« T1project 俳優のための脚本・演出クラス 第17期 2019年1月開始メンバー募集 | 演劇交差点トップページへ | TPAMフリンジ2019参加作品 譜面絵画vol.8『わたしたちの ひかりの いえ』 »

2018年12月11日

三栄町LIVE 公演オーディション開催

三栄町LIVE+若宮亮プロデュースVol.8『通勤急行大爆破』公演オーディション開催


三栄町LIVEでは2019年2月に行われます若宮亮プロデュースVol.8『通勤急行大爆破』公演【脚本:細川博司(バンタムクラスステージ) 演出:平竜】オーディションを行います。沢山のご応募お待ちしております。

【あらすじ】彼はどこにでもいる、平凡な会社員。きょうもぎゅうぎゅうの満員電車に揺られながら、誰もがそうであるように、見知らぬ誰かを憎んでいる...。しかし、今朝は違った。死ね! と念じた途端、隣の男が倒れてしまったのだ。 そう、彼は超能力者だったのだ。 こんな世の中を変えてやる...。満員電車の中でくりかえし発生する突然死に、世間は戦慄し、少しずつ変化していくが...。

【公演日】2019 年 2 月 6 日(水)~18 日(月)全 16 ステージ
【稽古予定】2019年1月22日(火)~2月4日(月)(顔合わせは1月16日(水)予定)
【参加資格】年齢 18~30代の男女。稽古期間、公演日に参加できる方。(稽古NGは要相談、事務所に所属の方は許可があれば可)。皆で1つの作品を創る意識のある方(ダブルキャスト時はスタッフ作業もしていだく可能性はございます)
【条件】チケットノルマなし、1枚目からチケットバック制です。
【オーディション場所】東京都内にて行います
【オーディション日】1月上旬(10日頃)
【締切】1/4
【応募方法】三栄町LIVEメールにて受付
件名『三栄町LIVE若宮亮P公演オーディション』
[1]プロフィール(簡単な過去の経歴など)
[2]宣材写真(上半身)1点
[3]オーディション希望可能な時間

以上を明記の上 三栄町LIVEまでメールにてお送りくださいますようお願いいたします。
こちらから詳細等折り返しご返信致します。

■脚本:細川博司(ほそかわひろし) バンタムクラスステージ代表・脚本・演出家 1973年8月13日 獅子座A型
【経 歴】大阪芸術大学 映像学科中退。 演技指導講師、バンタム各作品・プロデュース公演の作・演出多数。近年ではガールズ演劇、アリスインプロジェクトの脚本・演出も多数手がける。俳優としては、西尾孔志監督・平田満主演映画『ソウル・フラワー・トレイン』 (2013) 黄金のコメディフェス 2015 ・最優秀演出賞 受賞
■演出:平竜(たいらりょう) 劇団居酒屋ベースボールに所属し"えのもとぐりむ"の元で演出を学ぶ。2016年に自身の団体を立ち上げ、そこで演出を手掛けている。また、"音楽×演劇"をコンセプトとした演劇も開始し、演出も手掛けている。2014 年 TBS ドラマ『ごめんね!青春』で東校生役を演じる。同年 NHK ドラマ『花子とアン』に出演。2013 年スパークリングカクテル『KADER』のオフィシャル HP のモデルに起用さ れる。役者としても活躍する一方、近年では演出家としても数々の作品を手掛ける。

■プロデュース:若宮亮
劇団エムキチビート所属。看板役者。
殺陣・纏振り・柔道 ( 初段 ) などの経験がある。主な映画『 Death Note 』、日本テレビ 『ごくせん』、舞台 伊坂幸太郎原作『マリアビートル』 CM 『 NTTdocomo 』などがある。 今後の更なる活躍に期待される。
*** エムキチビート とは **** 明治大学公認演劇サークル『活劇工房』のユニット『エムキチビート』を母体に 2006 年演 劇ユニットとして外部劇場へ進出。 2007 年より"劇団"としての活動を始める。年間 1 ~ 2 回の本公演をベースに、イベント公演・企画公演を定期的に企画し都内での活動を行って いる。2016 年 8 月の紀伊国屋サザンシアター (主演:村井良太) 、2017 年 1 月には座・高 円寺にて公演を行い盛況を得る。代表である元吉は鴻上尚史氏の劇団、『虚構の劇団』へ演 出部にも所属する。作品としては、 90 年代の小劇場ブーム時代の演劇を独自のセンスでス タイリッシュにアレンジし、『生きる』というテーマをストレートに描き続けることを目的 とする。史実や歴史をモチーフにし、映像・音・光を使ったパフォーマンス性の高い舞台で 観客を魅了している。劇団の掲げるテーマは『いまここで生きていくこと』。その場に存在 する生の強さを観客にまっすぐ届け、希望を浮かび上がらせていく。 HP


三栄町LIVE×fukui劇Vol.3『うねる物語と、お前とおれとおれの剣(仮題)』公演オーディション開催

三栄町LIVEでは2019年3月に行われます『三栄町LIVE✖fukui劇Vol.3』公演の出演者オーディションを行います。沢山のご応募お待ちしております。

【オーディション日程】1月13(日)、14(月)、19(土)、20(日)の13時~20時
【応募方法】『件名:fukui劇オーディション』
[1]氏名 [2]年齢 [3]簡単な経歴、自己アピール [4]オーディション参加可能な時間(上記日程期間より1時間ほどを目安にご指定ください 
[5]バストショットと全身写真
以上を明記の上 fukui劇のメールアドレスまでお送りくださいませ。こちらから詳細等折り返しご返信致します。

【作品概要】『うねる物語と、お前とおれとおれの剣(仮題)』(2014年作再演)
脚本・演出 福井しゅんや
公演日程:2019年3月22日(金)~3月31日(日)
劇場:三栄町LIVE STAGE(旧フラワースタジオ)
【あらすじ】記憶喪失の男フィリオスは目を覚ますと、豪華客船『グレネードエクセレント号』の地下室に軟禁されていた!同じように軟禁された国籍も性格もバラバラな6人の男女たち。彼らは、ありとあらゆる富を手に入れた伝説の大富豪ジャグラークと、その秘書ネイミーによって各国から集められた、選りすぐりの精鋭(ハンター)達だった!これから向かうところは、伝説の孤島『グレートアルバトロス島』だとジャグラークは告げる。そこにはなんと、呪われた伝説の秘宝『ゴールデンサファイア』が眠っていると言われている...。果たして、ジャグラークの真の目的とは!?そして、フィリオスの失われた記憶とは一体なんなのか!?呪われた伝説の秘宝、『ゴールデンサファイア』を巡る、血で血を洗う聖戦(デスマッチ)が今、幕を開けるー。↑というクソみたいな漫画を廃れた釣り雑誌『週刊釣りフィッシング』にて連載しているド腐れゴミ漫画家・埋め川☆かんすけと、それを支えたり邪魔したりする女子アシスタント・まその、あとそのクソみたいな漫画の登場人物たちが勝手に織りなすファンタジー・クライムサスペンス・バトルアクション・視聴者参加型恋愛リアリティー劇である。

【稽古予定期間】
2019年2月26日(火)~21日(木)(顔合わせは2月24日を予定)※集中稽古は3月6日から。それ以前は週3、4日の予定。
【参加資格】健康な18歳以上の男女。2月下旬頃からの稽古に参加できる方。稽古期間、公演日に参加できる方。(稽古NGは要相談、事務所に所属の方は許可があれば可)。皆で1つの作品を創る意識のある方(ダブルキャスト時はスタッフ作業もしていだく可能性がございます)
【条件】チケットノルマなし、1枚目からチケットバック制です。
【オーディション場所】:練馬区の区民施設(詳細は参加者に追ってご連絡します)

■三栄町LIVEコンセプト 『次につながる現場』交流の場がこの企画のコンセプト。お客様、業界関係者との出会い、コンタクトの場が最大のコンセプトであり、この現場を通じて、次の仕事を勝ち取る役者を量産することが最大のテーマである。従来の小劇場の主流となっているチケットノルマを完全廃止し、出演者を次の現場へと繋ぐことをコンセプトとしており、各公演に、外部演出家、映画監督、助監督、プロデューサーなどの関係者を招待し、次に繋がる機会を完全バックアップ!
■脚本・演出 福井しゅんやプロフィール
1990 年 10 月、 奈良県宇陀市生まれ。京都造形芸術大学舞台芸術学科卒業、 同大学院芸術学部舞台芸術領域修了。 在学中より映像や舞台に役者として出演、演技・舞台演出を学ぶ。 2013 年、同大学舞台芸術学科卒業制作作品『蟲(むし)を解放(はな)つ。』にて優秀学生作品賞および学長賞を受賞。
《作品履歴》 2010 年 9 月京都芸術劇場春秋座にて、 第三エロチカ最終公演『新宿八犬伝第五巻ー犬街の夜ー』出演(演出;川村毅) ほか

■キャスティング:若宮亮
劇団エムキチビート所属。看板役者。殺陣・纏振り・柔道 ( 初段 ) などの経験がある。主な映画『 Death Note 』、日本テレビ『ごくせん』、舞台『マリアビートル』CM『NTTdocomo』などがある。今後の更なる活躍に期待される。
エムキチビート とは
明治大学公認演劇サークル『活劇工房』のユニット『エムキチビート』を母体に 2006 年演劇ユニットとして外部劇場へ進出。 2007 年より"劇団"としての活動を始める。年間 1 ~2 回の本公演をベースに、イベント公演・企画公演を定期的に企画し都内での活動を行っている。2016 年 8 月の紀伊国屋サザンシアター (主演:村井良太) 、2017 年1月には座・高円寺にて公演を行い盛況を得る。代表である元吉は鴻上尚史氏の劇団、『虚構の劇団』へ演出部にも所属する。作品としては、 90 年代の小劇場ブーム時代の演劇を独自のセンスでスタイリッシュにアレンジし、『生きる』というテーマをストレートに描き続けることを目的とする。史実や歴史をモチーフにし、映像・音・光を使ったパフォーマンス性の高い舞台で観客を魅了している。劇団の掲げるテーマは『いまここで生きていくこと』。その場に存在する生の強さを観客にまっすぐ届け、希望を浮かび上がらせていく。過去の公演経歴 三栄町LIVEHP

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]