« 朗読ユニット グラス・マーケッツ朗読短編集『三人文庫』 | 演劇交差点トップページへ | 雑文9/26 »

2017年9月25日

劇団Player's World「ユリディス」

作・演出:榛葉雅也
キャスト:西部さやか、山本翔、ごとうしん、千葉優輝、大坂ようへい、日高里枝、濱直幸、東明弘、杉山秀樹、小松卓矢、後藤彰太、舘智希、日高あすか、白須優里、小川祐貴子、天元奈生、岩坪麻美、榛葉雅也
スタッフ:作:ジャン・アヌイ 翻訳:米村あきら 演出:榛葉雅也 美術:山下治樹(ひとつぎ美工) 照明:今中一成 音響:二福称李 舞台監督:鳥巣真理子/鈴木沙織 宣伝美術:浅井星太郎(劇団演奏舞台) 制作:忍守シン(劇団ハッピータイム)


日時:2017年10月12日~15日
場所:小劇場てあとるらぽう (西武池袋線東長崎駅北口から徒歩1分)
料金:前売・当日:3,200円 高校生以下:1,800円

 東京の劇団Player's Worldが、公演「ユリディス」を上演いたします。
 「田舎の駅に、およそ似つかわしくないヴァイオリンの調べ。弾いているのは流しの楽士・オルフェ。彼はハープ奏者の父親とともに汽車の到着を待っている。そこへ同じく汽車を待つ、旅回り劇団の美しい娘の女優、ユリディス。運命にいざなわれ、二人は出会い、愛し合う。その先に待つ悲しき運命を知らずに――。
 ギリシャ神話のオルフェとユリディスの物語をモチーフにした、運命を乗り越えて愛を貫こうとする現代のオルフェとユリディスの物語。劇団四季でも取り上げた、20世紀のフランスを代表する劇作家、ジャン・アヌイによる戯曲『ユリディス』を、劇団四季の創設者の一人である故・米村あきら氏による翻訳を得て、劇団Player's Worldが日本の皆様におくります。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

(忍守さん、お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]