« GMBプロダクション キャスティング準備・演技基礎講座~魅力的な登場人物になる俳優思考をみにつけよう~ | 演劇交差点トップページへ | 劇団芝居屋かいとうらんま「きんかく九相」 »

2017年9月30日

劇団演者12月公演主役募集。

劇団演者では本公演の主役となる男性(60歳以上の方)を募集しております。今回は定時制高校に通う老人の物語です。
《公演概要》『タイトル』卒業~泣いているのか、笑っているのか、わからない顔~。
『作・演出』田中誠
『あらすじ』今年、86歳になる、時計職人、石川五衛門。口数少なく、頑固一徹がよく似合う。そんな男の人生は、戦後15歳で時計屋に弟子入り、それから10年必死で頑張り自分の店を持つ、30歳の時に幼なじみのサトとの約束を守り妻とし、なんだかんだあれよあれよと弟子入りから70年、色々とあった人生だった。そんな男がこの春、急に、高校へ入学することを決めた、定時制高校に。86歳、同級生は皆、年下、先生も。それでも石川五衛門は日々真面目に通学し勉学に勤しんだ。石川五衛門、出席番号1はなぜ、定時制高校に入学したのか?そこには不器用な男なりの想いがあった。そして、同級生達にも様々な想いが。この話は僕が新聞記者を始めて取材をした最高齢の高校生の話。

『本番日程&開演時間』2017年12月21日(木)~24日(日)
18日(月)ザムザ阿佐谷にて10~22時まで稽古。
19/20日(火/水)小屋入り、仕込み。
21日(木)19時10分開演
22日(金)19時10分開演。
23日(土)15時10分/19時10分開演。
24日(日)17時開演。
『劇場』ザムザ阿佐谷
『チケット』前売り3000円、当日3300円、小中学生無料、高校生1000円。
『チケットノルマ・チケットバック』
【チケットノルマ】2500円×24枚
【チケットバック】1枚目から2500円、劇団に500円。売上枚数×2500円が役者へのバック金、売上枚数×500円が劇団の売り上げとなります。ですので、24枚売り上げがあればノルマはない計算となりチケットバックでプラスになるのは25枚目からとなります。詳しくはオーディションの際に説明いたします。
『稽古場所・時間』杉並区内公共施設(具体的な場所は参加者のみにお知らせします)18時半から。週三回~四回。昼稽古は小屋入り1日前のみ、10時~22時ザムザ阿佐谷にて。
稽古開始は10月からとなっており、本番以外の毎週土曜日は劇団のワークショップの為にお休みです。
各キャストの稽古のNGや体調変化等により、稽古回数が増える場合もあります。
『応募資格』経験等は問いません、未経験でも構いません、誰しも最初は未経験ですので。事務所に所属している方は許可を得てから応募してください。
『募集内容』60歳以上の男性。役が80代の男性なので、60歳以上が理想ですが、あくまで理想です。50代の方でもメイクをしてやっていただければ問題はございません。

『応募方法』件名に『出演希望』、本文に『お名前、年齢、性別、所属の有無(事務所等の許可を得た上でご参加ください)、ここ1年以内の活動、以上を明記の上、ご応募ください。
『応募先』こちらのメール
『応募後』応募→稽古日程を送ります→そして都合の良い日に稽古を見学していただき出演か否かを決めていただきます。
『締め切り』決まり次第終了。
『劇団ホームページ』
『衣装・小道具』特殊なものは劇団で準備いたします。(例)ナース服、ナイフ、ランドセル、杖、etc......。

『劇団演者』ドキュメンタリー、ノンフィクションを見ているような物語を見てもらい、『自分ならどうする?』『自分ならどうだろう』をお客様に楽しんでもらう。『どこかにありそうな身近な物語』をテーマに2005年旗揚げ時から会話劇団体として活動、2011年上半期シアターシャイン奨励賞受賞、2013年よりザムザ阿佐谷と提携団体となり、それ以降、拠点をザムザ阿佐谷とし年2~3回公演中。2017年、代表田中誠が舞台役者の為にと、芸能事務所『文エンターテインメント』を設立、ホームページは本公演楽日開設。尚、文エンターテインメントに所属する俳優、女優、そして劇団演者劇団員の募集もしております。
劇団演者の作品が知りたい方はTwitterで『やまのうえ産婦人科』『12』と見ていただければ幸いです。
文エンターテインメントWebページ

(お知らせありがとうございます。)

| Category: [募集情報] [関東]