いつまでも待つしかない。これじゃ、あなたは「確実に」成功することができない。
この集団で作品作って観客増やして世界の頂点に立って皆の目につくようになるって方法は、一見時間がかかるみたいに感じるかもだけど、集団に大勢の観客がついてる俳優で、演技力が抜群だったら、目に留まらないわけないでしょう?業界は、観客を引き込む演技力を持つ俳優が欲しいし、観客が大勢ついてる俳優が欲しい。つまり、あなたが本気で役者として頂点に立ちたいなら、この機会、成功のために最短のコースじゃないかと思うのだけど、どう思う?
Prayers Studioと一緒に全力疾走する人を探す「新人募集」の詳細がこっちにあるので、覗いて見たらいいと思う。

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

雑文2/11

今日は祝日ですが、すっごい寒いですね...。

リニューアルに苦戦しています。これくらいには完成しようと思っていたのですが。

もっとCSSがわかるようにならないと。もっと基本的な本読んだ方がいいのかも。

| Category: [雑文]

2019年2月10日

若手演出家コンクール2018最終選考出展作品 すこやかクラブ『ささやきの海』

演出:うえもとしほ
舞台監督:小林弘直
音響:田中傑
照明:鶴田聡・小坪加奈
衣装:保高美千代
制作:笛木かなえ
音楽提供:スッパマイクロパンチョップ
出演:石原夏実(すこやかクラブ) 甲斐美奈寿 日下麻彩 佐久間文恵

日時:2019年2月26日(火)19:00
3月 2日(土)20:00
会場:下北沢『劇』小劇場
受付開始は開演の45分前より受付順に整理券配布
料金:前売 2000円 ※1枚のチケットで4団体観劇可能(要予約)
ご予約フォーム


すこやかクラブとは
すこやかクラブ うえもとしほ:作・演出・振付・主宰 演出家・振付家のうえもとしほが主宰を務める劇団。2011年に立ち上げ。日常に潜むときめきや不条理をあらゆる身体動作で表現。演劇、ダンス、歌、分け隔てなく取り入れて、総合格闘技格闘技さながらにボディーブローを効かせるのが持ち味。立川市にある旧校舎を活用した文化施設 "たちかわ創造舎" を製作拠点に活動。演出うえもとが第9回せんがわ劇場演劇コンクール演出家賞受賞

 東京にて、若手演出家コンクール2018最終選考出展作品 すこやかクラブ『ささやきの海』が上演されます。
 【絶え間なく波打つささやきは哀しい記憶を呼び覚ます。とりとめもなくさまよう私は、やがてどこへと行きつくのだろう。】どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

すこやかクラブホームページ

(うえもとさん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]

劇団FREE SIZE 特別公演『shuffle! 6』

作・演出 いよく直人
出演 中村利裕 龍太郎 陽 周藤達也 長井愛彩 谷もも (以上、劇団FREE SIZE )
ゲスト(50音順) 青木素姫 奥田咲 黒澤佑來 小濱光洋 桜浩之助 清水万莉 平山恵 村岡海 森川凜子
ジュニアゲスト(Aチーム) 今牧輝琉 石川未寿々 鳥海萌々菜
ジュニアゲスト(Bチーム) 牟田隼輔 熊本梨乃 宮野蘭花

◎チケット 前売3,500円 当日3,800円(日時指定、全席自由)
◎会場 日暮里d-倉庫 (〒116-0014 東京都荒川区東日暮里6-19-7)
◎タイムスケジュール
3月28日(木) A19時~
3月29日(金) B19時~
3月30日(土)B13時~ A18時~
3月31日(日)A13時~ B18時~
・Aチーム・Bチームは、ダブルキャストとなります。
・受付は開演の1時間前、開場は30分前です。
・未就学児童の方の入場はお断りさせていただきます。
公式HPはこちらから!
チケットのご予約は、こちらから!

 東京にて、劇団FREE SIZE 特別公演『shuffle! 6』が上演されます。
 「新作ショートストーリー5本立て!古典落語から着想を得た作品から完全オリジナル作品まで!熱いテーマも熱いメッセージも厚いマニュアルもありません!初めての方でも、どうぞお気軽に!This is the FREE SIZE world!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、ウェブサイトまで。

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]

シーグリーン SF学園コメディ映画の出演者オーディション

国内外映画祭出品と全国劇場公開を予定するSF学園コメディ映画の出演者を募集
『ビアンカ・オーバースタディ』(角川文庫)
原作:筒井康隆 監督:友松直之

【募集内容】
プロダクション『シーグリーン』では、筒井康隆『ビアンカ・オーバースタディ』を原作とする、2019年度製作予定のSF学園コメディ映画の出演者オーディションを開催。
A.メインキャストを含む男女高校生役、B.教師などの他配役を募集。未経験者歓迎。

【応募資格】A15歳~20歳くらいまで。B25歳~上限なし。未成年者は親権者の同意が必要。事務所所属者は事務所からの許可を得ること。
【募集方法】公式サイトの『新人募集』をクリックして頂き、何の情報を見て応募しましたかの欄に『劇場公開映画出演者オーディション』と記入して必要事項を明記して写真(全身と顔)添付にて送信。
または履歴書郵送。名前、ふりがな、現住所、出身地、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、血液型、身長、体重、バスト、ウエスト、ヒップ、未成年の場合は保護者名と保護者の電話番号、学歴・職歴・芸歴、趣味・特技、志望動機
【締切】2月末日消印有効/送信完了
【選考】第一次審査=書類選考(全員に結果を通知)
第二次審査=3月中にオーディションを開催予定(日時と場所の詳細は、第一次審査結果通知時に連絡)
【合格後】配役と並行して製作開始。レベルに応じて短期演技レッスンが必要な場合あり。レッスン料1回5000円~1万円。
【備考】応募書類の返却不可。合否に関する問合せ不可。
【主催】株式会社シーグリーン
【宛先】郵送/〒150-0071 東京都渋谷区本町4-15-7 花田マンション202『2019年度製作予定映画作品出演者オーディション』交差点係
MAIL/こちらのメール シーグリーンホームページ Twitter


(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

雑文2/10

今日は家にいました。やすみ。

昼過ぎに出かけて、歩きにいって、サンドイッチ買ってきました。おいしいところがあるのです。

家でたべたのですがすごいおいしかったです。サンドイッチ好きです。

| Category: [雑文]

2019年2月 9日

自由法人キャッカ 第四回公演キャストオーディション

『愛のために死ねるか?殺せるか?』自由法人キャッカ第4回公演の主役は細川ガラシャ! 歴史上の人物を現代劇に置き換えた戦国ifストーリーで描かれる細川ガラシャの生涯 果たして、愛のために死ねるか?殺せるか? その愛憎劇の行方とは!?
自由法人キャッカではキャストとの新しい出会いを求めて第4回公演の出演者を広く募集致しますしばらく舞台から離れていた方、あるいは舞台にまだ立ったことの無い方、最初は一握りの興味があるだけで構いません。遠慮なくご参加ください オーディションは台本も使ったワークショップ形式で行います(服装は普段着で大丈夫です) たくさんのご応募をお待ちしております

【本番日程】2019年9月6日~9月8日(4~5ステージを予定) ※5日小屋入り
【劇場】阿佐ヶ谷アルシェ
【応募資格】
・20~40代までの健康、かつ、愛憎劇に抵抗の無い男女
・舞台経験は問いません
・最後まで責任を持って作品作りに協力して頂ける方
【捕捉】チケットノルマあり チケットバック1枚目からあり

【オーディション日時】 A:3月24日(日)13:00~17:00 B:4月7日(日)13:00~17:00
※この日程以外を希望される方はメールにてご相談ください
【参加費】\1000
【開催場所】北区内施設
【応募方法】自由法人キャッカのメールアドレスまで、下記の内容をお送りください
タイトル:『ガラシャオーディション』
本文:[1]名前(ふりがな必須)※事務所や団体に所属の方は所属名もお願いします [2]年齢 [3]性別 [4]芸歴・出演歴など(簡単にで構いません) [5]オーディション参加希望回(AorB) [6]連絡先メールアドレス [7]顔のわかる写真(上半身1枚※宣材でも構いませんがSNOWなどの加工は不可)
書類選考の上、通過した方にはメールで連絡させて頂きます 締切は各開催日の前日21時まで

自由法人キャッカホームページ

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

雑文2/9

今日はゼミ生の面談していました。

あと卒業生がたずねてきました。結婚して埼玉にいくんだそうです。しあわせになってほしいです。

夕方は相方と銭湯いってきました。あんまり期待してなかったのですがいいところでした。

| Category: [雑文]

2019年2月 8日

劇団昆蟲圖館 ★舞台をサポートして下さるスタッフ募集中!★

劇団昆蟲圖館『ビニールの城』作:唐十郎

【募集対象】役者・照明操作・照明アシスタント・音響操作・音響アシスタント・舞台美術アシスタント・客席誘導スタッフ
【期間】2019年 9月10日~9月15日
【場所】彩の国さいたま芸術劇場 小ホール (埼京線:与野本町駅下車、徒歩8分)
【条件】
●役者:舞台に興味のある方なら未経験可、年齢不問
●照明操作・照明アシスタント:経験者希望
●音響操作・音響アシスタント:稽古に参加出来る方、未経験可、学生可、年齢不問
●舞台美術アシスタント:未経験可、年齢不問、9/10~9/15のうち、いずれか一日だけでも可
●客席誘導スタッフ:9/12~15のうち、いずれか一日だけでも可
※稽古場拠点・中央線:荻窪駅、西荻窪駅、井の頭線:永福町駅など。

【応募・問合せ】メールにてご連絡下さい。劇団アドレス:こちらのメール
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問合せ下さい。ご連絡お待ちしております。

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

劇団創劇舎劇団員募集 締め切り2019年2月末まで

あなたの夢かなえませんか?創立30年の実績

●創劇舎とは 平成元年『ジャンク』(絞首刑囚の真実の叫び)で旗揚げ。以来、毎年2回の本公演と実験劇場(新人公演)朗読ライブなどジャンルにこだわらず俳優の演技が舞台空間を埋め尽くすアットホームかつ、エネルギッシュな創作活動を展開。本公演38回、実験劇場38回を上演。子どもから大人まで幅広い客層をもつ。座長、俳優である浜田道彦のオリジナル作品『幽遠な真実』『華麗な二人』や『衝★激の笑劇集』等。人間性をテーマに"人間の心の奥深くに光を送ることーこれが芸術家の使命である!"(シューマンの言葉)を根本にして自他ともに倖せになれるよう、活力あふれる公演活動を行なっている劇団です。

●応募資格 16歳~70歳位の健康な男女。経験・国籍は問いません。
●応募資格 こちらのメールまで簡単なプロフィールを送ってください。
●審査 選考の上、面接(無料) 合格後は劇団員として活動してもらいます。
●入団費 10000円
●団費 月12000円、1年後から10000円
●チケットノルマ&ギャランティ チケット 2000円から2800円 ノルマ 20枚~30枚位 ノルマ達成以上全額ギャランティす その他、外部出演は全てギャランティ支給 希望者で実力者は、TV・映画・CM等、マスコミへのプロモートを行います
●稽古 毎週土曜日18:00~21:30田端にて 本番前は週3回位
●問い合わせ TEL・FAX 03-3827-5967(平日10時から16時) メール こちらのメール


(お知らせありがとうございます。)


| Category: [募集情報] [関東]

CiNEAST 映画俳優のための『超実践的』演技ワークショップ『フィルムアクターズラボ』

大好評&初心者歓迎!役になり切るための定番講座。俳優に必要なことの全てを4回だけで習得する究極のワークショップ。優秀者には映画出演のチャンスも!!

■こんなことを学べます
リアリティのある演技を実現するには『自意識から解放される』必要があります。そのためにまず『徹底的な役作り』をすることから学びます。演じる準備が出来た段階でようやく、役作りを『演技に変換する方法』をお教えします。4回のワークショップを通じて、『自然で魅力的』な演技ができるようになります。
瞬発力ばかりを求めた演技指導をしたり、演技ゲームなどは行いません。演劇スクールやほかのワークショップなどでは教えてくれない、映画における『役作り』を独自のアプローチで実践します。どのように脚本を読めば良いのか、何を準備すれば良いのか、役者に何が求められているのかを作り手の視点からお教えします。映画の中で役を生きるために、本当に必要なことを探求するとともに、最終的には役作りの成果を撮影し、編集した映像を観て個別のフィードバックを行います。
これまで参加した方からは、『もっと早く知りたかった』『こんなに理にかなった役へのアプローチを初めて知った』『役になりきる体験ができた』といった感想をいただきました。CiNEASTが自信を持ってお届けする、大好評の定番講座。演技経験のある方はもちろん、短期間で飛躍的に演技力を向上させられるので、演技初心者の方にもおすすめ! オリジナル映画脚本を題材に、映画において監督が役者に求める準備、役作り、脚本の読み方、現場で必要なことなどを習得し、監督から求められる俳優、また呼ばれる俳優になるためのワークショップです。
修了後、希望者は学んだことを実践するための『フィルムアクターズラボ・アドバンス』にお進みいただけます。(※選考あり)

■開催にあたって
どんな現場でも脚本を理解し、しっかりとした準備をすることこそが俳優に求められていると思います。しかし、その一番大切な準備の方法は誰も教えてくれません。このワークショップは、様々な役作りのアプローチの中で、実際に効果があって合理的だと思う方法だけを、誰にでも実践可能な形で独自にまとめた、ここでしか学べない内容です。監督が俳優の方々にどのような準備をしてきて欲しいかを知ることは、どんな作品にのぞむ上でも有益だと思います。監督と役者が自由な表現を試すことのできる実験の場であり、互いに刺激を与え合う機会にしたいと考えています。これから一緒に作品づくりをやっていきたいと思える、才能ある俳優の方々に出会えることを期待しています。

■カリキュラム
第1回:準備(脚本の読み方、役へのアプローチ方法)
第2回:役作り(キャラクターを深める、役と一体化する)
第3回:演技実習(役作りを演技に変換する)
第4回:撮影(役作りの成果を編集した映像からフィードバック)

■こんな方を対象としています
・18歳以上の男女
・本気で役者をやっていく意欲のある方
・演技初心者の方
・映像の演技を学びたい方
・演技経験はあるけれどもオーディションに通らない方
・他のワークショップに定着しない方
・プロの映画監督と接点を持ちたい方
・自分の演技に行き詰まりを感じている方など

■講師プロフィール 園田 新 / 映画作家
立教大学法学部国際比較法学科卒。大学在学中にニューヨークに留学し、映画づくりを学ぶ。テレビ番組のディレクターを経て、2007年、脚本、監督から配給、宣伝まで自らトータルプロデュースした初長編作品『Wiz/Out』が渋谷ユーロスペースにて公開、スマッシュヒットを記録。函館港イルミナシオン映画祭・シナリオ大賞にて自身の長編映画用脚本が2作品連続受賞。(2009年『記憶代理人』審査員奨励賞、2011年『リアルファミリー』グランプリ受賞)2013年、釜山国際映画祭が主催するアジアの新進映画作家支援プログラム・AFA(Asian Film Academy)の監督として選抜される。2017年、新作長編映画『リバースダイアリー』を製作。同作は現在までに国内外20を超える映画祭に招待され、最優秀作品賞を含む11の賞を獲得。

■開催スケジュール
全4コマ+撮影&編集した映像でのフィードバック ※進行状況によって20分程度延長になる場合あり
・通常クラス・東京
3/1(金)18:00~21:00
3/8(金)18:00~21:00
3/15(金)18:00~21:00
3/22(金)18:00~21:00
・集中クラス・東京
3/28(木)10:00~17:00 ※3時間×2コマ(休憩あり)
3/29(金)10:00~17:00 ※3時間×2コマ(休憩あり)
■開催場所 東京都品川区大井町
■参加費 2万5千円(税込)(※定員10名程度、先着順とさせていただきます)
■応募方法 ホームページよりお申込みください

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

雑文2/8

今日は朝から晩までお仕事でした。これで一段落。

途中で会議を抜けて作業していたのですが、それで長い会議につきあわなくてよかったです。

あと次の会議も、次の予定があるからといって早く終わりました。わーい!毎回こうしよう!

あとはゼミ生の面談して、駅までいっしょに帰りました。話せるからいいです。

電気グルーヴ「TROPICAL LOVE TOUR 2017」みました。めっちゃかっこよかったです。みてよかった。

| Category: [雑文]

2019年2月 7日

座キューピーマジック5月公演出演者募集!

題名:『ハムレットのための特別席』
公演日程:2019年5月29日~6月2日
劇場:下北沢劇小劇場

若い頃に将来を嘱望された舞台俳優がある事件を起こして芸能界から干され、現在は場末の喫茶店の雇われマスターとして日々を過ごしながら復帰を模索しています。そんな父親に失望と怒りを感じている女優志望の娘。父娘の確執を中心に、家出して来た姉やその息子、ゲイの友人、別れた妻、狂信的なファンの女、気弱なマネージャー、娘の優しい恋人、さらには妖精パックや魔女たちまでが登場して来て主人公を追い詰めて行きます。果たして出口はあるのか!

座キューピーマジック第70回公演演目『ハムレットのための特別席』を上演します。常連のメンバーに加え今回新しい出会いを期待して、出演者を募集します。
今回の募集は男女優数名。年齢は18歳~50歳まで。興味を持っていただけたら、まずご連絡ください。台本とスケジュールなどの詳細書類を郵送します。その上でご検討をお願いします。
こちらのメールに、お名前、年齢、郵便番号、ご住所を明記の上、写真を添付してお申し込みください。
公式ホームページ

(田窪さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

雑文5/7

今日もわりと肉体労働。年に数回しかないやつ。

わりとてきぱき片付けました。これでいい。

夕方は相方とスーパー銭湯いってきました。整うな~。

ずっと気になっていたうどんやさんにいったら、23時間営業だしたこ焼き売ってるしでおもしろいお店でした。

| Category: [雑文]

2019年2月 6日

演劇やろう会第10期公演『練馬版・父帰る』

作・演出:演出/脚本  畑嶺明
キャスト:■赤組:水沢有美(歌手、女優、声優)、御宿このむ、田原みずほ、鴨志田ヤスヒロ、清水理紗子、古川祐樹、熊谷里美、星野瞬、佐藤コウジ、鈴木竜太、濱田美波、水野里美、廣川千紘、睦 ■白組:御宿このむ、田原みずほ、浅野嘉隆、林昇輝、美保、藤井みん、星野瞬、佐藤翼、小林大祐、高峰華、籾山沙央里、皆口湖雪、睦
スタッフ:舞台監督:富田一三


日時:公演日 2019年5月4日(土)~5月5日(日) 4日(土)赤組15:00開演 白組18:30開演 5日(日)白組13:00開演 赤組16:30開演
場所:野方区民ホール 〒165-0027 東京都中野区野方5-3-1 野方区民ホール 電話 03-3310-3861 FAX 03-3310-3860 開館時間 9:00~22:00
アクセス ◇座席表
料金:チケット:各回ともに全自由席2,000円(税込み) * 一日通し券は3,000円(税込み) *小学生低学年以下、入場不可

 東京にて、演劇やろう会第10期公演『練馬版・父帰る』が上演されます。
 「30年前突然家族を捨てて出て行った男。年老いて、ふいに家族の前に現れる。衝撃の娘・・・『あなたなんか死んだと思っていた!』 私の前に二度と現れないで!男は何をしに来たのか? 娘に何を言いたかったのか?そして・・・娘の父への本当の思いとは?
 作者の畑嶺明先生の実体験を織り交ぜたオリジナル書き下ろし作品です。感動必至の作品ですので是非皆さんお誘い合わせの上ご来場ください。多くの方に是非見てもらいたい作品となっています。白組出演者:浅野嘉隆より」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせ・ご予約は、こちらのメールまで。

演劇やろう会公式HP
facebook
twitter : @engekiyaroukai


(浅野さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]

謎のキューピー 第14回公演【ゾ・ゾ・ゾンビ】

●脚本● 立川志らく
●演出● 酒井莉加
●出演● コロンボデンゾー(謎のキューピー)、野崎詩乃、田中絵梨、浦田有、久保京子、篠崎徳光、箱田博之、ハマジュン、松原蓮之介、村田真一、立川
らくまん、タコ太郎(謎のキューピー)

2019年2月14日(木)~17日(日)
中野・スタジオあくとれ(東京都中野区中野2-11-2 サン中野マンションB1)
●タイムテーブル●
2月14日(木) 19:00
2月15日(金) 14:00/19:00
2月16日(土) 13:30/18:00
2月17日(日) 13:30
●料金● 予約3,000円 当日3,500円
【Uー15】前売り1500円、 当日2000円
【リピーター割】1500円 ...半券をご提示下さい
●ご予約● 予約フォーム(劇団扱い) ※出演者扱いのフォームもあります※


 東京にて、謎のキューピー 第14回公演「ゾ・ゾ・ゾンビ」が上演されます。
 「女優・演出家で、落語家・立川志らくの妻でもある酒井莉加が主宰。志らく主宰劇団、下町ダニーローズの親子劇団として年2回程度のペースで公演を重ね、本公演12回、特別公演1回、計13公演。珍しいゾンビものの演劇です!いかがでしょうか?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]

日本劇作家協会《劇作家・俳優募集!》3/11・18・19・20『せりふを読んでみよう』講師=土田英生(応募締切:2/20)

《劇作家&俳優&見学者募集!》
★ 日本劇作家協会『せりふを読んでみよう』★劇作家と俳優のためのせりふの読みかたワークショップ ⇒詳細

《『楽譜のように読む』 ── 土田英生 》
『台本を手渡されたものの、最初にどう声を出したらいいのか分からない。そうした経験を多くの俳優はしています。音楽のことを考えてみます。楽器などは誰が演奏しようと音程やリズムは基本的に同じです。楽譜に従って演奏すればいいからです。それをクリアした上に個々の表現なるものは生まれる。実は演劇も同じだと考えます。俳優にとって個性は大事ですし、他とは違う自らの魅力探しも必要ですが、『楽譜通りに音を出す』ということには無頓着な気がします。演劇における楽譜は......台本です。台詞の音は台本に書かれています。しかし、俳優がそれぞれ勝手に読み、バラバラに好きな声を出していては曲になりません。今回の講座では正確に譜面(台本)を読み、その通りに演奏(演技)するということに焦点を当てます。講座本体は俳優向けですが、それに伴い私を手伝ってくれる若干名の劇作家も募集します。講座の中でテキストを提供してもらい、楽譜として機能しているかどうかを一緒に検証したいと考えています。これは劇作をしていく上で役立つスキルだと思います。

[講師プロフィール]土田英生(つちだひでお)
劇作家・演出家・俳優。MONO代表。1967年、愛知県生まれ、京都在住。1985年の立命館大学入学と同時に演劇を始め、89年にB級プラクティス (現MONO)結成。90年以降の全作品の作・演出を担当。99年に『その鉄塔に男たちはいるという』でOMS戯曲賞、2001年に『崩れた石垣、のぼる鮭たち』で芸術祭賞優秀賞。2010年から2013年まで『日本の劇』戯曲賞の最終選考委員、2014年より北海道戯曲賞の最終選考委員。劇作と並行して映像脚本の執筆も多数。ドラマ『斉藤さん』『崖っぷちホテル!』、映画『約三十の嘘』『初夜と蓮根』など。2017年、小説『プログラム』(河出書房新社)を上梓。

【スケジュール】
・3月11日(月) 《一般公開》13:00ー16:30=オリエンテーション+稽古
・3月18日(月) 終日=稽古
・3月19日(火) 終日=稽古
・3月20日(水) 10:30ー12:00=稽古/《一般公開》13:00ー16:30 リーディング+講評+トークセッション
【最終日トークセッション】
・3月20日(水) 15:00ー 土田英生 ほか
(登壇者は決まり次第、劇作家協会ウェブサイトにて発表いたします。)
【会場】芸能花伝舎 創造スペース[住所:東京都新宿区西新宿6-12-30] 11日=C1 / 18日=C2 / 19日・20日=B1b

◎ 申込み
○応募・予約受付期間
[受講]俳優=2月6日(水)0:00ー20日(水)23:59締切
[聴講]劇作家=2月6日(水)0:00ー20日(水)23:59締切
[見学]一般=2月12日(火)正午より[*定員に達した場合は、受付を締め切ります]
◯募集要項
*俳優・劇作家共通
[定員]俳優=10名程度/劇作家=5名程度
[応募受付期間]2019年2月6日(水)0:00ー20日(水)23:59
[応募先]こちらのメール
[選考]
・応募後3日以内に受付確認メールをお送りします(土日祝はやや遅れる場合があります)。
・書類選考ののち、2月26日(火)夜までに参加の可否をメールでご連絡します。
・上記アドレスからのメールが受信できるようご設定ください。

*俳優
[受講料]4日間 4,000円 (別途テキスト代がかかる場合があります)
[応募条件]
・全4日間の参加が確実に可能な方。遅刻・早退不可。
・20歳以上
・舞台経験2年以上
・プロの俳優として生計を立てていくことを目標にしている方、特に戯曲の読解を学びたい方
[応募方法]
メールのみ受付/経歴書(サイトよりダウンロード)と写真2枚をメール添付で送付。⇒詳細をサイトで必ずご確認ください。

*劇作家
[参加費]無料 (別途テキスト代がかかる場合があります)
[応募条件]
・全4日間の参加が確実に可能な方。遅刻・早退不可。
・年齢不問
・1作以上の戯曲執筆経験のある方
・今後も書き続ける意志をお持ちの方、プロの劇作家を目指す方
[応募方法]
メールのみ受付/経歴書(サイトよりダウンロード)をメール添付で送付。
⇒詳細をサイトで必ずご確認ください。

*一般見学
[予約受付開始日]2月12日(火)正午より(*定員に達した場合は、受付を締め切ります)
[参加費]無料
[一般公開対象日]
・3月11日(月) 13:00ー16:30=オリエンテーション+稽古
・3月20日(火) 13:00ー16:30=リーディング+講評+トークセッション
**両日来場の他、どちらか1日のみのご予約も承ります
[予約方法] 受付開始日以降にサイトに設置の予約フォームよりお申込みください。
ご予約案内

◎お問合せ 松本 悠・国松里香 日本劇作家協会 事務局
TEL: 03-5373-6923 MAIL: こちらのメール (せりふWS専用)

(松本さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

市民劇場TAMA第51回公演(結成35周年記念公演)メインキャストおよびアンサンブル募集のご案内

市民劇場TAMAは、多摩市を拠点として活動する地域劇団で、来年創立35週年を迎えます。その記念公演として、2004年および2006年に上演し好評を博したこどものためのミュージカル『三匹のネコものがたり~長靴を履いた、ドレニャン、ミファニャン、ソラニャン~』を、再び上演致します。
そのメインキャストおよびアンサンブルの出演者を募集します。演技未経験でも大歓迎です。一緒に舞台を作って行きませんか?是非お力をお貸しください。

◆上演作品 『三匹のネコものがたり~長靴を履いた、ドレニャン、ミファニャン、ソラニャン~』
◆公演日程(予定)2019年
8月10日(土) 仕込み
8月11日(日) ゲネ / 本番1回目
8月12日(月祝)本番2回目 / 本番3回目
◆会場 東京都多摩市関戸公民館 ヴィータホール
◆応募資格
<メインキャスト> 年齢18~20代 性別不問 演技経験不問 歌が歌えること
<アンサンブル> 18歳以上 性別不問 演技経験不問 合唱の場面がありますので、歌に自信がある方
連絡をしっかりとれる方 稽古参加は必須ですが、相談可能です
◆稽古 毎週土曜日夜間 多摩市内および近郊の稽古場 本番間近には、土日祝の昼夜に稽古が入る場合があります。
◆参加条件
<チケットノルマ> なし
<公演参加費> あり(お問合せください)
<チケットバック> 1枚目より全額バック
◆応募締切 2月末日まで随時受け付け

◆応募方法
1)氏名 2)年齢 3)生年月日 4)身長 5)住所 6)連絡先(メールアドレス) 7)所属事務所/劇団など(無所属の方は未記入で構いません) 8)芸歴(初めての方は未記入で構いません) 9)自己PR
以上1)~9)をすべて明記の上、写真2点(バストアップ&全身)を添付してこちらのメールまでご応募ください。
※写真はスマホ等ご自身で撮影したもので構いませんが、顔、全身がハッキリわかるよう撮影してください。
※ご応募、お問い合わせいただいた方にはこちらからご連絡させていただきます。
※応募による個人情報は、採用者の選考及び、その後の手続きを行う目的で利用するものであり、第三者に開示いたしません。
市民劇場TAMA 担当 寺園

市民劇場TAMA公式ブログ
市民劇場TAMA FaceBook
市民劇場TAMA Twitter
劇団員になろうよ 市民劇場TAMAページ


(寺園さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

雑文2/6

今日は朝から夕方までみっちり働きました。すっごい早起きしたし。

夕方は御屋形様のライブ。仕事が押すだろうと思っていたら、おもいのほか早く終わってうれしかったです。間に合いました。

そしてライブは超たのしかったです。すかっとしました。いつも新しい驚きと笑いがある。

| Category: [雑文]

2019年2月 5日

劇団★kocho35周年記念公演『音楽劇 月曜日は○○の日』

脚本・演出/桜さがみ
CAST(kocho) まえだふう まえだみんと まえだもか しょーじ 宮叶子
ユキサユリ 牧田璃子  江崎実祐 村山弘基 岩﨑陸 為田ひより
GUEST 伊藤えん魔 早川丈二(MousePiece-ree) 井路端健一(演劇集団・ザ・ブロードキャストショウ) りん(松竹芸能) 松岡愛奈 佐々繁帆果(エイべックスマネジメント(株)) 塩竈葵 たーりー(劇団コミックパワーボックス) 南光愛美(劇団猫の森)   美津乃あわ

2019年3月30日(土) 15:00/19:00開演 
2019年3月31日(日) 12:00/16:00開演
HEP HALL 大阪市北区角田町5-15 (HEP FIVE 8F)
一般 前売3,000円 当日3,500円 22歳以下 前売2,000円 当日2500円(当日身分証提示)※未就学児童の入場はお断りしています。
日時指定/全席自由席  受付は各開演45分前 開場は開演30分前
●シバイエンジン予約 『月曜日は○○の日』
●ブログ予約 『kochoとゆかいな仲間たち』
劇団☆kochoメール予約
お名前・電話番号・ご希望日時・チケット枚数をお知らせください。返信をもって受付完了とさせて頂きます。
●HEP HALL 電話予約 06-6366-3636( 11:00~18:00 )


 大阪にて、劇団★kocho35周年記念公演『音楽劇 月曜日は○○の日』が上演されます。
 「うわべだけの賛辞、差し障りのない適当なお付き合い。それがご近所さんとうまく生き抜く方法。プライバシーという名の壁で守り、武装しながら生きる主婦たち。そんな強者の中に、突然放り込まれてしまったある女子高生。学業と主婦業、次々と巻き起こるハプニングの数々。女子高生 VS 主婦!反抗期世代と更年期世代のバトルヒューマンコメディ。果たして女子高生の未来は!?
 劇団創立35周年記念公演にふさわしく、劇団にゆかりのあるゲスト陣を招き、超日常エンタメ演劇の世界観を演出。ヒロインは現役JK。勢いのある若手のフレッシュな演技と華やかなダンス。kocho女優陣の優しい表現に実力派ゲストの光る演技。昭和の香りが漂う笑いを平成生まれの若手が担う平成最後の舞台。暑苦しくさわやかな感動に包まれる渾身の作品。お見逃しなく!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [近畿]

コルバタ出演者募集!ノルマなし、バックあり!

コルバタ主催第23回公演『キタナイ涙(仮)』
脚本・演出 友池一彦
主演を含む出演者を大募集!!!

【公演概要】
◆公演:『キタナイ涙(仮)』
◆脚本:友池一彦
◆演出:友池一彦
◆チケット:\3800
◆顔合わせ:2019年4月下旬
◆公演期間:2019年5月29日~6月2日
◆劇場:新宿スターフィールド (約100席)
◆ノルマ無し(多く売れる方はギャラ制) バックもあり
◆稽古; 現在予定が未定ですが、約一ヶ月前より週3回、本番一週間前から集中稽古に入らせて頂きます。集中稽古は基本13時~21時

【募集要項】
◆資格 14歳以上。性別・国籍・経験不問 未成年・プロダクション所属の方は事前に許可を得ること 4月下旬開始の稽古、及び5月本番に参加出来る方。
【応募方法】
◆メールの場合 名前・性別・生年月日・経歴・連絡先・自己アピール・上半身、全身写真 上記をメールにてお送り下さい
応募締切 2019年2月22日まで
お問い合わせにつきましても、上記アドレスにてお受けしています。 *書類審査を通過された方には、折り返しご連絡致します。
【締 切】メール:2019年2月22日23時まで
プロフィール
松竹芸能で『友池さん』としてピン芸人・役者として活動しつつ、本名の友池一彦として演劇やドラマシナリオの脚本家、TV・ラジオの構成作家として活動中。演劇ユニット・チーム進火RON主宰。2017年から商業映画の脚本も手がける。2014年『レイの定食屋』で浅草喜劇台本優秀作品受賞。脚本演出の舞台『けっ!セラセラセラ~知らなすぎた男~』か゛阿佐ヶ谷演劇奨励賞を受賞。2015年脚本・演出をした『伯父の魔法使い』『ヤバい!は気から』か゛下北沢本多グループ主催の演劇賞の三冠に輝く。8月に脚本提供した『あのコがエロいのはボクのせいだ!』でコリッチ月間満足度ランキングで劇団四季に次いで2位にランクインする。2016年9本の演劇作品を発表し、小劇場で完売公演を続ける。2017年映画『すんドめ!New』『すんドめ!New2』に脚本家として商業映画に進出。2018年脚本を担当した東映系全国公開映画『ちょっと待て!野球部』(須賀健太主演)が公開。

コルバタホームページ

(まるさん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

2019年銀座九劇アカデミアワークショップ第3弾

銀座九劇アカデミアです。2019年銀座九劇アカデミアワークショップ第3弾は!!演劇ユニット『ポツドール』を結成。2006年『愛の渦』で第50回岸田國士戯曲賞受賞。そして映画監督としても活躍する三浦大輔さんがてがけるワークショップ。題名は『『映像』『舞台』、両方できる役者になる』先ずはコメントをどうぞ。

【三浦大輔さんコメント】今までワークショップを何度かやってきましたが、今回のようなテーマでやることは初めてです。映像、舞台、偏りなくやってる自分だからこそ、伝えられるものがあるような気がしています。俳優さんにとっても、両方を偏りなくやることを理想としている人は多いはずです。もちろん、演技するということにおいては一緒ですが、技術的な面では、それぞれに求められるものは、けっこう違います。そこを考え抜いてもらって、映像、舞台、それぞれの『コツ』をしっかりと掴んでいただきたい。そして、最終的に、結局、本質は一緒だという意識まで到達できればシメたものです。欲張って、両方できる役者になりましょう。テキストは僕の作品の台本を使います。これはジャンル関係なく、演技することの『恥ずかしさ』についても、もう一度、考え直す機会になってほしいと思っています。短い期間です。大いに恥をかきに来てください。いい出会いになることを期待しています。

<講師プロフィール> 三浦大輔(みうら・だいすけ)
1975年12月12日生まれ。北海道出身。脚本家、演出家、映画監督。早稲田大学の演劇サークルを母体に、96年に演劇ユニット・ポツドールを結成。以降、主宰として全本公演の脚本・演出を手掛ける。06年、『愛の渦』にて第50回岸田國士戯曲賞受賞。近年の主な舞台『失望の向こう側』(14/作・演出)、『母に欲す』(14/作・出)、『禁断の裸体』(15/演出)、『娼年』(16/作・演出/原作:石田衣良)等。映画作品に『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(10/脚本・監督)、『愛の渦』(14/原作・脚本・監督)、『何者』(16/脚本・監督)、『裏切りの街』(16/原作・脚本・監督)、『娼年』(18/脚本・監督)がある。
以下、詳細です。

<タイトル>『『映像』『舞台』、両方できる役者になる』
<スケジュール(開始日~終了日)>2019年3月18日(月)20日(水)22日(金)24日(日)
<シラバス>映像を前提とした演技、舞台を前提とした演技、その違いと共通点を再度、考え、それぞれの基礎体力をしっかりとつけてもらおうと思います。三浦大輔作品の台本を使い、実際に、カメラの前、そして、観客の前、その意識の違いを体感しながら演じてもらいます。同時に、その過程において、自分自身と向き合い、映像、舞台、それぞれの分野で、個々が役者として、生き抜く術を見つけてもらえることを願います。

<イベント回数>全4回(全日程 参加可能な方)
2クラス制(クラスをお選びください)
3月18日(月) [1]12:00~16:00 [2]17:00~21:00
3月20日(水) [1]12:00~16:00 [2]17:00~21:00
3月22日(金) [1]12:00~16:00 [2]17:00~21:00
3月24日(日) [1]12:00~16:00 [2]17:00~21:00
<参加費>30,000円(税別) 税込み32,400円
<定員>各クラス 最大20名 条件18歳以上(未成年の場合は保護者承諾必要) 応募締め切り3月3日(日)締め切り日時点で応募多数の場合は選考があります。
記事にもなっています。よろしくお願いします。

銀座九劇アカデミアホームページ


(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

2019年2月 4日

さくらさくらカンパニー第22回公演『Déjà Vu ~碧血の夢~』

脚本・演出 中野 圭子


神戸公演 2019年4月6日(土)  12:00 / 15:30
【チケット料金】 前売:2300円 当日:2500円
【場所】神戸アートヴィレッジ(B1F) KAVCシアター 〒652-0811 神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号 TEL:078-512-5500
東京公演 2019年5月11日(土) 14:30 / 19:00
■昼の部  13:00~ L.PRODUCTS ★ 14:30~ さくらさくらカンパニー
■夜の部  17:30~ L.PRODUCTS ★ 19:00~ さくらさくらカンパニー
【チケット料金】 2,000円(2作品共通観劇券)
【場所】 ひの煉瓦ホール(小ホール) 〒東京都日野市神明1-12-1 TEL:042-585-2011
☆ 詳細、チケット購入はコチラへ  e+ イープラス http://eplus.jp チケット発売中!

また公演の出演者も募集中! 10日間で作る!! 新感覚の時代劇。新選組の物語
幕末という時代を駆け抜けた志士たちの物語を全10回のワークショップで仕上げます。 ラストの10回目には神戸の劇場にてプロの音響・プロの照明が彩る中、さくらさくらカンパニー第22回本公演として上演いたします!詳細はウェブサイトをご覧下さい! 締め切りは2月10日、お急ぎください。お問い合わせはこちらまで。

 神戸、東京にて、さくらさくらカンパニー第22回公演『Déjà Vu ~碧血の夢~』が上演されます。
 「北の地で土方が見た白日の夢とは何だったのか...幕末の京都にかつてその名を轟かせた新選組。しかし幕府の衰退とともに、彼らは追い立てられるように都を後にする。逆賊として処刑された局長・近藤勇、病に倒れた一番隊隊長・沖田総司の果たせなかった思いを胸に副長・土方歳三は、榎本武揚を中心とした旧幕府軍と共に最果ての蝦夷地で最後の戦いに挑む。
 ひの新選組まつりとタイアップした、さくらさくらカンパニーとL.PRODUCTSによる友情公演!枠にとらわれないパフォーマンスユニットさくらさくらカンパニーと時代劇中心の芝居を上演するプロデュース劇団L.PRODUCTS 関東・関西の2つの団体がこの日のために特別に用意した2作品を一度に見れるのはここだけ!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


さくらさくらカンパニーホームページ

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東] [近畿]

ミュージカルカンパニー イッツフォーリーズ オーディション参加者募集

イッツフォーリーズは、日本の創作ミュージカルの第一人者・故いずみたくが、ミュージカルを専門に上演する劇団として、昭和52(1977)年に創立。子どもから大人まで幅広い年齢層に向けたミュージカルを全国で公演しています。劇団員は、劇団公演以外にも外部作品の舞台やテレビ、CM、イベント、また市民ミュージカルやワークショップの講師・スタッフとしても活動をしています。
この度、2019年度新規劇団員のオーディションを実施致します。イッツフォーリーズに所属し私たちと一緒に幅広いジャンルで活躍しませんか?皆様のご応募をお待ちしております。
【イッツフォーリーズの主な作品】
ミュージカル 『ゲゲゲの鬼太郎~十万億土の祈り唄~』ミュージカル『ルドルフとイッパイアッテナ』ミュージカル『小さい"つ"が消えた日』ミュージカルコメディ『死神』
ミュージカル『遠ざかるネバーランド』ミュージカル『じぃじのふしぎなレストラン』ミュージカル『ナミヤ雑貨店の奇蹟』ミュージカル『青空の休暇』
【劇団メンバーの主な外部出演、出演予定作品(2018~2019年4月)】
●舞台 NHK『おかあさんといっしょファミリーコンサート』ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』きかんしゃトーマスファミリーミュージカル『ソドー島のたからもの』リサとガスパールTHE MUSICALダンス!ダンス!ダンス! 舞台『おおきく振りかぶって~夏の大会編~』江古田のガールズ10周年記念特別公演『極楽』ミュージカル座 ミュージカル『マリオネット』『アイ★チュウザ・ステージ~Stairway to Etoile 2018~』
●映像 NHK Eテレ『おかあさんといっしょ』NHK ドラマ10『透明なゆりかご』映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』東海テレビ大人の土ドラ『いつかこの雨がやむ日まで』CM『ヨドバシカメラ2018夏編』BS朝日『昭和偉人伝』キリン企業広告サッカー『We're in the same boat 出航編』
【イッツフォーリーズ関連の公演・イベント(2018年~2019年4月)】
・ミュージカルコメディ『死神』2019年1月~4月 全国巡演
・ミュージカル『ルドルフとイッパイアッテナ』2019年3月27日(水)~31日(日)(六本木 俳優座劇場)
・ミュージカル『空気のなくなる日』2019年3月30日(土)~31日(日)(六本木 俳優座劇場)
【応募要項】
◆資格...[1]18歳以上
[2]心身ともに健康で、プロのミュージカル俳優として自分を磨き続ける努力を出来る方
[3]イッツフォーリーズの作品を観たことがある方(ご覧になったことがない方は『ミュージカルにかける想い』というテーマで400字~800字程度の作文を応募の際に添えてください)
◆応募方法...[1]履歴書または芸歴書1通(レッスン歴とご覧になったイッツフォーリーズの作品名を明記) [2]写真(上半身、全身各1枚) [3]歌唱審査用の自由曲ピアノ伴奏用譜面(自分の歌うKeyのモノ) 以上を下記住所に郵送
◆選考方法...書類審査後、合格者のみ実技オーディション
◆審査内容...歌(自由曲)・ダンス(当日振付)・演技審査(台詞)
【審査日】2019年 3月10日(日)[予備日11日(月)] 応募締切...2019年3月1日(金)必着
【応募・問い合わせ先】〒111-0051 東京都台東区蔵前2-4-5 K-FRONTビル8F オールスタッフ『イッツフォーリーズオーディション』係 TEL03-5823-1055(平日11:00~19:00/担当...劇団オーディション係)


(お知らせありがとうございます。)


| Category: [募集情報] [関東]

劇団NAC 公演前『智恵子抄』(高村光太郎)ワークショップ&オーディション

■公演前作品『智恵子抄』(高村光太郎)演技ワークショップを開催致します■
毎回、配役を変えながら脚本を読みます。初心者も大歓迎。俳優に必要な技術も学べます。最終的には役作りをしながらたち稽古まで経験できます。舞台出演希望者はオーディションあり。
■参加資格
・18歳以上の男女
・本気で頑張る意欲のある人
・経験不問
■講師 演出家(日本演出家協会員)・劇団NAC主宰・舞台女優 柴崎紀美
☆丹波哲郎の丹波道場出身 俳優の丹波哲郎の映画『大霊界』などテレビ・映画・舞台にて25年活動。途中、プライベートの事情で一時休業後、2000年、新聞記事の公募から抜擢され、舞台『藪の中』(芥川龍之介)の『真砂』役で主演、舞台復帰。丹波道場時代に脚本家、柏倉敏之氏(テレビドラマ『太陽に吠えろ』等)に出会い、2002年に劇団NACを旗揚げ。女優、主宰、演出家として活動。『夏の夜の夢』シェイクスピア、『奇跡の人』などを演出。アイデンティティの喪失をテーマにしながら、特にシェイクスピア作品に於いては、いつの時代を創っても現代的であることをモットーに、そしてリアリティを大切に考えている。

★開催内容 配役を変えながら本読みからのフィードバック(連続開催)後に、立ち稽古。オーディション
★開催場所 西新宿公共施設、他
★参加費 一回4000円(教材費込み) ※ 月 15000円

★お問い合わせ こちらのメール 090-9306-8952 柴崎

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

アクターズワークス 一日だけのマイズナーテクニック体験トライアルクラス!!&アクターズワークスの4月ウィークエンド声優特別クラス!

アクターズワークス 一日だけのマイズナーテクニック体験トライアルクラス!!

『アクターズワークスを試そう!!!!』マイズナーテクニックワークショップを体験できる一日だけのトライアルクラス 参加者募集

『アクターズワークスWSや、マイズナーテクニックに興味はあるんだけど、実際はどんなレッスンなんだろう?いきなり10日間か・・・』というご意見が寄せられました。それにお応えすべく、一日だけのトライアルクラスを企画いたしました!短い台本を使って、実際に演じてみながら『マイズナーテクニック』での考え方やポイントをレクチャーしていきます。『俳優はどう演技したらいいのだろう・・・どうやって場面を演じていくのだろう・・・』俳優のそんな疑問を整理する時間、自分の学ぶポイントを見つける時間、そんな時間が提供できたらと思います。エクササイズクラスの持っている意味がよりよくわかる時間になると思っています。また、このクラスにはエクササイズクラスを受講済みの方々も参加予定です。その俳優さん方のお話しもぜひ聞いてみていただけると嬉しいです。ご参加をお待ちしております。

【講師プロフィール】 柚木佑美(ゆうきひろみ)
舞台や映像で活躍。'95、ネイバーフッドプレイハウス出身のキャリー・ジベッツ先生と出会い、役者としてトレーナーとしてサンフォード・マイズナーテクニックを学ぶ。新国立劇場演技研究所常任講師。NHK大河ドラマ、朝の連続テレビ小説 月曜ドラマ、23時ドラマなどのアクティングトレーナー。(講師暦詳細)

日時:3/30(土) 14:00~21:00 うち休憩1時間
場所:都内スタジオ
参加資格:18歳以上/俳優・俳優を目指す心身ともに健康な方
定員:16人
締切:3/20(水)
受講料:10000円
申込方法:お名前、ご住所、電話番号、年齢、簡単な自己紹介をご記入のうえ、メールにてお申し込みください。折り返しご連絡いたします。
※お手続き終了後のキャンセルはご遠慮いただきます。あらかじめご了承ください。

お申し込み、お問い合わせは E-mail : こちらのメール アクターズワークス ワークショップ実行委員会まで




アクターズワークスの4月ウィークエンド声優特別クラス!

昨年初めて開催したアクターズワークスによるプロの声優のためのWS。ご好評につき今年も開催いたします! 『声優は俳優以上に俳優である!』台本・場面をどう理解し役を声で演じるかを体験していただきたいと思います

【WS概要】普段"声"だけで演じている声優の方々に、洋画ドラマアフレコの練習で使う作品を題材に1シーンを実際に"身体"を使って"演じ"て頂きます。その体験を通じて、ドラマのシーンがどう成り立っているか、そこで何が起こっているか、を身体で理解していきます。その方法は、ドラマの中で起こっている相手役とのコミュニケーション(セリフは『台詞』ではなく会話である)を、アクターズワークスで俳優が行うエクササイズを使い、相手役との"感情"を使ったコミュニケーションで体験してみます。そのうえで、その1シーンを実際にアフレコしてみます。

【トレーナー】柚木佑美(ゆうきひろみ)
アクターズワークス主宰。舞台や映像で活躍。マイズナーテクニックを基本に20年以上WSを開催する。新国立劇場演技研究所常任講師、NHK大河ドラマ、朝の連続テレビ小説などのアクティングトレーナーを務めた経験を持つ。(講師暦詳細)
【サブトレーナー】室園丈裕(むろぞのたけひろ)
オフィス薫所属。主に洋画、アニメ、ナレーションの声優として活躍。出演作品多数。10数年にわたり後進の指導も行っている。(出演歴等)

【日程】2019年4月6日(土) 7日(日) 両日とも 14:00~17:00 18:00~21:00
※天候によってやむをえず、変更する場合があります。
【会場】 都内スタジオ
【定員】 最多18人( 応募者多数の場合、書類審査をさせていただきます)
【申込締切】 2019年3月27日( 水)
【受講料】 17,000円 (※アクターズワークスのエクササイズクラス受講済みの方は15,000円)
【受講条件】 18~35歳の、プロの声優もしくはプロの声優を目指す新人の方で心身ともに健康な方

【申込方法】  お名前、ご住所、電話番号、年齢、簡単なプロフィールをご記入のうえ、メールにてお申し込みください。折り返しご連絡いたします。
お申し込み先、お問い合わせ先 / アクターズワークス ワークショップ実行委員会
E-mail こちらのメール
※お手続き終了後のキャンセルはご遠慮いただきます。あらかじめご了承ください。

【アクターズワークス声優WSについて】
声優とは・・・声で表現する俳優。海外ドラマやアニメの中の『役の人物』にセリフを入れていく仕事。声優の養成所やレッスン機関の稽古は・・・VTRの人物の口の動き(音声モニターの声)に合わせて、決められた日本語のセリフをしゃべっていく練習をする。ちゃんと尺を合わせられるように・・・画の中の役者のニュアンスを出せるように・・・台本をもらったらすぐに、間違えないように、完璧なタイミングで・・・セリフを入れられるように・・・リハーサルをする。でも、現場に出るとディレクターからは『それではただ喋ってるだけ』『画をよく見て』とダメ出しが来る。どういうこと!!! 画、見てるし!!! 間違えてないし!!!!どうすればいい!!!画面の中の役は、生身の人間が体を使って演じている、当たり前のことだが。このことをもっと真剣に考えるべきではないだろうか。『役を演じる』ことがわからないと、『声』は発せられない。こんなエピソードがあった。声優の訓練など受けず初めてアフレコをやることになった『俳優』は、渡されたVTRを見て、『まず役作りからしないと、一言も言えない!』と思い、自分が演じる時と同じように役作り・台本読解をし、それからやっと声あてる練習ができたそうだ。この仕事中、他のことは何もやる時間がなかった・・・と言っていた。その話を聞いた仕事を始めたばかりの若手声優は、『本当はそうじゃなきゃダメなんですけど、時間がなくて』と。これはどういうことだろう!まさに、画の中の俳優はまず台本を読んで役作りをし、自分がその『役の人物』になって動き、セリフをしゃべっているのだ。確かに台本などのデータが来るのは遅い!声をあてる練習だけで精いっぱいかもしれない。失敗したら大先輩方、制作側に迷惑をかけ二度と仕事に呼んでもらえないかもしれない!だからこそ、日頃から俳優に負けないくらい『演じる』ことを勉強しておかなくてはならないのではないのだろうか。皆さんが『声』を出すのは、アカデミー級の俳優たちの『声』かもしれないのだから・・・。それこそ仕事が来てからでは時間がない!『声をあてる』だけの練習からいったん離れて、ぜひ、演技の練習をしてみよう。俳優体験をしてみよう。普段『役者の勉強もしている』という方、それがどうアフレコに結びつくのか、やってみよう!2日間という短い時間で、いきなり上達するわけではないだろう。だが、この後、進むべき方向を見つけ出すチャンスくらいはつかめるかもしれない。今後、自分が何を学んだらいいのかを見つけ出すことができるかもしれない。

(森澤さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

株式会社サイ 3月『からだワークショップ』開催!

毎日自分が動かしている身体にも、まだまだ知らないことがある。自分の"からだ"の可能性に気づくワークショップを行います。ダンスや演劇、身体表現をされている方にとって、新たな表現方法に出会うきっかけとなるワークショップです。ダンスなんてやったことない!という方でも大歓迎です!スポーツが苦手、リズム感がなくて踊れない、事務仕事続きで最近運動不足だと思う...でも体を思いっきり動かしたい!という方、ぜひこのワークショップに参加してみませんか?いろいろな方法で体を動かしてみましょう!舞台芸術の様々なジャンルで活躍している講師が、あなたの『気づき』をサポートします。

【日程】3/16(土)
[1]14:00-15:50 徳久ウィリアム/ヴォイス
[2]16:00-17:50 白井さち子/身体表現動きの基礎
3/23(土) 14:00-18:00 松島誠/FUNKTION(表現機能の探求)
3/30(土) 14:00-18:00 小池博史/総合表現
※当日はジャージ、レッスン着など、動きやすい格好でお越しください。スタジオに更衣室がございますので、会場でのお着替えも可能です。
【場所】スタジオサイ (東京都中野区新井1-1-5 1F) JR中野駅より徒歩10分
【参加費】1日のみ 5,500円 3回通し 15,000円
【授業内容】
3月16日 徳久ウィリアム<ヴォイス>
ジャンルを問わない発声の基礎を教えます。喉を枯らさず、壊さずに色々な声を出すための身体の使い方を学び、『声』を出すことの再発見をしてみましょう。『声』のワークを通して、本番に強くなる方法も伝授します。
白井さち子<身体表現動きの基礎>
クラシックバレエのテクニックを元にして、基本的な身体の使い方を学びます。自分の体はどこがどのように動いているのか、どんな風に見えているのか?きっとあなたの身体表現が深まります。あまり難しいことは行いません。自分の身体のこと、もっと知ってみよう!

3月23日 松島誠
FUNKTIONとは、普段無意識に使っているファンクション(表現機能)を分解して学び理解すること。体を使い、右脳と左脳を行き来しながら、どのように表現に結びつけていくのかを探るフィジカルワークです。ダンスにしろ演劇にしろ、テクニックを教えてくれるクラスは多くありますが、どうやって考えるかを教えてくれるクラスは少ない。新しい可能性を見つけたい、表現を深めたいと考えているダンサー、俳優、パフォーマー、音楽家、演出家などあらゆるタイプの表現者に向けたワークを行います。

3月30日 小池博史<総合表現>
『スロームーブメント』というあらゆる動きを日常のスピードの1/100 以下で行い、ゆっくりした動きの中で、自身の"からだ"への気づきを深くするメソッドを中心に、これまで気づかなかったあなたの身体の可能性を引き出します。身体を動かすこと、声を出すこと、奏でること、あらゆる表現方法を用いて新しい自分を発見するワークを行います。

【お申込み方法】
お申込みフォームにアクセスいただき、必要事項の記入をお願いいたします。
または直接お電話でお申込みください。(株)サイ 03-3385-2066


(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

Anicy(アニシィ)ワークショップ

Anicy(アニシィ)の山下ケイジと申します。いつもどうもありがとうございます。中高年向けの短期型演劇ワークショップを企画・実施している団体です。
Anicy(アニシィ)は、演劇を通して新しい自分を再発見するお手伝いをいたします。人との繋がりを芸術的に表現・体現することを念頭におき、コミュニケーションをとるコツ、表現することの快感、自分自身を見つめ直すことや新しい自分を再発見することに繋げていく。それがAnicy(アニシィ)独自のメソッドです。毎月開催しているワークショップから、実際に舞台に立つまでをトータルにコーディネートし、幾つになっても輝いていられる『あなた』をお約束いたします。『あなた』の知らない『あなた』と、対面してみませんか?求めいているのはあなたの『もっと』です。もっと○○したい、もっと○○になりたいという思いを持って飛び込んできて下さい。その『もっと』にお答えします。一緒に、新しい扉を、開きましょう!お待ちしています!

【 Anicy ワークショップ開催】 2月・3月のワークショップの予定をご案内させて頂きました。   
毎月開催しております。面白いので是非一日だけでも参加してみてください。
2月19日 (火) 19時~21時 高田第二区民集会室 豊島区高田3-18-3 電話 03-3986-9482
3月5日 (火) 19時~21時 高田第二区民集会室 豊島区高田3-18-3 電話 03-3986-9482
3月18日 (月) 19時~21時 高田第二区民集会室 豊島区高田3-18-3 電話 03-3986-9482
3月31日 (日) 13時~17時 高田第二区民集会室 豊島区高田3-18-3 電話 03-3986-9482
※2019年1月から、以前の高田第二区民集会室 豊島区高田3-18-3 電話 03-3986-9482 に戻ります。
◎1月24日~27日に新宿の『新宿コフレリオシアター』にて行われた8団体による全4日間の公演 《ショートショートカーニバル》に参加した結果、みごとアニシィの『竹内しのぶ』さんが、主演女優賞を獲得しました。劇場に足を運んで頂いた皆様、応援して頂いた皆様、本当にどうもありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

ワークショップ参加費は、場所代・教材費込みで2,000円(各回) 講師は、劇団kanikusoの主宰 迫田 元 さんです。 
参加希望者は、お名前と参加希望日を添えて、山下まで事前にお申し込みください。また、ご興味ある方、質問なども、是非ご連絡下さい。
連絡先 Anicy(アニシィ) 担当 山下経司 電話 090-4946-5854 こちらのメール 又はこちらのメール

一人でも多くの方に、このワークショップの面白さを体験して頂くためにお友達紹介キャンペーンを行う事になりました。
【友達紹介キャンペーン(初回限定)】友達1人紹介して、その方が参加して頂くと1000円引きで、2人紹介だと2000円と言う様に紹介して頂く人数が増えれば、値引き金額も増えますので、皆さんどんどんお友達を紹介して頂いて、一緒にワークショップに参加して見て下さい。

(山下さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]

雑文2/4

リニューアルのため、スタイルシートと格闘中です。なんとなくいってることはわかるんですが、記述がどこのことなのかがわからん。

SONGSの電気グルーヴの回がよかったのでTSUTAYAに借りにいったら、だいぶ借りられてました。くやしいのでDVD買いました

というか今日はスーパーボウルみていたんでした。まれにみるロースコアでした。

| Category: [雑文]

2019年2月 3日

雑文2/3

今日はメンテナンスデーです。

リニューアルのためにPHP勉強していました。この本はめっちゃわかりやすかったのですが、それでプログラム書けるようになるかどうかは別です。

WordPressは結局いいテンプレートをみつけて、その子テーマをつくるしかなさそうです。スタイルシートを思い出しながらちくちく作っています。できるかな。

| Category: [雑文]

2019年2月 2日

月灯りの移動劇場「Who am I」

作・演出:演出:浅井信好、布施安寿香
キャスト:浅井信好、布施安寿香/淺井はな、伊藤綾那、井上 花、佐竹凜華、杉浦ゆら、高木深月、竹内里緒
スタッフ:脚本:奥野衆英


日時:2019年3月23日(土)18:00開演/3月24日(日)14:00開演
場所:中川文化小劇場(名古屋市中川区吉良町178-3)
料金:前売り一般2,500円、ユース1,500円(20歳未満)/当日一般3,000円、ユース 2,000円


 名古屋にて、月灯りの移動劇場「Who am I」が上演されます。
 「本当に望む『わたし』に出会う、『生きる』という旅。
 Who am I?の問いかけに真摯に向き合い、『本当の』お話を生きようとする少女たち。日々変化する思春期の少女たち自らが自由な感性で創り出すファンタジーの世界へ。
 ヨーロッパを拠点に活動してきたダンサー・浅井信好とフランス在住のマイム俳優・奥野衆英が、浅井の出身地であり、観光文化交流特命大使を務める名古屋市で2015年に設立したフィジカルシアターカンパニー【月灯りの移動劇場】。2016年の旗揚げ公演後、2017年秋にリンナイ旧部品センター(中川区)において、野外公演『アイゥオーラおばさまの家』を上演(動員数約400名)。いずれも、『モモ』などで知られるファンタジー作家ミヒャエル・エンデの原作をベースに、オリジナルの脚本・演出、地元のものづくりを起用した舞台美術などで話題を集めました。今回の新作公演に向けては、2018年夏にオーディションで選出した中高生7名と作品づくりに取り組み、同年11月浅井が運営する『Dance House 黄金4422』 (中村区)にてプレ公演を3日間にわたり上演(4公演ほぼ満席)。新作『Who am I』は、ダンス表現を幹に、日々変化する思春期の少女たち自らが枝葉のように自由な感性でファンタジーを創り出すことをめざし、6ヶ月以上のリハーサルを重ねながら制作に取り組んでいます。本公演では、浅井をはじめ、ダンス・マイム・演劇の分野で活躍するアーティストが脚本・演出。国内、また東海地方では他に例を見ない公演です。ぜひご覧ください!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


月灯りの移動劇場ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]

雑文2/2

旅行から帰ってきました。たのしかったです。

とはいえ完全な保養。温泉入ってだらだらしていました。大事だ。

『雷神 風の市兵衛』読んでいました。さっと読めます。市兵衛はいつもクライアントと恋仲にならないのがいいです。

| Category: [雑文]