« 劇団Player's World「夜の来訪者」 | 演劇交差点トップページへ | 雑文12/7 »

2018年12月 6日

青春事情 第17回公演『カラフルモノクローム』

作・演出:大野ユウジ(青春事情)
キャスト:加賀美秀明(青春事情)、大野ユウジ(青春事情)/ 廣木 葵、寿寿(オクスリ/オヒトリ)、板本未緒(9-States)、村山恵美、大森つばさ/徳永笑美里
スタッフ:製作総指揮:松本 悠(青春事情)/クリエイティブサポート:伊藤 誠(青春事情)・西坂來人(青春事情)/演出助手:小泉亜美(劇団夢幻)/舞台監督:渡邊 歩(株式会社 RESON)/照明:富山貴之/音響:斎藤裕喜・河相朱音(Québec)・かねこしょう/舞台美術:奈良花美(劇団夢幻)/ 音楽:森 優太/宣伝美術:technicute/衣装協力:オガロコ/技術協力:きくたきちぞう/運営協力:百瀬みずき(シックスペース)


日時:2018年12月13日(木)ー18日(火)
場所:下北沢 OFF・OFFシアター(小田急線・京王井の頭線『下北沢駅』徒歩5分)
料金:[前売・当日共通/自由席]一般:3,500円 ハッピーフライデー割(12月14日のみ):3,000円 学生:2,500円(中学生以上は要学生証提示)

○青春事情とは? 青春事情は、2000年に高校時代の思い出づくりとして、一度きりの公演のために結成。2005年、居酒屋で酔った勢いで活動を再開。大野ユウジと伊藤誠を中心に『全員で作・演出』というスタイルで舞台を中心に、映画製作など幅広く活動中。"大人になりきれない大人たち"をテーマに、笑いの中にも人物の繊細な感情を描き、泣き笑いさせる舞台づくりに定評がある。2011年、第2回せんがわ劇場演劇コンクールにて、グランプリ・オーディエンス賞をW受賞。2015年、劇王東京Iにて優勝。2020年、武道館公演を目指している。
通常、前売り一般料金が3,500円のところ、3,000円に割引!
[**但し、12月14日(金)ハッピーフライデー割適用の2公演は除く]
【演劇交差点をご覧になった方への特別割引】通常、前売り一般料金が3,500円のところ、2,500円に割引!(全ステージ対象)
[申込み方法]予約フォームよりお申し込みいただき、備考欄に『演劇交差点を見て』とお書き添えください。
**事前予約の場合のみ承ります。当日の場合は割引致しかねますので、ご了承ください。

 東京にて、青春事情 第17回公演『カラフルモノクローム』が上演されます。
 「そこは北海道のとある写真館。正確には写真館だった場所。後片付けをしていて見つけた1枚の白黒の写真。そこに写っていたのは約70年前の写真館だった。時は昭和25年。写真館を営む男と、そこに集まる少しピントがズレた人々の物語。彼らのモノクロームの日常がカラフルに色づき始める!!
 下北沢を中心に活動する劇団『青春事情』と申します。今回は『平成』最後の年末に『昭和』のお話を上演いたします。今まで、なんとなく自分たちの親に向けてみた作品は作ったことはありますが、更に時代をさかのぼって、祖父母が生き抜いた時代に思いを馳せ参じてみようと思います。少し切なくノスタルジーを交えながら、青春事情らしく面白可笑しく昭和に生きた人々を描きます。ぜひ、この機会に青春事情をご覧ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

青春事情ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]