« 雑文4/20 | 演劇交差点トップページへ | 情報演劇教育研究ゼミ(小林志郎ゼミ)シーズンII No.8*ドラマ、それはアクティブ・ラーニング!*『大劇場の作家たち:商業演劇の作劇法』 »

2017年4月20日

NOWHERE FILMS 締切間近!"役になりきる"演技ワークショップ『フィルムアクターズラボ』5月参加者募集中!

大好評&初心者歓迎!求められる俳優になるためのメソッド!!

■こんなことを学べます
オリジナル映画脚本を題材に、映画において監督が役者に求める準備、役作り、脚本の読み方、現場で必要なことなどを習得し、監督から求められる俳優、また呼ばれる俳優になるためのワークショップです。
瞬発力ばかりを求めた演技指導をしたり、演技ゲームなどは行いません。演劇スクールやほかのワークショップなどでは教えてくれない、映画における『役作り』を独自のアプローチで実践します。どのように脚本を読めば良いのか、何を準備すれば良いのか、役者に何が求められているのかを作り手の視点からお教えします。映画の中で役を生きるために、本当に必要なことを探求するとともに、最終的には役作りの成果を撮影し、編集した映像を観て個別のフィードバックを行います。これまで参加した方からは、『もっと早く知りたかった』『こんなに理にかなった役へのアプローチを初めて知った』『役になりきる体験ができた』といった感想をいただきました。演技経験のある方はもちろん、短期間で飛躍的に演技力を向上させられるので、演技初心者の方にもおすすめのワークショップです!

■開催にあたって
どんな現場でも脚本を理解し、しっかりとした準備をすることこそが俳優に求められていると思います。しかし、その一番大切な準備の方法は誰も教えてくれません。このワークショップでは、様々な役作りのアプローチの中で、実際に効果があって合理的だと思う方法だけを、誰にでも実践可能な形で独自にまとめた、ここでしか学べない内容です。監督が俳優の方々にどのような準備をしてきて欲しいかを知ることは、どんな作品にのぞむ上でも有益だと思います。監督と役者が自由な表現を試すことのできる実験の場であり、互いに刺激を与え合う機会にしたいと考えています。これから一緒に作品づくりをやっていきたいと思える、才能ある俳優の方々に出会えることを期待しています。

■カリキュラム
第1回:準備(脚本の読み方、役へのアプローチ方法)
第2回:役作り(キャラクターを深める、役と一体化する)
第3回:演技実習(役作りを演技に変換する)
第4回:撮影(役作りの成果を映像からフィードバック)

■こんな方を対象としています
・18歳以上の男女
・本気で役者をやっていく意欲のある方
・演技初心者の方
・映像の演技を学びたい方
・演技経験はあるけれどもオーディションに通らない方
・自分の演技に行き詰まりを感じている方など
(※定員10名程度、先着順とさせていただきます)
■講師プロフィール
園田 新 / 映画作家 立教大学法学部国際比較法学科卒。大学在学中にニューヨークに留学し、映画づくりを学ぶ。テレビ番組のディレクターを経て、2007年、脚本、監督から配給、宣伝まで自らトータルプロデュースした初長編作品『Wiz/Out』が渋谷ユーロスペースにて公開、スマッシュヒットを記録。D-MAP2009の監督に選出され、2010年、長編映画『ネムリバ』が劇場公開。函館港イルミナシオン映画祭・シナリオ大賞にて自身の長編映画用脚本が2作品連続受賞。(2009年『記憶代理人』審査員奨励賞、2011年『リアルファミリー』グランプリ受賞)2013年、釜山国際映画祭が主催するアジアの新進映画作家支援プログラム・AFA(Asian Film Academy)の監督として選抜される。2016年、新作長編映画『リバースダイアリー』を製作。

■開催スケジュール 全4回
5/6(土) 午前9:00~12:00
5/13(土) 午前9:00~12:00
5/20(土) 18:00~21:00
5/27(土) 18:00~21:00
■開催場所 東京都品川区大井町
■参加費 2万円(税込)
■募集期間 2017年5月3日まで(※定員に達し次第〆切)

■応募方法 『お問い合わせフォーム』よりお申込みください。(※次回以降に参加希望の方は、開催が決まり次第ご案内を差し上げます)
そのほかのワークショップの詳細はコチラ


(お知らせありがとうございます。)


| Category: [募集情報] [関東]