« 秋田雨雀・土方与志記念青年劇場第120回公演『キネマの神様』 | 演劇交差点トップページへ | 雑文8/30 »

2018年8月29日

P・T企画プロデュース 観客参加型ミステリー◆安楽椅子版 ミステリー名作選Vol.37 at 浄土宗應典院 本堂 火村英生シリーズVol.8『白い兎が逃げる』

作・演出:原作 有栖川有栖 脚本・演出 和泉めぐみ
キャスト:オオサワシンヤ 田中悟 ことぶきつかさ 竹田朋子(演劇集団よろずや) 原敏一(劇団赤鬼) 平本真弓(劇団Gock-Luck)若月咲弥(少年ピカレスクロマン)
スタッフ:舞台監督 堀田誠(CQ)/照明 南勇樹/音響 浅葉 修/制作 丹原祐子(Office P・T企画)


日時:公演日時 2018年9月28日(金)~30日(日) 9/28(金)19:00  29(土)11:00/15:00/19:00  30(日)11:00/15:00  合計6ステージ  上演時間は約1時間30分を予定。 受付開始は開演の45分前。 開場は開演の30分前。
場所:【会場】浄土宗應典院 本堂 〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27 アクセス 大阪メトロ堺筋線『日本橋駅』/近鉄線『日本橋駅』8号出口より東へ徒歩7分。 大阪メトロ谷町線『谷町九丁目駅』3号出口より西へ徒歩8分。
料金:【チケット料金】前売3500円(日時指定・完全予約制) 当日4000円(当日券は残席があった時のみ発券) 全席自由 【チケット取り扱い】 e+(イープラス)(PC&携帯) ファミリーマート店内Famiポートでも直接購入できます。

【観客参加型ミステリーとは?】
P・T企画が贈る『観客参加型ミステリー』は、観るだけに留まらない、お客様自身が登場人物と共に事件の謎を推理して楽 しめるゲーム形式のミステリー演劇イベントです。『安楽椅子版』では目の前で語られる事件の概要や関係者の言動を基に推理を進めて頂きます。ぜひ貴方も名探偵気分で推理して下さい。物語はヒントがちりばめられている『問題編』。貴方自身が推理をする『推理時間』。そして全ての謎が解き明かされる『解答編』で構成されています。さあ、貴方は見事、正解を導くことができるのでしょうか? 今回は大阪在住の推理作家・有栖川有栖氏の原作を舞台化。小説をトリックと共に体感できる作品になっています。

 大阪にて、P・T企画プロデュース 観客参加型ミステリー◆安楽椅子版 ミステリー名作選Vol.37 at 浄土宗應典院 本堂 火村英生シリーズVol.8『白い兎が逃げる』が上演されます。
 「無垢な白い兎達のそばで、男は遺体となって発見された。被害者の部屋には数多くの盗撮写真。どうやらとある劇団女優のストーカーをしていたらしい。火村とアリスは船曳警部に伴われ、劇場でリハーサル中の劇団を訪れた。その舞台の真ん中に立つ女優を見て、アリスは思う。『まるで白い兎みたいやな』。船曳警部の深い声が響く。『ストーカーの事は劇団員の皆さん承知しており、むしろ積極的に対策を練っていたとか。その『対策』について、改めてお聞かせ願えますか?』彼らが一様に迷惑そうな顔をしたのは、リハーサルを邪魔されたからか、それとも......。関西の鉄道を舞台にした完全犯罪。英都大学学生の貴方は、火村准教授と共に、この難事件に挑む事になった。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


Office P・T企画ホームページ


(お知らせありがとうございます。)


| Category: [公演案内] [近畿]