« 雑文8/3 | 演劇交差点トップページへ | 平成レトロ「ロミオとジュリエット」 »

2018年8月 3日

劇団ハッピータイム(元・劇団天然ぴえろ)Vol.14 夏の終わりのE計画!公演『プロジェクト・エデン』

作・演出:忍守シン
キャスト:齊藤ちひろ、富岡恵美、忍守シン、長谷川淳、染野敦子(ThreeQuarter)、鳥屋原理子、土田首里(株式会社ティアラエンターテインメント)、杉原央敏、渡辺風香、辻真由子、上野山航、萩原愛子、Aoi
スタッフ:照明:今中一成、音響:小林勇太(劇団ORIGINAL COLOR)、美術:渡邉舜史、衣装:照井瑞帆、制作協力:白須優里


日時:2018年8月16日(木)~8月19日(日)
場所:阿佐ヶ谷アートスペースプロット
料金:前売り・当日精算:2,500円 当日:2,800円 高校生以下:1,500円

◆劇団ハッピータイムとは・・・
2007年設立『劇団天然ぴえろ』が10年目に改称。SF、コメディ、ホラー、ミステリーと常に多分野かつ世界初の新しいジャンルに挑戦する無節操で楽しい集団。お客様をはじめ関わった全ての人をハッピーにすることを信条とし、普段は社会に埋もれ世を忍ぶ社会人中心の劇団


 東京にて、劇団ハッピータイム(元・劇団天然ぴえろ)Vol.14 夏の終わりのE計画!公演『プロジェクト・エデン』が上演されます。
 「真実を知ることは必ずしも幸せにはつながらない。それでも真実を追求するのが技術者だ。これは、救いようがない環境に放り込まれたSEが、救いようがない真実に辿り着く物語。 IT企業に入社した新人SE(システム・エンジニア)のアキコは、超ーリアルなVR(ヴァーチャル・リアリティ:仮想現実)のシステム『エデン』を構築するプロジェクトにアサインされる。しかしそこはとてもマトモとは言えない変なSE達の巣窟で、しかもシステムはトラブルの連続。SE達は連日、泊まり込みを続ける。そんなブラックな職場環境の中、アキコはエデンの仮想空間で一人(?)のAI(人工知能)の女に出会う。AI女はしつこくアキコに絡み、あまつさえ命まで狙おうとする。VRだから死ぬわけないのに。AIは一体、何を考えているのか?そして新社会人アキコの運命は? この夏、劇団ハッピータイムが贈る世界初の新ジャンル、IT系SF人情働き方改革コメディ!! 真実を知りたいなら、検証しよう。それが技術者というものだから。真実を知りたいなら、劇場に来よう。それが演劇というものだから。実際にIT系企業に勤めている社会人役者が数名出演し、ITの現場をリアルに演じます!!」どんな舞台になっているのか、興味を持った方は、是非劇場に足を運んでみてください。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


劇団ハッピータイムホームページ

(忍守さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]