« 神奈川かもめ短編演劇祭実行委員会 第3回神奈川かもめ短編演劇祭 出演団体募集&上演戯曲募集[11/10締切] | 演劇交差点トップページへ | 劇的☆爽怪人間『Brahmst-ブラームス-』 »

2017年10月22日

池の下 第25回公演「葵上 班女」

作:三島由紀夫(『近代能楽集』より) 演出・美術:長野和文
出演:稲川実加、こもだまり(昭和精吾事務所)、平澤瑤、芹澤あい
照明:安達直美
音響:高沼薫
舞台協力:田中新一(東京メザマシ団)
制作協力:潮田 塁
企画制作:池の下

日程:2017年12月14日(木)-17日(日) 
12月14日(木)19:00
12月15日(金)19:00
12月16日(土)14:00/19:00
12月17日(日)14:00
〈開場は開演の30分前〉
公演会場:絵空箱
前売 3,500円 当日 4,000円(全席自由)※1ドリンク代込
◆チケット販売(10月1日より発売開始)
◎Web予約 (池の下公式サイトより、Ticketページへ)
カンフェティチケットセンター 0120-240-540(平日 10:00-18:00)
イープラス

 東京にて、池の下 第25回公演「葵上 班女」が上演されます。
 「IKENOSHITA MISHIMA PROJECT このシリーズは池の下が企画する三島由紀夫作品の上演プロジェクトです。2008年よりスタートして、上海のアジア太平洋地域演劇祭、富山県利賀芸術公園SCOT SummerSeasonなどで上演されました。今回はキャストを一新して『近代能楽集』より『葵上』と『班女』を新たな演出で2作品同時上演いたします。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

池の下ホームページ

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]