« 第七回 クォーボ・ピクチャーズ主催 金沢演技ワークショップのお知らせ | 演劇交差点トップページへ | 音楽詩劇研究所「バイカル・黒海プロジェクト ショーケース」 »

2017年6月26日

劇団水色革命×コルバタ宮門組合同公演『ウラとサキと愛を少々』

脚本/演出 宮門満
【出演者】MARU 世羅りさ 望月未稀 マツダヒロエ (以上、劇団水色革命)
田中誠司 岡拓行 河合亜由子 保母かおり 清野悠奨 新田将司 クシダ杏沙 及川幸子 平野ありさ 奥津知子 銭元弥和 八木井里緒 関和紀
【スタッフ】
脚本/演出:宮門満
舞台美術:加古若菜(劇団水色革命)
照明:福田源八
音響:渡辺裕紀、須能愛
舞台監督:丸山直己
チラシデザイン:井上咲喜子(劇団水色革命)
制作:井上咲喜子(劇団水色革命)
製作:劇団水色革命・コルバタ

【劇場】新宿スターフィールド 〒1600022 東京都新宿区新宿2-13-6 光亜ビルB1
【日程】2017年6月28日~7月2日
28日(水) 19:00
29日(木) 19:00
30日(金) ※14:00/19:00
1日(土) 14:00/19:00
2日(日) 12:00/17:00
※アフタートーク (全8回公演)
◆受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前となります。尚、受付開始より整理券をお配りいたします。開場いたしましたら、整理券の番号順のご入場とさせていただきます。
【チケット】前売り\3500 当日\3800
お申し込みはこちらからお願いします。

 東京にて、劇団水色革命×コルバタ宮門組合同公演『ウラとサキと愛を少々』が上演されます。
 「たった一つの願いを胸にカフェ『クレマ』にたどり着いた由香。そのカフェは由香の求める温もりが微かに漂う店だった。『この店に違いない。』そう確信して『クレマ』で働き始める由香。ところが店は開店休業状態。少し前までは賑わっていたというこのカフェに一体何があったのか。意地っ張りで不器用な大人達が少しでも幸せになりたいと願いながら生きている。それは優しくて切ない、愛しい人たちの物語。☆人間、年を重ねていくと、人間関係や物事について波風をたてず、スムーズに物事をこなしていくクセというか要領を得たというか、誰しもそういう風に生きていると思います。このお話はそんな人生を楽にしてくれる、けれど物事の本質を見失いかねない危うさについて書いてある本なのかなと思います。是非、見に来ていただいて、家族や友達、恋人、身近な人達との信頼関係なんかを今一度、再確認していただければと思います!もし、お時間ございましたら是非!劇場でお待ちしております!!!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


(お知らせありがとうございます。)

| Category: [公演案内] [関東]