« スターズ【俳優が俳優で成功する為の説明会】 | 演劇交差点トップページへ | ガレキの太鼓『地上10センチ』 »

2018年2月17日

劇団キンダースペース公演『転生の夢 ~ラフカディオ・ハーンの面影~』

原作/小泉八雲 構成・脚本・演出/原田一樹
■出演 瀬田ひろ美 小林もと果 古木杏子 深町麻子 森下高志 榊原奈緒子 高中愛美 淡路絵美 林修司 花ヶ前浩一(アルファセレクション) 白州本樹(アールジュー) 荒牧大道(うずめ劇場) 吉澤恒多(劇団昴) 加藤祐未(スターダス・21カンパニー)


■2018年2月28日(水)~3月4日(日)
28 日(水) ・1日 (木)  19:00
2日 (金) ・3日 (土)  14:00・ 19:00
4 日(日)  14:00
■劇場 東京・両国シアターX
■チケット(日時指定 自由席) 前売券 4,000円 ペア券 7,500円 
養成所割引券 3,000円(大学・専門学校・演劇養成所生徒) 
学生割引券 2,000円(高校生以下)
■ご予約E-mail こちらのメール
※皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。詳細は劇団キンダースペースサイトをご覧ください。

 東京の劇団キンダースペースが、公演『転生の夢 ~ラフカディオ・ハーンの面影~』を上演いたします。
 「小泉八雲=ラフカディオ・ハーン(劇中ではヘルン)は1850年、アイルランド人の父とギリシャ人の母の間に生まれました。最愛の母親は精神を病んで亡くなり、その頃から昼夜なく頻繁に見るヘルンの『夢』は、その後の作品に大きく影響します。日本に来て初めてみた『盆踊り』にヘルンは大きな感動を受けています。『これは遠い古のものだ。神代の時代に属するもの。』西洋を嫌い、日本を愛した...とされるヘルンですが、それは彼の本心だったのでしょうか? もしヘルンが、ある理由の為にそうしていたのであるとすれば...。ヘルンの生涯と、その作品で構成するキンダースペース『転生の夢』。是非ご覧ください。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

劇団キンダースペースサイト


(お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]